「ちはやふる2(TVアニメ動画)」

総合得点
89.1
感想・評価
2162
棚に入れた
10917
ランキング
65
★★★★★ 4.2 (2162)
物語
4.4
作画
4.1
声優
4.1
音楽
4.0
キャラ
4.3
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ちはやふる2の感想・評価はどうでしたか?

デルタ さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ちはやふるの世界に奥ゆきが出る2期

もう1期を経て、2期を見始めたらちはやふるの世界にどっぷりとハマっていました。1期で千早たちが抱えていた課題を1つ1つ克服しながら成長していく様を描いた2期は見ているといつの間にか涙が出てくるような素晴らしい仕上がりでした。

この作品には嫌な人間が1人も出てきません、そして容易に想像のつくような不愉快な展開にも行かないです。
相手高校のキャラクターでさえも試合のシーンが終わったあとにはキャラクターの個性に深みが出てきて、次に出てくるとき安心感のようなものさえ感じるような、いいキャラクターの描き方がされてるなと感じました。

特に高校生選手権の団体戦のシーンは涙が止まらない素晴らしい試合の連続でした。

投稿 : 2020/04/24
閲覧 : 19
サンキュー:

4

ネタバレ

RFC さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

熱い戦いはさらにヒートアップ 戦術や恋愛模様も複雑化

原作未読。
1期が神がかり的に面白かったので、継続視聴。

【作品概要】
 1期が主人公千早たちが1年生の頃の物語で、
 創部、仲間集め、高校選手権予選→全国大会という流れでした。

 今作2期では千早たちが2年生になってからの物語。
 後輩が入部し、新たな問題が浮上。
 かるた部組織としての奮闘が始まります。

【作品に対する感想】
 重ね重ね申しますが、私は百人一首が超苦手です。
 
 朝ぼらけ(              )
 の空欄を埋めなさい という問に対し、
 朝ぼらけ(  朝はボケても夜ボケぬ  )
 って書いて職員室でしこたま怒られたほどの実力の持ち主です。

 しかしこの作品はそんな私ですら強く惹きつけます。
 それはやはり熱量たっぷりの熱い青春劇、成長物語であることと、
 より戦術面で充実したバトルになっていること。
 加えて魅力的なキャラ達の深堀ですよね。
 
 2期になっても勢い衰えることなく、中だるみすることなく
 駆け抜けていった秀作です。
 1期が好きであれば、2期もおすすめです。

 3期行ってきまーす♪

1)物語
 同じルールで戦っているはずなのに、
 あの手この手で飽きさせません。
 今回はとくに戦術や駆け引きに重きを置いて戦っているのが
 好印象でした。

 予選と決勝でメンバーを入れ替えてみたり、
 団体運命戦での絶対勝つ戦術とか面白かったですね。

 対戦相手もまともな競技かるたの方だけとは限らなかったりで。

 あと恋愛模様も微妙に動き始めていますね。

2)作画
 相変わらず対戦時は大迫力です。
 対戦前のキリっと引き締まった千早の表情が好きだったりします。

3)声優
 大原崇(北央学園 須藤)さんの読み、すごいですよね。

4)音楽
 ED「茜空」がお気に入り。
 激しい戦いの本編の後にしっとりとした余韻がいい感じです。

5)キャラ
 菫のマイナスを差し引いても他のキャラが5点に押し上げてくれます。
 また、ちょい役でも印象に残るくらい、濃ゆいんですよね。
 ➀駒野勉
  こ奴の成長が凄まじすぎてもうなんと言いますか。
  分析屋は分析に満足して終わってしまうことが多々ありますが、
  こ奴は分析結果から作戦を提示し、部を動かすところまでやってます。
  登場時の「勉強だけができる人」ではなくなってます。
  ちゃんと社会で生きていける人材になってます。
  かるた部の最大の勝ち組ですね。
  自分の強みを分かった上で努力し続けたから、急成長したと思います。

 ➁真島太一
  器用貧乏過ぎて可哀想になってくる人。
  誰か彼に光をあげてください。
  ここまで本気にストイックで努力家でいい奴いませんよ。
  女性が描く漫画のイケメンって受け付けないことが多いんですけど、
  こ奴はホント心の底から応援したくなります。
  「だって・でも使用禁止!」

 ➂綾瀬千早
  相変わらずのかるたバカですが、いろんな経験を通じて
  ちゃんと考えて成長していってます。
  元々は耳の良さを武器にしたスピードホリックですが、
  今期は多種多様な相手との対戦を経て駆け引きや戦術を
  学んでいきます。

 ➃綿谷新
  もともとかるたの力は問答無用でずば抜けていましたが、
  それ以外の部分にも目を向け、人として成長していってます。
  人として少しバランスが取れだした感じですね。

 ➄大江奏
  育った環境か、教育ママですね。
  やっぱり真島以外全員尻に敷かれそうです(笑
  礼儀を重んじたバシッとした教育的指導、いい感じでした。

 ➅須藤暁人
  1期ではドSの強敵という印象が強く、卒業してもうバイバイかと
  思ってましたが、年齢関係なく戦うかるたの利点ですね。
  高校卒業してからも登場します。
  しかも競技者としてだけでなく読み手として登場したり
  彼の人となりが深堀されてました。

 ⑦花野菫
  そういう役割を与えられたのだと思いますが、印象最悪でした。
  他人を自分のステータスの足しにしようという考え方が
  まったく賛同できませんでした。
  ただ中盤から後半にかけて「やれることをやろう」という姿勢に
  少しだけ印象が変化しましたが。

6)印象深いシーン
 試合はどれも素晴らしかったので、それ以外から。

{netabare}
 ➀新入生体験入部
  どう反応していいかわからなかったです。
  現役の世代の方から見るとどう映ってるんでしょう???
  a)菫たちの言動はいたってまとも。
   自分の主張がしっかりできていて、素晴らしい。
  b)菫たちの言動は、ちょっと酷いけどまあ許容範囲。
  c)菫たちの言動はあり得ません。酷すぎます。
   こんなひどいやつ100人に1人いるかどうかですよ。

  どうなんですかね?

 ➁優先順位ばらばらの2年生
  これは面白い対比でした。
  千早のは気持ちはわかるんですが、
  普通はどっちつかずになって全て落っことしてしまう
  ことが多いですね。
  それが満たされるだけの仲間がいたっていうのが
  彼女の持ってる何かなんでしょうね。

 ➂新 クイーンに語り掛ける
  「俺らの好きなかるたの世界を豊かにしてるのは、人を増やして
   教えて励まして支えてるチームを持っている人達の方やないか?」
  自分のことしか見えてなかった新が、
  大人な考え方ができるようになったと感じたシーンです。
  彼の力は彼の努力で培ったものですが、それを示せる場を作って
  くれてるのはものすごくたくさんの人なんですよね。

 ➃瑞沢高校 千葉情報国際高校に英文メッセージ
  彼らずっと日本に住んでて日本語のほうが普通に使えるって
  話じゃなかったですっけ?


 ➄奏 太一と千早を二人きりに
  これは逆の意味で印象深かったです。
  礼儀やルールにきっちりな奏がこんなやり方するかな?って。
  オフィシャルな部としての活動に私情優先ってのは
  「え?」って思いました。
 

{/netabare}

投稿 : 2020/04/19
閲覧 : 49
サンキュー:

20

Don Diablo さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

おもしろい!

キャラの魅力が十分に伝わる作品でした。

投稿 : 2020/03/31
閲覧 : 16
サンキュー:

2

ネタバレ

ぺー さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

面白さUPという偉業 ※1期比

2018.04.10記

3期の放映が決定したのを機に、これが初『ちはやふる』の子供たちと一緒に観返してみたところ、違和感なく入れたみたいです。

小3娘の感想
「ちはやふるってすごいおもしろいね」

ギャグパートでは素直に笑えて、試合での緊迫した場面では手に汗握って、と勝負の世界に片足突っ込んでいる年少者にとっても何か感ずるものがあったのかもしれません。 ※のっけから私事で申し訳ない


さて、本作は1期25話を受けて、高校2年生になったちはやたちが新入部員を集めるところから始まっての全25話です。
1期と合わせて50話の長丁場とはいえ、継続して観ている方でしたらまず途中断念する展開にはなりません。相変わらずおもしろい!
全体としては、1期で築いた背骨の部分を受け継いで、さらに昇華させた感じといったらいいのでしょうか?
1期と比較し試合の描写が多く、またそれがよくできていて私としては2期のほうが好みでした。
{netabare}「俺たちはまだチームになりきれていないんだ」と言っていた1年前の瑞沢高校かるた部を思い出し目を細めてしまいます。{/netabare}

よくできた試合描写として取り上げたい要素は、
■1試合1試合に意味があること
 {netabare}北央戦でやられた札合わせを巡り巡って瑞沢がやり返すといったように過去の対戦をしっかり糧にしている部分。タイプの違う対戦相手との試合で得られる気づきが毎度毎度違うこと。一つとして前回の刷り直しのような試合がない。
{/netabare}
■敗れた者を丹念に拾い上げていること
{netabare}たいがいの作品で敗者にたいしては、例えば須藤先輩がどやすくらいの描写どまりにしといて、勝者の喜びに焦点を置くことで視聴者がカタルシス感じて満足!的展開が多いが本作は逆。むしろだから支持されるんでしょう。主人公たち瑞沢高校の面々だけを掘り下げるのではなくて、対戦相手含め都度都度なにかしら拾い上げてます。団体戦後の桜沢先生と部員たち(特に山城理音とえろむ先輩など)のやりとりや独白はいいですね。{/netabare}
つい惹き込まれてしまいます。


本当に好きな作品です。そういう場合たいてい「とりあえず見て」という感覚で実際それ以上でも以下でもないのですが、最後に、、、

新入部員加入で増えた登場人物たちを掘り下げつつ、さらに選択肢が増えて深みを増す人間関係と、地区予選から始まる試合一つ一つのテンポの良さ、その他諸々言い出したらキリがないくらい魅力を備えた作品なのでぜひみんな堪能してほしいなぁ、とがっつりおすすめしておしまい!



視聴時期:2018年3月 ※その後円盤購入し複数回

-----
2018.08.19追記

あまり内容とは関係ない話。
実写『ちはやふる-結び』の公開3か月前くらいから「ちはやふる 秀歌撰」なるアニメ1期内いくつかの話をピックアップした再放送を深夜帯にやってました。
これ、土日の昼間とか一般人が起きている時間にやれないものなのでしょうか。放映局もソフト販売元も系列でおさえているため一般的にはハードルは低そうに思われるのですが、公開前の宣伝としての効果は薄いのでしょうか。

・ヲタ以外、さらに子供が観れる内容
・(ここ重要)実写版がおおむね好意的に受け止められている
  ⇒なんで実写にすんだよ、クソが!的な層が少ない、敵が少ないという意味で。

やりやすい条件はそこそこ揃ってると思うんですがねぇ。
商業的なあれやこれやはある程度おさえてはいる上で、それでもAbemaその他有料のチャネルでない地上波が果たせることはまだあると思っている次第です。


-----
2020.03.25追記

ためしに百人一首大会を近所のご家族とやってみましたが、私は楽勝で底辺の層でした。おかしいなぁ。。
なお、実写『ちはやふる-結び-』視聴しましたがけっこう面白かったです。


-------


2018.04.10 初稿
2018.08.19 追記
2020.03.25 追記/タイトル修正

投稿 : 2020/03/25
閲覧 : 361
サンキュー:

61

える908 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

見落としてました!相思相愛じゃないですか!!

先日BSで、
ちはやふるとちはやふる2・3の一挙放送やってたんで、改めてHDDに録画して、
通して鑑賞しちゃいました。


そうしたら、なんと言うことでしょう!

千早ちゃんって完全に、新君に恋しまくってる!

新君も、高校かるたでクイーン破って優勝して、
日本一になったと思ったら、
「好きやあ、千早」って公開告白しちゃって!

もう《千早↔新》相思相愛確定じゃないですか?!

太一君、可哀想・・・



でもそれもしょうがないのかも知れません。

千早ちゃんが心から好きなのは、
かるたがメチャメチャ強いから憧れちゃう、
新君と、若宮クイーンだけ。
千早と一緒にいたくてかるたやってる太一君、
純粋なかるた好きから見たら、
動機が不純なんですね。

でも太一君、まだまだ諦めることないって思います。
強くなりそうなフラグ立ってるし、
かるたに覚醒して、公式戦で新君を粉砕したら、
大逆転だって、
ないとは言い切れませんよね?!


千早ちゃんも太一君も、
団体戦でほ、高校日本一になれたから、
今度は個人戦での高校日本一、
千早ちゃんの場合は、
若宮クイーン破って女性日本一!

これが最終的な目標、
ですね!
恋はきっと、
日本一の向こう側にある!って思います(^^)

投稿 : 2020/02/27
閲覧 : 95
サンキュー:

27

よし さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ちはやふる、二期。

ちはやふるの一期が面白かったので、そのまま二期を見たが、また見入ってしまった。飽きがこないいい作品だった。

投稿 : 2020/02/08
閲覧 : 32
サンキュー:

2

ネタバレ

プクミン さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

バトルものより熱いバトル

1期の続きで2期です。
1期では高校1年生でしたが、2期では高校2年生です。

【1期のあらすじ】
カルタに目覚めた千早は、女王を倒すため仲間を集めた。
頭脳型戦士太一、頭脳型戦士机、大食いの肉まん、アイドル奏ちゃん。
女王を倒す前に、まずは城で力試し。
戦士3人で奮闘するも、千早は不調に見舞われ村へと戻っていった。
数日が過ぎ、女王や名人に挑む勇者達の戦いを映像で見た。

っていう感じ。

【2期のハイライト】
メインヒロイン奏のアイデアにより、仲間を集める事に成功した。
だが試合までの日数が足りず、新しく入った仲間へ割く時間も勿体ない。
みんなの心はバラバラになりつつあった。
しかし戦いを経て、1つ、また1つと、仲間との絆が深まりつつあったが、楽な戦い等1つも無かった。

勝つ為に!!勝つ為に!!!
ある者は体力を使い果たし、またある者は怪我をし、またある者は、その一瞬にのみ全ての力を注ぎ込んだ。

戦いに戦いを重ねた千早は、先生から「右手を使うな」と言われるが、女王と戦う事が決まり、指に巻いた包帯の封印を解く。
それでも女王には届かないと分かり、もう一段階封印を解く。

みたいな感じ。
【真のハイライト】
{netabare}
新入部員を5名増やさないと、部の2階を吹奏楽部に使わせる事になる為、静かな環境で練習したいカルタ部は、部員を増やす事にした。
奏の提案で、太一目当てで人を増やせばいいと考える。
一瞬とは言え、20名入部届は来たのでセーフ。

ただし、実際のカルタを見てドン引きした1年生達は、ほぼ退部(体験入学的な感じ)。
それでも残った2人の後輩がいたが、あまりやる気が見られず2年も強くする気が起きない。
しかし、前回の大会で千早は体調不良で倒れたため、代わりに出れる選手が欲しかった。
千早の想いは他の人にも伝わり、1年の面倒の見る事に。

しかしいつしか『楽しく』よりも『勝つ』事を重視するようになった。
みんなクタクタになるまで全力で試合に挑み、その為奏は指を痛め、全国の決勝戦には出れなかった。
決勝では今度は千早が指を。
そのまま指を怪我したまま、個人戦に挑むも、慣れない左手で個人戦を何とか勝って行くが、クイーンと当たり、医者から右手の使用を禁止されていたが、包帯を取り(廊下に包帯を落とすな!)右手を使う事を決意する。
{/netabare}


【キャラ紹介】(なぜかネタバレ)
{netabare}
綾瀬 千早:強欲の塊。特技はいつでも寝る事(主人公)
真島 太一:本作品の主人公。千早があまりに酷い為、主人公交代。
大江 奏:本作のメインヒロイン。新しく菫が入り、やっと部に女子が入ったと喜ぶ。
駒野 勉:部の頭脳。どんな些細な情報からでも分析が可能な超人。
西田 優征:人に厳しく、自分に甘く。何やってんの?
筑波 秋博:弟想いで見栄っ張り。だがどこか憎めない。
花野 菫:恋愛に全てを賭ける。頑張れニラ!!

綿谷 新:超強い。
若宮 詩暢:現在のクイーン
宮内 妙子:カルタ部の顧問であり、生徒想いの良い教師。
{/netabare}

【感想】これもネタバレ
{netabare}
1期よりも更に2期の方が、勝ちにこだわり過ぎているなーって思っていたけど、それは勘違いじゃなかった。
実際、楽しそうにカルタをやってるように見えなかった。
でも最後の最後で、新がカルタは楽しくやる姿を見せてくれた事で、物語が原点に戻って、ただの勝ちにこだわるだけの話にならない流れになりそうで、良い終わり方でした。

2期で一番目に付いたのは、2年生になった設立メンバー5人の持ち味や性格が大きく出ていたところ。

部長で主人公の太一は、団体戦で優勝を目指す為に、決して諦めず常に全力で挑む。
そのため全国では、団体戦でも個人戦でも全勝!!

メインヒロインの奏は、仲間意識が一番強く、そのため団体戦でも実力以上の力を発揮する。東京地区の決勝(北央戦)では、肉まんが早々に負け苦しい状況になっても、最後の運命戦まで持ち込み勝利。
更に、全国大会準決勝では、肉まんが早々に負け苦しい状況になっても、奏は粘り強く部に最初の1勝を与えてくれた。

部の分析役でもある机は、偵察から情報を得て分析をし、団体戦が有利に進める役を自ら買って出る。

千早は、ひたすら強さを求める。

で、肉まんだが、捨て石作戦を考えたり、1年には何も期待しないとか、団体戦で勝てばいいとか言ってるのに、大事なところで勝ちをこぼすどころか、早々に負ける。
しかも17話「女子二人が怪我までして頑張ってる。大事なところで負け続けて、いつ頑張るんだよっ!」と、頑張ってない自覚あり。その癖、仲間に対して冷たいと来たもんだ。
仲間達が個人戦で決勝まで勝ち進んでいる中、真っ先に『新vsクイーン戦』を見に行ったり。
どうしようもないな!この肉まん!!

キャラはこの5人だけに留まらず、後輩達、そして戦った相手とも、険悪な雰囲気にならず、友情が芽生える的な感じが、この2期ではあった。
これは進展があるのでは?と思えて、今後の物語が気になりますね。

新も力を取り戻し、これからカルタ界の時代が動こうとしているのが良く分かる内容だったのも、いい感じ。

一番感動する場面には常に奏がいて、彼女の頑張りには、常に感動!!
{/netabare}

【好きなキャラ】
1位:大江 奏
可愛い!熱心!頑張り屋!!真っ直ぐ!!仲間想い!可愛い!!精神的に強い!!活発!!料理が上手そう!!とっても良い子!!可愛い!!
『ロリ巨乳』『ボインちゃん』というあだ名になっても負けない強さがある!!と思う。

2位:真島 太一
運が無いのは分かっているけど、決してそれのせいにせず、運の無さを努力でカバー。
千早の無茶な願いを叶えようとする姿は、ただの苦労人にしか見えない。
健気ーーーー!!

3位:駒野 勉
こちらも努力を惜しまないタイプ。
自分の事よりも部を優先。どうすればより良い結果になるかを考え行動している姿や、1年の頃の自分と後輩が重なって見えたため、人としても大きく成長している。
頑張れ、机君!!


かなりオススメッ!!
続きがとっても見たくなります!

投稿 : 2020/02/01
閲覧 : 55
サンキュー:

17

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

3期も熱い試合を期待してます

個人戦では 対戦する二人に加え、周囲で見守るそれぞれの人の思いや声援も観る側に伝わり、全国高等学校かるた選手権大会の団体戦は 瑞沢かるた部の一人一人に輝く瞬間があり、見ごたえのある試合が続き、気持ちが高揚し感動する場面が度々ありました。

投稿 : 2020/01/05
閲覧 : 39

退会未定のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

一期からの続き

二期へ続く~
かるたの奥深さを知っていればもっと楽しめたのでしょう
奥の深さも知りませんが

投稿 : 2019/12/09
閲覧 : 38
サンキュー:

4

ネタバレ

Bee@ぐーるぐる さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

自分用

男が女に選ばれてどうすんだって思う。俺は選んで頑張るんだ
恥ずかしいと泣ける心は美しいと思います
生みの苦しみを知りなさい。知ったうえで覚悟を持って人を許しなさい。短歌でも文学でもなんでもです。

投稿 : 2019/12/09
閲覧 : 99
サンキュー:

4

ネタバレ

kakelu さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

1期よりも熱くて面白い!太一が可哀想すぎて辛いから、報われて欲しい…

1話の感想 ★★★★ 4.0
新入部員
{netabare}
太一、かっけーーー!!!!
めちゃくちゃかっけーー!!
あんなセリフ言ってみたいわ!!
でも、あれはイケメンだけが許される余裕だな。{/netabare}

2話の感想 ★★★ 3.0

{netabare}
女子高生が来たな。
爪を切ったのは英断だと思う。
男って長い爪嫌いな奴多いと思うし。
{/netabare}

3話の感想 ★★★☆ 3.5
団体戦予選
{netabare}
筑波、きもちわりぃww
いいキャラしてるわ。
ただ、少しせこいが。
今年はいいところまでいけるんじゃないか??{/netabare}

4話の感想 ★★★ 3.0
不運な太一
{netabare}
太一って本当についていないな。
でも、めちゃくちゃモテるからチャラだな。
タオルがあんなにも飛んでくるなんて……
普通なら汗だくのやつにタオルなんか渡さんぞ!?{/netabare}

5話の感想 ★★★★ 4.0
決勝戦
{netabare}
ひょろくん、かっこいいじゃん。
ざ・青春だな。
これも全国大会出場が決まっていたからできたことだな。
肉まん君が負けたのが意外。
心を惑わせレナければ勝ててたのかな?{/netabare}

6話の感想 ★★★★ 4.0
カード分け
{netabare}
流石、強豪校。
きっちりしてるな~
おそらく、今回の敗因はキャプテンの千早が気づけなかったことだろうな。
もし、太一があの位置に座っていたならまた話は変わっていただろう。
そして、最後の新!
かっこよすぎるだろう!!
千早の心を動かすのはやはり新なんだな。
太一、かわいそう。{/netabare}

7話の感想 ★★★☆ 3.5
全国大会へむけて
{netabare}
千早はあまり構って貰えてないと思ってるのかも知れないけど、親にとってはそうではないんだろうな。
吹部の演奏は普通に感動しそう。
最後の電話がなんで太一じゃないんだろな。
胸が痛いよ……{/netabare}

8話の感想 ★★★ 3.0
団体戦 1回戦
{netabare}
色物とあたったな~
でも、相手からしたら別に普通なのにな。
在日の人たちは良い意味でも悪い意味でも見た目が外国人だからな。{/netabare}

9話の感想 ★★★ 3.0
新の到着
{netabare}
千早、新、新とうるさいねん!!
太一の気持ちをもう少し考えてあげて!!
太一は千早のためにかるたしてると言っても、おかしくないのに……
新はやっぱり、強かった。{/netabare}

10話の感想 ★★★ 3.0
2回戦
{netabare}
またしても色物!!
エリート校はやっぱりエリートだったけど、圧倒的な努力の前に敗れる。
やるやん!!
でも、エリート校も本気だったのは凄くぐっときた。{/netabare}

11話の感想 ★★★☆ 3.5
勝ちと仲間
{netabare}
肉まん君の思いもわかる。
けど、机君の気持ちもわかる。
どっちも正解なんだろうな。
でも、準決勝が2年メンバーでよかった。{/netabare}

12話の感想 ★★★☆ 3.5
西日本代表
{netabare}
めぐむちゃん、すごくきれいってなわけではないけど、こういうタイプが一番モテる。
主役ではないのにかなりクローズアップされていたな。
今後も敵として出てくる感じかな。{/netabare}

13話の感想 ★★★☆ 3.5
明石第一女子高校
{netabare}
めぐむちゃん、性格悪っ!!
モテる女子って性格悪い人多い気がする(気のせい
それに意外とめぐむ以外も強い。{/netabare}

14話の感想 ★★★★★ 5.0
決着
{netabare}
机君!!!!!!!!!
感動した!!!
メンタルがすさまじいな!!
今回は見てるこっちもドキドキすることが多かった。
肉まん君はここんとこ負けてばっかやぞ!!
次こそは勝つんだぞ!!!!
本当によかった。{/netabare}

15話の感想 ★★★☆ 3.5
決勝へ向けて
{netabare}
女王は新へのライバル心がすごいな。
おそらく敵として認めてるの新だけなんだろうな。
新も律儀だな~~{/netabare}

16話の感想 ★★★ 3.0
総集編
{netabare}
2期の総集編+小ネタ。
かなちゃんの眉毛三本ってどんだけ。
{/netabare}

17話の感想 ★★★★☆ 4.5
山城理音
{netabare}
やっちゃったな。
靭帯か神経かな。
突き指よりもひどいね。
これが今後に響かないといいけど……
でも、そのおかげでみんなにも熱が入った。
逆襲のときだぞ!!{/netabare}

18話の感想 ★★★★☆ 4.5
諦めない
{netabare}
机君の次に、筑波も敗退。
残ってるのは負け続きの肉まん君、指をやってしまった千早、そして5枚差が減らない太一。
これは負けてしまうのかな?
それとも、優勝を勝ち取る頃ができるのか?
今年勝って、来年に個人戦で優勝がいいな。{/netabare}

19話の感想 ★★★★★ 5.0
男の意地
{netabare}
やべぇ!!!!
やりやがった!!!
太一がついに運命に打ち勝った!!!
これも勝利の女神・千早様のおかげかな。
流石主人公!!
運命戦で勝ったら、震えるだろうな。{/netabare}

20話の感想 ★★★ 3.0
個人戦へ向けて
{netabare}
新にとっては千早は幼馴染みの一人なのかな?
好きな気持ちはあるけど、太一よりもガツガツしてないよな。
これぞ草食系なのかな?
まぁ、私は太一の方が断然好きだけどな!!{/netabare}

21話の感想 ★★★ 3.0
個人戦
{netabare}
逆手ででも出来るとかどんだけ。
これはあり得ないわ~~
新はやっぱり強かった。
圧倒的だな。{/netabare}

22話の感想 ★★★★ 4.0
女王へのリベンジ
{netabare}
指のハンデがあったとしても、2枚しか取れなかったんか。
やっぱり、女王は強い。
でも、来年には勝つんだろうな……
太一、めっちゃ調子いいやん!!
いよいよA級に上がれるのかな?{/netabare}

23話の感想 ★★★★☆ 4.5
太一の決勝戦
{netabare}
太一!!!!!
今までの努力がやっと身を結んだな……
しかし、その喜びよりも先に千早のためか。
こんなに思われているのに、新の方がいいんか!!
最後の千早が泣いてるシーンは感動した。
少し千早の印象がマシになった。
{/netabare}

24話の感想 ★★★★ 4.0
新 vs 女王
{netabare}
新、強すぎる。
やっぱり、サラブレットは違うな。
しかし、水の中にいるような描写か。
「りゅおうのおしごと」でも天才を宇宙人と表現してたけど、こういう頭の使うスポーツではみんなそう感じるんだろうか。
{/netabare}

25(最終)話の感想 ★★★★ 4.0
短歌作り
{netabare}
やっぱり、千早は新のことが好きやったんか。
憧れとか尊敬の方が強いと思ってたのに。
太一が可哀想……
なんで太一はこんなに努力してるのに報われないんだ……
太一……。昔はあんなんだったけど、今のお前は最高にかっこいいぞ!!
もう千早のことは忘れてもっといい女を見つけてくれ。
{/netabare}

投稿 : 2019/12/07
閲覧 : 80
サンキュー:

9

kooodain さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

新とちはやと宮野真守の三角関係+クイーンの四角関係?w

書くことは殆どありません。
一期からの流れを組みより競技かるたの世界での力を伸ばしていきます。
少々恋愛要素が強くなりますがちはやが「あれ」なのでその点は微妙ですww
宮野真守カワイソウ('-' )

ちはやはあいも変わらず自分の強さを求めて邁進します。
そして仲間によって気付かされる新たな強さ等バランスもとても良いです。

一期以上に展開が気になるクールになっていました。
上手く行ったあとに何か起こる上げ落とし。
そうなりそうな展開は予想できましたがまさかそうなるとは…。

今三期をやっているので追いかけるか悩んでいますw
一週間待てるのかどうか………。

それ程に面白い作品です。
ヒカルの碁以来のマイナー競技の超大作と言えるでしょう

▼物語の評価
新ぁ……(意味深
宮野真守ぅ……(悲しみ
ちはやぁ……(爆笑
ちはやの成長がより見れるそれに伴い部員の成長が促進される
何処をとっても申し分なかったです。
一つ言うなら……そこで終わる?続きあるのはわかってるけど…という感じ
▼作画の評価
相変わらずとても綺麗
静謐で神秘的できれいな演出がされています
▼声優の評価
一期と変わらず申し分なし
▼音楽の評価
OPは一期の方が良かったと感じます。
EDは二期の方が良かったかなと記憶してます。
▼キャラの評価
新入部員も中々に濃くて面白くなりますww
あの男の行為はどうかと思いますが……

投稿 : 2019/11/29
閲覧 : 56
サンキュー:

4

ネタバレ

fuushin さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

畳上の薫風。

競技かるたの魅力が、さらにパワーアップして、てんこ盛りな2期です。
思わず彼らの真剣な目力に引き込まれ、自然と、取り手姿勢で観てました。

千早たち瑞沢高校競技かるた部は、創部活動を皮切りにして、破竹のごとき一年をすごしてきました。
都大会を優勝で飾り、全国大会への初出場を果たします。
しかし、ベストを尽くそうと皆で結束してきたのに、思わぬ事態から悔しい負けを喫してしまう千早。
今ひとたびの再起を図り、ひたぶる努力に余念のない5人でありました。


ち かいしとて          
は たせざりきや        
や およろず      
ふ りつかいなに   
る がなきつとめ 



誓いしとて       
果たせざりきや    
八百万        
振りつ腕に      
類がなき努め    
           

さらなる技術と技量の向上に向け、なんども腕を振りぬき、たがいに磨きあう5人。
頂点にいきつくため、部活動、かるた会と、まさにかるた漬けの日々を過ごします。



時はうつり、2年生となった彼らは、新入部員を迎える立場となります。
目指すはもちろん、団体戦優勝、各階級優勝、名実ともに高校日本一です!


ち か う み ち
は たせぬゆめ は
や ら ざ ら や
ふ だのよみと ふ
る がなきバト ル
    2

    
誓う道
果たせぬ夢は
やらざらや
札の詠み問ふ
類がなきバトル
       

やらざらや。
「どうして やらないままでいられるものでしょうか。どうしたって やらないわけにはいかないではありませんか。」の意味合いです。



女帝であり、かるた部顧問でもある宮内先生は、千早たちのひたむきさと、競技かるたの奥深さに、すっかり心酔していました。
ある日、ご隠居たる深作先生から、部室存続のための、ひとつの条件を言い渡されます。

それを伝えられた千早たちと言えば・・。


あらたな季節  薫る風
やる気いっぱい ビラ配り
せめて5人の  新部員
ちえを回して  集めんと
はやる思いに  奏ちゃん
やはり決め手は 着物です!


大江の打った手は、千早と太一のストレングスを逆手に取った妙手でした。
とは言え、ちびっと自分好みな熊手ともとれそうな珍手とも言えそうですね。


綾なす和装  友朋に
瀬踏みを誘う 壇上の
千慮を努む  容貌に
早乙女の目は 釘づけぞ
  

大江の巧手のおかげもあって、早速の大量(仮)入部に、俄然、張り切る千早たち。
向き向きな4人の言い分をうまくさばきながら、新入部員の教育係を買って出て、部の勢いを支えようと奮闘する奏ちゃん。


おもえば着物が  入り口で
おおきな夢を   描かんと
えがおでつなぐ  七色の  
かたい絆の    団体戦
ならぶる敵と   しのぎ合い 
でぐちは優勝   これ一つ


さて、2年生としての活動方針を話し合う5人でしたが、千早から真島に、ある告白がなされます。


まるで自分を   横に置き
しょう級願う   キャプテンに
まいしん定む   部長なり
たかき理想を   掲げては
いちずに札に   向き合って
ちかう A級    男ぶり


そんなとき、真島への下心ありで入部した1年生女子が、胸に秘めていた想いを、思いがけず告白してしまいます。
激しく動揺した彼女は、いたたまれず部室を飛び出してしまい、大江は彼女のあとを追うのです。


おおやまふだを  手にせんと
おもえばこその  お手つきよ
えがく恋路は   道を問い
かちとるならば  花も咲く
なげく後輩    諫めつつ
でんじゅする身も 慎ましき


奏ちゃんのまつ毛が、まつ毛くん以上に、魅力的に映えるシーンが垣間見られた瞬間だったのではないでしょうか。



ところで、今期一番のキーパーソンは、実のところこの男なのでは・・・。
学年2位の努力の人。
駒野 勉くん、その人です。


こわざ大技    チーム戦
まじめ一徹    データ駆り
のばせ後輩    大舞台
つくす姿勢は   瑞沢の
とまらぬ快進   撃の道
むすべ決勝    その一手


そしてもう一人。この男も外せません。
勝ちへのこだわりと、消えない口惜しさを受忍し続けて、勝ち運を引き寄せる難しさを知り尽くしている重要キャラ。
西田 優征くんです。


にくまん一つ   頬張って
しょうぶ歴戦   その強さ
だてに全国    2位じゃない

ゆうきの使い   みちを知り
うでと意地とに  縒りをかけ
せりあう札に   身を穿ち
いざ興にのり   全国へ



さて、1年生部員といえば、超個性派の揃い踏み?となりました。
まずは、花野 韮さん。
もとい、花野 菫さん、です。


はなよ蝶よと   恋路希(み)て
などちゃっかりと 白波に
のまれ飛び込む  かるた道
すぐれた技に   身を正し
みばえも磨き   美を求む
れきし文化に   染まる花


それにしても、菫ちゃんは頼れる先輩に囲まれて、幸せな子ですね。


はれの舞台も   お化粧は
なにはおいても  しかとして
のぞまぬ勝負に  悔しさを
すぐれて札を   一つ取り
みをおく畳    熱くせん
れんざの4人   そを祝う(連座)  



もう1人の新入部員が、自称、北の大地、下の句かるたの雄。
筑波 秋博くんです。
彼もまた、魅力的な曲者であり、相当な癖者なのです。


つねづねヒーロー 虎視眈々
くりだす奇手も  勝ちにゆく
ばねの太さの   表われか
あせる気持ちも  一枚と   
きばらず一枚   また一枚      
ひるまず挑み   やりきれば
ろんより得たる  一里塚



1年生の活躍も見どころですよ。




聴かすのは
薫育の祖母 
デビューする
大慈大悲の 
音吐清朗

   (山城 理音)



一閃に 
舞き上がる風
薫り立つ
京女ゆえ 
スノー丸着て

   (若宮 詩暢)



友が来て 
薫風の夏 
ふかみどり
かるたも楽し 
近江の里に

   (綿谷 新)




長文(駄文)を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

本作が、皆さまに愛されますように。

投稿 : 2019/11/24
閲覧 : 91
サンキュー:

18

ネタバレ

101匹足利尊氏 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

真の強者は荒振らず“千早振る”

原作コミックは2期視聴後に
読んでいた5巻以降から40巻までコミックレンタルで一気読み。
(完全に3期が待ちきれなかったパターンw)

漫画版とTVアニメ版で私が一つ大きな違いだと思うのは、1期の冒頭に当たる部分。
マンガでは競技かるたの大一番に挑むことになった主人公・絢瀬 千早が
“得意札”を抜きに行く場面で幕が上がります。
そこから“6年まえ”の小6のかるたとの出会いの話を振り返り、
高1の、かるた部の物語へと続いていく……。

つまり、マンガにおける本編は最後の大一番に続く、
壮大な回想劇として解釈できる構成になっている訳ですが、
その大一番の描写が千早が着ている袴衣装から、大事にしている感覚まで
かなり具体的に踏み込んでいて、私は読んでいて衝撃を受けました。

これは、この大一番までは、かるたと青春を描き切る!
と言う作者による宣戦布告とも受け取れる訳です。
かるたが題材の作品なんて連載が続けられるかどうか分らないし、
連載元の『BE・LOVE』自体も隔週刊(最近は月刊化)で、
出版不況のご時世、発表する場が続くかどうかも不透明。

現在、原作は10年以上の連載期間と、40巻以上の刊行を費やしても完結していない訳ですが、
これだけパワーの要る連載をやってやると決意表明して、
実際に継続している作者のエネルギーに圧倒されます。


原作がこのように明確なゴールに向けた物語だからこそ、
本作に登場する人物は千早が大一番に辿り着くまでに、
それぞれ、どんな影響を与えるか?と言う点で役割が明確化されていて、
だからこそ、登場人物たちは各々、色々と曲折を経ても、
キャラがぶれないのだと私は思っています。


一方、この原作のパワーを受けたTVアニメ版。
1期は、冒頭部分は高1から始まる無難な導入に改変して来ました。
原作通り大一番から描いちゃうと、
最後まで付き合わなきゃならなくなるw
各話タイトルに百首全部費やしても終わらない可能性すらあるw
そんな感じで当時は、これは仕方が無いなwと苦笑した記憶があります。


ところが、これに引き続き制作された2期。
ゆっくりだけど大一番に着実に近付いて行っている手応えに嬉しくなる流れが続く中、
完結まで、とことん付き合うと言うアニメスタッフらの決意表明?が感じられて戦慄します。

具体的には第七首。

{netabare}東京予選を終えた千早が母に袴を買って貰うシーン。
その袴、もしかして、大一番で着ることになる袴かな?
といった感じで胸が高鳴る一場面ですが、
さらにウキウキするのは、その後、母がふと、
その袴を着た千早が大一番に挑むビジョンを見るカット。{/netabare}

1期冒頭では大一番の描写を避けたアニメ版が、そこは逃げずに描いて来ました。

これを目撃して私は、このアニメは、
この先、どんなに時間がかかっても、最後までやり切るつもりだな。
放送局の日テレもラストまで続けると決めた時はしつこいぞ~。
と願望&妄想含みで俄に拳を握り締めた思い出があります。


手応えと言えば、『ちはやふる』のさらなる“タイトル回収”
ここまで、主人公の得意札として、秘められた恋の歌として、
回を重ねるごとにタイトルの存在感が増している、タイトル補強型の本作ですが、
2期では、それに加え“荒振る”と対比される“千早振る”
ぶれない駒の如き、強さの性質の理想としての“千早振る”
にも言及され、タイトルが一層強化されます。
(そう言えば、その場面も確か第七首だったはず)

終盤では“千早振る”強さの理想型の一端が例えば新のかるた何かに見出され、
これもまた千早が未来の大一番へ進むための道筋にも感じられ、
私はそこにも手応えを感じました。


こうした手応えも思い出しながら、この秋から始まる第3期に向けて、
イレ込んで“荒振る”ばかりの私w
ぶっちゃけゴールはまだまだ遠いのですが、
くたびれた大人の私にもグッと来るエピソードがあるのは分っているので、
原作既読組に寝返った3期も楽しみたいと思います♪


それにしても、かるた部の新入部員二人の強烈な個性に対して、
今年の一年メンドクセ~w
と言った所感を述べる二年の先輩方。

昨年、机と一体化したりしていた超個性的な方々に言われたくありませんw
(但しフォローしておくと、2期の机くんは、メッチャカッコいいと私は思っています)

投稿 : 2019/10/21
閲覧 : 273
サンキュー:

36

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

かるたってスポーツなの!?

1期につづいて面白いな♪

一生けんめいが。。
コメディが。。
それで♡♡♡もちょっとあって(ちょっとだけだけどw)

少女マンガだけど女子も男子もたのしいって思うよ♪
見て!ぜったいソンしないからね~

26話目
{netabare}
ちはやが入院してるあいだに
みんなで文化祭の出しものを決めようってするおはなし

みんなはかるたのデモンストレーションがいいって。。

でも
真島先輩に近づきたいって思うすみれちゃんは
おしばいをやりたいって言い出して
みんなを説得してくの^^

すみれちゃんがみんなのことほめたりするけど
なかなか思いどうりにならなくって
自分の考えたとおりにしようって一生けんめいなのが
おかしかったw

さいごのオチもおもしろかったし
EDのあとにもちょっとあるから
さいごまで見ててね☆
{/netabare}

25話目
{netabare}
うん!やっぱりあらたくんかっこいい^^
たのしんでカルタしてるの伝わってくる。。

つくばくん
つくえくん
優勝おめでと~♪
太一くんも

でも
ちはやの気もち
やっぱり
一生
カルタが好きっ
あらたが好きっ♡
って自分で気がついてたんだ

太一くんはちょっとかわいそう
でも今はちはやのためにカルタしてるよね
それってやっぱりちょっとちがうって
にゃんは思うなぁ

太一くんが自分がたのしいからカルタするようになったら
ちはやがちょっとかわるかもって^^

ちはやの短歌
かなちゃん分かってたね
応援してた^^

これからどうなってくのかな
前にすすむしかない。。のって分かるけど。。
3期っていつ来るのかな
早くこないかなぁ☆
{/netabare}

24話目
{netabare}
今週はにゃんがずっと待ってた
あらたくんの試合

あらたくんかっこよかったぁ^^
それにシノブちゃんのこともちゃんと分かっててやさしいなぁ^^
にゃんはもっとあらたくん好きになっちゃった♪

試合のときもほんとに楽しんでやってるみたい
シノブちゃんがにらんでもほほえむあらたくん。。
わぁ~えがおがいいね^^

でも
今回ってちはやも指けがしてたし
シノブちゃんも熱があったし
こんどはみんなが健康なときにやってほしいナ☆
{/netabare}

23話目
{netabare}
たいちくん集中してたらつよいんだ
ちはやはあらたくんとシノブちゃんの試合より
たいちくんのこと心配してたんだね。。
さいご泣いちゃった。。

でもにゃんはあらたくん応援してるから
そっちのほうが心配^^
見せてほしいなぁ☆

そういえばつくえくんはどうなったの?
{/netabare}

22話目
{netabare}
シノブちゃんと試合
負けちゃったけどタンクトップは勝った!
じゃなくってw
負けちゃったけどいい試合だったね^^

ちはやは指けがしてたけど
シノブちゃんがそんなことかまわないで
本気でたたかってくれてうれしかった♪

かるたはただ勝つからうれしいんじゃなくって
本気でたたかって勝つからうれしいんだって
ちはやは知ってるの
クイーン戦たのしみだね☆

太一くんもがんばってたね
でも
にゃんはあらたくんの試合が見たかったなぁ
{/netabare}
21話目
{netabare}
個人戦はじまったね

あらたくんとシノブちゃんはかんたんに勝っちゃったね^^
あらたくんのかるたもっと見たかったなぁ☆

ちはやは左手でかるたをとることにして。。って
それでも勝っちゃった
すごいなぁ。。あついなぁヽ(*’ー’*)ノ

でも今週は肉まんくんのおはなしがとってもあつかったぁ
あらたくんの「こんなに一生けんめいな。。」に
「あたりまえだ。。」
にゃんは肉まんくんといっしょに泣いちゃったよ。。

肉まんくんの「くそっ!」って
いろんな思いがつまってるんだね。。

ちはやは2回戦はかんたんに勝てたみたい
でも3回戦しのぶちゃんと。。
あらたくんとかるたするのにとっておいた右手
つかっちゃうんだ。。

右手大丈夫といいね☆
勝てるといいね☆
{/netabare}

20話目
{netabare}
今までイタイの忘れてたのかな。。
ちはやの指ってどうなっちゃったの?

あぁ。。
やっぱりにゃんは太一くんよりあらたくんがいいなぁ
あらたくんとかちはやってかるたが好きでやってるけど

太一君って
かるたが好きなちはやのことが好きでやってる感じで
がんばっててもなんだかちょっとちがうみたいで。。
ちはやが好きだってことよく分かるけど
小学生のときとそんなにかわってないのかなぁ。。って

今週は今までのまとめみたいな感じで
思い出してにゃんもまた感動しちゃった^^

ちはやは左手で個人戦に出ようってしてるけど
とちゅうまではなんとかなるかもだけど
あらたくんとかシノブちゃんにはむずかしそう。。
でもだめだとかって
思ったりしないのがちはやのいいところなんだよね
{/netabare}
19話目
{netabare}
優勝おめでとう~
長い試合だったけどよかったぁ~♪

でも1ばん泣いちゃったのは
負けたフジサキのみんなにだったけど。。
がんばっても1番になれるのって
1校だけだから。。

さいごあらたに会って
さいしょにゆったのが
「見た?。。あたしのチーム。。」

団体戦勝つのって自分だけが勝つのよりずっとむずかしい
でも
それをやったのってやっぱりちはやがいたからだよね
これなら個人戦もだいじょうぶよね☆
{/netabare}

18話目
{netabare}
ミズサワ2敗しちゃってこれでおわりなのかなぁ。。
でもちはやがケガしながら
個人戦あきらめてもって思いながらがんばってるから
勝ってほしいなぁ
{/netabare}

17話目
{netabare}
いつもミズサワはじめはおされてるけど
とちゅうから取りかえすね^^
今回はどうかなぁ?

フジサキのリオンさん
おばあさんが読シュっていいのかなぁ。。
小さいころから聞きなれてたら
ほかの人よりはやく分りそう

それにフジサキの先生は
体力とかもきたえさして
みんなかるたがうまいだけじゃなくって
体力もあるから強いよね

それでちはやはケガまでしちゃって。。
でもそれでリオンさんがちょっとくずれたみたい
流れがかわって
みんなもそんなちはやを見てやっぱりアツくなっちゃった^^

これからミズサワが追いぬいて
勝てるといいなぁ☆
{/netabare}


16話目

予算がないので総集編?
ときどき入るギャグがたのしかったw

15話目
{netabare}
フジサキの先生きつい感じ。。
リオンちゃんもつよいなぁ。。
マコトくんはツンデレだったねw

つくえくんってすごいね。。
予知能力ありそうw

でも
なんとなくフジサキの方がつよそう。。
ちはやががんばらないと。。

シノブちゃんまで見に来ちゃったけど
負けられないよね
{/netabare}

14話目
{netabare}
肉まんくん負けちゃって
でもかなちゃんとりもどしてくれたぁ♪
そしてたいちくん。。

ちはやがんばってたけどとちゅうからどうしちゃったの?
ほんとにどうしちゃったの?
めぐむさん。。そんなにつよかったの?
く。。くやしかったね。。にゃんは泣いちゃった。。

えっ?。。もうみずさわ負け!?。。って思ったら
つくえくん!すごい!
おわって
おぉ~ん。。ってなみだ出ちゃったよ

たいちくんちょっといいとこ見せたね^^
幼なじみだからふつうにできちゃうんだね
力をぬけ。。って

つくばくんもよく見てたね。。
かなちゃんとってもつかれてたんだ。。

団体戦。。みんなだから戦えるんだ
にゃんはまた泣いちゃった。。

今週は泣けるおはなしだったね
それですごいドキドキしちゃった。。
ちはやが手をぎゅっとにぎりしめてたのがよく分かった(ほっ)
{/netabare}

13話目
{netabare}
かるたとったりとられたりして
ちはやもミズサワのみんなもくるしいんだろうなぁ。。
でもアカシの人たちもおんなじだよね

めぐむさんも本気になってきて
あつい試合だよね。。
どっちが勝ってもおかしくなさそう
どうなるんだろう。。もちろんミズサワだって思うケド^^

今までとちょっとちがうお話しのながれだったみたい

あとアカシの先生すぐ泣いちゃってなんだかにゃんみたいw
{/netabare}

12話目
{netabare}
雨の音がうるさいくらいだったね。。
めぐむさんってフシギな人
ミズサワのことぜんぜん気にしてなかったよね
すごいかるた取るのが早かったぁ

それに人の気もちがよく分かるのかも
ちはやはせめるまもるってなやんでたのかな。。
いろいろびっくりしちゃってかたくなってたのかな。。
かなでちゃんのひと言で急に変わったみたいだったね

気がついたら雨もやんでて
それまで字しか見えてなかったみたいなのが
かるたの気もちが見えるようになったみたいで♪
わぁっ~これなら勝てるかも

今週はあっとゆうまに終わっちゃったよね^^
{/netabare}

11話目
{netabare}
はじめからもめちゃってちょっと心配しちゃった
肉まんくんほんとは机くんのこと考えてたからだったんだ。。
でも自分がまちがえてたかもって
きっと試合中に気がついたよね^^

机くんはすごいねいろんなこと調べてきてて
ただかるたがはやく取れるだけじゃダメみたい
でもほんとはやっぱり机くんもこわかったんだ。。

あらたくん出られることになってよかったぁ
シノブちゃんはかるたのことより鳥人間のほうが心配みたいw

今週はあつい試合はなかったけど
かるたはあついだけじゃ勝てないってゆうことだったのかな。。

あかし女子との試合どうなるのかな?
{/netabare}

10話目
{netabare}
山口みおか高校ってあたまのいい人ばっかりなんだね^^
ふつうのかるた好きの人とはかなりちがうみたい。。
それでちはやはなんだかよく分からなくなっちゃったのかな
自分のやり方をわすれちゃったみたいだし

でもしのぶちゃんが立ってるの見て
いつものちはやにもどったみたい
ほかのみんなは自分のペースでやってて
よくがんばってた♪

しのぶちゃんがあらたくんをかばったのって
やっぱり楽しくなくっちゃ
勝ったってしかたないって思ってるんだろうなぁ

でも
あらたくんは自分がやったことがわるかったって
個人戦あきらめようとしてたのって
あらたくんらしくってかっこよかったよ♪
{/netabare}

9話目
{netabare}
あらたくんのお話しだったね。。

団体戦と個人戦
ちはやにはあんなこと言っちゃったけど
やっぱりあらたくんも団体戦やりたかったみたい

太一くんはあらたくんのことになると
ちょっと人が変わっちゃうみたい。。

あらたくん他の学校の手伝いすることになって
勝っちゃいけないって
めがねもはずして。。

そんなことしちゃダメってにゃんは思った
どんなことがあってもルールをやぶっちゃったら
かるたをうらぎることじゃない?って

見つからなければいいって
人だすけだからいいって
そんなわけないでしょ!
あらたくん。。かんたんに考えすぎだよ。。って

とちゅうであつくなって
めがねをつけたあらたくん
かっこよかったけど

やっちゃいけないことして
かっこいいって。。どうなのかなぁ?

そしたらやっぱり
試合がおわって先生に見つかって
もしかしたら個人戦に出られないかも。。って

にゃんはそれでもしょうがないって思うよ
もちろん出てほしいけど。。
でもやっちゃいけないことって
やっぱりやっちゃいけないんだよね。。

あー。。なみだが出てきちゃったぁ。。
あらたくんどうなるのかなぁ
{/netabare}

8話目 全国大会予選
{netabare}
つくえくんかっこよかったね^^
すみれちゃんもえらいねって言われて
ちょっとつくえくんのことイシキしちゃったかなぁw

おうさか めぐむさんおもしろい人w
これからちはやちゃんのライバルになるのかな。。

はじめてあたったのが外人さんチーム^^
みんなびっくりしてなかなか手が出なかったみたい
でもちはやの「1枚。。」で流れがかわったみたい
みんないつもどうりにもどってヨユーで勝っちゃったね

「私たちのふつうはこうなの。。
毎日毎日。。みんなでつみあげたのは。。こうなの」
にゃんはなんだかジーンってしちゃって涙が出てきた(あは。。)

お別れのときのボードの英語ってかっこよかったけど
たしか中学英語がやっとってゆってた人もいたようなw

あらたくんやっと来た~♪ あれってうそだったんだね^^
でもそのあとの手がにゅ~っ。。て
背後霊みたいでにゃんは1シュンおっかなかったぁ
でも。。しのぶさんだったんだ。。
(どんなダイエットしたのかな。。ちょっと知りたいw)
{/netabare}

7話目
{netabare}
家族のこと
学校のこと
大会とかなくって
あついお話じゃなかったけど。。

吹奏楽部もやっぱりがんばってるって
自分のことだけかんがえてても勝てないって
ちはや分かったのかな

すみれちゃん
もちろん太一くんのことが1番みたいだけど
だんだんかるたも好きになってきたみたいで
よかったね

お母さんはお母さんで心配してくれてたんだね。。
お姉ちゃんはかるたなんて。。ってゆってたけど
ちはやのこと見てて自分も!って思ったのかなぁ^^

ちはやぶるの意味って
にゃんは今まで知らなかったけど
ちはやちゃんも知らなかったんだねw

4番まで演奏おわって
みんなわらってたけど
吹奏楽部の先生とみんな見てたら
にゃんは泣いちゃった。。

ちはやちゃん
会いたい人ってやっぱり。。

みんな~大会がんばって~!
{/netabare}


6話目 楽しい♪。。のおはなしだったって思う(うん)
{netabare}
机くんとたくまくんの試合で机くんのひとりごと
「君に負けてからのこの一年 
かるたが楽しかったのは ぜったいボクのほうだ!」

目がさめたちはやの
「今まででいちばん楽しかったね~♪」

あらたくんからのメール♪
「高校選手権 決勝 楽しかった?」
それで泣きながらちはやの
「あらた。。
今まででいちばん楽しかった!いちばんくやしかった!」

楽しいからがんばれる。。
がんばるから楽しいしまけるとくやしい。。
だからつぎはもっとがんばろー!って
思っちゃうんだよねきっと^^
{/netabare}

5話目
{netabare}
あのぅ。。
ふつうにスルーしちゃってたけど競技かるたって
人のかおとか体(ボイン)のこととか言っちゃってもいいのかな。。
デブとかブスとかだったらぜったいだめだめだよね(><)

ちょっといやがらせっぽかったけどかえでちゃんがんばってた^^
でも西田くんはあきらめるのはやすぎでしょ!

ちはやちゃんは一生けんめい
つながれ!つながれ!って
何かかんがえてたみたいで
あのクィーンの人みたいになろうってしてるみたい

1期で言ってたかな
2つのつよさのもう1つって耳がいいことだったと思うけど
どっちもできたらすごいんだろうなぁ。。

じゃないとクィーンのわかみやさんに勝てないよね。。
がんばってね~ちはや~!
{/netabare}

4話目
{netabare}
あ~っ!あらたくんがしゃべった~
これからたのしみ~♪

でも試合がはじまったらもうそんなことわすれちゃってw
いつもみたいにあつかったよね(クーラーがなかったから!?w)

今週はたいちくんのおはなしだったかな
でもタオル。。のところからたいちくんかわったよね(うん)
これからもっとつよくなれそう♪

あと
すみれちゃんもちょっとかわったかな^^
たいちくんが好きなのは一生けんめいな女子だって思ったかな。。

今週の気になったことばは
一生けんめいはたのしい。。だった☆
{/netabare}

3話目
{netabare}
あらたくんやっと出るんだねっ♪
早くかつやくしてるところ見たいなぁ

つくばねの~って恋のうたなんだぁ
でも今週は恋のおはなしじゃなくって
かるたの団体せんのおはなしで
つくばくんのおはなしだったのかな

おとうとたちにヘンなとこ見せたくないってがんばるのっていいけど
かってなことしちゃだめ(><)
でもつくえくんがかばってくれてよかった~♪
つくえくんもかわったね^^

すみれちゃんもそうだったけど
ダメでもちゃんと試合に出られるってすごいよね
つぎは何とかしなくっちゃ。。っとかって思って
やる気が出そう^^

シノブちゃんも出てきて
これからおもしろくなってきそう♪
{/netabare}

2話目
{netabare}
つぼぐちさん。。こんな人先生になっていいの。。
ちょっとひいちゃった

すみれちゃん。。ちょっとかるたにきょうみが出てきたかな。。
でもやっぱり恋にっ!なんだ^^

それでみんないなくなって
のこったのはつくばくんとすみれちゃん2人だけ
ちはやの思いってもうこの2人に向くしかないよね

つくばくんはちょっとかわってるけどやる気はいっぱいありそう^^
でもすみれちゃんったらめちゃくちゃ。。

ちはやが「全国大会でたおれてから。。」って言い出して
どんなめちゃくちゃな子だって
いっしょにかるたやってくれそう☆ってゆうだけで
ぜったいにがすもんかーっ!ほおっておかないー!って
思いがすごく伝わって来た

もうにゃんはなんかなみだぼろぼろ~って
わー。。にゃんもこんなにだれかに思われてみたーい☆
でもそのあと
ちはやったらちょっとかっこわるかったけどねw

さいごのほう。。
いろいろかっこいいこと言ってたみたいだけど
よくわからなかったw
ケド。。なみだ止まらなかったよ。。

ちはやふる。。よいねーっ!(ぐすん)
{/netabare}

1話目
{netabare}
ちはやちゃん2年になってもかわらないね
もうあつくてあつくて^^

みんながばらばらになりそうなとき
1ばんたいへんそうなちはやちゃんがうごいたら
みんなもまとまっちゃうんだよね(うん)

でも2期はにら。。じゃなくってw
すみれちゃんのおはなしになるのかな。。

すみれちゃんすみれちゃん。。
20人の中で
1ばんまがってそうな子w

でも
うたを読んでて泣いちゃうなんて
とっても気もちがつよい子だなってにゃんは思う。。

いまはたいちくん♡♡♡だけど
もしすみれちゃんがかるた{/netabare}♡♡♡になったら
スゴイ人になるかも。。

あれっ。。でも
にゃんの好きなあらたくんがでてこなかったよー
。o゚(p´⌒`q)゚o。 ビエェーン!!

あと新入部員に男子が1人もいないなんて。。
(あっ!1人いたのわすれてたw)
{/netabare}

投稿 : 2019/09/29
閲覧 : 1498
サンキュー:

250

tomledoru さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

駆け引き+心理戦

競技かるたという分野は,まさに格闘技です。それに加え,自陣敵陣の札の配置,送り札など駆け引き+心理戦の面があり,見ていてハラハラドキドキします。

運が左右するすることもあり,運も実力のうちという冷酷な面もあります。努力だけではどうにもならず,将棋や囲碁とも共通するのですが,才能も必要です。

耳の良さも大切と描かれていますが,何字決まりの札というごく初歩の知識も当たり前にマスターしないといけないのは,奥の深い駆け引き+心理戦を含んで「ちはやふる」の魅力です。

当方,高校時代にすべての句を一応覚えて,アマの初歩の初歩での集まりで競技をしたことがありましたが,11枚しか取れず惨敗しました。私には才能はありませんでした。(笑)

投稿 : 2019/09/13
閲覧 : 61
サンキュー:

6

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

3期が楽しみ

私達、無駄に熱かった少年誌で育った世代の大人から見て、繊細さと熱さが融合された本作を見て、面白くない訳がありません。
原作も読んだんですか、丁寧に作られた作品だと思います。
個人的には、2期後半の桜沢先生が千早に掛けた台詞は最高に熱く心に刺さりました。夢を追いかけている方々は是非、心に刻んで頂きたい台詞でした
3期が楽しみです

投稿 : 2019/07/21
閲覧 : 75
ネタバレ

nan-nan さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

1期に続き2期も(^^♪

1期に続き2期も原作通りにアニメが作られたコトに満足しています!
1期真面目に作ったから2期はイジろう!とかならなくて本当に良かったです!
もはや「スポ根」の競技かるた…。
私もやってみたいと何度思ったか?
まぁ、頭弱いので無理ですが(笑)

3期があるとしても原作に忠実に描いていただければと思います!
ちゃんと原作読んでますからねぇ(^^♪

投稿 : 2019/06/29
閲覧 : 64
サンキュー:

5

taijyu さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

申し分ない出来の、高品質な名作の続編

事前感想:
前作も良作だったから、同じクオリティなら満足です。

1話感想:
1期目からの期待通りのクオリティの続編です。
文句なしに面白いです。

全話感想:
最後まで高いクオリティで楽しめました。
キャラクターが皆魅力的で、熱く、感動でき、非常にレベルが高く面白い作品でした。
申し分なく面白いので、作品についてはそれ以上特に語ることも無いような。

そろそろ原作に追いついてしまったんでしょうかね。
月刊誌は進みが遅いですよね。
早く続きがみたいです。

作者さんは応援しているので、ぜひ頑張って頂きたいです。

投稿 : 2019/04/30
閲覧 : 91
サンキュー:

8

三毛猫メリー さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ちはやふる2期

過去に視聴済み。

新入生も加わり、より頑張るちはや。
2期もなかなかの面白さでした。

投稿 : 2019/01/27
閲覧 : 128
サンキュー:

9

ちあき さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

良い

第一期に続き、ストーリーも良く、感動する場面もありました。
続きが気になり、どんどん観ていきましたが、物語は未だ完結していません。原作の漫画もまだのようです。続き気になります。

投稿 : 2019/01/21
閲覧 : 139
サンキュー:

3

ネタバレ

ふわふわマショマル さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

【中学の頃の小説も読んで】3期期待!凄くいいよ!止まらなくなるよ

ちはやふるは大好きです。原作も継続して読んでいます。
【1期から更に面白さアップ】
1期に続いて、主人公と裏主人公の千早と太一が実力を付けてきているので、面白くなってきました。また恋の行方も気になり始めました。

【批判部分】
{netabare} 恋愛にしたいのか? 百人一首にフォーカスしたいのか? コメディにフォーカスしたいのか?解らなくなってきています。
2期はそれでも、百人一首に1期よりフォーカスしていたように感じました。
ええっと、個人的には百人一首だけで勝負して欲しいと思いました。
恋愛も面白いですが、これといって凄く展開が面白いわけでないように感じます。(どこまでどん欲な私?!すみません)

恋愛にフォーカスするならもっと色々な事が起こったりしてもいいかと思います。
なので、競技・恋愛・コメディ・友情・家族愛とどれも少しずつ入っており、結局何が言いたいのか?強く伝わって来ないのがすごく残念かぁって。

材料は百人一首でここまで夢中になれるなんて、凄くいいのに。勿体ない感じがします。

作画はきものが出てくるのでもう少し、綺麗に描いて欲しいのを1期で期待していたので、評価は1期より下げます。w
大和和紀さんの「あさきゆめみし」と比べちゃうのは行き過ぎでしょうか?すみません。ついつい厳しい目になり、上から目線的ですみませんw

綺麗なきものを召した、クィーン千早や既に強いので名人になった新や名人戦で頑張る太一には、カッコ良く美しい綺麗なきもの姿をみたいじゃありませんかぁ。

声優さんは5です。新の方言をよく頑張って2期も続けているし。声優さんは千早も太一も他のキャストも一致していて、好きなので安心して観る事ができます。

ストーリーの展開が残念だったので、競技会でみんな成長して上手になっていくので悪くはないのですが、もっと何にフォーカスするのか?を強く出して欲しいことに3期へ期待をしていますね。


回想録やコメディは私には要らなかったかなぁ。。。もっとその分をストーリーに深く入って欲しいかなぁって。。。 家族や友人の細かい部分は主人公と裏主人公以外はなるべくならファンブックもひとつのアイデアかも。TVで放送するのはその分を競技会含めて千早や太一にフォーカスする方が、面白いと思います。{/netabare}


【総評】
チーム戦の戦いはとても面白いですよ!個人戦はいずれ頑張って!!と応援したくもなりますし、3期を是非期待したい作品です。
かるたを知らなかった私も、競技かるたを学ぶ事もできましたし、知らない人もきっと面白く観れると思うので、誰にでも私は推薦している作品のひとつです。

【最後に】
好きなちはやふるだけに・・・・もしスタッフさんがこれを読まれたら気を悪くせず、参考にして3期をもっとクオリティ高く目指して欲しいと願いを込めてのコメントです。
もう、正直ね 競技会と練習と太一の成長と新と千早と太一の恋の行方だけで他はいらないと思います。(言っちゃったぁ。)個人的な意見ですので、大好きな方がこれを読まれて気を悪くされたらごめんなさい。あくまでも個人の意見ですので、許して下さい。私もちはやふるの大ファンなんです♡

ニコニコ動画:クィーン戦と名人戦が観れるようです。本物の試合とアニメを見比べてみましたが、中々アニメ頑張ってるなぁって思いました。YouTubeにもアップされていましたよ!

------------ 3回目の鑑賞中 10/9/2014 -----------
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4063766985/ref=wms_ohs_product?ie=UTF8&psc=1
このURLはアニメ前の小学校と中学校の小説一から四を読んでから三度目を観ています。(好きなアニメは原作でも小説でも動画後、読んでもっと深く心で感じるようになりたい。って思うからです。)

小説ですが、より詳細が描かれています。

新の府中から福井へ戻り、永世名人の祖父が亡くなり、千早と太一が福井まで訪れるところや、クィーン詩暢ちゃんの中学生活の様子、彼女がSnow Manをコレクションするきっかけとか?かるたしか友達が居なかったけど、友達ができたエピソード。かなり、新の深層心理を知ることができました。
奏ちゃんも登場していて、彼女の古典への意気込みでよりいっそうかるたの意味を知る事もできます。ところどころにちゃんと万葉集、古今和歌集、百人一首やその他の古典の素晴らしさや、難しくて理解できないと思い込んだ多くの日本人の気持ちを解放して、そうか!かるたって昔の和歌って今のJ-POPと同じなんだ。
そんなに難しく考えることもなかったんだなっと、学生時代のネガティブに思った気持ちを転換してくれました。
更に、太一の中学校生活で、意外と恵まれていたようで暗い日々を送っていた事や、GFとの出会いやいきさつそして、千早と端沢高校で出会うところまで。
詳しく書かれていて、2度アニメを観た時には気づかなかった太一の気持ちの変化がとてもよく書かれていて解りやすく、アニメの表情から台詞なしの部分でも洞察ができるように全体的になったのは小説のおかげだと思います。

一度目の感想ははこんなにあちこち欲張ってアニメにして、もっと恋愛とかるたの試合を中心に絞ってくれたらいいのになぁ。っと
生意気にもそんなコメントを感想として残しました。

二度目を観た時は一度目より、詳しく自分の目で観たかったからです。でも、そんなの、所詮自分の心の成長がされていないから、どんなに深く感じようと思っても、心の渦巻く気持ちや、太一や千早や新だけじゃなく、その周りの人たちの気持ちの在り方や、見守り方、が理解できるはずがないんですよね。観る側のなんというかレベルも何度も見ることで成長するものだと思いました。

三度目(小説を読破後)でやっとそれぞれのキャラクターの気持ちがやっとやっと痛い程伝わって来て、2回目までは泣かなかった所で、泣いてしまったり。胸がキュン!っとしたりしています。

本当に「ちはるふる」が好きな人たちへ・・・
是非、この小説を手に取ってみてからもう一度観て下さい。
本当に、場面場面のキャラクター達の気持ちがもっと深く理解や感じる事ができるようになっています!

投稿 : 2019/01/21
閲覧 : 325
サンキュー:

14

ネタバレ

oneandonly さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

対戦で深められていく物語に、視聴が止まらない

世界観:6
ストーリー:8
リアリティ:8
キャラクター:8
情感:8
合計:38

春。瑞沢高校のかるた部5人は新入部員の獲得に励んでいた。しかし、入部届けを出しに来たのは太一目当てのかるた初心者の女子ばかり、中でも花野菫は太一に積極的な様子。千早はかるた強豪校になるためと言い放ち、自ら教育係をかってでる。
(公式HPより)

第一期はとにかく継続視聴したくなる出来の良さでしたから、間をあけずに第二期も視聴しました。

第一期は競技カルタの説明や主人公たちの出会い、これまでの道のり、そして家族を始め、仲間やライバル等の関係者の描写にも時間を割いていましたが、第二期は新メンバーが登場する以外では、ストーリーのほとんどが高校の全国大会とその予選にあてられています。

総評としては、期待を裏切らない面白さです。多忙な平日を除けば、6話から25話まで半日で一気見してしまいました(汗)。説明がいらなくなった分、競技カルタの奥深さや魅力を伝えつつ、登場人物の心情描写もかなり描けています。年月の経過が物語を重厚にしていくのは好みですね。第一期の大会ももう一度見直してみたくなりました。

表現にも毒がなく(そのためにこの作品がベストだ、とも言われにくいように思いますが)、万人受けする作品でしょう。絶対、第一期も見ることを前提でおすすめできます。

その他、具体的な話はネタバレにて。

{netabare} あまり、マイナス点となるところはなかったです。筑波君がオーダー書き換えるのはありえないと思った所と、原作のある作品なので、最後が中途半端な「つづく」で終わったところでしょうか(第二期単体での芸術的評価は落ちてしまいますかね)。もう少し綺麗にまとめてくれていればストーリーに満点をつけていました。

良い所は、ほとんどの対戦にドラマ性を持たせている所です。千早と仲間たちがしっかり力をつけてきて、相手の戦略に惑わされたりアクシデントが発生しながらも、絶対起こりえないとまで思わせないリアリティさをキープしたまま団体戦優勝まで漕ぎ着けるストーリーは素晴らしかったですね。

とりわけ、運がない、才能にも疑問を持つ太一(第4話は秀逸)が、B級優勝する過程は感動しましたし、千早、かなちゃん、机くんらも、カルタの腕のみならず人間的にも大きく成長しています。スポーツ、団体競技の熱が伝わってきます。{/netabare}

卒業まで描かれるとするとまだ、第三期、第四期くらいまであるかも。人気作品で、ここで終わるわけがないので、楽しみに待ちたいと思います^^
(2015.10視聴)

2016.2.13追記
Youtubeで良い動画を見つけたので参考まで共有します。間違いなく多くの人の人生に影響を与えていますよね。凄い力があることを改めて感じたところです。
「2016.1.10放映:ニッポン行きたい人グランプリ」

<2019.1.11追記>
現実世界+αのない世界観であり、MAXの7点(音楽、作画もMAX)は高いと思いましたので微調整します。

(2015.9頃視聴、2017.5、2019.1調整)

投稿 : 2019/01/11
閲覧 : 388
サンキュー:

61

アキラー さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

2回目視聴 息をのむバトルシーン

来年、3期が始まるので一期に続き見直し。

前期より試合数が多くなり、様々なタイプの選手と
対戦するのだが、前回より迫力を感じるのは、
試合における音楽かもしれない。

こういったアニメは、対戦中のピンチの時や、反撃の時、勝った時など、そのシーンに合わせた曲が
選ばれるのだが、これがドンピシャで効果的に使われている。

試合、というより「バトル」といった方がしっくりくるぐらい。競技カルタって、カードゲームに似た所があるのかも。

3期はどうなるか今から楽しみだ。

投稿 : 2018/11/18
閲覧 : 114
サンキュー:

10

ヒロウミ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

2期になっても巧みな心理戦も色々疲れが出るもので・・・

キャラクターが増えれば焼酎の水割りのようにはならず日本酒の水割りとなってしまう。



1期に続き簡単には日の目を見れないがそれがいい。色々なキャラクターがキーマンとなり苦難を乗り越える様子はキラキラしている(団体戦のみ)。

が、個人戦の描写が少し物足りない。演出と言うか絵と展開に飽きがくる。バリエーションの欠如というか「ワーキャー展開」が明らかに増えてしまって少しずつだけ盛り上がりに欠ける。新入部員も掘り下げは話数的に不可能なのだがそれが無いからこそ無駄なダル絡みに感じてしまった。
絵の動きも断然減ってしまい演出と演技で無理矢理表現していることも増えやや安っぽくなってしまっている。他の作品と比べたら全く気にならないのだが作品のシリーズを一気見してしまえばそれは目立つ。いつものマッドハウスですね、これ。
更には劇中音楽も飽きた。50話似たようなものだとマンネリしちゃうのは致し方無いのだけども。そもそも放送時視聴することのみ考えれば一気見するのは円盤をもつファンが多いだろうからそこまで丁寧に作る必要はないんだろうけど。

まぁ皆優勝しちゃうのは分かる。千早のようなトップクラスの選手と練習してれば自然とレベルは上がるしね。ただその苦しみながら練習する様は目立って減ってるから色々なところで整合性が無いように感じてしまうのもまた言葉足りずといった感じ。
頻繁に泣くヒロインにも面倒臭さを感じてしまう。涙で「懸命」だったり「優しい」だったり「悔しい」だったりは動きの無いマンガなら良いんだろうけどアニメだとただの安売りでしかないように思えてしまう。新が服をロクに買ってもらえない、小学生なのに新聞配達で金を稼がなければならない程の異常なまでの貧困世帯の設定にしてしまったのは安易な当て馬貧乏だったことにも少し残念に感じてしまった。まだ断定は出来ないがこの展開なら掘り下げはないだろう。まぁ少女漫画の性なのだから突っ込むこと自体野暮なのだろうが。



1期も2期もスポーツとしての物語、青春ものとしての物語の作りは良い作品。試合には何度も引き込まれた。キャラクターの成長にキュンキュンもした。
それでも感情が止めどなく溢れるほどの琴線に触れることはなくマイノリティな競技を青春を織り混ぜて上手く描写されたアニメだが「これはすげぇぞ!」までは届かなかった。良い作品なんだけどなぁ。
何にせよ中途半端な終わり方で6年も待たせるなんてすごいよ。んなに待てないから、普通。アニメ業界はある意味ワンマン経営なのかもしれない。

投稿 : 2018/10/17
閲覧 : 115
サンキュー:

21

ZORRRO さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

熱い作品ですね。

1期に続いてとても白熱した、面白い作品でした。

少女漫画絵っぽさは、見てれば特に分からない感じがしますね。
青春です。

投稿 : 2018/09/01
閲覧 : 59
サンキュー:

6

saiha さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

一期からクオリティは落ちず

1期から引き続き面白いです。
序盤こそ新入部員二人(特に女子)がヘイトを集めますが、大会始まってからは一期以上に熱いストーリーが楽しめます。

恋愛パートの方は進展しそうでなかなか進展しないですね。
いずれにしても3期に期待が膨らみました。

投稿 : 2018/06/30
閲覧 : 117
サンキュー:

5

H系416Day さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

女子かっ!

この作品に出会ってからこっち、ずっと寝不足…
まさかこんなにハマるとは
面白かった〜
一期の序盤はレンタルで観てコレは!と思ったので円盤を買って二期はBlu-rayで視聴。
こちらの「ちはやふる2」は2年生になったカルタ部の物語ですが展開が気になって気になって睡眠を削ってまで観てしまいました。

ハラハラドキドキの後半では緊張のあまり口元に両手をあてて息をのんでしまいました(恥)
おっさんなのに…orz
そのくらい物語に引き込まれてしまいました。
来年、続編の公開が決まっているそうですがコミックも最新巻まで迷わずまとめ買いしてしまった。

最初は絵がなんとなく嫌で敬遠してましたけど綺麗な千早と無駄美人と称される所以、そのギャップに思わず笑ってしまいます。
絵だけで何となく遠ざけてる人、本当にもったいないですよ。
とても素晴らしい作品なのでぜひ観ていただきたい!

投稿 : 2018/06/08
閲覧 : 95
サンキュー:

6

ゆい さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

タイトルなし

一期みて最高だったので、観ました。
二期も相変わらず最高でした!!
また引き込まれて、感動するし観てる方も熱くなれます。
大好きなアニメです。

投稿 : 2018/03/30
閲覧 : 89
サンキュー:

7

次の30件を表示

ちはやふる2のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ちはやふる2のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ちはやふる2のストーリー・あらすじ

春。瑞沢高校のかるた部5人は新入部員の獲得に励んでいた。しかし、入部届けを出しに来たのは太一目当てのかるた初心者の女子ばかり、中でも花野菫は太一に積極的な様子。千早はかるた強豪校になるためと言い放ち、自ら教育係をかってでる。(第一話)(TVアニメ動画『ちはやふる2』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2013年冬アニメ
制作会社
マッドハウス
公式サイト
www.ntv.co.jp/chihayafuru2/
主題歌
≪OP≫99RadioService『STAR』≪ED≫瀬戸麻沙美『茜空』

声優・キャラクター

瀬戸麻沙美、細谷佳正、宮野真守、茅野愛衣、奈良徹、代永翼、入野自由、潘めぐみ

スタッフ

原作:末次由紀(講談社『BE・LOVE』連載)、 監督:浅香守生、シリーズ構成:柿原優子/加藤綾子、キャラクターデザイン:濱田邦彦、美術監督:清水友幸、撮影監督:藤田賢治、色彩設計:鎌田千賀子/橋本賢、デジタルアーティスト:石神亮一、編集:木村佳史子、音楽:山下康介、音響監督:三間雅文

このアニメの類似作品

この頃(2013年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ