「日常(TVアニメ動画)」

総合得点
87.9
感想・評価
4306
棚に入れた
20063
ランキング
128
★★★★☆ 4.0 (4306)
物語
3.9
作画
3.9
声優
4.0
音楽
3.8
キャラ
4.2

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

日常の感想・評価はどうでしたか?

ゆい さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

面白い(笑)

面白い!!
見てて元気になれます。明るいキャラが多くてたのしい。
遊園地で財布なくした話と、
悪いことばかりおきてお寺のひとに、祟りじゃ。と言われてる話が特にすきです!

投稿 : 2022/07/13
閲覧 : 193
サンキュー:

3

ネタバレ

阿仁事頓馬 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

京アニの10年以上前のアニメですが、おもしろいですよ

『日常』を発見したのはたまたまでした。
今から10年ぐらい前、娘(当時・保育園年中か年長さん)に見たいアニメのDVDを選ばせたら、これを持ってきました。
今考えても、なんたるセンス。
親の方がハマってしまって、続けてレンタルした思い出があります。
内容は徹底的にギャグ・シュールで、かわいい絵柄にギャグのギャップ萌え。
ハマる人は徹底的にハマります。
大人がハマるのはわかるのですが、当時5~6才のムスメがこれをオモシろがるとは。
いま中学生になって、立派にオタク道も邁進していますので良きです。
特にみおちゃんとゆっこの掛け合いが面白くて、『やきそば』の回や、『偽札疑惑』の回や、25話の『笹原先輩の彼女疑惑』の回のみおちゃんのはじけっぷりは、何度見直しても圧巻です。
個人的にはなのちゃんと、はかせと坂本の回も、なかなかおもしろいですが。
音楽も、この日常でヒャダインさんを知るきっかけになりOPもEDもいいです。
ギャグは、当たりはずれもあって、そことつつかれると、内容に高低があるといえますが、メインキャラのゆっこ・みお・まい・なの・の4人が出てくる回は好きですね。
好き嫌いが分かれるアニメだと思いますが、ムスメのことも含めて、自分には思い入れのあるアニメです。

投稿 : 2022/07/05
閲覧 : 64
サンキュー:

2

ハル さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

シュール系コメディ

人によってツボるツボらないがハッキリしているアニメ。

焼きサバの回、かなりツボりました。笑

投稿 : 2022/04/08
閲覧 : 104
サンキュー:

1

ネタバレ

↙→↘↓↙←↘+BC さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

放送後の時間が経つ程に良さが増していく

繰り返し見るたびアートな部分が見えてきたり
おもしろいさも増して来る名作だと思います
やっぱ絵が美しいし
だんだんだんだんキャラが好きになっていく
素晴らしい

投稿 : 2022/03/20
閲覧 : 75
サンキュー:

3

ネタバレ

なっぱ‪‪𖧷‪‪𓈒𓂂 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

いいキャラしかおらん!

ギャグアニメの中で好きな作品の1つ。
日常のように見えて日常からかけ離れている、そんな日常。
個性溢れるキャラばかりで嫌いなキャラなし!
癖になって、つい何度も観てしまいます。

エンディングは毎回違う懐かしの曲が流れ、
次回予告のナレーションも毎回違う方が担当されるので
終わる瞬間までワクワクする作品です。

{netabare}
作中に出てくる「許してヒヤシンス」、
意味わからんのに心に残りすぎてるから
恋人ともし喧嘩する事があったら言ってしまいそう。
(相手が日常を知らない人なら別れられる覚悟でw)
{/netabare}

投稿 : 2022/03/02
閲覧 : 95
サンキュー:

3

ネタバレ

抹茶ラーメン さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 2.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 2.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

合いの手みたいなやつ要らない

ちょっと前にYouTubeのオススメで時々単話が出てきたりして観てましたが、その話はとても面白かった記憶がありました(キャンプの話やウインナーの話)ので全話観てみようと思い視聴。

5話まで観ましたが、正直笑えた話2割笑えない話8割です。ぬかしおるやイタコの話が特に酷かった。全く理解が追いつかないボケが続くのは本当に苦痛です…。曲もヒャダインがまず嫌いなので評価もしたくありません。今の所評価出来るのは作画と声優さんの演技だけです。

今後面白い話が増えることに期待して視聴続行します。  

【12/31追記】最終話まで観終わりました。結局あまり印象が変わらず。パート間の短編?だったりほぼ静止画みたいなやつが本当に邪魔でした。テンポ悪くなるので要らない。

とっとと観終わりたかったのでEDはほぼ飛ばしてます。主要キャラは全体的に好きだけど、サブキャラの一部が空気だったと思う。

投稿 : 2021/12/31
閲覧 : 179
サンキュー:

1

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

日常でおきなさそうなことがいっぱーいの日常

いろんなおはなしが入ってて楽しかったよ

ふつうは
ゆっことマイとミオののなかよし3人のおはなしが多くって

あと
しののめ研究所の
はかせとロボット少女のナノとにゃんこのサカモトの
2人と一匹のおはなしが多いかな

はり紙とかのちょっとしたギャグのときもあるし
長めのおはなしのときもあるし
ありえな~いwってわらっちゃうところが多いけど

ナノちゃんの思いとかときどきせつなーくなっちゃうし
♡なおはなしとかもあって
そのほかにもヘンな部活のおはなしとか
いろんなおはなしがあるんだ

日常って言うタイトルだけど
日常で起きないおはなしがほとんどだった気がするw

わらえないところもいっぱいあったけど
あちこちにちょっとわらえるとこがあるし
キャラがかわいくっておはなしは次々くるし
見ててあきちゃわないからいつの間にかおわっちゃった♪

おばかなおはなしをたのしいな♪って見れる人は
きっと好きになれるって思うよ☆


おはなしの中に「囲碁サッカー部」ってゆうのが出てて
にゃんはただのギャグだって思ってたんだけど
今「りゅうおうのおしごと!」の感想書いてて
将棋のこと調べてたら

先崎学ってゆうプロ棋士の人が
『探偵!ナイトスクープ』ってゆうTV番組で
「将棋ボクシング」で戦ったってゆうおはなしがあったw

チェスボクシングってゆうスポーツをまねしたみたい。。
(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%83%9C%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0)

変なこと考えてほんとにやっちゃう人がほんとにいるって
アニメよりおもしろいかもw

投稿 : 2021/11/03
閲覧 : 1368
サンキュー:

242

キシリトール昆布 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

今さら、ぎりぎり、プライムで見て良かった

なんとなく作品名は知っていたのですが、
単なる萌系と思ってみていませんでした。
1話を見て、あ!あずまんが大王の続編???
とか思ってちょろっと検索で調べたら原作は違う人でした。
あずまんがが好きとかリスペクトとか書いてあった気がします。
中盤まで萌をまじえつつのシュールギャグ。
しかし中盤をすぎると痛烈ノンセンスギャグがw
みおちゃんが絶叫する回が見もの!!!

投稿 : 2021/10/18
閲覧 : 220
サンキュー:

1

紺染剃 さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:----

萌を知る

唯一無二
日常系の遥か斜め上

投稿 : 2021/10/08
閲覧 : 122
サンキュー:

1

Usotarou さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

二期はもうやらないのだろか

ギャグ日常アニメ

日常アニメなのに超神作画。
背景や全体的な雰囲気はとても日常アニメという感じだが、超リアルロボットがいたりそれを開発した幼児博士がいたりかなりギャップがある。このギャップと全体的な雰囲気を両立してうまくギャップを活かして表現できているアニメーションはすごいと思う。さらにその雰囲気の中でよくある日常ネタを繰り広げていて、ネタと雰囲気の化学反応がすごい。これは自分の語彙では表現できないからとにかく見てほしい。

ストーリーも面白い。ネタバレになるから詳しくは書かないが、周りとちがう自分を偏見なく自然に受け止めてくれる友達の存在は重要な財産なんだろうなと感動した。

OP &EDも良い。かなり中毒性があって映像も楽しい。

投稿 : 2021/10/03
閲覧 : 148
サンキュー:

2

nyaro さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.4
物語 : 1.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

ナノに対する扱いは虐待にしかみえません。非常に不快なギャグセンスでした。

 さて、本作について一番言いたいことはナノの件です。ナノに対する博士の態度は究極のイジメでした。相手の嫌がっていることをやり続ける、しかも相手のコンプレックスであるロボットであるということを利用して徹底的に痛めつける様が、残酷すぎて正直笑えませんでした。
「ごめんごめん」でロボではないようにどんどん人間らしくしてゆくならまだいいですが、それがありません。

 また、周囲の人間が、本人が隠したがっている秘密を暴く様をギャグにしています。周囲と友達関係は作りますが、どうもナノの出自に同情というか興味を持ってというか本当の友情ではないように見えますし。
 ナノの気持ちになると胸が痛くて仕方がありません。最後はハッピーになれるかと思い不快なのを我慢して見ましたが、結局解決はされません。
 まして、意思に反して改造されるとか…ギャグテイストだからまだ見られますが、リアリティのある文脈に置き換えればその悲惨さ、辛さが分かると思います。

 昨今「痛み」を笑うのがどうかということが問題になっていますが、私としては、そういうレベルを通りこしていると思います。身体に障碍がある子を産んだ母親が自分の子供をいじめているレベルの虐待にすら見えます。
 本人はどうしようもない身体の欠陥を自分の楽しみのためにイジメ抜く様は、本当にこれをTVで放送していいのかというくらい不快でした。


 もう1つの不快な点。日常という題名と裏腹に、日常系に見えて実は不思議なことばっかりというシュールギャグアニメでした。で、その日常のずらし方がマンガやライトノベル等の他の漠然としたパロディになっていました。
 この構造が、メタ的には毒の方向が他のクリエータというか作品を揶揄するような形で消化しているので、ちょっと不快なメンタリティが見え隠れしました。

 主要キャラでは、JK3人組はまあ普通の日常系です。ここを不条理なギャグに置き換えることでの「ずらし」でした。後からいいますが3人の間のギャーギャー騒ぐギャグは思いやりの欠片もない不愉快なものが多かったです。
 ナノというロボと博士の組み合わせですね。これは藤子不二雄的なSFを感じさせました。キテレツ大百科とかが近いかもしれません。
 それからウッドキューブはラピュタですかね。
 囲碁サッカー部は「変った部活モノ」でしょう。まあ、00年代のラノベにいっぱいありそうですが、感覚的にわかりやすいのは、松本人志的な視点のギャグですが、本人たちにとっては価値あるものとして懸命に取り組んでいるものが一般人が外から見ると理解できない、ということを滑稽に表現していました。それが人それぞれに行き着くならいいですけど…どうも悪意しかないというか…。
 校長対鹿とか教頭との対立は学園陰謀ものとか学園バトルものでしょう。
 鹿に乗ってくる金持ち男の話と恋愛の話は風変りな主人公に恋するラブコメです。
 とにかくどのパターンをとっても悪意に満ちている気がします。ブラックユーモアというにはちょっと違って、やっぱり揶揄というか貶める意図があるというか、そういうパロディに見えました。

 その他のギャグの方向性としても、焼サバと焼そばのところとか、メガネの子のいたずらとかも洒落にならないことが多くて、苦笑いもできないムカムカするようなギャグセンスだったと思います。
 面白かったのは、大工コーヒーの注文するところと、カラスがしゃべれるようになったところくらいでしょうか。

 ということで、日常という題名に対するずらしをギャグにしたためにこうなったのでしょうが、面白くないからというよりは、ギャグセンスのメンタリティが不快なアニメでした。

投稿 : 2021/09/28
閲覧 : 221
サンキュー:

2

ネタバレ

りは さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

日常?非日常?

シュールな内容と超絶作画に
圧倒されます。
全26話あっという間でした。

日常ってなんだろう?非日常って?
これを考えた人、映像化できた人たち
の勝利です。

映像はとても美し可愛いです。
声優さんはとても豪華です。
劇伴や次回予告など細部にも凝っています。

私の推しメンは、
まいちゃんと桜井先生です。

『ネジがある方が可愛い』が沁みます。

『すらまっぱぎ』は『おはよう』。
今度使ってみよっと。

投稿 : 2021/09/22
閲覧 : 160
サンキュー:

8

ネタバレ

AI さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

2回目観て大好きになった

アニメ見始めた頃に観たときはあまりついていけなかったけど、それでも楽しくみてたけど
久しぶりに観たらとってもいい!
日常の良さがわかる様になってた
みんなかわいいしかっこいいしおもしろいし大好き

EDの曲が変わるのもいい

投稿 : 2021/09/04
閲覧 : 87
サンキュー:

1

ネタバレ

うおお さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

日々私達が過ごしている日常は、実は奇跡の連続なのかもしれない

{netabare} 結構変わったギャグが多いんだけど、そのなかでもゆっこみお麻衣のなにか深い絆を感じるんだよなぁ。そこのギャップがいいんだよなぁ。途中からなのーも高校生になり、輪に加わって3人と東雲家にも関係が出来てくる。こんなカオスな世界観に"日常"というタイトルが付けられるとなんか深みがあるな
{/netabare}

投稿 : 2021/07/29
閲覧 : 145
サンキュー:

3

300円 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ザ・シュール

ストーリーもキャラも評価の規格外。
兎に角、意味を求めてはいけない作品。
心を無防備にして、強烈な一撃にノックダウンされる。そんな作品です。

投稿 : 2021/06/28
閲覧 : 155
サンキュー:

2

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

【非】日常系

あからさまなタイトル詐欺すきですね
いやいやこうはならんだろ!w っていうようなギャグがたくさん詰め込まれてるのと
めっちゃシュールなギャグや意味がわからないギャグのオンパレードよくもわるくも短編のギャグやネタが何個もある感じなのでめちゃめちゃみやすいです!
博士やなの
ゆっこなどメインキャラが出てる回は特にすきでした!
キャンプ回とか射的とかすきでした!wwwめっちゃ笑いましたwwwこのアニメ見るとすらまっぱぎ!っていいたくなる笑笑

そして何よりこのアニメがヒャダインを有名にさせたって言ってもいいくらいヒャダインでしたね!

とりあえず博士はあざとかわいかったです(❁´ω`❁)

投稿 : 2021/06/25
閲覧 : 141

ゆっくりゆうき さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

大切なことを教えてくれるギャグあにめ

自分たちの日常をもっと大事にしようと思わせてくれたアニメでした

投稿 : 2021/06/18
閲覧 : 145
サンキュー:

2

ネタバレ

あや さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 3.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

一回断念して見終わりました

原作未読。
ギャグのセンスのベクトルが違うのか2,3話で視聴休止。
{netabare}
1話、開始2分の大爆発の意味が解らず戸惑いでした。
核分裂並みの爆発の規模の原因はスルー、その影響を使ってコメディ化。
慣れるまでに時間がかかりました(汗)
{/netabare}

「シュールさ」の笑いどころに気がつかないとツボに入り難い。
しばらくコメディ・ギャグは直接的なものばかり見ていたので感覚忘れていました。

気づいてしまえば、突然起こる非日常の事象、理不尽さ、絶妙な間(ま)の表現で大笑いできます。

お気に入りは
{netabare}
・流しそうめん
・神社で雨宿り
・麻衣の犬が噛む
・くさやジャム
・偽札事件
などなど
{/netabare}


表現が細かいと思ったら京アニさんだったのね。

投稿 : 2021/06/14
閲覧 : 278
サンキュー:

6

ASKA さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

シュールなギャグアニメ。とことん笑いをとっていくアニメ。

原作はあらゐけいいち先生のシュールギャグ漫画。原作未読。
あにこれでも名前が挙がるギャグアニメ。
アニメを制作したのは京都アニメーション。
シュールな作風と超絶技巧の作画がマッチしている。
キャラクターデザインもほんわかしている一方、キャラの顔が崩れたりと落差の激しいデフォルメで笑わせてくる。
出てくるゲストキャラもとても個性の強いきゃらばかりで忘れられないインパクトを残している。
OPは前期と後期でどちらもヒャダイン氏のキャッチーな楽曲。
EDは前半が佐咲紗花さんのZzzでゆるっとした曲。後半は懐かしの合唱曲、唱歌と誰しも学生時代授業などで歌ったことのある楽曲で懐かしさを覚える。
声優も今となっても名前を聞く人も多いキャスティング。

投稿 : 2021/06/11
閲覧 : 153
サンキュー:

24

yut さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

タイトルなし

ハイテンションギャグ・コメディーの最高峰笑

投稿 : 2021/05/12
閲覧 : 126
サンキュー:

2

セシウス さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

色々すごいが特に声優がすごかった

 原作マンガは未読です。
 学園日常系コメディですが、日常の中にかなりマンガっぽいファンタジーが入っています。(叫び声が宇宙まで飛んでいったり、人間そのもののロボットが出てきて手首発射したり)
 10分程度から数十秒のショートコントが詰まっていますが、話の連続性はちゃんとあるので一つのストーリーとしても楽しめると思います。

 主人公は一応設定されているようですが、たくさんのキャラクターが出てきてそれぞれの視点で話が展開されます。メインの女子高生3人、子供科学者とロボと猫はとても魅力的です。メインどころの声優さんは当時の若手が起用されているらしく、端役になるほど大御所が起用されています。でもいずれも素晴らしい演技だったと思います。特に主人公のツッコミ役である長野原みおの声は普段の可愛いハイトーンボイスと興奮した時のダミ声のギャップが本当にすごかったです(笑

 日常系アニメらしくシンプルなタッチの絵なのですが、背景や動画は細かいところまで書き込まれていてレベルの高さを感じます。見返すと新たな発見が色々あります。

 前後期のOP曲、前期のED曲は映像とマッチしていて名曲だと思います。出来のよいCパートやレジェンド声優が担当する次回予告もあって一度もスキップしませんでした。

 ギャグが肌に合えば楽しめる作品だと思います。日常系で続きが見たくなる作品は私にとっては滅多に無いのでちょっと驚きの作品でした。
 

投稿 : 2021/02/27
閲覧 : 188
サンキュー:

5

ネタバレ

ftdCU91959 さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

最後の2話が素晴らしすぎる。

ジャンル→ほのぼの系、ギャグ系
あらすじ
高校を舞台にした短編ギャグアニメ。

感想として、
一話~五話くらいまでは正直普通の日常系アニメだなとしか思わなかったが、それ以降が面白くどんどん先に見れた。
そして、最後の2話が本当に泣けた。
日常系のアニメでここまで泣けたのは始めてかもしれないというくらい泣けた。「日常とは何か?」この話の主題となるところだと思うが、しっかりと描かれていたのが物凄く良かった。
キャラに関しても、みな綺麗に描かれており問題なかった。個人的に好きなのはまいちゃん。静かそうな性格から放たれるボケは意外性があり面白かった。

日常系アニメが好きなら、お薦めする作品です。

投稿 : 2021/02/24
閲覧 : 217
サンキュー:

6

だわ さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

2クールなのに飽きがこない

さすが京アニといったところ。
日常という非常にシュールな原作漫画を独特なリズムを用いて、原作を超えてくるほどの面白さを引き出してくれた。
ネタシーンに京アニの作画力を注いでくれているのもおもしろかった。
2クールなのに全く飽きが来ないアニメ。
時間があっという間に感じるほどのアニメだった。

OPも二つとも最高!
ヒャダインが作曲した二曲は非常にテンポが良く、中毒性がやばかった。
そして、曲と映像が凄くマッチしていて、一回も飛ばさなかった。
EDも後半は曲を毎回変えたりと、スタッフ陣の熱が素晴らしい。

投稿 : 2021/01/12
閲覧 : 157
サンキュー:

5

ネタバレ

シロップ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

今まで見たアニメの中で一番笑えた

前々から知ってはいたアニメだったが、ほんわか日常系は途中で飽きてしまうことが多かったのでスルーしてましたが、空いた時間に1話だけでも見るか。と思って見てみたら面白すぎて夜更かししてしまいました(笑)

ぶっちゃけm1とかお笑いを見るよりも笑い転げた(お笑い好きの方、すいません、個人の感想です。)

ネタばれになるけど、
・遊園地で財布の中身擦られた
・神社の和尚に粘土踏まれた
・焼きそばがサバだった
・命を燃やせ。とか言ってbl取り戻すところ
・偽札の疑いでトートバックの中身を見られて無双するところ
・落とし穴に落ちたモヒカンの毛を剃るところ
ここで死ぬほど笑いました。

思い出すだけで笑いが止まらない。

メインキャラクターがそれぞれ個性的でいい。
戦闘シーンとか無駄に作画が神ってるところとか、いちいち面白い。
またこういう作品に出会いたいものです。

投稿 : 2021/01/11
閲覧 : 175
サンキュー:

5

すぴりっと さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

不審者の目

完全に油断してました。
お持ち帰りマックを食べながら車で暇つぶしに流してみたんですが…
爆笑→見知らぬ歩行者からの不審者を見る目 コンボを喰らいました。。
普通こういう日常系ってほのぼのたまにクスッとくる感じじゃないんですか?
危うく車内がグランベーコンチーズポテトのスペシャルトッピングになるところでした。
牛乳飲みながら観たらヤバいと思います。
お気を付けて。

追記
毎回豪華すぎる予告。
でも全く予告になってないという…笑
なんかもう色々好きだわー。
予告分、声優さんの評価上げました笑

投稿 : 2020/11/13
閲覧 : 323
サンキュー:

5

はなちゃん さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

日常系の代表作であって、日常系での越えられない壁

過大評価かもしれませんが、私が常に日常系で比較してしまう程に面白かった作品です

日常系といっても、やや有り得ないストーリー性で、ほのぼのとした雰囲気は殆ど味わう事が出来ません
なんなら、ふざけたストーリー性、絶対有り得ない流れ、こういったキャラクターは存在しないであろう…そして、あえてNHKでの放送

更にはプロジェクトXの一部パクり回

何を取っても、正直に言えば下らないです

でも、全てを加味した際に何故だか非常に笑わせてくれる
これ程にも笑わせてくれ、また観たいと思わせてくれる作品です

投稿 : 2020/11/09
閲覧 : 216
サンキュー:

4

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:途中で断念した

4コマアニメの最高峰

4コマギャグ漫画のアニメ化の最高峰というかただ唯一の成功例。
作画は当然としてギャグ漫画の「間」の再現精度が凄まじい。
アニメ作品を観ての衝撃度は過去最高でした。

シュールギャグなので好みは分かれるが、アニメーション作品の完成度としては数ある京アニ作品でもぶっちぎりの上位ではなかろうか。とんでもない。すこぶるとんでもない出来。原作ファンはコレ一発で京アニ信者になるでしょう。

マンガでしか表現できない技法が存在するため、4コマ漫画がアニメ化される際にはどうしても翻訳作業が必要になる。すべての作品を知らないのでアレなんだが今まで見た4コマ原作アニメはギャグ作品としての効果は確実に減衰している。「けいおん」「オタ恋」「君僕」「あそび」などはギャグは劣化してもストーリーものとしてなんとか見れるが原点の「あずまんが」などは逃げ場がないため純粋に劣化しただけ。(それゆえに「よつばと」は未だアニメ化が許可されていないと思われる。)

これ完全に原作超えてる。
(マンガでしか出来ない表現もあるので読む必要無いとは言えないけど。)


試し読み程度ですが原作も見ました。4コマギャグマンガの間とテンポが高レベルで再現もしくは再構築されています。コマの配置が同じレイアウトを数ページ続けるなど、マンガ的技法も凝っている作品なので完全再現はできないものの、原作同等もしくはそれ以上のカタルシスがあります。


もうね。京アニ作品は何見ても毎回驚く。ギャグの演出で静止画も多いんだけど、止め絵からの間やらテンポやらタイミングも完璧すぎる。恋愛ものではないので手足で演技させる必要はないのですが、それでも手足の所作の挙動が無駄に凄い。この絵柄でこの色彩でも人物の動作に物凄いリアリティと説得力がある。ギャグ作品なので引きの構図はほぼなく人物が近い距離で複数いる画面が多い中で飛んだり投げたり叩いたりなどのアクションを狭い空間で行うため、重量や速度や衝撃など物理的なウソ臭さを全く感じさせない京アニ作品の凄さをいつも以上に感じられます。


1話だけでも観て相性をみてみるといいと思います。
もちろんOP映像もとんでもない出来です。
私は1日1話でおなかいっぱいなのでゆっくり観ます。

ギャグとしては「てーきゅう」のほうが好みでした。

投稿 : 2020/11/09
閲覧 : 171

もんちろー さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

意味を求めてはいけない。

意味は分からない。
だけど、ギャグ漫画に意味を求めてはいけない。


なの(ロボット)が高校に入学する前くらいからが個人的には面白くなる気がする。

投稿 : 2020/10/12
閲覧 : 168
サンキュー:

2

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

日常のような非日常のような┅ロボいるし、猫しゃべる。うーん┅どっちなんだか

ダブル主人公アニメ。
一人目の主役はゆっこ。いつも友達のみおとまいに何をして遊ぶかを提案。仲良し3人で時々いっしょに遊びにいったり、ときにはキャンプや釣りなどアウトドアをするなどアクティブに活動している元気いっぱいだ。みおがゆっこのことをばかにするので時々ケンカもしている。
まいちゃんはマイペース。ゆっこにイタズラするのが趣味のようだ。
もう一人の主人公はなの。なのははかせが作ったロボット。見た目は普通の女子高生だが背中にゼンマイがついていて気にしている。ゼンマイはただの飾りのようだ。なのといっしょに住んでいるはかせは、チビッ子なのにいろいろなものを発明する天才だ。黒ネコの阪本さんにもしゃべるようにした。
このアニメははたして日常なのでしょうか? のんびり気楽に見れる楽しい作品です。

投稿 : 2020/10/06
閲覧 : 139
ネタバレ

zeroone01 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

日常じゃない「日常」

 これをNHKで夕方に放送してた時は衝撃でした。
「なにこれ??こんなアニメをNHKって放送するの??」っとw

そんな事を思い出し、一話目からもう一回観直しました。

お笑いのセンスはバツグンだと思う。かなり好き。

ちゃんみおがゆっこにキレる所が最高に好き。

猫の阪本がいい、はかせもいい、なのちゃんも。

その他のキャラもみんなそれぞれ良いキャラしてます。

何気に色んな人達が色んな所で繋がっているのが面白い。

おバカアニメだけど、ラストはすっごい良かった。

{netabare}「日々私たちが過ごしている日常は、実は奇跡の連続なのかもしれない」{/netabare}

これ、名言だと思います。

投稿 : 2020/09/25
閲覧 : 231
サンキュー:

8

次の30件を表示

日常のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
日常のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

日常のストーリー・あらすじ

妄想がちな女子高生ゆっこの周りには、ロボやら鹿やら謎なものがいっぱい。時定高校を中心に、シャケが飛んできたり、こけしが飛んできたりと町中に広がる不思議でビミョーにシュールな「日常」は始まります。(TVアニメ動画『日常』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2011年春アニメ
制作会社
京都アニメーション
主題歌
≪OP≫ヒャダイン『ヒャダインのカカカタ☆カタオモイ-C』≪ED≫佐咲紗花『Zzz』

声優・キャラクター

本多真梨子、相沢舞、富樫美鈴、今野宏美、古谷静佳、白石稔、堀川千華、川原慶久、山本和臣、平松広和、小林元子、吉崎亮太、廣坂愛、比上孝浩、玉置陽子、樋口結美、佐土原かおり、山口浩太、小菅真美、稲田徹、水原薫、チョー、中博史、銀河万丈

スタッフ

原作・構成協力:あらゐけいいち(少年エース連載/角川コミックス・エース刊)、 監督:石原立也、副監督:石立太一、製作総指揮:安田猛、企画:安田猛/八田陽子/石橋隆文/武智恒雄/井上俊次/太布尚弘、プロデューサー:伊藤敦/八田英明、シリーズ構成:花田十輝、キャラクターデザイン:西屋太志、美術監督:鵜ノ口穣二、撮影監督:高尾一也、設定:高橋博行、色彩設定:宮田佳奈、編集:重村建吾、音響監督:鶴岡陽太、音楽:野見祐二、音楽プロデューサー:斎藤滋、音楽制作:ランティス、音響制作:楽音舎

このアニメの類似作品

この頃(2011年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ