「這いよれ!ニャル子さん(TVアニメ動画)」

総合得点
80.9
感想・評価
2861
棚に入れた
15367
ランキング
200
★★★★☆ 3.7 (2861)
物語
3.3
作画
3.7
声優
3.8
音楽
3.7
キャラ
3.8
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ハウトゥーバトル

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

クトゥルフ神話が元となっている

視聴理由 ギャグアニメらしい

序盤 ん?????wあ、そう言えばギャグアニメだった

中盤 ちょっと仮面ライダー多すぎやしませんか

終盤 やっぱギャグアニメだった

注意 わかる人にしか分からないネタだらけです

この話は「クトゥルフ神話」という架空の神話の中に出てくる、狂気と混乱をもたらすNyarlathotep(ニャルラトホテプ)が元。ちなみにコイツの別名は「這い寄る混沌」。

話的には日常・ギャグを主体とした話。
途中途中でラブコメが入るけど気にしないレベル。
ギャグの精度も凄く、回を重ねても勢いは衰えない。
opは後ろから這いより隊Gの「太陽曰く燃えよカオス」。(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!
作画は普通。この作品はキャラがメインだからね。

割と良かった

投稿 : 2019/04/17
閲覧 : 32
サンキュー:

7

kpby2751

★★★★★ 4.5
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

To LOVEる を軽くした感じ

以上。

投稿 : 2019/03/05
閲覧 : 60
サンキュー:

1

プクミン

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

色んなアニメ(アニメ以外もあり)のネタを取り入れたアニメ

主人公、八坂真尋の家に、宇宙人が住み着く。
主人公が突っ込み役、ヒロインは突っ込まれ役。
ヒロインは3名
・ニャル子(ニャルラトホテプ)
・クー子(ニャル子大好きっ子)
・ハス太(男の子)
で、繰り広げられるコメディー。

面白いと感じるかどうかは、あなたの知識次第っ!!
いや、他アニメとかの知識とか無くても存分に楽しめます。
ノリは良いし、明るい作品です。

投稿 : 2019/02/26
閲覧 : 61
サンキュー:

2

haiga

★★★★☆ 3.4
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ウー!ニャー!ウー!ニャー!ウー!ニャー!(ФωФ)

オープニングが良いですね(^^)

思えば中学生の時にハマりました。クトゥルフ、クーリトルリトル、クトゥルーなどなど。人には正確に発音し、読むことの出来ぬ邪神達。一目見たら発狂してしまう。そういえばこの作品でもちょいちょいSAN値で出て来ますね(^_^;)
ツァットゥーグアやナイアルラトホテップ、ダゴン、アザトースなどの厨二病全開の設定にやられた人も多いと思います。

今までホラー系の小説などで沢山題材になったクトゥルーですが、この作品はクトゥルー神話の邪神達をかわいい女の子にしたハーレムコメディです。
ぶっとんだ設定ですが、ニャルラトホテプがヒロインのニャル子さんで、主人公の真尋君を護衛(と言う名目でつきまとう)するお話です。

かわいい邪神達が沢山出て来て、真尋君を中心としたドタバタコメディが終始続きます。テンションが合うかたはよいと思います。私はちょっと置いてかれちゃったかな(^_^;)

投稿 : 2018/12/11
閲覧 : 103
サンキュー:

6

ネタバレ

R子

★★★★★ 4.6
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

デレを楽しむアニメ

題名だけ知ってたけど、ずっと手を付けていなかったアニメ。

第一話を見て、想像してたのと違って引き付けられた。

SFチックな設定とかアクションシーンとかはあまり興味がないので、ヒーローとヒロインの恋路に視点をおいて観てみることに。

ヒロインが早い段階でデレて、主人公をおいかける・・・という基本設定がわかりやすく、ストーリー中でのツッコミも、行き過ぎなデレに対するものが多かったりする。
シリアスな場面がギャグで一掃されたりもするが、私としてはそれぐらいでちょうどいいかなぁ、と思った。

あと、作画が良くて、観やすいアニメだった。声優さんの声も可愛かったし、それぞれのキャラによく合っていた。
・・・けど友人の眼鏡君だけは、全然慣れなかった~><

投稿 : 2018/11/01
閲覧 : 209
サンキュー:

7

ネタバレ

かもかも

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

まひろさぁん、、、バレなきゃ犯罪じゃないんですよぉ

もちろん私的見解ではありませんよ?笑
こういうブラックジョークをアニメで入れてくるの嫌いじゃないです

とにかくニャル子がうるさかった
設定もお構いなし
しょーもないことをしているのでこちらは失笑するしかありません
ただずっとあの勢いでやられると
1周回って温かく見守りたくなるんですね〜

そんな普段はよくわからないニャル子ですが
海と祭のお話はよかった
{netabare}
いつか宇宙に帰らなくてはいけないし
邪神と人間って生きれる年も違う
つまり楽しい時間を共有するのは限られるわけです

真尋さんとずっと一緒にいられますように…そうお願いしてたんです

本心がわかるこのシーン
出来るだけ今を大切にしたいという気持ちが伝わってきます

そんな時間の大切さをテーマにした作品ですから
振り回される真尋さんも
日常がかけがいのないものと気づく
という落とし所にも納得

お決まりのパターンでしたが
この作品にぴったりの結末だったと思います
{/netabare}
後、
なんと言ってもOP!
とても癖になりますよね

と爪痕を残したニャル子さん
これから先も忘れることはなさそうです

投稿 : 2018/10/06
閲覧 : 193
サンキュー:

23

ootaki

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 2.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

いいヒロインなんだけど

メインヒロインは自分としてはかなりいいと思うのですが、話の展開がぶっ飛びすぎなのと、他のヒロインの役不足感があったので、このような評価にしました。

投稿 : 2018/09/07
閲覧 : 38
サンキュー:

1

ネタバレ

にゃん^^

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ニャル子とまひろクンのラブコメディ

はじめはにゃんの好きな
にゃんこの出てくるアニメかなって思ってて

見はじめたらちがくって
パロディとかギャグとかバトルとか
くとぅるー神話(?)とかって
え。。なにそれ?って感じでにゃんはよく分からなかったw


おばかアニメだからきらいっていう人が多いかな
あと
いつもおんなじであきちゃうとか。。って
でもにゃんは楽しかったよ♪

いつもわーわーやってて
だからおちこんだりしたとき
いやなこととか考えないでにボーっと見てられるの^^

いいなって思ったのははじめの曲で
おどるの好きなにゃんがおどりたくなっちゃった曲w
ふりつけとかあったらよかったのになぁ☆

それで
次によかったのはニャル子のお洋服
ときどき変わるのでちょっとたのしみだった♪
でもにゃんにはぜったい
にあわないよね(><)


おはなしはハーレムなのかな?

でもまひろクンのことを好きな女の子って
ニャル子だけだし(だよね^^)
ツンデレなのはまひろクンで
ニャル子はまひろクンを守ってあげてる♪

これって
ニャル子とまひろクンのラブコメだよね(でしょ?)

ほかの子たちって
2人のあいだに横はいりしようってしてるだけだよねー

そう思ったらニャル子のまひろクンへの思いって
すごいなぁって☆

まひろクンがどんなに冷たくしても変わらないで
あぶなくなりそうなときはちゃんとあらわれて
まひろクンを助けてあげるんだもん^^


ニャル子っておばかだけどにゃんは好きだなぁ。。
こーんなまっすぐな思いって

おばかアニメだってまじめなおはなしだって
にゃんは応援したくなっちゃうんだ
(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!

だからニャル子のその気もち
まひろクンが早くうけとめてくれるといいね~☆

投稿 : 2018/09/05
閲覧 : 990
サンキュー:

239

ネタバレ

01oinaris

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

名状しがたい新感覚ギャグアニメ のようなもの

ハワード・フィリップス・ラブクラフトが約100年前に発表した怪奇小説シリーズによって体系化された「クトゥルフ神話」をモチーフに、
パロディオンパレードで疾走するハイテンションギャグアニメ
…のようなもの?

そもそも小生はクトゥルフ神話自体が初見であり、本作に出会うまでそのような想像神話体系が存在することも知らなかった。
ある意味、100年前にアメリカで一部受けしていたラノベ…的なモノだろうか?

本作は、まさに渾沌カオスなパロディーギャグアニメ
ギャグ自体にウィットや面白みがあるわけではない。
いろんなパロディーがちりばめられているのはわかるが、正直半分も元ネタがわからなかった。
パロディーギャグを披露する場合、普通はネタ元がわかるようなツッコミを入れて、わからない人もわかるように展開するのがお約束。
でも本作は思っ切りスルーして勢いだけで畳み掛けてくる。
ネタ元わからなくて結構、ついてこれる奴だけついてこい、的な疾走感。

…でも面白い…面白さがヌルヌルとこみ上げてくる…
面白いのだが、何が面白いのかわかるまで時間がかかった。
いや、正確にはちゃんと理解しきれていない。
とにかく名状しがたい。面白さを「どう面白いか」表現できないのは初めての経験だ。

メインヒロイン・ニャル子の勢い?
真のヒロイン・真尋くんのツンデレ男子っぷり?
ニャル子のオタ満載ハイテンションパロディギャグ?
クー子の冷静沈着なボケっぷり?
ハス太のちょっと天然な癒し?
真尋とニャル子とクー子とハス太の混線した四角関係?
声優の名演技?
クー子(CV;松来未祐(故人))の澄んだ声のせい?
…どれも面白かった。
でもこれらが本作の魅力を的確に言い表しているか?と聞かれるとNOだ。

その昔、1920年代に横光利一・川端康成らが主体となって立ち上げた、「新感覚派」。
独特の感性で情景を表現した新進作家たち。
なんとなく、本作はそれに近い雰囲気を感じる。
これは、「新感覚ギャグアニメ」とでもいうべきか。

そしてOP曲「太陽曰く燃えよカオス」
…なにこの中毒性!!(」; ω ; )」うー!(/ ; ω ; )/にゃー!
小生のお気に入り曲に追加決定!

本作を一言で表すなら…あまりうまく言えないけど、
「渾沌カオスな面白さが、ヌルヌルと這いよってくる、新感覚パロディギャグアニメ」と言ったところでしょうか。

{netabare}
ただ、強いて文句を言うなら、真尋のフォーク刺し。あれには幻滅した。
いくら宇宙人・這いよる渾沌ニャルラトホテプ相手でも、
男が女子を肉体的に傷つけるのはダメ。そこだけは減点対象。
終盤は随分と減ってラブコメチックになったけど、最初はそのシーンにドン引きしましたわ。
いくら男ツンデレキャラでも、女子にDVはいけません。
{/netabare}

あまりうまく魅力を表現できませんが、面白いのは間違いないです。
よくわからん…と思った方、未見なら一度ご覧になってください。
そして、本作の魅力を小生の代わりに的確に表現プリーズ!
(」; ω ; )」うー!(/ ; ω ; )/にゃー!

投稿 : 2018/07/09
閲覧 : 85
サンキュー:

9

oxPGx85958

★★☆☆☆ 1.8
物語 : 1.0 作画 : 3.0 声優 : 1.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

マンネリズム無間地獄

第2期の『這いよれ!ニャル子さんW』まで見ました。

第1話は設定のインパクトもあって非常に楽しく面白く、その先を大いに期待したのですが、すでに第1期の序盤でマンネリになり、その後ずっと最後まで同じことの繰り返しを見せられた気分でした。これ、声優たちも同じことを繰り返されて気がおかしくならなかっただろうか。

パロディ、と呼ぶのすら憚られる「他作品への言及」は、こういうやり方をしたら面白くなくなるという手本のようなもの。

でも、原作からしてもともとそれが売りの作品なのだろうから、最初から詰んでるということでしょう。

投稿 : 2018/06/18
閲覧 : 97
サンキュー:

3

◇fumi◆

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

我はこの世の混沌を支配する者 真尋との出会いを夢見るままに待ちいたり

2012年放送のテレビアニメ 全12話

原作 逢空万太 監督 長澤剛 シリーズ構成 木村暢 
キャラデザ・作監 滝山真哲 制作 XEBEC

第一回GA文庫大賞優秀賞受賞作「夢見るままに待ちいたり」の改題
ラブクラフトコメディ略してラブコメなんだって。
2009年~2014年 12巻

本作の前に「這いよるニャルアニ」1期2期が2010年に配信されています。
4分アニメ 合計で21話 主要3キャラの声優は同じ。

ニャル子 阿澄佳奈 八坂真尋 喜多村英梨 クー子 松来未祐

ニャルラトホテプとはクトゥルフ神話のトリックスター、別名「這いよる混沌」「無貌の神」「暗黒神」「闇に棲むもの」
こりゃ酷い言われようである。
また、旧支配者の最強者であり、恐れるものはクトゥグア(旧支配者)のみというチート。
学校での正式名は「八坂ニャルラトホテプ」
キャッチフレーズ「いつもニコニコあなたの隣に這いよる混沌、ニャルラトホテプ、です!」
ところが、もう一人のキャラ「クー子」はクトゥグア星人だという。
でも、真尋くんはクトゥルフ神話を知っているため、この二人の自称が怪しいことも知っているという設定。

「地球は狙われている、地球のオタク文化は宇宙では高値で取引されているため、悪の宇宙人が侵入している」とか何とか。
1話の冒頭ですでに八坂家の食卓でニャル子とクー子は朝食を。
この辺が従来の居候アニメと違う。

ギャグアニメとしては非常に高度で完成度の高い作風です。
パロネタも切れ切れ。
ニャル子たちは、地球のアングラ文化を研究して自分たちのライフスタイルにしてるように見えるが、宇宙全体(ニャル子周辺)がそうなってるようで、侵略宇宙人もパロが生きがいのよう。
そのまま決めポーズで死んで行くので、マジで地球のアングラ文化が身についている感じ。
このアニメのこだわりようは感動ものですよ。
アニメや特撮物を徹底的にパロり、分かる人なら爆笑、分からなくてもとにかくすごいと思わせるパワーがあります。

可愛い女の子ヒーロー3人(ハス太含む)に囲まれる、イケメンヒロイン八坂真尋と言う構図をかっこよく決め、パロネタで盛り上げる。

ギャグアニメとしては最強の何度でも楽しめる傑作。
作画の乱れもなく、最後までハイテンションで、ギャグアニメとしては最高点です。

パロ元が分からずイライラしたあなた。

みんなそうなんです 全部わかったら変態です。
  

投稿 : 2018/01/24
閲覧 : 247
サンキュー:

38

ネタバレ

ストーンN

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

パロディーネタが最高

たくさんのアニメを知っている人ほど楽しめると思います。
とくに特撮好きにオススメです。

投稿 : 2017/12/30
閲覧 : 89
サンキュー:

1

イレッサ

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

SAN値上昇♪名状し難いラブコメディ!

ニャル子さんは元ネタを知っていると知らないとでは話の面白さが変わってくる。もちろん元ネタ知らなくても十分に楽しめるけど、やっぱり元ネタ知っといた方が倍くらいおもしろい。

投稿 : 2017/12/30
閲覧 : 253
サンキュー:

2

ネタバレ

フロー

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

元ネタ探し

タイトル通りです

第1話
{netabare} ・アバン→名乗りポーズが仮面ライダー1号
・最初からクライマックス→仮面ライダー電王
・風呂場での名乗り→仮面ライダー2号 {/netabare}

第2話
{netabare} ・ノーデンス時空→宇宙刑事ギャバン
・ふたりエ、H・P・ラヴクラフトってオチなんだろ?
ふたりエッチ ハワード・フィリップス・ラヴクラフト {/netabare}

第3話
{netabare} ・パンがなければケーキを食べればいい
マリー=アントワネットの発言となっているが実際は違う
・ひとは何かの代償なしに→鋼の錬金術師
・宇宙CQC裏百式→MELTYBLOOD {/netabare}

第4話
{netabare} ・タイトル「マザーズ・アタック!」→映画マーズ・アタック
・最高のパートナーが→仮面ライダーW {/netabare}

第5話
{netabare} ・駄目だこいつ…早くなんとかしないと…→DEATH NOTE
・どきなさいクー子!そいつ殺せない!→S県月宮 {/netabare}

第6話
{netabare} ・布団すまき→電波女と青春男
・まだよ、まだ終わらないわ!→機動戦士Ζガンダム {/netabare}

第7話
{netabare} ・にゃんと!?→月姫
・じゃっじめんとたいむ→特捜戦隊デカレンジャー
・あのさぁ…→魔法少女まどか☆マギカ {/netabare}

第8話
{netabare} ・女の子の情報なら→ときめきメモリアル
・エンディングが…見えた!→神のみぞ知るセカイ
・あなたを殺して→涼宮ハルヒの憂鬱
・血のバレンタイン→機動戦士ガンダムSEED {/netabare}

第9話
{netabare} ・イエス、ユア・ハイネス→コードギアス 反逆のルルーシュ
・杞憂する真尋→シャフ度
・あたしって、ほんと→魔法少女まどか☆マギカ {/netabare}

第10話
{netabare} ・大総統→仮面ライダー
・なんでも可愛い→パパのいう事を聞きなさい! {/netabare}

第11話
{netabare} ・美術系女子高生から→ひだまりスケッチ
・奴の目を狙え!→仮面ライダーBlack {/netabare}

第12話
{netabare} ・あなたの罪を→仮面ライダーW
・五人ポーズ→炎神戦隊ゴーオンジャー {/netabare}

投稿 : 2017/11/25
閲覧 : 131
サンキュー:

5

郎太桃←

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

ハーレム

投稿 : 2017/11/23
閲覧 : 267
サンキュー:

1

ネタバレ

NO99

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

ランキングは高いですが
そこいら変にあるハーレムもの
キャラがしっかりしているものの
エロ変態うるさいなどですので・・・・
パロディ・寒いギャグなどなど
面白くなくはないのですが・・・
比較的がんばって視聴する覚悟があれば
ぜひどうぞ

投稿 : 2017/11/22
閲覧 : 62
サンキュー:

2

ネタバレ

ガイヒラ

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

乗りが合わなかった。

主人公とニャル子さんの掛け合いが、痛い。自分には合わないと思いました。

投稿 : 2017/11/03
閲覧 : 50
サンキュー:

3

ネタバレ

りゅぅぞぅ

★★★☆☆ 2.4
物語 : 1.0 作画 : 2.5 声優 : 4.0 音楽 : 2.5 キャラ : 2.0 状態:観終わった

一度、6話でやめた・・・ そして、約5年越しに 再度視聴した なぜか? 松来さんの声が聴きたくなったからさ

 ジャンル 学園 + パロディ


 ストーリー

 両親が新婚旅行で長期不在のため

家で1人暮らし状態になった 八坂まひろ君

 彼が学校から帰る途中・・・

いきなり、景色がかわり・・・ 化物がおそってきた!!

そんな、彼を助けたのは 美少女・宇宙人 ニャル子だった・・・




 物語

 学園ラブコメ + ギャグ + パロディのお話です

ニャル子・・・まひろ大好き まひろ護衛

クー子・・・ 敵だったが、ニャル子が好きすぎて 仲間になる

ハスタ・・・ 男だが、マヒロが好き

 こんな、3馬鹿宇宙人との物語

1度は視聴をやめてしまったアニメだったが、タイトルの理由から

視聴を行った



 キャラ

 好きなキャラ

1:ニャル子

 やはり、パロディネタの大半が彼女の口から放たれる・・・

アニキとの絡みがもっと見たかったのは俺だけだろうか


2:クー子

 やっぱり松来さんの声が聴きたくなるんだよ

全くもう・・・


3:シャンタ君

 意外に ペット的なこいつが好きだった自分がいた




 音楽

 OPは印象的である

まぁ、アニメーションにも注目してほしい



 感想

 パロディアニメだとおもえば

まぁまぁだと思います

 といっても、結構このアニメを断念される方は多いかも

ですが、声優という面で見たら、是非とも視聴してほしい作品です

投稿 : 2017/10/24
閲覧 : 88
サンキュー:

4

ネタバレ

アオイ

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

ギャグがつまらない

ギャグがつまらない吹き出すことがない。

投稿 : 2017/10/05
閲覧 : 84
サンキュー:

6

順々

★★★★★ 4.9
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

主人公ハーレムなのか?

 今見終わって思うことは面白かったのですが何か足らないような感じがします。その何かがあれば自分の中では上位に入ったと思います。
主人公が女と男にモテてるw
 こんなこと言ってますが十分面白いですよ

投稿 : 2017/08/07
閲覧 : 90
サンキュー:

4

marutomo

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ぶっとんでて好きだった

もうなんでもありみたいな感じが、なかなか好きだった。
かわいい。
そしてopあれは中毒になるわ

投稿 : 2017/06/11
閲覧 : 96
サンキュー:

6

リーク

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

ひどいとしか言えない

メインキャラの4人のうち全員がまともじゃないキャラ主人公とヒロインの2人はクズでそれ以外の2人はクレイジーサイコレズとクレイジーサイコホモ。ギャグは寒くて全然おもしろくなくて、パロディは銀魂やのうりんとは違ってうざくてパクリレベル。正直見てて苦痛しかなかった。このアニメを見るより壁を1時間見続けた方がまだマシ。このアニメが高く評価される理由がわからない

投稿 : 2017/05/26
閲覧 : 171
サンキュー:

5

ヘラチオ

★★★★★ 4.5
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

タイトルなし

元気の出るよいOPがいいです。
色んな作品のパロディもあってそこがまた、面白かった。

投稿 : 2017/05/15
閲覧 : 59
サンキュー:

2

マダオ

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

面白いよ!

ニャル子さんがエロいよ!
ナンバー1って事で評価も1でかけて見ました!
うまい!

投稿 : 2017/04/27
閲覧 : 104
サンキュー:

2

インド人を右に

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

パロディの元ネタが結構幅広い

頭からっぽで観られるいいアニメです。
ニャル子さんが真尋くん一直線LOVEなのもぶれなくてよし。

パロディの元ネタが幅広く、クトゥルフだけでなく、漫画・アニメ・特撮・ゲームいろいろと出てきます。

有名どころのパロディが多いですが、2012年の作品ですので、今となってはわかりにくいネタもあるかも。。。(今2017年なので5年前。。。)

この手のパロディ多用アニメは生ものなので鮮度が落ちないうちに(ネタが通じるうちに)観とけばよかったです。

投稿 : 2017/04/23
閲覧 : 83
サンキュー:

2

ネタバレ

退会済のユーザー

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

つまらない

キャラと内容がひどすぎる

投稿 : 2017/04/07
閲覧 : 138

PPN

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ハイテンションラブコメヾ(o´∀`o)ノ

「いつもニコニコあなたの隣に這いよる混沌、ニャルラトホテプ!」
こんなキャッチフレーズをもつニャル子を
中心に繰り広げられるハイテンションラブコメ。
全12話。
原作:ラノベ。


TV放送は2012年4月なのでちょうど3年前。
まだ、おいらが深夜アニメを見始める前の作品ですw
キャッチしている方のレビューを拝見して
視聴を決めた作品です、感謝ですね(o´∀`o)ノアリガト♪

あらすじは飛ばします。

んまぁ~ハイテンションなメインヒロインでしたね。
そんなニャル子中心の為か各キャラも映える映えるw
あのテンション、個人的にはアリでしたが
合わない方もいるかも知れませんね(;´∀`)

それでも、このウザいくらいのハイテンションぶりが
作品の要になっていたように思います。

ラブコメとパロディを軸にした内容は
どこかで観たような話が多く、真新しさは皆無。
しかし、それでも笑えるのは作品の武器である
ハイテンションを要とした事が要因だったと思います。

使い古されたようなネタ、ストーリーでも
何か1つ材料を加えれば新たな面白さが生まれる。
まだまだにわかな自分にはいい勉強になりましたw

作画は丁寧でキャラデザは可愛らしい仕上がり。
主人公である男子高校生役を演じる喜多村英梨
ニャル子役の阿澄佳奈など声優陣もしっかりしています。
中毒性があると言われるOP曲♬にも納得w

全体的によくまとまったコメディ作品と
いった評価になりました♪


パロディネタは元ネタが分からないと(?∀?;)に
なってしまうので恐いですよねw
それでもニャル子のウザいくらいのハイテンションが
救ってくれると思います(≧∀≦)

ラブコメ、パロディファンは一見の価値アリだと
思いますよ♪
2期の視聴が楽しみです!




《キャスト》

ニャル子(CV.阿澄佳奈)
八坂 真尋(CV.喜多村英梨)
クー子(CV.松来未祐)
ハス太(CV.釘宮理恵)
シャンタッ君(CV.新井里美)
暮井 珠緒(CV.大坪由佳)
余市 健彦(CV.羽多野渉)
八坂 頼子(CV.久川綾)
ルーヒー・ジストーン(國府田マリ子)



《主題歌》

OP
『太陽曰く燃えよカオス』/後ろから這いより隊G
ED
『ずっと Be with you』/RAMMに這いよるニャル子さん
『禍々しくも聖なるかな』/後ろから這いより隊(第12話のみ)

2015 04/05 初稿

投稿 : 2017/04/05
閲覧 : 225
サンキュー:

58

ネタバレ

ダレイオス

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ニャル子とクー子のまっすぐで素直な所は良かったです。

ある日、主人公(公式ではヒロインらしいです。)
の元にやってきた宇宙人の少女ニャル子との
出会いから始まるもので主人公の元に押しかけてくる
2012年の作品としてもオーソドックスなハーレム系な作りだとは思いました。
それだけでなくわざわざ視聴者にアピールする
ネタフィクション的な要素もありで
作りはハーレム系メタフィクションですね。
他のアニメのパロディも多く、それらが好きな人には受けるかもしれない。
ただし、有名なアニメのセリフをそのまんま引用しているだけとか
工夫とかは少ないので、あまりパロディアニメとしてはレベルは高くないと思いました。

ニャル子はアニメ好きだったり
オタクな所もあるので登場人物がオタクなのも2012年のごろの作品らしいかな
アニメのキャラがオタクでストーリーが進むのも特徴なのかもしれない。
ニートネタもあったりで
ネタで楽しむ感じの作りになってますね。

ニャル子は主人公のことを最初から惚れているので
どうも恋愛面では急ぎすぎていてキャラの関係性はハーレム系かな
ニャル子の素直な恋愛面での行動は個人的には好きだけど
急ぎすぎている分、人を選ぶかな
あったばかりなのに最初から好きだと言われても
普通は抵抗があるでしょうね。
何か惚れる理由は欲しい所
さらにニャル子のことが好きなクー子もその傾向なので
どうも一方通行的な部分は工夫が必要かな
ただ、キャラが増えてくると、クー子がニャル子のことを好きだとか
それぞれのキャラで好きな人が違うことによる
ドタバタしたラブコメ展開はなんだかんだ言っても楽しめました。
クー子にしても、ニャル子にしても好きな動機付けは弱いのはわかるけど
そのまっすぐで素直な所は良かったです。
アタックを拒否されてもめげずに頑張る姿も良かったです。

ストーリーはパロディなどをやりアニメという媒体で遊んでいるので
そういう系統のアニメが好きな人以外はお断りだと思いました。
ただ、個人的には本来は好きなジャンルではないのだけど
ニャル子のキャラは好きだし
この系統のジャンルにも最近は慣れてきたので
見れない内容ではなかったです。

中盤以降はパロディネタも明らかに増えて、ゴリ押しでやっている感じでした。
昔のテレビゲームネタとかが多くて偏りは感じましたが
個人的にはネタは楽しめました。
ゲームハードの話はゲームハードの悲しいお話で個人的には興味を惹かれたし
結構おもしろかったです。
ネタがわからなきゃ面白くないとは思いましたが
インターネットをやっていればおそらくはわかるネタだと思うので
敷居は高くはないと思いました。

初めのころは、あまり面白くはなかったけど5話から10話あたりから
面白くなっていった感じです。
このアニメわりと気になるタイミングで各話、終わるケースが多くて
不思議と続きが気になる作りで、その点は良かったです。
このレビュー書いている時はリアルタイムで見ていたわけではありませんが
それでも続きが気になるので次の話数を見る気になりやすいのは
好意的にみたいですね。
1クール見る上ではそういった視聴しやすい作りも重要だと思うので

ただ、どうしてもこういったアニメは細かい心理描写や
ストーリー性が優れているとかになると
そうではないので、そういった部分がないが上の単純さや幼稚さもあったと思います。
しかも終盤は何故かシリアスになり、今までの作風に合っていなくて
個人的には違和感がありあんまり面白くなかったです。
別にシリアスが駄目だとは言いませんが
シリアスにするのであれば最初からある程度ストーリー性を
持たせる必要性があったと思うので無理があったかな

原作がライトノベルということ以外は
調べてはないのですがもしかしたらオリジナルな展開で
原作は続いてはいるけど
どうしても終わらせなければいけないということで
チョット無理が出たのかもしれませんね。

作画についてはキャラクターデザインは
ニャル子は可愛らしくて好きでした。
作画自体はあまり動くことは少なかったですが
演出面はパロディネタ時にキレを感じさせる部分もあったりで
まずまずでしたね。
ニャル子の服も毎回変わる工夫もあったりで
細かい所も頑張っていたと思います。

声優さんについては全員声は合っていてピッタリでした。
特にニャル子役の阿澄さんはハイテンションな感じが素晴らしくて
個人的にはキャスティングは大成功でした。
真尋役の喜多村さんも上手くて女性の声優さんがやる少年役としては
かなり良かったです。

細かい心理描写やストーリー性が優れているとかではないの
キャラやストーリーの評価は高くしづらいのですが
キャラのまっすぐさや強引ながらパロディは楽しめたし
続きが気になる各話の終わり方もあったりで
見やすい作りなのは良かった。

投稿 : 2017/03/11
閲覧 : 110
サンキュー:

10

赤緑

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

[寸評] デレデレヒロイン

ラノベ原作。

クトゥルー神話のパロディーという体裁であるが、メインはヒロインがひたすらデレデレなラブコメ。
クトゥルー神話「以外」のパロディーも多数。
主人公以外は女の子ばかり。ハーレムだったっけ。
お色気も少し。

ニャル子のデレデレはなかなか良いものだが、それ以外にはあまり見どころが感じられない。
この手の作品でよくあるパロディーが好きなら楽しめるかも。


あとは声優さん的にも少し聴きどころはあったかな。

続編の評価も特に変わらず。

投稿 : 2017/02/21
閲覧 : 73
サンキュー:

2

カミカゼ

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

恐るべし。ニャル子さん

結局ニャル子の年齢は何歳なの?

投稿 : 2017/01/02
閲覧 : 135
サンキュー:

6

次の30件を表示

這いよれ!ニャル子さんのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
這いよれ!ニャル子さんのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

這いよれ!ニャル子さんのストーリー・あらすじ

高校生、八坂真尋はある日、夜道で怪物に襲われるも突如現れた謎の少女に救われる。その少女は、自身がクトゥルー神話に登場するニャルラトホテプそのものであると語り、また自身が宇宙人であること、真尋が他の宇宙人に狙われており、自分が護衛として派遣されたことなどを告げるのだった。(TVアニメ動画『這いよれ!ニャル子さん』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2012年春アニメ
制作会社
ジーベック
主題歌
≪OP≫後ろから這いより隊G『太陽曰く燃えよカオス』≪ED≫RAMMに這いよるニャル子さん『ずっと Be with you』

声優・キャラクター

阿澄佳奈、喜多村英梨、松来未祐、釘宮理恵、新井里美、國府田マリ子、久川綾、羽多野渉、大坪由佳、草尾毅、島田敏

スタッフ

原作:逢空万太(GA文庫/ソフトバンク クリエイティブ刊)、キャラクター原案:狐印、 監督:長澤剛、シリーズ構成:木村暢、キャラクターデザイン・総作画監督:滝山真哲、美術監督:わたなべけいと、色彩設定:谷口ゆり子、撮影監督:堀野大輔、編集:松村正宏、音響監督:本山哲、音響効果:和田俊也、音響制作:スタジオマウス、音楽:MONACA、音楽制作:DIVEIIentertainment

このアニメの類似作品

この頃(2012年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ