当サイトはアリフィエイト広告を利用しています

「空の境界 第六章 忘却録音[ボウキャクロクオン](アニメ映画)」

総合得点
72.0
感想・評価
653
棚に入れた
3973
ランキング
1205
★★★★☆ 4.0 (653)
物語
3.8
作画
4.3
声優
4.0
音楽
4.0
キャラ
4.0

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

空の境界 第六章 忘却録音[ボウキャクロクオン]の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

マーティ さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

妖精と記憶

 全60分。

 前回が大きな戦いだったので今回はやや箸休めの回でした。

 幹也の妹・鮮花と学校に潜入調査した式が事件を解決する、っといったところ。

 特別ものすごく重要な話という訳ではないですが、今まで出てきてた鮮花の掘り下げや活躍がありますし、式との絡みが面白いので、一見の価値ありです。

 また今回の話は今までと違い原作改編がされてます。原作はちょっと事件の真相がエグい内容だったんですけど、ちょっと変わってますね。今回はあくまでライトにしたかったのかな?

 これにて感想を終わります。ここまで読んでくださりありがとうございました。

投稿 : 2022/06/09
閲覧 : 236
サンキュー:

13

二足歩行したくない さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

かわいいは正義

劇場版・空の境界、6作目。
両儀式と行動を共にする主人公が、黒桐幹也よりその妹「黒桐鮮花」にバトンタッチし、鮮花の通学する"礼園女学院"を舞台にし展開します。
現役女子高生魔道士見習いが女学園を舞台に悪いやつをやっつけちゃうという、これまでの沈鬱な内容とは毛色の異なる章です。
鮮花はツンデレの兄好き、属性に忠実な俺たち向けのキャラクタですが、反面、物語は端折りすぎてわかりにくく、ストーリーはよく分からないけど、鮮花がかわいいから正義みたいな内容になってしまっているのが賛否が分かれるポイントかと思います。

師である蒼崎橙子の依頼により、学園で起きた"妖精による記憶の強奪事件"を調査する事になった黒桐鮮花だったが、妖精を見ることができない彼女のため、兄の恋敵である両儀式と一緒に行動する事になるという展開。
その後、玄霧皐月というイケメン教師が現れたり、過去に橘香織という少女が自殺を図ったことがわかりその調査をしたり、何やかやがあるのですが、気がついたらバトルシーンになって、その結末もうやむやのまま終わるというよく分からないストーリーでした。
それというのも、原作ではドラッグ、強姦、援交強要が飛び交う、とてもアニメ化できない過激な内容なんですね。
色々自粛した結果、鮮花のかわいさが残った感じで、映画だけで理解するには難しい内容となってしまっていました。
映画視聴後は原作を読むか解説してくれているサイトなりで保管するのが必須だと思います。

ストーリーはわかりにくいですが、鮮花のかわいさだけは、空の境界唯一の癒しだと思いました。
ただ、空の境界は萌えに傾倒することは無いので、露出は少なく、あざといシーンも皆無です。
バトルシーンの激しさ、優美さは本作でも健在です。
式のバトルの顛末がぼんやりしているのが気になりましたが、鮮花がミッション系の制服で妖精と魔術を絡めて格闘するシーンは特に素晴らしかった。
ストーリーはともかく見所は多くて、飽きはなかったです。
過去作に比較するとライトな印象を受けますが、頭にはてなマークが浮かぶ作品でした。
箸休みになりそうでならない作品だと思います。

投稿 : 2020/07/22
閲覧 : 248
サンキュー:

6

ネタバレ

ジャスティン さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

前回とは全く違う世界線だが、今回の話も面白かった

【視聴きっかけ】
第1章と同様
【良い点】
今回の作品ももちろん ufotable さんが制作しておりますが、全体的にバランスの取れた作品になったと思います。
前回の5章では、主人公の気持ちと視聴者の気持ちが絶妙にマッチしていて、このシリーズの一番の面白さを引き出せていました。
今回に関しては、限界とは違いますが今回の作品もなかなか面白かったです。
特に好きなシーンとしては、あなたの今回の主人公がまさかの兄が好きという素晴らしい設定になっており、頬を染める姿も可愛かったです。 可愛かったのもありますが、戦闘名に関しては、そんなヒロインでも全然違う印象をに捉えることができました。これはやはりすごいことで、キャラのイメージを変えてしまうというすごい技術だと思いました。

【悪い点】
今回も悪い点はありません

投稿 : 2019/07/09
閲覧 : 343
サンキュー:

4

ネタバレ

ぺー さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

本編では珍しく肩の力を抜いて観れる回

2018.08.04記

第一章 『俯瞰風景』 (1998年9月)
第二章 『殺人考察(前)』(1995年9月)
第三章 『痛覚残留』(1998年7月)
第四章 『伽藍の洞』(1998年6月)
第五章 『矛盾螺旋』(1998年11月)
第六章 『忘却録音』(1999年1月)
第七章 『殺人考察(後)』(1999年2月)
終章 『空の境界』 (1999年3月)
『未来福音』 (1998年8月~)

第一章から順繰りに観ていて、やっと手前の第五章でいろいろ繋がって中盤のクライマックスを迎えました、からの本章という印象があったため、一息ついた感がある回ですね。
次の第七章からまたしんどい展開が続くこともあり箸休め的な位置づけとなっております。

両儀式と黒桐幹也は少し後ろに下がって、幹也の妹鮮花メイン回となります。
私の場合、鮮花に特に思い入れがないため肩の力を抜いての鑑賞でした。

{netabare}エンドロール後にまた不穏な展開を予見するような映像が流れますが、もうひと踏ん張りです。{/netabare}


-----
2018.08.14追記
《配点を修正》

久しぶりに全章を通しで観てみたら、この章の劇伴が突出して明るい感じでした。それで肩の力抜いて観れたのかもです。

投稿 : 2018/08/14
閲覧 : 360
サンキュー:

11

フロー さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

泣いて謝ったって、絶対に許さないんだから―――!

第6章は1999年1月のお話なので
殺人考察(前)→伽藍の洞→痛覚残留→俯瞰風景→矛盾螺旋→忘却録音
と云う時系列になります

所で、第6章と言えば黒歴史扱いされる事もあるらしいですが
仕方ない事だと思います

劇場版にあたって原作を改変
TVシリーズでは全面カット
痛覚残留では放映された見ていてイライラする
あのシーンも本作ではNG

そしてこの章では式はメインでは無く
黒桐幹也の妹、黒桐鮮花の視点を軸に物語が回っていくので
個人的には面白い絡みが見れたと思っています

なので第6章の戦闘シーンは“直死の魔眼”では無く
炎の魔術を駆使した珍しいお話です

忘却録音は悪い所ばかりでは有りません!
是非視聴してみて下さい

投稿 : 2017/10/07
閲覧 : 422
サンキュー:

6

tinzei さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 2.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

鮮花回

鮮花ファンにはたまらない回

投稿 : 2017/07/04
閲覧 : 334
サンキュー:

0

翡翠は俺の嫁 さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ただ一言、一言だけ言わせてください。

あざかわいい。

投稿 : 2017/02/27
閲覧 : 337
サンキュー:

2

ネタバレ

チョロ松 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

妹大活躍

式が幹也の妹の学校に潜入し、
謎の妖精使いを退治する話です。

前作同様現在を描いた作品です。
妹の通う学校で起きた謎の死を追いかけて妹と式が反発しあいながら
事件解決に向かいます。

最後はまさかの展開でしたが、
普段あまり活躍しない幹也の妹が活躍する数少ない作品になってました。

投稿 : 2017/02/03
閲覧 : 270
サンキュー:

3

ネタバレ

入杵(イリキ) さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

スピンオフや箸休めとは思わないで欲しい。考察に意外に骨が折れた物語

「空の境界」は奈須きのこによる、同人誌に掲載された長編伝奇小説である。全7章で構成され、本作は第六章「忘却録音」が映像化された。「そらのきょうかい」でも「くうのきょうかい」でもなく、「からのきょうかい」なのでお間違えの無い様に。
略称は「らっきょ」。

「空の境界」は奈須きのこの小説だが、奈須きのこと武内崇の所属する同人サークル(現在は有限会社Noteのブランド)「TYPE MOON」の作品に「月姫」、「Fateシリーズ」などがあり、「空の境界」と世界観を共有している。奈須氏によると「微妙にズレた平行世界」とのこと。


劇場版「空の境界」は圧倒的な映像美、迫力満点の戦闘シーンと、難解且つ素晴らしい世界観を、原作小説を忠実に再現し映像化したufotableの力作である。
本作のメインテーマは「境界」である。相反する二つのものに関するメッセージが緻密に組み込まれている。
その各々に対する矛盾もまたテーマの一つだ。
奈須氏の命の重さ、禁忌を主題とした本作の完成度には脱帽するばかりである。
「生」と「死」、「殺人」と「殺戮」などについて考察するわけだが、テーマがこれであるから必然的にグロテスクな描写がある(しかも美しかったり)。
また、難解な言葉(辞書的意味では用いない)や、時系列のシャッフルにより、物語の理解はやや困難である。
しかし、この時系列シャッフルこそが「ミステリ」における叙述トッリクとして作用しているのである。
決して時系列の通りに見てはいけない(2度目からはご自由に)他にも、原作にはなかった「色分け」が行われている点も魅力的だ。式の服の色や、月の色なども見てみると楽しい。
全7章に渡って展開される両義式と黒桐幹也の関係も素晴らしい。
設定はここで説明するとつまらないので、作品を視聴することをお勧めしたい(丸投げであるが(笑))
副題のThe Garden of sinnersは直訳すると「罪人の庭」と言う意味。sinには(宗教・道徳上の)罪という意味があり、guiltの(法律上の)罪とは区別される。
Theの次のGardenが大文字であることから、これはギリシアの人生の目的を心の平静(アタラクシア)に見出した精神快楽主義のエピクロス学派を意味する。よってThe Garden of sinnersは快楽主義に溺れた道徳的罪人という意訳が適切ではないか。

===============================================

第六章の本作は「空の境界」の時系列で、全7章のうち6番目にあたる作品だ。本作の視聴により、前々から登場していた黒桐鮮花について、黒桐幹也の本質について知ることが出来る。作品群全体から見れば、箸休め的印象を受けるかもしれないが、2年前の1996年の冬に起こった事件についての記憶を式が詳細に思い出すという意味で重要な章である。
また、本章は原作との乖離が甚だしく、これは尋常ではない。原作の頁と比較した映画の上映時間が全七章+終章中最も短く、カットが多い。これでは話の骨子も瓦解しているのではないかと疑うほどだが、なんとか体裁は保てている。しかし、やはり本章に限っては、原作乃至、傲慢ながらこのレビューのような考察・纏めを読んで補完することが必須である。
映画では主に鮮花の活躍に焦点が当てられているが、原作では他にも、幹也の起源、玄霧皐月の生涯と目的など、多角的にストーリーが構成されている。

副題のfairy taleは妖精の物語という意味。

考察←観る前に見ない様に。

{netabare}
時系列:6/8
1999年1月
両儀式:18歳 職業:高校生
黒桐幹也:19歳 職業:大学中退 伽藍の堂に勤務

原作との相違:大
原作との尺の比 274P:59min=1:0.31(1分当たり4.64P)
(一番原作との尺の長さの比が合致していると判断される2章の比を基準:1とする)
(原作の頁数は講談社文庫を用いる)


・「礼園女学院」について
礼園女学院は全寮制女学校であり、ミッション系(キリスト教の伝道局によって設立されたキリスト教主義、中高大一貫教育、自由な校風、外国語教育、礼拝堂附設などが特徴的な私立学校)のお嬢様学校である。小中高一貫校であり、イギリスの神学校(現在は廃校)の姉妹校であり(カトリックか国教会かは分からない)、学長はマザー=リーズバイフェ。
高等部には黒桐鮮花、浅上藤乃がおり、蒼崎橙子はイギリス留学から帰国後に卒業したOGである。今回の事件もマザーが橙子に依頼した。
月姫に登場する中高大一貫教育の全寮制学校の「浅上女学院」は当校をモデルに藤乃の父親が経営している。礼園女学院の寄付金の3割は彼が負担している。


・「黒桐幹也」について
彼は「どこまでも普通で、誰よりも人を傷つけない」という起源を持っている。
所謂「普通の人間」は存在しない。何故ならば、彼らは特別を目指し、特別に成り損ねた人間であり、「普通の人間」とは、彼らの平均でしかない。しかし、黒桐は最初から「普通」であろうとする。それは例えるならば、テストで80点を取る積もりで勉強して、平均点きっかりの62点を取るのと、最初から平均点を取る積もりで勉強して、62点を取るくらいの違いがある。
彼は「普通」を目指すあまり、誰に対しても「特別」な行動を採ったり、感情を抱いたりする事を避ける。それは誰かの「特別」になることを拒否する姿勢である。誰にでも普遍的に接し、差別をしない。3章で式に一般論を期待されたのもこの為である。

―それは誰とでも解りあえるかわりに得た、誰にも気付いてもらえない空っぽの孤独。

しかし、「普通」の権化となることは「普通でない=異常である」ということであり、鮮花の特別な人となった。また、彼は特別になることしか出来なかった人(例えば式や霧絵や藤乃や橙子や鮮花や巴)から羨望されることが多く、「傍に置いておきたい」「拠り所としたい」という執着を知らず知らずの内に周りに持たせてしまう。


・「黒桐鮮花」について
幼少期にある理由から兄の幹也を恋愛対象として好きになった。小学校中学年の頃から才色兼備で精神年齢が他人より高かった所為か、打算で身体が弱いと偽って、田舎の叔父の下に引っ越した。それは兄・幹也の下から遠ざかり、妹としてではなく、女性として彼に、惚れさせる為である。しかし、自身が幹也の元を離れている間に、両儀式が登場。正月に久々に再開すると、兄は同級生の両儀式を家に連れ込んでいた。その後の式の事故による昏睡に安堵していたが、彼女の再起を確認すると、直ぐに都心で名門の礼園女学院へ編入した。
(空の境界の舞台である観布子市が東京都にある為に、上京を前倒しにした。時々伽藍の堂などに出入りしている(矛盾螺旋の中盤など))
叔父の家で橙子が事件を解決したことをきっかけに彼女に弟子入りし、魔術使い見習いとなった。魔術回路は無いものの、先天的な属性として発火現象を持っていたため、発動・抑制の為の火付けの魔術を習っている。未熟なので戦闘時には橙子にもらった火蜥蜴の皮手袋をはめる。式に対抗する為の魔術なので汎用性が無いことや魔術回路が無いことは気にしていない。
起源は「禁忌」で、実の兄を慕うのも此処に起因する。また、本人は隠している積もりだが、式や橙子には、幹也に恋愛感情を抱いていることは筒抜けである。(式は、織が鮮花に初めて会った時に気付いた記憶を引き継いでいる。) しかし、当の幹也は鈍感で、全く気付いていない。
鮮花が月姫の遠野秋葉やFateの遠坂凛に似ているのは、全員モデルが蒼崎青子であるからである(起源も皆一緒の「禁忌」である)。

彼女は幼い頃から特別なものになりたかった。手に入れた知識で周りの人間を遠ざけて、孤独でいることを好んだ。いつも損得無しに彼女を迎えに来る兄・幹也を、孤独な時間を邪魔し、更に年相応の少年らしさが無いことから、内心軽蔑していた。
ある日、隣の温かくて優しかったが、痴呆が進んでおり、幹也が親身にしていた老人が亡くなった。臨終を迎えた老人を発見したのは幹也だったが、彼は―泣きたくても、泣けないんだ。それは特別なことだからね―と、他人へ特別な感情を抱くことをしない。
―人一倍誰かに同情して、人一倍泣いてしまいそうなのに、絶対に泣けない―という事は、
博愛主義である為に、特定の個人を愛する(儒教の別愛(by墨家))ことが出来なくなってしまったのだ。だから彼は誰の特別にもならない。彼女はこの幹也の態度に恋の発端があったことを脳裏に蘇らせた。


・「アカシックレコード」について
アカシックレコードは別名、アカシャ年代記とも呼ばれる人類の魂の活動の記録の概念である。誰が何時何処で何をするのかの記録、輪廻の記録が全て銘記されており、宇宙、人類の運命のデータバンクでありシナリオである。此れは、アーカーシャ(インドの五大の一つで、虚空(天を除いて、地と対を成し、世界を二分する領域))に映る業(カルマ)の投影とされる。
これにアクセスすることが出来れば、自身や人類や地球の運命も手に取るように分かる(しかし、具体的な細かい事象は分からず、曖昧な回答しか得られないという説が趨勢)。
「空の境界」の世界では、根源の渦『 』の一部として紹介されていて、
空の境界の世界観での根源は、五章矛盾螺旋で述べた通り、易の太極である。
支那民族信仰に於ける万物の根源が太極であるなら、印度民族信仰に於ける万物の根源がアーカーシャなのだろう。アーカーシャは虚空蔵と呼ばれ、仏教では虚空蔵菩薩という、無限の智恵と慈悲を持った菩薩になっている(因みに虚空蔵菩薩は大日如来の一部に過ぎないので、本当の意味での万物の根源を司っている者(と云うか万物)は大日如来である)。
よって「根源」を表す上では、両者は似通っていると言えよう。


・「妖精」について
妖精は悪魔などと違って、モノの想念が集まってカタチをなした実像幻想ではなく、れっきとした生物の系統樹に連なるもので、他愛無い悪戯を好んでする。妖精の悪戯に損得勘定は無く、目的意識も存在しない。よって幻想的な妖精(例えば少女に翅の生えた小動物)は魔術師が作り出した使い魔と考えるのが妥当。
使い魔には、魔術師が自らの肉体の一部を提供してつくりあげた分身としてのものと、ほかの生物を前身にして作りかえる、手足としての使い魔の二種存在する。
西欧での妖精は子供のすり替えなどを行った。妖精の正体は村落社会に馴染めなかった部外者であるとされている。彼らは村の中心に住むことができずに、山や森に居住し、収穫期に村に下りて仕事を手伝い、親睦を深めた。当時は良い家柄の子供程、神に祝福されたもの達という考えがあり、貧しい家の者は、祝福された子供欲しさに自分の子供とすり替えを行ったらしい。


・「玄霧皐月」について
礼園女学院で英語を教えている英国人の教諭で、独逸語と仏蘭西語の教員免許も持っている。
他にも多数の言語をマスターしていることから、生徒から言語オタクと陰で呼ばれているらしい。ウェールズの片田舎に生まれ、幼少期は神童と呼ばれていたが、十歳頃、妖精によって攫われて、その際に無意識の内に妖精を皆殺しにして、統一言語を習得する。目で見た映像を再認出来ず、一時は白痴レベルの障害児となった。
彼は両親に気味悪がられて養子に出され、日本人に引き取られて玄霧姓となり、同時に名前も皐月に改名。
養子に出されてからは、自身の記憶が喪失したのではなく破損したことに気付き、記憶方法を替えて神童として復活し、14歳にして大学に入学。言語学の博士号まで取得してイギリスの学校を転々とする。

彼の世界は映像では無く言葉による情報に置き換えられ、記憶の再認も、目で見た対象の特徴と記録した情報を見比べて、より合致するものを、記憶していた対象と認識するという手法を採っている。
記憶には「知識記憶」と「経験記憶」がある。前者は例えば数学の公式や漢字、英単語など学校の授業で習うような記憶だ。後者は例えば「今朝の朝食はパンにバターを塗って食べて、それは上手かった」だの、「昨日誰と麻雀して会話が弾んで楽しかった」だの、自身の経験に基づく記憶だ。
彼の場合は経験記憶が全て言葉による情報に置き換えられる。「知識記憶」も「経験記憶」も、全て「知識記憶」になってしまい、あまつさえ記憶を視覚から直接確認することが出来ないのだ。(視認→特徴を言語化→言語化した特徴に合致する情報(記憶)を調査→言語化した特徴に最も当て嵌まる情報(記憶)を決定→視認した対象と、最も当て嵌まる記憶を同一と認定)

皐月とはMayのことで、メイデーを意味する。メイデーはハロウィーンと夏至祭の夜に並ぶ妖精に出会いやすい日であり、彼はそこで停止している。
統一言語という神代に全てのモノが共通して話していた言語が話せる唯一の人物で、現存する全ての人種・部族の言語の生まれた背景、信仰、原理から思想の全てを理解している。
統一言語師(マスター・オブ・バベル)、偽神の書(ゴドーワード)、ゴドーワード・メイデイと呼ばれており、統一言語を解することは「 」へ至る門であるから、根源に至ることが可能であるが、彼には魔術師として根源に至るという目的は無かった。彼はアカシックレコードを通して、世界が記録する自身の記憶を探したが、観測者は自身を観測することが出来ないから、他人の記憶の中にある自身の断片を採集して、記憶を取り戻そうとするようになった。何時しか、根源に沈殿した他人の記憶を採集して本人に還すことを生業とするようになり、他人の記憶を採集し、他人の無意識の記憶想起欲求に答える形で記憶を返還するようになった。
彼は、脳内情報保持を、
記憶・・・主観的な情報保持。観測者の印象(理性)に左右される不安定な方法。永遠でなく不変でない。
記録・・・客観的な情報保持。観測者の印象(理性)に左右されない安定な方法。永遠で不変。
という二つの記憶方法に分け、後者を永遠と呼び尊んだ。自己が重ねてきた歴史だけが自己を示す証であるなら、それは不変。観測者そのものが観測される対象になるならば、観測するモノも不変、観測される対象も不変。
彼が外界を理解するには、他人の記録を採集するのが、一番効率の良い方法である。彼は過去しか見えず、永遠の過去に囚われている。
しかし、後に、彼は自身の記憶喪失は忘却による喪失ではなく、破壊による喪失であることに、つまり認識出来なくなってしまったものだったことに気付く。記憶が出来ないということは、記憶に基づく自身の感情を発露することが出来ないということである。記録として言語化された情報からは感情は生まれず、必然的に受動的な人間になってしまう。
思い出が無い彼は自己を形成し得ない。彼にとって過去の記録は外界に対応するための単なる情報に過ぎず、それは自身のものとして吸収されることは永遠にないのである。
人間が人間であるために一番重要な自我・自己は意思に起因する。記憶が出来ない人間は悲観的になり、感情性に乏しく、意志を形成出来辛い。よって他を受け入れる受動的行為は出来ても、自己を主張する能動的行為は上手く出来ないのだ。これは浅上藤乃とは別の意味で「生の実感」を得ることが難しい状態と言える。
彼は「自身の記憶取り戻す」という目的が無くなった後も意志を、自己を失くすこと、人間で無くなることを恐れて、自己の意思を示す為に、他人の忘却した記憶を録音することを趣味とした。また、自分の記憶法としての言葉を絶対視している。
彼の統一言語は精神に直接訴えるものなのだが、劇場版ではどうも作用が異なるようで、片耳にイヤフォンを装着するだけで、回避可能となっている。
荒耶宗蓮に式を殺害する為に用意された駒の最後の一人である。

永遠について言及すると、「何時何処で何が発生したか」という事実の情報は永遠である。
それが永遠でないと感じるのは、事実の解釈が変わるからに過ぎない。また、忘却された記憶も理性による解釈改悪の手から逃れることにより永遠と定義することも出来る。
自己が無い玄霧はそれに気付いたか否かは分からないが、それを認めず言葉による永遠を欲したのだろう。式は「言葉にできる永遠なんて、それこそ何の価値もないっていうのに」と評価している。永遠とはカタチを持つ必要はなかったのだ。忘却した記憶を録音することが永遠であって、写真やビデオや書物による記録は劣化するから永遠ではないというのは詭弁である。色褪せた記憶を再生することで、私たちの印象が同一のものであるとは限らない。バークリーは「存在するとは知覚されること」と言ったが、永遠であるモノが知覚されるのではなく、モノが永遠であることが知覚されれば、何処にでも永遠は存在するのだ。詰まるところ、唯識の思想染みているが、人間は主観的な見方しか出来ず、客観は主観が客観に漸近したものに過ぎないということだ。
また、鮮花は幹也と彼が似ているように見えて、全然似ていないという結論に至ったが、それは、幹也は誰に対しても「無害」であることに対し、玄霧は「無害」ではなく、存在意義の無い者であることに気付いたからである。
劇場版では本章の本質である彼の独白などは殆ど割愛(省略かもしれない)されている。


・「黄路美沙夜」について
黄路美沙夜は黄路家の次女(養子)であり、礼園で生徒会長として権勢を振っていた。正義感があり、校則を破る生徒に容赦がないが、規則を守っている生徒には面倒見の良い先輩だ。
要領が悪く損な役回りを演じてばかりいたが信仰に厚い橘佳織を、妹のように可愛がっており、彼女を自殺に追いやった(キリスト教では自殺すると地獄に落ちる)葉山と1年4組の生徒全員に復讐する為に、玄霧に魔術を習い、妖精を使役して他人の記憶を蒐集していた。
彼女が使役する妖精は前述の使い魔の内の後者で、葉山英雄等は使い魔として彼女に使役されていた。
玄霧のことを実の兄と認識しながら、恋愛対象として見ており、鮮花を同類と看做していた(劇場版ではこの設定は出てこない)。これには近親愛における鮮花との対比が見られる。
鮮花の愛が幹也への畏敬や憧れに似たものであり、実の兄弟であることに対し、美沙夜の愛は玄霧への恋慕の気持ちから独占欲が生まれ、彼の妹だと思い込むことに依って満足しているというものだった。彼女達の愛し方には、決してカタチにしてはいけないという共通点がある。

1年4組の事件で葉山を問い詰めた彼女は、彼に暴力を振るわれて、押しのけた際に殺してしまった。父にも学長にも相談出来なかった彼女は兼ねてから慕っていた玄霧に相談し、全ての苦悩から一時的に解放された。


・一連の事件について(劇場版)
葉山英雄は理事長の出来の悪い弟で、多額の借金から、兄弟のよしみで教諭として礼園で働かせてもらい、1年4組の担任をしていた。橘佳織は葉山が麻薬を扱っている所を目撃し口封じに薬漬けにされてしまう。クラスメイトは葉山に目を付けられないように、薬漬けに苦悩していた彼女を避けた。彼女は、葉山が1年4組の学生寮に放火した後に逃げずに留まり、苦悩から解放される為に自殺を図った。黄路美沙夜は、葉山に事情を問い詰める際に誤って殺害してしまい、玄霧の助言により魔術を獲得し、彼を妖精として使役した。
妹のように慕っていた後輩を自殺に追い込んでおきながら、のうのうと生活する1年4組の生徒に復讐を誓い、殺しては確実に地獄に落とすことが出来ないので、妖精を使役して生徒の記憶を略奪し、互いに疑心暗鬼にさせて、1年4組の生徒を全員自殺に追い込むことにした。事件の早期解決を阻止する為に、妖精を使って鮮花の記憶を掠奪して懐柔しようとするが、失敗して彼女と対決するものの、妖精が暴走し意識を失う。鮮花は妖精を退治して、事件は解決した。橘佳織は自殺未遂の後、救助され事件後意識を取り戻した。


・一連の事件について(原作)
葉山英雄は理事長の出来の悪い弟で、多額の借金から、兄弟のよしみで教諭として礼園で働かせてもらい、1年4組の担任をしていた。1年4組は殆どが高校から編入してきた生徒で問題児が多く、全寮制で外出がままならない生活に痺れを切らしていた。葉山はそんな生徒の憂鬱に漬け込み、彼女達を学外に連れ出し、援助交際をさせていた。橘佳織は最後まで抵抗したが、最後には葉山に連れ出され、望まない性行為を強要され、妊娠してしまう。十六歳の少女が強姦の上妊娠をする等、最大の自身の穢れであるが、堕胎することは良心の呵責と信仰上の理由から出来なかった。
クラスの秘密が露見することを恐れた葉山とクラスメイトによって彼女は迫害され、葉山が1年4組の学生寮に放火した後も逃げずに留まり、一人地獄に落ちることでクラスメイトの罪を購う為に自殺した。黄路美沙夜は、妹のように慕っていた後輩の死を悼み、彼女の死後ものうのうと生活する1年4組の生徒に復讐を誓った。妖精を使役して生徒の記憶を略奪し、互いに疑心暗鬼にさせて、1年4組の生徒を全員自殺に追い込むことにした。事件の早期解決を阻止する為に、妖精を使って鮮花の記憶を掠奪して懐柔しようとするが、失敗し彼女と対決し敗北する(戦闘よりも問答の方が多い)。


・両儀式が再起した記憶について
式は玄霧皐月と戦うことにより失われた記憶を取り戻す。
それは織と幹也の掛け替えの無い過去と、事件当夜の記憶である。
前述の永遠の記述の通り、理性の手から逃れることにより記憶は永遠となる。織は幹也と過ごした大切な記憶を永遠にする為にこの記憶を眠らせたのだ。

・原作との相違点
1.本章のメインヒロインは無論、黒桐鮮花であるが、タイトルが「忘却録音」である通り、玄霧皐月の物語としての側面もある(矛盾螺旋の巴と荒耶の関係に似通っている)。
しかし、本編での彼の独白や黄路美沙夜に刺殺されるという重要な終末が殆どカットされ、鮮花中心の物語となっている。
2.橘佳織の自殺原因とその後の生死が原作と非常に異なる。
3.黄路美沙夜が玄霧を兄だと認識している設定が無くなっている。鮮花との対比が消滅。
4.玄霧の統一言語能力が原作と異なり、イヤフォンを片耳に刺すだけで回避可能となっている。
5.鮮花がエンディング後に幹也と食事に行くのだが、原作では「夕食は豪華な和食となりました」とあり、七章で式がそれに対して幹也に文句を言うのだが、本章では坂の下のレストランで済まされており、矛盾している。


・「Fairytale」について
Fairyは英語で妖精taleは英語で物語という意味の名詞
原作小説の忘却録音の序文を引用し、奈須きのこ監修の下、梶浦由記によって作詞・作曲された。歌詞から玄霧が妖精に攫われた事を題材にしていると考えられる。


・「忘却録音」という作品について
黒桐鮮花は幼い頃にとある理由から兄の幹也に対して恋愛感情を抱いていた。兄に好かれる為に叔父の家に引っ越したのだが、留守の間に両儀式が最愛の兄に接近し危機感を覚え、蒼崎橙子を師として式に対抗する為に魔術を勉強し、また上京して礼園女学院に入学した。
礼園の1年4組で2人の幼なじみの女生徒の双方に、本人すら忘れている子供の頃の秘密が書かれた手紙が送られてきて、それが元で口論になり共にカッターで切りつけるという傷害事件が発生し、それが妖精の仕業であるとしてマザーからOGである橙子に相談があった。彼女はこの事件を弟子の鮮花に担当させ、妖精を見る目として両儀式を派遣した。
鮮花と式は玄霧や1年4組の生徒に聞き込みをしたり、校舎の妖精を探索したりしたが、鮮花はそこで妖精に記憶を採られてしまう。鮮花は黄路美沙夜が事件の首謀者であることを突き止める。懐柔しようとする彼女を跳ね返し戦うが、返り討ちにあってしまった。
黄路は後輩の橘佳織を自殺に追いやった1年4組の生徒を地獄に落とすべく、校舎に火を放とうとするが、鮮花と戦い、暴走する巨大な妖精を操れなくなり気絶してしまい敗北した。美沙夜に魔術を教えたのは玄霧であり、彼女の望みを叶えたのは彼だった。記憶に障害があり、統一言語者であることから、他人の失われた記憶を本人の望み通りに返却することを趣味とし、それによって自我を保っていた。
式と戦闘し破れるも、彼女に4年前の失われた記憶を返却する。


・名言(原作より抜粋)

式「ひどいな。今回の犠牲者は間違いなくオレだぜ、きっと」

黄路「貴女――とても良くてよ」

玄霧「永遠は還さないといけない。その嘆きを再生する。たとえ君が忘れ却ろうとも、記憶は、たしかに君に録音されているのだから」

式「この、ヘンタイ」
鮮花「なによ、異常者」

玄霧「さあ――君の嘆きを再生しよう。安心したまえ。たとえ君が忘れ却ろうとも、記録は、たしかに君に録音されているのだから」

玄霧「つまるところ、自分さえ生まれなければ、世界(ワタシ)はこんなにも平和だった」

荒耶「そうだ。君はすでに常識に不在している。常識という世界において、異常者は罪には囚われない。異常者が異常を行うのは当然であり、そこに常識で言う善悪の秤はないからだ」

荒耶「魔術師――荒耶宗蓮」

荒耶「りお――おしいな。一文字違えば、君は獅子だったのに」


感想
原作との相違は不満足ながら、本作の魅力の七割方は表現出来たと思う。「忘却」や「永遠」など、複雑なテーマであったが、原作の購読と考察によってなんとか自分なりに纏めることができた。本作は鮮花の学校での事件ということもあって、彼女が大活躍する。ツンデレな彼女には妹萌えが堪能出来た。また、式の修道服姿も素晴らしい。
{/netabare}
===============================================

この六章は、五章矛盾螺旋と七章殺人考察(後)という本作の要である章を繋ぐ重大な役割を担う章だ。鮮花をメインに荒耶の置き土産1号と式・鮮花の戦いを描く。

本作は考察のし甲斐があり、非常に面白い。また現代人への処方箋のような役割を果たし、私達にカタルシスを与える。

私は全章視聴後原作を購読したが、読み応えがあって大変面白い。アニメを観た人は補足の為にも、お勧めしたい。
未視聴の方は、是非挑戦していただきたい作品である。

投稿 : 2016/11/06
閲覧 : 966
サンキュー:

34

ネタバレ

leojojo さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

鮮花ちゃんかわいい

七章+エピローグ+未来福音構成の劇場版の六章目で時系列でいうと真ん中より後ろらへん。時系列がぐっっっちゃぐちゃの作品なのでそういうのが嫌いな人は注意。(TV版は七章分を13話にまとめたもの)

これまた原作から入った人には賛否両論らしいが普通に面白かった

{netabare}
鮮花レベルの普通の魔術師ってこんなに弱いのかと驚いた
{/netabare}

投稿 : 2016/05/29
閲覧 : 234
サンキュー:

2

ぢうく さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 2.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

残念・・・

改変されてなんかふわふわした良くわからない話になってしまいましたね。尺の都合でしょうか?

投稿 : 2016/05/19
閲覧 : 250
サンキュー:

0

Takaさん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

忘却録音

黒桐鮮花メイン回

師である蒼崎橙子からの事件調査指示で、舞台は、鮮花の母校『礼園女学院』
鮮花と式のライバルコンビ?で、事件解明をしていく感じで、
今までの章より、ライトな印象だった。

投稿 : 2015/10/22
閲覧 : 260
サンキュー:

3

あれこれさん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 5.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

見終わった

うーむ

投稿 : 2015/04/14
閲覧 : 331
サンキュー:

2

ネタバレ

chelsea! さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

鮮花かわいい!

 鮮花がかわいいです。バトル作画半端ないです。でも原作と話違うところあったので、この評価となりました。

投稿 : 2015/04/05
閲覧 : 269
サンキュー:

0

ネタバレ

眠夢 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

タイトルなし

あの先生いつ倒した

投稿 : 2015/02/02
閲覧 : 337
サンキュー:

0

つきひちゃん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

今までと比較すると軽い作品?

内容は相変わらずちょっと暗くて気分が沈むような気もしますが、空の境界の中ではちょっとだけ軽い内容だったような気がします。

妹が主人公の6話目ですが、この回を見なくても本編に直接影響は無さそうです。
ですが空の境界が好きな方なら見ることをおすすめします。

投稿 : 2015/01/02
閲覧 : 239
サンキュー:

2

ネタバレ

MuraBustan さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 2.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

油断禁物

結構眠かった。これはあんまりグロくないと思っていたら最後で大変なことに。

投稿 : 2014/12/06
閲覧 : 455
サンキュー:

0

ネタバレ

latte さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

記憶の話

記憶を消す妖精さん事件を鮮花と式が調査するお話。式が着物じゃなかったです。
今回は妖精が出てきたり、BGMが明るかったり、なんだか可愛い感じでした。鮮花がかっこ悪くても、必死に頑張る姿が素敵です。

ちょっと引っかかったのは「記憶を録音する」ってセリフがあって、記憶って録音するものなの??って。不思議な言葉ですね。

空の境界に出てくる女性人はみんな気が強くて、かっこいいなぁと思いました。

投稿 : 2014/11/19
閲覧 : 255
サンキュー:

3

ネタバレ

Baal さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

記憶の狭間にある真実と失われた先の思い出

奈須きのこによる長編伝奇小説を原作とする

劇場アニメ全八章の第六章です。原作未読。


1999年1月、魔術師見習いである黒桐鮮花は

校内で起きるとある事件の調査を橙子さんに依頼

される。その事件は妖精が生徒から記憶を奪って

いるというものだった。補助として要請を見ること

のできる式を連れ、事件に挑むのだった・・・


今回の話は式や幹也を少し離れ幹也の妹である鮮花

が中心となって動いていく物語です。魔術師見習い

として橙子さんの弟子となっていました。

それは{netabare}兄の幹也を兄ではなく一人の男として

見ており、幹也に妹の自分を忘れてもらうために

全寮制の学校に通っているのだが、そこに現れた式に

よって幹也の心が向いてしまっているのでせめて

式と対等になれるようにとの{/netabare}ことです。

それはさておき、鮮花が視点の主体として物語が

進行していくので式や幹也、橙子さんは補助的な

配置といった感じでいます。でも見習いの鮮花は

いろいろと要領の悪いところがあって式たちが

結果として導いているような感じに思いました。

なので結局は式や幹也、橙子さんの力によって

なんとか事件を解決する方に持って行っている

ように、またいいところはうまく持って

いっているというか掴まされてるような風だった

と思います。

本人はうまく自分がやりきった感を出していました

が周りの人たちはちょっとねという感じでした。

最後、式が気を使ってくれていてやっぱり焦点は

あくまで鮮花なんだなと思いました。


鮮花が中心だったのでいつもと違うような違わない

ような感じではありましたがそれでも良かったと

思います。また主題歌の後の話と次回予告が雰囲気が

ガラリと変わる感じがして次回も楽しみになりました。

投稿 : 2014/11/10
閲覧 : 283
サンキュー:

22

イカちゃん☆休止中 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

☆鮮花の活躍

シリーズの中では観やすい内容です♪

黒桐鮮花がメインで描かれていて彼女の
活躍がカッコいいです♪(*^^*)

式とはライバルで友情みたいな雰囲気の関係で
面白いです。


2008.12.20公開


主観的評価(A)



追記欄_

投稿 : 2014/10/07
閲覧 : 288
サンキュー:

5

ネタバレ

オキシドール大魔神 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

鮮花可愛い

普段は冷淡なのに実はブラコン気味の鮮花可愛い。式に冷たい態度を取るあざか可愛い。

投稿 : 2014/10/05
閲覧 : 285
サンキュー:

3

くかす さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

感想

空の境界の映画の6作目
アザカがメインの話
バトルシーンが相変わらずかっこいい、式じゃなくてアザカが主人公っぽいけど面白さは安定していた

投稿 : 2014/09/01
閲覧 : 253
サンキュー:

2

buon さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 1.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

却下うふふ

第六章にして一番内容がなかった。


忘れること自体は悪くない。
忘れたのか忘れさせられたのか。

物事自体が中から無くなっても感情が残る。

それは忘れてないのだろう。


こくとう君の妹、あざかの話。
ある一点を除いたらこの章がなくても良かったのでは。
二点かもな。


ああ、これが空っぽかぁ。
この話を楽しめるほど修道女の格好に興味はない。
せっかくしきが制服着る機会だったのに。



第一章 http://www.anikore.jp/review/1013001/
第二章 http://www.anikore.jp/review/1013003/
第三章 http://www.anikore.jp/review/1013683/
第四章 http://www.anikore.jp/review/1013686/
第五章 http://www.anikore.jp/review/1013689/

投稿 : 2014/08/23
閲覧 : 311
サンキュー:

9

ネタバレ

ぽんちぃ さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

[参考情報のみ] 空の境界 第六章 忘却録音

【あらすじ】
1999年1月、魔術師見習いである黒桐鮮花は、師である蒼崎橙子にある事件の調査を命じられる。それは鮮花の母校である礼園女学院で、生徒の記憶が妖精に奪われているというものだった。妖精を視ることができる両儀式を連れて学院に戻った鮮花は、さっそく調査を開始する。

【キャスト】
坂本真綾、鈴村健一、本田貴子、藤村歩、水樹奈々、置鮎龍太郎、喜多村英梨 ほか

【音楽】
エンディングテーマ(主題歌):Kalafina「fairytale」

公開:2008年12月20日、上映時間:59分

投稿 : 2014/08/01
閲覧 : 282
サンキュー:

2

kuroko85 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

イメージ的に「箸休め」

シリーズの中で一番「軽い」話ですね。
イメージ的に「箸休め」。

登場人物の中では、設定が一番軽い
(そんな彼女でさえ起源は「禁忌」、
なんじゃ、このシリーズは、、、)
幹也の妹が主役。
設定も彼女が通う女学院で
敵もライトキャラ。

まあ、シリーズとしてはこういう話も必要ですよね。
(ただ珠玉の作品郡などは、こうゆう話にとんでもない
方向から仕掛けてくる)

投稿 : 2014/07/22
閲覧 : 290
サンキュー:

2

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

今までの空の境界シリーズで一番分かりやすいストーリーでした。
でもあの魔術師の先生が結局どうなったかは
よくわかりませんでしたが今回は黒桐鮮花と妖精の
戦闘シーンがとても綺麗で迫力があり、
楽しめました(^_^)
鮮花が禁忌な物が大好きで
幹也の事も好きな変態だっていうのも
分かって面白かったです笑

投稿 : 2014/07/19
閲覧 : 206
ネタバレ

文太 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 2.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

鮮花の大活躍

原作通りにしてくださいとはいいませんが、随分と削られたりなんだりしてる気がいたしました
しかしながらありがとうございますと拝見させて頂きました
他についてはなにも文句なぞございません
前章にでていた人やこれからに出てくる人などちらほら
サービス章な感じでした

投稿 : 2014/05/12
閲覧 : 280
サンキュー:

2

リクポテ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

忘却と再生(p_-)

ラノベ原作 未読

空の境界シリーズ第6章。

この章は今までの章と違って派手なバトルやグロ描写、緊迫感などがほぼなく、落ち着いて見れるようになっています。

今回は幹也の妹で橙子の弟子でもある鮮花が大活躍!
5章終了後の次章予告での通称「鮮花ウインク」はびっくりしましたが、可愛かったです(*´▽`*)
他にもいろんなところで可愛らしい面を見せてくれますよ~(^_-)

完全に鮮花がメインなので、式はどちらかといえばサポート役に徹しています。

スピンオフのような章でありながら、まだ回収されていない重要な伏線に関する話でもあります。

次回は遂にクライマックス!

7章へ~

投稿 : 2014/05/11
閲覧 : 324
サンキュー:

19

runa21 さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

主人公は妹

お兄ちゃんが大好きな妹が
主人公となった話です。


空の境界シリーズの中では
比較的軽めの話だと思う
あくまでも空の境界のシリーズの中では。

妖精が出てきたり、
相変わらずの映像美!!

それにしても幹也君は
もてるよね。

気持ちはわからんでもないが。

投稿 : 2014/04/20
閲覧 : 253
サンキュー:

5

ネタバレ

Lio_ta さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

空の境界番外編

メインストーリーの進行上は見なくてもいいサブ的な内容だった。
みきやの妹のストーリーで、内容もシンプルだった。
今回は式ではなく妹のための話という感じだった。
次の殺人考察(後)への期待度が高い。

投稿 : 2014/03/14
閲覧 : 278
サンキュー:

0

次の30件を表示

空の境界 第六章 忘却録音[ボウキャクロクオン]のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
空の境界 第六章 忘却録音[ボウキャクロクオン]のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

空の境界 第六章 忘却録音[ボウキャクロクオン]のストーリー・あらすじ

1999年1月、魔術師見習いである黒桐鮮花は、師である蒼崎橙子にある事件の調査を命じられる。それは鮮花の母校である礼園女学院で、生徒の記憶が妖精に奪われているというものだった。妖精を視る事ができる両儀式を連れて学院に戻った鮮花は調査を開始する。(アニメ映画『空の境界 第六章 忘却録音[ボウキャクロクオン]』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
アニメ映画
放送時期
2008年12月20日
制作会社
ufotable
主題歌
≪ED≫Kalafina『fairytale』

声優・キャラクター

坂本真綾、鈴村健一、本田貴子、藤村歩、水樹奈々、置鮎龍太郎

スタッフ

原作:奈須きのこ『空の境界』(講談社ノベルス)、キャラクター原案:武内崇、 監督:三浦貴博、脚本:平松正樹、キャラクターデザイン・作画監督:須藤友徳/小笠原篤、音楽:梶浦由記、美術監督:衛藤功二、撮影監督:寺尾優一/松田成志、3D監督:中村慎太郎、色彩設定:千葉絵美、音響監督:岩浪美和、ラインプロデューサー:鈴木龍、制作プロデューサー:近藤光

このアニメの類似作品

この頃(2008年12月20日)の他の作品

ページの先頭へ