「俺の妹がこんなに可愛いわけがない(TVアニメ動画)」

総合得点
87.9
感想・評価
8018
棚に入れた
32600
ランキング
95
★★★★☆ 4.0 (8018)
物語
3.9
作画
4.0
声優
4.0
音楽
3.8
キャラ
4.1
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

俺の妹がこんなに可愛いわけがないの感想・評価はどうでしたか?

まだらめ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

オタク批判がしたいらしい

オタク=犯罪予備軍的な思想のアニメです。世の中のオタクを理解するにはちょうど良いアニメと言えます。

オタクの考え方、買い物、悩みに世間からの風当たり

主人公が妹の悩みや問題を解決していくと何故かモテるシスコンじゃなければね

投稿 : 2020/02/18
閲覧 : 34
サンキュー:

1

umilinsky さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

深夜アニメの全てを教えてくれた作品

深夜アニメで、初めて全話視聴(リアルタイム)した作品です。
ラノベ・ゲーム・同人誌と、深夜アニメの醍醐味を全て教わりました。
OPはClariSのデビュー曲、EDは公募して毎回異なる楽曲を演者が歌っています。
キャラクターは魅力的で、全盛期は熱狂的なファンがいましたね。
アニメ界隈で「覇権」が言われるようになったのは、本作品が影響しています。
ラノベ最終巻の展開には、想定と違っていて布団に叩きつけたほどのめり込みました。

投稿 : 2020/02/14
閲覧 : 79
サンキュー:

12

よし さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

俺妹1期

最初は適当に見始めたけど、見てるうちにどんどん次の回がきになるようになってた。個人的には好きな作品だった。

投稿 : 2020/02/07
閲覧 : 26
サンキュー:

1

ネタバレ

はくす さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

これも愛ですね

面白かったです。

小説があるのかな?

アニメしか観ていませんが、兄と妹のとんでもない日常が描かれており、破天荒で面白かったです。

兄妹の恋?愛?も最後にはキチンと?完結してるっぽく、
でも少し切ない感じでした。

物語はカラっとしていて観やすかったです。

キャラクターが面白くてよかったけども、後期のアニメでは
普通にきわどいというかストレートなセリフが多く、
娯楽アニメの枠をダメな意味で壊してる気がしました。

面白かったんですけどね。

絵もかわいらしくて良かったです。

投稿 : 2019/12/08
閲覧 : 109
サンキュー:

2

うぐいす さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ツンツンデレ妹とツンデレデレ俺

頬が赤い漫画チックな女の子は皆可愛い。
麻奈美は個人的に受け付けないが、欠かせない役でもある。
キャラの魅力もあるが、早見沙織はあやせ役が一番好き。

投稿 : 2019/12/04
閲覧 : 54
サンキュー:

1

70366 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

黒猫の可愛さは異常。
そして、桐乃ちゃんの性格の悪さも異常。

リニューアル前の千葉駅なつかしい。

投稿 : 2019/12/01
閲覧 : 66
サンキュー:

2

ネタバレ

haiga さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 1.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 1.5 状態:観終わった

俺の妹がこんなに性格ブスのわけがない

今観終わりました~~苦行でしたwww

続編シリーズも沢山ありますし人気タイトルで期待してましたが全然好みじゃありませんでした。
最後もなんだこりゃwwwってオチでした。
大前提として、誰かに合わせて貰ったり、気を使わせてばかりの桐乃は人として最悪です。
私は1番嫌いなタイプの人間ですね。


とにかく桐乃性格悪すぎ。思春期中学生としてでも擁護できねーー因みに現役女子中学生(腐女子厨2病)を娘に持つ毎日が精神修行のオッサンの俺でも耐えられないと思います。お兄ちゃんの京介が凄すぎますね。でも甘やかせすぎです。ダメな事、スジが通らないことはキチンと言わないといかんとおもう。

11話途中(あと1話)で耐えられずに切ろうかと思いましたが頑張って完走しました。11話でちーっとデレられてもダメなものはダメです。

とにかく桐乃がど失礼過ぎる。友達をキモオタと言った事もキチンと謝って無いですし、マナミを地味子ってアダ名で呼ぶのもど失礼で無理です。
京介もキチンと怒って欲しかったし、時間がかかってでも桐乃はちゃんと謝って欲しかったです。

厳格な親父さんのわりに京介も桐乃も言葉使いはなってないですしその辺は設定も破綻してますよね。そもそもエロゲ観られたくなきゃノーパソの蓋しめりゃ良いでしょって思ったり色々アラもありまくります。

友達の沙織や黒猫さん、幼なじみのマナミはとても優しくて可愛いです。早見沙織さんが演じてたモデル仲間(名前忘れた)は性格悪くて微妙でした。
花澤香菜さんの黒猫さんはとても可愛かったです。

エンディングを全部違う曲にしたりしてとても力は入っていたと思います。続編は流石に精神的に観れそうにないのでここで断念します。

投稿 : 2019/11/27
閲覧 : 139
サンキュー:

21

ネタバレ

freehuman さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

懐かしい感じ

リアルタイムで2話くらいまで見てたのをプライムビデオでようやく全話視聴。原作未読。桐乃みたいな暴力系ツンデレヒロインって最近はもうほぼ死滅してる印象なので、とても懐かしい感じがする。
当時どういう評価だったのか知らないけど、個人的には面白かった。2期も近いうちに見る予定だけど、あらすじに桐乃が留学から帰ってきた云々あるのが「?」。もしかして2期は1期最終話の別分岐の話か?

投稿 : 2019/11/04
閲覧 : 61
サンキュー:

1

ネタバレ

tomledoru さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

京介はやさしいからみんなに好かれるんだね

夜中にエロゲーを買いに行かせる妹が
いるということが面白いです。

それ以前に,中学生がR-18のゲームを
たくさん持ってるというのが
摩訶不思議です。

私は妹はいませんので,
妹がいたらどうなんだろうと想像する
以外にはないのですが。

ツンデレの妹もかわいいとは思いますが
初回のような会話もしないという時期があっても
おかしくはないと思います。

桐乃については,陸上でアメリカへ行くなんて,
頑張り屋さんなところがいいですね。

共通の趣味というか,
親近感をもつエロゲーや同人誌
という関係で仲が良くなっていくということも
現実にはありうるのかな?
なんて思ったこともありますが。

京介は,案外誰に対してもやさしいので
麻奈実をはじめ黒猫や沙織・バジーナ
からの信頼も厚いのだと思われます。

2期の最終回を知っているので,本音を
言わせてもらえば,すでに五更瑠璃(ごこう るり)
こと黒猫(くろねこ)に好かれているので
もっと仲良くなってほしいと思いました。

京介の家で,両親不在の折,掃除と料理をする
麻奈実の健気さも好きですが,仲良くすると
桐乃が邪魔をするから難しいのかな。

TRUE ROUTE版はまだ見ていないので
比較してみようかな。

投稿 : 2019/10/30
閲覧 : 56
サンキュー:

2

ネタバレ

ウェスタンガール さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

信仰とは

比較的早い時期に観た作品である。
愛すべきキャラクターと設定の面白さ。
ハラハラし、ニヤニヤしながら楽しんだ、いや楽しんだはずであった。
それでも、心を騒つかせる何かがある。

そう、これは信仰の意味を問う物語なのだ。(此奴、やっぱりアホだな)
遠藤周作の『沈黙』を思い出す。
桐乃はキチジローであり、酷い目に会う兄、京介は神父のロドリゴといった所か。

桐乃は表と裏を使い分ける。まさに、隠れキリシタンのそれだ。
コミコンの帰り道、モデル仲間に鉢合わせた時の裏切りは、このテーマを象徴するシーンだ。

我々は彼女に人間のズルさ、弱さ、そして優しさと苦悩を感じ、イラつきながらも共感する?のである。

そう、我々は、隠れヲタクである。
家族や、立場を守るため、表の世界では“踏み絵”に足を掛けて、“ころびヲタク”として生活しているのだ。

それから、かなかなちゃんのメルル、黒猫の猫ダンスをもっと観るには、どれだけ課金したら良いのでしょうか?

投稿 : 2019/10/12
閲覧 : 105
サンキュー:

7

ネタバレ

KomcHi さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

後半の加速デレ具合が凄い

見終えました。

平凡な生活を送っていた兄:京介に、
妹:桐乃が人生相談をし、波乱がおきる物語。

初めの方は桐乃のツンツンに
対処出来てなかった京介ですが、
一緒にエロゲを始めてからは急接近してましたね。

妹からエロゲ‥しかも妹もののエロゲを渡される気持ちは、
複雑だなーと思いながら笑ってました。

でも、趣味を共有出来るって良いですね。
今まで誰にも言えなかった事を、
京介と話し出来て、桐乃もうれしそうでした。

人間関係では色々な所で嫉妬してました。
一番毛嫌いしていたのは麻奈実かもしれませんね。

麻奈実が京介の部屋に入ろうものなら、
事前にPCの画面にエロゲを仕込むわ、
ベットにメガネっ子ばかりのエロ本をばらまくわ、
PCをEscキー押したのに画面には、
『お兄さんは妹にしか欲情しない変態なんだよー』
っていう画面出てくるわで、
やめてあげてーって思っちゃって笑。

ただこのハプニングに申し訳なかったと思う桐乃は、
メイド姿でご奉仕。
ゴメンといってプレゼントを渡したけど、
中身はエロゲー‥‥
そんな妹がいるなら、紹介してほしいです笑。

キャラは、個人的に黒猫が可愛いと思っています。
実生活では素朴で家庭的で、
ゴスロリ姿とギャップがありGoodでした。

最終的には
ツンツンツンから
ツンデレデレぐらいで落ち着きましたね。

→次はTRUE ROUTEを見ます

投稿 : 2019/10/11
閲覧 : 96
サンキュー:

16

ネタバレ

nan-nan さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.2
物語 : 1.0 作画 : 3.0 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

何が悲しくてこんな作品を…。

タイトル通り、何が悲しくてこんな作品を観たのか分かりません…。
面白かった点を探せ!と言う方が無理です…。
全話観きった自分を褒め称えたいですΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

投稿 : 2019/06/29
閲覧 : 296
サンキュー:

3

ネタバレ

タック二階堂 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

オタクなツン妹がデレていく物語。

詳細は公式でも。

容姿端麗、頭脳明晰、運動神経バツグンの妹は、
実はエロゲ大好きなオタクでした。
というお話。

タイトルやら設定やらで敬遠してきたのですが、
何の気なしに観てみたら、これが意外と面白い。
キャラデザも好ましく、特に黒猫が可愛いです。
制作は前知識がなく観てA-1っぽいなと思いましたが
AIC Build。ただ、2期はA-1に変わるみたいです。

とりあえず中盤までは面白いです。
感想は完走後にでも。

=====最終話視聴後、感想です。
{netabare}
桐乃が京介に黙ってアメリカに陸上留学をするか
どうかというところで、結局は行かないことに
決めたところでのエンドです。

実はこの最終話はGOOD ENDバージョンらしく、
dアニメでは第12話「TRUE ROUTE」から第15話
まであるわけですが、とりあえずここまでで感想。

えっと……、僕は独りっ子なので、兄弟姉妹が
いないため分からない部分があるのですが、
京介の桐乃に対する感情、あるいは逆、これは
普通に思うものなのでしょうか。
「妹をそんな(ある意味、性的な)目で見たこと
ねえよ」という意見を、いろいろな人から聞いて
きたので、こういうことは幻想なのだろうと、
勝手に理解しているつもりです。

そうでなければ、京介と桐乃に関しては、
「さっさと付き合っちまえよ」になるぐらい、
ほんのり淡いラブストーリーなわけです。

全編通して観て、京介の各キャラに対する
絶妙な距離感というのが良いなと思いました。
(いや、麻奈実については幼馴染だとしても
泊まって一緒に寝るのはちょっとなぁ…)

その意味では、桐乃についても罵倒されつつ、
ごくまれにデレる姿にちょっとドキッとする
距離感はラブコメとして正統派だなと。
{/netabare}
食わず嫌いでした。面白かったです。
とりあえず2期を見てきます。

投稿 : 2019/06/24
閲覧 : 137
サンキュー:

5

ネタバレ

森可成 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

「けいおん!」でアニメにハマった俺は「俺妹」でラノベにハマった

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」は
言わずと知れたラノベの名作であります。

当時私はラノベと言うジャンルを
知りませんでした。
友人が昔読んでいた「ロードス島戦記」が
ラノベの走りだった事を知ったのも
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」を
知って以降なのであります。

そしてツンデレという概念を知ったのも
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」
のお陰なのであります。

改めて観直すと、
桐乃はツンツンツンデレくらい
に感じますが、
桐乃の内面を覗くことが出来ていれば
ツンツンデレくらいでしょうか。
いずれにせよ些かツンとデレのバランスが
悪いのであります。

「ゼロの使い魔」や「とらドラ!」
「緋弾のアリア」が様式美と
表現すべきツンデレを見せつけ、
圧倒的なツンデレ係数を
叩きだしていることを考えると、
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」
のツンデレ係数は低く見積もらざるを
得ないのであります。

上記3作全てでヒロインを担当した
釘宮理恵女史の偉業には感動を
禁じえません。
偉大なのであります。
人間国宝の指定は近いでしょう。

私は「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」
を、アニメ→原作の順で楽しんだ訳で
ありますが、制作陣の原作へのリスペクトを
読後に感じ胸を打たれる思いでした。

正直に言いますと私は
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」
をラノベとして絶賛はしていません。

名作であり面白いのは
間違いないのでありますが、
私にとってはもっと面白い作品は
いくつもあるのであります。

しかし、ことアニメとのコラボ
の話となれば話は別であります。

原作を読みたくなるアニメ、
アニメを観たくなる原作、
そして、どちらのルートからでも
これ程満足に足る結果になる
コラボは少ないでしょう。

それはやはりキャラの魅力
だと思うのであります。

尖ったキャラはゲー研の三浦くらい
でしょうか。
なんなら桐乃の理不尽っぷり、
あやせのヤンデレっぷり、
真奈美のラスボス感、
が目立つ程度であります。

しかし各キャラの性格、容姿、背景への
的確な描写があり、それぞれの魅力を
丁寧に引き出されているのであります。

ちなみに私が好きなのは、
ぶっちぎりであやせであります。

あやせの魅力は作中において
ベビーフェイスからヒールへ
更にヒールからベビーフェイスに
転向したことにありましょう。
武藤敬司からグレートムタへ
グレートムタから武藤敬司に
シフトしたと考えて頂ければ
よく理解できると思うのであります。

桐乃を愛する気持ちと京介への好印象は
ドラゴンスクリューであり、
その思い込みの激しさとオタク文化を
嫌う姿勢は毒霧攻撃であり、
それでも桐乃を慕い、京介に惹かれるサマは
シャイニングウィザードなのであります。

皆様にも、それぞれに好きなヒロインが
いると思うのであります。
何となく黒猫が人気な気がしますが。

現代の日本を舞台にしながら、
これ程ヒロインの多様性をもたせたことは
本当に凄いことだと思うのであります。

このヒロインの多様性が
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」
で私がラノベに興味を抱いた動機なのです。
原作だと、どんな描写をされているんだろう、
と考えてしまった訳であります。

アニメからラノベに至る陥穽はかくも
あっさり人を引き込んでしまうのであります。
皆様も注意して頂きたいと思うのであります。

最後になりますが、
好きなラノベを紹介したいと思います。
「女子モテな妹と受難な俺」
であります。

現代日本を舞台した作品ですが、
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」
とは、そこそこ毛色は異なりますし、
妹の性格も違います。

ただ、もし桐乃が京介を尊敬し続けて
デレが超加速していたら、
こんな兄妹になってたりして…
と何となく思わせる作品です。

興味があったらお読み下さい。

投稿 : 2019/06/22
閲覧 : 120
サンキュー:

3

月宮 さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

このアニメが神アニメにならない訳がない

原作未購読。

以前に視聴していたが、最近見直したので二度目の視聴。



一話観たら止まらない。そして、一話以降もほぼ全部面白い。


「オタクが非オタから冷たい視線を受けている」という作品の背景が非常に身近でありながらも、なかなかフォーカスを当てられない部分だなって思います。

その背景の中で様々な人間関係のトラブル。そして、時折垣間見える兄妹の絆。この二つが、多くの人の心を鷲掴みしたのではないかなって思っています。

また、アニメ√分岐など細かいとこで凝っていて、ゲーマーたちからも愛されるべき作品だと思います。

コメディ面も、他作品と違い、寒いノリも無く、高坂桐乃というキャラがストーリーをだらけさせない良いキャラをしてると思っています。

作中の音楽も神崎尭さんの音楽がマッチしていて退屈しないアニメだなと思いました。EDも毎回、キャラの声優さんが歌っていて本当に凝ったアニメだなと思いました。


黒猫おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお愛してるよ!!!!!!!!!!!!

投稿 : 2019/06/20
閲覧 : 172
サンキュー:

6

taijyu さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

原作を完全に再現した理想的なアニメ化

原作ラノベ→アニメ化 の順で見て、これほどまで違和感無く原作と同じだけ楽しんで見られたアニメは他に知りません。

まず原作イラストレーターのかんざきひろさんがアニメーターとして、自ら作画監督を務めているのが大きいですね。原作そのままの作画で楽しめます。
作画のクオリティも高くデザインは完璧と、絵に関しては最上級です。

内容についても全く問題ないです。
小説のアニメ化は地の文がなくなるため、世界観の説明や心理描写が欠落して物足りないものになりがちなのですが、元々そんなに膨大な説明があるタイプの原作でもないために、くどくならない丁度いいバランスがとれていると思います。
会話劇中心のアニメは案外アニメに向いているのですね。

というわけで原作ファンこそ不満が何もないであろうと思われる、まさに理想的なアニメ化だと思います。

もちろん内容はキャラクターが皆魅力的で面白かったです。

投稿 : 2019/05/03
閲覧 : 135
サンキュー:

3

funamushi さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

サクッとね。

ツンデレ、たまに見るとおもしろいですね。ハーレムもの苦手ですが、女の子が魅力的でサクッと完走しました。クロネコ、かわいかったwww

投稿 : 2019/04/27
閲覧 : 67
サンキュー:

2

ダビデ さんの感想・評価

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 1.0 作画 : 1.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.5 状態:観終わった

う~ん

残念ながら,私には合わなかったみたいです。
小説~アニメ化のくだりらへんから,設定に入り込めなくなってしまいました。
なんていうか、現実設定なのに、現実離れが多く、ご都合主義な上に、キャラが好みじゃなくてってところが、合わなかったのかなと感じます。
残念。

投稿 : 2019/04/25
閲覧 : 185
サンキュー:

12

ネタバレ

ごー さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

記録

とても面白かった。
偏見を持たれるような趣味を持っている人も、偏見を持っている人も見てほしい作品。
そもそも趣味なんて他人がどうたら言える分野じゃないのに、趣味に対する偏見は根強い。この作品ではそういう趣味をもつ1人の人間に対する接し方の色々な葛藤が描かれており、今までアニメやエロゲに対する偏見を持っていた視聴者は考えさせられたのではないだろうか。(そもそもそういう偏見のある人はこのような題名の作品は観ない気がするが笑)
かつて自分もアニメなどに対して偏見をもっていたが今ではそれを恥ずかしく思っている。
あと、個人的にはあやせルートが一番好きだった。

投稿 : 2019/04/15
閲覧 : 47
サンキュー:

1

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ほんとの兄がこんなにやさしいわけがない

あらすじは

ツンデレでかわいくって何でもできちゃう妹が
ほんとはエロゲが好きなかくれオタだってばれそうになって
ふだん口もあんまりきかないお兄ちゃんが
かばってくれたけど。。


にゃんにもお兄ちゃんがいるけど
イジワルばっかり言う

京介みたいなお兄ちゃんがほしかったナ
黒猫みたいなお姉さんでもいいな☆

こんないいお兄ちゃんがいて
きりのがうらやましい。。

もうちょっと
お兄ちゃんのことやさしくしてあげたらって。。
そう思った。。


オタクのおはなしとかいっぱいあって
いろいろなオタクの勉強になったみたい^^

おはなしはネット配信がおわったあと
京介と黒猫がどうなるのかなぁって
気になってたんだ

2期が見られてよかったぁ♪

投稿 : 2019/03/14
閲覧 : 1936
サンキュー:

377

プクミン さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

妹系アニメ

才色兼備の妹桐乃は、兄との不仲だったが、ある事から妹がエロゲーマーだという事に気付く事から物語が始まる。
中学2年生女子でエロゲーマー、将来有望だと思います!!
ちなみに、桐乃役の竹達さんは、ギャル(乙女)ゲーマーらしいです。

話が逸れましたが、主人公の兄は、そんな妹をとことん庇いまくります。
更に桐乃はネット上でオタク仲間との交流もあり、オフ会をする事も。
そんな妹を中心としたストーリーが展開される中、オタクでも何でもない主人公が巻き込まれ、時には恋愛に発展する事も。

妹萌えでない人でも楽しめる作品になっていますし、キャラ同士の絡み(特に桐乃&黒猫)が面白いです。

かなりオススメです。

追記
『ベルフェゴールの呪縛』が面白いです。

投稿 : 2019/02/24
閲覧 : 86
サンキュー:

4

ASKA さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

俺の妹がこんなにヲタなわけがない

ヲタ妹とその相談に乗る兄のコメディです。
モデルもやって陸上もやってる完璧にみえた妹は実はアキバ系ヲタだった!?
しかも妹系ギャルゲをやるヲタだった。ある日兄の高坂京介は妹桐乃から人生相談を受ける。
そんな人生相談から始まる兄や桐乃の友人あやせ、桐乃のネットで知り合ったヲタ仲間黒猫、沙織、京介の幼馴染真奈実などを巻き込んだコメディです。

投稿 : 2019/02/01
閲覧 : 147
サンキュー:

16

かずおさん さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

この作品のせいで!!!

妹物にどはまりした、わたし。

実際に妹がいるのに。。。

ま、そこは置いといて。

いやー、はまりすぎて、ゲームやっちゃいましたもん。
黒猫、あやせ、さおり、みんな可愛くて素敵だが、でも、俺は結構かなこも好き!

しかし、三回目以降は、やっぱりキリリン氏がいじらしくて、捨て置けない。

まさに京介の気分ですね。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない!!!

投稿 : 2019/01/12
閲覧 : 147
サンキュー:

4

オカルトマン さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

感想

自分はこのアニメがきっかけで、深夜アニメに目覚めました。

笑って時には泣ける作品だと思う。

桐乃はネットで酷評だけど個人的には嫌いじゃない。
てか好きです^^

1期は面白い。
2期は本気なんだな・・・。って思った。
エロ漫画先生は下位互換。

投稿 : 2019/01/01
閲覧 : 250
サンキュー:

8

dbman さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

あたふた

原作未読/初出:2018.10.25/※再視聴にあたり大幅に改定

放映当時、その長ったらしいタイトルからして敬遠していたけれど、いまさらながらなんとなく視聴。(正確には半年くらい前)色々とリアリティの無さはあるけれど、逆にぶっ飛んでいるからこそアニメだよね。と改めて思い知らされることとなった作品で、存分に楽しませてもらいました。

登場するキャラクターは、ヒロインである破天荒な妹・桐乃をじはじめ、中二病全開な黒猫、ラブリーマイエンジェルあやせたん、ミステリアスでその素性が気になりすぎる沙織バジーナ、腐れっぷりが逆に清清しい瀬菜など魅力ある子が多すぎてどの子を観ていればいいのやらと主人公でもないのにアタフタ。

私の場合、ずっと観ていたい! って程のお気に入りになるキャラは、どの作品もたいてい一人か二人ほどしかいないだけにこの作品を視聴していて、ある意味で大変でした。

物語は私の苦手なハーレム系ではあったけれど、主人公の人柄などその人間性に愛着を持つことが出来たのでその問題点は解消。あとは上記に記したようにひとりに絞りきれないほど女の子たちで楽しませてもらったのでハーレム系の醍醐味をこれでもかってくらいに堪能することが出来ました。

私のようにタイトルで敬遠しちゃっている方にこそ是非観てもらいたい作品。笑えて泣けて、ちょっとこんな妹が欲しくなる。そんな一作。

なおClariSが唄うオープニングテーマ『irony』はとても素敵な楽曲でお気に入りの一曲となり、イントロの「そんな優しくしないで どんな顔をすればいいの?」の一文は見事にこの作品を表してくれている気がします。ちなみにClariSはこの曲でメジャーデビューし、当時は現役中学生のユニットだったということを知り驚かされました。


▼キャスト
高坂桐乃:竹達彩奈
高坂京介:中村悠一
黒猫:花澤香菜
沙織・バジーナ:生天目仁美
田村麻奈実:佐藤聡美
新垣あやせ:早見沙織
来栖加奈子:田村ゆかり
メルル(星野くらら):田村ゆかり

▼制作情報
アニメーション制作:AIC Build
原作:伏見つかさ/小説:全12巻
監督:神戸洋行
シリーズ構成:倉田英之
原作イラスト:かんざきひろ
キャラクターデザイン:織田広之

▼主題歌
オープニングテーマ「irony」歌:ClariS

投稿 : 2018/12/19
閲覧 : 148
サンキュー:

27

ネタバレ

Re:アニメ好き さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

これは、ご都合主義が過ぎるでしょ。

あらすじ...
{netabare} 主人公の高坂京介は、波乱のない普通の人生を志向する高校生。
スポーツ万能で雑誌モデルをしている中学生の妹・桐乃とは、幼い頃は仲が良かったが、今ではまともに挨拶も交わさない険悪な関係になっていた。

ある日、京介は玄関で魔法少女アニメ『星くず☆うぃっちメルル』のDVDケースが落ちているのを発見する。
しかも、その中にはアダルトゲーム『妹と恋しよっ♪』が入っていた。
その持ち主が桐乃であることを確信した京介は、問い詰めずにDVDケースとその中身を桐乃に返してやるが...{/netabare}

感想
{netabare} まあ、2期のレビューを先に書いてしまったので、今更、「なんか、思ってたんと内容が違うんですけど...」なんて、何言ってるん?って、感じですけどね...

「ストーリー」
{netabare}まず、タイトルのご都合主義ですが、妹(桐乃)が今まで小説なんて、書いたことないのに、いきなり、小説家になるって、ちょっと、無理がありますよね。
それとも、相当、才能があるのか...

あと、製作者さんが、(多分、原作)がエロマンガ先生書いていた方と同じそうなので、同じような感じかなあ...と思っていましたが、なんか、全然ではないと思いますが、なんか、イメージと違いました。
エロマンガ先生のストーリーは、みんなのラブコメ。
対してこっちは、生意気な妹のアダルトビデオを誰にも、悟られないように隠す。ずいぶん違うような気がします。
まあ、違うストーリーなのは当たり前ですよね。意味の分からんことをすいません。{/netabare}

「キャラ」
{netabare} 兄の性格はともかく見た目は結構、というか、めっちゃ、エロマンガ先生の主人公に似てました。(って、いうか、背丈以外、同じかと。)
妹さんの性格はちょっとアレですね。
多分、この作品で、一番、好みが分かれるところだと思います。
偉そうだし、兄のことは、無視するくせに、助けてもらうって...と思いましたが、2期を観れば、なぜなのかも、分かるので、我慢してください。
ただ、たしかに、リアルの妹はこんな感じだと思いますけどね。{/netabare}

「音楽」
{netabare} OP、EDともに、良かったと思います。(名前忘れたけどw){/netabare}

「作画」
{netabare} まあ、なんか、違和感があったような気はしないでもないですが、普通だと思います。{/netabare}

「全体的な感想」
{netabare} この作品は妹(桐乃)を受け入れるかどうかによって、大分、変わってくると思います。
個人的には、気になったので、2期の見ましたが、断念する方も多いと思います。
個人的には、ラブコメがなかったのが、ちょっと、悲しいかも...{/netabare}{/netabare}

投稿 : 2018/12/11
閲覧 : 146
サンキュー:

15

ネタバレ

ダレイオス さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 1.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

個人的な評価基準では全然駄目でした。

設定は主人公は普通の高校生の男の子で、ヒロインに当たるのは
その妹で隠れオタクの中学生の女の子というもの
ストーリーはそのヒロインの隠れオタクであることが
主人公が知り判明することから始まるのだけど
正直あまり面白くはないかな
主人公はいい奴なのはわかるけど、ヒロインは乱暴な性格だし上から目線だし
あんまり好きではないですね。
フィクションだから、いい奴ばかり出してもしょうがないのはわかるのですが
それにしても、好きになれない開始かな

うーん、夜無理やり兄を叩き起こして、オタクについての相談とか
何か関心出来ないし、兄に無理やりエロゲをやるように押し付けたり
やってなければ怒ったり、どうも見ていて好きになれない。
ヒロインについてはオタクだからという後ろめたさや心の葛藤などは描けてはいたけど
自分の意見だけ通しているだけにしか見えなくもないのが何とも・・・
オタクの良さを伝える内容とかなら納得はいっただろうけど
これじゃ・・・と思う。

ストーリー展開はアニメやオタクを嫌っているテンプレートなわかりやすいキャラを出して
オタクを批判していく展開だけど、ただそれだけですよね。
見ていて痛々しかったな結局趣味なんて個人の自由だからで
終わっちゃう問題なので別にストーリーが魅力的てとはないですね。
オタクの敵であるマスコミを登場させマスコミの失態でオタクを正当化する
シナリオとかも見ていて面白くなかったです。
何か見たかったものとは違うな・・・になりました。
あと冷静に考えればエロゲとかって
一応メーカーの推奨で18歳未満の方はしないでほしい
というものなので作っている側は子供向けには作ってないのに
最終的には中学生がエロゲをプレイしているのを容認した内容に
なっているのはテレビアニメ的には何とも・・・
違法ではないがエロゲ制作会社がせっかく苦労して自己規制しているのに
その苦労を水の泡にする行為はモラル的に良くないんじゃないかなと思う。
作り手の自由だと考えなのかもしれないけど・・・個人的にはそれはないと思う。

ヒロインは兄を奴隷か何かとしか思ってないし、いつもイライラしているし
全然魅力的じゃないですね。
兄にオタクの趣味を無理やり押し付けているのはずっとだし
好きになれない。
基本的に兄に対しては怒鳴っているだけなので
何だかなあ・・・と思う。
ヒロインの友人のモデルの女の子もチョット怖かったしあんまり好きになれない。

ストーリーが進んでもオタクが嫌う嫌なキャラを出して
そのキャラの明らかな理不尽な行動を正論で反論をする内容で
それで自己正当化するもので内容は何とも・・・で
面白くなかったです。
ただ、8話で黒猫が言ってたことは黒猫自信自分は本音は気に入らないし
いい気味と思ってたけど、そう思いつつ駄目なことは駄目だという意見は
黒猫の気持ちは伝わってきたので黒猫は結構好きでした。
この回まで別に気にしてはなかったのですが
黒猫がこの回で、いい奴なのはわかりました。
主人公も気持ち悪い部分はあるのですが、いい奴なのは
ストーリーを見ているとわかるので
何でヒロインの妹に嫌われているのかは意味不明でした。

後半は遊びの回が中心になったりで別に面白くはなかったです。
そして最後、陸上の話が出てきて唐突かな・・・と思った。
ここまで別に陸上の話を頑張ってきたわけでもないのに
その話で進めたのは、どうも良くないと思った。
最後まで見ると、キャラ自体も、一般的なオタクとは程遠いキャラばかりだし
見ていて同じオタクだから共感出来るとかは殆どなかったな
ストーリー自体も前半はオタクの敵と言える嫌なキャラを出して
後半はオタクの願望を叶えるだけのストーリーなんで
ストーリー的にも同じオタクとして見ていて、共感出来るものではなかったです。
うーん、メインキャラがオタクのアニメなのに
同じオタクとして共感出来ない内容でしたね。

まとめると個人的な評価基準では全然駄目でした。個人的に好みではなかったし
個人的に駄目なアニメだと思われる内容に該当していたので駄目でした。
作画は良いし演技力は問題はなかったし劇中曲は問題ないし
EDの曲は変わる時があって色々工夫はあるので見た目のクオリティーが低いわけではないので
結局私の評価基準では駄目てことですね。
やっぱりこういうジャンルのアニメてオタクの良さにしても悪さにしても
共感出来るストーリー作りが出来てないと楽しめないな・・・と思いました。
申し訳ないが私の基準でオタクとして共感が出来る部分がないアニメでした。

投稿 : 2018/11/20
閲覧 : 187
サンキュー:

14

Dkn さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

妹が苦手って人は京介に感情移入しすぎ説

平凡な兄「高坂京介」は出来のいい妹「高坂桐乃」と
常に比べられることに強い劣等感を抱いていた。
色々な分野で才能を発揮する優秀な妹に軽蔑されている。
妹と比べられないよう家庭内でも距離をとり次第に口数も減り、
お互い干渉することは無くなった。

ある時、優秀な妹の「他人に言えないオタク趣味」を知り
その日から彼女の「人生相談」に乗ることになる。

まず一人称視点なんですよね、このアニメ。

原作小説だと京介以外の視点はなく、
アニメ化では京介の視点だけでなくカメラワーク等
他の登場人物にも感情移入しやすい工夫が有ります。

一人称であることが最後まで伏線になっているので
これから観る人や断念した人への注目ポイントを。

登場人物に腹が立ったりする事は
作品を面白くするスパイスになるので
何故一人称視点なのかを考えながら
出てくる登場人物たちと高坂京介の性格や行動原理、
相手の気持ちが表情でしか読み取れない状況を楽しんで下さい。

このキャラが・この展開が・この結果が・この作品が

どうして好きなのか、それとも苦手なのか?

自分がどんなタイプか目線かによって変わります。

主人公が非ヲタで妹がオタクってのも
アニメを観ている層からすると逆なのも面白いですね。
実は妹属性やらストーリーがどうこうの前に
面白い作りをしたアニメなんですよ?期待して観て下さい。

投稿 : 2018/11/12
閲覧 : 324
サンキュー:

39

次の30件を表示

俺の妹がこんなに可愛いわけがないのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
俺の妹がこんなに可愛いわけがないのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

俺の妹がこんなに可愛いわけがないのストーリー・あらすじ

波乱のない普通の人生を志向する男子高校生・高坂京介は、数年前から中学生の妹・高坂桐乃から挨拶もされずまるで汚物を見るかのように蔑んだ視線を送られるだけの冷え切った関係になっていた。京介自身もまた非凡な才能に溢れる生意気な妹を嫌っており、そんな状態がこれからもずっと続くかに思われていた。ところがある日、京介は自分の家の玄関で、高坂家では自分も含めて誰も見そうに無い魔法少女アニメ『星くず☆うぃっちメルル』のDVDケースが落ちているのを発見する。しかも、そのDVDケースには『メルル』のDVDでなくアダルトゲーム『妹と恋しよっ♪』が入っていた。京介は夕食の卓を囲みながら両親に『メルル』の話題をそれとなく振ってみるが両親、特に警察官である父親はおたくに対する偏見が非常に強く否定的な反応が返って来るのみであった。ただ一人あからさまに不審な反応を返したのは、持ち主としては最もありそうにないと思えた妹の桐乃であった。(TVアニメ動画『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2010年秋アニメ
制作会社
AIC
ニコニコチャンネル(配信サイト)
ch.nicovideo.jp/channel/ch639
公式サイト
www.oreimo-anime.com/
主題歌
≪OP≫ClariS『irony』≪ED≫高坂桐乃(竹達彩奈)『妹プリ~ズ!』、高坂桐乃(竹達彩奈)『Shine!』、高坂桐乃(竹達彩奈)『ほらいずむ』、新垣あやせ(早見沙織)『白いココロ』、高坂桐乃(竹達彩奈)『オレンジ 』、田村麻奈実(佐藤聡美)『マエガミ☆』、黒猫(花澤香菜)『Masquerade!』、沙織・バジーナ(生天目仁美)『カメレオンドーター』、高坂桐乃(竹達彩奈)『好きなんだもん!』、来栖加奈子(田村ゆかり)『いいえ、トムは妹に対して性的な興奮を覚えています』、高坂桐乃・黒猫・沙織・バジーナ(竹達彩奈、花澤香菜、生天目仁美)『アキハバラ☆だんす☆なう!!』、高坂桐乃(竹達彩奈)『ただいま。』、高坂桐乃(竹達彩奈)『READY』、黒猫(花澤香菜)『†命短し恋せよ乙女†』

声優・キャラクター

竹達彩奈、中村悠一、花澤香菜、生天目仁美、佐藤聡美、早見沙織、田村ゆかり、立木文彦、渡辺明乃

スタッフ

原作:伏見つかさ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』(電撃文庫/アスキー・メディアワークス刊)、 監督:神戸洋行、シリーズ構成:倉田英之、スーパーバイザー:川口敬一郎、原作イラスト:かんざきひろ、キャラクターデザイン:織田広之、総作画監督:石田可奈/川上哲也、プロップデザイン:石本剛啓、美術設定:泉寛、美術監督:衛藤功二、色彩設計:末永康子、撮影監督:今泉秀樹/北村直樹、編集:宇都宮正記、キャスティングマネージャー:松岡超、音響監督:本山哲、音楽:神前暁、アニメーションプロデューサー:黄樹弐悠、制作プロデューサー:吉田昇央

このアニメの類似作品

この頃(2010年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ