「熱沙の覇王ガンダーラ(TVアニメ動画)」

総合得点
計測不能
感想・評価
2
棚に入れた
16
ランキング
5964
★★★☆☆ 2.4 (2)
物語
2.0
作画
2.5
声優
2.5
音楽
2.8
キャラ
2.5
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

熱沙の覇王ガンダーラの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

おかず台 さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.9
物語 : 1.0 作画 : 2.0 声優 : 2.0 音楽 : 2.5 キャラ : 2.0 状態:観終わった

「マクロスを超えた超大作」(笑)

この作品によくこんなキャッチフレーズ付けたな、と本気で思う。

まず「2クール必要な内容じゃなかった」というのもあるけど、ストーリーのペース配分も間違ってると思う。

特に文句を言いたい部分は
・前半は主人公サイドはバンドの練習ばっかしてて、全然話が進んでない印象を受ける
・、金髪のメインヒロインは主人公のイケメンと結ばれるような感じの描かれ方だったけど、結局主人公は元カノを選んでメインヒロイン何のためにいたんだよ!
って辺り。


今から思えば恐らく「マクロス7のコンセプトを引き継いだ対象年齢高めの作品を作りたかった」んだと思うけど、完全に失敗してる。

投稿 : 2012/07/06
閲覧 : 225
サンキュー:

0

イカちゃん☆休止中 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

投稿 : 2015/06/20
閲覧 : 38

熱沙の覇王ガンダーラのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
熱沙の覇王ガンダーラのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

熱沙の覇王ガンダーラのストーリー・あらすじ

夜の砂漠を満月のあかりが照らし、砂が生物のように蠢きはじめた。不気味な砂嵐はラクダやテント、人々までをも呑み込み一瞬にして集落をさらっていった。シンガーを夢見る少女エマは、兄の元バンド仲間・シドニーのバンドのライブを見に行くためユウキの元を訪れる。その頃世界各地で、作曲家達が砂によってさらわれる怪事件が起こっていた。あらゆるものを砂に変えてしまう巨大な砂の魔神ガンダーラを巡る覇権争いに巻き込まれてゆくユウキ達。ガンダーラを操る者は、無限の力を手に入れると言われている。この巨大な魔神を操る方法はただひとつ、特定の音楽を聴かせることだけ……。今ここに音楽とガンダーラの絡み合った物語の砂時計が流れ始める!(TVアニメ動画『熱沙の覇王ガンダーラ』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
1998年春アニメ
制作会社
葦プロダクション
主題歌
≪OP≫HAL『Dear』≪ED≫杉山晴美『Sing my song』

声優・キャラクター

松本保典、折笠愛、二又一成、辻谷耕史、古澤徹、冬馬由美、鈴置洋孝、矢尾一樹、鈴木れい子、梁田清之、鈴木真仁、宮田浩徳、小松里歌、湯浅香織

スタッフ

企画/原案:大西良昌、キャラクター原案:森木靖秦/美樹本晴彦、 総監督:うえだひでひと、製作:大西加紋/佐藤俊彦、構成:酒井あきよし、キャラクターデザイン:羽山淳一/堀内修、美術監督:坂本信人、色彩設定:加藤良高、音響監督:松浦典良、撮影監督:小西一廣、編集:田熊純、音楽:渡辺俊幸、プロデューサー:加藤博/平井伸一/酒井あきよし

このアニメの類似作品

この頃(1998年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ