「アンドロイド・アナ MAICO 2010(TVアニメ動画)」

総合得点
60.9
感想・評価
16
棚に入れた
77
ランキング
3332
★★★★☆ 3.3 (16)
物語
3.2
作画
3.0
声優
3.5
音楽
3.3
キャラ
3.4
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む
ネタバレ

おかず台

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

色んなMAICO

WOWOWのノンスクランブル番組『アニメCOMPLEX』内で放映されていたショート作品。
最初期作品の一つ。

原作はニッポン放送の『ゲルゲットショッキングセンター』内で放送されていたラジオドラマ『2010年ラジオの旅 アンドロイド・アナMAICO2010』……なのかな?
あれは原作じゃなくて「メディアミックス作品の最初の一つ」なのかな?
……まぁともかく、このラジオドラマを楽しみに聞いてた関係で知ったアニメ化作。
なのでナレーターが「垣花正」(ニッポン放送のアナウンサーでラジオドラマにもそのまま先輩アナ役・キャスティングコールとして出演)なのには笑ったw


共通なのは基本設定の中でも特に基本的な部分だけで、ラジオドラマ版が時事ネタあり笑いありシリアスありな、いかにもラジオドラマ風な作風だったのに対し、アニメは箱庭コメディに。

この作品の最大の特徴は途中1話の例外を除いて、全て一部屋が舞台であること。
舞台が移動しないことにより特殊感がアップし、またあくまで「ラジオ番組制作をテーマ」にしていることが強調されている。と思う。

しかしあまりの雰囲気の違いに当時は戸惑ったが、「時にコミカルに、時にシリアスに」という部分は共通しており、特にラストの後継機として出現したスーパーMAICOを破棄し、オリジナルMAICOを取り戻した展開はウィルスにメモリを消去されてMAICOがいなくなる終わり方をしたラジオドラマ版へのアンチテーゼとなっているのかもしれない。
……確かそう終わったんだったよね? ラジオドラマ版は復活出来なかったよね?

同じくメディアミックス作品にはキャラクターデザイン担当の清水としみつによる漫画版もあるが、掲載誌が「ヤングキング」だったこともあり、どんどん清水としみつ色が強くなっていったのであまり好きではない。


キャラ設定も変更されており、MAICOもいかにもロボット然としたキャラクターになったため、より作品のコミカルさに貢献している。
個人的にはラジオドラマ版の「一見普通の女の子、でも根本はやっぱりアンドロイド」なMAICOの方が好きではあったけど……。
特にラジオドラマ版MAICOでのMAICOのいじらしさにヤラれ、その事がアニメ版『カードキャプターさくら』より前にMAICO役の丹下桜の声が大好きになったきっかけなので思い入れも大きい。


主題歌も同じくOP・ED共にMAICO(CV.丹下桜)が担当。
OPは1コーラス目が「ドレミファソラシド」の階名のみ(特にソラシ)の歌詞という意欲的な曲で、そのことによりMAICOのアンドロイドらしさを表現、更に途中から2コーラス目を使用することにより、MAICOの人間らしさの成長も表現している。
EDは「MAICOの恋」を歌った曲でこれまたこの作品らしい曲。しっとりとした曲調でラジオドラマ版主題歌「Tune My Love」も好きだったけど、こちらもお気に入りの曲。

投稿 : 2013/05/30
閲覧 : 167
サンキュー:

2

きききき

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 1.5 作画 : 3.5 声優 : 1.5 音楽 : 2.0 キャラ : 1.5 状態:観終わった

投稿 : 2017/06/18
閲覧 : 12

ばしょう

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2016/07/14
閲覧 : 15

退会済のユーザー

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2015/12/06
閲覧 : 16

AKIRA777

★★★★☆ 3.2
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2015/08/14
閲覧 : 20

嵐山歩鳥

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:----

投稿 : 2013/09/04
閲覧 : 44

nanasuke

★★★☆☆ 2.2
物語 : 2.0 作画 : 2.5 声優 : 2.0 音楽 : 2.5 キャラ : 2.0 状態:観終わった

投稿 : 2013/01/08
閲覧 : 65

mykorei

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:----

投稿 : 2011/10/31
閲覧 : 109

ブチャラティ

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観たい

投稿 : 2011/05/15
閲覧 : 104

アンドロイド・アナ MAICO 2010のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
アンドロイド・アナ MAICO 2010のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

アンドロイド・アナ MAICO 2010のストーリー・あらすじ

『MAICO2010』(まいこ にーまるいちまる)はニッポン放送が中心となって行ったメディアミックスプロジェクトで、ラジオドラマ、アニメ、コミックのタイトル。 1997年当時、アニメ番組に力を入れていた時代のラジオドラマとして放送。その後「ヤングキング」でコミック化。また、1998年から半年間WOWOWのアニメコンプレックス枠において『アンドロイド・アナ MAICO 2010』としてアニメ化。本作は、近未来の日本において、業界初のアンドロイドラジオアナウンサーとしてニッポン放送に採用されたMAICOの成長を描く。(TVアニメ動画『アンドロイド・アナ MAICO 2010』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
1998年春アニメ

声優・キャラクター

丹下桜、古澤徹、置鮎龍太郎、緒方恵美、土井美加、成田剣、高森奈緒、小形満

スタッフ

原作:ニッポン放送/清水としみつ、 監督:舛成孝二、シリーズ構成:ますなりこうじ&スタジオオルフェ、キャラクターデザイン・総作画監督:石倉敬一、メカデザイン:神宮司訓之、美術監督:中村光毅、色彩設定:伊藤純子、撮影監督:川田敏寛、音響監督:菊田浩巳、音楽:船山基紀、プロデューサー:白川詩子、頼経康史

このアニメの類似作品

この頃(1998年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ