「バカとテストと召喚獣にっ!(TVアニメ動画)」

総合得点
87.2
感想・評価
3148
棚に入れた
18104
ランキング
155
★★★★☆ 3.9 (3148)
物語
3.9
作画
3.8
声優
3.9
音楽
3.6
キャラ
4.1

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

バカとテストと召喚獣にっ!の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

hiyama さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

面白いけれど恋愛パートの違和感がきつい。

2010年代初期のアニメだけあって改めて見返すとギャグパートのノリや内容が若干古さを感じさせるが、やはりこの勢いと掛け合いの面白さは素晴らしい。

また途中で挟まれたヒロインに関する掘り下げ過去エピソードも主人公の愚直さと善良さを示す良い回。

ただ…後半の恋愛パートやシリアスパートには作品全体にある

「男子相手なら女子が働く理不尽は許容される」

が悪い意味で目立ってしまってすっきりせず気持ちが悪い。

所謂暴力ヒロインや付き合ってもいない異性に対して謎の暴力や理不尽が許容される雰囲気がこの作品全体にあるのだが…。
これがギャグパートなら強引にそういうものとして片付けられるところをシリアスにしてしまうと突如違和感として露呈してしまう。

主人公の態度をヒロインやヒロインを思う女友達(というか恋愛対象に見ている人物)が糾弾しているが、そもそも自分たちこそ主人公へ理不尽極まる対応や罵倒を行っていることは非難されるべきではないのかと言いたくなる。

主人公の言動に問題がありその報復制裁的に暴力や罵倒を行うならともかく、交際しているわけでもない主人公が他の女性を気にかけたり、エロ本を所持していたりしてなぜ謝罪しさらに暴行を受ける筋合いがあるのか。
それにエロ本だろうと他人の持ち物を勝手に処分する権利も当然ヒロインにはない。

全編ギャグならばともかく、シリアスパートで挙句自分たちの普段の主人公への態度は一切棚上げで、ヒロインや女性キャラクターが主人公を糾弾している様を見ると「お前が言うな」と思ってしまいどうしても違和感がぬぐえない。


作者の次作「ぐらんぶる」ではこの点が解消され、男性側が悲惨な目に遭うにはそれなりに理由があり、また理不尽な暴力を振るう場合女性であっても性格の問題点など指摘されるなど整合性が取れている。

しかしバカテスは古い作品という事もあって今見ると余計にこの点が違和感として気になってしまうのが残念。

投稿 : 2022/12/04
閲覧 : 4
サンキュー:

0

ネタバレ

秋川 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

1期に比べてラブコメ要素が増した

8話  美波と明久の馴れ初めが明かされる
10話 美波が明久に惚れ直す
11話 雄二と翔子の過去

結構本格的に重い話で戸惑った。
でも8話と10話は良かった。
明久が男前すぎて美波が明久に惚れるのも納得。
廊下で美波がボイスレコーダー聞いて、恥ずかしさのあまり走って家に帰るシーンが最高で何回も見返してる。
1期の頃は美波可愛いなあくらいにしか思ってなかったけど、8話と10話で完全に美波好きになりました。

ただ、姫路さんの掘り下げがアニメではなかったので姫路さんがかわいそう。

ギャグは1期と変わらず面白かった。男性陣のキャラが面白すぎて何かしてるだけで面白い。だけど、温泉覗きに3話かけるのは流石に飽きた。
試験召喚戦争あんま好きじゃないし。

投稿 : 2022/09/30
閲覧 : 31
サンキュー:

4

ネタバレ

コタロー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

Fクラスの奮闘劇
クラス対抗
姫野AがFクラス

投稿 : 2021/02/07
閲覧 : 142
サンキュー:

1

ネタバレ

テナ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

2期も賑やかw

大人気作品2期シリーズ。
今回もバカでした。
と言うか大丈夫なのでしょうか…
文月学園の男子諸君…
他にやり方があると思いますが、100歩譲って明久達は目的があるから目を瞑るとしても全クラス男子全員で女子風呂を覗く事に力を貸すってヤバいです…
かなり馬鹿を拗らせていますねw

それにしも、明久君は今回もモテモテですね。
美波&瑞樹からお仕置きの拷問…ゴホン!ゴホン!失礼、間違えました。
嫉妬される合宿w

さて、今回特に注目したのは美波ちゃんのお話。
過去編が新鮮で良かったです。
このクラス…Fクラスで見たら凄く楽しそうなメンバーだと思うのですが…自己紹介観るとヤバイクラスにしかみえませんねww

でも、この過去編が凄く素敵なエピソードです。
間違えた日本語を使ってしまい孤立した美波に話し掛けてくれたのは明久でした。
でも、彼の言葉は英語でもなく日本語でもない意味のわからない言葉……
その言葉を、昔のRPGの村人の如く繰り返す明久に美波は腹を立ててしまう。

そんはある日、彼女はその言葉の本当の意味…それはフランス語。
日本語に直すと「私と友達になってくれませんか」

それは海外から転校して孤立してしまった美波が一番欲しかったもの。
それを彼女の為に調べて彼女に伝える為に知らない国の事を調べて伝えようとしてくれていた。

まっ、勿論、彼がドイツ語とフランス語を間違えなければ縺れる事もなかったのですけどね(つд;)
でも、友達ってこうやって始まるんだなぁ〜素敵だなぁ〜と思ったエピソードです。

実はこの合宿中に明久は間違えて美波に告白してしまいます。
知らずに勘違い?した美波は明久に全力のアピールをします。

実は、私は明久は生涯、恋人が作れないと思っていました。
これは馬鹿にしてるのではなく彼を取り巻く環境が許さないと思っていました。

明久は3人の女性から好意を持たれてます。

瑞樹、美波、お姉ちゃん、ですね。
まず、お姉ちゃんは女の子と遊ぶだけで不純異性交流だと否定され。
明久の女の子に絡む好意的な話や変態的発言をするだけで瑞樹&美波に拷問……ゴホン!失礼、また間違えましたw
ヤキモチを妬かれます。

正直なところ彼は可愛い女の子に好かれて幸せな反面に対し拷問…また、間違えました。
ヤキモチをを焼かれ過ぎて本当に幸せなのかな?って笑いながら見ていましたw

ですが、美波のアピールを見た瑞樹は明久に拷問を掛けようとしません。
これは、瑞樹にとって大好き明久と同等のに友達である美波もまた大切だからです。

かなり不安がる顔をしてはいましたが、やっぱり友達の為だし身を引くか、ぶつかるか悩んでたのだと思います。
裏返すと、美波を瑞樹が大切に思っている証拠でもあるのだと思います。

後に誤解は解けるのですが…試召戦争を回避するための演技中にトラブルがあり明久と美波の間に亀裂が走ります。
Bクラスとの戦闘を避けるためDクラスを挑発する事になりDクラスとの交渉に行くのですが…

Dクラス代表の美春から明久はブチ切れられます。
それは交渉ではなく明久の美波に対する態度…周りから見ても瑞樹と美波への態度が違う事についてでした。
美春は美波が大好きだからこそ出た厳しい言葉。

これは私も感じてはいました。
確かに態度は違うけど…それは何となくわかってはいました。

明久は美春に自分の美波への態度の理由を伝えます。

「雑な態度で付き合ってるかもしれない。けどね、僕にとって美波はありのままの自分で話が出来て一緒に遊んでると楽しくてたまにみせる仕草の可愛いとても魅力的な女の子だよ」

私も経験があるのですが、友達同士の中でも気安く冗談を言えたりする反面、少し特別扱いしてしまうような経験。
別に意識して分けてる訳じゃないし、どちらと仲がいいとかではなく本当に自然に。

逆に周りと違い少し遠慮されてるかな?と感じる事もあるし、そう感じる事は案外誰にでもある様な気がします。

そう考えると、ありのままの自分で話せる相手って本当に大切な気がします。
ただ、やっぱり好きな人からの扱いが雑なのは気にしちゃうだろうし、やっぱり言葉にしないと解らない点はあるなぁ〜とも思いましたが、このセリフを聞くと明久が周りを大切にしているなぁ〜と思えるエピソードでした。

さて、今回も有りました。
雄二のエピソード。
1期にもありましたが雄二のエピソードは毎回素敵な話しでした。
雄二は何だかんだ言いながら最後は翔子の為に頑張る姿は1期の遊園地の話も子供の頃の話も変わらず成長しても優しい部分はしっかり持ち続けてるのだなぁ〜と感じました。
後、雄二のお母さん…以前雄二が「あの健康そのものみたいなお袋が」的な話をしていたのでゴツいお母さんなのかと思ったら凄く優しそうでした^ ^
雄二と翔子の婚約は母公認なのですね。
雄二の味方ないないのですねww

学年対抗肝試し。
肝試しで団体で争うアニメはこの作品くらいではないでしょうか?
主人公とヒロインとの距離を詰めるために行われる肝試し…まさか戦場になるとはww

そうして、瑞樹は怖いものがダメらしいのですが皆んなの為にと苦手な物にチャレンジしようと立ち向かうシーンには勇気をもらえた気がします。

そして、明久と雄二を馬鹿にした常夏コンビへの一喝。
誰かのために本気で泣いて怒れる人は私は強い人だと思います。
彼女はここまで怒られるのは本当に友達をしっかり見ているから、その人達の素敵さを沢山知ってるから。

それはムカつきますよね。
何も知らない人が自分の大切な人達を馬鹿にするのは、何も知らないくせにその人の一面しか見てないくせに馬鹿にしてくる訳ですから。
少なくともそんな風に言う人達よりも素敵な人達だと思います。

そして、瑞樹が告白ぽいものをしましたね。
これで気持ちに気づかなければ明久は完全にバカのまま終わります(つд;)
この先が一番気になるのですが3期はここまで月日が経つと期待出来ませんねw

最後の明久達が逃げるのを見て学園長が「まったく本当に馬鹿な奴らだよ」ってセルフが入り明久達がグラウンドを小さく右回りに回ってて逃げ方も馬鹿だし追う側も逆走や立ち止まればターゲットが回ってくるのに全員が右周りで追い続けるから追いかけっこが終わらないw
学園長のセリフがシーンには刺さり過ぎて面白いですw
バカテスらしいラストですね^ ^

投稿 : 2020/12/24
閲覧 : 207
サンキュー:

8

ネタバレ

Yas さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

.

投稿 : 2018/02/04
閲覧 : 318
サンキュー:

0

ネタバレ

ニコム さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

一期目に引き続き面白い!

一期目から引き続き、テンポがよく笑えて面白い。二期目というと、一期目と違ってくることがあるが、そのまま面白かった。
明久と南、姫路さんとの三角関係も見もの。くっつかず離れずの甘い距離感と関係をニヤニヤしながら見ていた。
合宿で女子風呂を覗くため、クラス全員を巻き混むよりも、もっといい方法がありそうでがっかり。ただ、最後の点数が下がった数学で勝負する作戦は、おおっと引き込まれた。

投稿 : 2017/11/28
閲覧 : 282
サンキュー:

0

ネタバレ

NO99 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

1から惰性で見てました

やはりたいしたことはありません
でも 苦痛ではありませんでした
下野さんの ノリは楽しめました

投稿 : 2017/11/08
閲覧 : 230
サンキュー:

0

ネタバレ

わさビーフ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

軽快なラブコメ

リズミカルでテンポが良いので一気見しました
1期同様のギャグも軽快でバカテスの笑いはかなり好きな部類
1期の1話目からこのアニメがどういう趣旨のアニメなのか?
説明不要のわかりやすい設定なので何も考えずに気軽に楽しめる

召喚バトルは1期と比べて少なめ、真面目に進む回もほとんどない
学校行事のイベントを中心に進む回が多く1期よりラブコメの要素が強い
強化合宿で男達が一致団結して風呂のぞきに挑む回はかなり笑えました

キャラクターの秀吉とムッツリーニが好きだったけど
明久の悪友坂本のポジションはかなり良かったと思う。
サブヒロインの桐島と最初からくっついた設定だったから
ハーレムにならずバランスの良いラブコメで最後まで飽きずに観れた。
3期みたいですね♪是非やってほしい!

投稿 : 2017/08/21
閲覧 : 269
サンキュー:

28

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ギャグのセンスは相変わらず良い

この作品の持ち味となっているギャグは安定して面白いですね。
ただ、キャラの話を掘り下げたりしているので終始ギャグで貫いてはいません。美波の話とか雄二と翔子の話とか、普通に良いストーリーですが、ギャグアニメとしてはちょっとマイナスな印象があります。
1話完結だったものが2~3話の話になっていたりと1期に比べるとテンポは少し悪くなったように思います。
それでも、それぞれのキャラが織り成すギャグ中心のストーリー構成はやはり好みに合ってますね。
ところどころ??になるところがありましたが、バカテス祭の方を先に観てなかったからなので失敗してしまいました(>.<)y-~
1期→祭→2期の順番なんですね(´Д`)
ヒロインはやっぱり姫路なんでしょうか?ストーリー的に美波がヒロインっぽい話があったので、個人的には美波推しなのですが(°∀°)
雄二と翔子は相変わらずベストカップルですね。二人の昔の話も良かったです。

投稿 : 2017/02/11
閲覧 : 283
ネタバレ

ディルド村田 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

後半に入ってから...あれ?

どしたぁ
ちょとシリアスな雰囲気

あれ? ...これ
バカの奴だよね...てなって
いつものバカが観たいのよ!
ったく...
ミズキの乳もっと揺らせよ!

『ワタァシト... トモダチニィ ナッテクレマセンカ』
(カタコトdeクネクネ)

ミナミちゃぁぁん♥ て

ユウジとショウコのエピソードも
イライラモヤモヤからのホッコリ

最後はいつも通りのドッタンバッタン

楽しく観れました

投稿 : 2016/12/17
閲覧 : 203
サンキュー:

4

ネタバレ

ハヤブサ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

笑、涙、熱‥いっぱい詰まってます&SILVER RINK MAGIC

8話 ウチと日本と知らない言葉
10話 僕と恋路と恋愛術っ!
11話 翔子と雄二
その出来にビックリしました。
特に8話と11話は神回でした。
‥美波が日本に馴染んでいくストーリーと、翔子が雄二を好きになるストーリー。
シンプルだけど深い‥これこそ大沼さん作品の真髄です。素敵なキャラ達と、素晴らしい演出に心染みました。笑いの中にこんな神回を入れてきたもんだから‥MAGICにかかってしまい、すっかり作品の虜になってしまいました。
これらの回は、大沼さんのシャフト仕込みの画や演出が炸裂しています。その魅せ方に、言葉にならない位惹き込まれました。
人にとって大切なもの、本当の価値について強く訴えかけています。大切なものはいつも目に見えないものばかりですよね。
また、その回の効果は強力で、その後から、美波と翔子の魅力がグッと上がってくるサプライズが待ってます。
翔子の雄二への一途なヤンデレ‥やり取りに笑えるだけでなく、可愛さの威力が増します。
美波の隠してる気持ち‥8話以降、美波の立ち位置が変わってしまいました。元気いっぱいで、元々好みキャラでしたが、それにも増して応援せずにはいられなくなります。妹の葉月ちゃんもいいですね。

雄二の母が「ただ頭いいだけじゃなくて誰かを守れる人になってくれたことが嬉しい」と言ったシーンが好きです‥バカテスト「にっ」でも、人の価値や魅力を測る物差しなんて限られてはいないという事を、バカっぽく、時にニヒルに問いています。

明久と雄二の絡みも変わらず面白いのは勿論ですが、バカな事が、逆に魅力になっているのも面白く感じました。

明久と雄二がみんなに追いかけられる元気いっぱいのラスト‥これからも続いていきます感出てて好みでした。

楽しめた&途中の神回のサプライズに驚きと感動&キャラの魅力溢れる良作でした。

投稿 : 2016/08/19
閲覧 : 220
サンキュー:

9

ネタバレ

HG anime さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

あんまり笑かすなや(ほめ言葉)

相変わらず異端審問会がいい仕事してて草
F組異端審問会会長須川くん「とりあえず死刑」←この方、学ばれた方
こりゃ少子化進みますわ
4話の本音をしゃべる召喚獣かわいい
6話でみなみが「あき、そんなに坂本のおしりがいいの?ウチのじゃだめなの?」と言ってるのをみてると、1期とは違って明久のことが好きだということを隠さなくなったなぁとおもいます。みなみのツンデレなところも好きだったので、ほんの若干大胆になったのはほんのすこしだけさみしかったけど、明久をめぐる恋模様が白熱してきているし、自然な流れかもなとも思って違和感はさほどなかったです。まだツンデレっぽさがなくなったわけじゃないしね~。
7話のEDの歌詞w EDの最後の学園長がボッティチェリの『ヴィーナスの誕生』で草 名作が名作を汚してゆく絵づらマジリスペクト(´・_・`) メディチ家激おこ不可避やがww
そして7話のEDの後のCパートでみなみちゃんと明久のキス。ここはいままでで一番驚いた。これをどう収拾するのかと楽しみになる展開ですね。
8話は見事な出来だと思う。こんな話がこの作品で出てくるとは思ってなかった。明久が無意識でしていたやさしさに惚れたんですねみなみちゃん。あのバカが必死で外国語を調べてる姿想像したら惚れるわな。しかもセリフが反則だものね~かっこいい。中坊のころ隣の席の子に消しゴム忘れたから貸してほしいって言われた時にほぼ新品の消しゴムを半分にちぎってあげただけで感心されたことがあるけど、きっかけってそういう些細なものなのかもね。
9話の秀吉の恋人役の演技指導・・・自分一線超えてもよろしいか? 清水ちゃんはみなみとの子供が欲しいんか・・・コウノトリさんか山中教授がなんとかしてくれるはずや!
10話は清水ちゃんのみなみへの愛が思った以上にまっすぐだったのに驚いたなー。超電磁砲の黒子と気が合いそうw やっぱ百合って美しいわ。明久も男らしくてよかった。
7話の終わりから10話までの一連のくだりでのみなみちゃん本当に可愛いですね。このみなみちゃん物語すばらしいですね。こんな話もつくれるんかバカテスぅ~すごい!
11話、翔子祭りキタコレ! 物静かそうにみえて心を許した相手には超積極的な大和撫子いいね~。素直でほんといい子。
小学生翔子「最近私のおっぱい大きくなってきた」「私のおっぱいクラスで一番大きい」
( ...φ(.. ) ~で一番大きい・・・と。ふむ、あここテストに出そうだな)

工藤さんいいね。ボーイッシュでだけどエロいというギャップたまりませんな。あんな風にたぶらかされたら体が持ちませんよ(◉◞౪◟◉)
個人的にはみなみ、翔子、工藤さんの3強ですわ。特にみなみちゃんが好き。

1期と比べても全く減速してない。13話通してどの回も面白い。8,9,10話はお見事。
1期と2期まとめて ネ申イ乍
3期を鼻の下長くして待ってます。

投稿 : 2016/06/25
閲覧 : 213
サンキュー:

4

ネタバレ

Toy0212 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 2.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

やはり馬鹿馬鹿しい

女風呂に男子全員で覗きに行こうとする当たり、馬鹿馬鹿しさを感じる。
その馬鹿馬鹿しさが良いアニメだった。

投稿 : 2016/06/21
閲覧 : 183
サンキュー:

0

ネタバレ

mine さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

サモン!!

ムッツリーニみたいな友達いたら楽しいだろうな!www

投稿 : 2016/05/05
閲覧 : 205
サンキュー:

1

ネタバレ

パムルガ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

たくさんの笑いをありがとう

前半戦コメディ重視、後半戦ラブコメ重視、中盤に個人的山場の合宿とバランスの取れた作品になっていたかと思います。
コメディについては1期と同じクオリティで面白おかしく楽しませて貰いました。次回予告等の問題も相変わらずの楽しさでしっかり止めて見てました。

さて中盤の山場、合宿ですが基本1話完結の物語性低めの話しが多かった分ガッツリと目的を決め、仲間で力を合わせてアガルタ(理想郷)へ!というのは見ていて楽しかったです。1期のレビューで召喚獣は必要ないと言うてましたが前言撤回、ほどよい使われ方で活躍の場もあり良いアクセントになっていました。

後半戦ラブコメですがやはり美波の回想シーン、明久の優しさ彼が何故にこんなにも愛されているのかひしひしと伝わってきますね!馬鹿だけどカッコ良すぎますね。これは落ちますよ、ましでゾッコンLOVEしてる!失礼しましたm(__)m


op.edともバカテストらしい選曲でしたね。終わりの感じ的に3期はないのかなとも思いますがまた笑いたい時に見たいですね。

枠によりお気に入り解除

投稿 : 2016/02/20
閲覧 : 250
サンキュー:

24

ネタバレ

agraz19976 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 2.5 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

レズとホモとハーレム術っ!

1期がもうどんな内容だったか覚えてないんですが、2期を見ました。
バカテスの面白い要素として1期から変わらないのは、Fクラスの男キャラのクズっぷりが継続されていてそれが作品の重要な核だということですね。

やはりこの作品のキーは男性キャラ陣です。ここに個性が無くなってしまえば面白い物も面白くなってしまいます。そこがブレていないのは評価出来ます。女性陣はラブコメになれば色々と変わっていきますので、そこは目を瞑るべきなのです。(2期になって全員ヤンデレに見えてきましたが・・・)

注文をつけたいのは、あまり熱い展開がなかったとこです。
自分は割りと召喚獣バトルが好きなので、合宿のぞき回までは好きでしたが、それ以降は少し惰性で見てしまいました。
キャラの進展を計った分、恋愛要素が強く出すぎていたかなとは思います。

キャラアニメなので、各々の個性で上手く乗り越えられていた感はありますが、そこに頼りすぎなところが勿体なかったですかね。

サブキャラは清水さんと久保君が今回は優遇されていた気がしました。
変態度合いが1期に比べて倍増しですな!

キャラはムッツリーニが1番好きです。
やり方は汚いけど、キメルときはキメル男・ムッツリーニ。マジ惚れますわ。
輸血はしっかりしてるんですかね?w

投稿 : 2015/12/08
閲覧 : 238
サンキュー:

4

ネタバレ

kiss-shot さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

予告イラストとアイキャッチ

バカテスの第2期
第1期を観たので当然の事ながら視聴

召喚獣バトルを観たかったのですが
日常恋愛物になってましたw

もうこの内容だと召喚獣なくてもいいんじゃない?
終盤は惰性で観ていましたが

タイトルにもある予告イラストとアイキャッチは好きでした
本編でも時折面白い所もあるのですが
期待していた方向性と違ったため残念な印象の方が大きいのです

特に目新しいキャラも無く
1期のほうが良かった気がします
それにしても、秀吉がいちばん可愛いと思う自分はおかしいのでしょうか
気になります
あと、姫路さんの病んだ所は結構好き

全体的に微妙な感想です、すみません

投稿 : 2015/12/06
閲覧 : 233
サンキュー:

12

ネタバレ

KID さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

おもしろい

投稿 : 2015/10/25
閲覧 : 208
サンキュー:

1

ネタバレ

latte さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

バカだっていいじゃない

2期です。1期より召喚獣バトルが少なくて、いつものメンツの日常っぽい話とかが多めでした。

明久くん鈍感すぎて呆れちゃいますね。あんなにアピールされてるのに・・・
でも、正直すぎてバカな明久君いいと思います。だからみんなに好かれるんだろうね。

みんなの過去とか出合いとかの話もあって面白かったです。思わず笑っちゃう場面がたくさんでした。

投稿 : 2015/10/24
閲覧 : 192
サンキュー:

2

ネタバレ

OZ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

バカ全開のストーリー再び

1期の『バカとテストと召喚獣』が楽しめたので
引き続き観てみる事にした2011夏アニメ

■バカ全開のストーリー再び■
前作同様にただ観ているだけで楽しい気分になれる
相変わらず憎めないキャラクター達と賑やかな世界観で贈る
底抜けに明るい学園ラブコメ作品の第2期『バカとテストと召喚獣にっ!』

大まかな概要は1期とほぼ変らず
愛すべきバカ達は今作品でも健在。

一応ラブコメと銘打ってはあるものの
ドタバタコメディの印象が強い本シリーズ。
前作と比べてもっとも変化を感じたのは
ラブコメの"ラブ"色が強まってきた事だ。

中でもダブルヒロインの一人
島田 美波に関するエピソードは秀逸で
後に供述するが美波好きにはたまらない展開である。

一方で2期に入ってから気になった箇所もちらほら。

コメディ作品全般に共通する事だけれど
続けば続く程"ネタのマンネリ化"がしばし発生する点だ。

●秀吉の性別ネタ
●雄二と翔子の結婚ネタ
●瑞希の料理ネタ
●美波の暴力ネタ
●ムッツリーニの鼻血ネタ
●工藤さんの逆セクハラネタ
●久保君のBLネタ

上記は本シリーズにおける鉄板ネタであるのだが
同様のやりとりを1期やOVAで繰り返している為
「このネタよく使うな」と見慣れてきたせいもあってか
面白いものの若干マンネリ気味の印象は否めない。

1期で既にやり尽くした感のあるネタなので
キャラクター先行の作風なだけに
もう少しパターンやバリエーションを
増やしてもらいたかったものである。

加えて気になったのは召喚獣の存在。

タイトルから分かる通り
召喚獣を用いた試験召喚戦争が
本シリーズ独自の要素であったのに
今作品では召喚獣が"おまけ程度"の扱いになってしまっている。

本作品ならではの設定が徐々に薄れ
どことなく埋もれてしまったのは勿体無いの一言だ。

しかし『バカとテストと召喚獣』と言えば
期待したいのが高評価の続いたOPである。

今作品のOP「君+謎+私でJUMP!!」も良かったのだけれど
お気に入りなのはED「エウレカベイビー」の方。

作詞 畑 亜貴さん×作曲 前山田 健一さん×Vo 麻生 夏子さんと
こちらは1期OPと同じ組み合わせで
OVAのOPも麻生 夏子さんが歌っていた事もあり
彼女の歌声はもはや外せないくらい
本シリーズに定着していると言えるだろう。

前作に引き続きややパワーダウンしたものの
ノリと勢いで押し切ってくれたバカ全開の作品である。

■本作品の評価を上げた第8話■
賑やかな世界観が魅力の本シリーズで
1期から通して1番印象に残ったエピソードは何か?
その問いがあったならば
迷わず挙げたいのが良い意味でバカテスらしくなかった
第8話「ウチと日本と知らない言葉」だ。


物語はまだ美波がドイツにいた頃の記憶が新しい
日本に来て間もない1年前の文月学園へと舞台は遡る

入学したばかりの美波は
日本語をろくに話す事が出来ず
自分の名前を「美彼」とすら書いてしまう帰国子女

そんな彼女に向けられるのは
嘲笑うかの様なクラスメイトの冷ややかな視線

帰国子女である彼女は好奇の対象となり
あれやこれやと矢継ぎ早に
クラスメイトから質問攻めを受ける

しかし 日本語の分からない彼女は
静かにして欲しいと願うのだが
何て言ったら良いのか言葉が見つからず
満面の笑みを浮かべて「黙りなさい豚ども」と
間違って覚えてしまった日本語を口にしてしまうのだ

当然クラス内から浮いてしまい
孤立した日々を過ごす・・・と思われたのだが
たった一人話し掛けてくるクラスメイトがいた

そう 吉井 明久である

「ちゅうぬぶどれぱどぶにいるもなみ」
彼は笑顔で美波に話し掛けるものの
日本語はおろか呪文の様な謎の言葉なんて分かるはずもなく
てっきり馬鹿にされているものだと思い彼を拒絶する

だが 何度拒絶しても
笑顔で呪文の様な言葉を伝えてくる明久

日本に来た事を後悔する美波に
「あいつが言った事 調べてみろよ」と
ある時 雄二はさり気なく美波に告げた

明久の口にした謎の言葉を調べ始める美波

けれど日本語でもドイツ語でもない
「ちゅうぬぶどれぱどぶにいるもなみ」

やっぱり明久は
自分を馬鹿にしているものだと思い始めたその時
ある一つの単語が
両親とフランスへ旅行に出掛けた
幼い頃の記憶を呼び覚ますのである

「もなみ?(Mon Amie)」

『ちゅうぬぶどれぱどぶにいるもなみ』とは
フランス語で『Tu ne voudrais pas devenir mon amie?』

一つ また一つと単語を翻訳していく度
誤解という名の絡まった鎖は砕け散っていく

なんと明久はドイツ語とフランス語を
間違って美波に伝えていたのだ

フランス語に訳された言葉を更に英語に訳すと
『Could you become my friend?』

どれだけ拒絶されても決して笑顔を絶やさない
明久が伝えたかった言葉は

『私と友達になってくれませんか?』

呪文の様な謎の言葉の意味を全て理解したその時
彼女の瞳から頬を伝って涙が零れ落ちていった

慣れない異国の地で
言葉も理解出来ず 友達も出来ず
一人ぼっちで孤独の闇にいた美波

抱えていた不安は相当なものだっただろう

明久は正真正銘のバカであるが
ただのバカではなく
孤独の闇にいる美波に手を差し伸べ
光を照らす事の出来る優しいバカだったのだ。

この一連の流れを経て
バラバラだったパズルのラストピースがハマった瞬間
美波と同じく観ていて涙が零れてしまった。

1期から通して観ると
何故 美波が明久を一途に想い続けるのか?
その気持ちを裏付けする
素晴らしいエピソードであったと同時に
演出 構成共に光った
ベタ褒めしたい見事な回である。

■あとがき■
1期→OVAと観てきて
やや新鮮味は薄れてきましたが
改めてバカテスの世界観は好きだ!と
再確認されられる全13話でした。

やっぱり第8話の印象が大きいかな。

生粋のバカである明久だけれど
その裏側にある優しさが本当に格好良かったです。
美波が惚れるのも分かるよ。

っていうかバカテスで涙を流す事になるとは
全く想像がつかなかったな。
第8話だけに限ればトップクラスの構成と演出で
あの回がもしも無かったのなら
ちょっと評価は下がっていたかもしれない。

しかし2期は美波の可愛さが引き立っていたね。
第10話で明久の心の内を知った後
妹の葉月に顔を赤らめながら
「お姉ちゃんね もうどうしようもなく人を好きになっちゃったかも・・・」
そう話す場面は反則的な可愛さだったよ。

3期を望みたいところなのだけれど
1期の円盤売り上げに比べ
2期は約半分程度に留まってしまっているので
続編はおそらく厳しそうなのが寂しいところ。

でも また何時の日か相変わらずなこの世界で
愛すべきバカ達と再会出来る事を願いつつ
感想を終わりにさせて頂きたいと思います。

満足度 ★★★★★★★☆☆☆ (7)

投稿 : 2015/06/17
閲覧 : 371
サンキュー:

42

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

おもしろすぎ!

とにかく見てみて!腹抱えて笑えますから!!

投稿 : 2015/04/26
閲覧 : 190
ネタバレ

meteor【流星】 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

キャラ設定がおもろい

見んないいキャラしてるなww

ムッツリ―ニ最高におもしろい。

投稿 : 2015/01/23
閲覧 : 182
サンキュー:

4

ネタバレ

EvA00 さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

おもしろい!

めっちゃ面白かった!

投稿 : 2014/12/19
閲覧 : 211
サンキュー:

1

ネタバレ

単細胞 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

バカなギャグアニメ

シーズン変わっても一緒。気軽に見ましょう。

投稿 : 2014/11/07
閲覧 : 284
サンキュー:

1

ネタバレ

アニメンダァ10 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

えと・・・・

勝手な評価 ; 50点

原作未読

完全に1期からの続編なのだが、
いい意味でのくだらなさ加減がダウン・・・

あのくだらなさパワーで、行ってほしかったぁぁぁぁ

下手にラブコメ要素増加が、
バカテスの良さを無くしちゃった模様・・・

あぁ、残念

投稿 : 2014/08/18
閲覧 : 149
サンキュー:

2

ネタバレ

ミスターサタン さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

サモン!!

二期も面白かったです!
まあ、若干姫路さんの出番が少なかったような気もしますが…

合宿編は一番バカテスっぽかった気がします
あくまで個人的な感想ですけどねw

投稿 : 2014/07/14
閲覧 : 197
サンキュー:

1

ネタバレ

retaliatio さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 2.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

サモン!w

笑いを求める方
恋愛を求める方
バトルを求める方
学園を求める方
是非!笑

投稿 : 2014/07/11
閲覧 : 187
サンキュー:

1

ネタバレ

Re:SMILE さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

バカテスはほんと面白いですね(^^;)www

この作品はバカテストの2期作品です。
1期とOVAは完成度高かったので期待していましたが、ほんと予想を裏切らないですね^^;
明久は相変わらずバカですけど2期ではかっこいいシーンもあって見どころはありましたね。今回は恋愛要素も1期に比べ多いし素晴らしい作品になってたと思います。
私的にはお風呂場の覗きに行くところとかは一番笑えましたね(笑)

投稿 : 2014/06/16
閲覧 : 198
サンキュー:

12

ネタバレ

たんぽぽの花 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

時代と共に

第2期編バカテス!
前作のとの間に、OVAで祭があるが、作品は続編と思ってください。
時代と共にとは?
リアルの話ですが、短い期間の間、例えば昭和~平成にかけても
学力、学歴はとても大事な物ですが、学歴は学力が無いと良い物を付けれない。学力は自分の自身で頑張ると言うのですが、勉強にはその国の方針などの影響も受けます。国は良い人材を増やす為には人の持つ個性を高める必要を望みます。昭和の時代は学歴社会と言われ1に勉強、2に勉強、3が無くても勉強と言う感じでした。
そして、時代が変わると他の国の考えも入り、日本は勤勉すぎるとか、ゆとりが無いといわれ、生まれたのが週休2日の学校体制。
この制度は私もかなり、反対しましたが1人や2人の意見は国にはノイズとしかとらわれなかった。結果、日本の子供の学力低下が進み、また方針を見直すと、勝手な話です。人の人生で学生時代はとても大事です。
友達や恋人を作るのも数知れず、勉強以外の大事な物を学ぶ事が出来るのが
本来の学校では無いでしょうか?
作品は週休2日か1日かはさておき、学力を召喚獣の力としてクラス間で戦う話です。(かなりざっくり)
ギャグアニメですが、心温かい、上記で書いた勉強以外で学校と言う中で
いろいろな事を学び、笑えるお話です。
主人公は、実はモテますが、自覚が無く勉強より色々な事を楽しむ所と
思っていると思います。そしてその周りの友達も同じように、学力と同じぐらい自分の好きな事を大切にしています。楽しみの多い学校だと思います!

投稿 : 2014/05/30
閲覧 : 204
サンキュー:

3

ネタバレ

まっつぅ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 2.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

一期に続いて面白い

一期を観て続きが気になって一気に観ました。
最終回は少し納得いかなかったけど、全体的にはとっても面白かった。
次は原作を読んでみたくなりました。
個人的に姫路さんが日に日にハルヒの朝比奈さんとなんとなく被ってきた。

投稿 : 2014/05/19
閲覧 : 205
サンキュー:

1

次の30件を表示

バカとテストと召喚獣にっ!のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
バカとテストと召喚獣にっ!のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

バカとテストと召喚獣にっ!のストーリー・あらすじ

進級テストの成績で厳しくクラス分けされる先進的な進学校「文月学園」。秀才が集まる設備も整ったAクラスに対して最底辺のFクラスの設備はボロい卓袱台や腐った畳だけ。そんなFクラスの生徒である吉井明久は、訳あって同じクラスとなった健気な才女・姫路瑞希のため学園が開発したシステムを使ったクラス争奪バトル「試験召喚戦争」に挑戦する。果たして、Fクラスは上位の強豪クラスに勝利することができるのだろうか――(TVアニメ動画『バカとテストと召喚獣にっ!』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2011年夏アニメ
制作会社
SILVER LINK.
主題歌
≪OP≫Larval Stage Planning『君+謎+私でJUMP!!』≪ED≫麻生夏子『エウレカベイビー』

声優・キャラクター

下野紘、原田ひとみ、水橋かおり、鈴木達央、加藤英美里、宮田幸季、磯村知美、竹達彩奈、寺島拓篤、平田真菜、南條愛乃、井上喜久子、大塚明夫、津田健次郎

スタッフ

原作:井上堅二(『バカとテストと召喚獣』シリーズ ファミ通文庫/エンターブレイン刊)、キャラクター原案:葉賀ユイ、 監督:大沼心、シリーズ構成:高山カツヒコ、キャラクターデザイン・総作画監督:大島美和、色彩設計:木幡美雪、美術監督:東厚治、美術:ST.ちゅーりっぷ、撮影監督:中西康祐、撮影:旭プロダクション、編集:たぐまじゅん、音響監督:亀山俊樹、音響制作:オムニバスプロモーション、音楽:虹音、音楽制作:ランティス

このアニメの類似作品

この頃(2011年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ