「とある科学の超電磁砲S(TVアニメ動画)」

総合得点
88.8
感想・評価
3260
棚に入れた
18727
ランキング
50
★★★★☆ 4.0 (3260)
物語
3.9
作画
4.1
声優
4.0
音楽
4.0
キャラ
4.1
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む
ネタバレ

nloveY

★★★☆☆ 2.5
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 2.5 音楽 : 2.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

まさかの1期よりも評価が高い作品

10点中5点(例 7点→☆3.5 8点→☆4)

①どんなアニメ?
とある魔術の禁書目録のスピンオフ作品。
科学を用いた超能力の開発が行われている「学園都市」が舞台、能力者はレベル0からレベル5までにランク付けされ、7人しかいないレベル5の一人「御坂美琴」が本作の主人公。

②高評価ポイント
・1期よりも美琴がちゃんと主人公している。
・異能力者同士のバトルが見どころがある。
・シスターズのシナリオ。

③低評価ポイント
・相変わらず主要キャラクターが女性。
・アイテムのメンバーが全て女性。
・生と死についての表現がマイルドすぎる。

④疑問点/改善点
・能力者同士の相性や駆け引きなど、科学サイドらしい話があれば尚良し。
{netabare}・固法先輩のキャラは能力含め良いのに活かしきれていない。(佐天さんの方がジャッジメントしてたと思った){/netabare}

⑤総評
1期よりもバトルもシナリオも大分評価高いです。
シスターズのシナリオが好きな理由については1期含め、他のシナリオと違い美琴が明確に事件に介入する理由{netabare}(過去の罪悪感からくるもの){/netabare}があったのが良かったです。
しかし、本作が全体を通して生と死についての表現がマイルドなので惜しいと感じました。

投稿 : 2019/05/04
閲覧 : 95
サンキュー:

5

ネタバレ

ダークフレイムマスオ

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

れーわ、れーわ、れーわがんねん…。やっぱ、れーるがん!(無茶苦茶こじつけぎみだがええやんけ!)MMRにしなかっただけよしとしてくんなましw

はい、出落ちです。もうあにこれでの点数がほぼ90点以上作品って褒めて当然。けなしたら単に無智だと思われるwもしくは単に目立ちたいだけの奴です。ではどうすりゃあええの?わしみたいなイロモノキャラは芸人で言ったら野生爆弾のクッキー様なんだよwこの芸風で20年やってきていまさらかえれないんすわ、なんで独自目線で言ってみよ!

わし、好きな作品にとあるシリーズって書いたけど順番おおざっぱですが、MMR>レールガンS>レールガン>インデックス以下になってます。作品自体同じ舞台での邂逅というかクロスオーバー。ゲームのバイオハザード2が当てはまりそう(年齢でるな~w)

で、本作の主役は白井黒子で~す。エウレカだって主役はアネモネでしょ?わし、間違ってるかな?さぶ(薔薇族の系統雑誌ではないw)とはこの2人は絶対言えない。と思ってます。

久々のダスオ説w(いつもいっとるやん!はお口にチャックよ!)

原作以上の魅力を引き出せるのがアニメ化の醍醐味であり、失敗、成功もあるが想像を超えるのがアニメ視聴の魅力でこれで見るのがやめられねーんだ!

作画、声優さんの演技、監督の良し悪しにはわしプロフに極力避けると書いてます。それらを全体的に考慮しての感想になってるからです。もしこの作品における登場人物の黒子が新井里美氏以外の人物が担当してたら多分そこまで周回なかったんじゃないかと思います。今回はレールガンを出しましたが今までプロフの好きな作品は声優さんの演技で刺さったのが多いです。結構本音です。

超匠バイプレーヤー多数で主役食っちゃうのはこの作品の良いところw新井さん然り、岡本さん(一方通行),佐天さん等原作から斜め上行く存在を出した演技が多すぎたと思います。

今回はまじめだ!ダスオちゃん呑んでないの?って聞こえそうだがええやん!わしこの作品にネタぶっこむこと思いつかねーんだわ。そんぐらい好きなんじゃw

語るのは無粋だ。以上ですがこれではレビューにすらならんので敢えて書いてみたが未視聴の方いたらおススメは本当にしたいです。

駄文に戻すとopは全部MAD作った多分一番時間かけたな~。でもそれぐらい思いはある。またもっとまるっとれーるがん(MMR)は自由過ぎてwwなんもいえねー!です。

レーワになろうが三世代生きてりゃアニメなんてみんなレビュアーなら腐るほど見てるはずだ。富野監督が「アニメは大人になったら卒業しなさい。文学を読みなさい。」発言あったが最近のアニメの名作は哲学要素を解り易くもしくは暗喩で入れてるものです(個人的にそう思う)
なんで一生見続けるでしょうね。

令和になる最初の宣言だ!(当日は仕事なんでw)

よ~し節目だが今日も仕事じゃwわしの右手が疼く限りもしくはあにこれ結界師に出禁喰らわされない限り好き放題j書いちゃるw

みなさんも思いのたけ綴ってくださいませ。

投稿 : 2019/05/02
閲覧 : 44
サンキュー:

10

taijyu

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

高品質な絵。テーマも魅力的な名作

事前感想:
評判は高いし期待していますが、1期目見ていないんですよね。
それでもついていけるように作ってくれているかどうか。
とある魔術の原作は読んでいるのでだいたい分かるとは思いますが。

1話感想:
絵も美しく、素晴らしく高品質。
評価されているだけのことはありそうです。

前のシリーズを見ていないが、特に問題はなさそうですね。
登場人物の何人かがわかりませんでしたが、
御坂美琴→格好いい
白井黒子→お姉さま大好き
初春飾利→パンツ見られる
佐天涙子→パンツ見る
くらい分かっていれば良さそうなので。

全話感想:
とにかく絵が良かった。
最後までクオリティが高く、とても楽しめる作品でした。
テーマも魅力的で納得できるものでした。
全般的に文句なし、満足です。

投稿 : 2019/05/02
閲覧 : 29
サンキュー:

5

ネタバレ

剣道部

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

とある科学の令和砲w

[文量→小盛り・内容→感想系]

【総括】
令和初日なんで、このレビュータイトル(レーワガン)を書きたかっただけです(笑)

まあ、超有名シリーズですし、クドクド説明する必要はないですね。萌えとバトルをちゃんと両立させている、素晴らしい作品です。

皆さん、令和もよろしくです♪

《以下ネタバレ》

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
ビリビリさんは、あの噛みつく人よりも、絶対にメインヒロインの扱いですよね(笑)

シスターズのシリアス、対アイテムの熱いバトル、勿論、本シリーズのメインともいえる、友情と恋愛。見処がいっぱいありました。

3期、楽しみっすね♪
{/netabare}

投稿 : 2019/05/01
閲覧 : 68
サンキュー:

18

オパビニア

★★★★★ 4.8
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

賛否両論あるけど…

2期に関しては色々と言われますがなんだかんだで自分は好きです!
特に最終回。オールスターで臨む最終決戦には興奮してしまいました。(割と単純な自分がいる)そして安定のみんなが幸せになるエンド。これは禁書目録との違いの1つではないでしょうか⁇
3期も決まったとのことですが楽しみで待ちきれないです。
ただこれだけは言わせてほしい。鎌池先生の唯一の失敗はフレンダを殺したことです…例えば魔術サイドに穢土転生的な魔術を持たせて復活、的な強引なやり方でも全くもって構わないので復活期待してます。

投稿 : 2019/04/29
閲覧 : 33
サンキュー:

3

ピピン林檎

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

2000年代半ば~2010年代初めの「ラノベ系中/長編アニメ」のお薦め順

※本作自体のレビューは『とある科学の超電磁砲(レールガン)』(1期)の方に一括しました。

ここでは、本作の主人公らが全員、スマホではなく携帯電話(ガラケー)を使っていることから、今見たら、やはり何らかの時代性を感じる作品・・・ということで、西暦2000年代の半ばから2010年代の初めにかけて隆盛を誇った「ラノベ系中・長編アニメ」のうち、今後も“見るべき”“人にお薦めすべき”と私が個人的に強く思っている作品3本を、簡単に比較して紹介します。
(※厳密には『超電磁砲』はラノベ原作からの派生マンガ(外伝)が原作ですが、ここでは「ラノベ系作品」という括りで纏めます)


◆個人的にお薦めな「ラノベ系中・長編アニメシリーズ」

(1) 『灼眼のシャナ』 TVシリーズ(計72話、2005年・2007年・2011年) ※個人評点 ★★ 4.6
(2) 『涼宮ハルヒの憂鬱』 TVシリーズ(計28話、2006年・2009年)+劇場版1本 ※個人評点 ★ 4.4
(3) 『とある科学の超電磁砲(レールガン)』 TVシリーズ(計48話、2009年・2010年)+OVA1本 ※個人評点 ★ 4.2

いずれの作品も、メイン・ヒロインが強くキャラ立ちしていて、(1)(2)の両作で視点人物となっている少年や、(3)の本伝の方で主人公を務める少年は、キャラが埋もれている印象(※とくに序盤)。
この3本のうち、シナリオが圧倒的に良い&設定がよく練り込まれているのは、『灼眼のシャナ』。
逆に設定が甘い&シナリオがご都合主義的過ぎて、しばしば白けてしまうのは『レールガン』。
『ハルヒ』はその中間だが、それでも一般的にはシナリオ&設定とも良く出来ている部類だと思う(※『シャナ』の出来が良すぎる)。
一方、ヒロインの好感度が一番高いのは『レールガン』で、僅差で『シャナ』。
『ハルヒ』はメイン・ヒロインの好感度はそこまで高くない(※むしろサブに“喰われてしまった”ヒロインとして有名)。
『ハルヒ』『レールガン』は終始ヒロインばかりがキャラ立ちしている印象だが、『シャナ』は序盤・中盤(1-2期)はヒロインを中心とした展開だったものが、終盤(3期)は少年が文字通り「ヒーロー」化していく展開がなかなかの見どころになっている&その展開が実は序盤から用意周到に仕組まれていたことがハッキリと分かる感じが好印象。

・・・ということで、私の個人評点は上記の通り、

①シナリオ&設定の見事さと②キャラの魅力(ヒロイン&ヒーロー双方とも)を両立させている『灼眼のシャナ』

が一番高くなります
(※アニメ作品として、第3期で全ての伏線をキチンと回収して完結している点も非常に好印象)。

『レールガン』『ハルヒ』を視聴済みで、もっとこの手の面白作品がないか探している方は、是非とも『灼眼のシャナ』にも手を出してみて下さい(←結局これが言いたかった)。

投稿 : 2019/04/27
閲覧 : 120
サンキュー:

16

ネタバレ

にゃん^^

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

つづきだから1期を先に見てね☆

1話目
{netabare}
はじめっからいつものおねえさまだったね^^
これで不良の人たちももうあんなことしないよねw

しょくほうさん
これからなにか事件でもおこしそうな感じがしたけど
にゃんの気のせいかな。。

おみまい
初春さんたち2人でケーキ20っこってうらやましすぎ~^^
それで病室でもたべてるしw
佐天さんもあいかわらずスカート。。。w

屋上で。。
にゃんはバトルってにがてだけど
レールガンは美琴を応援しちゃうんだよね^^
白井さんとだと空もとべちゃう~
みんなと協力してたのがよかったね。。

さいごまで美琴って
サプライズまじめに考えてたんだぁw

あとさいごにあの人出てたね^^
OPもEDもいいなぁ
やっぱりレールガンいいね☆
{/netabare}

2話目
{netabare}
病気の子どもをつかって美琴のDNAをとったんだね。。
そんなおはなしなのかなぁって思ったらマネーカードのおはなしで
佐天さんがおかしかったw

マネーカードをおいた人は分かったけど
どうしてそんなことしてるの?
ああやってわるい人をやっつけるため?

あとオリジナルってやっぱり
ミサカはミサカは。。のあの子たちかなぁ
でも佐天さんがまちがえたってゆうことは
大きくなったのかな。。

来週もたのしみだねっ♪
{/netabare}

3話目
{netabare}
布束さんってすっ。。すごい^^;
美琴負けてたw
でもマネーカードのこと分かったね

いちごおでんってアリエナイけど
食べてみたい気もするなぁw
あと黒子は

それで美琴が
うわさをたしかめようって研究所にしのびこんで
にせものの報告書を信じちゃったみたい。。

さいごにミサカは何をしてたのかな?
来週もたのしみ
{/netabare}

4話目
{netabare}
美琴がハイテンションだったのって
自分のクローンなんかいないって思ってたからだよね
でもにゃんはミサカがいること知ってるから
いつ会うのかドキドキしちゃった。。

あんなふうにミサカたちは生まれてきたんだ。。
ちょっとかわいそう。。

美琴はそんなこと知らないで
ガチャガチャずっとやってて
もしかしてあれってなにか事件とかと
関係あるのかな?それともあとでとか。。

やっと会ったって思ったらつづく。。
なかなかお話しがすすまないけど
これからどうなるの?
{/netabare}

5話目
{netabare}
みゃ~ってw
子ねこを助けたりってミサカはやさしい子だね^^
ミサカのボケとツッコミがおかしかったなぁw

でもこんないい子が実験で死んじゃうなんて
死ぬために生まれてきたなんて。。

このお話しって禁書でやってたお話しみたい
まだアクセラレータが悪い人(?)だったころかな

ミサカの足がもげたりつぶれたりって
分かってたけどあーぁ。。って
かわいそうでやってほしくなかったね。。

美琴が助けに行ってこれからどうなるのかな?

禁書は見たけど忘れちゃった。。
だからこのまま見なおさないで見てた方がいいよね☆
{/netabare}

6話目
{netabare}
くら~いお話しになっちゃった。。
美琴って
ほんとはクローンの妹たちのことたすけたいんだよね。。
でもアクセラレータってつよすぎだよね。。

上条くんのほかに勝てる人っていないのに
(まだ会ってないけど)
今まで世界を自分の物にしたいとかって思わなかったのかなぁ
その気だったらだれにも負けないと思うけど
しないのってほんとはいい人だから?

美琴は妹の1人とおはなししちゃったから
ただの実験動物だって思えないけど
ほかの人たちって人間じゃないってかんたんに思えるの?
なんだかいやなおはなしだなぁ。。

はやくこんな実験とめてほしいよね
{/netabare}

7話目
{netabare}
おはなしはあんまり進まなかったけど
美琴と黒子の思いがとってもつたわってくるおはなしだったね^^

美琴はくたくたになっちゃっても
はやくこんなこと止めたいってしんけんになってて

黒子はそんな美琴のこと見てて
よく分からないけど
何とか力になってあげたいって。。

なみだがじわ~って出てくるいいおはなしだったけど
研究所の人たちもなにかしようってしてるみたいで
しんぱいだなぁ。。
{/netabare}

8話目
{netabare}
わぁ。。やっぱり出てきたぁ
能力者かなって思ってたらばくだんを使う子みたい
でもぬいぐるみを使うなんてかわいそう。。
美琴つかれてるから早くおわらせてあげたいな☆

さいごの方で3数えたけど助けたのって
美琴はやっぱり人をころしたりできないからだよね。。

それでフレンダの仲間が来ちゃってまたバトルかなぁ
つかれてても美琴はレベル5だから
かんたんにやられちゃったりしないよね^^

もう1つの研究所は布束さんが何かしようってしてるみたい
布束さんもいい人みたい
にゃんも応援してるよ~
{/netabare}

9話目
{netabare}
バトル。。にゃんはにがて。。
それに美琴だんだんつかれてきてるし
やっぱり1人でたたかうのってくるしいよね。。
黒子とかたすけに来てくれないかなぁ

このままだとアイテムに勝っても
研究所をこわせなくなっちゃわない?
布束さんもつかまっちゃったし
どうやって勝つんだろう?
{/netabare}

10話目
{netabare}
バトルがおわってよかったなぁw
美琴は力だけじゃなくって頭もいいね
つかれてふらふらなのにちゃんと考えてたたかってる

あれで実験止められたのかな?
さいごに上条くんと会ったけど
あれっ?これからどうなったんだっけ。。
{/netabare}

11話目
{netabare}
先週10話見おわってから
気になってインデックスの10話からまた見なおしちゃったから
今週は超デジャブだったw

でも絵はインデックスよりもっときれいになったね^^
みんなの顔もちょっと変わってるみたい。。

おはなしはインデックスで見られなかったところとかあって
あのときこんなことはなししてたんだぁ^^って分かって
ちゃんとおはなしが合ってるなぁってw(うんうん)

これからどうなるかって分かってるけど
やっぱり悲しいなぁ。。
早くおわってほしいよね☆
{/netabare}

12話目
{netabare}
このあたりってインデックスで見たところだから
たぶんどうなるかって分かる。。
かなしいおはなしになっちゃうよね。。

でもツリーダイアグラムがないってどうゆうこと?
なかったら美琴の計画どおりに行かなくなっちゃうよね
やっぱり上条くんしかいないのかな
{/netabare}

13話目
{netabare}
アクセラレータのはじめの実験で
ミサカが死んじゃうとこ見てられなかった
かわいそうで。。
分かってるけど泣いちゃった

でもこのおはなしって
インデックスじゃなくってレールガンSでしょ?
インデックスとおんなじおはなしはもういいよ。。
もう分かってるから。。

美琴がどうするかって
そっちが見たいのにね。。
{/netabare}

14話目
{netabare}
上条くんかっこよすぎ
後半はなみだがぼろぼろ。。って

美琴が上条くんに
「目をつむって 何も知らなかったことにすれば
今までどおりの日常にもどれるのに。。
なんでこんなにぼろぼろになって。。」って

それって美琴のことだよね。。
だからそんなことできないって
美琴が1番よく知ってるんだよね。。

今までその心のイタイの
自分だけしか分からなかったけど
いっしょになって分かってくれて
それで
「俺が戦う。。」って

それってなんだか神さまみたい
上条くんが神さまみたい^^

ママも神だのみもないって
ヒーローもいないって信じてたのに
そんなことなかった。。

さいごはうれしなみだ。。だったのかな☆
{/netabare}

15話目
{netabare}
上条くんは右手以外はふつうだから
ただみんなを助けたいって思いでうごいてたけど
やっぱりアクセラレータが本気だと。。
とっくに死んでてもおかしくなさそう

でも美琴とミサカがいた!
みんなで力を合わせて。。

やっぱり終わったら泣いてた
{/netabare}

16話目
{netabare}
シスターズが終わったね^^
アクセラレータのさいご
あれ?ってゆう感じだったけど

美琴が
またみんなといっしょに出られそうで
たのしみだね♪

わたせなかったクッキー持って
走り出した美琴ってなに考えてたのかなぁ。。☆
{/netabare}

17話目
{netabare}
OP,EDかわったかな。。

みんな集まってたのしい1日だったね^^
ちょっと今までのまとめみたいな感じだったかな?

ちょっと気になったのが
中学生の新聞部に。。って
もしかして次のおはなしとか。。

コンゴウさんと黒子が会って
なんか事件でも。。って思ったけど
けっきょくすっぽんw
おいしいのかな?でも血はちょっと。。><

ミサカ妹たちが長く生きてらられるといいね☆

しばらく暗いおはなしばっかりだったから
ちょっとほっとしたおはなしだった^^
{/netabare}

18話目
{netabare}
えださきさんと春上さんがいっしょに住むことになって
初春とおわかれ。。
初春さんってほんとにいい人^^
タイヤキ。。いっしょに泣いちゃった。。

信号がこわれたり
知らない女の子が美琴の名まえしってたり
さいごの研究所みたいなところのメガネの6人

またあたらしい事件がはじまるみたい
こんどはどうなるのかな☆
{/netabare}

19話目
{netabare}
かわいい女の子フェブリちゃん^^
美琴の名まえ知ってていつもスルーしてたけど
美琴がちょっとかわいそうだった。。
さいご仲よくなれたからよかったけど♪

メガネの人たちって常連校?
何の研究しようってしてるのかなぁ
あの人たちがフェブリちゃんを研究してたのかな?

学究会の荷物もなんだか気になるし。。
来週もたのしみ~みたいなこわいみたいな^^;
{/netabare}

20話目
{netabare}

美琴はフェブリのこと
妹たちみたいにかわいいって思いはじめたみたい
ピンクのゲコ太あげちゃった^^

それで今週は
フェブリちゃんが人間じゃないって分かった
それってミサカみたいなクローンとか
ロボットみたいなのかなぁ。。
だけど
こころはあるみたいだけど。。

でも
あのメガネの人たちが
何のためにこんなことしてるのかって
気になるね。。

これからどうなるのかな。。

あと
こんごうさんがよく出てきてたけど
はじめははなし方がいやな感じだったけど
ほんとはとってもいい人なんだね^^
{/netabare}

21話目
{netabare}
フェブリを助けたいって
美琴が1人でなんとかしようってなやんでたけど
お友だちのこと思い出した^^

みんなで分かち合う
それで
みんなに話してよかったみたい^^
黒子に
「はなしがあるの。。」って言った美琴見てて
にゃんはうれしかった♪

まだよく分からないけど
布束さんとかアンブとかが関係あるみたいで
もうすぐ分かるのかもだけど
フェブリのいのちはあと少ししかないみたい

今回は
みんなといっしょに事件をかいけつするみたいで
ほかの人たちを応援してる人もたのしいかも^^
{/netabare}

22話目
{netabare}
やっとおはなしが進んだかな

上条くんのこと思い出してたけど
やっぱり2人ってにてるんだよね。。

さいごに美琴
動けなくなっちゃったけど
これであの人たちがなにをしようってしてるのか
分かるよねきっと。。
{/netabare}

23話目
{netabare}
スタディ(メガネの人たち)は学究会で革命しようとしてる。。

美琴はシスターズのおはなしのときは1人で戦ってたけど
今回は1人だけじゃなくみんながいっしょ
フェブリのために。。って
それで強くなれる。。

来週は学究会
みんながパワードスーツをやっつけようって入り口でまってる
2万台もあるのかな?
でもみんなで力を合わせればなんとかなるよね☆
{/netabare}

24話目 ジャッジメントですの
{netabare}
みんな集まってなんとかなりそうって思ったら
メガネの人たちもちゃんと考えてて
。。。負けそう?

でもだいじょうぶだった
美琴たちはやっぱり1人じゃないね♪
今までのいろんな人たちが協力してくれて
見ててじわーって。。
{/netabare}
なにがおきてるか
よく分からないところがたくさんあったけど
(ことばがむずかしくって^^;)

さいごは「エンデュミオンの奇跡」よりずっとよかった♪
「とある科学の超電磁砲」って
美琴だけじゃなくって
やっぱりみんながいるからたのしいんだなぁ。。って☆

投稿 : 2019/04/25
閲覧 : 1866
サンキュー:

284

ootaki

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

久し振り過ぎて

禁書で昔やった内容を別視点とは言え、またやるのはどうなのかなと思いましたが、それ以外の話は楽しめました。

投稿 : 2019/04/12
閲覧 : 128
サンキュー:

6

ネタバレ

ごる

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

魔術より科学の方が泣ける要素が強いかな

基本的に、とあるシリーズはクール数が長いのでひとつの話が終わってもまだ別の展開が発生してきます。
今回は、放送順で見ていくと御坂が上条と出会う前の話ですね( *・ω・)
なので、アクセラレータも虐殺ばっかしてますww
最後の布束のゴスロリな格好に誰も何も言わないのが気になる!あれが、私服なのか!?という感じですww

投稿 : 2019/03/04
閲覧 : 43
サンキュー:

3

コーヒー豆

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

安定したストーリー、キャラ、音楽。

あの西村ひろゆきさんも
レールガンは面白いと言っていたらしいですね。

いや、私も見てよかった。

何を見るか悩んでいる人も楽しめると思います。

アニメ初心者の私でも没入できました。

音楽も好きでナンジョルノが好きになりましたよ。

投稿 : 2019/02/27
閲覧 : 44
サンキュー:

5

プクミン

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

とある系のサブストーリーみたいなもの2期

相変わらず治安の悪い学園都市。
事件を収束させても、新しい事件が次々に起こる。
ネタには事欠かないね!!

さて内容ですが、基本的には1期と同じノリです。
事件内容が変わったという認識で問題ありません。
ただ「よし!2期だしスケールを大きくしよう!」と作者が考えたのかどうかは不明ですが、物理的なスケールが大きくなり、がっかりしました。
もはや何でもありだなと言うところで結末。

1期が良い出来だっただけに2期を期待していた人は、がっかりする人も多いのではないのかと思います。
作品自体を単体で見たなら、悪くはありません。
(でも1期の続きだから比較しちゃうよね)

好きな人は見る、という感じかな?

投稿 : 2019/02/24
閲覧 : 31
サンキュー:

5

ネタバレ

Re:アニメ好き

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

個人的には、1期よりも好みです。

この、アニメは、とある魔術の禁書目録[インデックス]の、別視点バージョンです。
なので、個人的には、そちらを、先に、見たほうが、良いかもしれません。
(ちなみに、僕は、とある魔術の禁書目録[インデックス]未視聴です。)

僕は、1期の、レビューで、散々このアニメを、苦手だとか、キャラが、薄い。などと、書いたのですが、

この、とある科学の超電磁砲S(2期)、めっちゃ、おもしろかったです。
僕は、ハーレム系は、苦手ですが、そんな、僕でも、とても、楽しむことが、できた、アニメでした。

この、アニメは、1期に、比べて、シリアス感が、増して、(1期は、ほとんど、シリアス感が、なっかた。)主人公が、自分の、クローンの、ために、戦うなど、とても、僕の、好みな、感じでした。(sister's 編)

OPは、1期と、同じで、とても、良かったです。

この、アニメは、僕の、お気に入り作品です。
見て、損は、ないと、思うので、ぜひ、視聴を、おすすめします。

<2018.12.12追記>
今、読み返すと恥ずかしい...
書き直したい...

投稿 : 2018/12/12
閲覧 : 116
サンキュー:

21

ネタバレ

scandalsho

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

【祝・第3期決定!】将来性を考えればお姉さまの方が・・・

2018.10.08追記
公式HPで『超電磁砲の第3期』と『一方通行』の制作が発表されましたね!
現在OA中の『禁書目録の第3期』と併せて、とあるファンには嬉しいこと続きですね!

-----------------------------------------------------------

超電磁砲の第2期。

前半はシスターズ編。
禁書目録第1期のシスターズ編と同じ話だけど、こちらは御坂美琴目線の話。
あの1件の裏では、こんな事が・・・的なストーリーです。
誰も頼れず、1人で責任を背負い込む御坂美琴。重苦しい、シリアスな展開が続きます。

{netabare}
そんな中、第8話から第10話の対「アイテム」戦は必見です。学園都市に7人しかいないレベル5の第3位・御坂美琴VS第4位・麦野沈利。心身ともにボロボロな御坂美琴が限界を超えた戦いを見せてくれます。
{/netabare}

後半はフェブリ編。
こちらはアニメオリジナルストーリー。敵はぶっちゃけ小物ですが、物量で圧倒するタイプ。しかし今回は、御坂美琴は1人ぼっちではありませんでした。

{netabare}
いつもの黒子、初春、佐天さん、婚后さん、湾内さん、泡浮さんの他に、固法先輩、柳迫先輩、春上さん、枝先さん、妹達、そしてまさかの「アイテム」やレベル5の第5位食蜂操祈まで・・・。
{/netabare}

シスターズ編が良すぎるせいか、フェブリ編は評価の低い方が多いですが、個人的には面白かったです。
最終話で、私が勝手にサムネに使用させていただいている柳迫碧美さんが活躍しますから!

第1期に続いてOP、ED曲とも神曲揃いです。

投稿 : 2018/10/09
閲覧 : 431
サンキュー:

85

うっきー星人

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

前半~中盤は既視感、終盤は敵が小物で無理矢理すぎて色々ともう・・・

【総評Cランク】
S:特別好きなアニメ A:かなり良い B:なかなか良い C:普通 D:微妙 E:くそ

大半がシスターズに焦点を当てたお話、終盤は小物臭ぷんぷんなガリ勉との対決
1期みたいに感動ドラマ的なものを期待していたが、そんなのも全然無かったし、
上手く謎をばら撒いて後々フラグ回収とかしてる訳でもない、本筋と全く関係のない日常回も多い
ラストなんかはせっかく良い事言ってんのに、佐天さんがガンダムマイスターになったり、
お姉様が宇宙空間にすっ飛んでいったりとゴチャゴチャ無理矢理すぎて頭に入ってこず笑けてましたw

つか終盤のなんちゃら研究チームとの対決は相手が小物すぎてとにかく敵としての魅力が無かった
「優秀さをなんたら」とか言っておきながら、所詮君らも布束の論文のパクりやないかーーーい!
しかも研究チームのロゴまでユナイテッドアローズのパクりだしw佐野研○郎がデザインしたのかな?

シスターズの話も正直美琴vs麦野チームがド派手で面白いだけで後は魔術で観たんで既視感半端無かったなあ
それでもアクセロリータとのバトルは迫力あったっちゃあったが
あとはラストのオールスターズみたいなとこは合わせ技とか色々ちょっと興奮した

つかOPでいかにも主役級ぽく佐天さんとか映ってるけどアイツら前半全然出てこんやん!
超電磁砲なのに上条出し過ぎやろ、佐天さんとか出してこそだと思うんだが・・・
半分魔術観てる感じで萎え萎えだった
そっか、美琴があんまりレベル0馬鹿にするから絶交したんだなきっと!!

キャラといえば「ビコ~ズなんたら」「超!なんたら」とか変な喋り方の奴多すぎwおめーら笑わせに来てんのか?
麦野も「売女!」「早漏!」そして作者のお気に入り「おもしろオブジェにしたろか!」と色々過激な言葉使ってるが、
さすがに大袈裟すぎて中二臭いってか、逆にリアリティがなく茶番っぽく聞こえてしまった
声優さんは頑張ってんだけどね~、咲の原村さんがどうやったらこうなるんだw
とにかく、内面じゃなく喋り方でキャラの住み分けするのは薄っぺらいという事だけは言いたいので減点しています

作画は全体的には素晴らしいが後半チマチマ崩れてる所があったし、
OPも1期から全部良かったのに小室のやつだけは好きになれない
超電磁砲っぽい雰囲気はあるが単調で盛り上がり下がりが無い、味の無いガム

色々2期は文句があるが、あいかわらず能力戦だけはレベル高い
これほどのアニメはなかなか無いね
1期はストーリーまでものすごく良かった、1期は観た方がいい

投稿 : 2018/10/07
閲覧 : 285
サンキュー:

7

かみちゅん

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ちょっと見ごたえが無かったかも

とある科学シリーズは御坂美琴視点で描かれるストーリー。

これは分かっていたんですが1期と比べると見ごたえが無かったと個人的に感じました。

とある魔術の1期を見てる自分からすれば「シスターズ編」では被っているシーンが多く見えてしまい、16話までは見てて退屈だなと思う場面が多かったのが本音です。
(御坂美琴の心情をより詳細に描いているのは良かったですが)


とある科学の1期は御坂、白井、初春、佐天の4人のストーリーって感じだったので、その感覚で2期を見たせいで退屈に感じたのかもなと自己分析してみたり。

投稿 : 2018/09/18
閲覧 : 65
サンキュー:

5

アデュー

★★★★★ 4.9
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

1期同様の面白さ

前半部分は美琴サイドのシスターズ編、当麻と違う視点から見えたのは良かった。
アクセラレータも見えて大満足(笑)
後半部分はフェブリの話。
これまたいい。
これで、禁書1期2期、レールガン1期2期見終えたので10月の禁書3期まちしますw

投稿 : 2018/08/29
閲覧 : 63
サンキュー:

4

でこぽん

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

美琴ひとりじゃない!仲間がいる!それが素晴らしい

このアニメは、御坂美琴とその仲間たちが活躍する心温まる物語です。

前半部は、美琴のクローンであるシスターズの物語です。
ここでは、とある魔法の禁書目録の主人公である上条当麻が活躍します。

美琴は、クローンの提供元となり、しかも研究施設を破壊したことで、『当麻から怒られる!嫌われる!軽蔑される!』と覚悟していました。
でも、当麻は、そんなことしません。
それどころか、美琴のことを心配します。美琴を守ろうとします。

美琴のために、当麻は勝てるはずもない相手と戦います。
そして、体がボロボロになりながらも、決して弱音を吐きません。

『涙を流している子がいて、そのそばに自分しかいないのならば、どんな状況であれ、その子を守ってあげたい』
それが当麻の信念です。
当麻の願いは、「美琴に笑顔になってもらいたい」、ただそれだけでした。


後半部は、人工的につくられた少女フェブリにまつわる物語です。
ここで美琴は、仲間に協力を求めます。
危険にさらされるかもしれない。場合によっては死ぬかもしれない。
だから美琴は、今までは仲間に協力を求めませんでした。

白井黒子や初春飾利、佐天涙子は、快く美琴に協力します。
もちろん危険を承知のうえでの協力です。
『美琴が一人で動き回るのを心配するよりも、一緒に行動したい』
彼女らは常にそう思っていました。
だって彼女らは美琴の友達だから。
友達ってそんなものだと思います。


このアニメは、友達の大切さに気づかせてくれます。
みんなで成し遂げることの大切さをうたっています。

確かに超能力のバトルシーンや、キャラクターの可愛さでの人気もありますが、
それよりも、美琴や黒子たちが持つ温かさや優しさが私は好きです。

欲を言えば、黒子や初春、佐天さんを、もっと前半部で活躍させてほしかったですね。

投稿 : 2018/08/01
閲覧 : 145
サンキュー:

40

ネタバレ

天上しょーと♪♪

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 2.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

1期に比べると微妙

一期とOVAを再視聴したのでまだ見てなかった二期もついでに見ちゃいましたっ。

でまぁ簡単に一言で表すなら一期に比べると微妙って感じですね。

禁書のほうのストーリーでもあった妹編が
前半のストーリーの大部分をとったことにより
一方通行やシスターズなどの禁書キャラが目立つことになり
本来の超電磁砲メンバーが
前半ほとんど出ないというのが非常に残念でした。

やっぱり超電磁砲の魅力って戦闘とかストーリーだけでなく
4人の絡みも大事だと思うんですよー。
それに禁書で一度見たことのある展開だからこそ余計にですねっ。
(+OPではアイテムとの戦いで
美琴と黒子が協力するようなシーンがあったのに
実際にはそのへんはすでにほぼ美琴オンリーでしたし)

17話からやっともとのペースに戻ってくれましたね!
後半は{netabare}一期と違って元々婚后さんたちが
戦うメンツとして加えられてたの{/netabare}が嬉しかったですね。
一期に比べると盛り上がりがちょっと欠けたもののそれでも
前半に比べたら{netabare}みんなで協力して戦っていたし
1期後半のOPが使われたりと{/netabare}よかったかな?

そして最大の疑問1話で唐突に出てきて
美琴に突っかかってきた謎の金髪レベル5・・・
それ以降は最終話でちらっと出ただけだったけど出す必要あったのかなぁ?

投稿 : 2018/07/28
閲覧 : 99
サンキュー:

8

ネタバレ

ひつまぶし

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

超電磁砲2期

こんにちは、禁書目録より超電磁砲派です
やっぱり面白い
個人的にはフェブリ編が特に面白かった
佐天さんすごくかっこいいんだよなあ
{netabare}なんといっても最終回。怒涛のfripside挿入歌4連続!{/netabare}

投稿 : 2018/07/01
閲覧 : 40
サンキュー:

3

ネタバレ

tuturu

★★★★★ 4.9
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

おもしろい!

おもしろい!

投稿 : 2018/05/06
閲覧 : 58
サンキュー:

2

ネタバレ

◇fumi◆

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

とある社会の闇を許さない勇気と覚悟の物語

2013年放送 全24話 原作 スタッフ キャストは無印の引継ぎ

禁書シリーズの第4弾になるようですが、時系列的には超電磁砲無印の続き。

超電磁砲Sと言うことですから、
てっきり「スーパー」か「スペシャル」か「ストロング」あたりかと思ってました。
まさか「とある科学の超電磁砲Sisters」だったとは!
視聴直前に知り、一瞬躊躇することになりました。
とある魔術の禁書目録でも観ているのが辛かったあの物語です。
無印とは打って変わって重厚なストーリー性重視のハートにずんと来ること必至でしょう。

Sisters編 1話~16話 11話からは禁書目録の原作も使用
{netabare}科学(医学)の暴走による人命の軽視、という現実社会で行われている社会悪に切り込んだ暴露的ストーリーと私は受け止めました。
そうは思わない人のほうが多いかもしれないですが。
白い巨塔では、癌治療でメスを過信する者を糾弾し、薬で治すことを夢の実現のように描いています。
現代の現実を見よう、手術も抗がん剤も殺人医療です。これ以上は書けないが。
苦しむ人のために自分のDNAを提供した御坂美琴は子供だからではないだろう。
大人でもそう言われれば喜んで提供する。
間違いなわけはない。巨大化した組織が悪なのである。
1万人ものクローンを殺害するこの物語は、軽くは受け止められない。
こんな文章は読みたくないだろうが、正直な気持ちを抑えられない。
生き残った1万人の妹たちのために、ただ一人で戦い続ける御坂美琴のヒロイックなビジュアルのための設定なのでしょうが、
小説ならともかく、映像で観るのは衝撃の経験でした。
酷い酷すぎるお話ですが、第二部のラスト、さらに今後の展開に幸せを演出する布石でしょうね。
惨殺を続けた一方通行は御坂妹の一人と結婚して幸せにする以外に道は無いんではないかと、
普通は考えます。{/netabare}

Silent Party編 17話~24話
アニメオリジナルストーリー
能力0の科学者が能力至上主義の社会に暴力的革命を起こそうとする物語。
シスターズのためにただ一人で戦い続けた御坂美琴が仲間の大切さを知り、
大いに盛り上がる友情物語。

ニシキヘビをペットにした高飛車ボッチ(ギリギリセーフ)の婚后光子が可愛いですね。
地味にレベル4の空力使い。
その無理やり友の湾内絹保レベル3の水流操作、泡浮まあやレベル3の流体反発も地味に面白い友人たち。

常盤台中学のレベル5心理掌握の食蜂操析は第5位だけあって凄いです。
第一部の序盤でちょっとしか出ませんが、ラストの布石です。
原作では重要人物らしい。

第一部から大活躍する、暗殺部隊「アイテム」もかっこいいです。全員女とかw
麦野沈利
レベル5のメルトダウナー 徹底的に強いうえに仲間との連携も見事。
一方通行以外はかなわないでしょう。
フレンダセイヴェルン
能力不明 トラップで御坂美琴を苦しめた。小説ではすでに・・・
絹旗最愛
レベル4の窒素装甲 言葉に超をつけるお笑い要員だが、能力は強力。
窒素さえあれば魔法のような力を実現する。
滝壺理后
レベル4の能力追跡
御坂美琴を追い詰めたストーカー能力。

これだけじゃない、沢山の魅力的登場人物が登場する「超電磁砲S」
不覚にも連続オール5です。
やっぱり私は駄目レビュアーでした。
どうしても減点を見つけられないのです。

時々盛り上がる直前に流れるギターリフはヴァンヘイレンのパナマですね♪


禁書のラストシーンは、一方通行とミサカ10032号の結婚式で締めてください
お願いしますよw

知らなかったんですが一方通行にはロリ彼女がいたようです。
ミサカに変わりはないんですがw

超電磁砲3期こそ最も待ち望んでいる作品です。

投稿 : 2018/04/23
閲覧 : 294
サンキュー:

50

ネタバレ

ジャスティン

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

とある3期来たのに全く視聴していなかったのでシリーズ全部視聴しました

{netabare}
==================================
ストーリー  御坂のメインパート回が多かったけどそれはそれで良かった
       最終回の戦いもみんなの連携がとても印象深く熱かった!

作画     いつも通りの安定の作画で嬉しかったです。魔術3期も期待

声優     御坂さんの心理描写を上手く表現出来てていい感じ
     
OPEDムービー 御坂と黒子の連携するシーンはとても良かった(sister's noiseより)

キャラ    御坂さんのパートが多くなり、御坂さんを心配する黒子を応援したくなってしまった自分がいました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
+α

OPED中毒度 ☆3.5 1期と比べると少ないですが、聴くことがありました。(一番聴いた曲  sister's noise)

再視聴度  ☆3.5 とあるシリーズが長いこともあり、視聴するアニメが少ない季節に取り入れる感じになりそう。
==================================
{/netabare}

途切れ途切れで視聴をしてついにとあるシリーズを完結できました。
個人的には科学のほうが面白かったです。とある3期にも期待したい。
印象に残ったシーンが多かったように感じました。

今までを通して見て科学2期が一番好きなシーンが豊富だったと思いました。
まだ見ていない人は見ることをおすすめします。

投稿 : 2018/04/06
閲覧 : 111
サンキュー:

6

さかもと

★★★★★ 4.8
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

タイトルなし

面白かったです 前半の妹達編は禁書目録の方を観てからの方が2倍面白いかと。
後半は前半に比べると敵の小物感は否めませんが、最終回は感動もんですね

投稿 : 2018/03/28
閲覧 : 55
サンキュー:

6

ぶくぶく茶釜

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

異能系にしては

まぁまぁ面白いです。
絵も綺麗だし、ストーリーも学園系だからこんなものかなー的な感じでしたね。
キャラは可愛いし、CVも違和感ないので見やすいと思います。

投稿 : 2018/03/16
閲覧 : 42
サンキュー:

3

ネタバレ

yHxBt00271

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

尊い‥

超能力系アニメといえば、レールガン。というくらい人気を博した「とある科学の超電磁砲」
の第二期シリーズですが、この作品は禁書の方では触れられなかった、御坂美琴と絶対能力進化計画に関わる研究者との戦いが主でした。
第一期シリーズでは警備員や風紀委員が関わるような表世界の問題の解決が主流でしたが、第二期シリーズは「御坂美琴VS学園都市の裏世界の暗部」といった構図だったかと思います。

さて、物語に関しては、金の暴力でどこまでも美琴の心がれそうになっていき、見ていて辛くなるような話でした。しかし、御坂美琴の最大のピンチに上条さんの登場で感動話に路線変更。
インなんとかさんのおかげで記憶喪失になって、御坂との記憶は木端微塵に無くなっていたはずなのに、それでも女の子のピンチに駆けつけてそげぶでズバッと解決する。こんなかっこいい男キャラがこれまでにいただろうか‥ (上条さんかっこよすぎやでぇ‥)

戦闘に関しては、他の超能力作品にはない能力を応用したバトルシーンがとても見ものでした
個人的にはAIM拡散力場とそれを利用したAIMバーストなど、そこらへんの設定がとても好きでした。

次にキャラについてですが、鎌池さんらしいキャラの濃いキャラクターが多いなと感じました(まあ鎌池さんがシナリオ書いてるから当たり前なのですが‥w)
もしかしたら、中途半端な性格にするよりか自分でもドン引きするくらい行きすぎた性格の方が、面白い作品が生まれるのかもしれませんねw

作画は昔の作品とは思えないほど綺麗でとても良かったと思います。 3期もくるのであれば同じアニメ製作会社さんに作ってもらいたいくらいです。 (俺ガイルのようなのは嫌だなぁ)

音楽はOPは全てfiresideさん。神曲ばかりで レールガンのおかげで好きになったアーティストでもあるで次期があるのであれば期待したいところです。

長文失礼いたしました

投稿 : 2018/02/28
閲覧 : 44
サンキュー:

4

しろ

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

観る方は1期から

↓ メモ ↓

前半「シスターズ編」
後半「フェブリ編(アニメオリジナル)」


インデックス観てからの方が楽しめるので観といて正解でした

1期と比べると後半がちょっと失速しかけた内容でしたが、まあ良かったです

楽曲が相変わらず良かったのと、戦闘シーンとかが楽しめた


個人的には「eternal reality」が一番好きです^^

投稿 : 2018/02/25
閲覧 : 98
サンキュー:

13

ネタバレ

のんちくん

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

3期か新刊どっちか、でないかなぁ。

本当に面白い!!
上条さんの理想は、昔から変わらずまっすぐで。(円盤だからだけど)
泣けますね。科学者も、涙するのでしょうか?
学究会のほうは、レンタ版とDVD-BOXで、少しロボの弱点について表現が異なるのですが、レンタ版のほうがしっくりいっている気が・・・。
{netabare}
科学的な考察については、メルトダウナーがオリジナルってとこくらいかな?
斬新な解釈でいいのではないでしょうか。あれがファンネルだというには、調べていないので。
{/netabare}

投稿 : 2018/02/04
閲覧 : 55
サンキュー:

6

ネタバレ

oneandonly

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

とあるシリーズでは一番良かったかも

世界観:6
ストーリー:7
リアリティ:4
キャラクター:7
情感:6
合計:30

『学園都市』。一八〇万人を超える学生が集い、超能力開発が行われている巨大区域。教師によるボランティア組織『警備員(アンチスキル)』や学生による『風紀委員(ジャッジメント)』によって守られたその日常の裏側には、今日も路地裏でいたいけな少女に絡む不良学生たちの姿があった。そんな不良学生たちを、一筋の電光が一蹴する。しびれて地に伏す不良たちの中に傲然と立つその人の名は、御坂美琴。学園都市に七人しかいない『超能力者(レベル5)』の第三位にして、『超電磁砲(レールガン)』の異名を持つ少女の姿だった。
 そして、白井黒子、初春飾利、佐天涙子。四人による学園都市の日常が、ふたたび幕を開ける。
(公式サイトより)

とあるシリーズ本編2期視聴の勢いで視聴しました。が、途中半年間、多忙等により視聴を凍結しまして、ようやく再開して最後まで視聴できました。

御坂美琴の相変わらずのツンデレが楽しめました。そしてこのシリーズのお約束であり醍醐味である中二病的勧善懲悪物語(水戸黄門的な正義は勝つストーリーという意味です)。この点でスッキリできるのは良いですが、世の中そう甘くないよとリアリティ面を考えてしまうことも相変わらず多かったです。

バトル多めですが、シスターズは除くとして、脇役を含めても殺されるのではないか等ハラハラすることはありません。(個人的には、黒子がテレポートする度に、座標を誤って「石の中にいる」状態になることはないのかとか思ってしまうのですがw)

{netabare}本編でも既に視聴していた上条がアクセラレータを叩きのめす話は、上条も特殊能力者なので、別に最弱が最強を倒したわけではないですよねと冷静にツッコミを入れてしまったり、やはり学生向け娯楽作品という印象でした。

その一方で、御坂が友人たちに協力をお願いするなど成長を見せたり、今回、終盤に学園都市の闇と対峙していく展開は上記の領域を越えつつあって、最後の最後に面白くなってきたところ、ストーリー的にも巧く締めくくられた形で終わりました。{/netabare}

これまで見てきたシリーズの中では最高評価となっており、私にとっては好印象。キャラクターの個性がしっかりしているのも作品の強み。エロ等に媚びを売った本編2期より、全体的にシリアス面が強くなってきた真摯な作風であることも評価しています。

しかし、学園都市って180万人もいたんですね! あらすじ読んでいて今更ながら驚きましたw

(参考評価推移:3話3.5→5話3.6→12話3.7→13話3.6→24話3.7)
(2017.8~2018.1視聴)

投稿 : 2018/02/02
閲覧 : 116
サンキュー:

24

ふじき

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

面白かった。

1期から引き続き、萌えとストーリーのバランスが本当に良い塩梅。萌えも、単体の表層的なキャラ立ちはもちろんだけど、関係性が丁寧に描かれているのがとても良い。
美琴や黒子の人となりが、彼らの関係性から見えてくる。今期、「待つ」という黒子の魅力が十二分に伝わってとても良かったけど、動き回る黒子の魅力ももう少し見たかった。
色々つっこみどころはあるけれど、そんなことどうでも良いと思える作品です。

投稿 : 2017/12/31
閲覧 : 59
サンキュー:

5

褐色の猪

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

TVアニメ版とあるシリーズ各24回 x 4

2年ほど前にとあるシリーズ全部観ようと思い「とある科学の超電磁砲[レールガン]」から観始めましたが1話で挫折
それから足掛け2年ちょっとかかりましたが
とあるシリーズ各24回 x 4、漸く完観しました((+_+))

この「とある科学の超電磁砲S」の中ではフェブリとジャーニーの登場する最終エピソードが気に入りました^^

投稿 : 2017/12/03
閲覧 : 100
サンキュー:

8

次の30件を表示

とある科学の超電磁砲Sのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
とある科学の超電磁砲Sのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

とある科学の超電磁砲Sのストーリー・あらすじ

総人口230万人の8割を学生が占める「学園都市」。そこでは学生全員を対象にした超能力開発実験が行われており、全ての学生はレベル0(無能力者)からレベル5(超能力者)の6段階に分けられ、様々な能力を開花させている。学園都市でも7人しかいないレベル5の一人であり、電撃を操るその能力から「超電磁砲(レールガン)」の通称を持つ御坂美琴は、学園都市で起こる様々な事件を解決していく。
レベルアッパー事件、ポルターガイスト事件が解決し、穏やかな日常を取り戻した学園都市。御坂美琴は、後輩で風紀委員(ジャッジメント)の白井黒子や、同僚の初春飾利、その友達の佐天涙子と夏休みを満喫していた。そんな美琴の日常に、彼女の運命を大きく動かす、ある出会いが迫っていた…(TVアニメ動画『とある科学の超電磁砲S』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2013年春アニメ
制作会社
J.C.STAFF
公式サイト
toaru-project.com/railgun_s/
主題歌
≪OP≫fripSide『sister's noise』、fripSide『eternal reality』≪ED≫井口裕香『Grow Slowly』、三澤紗千香『リンクス』
挿入歌
井口裕香『stand still』、三澤紗千香『インフィニア』

声優・キャラクター

佐藤利奈、新井里美、豊崎愛生、伊藤かな恵、ささきのぞみ、阿部敦、浅倉杏美

スタッフ

原作:鎌池和馬+冬川基、キャラクターデザイン:はいむらきよたか、 監督:長井龍雪、シリーズ構成:水上清資、アニメーションキャラクターデザイン:田中雄一、総作画監督:冨岡寛、アクション作監:椛島洋介、サブキャラクターデザイン:冷水由紀絵、プロップデザイン:常木志伸/高瀬建一、美術監督:黒田友範、色彩設計:安藤智美、撮影監督:福世晋吾、編集:西山茂、音響監督:明田川仁、音楽:I've Sound/井内舞子

このアニメの類似作品

この頃(2013年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ