「翠星のガルガンティア(TVアニメ動画)」

総合得点
87.1
感想・評価
2710
棚に入れた
13533
ランキング
129
★★★★☆ 3.9 (2710)
物語
4.0
作画
4.0
声優
3.8
音楽
3.7
キャラ
3.9
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

翠星のガルガンティアの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

りおんひかり さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観たい

アジアンサイエンスな予感

DVD借りた事について、ロボットなだけに、かっこいいと思いませんか?
まさにアジアンサイエンス、これがパラレルワールドだからSF作品にとっては人気者だった。でもまた見たいです。自身は1話から3話まで見たんだけど、4話から見たくなってきたので、面白い!スパロボ作品として最高でした。

投稿 : 2020/05/11
閲覧 : 36
サンキュー:

4

ネタバレ

レオン博士 さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

生きるとは何か

かれこれ10年近く前の作品ですが、今の作品と比較しても映像がとにかく綺麗で、背景もキャラクターもかなり力が入っている。
空の青さ、雲のリアルさやキャラクターの服装、服飾の細部までのこだわり、見事だと思う。特に色使いが素晴らしい。

主題歌はOPEDともに名曲でした。
OPはアニメソングらしい元気のもらえる明るい曲で、
EDはこの作品のテーマにあった落ち着いた感じの味わいのある曲でどちらもお気に入りです。

シナリオのほうも素晴らしかった。
ネタバレにならない程度に言うと、第一話の時点では戦闘シーンが目まぐるしく、なんだかよくわからないまま戦闘が終わった。
その時点では敵性宇宙生物と人類が戦争する話なのかと思ったが、そうではなく、3話くらいまで見て第一話の戦闘シーンが意味わからんかった理由がわかった。
その理由とは、このお話に置いて宇宙生物との戦争はメインテーマではないからだ。メインテーマではないから、戦争の激しさをちょっとだした程度で終わらせたのかなーと思った。

ガルガンティアの人々や、海賊の人物の掘り下げが不足気味で、もうちょっと掘り下げてくれていたらさらに良かったのだが、13話という話数からして仕方ないだろうか。

だが、完成度の高い作品でオススメ。

戦闘シーンは中心ではないが、要所要所で見ごたえのある戦闘シーンもあります。

以下、ネタバレ入りの感想

{netabare}
・敵の素性はともかく、第一話で出てきた敵はどうやってあんな進化をしたのか?ちょっとあり得ないレベルの進化だと思う。

・自分の命を投げ出してチェインバーの使命に協力したレドに対し、最後の最後にエイミーのもとに帰るか一瞬迷ったレドをパイロットとして失格だと言って退避させたチェインバーが超カッコ良かった。一番の名シーンだったと思う。

・中佐の機体とやばい宗教集団が出てきた時に、残り話数的にこいつらと戦って終わりかなー?ってのがなんとなく見えてた。海賊のおかしらも、再登場した時にも仲間になるフラグびんびん立ってましたね。 一人だけあの宗教団体に染まってないあたりが特に。


{/netabare}

投稿 : 2020/05/03
閲覧 : 41
サンキュー:

13

ネタバレ

ぺー さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

世の中に絶えて陸地のなかりせば

のどけからまし!とはいかない全13話+OVA2話。
レビュアーさんからのおススメもありで、再放送きっかけでの視聴です。

戦闘に明け暮れるとある宇宙の果て。そこから遥か遠くに飛ばされてしまったロボット乗りの少年レド(CV石川界人)&搭乗機のAI?チェインバー(CV杉田智和)が飛ばされ先の星で出会った人たちと交流したりアレしたりの物語。

飛ばされ先は酸素があって生物が生存可能な星。レドの母星はそうではないらしい。
飛ばされ先ははるか昔には高度な文明が存在してたと口伝されてる。今は陸地全て水で覆われ船団都市(イメージはハウルの動く城水上版?)が人間の活動拠点となっているローテクの世界。ユニヴァーサルスタジオのショーでお馴染みの『ウォーターワールド』の世界にほど近いです。対してレドといえば連れのロボットのOSそのものがそれこそ会話もなんなく可能なレベルにある超高度AIだったりに代表されるように21世紀の地球なんて目じゃないくらいの科学力を誇っているであろうハイテク世界の住人。

 異文化交流

ベースとなるものが言葉も含めて違う両者。一致点を探しながらコミュニケーションを重ねていきます。ここで生じるズレがコメディとして昇華されていて面白いし小気味よいテンポを作ってました。チェインバー役の杉田氏のロボらしい芝居が光ってます。
それに女の子がかわいい。二次元のヴィジュアルに惹かれることがめったにない小生のツボに珍しくはまったヒロインエイミー(CV金元寿子)です。
{netabare}※EDアニメでウィンドサーフィンするエイミーの“引き→ズーム→引き”で抜けていく一連のカットがめちゃくちゃ良かったです。明るい未来への期待に一点の曇りもない表情。しかもこのカットのところだけスタッフクレジットが消えている。しっかり踊りましたよ、私は!{/netabare}

海で覆われた星を指して“翠(みどり)の星”と書き“すいせい”と読む。このへんのセンスも詩的かつ美的で好きです。また本編を観ればその意味も分かる仕掛け。確かにみどりの星であります。


サムネ/キービジュアルから想像されるロボットものという宿痾。
1話アバンの手の込んだ宇宙戦争シーンから想像する戦争ものというこれまた宿痾。

全然違いましたね。上記を期待してしまうとなんかずれを感じそうだし、ロボもの/戦争もので食指が動かない方も事前に出ていそう。それでも観てしまったら深みとコクにうっとりしてしまうような。
シリーズ構成に虚淵玄氏のクレジットを見つけたのは視聴し始めてからでした。
ロボットもバトルも物語の主軸とは言い難い。先に挙げた“異文化交流”。のちに明らかになっていく世界の種明かしと合わさって、文明の衝突と融合といった大きなテーマを1クールの短い尺なりにしっかり提示した良作。OVA2話とセットにして考えたほうが良いでしょう。となると全15話ですね。

ロボット+戦闘はそれでもスパイスとして機能してます。バトルは『グラディウス』っぽいなぁ、いやむしろ『沙羅曼蛇※1』っぽいぞと思った直観はあながち遠からずのちにしっかり回収されることとなります。ん!?よくわからん?すまぬm(__)m
 ※1{netabare}バイオな敵キャラ満載なグラディウス系列のシューティングゲーム{/netabare}



■めずらしく主題歌について

結論。どっちも好き。
OP「この世界は僕らを待っていた」。 アゲ系の茅原実里さんの曲は私には初かもしれない。作中が不穏な世界な分、OPがポジティブなのは救いだし、物語でもきちんと意味のある仕掛けになっている曲。
ED「空とキミのメッセージ」 。エイミーかわいい!だけでなく曲も歌い手さんの声もよい。ChouChoさん知らんなぁと思ったら『氷菓』「優しさの理由」の人だったんですね。どうりで心地よいわけだ。

この何かが始まりそうな元気でアガるOP。夕暮れしっとりED。という組み合わせ。それなりに王道だと思うんですけど、聴き流してしまうアニメ作品は数多いです。それが両方の曲ともひっかかる。
このパターンの究極であり原風景は自分には『ふしぎの海のナディア』ですね。良い意味で本作はそれを彷彿させてくれました。ありがとう!


■声優小西克幸のお仕事

途中離脱のリーゼント兄ちゃんピニオン役を熱演されてました。
アツいというか勢い任せのこのキャラクター「ちょっと苦手だなぁ」と思ってたら、そういえばの大人気カミナ兄貴の既視感でした。

 {netabare}「お前の信じる俺でもねぇ、俺の信じるお前でもねぇ。 お前の信じる、お前を信じろ」{/netabare}

言いだしても不思議じゃないと思ったのは私だけでしょうか。巷では大人気なんですけどあまり自分得意じゃないんですよね~。

{netabare}・レド回復前にクーゲルが主導してる船団を呼び寄せちゃうし
・交渉もしてるようでしてないし
・そもそも直感はずれて窮地に陥ってるし{/netabare}

尺の都合考えたり、それを補って余りある長所を考えれば不問にするところなんでしょうけど、苦手意識が先行しちゃうと粗探しに興じてしまうちょっと勿体ない感じでしたね。



桜(ハイテク文明)がなければ、維持/構築のための複雑な仕組みも努力もいらず世の中は長閑だろう。まあ極論です。

…と思うのも構築する過程だったり維持するための努力を払い続けてるうちは良いものの、長く時間が経過していくと形骸化して本来手段だったものが目的化しちゃう。思考停止になっちゃう。「なぜそうしているのか?」の観点が抜けてしまうことはよくあるからです。
そんなレドくんが立ち止まって自分で考えてみる物語が屋台骨なんでしょうね。だからこそ心に響くのかもしれません。

本作の価値。大きなテーマをしっかり1クールの中で魅せる。尺不足を言い訳にしてないか?を立ち止まって考える機会を与えてくれたこともあるでしょう。

※ネタバレ
{netabare}「俺もここから降りなければ良かったのかもしれない」(第11話レド)。{/netabare}

{netabare}このセリフが指すところは示唆に富んでます。果たしてクーゲルのような立ち位置でよかったか?未知のものに触れず自身の自我を保ったほうが本来ラクだったはず。

 “知らなければ幸せだったかもしれない”

これも真なり。逆もまた然り。

物語では揺さぶられた自我の葛藤を克服して、というパターン多いですが、しっかり描くことは難しい。そのへんはさすがの虚淵玄ともいえるのかもしれません。{/netabare}



※自分用備忘
{netabare}レド(CV石川界人)
エイミー(CV金元寿子)
チェインバー(CV杉田智和)
クーゲル(CV小野友樹)
ストライカー(CV藤村歩)
サーヤ(CV茅野愛衣)
メルティ(CV阿澄佳奈)
ベローズ(CV伊藤静)
ピニオン(CV小西克幸)
リジット(CV大原さやか){/netabare}



視聴時期:2020年1月~3月 地上波再放送

-----


2020.03.07 初稿

投稿 : 2020/04/24
閲覧 : 304
サンキュー:

47

ネタバレ

雀犬 さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

自分の意思で人生を選び取ること

 再放送での視聴。実は僕は冬アニメよりも「翠星のガルガンティア」を毎週楽しみにしていた。キャラクターデザインも音楽も好みだったし、支援AI「チェインバー」をかけがえのない相棒として演じた杉田智和の演技は素晴らしかった。

 異文化交流と言われる作品だけども、決して穏当な関わり合いではなく、交流という言葉よりは衝突の方が適切かもしれない。「翠星のガルガンティア」は未開の文明と進み過ぎた文明が衝突することで、双方がそれまで盲目的に信じ込んでいた前提が互いに揺らぎ、物語が急転していく。

 主人公のレドは殲滅兵器「マシンキャリバー」のパイロットであり、人類の敵であるヒディアーズの殲滅にしか生きる意味を見出せない孤独な兵士だった。そんな彼は、戦闘中の事故により見知らぬ水の惑星、地球へと辿り着く。異星で暮らし始めたばかりのレドは牧歌的な暮らしを送るガルガンティアの人々を非効率的で理解できないと切り捨てた。

 しかしのちに彼は、ヒディアーズの真実を知ることになり、自らの存在理由そのものを揺らがされる。悩んだ末に彼は軍規に縛られていた心を解放し、自分の感情に身を委ねて行動を始める。

 「僕はね、人は自らの意思に基づいて行動した時のみ価値を持つと思っている。」

 これは「PSYCHO-PASS」の槙島聖護の言葉である。あるいは「Fate Zero」でナタリアは切嗣に向けてこう語る。

 「"何をしたいか"を考えずに、"何をすべきか"だけで動くようになったらね、そんなのはただの機械、ただの現象だ。」

 「自分の意思で人生を考えて引き受けること」これは虚淵さんが以前の作品でも描いてきた大切なテーマである。しかし引用したように、過去作では表社会で生きられぬ人間の口から語られる言葉であり、冷たい肌触りを感じるものであった。それが本作では、レドの「第二の故郷でお世話になった人々を救いたい」という思いに突き動かされ、かつての上官に反旗を翻すという熱い行動で表現されている。この違いはかなり興味深い。

 いっぽう見方を変えれば、船団という小さく閉ざされたコミュニティで生きていた地球の人々もまた異星からの来訪者と接触することで変化を避けられなかった。彼らは外敵に対して脆弱であり、人口知能に支配されてしまった船団の惨状からは、大きく強いものに縋りがちな人間の性が垣間見える。

 物語の序盤、ガルガンティアの船団は、侵略しようとする海賊たちを抹殺したレドを責め立てた。しかし、最終話で新しい船団長となったリジットは自衛のために大量破壊兵器を使用する道を選ぶ。これを進歩として肯定的に描いているのが非常に印象的だった。

 「翠星のガルガンティア」は、未開の文明と進み過ぎた文明がぶつかり合い、互いに傷つきながらもそれぞれ前進と後退を選び取り、進んでいく物語とだったといえる。風に煽られながらバランスを取るサーフカイトのように。

投稿 : 2020/04/14
閲覧 : 88
サンキュー:

15

ネタバレ

灰色のくま さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

思っていた話と違う展開

1話の始め、宇宙空間での戦闘ものかと思い、少し見る気がなくなったが、実際は違った。

11話?ほどまで来たが、序盤は、主人公と街の住人の慣れあいがほとんどでのどかな時間が過ぎる。

後半になるに従い、このアニメの設定を説明することが多くなり、ぐっと話が進んだ印象。

日常が多かった分話が若干飛び気味な気もするが。。。

声優は、杉田がすごい杉田。。。見てもらえばわかる。

投稿 : 2020/04/06
閲覧 : 106
サンキュー:

1

ネタバレ

〇ojima さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

私がアニメにハマった作品です

是非見てほしい作品です。
主人公が異文化の人々と交流し人としての生き方を知ってゆく。。。
ベタですが、内容は判り易く、そして宇宙-海-海底-空の設定があり見応えがありました!
また、「なるほど」と思わせる驚きの設定があることもいいですね。
ロボット、船、恋、友情、別れ、勇気、などなど、、、そして {netabare}「くたばれブリキ野郎!」のキメ台詞! {/netabare}

キャラクター原案も鳴子ハナハルです♡♡♡

追記:OVAは補てんで必ず見た方が良いですよ。

投稿 : 2020/01/08
閲覧 : 479
サンキュー:

57

gm560 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

色彩が綺麗な作画とOP、EDが好き

とにかくOPとEDが好き。
誰が歌ってるのかよくわからないのにセットで気に入るのはなかなかない。
しかもOPとEDの映像もお気に入りです。

ガルガンティアの風景も色彩が鮮やかで、綺麗で飽きる事がありません。
ストーリーもロボットものなのになんか人情みたいなのを感じますし、
一本道で話が分散する事なくきれいにまとまっている点もお気に入りです。
スリリングな展開なのに癒しも感じられて、大変満足しました。

投稿 : 2019/12/31
閲覧 : 248
サンキュー:

12

徳寿丸 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

げそ~

オリジナルアニメ(OVA視聴済)。
一言でいうとなんとなく色々な作品が見え隠れする既視感というか懐古感を感じる作品でした。EDをみてると何故か未来少年コナンやナディアを感じてました。といってつまんないかというと逆に楽しめました。出てくるサブキャラが皆元気があって生き生きしてますし、女子キャラはエロではなく健康的なエッチな魅力があります。
テンポもいいですし、謎解き、バトルシーン、主人公の成長、格好良い杉田さんも観れます。そして嫌なキャラだなと思ったらやっぱり藤村さんでした…私の中でミスムカつきキャラは健在でした。ある意味期待を裏切らない作品です。

私のツボ:侵略げそ娘誕生秘話

投稿 : 2019/12/15
閲覧 : 336
サンキュー:

23

竜児 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

2013年春期視聴(全13話) 69点。

リアルタイム視聴。世界観も作画も良かったのになぜか楽しめなかった。尺の問題か。

投稿 : 2019/11/30
閲覧 : 156
サンキュー:

0

スマイル さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

くたばれ!ブリキ野郎!

最高。なんか最初はジブリみたいな雰囲気だけ超展開にワクワクした。本当に良かった。チェインバ大好きだ!

投稿 : 2019/11/03
閲覧 : 203
サンキュー:

2

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

世界観が良いです

原作の方が何年も前から構想をあたためていたとのことで、すごく世界観が良くできていて、もっとこの世界での物語を見てみたいと思わせる内容でした。
登場人物たちもよくキャラが立っており、これらの人々のエピソードももっと見たかったなぁと思いました。

ロボットアニメという側面も確かにあるんですが、キャラも生き生きとしていて、日常回でもとても楽しめました。

ただ、1クールなので、登場人物のエピソードを掘り下げるには尺が足らず、2クールで丁寧に描けたなら、もっと面白くなったのでは、と思いました。

2期をやる予定があったのですが、諸事情で中止になったのがとても残念です。
2期のシナリオは、小説が上下巻で出ていますので、興味がある方は是非お読みください。面白かったですよ!

1クール+OVAだけで終わらせるのは本当にもったいない作品だと思います。

投稿 : 2019/10/01
閲覧 : 167
ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

感想

ロボットバトルなのかなぁって思ったら
ちょっとちがうのかなぁ

1話はバトルしてたけど
そこで{netabare}仲間を助けようってして逃げおくれたレドが
どこかほかの場所に行っちゃって分らなくなったんだ

そこはレドたちとちがうことばをしゃべる人たちがいて
レドはよく分からなくってエイミーを人じちにして逃げたの

ことばが通じないし
なんだか分らないところに来ちゃったら
こんな感じになっちゃうのかも。。
それに今までバトルしてたんだし。。{/netabare}

2話目は{netabare}そこが地球だったって分って
ちょっとおはなしもできるようになって
協力したほうがいいかもって
おそってきた海ぞくをやっつけちゃった

なんだかみんな殺しちゃったみたいだけど
強いのがみんなに分かったけど
それって本当によかったのかな?
みんなにこわがられちゃったかも
{/netabare} 
おはなしを書いたのが
まどマギとかサイコパスを書いた人とおんなじみたいで
もしかしてまた暗いおはなしになってくのかな。。

バトルとかあまりなくって
あんまりむずかしくなくって
感動するおはなしになるといいなぁ☆

3話目
{netabare}
レドはガルガンティアの人たちのかんがえてることが
やっと分ったみたい

できるだけ人をころさないようにって
それでもちゃんと勝って
みんなからありがとうって言われて
レドもありがとうって。。

ちょっとガルガンティアの人たちとレドの
気もちがつながったみたいで
さいごにゃんは泣いちゃった^^
{/netabare}

4話目
{netabare}
今週は生きてるってどうゆうこと?って
考えちゃうおはなしだったね
必要がないものっていらないって思っちゃうけど
じゃあ自分は必要なの?って。。そんなおはなしだったと思うなぁ

ベベルはずっと部屋にいて
みんなのために何かしてあげるってできないけど
生きつづけてきたから
きっと今までそうゆうこと考えてきたのかな。。

姉さんはボクを必要としてくれている。。
何よりもボクにとってボクが必要だから。。

そのあとレドがなにか思い出したみたいで
きっと好きだった誰かが消されちゃったのかな。。

またなみだが出てきちゃって。。

さいごにレドが
「もう少しこの星のことを知る必要がありそうだ」って
それでロボットが
必要ない。。本体と合流する。。とかって

にゃんはよく分からないケドそれが本当だったら
本体がむかえに来て
そのあと地球の人たちはいらないから消されちゃうのかなぁ

そしたらそのときって
みんなと仲よくなったレドが
地球の人たちのためにたたかったりして。。

そんなことがなければいいけどなぁ。。
{/netabare}

5話目
{netabare}
今週はサービス回だったのかな^^
感動したりってあんまりなかったけど
上まで女の子3人が競争したとき
とってもきれいだったね^^

レドもだんだんとみんなに受け入れられてきたみたいで
うれしいナ♪
さいごにパーティがレドのためにって
なんだかもっとうれしかった^^

お話しはだんだんレドがみんなと仲よくなって
レドが少しずつかわってゆくのかな。。
明るい感じでいいなぁ♪

このままずっとつづくといいけど
みんなととっても仲よくなったら
そのうちみんなとお別れしないといけないときがきたら
とっても悲しいお話しになっちゃうかも。。

でもそれまでは
このままつづいてほしいなぁ☆
{/netabare}

6話目
{netabare}
お金のつかい方もお仕事も見つかって
ちょっと女の子のことイシキしちゃったかな^^

光のとばり
笛の音
エイミーのおどり
きれいでやさしい感じがよかったなぁ♪

そうやってだんだん
みんなみたいになってくのかなって思ってたら
とつぜんヒディアーズ。。って
どうなってるの!?

またバトルとかはじまるのかなぁ。。
{/netabare}

7話目
{netabare}
やっぱりあのイカってヒディアーズの仲間みたい
だけどクジライカたちは
こっちが何もしないとおそってこないみたい

レドはそれでもたたかおうってしてて
にゃんはたたかわなくっても大丈夫なら
たたかわないほうがいいって思うけど
ガルガンティアのみんなもそう思ってるみたいだけど
レドはやっぱり1人でもたたかうって。。

それでイカたちの巣にはお宝があるみたい
それをサルベージしようってゆう人たちはガルガンティアをはなれて
レドといっしょに行こうってするのかな。。

これからどうなるのかなぁ
もしレドがゆってることってほんとなら
レドは正しいことしようってしてるんだし
ガルガンティアの人たちもかんがえてほしいけど。。

でも
もしイカたちが何もしないんだったら
レドがかんがえた方がいいのかなぁ

だってあんなにたくさんの大きなイカがいて
レーザーでいっぺんにやっつけられなかったら
一匹ずつたたかってる間に
船がやられちゃうかもでしょぉ。。

来週も見てみないとね☆
{/netabare}

8話目
{netabare}
船団長が死んじゃってたくさんの船がはなれてくみたい
レドも行っちゃう。。
エイミーはレドが好きでほんとはいっしょに行きたいみたい

レドはヒディアーズとたたかうためだけど
それってほんとはエイミーとベベルを守るため(ぐすん。。)

リジッドさんもガルガンティアのみんなを守りたい。。って

好きな人とはなれちゃうなんてさびしいね
またいっしょにいられるといいなぁ
{/netabare}

9話目
{netabare}
深海の秘密ってちょっとドキドキしながら見てた
かんたんにやっけられてたくさん殺しちゃった。。
ちょっとほっとしてたらヒミツが分かって。。

なんだかあのアニメ{netabare}「新世界より」{/netabare}みたいで
にゃんはそんなにびっくりしなかったけど
今までたくさん殺してたのが人間だったの?

レドの気もちがイタイのよく分かった。。
なみだ出ちゃった。。
でもレドはこれからどうすればいいの?
{/netabare}

10話目
{netabare}
悲しいおはなしだったね。。
どうして人間どうしでたたかわないといけないの?

人間は頭がよくなって
ヒディアーズは体が進化して
今はもうぜんぜんちがう生き物になっちゃったのかな
ヒディアーズと話すとかってできないくらいになっちゃったのかな?

レドはチェンバーと話して
ちょっと考えがかわったのかな。。
またたたかうのかな。。

そう思ってたら
レドの仲間が来たみたい
ぅわぁ。。どうしてレドがなやんでるのに
こんなときに。。

レドはどうなっちゃうのかな?どうするのかな?
{/netabare}

11話目
{netabare}
レドはクーゲル中佐と会えてよろこんでたね
ほんとはまた仲間と会えてよかったぁ。。
なんだけど。。

クーゲルさんって
地球を銀河同盟みたいにしようってしてるみたいで
でもそれって自由がなくなることかなぁ
レドはおわりのほうでモニターにうつってたエイミー見て。。

レドはクーゲルさんとちがって
ガルガンティアの人たちといっしょにくらして
みんなの気もちとか考え方とか分かるようになったから
きっとなやんじゃうんだろうなぁ。。

レドはこのままクーゲルさんについてくの?
それともクーゲルさんにお話しして
ガルガンティアはほうっておいてもらうとか。。って
だめかなぁ?

でもにゃんは戦争とかだけはやめてほしい。。
でもチェンバーはレドのゆうことより
もっとえらい中佐の命令とか聞いちゃうかな?
だったら戦争にはならないのかな。。
{/netabare}

12話目
{netabare}
いつもはガルガンティアたのしみで
1番はじめに見てるけど
今週はなんだか見るのがこわくって
あとになっちゃった。。

やっぱり戦争はじまっちゃったね
レドがみんなのために
中佐とたたかうって決めたときはうるうるしちゃったけど
戦争はじまったらたくさんの人が死んじゃうんだろうなぁ

でもさいご
中佐ってもう死んでたんだよね。。
えっ!?それってどうゆうこと?

来週はどうなるのかなぁ。。
ガルガンティアの鍵ってなにかすごいことがおきるのかな?
あんまり悲しいおはなしにはなってほしくないね。。
{/netabare}

13話目 TV最終回
{netabare}
いいおはなしで
レドが泣いたときにゃんもないちゃった^^

だいたい思ってたとおりのおわりかただったけど
レドはみんなのために死んじゃうのかなぁ。。って
だったらやだなぁ。。いきててほしいなぁ。。って
思ってたから

チェンバーが主役になるなんて思わなかった^^
「くたばれブリキやろう」ってちょっとわらっちゃった
でも
かっこよかったぁ(ぐすん)

レド。。
ガルガンティアに自分のいるところが見つかって
よかったね☆
{/netabare}

投稿 : 2019/09/11
閲覧 : 1512
サンキュー:

255

ネタバレ

noRespect さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

初めは主人公が最新の技術を使う俺tueee系のアニメかと思ったがそんなことはなく、内容の深いアニメだった。
作画は全体的に良く、個人的にガルガンティアが古めかしくも、生活感のある感じがとても良かった。物語のはだんだんと真実が明かされていくのが面白かった。一番良かったのは最後の話のチェインバのシーンが良かった。しっかり進歩しているのがわかるシーンだった。

投稿 : 2019/08/09
閲覧 : 116
サンキュー:

1

シワーる さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

いいSFです

銀河同盟の一員として戦っていた主人公レドは、ある事故で人工知能ロボットのチェインバーと共に地球に漂着してしまう。そこで自分の信じていた世界観がゆるがされて葛藤するという話。

作画も概ね良くて、骨太なSF作品でした。少しずつ明らかにされていくヒデアスなる敵の正体。チェインバーとレドとの連携と、変化していく彼らの関係が見どころです。

違和感を覚えた点もありました。例えば、超進歩した技術を持つレドに遭遇しても、地球人は彼を普通の居候みたいに扱っている点。ふつうならレドからいろいろな事を聞き出したいはずでは。主人公を囲むのはかわいい女の子だらけで、ちょっとしたハーレム状態になるアニメのお約束展開。露出度のたかい水着のサービスカットは不要だと思った。

劇伴はスペースオペラみたいなかっこいい音楽で大いに盛り上げてくれました。

基本的にはとても良い作品なので、SF好きならもちろん、そうでない人にもおすすめできます。

投稿 : 2019/07/30
閲覧 : 112
サンキュー:

6

ネタバレ

ポポンEX さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

今見ても面白いアニメ

久々に面白い!って思えるアニメでした。

1話から急に別アニメになったのかな?って展開だったけど、敵にやられかけて遭難?してしまう。
遭難後、戦う事しかしらない主人公が現地民と触れ合い人として成長していくアニメ。
なんかイロイロ詰め込まれてる気がするけど、うまい事まとめられてる。

投稿 : 2019/07/27
閲覧 : 106
サンキュー:

3

ネタバレ

ポル さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

もっと続き見たいよ!

1クールだけで終わっちゃ(*/-\*)イヤンもっと見たいよ続きと思える作品でした個人的に!!
チェインバー(ロボ)と主人公の少年の不器用さ加減がまた笑えます。

いきなり超科学力のロボVs謎の化物戦闘シーンからスタート。それだけで( ゚д゚)ノナルホド、ワカラン!見るの後回しだなと1分くらいで思って視聴を切り敬遠しておりましたました。
こういうので切ってるの多いな俺w(゚Д゚)ノオイオイ

同じ人類で先祖、故郷出身なのに異なる歴史を歩んできた異文化交流。
設定は見事なもの(・ω・ノノ゛☆パチパチ
人間味あふれるドラマが展開されます。


見終わってのつぶやき↓
{netabare}
チェインバーが好きです。最後捨て身で消滅?してしまいましたが、コクピットとコントローラーは残りました。チェインバー復活編とかで続編あったら面白そうだなと未練がましく思ったりしてます(*/-\*)

地球にいるヒディアーズはチェインバーがいれば驚異といえるものではなかったのですが、宇宙で戦ってる超絶すごい生物ヒディアーズ、あの化物どうなるんでしょうね?あれが地球に来ちゃったら( ̄□ ̄;)!!怖いデス。

{/netabare}

投稿 : 2019/07/27
閲覧 : 60
サンキュー:

7

ネタバレ

Progress さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

翠星のガルガンティア  レビュー

あらすじ(あにこれ あらすじより)

宇宙そらから来た少年、船団都市ガルガンティアと出会う
遠い未来
表面のほとんどを大洋に覆われた星、地球
宇宙で育ち
戦いしか知らなかった少年兵レドは
そこで初めて海を見た
広く、淡い翠に光る海
人々は巨大な船団を組み、
つつましくも生き生きと暮らしていた
通じない言葉
異なる習慣
レドは孤独な異邦人
だが、彼は一人ではなかった
ここで生きてゆくためになにができるのか
そして、なんのために生きるのか
翠の星で過ごす日々が、レドに問いかける(TVアニメ動画『翠星のガルガンティア』のwikipedia・公式サイト等参照)

-------------------------------
当時私はリアルタイムでこの作品を見ており、恐らくサイコパスかまどマギの後に、虚淵氏が関わった作品として、注目度があった作品でした。

今回唐突に気になることがあったので、ここに書いておこうかなと思います。

【チェインバーというロボット】
会話型支援AIを搭載した二足歩行ロボット、マシンキャリバー。
その中でも特異な個人の性格を獲得するまでに至った、主人公機のチェインバー。

ロボットの中で彼はどういう存在でしょうか?

人工知能という点で見ると、チェインバーの知能をつくるシステム「会話型支援AI」は人間の本当の心を作るためではなく、ヒディアーズ(今作の敵)と戦うパイロットの助けとなることを目的に動く物でありました。
だからこそ、彼の言葉がどこまで支援AIの枠の中に納まっているのか、なにか個性のようなものを獲得しているような言葉に聞こえるので、ロボットの「心の獲得」というものを、描いているように思えてならないのです。



また、ロボットには人が乗る時代がきて、必殺技を叫びながら、迫りくる悪の刺客と戦うロボットがいますよね。
チェインバーというロボットは、どんな戦闘をするロボットだったでしょうか?
彼は支援AIとして、坦々と兵装名を発して、機械的に敵を倒すことを徹底していました。
敵を倒すこと、そこに明確な悪は存在せず、人類対ヒディアーズの対立構造、もしくは戦争の中に、一兵士のロボットというのが、チェインバーの存在なのです。

そして戦争という状況からスピンアウトしてはぐれロボットとなったチェインバーが、地球に残った力のない人類の助けとなる。
チェインバーは巨大ロボットではないけれど、戦争の中にある兵士、善悪のない世界から、敵に意思がある世界、意思があるかもしれない敵、悪意のある敵と戦うことによって、レドと共に善悪を感じ取り変化していきます。

彼自身が自爆攻撃をする際に発した「くたばれブリキ野郎」という言葉には、明確な意思を感じてなりません。あれだけ機械化されたヒディアーズとの戦争の中で、意思など存在しないようなAIが、明確な悪意(害をなす存在)との最後の戦いで、敵に対する意思を示した。これが、チェインバーが人工知能の可能性をしめした、この作品のロボット作品としての位置を決める重要な描写だったのではないでしょうか。



少し上述で先取りしてしまいましたが、やがて、ロボットは戦争で使われるようになりました。その中で、ロボットは「必殺技」は叫ばなくなり、戦闘を有利に進める「武器」「武装」によって、多くの敵兵士を処理する描写が増えました。
戦争の中で死んでいく個(人の意思)を描写する時もあれば、戦争の中で輝く個を描写する時もある。
チェインバーという存在、量産兵器である一機体の個は、どう描かれたでしょうか?
彼に元々、個、特に自身を重要視するという考えはなく、パイロットを支援するという考えしか持っていませんでした。
その意味で、彼の個が輝くというのは、彼が作られた理由であるパイロットを支援し、任務を遂行することで、性能としてそれが評価されるという意味でもいえるでしょう。
しかし、彼が自爆攻撃によってその存在が消えてしまったとき、レドや、私達視聴者によって彼の存在の消失を惜しんだことが、彼の個というものを示しているのではないでしょうか。レド達との日常の中で得られた彼らの記憶の中に、彼の個を垣間見ていたように思えるから、惜しいと思えるのかもしれません。情が移るというものです。
だからこそ、彼の個が蓄積された、地球での日々こそ、彼の個を描いたシーンだったのだと思っています。

そして、ロボット作品は、人の意思を汲み取り、時として無限の可能性を秘めた力を発揮するようになります。
無限の力をロボットの意思なく提供するロボットと、今ある、できる中で、できることを最大限行なうロボット、後者がチェインバーだと思っています。
そして、彼が獲得したかもしれない、個の知能は、ロボットに、無限の力にも等しい可能性を与えてくれるのではないかとそう感じています。

以上、チェインバーに関することだけではありますが、ここに書かせていただきました。

投稿 : 2019/06/22
閲覧 : 133
サンキュー:

29

えくいてぃ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

一気に見てしまいました!なんだか壮大なスケールの物語ですね~。改めて見つめ直せるそんな作品でした^^

超近代的というか未来的?!から古代文明まで!!
距離もはんぱなくてなんだか壮大です!

1話でハマってしまって、そのまま一晩で全部見てしまいました^^
育ってきた環境でこんなにも考え方の隔たりが出るのですね~

でも、たとえ間違ってたとしても、ちゃんと認めて、
何が正しいのかを考えて決めること変わることはできる!
って感じですね~

これ見終わったあと
今自分が住んでいるこの地球や世界や宇宙のことが気になって、
Youtubeでしばらく(10数分の動画を5本ぐらい)見てしまいました^^

改めて見つめ直せるそんな作品でした^^

投稿 : 2019/06/10
閲覧 : 106
サンキュー:

10

ミュラー さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

映像は素晴らしかった

2013年のアニメ。今見ても面白い。
作画の素晴らしさは群を抜いていたのでは。感じとして甲鉄城のカバネリに似てる感じがする。
SFの話から、地球の海上での争いとなり、かつての宿敵の本質を知る。お話は綺麗にまとまっているし、主人公と相棒チェインバーがとてもいいので、すがすがしい感動を味わえる。
続編シリーズも検討されていたようだが、まあ、ここで終っておいて良かったのでは。万人にお勧めできる良作と思います。

投稿 : 2019/06/01
閲覧 : 108
サンキュー:

16

ネタバレ

taijyu さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

面白く、心があたたまる良い物語

事前感想:
スタッフでロボット系3本の中では一番期待。

1話感想:
これは実に素晴らしい。
絵も非常に美しいし、主人公は格好良く、世界観、ストーリーも魅力的。ヒロインはまだ良くわからないけど、とても可愛らしいです。
仲間のAIも何か良い味を出していそう。
非常に先が楽しみです。

全話感想:
面白く、心があたたまる良い物語でした。
主人公レドの成長が描けていたと思います。

しかし最初にロボット物として期待したようなバトル展開は殆ど無かったような…レドが活躍しないことおびただしい。
チェインバーがいればそれで良かったような…。

ガルガンティアの面々もエイミー以外は結構レドにキツイ
嫌な感じの人が多く、途中ストレスも感じたりしました。

しかし一番良いキャラなのはチェインバーでしたね。

投稿 : 2019/05/02
閲覧 : 109
サンキュー:

5

ネタバレ

tinzei さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

もちろん面白い

アニメオリジナル作品、構想期間長そうだな


人類銀河同盟であるレド少尉はイカのような生命体ヒディアーズとの戦いにおいて、ワープに巻き込まれ遠い星に送られてしまう、目が覚めたレドはそこが人類が生まれ育った地球だったことを知る。


基本ストーリーは三部に分かれる。
①レドが現地住民と打ち解ける。

②レド、ヒディアーズの正体を知る。

③クーゲル中佐の船団と戦う。

一応全部の話は繋がっているが大まかに分けるとこんな感じ、それぞれ話によって重要視される部分が違う。
①だと現地住民の生活や船団構造、レドと現地住民の価値観の矛盾
②過去の人類における進化の違い、それに悩むレド
③ガルガンティアとの対比で同盟での思想を現地住民に強要した結果。

多分こんなとこ。
まあ難しく考えなくても楽しめる作品だし、何より舞台が船団上だからエロい格好したキャラや褐色キャラが多い、正直これだけで観る価値はある、個人的にはベローズとメルティが好き。


声は豪華、主人公の石川界人は出始めだが他の声は当時から有名声優だった人ばかり、こういうアニメオリジナル作品は豪華か新人だらけかピンキリな気がする・・・・・・・

opは茅原実里、いい歌なんだけど、みのりんの歌、似てるの多すぎて全然覚えてない・・・・・ちなみにTVアニメの役は無い(ovaにはある)、歌だけ使われるのって珍しくない???

投稿 : 2019/03/19
閲覧 : 117
サンキュー:

3

ネタバレ

さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

戦国自衛隊的な

TV放送13話しか観てないです
未放送14、15話、OVA前後編はあらすじを読んだだけです

丁寧な印象でよく出来た作品だったと思います
面白かった 
2期は話が陸地に行く予定だったのですかね?できるならそれも観たかったです


虚淵玄氏に少し警戒していたのですが、観始めたら明るい雰囲気だったので、このまま異世界スローライフ~と思ってたら、設定がっつり重かったですね
しかも最初の頃、ロボが犠牲になって人間助ける展開あるんじゃない?いやこの雰囲気でそれはないでしょ~と友人と笑いながら話してたのに、本当にそうなってました...色々予想が外れましたね
どう着地するのか予想が付かなかったです





OP:作品の雰囲気に合っていて良い
ED:同上

投稿 : 2019/03/14
閲覧 : 145
サンキュー:

6

かみちゅん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

後半、駆け足な印象を受けた

壮大な物語を予感させる1話。

そして、主人公の異文化コミュニケーションのストーリー展開でかなり引き込まれたし楽しく見れました。

しかし、後半のストーリー展開が無理やり纏めようとしているように感じ、やや急ぎ足な印象を受けました。

2クールでじっくりと見たかった作品かな。

投稿 : 2019/03/04
閲覧 : 150
サンキュー:

5

ネタバレ

dbman さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

愛すべきロボ

評価が高かったので何の情報も仕入れずに、視聴したところ全13話を一気に観きってしまえるほどに楽しい作品でした。

開幕はロボットによる戦いから始まったので、わりとロボット系が苦手な私において心配しながら観ていたものの、物語は異文化交流モノとしての要素が高く第1話の中盤から一気にハマってしまった。ともあって、ロボ系が苦手な方でも安心して観られるものとなっています。

登場するキャラクターは、戦うことでしか生きる意味を見出せなかった無垢な主人公・レド(声:石川界人)をはじめ、とっても可愛らしくまさにヒロインといったエイミーちゃん(声:金元寿子)、ドジでヒョウキンな人間味溢れるピニオン(声:小西克幸)など、とても魅力ある人物が多く物語を盛り上げてくれました。

なかでもAI機能を搭載したレドの愛機ロボながら、どこか親のようでもあり親友でもあるようなチェインバーは、作品で一番のお気に入りキャラとなりました。その口調は完全にロボロボしいのだけれど、演じている杉田智和さんの声質や演技も相成って、生真面目さのなかにみられるコミカルな部分だったりで度々笑わせ和ませてくれました。

物語自体は、結末を想像しやすい王道的な展開ではありましたが、私としてはこの作品最大の魅力は、異文化に触れ人間味を増していくレドと、ロボながらもどこか人間味あるチェインバーの愛すべきキャラ性にあったと思います。{netabare}クライマックスでのチェインバーの動向には震えそうなほどに感動させてもらったし、最後のセリフ「くたばれ! ブリキ野郎!!」は最高に痺れてしまったw{/netabare}


▼キャスト
レド:石川界人
エイミー:金元寿子
サーヤ:茅野愛衣
メルティ:阿澄佳奈
ベローズ:伊藤 静
リジット:大原さやか
ピニオン:小西克幸
ラケージ:恒松あゆみ
クーゲル:小野友樹
チェインバー:杉田智和

▼制作情報
アニメーション制作:Production I.G
原作:オケアノス
原案:村田和也・虚淵 玄(ニトロプラス)
監督:村田和也
シリーズ構成・脚本:虚淵 玄(ニトロプラス)
キャラクター原案:鳴子ハナハル
アニメーションキャラクターデザイン:田代雅子

▼主題歌
オープニングテーマ「この世界は僕らを待っていた」歌:茅原実里
エンディングテーマ「空とキミのメッセージ」歌:ChouCho

投稿 : 2018/12/15
閲覧 : 352
サンキュー:

36

ネタバレ

かんざき さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

期待よりも…

ランキングでの人気に期待して見ましたが、いまいち響かない…というか、この終わりで良いのかな?という印象。OVAもあるので、とりあえず地上波分の感想です!
ストーリーとは関係ないけどチェインバーはメチャいいやつですね笑

投稿 : 2018/12/12
閲覧 : 177
サンキュー:

4

SjBJB23603 さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

全人類に見て欲しい作品

タイトルの通りです。

この作品は強烈な社会風刺が含まれてると感じました。

銀河同盟の考え方はヒトラーの全体主義を、ガルガンティアの考えは現在の民主主義を表しています。

強いものは弱いものを助け、弱いものは強いものの心の支えになる。反対に、強いものは弱いものを支配し、反抗するものは排除するという考えは、結果的に誰も幸せにしません。

私は今こうして自分の意思で生きている事のありがたみを感じました。

まぁそんな固く考えなくても戦闘シーンはカッコイイし、普通に楽しめる作品です(^J^)

投稿 : 2018/10/12
閲覧 : 162
サンキュー:

7

haiga さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

こんなロボットアニメを求めていた

今見終わりました。全然期待してなかったんですが最高に面白かったです。
私はガンダム、マクロス世代ですのでロボットアニメか大好きです。今まで数多くのロボットアニメを観てきましたが上位に位置する面白さでした。13話ですので短く感じるかもですが冗長になることなく綺麗にまとまっていました。
ストーリーはある意味異世界転送なんですが、超文明のロボットごと同じ時間軸の低い文明のとこに転送される話です。主人公のレドは闘うことしかしらない男であり、最初はロボットのAI であるもう一人の主人公チェィンバーしか理解者はいません。
しかし現地人のエイミー達とふれあいながら、最初は兵士として生きてきた自分とエイミー達の生活の違いに戸惑いますが、徐々に人としての生き方、他人とのかかわりかたを学んでいきます。
日常回もとても生活感があり楽しいです。キャラも人間味があってみんな魅力的ですね。最初ロボットが強すぎて無双なんですが、終盤のバトルも凄い迫力で見ごたえがあります。
13話と短いですので一気に観るのをオススメします

投稿 : 2018/10/09
閲覧 : 242
サンキュー:

15

ネタバレ

ジュン さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ブリキやろう〜!!

見終わったょー!
最初、表紙見た感じでロボット系かなぁと思い。。見るのを悩んでたけど、みんなのレビューを少し見たりして評価も高いから。。よし‼︎みるぞぉ!と思ぃ見たょ!!(*´꒳`*)
{netabare}
最初、、あれっ!?めっちゃ宇宙戦争じゃん‼︎って思ったけどそこから違ったね(^^)
主人公のレドがワープの歪みに呑まれてかな?氷河期に入り滅んだと言われる地球に不時着。。
そこから今の地球での生き方と自分の信じていた生き方との葛藤とか人との優しさ、触れ合いにより成長していく姿は見てて面白かったなぁ(*´꒳`*)
なんか憎いキャラクターもあまりいなくて観てて安心!?したょー。
最後はこんな結末なんだとも思ったけど、、、なんかみんなが評価高い理由も頷ける作品だったょ!
{/netabare}

1クールであそこまでしっくり仕上げれてるのは珍しいなぁともおもぃました(*´∀`*)

その後もあるみたいだから見るの楽しみ!!

ぜひみてみてね!!

投稿 : 2018/09/28
閲覧 : 132
サンキュー:

9

ジパミィナ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

壮大なストーリーではなかった 64点

ストーリーは序盤の展開からすると小さく纏めた印象。
前半は異文化コミュニケーションで、後半が判断と決断ってところでしょうか。
全体的な印象としては、古いスタイルかと思います。

各キャラに役割りが割り当てられているのはわかりやすいが、ストーリー展開が読めてしまうので、次の展開が気にならなかった為、かなり完走まで時間を要しました。

笑える展開が正直なかったので、スパイスが足りない料理というところでしょうか、刺激が少ないです。
もう少し各キャラに魅力があると良いかもです。
ヒロインの扱いとかは個人的には△かな。

ロボが主役級でありつつ、ロボ戦ばかりな展開ではない。
主人公が不器用なタイプならではの展開というところかと思います。

作画は安定した作品です。
物語としては悪くないけど、良くもない作品です。
後半の展開は、好みではないです。

投稿 : 2018/09/27
閲覧 : 105
サンキュー:

4

ZORRRO さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

地球再構築的な。

主人公強そうで意外と陰キャキャラみたいな位置です。

当時もよかったが、今見ても面白い。

投稿 : 2018/09/01
閲覧 : 69
サンキュー:

4

次の30件を表示

翠星のガルガンティアのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
翠星のガルガンティアのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

翠星のガルガンティアのストーリー・あらすじ

宇宙そらから来た少年、船団都市ガルガンティアと出会う
遠い未来
表面のほとんどを大洋に覆われた星、地球
宇宙で育ち
戦いしか知らなかった少年兵レドは
そこで初めて海を見た
広く、淡い翠に光る海
人々は巨大な船団を組み、
つつましくも生き生きと暮らしていた
通じない言葉
異なる習慣
レドは孤独な異邦人
だが、彼は一人ではなかった
ここで生きてゆくためになにができるのか
そして、なんのために生きるのか
翠の星で過ごす日々が、レドに問いかける(TVアニメ動画『翠星のガルガンティア』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2013年春アニメ
制作会社
プロダクションI.G
主題歌
≪OP≫茅原実里『この世界は僕らを待っていた』≪ED≫ChouCho『空とキミのメッセージ』

声優・キャラクター

石川界人、金元寿子、茅野愛衣、阿澄佳奈、伊藤静、大原さやか、小西克幸、寺崎裕香、手塚秀彰、早志勇紀、徳井青空、津田英三、星野充昭、保村真、小野友樹、杉田智和、藤村歩

スタッフ

原作:オケアノス、原案:村田和也/虚淵玄、キャラクター原案:鳴子ハナハル、 監督:村田和也、シリーズ構成・脚本:虚淵玄、メカニックデザイン:石渡マコト、音楽:岩代太郎、アニメーションキャラクターデザイン・総作画監督:田代雅子、ガルガンティアイメージ:岡田有章、設定考証・デザイン:小倉信也、プロップデザイン:常木志伸/村山章子、美術監督:栫ヒロツグ、美術監修・美術設定:加藤浩、色彩設計:田中美穂、3D監督:遠藤誠、3Dテクニカルディレクター:須藤悠、モニターワークス:吉祥寺トロン、特殊効果:村上正博、撮影監督:田中宏侍、編集:浜宇津妙子、音響監督:明田川仁、音楽制作:ランティス

このアニメの類似作品

この頃(2013年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ