「ふしぎ遊戯(TVアニメ動画)」

総合得点
70.5
感想・評価
226
棚に入れた
1578
ランキング
644
★★★★☆ 3.8 (226)
物語
4.0
作画
3.5
声優
3.8
音楽
3.7
キャラ
3.9
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む
ネタバレ

愛chan

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

懐かしい

子供の頃に見てましたが、内容が曖昧だったので見直しました。
とにかく懐かしい!そして、OPとEDがやっぱり良い!どちらも記憶に残る曲ですね(*´˘`*)
小さい頃に見たときはエッチなシーンが所々にあってドキドキしてたのを覚えています。笑
見直してみるとやっぱりドキドキ。後、BLも何気に含まれてたんだなと新たな気づき。
主人公が友達よりも男!って感じで、たまーにイラッとする時もあったけど、女の嫉妬の部分とか男を選ぶ感じとかがリアルな感じで、逆に良かったかも。笑
家族愛とか、友情とか、恋愛とか、結構深い部分もたくさんあり、長いけど次が気になりサクサク見れました☺️
結果、やっぱり大好きな作品の一つです!✨

投稿 : 2018/03/27
閲覧 : 43
サンキュー:

0

匿名

★★☆☆☆ 1.2
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 2.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

友達カワイソウ・・・

結構高評価だったのでみてみましたが
主人公が子供すぎるとかんじました

友達がカワイソウだったので感想を書きたくなりました
ほかの人も書いてるかとおもったらほとんどいませんね

主人公にとって優先順位が
イケメン>食べ物>越えられない壁>>>>>>友達
となっているように感じられました。

投稿 : 2017/12/03
閲覧 : 120
サンキュー:

0

ネタバレ

ふひょー

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

OPもEDも魅力的

1番好きなキャラは鬼宿と翼宿です。

ハッピーエンドな最終回でよかったです。

投稿 : 2016/12/24
閲覧 : 94
サンキュー:

0

ayami

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

好きな人は好き

子供の頃に欠かさず見てたアニメ

異世界系好きになったきっかけです

本の世界に飛んで巫女として仲間と共に戦い旅していく感じの話
恋したり友達と対立したり
泣けるシーンもいくつかあった
OP.EDは今だに覚えてるくらいインパクトがある
ただ昔のアニメだけあって作画はいいとは言えないかも
作画なんか見ているうちに慣れる
ハラハラドキドキ、イラッとなるシーンが少しあるけど、、、
逆ハーレム的な感じ
好き嫌いがあるかも

投稿 : 2016/02/25
閲覧 : 108
サンキュー:

0

ネタバレ

ちゃちゃ

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

少女マンガのイメージを破壊した衝撃作

私の少女マンガのイメージを覆した衝撃作です。

当時、少女マンガといえは、
目がデカイ、キラキラ、恋愛、なイメージでしたが、
本作は、目も大きくないし、
恋愛をメインには置いてはいますが、
四神、異世界、法術といった設定や、
バトル、仲間との絆、逆ハーレム、BL、おかま(男の娘?)など、
当時の少女マンガのイメージにない好物要素が盛りだくさんで、
少女マンガも意外に美味しいじゃん!と思わせるには十分でした。

しかし、本作の最大の魅力はといえば、
やっぱり個性的なキャラクター達ですね。
特に柳宿は、まだ免疫が少ない私には衝撃でした。
そして、{netabare}彼(彼女)の死も{/netabare}かなり衝撃的でした。

また、声優さんもかなり豪華です。
井宿の声は印象的でしたね。なのだ~って。

OP、EDも良い曲で、いまだに、画とともに忘れられない良曲です。

当時の衝撃とあいまって、忘れられない一作となりました。
単行本も全巻揃えましたしね。

投稿 : 2015/01/21
閲覧 : 159
サンキュー:

7

Aecwn69154

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

SFラブコメ

毎回着火のタイミングが熱いです‼︎

投稿 : 2015/01/07
閲覧 : 150
サンキュー:

2

ネタバレ

たんぽぽの花

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

四神天地書以前になかり古いアニメですが!!

この作品はアニメ化される前に本で最終巻まで読んでました。
世界観は日常のごく普通の女子中学生、夕城 美朱(ゆうき みあか)と本郷 唯(ほんごう ゆい)の二人が図書館で立ち入り禁止の部屋に有った四神天地書を見つけ、その本の中に入ってしまうお話です。
その本の世界は中国の古い時代の中で、2人は最初は解からず困り果てていたが、悪漢に襲われそうな時に額に鬼の文字がある少年、鬼宿(たまほめ)に助けられる。1度は2人して一旦現代に帰る事が出来たが、美朱は母親との喧嘩で飛び出し、また本の中に、、、その事に気づき唯はその本を読むのだが、その内容と同じ現象が読み手に伝わると言う恐ろしい自体になってしまった。美朱は鬼宿と再会し、その後異世界―四正国の紅南国の皇帝に出会う
しかしそれは、美朱の行く道標となる。皇帝にはもう一つの顏、朱雀七星士―星宿(ほとほり)だったのだ、そして朱雀の巫女の事を説明し、身体に文字を持つ人間と朱雀七星士と朱雀の巫女の事を説明し、朱雀七星士全員を探し出す事の意味を告げる、幸い、鬼宿と皇帝星宿と皇帝の妃候補に紛れ込んでいた柳宿(ぬりこ)見た目は奇麗なお姉さんだが実は男で、双子の妹の死がきっかけで女装してるが、凄く力持ち、3人の七星士がすでに美朱には居たが、残りの4人を探し出し朱雀召喚をする事になり、捜索の旅に出る。
その後、色々な出会いや、事件などが有り一旦現代に帰る事になり、唯の力と七星士の力を借り帰還するが、その時に今度は唯が本の中に再び、入ってしまうが、美朱はその事に気が付けず、家に帰ってしまう。それから唯が本の中にいる事に気づき、再び本の中に入るが、その時には唯にはすでに不幸が始まってしまった後であった。
作品紹介的に簡単に説明しましたが、ストリーはすごくいい!それと同時に2人の巫女の宿命の重さと悲しい行き違いが有りすごく引き込まれる世界観のある物語です。お勧め度★4つです

うんちく~~~
本作品は古代中国では無く、異世界の古代中国です。作品の内容で重大な設定である四神獣の巫女は古来の中国の伝承を取り入れ、身体に文字があるのは日本の里見八犬伝から使われています。日本にも同じように四神も有ります。これは北の玄武、南の朱雀、東の青龍、西の白虎で日本でも未だに朱雀門も奈良に有ります。(7~8年前に新しくされた)また二十八宿とは中国の天文学・占星術で用いられた物で現代の星座とは少し違います。今の星座は近年の世界の天文学者達が全世界の統一的な物とし決めた物でそれが、一般に知られている。星座です。中国では占いでよく使われるが、日本的にはそれほど有名な事では無いので知らない人も多いと思います。
うんちく~~~~2
星や星座の統一は天文学的に観察する上で必要な物で天文学的な分野が遅い国では少し変わります。またこの天文学者の集まりで、あの冥王星が準惑星に格下げにされた訳ですが、理由にはちゃんとした物が有ります。冥王星の付近まで行くと、冥王星より少し遠い所に冥王星より105%の大きさの星が発見された事が一番の原因です。それと冥王星自身が他の惑星とは異なる公転の形をしており、一時期には冥王星と海王星の距離が逆転する事から、冥王星は惑星の条件に近いが、それよりも彗星などと同じ感じの公転の形を取る為、学会で、格下げになりました。元々冥王星の辺りまで行くと冥王星と同じくらいの星が他にも有る事が解かり基準を改める必要が有った訳です。

投稿 : 2014/12/26
閲覧 : 156
サンキュー:

11

ネタバレ

たまちゃん

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

すき

美朱と唯は図書館で立ち入り禁止の場所に入ってしまい
本が落ちたのでそれを読むと
本の中に吸い込まれてしまった
そこは異世界で男に絡まれている所を鬼宿に助けられる
この時唯が消えてしまったので唯を一緒に探してもらおうと美朱はその恩人に頼りに鬼宿を探しに行く
鬼宿に出会う
その時通りかかった人にこの国の偉い人とは知らず美朱は失礼な態度をとってしまう
捕えられた美朱と鬼宿は抜け出す
そこで美形の男に出会う、逃げても誰にも言わないと言い
その男はこの国の偉い人であった
本当は君は異世界から来たのか?
その力に興味があって捕えた悪いことはしない
異世界から来た人はこの国を救ってくれるという言い伝え?があり、朱雀の巫女になってくれと言われ戸惑うが
朱雀の巫女になれば願いは何でも叶えられると聞いて
美朱は唯を探す為にも朱雀の巫女になると決意する
朱雀七星士を7人集めないと朱雀は現れない
七星士を探す旅に出る
唯は美朱と本の中に入っていたが途中で本から出てきて現世に戻っていて、その本を読んで美朱を心配して見守ってた
美朱が体験していること感情は制服で共鳴していた?
美朱が鬼宿惚れた時、唯も鬼宿に惚れた

ー朱雀七星士ー
鬼宿、星宿、柳宿、井宿、翼宿、軫宿、張宿

その後 美朱は家に帰りたいと泣いていた?事で
星宿達協力しは美朱を帰すが、帰っても唯は居なくて(唯は現世に戻ってるかもと思っていた)
美朱は唯の家に電話したりお兄ちゃんに今までの事を話したりで一回家に戻っていて
その間唯は本の中で危険な目に遭っていた
何度呼びかけても返事をしてくれなかった美朱に何で?という気持ちでいた
唯は危険な目に遭っていた所を心宿に助けられ世話になっていた美朱はもしかして私と入れ違いになって本の中に居るんじゃないかと不安になり図書館へ行き本の中に入る
唯と再会し 一緒に帰ろうと言う
荷物を取りに行ってる間に美朱と鬼宿はキスをしたり
「鬼宿の為に帰ってきたんだよ♥」と言っているのを聞いてしまった唯は困惑する・・・
心宿は唯に
友達は唯様を裏切ったのです
そんな友達捨てて青龍の巫女になってと言われ揺れ動く
朱雀の巫女ならこの国とは敵になる
唯は美朱と戦わなければならない
ーそこからは悲劇の始まりー




井宿が心宿に化けて美朱に怒られて心宿に化けて
「すまなかったのだ!」って言ったの笑えた
心宿無愛想だから真顔だったし、のだ!ってのが合わないから余計にw
鬼宿が心宿の孤独?によって美朱達は敵と認識させて
美朱をあんなに愛していたのに腕を殴って折ったり
酷い事言って二人が離れ離れになるところ泣けた
美朱は鬼宿を求めて川に入って行き波に飲み込まれ溺れるが
星宿が美朱を助ける
「私はずっとお前を愛してきた、お前は?私はお前に愛されたい」キャー星宿かっこいい!
優しくて美朱の事凄い思ってて守ってくれる


鬼宿の家族殺された所も泣いた
関係ない人を巻き込むなよ!うわー

柳宿 美朱の事好きだったとは
康琳が死んでから一心同体みたいに女装して女として生きることに決めて生きていたらしい
一人の時に尾宿に会っちゃって腹ぶっ刺された
柳宿様を舐めるなよ!って首絞めて殺す 危機一髪
岩どけてあげなきゃ・・・私が来てよかったわね!
って出血凄くて今すぐ倒れそうなのにどけるの
「康琳 いつから居たの?」
みんなが駆けつけるんだけど間に合わなくて死んじゃう・・・泣いた

氏宿という奇抜なホモ男 幻覚を見せてくる強敵!
美朱は閉じ込められたが記憶を思い出して
氏宿が集中してる時を狙って亢宿が笛を吹いて美朱を助ける

氏宿に殺されそうになるが弟角宿が現れ
兄に触るなー!氏宿を殺す!
亢宿いい子!争いは無駄だ!もうやめよう!って亢宿いい子

氏宿って死なすときは幸せに死んでもらうって言ってって
敵じゃなければ悪くないかも?って思ってしまった

鬼宿の師匠?がいきなり若くなって
翼宿「おっさん 何で突然若いねん!?」ワロタ
年だから肉体を若くしないと術が満足に使えない
張宿が憑依されちゃって手出せない状態で
美朱が囚われてどうすることもできなかったから瞬間移動

箕宿許さん!張宿まだ幼い子供なのに
「みなさん僕を燃やしてくださーい!」
「僕は負けたくない!僕は朱雀七星士だ!」
「お前はどこにも行かせない!僕と死ぬんだー!」って自分で胸にぶっ刺す
張宿許さん!うわーーーーーーーーーーーーー

心宿と唯がドアすり抜けてったの見て
翼宿が俺たちも追うぞ!ってドアに向かって走ってぶつかってるのワロタ
井宿がドアになってしまったのだ!って言うのも笑えた

唯が青龍を呼び出して
あーこの世の終わりだーって思ったけど良かった
唯と美朱を現世に戻してー!
3つの願いを叶えたら青龍に食い尽くされる!
心宿も唯の事青龍を呼び出す為に利用してただけだよ!
嘘だ!
唯は現世に来ちゃった心宿に問いただす
「手助けをしただけだ、お前が自ら選んだじゃないか」
「むしろ絡まれている所を助けてあげたのは私だ、その思いありがたく思え!」
利用されただけで今まで美朱にしてきた事は・・唯は気づく

唯は最後の力で朱雀の力を与えて
美朱は朱雀を呼び唯を取り返す
七星士の力も戻って死んだはずの七星士が現れた!
残留思念だと!?

投稿 : 2014/08/24
閲覧 : 208
サンキュー:

4

退会済のユーザー

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

愛おしい人のために

正直、私も愛おしい人のために朱雀の巫女になりたいと思いました!

乙女の願望が沢山詰まっている作品。

OPとても良い。
OPを観れば何となく内容がつかめると思います。

主人公がかっこいい男たちにモテモテなのですが、
ドジで一生懸命なので許されてしまうと思います。

余談ですが私はこの作品で
朱雀、青龍、白虎、玄武の「四神」を知りました。

投稿 : 2014/06/17
閲覧 : 168

ごはんちゃん

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

舞い上がれ~朱雀~ミラクラ~

懐かしいOPが頭の中に流れてきます、ふしぎ遊戯です。
子供の頃、この作品は私にとってちょっとエロティックは
内容も含まれており、刺激的な作品でありました。
ちょっとこれを読んでる時は大人の階段をのぼっている感がありましたね。

物語は、本の中の異世界に入り込んでしまい、朱雀の巫女になり国を
救うお話です。友達の結ちゃんも巻き込まれて入り込んでしまっているのは
のちに知るのですが…。
色んな村や町を旅して、仲間を見つけていくファンタジーでもあり、
それよりも注目して頂きたいのは美朱と、鬼宿の恋愛模様ですね。
胸がきゅんきゅんします。
ラストもとってもいい終わり方でほっと納得します。
続編もあるんだけど、やっぱりこれですね。
他にも外伝とか出ているようですが、それは読んでいません。
また機会があったら読んでみたいですがね。
でもあんまり読む気がしないのが、やはりふしぎ遊戯というこの
メインの作品で自身が満足しているからなのでしょうね。

是非オススメしたい作品のひとつです。

EDもよかったなあ。

投稿 : 2014/04/02
閲覧 : 105
サンキュー:

5

ちよちゃん

★★★★★ 4.2
物語 : 5.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

一番好きなアニメです★

5回以上観たアニメです!
アニメを説明している方が多いので内容は割愛します。

・主人公が女性(中学生)
・逆ハーレム
・主人公が特別な存在
・イケメンが多い
・涙アリ
・少しドキドキシーンあり

このような内容がお好きな方は
本当にオススメできるアニメです。

作画は少し古いのですが全く気にならなくなると思います!
1話だけでもいいのでお試しで見ることをおすすめします

投稿 : 2014/02/23
閲覧 : 122
サンキュー:

4

tabeyoshi

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

キャラがいい

姉の影響で見ていました。
思い出補正が入っているかもしれないですが、面白いです。
七星士という設定の下にそれぞれのキャラに魅力があるのががいいですね。
逆ハーレムという最近のアニメにはあまり見られないアニメの味が楽しめます。

投稿 : 2014/02/16
閲覧 : 69
サンキュー:

1

レレン

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

最高の少女漫画

ふしぎ遊戯はすごく大好きなアニメ!!

辛いことやうまくいかないことがいっぱいある中で
大好きな相手の為に戦い、守り、そして愛し。

凄く涙なしには見れない、心を鷲掴みにされる
アニメでした。

このアニメをちゃんと見たなら
オープニングの歌が歌詞が、心に響くと思います。

声優陣も豪華で凄くキャラの良さが出ていました。

是非一度は見ていただきたいアニメです。

投稿 : 2014/02/07
閲覧 : 67
サンキュー:

1

ネタバレ

MOKOMOKO66

★★★☆☆ 2.8
物語 : 3.0 作画 : 2.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:途中で断念した

主人公が少し…

少女が異世界(別次元)に行って…という今ではよく見られる形態です。
設定は興味深く感じました。
しかし一つ事件が起こると先が読めてしまう王道ぶりが際立って感じられて私には合わないように思いました。
主人公も(魅力の一つともとらえられますが)中学3年生にしてはだいぶ思慮に欠けるようで、小学生のような態度も多々とります。
特に皇帝に直接話しかけようとするところなどは常識に欠けている様を表しています。

1話を見た時点で感じられた主人公の特徴をあげてみました
短絡的(おっちょこちょい)
非常識(勉強が苦手・世間にあまり興味がない)
友人思い
気さく(offen Rude)
自信がある(過剰に)
無理しがち
テンプレートな頭が弱いけど情に熱い女の子な感じがしました。

※このレビューは3話まで見て書きました
結果的に主人公が耐えられなくて断念です

投稿 : 2013/12/08
閲覧 : 84
サンキュー:

1

ゆゆみん

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:途中で断念した

最初はよかった

二期?始まったあたりから、話についていけなくなりました。キャラクターは非常に好きですが、だらだら続く感じがしてしまって「なんか、もういいや」ってなってしまいました。ちなみに原作は読んでません。でも、萌えたシーンは多かったです!

投稿 : 2013/11/15
閲覧 : 123
サンキュー:

1

自由人

★★★★☆ 3.4
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:途中で断念した

はちゃめちゃだけど面白い

仲間を集めるために、努力しますが
その努力がありゃりゃと思います

鬼宿かっこよかったですが、金に目がなさすぎ!


長い話が好きな人にはいいかもしれません
52話あります

投稿 : 2013/11/11
閲覧 : 127
サンキュー:

4

yuala

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.0 状態:観たい

主題歌で観たくなったアニメ♪

たまたまTVでやっていて、イケメン多いなと思いながら観ていたんですけど、青の頃は脱ヲタ中だったので、チャンネル変えてしまったんですけど、また、今度はOPが流れていて、これ観たいかも…と思ったのが、観たくなったきっかけです。

まだパソコン普及していない頃だったので、今になってOP(ショート版)ですが「いとおしい人のために」をようつべで聴けるようになって、ますます観たくなりました。

地上波で再放送やってくれないかな…と思っているのですが、無理かな??

投稿 : 2013/10/27
閲覧 : 106
サンキュー:

1

きんかん

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

タイトルなし

何回見ても泣いちゃう。
音楽・話・絵・声優すべて良いです。
一番好きなアニメかも。

高校受験間近の中学3年生―夕城 美朱(ゆうき みあか)と
その親友―本郷 唯(ほんごう ゆい)は、
『読み終えた者は主人公と同様の力を得、望みがかなう。』という序文に釣られ、図書館の立ち入り禁止区域で見付けた四神天地書という書物を開いて、中に吸い込まれてしまう。
そこに待っていたのは、古代中国に似た異世界―四正国の紅南国と、額に鬼の字を持つ青年―鬼宿(たまほめ)との出会いだった。

投稿 : 2013/10/24
閲覧 : 107
サンキュー:

2

月夜の猫

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

コメディで緩急つけた恋愛の縺れとアクション重視のミニマム十二国記の様な・・

1995年4月6日 - 1996年3月28日TV放送された。全52話。
1992年より連載された少女漫画を原作にしたアニメ作品。

1996年10月25日 - 1997年2月25日 全3巻(全3話)
OVAシリーズ。後の第二部との繋ぎでオリジナルの話。

1997年5月25日 - 1998年10月25日 全6巻(全6話)
OVAシリーズ2。TV放送版の続編の第二部に相当する。

2001年12月21日 - 2002年6月25日 全4巻(全4話)
OVAシリーズ3。-永光伝-(ふしぎ遊戯外伝)

古代中国の四神や二十八宿等を題材とし、主要な登場人物
の名前は、二十八宿から取られている。
また、主人公や国名なども五行説に則って命名されている。
身体の文字などは里見八犬伝がルーツとなる。

原作とは序盤のアプローチが少し違う等諸変更がある様。
原作の所々あるパンチラや、残酷描写が控えられている。

本の中の異世界に居る者を第三者が本を読み解くスタイル。
基本的にシリアスな異世界モノでファンタジーアクション。
適度にコミカルなシーンや等身が崩れるギャグ展開もある。

少女漫画風の恋愛要素も強く、友情と愛の板挟み等が中心。
キャラデザはそこそこ良い感じで作画が流石に古い感じ。
音楽等も世界観に馴染んだ感じでそこそこに良い感じ。
等身が崩れ過ぎてギャグタッチな部分が少し気になるけど。

朱雀/青龍/白虎/玄武とあるうちの朱雀vs青龍編の様です。
続編にあたる玄武開伝が発表されている。

あらすじ1

高校受験間近の中学3年生"夕城 美朱"(荒木香恵)は天真爛漫
で、どんな時も食欲を忘れない食いしん坊だが、幼馴染み兼
親友"―本郷唯"(冬馬由美)は優秀で堂々とした強気な美人。

そんな二人が図書館の立入禁止区域で見付けた四神天地書の
「読み終えた者は主人公と同様の力を得、望みがかなう。」と
いう序文に釣られ、その書物を開いた瞬間・・古代中国に似
た異世界"四正国の紅南国"に飛ばされてしまう・・

何が何だか?全く事態を飲み込めない内に「人買い」の集団に
襲われピンチの所を額に鬼の字を持つ青年"鬼宿"(緑川光)に
助けられるが、ホッとしたのも束の間、唯と逸れてしまう。

鬼宿も同時に姿を消した為、誘拐されたかもと思い、唯一の
手掛かりとして鬼宿を探し出すが・・唯は既に本の世界から
現実世界に戻っていた・・美朱も何とか現実の世界に戻ろう
と努力する中で色々な人と出逢う・・


あらすじ2

英明且つ誠実な紅南国の皇帝"星宿(ほとほり)"(子安武人)
※朱雀七星士にして、女性と見紛う程の美形でナルシスト。
との出逢や、女装で怪力の麗人"柳宿(ぬりこ)"(坂本千夏)
※星宿の後宮で暮していた朱雀七星士。本名:迢 柳娟
との出逢い、四神天地書の世界を見守っている仙人である、
"太一君(たいいつくん)"(京田尚子)という老婆の力を借り、
何とか自分の居た世界に戻る事に成功するが・・

ところが・・其処に唯の姿はなく、美朱と入れ違いの様に
異世界に飛ばされていた・・美朱は再び唯を見つけるため
異世界"四正国の紅南国"に旅立つ。※此処で第7話かな?


あらすじ3

異世界で無事"朱雀七星士"の"鬼宿""星宿""柳宿"に逢う事
ができたが・・唯の姿はなく・・"星宿"からは軍事大国の
"倶東国"の前に苦境に立たされている実情を聞き、紅南国
を守る為の朱雀の巫女としての協力を要請されつつ、唯の
消息を辿り、捜す為の旅にでる・・

1クール全てがプロローグの様な所謂序章で起章部分かな。
イントロ部分で概ね予測はつくけど決定的になる部分です。
此処からが本編となっている様で全ての世界観が解る感じ。

2クールで概ね描ききってる感じがするが・・色々手を変え
品を変えという感じで深みにハマっていく・・

正直若干根明でコメディタッチだが・・12国記を砕いた様
な見易さに少女漫画独特の女性同士の確執や恋愛泥沼系に
どっぷりハマりそうな長引き方で・・

3クールでそろそろ現代に戻るなり新章突入で良いのでは?
等とやや呆れてくる・・それでも各登場人物等が頑張って
話を盛り上げてくれるので何とか視聴ができる。

4クールでやっと私が思っていた方向に話が纏まりかけて、
現代と異世界の辻褄合わせが・・中弛みが酷いとか言う程
でもないけど・・此処まで矢張り途中で諄さは感じる。

4クールは結構好きな感じで可也持ち直す感じ。終わり近い
ので当然と言えるのだけどw24話で勢い良く終わらせて・・
続編~新章という風に節目を作ってくれた方が見易いかな。

尺に余裕があった時代?近年の尺不足のラノベ宣伝アニメ
乱造と違ってじっくりと視れるので良いですけど。

願いが・・大切な願いがそれで良いの?とか・・
40数話も引っ張るとどんな願いも「そっかぁ・・って感じ」
展開自体は纏めで可也色々盛り込んでくるので面白い。

比較的穏やかで見易いのはネオ・アンジェの方かな・・
方向性が違うのでw 

本の世界云々もラストを締め括るのに妥当で良い感じかな。
全体を通して惜しいなと想うのは矢張り等身かな・・もう
少し別の方法でセンス良くコメディなど工夫があれば・・

序盤見易いのは此方で・・内容が濃くて印象に残るのは・・
十二国記の方・・まぁメインの描写自体が違うのだけど。

彩雲国って少しだけ視たことあるけど・・どんなだっけ?
とか関係ないけど想ってみたりw

八犬伝とか結構好きだったりで此れは此れで面白かった。



朱雀 紅南国

鬼宿/琮 鬼宿(声 - 緑川光)
美朱と唯が人買い絡まれていた所を助けてくれた少年。
美朱が初めて出会った朱雀七星士。優しい性格。
非常な守銭奴だが・・幼い弟妹達を養う為で家族思い。

星宿/彩賁帝 (声 - 子安武人)
朱雀七星士にして英明且つ誠実な、紅南国の皇帝。

柳宿/迢 柳娟(声 - 坂本千夏)
星宿の後宮で暮していた朱雀七星士。女装の麗人青年。

井宿/李 芳准(声 - 関智一)
変身/分身/瞬間移動等多様な術を誇る年長の朱雀七星士。

翼宿/侯 俊宇(声 - 林延年)
ハリセン状の武器―鉄扇による炎攻撃を操る朱雀七星士。

軫宿/妙 寿安(声 - 石井康嗣)
朱雀七星士一大柄且つ寡黙な、唯一の治癒能力の使い手。

張宿/王 道煇(声 - 川上とも子)
朱雀七星士中最年少の優秀な成績で科挙に合格した少年。

太一君(声 - 京田尚子)
極一部の者だけが辿り着ける太極山に住む老婆。
四神天地書の世界を見守る仙人。俗称?砂かけババア。

娘娘(声 - 氷上恭子)
たま(声 - 冬馬由美)
少華(声 - 榊原良子)
鳳綺(声 - 坂本千夏)
芒辰(声 - 矢島晶子)
迢 呂候(声 - 井上和彦)

青龍 倶東国
心宿/アユル(声 - 古澤徹)
青龍七星士。倶東国将軍で国内の兵力を掌握している。
剣術/拳法/気功に秀で、策略家の武人の優秀な青年。
幼い頃から、金髪碧眼で邪教とされる信仰を持つ異民族。

亢宿/ 本名:武 亢徳(声 - 上田祐司)
角宿の双子の兄で、青龍七星士。弟思いの優しい性格。

角宿/ 本名:武 俊角(声 - 上田祐司)
亢宿の双子の弟で、青龍七星士。暗器・流星錘の使い手。

房宿/本名:白 花婉(声 - 田中敦子)
雷を操る青龍七星士。心宿に房中術で、気力を与えてる。

氏宿/芸名:羅軍(声 - 飛田展男)
貝を使い幻覚に閉じ込める能力と、鞭も扱う青龍七星士。

尾宿(声 - 大友龍三郎)
巨体の怪力で、鋭い爪と牙での攻撃が主な青龍七星士。

箕宿(声 - 中沢みどり)
人体に憑依し魂だけで生き続ける邪法使いの青龍七星士。

投稿 : 2013/10/19
閲覧 : 154
サンキュー:

3

退会済のユーザー

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

けっこうどろどろした恋愛物

子供のころに見たが、女のどろどろした恋愛模様がうまく描かれていて非常におもしろい!
昔のマンガなのにBLやらなにやら色々含まれていて、なかなかうまくいかない主人公の純愛が引き立つ物語はよくできている。

投稿 : 2013/09/24
閲覧 : 124
ネタバレ

しょうか

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:----

大好き!

ハラハラドキドキしたアニメ!!
助け合いがすごく感動!

投稿 : 2013/08/13
閲覧 : 87
サンキュー:

2

ネタバレ

りんご

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

女性なら一度は必ず観るべき、読むべき作品【再投稿】

「玄武開伝」が数回の掲載誌の変更、休載期間を含め、10年におよぶ連載が完結したので、
それを機にふしぎ遊戯アニメを再び視聴。
懐かしさでいっぱいでした。
展開を覚えているので「それをやらなきゃ……」なんて思いながら観ました。

放送当時は小学生で子どもながらに見るのをはばかれる
少々エッチなシーンにドキドキしたりしていました。
宿題をやらないといけない時間で、リアルタイムで観れることが少なかった記憶があります。
その分原作を何度も読み返していました。今までの人生で一番読み返した漫画かもしれません。
昔は読むたびに泣いていました。
そのせいで単行本がボロボロになってしまったので本棚の整理の際に捨ててしまいまして……
今完全版を揃えている真っ最中です。

「生きてりゃねえ!つらいことでもいつか笑って話せる時が来るのよ!」
今でも柳宿のこのセリフは大好きです。

レンタルで全52話を一気に視聴しました。
OPEDは一度も飛ばさず毎回聞いてしまいました。とてもいい曲で飛ばせない!
52回飽きずに聞いたのは自分でもどんだけ好きなのwと笑いが出ます。
特にEDはほぼ毎回引きのいいタイミングであのイントロが流れるので、
そのまま聞いてしまうんです。うまい。

昔は翼宿が好きでした。今は断然星宿です。
地位、金、愛あり、顔良し全部揃っているあんな良い男三次元ではありえません。
当時の少女漫画は主人公と結ばれる相手役よりも
三角関係になる相手の方がいい男というテンプレがあったと思います。
個人的な好みがそうだったのかもしれませんが。笑
鬼宿のブレっぷりが今も昔も気になって仕方がないのです。きっと。
まぁその気持ちの変化がなければここまでの作品にはなっていないのですが、
その分一本筋の通った星宿が魅力的に見えてしまうのでしょうね。
くっついては離れくっついては離れ、少女漫画として完成度が高いです。
今観たら「こんなんだったっけ?」と思うような、行動や展開が安易な点があった部分も否めませんが、
基本主人公が中学生なので、ある程度は許容範囲かと。
中学生らしい言動がよく考えられていると思います。

アニメ化において、原作での好きなエピソードがカットされていたりしたのは残念でした。
そのおかげで張宿が空気過ぎて悲しい。
終盤ではちょいちょい吹いてしまうような不要なシーンが追加されていて雰囲気ぶち壊し……。
亢宿の笛の曲はもう少しどうにかならなかったのでしょうか。
終始気に入ることはできませんでした。
当時のアニメの特徴でもありますが、作画の浮き沈みが激しいです。
神作画の回もあれば、残念回もあり……、なぜずっとOPのクオリティで描けないのか……。
差がありすぎて、そういう部分が円盤購入に踏み切れない原因でもあります。

果たして作中何度「美朱」と出てきたか……。
とにかくみんな事あるごとに彼女の名を呼ぶので今度数えてみたいです。
……誰かやってくれないかな。

玄武開伝が世に出て完結した今、玄武に比べたら
朱雀青龍編は……「何やってんだお前ら」と言いたくなってしまう内容です。
特に3つの願い事。言いたいことはいろいろありますが、
作品を描いている時代が違うし、渡瀬さんの年齢だって当然違うし……
そもそもアニメの話ではなくなってしまうのでそういうことは他で語ろうと思います。

それでも、今でも色褪せず一時代を築いた少女漫画のアニメとして、
いつまでも語り継がれていってほしいです。

投稿 : 2013/07/20
閲覧 : 272
サンキュー:

6

まみむう

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

少女漫画永遠に№1

もう大好きすぎです(>_<)
とくに翼宿^^
永遠にアイシテル。

投稿 : 2013/06/27
閲覧 : 98
サンキュー:

1

25M自由形

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

原作派ですが……

もともと、漫画でハマッた作品です。
小学生の時に回し読みしてました。笑
キャラクターがまた個性が強いわ、話のスケールがでかいわでなかなかおもしろいです。結構好き。
ただ主人公リアルに総受けなんでね、うらやましい限りですがちょっと観ているのが恥ずかしくなったりします。

いやでも、泣けるシーンもあるし結構見応えはあるかと思います。声優さんも素敵キャストなんで、オススメです。

投稿 : 2013/06/01
閲覧 : 116
サンキュー:

1

まぐ(ZERO)

★★★☆☆ 2.9
物語 : 3.0 作画 : 1.0 声優 : 3.5 音楽 : 2.5 キャラ : 4.5 状態:途中で断念した

大好きな作品だけど・・・

私の住むところでは放送していなかった為、当時は見れませんでしたが最近ようやく見る事が出来ました。豪華声優陣で満足かと思いきや・・・主人公の声があまりにも子供過ぎてちょっと聞き取りにくかった為に内容が頭に入って来ず主人公の声には目をつぶって見ましたが耐えられなくて2話目で断念しました。期待していただけに残念でした。

投稿 : 2013/03/29
閲覧 : 130
サンキュー:

1

ネタバレ

dn(◞‸◟)

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

不思議な話で良かったです

友達に勧められて見ました。
主人公と友人が本の世界に入る話で、どろどろした部分もあれば感動するシーンもありとても楽しめました。

これをきっかけに原作も読んでみたいと思いました。

投稿 : 2013/03/24
閲覧 : 108
サンキュー:

1

矢野原さき

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 2.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

アニメより原作読んでください!

原作が大好きで小学校の頃の青春を全てささげてたほど
大好きだった作品です。

本の世界に入ってしまった主人公が朱雀の巫女として
7人の守護者たちを探しながら
同じく本の世界に入り敵対する青龍の巫女になってしまった
親友を助けようというストーリーです。

OPやEDの曲が良いです。
そして声優さんもそれぞれ個性的なキャラクターと
合っていて良かったです。
作画も今見ると古く感じるかもしれませんが、
当時はきれいだなと思いました。

ただ、アニメは原作と違っているので(省略や終わり方)
原作を強くオススメします。

OVAも出ていますが、正直う~んといった感じです。

投稿 : 2013/03/01
閲覧 : 143
サンキュー:

7

らすきき

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

たまほめーーーーー

大好きですこういう作画w
OPの曲も良し。
内容はおすすめできるというほどではありませんが、自分はなかなか楽しめました。

投稿 : 2013/02/18
閲覧 : 104
サンキュー:

1

hanapoko30

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

典型的なストーリーだけどつい最後まで見てしまった!

何年か前にアニマックスの再放送を視たのがきっかけではまりました。

本の世界に入る、中国風な世界感、朱雀の巫女と7人の守護者たち←イケメン多い

イケメンの出てくるファンタジーや逆ハーものが好きな私はお気に入りです。
ただ主人公がちょっと空気読めず、場違いなとこでイチャイチャしだす……のにちょっとイラっとするかも。

声優陣はとにかく豪華です!荒木香恵さん緑川さん子安さん……
なのでオトメイトでゲーム化されたときにキャスト総入れ替えだったのがショックでした。

キャラもそれぞれ個性があってみんな好きです。
作画も当時としてはきれいな方なので、古いけど見やすいと思います。

投稿 : 2013/02/04
閲覧 : 116
サンキュー:

2

㈹ スーパー椎茸

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

原作はやっぱり越えられない。

原作の長年のファンです。

まあ、少女漫画なので仲間が主人公に次々と惚れていく()逆ハーレム設定はご愛嬌w

笑い有り(ギャグは激寒w)感動あり

そして現実の大事な人を亡くしたと思うくらい柳宿の亡くなるシーンは泣いた。。

星宿の直向きな愛に考えさせられた。

敵も味方も其々に濃い物語があった。


でもOVAは若干グダグダだった。
アニメだけ見ると良さ半減かな。
でもOP、EDは入り方も曲も文句なしで神!

投稿 : 2012/10/16
閲覧 : 241
サンキュー:

5

次の30件を表示

ふしぎ遊戯のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ふしぎ遊戯のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ページの先頭へ