「蛍火の杜へ(アニメ映画)」

総合得点
77.7
感想・評価
995
棚に入れた
4736
ランキング
401
★★★★☆ 4.0 (995)
物語
4.2
作画
4.1
声優
4.0
音楽
3.9
キャラ
4.1
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

tag

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

とても夏目でした

作者も、スタッフも同じだから。
夏目ファンとしては、予定調和だけど、やはり癒されます。
時間の短い作品なので致し方ないがもう少し脚本に、ひねりが欲しい。

投稿 : 2019/08/02
閲覧 : 15
サンキュー:

1

ネタバレ

既読です。

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

究極のプラトニックラブ。

テレビで夏目友人帳が連続放送
されていましたが、その中に
この話が入ってました。

まさに涙腺崩壊ってやつです。

特にBGMのピアノの調べが凄くって

涙がぶわーっと零れましたよ。

一番出来なかった想いを
かなえられた瞬間の笑顔から
浴衣だけを抱きしめて泣き崩れる
蛍の姿はもう・・・涙涙涙

ギンの生い立ちも可哀そうで
それ故、この夏が最後ではと
蛍は悟るのですが、もう
そこら辺から悲しみにあふれ
で、あのラストですから。

夏目友人帳 陸 第8話のように
結ばれる話もいいのですが、
これはこれで心に残る名作でした。

鑑賞後ずーっと考えてました、
手袋させとくべきだったと。

私は「香」タイプなので。

投稿 : 2019/04/22
閲覧 : 66
サンキュー:

4

ネタバレ

ようす

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

あなたに触れたいと、ずっとそう願っていた――。

「夏目友人帳」と同じ原作者による作品。

原作は既読です。

短編集の中の作品なので、
お話自体は短かったと思います。

いい話ではありましたが、
映画にするにはちょっと無理があるのでは?と思っていましたが、

時間をかけて丁寧に描かれることで、
より作品に味わい深さが出ていたように感じました。

原作を読んだ後も切なくなりましたが、
アニメではしっかり泣かされました(´;ω;`)

50分ほどの作品です。


● ストーリー
夏休み、祖父母の家に遊びに来ていた竹川蛍(たけがわ ほたる)は、
妖怪が住むと言われている山神の森で迷子になった。

泣く蛍の前に、
お面をつけた青年が現れる。

彼の名前は、ギン。
人間に触れられると、消えてしまうという。

6歳だった蛍はそれから毎年、
夏になるとギンに会いに森へ出かけるようになる。


冒頭からいい雰囲気で、
それは最後まで変わらず、期待通りの作品でした^^

原作者もスタッフも同じだからか、
「夏目友人帳」ととても雰囲気が似ていました。

「夏目友人帳」が好きな人には、
間違いなくおすすめできる作品です!

夏目友人帳が好きな私が言うのだから間違いない(`・ω・´)笑

短い原作をしっかり丁寧に描くことで、
1つの作品として完成度がぐーんと上がっています。

無駄だとか、余計なものを感じさせない。
むしろ、よりよいものになって、味わい深さが増していました。

しばらくギンを思って、
切ない気持ちを引きずりそうです(´;ω;`)


≪ 長い年月をかけて… ≫

毎年夏になると、
一緒に過ごす二人。

6歳だった蛍は、
中学生になり、高校生になり…。

人間よりも成長が遅いギンと、
だんだん目線が近くなっていく。

原作だとその辺がさらっと描かれていた気がするのですが、
(記憶に自信はない)
アニメではじっくり描かれています。

だからこそ、二人が思い出と思いを重ねていく過程に
より感情移入できます(´;ω;`)

ずっと一緒にかけがえのない時間を過ごしていた二人が、
惹かれ合わないはずがないですよねえ。

でもギンには、触れることができない。
触れたら消えてしまうから…。

そのもどかしさが、
切なくてたまらない。


● キャラクター
メインとなるキャラは、
ギンと蛍の二人。

蛍は、幼いころから変わらない素直で明るい性格。

ついついギンに飛びつこうとして怒られる無邪気さが
かわいいw

佐倉綾音さんの声と、
キャラがよく合っていたと思います♪

成長するたびに自分の中の気持ちが膨らむのを感じ、
ギンのことでいっぱいになる甘酸っぱさも、切なかった。


ギンは、人に触れてしまうと消えてしまう存在。

身のこなしも、声も、言葉も、
お面をつけていても隠し切れないイケメンオーラ(*´Д`)

特に蛍が高校生になったところからのギンは、
さらっとした積極さもあって、
かっこよすぎてニヤニヤが止まらん…(*´Д`)やられた

{netabare}
お面越しのキスは、
抑えきれない気持ちが精一杯伝わる、名場面だと思います。

ロマンチックでもあり、切なくもあった…(´;ω;`)
{/netabare}

演じているのは内山昂輝さん。
夏目友人帳で夏目を演じる神谷浩史さんと似た雰囲気でした。

優しい声に耳も幸せでした(*´ω`*)


● 音楽
【 主題歌「夏をみていた」/ おおたか静流 】

本作品や夏目友人帳のBGMを担当している
吉森信さんが作った曲。

主題歌として、
合わないわけがないじゃないですか!

優しい曲でした(*´ω`*)


● まとめ
この原作者、このスタッフの作る作品だから感じられる、
切なく温かくどうしようもない気持ちが愛おしい。

慕情や人を想う温かい気持ちに包み込まれる。
もっともっと浸っていたいし、大切にしていたい温かさ。

人が生きるのは、
このぬくもりを感じるためだとさえ思えてしまいます。

素晴らしい作品をありがとうございました。

投稿 : 2019/01/26
閲覧 : 154
サンキュー:

29

ネタバレ

ato00

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

優しく淡い恋の物語<追記;再視聴>

山神様が支配する妖怪の杜。
幼少時にそこに迷い込んだ人間の少女と、人に触れられると消えてしまう青年との淡い恋の物語。
毎夏の再会を楽しみにする少女と青年。
緩やかな時の流れに応ずるが如く、互いにゆっくりとした心の変化が。
そして・・・

このアニメには万物に対する優しさが底流にあります。
自然の持つ幻想的な美しさと、人を容易には寄せ付けない自然の荘厳さ。
そして、物悲しい中にも清々しい何かを感じました。

さて、このアニメの原作・スタッフは夏目友人帳と同じ。
舞台も熊本県の山奥と、いかにも妖怪の住んでいそうな雰囲気のある場所です。
そして両作品とも、制作スタッフのそこはかとない愛情が感じられます。

<追記;再視聴>
{netabare}鬱蒼とした杜に囲まれた神社。
鳥、ヒグラシ、セミがうるさいくらい。
都会に住む少女はこの環境をどのように感じたのか。

そんな中ふいに出会った寂し気な青年。
青年と過ごした日々に比例して、少女の中に溢れる想い。
成長しゆく少女の瞳に映った青年は変わりなく。
触れることのできぬ日々に不安が募る。

未来を考える少女の真意を悟ったのか。
青年のとった行動は・・・
光眩い妖怪祭りの夜の一瞬のきらめき。
それは青年の優しさなのか。

蛍火の中で泣いた少女。
青年の想いとともに歩いて行くのでしょう。{/netabare}

投稿 : 2018/12/16
閲覧 : 264
サンキュー:

44

ネロラッシュ

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

素晴らしかった

原作は短編漫画なので、アニメでは原作にはない場面も描いていかないといけない訳だが、違和感のない作りになっていて素晴らしかった。
少女の初恋のラストとしては、涙、涙…です
(T . T)

投稿 : 2018/11/27
閲覧 : 84
サンキュー:

7

offingbook

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

夏想い

2011年9月公開の中編アニメーション映画。約44分。

人間の少女・蛍と、人でも妖怪でもない不思議な存在の少年・ギン。
二人が過ごした夏の季節を描いた物語。

作品の存在は知っていたし、皆さんのレビューもちょこちょことは
拝読させてもらってましたが、今まで後回しにしていました。
最近になってやっとこさ重い腰を上げ、よーやく観ましたとさ。(遅)

蛍とギン。
二人のことがとても愛おしく感じられ、
でも二人の心の距離が切ないお話でした。
夏の間だけ一緒にいられる二人。
夏が終わったら、次の夏まで会えない二人。

遠いから近くて。近付いたら遠ざかって。
遠ざかったら近付きたくて。近付いてもまた遠ざかって。

何度も巡る夏の中、そうやって近付いたり遠くなったりした
二人の想いが、そばに寄り添い、二人の間の距離がなくなったとき、
喜びや、嬉しさや、悲しさや、辛さや、儚さ、愛おしさ、
溢れ出す気持ちが伝わってきて、胸を締め付けられました。

でもきっと、最初から二人の心はそばにあったのかなぁ…なんて思ったり。

夏の明るさ、楽しさは影を潜め、でもその代わり、
夏の静けさ、落ち着き、美しさが描かれています。

夏の空、夏の風、夏の空気、巡る夏の中にいた二人。
二人だから作れた夏の想い出。

切り取られた夏の物語は、約44分と決して長いわけじゃないので、
観たことない人は興味があれば。僕のように、どうか後回しにせずに。(笑)

投稿 : 2018/11/23
閲覧 : 153
サンキュー:

29

リタ

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

切ないけどあたたかい

一言で、とても切ないお話。

難しい事が一切なく、登場人物も場所もとてもシンプルで分かりやすい。

美しいけどとても儚くて、あたたかくて切ないとても良い作品。
胸が苦しくなるけど、ヒロインを応援したくなるようなあたたかな気持ちになる素敵なお話だった。

投稿 : 2018/11/07
閲覧 : 66
サンキュー:

2

ネタバレ

にゃん^^

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

恋愛アニメが好きな人と夏目友人帳が好きな人は見てね☆

何回見ても泣いちゃう
ほんっといいおはなしなんだ。。

はじめて見たとき
とってもみじかいおはなしなのに
2人の気もちがすっごくよく分かって
{netabare}ギンが消えてく{/netabare}ところから
おわりまで思いっきり泣いちゃった。。

むずかしいところとかなくって
でも
にゃんはとっても感動しちゃったから
まだ見てない人は
ぜったい見たらいいなって思う

デモ。。
あにこれのみんなが書いてるレビュー読んでて
にゃんが書くことってあんまりないなぁ。。
って思った

だから何回か見てて気がついた
どうでもいいこと1つだけ書いちゃうね
(まだ見てない人は読まないでね
こんなおばかなアニメだって思うかもだから)
{netabare}
2人で森でアイスたべてたでしょ?

買ってから時間がたってたって思うけど
とけてないからいいなぁってw

にゃんがたべてると ときどき
とけて棒からおっこったりしちゃってぇ
あれって悲しいんだよね(うん。。)
{/netabare}
ギンのフシギな力のせいかな?
にゃんにもできたらなぁ。。ってw

あ。。こんなにいいおはなしなのに
おばかなこと書いちゃってゴメンね(あせっ)


 

投稿 : 2018/10/12
閲覧 : 1062
サンキュー:

225

むらさきたましい

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

一抹の寂しさを残す名作でした

主人公の女の子が小学生の時に出会った男の子との物語です。
男の子や不思議な森の設定には、違和感なく入り込めました。

そして、成長する人に対して成長しない(できない)ものの、切ないすれ違いの物語に発展していきます。

夏の終わりにぴったりの良質なお話だと感じました。

投稿 : 2018/10/02
閲覧 : 83
サンキュー:

16

leon

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

夏目友人帳の世界観で別舞台

夏目友人帳を六期まで見終えたので外伝のような立ち位置のこの映画を見ました。
夏目友人帳のキャラは出てきませんが、世界観は同じで登場人物も魅力がありました。

こちらも夏目友人帳のような心温まる話でした。

投稿 : 2018/09/26
閲覧 : 59
サンキュー:

4

ネタバレ

にゃわん

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

40分だとは思えない感動

非常に満足です!
内山さんと佐倉さんの演技も混じり
見ている内にに40分という時間が過ぎました。
見ているこっちは、1時間くらい見たんじゃないかと
思わせるような作品。

内容は、一瞬でも人に触られたら
消えてしまう妖怪とその妖怪に恋をした人間のお話
結果的に消えてしまうんですが
主人公に触れられて消えるのではなく子供に触られ
消えてしまう。
主人公は、消えないように対策や常備を日々
重ねつつ手助けしていて
触れるのを我慢していました。
突然、お祭りで消えてしまう別れ

切なすぎて気づいたら涙が出る
そんな印象でした。

投稿 : 2018/07/30
閲覧 : 56
サンキュー:

3

ネタバレ

てっく

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

手と手を繋つなぐ白い糸

一人の少女と一人の妖怪との出会いのお話。

夏休みに祖父の家に遊びに来ていた蛍は、妖怪が住むと言われる山神の森で迷子になる。
悲しくて泣いている蛍の前に、お面を付け人の姿をした妖怪“ギン”が現れ、村へと続く道を案内する。
ギンには人間に触れると消えてしまう術が山神様に掛けられている為に蛍には触れられない。
蛍はギンに興味を持ち、次の日も、また次の日も、ギンの元へ。
二人はいつしか惹かれ合い、蛍は毎夏ギンに逢いに行く様になる。
大きくなった蛍は、ギンに妖怪夏祭りに誘われ二人楽しい時間を過ごす。二人が離れない様に手と手を一本のタオルで繋いで。。。

少女と妖怪との恋物語。
ギンと出会った頃の蛍は、まだ幼く、好奇心でギンに触れようと戯ける場面が、すごく可愛らしくもありチャーミングで素敵な瞬間。
出会いがあれば、いつの日か別れも来る。
そんな甘く切ない二人の時間。

もう少し二人を見ていたい。
夏祭りでお面を見かけたらそっと触れたくなる、そんな素敵な作品でした☆
{netabare} 二人の時間が永遠に続くことは叶わなかったけど、ギンがこの世に生まれた意味を感じれて良かった。{/netabare}

投稿 : 2018/07/25
閲覧 : 90
サンキュー:

11

カワセミ

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

アニメ初心者におすすめしやすい

全編45分なので、とても手軽に視聴できます。
夏がくると思い出します。とても切なく、儚い物語です。
普通アニメは短くても12話なのでどんなに良作でも時間がない人にはおすすめしにくいです。
この作品は絵も癖がなく物語がシンプルなのでアニメ耐性がない方にもおすすめできるのではないでしょうか。

投稿 : 2018/05/20
閲覧 : 87
サンキュー:

1

ゆい

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

切ない

切なかったです!!
けれどすごく素敵な恋愛です…
ラストのシーンで号泣してしまいました。
自然豊かな田舎に行きたくなります。

投稿 : 2018/02/27
閲覧 : 84
サンキュー:

3

退会済のユーザー

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

昔ながらの日本、お祭り、妖、子供時代、純愛、儚い、そんな感じの感動物です
こういう感じ好きです

投稿 : 2018/02/04
閲覧 : 61

みも。

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

切ない

短編だったけど、凄く切なかたらもどかしい
ギンと蛍の淡い恋が切なくてもう、泣けました

夏目友人帳を書いてる人だけあってやはり綺麗だなって感じました!

あと、普通にギンがかっこいい。

声優さんも内山さんと佐倉さんの声がもう、作品の声にあっていたなと私は思いました!

投稿 : 2017/08/31
閲覧 : 78
サンキュー:

2

Marsa

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

切ない短編、悪くはないと思いますが。。。

夏目友人帳の原作者がこの作品の脚本とのことで、夏目友人帳を見ていない
私には、まだこの作品の良さが分からないのかもしれません。
ストーリーはシンプルで切ないものですが、短か過ぎて物足りなさを
感じました。それとやや女性ウケがいいのかもしれません。
45分の短かさなので見て損はないと思います。

投稿 : 2017/08/04
閲覧 : 95
サンキュー:

8

むて吉

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

シンプル活キュンキュン

前々から気になっていた作品。

40分と短編のお話ですが、内容が詰まってて最後にはキュンっ♡うるっ(:_;)とするお話でした。

またみたい!

投稿 : 2017/08/03
閲覧 : 59
サンキュー:

2

ネタバレ

わか

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

泣ける

夏目友人帳のように儚くて切ない作品
出だしから世界観が素敵で感動
ギンと蛍の気持ちが伝わってくるような
最後ようやく触れ合えたけど、もう触れ合えることはないんだと切なくなりました

投稿 : 2017/08/02
閲覧 : 142
サンキュー:

2

ネタバレ

トド丸

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

泣いちまった

昨日このアニメ映画の存在を知って早速見てみました。想像以上に切なくて号泣してしまいました。原作も読んでみたいと思いました。

投稿 : 2017/07/05
閲覧 : 90
サンキュー:

2

ラルク

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 5.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

シンプルな所がいい!

作品全体は45分と短く、シンプルで、物足りない感じがしましたが、その分、その後のストーリーを想像したり自由な解釈をすることができるので、より作品を楽しむことができると思います。また、ピアノとストリングスのbgmがより一層作品の良さを引き立ているように感じられました。

投稿 : 2017/05/28
閲覧 : 83
サンキュー:

2

ネタバレ

蒼い星

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

本人が満足ならハッピーエンド。

アニメーション制作:ブレインズ・ベース
2011年9月17日に公開された45分間の劇場版アニメ。
原作者は、『夏目友人帳』の緑川ゆき。『LaLa DX』に掲載された読み切り作品が原作。
監督も、『夏目友人帳』の大森貴弘で同作品のスタッフがそのまま参加している模様。

【あらすじ/概要】

6歳の女の子・竹川蛍は毎年夏休みに祖父が住む田舎に遊びに来ていたが、
その年、妖怪が住むという山神の森で迷子になってしまった。
出口がわからず疲れ果て泣いていた所、お面をかぶった銀髪の若い男と出会った。
その男・ギンに連れられて山道に通じる鳥居に案内された蛍。
それを機に2人は毎年、夏になると会うようになる。
惹かれ合う2人であったがギンは人ではなく、人に触れてしまうと消えてなくなってしまうという。

お互いの気持ちは一緒なのに叶えることができないもどかしさ。
時は流れて行って、ギンの姿は出会った頃と変わらない一方で蛍は大人へと近づいていくのだった。

【感想】

ギンの設定が願いが叶うと代償として消えてしまうという感じで、key作品のパターンか?という第一印象。
それはkey作品によくある奇跡を起こすと~という類のものではなく、至ってシンプルなものですが、
触れるとダメってどこまでがOK?で、どこからがNGなのだろう?
肌と肌がダメなら、夏だけど手袋つければ手を繋いで歩けるね!って思ってしまうのは野暮の極みでしょうか?
フルーツバスケットの十二支憑きが動物に変身してしまうぐらいの距離感でアウトになってしまうのかな?
と思ったり。なんとなく画面の雰囲気と設定でオチが読めてしまいますね。

話の中で何故ギンは消えてしまうのか?の説明が為されたことがあって、
悲劇や感動を作るための悪い意味での御都合主義設定ではなく、
普通に綺麗な話なんだな!と思い起こしたり。

話に意外性がまったくないのですが、
いつかは終りが来る2人の切ない関係とか、
田舎の夏の雰囲気とか、多分良作には違いないんだろうなと感じるだけのものはありました。
まあ、私の趣味ではないですけどね。


これにて感想を終わります。
読んで下さいまして、ありがとうございました。

投稿 : 2017/05/22
閲覧 : 180
サンキュー:

44

ネタバレ

※アニをた獣医学生◎

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

一度だけの人の温もり… 夏の恋…

妖怪と人とは相容れない存在なのかもしれない。それでもこの二人は遠いように見える距離が近くに感じられた。ハンカチもって見ましょう。
こんなにも近いのに、こんなにも遠い、そんなことを感じさせる話だったけど、蛍はこれから新しい恋をしていくんじゃないでしょうか、ぎんをいつも思いながら… 夏が来るたびぎんを思いだすんだろうね(涙)

夏が近づくにつれ、この作品を思い出す。 蛍も夏が来て、帰る度にぎんをおもいだす日々が続いていくんだろう、いつか忘れられる日がくるかもしれない。
それがいいことか悪いことかはわからないけど、ぎんは蛍に前を向いていきてほしいと、そう願うのではないかな? 思い出を無理に忘れることはない。
今は、いつかまた思い出す日がくるまで、胸の奥にしまっておく、そうしよう…

投稿 : 2017/05/18
閲覧 : 156
サンキュー:

8

ネタバレ

あきp(^-^)q

★★★★★ 4.2
物語 : 5.0 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

良かったです(>_<)

展開が読めているのに、引き込まれてしまいました。切ない。。。そしてやさしいお話でした。コメントはあんまり書かないのですが、ついついね。
この気持ちが伝われば幸いです(笑)

投稿 : 2017/04/23
閲覧 : 105
サンキュー:

6

ルル

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

いいか!触るなよ! 絶対に触るなよ! 絶対にだっ! フリじゃないからな!

「しかしまぁー、わずか45分という短い時間で人の琴線に触れるものをよく創れるものだなぁ。」と感心したくなる作品です。観終わった後、何か大事なものを一瞬で盗まれたかのような感覚と一本取られた感覚が残されてボーっとしてしまいました。


恋という他者への少しの執着が、それまでのお互いの関係を変えてしまう。ということは現実世界でもよくある話ですが、この作品はそれを45分で描き切っていますね。ただ変わり方が極端ですが...。


この作品の結末が「良かったのか?」それとも「 悪かったのか?」は、きっと観た人それぞれの判断だと思います。ちなみに私は前者じゃないかと思っています。じゃないとやり切れませんよね。

投稿 : 2017/03/26
閲覧 : 201
サンキュー:

18

退会済のユーザー

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

staff

原作:緑川ゆき
監督:大森貴弘
キャラクターデザイン:髙田晃
アニメーション制作:ブレインズ・ベース
製作:「蛍火の杜へ」製作委員会
 

投稿 : 2017/02/23
閲覧 : 84

アヤト

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

なんとも言えない

すごくほんわかしてて安らかな気持ちになった

だけど全体的に何かが足りてないと思う

ストーリーは短いし、すごくシンプル
たまにはこういうのも良いかな

投稿 : 2017/02/04
閲覧 : 103
サンキュー:

3

ネタバレ

YAYU

★★★★☆ 3.4
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 2.0 音楽 : 4.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

つらいけれど・・

「夏目友人帳」の原作者 緑川ゆきによる作品

祖父の家に来た6歳の少女:蛍。ある時、妖怪が住む森に迷い込み
人の姿をした妖でも人でもない存在:ギンに出会う
ギンは人に触れると消えてしまう。蛍はそのことを知りながら
高校生になるまで毎年遊びに来ていた


地元に戻っても蛍はギンのことばかり考えてしまう。
触れたいけれど触れられない。その心情が見ていてつらいものがありました
クライマックスはギンの願いはあっけなく、儚く叶ったがその瞬間は
思い出してもつらい・・・
蛍は強い子だぁ・・


「来い、蛍

やっとお前に触れられる」

ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

ふぅ・・取り乱しましたね。

投稿 : 2017/01/09
閲覧 : 82
サンキュー:

7

ネタバレ

夏子

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

夏を見ていた

私がこの作品の一番の魅力は素朴さだと思います。

うまく言葉にできませんが、とても普通の物語だなと思ったからです。
相手は妖ではありますが、ただ単に、恋をするお話です。
蛍とギンはお互いに惹かれ合い、しかし最後ギンは消えてしまう。大きな展開はそれくらいだったと思います。
それだけなのに、どこか懐かしく温かく感じ、たくさんの気持ちで溢れ、観終えると自然と涙が流れてしまう。
そんな作品です。

台詞も無駄がなく、情景は美しく、登場人物のひとつひとつの表情も心揺さぶられるものがあり、
緑川ゆき先生にしか描けない世界だなと感じました。

また、この作品をより味わい深くしているのが主題歌の「夏を見ていた」です。
他の曲は考えられません。
どこか懐かしさや寂しさを感じる曲で、蛍火の杜への神秘的な世界を曲の至るところで感じます。
「夏を見ていた」というタイトルとも相まって蛍火の杜への世界をより美しいものにしていると思いました。

投稿 : 2016/12/22
閲覧 : 69
サンキュー:

5

アムールトラ

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

心に染み渡りました

こういう作品が愛される世の中は、きっととってもあたたかいと思います(*´v`)

何度でも、何度でも、見返したくなる作品です。
言葉では表しきれない感動があります。未視聴の方は是非どうぞ。

投稿 : 2016/11/27
閲覧 : 256
サンキュー:

18

次の30件を表示

蛍火の杜へのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
蛍火の杜へのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

蛍火の杜へのストーリー・あらすじ

祖父の家へ遊びに来ていた6歳の少女・竹川蛍は、妖怪が住むという山神の森に迷い込み、人の姿をしたこの森に住む者・ギンと出会う。人に触れられると消えてしまうというギンに助けられ、森を出ることができた蛍は、それから毎年夏ごとにギンの元を訪れるようになる。(アニメ映画『蛍火の杜へ』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
アニメ映画
放送時期
2011年9月17日
制作会社
ブレインズ・ベース
主題歌
≪ED≫おおたか静流『夏を見ていた』

声優・キャラクター

内山昂輝、佐倉綾音

スタッフ

原作:緑川ゆき、 監督:大森貴弘、キャラクターデザイン:髙田晃、美術:渋谷幸弘、色彩設計:宮脇裕美、撮影:田村仁、編集:関一彦、音楽:吉森信

このアニメの類似作品

この頃(2011年9月17日)の他の作品

ページの先頭へ