「パルムの樹(アニメ映画)」

総合得点
58.6
感想・評価
24
棚に入れた
89
ランキング
4533
★★★★☆ 3.3 (24)
物語
3.1
作画
3.8
声優
3.3
音楽
3.3
キャラ
3.0
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む
ネタバレ

遊勝

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

個人的には好き

人形が人間になろうとする物語

人間に近ずく程グロく、醜くなっていくってのが賛否あるが

オチも好きだな

投稿 : 2018/06/29
閲覧 : 41
サンキュー:

0

ネタバレ

noindex

★★★☆☆ 2.9
物語 : 2.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

「ピノキオの冒険」と「メイドインアビス」の間に位置する病んでるアニメ映画

dアニメストアで視聴。136分の映画。
「ファンタジックチルドレン」を見る前に、同じ監督のオリジナル作品を押さえた方がいいかなと思って見てみた。

木製のロボット少年が{netabare}人間になるため{/netabare}旅をする、ピノキオの冒険をモチーフにした作品。
ハイファンタジー世界でロボット少年が地底を探検する…アレ?後の「メイドインアビス」…
ただ、主人公のパルムはレグに比べると{netabare}前半は精神がまともじゃないし後半もやっぱり性格に難ありで{/netabare}見ていてイライラする。手が伸びたり火葬砲を撃ったりするような活躍もしないしw
{netabare}それに実際に地底に行くのは残り30分で降りた後すぐ捕まってしまうしw
でもポポはリコよりかわいいと思うw{/netabare}

難点はとにかく説明不足で話が分かりにくいこと。TVアニメの総集編映画なのかと勘違いするほど、シーン同士がつながらず話が飛ばされたように感じる。映画なんだし、ラピュタやサカサマのパテマみたいに単純な話にすればよかったのに。

{netabare}それと中盤で壊れて木になったパルムの体が直ったのはご都合主義すぎるw
後半からの展開はそれぞれのキャラクターの行動原理が意味不明で強引すぎる。それにキャラたちが突然ハイになったり落ち込んだりと、躁鬱が激しすぎると思うwパルムがポポを「ポポが人間らしく元気出さないからあんな蛆虫に捕まるんだ!こんなんじゃ僕人間になれやしない!」と叱る所は頭イカれてんじゃないかと思った。
最後はポポまでおかしくなってクズのパルムにベタ惚れになってしまうが、主人公とヒロインが両方頭イカれることで分かり合えたって印象w{/netabare}
とにかく病んでるアニメとしか言えない。{netabare}コーラムが虫を延々と殺すシーンとか不気味すぎる。{/netabare}一見子供向けっぽいが子供は見ない方がいいような。

井上俊之作品なので作画は文句無しでアクションシーンの迫力も凄いが、ディズニーっぽいうねうねした動きにも感じる。今やってる同氏がメインアニメーターの「さよならの朝に約束の花をかざろう」はどうなんだろうか?

投稿 : 2018/03/04
閲覧 : 107
サンキュー:

3

DEIMOS

★★★★☆ 3.2
物語 : 2.0 作画 : 5.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

なかむらたかしが描くファンタジーアニメ。

動かすアニメーターとして古参のアニメファンには名の知れたなかむらたかしが監督を手がけた劇場作品。宮崎駿を意識したかのようなファンタジー世界を非常に暗澹と描く。この雰囲気は、同監督のTVアニメ・ファンタジックチルドレンでも感じることができる。

とにかく暗い世界観と唐突なキャラクターの成長・変貌は見ていて辛いものがある。設定は難解だが、アニメに見慣れた人なら理解できるはず。それでも、ストーリー上のカタルシスはゼロ。

したがって、このアニメは、単なる作画アニメとして楽しむのが良い。キャラクターデザインには、カリスマアニメーターの井上俊之氏が入った。原画マンに徹する彼がキャラクターデザインを引き受けるのは珍しい。CGがまだ普及していない時代のジャパニメーションの作画技術の真髄を楽しむことができる。

投稿 : 2017/01/06
閲覧 : 68
サンキュー:

1

ネタバレ

セメント

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 5.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

人間になりたい

僕を人間にしてよおお


終わり良ければ全て良しのズルさを感じます!
途中までパルムが鬱陶しいというか、どんどん人間らしくなっていくパルムが怖いレベルだったのですが、最後は悟ったような顔で爽やかに物語を終わらせて、一丁前に充実感を覚えれるものですから、なんともズルい作りです。
オタクはすっきりした締め方に弱いですからね!

なかじまたかしさんといえば私の中では「ファンタジックチルドレン」ですね。
本作は映画ということでグロ描写もより豊富、いとも容易く人が死にます。
さらに本作、原画で参加してる面子がとんでもないことになっていますw
カリスマアニメーターの井上俊之さんを筆頭に、「ダイガード」22話で有名な伊東伸高さん、「ケモノヅメ」4話を一人で作り上げた三原三千夫さん、「ユンカース・カム・ヒア」のクライマックスの背景動画を担当した大橋学さんなど、失禁もののテロ力になってます。
ちなみに井上俊之さんはアグリを助けたあたりのカット担当してます。

パルムは平松昌子さん、ポポは豊口さん、その他阪口さん、山口勝平さん等。
かないみかさんと小桜エツ子さんの兄妹は良かったですね。

音楽はどこまでも荘厳で、なかむら監督作品っぽさが出てました。

何しろ映画の枠に収められてて、駆け足なのは否めません。
いくつか疑問点があるんですが、まず、ポポの母親は、危険と知りつつ何故パルムに娘を託して旅に出したのでしょう。
それから、ソーマは枯れさせて良かったんですよね、序盤と言ってることが違うなーと思って。


これがゼロ年代以降の作品だというのも驚きに拍車をかけるというか、こんな作品があったのかという感じです。
見ておくのも良いでしょう。

投稿 : 2016/01/29
閲覧 : 105
サンキュー:

2

金ちゃんタカラ

★★★☆☆ 2.6
物語 : 3.0 作画 : 1.5 声優 : 3.5 音楽 : 1.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

普通だな、、、

まあ、全体的に普通な感じ。
ファンタジックな世界感と独特の雰囲気を持っている。
内容は子供たちが冒険するだけといういたってシンプルなもの。
いろんな用語がでてきて注意してみないとついていけないくなり、内容は単純なのに、変に小難しくして視聴者を混乱させる。
もっとわかりやすく、しっかりまとめて欲しかった。

投稿 : 2015/08/18
閲覧 : 132
サンキュー:

1

ネタバレ

あざれ(*´ω`*)

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

好き

大好きな作品で、何回もみてます。でも1つ思うのが、長い。とにかく長い。もっと簡潔にまとめてくれてたらな~

投稿 : 2015/06/16
閲覧 : 217
サンキュー:

1

ネタバレ

とまときんぎょ

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

「がんばった。わたし、がんばったんだ。」

ファンタジックチルドレンの監督という理由で視聴。
しかし途中で視聴挫折→やっと見終えました。
ちゃんと見届けることができて、良かったです。ホッ。

初っ端からの呪いにまみれたような雰囲気は幽玄美を感じたし、暗いけど彩度は高いような錆びたカラフルさはポップです。

挫折してたのは…
{netabare}
冒頭から始まる、亡くなった女主人シアンのうわ言のような唄声
「黒い花の 溢れた庭で 私は泣きながら 食べなければ ならないの…」
鬱気味なスパイラルに陥った人の話を聞くときの、無力な空振り感を思い出してしまって。
パルムが壊れながらもシアンを求めて動き続ける姿が、不吉で禍々しい。
そしてヒロインポポのお母さんからのいじめも、つらい。

もしもこれが、ささやかでも救いのあるエンドが待っているとして。
今の時間をこの作品の視聴に使おうか。どうしようか。
悪い頭でそんな打算を巡らして、しばらく視聴挫折してました。
{/netabare}

日を置いて再挑戦。
「シアンと間違えてた。驚かせてごめんね。僕は、人間になりたいんだ」パルムがクリアな態度でそうポポに話しかけることが出来たこと。
ポポのお母さんがかすかに娘を思い遣った…というか、多分うまく思い遣ることの出来なかった自分への、後悔を滲ませたのが見えたのと、ポポのおじさんのささやかながら優しい存在をポポが知っていたこと。このおかげで、この先を見ようという私の心構えも落ち着きました。
(また、ポポがここでお母さんとの関係を少し距離を置いて受け入れることができたのが、物語のクライマックスにとっても重要な事でした。)
一見、「パルムと楽しい仲間たち」風な、先を追う道連れも増えた。

最も、「人間になりたいんだ」と自覚した後のパルムには、“では、人間らしい心とは何か?”という問いを投げかけるような出来事が、子供達ばかりの道中で続きます。

この時、先を司る大人は不在で、子供達の中だけで反響しあいながら旅が続くところが、精神の成長の危うさや無垢さを感じさせます。集団登校みたいです。

長い筒状の旗が空を切ってはためく様子、クラゲのような生き物が空を浮遊する静けさ、水面下から浮かんで来る大きな蓮の花の開花、そういった詩的な美しい景色の描写も度々出てくる。
心優しいポポが、そういった魂があるかないかわからないけれど心慰めるものに気を取られると、「そんなものを気にするからダメなんだ!」と責めるパルム。
僕は人間になりたいんだからさっさとしてよ!人間て弱くてめんどくさいな。そんな矛盾したやり取りが、回り回って、妙に人間臭いんだけど。
{netabare}
ポポがお母さんの元から一歩踏み出す機会になったのはパルムの存在のせい。そのために、お母さんも後悔を知ることが出来た。
ポポも、もう少し離れて自分とお母さんのことを考えることができた。だから、パルムを好きになれたし、父を求めて彷徨う女戦士コーラムの気持ちが痛い程に解り、「助けてあげて」という言葉が出た。
パルムはポポの呼びかけのおかげで、人間の肉体に固執せずに心に寄り添うことを望み、それは単純な優しいこと嬉しいことだと知った。

「がんばった。わたし、がんばったんだ。」そう、多くを語らずに言えたコーラムの表情は、呪いのような禍々しさが消えて、とても美しい。もう、食べたくない思いを食べ続けなくていいんだよ。
{/netabare}
心を傷つけて病んでしまった人を、どう慰め寄り添うか。それを詩的に表した、最後は突き抜けるような青空の似合う、美しい作品でした。
最初のディープさより先は、思っていたよりも重くない、難しくはない内容でした。ホッ!

投稿 : 2013/08/08
閲覧 : 230
サンキュー:

6

ネタバレ

退会済のユーザー

★★★★☆ 3.4
物語 : 2.5 作画 : 5.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

美しくも不気味なピノキオ

監督はなかむらたかし。有名作は「ファンタジックチルドレン」。

キャラデザはともかくとして作画は本当に素晴らしく、映像面では文句の付けようがない美しさがあるんですが、如何せんストーリーが重く分かりづらい。世界観は抜群に魅力的だし素晴らしいが、多くの設定に関して説明不足のため、予備知識無しの初見だと厳しいものがあるのではないかと思う。「誰もが楽しめる作品を制作した」とのことだが、ややグロテスクな描写もあり全くそうとは思えない。

人間になるために旅をする人形の主人公パルムがやたら情緒不安定で不気味なのが本作の特徴。序盤はそうでもないのだけど、徐々に歪んだ感情に支配されて、ヒロインのポポを振り回す。生前のシアンをポポに重ね合わせ守りたい、人間になりたいという気持ち一心で、他者を想う心がちゃんと分かっていないのです。ほらほらおいで・・・と言いつつ鹿(?)を斬り殺し、やったのは自分じゃないと言い張るような・・・子供が持ちうる残酷な破壊衝動もかいま見え、親に愛されたいという気持ちが非常に歪んだ形で発現したもの。ヒロインのポポがこのパルムを最初こそは拒絶するものの受け容れるところが見所だろうか?どちらも心情描写自体は悪くないが、視聴者がある程度歩み寄らなければ不快でイカれたアニメに見える。最終的にものすごくえげつない「ピノキオ」だったという印象である。おそらく親子で見るべきテーマなのだろうが、それはあまりおすすめできない(笑)要するにエンタメとしてはあまりよろしくないということです。

やや酷評気味ですが、幻想的な世界観・圧巻の映像美には一見の価値はあると思いますし、独特な魅力も確かにあるので、これはこれでありなのかなとも思ったりもします。色々意味深なカットも多かったのだけど、そこかしこに隠喩がありそうです。非常に美しくかつ躍動感あふれるシーンが多いので、これを駄作と切って捨てるのも勿体ない。けど駄作と切って捨てられても全く不思議ではない(笑)180度作風が違う100%子供向け映画として同監督の「とつぜん!ネコの国 バニパルウィット」なんてものもありますが、こちらは荒唐無稽ながらも非常に楽しく明るい作品です。

投稿 : 2012/06/14
閲覧 : 191

ASKA

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観たい

投稿 : 2019/05/10
閲覧 : 1

いぬわん!

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2018/05/06
閲覧 : 10

退会済のユーザー

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

投稿 : 2015/07/12
閲覧 : 17

イカちゃん☆休止中

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

投稿 : 2015/06/27
閲覧 : 22

app

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2015/01/24
閲覧 : 37

因果

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2014/10/04
閲覧 : 32

rfuka

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

投稿 : 2014/06/05
閲覧 : 35

( ´_ゝ`)y─┛

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

投稿 : 2014/06/04
閲覧 : 31

きききき

★★★☆☆ 2.7
物語 : 1.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 2.0 状態:観終わった

投稿 : 2014/04/23
閲覧 : 44

ネルネル

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2013/05/28
閲覧 : 61

みさの

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

投稿 : 2013/04/28
閲覧 : 53

へいや

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観たい

投稿 : 2013/03/28
閲覧 : 57

もいつき

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2012/12/15
閲覧 : 64

nozomi3

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2012/02/19
閲覧 : 92

みかみ(みみかき)

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2011/05/05
閲覧 : 137

パルムの樹のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
パルムの樹のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

パルムの樹のストーリー・あらすじ

 天界、地上世界、地底世界の3つからなる世界を舞台に、樹でつくられたロボット人形“パルム”が、生みの親に託された使命と人間になることを願い地底世界目指して困難な冒険の旅をするさまを描く。監督は「AKIRA」などの作画監督を務めたことでも知られるアニメーション作家なかむらたかし。植物学者の老人フォーは妻のために木製のロボット“パルム”をつくった。ある日、フォーとパルムの前に女戦士が現れ、天界から持ち出した謎のカプセルを地底世界に届けることを2人に託すと忽然と姿を消してしまう。その直後、地底からの追っ手がやって来てフォーを刺す。死を悟ったフォーはカプセルをパルムのお腹に隠すと地底世界に向かうようパルムに言い聞かせるのだった。パルムは、旅の途中で多くの人間と出会い旅を共にする。ある日、地底世界に行けば人間になれることを知り、地底行きの意志をさらに強くするパルムだったが……。(アニメ映画『パルムの樹』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
アニメ映画
放送時期
2002年3月16日

このアニメの類似作品

この頃(2002年3月16日)の他の作品

ページの先頭へ