「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q(アニメ映画)」

総合得点
77.0
感想・評価
1514
棚に入れた
8269
ランキング
602
★★★★☆ 3.9 (1514)
物語
3.6
作画
4.2
声優
4.0
音楽
3.9
キャラ
3.9

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

マーティ さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

あなたはもう、何もしないで( `д´)

 シンヱヴァンゲリヲンまで見たんですけどまだここの感想書いてなかったので、簡単に書いときます。

 「破」に圧倒され、すぐに続きを見ましたが、、、完全に置いてけぼりで、どん底に叩きつけられました。とはいっても、この映画がダメだというわけではありませんよ。
 今回のシンジは14年もたっててまだ子供です。つまり、年齢を重ねてもまだ大人になりきれていない人たちを象徴しているように見えました。
 まだ見てない人は、シンエヴァの布石だと思って、ぜひ最後まで見届けてほしいです
(*-ω人)。

 これにて感想を終わります。ここまで読んでくださりありがとうございました。

投稿 : 2022/05/01
閲覧 : 192
サンキュー:

15

ネタバレ

匿名 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

はっきり言ってワケがわからない

オナニー作品。


追記
これぞエバ。

投稿 : 2021/08/13
閲覧 : 108
サンキュー:

0

ネタバレ

栞織 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

Qですがどうも絶不調だったのでは・・・?

オバキューとかウルトラQとひっかけているみたいなタイトル、「序」と「破」の次の「急」じゃないという事で嫌な予感がした本作でした。なぜ「急」にしなかったのか?それは私にはわかりませんが、破とシンエヴァのはざまにあるみたいな作品で、話としてもわからない部分が多かったと思います。なぜ槍が二本あるのかとか、その槍を抜いたらなぜだめだったのかなどのフォローがまったくなくお話は進みます。従って観客も謎解きがなされないので、ただ画面で物語が流れていくのにつきあっているだけの状態になってしまいます。こういうまったく理由が不明である作品に、私は見たことがないのですが、海外のニューシネマ的ジャンル、例えば「去年マリエンバードで」などの作品があげられるのではと思います。いわゆる雰囲気を楽しむという作品ですが、はっきり言って私はこの手の作品は好きではありません。ただ、シンジとカヲルの物語として見た場合は、一本筋が通ったものになっており、その支持者の人たちには受け入れられたのではないかと思います。

作画的にはキャラの顔が全体的に長くなっており、貞本さんの絵柄ではない感じがしたのもあれでした。背景などは凝った感じのSF的舞台装置になっており、エヴァの退廃的な感じはよく出ていたのではと思います。もしシンエヴァがあの終わり方にしようと当初からもくろんでいたのだとしたら、この「Q」はあえて趣味に走って作ったと思われまして、万人に受け入れられるものではなかったと私には思います。

投稿 : 2021/03/22
閲覧 : 175
サンキュー:

7

ネタバレ

アスク さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 3.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

プロが作った芸術作品

ストーリーについては評価するもんじゃないですね。Qという名の通りまぁクエスチョンで引きの回であって、Qを評価するってのはダメだと思います。だからといって別に僕はQは駄作だと思わないし、面白いと今日見て思いました。

エヴァが一言で表すのが難しいとよく言われるのは話が使徒から世界を守ると単純な話ではなく複雑な人間関係や感情が絡むからだと思いますが今回のQではカヲルくんに支えられたシンジくんってのがよく描けてていいと思いました。

例えばピアノの演出。一本指で弾いていたのが指を全部使って弾くようになりますがこんな感じでピアノの上達度でカヲルくんとシンジが長い間いっしょにピアノを弾いたってことがわかるので、カヲルくんをシンジくんが信頼するまでの過程が映画で短い時間の中でも納得できてスっと入ってきました。その分後半のカヲルくんが死ぬシーンなども辛く、鬱と呼ばれる理由も分かります。トウジくんのシャツの演出もカヲルくんと穏やかに話したあとにサラッと見せてきて残酷な現実を自覚しました。

ただやっぱり描写不足すぎていわゆる"空白の14年"ってのもわからずなぜシンジくんに厳しい態度を取るのかとかはわからずやや不満な部分もあります。シンジ視点で進んでるんでしょうね。

作画 作画に関しては最初の宇宙での戦闘シーンを始めとしてロンギヌスの槍を止める時のアスカの戦闘シーンの高速ダッシュ、code777の解放とかめちゃくちゃ迫力ありました。新世紀でエヴァの厨二性の面白さとして神経パルス接続完了!みたいな何言ってるかわかんないけど科学ってすげーみたいな演出が申し分なくていいと言っていましたが、Qでは最新のCGとかをバンバン使って、でかい戦艦や司令塔とかで作戦をたたてるのはやっぱいいですね〜。アスカが殴る時のカメラワーク、レイが助けに来る時とか興奮しました。Qは作画悪かったらおめでとうの再来ですけど作画いいのでおめでとうよりは全然いいですよ。

投稿 : 2021/03/14
閲覧 : 137
サンキュー:

1

ネタバレ

たわし(爆豪) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

「社会」の分断をどうにかしなければいけない時代

「ヤマト2202」の最終話を観たあとに、「翔んで埼玉」も観てきて思ったのですが、ソーシャルメディアが発達して、我々の価値観が常日頃、ひっくり返り個々の人間の考えや価値観が多様になってしまった時代だからからこそ、

この「社会」的な内向きの不安や分断をどうにかしなければならない時代に突入したんだと感じました。それが「平成」が終わりを告げて、次なるステップにゆく時代なのだと。

「進撃の巨人」や「約束のネバーランド」などのディストピアものが受けるのは、人々自体がそういう社会的状況に置かれているからであって、正直言って前向きで未来のある作品ではない気がします。

「エヴァンゲリオンQ」で庵野秀明監督がシナリオや構成でめちゃくちゃになってしまったのは、未だに社会が激動の1995年と変わらないからであり、25年もの間全く成長しなかったからだとも捉えられ、常に表現する側は社会の動きに敏感にならざるを得ないのです。


そして、新たな第一歩。実りのある表現が求められている気がします。

「エヴァンゲリオン」はそういう意味で本当に「社会」的で時代の空気を反映した奥深いアニメ作品だと思います。

投稿 : 2021/03/04
閲覧 : 402
サンキュー:

16

ネタバレ

リアム・ギャラガー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

これこそがエヴァンゲリオンだ

皆様は少し勘違いをしていないかい?これこそがエヴァンゲリオンなんだ。だが一つ言いたいのは、俺達のぽか波を返してくれヨォ!!!!ミサトさん!!!!!!いきなりこんなことになっててわけわかんないですよぉ!!!!!!!!空白の14年間で何かあったとは思いますよ!!!カジさん殺しちゃったとかありそうですよ!!!!!でも説明してよぉ!!!!!!!

投稿 : 2021/02/14
閲覧 : 118
サンキュー:

1

ネタバレ

レオン博士 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 1.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

独特で壮大な世界観に脱帽。

とりあえず、新劇場版の序と破を見ることは必須です。いきなり見ても意味不明ですから。

新劇場版 序の感想でも書いたとおり、私はエヴァのニワカである。
原作、旧劇場、序、破、Qと見てきて、映像コンテンツとか、底なしの壮大すぎる世界観とか素直に凄いと思う。

ホントにね、すごいクオリティ高いと思う。多くを語らず、想像する余地をたくさん残す手法は嫌いじゃないです。

ただ、エヴァQは説明不足なだけじゃなくて、合理的じゃないところが多々あるのが看過できないです。

断っておくが、全体としては素晴らしい作品だと思う。多くのファンの心を打つのもよくわかる。

とりあえず私はおかしいと思うところを挙げる。
重ねて言うがこの作品自体は好きだ。
あら探しをしたがるのは性分なので大目に見てほしい。

{netabare}
・シンジのせいでサードインパクトが起こり、人々から嫌われているのはなるほどと思った。でも、みさとは破のとき「行け!」って背中押してたのに、誰からも責められてないし、シンジを責める資格ないよね?
・原作にしても序にしてもシンジに何も説明しないところは一緒だけど、何が起きたのか一切説明もせず、こいつ何もわかってないガキだってみんなで蔑むのはおかしい。
・シンジが暴走したら危険な存在であると認識しているのに、ろくに説明もせず戦争艦内でウロウロするシンジを放置して、出ていく時も強く止めないのは、時限爆弾を艦内で野放しにしているようなものでは?エヴァに乗らなければ安全?それならなおさら拘束しておくべきだ。絶対乗らないでね、じゃないでしょ。なんで乗ったらいけないのか説明もせず出奔させて、いざ乗ったら何で乗った!?と責める。信用できないのなら拘束しとくべきだし、せめてシンジが暴走して世界がおかしくなったからだって説明しとくべきだ。説明しない理由がない。

・エヴァに乗るなって言うほうも乗れっていうほうも、理由説明しないことには判断のしようがないでしょ。

・殺すための首輪をどうやって外したのかはこの際いいとして、なんでカヲル君はつけたの?意味わからん。
・さらにカヲルが思っていたのと違ったから止めようって言っても聞かないシンジ。どういうことなの?

・シンジの親父も、ミサトもそうだけどシンジに言うことを聞かせたいのなら、説明しないよりもそれっぽい嘘をついて協力させたほうがはるかに簡単なはず。何も説明をせず、あれだけ冷遇しておいて、言う事だけ聞けって言って選択の自由だけ与えたらそりゃ反逆されて終わるのは当たり前でしょって思った。

最後のカヲルの言葉を無視して槍引き抜くのは全く同意できないけど、
それ以上に周りの人間の言動や態度にイラっとする。

{/netabare}

アスカについて
{netabare}
最初はアスカの行動や言動が意味不明だったが、何度か見返すうちに少しは分かった気がする。

要するにアスカはシンジへの想いと、ヴィレ一員としての立場との間で葛藤していたのでしょうかね。
みさととのやり取りを見ても、意見の相違がみられるようですし。

最初に映画を見たときにはアスカの心情は読み切れなかったです。
じっくり見て、自分で考察しろってことですかね。
奥が深いですね。

{/netabare}

長々と疑問を書きましたが、面白い作品だとは思う。
ただ、人物の行動とか言動に合理性や妥当性がないと思うので、そこだけが残念でなりません。
すごい世界観だと思うので、ちゃんと細かいところにもこだわってほしいと思います。

次回作、期待しています。

投稿 : 2020/08/22
閲覧 : 191
サンキュー:

13

ネタバレ

みかづき さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 2.5 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

まってました 虎の子よん♪

エヴァ ぜんぶ観てる(はず・・)

けれど私は
私が秀逸と感じた他作品に比べて エヴァが
飛び抜けて自分はすきだ とかの熱烈ファンでは
ぜんぜん ない

フィギュアも レイとマリだけ(•ө•)♡

少数派だとおもうけど マリが好き(^_^.)
人間的に? 物怖じなし 精神がつよくて。 
ただ いっちゃってる だけかもしれない
知り尽くした上での 俯瞰できてる存在なだけかも?
しれないけど

エヴァを知り尽くそうという気はなく でも

{netabare}
初期の テレビ版は 度肝をぬかれた ところがあった

少年 少女の プラグスーツのいやらしさ
ひきこもり とか 萌 とか 社会や
世界 世俗の 世相を よく表していて

シンジの うじうじっぷり・・でも
中学生が 突然 世界の中心に放り込まれる むりもないよね

だから エヴァって 気持ち悪さとか 共感とか
ひとの 欲求も 潜在欲求も 表にだしてて

アスカが2号機ごと 使徒の群れに 食いちぎられる(映画だったかな)
神 聖書的なはなしもあわせて
直感的な インパクト 感動は

私は嫌悪感もあって 好みではないのだけど
やっぱり 感動があったな

このQは 前作とか つづくとか つなぎとか
まぁ それはしかたないとして

エヴァテレビ版 ほかのこれまでのエヴァ映画
のように 心が揺さぶられるところは なかったのが残念でした

シンジだけを 今回の世界変化の元凶 とみるにはおかしい
ゼーレも ほかの大人も 誘導してるし。
でも シンジが主人公だからね( ;∀;)主人公視点
主人公を中心に まわりの心理描写 になるのは
しかたないよね うーむ

作画はすごい でかいエヴァ でかい新戦艦ブンダー
キャラも 表情も 動きも すごいね(≧∇≦)b

でも はなしに 感動が まったくなかった( ;∀;)
いままでの 展開 みてきた はなし シーンに
みえちゃったな そう感じたから しかたない・・

14年後 はおもしろい展開なのになぁ・・

アスカは14年 シンジより長く生きてるのになぁ・・
あの シンジにやっとやっと再会したときの
壁パンチは よかったんだけどなぁ・・・

なんだろう 丁寧さが ないのかな
驚きもなかったなぁ 

ドラマ 半沢直樹 1stシーズンを初めて観た直後だったせいかな???
半沢直樹 すごいおもしろかったよ

やられたらやりかえす! 10倍返しだっ!!
それが俺の流儀だ!

あぁーっ! 愛する家族のためだとぉぅ!?
なめてんじゃねぇぞぉぉぉぉ!!!
てめぇが踏みにじった 殺してきたひとたちにも
家族はいたんだぞぉっ!!

すみません・・・(-_-;)
{/netabare}

投稿 : 2020/07/22
閲覧 : 412
サンキュー:

5

ネタバレ

オリヴィエ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

3.33

シン・エヴァに向けての溜めパート

全編通して物語的には冬の時代。
破から14年経過しサードインパクトのトリガーとなったシンジはみんなの嫌われ者。
エヴァに乗るなだけならまだしも何もするなと・・・。
おまけには首に自爆装置までつけられるレベル。

綾波のコピー品にのこのこついてってまた性懲りも泣くエヴァ13号機に乗って、カヲル君に止めようって言われたのに無理やり槍引っこ抜いて、フォースインパクト起こすっていうもうどうしようもないくらいの間抜けっぷり。
これで完結編までおあずけとはなかなかの所業ですね。
まぁ最後まで見ないとこのQの意味は分からないんじゃないかな。

投稿 : 2019/02/10
閲覧 : 227
サンキュー:

11

ネタバレ

筒井筒 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

とってつけと、構成の区別のつきにくい話。しかし、オープニングは、CMとか入ってて、放映事故かなと思ったら、かなり進んでた件。

ミサトらの離反。
エヴァを超える平気の導入。
大半が、ネルフ内部で行われる、シンジの話。
外部の様子を見ることもせず、内部の話がほとんど。

ああ、どういう流れでこうなってしまったのか?
カヲル君の希望も消えうせ、とにかく、リリスから離れましょう的な感じだったかな。

気づいた、日常を描いていたのだと、終末のエヴァの世界の。
続編のリピートの制作は、今となっては噂の話。

でも、エヴァだから、見に行っちゃうんだろうな。
この言葉を、早く忘れないと。それとも、新人類のアニメファン層が揃うのが先か?

投稿 : 2018/01/19
閲覧 : 196
サンキュー:

7

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

なにこれ。

え?終わりなん?って所で終わってんけど、これはテレビ放送やからなのか、映画館でもそうだったのか。
なんかもう意味わからん。結局、意味わからんかった。
ミサトさんもお父さんもグラサンかけてたから、上の人の間ではグラサンが流行ってるんかな?とか思った(笑)
まあ、なんかアスカが元気そうで何よりです。

投稿 : 2017/05/15
閲覧 : 162
ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

大災害「セカンドインパクト」後の世界を舞台に、人型兵器「エヴァンゲリオン」のパイロットとなった少年少女たちと、第3新東京市に襲来する謎の敵「使徒」との戦いを描いたTVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』(1995年–1996年)を、新たな設定とストーリーで「リビルド」(再構築)したものが『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズである。
本作は2007年公開の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』、2009年公開の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』に続く第3作目にあたる。
タイトルの『Q』は、当初は雅楽の用語「序破急」に由来する『急』とされていた。

投稿 : 2015/08/18
閲覧 : 228
ネタバレ

蒼い星 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

単体では評価できませんね。

新劇場版4部作の3作目。2012年公開。

この作品の要点。
・前作から14年間が経過して変わり果ててしまった世界の状況説明
・シンジくんとカヲルくんのピアノを通じた、ちょっちホモっぽい友情関係
・エヴァ初号機とシンジくんの母親の謎の説明
・状況に流れ流されるままのシンジくん
・そして、煮え切らないまま完結編へ!

のっけから空中戦闘アクションがあってナディアを思い出しましたね。
新キャラがどっさり登場してネモ船長と同じ声の人もいましたし。
作画は本当に良かったです。
でもね、おどろおどろしい地球になってしまって、
こんな世界には住みたくないって思いました。

ストーリーは良かったか?というと疑問符が付きますね。
前作、破では「シンジとレイ」という軸があったからこそ感動できたのですが、
今回は世界観が暗いですし仕組まれた陰謀ばっかリで、
シンジくんは利用されるだけで主体性のない奴って感じでした。
これが、この作品の持ち味なんでしょうけどね!

あと、旧エヴァのストーリーや設定が頭に入ってないと、
劇場版だけ観てる人は展開についていけないと思いました。

戦闘を経て物語の途中で次回に続くって感じで今回、
お話としては中途半端なところで終わってしまいました。
完結編の公開が望まれますね。

短いですが感想を終わります。読んで下さいまして、ありがとうございました。

投稿 : 2015/06/12
閲覧 : 427
サンキュー:

51

ネタバレ

blended さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』は、2012年11月17日に公開された日本のアニメーション映画。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』全4部作の第3作目にあたる。

シリーズ第1作『序』は、TVシリーズ第壱話から第六話までのストーリーをほぼ踏襲していたが、第2作『破』からは、TVシリーズ第八話から第拾九話を元にしつつも、新たな登場人物、エヴァンゲリオン、使徒などが加わり『新劇場版』独自のストーリーへとシフトしていった。そして本作『Q』では、前作から14年後の世界におけるNERVと反NERV組織「ヴィレ」の戦いなど、TVシリーズや旧劇場版とは全く異なるストーリーが展開される。


前作『破』終盤で描かれた「ニアサードインパクト」から14年後の話ですが、
エヴァのパイロットは「エヴァの呪縛」により外見に年齢変化がないらしいです。
この作品の評価は賛否両論みたいですが、個人的にはまあまあ楽しめました。

投稿 : 2015/01/02
閲覧 : 183
サンキュー:

0

ネタバレ

眠夢 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

エヴァは何回見てもよくわからない

投稿 : 2015/01/01
閲覧 : 185
サンキュー:

0

ネタバレ

ラファエル@アニヲタ さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

帰ってきた僕らのエヴァ

エヴァ新劇場版はどちらかといえば一般向けなのかな?と思っていました
アニメに忠実な序
いきなりシンジ君がヒーロー(?)のように格好良くなる破
特に破では完全に一般受けの良い展開となっていて、すごく複雑な心境になりました(シンジ君が格好良いし展開も熱い!でもエヴァっぽくない展開だな...と)
まぁ映画だし、かなり世間的な知名度もあるし、これはこれで新しいエヴァとして楽しもう!そんな気持ちでQを見に行ったらこれですよww(直前の金曜ロードショーで嫌な予感はしてましたが)

のっけから、庵野監督の「ナウシカ」が始まった!笑
もうこの時点ではぁΣ(゜Д゜)!?てなりましたね
そして、いざ始まるともうあれやこれや突っ込み所満載の理不尽ワールド
何も事情を語らないくせにやたら厳しいヴィレの面々
綾波はいないわ(黒波も可愛かったけども)
カヲルくんは煽るだけ煽って、間違ってると気付いてもシンジを必死に止めようとしないわ
もうとにかく超絶鬱&謎展開に映画館の皆はポカンとしてましたわww
でも、これが庵野監督が作る「エヴァワールド」な気がしてワクワクしましたね
考察とかしても斜め上展開を作ってくるのが僕らの庵野!
次回最終話も楽しみだ

投稿 : 2014/10/18
閲覧 : 206
サンキュー:

3

ネタバレ

タック二階堂 さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

もうさ…

いい加減にしろと言いたい……。
どんだけ引っ張る気よ。

序破急って、急で始末がつくものでしょ?
しかも、破と全然つながらないじゃないの。

訳わからないし、振り回されっぱなし。

だけど好きなんだよなぁ……。

投稿 : 2014/09/06
閲覧 : 273
サンキュー:

5

ネタバレ

AR15 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 1.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

これじゃない!

物語の評価は1になってますが、ストーリーがつまらないって事は無いです。
面白かったです。楽しめます。

じゃあ、なぜ1なのか?

「お前が待っていたエヴァはこれなのか?」ときかれたら「違う」と言わざるを得ない。

そんな感じ。どうしてこうなった…ORZ
TV放送、旧劇場版の「割り切れない」エンディングのケリを付けたかった。
その希望は儚く消えた。

旧に縛られず、序→破→Qの流れで見る分には、
エヴァってこういう話なんだと先入観ナシで見る分には文句無しです。

投稿 : 2014/08/23
閲覧 : 209
サンキュー:

0

ネタバレ

たんぽぽの花 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

Qって付けるのが意味不明なのですが

有る程度、有名になり過ぎて作品をどう生かすかが凄い問題だったんだと思います。オヲル君の登場や、何体目かのレイ、そしてまるで冬眠でもしてたかのような、シンジやアスカ、マリ、映像の中では呪いとしか出てないのですが、それだけで済ますには無理が有るように思えました。
あと、シンジの首輪をカヲルが自分の首につけ直す意味も不明、
何か、今まで積み重ねたエヴァの物語がどんどん崩れてきている感じがして仕方が無かった。シンジは身勝手のままだし、アスカも変わってないし
レイも相変わらず、物語で停滞しているなら間に合わせで映画なんか作るべきではないと思う作品でした。何が正しいのかも全然解からずだったし
TVの時もそうでしたが、作品の後半を少しちゃんとまとめるべきに思えた作品でした。変に使徒を変えてストーリーを無理に変えて、そういう複線じみた事は作品の流れをちゃんとしてから出して欲しかった感じです。
次回作も有るみたいだけど、エヴァの終わり方は難しいので、
見る側があ~~なるほど!って言える作品作りにして欲しいと思いました。

投稿 : 2014/08/04
閲覧 : 211
サンキュー:

2

ネタバレ

フローズン さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

異色の再スタート、中継ぎ

・賛否両論も納得できるほどの異色な展開
・前作までの高みに登りつめるような結末から一転、再スタートを図る
・しかしTVシリーズの展開をなぞっている(結末)
・序、破は単独で1つの作品のように作っているが、今回は次作までの中継ぎのような作品なので、次作によって評価は変わってくると思う

投稿 : 2014/05/30
閲覧 : 202
サンキュー:

4

ネタバレ

文太 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

初見の衝撃

情報量が多くてぽかーんになっておりました。
ゲンドウがサイクロプスみたいになっていて劇場内で必死に笑いをこらえてました。
音楽や戦闘シーンはかっこよく興奮しました。
CGが劇場公開ではちょっと破にくらべて劣っていた気がします。BDで修正はいっておりました。
何度も見るとこれはこれでありかと。

投稿 : 2014/05/11
閲覧 : 192
サンキュー:

2

ネタバレ

Zeroζ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

序→破→Qときた中で一番ぶっ飛んでる作品ですね。
ネット上では空白の14年と呼ばれていますが…文字通り破から14年飛びます。
衝撃を受けたのはポカ波が黒波になっちまった事ですかね〜
自分的にはポカ波のキャラは好きでした…(・Д・)ノ
Qはもともと多かったエヴァの謎を更に大きくする作品になりました。
加持の消息、14年の間にNERVがどのような事になったのか?、アスカは何故眼帯をつけているのか?、旧劇や他の作品とのループ説などなど今まで回ってきた中でもいろいろな謎が取り上げられています。
でも、作画は綺麗ですし、第13号機はカッコイイので見ることをオススメします。

P.S.
お願いがあります

とある平和の雑談広場という掲示板を広めるのを手伝ってもらえませんか?

http://bbs7.aimix-z.com/mtpt.cgi?room=zatudann

ここのスレッドの中に貼ってあるURLを貼ってもらえると幸いです。

Twitterなどに貼ってください

投稿 : 2014/04/28
閲覧 : 175
サンキュー:

1

ネタバレ

ねいばー さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ぽっか~ん

視聴者置いてけぼりの超展開から開始!シンジくんの気持ちがよーくわかるような構成になっています.ロボットアニメ臭がつよくなってて好み.

投稿 : 2014/04/26
閲覧 : 170
サンキュー:

1

ネタバレ

(´◉◞౪◟◉`) さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

AA

庵野監督はみんなの望むエンディングが作れないことに定評がありましたねw
そのおかげで新旧合わせて永いことエヴァとお付き合い出来てます・・良くも悪くも。

皮肉を作中で表現する庵野さん!今回も期待してますよ・・
嘘です・・・早く終わらせて下さい この呪縛から・・


宮村優子さんのバセドウ病で次回作大丈夫なんだろうか・・

投稿 : 2014/03/13
閲覧 : 151
サンキュー:

3

ネタバレ

くかす さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

感想

いきなりの急展開。破からの続編なのかパラレルワールドなのかループなのかすら良くわかりません。破での予告のシーンは全くなし。まさに予告詐欺。しかし十分面白かったのでがっかりはしませんでした。さらに謎が深まったってかんじです。
一番気になるのは最後のシーンでのアスカの言葉の{netabare}「ここじゃあL結界密度が強すぎて助けに来れないわ。リリンが近づけるところまで移動するわよ」というのです。リリンというのは人間のことですから、レイはともかくシンジとアスカも人間じゃない何かってことなのかな。 {/netabare}
次のできれいに完結するのかな。

投稿 : 2014/02/15
閲覧 : 199
サンキュー:

9

ネタバレ

泉たける さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 2.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

どう表現したらいいものか?

とにかくスゴイ作品をぶっこんでくるなぁという感じでしょうか?
破の後でこんな展開を予想してる人はいなかったんではないかとw

ストーリーはもうわけわかんないので、置いておきましょう。エヴァって昔からストーリーを追っかける話なんかじゃないので…。

エヴァQでもすごいのは作画の凄さですね。これは元祖エヴァからずっとそうです。これだけすごい作画ができるのってあとはジブリくらい??
とにかく作画はすごい。
ストーリーは流して、絵だけ見てても飽きませんww
そういう鑑賞の仕方もありかもしれません。
エヴァに出て来る用語とかは思わせぶりなだけ?インテリ風なだけで、中身はなんもないので、結局伏線の回収なんて全くしないで話が終わります。だって、伏線回収したくても、肝心の伏線としてしようしている用語とかに全然意味合いがないし、世界観とかって基本的にあまり作ってないからメチャクチャだしw
というわけで、エヴァって深く考えたり、ストーリー追っかけるアニメじゃないって自分は思ってます。
でも、ストーリー云々とかじゃなく、もう作画は芸術的すぎる。
そういう芸術的な作画を鑑賞する作品として見るとまた違った見方ができるかも??

あとは、声優さんの演技とかは素晴らしい。
音楽もいい。
物語は残念…
そんな作品ですw


って、物語の点数がメチャクチャ低いのに、他の点数が高いから平均点が高い…
ムチャクチャやな…

投稿 : 2014/02/15
閲覧 : 223
サンキュー:

8

ネタバレ

キリン  さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

話が違うじゃない

物語が始まってけっこうしばらくの間
「ハッ!・・・・・・・・夢か・・・・・・」
といつ言うんだ?と思って観ていました。

そのくらい、予想していたストーリー
(TV版をちょっと変更したような感じ)
と違っていて、
度肝を抜かれた・・・と言うか
序盤、夢かと思っていたせいで
内容が頭に入りませんでした。

まぁヱヴァはシリーズ通して
1回観ただけじゃ、私には半分も解かりません
でも本作Qはそれに輪をかけて難解で
所々マリの存在のヒントになるような場面は
見つけたものの、結局想像の域を抜け出せません。
むしろ、そんなことに気を取られていては、
他の大事な事を見逃してしまいそうで、
物語を追うのに必死でした。


今となっては、ブルーレイやDVDでじっくり観れますが
やっぱヱヴァはどうしても映画館で観て
友人達とあーだこーだ言いたかったんです。



これホントにちゃんと終わるの?
と次回作に物凄く期待しています。

投稿 : 2013/12/05
閲覧 : 252
サンキュー:

8

ネタバレ

ファースト さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

おおおおお!?

公開日に見に行きましたが、
見終わった後はポカーンとしてました

ぽか波いいいいいいいいいい

でもおもしろかった^^

投稿 : 2013/11/11
閲覧 : 275
サンキュー:

4

ネタバレ

yuala さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

出逢いとさよならの物語。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版第3弾。
主人公碇シンジと謎の少年渚カヲルの出逢いとさよならの物語。

カヲルと連弾するシンジが元気になってくる姿が、嬉しかったです。
後、カヲルが、エヴァに乗れば世界を元に戻せるかもしれない。という言葉に対し、シンジは拒否する。それは、反ネルフ組織でシンジに嵌められた首輪(ヱヴァに乗ると死ぬ)を気にしてである。そんなシンジにカヲルは首輪を外して自分の首につけるシーンもシンジを大事にしているカヲルの姿が悲しくて痛い。

カヲルの末路は誰も知っているから、尚更です。

カヲルの首が飛ぶ瞬間が痛々しい。

作画は綺麗でした。

声優さんたちも問題なく…。

音楽も良かったです。
とりわけ宇多田ヒカルが歌う「桜流し」がカヲルとシンジの事を歌っているようにも聴こえる個所もあり、凄く良かったです。

成長したキャラや初登場のキャラも魅力的でしたが、やはりシンジを筆頭に凄く印象が変わったミサトや、眼帯つけているアスカや黒いプラグスーツの綾波レイ(仮称)、そしてカヲルが立っていたと思います。

次回作が速く観たいです。

投稿 : 2013/10/28
閲覧 : 220
サンキュー:

3

ネタバレ

Banちゃん さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

どう評価したらいいのかわからない。

エヴァの世界はちっぽけな私には理解不能なのでしょうか?でも嫌いじゃないです。続き見る予定です。

投稿 : 2013/10/27
閲覧 : 189
サンキュー:

1

次の30件を表示

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qのストーリー・あらすじ

前作『破』終盤で描かれた「ニアサードインパクト」から14年後。葛城ミサトをはじめ旧NERV職員らは、反NERV組織「ヴィレ」を結成し、NERVのエヴァを殲滅すべく活動していた。ヴィレは、式波・アスカ・ラングレーの乗るエヴァ改2号機と真希波・マリ・イラストリアスの乗るエヴァ8号機の2機によって、衛星軌道上にNERVが封印していた初号機を強奪する「US作戦」を実行する。改2号機は Evangelion Mark.04「コード4A」数体から妨害を受けるが、8号機の援護射撃でそれを突破。さらに初号機とともに格納されていたMark.04「コード4B」の迎撃により窮地に陥るも、一時的に覚醒した初号機によって助けられ、初号機とともに地球へと帰還する。(アニメ映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
アニメ映画
放送時期
2012年11月17日
制作会社
スタジオカラー
主題歌
≪ED≫宇多田ヒカル『桜流し』

声優・キャラクター

緒方恵美、林原めぐみ、宮村優子、坂本真綾、石田彰、立木文彦、清川元夢、三石琴乃、山口由里子、長沢美樹、子安武人、優希比呂

スタッフ

原作:庵野秀明、 総監督:庵野秀明、監督:摩砂雪/前田真宏/鶴巻和哉、副監督:中山勝一/小松田大全、脚本:庵野秀明、主・キャラクターデザイン:貞本義行、主・メカニックデザイン:山下いくと、総作画監督:本田雄、作画監督:林明美/井上俊之、特技監督:増尾昭一、総演出:鈴木清崇、色彩設定:菊地和子、美術監督:加藤浩、CGI監督:鬼塚大輔/小林浩康、撮影監督:福士享、編集:李英美、音楽:鷺巣詩郎

このアニメの類似作品

この頃(2012年11月17日)の他の作品

ページの先頭へ