「空の境界 第四章 伽藍の洞[ガランノドウ](アニメ映画)」

総合得点
71.6
感想・評価
633
棚に入れた
3799
ランキング
821
★★★★☆ 4.0 (633)
物語
3.9
作画
4.3
声優
4.0
音楽
4.0
キャラ
4.0
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

空の境界 第四章 伽藍の洞[ガランノドウ]の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

ジャスティン さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

やっと点と点が繋がった感じ

【視聴きっかけ】
1章と同様
【良い点】
■作画面においては流石すぎる
いつものパターンです!はいw
でもそれが素晴らしい作品とも言えるので何も言えないw

特に一番印象に残ったシーンは、最後の方になるが、
やはりバラを折った?シーンですね。

最初は特殊能力みたいのがなかったのに突然目覚めたシーンは
本人の精神面との戦いが見れたのはなかなか良かった。

また戦闘系にはおいては、今回に関してはそこまでなかった感じもするが
でも、3章で戦っていたあの感じからすると、
「お前も私と同じだ!」というのはそういうことなのかと理解が出来た

戦闘系の考察などは疎いのでここまでしておきます

投稿 : 2019/07/06
閲覧 : 48
サンキュー:

6

ネタバレ

チョロ松 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

式の目に映るものは

式の目の秘密がこの作品で明らかになります。

幹也を殺そうとして車に引かれた式。
奇跡的に回復した式の目に映るものは
生者の死。

そこに現れた橙子さん、
式に目の使い方を教え、自分のところで働くように勧める。

段々と式と幹也の関係性と式の体の秘密が明らかになっていくので、
難しから言わずに最後まで見てほしいです。

投稿 : 2017/02/03
閲覧 : 102
サンキュー:

3

ネタバレ

chelsea! さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

式覚醒

 相変わらず作画と音楽は最高です。
ストーリーも2章後のお話で、式が目覚めます。
ロングヘアー式も良かったです。

投稿 : 2015/04/05
閲覧 : 146
サンキュー:

0

ネタバレ

眠夢 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

タイトルなし

あの階から飛び降りても無傷w

投稿 : 2015/02/02
閲覧 : 118
サンキュー:

0

ネタバレ

MuraBustan さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

やっぱり

不気味、やっぱり訳分からないが、この後は分かるようになっていくのか?

投稿 : 2014/11/24
閲覧 : 165
サンキュー:

1

ネタバレ

latte さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

きれい!

絵が素敵!きれいー!!

奈須きのこさん、やっぱり私には難しい・・・。

でも、見れば見るほど自分の考え方とか、感じることとか深まったり広がったりして、本当に素敵な作品だと思います!

式が今の式になった時のお話でした。魔眼を手に入れた時ですね。このお話の式はとても人間らしくて不思議な感じ。

投稿 : 2014/11/19
閲覧 : 128
サンキュー:

3

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

伽藍の洞では
まず最初に式が車にはねられたのが
原因で入院していましたがどういう経緯で
はねられたのか分からなかったです。

そして二年後、式は目覚めるが
織の人格を失いそして直死の魔眼を得ていました。
やっとあの目が何か分かって良かったです!

まさかの橙子が魔術師で
そして式は橙子の仕事の手伝いをしてるという事も分かりました!
その後に現れた死体との戦闘シーンはかっこよかったです^ ^

最後に出てきた黒幕っぽい魔術師は
謎でした…
やっと話が繋がってきて理解が深まってきました(^_^)

投稿 : 2014/07/18
閲覧 : 123
ネタバレ

kiss-shot さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

伽藍洞だという事はいくらでも詰め込めるという事だろう。この幸せ者め、それ以上の未来が一体どこにあるんというんだ

痛覚残留に続いて

今回は最後のバトルシーンのくだりからラストが印象的だった、特にエンディングの曲で軽く鳥肌が

織を失い、直死の魔眼を手に入れる
直死の魔眼に戸惑いつつも最後は・・・

感想になってませんね

続きを観ます

投稿 : 2014/01/11
閲覧 : 133
サンキュー:

3

ネタバレ

るるちゃみ さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

殺人考察前からから2年後

式なぜかわからんけど病院に運ばれて意識不明。2年後ようやく目を覚ます。このときに力を手に入れたんだね。
トウコさんの存在感やば。かっこいいです。
迷うな!!!

投稿 : 2013/12/30
閲覧 : 97
サンキュー:

0

ネタバレ

エウネル さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

生と死の境界。そこで得たものと失ったもの。

この作品は4章ですが空の境界の時系列では2番目です。
冒頭でいきなり両儀式が病院に運ばれていたのは2章の最後で事故にあったからです。。その後、式は昏睡状態のまま2年の時が流れていた。そんなある日突然、式は目を覚ましたが………。まぁ、そんな感じで物語が始まります。
{netabare} 式は昏睡状態だった2年間、生と死の境界線にいました。そこで式は手に入れたものと失ったものがあります。
手に入れたものは1章,3章,そして4章でも活躍する直死の魔眼である。万物には全てほころびがある。そして直死の魔眼にはほころびが「死の線」として見えてしまう。死んだあとのバラバラになった様子まで見えてしまうのが恐ろしいですね。式が自分の目を潰そうとするのもわかります。
失ったものは式の男の人格である織です。女の人格である式にとって失った絶望はとても大きいものでした。なぜなら、式は織に生の実感を持っていたからです。式は体は女なので、事故にあう前は織を抑制していました。式はずっと織を閉じ込め傷つけてきました。その痛みが生きている実感だったのだと思います。織がいなくなって、空(から)になってしまった式は黒桐幹也のことも忘れていました。黒桐幹也は織にとって強い存在だったので、織がいなくなって記憶が薄れてしまったのです。また、生きる意味も見失っていました。ですが死の淵をさまよった式はあそこには戻りたくないと思います。
そんな絶望の中、式の肉体を器にしようとする死霊が襲ってきます。そこで式は「迷うな!!」と叫び、直死の魔眼で死霊と戦います。「迷うな」というセリフには、生きる目的を失ったが、新たに目的を見つけようとする式の決意だったのだと思います。 {/netabare}
今回も作画と音楽が素晴らしかったです。背景がとても綺麗で、戦闘シーンは音楽ととてもあっていて式と蒼崎橙子がとてもカッコ良かったです。
戦闘シーンでのセリフがとてもキマってました。
印象に残っているセリフは
{netabare} 式の「迷うな!!」はもちろんですが、「あれは生きてる死体だろ……なら、なんであろうと殺して見せる!!」や「私は弱い私を殺す、お前なんかに両儀式は渡さない!!」が とても良かったです。「弱い私を殺す」というのも、生きる目的を失った自分を消すための言葉なのかもしれません。{/netabare}
空の境界は話が難しくて理解するのが大変ですが、考察するのがとても楽しい作品です。

投稿 : 2013/11/25
閲覧 : 232
サンキュー:

30

ネタバレ

teji さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

やっぱり いいですね

これは 結構 面白いぞ・・
第4章 なのは わかるが・・ テレビ版見た方がわかりやすいかなぁ・・
劇場版 順番バラバラでわかりにくい・・
ただ 面白い

投稿 : 2013/10/28
閲覧 : 117
サンキュー:

2

ネタバレ

リッち さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

「私は弱い私を殺す、お前なんかに、『両儀式』は渡さない!!」

☪ストーリー☪
1998年6月、約2年間の昏睡状態から両儀式は奇跡的に回復する。しかし、目を開けた直後に見えたのは「死の線」。それが何なのかを理解してしまった式は、とっさに自らの目を潰そうとする。そんな中、一人の女性が式を訪ねてくる。その女性は蒼崎橙子と名乗り、式の別人格である「織」がいなくなっていることを指摘する。生の実感を喪失した式は抜け殻のような日々を送るが、その式の病室に毎夜さまよってくるモノがあった。

☪感想☪
空の境界の4章は2章の後のお話でした。式の力がどのように目覚めたかが分かるお話しでした。1つ言いたいのは式が2年も昏睡状態になっていたので髪が伸びているのですがロング式かわいいいいい(*´ω`*)♡もうそこにキュンキュンしていました。そして蒼崎橙子と両儀式の出会いも描かれています。最後に出てきた男も気になりますね・・・。第五章で色々と謎が解けるらしいですね。これは1章から見ていくとどんどん空の境界のセカイにハマってしまいますわ。ww

投稿 : 2013/10/05
閲覧 : 70
サンキュー:

3

ネタバレ

ああ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ARIA

すんません、微妙だったと思います第四章。原作未読。

織が消え空になった式のお話。
その葛藤と復帰を待ち続けた幹也など良かった点はありますが、織がどれほど式にとって重要だったかは想像するしかなく、時系列的に織がいた殺人考察(前)のなかでも共存している雰囲気はつかめましたが、消えてしまって空になってしまった式と殺人考察(前)の時の式にそれほど違いが分からず、話に惹き込まれる感じはしませんでした。

そのため、面白いともつまらないとも感じずただ納得させられるだけという印象があり、そういう意味で微妙だったなと思います。

ただ幹也にとって時間がそこまで重要じゃないことだけが良いなと思いましたね。殺人考察(前)の時も今回のお見舞いに関しても、彼は常に待ち続ける、そこに時間の干渉は受けないんですよね。人の感情なんて時間によっていくらでも変わるし、色褪せたりするものですが彼にとって式がどれだけ大切なものか分かる、そういう彼の姿勢がすごく好きでした。

投稿 : 2013/05/04
閲覧 : 147
サンキュー:

10

ネタバレ

くりきん さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ここからが始まり?

式は自分の中のもうひとりの式が去ったことにより、孤独を感じていた。
事故で式はもうひとりの式がいなくなったのだと思います。
数年後、目覚めた式は目が普通の目でないことを知りました。
魔眼といえばいいのでしょうか。
生き物?のほころびを観ることができるようになり、そのほころびに触れることにより破壊、バラバラにすることができるようになりました。

この魔眼を使ってこれから何が始まるのか・・・

投稿 : 2013/04/05
閲覧 : 117
サンキュー:

1

ネタバレ

りたそ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

生きているのなら、神様だって殺してみせる

やべー!ちょーおもしれー!!!
…って興奮する感じではなかったんだけど、なんかすごく大事な章だった気がする(^o^)!
だんだんいろんなことがわかって来た…繋がってきた……!
こういうふうにどんどん明らかになっていく感じ大好き\(^o^)/

最初から高いこくとうの好感度がさらに上がった!
いいヤツでござるー(´;ω;`)ブワッ

投稿 : 2013/04/01
閲覧 : 81
サンキュー:

1

ネタバレ

PeachFly さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

物語の流れでは、「転」となる章です

事故による昏睡、二重人格のもう一人の喪失、自分の能力への開眼…
幹也が橙子と初めて出会う章でもあり、三人の繋がりが見えてくる章でもあります。

…でもやっぱり難解な…^^;

投稿 : 2012/09/23
閲覧 : 91
サンキュー:

2

ネタバレ

無毒蠍 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

徐々に螺旋の道筋がみえてきた気がする。

いまさらだけど織って男性人格だったのか。
今回は二章のその後というか昏睡状態になってからの式が描写されています。
二年間も眠り続けてたみたいだね、
眠りから覚めたら男性人格の織が消失して人格は式のみになりました、
織が消失すると同時に「直死の魔眼」という異能が備わった式。
バトルはあまりありませんでしたが、
一瞬だけ橙子さんが輝いたのでよしとしましょう。

徐々に物語に展開がありそうだね。

投稿 : 2012/03/26
閲覧 : 117
サンキュー:

2

ネタバレ

yokoryo さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

髪切らないでぇ~~!!

原作未読
長髪の式が可愛くて好きだったんですが、
一瞬でバッサリ切られちゃいました。。。残念。。。

2章からの続きですね。
式が織を失ったことによる喪失感、虚無感
「こんなに幸せなのに、人間はこんなにも一人だ。」
いいですね。この手の厨二くさい表現が大好きです。
そして描くテーマがこれだけなので、非常にシンプルにまとまっています。
わかりやすい!

第4章ですが、実質物語の1章にあたる話だと思うので、(2章は0章的な意味合いだと思うので)内容としては若干薄いかな。
でもようやく設定がのみこめました。
やっと物語に自分が追いつけたので、これからの展開が気になります!

あと、やはりバトルと音楽もたまらないですね!

投稿 : 2012/01/31
閲覧 : 144
サンキュー:

2

ネタバレ

アスクール さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

式の葛藤がメインです^^

今回も時系列ばらばらですが二章の後の話でしたね~^^;

四章は式の織を失ったことによる心情の変化が結構メインでした♪

どうして式が織を失ったのか・・という真相までは深くは触れてはいなかったですが・・。

そういえば今回は(今回もかな)トウ子が結構重要な役回りででてきていました~。自分が魔術師だということを明かし、物語の重要な部分に触れていきそうな気がしました。

そしてトウ子軽く魔術使っていましたね~

式は直死の魔眼を持ったことによって世界に絶望しているようです・・。まあ死を見るですもんね・・^^;

式の覚悟はすごいですね~強いなあ(*^^*)ああゆうふうになれたらいいなあ~

黒桐と今後どうなっていくのか・・期待しています~

作画クオリティーはゆうまでもないです~すごいですよ^^

さあ折り返しですね^^五章見てますね♪

投稿 : 2011/12/08
閲覧 : 180
サンキュー:

5

ネタバレ

10 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ここまでのあらすじ

ばらばらだったパズルのピースが少しずつ繋がった気がする。

事前知識を把握しなかったおかげで、本章もマジマジと観賞してしまいましたw

ここまででもう一度第1章から復習してもいいくらいかな。
でも次章も気になるし…苦笑
ここからが本当の始まりな気がする作品です。

さぁて…これからどぉするか?!www

投稿 : 2011/11/09
閲覧 : 152
サンキュー:

1

ネタバレ

イズミ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 2.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

音楽が良いですよね

独特な。

投稿 : 2011/09/27
閲覧 : 173
サンキュー:

0

ネタバレ

めかるん さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

覚醒の章

式(しき)が能力に目覚める回です。
全7作中一番短く感じました。
良く言うと簡潔にまとまってて分かりやすい。
悪く言うとボリュームが足りないかな?..とも思いました。
まぁどう捉えるかは観る方次第ですけど...。
式と蒼崎 橙子(あおざきとうこ)の出会いも含めた回なので僕は割と好きです。
でもやっぱり派手なバトルがある回が好きなので少し評価は下がってますが、あくまでも個人的評価なので気にせずご覧になって下さい。
全然楽しめますよ!

投稿 : 2011/07/16
閲覧 : 243
サンキュー:

4

ネタバレ

チュウ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 2.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

出会い

個人的には二章や三章と比べてバトルシーンや過激な演出が少し分、物足りない気が…。
ただ、シナリオ的には式と蒼崎橙子の出会いや、式の内面の変化など今までで一番、物語の核心に迫った感じがします。

投稿 : 2011/05/29
閲覧 : 283
サンキュー:

1

ネタバレ

leaf317 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

タイトルなし

時系列でいけば、殺人考察(前)の後の話。死の線が見えるのはたえられないだろうな・・・

投稿 : 2011/01/09
閲覧 : 440
サンキュー:

0

足跡 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/12/30
閲覧 : 0

umilinsky さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/12/30
閲覧 : 0

さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/12/24
閲覧 : 5

Azucena さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2019/11/07
閲覧 : 0

kuronotuki さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/09/10
閲覧 : 2

タワコ エシ さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2019/09/08
閲覧 : 1
次の30件を表示

空の境界 第四章 伽藍の洞[ガランノドウ]のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
空の境界 第四章 伽藍の洞[ガランノドウ]のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

空の境界 第四章 伽藍の洞[ガランノドウ]のストーリー・あらすじ

1998年6月、約2年の昏睡から両儀式は奇跡的に回復する。しかし、目を開けてすぐに見えたのは「死の線」。それが何なのかを理解してしまった式は、自らの目を潰そうとしてしまう。そんな中、一人の女性が式を訪ねてくる。その女性、蒼崎橙子に式のもう一つの異常、式の別人格である「織」が居なくなっている事を気付かされる。生の実感を喪失した式は抜け殻のように日々を送るが、その式の病室に毎夜彷徨ってくるモノがあった。(アニメ映画『空の境界 第四章 伽藍の洞[ガランノドウ]』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
アニメ映画
放送時期
2008年5月24日
制作会社
ufotable
主題歌
≪ED≫Kalafina『ARIA』

声優・キャラクター

坂本真綾、鈴村健一、本田貴子

スタッフ

原作:奈須きのこ『空の境界』(講談社ノベルス)、キャラクター原案:武内崇、 監督:滝口禎一、脚本:平松正樹、キャラクターデザイン・作画監督:須藤友徳/滝口禎一、音楽:梶浦由記、美術監督:海老沢一男、撮影監督:寺尾優一/松田成志、3D監督:中村慎太郎、色彩設定:千葉絵美、音響監督:岩浪美和、制作デスク:鈴木龍、制作プロデューサー:近藤光

このアニメの類似作品

この頃(2008年5月24日)の他の作品

ページの先頭へ