「ゆるゆり(TVアニメ動画)」

総合得点
82.6
感想・評価
2326
棚に入れた
11067
ランキング
229
★★★★☆ 3.8 (2326)
物語
3.6
作画
3.8
声優
3.8
音楽
3.7
キャラ
4.1
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

たいが

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

可愛さMAX!!!

個人的に、ここまで癒されたアニメはない!
キャラ被りは全くなく、ひとりひとりが生き生きとして、非常に魅力的です!
女の子×女の子の少しドッキっとしてしまう絡みにはウズウズしてしまって、私まで恥ずかしくなってしまいました笑
しかしながら、百合が全く興味がない人でも、例えば「けいおん」の用に楽しめるはずです!
生き生きとしたキャラ同士の会話の掛け合いは、思わずくすっと笑顔になってしまうこと間違いなし!

このアニメは3期(+α)まである程に「人気」がある理由を是非視聴して感じてみてください!

主人公なのに影が薄い赤座あかりちゃんの活躍を是非是非!!!

投稿 : 2019/07/15
閲覧 : 11
サンキュー:

2

ネタバレ

101匹足利尊氏

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

あかりは、そこにいますか……?

原作コミックは未読。

とにかく作者、スタッフ、キャラ、設定らが総出で、
主人公?赤座 あかりの影を薄くするイジりが激し過ぎる日常アニメ。

タイトルやビジュアルから、私も最初は当然、
微百合成分や、ゆる~いギャグが飛び交う楽しい日々を期待して見始め、
確かに望んだ要素は提供されはしました。

但し特に妄想も含めた百合の描写は結構ガチに感じることもあり、
ボケに対するツッコミやイジり何かも、
昔のバラエティ番組でダチョウ倶楽部らが受けた仕打ちと同レベルに思われ、
意外と暴力的でハードな印象でしたが……w

それよりも、私は隙あらば消される、あかりの存在の行方が気になって仕方がありませんでしたw

視聴中は、例えば、あかりの出番がない話で、

{netabare}今、メガネを外した千歳は、百合の妄想を爆裂させ、
絶賛、鼻血垂れ流し中だけれども、
ここにあかりがいたら、顔も出さずにさりげなくティッシュを差し出して止血してくれたはず。
あかりは良い人なんです。必要な人なんです。だから出番を下さい。{/netabare}

……って感じで、ついつい弁護したくなってしまうw
と言うより、何が悲しくて視聴者が、
主人公?の存在感保証を願わなければならないのでしょうか(笑)
存在感毀損罪とかで作者、スタッフらを訴えたら勝てそう……。
そう思えるくらい、あかりの存在は危機に瀕しているのでありますw


あかりが、一番、主役でいられるのは\アッカリ~ン/と召喚される、
アバンタイトルと言いたいところですが、
スタッフらの陰謀により?そこすらも安寧ではありませんw

だからと言うこともあるのでしょうが、
一応、あかりが存在していられるOPやEDが普通に流れている間は、
楽曲のノリの良さもあって私は一番、安心して見ていられました。


因みに……そんな私の一推しは、歳納 京子です♪(おいw)
ゴメンよ、あかりちゃん……。

投稿 : 2019/07/15
閲覧 : 47
サンキュー:

24

ネタバレ

タック二階堂

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

さすが動画工房というところ。

詳細は略。

ぶっちゃけ、百合物にはまったく興味がないので、
まったくノーマークだったのですが、今期があまり
にも不作で観るものが少ないから、Netflixで観て
みました。理由は動画工房の制作だから。

まだ途中ですが、設定はうーんって感じなのに、
なぜか観せられるパワーがあるんですよね。
さすが動画工房という感じです。

完走後の感想は後ほど。

=====最終話視聴後、感想です。
{netabare}
んーっと…
まあ、1クール飽きさせないためかもしれませんが、
キャラを増やし出してから、なんか少し逆に
ダレてしまったような感じです。
具体的には千歳の双子の妹の千鶴、生徒会長と
マッドサイエンスティスト先生あたり。
特に最終話の合宿なんか、とっちらかってもう…

ピークはクリスマスのシャッフルデートですかね。
そもそも目的のある部活じゃないから、文字通り
「ゆるい百合」一本のテーマで押し切るのが…

ま、それでも最後まで観られたのは、見せ方が
上手かったからだと思います。
{/netabare}

投稿 : 2019/05/12
閲覧 : 81
サンキュー:

5

ootaki

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

百合だけど日常系

最初は注目してないノーマークの作品だったのですが、コミックが面白いので借りて見たら百合成分がキツイのはあるキャラの妄想だけで他は日常系として見れて面白いです。
ちなみに男はいません(笑)

投稿 : 2019/05/05
閲覧 : 143
サンキュー:

7

ラウラ

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

あかりうすしおだぁいすき

途中で失速することなく駆け抜けるゆるい百合アニメ。お気に入りの作品です。キャラクター達が生き生きとしていてとても可愛らしいので、観ていて微笑ましいですね。

投稿 : 2019/05/04
閲覧 : 54
サンキュー:

3

プクミン

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

楽しい日常系アニメ

アニメタイトルの通り、ゆる~いゆりのアニメです。
ただ、ゆりがメインでは無く、単純にキャラとキャラの絡みとその日常がメインです。
メインとなるキャラは、ごらく部(ごらく部って何だよ)の4名+生徒会の4名(実は5人いる)がメインキャラクター。

一番存在感の薄いあかりが主人公。
余談ですが(まだ物語紹介すらしてないのに)、作者も途中まで京子が主人公だと思っており、作者の母親は結衣が主人公だと思っていたらしいですが、担当の方からは、あかりが主人公だと言われ、その理由も1話の登場の仕方からとの指摘を受け、あかりが主人公になりました。

だから、あかりの存在感が薄かったり、雑に扱われていたり。

さて内容に戻ります。
ごらく部は、ただごろごろだらだらして過ごす部活です(非公認の部活、そもそも人数足りてない)。
そんな自由な感じなごらく部に「今日から中学生」の主人公あかりが中学生デビューし、幼馴染が所属するごらく部へと入る。
更に茶道部に入りたかったちなつが、ごらく部に入部(入部なのかな?)

あとは、生徒会の人との絡みはあるものの、ある程度ペアが出来ているので、その絡みをニヤニヤしながら見るアニメです!!

でも面白いしオススメですよ

投稿 : 2019/02/25
閲覧 : 98
サンキュー:

7

退会済のユーザー

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

大好きです

ゆるく百合が展開されるアニメです。日常系ですが、ほどよく緩急がついているせいかダレずに観れます。キャラクターがとても可愛いのでそれだけで癒やされますね。基本的に軽いギャグを軸として話が進んでいきますが、1クールに一つくらいとても感動する話もあるのでバランスが良く、お気に入りのアニメです。

投稿 : 2019/01/13
閲覧 : 137

dbman

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

\エッミリ~ン/

原作未読

百合ということで興味が沸かずこれまで敬遠していたけれど、このタイトルは昔からよく見られるので知っており、評価も高かったので視聴。

蓋を開けてみれば私の思っていた百合とは違っており、可愛い女の子たちによる日常といった感じで、特に“百合”と構えるほどのものではありませんでした。

表題のとおり“ゆるゆり”もいいところで、女の子同士がきゃっきゃしているレベルなので不快感などまったくなく私のような苦手意識がある者でも観やすかったです。約一名、妄想が激しいキャラがおりますが、昨今のアニメにおいて、もっと激しいものも多々いるので全然範疇内w

この作品を視聴するに踏み切ろうと後押しされたのが私が大好きな声優・加藤英美里さんが出演していたことだったりするので、数多く登場するキャラのなかでも演じている大室櫻子が一番のお気に入り。多少、贔屓目となっていることも否めないが、それを差し引いても櫻子のおバカさんっぷりは観ていて微笑ましくなる愛すべきキャラクター。

物語は日常系コメディといった内容なので特筆するほどの起伏はないけれど、キャラに癒され和まされるというのが日常系の魅力だと思われるので、まったりと楽しませてもらいました。ともあり、私のように“百合”が苦手で敬遠されている方でもなんら問題ない一作と記しておきます。

この作品は、続編『ゆるゆり♪♪』だけでなく第三期『ゆるゆり さん☆ハイ!』まであるので、ゆっくりと堪能していこうと思う。


▼キャスト
赤座あかり:三上枝織
歳納京子 : 大坪由佳
船見結衣 : 津田美波
吉川ちなつ:大久保瑠美
杉浦綾乃 : 藤田咲
池田千歳 : 豊崎愛生
大室櫻子 : 加藤英美里
古谷向日葵:三森すずこ
ミラクるん:竹達彩奈

▼制作情報
アニメーション制作:動画工房
原作:なもり/漫画:既刊16巻
監督:太田雅彦
シリーズ構成・脚本:あおしまたかし
キャラクターデザイン・総作画監督:中島千明

▼主題歌
オープニングテーマ「ゆりゆららららゆるゆり大事件」歌:七森中☆ごらく部
エンディングテーマ「マイペースでいきましょう」歌:七森中☆ごらく部

投稿 : 2018/12/17
閲覧 : 97
サンキュー:

18

ネタバレ

ジャスティン

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

まさかの主人公が空気扱いされる!?百合よりのコメディアニメ

このアニメは、動画工房が制作した学園コメディアニメです。
この作品の良いところは、しっかりとキャラごとの特徴を理解することで、きらら作品にも劣らない作品になっているほど完成度が高いところです。

このアニメの要素としての比率は コメディ:百合 7:3 ぐらいの感じで
類似アニメで例えるとコメディ感は「ガブリールドロップアウト」と「ひだまりスケッチ」と百合要素としては「桜Trick」のキスと嫉妬の要素をなくした感じだと思いました。

ネタバレ:
{netabare}
まさか主人公が空気扱いされる子設定はなかなかユニークなコメディだと思います。最初のアッカリーン的なシーンしか最後らへん出ていないのがそれはそれで可愛いし面白いところでもありました。
また百合要素が結構あり、キャラが可愛らしかった。
一番好きな回は11話でした。キャラクターってやはり性格が変わると「誰?」状態に陥ってしまうぐらい個性って大切なんだなあと感じました。
ゆるゆりの人気な理由は、そういうところもそうですが、キャラクターの愛情が視聴者に対してしっかりと伝わっていることだと思います。
{/netabare}

最近は全然アニメレビュー出来ていないのは、就活中という感じで忙しくなりなかなかアニメが見られていない傾向にあります。
なので、過去に見てきた作品で、レビューをしていないアニメをレビューしていこうと思っています。(ゆるゆりは初見)

投稿 : 2018/10/19
閲覧 : 78
サンキュー:

6

あーる

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ユリスキーじゃなくても楽しめるコメディアニメ

ほどよい百合要素にコメディ要素が強くあるので
百合に抵抗があった自分でも日常系コメディアニメとして楽しめました


そしてなによりキャラが可愛かったです
自分は櫻子といがみ合ってる向日葵が関係性含めて一番好きでしたw

投稿 : 2018/10/03
閲覧 : 42
サンキュー:

5

みぎむけみぎ

★★★★★ 4.5
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

コメディやや百合

百合要素はがっつりはなくコメディ中心のアニメです。百合要素が苦手な人も1度見てほしいと思います。
1番伝えたいのは1話だけ見て切らないでほしいということです。自分も1話を見た後続きを見るか迷ったのですが、4,5話あたりになってくると完全に作品に引き込まれていきました。
3期まであるようなので続きも非常に楽しみです。

投稿 : 2018/09/22
閲覧 : 33
サンキュー:

7

ネタバレ

ぜろろ

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

あかり、強く生きるんだぞ・・・

このレビューを書いてる時点では1期のみ視聴


日常系アニメですが最近のと比べるとハイテンションなコメディが多かったという印象。
{netabare}千歳が鼻血出したり、ドラム缶風呂ごとあかりが川に放り出されたりと古典的だけど私は好きでした笑。 {/netabare}


キャラも全体的に好印象(顔は皆同じに見えたけど・・・)。
特に京子のギリギリウザくないライン(私基準)での天真爛漫な感じがすごく良かったです。
あっかりんのキャラクターも斬新だと思いました。幸が薄いとか自分に自信がないみたいなキャラはよくいるけどあそこまでガチで存在感がないキャラを主人公にするとは・・・w(実際にもあんな感じの人いますよね。結構明るい感じなんだけどなんか存在感ない人、、、私じゃないよ( ;∀;))。それでもひたすら前向きなあかりが大好きですw。


顔は同じといいましたが作画は良かったです(さすが動画工房)。


2期3期見ようか迷い中です。ここからが面白いという人もいるし挑戦するかな。

投稿 : 2018/09/06
閲覧 : 100
サンキュー:

8

ネタバレ

にゃん^^

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ごらく部あったらいいネ♪

ごらく部の4人が集まって
お茶したりおしゃべりしたりおばかなことをしてるうちに
生徒会からからまれたりする
おばかな(生徒会もやっぱりおばかw)おはなしで。。
{netabare}
ごらく部の部員は

もしかしたら主人公?の
あかざあかり\アッカリ~ン/
よくみんなから忘れられる子w
あっ!もう書くことないなぁw

先ぱいのとしのうきょうこちゃんは
どうしてかぁ金髪で青い目?とってもかわいいのに
おさななじみのゆいちゃんとか後はいのちなつちゃんにからんで
うざがられてる~(><)
魔女っ子ミラクるんがだ~い好き!

ふなみゆいちゃんは
ちょっと男の子っぽいかんじかなぁ
けいおん!のみおちゃんにちょっとにてるかも。。
こわがりとかはないけどね^^

ミラクるんにそっくりなのがよしかわちなつちゃん
\アッカリ~ン/の同級生で
かわいいけど裏ちなつがときどきでてるね~w
ゆいちゃんがだ~い好き!

にゃんはちょっとあかりににてるかなぁ?
あかりみたいにみんなからかまってもらえないけどね(^-^;)

そうそうそれに生徒会の5人の女子も
みんなかわいいし~♪みんなおばかだし~♪
(あっ!会長はちがうかも)
{/netabare}
でもみんなおばか~っていいナ♪って
にゃんは思うんだ(うん?)

なかまはずれとかってないし♪ねっ☆

にゃんの好きなけいおん!にちょっとにてて
でも感動とかはあんまりなくって
音楽もなくってギャグが多かったみたい。。

泣いたりはしなかったけどわらえるって思うよ(たぶんw)

けいおん!が好きなら1回見てもいいかも♪

投稿 : 2018/09/01
閲覧 : 874
サンキュー:

209

ネタバレ

Crisis

★★★☆☆ 2.3
物語 : 1.0 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

切るのは非常に勿体ない

結論から言うと、1期は全然面白くないです。
1番の盛り上がりが{netabare}1話の10分くらい{/netabare}です(なおその部分の盛り上がりようは非常に高い)

それ以降は特に何も起こらずキャラの掛け合いも全く惹かれず、{netabare}千歳の妄想{/netabare}や{netabare}「歳納京子ォォォ!!!!( ^ω^ )」{/netabare}、{netabare}ひたすら良い印象の無い結衣{/netabare}、{netabare}櫻子と向日葵の毎回同じような茶番{/netabare}などを非常にスローなテンポで見せられるのでかなり飽きてきます。
あ、でも5話は少し面白いと思いました。

なので1期を全部観た後はもう2期も3期も観る気は無かったです。





それが大きな間違いだった事に気付いたのは、1期を観た一週間後でした。

投稿 : 2018/08/08
閲覧 : 93
サンキュー:

5

ヴァッハ

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

かわいい

苺ましまろ、あずまんが大王、そしてゆるゆり、個人的に三大日常系アニメです。
ゆるゆりは日常系に百合養分をふんだんに織り交ぜた作品です。

日常系も百合作品も好きな自分的には大好物です!

ベストカップルは、櫻子×向日葵。
単体では綾乃ちゃんが一番好きです。

投稿 : 2018/04/19
閲覧 : 87
サンキュー:

9

ジパミィナ

★★★☆☆ 2.1
物語 : 1.0 作画 : 3.0 声優 : 2.5 音楽 : 3.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

苦痛 25点

あずまんがを基準に楽しい掛け合いを期待していたけど、スベりまくりの漫才を見せられている感じが受け付けなかった作品。
なかなか挫折すること無い方だと思うけど、笑いのツボが違い過ぎた。

評価は作品全体の評価としての満足度として。

投稿 : 2018/04/03
閲覧 : 99
サンキュー:

6

おでん

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ほのぼのするだけ? ノンノンノン

私の中で日常系のアニメは面白いというイメージはないのですがこれだけは例外
キャラ一人一人がこく(一人影みたいなのがいますが)ストーリーもサクサクしていて面白い
京子とちなつの二人がいい味出しているアニメです
可愛さ+面白さを求めるならこのアニメです

投稿 : 2018/03/26
閲覧 : 54
サンキュー:

4

gazabata

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

独創的で濃い

特に期待をせずに軽い感じで見始めた。これまた不思議で面白いアニメだった。

ストーリー:
ストーリーは無い。無駄がなくて良し。

キャラ:
濃くて良い。癒される。

アニメーション:
たまにものすごく凝っている。好き。

その他:
2011年は独創的なアニメがいっぱい出ていたようだ。ゆるゆりはただの日常系だと侮ってはいけない。日常系は結構型にはめられており、同じようなジョークが飛び交う感じになってきている。もちろん2011年の時点でもそうなっていたのだろう。だがこのアニメは一味違う。
このアニメは癒し系よりもコメディーを狙っており、とても凝っているように感じる。2011年に出ておりながらとても新鮮に感じた。その理由はこのアニメを真似るのはすごく難しいからだと思う。
真似にくい理由の一つに、キャラ同士の組み合わせがある。普通はこんなに登場人物がいるとき、いくつかのグループを作ってその中でしかコンタクトがないことが多い。だがこのアニメはグループはあるものの今までに見たことないほどの組み合わせを繰り出している。そしてどんな組み合わせにしても面白い。(キャラが濃いからではないだろうか。)これは他のアニメがやろうにもできないことだ。
もう一つは笑いの取り方だ。このアニメは他のアニメのように一つや二つの方法だけを使って笑いを取らず、ありとあらゆる方法を使ってくる。音、絵、スピード、などといった道具を組み合わせて笑いを取っている。こんな凝った笑いを取っている日常アニメはとても少ない。

まとめ:
予想をはるかに超える良作。こういう日常系アニメをもっと作ってほしいものだ。ジョークがとても多いから勿論ハズレはたまにあるが、それでもすごいと思う。

投稿 : 2018/03/13
閲覧 : 61
サンキュー:

6

フィジー

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

まあ面白い

全体的に好きだが年納の性格は合わない...
他人(一部を除く)をどうとも思わないところは結構きつい
見方次第だがどう言う人間か観察的な目で見てしまうと年納は無理
きっと2回目見るときは年納にモザイクがかかるだろう
それを除いても面白い

投稿 : 2018/03/09
閲覧 : 54
サンキュー:

4

こうもり

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

秀逸!(アイキャッチが)

アイキャッチアニメーションがもはや絶滅危惧種ですね。
ゆるゆりはそこに時間(放送時間の尺)と時間(労働力)を費やしている感があってうん、好きです。
主要キャラ8名のアイキャッチ全ての出来が良い感じです。
私の視聴目的の50%はそのアイキャッチでした(笑

本編の方も普通に面白かったです。こうゆうの見慣れていないせいかもしれませんが、ゆるいゆりではなくガチゆりかと(笑
でもそこはギャクでオブラートになっているので苦手な方も安心です(知らんけど)

投稿 : 2018/03/04
閲覧 : 53
サンキュー:

5

scandalsho

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

アッカリンの透明力が面白い作品

原作未読。キャッチさんから紹介で視聴。

この作品のタイトルは「ゆる」い「百合」という解釈で良いのかな?
女子中学校を舞台にしたほのぼのコメディ。

自由奔放でお調子者の京子に振り回される+片思いの連鎖による、不思議な人間関係+軽めの百合(っぽい)話etcと、緩めの笑いが癖になる。

しかし、特筆すべきは透明力の高い主人公の存在だろう。
一癖も二癖もある登場人物に紛れ、主人公が空気と化しているアニメなんてなかなかお目にかかれない。

しかも、最終的にはその主人公が一番面白いと感じてしまう不思議な作品。
最終回のドラム缶風呂のくだりと、目覚まし時計などは、この主人公ならでは。
大笑いしてしまった。

投稿 : 2018/01/19
閲覧 : 202
サンキュー:

44

麻絢

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

癒やし!

可愛い女の子たちの日常は癒やしですね♪

投稿 : 2017/11/23
閲覧 : 56
サンキュー:

3

はー。コジマ.jp

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:----

タイトル通りゆるい百合アニメ

女の子たちがただ日常を過ごすアニメ。萌えでもある。百合が登場するが百合アニメとしてみるのは個人的にお薦めしません。ごちうさとかが好きな人は好きかも。

投稿 : 2017/11/19
閲覧 : 51
サンキュー:

3

ネタバレ

ASKA

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ゆるい百合

ただ見ていて面白い。
ごらく部の面々と生徒会もキャラが濃くて、主人公の影の薄さもネタにしてしまう。ある意味影の薄いという特徴があるといえばある。

春から夏そしてクリスマス正月を描いているがサザエさん時空でいつまでもこの日常を見ていたい、そんな作品である。

追記:さんハイまではみましょう。

投稿 : 2017/10/30
閲覧 : 76
サンキュー:

9

kpby2751

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

そこまで激しい百合ではない

きららでいえば桜trickも百合系だがそれに比べるとそこまで激しくはない。にやにやする日常系である。

投稿 : 2017/09/27
閲覧 : 75
サンキュー:

3

ちゃんあら

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ザ 日常

ギャグ要素多目の日常もの
キャラ可愛い

投稿 : 2017/08/23
閲覧 : 55
サンキュー:

3

しおなっつとこなっつ

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ゆるゆり〜はっじまーるよー!

この手のアニメは途中で断念することが多いけど、最後まで観てしまったw
何も考えず、楽に観られるのがいいね

みんな可愛いけど、やっぱり\アッカリ~ン/が断トツ愛おしい。\アッカリ~ン/は正義!

投稿 : 2017/08/15
閲覧 : 58
サンキュー:

4

caad9

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

最高でした

もう本当に楽しくて、こういう笑いは自分のツボでした。すぐに原作本を揃えてしまいました!

投稿 : 2017/08/06
閲覧 : 50
サンキュー:

5

ネタバレ

うざっしー

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ゆるゆり以前・ゆるゆり以後の日常アニメのテンションの差

女子中学生のゆるい百合日常アニメ。JKじゃないのは百合描写を生々しくしないためだと思われる。

私はあずまんが大王が好きだったので決してこのジャンルは苦手では無いのだが、以前ゆるゆりを見た時はそのキャラのテンションの高さに抵抗を感じ、2話までしか耐えられなかった。
抵抗があったということは、ゆるゆりが日常系というジャンルにそれだけのパラダイムシフトを起こした作品だったということだろう。太田監督はみなみけとゆるゆりで日常アニメの革新を二度成し遂げたと言える。{netabare}ぬかみそ漬けを取り出して食べる描写などは、00年代の深夜アニメには無かったのではないだろうか。知らんけど。{/netabare}
その後私は萌え日常アニメをいくつも見るようになり、耐性がついたと判断してもう一度チャンレンジしたところ、今回は完走することができた。
結論としてはゆるゆりは「2010年代における存在意義は大きいが、内容はそこそこの萌え日常アニメ」だと思う。例えばごちうさは今も語られ続けているが、ゆるゆりは存在感が薄れてきている。ゆるゆりの志はごちうさに引き継がれたのかもしれない。

ゆるゆりに抵抗があった理由は、各キャラクターが非常に不真面目で思慮が浅く、やたらと百合百合ベタベタしているように感じられたことによる。が、この作風は後の萌え日常物のトレンドとなって行く。
あずまんが大王は智を除き真面目で理知的な子しかいない。ゆるゆり以前のひだまりやみなみけやAチャンネルやけいおんもほとんどの登場人物が醒めている。けいおんの平沢唯は違うが、そこがけいおんが別格の存在になった所以かもしれない。またAチャンネルが2010年代の深夜アニメブレイクの流れに乗れなかった理由は各キャラのテンションの低さにあるのかもしれない。そう考えるとあずまんが大王のトラブルメーカーの智ちゃんは実は重要なキャラだったように思える。このゆるゆりで言えば京子に相当する存在になっている。

またゆるゆりは動画工房にとっても、ゆるゆり以前と以後に分かれるくらいの大きな変革を起こしたと言える。
一期を担当した谷口淳一郎さんはゆるゆりの制作体制についてはTwtterであまりよく言ってなかったが、動画工房にとっては後に日常アニメでヒットを飛ばすための大きな転機となったのは間違いない。
なおまどかファンとしては言いづらいが、ゆるゆり一期は偶数回を谷口さんが担当しているが、奇数回より作画が不安定で手抜きに感じた。{netabare}特に10話の中盤の風呂回が酷い。枕投げからは力入ってたけど。{/netabare}この頃はTwitterで愚痴をよく言ってたのでモチベが低かったのかもしれない。奇数回はよく動いてたりするのだが…。

気になった点は、ゆるゆりは顔が皆同じに見えるとよく言われるがその通りで、京子&結衣と向日葵&櫻子は髪も似ていて素で区別がつかなかったこともあった。
それとサザエさん時空であるため、年月が流れる作品が多いきらら系に比べて成長が描かれず物足りなさを感じる。

細かい点についての感想を言うと、{netabare}5話の玄関キスは笑った。たぶんヨスガノソラのパロディ。
11話で京子が幼い頃はおとなしくて泣き虫な子だったとわかるのはあざといが良かった。
12話のあかりのオセロの強さはステルスモモみたいに感じた。ジェスチャー対決は味方同士でやったらずるし放題じゃね?
最後の展開を見ても結局千歳が一番目立っていた気がする。アッカリーンはネタにされる分目立っていて、意外と結衣やちなつよりは存在感があったように感じた。{/netabare}

投稿 : 2017/07/29
閲覧 : 374
サンキュー:

21

ウィーハウック

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

面白さを求めちゃいかん

日常系アニメの代表作。
全体的にみると面白くはない、けれど日常系アニメに求めるものは面白さより起伏が少なく安心して見れる安定感、だから特別面白くなくても問題はない、それにこの作品に関しては面白い話もちらほらあるので楽しめる。

『みなみけ』とかにしてもそうだけど、こういう作品は原作の時系列を無視できる上オリジナル話も導入しやすい、なので結構長続きする、この作品も三期+ovaがありけっこう見応えがある。

投稿 : 2017/07/13
閲覧 : 66
サンキュー:

5

次の30件を表示

ゆるゆりのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ゆるゆりのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ゆるゆりのストーリー・あらすじ

旧・茶道部の部室を不法占拠して勝手に「ごらく部」の活動(といっても特に明確な活動内容はなし)を続 ける4人組。それに目をつけ、ちょっかい(?)を出し続ける「生徒会」。愛が溢れまくりで明日から元気に生きていけること請け合いのまったりストーリー。(TVアニメ動画『ゆるゆり』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2011年夏アニメ
制作会社
動画工房
主題歌
≪OP≫七森中☆ごらく部『ゆりゆららららゆるゆり大事件』≪ED≫七森中☆ごらく部『マイペースでいきましょう』

声優・キャラクター

三上枝織、大坪由佳、津田美波、大久保瑠美、藤田咲、豊崎愛生、加藤英美里、三森すずこ、竹達彩奈

スタッフ

原作:なもり『コミック百合姫』連載(一迅社刊)、 監督:太田雅彦、副監督:大隈孝晴、シリーズ構成・脚本 あおしまたかし、キャラクターデザイン・総作画監督:中島千明、小物デザイン・総作画監督:谷口淳一郎、色彩設計:真壁源太、美術監督:鈴木俊輔、撮影監督:桑野貴文、音響監督:えびなやすのり、音楽:三澤康広、音響制作:ダックスプロダクション

このアニメの類似作品

この頃(2011年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ