「ちはやふる(TVアニメ動画)」

総合得点
91.1
感想・評価
4003
棚に入れた
17872
ランキング
23
★★★★★ 4.1 (4003)
物語
4.4
作画
4.1
声優
4.1
音楽
4.0
キャラ
4.2
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ちはやふるの感想・評価はどうでしたか?

デルタ さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

物語を通して描かれる成長への布石

本作は少女漫画原作とのことですが、1期では恋愛要素はそこまで多くはないです。登場人物たちがかるたと出会い、そこかれ真剣にかるたに向き合う様子が中心に描かれます。

物語前半は主人公千早とその周辺キャラクターたちの紹介のような形になっており、1人1人丁寧に描かれています。この少し長めの登場人物たちの紹介が後々の物語に繋がっていきます。

仲間との友情、強敵との会合、1期を通して描かれる全ての事柄が2期以降での物語に更なる深みをもたらしていきます。

絵も綺麗ですし、声優陣もキャラクターにあった素晴らしい布陣で、1期だけでも十分に面白いですが、物語は1期から後にもどんどん加速していきます。

投稿 : 2020/04/24
閲覧 : 50
サンキュー:

3

ネタバレ

RFC さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

熱い戦いと成長物語!少年漫画の王道を女性コミックでやってみた と

原作未読。
かるただけどむしろスポコンだと評されており、
前々から気になっていました。
時間ができたので視聴開始。

【作品概要】
 競技かるたの名人を目指す綿谷新(小6)。
 普通の小学生ではありえないその力に惹かれる主人公綾瀬千早。
 そのことが何か面白くない千早の幼馴染、真島太一。
 
 小学生編後、新は実家に戻り、千早たちとは離れ離れに。
 時を経て高校生となった彼らの物語が動き出す。

【作品に対する感想】
 先に申しておきますが、私は百人一首が超苦手です。
 小中学生の頃は正月明けかるた大会がありましたが苦痛で仕方ありませんでした。

 で、今作の感想ですが、やっぱり青春全開の熱い戦いは良い!!
 無茶苦茶熱いです。即刻お気に入りです。
 主人公サイドは何度も何度も悔し涙を流すことになりますが、
 次への成長のきっかけに変えて這い上がっていきます。
 もう、おいちゃんは何度涙腺やられたか。
 
 そして主人公サイドのキャラの深堀がすごい。
 みんなばらばらのかるたの力量、生い立ち、考え方、スタンスで
 みんな切磋琢磨して成長していく。
 こういう作品いいですね。とても元気をもらえます。

 それプラス繊細な心情描写も素晴らしいんですよ。 
 ただがむしゃら熱血だけでなく、かるたの戦略や技術的側面にも
 踏み込まれていて、非常に密度の濃ゆい作品と思います。

 おすすめの秀作です。

1)物語
 人という字は…じゃないですけど、やっぱり人ってつながってて
 何かしら支えあって生きてるんだなーってことを痛感させられる
 物語ですね。
 影響されあって、弱点を補って、成長して…。

2)作画
 正直少女漫画の絵は好きになれないところは致し方なし。
 ただ、試合や覚醒したシーンとか
 ものすごくダイナミックに描かれています。

 あと気になったのが千早が「はうっ!」ってなった時の変顔が
 藤崎竜(封神演義)と被ったのですが、皆様どう思われました?
 

4)音楽
 OP/YOUTHFUL さわやかですね。
 気になるのは冒頭、千早がいろんな背景の中で佇んでいるカットが
 続くシーン。何かしらの意図を込めてると思うんですが、
 よくわかんないんですよね。知ってる方いたらご教授ください。

5)キャラ
 ➀綾瀬千早
  ひたすら真っ直ぐなかるたバカ。
  男子からすると恋愛対象より戦友になりそうなタイプですね。
  少年漫画の主人公タイプですが、実際にいたらどうなるかなー。
  女子の間では「うざい」「きもい」とか言われそうだなー。
  それともそれを通り越して一目置かれるのかなー。

  この娘は恋愛感情自覚してるんでしょうか?
  無自覚?それともまだそこまで行ってない?

  この娘は猪突猛進なんですけど、ダメって気づいたことは
  ちゃんと受け入れて方向転換できるところが良いですよね。
  それにイメージや妄想で判断せず、ちゃんと事実を見るところ。

  メンタルの影響めちゃくちゃ受ける娘ですが、
  きっとそれもいろんな人との出会いで克服していくんでしょう。

 ➁真島太一
  小学生時代は「何でもできる」と周囲にもてはやされ、
  (千早への嫉妬があったにせよ)他者を貶めてないと気が済まない
  かなり器の小さい人間でしたがそこからの成長がすごかったです。
  キャラデザ的には少女漫画では王子的ポジションなのかなと思いますが、
  私は普通はこういうキャラ「こんな奴いねえ」って嫌悪感がでます。
  しかし太一には好感が持てるのはテンプレの理想の王子様じゃなくて、
  ちゃんと我欲があって、ずるいところもあって、嫉妬もして
  綿谷のこととなると恋敵としてイライラしたり、絶望したり
  とても人間味が溢れてるからなんですよね。
  それに無茶苦茶努力家。

  この手の青春劇だとなぜかこういう面倒見のいい奴が
  器用貧乏で貧乏くじ引くことが多い気がするのですが、
  私的には千早の隣には太一が似合う気がするなーと思ってます。

 ➂綿谷新
  気難しいかるた一筋の少年。
  ですが、グラビアこっそり見てるって男の子なところもあって
  好感度急上昇。  

  ただ、かるたから一旦離れた理由がどうも納得できないんですよね。

 ➃大江奏
  みんなの彼女候補No.1。
  この娘嫁にするには非常にいいと思うんですが、
  このメンツだと真島以外確実に尻に敷かれますね。

 ➄西田優征
  図体はでかいがいまいち印象が薄い

 ➅駒野勉
  嫌な奴筆頭みたいな登場でしたが、分からなくもないんですよね。
  差別が得意な…かなり毒づいた言い方でしたが、事実の一部ですよね。
  差別どころか差蔑になってる気もします。
  ただ、それから離れて殻に閉じこもってばかりじゃたとえ勉強で1番に
  なったとしても社会で生きていけないですよね。
  仕事は一人で完結するものはほとんどありません。

  彼こそかるた部に入部して一番たくさんのことを得て
  成長したのではないでしょうか?
  

6)好きなシーン
 試合はどれも好きだったので、それ以外から
{netabare}
 ➀「青春全部掛けたって新より強くなれない」
  「かけてから言いなさい」

  太一の気持ちすごくわかるんですよね。
  力量Y = 効率a × 投入時間t + 生まれ持った何かb
 
  才能がある人ってa,bが高いんですよね。
  才能に奢り、投入時間が少ない天才なら練習時間で
  追いつけることもあるけど、努力を惜しまない天才は
  凡人ではとても追いつけません。
 
  bはどうにもなりません。
  しかしaは出会いや考え方の変化でいくらでも変わるし
  簡単ではないけど力量差を覆すこともできます。
  それは経験を積まないと得られないチャンス。  
    
 ➁「綾瀬にも一字決まり20枚あるよ」(2020.4.18追記)
  このシーン鳥肌立ちました。
  机君すげえ!
  それが解るだけのデータのとり方で、ノートにいつどうやって
  採取しているのか突っ込みたくはなりましたが、
  それは野暮なのでこの際無視です。


{/netabare} 

7)うまく呑み込めないところ
 ※一部妄想等も入ってます
{netabare}
 ➀
5)➂の続き。
 新がかるたを拒んだ理由。
 タイミングが悪く、祖父の進言に従ったとはいえ、
 自分が祖父の介護を外したタイミングで祖父が死去。
 
 おそらく新は祖父の介護よりも自分の我欲を優先したことを
 後悔して、恥じて、それさえなければと思っているんでしょう。
 それともかるたのせいで祖父が死んだと思ってる?

 しかし、祖父に限らず人は必ず死ぬもの。
 新の夢は大好きなかるたの名人になること。 
 そのために祖父と幼少から積み上げてきたかるたの経験と力。
 祖父が亡くなったことがかるたを放棄する理由になる?

 祖父なら死に目にそばにいなかった新を責めたりはしないと思います。
 むしろ今からの新が機会を捨てて傍にいることを責めると思います。
 また、そう新を縛ってしまった自分を許せないと思います。
 
 ➁ケーキを食べられてびっくりしてる千早
  鳩が豆鉄砲食らったような顔してましたが、あれば何に驚いたんでしょうか?
  間接なんとかになっちゃったこと?
  いきなり距離(物理的)を詰めてきたこと?
  いきなり男として距離を詰めてきたこと?

  このころの千早って男を男とも認識してない節があるので、
  よくわからないんですけど、皆様どう思われましたでしょうか?
{/netabare} 

投稿 : 2020/04/18
閲覧 : 119
サンキュー:

22

ネタバレ

けやき さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

少女漫画枠ではないらしいです笑

少なくても1期までは恋愛要素などほとんど無いので自分としては見やすかったです。
クイーン最高!

投稿 : 2020/04/04
閲覧 : 45
サンキュー:

2

ネタバレ

ぺー さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

緊張と弛緩の適度なバランス

2018.04.10記

原作未読。広瀬すずの実写は視聴済み。
数年前、知人が漫画にはまっていたのを横目に見てひっかかりがあったこともあり視聴。

1期25話、2期25話とボリュームがありますが、すーっと入ってそのまま完走できた良作、というか傑作。
実写化されたり、競技かるた人口が飛躍的に増えた等々、影響力のある作品であり、放映からだいぶ経ちましたが、今でも訴求力のある作品に変わりはありません。

他でご指摘のあるようにスポ根ものとの評価はその通りだと思います。
仲間・ライバル・挫折と葛藤・努力と成長・勝利と敗北、話数が多いこともありますが、あますことなく丁寧に描かれてます。
ギャグパートも挿入されるタイミングや肩の力が抜けてる感じが心地よく、作品の良いアクセントになってます。まさに緊張と弛緩の適度なバランスが保たれている印象ですね。
そもそも体育会系・文化系など関係なく、ひとつのことに夢中になって、良いことも悪いことも自分の糧にして成長していく物語は大好物なので、自分の嗜好にぴったりとハマった感じでした。
なにより、子供と一緒の鑑賞に耐えうるというのが、子持ちの私にとってはポイント高いですね。円盤も手に入れちゃいました。

ストーリーに触れると、
{netabare}1期は仲良し?3人組の小学生時代の出会いから、時が経って高校でちはやが競技かるた部の創設に奮闘し、仲間を集めながら全国大会に進んで大会が終了する15話までと1話オマケを挟んでの、名人戦クイーン戦の予選での部員の奮闘と、ラスボスの名人/クイーンの強さにちはやたちが触発されるまで。{/netabare}
しっかりと2期へ繋がる作りになってます。


部活やってる(た)人もそうでない人も、現実世界でもあるだろうしんどい局面でどう立ち振る舞うのか? うーん実際迷っちゃいますね。
それでも時には後退したり葛藤しながらも逃げずに向き合おうとする主人公たちには誰もが感じる部分があるはず!
迷わずお勧めできます。



視聴時期:2018年3月 ※その後円盤購入し複数回

-----
2018.08.19追記

その後途中までですが原作を読みました。
1巻から9巻途中までがアニメの1期に該当しますが、原作の再現度は高いと思います。なにがなんでも原作通りを求めることはありませんが、原作好きアニメ好き双方にとって幸せな関係を築けている、そんな作品なのではないかと思います。

ちはや、太一、新の小学生時代について、相応の尺をとってますね。
2期も含めて今後の物語進行のところどころで、この小学生時代に立ち返る場面がよく出てきます。彼ら彼女らの原点を丁寧に描いたことが本作の成功の一因となっているように思えます。

2019年には3期の放映が決定、続きの物語はもちろんのこと、1期放映当時10代だったちはや役瀬戸麻沙美さんがキャリアを重ねられてどのようなちはやを見せてくれるのか、今から楽しみです。


-----
2019.10.21追記

いよいよ3期開幕(何年越しだ?)。2クール分です。
私にとっては数少ない円盤持ち作品。良質な原作をアニメならではの処方箋で忠実に再現している手腕を考慮すればそんなに心配してないです。
ニューカマーは3期観るために50話費やす必要がありますが、お釣りは充分取り戻せると太鼓判押しときます!


-------


2018.04.10 初稿
2018.08.19 追記
2019.10.21 追記

投稿 : 2020/03/25
閲覧 : 562
サンキュー:

61

Don Diablo さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

男がみても良いです!

女の子が主人公にしてはカッコイイと思える話だったなと。

投稿 : 2020/03/23
閲覧 : 40
サンキュー:

2

ネタバレ

ふわふわマショマル さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

凄く面白かった!楽しめるよぉ!来期観たい!

最初から引き込まれる。めちゃくちゃ面白かった!ストーリーにパワーがあって、どんどん進んであっという間にアニメ2期まで見終わりました。

幼なじみ3人、 主人公 千早   裏主人公 太一   時々しか出てこない 新
小学校で百人一首を名手の孫、新がひょんなことで千早と遊んで、千早狙いの太一がジェラシーからかるたに挑んで千早と太一は高校でかるた部作って、小学校で仲良くなってかるたが面白くなった頃、名手の孫 新が福井の田舎へ転校。
そんな感じで始まります。

第二期までしかアニメとして放送されていませんが、原作を読む限りでは三期も期待したい程、知らなかった百人一首に興味もわき是非また観たい作品です!

太一と新の千早取りも凄く気になります。

引き込まれそうな感じの人は、休みの日にまとめて観るくらいの時間に余裕がある時に観るのがおすすめです。選抜などが入ってくるので、気になって続けて観たくなります。

進んでいくうちに。。。。何か?何かの感じに似ている。。。。何だろ?
って考えて、あ!!大昔のアニメ「エースをねらえ!」を観てた感じと似てる!
って思って観てました。エースの方はテニスのスポ根だったけど、こっちは文化スポ根アニメだ!

どっちも、高校生の選抜で力をつけて勝ち進むスポ根です。エースを読まれていない人はきっとはまれると思います。

私はアニメで初めて知る世界も沢山あるなかで、日本人で「かるた」百人一首を知らないのは俳句や茶道・着付け・生け花に至るまで。着付けと俳句はそれでも努力してみようと思い、続けてはいますが・・・
ここに来て、百人一首は視野に入ってもいませんでした。
俳句の世界も知っているので、とても興味を持ちました。百人一首、俳句には恋愛は禁物の表現ですが、勉強をしてみようかと思いました。

このアニメ、作者はきっと精神年齢が高い人だと思います。wiki見ると、39才(2014現在)ですね。
奥の深さを知っている、スピリチュアルな世界にもきっと精通していらっしゃる方と察しします。なぜなら、そういう世界を知らなければ奥深い静かで繊細な表現が絶対と言っていい程できないと思うから。
それを感じた箇所は沢山ありました。
新の表現を駒で例えてたところは、素晴らしい表現です!大好きです。

若くても、そういったことを表現できる凄い人を最近私は知りました。
スケーターの誰もが知る、羽生結弦君です。やはり、凄い世界を知っている人って年齢関係なく、素晴らしいですね!

恋にかるたに耐え忍ぶ、太一も凄い!男子で耐えるキャラって惹かれますね、女性は。。。(度Sな私だからか・・・?!)
超人にも惹かれるので、このアニメは絶対に女子は惹かれるキャラです。しかも新は度Sでグラス掛けてる。。。インテリルッキングGOOD!太一は度Mでイケメン!ツボを心得てる作者にざぶとん!10枚!心得てるからくすぐられますね。。。へへへ。。。

男子も「かるた」の世界であれば、かるた女子の千早もモデル系美女だし!そのほかのキャラも個性的で面白いですし、競技選なら男子でものめり込むでしょう。コテコテ恋愛だけじゃないし、内容が奥深いし!ファンも多いですね。評価みると。。。

このかるたという競技も、体力と精神力と洞察力といろいろな能力が必要なんだと知り、始めたくなる衝動が生まれる人もきっとここまで描かれると沢山いるでしょうね。

キャラの設定も凄く面白い!特に、地味な外見なのに、中身の面白さを引き出すのがとても上手な作者ですね。だから、どんどんのめり込める、この引力は凄いです。
詩暢で、京都弁が柔らかくて実は相当キツい!なんて笑(京都の皆さん、すみません)知りませんでした。どちらかというと東男に京女なんていう古い言葉を知った時、京都の女性ははんなり・・・・ってイメージが・・・ちょっと新鮮な場面が度Sの詩暢で面白いです。

アーティストはスピリチュアル的な事に必ずといっていい程、携わりますね。それも、精通してある程度のレベルに来ると、スピリチュアルに携わらないと成長もしない。と私は個人的に思い込んでいます。

しかし、そういうった文化や感覚的な事も必要ですが、将棋と似たようなカッコイイ太一君や新は設定では理数系ですね。でも、その要素もなければ「かるた」で勝ち続けるのは難しいのかもしれないですね、ある程度の分析力もなければ勝ち抜いていけないと痛感しました。

大人も楽しめますね。地味な素材なので、中々飛びつけないですが、高評価だったので見れて良かったです。もし、高評価でなかったら見逃しかねない。

日本人として、世界へ誇れる「かるた」文化だし!
新じゃないけど、日本人が知らなきゃ!世界へ誇れない。
日本人として、こういった消えそうな文化の中のひとつに火を付けた作者は凄い貢献だと思います!これは日本人であるなら、是非見て欲しい!日本の代表として誇れるアニメのひとつだと思います。

最後に、思い出すのはもう1作あります。だいぶ、古い作品だけどね。
大和和紀の「あさきゆめみし」源氏物語の漫画。これは女子向きだけど、アニメに何故ならなかったのか?残念ですが。。。雅な源氏物語を簡単に綺麗な作画で見る事ができますよ!これくらい綺麗にきものを描いてくれたら作画に★5つ!

------------ 3回目の鑑賞中 10/9/2014 -----------
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4063766985/ref=wms_ohs_product?ie=UTF8&psc=1
このURLはアニメ前の小学校と中学校の小説一から四を読んでから三度目を観ています。
小説ですが、より詳細が描かれています。新の府中から福井へ戻り、永世名人の祖父が亡くなり、千早と太一が福井まで訪れるところ新の深層心理を知ることができました。心が折れた新の気持ちがよく理解できました。

クィーン詩暢ちゃんの中学生活の様子、彼女がSnow Manをコレクションするきっかけとか?かるたしか友達が居なかったけど、友達ができたエピソード。

奏ちゃんも登場していて、彼女の古典への意気込みでよりいっそうかるたの意味を知る事もできます。ところどころにちゃんと万葉集、古今和歌集、百人一首やその他の古典の素晴らしさや、難しくて理解できないと思い込んだ多くの日本人の気持ちを解放して、そうか!昔の和歌って今のJ-POPと同じなんだ。
そんなに難しく考えることもなかったんだなっと、学生時代のネガティブに思った気持ちを転換してくれました。

更に、太一の中学校生活で、意外と恵まれていたようで暗い日々を送っていた事や、GFとの出会いやいきさつそして、千早と端沢高校で出会うところまで。
詳しく書かれていて、2度アニメを観た時には気づかなかった気持ちの変化がとてもよく書かれていて、一度目はこんなにあちこち欲張ってアニメにして、もっと恋愛とかるたの試合を中心に絞ってくれたらいいのになぁ。っと
生意気にもそんなコメントを乾燥として残しました。

私の人間的な未熟さで、小説を読んでから本当は原作でこの小説に近いところを描きたくても描けずに、小説家に執筆で託したことを知りあれこれと余分な体脂肪が多く付いてしまって残念的なコメントを残した事をしてはいけなかったと悟れました。
この小説を読んだ事で、私の中で消化不良だった部分がサッパリとしました。

二度目を観た時は一度目より、詳しく自分の目で観たかったからです。でも、そんなの、所詮自分の心の成長がされていないから、どんなに深く感じようと思っても、心の渦巻く気持ちや、太一や千早や新だけじゃなく、その周りの人たちの気持ちの在り方や、見守り方、アニメを観ていると三度目でやっとそれぞれのキャラクターの気持ちがやっと痛い程伝わって来て、2回目までは泣かなかった所で、泣いてしまったり。胸がキュン!っとしたりしています。

本当に、「ちはるふる」が好きな人たちへ。。。
是非、この小説を手に取ってみてからもう一度観て下さい。
場面場面のキャラクター達の気持ちがもっと深く理解や感じる事ができるようになっています!

2019/3 記
2018/10 アメリカにも「ちはやふる 3期」のニュースが! でも2019/10 秋シーズンに延期

AnimeJapanNTVブースに千早役瀬戸麻沙美さん太一役の宮野真守さん登壇 既に声優さんの音録りは始まっているそうです 声優の皆様も歳を重ねたので、役の表現力についてご指摘を受けつつ現場は盛り上がっているとのことでした
6年待ち続けたのでとても楽しみです!

投稿 : 2020/03/10
閲覧 : 217
サンキュー:

8

よし さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

青春かるたアニメ

ただ、かるたをするだけではなく、色々な物語があってそこが自分が見ていて引き込まれていった理由だと思う。とても良かった。

投稿 : 2020/02/08
閲覧 : 31
サンキュー:

2

ネタバレ

プクミン さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

見てる分には面白いけど、やる気にはなれない

この物語はカルタです。

そして見て思ったのが
「俺の知ってるカルタと違う!!」
これです。

多分、ほとんどの人がそう思ったと思います。
で、5話の途中までは、正直何が何だか良く分からないまま物語が進みますが、5話の終わりあたりから、物語が大きく動き出します。
『見る事を諦めないでっ!!5話を見終わってから考えてっ!!』

Q「あのぉ~、カルタのルールがいまいち分かりません」
A「8話で簡単な説明があります。ですが、全然分かりませんでした」
Q「そっすか」
A「そっすよ」

以下、簡単なキャラ紹介と内容です。
{netabare}
【キャラ紹介】
綾瀬 千早:本作の主人公
学力は低く、女子力も低く、色気は無し。

真島 太一:本作の男主人公
小学校の頃は、勝つためなら汚い事もする男だったが、高校になってからは大人の男。リーダー。学力優秀、その他優秀、色々優秀。最優秀賞だ。

綿谷 新:本作のライバル的存在であり、裏の主人公的存在。
千早、太一をカルタの世界に引き込んだ男。

大江 奏:癒し枠
千早に半ば無理矢理カルタ部に入れられたような女の子。
おっぱいが大きい。話が進むにつれ、大きくなっていくように見える。超大きい!!

駒野 勉:机
学年2位の成績だからというだけの理由で、千早に無理矢理勧誘(連行)され、その後太一にお叱りを受け、色々あって入部。
データを取り、分析を得意としている。

西田 優征:肉まん
小学校の頃は強かった。新がいたため、常に準優勝。それが嫌になってテニスに逃げたが、結局カルタに戻って来た。

【内容】
小学6年の頃、千早が新とカルタ勝負をし、それでカルタに真剣に取り組む事になる。
がしかし、新は引っ越ししてしまい、太一とも疎遠気味。
高校に入り、千早はカルタを続けていた。
そんな千早が、なぜかカルタ部を作りたがっていて、まずは太一を、そしてその他の人を巻き込み5人集め、カルタ部結成。

その後、初心者にもスパルタ指導で力を付けさせ、東京大会で優勝。
全国では千早の体調不良により負け。
団体戦は負けたが、個人戦でエントリー。
そこで、現在のクイーンと当たり敗北。

後々、テレビでクイーン戦、名人戦をテレビで見る。
という、一通りの流れがあり、千早達は2年生になった。
{/netabare}

【感想】
ずっと思っていたのが、ルールが分からない!!
これは一応途中で太一が説明してくれるんだけど、勝敗に関するルールがほとんどで、細かいルール説明が無い為、作中描かれている戦いや駆け引きの凄さが分からないっ!

そして、ところどころ無駄に『花が咲く』エフェクト的なものがあるけど、あれが意味不明。

他にも気になる点が、いくつもあったが、それらを差し引いても、普通に見てて面白い内容でした。
主人公補正とかも無く、普通に勝ったり負けたり、一喜一憂。

【気になった点】
{netabare}
・なぜ千早は、カルタ部を作ろうとしたのかが不明。
別にカルタをやるだけなら、カルタをやっている○○会とか、そういうところでいいんじゃないか?
クイーンを目指している訳だし、個人戦でいいよね?

・5人揃って部活になった後、積極的に部員集めをしなかったのが腑に落ちない。
部にして何をしたかったのだろうか?

・千早のメンタルが驚く程弱い。
小学校の頃の方が強かった。なぜ、こんなにも弱くなってしまったんだろうか?

・脱臼(肩)が気になる。
あんな早い腕の振りなんてやっていたら、肩脱臼してもおかしくないよ?
肩とか特に鍛えてなかったよね?

・新の強さ
作中の話にも出てきているけど、肉まんは小学校の頃、既にB級からA級に上がれるぐらいの強さがあった。
にも関わらず、その肉まんを圧倒していた新は、既にその実力はA級だったんだろうと思う。
一応、中学の途中まではやってたのに、なんか小学の頃より弱くなっているような気がしなくもない。
もしくは、強くなってない。
肉まんだって、中学の頃ずっとやってなかったよ?
{/netabare}

という、謎を残し、まだ2期3期とあるんで、今後も期待。
まあ、本格的なカルタがあんなんだって知った今、全くやる気が起きませんね。

アニメとしてはオススメ。

投稿 : 2020/01/30
閲覧 : 88
サンキュー:

18

Zクァンタム さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

かるたってこんなに熱いんだと知った作品

今でも原田先生演じる石塚運昇さんの声で「懸けてから言いなさい。」というセリフを思い出します。おすすめです!

投稿 : 2020/01/25
閲覧 : 27
サンキュー:

1

たわし(ガガ) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

漫画派ですが

少女漫画では珍しい、文系「カルタ」漫画ですが「スポ根」ものです。

アニメのクオリティは非常に高いですが、何を隠そう「漫画派」なので、評価がしづらいです。

以前、「少女漫画」はアニメには向いていないと言いましたが、少女漫画でもファンタジーやSFなどといった空想ものはアニメにしたほうが、漫画より栄えますが、恋愛モノやこういった非常に頭を使う頭脳派の作品は「漫画でコマを読み返す」作業がいるので、漫画のほうが結局の話頭の中で整理しやすいという思いがあります。

ですが、アニメ化することで漫画以上に作品に入り込みやすいので、宣伝効果としては抜群でしょう。

投稿 : 2019/12/10
閲覧 : 88
サンキュー:

9

ネタバレ

ウル さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観たい

かるたを通じての青春ドラマ

正直あらすじを見た感じはかるたでそんなに面白くなるなかなと疑っていました。

けど、見事にかるたを通じての青春ドラマに仕上がってます!

一言で言うならめちゃくちゃ面白い!

過去の出来事から現在まで心境や環境の変化が丁寧に描写されていて主要人物に共感できます!

普段、恋愛系を見ない人も楽しく見られる作品になってると思います。

なので、何を見るか迷ってる人は試しに見てみるのをオススメします!

かなり熱い展開が続きます!

ここからは少し長いレビューになるので時間のある方はお付き合いください!

お時間がない方は、まとめだけでも読んでいただいたらなと思います。

過去編では「1話〜5話」


{netabare}
3人の微妙な距離感からどんどん仲良くなってかるたにハマっていく過程がよかったです。
王道ですね。

千早がお姉さんの夢から自分がかるたでクイーンになると決めたところいいですね。
誰かの夢に乗っかるのではなく、自分で夢をつかみ取るに変わる瞬間です。

太一も、ずっと千早が好きでヤキモキしてる気持ちもわかります。
ただ、かるたの対戦のとき卑怯な手を使ってしまいましたが、気持ちはわからなくもないです。
絶対にしちゃいけませんけどね。

新は千早と出会ってもある意味ブレないです。かるたでは絶対に負けたくないという表情が表に出てきて人間味がでてくるのがいいですね。
放課後も練習してましたし。{/netabare}


現代「4〜5話」


{netabare}
千早がずっとA級になるのを頑張ってる姿や、かるたを好きになったきっかけになった新の心境の変化にショックを受ける描写。
会いに来なければよかったのかなと思う千早にはすごく共感できました。
優しくて、真っ直ぐな性格がいい意味で変わらないのがいいですよね。
あとずっとかるた中心の性格も少年スポーツ漫画の主人公みたい!



太一が千早のことが好きで、けど自分のことは見ていなくて、それに苛ついたり、傷付いたりしても一緒にいたい気持ち。
自分の「青春全部掛けても新には勝てない」ってなっちゃう気持ち。
共感出来ます。
ある意味1番人間味があるキャラクターです。
けど先生にそれは「青春全部かけたって強くなれない?まつげくん、かけてから言いなさい」ってセリフも好きです。


新がほんとは二人が会いに来てくれて嬉しかった描写もベタですがすごくいいですね。 {/netabare}


6話


{netabare}
かなちゃんと机くんと肉まん君の登場です。
この3人も部活のモブキャラとかではなく心理描写もしっかり描けていて、全員に共感出来ます。
心理的も肉体的にも成長していきます。
特に机くんは登場人物の中で一番成長しているんじゃなかなと思います。

かなちゃんはかるたが大好きで最初は和服が着られるから入りたいっていう普通のキャラクターです。
けど、誰よりもかるたの詩が好きで
主人公にかるたの詩の意味や背景を教えてくれます。
これをきっかけにちはやには札に風景や色が見えるようになります。
「かなちゃんは、かるたと友達だよ」ってセリフを聞いて和服のモデル兼、試合のときは和服を着るという条件でかるた部に入部します。 {/netabare}


7話


{netabare}
太一が、自分がちはやの練習相手にならない…新だったらと思う気持ちは見ていて、いい意味でもやもやします。

机くんはクラスからもバカにされていて、最初はかるた部にも全く興味ありませんでした。
ちはやに無理矢理連れてこられて、人数合わせの為に呼ばれたと思ってる。
あんなに頑張っているのに勉強ですら、太一には勝てないのをすごく気にしてる。
才能の差は感じていて、いじけている机くんには共感しちゃいます。
そして机くんの無理難題にも答えるちはやと太一!
熱いです!
裏返しのかるたで、太一の心理描写がすごく好きです!
「俺は名人目指してるわけじゃないから勝てなくてもいいんだとけど…そんな訳あるか…目の前にいるのは俺だろ!」
このセリフがめっちゃいいです。

この話のラストのシーン…机くんと太一のやり取りも熱すぎる!
「なんで…あんなやつがいるんだろう…いい友達もいて力もあって、1位に…1位になるんだ!勝つんだ!けどわかってる、1位になったってあの輪の中には入れない…」
「出来るわけないよ、かるたなんかそんな才能なんてないよ!僕はお前とは違う!僕は勉強しか、机しか居場所がないんだよ」
このセリフを聞いて、太一は母親から勝てる勝負だけしなさいと言われたことや、青春全てかけたって新には勝てないって言ったこと思い出すのもいいですよね!

「かるたの才能なんて俺だって持ってねぇ!キツイけどやってんだ!負けるけどやってんだ!だって勝てたとき、どんだけ嬉しいか!」
「でも俺は仲間にするなら、かるたの天才より、畳の上で努力し続けられる奴がいい!」

このときの二人の心理描写がすごくいいです!{/netabare}


8話


{netabare}
肉まんくん登場回!
まさか子供時代に会ってた子だとは思いませんでした(笑)
新に子供時代にボコボコにやられて心が折れてしまった肉まんくん。
かるたの代わりにテニスをしていますが、テニスはかるたのかわりにはならないのに気付いた肉まんの心理描写はよかったですね!
ちはやとの勝負でどんどん自分の気持ちに気がついていく!
熱い! {/netabare}


9話


{netabare}
メンバーが5人集まって正式に部活を認められるかるた部!
初心者相手でも一切手を脱がない、ちはやは少年漫画の主人公みたいです!
近江神宮を目指すのを目標にする、ちはやは、より手を抜けないですよね。
みんなとチームになりたい、ちはやの気持ちは真っ直ぐで見ていて気持ちいいです。
かなちゃんが、初めて札を取るシーンも少しずつ前に進んでるのがわかっていいですね。
太一の家での合宿では、みんなのことを追い込み過ぎになるところを、太一が止めるのがいいですよね。
回りをよく見てます。
反省するちはやと、誕生日のケーキをみんなで食べるところいいですね。
青春してるって感じします。
ラストシーンで新からのメールもいいですね。 {/netabare}

10話


{netabare}
着物を着ての初めての公式戦!
ヒョロくんがいてるとは(笑)
机くんが一人勝てないでいて、焦っている心理描写いいです。
いじけすぎてしまうのは褒められるシーンではないですが、気持ちはわかります。
机くんいなくなって4人で戦うのですが声が出ていない。
チームになっていないので、実力的には勝っていても押されてしまいます。
声を出さないで強いチームなどはいないってセリフはどのジャンルでも当てはまりますね!
ここでの太一の心理描写もいい。
みんなの頭に手をやって声をかける、太一はちはや以上に主人公してます。

あと、机くんがみんな頑張っているところを見て奮起するところもいいです。
かなちゃんと机くんのやり取りもすごくいいですよね!
みんなに謝って、みんなも机くんを必要とするシーンいい。
かなちゃんの初勝利もおめでとうって言えましたし。
ここから机くんが情けない姿をあまり見せなくなるのがいい。
絶対評価では机くんは人間的にまだまだかもしれませんが、相対評価な一番成長していると思います。 {/netabare}

11話


{netabare}
この話ではチームとしての順番を考えて勝負に挑みます。
太一と先生のやり取りかなりいいです。
先生の「ここにいるのは別の君じゃないか」ってセリフ見てる人ならわかりますよね。
相手チームに押されますが、声を掛け合って前の試合とは雰囲気が違うのがいいです。
肉まんくんが昔のこと、今と比べて「俺何やってたんだろう」ってセリフもいいですね。
机くんが1枚の札を諦めないところを見て、肉まんくんも奮起するとこもいいです。
太一と、ちはやの対戦も熱いです! {/netabare}


12話


{netabare}
優勝して近江神宮に行けるのが決まる回!
ひょろくんのトロフィーをもって「来年は絶対に取り返す」って泣くシーンは気持ちがよくわかります。
熱いですよね。
太一の家にデータを持っていくシーンもいいです。

ちはやは家族でお姉ちゃんアルバムはいっぱいあるのにちはやの分が、ないシーンは悲しくなります。
ちはやだから、ここまで真っ直ぐで、ひねくれないでいれたのかなと思いました。
先生にもかるた部が軽く見られているのを感じるシーンもいいです。
机くんが成績に振り回されなくなった成長を見せてくれるのも嬉しいですね。

かなちゃん、机くん、肉まんくんもかるた会に入ってみんな成長していくのもいい。

ちはやが追い込まれたら、太一が気付いて手を差し伸べてくれるシーンもいいです。
昨日の敵は明日の友です。

先生がかるた部の部活見て、軽く見ていたのを改めるシーンもいい。
どんな部活でも、どんなことでも真剣で努力している人達はカッコいいです。{/netabare}


13話


{netabare}
チームが一つになって
「みんながいたからここまでこれた」
「勝ち上がるんだ、みんなで」ってセリフは暑いですね。
試合が始まって、ちはやの調子が悪い…

そして新の過去編
一言で言うなら重いです。
この過去のお話を見てたから、新の印象がすごく変わりました。
そりゃ、かるた辞めちゃいますよね。
かるたの神だと思ってるぐらいの、おじいちゃんが認知症になってかるたのことを忘れちゃうところや、クラスメイトが先に進んで取り残されそう、おじいちゃんの最後のやり取り、大会に行きたい…けどじいちゃんか…ここの気持ちがすごくわかります。

ちはやは倒れて、優勝は出来なかったのですが、ちはやにおんぶに抱っこ状態のチームがちはや抜きである程度勝ててるのが地味にいいところです。

ラストの「次は試合で」
熱い!! {/netabare}


14話


{netabare}
個人戦のお話。
ちはやがクイーンとの勝負。
ここは語ることは難しいですが、いい勝負でした。 {/netabare}

15話


{netabare}
負けて悔しがるちはやの気持ちは共感出来ます。
何より、その姿を見て奮起する太一がカッコいいです。
「負けながら、泣きながら、前に進めることが出来るかな」ってセリフは主人公のよう。
太一が負けて、みんなが泣いて悔しがるシーン、肉まんくんの「悔しいよな、準優勝が1番悔しい」
このセリフは肉まんくんが言うからより、心に響きます。
このあとの、太一が「泣くな、俺はまだ泣いていいほど、かけてない…悔しいだけでいい」ってセリフもすごく好きです。 {/netabare}


16話


{netabare}
総集編+ギャグ4コマみたいな回です。
なのに、結構面白かったです(笑)
かなちゃんモテ過ぎ(笑) {/netabare}


17話


{netabare}
机くんが自分の体型が細いのを気にしてるシーン…かなちゃんは折れないのがすごいと思います。
机くんは折れそうになりそうでも折れないところがいい。

電車でのちはやと太一のやり取りいいですよね。
太一の気持ちがすごく共感出来ます。
好きな人と二人きりになりたいのは当然だと思います。

大会で、太一と肉まんくんが大会でばったり出会うの面白かったです(笑)

机くんのデータを取ってちはやに説明するところもいいです。
机くんがどんどん成長してるのがいい。
そして、そのやり取りの中でみんな成長するのもいい。
かなちゃんは札がカラフルに見えている。
みんなが実力差あれど個性があっていいです。{/netabare}


18話


{netabare}
ちはやが弱点が露呈してしまう回。
ピンクの人もクイーン諦めてないのがいいです。

そして、部員同士の決勝戦が熱い!!
ひょろくんの「勝っていったやつから、盗めるところがあれば盗んでいく」っていう姿勢がいい。
ひょろくんもカッコいいんですよね!

かなちゃんと机くんの対戦は1番好きです。
お互いがお互いのこと知っていて、弱点や、強みがわかる。
手に汗握ます。{/netabare}


19話


{netabare}
対戦の続きです。

机くんの心理描写が熱いですね。
かなちゃんの心理描写も、もっとあればいいなのになと思ったりもしました。
勝負はかなちゃんの勝ちで終わりますが、机くんが笑顔で「かなちゃんおめでとう」って言えるシーンがめっちゃいいです。
昔の、机くんじゃ有り得ないことです。
精神的にも肉体的にも成長したんだなとわかるシーンです。

そして、太一と肉まんくんの戦い。
ここも熱い!
両者の心理描写がいい。
この勝負は肉まんが勝って、大会終わってからの太一と肉まんくんのやり取りがいいですよね。

「よかったな。運が良くって」って言ってしまう、自分に苛立つ太一…心理描写がすごくいいです。
「キツイな、一生懸命って。言い訳がきかねぇよ」ってセリフもめっちゃいいです。

太一が謝って、肉まんくんが太一が部長で良かったって言うシーン…ここでちはやが地味に聞いてるのが笑えます(笑)

車の中で机くん、肉まんくんを名前で呼ぼうとしてるところもいい(笑)
チームの雰囲気もすごくよくなってます。 {/netabare}


20話


{netabare}
負けた、太一の気持ちと新がかるたに戻ってきて嬉しい気持ち…新の番号とアドレス、ここのシーンめっちゃいいです。
アドレスの紙を自分で渡せっていうシーンも好きです。

太一が、どれだけの気持ちでかるたに望んでるか…これだけかるたに打ち込んでいても、テスト学年1位…1位じゃないとかるた部辞めさせられるからって…どれだけ努力しているかわかるいいシーンです。

机くんが「やりたい事を思いっきりやる為には、やりたくない事も、思いっきりやらなきゃいけないだ」ってセリフもめっちゃ好きです。
心に響きますね。

先生と太一のやり取りいい。
昇級の話を先生から持ちかけられるが、太一は「A級になるより、逃げないやつになりたい」って言える太一カッコよすぎる。 {/netabare}


21話


{netabare}
負けたら、丸坊主にするって約束には笑いました(笑)
ちはやが成長して、対戦相手の女の子を助けるシーンもいいですね。
新は憧れていた、先輩が心折れているところを目の当たりにする。
新は環境があまりよくないのに、頑張ってる。
太一のメールの内容もいい。
打ち直して「俺も東日本代表を目指すから、新は西日本代表になれ」って送るってのがいい。
熱くなります。{/netabare}


22話


{netabare}
前クイーンとの対戦。
前クイーンの心理描写や、期待が重くて、期待があるからやれるっていう描写がいいですよね。
努力の天才はどの作品でもそうですが、すごく共感出来ます。 {/netabare}


23話


{netabare}
先生がカッコいい(笑)
ここのちはやと太一の恋愛描写もいいアクセントになってますよね。
新は先輩とのやり取りもいいですね。
各自、クリスマスを過ごすのも、地味にいいシーンですね。
新に電話かけるちはやもいい。 {/netabare}


24話


{netabare}
太一ママと、ちはやのやり取りが地味に笑えます(笑)
クイーンと名人を見て、圧倒的な実力差を感じるいいシーンです。

また、クイーンの過去のお話もよかったです。
{/netabare}


25話


{netabare}
かなちゃんの将来の目標が出来る回です。
かるた部に新入部員が5人入らなければ、移動になっちゃうところで終わっちゃいます。
女帝が守っててくれているのがいい。
そして、2年生…{/netabare}


まとめ

内容は青春スポ根+恋愛です。
ですが、恋愛系のアニメが苦手な方も個人的にオススメ出来ます。

キャラクターの心理描写や成長が上手く表現出来ていまし、
物語自体も面白しくて、恋愛表現は以外にも、少ないですが、少ししかないのに、印象に残り、普通のスポーツアニメではない、いいアクセントになってます。
かと言って、スポ根部分が弱いってことはなく、とても熱くなるシーンが数多くあり、登場人物も魅力的で、誰か一人でも共感出来るのではないかなと思います。

個人的に男性陣のキャラクターの心理描写がすごく共感でき、感動しました。
太一が主人公でもいいのではと思っちゃいます(笑)

多分2期は恋愛描写は増えるのだろうなと思います。
今からすごく楽しみです。

投稿 : 2019/12/07
閲覧 : 138
サンキュー:

19

退会未定のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

続く。

一気に一期二期観るとかるたの試合が薄く感じる。かるたのことはよく知らないけど。

投稿 : 2019/12/07
閲覧 : 82
サンキュー:

3

ネタバレ

kakelu さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

千早へのイライラが止まらない!!それが無ければ良作。

1話の感想 ★★★★ 4.0
モデルの妹
{netabare}
千早、めちゃくちゃ美人だな……
ただ天然っぽい。
いきなり過去にとぶんやな。
彼女はいても、太一は千早のことが好きなんだな。{/netabare}

2話の感想 ★★★★ 4.0
小学生
{netabare}
小学生だな~
太一は好きな子に友達が絡むと嫌なんだろうな。
でも、太一の気持ちは痛いほど分かる。
しかし、千早のなんでも言っちゃうのは子供だから許されることだな。{/netabare}

3話の感想 ★★★★☆ 4.5
試合
{netabare}
試合には負けちゃったね。
まぁ、初心者二人だからそうだよね。
この3人が仲良くできたのはちはやがいたからだろうな。
新の涙にはぐっときた。{/netabare}

4話の感想 ★★★★ 4.0
昇格戦
{netabare}
太一、中学生のときもかるたしてたんだな。
なんか意外。
太一はセコいことするけど、それが逆に人間味がある。
太一はええやつやな~
千早は小悪魔だな。
恐らく、太一も新もどっちも千早のこと好きなんだろうな。
{/netabare}

5話の感想 ★★★★☆ 4.5
福井へ
{netabare}
新もイケメンになったな。
てか、太一も綿谷も高1のくせに大人びてるな。
これは惚れる。
最後の新の涙にはぐっときた。{/netabare}

6話の感想 ★★★★ 4.0
百人一首の意味
{netabare}
千早がウザイ。
まだ、あれを可愛いと見れない……
嫌がってる人を入れるために付きまとう。
今回は入ったからいいけど、もし千早が美人じゃなかったらぶん殴られても仕方がない。
そう思うと太一は良い奴だな〜
千早は相変わらず新、新と太一のこと全然見てないけど…{/netabare}

7話の感想 ★★★★ 4.0
机くん
{netabare}
太一、かっけーー!!
机くんも努力できる分凄いと思う。
千早はやっぱ、あんまり好きになれないな。
でも、これで4人だな。{/netabare}

8話の感想 ★★★ 3.0
肉まんくん
{netabare}
テニスで和歌のリズムってそれはないでしょ!!
あと、肉まんくんが映画と違っててちょっと違和感。
太一より肉まんくんの方が強いんだな。{/netabare}

9話の感想 ★★★ 3.0
合宿
{netabare}
本当に千早が腹立つ。
自分勝手で自分がよかったことは全て相手もいいって考えている。
みんなは真っ直ぐだといって褒めるが、あれは周りのみんなが人間できるからであって、普通はあーはならない。
{/netabare}

10話の感想 ★★★ 3.0
大会予選
{netabare}
やっぱり、千早は好きになれない。
メガネ君が辞めたくなるのも分かる。
そして、それに動揺して弱くなるのもまたムカつく。
本当に新と太一が千早のせいで振り回されているのが不憫に思えてくる。
この主人公やっぱ嫌い!!{/netabare}

11話の感想 ★★★ 3.0
大会決勝戦
{netabare}
勝ってよかったね。
最近、「あひるの空」見てるせいで楽に全国行けるのが陳腐に見えてしまう。
少女漫画だから恐らく恋愛の方が本当の主題なんだからそれで良いのかも知れないけど。{/netabare}

12話の感想 ★★★ 3.0
全国大会にむけて
{netabare}
多感な時期だから不安になるのは分かるけど、どうも千早を好きになれん。
これは同族嫌悪なのだろうか。
先生の心が変わったのはいいことだな。
新が出てくるのは来年になったらなのかな?{/netabare}

13話の感想 ★★★ 3.0
全国大会 団体戦
{netabare}
一番悔しいパターンだな。
でも、新がまたかるたをする気になってよかった。
机君が勝てたみたいでよかった。{/netabare}

14話の感想 ★★★ 3.0
女王
{netabare}
めちゃくちゃ強いな。
ちょっと、スッキリ!!
……自分性格悪いな~~
でも、やっぱり主人公は苦戦しないとな!{/netabare}

15話の感想 ★★★★★ 5.0
決勝戦
{netabare}
千早は段々と調子が出てきたみたいだけど、実力の差は明確だな。
太一は惜しかったな。
めちゃくちゃ感動した!!!
肉まん君は新に優勝をかっさらわれたからこそ、誰よりも太一の気持ちが分かるんだろうな。
あのシーンは今までで一番だわ!!{/netabare}

16話の感想 ★★★ 3.0
総集編
{netabare}
今までの振り替えりとちょっとした小話。
まぁまぁ面白かったと思うけど、連続でみてる身からすれば蛇足かな。{/netabare}

17話の感想 ★★★ 3.0
速さを捨てる
{netabare}
千早の弱点を見つけたらしいけど、大した弱点じゃないな。
もっと、致命的な弱点でもよかったのに。
これは次の大会では弱点克服してクイーンといい試合するんじゃんないか?
でも、私的にはそんなことよりも太一と肉まん君がA級になるの頑張ってほしい。{/netabare}

18話の感想 ★★★☆ 3.5
公式戦
{netabare}
千早の弱点がわかったな。
結局は考えなしだったってことか。
今更それって、どんだけバカなんだよ。
相手の奥さん、怒ったら絶対怖いw{/netabare}

19話の感想 ★★★★ 4.0
運命線
{netabare}
机君とかなちゃんの試合は熱かった!
二人とも成長したな~
そして、なんといっても太一と肉まん君の試合。
太一は本当にかわいそうな立ち位置だよな
あんなに努力しているのになんだかんだ報われない。{/netabare}

20話の感想 ★★★★ 4.0
新の復活
{netabare}
太一……
お前、また負けたのか……
でも、複雑だよな。
親友だけど恋敵。
いつかは太一と新の熱い試合が見たいな。
そして、願わくば太一の勝利を。{/netabare}

21話の感想 ★★★☆ 3.5
1回戦
{netabare}
ちみっこがA級か。
すっげーな。
太一も頑張らないとな。
千早は速さという武器があるように、太一にも記憶力という武器があるからいけるはず!!{/netabare}

22話の感想 ★★★☆ 3.5
前女王
{netabare}
なんて嫌らしい戦いなんだ。
精神的に攻めてくるんなんて。
これはしゃーない。
しかし、少しざまぁと思ってしまう。{/netabare}

23話の感想 ★★★★ 4.0
恋と部活
{netabare}
流石、無駄美人。
綺麗なのにモテないんだな。
まぁ、性格がアレだしな。
太一、報われて欲しいな。
千早はまだ恋心を抱いてるわけではないが、気持ちは新によってるな。
まぁ、太一の気持ちを知ったら揺れそうやけど。{/netabare}

24話の感想 ★★★☆ 3.5
女王戦
{netabare}
若宮、デブのくせに勝っちゃったよ。
舐めプが過ぎるな。
でも、かるた愛は伝わった。
許そう。{/netabare}

25(最終)話の感想 ★★★★ 4.0
名人戦
{netabare}
名人、イケメンだな。
しかし、超能力者だな。
実際の名人もこれと同じとまではいかなくても、できるのかな?
太一も新みたいに協力できる仲間がいれば。
肉まん君か新になるか、どっちになるか。
そして、季節は巡りまた春に。
新入部員5人はきつそう。
ラストは1話冒頭と同じ入りで終わり。
綺麗にまとめたと思うし、無駄美人のせいでいい感じに……
なんか悔しい。{/netabare}

投稿 : 2019/12/05
閲覧 : 352
サンキュー:

10

ネタバレ

ドリア戦記 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

「益荒男」女子の覚醒

これ随分昔に見ました。面白かったのでよく覚えています。

マイナーなスポーツ競技かるたの世界を描いた原作をアニメ化した作品らしいです。
これは原作漫画を見ていないので属性の違うメディア変換が行われた際に
どのような良い点と悪い点が生まれてしまったのがちょっとわかりません。
メディア変換の際に如実に現れるのが、
監督やスタッフのアニメや「作品」に対する理解度やセンスなのですが。
ただアニメは原作漫画通りに進んでいるようです。
このサイトはアニメサイトなので原作漫画の評価は関係ないでしょう。


『鬼滅の刃』もそうなのですが、男女のボーダレスというか少年漫画なのに女性ファンが多い、
少女漫画なのに少年漫画っぽくて男性ファンがいるという作品が目立つようになりました。
まあ、昔もそういうボーダレス漫画はあったのですがね。

この主人公の女の子は結局中身男子じゃんという感じなんです。
容姿はいいけど、背が高くて気性はさっぱりしている。
自分のやりたいことに一生懸命打ち込むあまり、異性の感情に気づくのが鈍い。
恋愛体質じゃないんです。
鈍いところはあるけど悪気のある子じゃないから同性からも好かれる。

逆に男から見てもかわいい子なんですね。
一途に子供の頃に好きだった子のために競技かるたに打ち込む。
そりゃこんなかわいい子に好きって言われたらよろめくわwって感じです。
またヒロインが惚れている男と微妙な距離感なんです。
恋愛が成立する前のあいまいな関係を描いています。
ここはさっぱり恋愛から遠くなってしまった元男子の中年男どもの心をくすぐるんでしょうか?w

もうね。少年スポーツ漫画の主人公と同じようなタイプのヒロインなんです。
だから男にもとっつきやすい。
また競技かるたといえば「雅みやび」な印象がありますが、
このアニメでは完全にマイナースポーツとして描いています。
だから筋肉痛にもなるし、腱鞘炎にもなるし、反射神経も求められる。

普通の少年漫画と違って上手いのはやはり女性ならではの心理描写です。
ヒロインは鈍感なので、自分の恋愛感情があまりわからない。
幼馴染が気になるけれど恋愛体質じゃないので、ライバルの女の子がでたら
「私、恋愛よりかるたに打ち込む!!」なんてこと言い出しかねない子です。
こういう不器用な元女の子いるよねぇ、私の周りに。
アンタ仕事ばかりしてちゃだめだよ。余計なお世話かw

スポーツ少年漫画だとこの「鈍感さ」や自分の気持ちに気づけない若さを
上手く描くのがいまいちなのですが、そこを細かく描いています。

また男性向け女性向け両方に共通するのですが、過去から繋がって続く思いを描いています。
幼馴染に感じた淡い思いが大人になってどう変化していくのか。
少女から大人の女性になろうとする中間の時期の女の子。
自分の気持ちを伝えられなかった頼りなかった男の子が、大人の男になろうとする時期。
体も精神もすべて、色々なことが変化する青春時代において、
幼馴染との関係性も変わるフレッシュな瞬間を切り取っています。
ここが身も蓋もない言い方をしますが、オッサン、「元女の子」の心をくすぐるのでしょうw
比較的多くの人が経験するであろうことですから。
まあ、このキラキラした眩しい関係に
「リア充爆発しろ!俺にはそんな瞬間はなかった」というのは自由ですw


すごいなあと思ったのは、女の子が自分の気持ちに気づくのと
「あっ!私、女なんだ」と自覚していくもやもやした瞬間をかなりリアルに描いている点。
少女が少女でいられなくなった瞬間ですね。10代の一時期にしかないことです。
逆に、この作品の男はようわからん!というか心理描写をヒロインほど細かくしていない。
でもここを女性漫画家が描き過ぎると嘘くさくなるので
この程度で良いのだと思います。
男が男性性に覚醒していく瞬間なんて生々しすぎて
一般向け少女漫画にはハードルが高すぎる。
描かないことで視聴者は美化した自分の思い出に浸ることができる。
例えば『悪の華』などは、やはり男が書くから生々しくて面白いのでしょう。
しかしこの辺の評価を故橋本治氏に書いて欲しかったなあと思いながら見ていました。
橋本さんは解説が上手いですから。
若かりし頃橋本さんの評論を読んで「こんな評論を書く人がいるんだ」とぶっ飛んだ覚えがあります。
独特の語り口で女性心理を説明してくれるので、「女がわからない!」という男におすすめです。
まあ、私はもう手遅れですがw

投稿 : 2019/11/16
閲覧 : 65
サンキュー:

6

kooodain さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

友情と情熱と青春の物語(百人一首という競技かるたの世界)

多分中学か高校に部活があってあの熱量で大江奏ちゃんのような衝撃を受けたら…
絶対競技かるたにはまってたと言えます。
元々百人一首覚えてますし…。

この作品スポ根物に近い所はありますが根性の部分は配分薄めです。
どちらかと言うと競技かるたを通しての出会い、別れ、苦悩、成長でしょうか。
王道っぽい作品と作風や進行であることは間違いないです。
ただ最初の5話以内で何度も泣かされることになるとは思いませんでした('-' )

見た感じで言うと成長や苦悩を見守るといったような感覚でしょうか。
感情移入も勿論時々はしますが彼らをずっと傍で見てきた親友の一人みたいな感覚です。

あと少女漫画原作だったと思いますし絵がとても綺麗で好みです。
少女漫画原作でしっかりした作品をアニメ化すると私好みの絵になります。
これは完全に個人的な趣味趣向?ですが。
まぁ絵がきれいなことは良いことだと思いますww
京アニのキャラ独特のあの感じみたいなものです。
京アニとは違いますが少女漫画原作でちゃんとした物だと絵に特徴がでますね。

ちゃんとした作品である程度は泣きたい人。
頑張る姿を見たい人。戦闘物に飽きた人。
青春を無駄に過ごした人←俺
彼らの青春とかるたに全てを掛ける姿を是非見てください。
とても楽しく見るのにエネルギーはいりますがそれ以上のエネルギーをもらえます。

▼物語の評価
最初から聞いていた通りの大作です。
ワクワクするというわけではないですが彼らの歴史を見守りたくなります。
練習はキーとなる練習以外は省かれていますがとんでもなく練習してるでしょう。
裏で。
いきなりああなるのはちょっとご都合主義っぽい感じもありますが…。
天才と秀才と元強者でそろってるのでまぁありえなくはないのかなと…。
▼作画の評価
個人的に好みな絵です。
少女漫画独特の綺麗な絵です。
▼声優の評価
一切気にならない程のクオリティでした。
▼音楽の評価
よく聞いてなかったのがもったいなかったです。
まぁそれ程物語に夢中になっていたということですが。
更に言うと違和感もなかったんだと思います。
あとOPがとても良く合っていて良かったです。
フルバージョンが最後に流れますがフルは微妙でしたww
▼キャラの評価
いいキャラが多いです。
相手の方にもいいキャラが多いです。
奏ちゃんカワユス!!(おぱい大きい^^)

投稿 : 2019/11/15
閲覧 : 68
サンキュー:

6

ネタバレ

友メロンパン さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

良作

皆さんが知っているであろう百人一首、その百人一首を競技として行う競技かるたを題材にした作品。競技かるたに魅入られた主人公が高校生になり、競技かるた部を設立、仲間と共に全国大会を目指し、主人公は女性の競技かるたの頂点であるクイーンを目指し、競技かるたに青春を注ぐ。

競技かるたと言うあまり馴染みの無い競技を題材にしていますので、競技かるたのシーンは今までに無いタイプの盛り上がりを見せていて、とても斬新で楽しめました。登場人物は、自分の欠点や長所を見定めて上手く向き合い、練習に励み競技かるたの技術をメキメキあげていくのはもちろん、

競技かるたを通じ、少しずつ人間としても成長していくのも見ていてとても清々しい。決して恋仲にはならないし、ラブコメの様な浮ついた展開にならない。それでもそれぞれが抱く淡い恋心をうまく表現できているのがとても高評価です。全体を通じて熱く、そして爽やかな展開の作品。

投稿 : 2019/11/11
閲覧 : 195
サンキュー:

23

ネタバレ

fuushin さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

畳上の春風。

原作は未読です。

見慣れないジャンルで、初めのうちは『これ、観続けられるかな?』でした。

扱う題材は、マイナー。
キャラは、女子向けのデザイン。
そしてあるある系・・。

特長はどこ?
オリジナリティーはどう?
琴線に触れるものはある?


・・・で、見つけました。

ギャップ感が生み出している強靭な物語に見つけました。
千早の強烈なパーソナリティが、これまた個性ゆたかなメンバーを見つけ出してくるのです。

このフロントラインが、どのような化学変化を起こし、唯一無二の展開を魅せるのか。

扱う題材は、目新しい。
キャラの役割りが、面白い。
あるある系? いいえ、大転換です。


オリジナル性は、1000年の歴史に裏打ちされていました。

精進と鍛錬に向き合う一生懸命さは、私の見知らぬ世界の扉をぐいぐいと開いてくれました。

なによりも、百人もの歌人が、揺るぎないバックボーンとなって、5人の取り手の大応援団になっていました。



ああ、これは圧倒的に魅力的なのです。

それだけでも満腹なのに、チーム戦という青春要素を、綾に錦に織り込んでくるものですから、もう十二分です。



1000年の春の風を、畳上の競技に乗せて、全身全霊で表現するセカイ。

そんなゲーム、世界の何処にもないでしょ。

ほんとうに、脳が痺れました。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
本作が、皆さまに愛されますように。

投稿 : 2019/11/06
閲覧 : 107
サンキュー:

23

ネタバレ

shino73 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

さくやこのはな

原作末次由紀、制作マッドハウス。

競技かるたを題材とした少女たちの青春群像。

自己実現の物語さえも資本として消費され、
一生懸命さがどこか空回りする時代に、
かるたという文化を通じて成長する少年少女。
青春の普遍的なものがよく表現されている。
それは夢中になること、躍動すること。

青春群像としては最高峰の頂に近い。
競技かるたに懸ける彼女たちの葛藤からは、
その息遣いまでリアリティを持ち、
それでも夢に向かに歩み続けるその姿に感動する。
自分より泣いてくれる人がいる。
それは青春の特権でもあるのでしょう。
そう、青春にまた次なんかないのだ。

{netabare}練習→団体戦→個人戦の構成に加え、
恋愛が物語にそっと寄り添い描かれている。
匙加減が絶妙ですよね。{/netabare}
さりげなく人生を導く大人たちと、
個性溢れる幾多のライバルたちに恵まれ、
その物語の躍動感に心が揺さぶられる。
ピーク点を複数持つのが強みなのでしょう。
これはユーフォニアムに似ている。
キャラクターの方言にまで魅力が溢れている。

競技かるたの魅力も伝わりますね。
呼吸のリズム、言葉が音になる瞬間。
音の一歩先に集中し五感を研ぎ澄ませる。
ちはやは宝物を見つけたのでしょうか。

それにしてもまっすぐで美しい少女である。
若宮詩暢も素晴らしいキャラクターだ。
僕と同じ名前でお気に入りである(笑)

こんな青春群像ならいつでも歓迎だ。
ほんとに楽しめる素敵な贈り物でした。

投稿 : 2019/10/30
閲覧 : 323
サンキュー:

70

和球 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

胸アツなスポ根アニメ作品

競技かるたをモチーフにした青春スポ根胸アツなアニメ作品です。

かるたは完全に無知でしたがストーリーを通して概要は理解できます。
その上で分かった事。
かるたはスポーツです。チームワークです。絆です。

スポ根好きな方は先入観を捨ててとにかく騙されたと思って何も考えず見てください。

終わる頃には目から大量の汗が溢れている事でしょう。

投稿 : 2019/10/23
閲覧 : 65
サンキュー:

6

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

あつい日も 雨がふっても がんばれる みんなかるたが 大好きだから 

ながいアニメだったけど
見はじめたらはまって2日で見終わっちゃった^^

はじめはちはやって
わがままで思ったことをすぐ口に出す

ちょっといやみがある子かなって思った
でもそんなことなくて
とっても思いやりがある子だった

負けずぎらいで
みんなをむりやりひっぱってくから
そう思ったけどちがったみたい

ちはやはみんなに好かれてる

でもそれって
ちはやがきれいだからとか
スポーツがとくいとか
頭がいいからとかじゃなくって

ちはやがみんなのことを
必要としてくれるから
みんなもちはやが
好きになるんだと思う(うん)

そしてちはやは
そのみんなから支えてもらってる
だから負けたりなやんだりしても
またかるたに夢中になれるんだよね

それで
みんなのこともプッシュするけど
きらわれたりしないのも
ちはやが1ばん
がんばっているからだって思うなぁ

にゃんは競争とか勝負って
あまり好きじゃなかったけど
ちはやは負けても
うらんだりにくんだりしないところもよかったな

にゃんもおんなじクラスだったら
ちはやと友だちになりたいなー☆
でも
記憶力とかないからかるたはムリかな~w


太一くんって
{netabare}小学生の頃はいじわるなとこもあったけど
高校生になってかわった
すごく大人っぽくなって責任感があって
ステキな男の子になったね {/netabare}

でも
太一くんってかっこいいけど
にゃんは綿谷 新くんが気になるんだ~♪

{netabare}あんまり出てこなかったけど
かるたにかける思いは
ずっと変わってないよね

とちゅうでちょっと休んじゃったけど
かるたへの思いがなくなったわけじゃない。。 {/netabare}

変わらないっていいなって
にゃん思うんだ(うん!)

1ばん気になってたのに
あまり出てこなくって
とってもざんねんだったから
ぜったいにつづきがあると思う(たぶん。。w)
そして変わらなくつよいところを
みせてほしいな☆

さいごだけど
かるた部のみんなもまとまってきたね♪

いっしょにわらったり
泣いたりなやんだりできる
そんな友だちってうらやましいなぁ。。

にゃんも見ながら
いっしょに泣いたりよろこんだりしてたから
そう思った


   

投稿 : 2019/09/29
閲覧 : 1354
サンキュー:

325

tomledoru さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

格闘技入門編

こどものころ見た「百人一首」かるたは,絵札を取るのか,自札を取るのかも知らず,「坊主めくり」の道具でした。

「百人一首」かるたは,折り紙文化同様,日本一なら世界一という「新」のセリフにあるように素晴らしいものです。

小学生から,でも,それ以下でも,今や「ちはやふる」のおかげで,「百人一首」の売り上げも増え,取り組む人が増え,いいことづくめです。

昔は正月などでテレビ中継されていた,「百人一首」かるた取りは,まさに格闘技そのもので,驚いたのをまざまざと覚えています。

投稿 : 2019/09/13
閲覧 : 69
サンキュー:

6

scandalsho さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

かるたがこんなに熱いとは・・・。

原作未読。キャッチさんからの紹介で視聴。

実は、過去に2話まで視聴した事があったのですが、少女漫画的な作画が受け入れられず視聴を断念した作品。
意を決しての再挑戦です。

あにこれでも非常に評価の高い作品だけあって、物語は秀逸だったと思います。
何よりも、かるたがこんなに熱いとは・・・!

競技かるたのルールが分かりやすく描かれているところも高評価。
かるたに全く興味なかった私も、置いて行かれずに最後まで楽しめました。

作画に関しては、少女漫画的な作画には最後まで馴染めませんでしたが、これは好みの問題なので・・・。

投稿 : 2019/07/28
閲覧 : 296
サンキュー:

75

トロロ~サンキュー~ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

案外名前しか知らない人多い?アニコレで10位に入るには理由がある!そう。良作だから!

カルタとか百人一首のこと土素人ですがとても楽しめました。取り方から読まれる字のことから意味からなかなか丁寧に解説してくれるので誰でも見やすいと思いますし。あとはスポーツとかカルタって心がある人間がやるから面白いんだろうなって思いました。あらゆる駆け引きのなかでうまれる臨場感や心理戦がとてもうまく表現されていてそれぞれのキャラの弱さや強さがわかりました。カルタに対するそれぞれの熱い思いや姿勢もリアルで胸を打たれました。目標とかも具体的で昔かわした約束のためにがんばる姿もとてもよかった。
ところどころクスッてなるところもありましたよ。感動するところもありましたし。
短所は特にないけどあげるとすれば中盤が少し展開の早さに欠けるかも。でもそんなの後半とか2期にある面白さのためなら問題ないと思えました。
2期は文句なしで面白い!

投稿 : 2019/07/21
閲覧 : 175
サンキュー:

20

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

何かに一生懸命になることは素晴らしい

今年の秋に第3期が始まると聞いて、もう一度視聴することにしました。
始めに言っておきます。間違いなく「傑作に選ばれる作品」です。

≪百人一首・競技かるたの世界≫

この作品を通じて「競技かるた」というものを知りましたが、実に奥深い競技だと感じました。

年齢・性別に関係なしに参加できる競技はなかなか無いなぁと思いましたし、新しいジャンルの作品に出会えたことが嬉しかったです。

{netabare}

≪キャラクターについて≫

とにかく「一生懸命さ」が伝わってくるに尽きました。高校の部活で青春全部掛けるくらい頑張るとは言いますが、登場人物はまさに「有限実行」ですね^^

特に「かるたが上手くなりたい」と漠然に練習するのでは無く、

「詩を詠む事」「詩の背景や意味を追いかける」といった、「かるたは一体どのようなモノなのか」を掘り下げて描写するシーンが多く

アニメを視聴しながら、「かるた」について詳しく知ることができるので、この作品の世界に引っ張り込まれます。

また、かるたの世界は「暗記力」「体力」「反射神経」「瞬発力」「感じ」といったように、頭だけでなく体も使うスポーツです。

かるた部のメンバーそれぞれに、違った武器もあり弱点もあり、それぞれが「自身の向上の為には何が必要か?」を一生懸命考え、問題を少しずつ解決するシーンも多かったので、感情移入してしまうことも多々ありました。※凄く良い意味で^^

≪A級になるより逃げない奴になりたい≫

私が今作で一番印象に残った言葉は「太一」がB級からA級に昇格できない時、先生に言ったこの一言でした。

この作品では、キャラクターの「精神面」での成長もよく描かれていて、「太一」の精神面での成長には眼を見張るものがありました。

勉強・スポーツ万能タイプで、全国模試・定期考査で毎回トップの彼ですが、得意の「暗記」を活かした「かるた」をとっても、なかなか勝ちきれません。

負けが続くうちに、「努力不足ではなく才能の差か?」と自身の弱さを責める事もありました。

それでも「自分自身には絶対に負けない」という強い決心の表れを感じました。

「よく出来たスポコン」は単なる試合での勝ち負けだけにフォーカスするのでは無く、こういったキャラクターの心情や精神面での成長もしっかり描くことが大切なんだと実感しました。

≪才能と向き合うこと≫

周りのメンバーにも苦悩があるように、主人公の千早にも弱点があり、今時の「チート主人公」ではないことも触れておきます。

彼女は生まれつき耳が良く、読まれた札を速く取れる才能がありました。
かるた界では、読み上げた札への反応速度を「感じ」と言います。

A級に昇格するまでは「感じ」の良さで勝つことが多かったですが、次第に「才能だけでは勝てない」相手にぶつかることになります。

物語後半からは「努力して追いつけない相手とどう向き合うか」という難題に直面する場面が多いですね。

≪感想≫

文科系スポコンアニメで、視聴者をここまでアニメの世界に引っ張り込む作品は初めてでした。

「かるた」というマイナーな競技を「分かりやすく」「詳しく」描き上げた制作側には感服しました。

また単なる「スポコン」でも無く、キャラクターの成長と挫折、心の内面を
丁寧に描写するシーンも沢山あり

手を抜かずに「一生懸命に取り組む」姿勢には、思わず泣けてしまいます;;

文科系スポコンのジャンルの中では、間違いなくトップクラスの作品です。
まだ未視聴の方には、ぜひオススメしたいです。

{/netabare}

投稿 : 2019/07/01
閲覧 : 79
ネタバレ

nan-nan さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

原作通り!

アニメ化すると下手にストーリーや設定をいじったりしますが、この作品は原作通りで素晴らしかったです✨
もともと好きなジャンルだったのでアニメも楽しく拝見出来ました(^^♪

やっぱり「スポ根」アニメに属するんですかね!?
私は個人的に「スポ根」アニメに分類しています!
競技かるたの凄まじさは一流のスポーツ並みですし…。

あっ!個人的にですが「しのぶちゃん大好きです」

投稿 : 2019/06/27
閲覧 : 53
サンキュー:

5

taijyu さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

百人一首の魅力、勝負の面白さ、恋愛、全てで高品質な名作

とても面白かったです。
かるたというよく知らない世界の面白さ、興味深さが非常に良く描かれていて、かるたをやってみたくなりました。無理だけど。
単純に勝負物としても面白いですね。

もちろん主人公ちはや、太一と新といった主要キャラも、それ以外のキャラ達も、それぞれに非常に魅力的でした。
恋愛要素もとても気になりますね。素晴らしく品質が高かったです。

あとは余談ですが…
作者さんは以前の連載でバスケシーンでスラムダンクをコピーして叩かれた方、と認識していましたが見事に再起したものです。素晴らしいことです。
しかし少女漫画でバスケの絵にスラムダンクを使って何か問題があるのでしょうか…? バスケ漫画ならともかく、少女漫画の1シーンで。
若い作家にとってはスラムダンクなんて雲の上みたいな存在何だから、格好いいバスケのシーンを入れたい→スラムダンクから持ってこよう、何て無邪気なもので、何ら問題ないと思いますけどね。
この手の過剰な叩きは昔からよく見かけますが、叩きばかり声が大きくて擁護の声ってのは届かないんですかね。
これだけの実力を持つ方が連載を打ち切られる目に合うなんて、理不尽で気分が悪いです。

投稿 : 2019/04/30
閲覧 : 83
サンキュー:

5

ネタバレ

nloveY さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

青春=スポーツ>恋愛 が上手く融合したアニメ

1期、2期含めての評価です。
10点中10点(例 7点→☆3.5 8点→☆4)

①どんなアニメ?
競技かるたが題材の青春スポーツアニメ

②高評価ポイント
・かるたのルールが分からなくても楽しめる。
・主要キャラクター、一人ひとりにスポットが当たる。
・試合中の心理と駆け引きの描写が秀逸。
・恋愛要素が物語を邪魔しない程度に上手く入っている。

③低評価ポイント

④疑問点/改善点
・競技かるたというスポーツの仕様上、他のスポーツより試合展開引き出しが限られているように感じた。3期以降の展開に不安が残る(2019年10月に放送決定)
・筑波 秋博は面白いキャラではあるが水沢高校かるた部に必要な要素であったかやや疑問である。{netabare}花野 菫のような台風の目になるような展開が欲しかった。{/netabare}

⑤総評
・こういった作品では恋愛要素が強くなりすぎる傾向になりがちだが要素のバランスが非常に良い。スポーツに限ったことでないが一つのことにここまで夢中になれる人達はとても魅力的でありその物事に対する我々の価値観にも良い影響を与えてくれる。
作中の主要キャラクターのかるたに対する想いが自然に伝わる良い作品。

投稿 : 2019/04/22
閲覧 : 162
サンキュー:

14

既読です。 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

主役美男美女。

おまけに才能まで開花させるって
私には1mmも接点が無くて・・・苦手。

「ムダ美人」だの「かるたバカ」だの
いろいろエクスキュース盛ってるけど
誰がどう見てもどう考えても

美人+才能=無敵 じゃん!

不細工は徹底して不細工だしー!

なので、まーったく感情移入出来なくて

でも、話が面白いので観てしまう。

この美形たち腹立つわー!

って思いながら、内容が面白いから
ついついこちらまで熱くなって
観てしまいました。

強さの秘密

詩の背景を知って色覚で見えたり
詠まれる最初の息遣いが聴こえたり
札の配置を一瞬で覚えるサバン能力に
力むことなく最短距離で札を取ったり
守ったりという運動神経で無敵感だらけ。

どんどん明らかになっていくのですが、
それではないクイーンや名人の強さの秘密

はあ?・・・カンの良さですか  orz


2019年10月アニメ第3期開始との事。
楽しみです。

投稿 : 2019/03/05
閲覧 : 151
サンキュー:

9

ネタバレ

funamushi さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

成長

スポ根の成長物語って大好きです。キャラについつい感情移入してしまいます。
悪い奴がいなくて、どのキャラも応援したくなります。

投稿 : 2019/01/29
閲覧 : 134
サンキュー:

5

次の30件を表示

ちはやふるのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ちはやふるのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ちはやふるのストーリー・あらすじ

姉がモデルの日本一になることが夢であった小学6年生の綾瀬千早は、福井から来た転校生・綿谷新に「自分のことでないと夢にしてはいけない」と諭される。そんな新の夢は競技かるたで名人になり、日本一になることであった。真剣にかるたに臨む彼の姿に感化された千早は、幼馴染の真島太一も巻き込んで、かるたの魅力へ惹きこまれていく。(TVアニメ動画『ちはやふる』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2011年秋アニメ
制作会社
マッドハウス
公式サイト
www.ntv.co.jp/chihayafuru1/
主題歌
≪OP≫99RadioService『YOUTHFUL』≪ED≫瀬戸麻沙美 『そしていま』

声優・キャラクター

瀬戸麻沙美、細谷佳正、宮野真守、茅野愛衣、奈良徹、代永翼

スタッフ

原作:末次由紀(講談社『BE・LOVE』連載)、 監督:浅香守生、シリーズ構成:高山直也、キャラクターデザイン:濱田邦彦、美術監督:清水友幸、撮影監督:藤田賢治、色彩設定:橋本賢、CG監督:さいとうつかさ、編集:木村佳史子、音楽:山下康介、音響監督:三間雅文

このアニメの類似作品

この頃(2011年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ