「人類は衰退しました(TVアニメ動画)」

総合得点
82.8
感想・評価
2155
棚に入れた
10574
ランキング
224
★★★★☆ 3.8 (2155)
物語
3.8
作画
3.7
声優
3.9
音楽
3.7
キャラ
4.0
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む
ネタバレ

kawadev

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

私ちゃんは結構好きなキャラ

友人に勧められて見た作品。

1話を見た時、なんかしっくりこない…と思っていたが、後に、どの様な構成だったか知ると納得できた。

中原麻衣さん演じる私ちゃんのブラックな部分、結構好きです。

投稿 : 2019/06/15
閲覧 : 10
サンキュー:

2

ネタバレ

taijyu

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

わたしちゃんの独白がなんだか癖になる楽しさ

全話感想:
エロゲーで良く知っている田中ロミオさんの一般作品のアニメ化。
加奈も家族計画も良かったですが、クロスチャンネルがやっぱり白眉ですねー。

それはさておき本作ですが、とても楽しめました。わたしちゃんの独白がなんだか癖になる楽しさがあります。

ゆるふわっとしていながら絶望的な世界観という、何というアンバランスな魅力。世界観が面白いですね。
妖精たちも可愛く、わたしちゃんが可愛い。

ストーリーをシャッフルするのは良くある手法ですが、どうなんでしょう?
果たして効果的に働いたのかどうか。何かよくわからなくなっただけのような気もします。これが効果的に働く場合もありますが、本作では悪く働いたような。
ただ、それでも十分面白かったと言える、良い作品でした。

投稿 : 2019/05/11
閲覧 : 47
サンキュー:

3

ネタバレ

shino73

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

甘い甘いご褒美

水彩で描いた絵本のような世界が舞台。
お菓子好きの小さな妖精さんと、
調停官であるわたしのお話し。
社会風刺と「私」についての寓話。
とても不思議なエピソードが続きます。
時折メタ構造。
テーマ曲も「ユメのなかノわたしのユメ」ですから。

妖精さん。
名前がない。
いつ生まれたのかもわからない。
気が付けば増えている。
甘いものが好き。
ポジティブかと思いきや鬱にもなる。
好奇心旺盛で高度な科学技術を持つ。

見る年齢によって、
印象が変わるアニメかもしれませんね。
声優さんの声が優しくていい。
ほんわか癒しの物語でもあり、
妖精さんの言葉だけ拾っていけば、
強烈な社会風刺と人間考察。

7話以降に注目です。
この作品のエッセンスがぎっしり詰まっています。
{netabare}7話8話の複雑なループ構造は必見。{/netabare}
ラストは心温まるいいエピソードでした。

お菓子ないですか?物資ないですか?

アニメファンに贈る。
甘い甘いご褒美。

投稿 : 2019/05/08
閲覧 : 245
サンキュー:

44

しーん

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

全12話
妖精さん

投稿 : 2019/03/20
閲覧 : 105
サンキュー:

0

ネタバレ

ピピン林檎

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

不思議の世界の調停官さん。

『蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ-』(2013年)、『結城友奈は勇者である』(2014年/2017年)を制作した、岸誠二(監督)&上江洲誠(シリーズ構成)コンビの2012年の作品ですが、相変わらず外れなしの面白さ!

◆終末世界なのに悲壮感が余りない《シュール系エンタメ良作》

ヒロイン達が居住する土地は「クスノキの里」となっていますが、作品世界自体は英国の湖水地方の風物を参照しているそうです。
因みに、ヒロイン始め主だった登場キャラたちの正確な名前は明らかにされておらず、「人間さん」「妖精さん」とか「孫ちゃん」「Mさん」「Sさん」「助手さん」「文化局長さん」等々の愛称や略称でお互いに呼びあっています。

全体としての印象は、『不思議の国のアリス』(英国の児童小説家ルイス・キャロル作、1865年)って感じ?←読んでないけど。

この手の終末が切迫している世界を舞台とした最近の作品だと、個人的には『けものフレンズ』(2017年)が当たり、『少女終末旅行』(2017年)はどちらかというと外れだったのですが、本作はその両作品ともまた違った味付けで楽しめました。


◆視聴メモ
{netabare}
・第1話視聴終了時点
クスノキの里って、あれ?
取り敢えず謎めいてて面白い始まり方で◎。
・第2話視聴終了時点
シュール系面白作と判明。
・第3話視聴終了時点
同類誌「楠」創刊。
・第5話視聴終了時点
ここで作中の時間がさかのぼる(ユネスコ文化局長との出遭いが描かれているため)。
・第6話視聴終了時点
ちょっと驚くシュールシナリオで初の★★(優秀回)。{/netabare}


◆制作情報
{netabare}
原作ラノベ       田中ロミオ(『ガガガ文庫』2007年5月-2016年9月)
監督          岸誠二
助監督         小坂春女
シリーズ構成      上江洲誠
脚本          上江洲誠、綾奈ゆにこ、熊谷純 
キャラクターデザイン  戸部淑(原案)、坂井久太
音楽          大谷幸
アニメーション制作   AIC ASTA{/netabare}


◆各話タイトル&評価

★が多いほど個人的に高評価した回(最高で星3つ)
☆は並みの出来と感じた回
×は脚本に余り納得できなかった疑問回

=============== 人類は衰退しました (2012年7-9月) =============
{netabare}
第1話 妖精さんの、ひみつのこうじょう ★ 国連調停官「わたし」のクスノキの里勤務、食料事情逼迫、怪しげな食材の流通、ようせい社工場査察
第2話 妖精さんの、ひみつのこうじょう ★ 続き、知能の宿った加工チキンの陰謀 
第3話 妖精さんたちの、さぶかる ☆ 国連所属の研究者Y登場、ヒト・モニュメント計画、同類誌促販会
第4話 妖精さんたちの、さぶかる ☆ 同類誌の中の世界
第5話 妖精さんの、おさとがえり ★ 謎のモノリス落下、都市遺跡調査
第6話 妖精さんの、おさとがえり ★★ 続き、探査機パイオニア&ヴォイジャー、断髪の刑
第7話 妖精さんたちの、じかんかつようじゅつ ★ 助手出迎えのお遣い(ループ話)
第8話 妖精さんたちの、じかんかつようじゅつ ★ 続き、タイムパラドッグス
第9話 妖精さんの、ひょうりゅうせいかつ ★ 亡命妖精国家の女王就任
第10話 妖精さんたちの、ちきゅう ★ 妖精さんたちの都市国家、調停官の初仕事
第11話 妖精さんの、ひみつのおちゃかい ★ ヒロインの学生時代
第12話 妖精さんの、ひみつのおちゃかい ★ 妖精さんの秘密のお茶会 {/netabare}
---------------------------------------------------------------
★★★(神回)0、★★(優秀回)1、★(良回)9、☆(並回)2、×(疑問回)0 ※個人評価 ★ 4.3

OP 「リアルワールド」
ED 「ユメのなかノわたしのユメ」

投稿 : 2019/03/19
閲覧 : 346
サンキュー:

19

rie-ru.2

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

衰退世界はおもしろおかしい

「アニメ視聴→原作全部読み」という過程を踏んだので、原作と同じようで違うのはわかります。
でもアニメの方もやっぱり好きなんですよ。



わたしちゃんという俗っぽい主人公。
彼女やそれに劣らぬ周囲のキャラクターが、不思議な妖精さんに振り回されながらも、それをこっそり利用しようとする。
でもしっぺ返しが来て、頑張って収拾つけて。何やかんやではい、おしまい(笑)
なんというユルさ。

けれど、そんな日常的雰囲気の背景に衰退が見えてちょい影があったり。
「かみの見えざる手」「タイムパラドッグズ」なんて、衒い過ぎないこじゃれたオチがついたり(1話は少し風刺過ぎたけど)。

わたしちゃんの過ごす『SFで非日常な日常』が、センスオブワンダー(これ一度言ってみたかった!)たっぷりで楽しい。
わたしちゃん自身の声も、パステルな絵柄も、その感覚とピッタリでまたおもしろい。

遺跡の回や最後の2話みたいな、ちょっと毛色の違う話はオチが真面目なんだよね。
それで「ああ、わたしちゃんは何だかんだ良い子なんだな」って思える。
…原作ファンには色々不満もあったみたいだけど(今ならわかる)、初見の私は楽しめたから安心して。



基本はゆるーい作品なので、固くならずに見てはいかが?
わたしちゃんを好きになれたなら、”おちゃかい”でもしながら眺めてみましょうよ。

そうすれば、こんな衰退もいいなって思えるから。



(余談)
原作ラノベは全9巻で完結済みですが、興味があれば読んでみるのもおすすめです。
冊数がハードル高いけれど、まさかの伏線回収で綺麗に終わりますから。
妖精さんの正体まで分かるという特大のおまけつきです。

投稿 : 2019/03/17
閲覧 : 109
サンキュー:

8

三毛猫メリー

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

人類は衰退しました

過去に視聴済み。

このアニメは時系列順ではないので
わかりにくい部分が多いです。
それでも充分面白い。

主人公を淡々と中原さんが演じていますが
彼女の演技が素晴らしい。
この役かなり難しいと思います。

原作を読んで再視聴すると違った発見もありました。
アニメになっていない最終巻の原作を
読むことをおすすめします。

投稿 : 2019/03/01
閲覧 : 122
サンキュー:

9

ネタバレ

にゃん^^

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

人類は衰退しちゃったよ でもどうしてかな? おはなしはあかるい☆

あたたかい絵とかわいい妖精さん
OPもたのしいし
かわいい絵本を見てるみたい♡

でも人類は衰退してて。。

わたしさんはちょっとクロい人。。

妖精さんはなまいきででたらめ。。

でもいつもほのぼのとしてて
あかるいかわいいフシギなフシギなおはなし♪



この下は今まで書いた感想だよ
時間があったら読んでね☆彡

。+❤ฺ・。❤ฺ・。+❤ฺ・。❤ฺ・。+❤ฺ・。❤ฺ・。+❤ฺ・。❤ฺ・。+❤ฺ・。❤ฺ・。+❤ฺ・。❤ฺ・。+❤ฺ・。
{netabare}
1話目
{netabare}
けしきは絵の具でかいた絵本みたいな絵で
にゃん^^は好きだな♪


たぶんみらいのお話で
人類はいつのまにか衰退しちゃいました~(えー!?)

そのころは妖精さんっていう
小さくてとってもかわいいげん(原?現?)人類がいて
すごい技術力とかもってるみたい

主人公の女の子は
国連調停官っていう妖精さんと残った人類をつなぐお仕事をしてるの
(にゃん^^はそうだって思うけど違ってたらごめんね)


はじめのにわとりのお話はなんとなく分かったけど
つぎの妖精社のお話は???
(あれ?パンのロボットってなんだったのかな?)


でも妖精さんがとってもかわいかったから次も見てみるね☆
{/netabare}

2話目
{netabare}
わ~フシギなおはなし♪
それでおはなしに絵をつけたらこんな感じになるのかな

きっと大人むけの童話?


先週書きわすれちゃったけど
はじめの曲のアニメは
おかしと妖精さんでいっぱいで
見ててたのしくなっちゃう~♪
{/netabare}

3話目
{netabare}
えっ!こういうおはなしになるの?w
ふ・ふ・ふ。。でも、これって妖精さんと関係あるのかな?

あと、わたしさんってちょっといじわるかもぉ?
でも、にゃんもおんなじかなぁ

来週も見ま~す♪
{/netabare}

4話目
{netabare}
わぁw今日はちょっとマンガのお勉強になったかな。。
妖精さんっていろんなことしてるんだ。。

実は「人類は衰退しました」は今週で終わりです(うそw)

来週につづく(たぶんw)
{/netabare}

5,6話目
{netabare}
迷子になっていろいろあったけど
ロボットとかバトルとかでよく分からないところが多くって笑えなかったし

おわりの方は感動するところだったのかなぁ?
でも分からなかったからボーっと見てたらおわってた(う~ん?)
それでさいごまでよく分からなかった。。

とちゅう妖精さんたちが出てこなかったら見るの止めてたかも

でも、たぶんよく分からなかったのはにゃんだけなんだろうなって(><)


きっと来週はまたおもしろくなると思う☆彡
また見よ~っと
{/netabare}

7,8話目
{netabare}
わたしさんが会ったことないおじいさんのおかし作りの助手さんを
迎えに行くおはなし

その前にわたしさんとおかしが好きな妖精さんが
「わたしがもっといたら
もっとおかしをいっぱい作ってあげられるのに」って話してて。。


どんな人か分からない助手さんを
さがしにいったわたしさんに
おかしがほしい妖精さんがバナナをくれた

そのバナナをたべて。。
どんな人か分からない助手さんを
さがしにいったわたしさんに
おかしがほしい妖精さんがバナナをくれた

そのバナナをたべて。。
どんな人か分からない助手さんを
さがしにいったわたしさんに
おかしがほしい妖精さんがバナナをくれた

そのバナナをたべて。。
どんな人か分からない助手さんを
さがしにいったわたしさんに
おかしがほしい妖精さんがバナナをくれた

そのバナナをたべて。。
どんな人か分からない助手さんを
さがしにいったわたしさんに
おかしがほしい妖精さんがバナナをくれた

そのバナナをたべて。。
どんな人か分からない助手さんを
さがしにいったわたしさんに
おかしがほしい妖精さんがバナナをくれた

そのバナナをたべて。。
どんな人か分からない助手さんを
さがしにいったわたしさんに
おかしがほしい妖精さんがバナナをくれた

そのバナナをたべて。。


またわけの分からない
おはなしがはじまったみたい (´エ`;)

でもこんどは
「涼宮ハルヒの憂鬱」を見てたから
とちゅうでにゃん^^にも分かったよ♪
{/netabare}

9話目
{netabare}
今週はかわいい妖精さんたちがあたらしい国を作っちゃうおはなし。。


いっぱ~い妖精さんが出てきておしゃべりしたりはたらいたり
見ているだけでたのしかった♪


学校でならったことがあったような
文明のはじまりとか環境破壊とかもあって

ちょっぴりためになっちゃう。。カナ?


かわいいキャラとかすきだったら
ぜったい見たほうがいいって思うナ^^
{/netabare}

10話目
{netabare}
わたしさんが国連調停官になったばかりのときのおはなし


先週とちょっとにてたかな?

とにかく妖精さん
何をしたってかわいいんだ♪

ちょっとナマイキそうにはなしをしてたり
おもらししてるのもかわいいね♪

でもどうやってうまれるのカナ?
いつの間にか1人ふえててフシギだね^^
{/netabare}

11話と12話
{netabare}
妖精さんのお茶会

でも、妖精さんがあんまり出てこなくってさびしかったなぁ。。
おはなしはちょっと暗かったかも。。

たのしくお茶会してるみんなのウラの顔が見えて
にゃんはちょっとおちこんじゃった。。

そうだよね。。
にゃんにもいっぱいウラがあるし。。
みんなにもきっとあるんだよね。。

でも、このおはなしとわたしさんってそれでも明るい

あーぁ。。にゃんもわたしさんみたいに

ステキなことばかりじゃないって分かってても明るくできたらなぁ。。
{/netabare}
{/netabare}

投稿 : 2019/02/26
閲覧 : 1294
サンキュー:

267

ネタバレ

ウィーハウック

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ブラックジョーク

7~8話に関しては意味が分からん。


文明が衰退した世界で高度な技術や文明を持つ妖精さんたちと関わりを仕事とする主人公が妖精さん関連のトラブルに巻き込まれていく。


コメディだがネタで言うとブラックジョーク。
主人公がツッコミでそれ以外はほとんどボケ、だから中原さんのセリフ量が異常に多いはず。

一部出てくるキャラは名前が無い、主人公は「わたし」、助手は「助手」などその人の役職もしくは関係性、イニシャル(?)その人の性格などで呼ぶ、ちなみに名前があるのは主人公が名付けた妖精さんと人間ではないが宇宙探査機の二人だけ。

話の時系列はバラバラ、1話で短髪だったがその短髪になった理由を5~6話でやる、どうやら原作は過去編以外時系列通りらしいけど何でアニメで変えたのか・・・・最初のインパクト重視でいったのかな???


7~8話ループの話は理解できなかった、ループさせてるのは妖精さんだけどそれを助手さんも聞いていたってこと??よくわからん・・・・・
それなりに面白いから人にお勧めできる作品、ただ特徴ありまくりの作品なんだけど、何故か記憶には残りづらい、これって俺だけかな?



1~2話→動くチキン
3~4話→BL同人誌と漫画の中に取り込まれるやつ
5~6話→ピーコとo太郎、遺跡探索
7~8話→ループするやつ
9話→無人島で文明つくる
10話→初めて妖精さんと会った時の話
11~12話→主人公の学生時代

投稿 : 2019/02/23
閲覧 : 46
サンキュー:

2

leon

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

素晴らしい世界観

代えが効かない面白さがあります。
ぜひ見るべきでしょう。

投稿 : 2018/11/20
閲覧 : 101
サンキュー:

3

つきひちゃん

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

評価は低めだけど目新しい作品

1クール作品

衰退した人類と妖精さんの話なのですが、
ストーリー的には結局なにがなんなのか???('ω')
分かりやすくて盛り上がってくれば結構いい評価だったかもしれません。

でも、独特なテンポや妖精さんのしゃべり方はクセになりますね(笑)

投稿 : 2018/10/04
閲覧 : 101
サンキュー:

3

山本耀司

★★★★★ 4.2
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

身悶えする

人退難民ならぬ妖精さん難民になってしまった…
ずっと妖精さんを観ていたいです?・ワ・

投稿 : 2018/08/16
閲覧 : 67
サンキュー:

1

luna

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

妖精さんは衰退しないのかな?

毒入りファンタジーあんどSFみたいなお話です。

お話の時系列がバラバラだったり、
少し難解だったりしますが、
パステル調の絵本のような作画と楽しいキャラクターが
うまく中和してくれます。

お話に古さを感じたので
このままの雰囲気で、今のテイストで
新ストーリー観てみたいです。

他人のことが気になって仕方ない
人類は衰退しちゃったけど。。

マイペースだけど協力し合う
妖精さんは衰退しない?

投稿 : 2018/06/17
閲覧 : 79
サンキュー:

2

ポトフの味噌煮

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

こういうの好きな人多いはず(なのだが)

続編を期待し続けて早幾年。

残念ながら、2期はないでしょう。

でも。

軽快なOP。
ユルイけど、ちょっと星新一チックな、ブラックテイスト入りの本編。
メルヘンなED。

こういう作風、需要はあると思うのです。

「ハクメイとミコチ」があるじゃん?
「あまんちゅ!」があるじゃん?

上記2つはもちろん良いけど、ちょっと違うんだよね。

…という感覚、分かってくれる人がいることを願っています。

投稿 : 2018/06/09
閲覧 : 58
サンキュー:

6

ネタバレ

にゃわん

★★★★★ 4.2
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

妖精?

最初は妖精と会話をして
妖精と協力したり妖精を匿ったりする。
妖精の工場に行ったり、妖精関係の仕事を
わたしが携わってそれなりに楽しく
日々を過ごしてた。

途中から、バナナの話で
何度もタイムリープしたり
助手を探したり
本人は気づいてないが…
何人もの自分と遭遇し協力してデザート作りw
助手を見つける事もできたが

その後助手の話はなく
今度は、わたしが学校に進学し
いじめに遭う
まだ、妖精の事を覚えていた時は
妖精のことを隠したり話さずに配慮
だが、物語に進むにつれ
妖精のことを忘れてしまう。

この時点で、自分をいじめている主犯は誰なのか
分かってはいたものの見つけようとはしなかった
その主犯?らしき人と仲間になり
いろいろ女子会の謎を解いていく
2人は進級し無事に卒業
もう2度と会うことはないと思ってたらしいが
卒業後に会う


妖精のことも思い出し
ハッピーエンドなのか?
ストーリーは複雑すぎて面白味に欠けるし
主題歌もどちらも好きではないが…

キャラ個々の性格とキャラの発する台詞が
おもしろいので評価は、そこそこ。
しょこめざと同じ作者と聞いていて
しょこめざを先に見てしまったので
あれは、最悪な結末だしつまらなかったが
これは、まぁまぁではないかと…個人論。

投稿 : 2018/05/26
閲覧 : 44
サンキュー:

1

ニコム

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

何度も観ました!

 ほのぼのとしたゆるい世界観に、少し腹黒い主人公の女の子と天真爛漫な小さい妖精さんを中心としたスパイスが効いたファンタジーっぽいストーリー。腹黒い主人公ですが、なんだかんだこの世界と妖精さんを見捨てられず助けてあげる姿に心が温まります。
 また、人類が衰退して、動物の森のような文明レベルとなった世界に、マインクラフトの機械化のようなものを作り出せる妖精さんという組み合わせのアンバランスさが面白かったです。
 なんとなくで観れるので、疲れたときに観てました。
 原作のライトノベルはきれいな終わりかたをして、最後まで夢中になって読みました。
 

投稿 : 2018/05/09
閲覧 : 92
サンキュー:

4

退会済のユーザー

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

初見、放送枠がかぶっていたのであまり見れなかったけど、最終話そこらの知的な感じに惹かれて後に見直し
リアリティがあるのに、不条理な世界観が絵本みたいでおもしろいです
あとアニメでは語られない重大なネタバレを知って、このアニメ全体の見方が変わるのが驚き
続きアニメ化しないかな

投稿 : 2018/02/04
閲覧 : 62
ネタバレ

NO99

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

なんとか

我慢すれば最後まで見れないことはありませんでした
いかんせんツマラン
話自体面白くない
雰囲気だけ 少し 妖精さんがかわいいかな・・?

だが OP曲は 私の中では10指に入るくらいはまりました
早速 買っちゃいました
EDてめーは だめだ!!!

投稿 : 2018/01/01
閲覧 : 64
サンキュー:

2

桶狭間スイッチ

★★☆☆☆ 1.4
物語 : 1.0 作画 : 1.5 声優 : 1.0 音楽 : 2.0 キャラ : 1.5 状態:----

クズアニメ

取り敢えず若い女の子以外全方位にケンカ売りつつ、己の無能さを棚にあげてマカロンカワイイ〜してる主人公を眺めるアニメ。

1話でこんだけムカつかせられるのもすげぇ。
自分のミスや失態は貴方も悪いでしょ論法で押し通し、欲に忠実、フェミニズム全開。
利己的に見せる事に必死で、他を貶すが己が一番の愚者に気付けもしない主人公。
なにも事を成せない分際で権利の主張、責任転嫁は一丁前。
その方が国連幹部の大先生らしいです。

かのニーチェは「女が経済、社会を破壊する」と言ったが言い得て妙。
あんな女ばかりじゃ人類は衰退しますね。
1話完結。

お花畑女子しか受け入れないんじゃね。

投稿 : 2017/12/23
閲覧 : 117
サンキュー:

2

ちあき

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ブラックメルヘン

一見、ほのぼのしたメルヘンチックなお話かなと思いましたが、結構黒いです。でもそこがおもしろい。私は黒さも含めて雰囲気がすごく気に入りました。

話の順番もランダムになって多少「???」な所もありますが、いかにも妖精さんが関わっていそうな感じで私としてはGOODでした。

原作の小説は完結しているようなので、是非完結までアニメ化してほしいです。

投稿 : 2017/12/06
閲覧 : 106
サンキュー:

5

麻絢

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

妖精さんが可愛い

癒やされます。妖精さんが可愛いし主人公の喋り方やブラックな感じが好きです。

投稿 : 2017/10/30
閲覧 : 81
サンキュー:

3

阿紫カービィ

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

あれ?意外…あたしは好きでした!

1話1話、時系列が狂ってるとこがわざとらしくて好き。
気味が悪いお話ばかりで、なんというか…想像力掻き立てられる!

なんの素材でできているかわからない食べ物、味のないバナナ、タニシの味のチョコ!

突然数が増える妖精さん、あぁコワイ!

一番好きなお話は、助手さんの『タイムパラドッグス』のお話です!
『完全なる無個性』について、昔考えたことあったので…(思春期の憂鬱)

しかし
『西部劇見たら××!』には笑いました。


中原麻衣さん、良かった!

思ったより評価低いのでびっくりしました。
好き嫌いが別れる作品なのでしょうね。

投稿 : 2017/09/25
閲覧 : 192
サンキュー:

19

ネタバレ

りゅぅぞぅ

★★★☆☆ 2.8
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

OPだけは良かった  (断念シリーズ2 あれっ、この時期って)

 1人の少女と よくわからない小人たちの物語

これもココロコネクトと同様

 すぐに視聴を断念したお話し


 現在、2012年夏アニメを 視聴し始めたんですが

ココロコネクト・人類は衰退しました

 以前、断念したアニメが上位にあって 驚きました・・・・

あにこれあるあるですねb


 ただ、nano ripeの曲は好きですb

投稿 : 2017/09/24
閲覧 : 75
サンキュー:

1

芝生まじりの丘

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

こういうのがいいんだよ!!

手放しで褒められるほど完成されているわけではないし、自分にとって好みでない話の展開もあったが、全体の方向性として、特に最近のラノベ情勢のなかでこういった作品の生まれたことは本当に嬉しい事件だった。
ふわっとした世界観と、露骨な媚びのない魅力的なキャラクタ、なにより、やりたいことをやったようなストーリーが魅力的だ。

ただ方向性は好きだが、一つ一つの話をさらに面白くすることはできたように思う。

投稿 : 2017/09/23
閲覧 : 86
サンキュー:

2

ネタバレ

Sakima

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

登場人物の名無しの件について

主人公の名前がないことは僕にとっては衝撃的な事実です。

しかし気づけば多くの視聴者さんが私ちゃんと呼んでいるんを見ると、この作品はみんなに愛されているんだなと思ってしまいます。

それにしても中原さんの声でブラックジョークはかなりツボりました。

投稿 : 2017/09/19
閲覧 : 104
サンキュー:

9

退会済のユーザー

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ほんわか近未来SF

小説にもハマりました。
萌え的な絵で包んだ近未来SF。

ダンジョンが多数出てきますので、
なんか懐かしいな、と思えば作者は
PCゲームのライターだったそうで納得しました。

実際、環境破壊を繰り返し、電気に支配された現人類の未来は
どうなってしまうのでしょう?
など関係ありませんでした。

牧歌的なほんわかした世界観とブラックユーモア、
人知を超えた超能力を持つ妖精さんがメインの物語。
しかも妖精さんは楽しいことが大好き。
主人公は妖精と人類の国連調停感です。

op,edが素晴らしい。edはランティス副社長の奥様。

隠れた名作の類ですね。

投稿 : 2017/09/09
閲覧 : 75

四畳半愛好家

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

不思議な空気感

1話の最後のシーンで早くも心奪われました!
なんじゃこれ?ってな感じで…。

中原さんの冷めた感じの演技もすごく良かった!
綺麗な声してますよね…。


独特な空気感のある作品で、テンプレ系に食傷気味の方に特に勧めたいですね。

かわいいんだけどどこか狂気じみている…新感覚のアニメです!

投稿 : 2017/09/03
閲覧 : 223
サンキュー:

15

プラたん

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

(・ワ・)(・ワ・)(・ワ・)

のーんびり、ほのぼの?人類が衰退したあとの世の中、妖精さんにあふれた世界でのハートフルなストーリー?


OP妖精ダンスは好きだけど、マネすると腰を痛めるから”腰”注意、なーんてねw

投稿 : 2017/08/20
閲覧 : 65
サンキュー:

1

退会済のユーザー

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:今観てる

作風にハマる!

主人公の立場から少し皮肉めいた視点で、間接的に現代を批判めいて描く
まさに星新一じゃねぇか!

投稿 : 2017/07/29
閲覧 : 66
ネタバレ

kooodain

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

個人的に最高のアニメ

アニメを観た後原作も読みました。
原作を読もうと思うことはほぼ無いのでそれほどストーリや設定に引き込まれたということです。
どうやらラノベ原作ですがラノベっぽさは結構ありません。
文学寄りかと言われると設定とかはそうでもないのでラノベ初期の頃の感じです。

どちらかと言うと日常系アニメです。
雰囲気が非常に独特で特殊なアニメです。

タイトルの通り人類が衰退した後の人類の話です。
ある意味世界系なのかもしれませんがあくまで日常系アニメです。

原作を読んでる人は絶対に見たほうが良いです。
{netabare}妖精の動きや声はかなり秀逸です。
それはもう原作を更に面白くする要素になります。{/netabare}
また主人公の声から各キャラの声まで非常に良く合っています。

ただアニメとしての構成は時系列順ではないのでそこを嫌う人は居ると思います。
時系列順じゃないだけで評価が下がるというのもどんな評価方法だって感じですがw
この順にすることによってこの世界がどういう物がわかりやすくなっています。
ですので個人的にはむしろ評価が高くなる要素になってます。

▼物語の評価
まず設定が良く、キャラが良い。
雰囲気も良く、進行も良い。
個人的にはいい所だらけです。
ですが雰囲気を楽しむ日常系アニメですので嫌う人もいるかと思います。
▼作画の評価
他のアニメと異なり色合いや塗りが独特です。
その独特さが雰囲気をさらに良くしています。
▼声優の評価
想像以上に演技がうまいです。
原作が完全補完され更に楽しめるようになります。
▼音楽の評価
世界観に非常に合っている音楽になっています。
ただ一点ある曲を多様した点が評価マイナスです。
制作陣が身内で楽しくなって多用したというのが丸見えです。
▼キャラの評価
独特なキャラが出てきます。
また主人公の性格も主人公っぽくなくて独特です。
そこが面白さを引き立てています。

投稿 : 2017/07/26
閲覧 : 154
サンキュー:

12

次の30件を表示

人類は衰退しましたのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
人類は衰退しましたのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

人類は衰退しましたのストーリー・あらすじ

わたしたち人類がゆるやかな衰退を迎えて、はや数世紀。すでに地球は”妖精さん”のものだったりします。平均身長10センチで3頭身、高い知能を持ち、お菓子が大好きな妖精さんたち。わたしは、そんな妖精さんと人との間を取り持つ重要な職、国際公務員の”調停官”となり、故郷のクスノキの里に帰ってきました。祖父の年齢でも現役でできる仕事なのだから、さぞや楽なのだろうとこの職を選んだわたしは、さっそく妖精さんたちに挨拶に出向いたのですが……。(TVアニメ動画『人類は衰退しました』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2012年夏アニメ
制作会社
AIC
主題歌
≪OP≫nano.RIPE『リアルワールド』≪ED≫伊藤真澄『ユメのなかノわたしのユメ』

声優・キャラクター

中原麻衣、石塚運昇

スタッフ

原作:田中ロミオ(小学館『ガガガ文庫』刊)、原作イラスト:戸部淑、 監督:岸誠二、副監督:小坂春女、シリーズ構成:上江洲誠、キャラクターデザイン&総作画監督:坂井久太、プロップデザイン:石本剛啓、美術監督:宮越歩/三宅昌和、色彩設計:漆戸幸子、コンポジットディレクター:國重元宏、編集:加藤ひとみ、美術デザイン:チーム・ティルドーン、音楽:大谷幸、音響監督:飯田里樹、音響効果:奥田維城、音響制作:デルファイサウンド

このアニメの類似作品

この頃(2012年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ