「ちっちゃな雪使いシュガー(TVアニメ動画)」

総合得点
68.4
感想・評価
105
棚に入れた
477
ランキング
1761
★★★★☆ 3.9 (105)
物語
4.0
作画
3.7
声優
3.9
音楽
3.9
キャラ
4.0

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ちっちゃな雪使いシュガーの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

Bハウス さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

20年前この作品で1時間長電話した

サガと言う祖母と二人暮らしの少女と
「きらめき」を見つける為、妖精界からやってきた
雪使いの見習いシュガーが出会い成長する物語

ドイツの観光協会が協力しているので
街並みの細かさは目を見張るものがある

初めのうちはワッフルに目がなく
おっちょこちょいのシュガーだが

サガとの日々で段々と気持ちを通わせ
きらめきと言う意味を理解していく

両親がすでに他界して大人びているサガは
序盤シュガーを叱るシーンが多く

過去の記憶に対してナイーブな性格だけど
シュガーが落ち込んでいる表情を見て
段々と心を開いて行く

中盤から同じく見習い妖精の
ソルトとペッパーが加わりより物語が広がっていた

当時同じ専門学校だった友人と
毎週長電話をしていたんだけども

毎回言っていたのは

「これは夕方に再放送しろ」
「文部科学省推薦を今すぐ取れ」

と熱く訴えていたw

最終盤は成長したシュガーが
妖精界に戻る事になりサガとの別離を丁寧に描いていて
童話のような綺麗なラストになっている

ちなみにサガをやっていたのは
当時まだ駆け出しだった浅野真澄さん

その後ラジオ番組をやる事になり
宣伝CM聞いた時はサガみたいな人かなと思ってました
そして初めて聞いたOA

「いや~この前銀座で寿司食べさせてもらってたわ
やっぱり寿司は回らないのに限るよね」

あれから20年
浅野さんのトークのキレ味は今も変わりはしないw

投稿 : 2021/11/18
閲覧 : 60
サンキュー:

3

ネタバレ

カラーズ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:----

タイトルなし

癒される

投稿 : 2021/05/21
閲覧 : 51
サンキュー:

0

宇宙開発長門有希 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

泣きアニメのテンプレート

このアニメつい最近知りました。「天体のメソッド」や「あの花」のテンプレともいえる泣きアニメだと思います。一途で純粋で元気な幼い子が消えるアニメって引きずりますね。東京マグニチュード8・0の悠貴君も消えました。大人でも軽い熱病になるぐらいだから。この手のアニメが深夜枠なのは子供に対し刺激が強すぎるからですね。

投稿 : 2020/08/10
閲覧 : 163
サンキュー:

0

ネタバレ

tomledoru さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

深夜枠で放送しなくてもよかったのでは

大人が見ても,いいし,子どもが見てももちろんいいので,結論から言いますと,
朝か,夕方に放送してもよかった作品ではないかと思います。

出てくる人物や学校風景・家の中などは,ちょっと日本流なのに,
町並みはドイツのローテンブルクです。
(ロマンチック街道沿いで,実は新婚旅行で訪れたことがあります。)

石畳,と中世からの町並み,屋号を表す看板がきれいでした。

OPも,イギリスのバンドの曲をコピーしたもの(wik.より)です。
神OPとまでは言いませんが,いい曲です。オープニングニも表示されます。

これだけ気合が入っている割には,中身は,ほんわかファンタジーです。

サガ(人間の主人公),季節使いのシュガー(雪使い),ソルト(太陽使い)ペッパー(風使い)の成長物語なのですが,

サガ(ピアノ)もシュガー(ピッコロ)もお母さんの楽器と演奏に執着があります。

サガもシュガーも母親への思いをどう乗り切るか,魔法の花の成長具合などが見所です。

ドンパチするアニメもいいのですが,
たまには,メルヘンチックなアニメで癒されてみるのもどうでしょうか。

投稿 : 2019/10/16
閲覧 : 180
サンキュー:

0

神撃のニャンコ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観たい

超懐かしい

アクエリアンエイジとかいうカードゲームがアニメ化されてた頃かな?
機会があったら ユックリと観てみたい作品ですね

時間持て余してて 尚且つ この作品の事を思い出せたらですが。。。

投稿 : 2019/09/24
閲覧 : 144
サンキュー:

1

ASKA さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

子ども向け?と思いきや大人も感動する名作ファンタジーアニメ。

24話観終わりました。
タイトルは当時から知っていましたが、ふと観たくなりDVDを購入しました。
お話はミューレンブルグというドイツに似た雰囲気の街で人間の少女サガと雪使いのシュガーが出会うところから始まる心温まるファンタジー作品です。
絵柄はデ・ジ・キャラットのコゲどんぼ先生で、見やすいと思いました。
音楽も作品に合っていて、OPがシュガーベイビーラブという洋楽を日本語でカバーしています。EDは山本麻里安さんのSnow Flower。どちらもいい曲です。

ワッフルが美味しそうで食べたくなりました。
あとグレタがいい子で応援したくなりました。

投稿 : 2019/07/25
閲覧 : 226
サンキュー:

11

ネタバレ

お大事 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

子供向け?いいえ、大人になりかけ以上の方向けです

可愛い君よ 君を悲しませるつもりはないんだよ
可愛い君よ 君を傷つけるつもりはないんだよ
どんな恋人達も間違う事だってある
君が誰かを愛した時 余計な事なんて考えなくていい
とにかく彼女を愛しよう
いつだって彼女を愛しよう

OP曲のSugar Baby Loveは元は恋人達の歌ですが、英語でいう所のloveはとても広義に渡る言葉であり、サガとシュガーが互いに成長していく中で育んでいく様々な感情をこの原曲に照らし合わせる事が出来ると思います。突然の出会いから色々な事が起こるたび、意図せずに相手を傷つけてしまったり。互いをとても大事に思うからこそ、その喜びを大いにわかちあえたり。

この作品のテーマは多岐に渡り、幾つかの優しい感情を視聴者に投げかけてくれるのですが、一番の主題は友情よりも、やはりサガの成長にあると思います。雪使いシュガーは雪を司る単なる妖精ではなく、人間の営みを見守り、季節と共に様々な幸せを運んできてくれる天使に近い存在。そんな天使が、頑張り屋だけどちょっと悲しい女の子サガに寄り添い、きらめきという名の何かを一緒に見つけながら、少しずつ少しずつ大人になっていく。そんな素晴らしい物語です。

季節使い達は人間の世界で沢山のきらめきを探し出し、魔法の花を咲かせ、修行を終え一人前になるためにわざわざやってきています。最初のうちはみんなそのきらめき探しに躍起で、ちょっと暴走などしつつも人の生活に触れ、疑問を解決したり理解しながら、それを少しずつ見つけていきます。
多くを語るのは野暮なので割愛しますが、そんな季節使いの存在意義たる魔法の花、それが段々と成長し、ついには花開こうという場面で、シュガーは何と言い何するのでしょうか。そしてサガはその時のシュガーを、どんな眼差しで見ているのでしょうか。

サガは季節使いと魔法の花を、当初どう思っていたでしょうか。そしてシュガーが頑張ってきたのは、一体何を成す為だったのでしょうか。本当に本当に素晴らしい。とても象徴的な場面なのですが、私はその時のサガが聖母マリアにすら見えました。放送から10年以上経ったと思いますが、私は未だにここまで純粋な「想いの交差」を他の何物からも見ていません。二人から溢れる涙はとても大きな幸せに満ちていて、そしてとても寂しい。季節使いが去った後も、皆が皆の幸せを願いながら、静かに続いていく街の人々の営み。モニターの前で浄化され泣いてしまっているきったない自分。素晴らしい作品である事は疑いようがありません。

Sugar Baby Loveをどこかで聴く度に、今でも当然のようにこの作品を思い出します。
また雪が降るたびに、大人になったシュガーが白い雪と一緒にきらめきという何かで、街を染め上げようとしているんだな、とも思います。
私の中では随一の作品で、思わず語っちゃいました。

投稿 : 2019/05/25
閲覧 : 314
サンキュー:

2

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ほのぼの

少女と妖精が成長していく姿を描いたお話。

ほのぼのとしていて全体的に好きですが、子ども特有のなぜなぜ?どうして?の問いかけがどうも苦手。
子ども好きの人に向いていると思う。

投稿 : 2018/10/09
閲覧 : 151

kabaj31 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 2.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

子供向けですが、まあまあ良作ではないかなと思いました。

じわじわと、なにか温いものが染み込んできて、
OPの映像がなんかいいなーと思えるようになった頃には
だんだん別れが惜しくなってくる。

投稿 : 2018/06/17
閲覧 : 178
サンキュー:

1

ネタバレ

◇fumi◆ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

Sugar Baby Love 愛なんて 知りたくないわ ♪

2001年から2002年にかけて放送されたテレビアニメ 全26話

原作 蒼はるか 監督 木村真一郎 シリーズ構成 やまだやすのり

主題歌は英国のロックバンド「ルベッツ」のヒット曲「シュガーベイビーラブ」の「Wink」の日本語バージョンを石田燿子が再カバー。
ラストの2話は特別編。

ノベライズやコミカライズが出ているが、アニメオリジナル。

ミューレンブルグ(ドイツのローテンブルクがモデル)に住む「サガ・ベルイマン」(浅野真澄)という11歳の少女が、雪使いと言う妖精「シュガー」(川上とも子)と出会う。
メルヘンチックな日常の中で、少女と妖精の友情と成長が描かれる。

サガの母親イングリッド(皆口裕子)は有名なピアニストであったが、冒頭ですでに他界している。
心の傷はストレートに表現されていないが、異常にスケジュールに厳しいという神経質さ(あまりそうは見えないが)に現れているよう。

深夜アニメであるが、大きいお友達用とは思えない。
メルヘンチックな街の描写と、温かい人々との交流、ゆかいな妖精たちの登場は、ゆったりとした時間の中で静かに流れていく。
お母さんが子供と一緒に観るべき作品でそれ以上を期待してもつまらない。

素直な気持ちを大切にできる女性にお勧め 時代性を理解できる方のみ。


{netabare}youtubeで「ちっちゃな雪使いシュガーop」で検索
幸せになれます{/netabare}

投稿 : 2017/06/15
閲覧 : 271
サンキュー:

12

ネタバレ

匿名 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

かわいい

可愛かったです

投稿 : 2017/02/27
閲覧 : 237
サンキュー:

0

ポール星人/小っさ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ジワッと来ますが涙腺崩壊モノでは無いので御留意頂きたく

他の方のレビューでも良く書かれている事ですが、なんで深夜アニメ?というシンプルな作品。
判り易くロリ気質なら絵的大勝利と言う様な類でも無く、真面目な子供向け道徳モノと言う気がしないでもないですが・・・
ですが、ストレートに台詞にせず意外と抽象的に見せるので、ホントの子供には難しいでしょしその点では確かに見掛けとは違い大人向けな作りでもあって何とも表現が難しい。
TBSの30分枠深夜アニメの極初期の作品の様ですが・・・因みに後番組はちょびっつとの事。暗中模索の時代だったって事だったんすかねw

 私個人の感想を描けば、この手の子供向けの如きプロットでありながら泣けると言われている作品のぷちぷりユーシィがちょっと合わず途中断念したのもあってコレも駄目かなと思ったんですがコレはそんな事も無く。
見掛けの上だけ子供向けの作品と大人でも泣ける子供向けの差なんでしょね。
 色んな作品観て飽きが来て「古いけどいい作品らしい」という作品探している方が辿り着く作品の一つだと思いますが、号泣モノという期待はしないで臨んだ方がいいかなと思います。
ですが、大人でも見やすいし全体通して"イイ話"ですんで、あえてこの路線に手を出そうと言う方なら満足出来ると思います。

 一人の少女と3人の季節使いと言う妖精が「きらめき」という具体性の無いものを探すお話であり、至る結論も具体的には言葉にしない作品ですが2クールで丁寧に進みます。私は数度ジわっとさせられました(汗)

 意外とこの手のはつまんなくて耐えられないという方も多いでしょうし、私も積極的にお勧めしたいとも思いませんが個人的には違和感なく最後まで観れましたです。ラストはベタな演出でガチで泣かせて欲しかったのも正直な気持ちですが、イイ話です。

投稿 : 2016/04/09
閲覧 : 292
サンキュー:

9

ネタバレ

TimuTimu さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

放送時間を間違えたアニメ

長老役の声優さんにとても違和感があります。
主題歌は〇ォーターボー〇ズで聞いたことのある曲が流れます。最終回の主題歌の入り方はTOP10に入るかもしれません。
制作会社はまだ闇に堕ちる前のJ.C.STAFFなので健全に視聴できると思います。


内容ですが、萌えアニメではありません。勝手に萌えてしまうかもしれませんが、基本的にはヒロインとそれを取り巻く妖精との友情物語です。山もなく谷もなくといった印象ですが、最終回に全てを持って行ってしまうので終わり良ければ全て良しと言った感じです。

2クールなので今と比べると消化が悪いかもしれませんがにわかな人からコアな人までアニメ好きにおすすめできるアニメだと思います。

投稿 : 2016/03/21
閲覧 : 186
サンキュー:

0

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

心が浄化されていくのです

レビューの必要がない名作だと思いますっ・・・・!
OP曲「Sugar Baby Love」
グっと胸に染みますよね・・・本当に名曲です...!
このアニメは深夜枠というより
朝2時アニメといえる爽やかさでした。
この・・・狂人がっ・・・!作品では何度泣かされたこと…基本も基本…大原則だっ…!う...!
無論、萌え的な要素がっ...ダメっ...!楽しんでいたの…!!が・・・
ストーリーは全体通して丁寧に描かれているのですが中でも
第6話「ごめんねが言えなくて」と第7話「心をつなぐメロディ」の演出はこの上なく素敵なものでした。メーンキャラ2人の気持ちが痛いほど伝わってきて、どうしようもなくせつない圧倒的・・・!圧倒的気持ちになり、自然と涙がこぼれた記憶があります...!
淡雪が溶けて消えるように静かに美しく終わるラストも素晴らしいですっ・・・・!
楽しく...!言うまでもなく時に切なくスーパーカップに残る名作でしたっ・・・・!
賭博黙示録のあらすじは少女と妖精の出会いから始まりたっ・・・!...!
妖精が人里に降り立った理由は「きらめき」探しの潰滅的命題をこなすため。
ただ・・・「きらめき」がどんなモノなのかわから曲げられねえんだっ妖精は四苦八苦です。
2人が助け合い、時にぶつかりあって
日々成長していく姿が描かれた成長物語ではありませーんっ...!ゼロゼロゼロっ...!。派手さはありませーんがっ...っ・・・!先がどんどんいい加減気が付けっ・・・・・・!になる展開が張られており、2クールがあっという間ですっ・・・・!
「きらめき」の条件について作中で説明は一切ありませーん
視聴者に自分自身にとっての「きらめき」が何も持たぬ…劣悪な環境にあるがゆえに 皇帝を討つのだ…!なのか問いかけるのが今作の
テーマなのではないでしょうか?

投稿 : 2015/12/26
閲覧 : 218
ネタバレ

Lovin さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

観た感じ

■概要{netabare}
 原作:蒼はるか
 キャラクタ原案:コゲどんぼ

 監督:木村真一郎
 シリーズ構成:やまだやすのり
 キャラクタデザイン:川嶋恵子
 制作:J.C.STAFF
 話数:2クール全24話

 OP:「Sugar Baby Love」
    by 石田耀子

 ED:「Snow flower」
    by 山本麻里安
{/netabare}
■感想
 DVDを視聴。餓鬼に絡まれる話。

 自然現象を操る季節使いのシュガーとピアノが得意なサガとの交流を軸に、二人の成長描かれる。

 登場人物の大半は雪使いのシュガー(見習い)や小学生らしき少女のサガの友人達と平均年齢が低く、心に余裕が無いときに観ると非常にウザい。だが、シュガーもサガも終盤に向けて少しずつ成長していく心温まるストーリーだ。

 シュガーのような季節使い見習い達は、「きらめき」を探すという使命を負っている。「きらめき」を見つけることにより魔法の花が成長し、蕾の開花が見習い卒業を意味する。サガも含めて、この「きらめき」が何なのかわからず、きらきらしたものだとか、ぽかぽかしたものだとか、ふわふわしたものだとか、思い思いの「きらめき」を日々探し続けている、という体である。

 季節使いたちは、楽器を奏でることで風や雨や雲や雪といった自然現象を起こす妖精。通常人間はこの妖精を目視することは出来ないが、極稀に姿が見え会話出来る人間が居り、サガもその一人。シュガーは季節使いとしては見習いで未だ幼く、几帳面な性格であるサガも母親との思い出から離れることが出来ず幼さが残る。そんな二人が喧嘩を繰り返し、お互いを尊重しあえるくらいに仲を深めながら共に成長していく。

 この作品にも特筆すべきグレタと言うキャラが居た。わかり易く形容すると、今や黄色い悪魔と化け猫にその地位を奪われてしまった青狸作品に登場するスネちゃまのようなキャラだが、スネちゃまと違うところは案外いいヤツだということ。サガに対して一人よがりな対抗心を燃やすこのウザいだけのキャラは、クライマックスで劇場版のジャイアンのような人の良さを見せる。

 楽器を演奏している際の挙動がおかしい部分があったり、ツッコミだせばキリはないが、昨今のアイドルアニメのように演奏がメインではないのでそこは軽く流すべきだ。あとサブタイトル画面で何話目かのカウント表示があるのだが、1~5話はプレーン、6~10話はイチゴ、11~15話はチョコ、16~20話はハニー(メープル?)、21~24話はホワイト(シュガー?)の風味のわっほー(ワッフル)が表示される。

 私は最終話のED直前でシュガーの放つ一言が何だか許せず、監督の木村真一郎のことが嫌いになった。だが、木村真一郎×J.C.STAFFの作品の色調が何だか好きだ。他作品では「まぶらほ」くらいしか覚えていないが、コントラスト比が高いと言うか・・・この違いを表現するボキャブラリーがない自分に歯がゆさを覚える。

 私はこういう少し古い作品を観るのが好きなのだが、その理由はスタッフやキャストに懐かしさのようなものを感じるからである。例えばスタッフなら、「バカテス」他で監督を務めた大沼心、「ろこどる」他で監督を務めた名和宗則が原画を担当していたり、「Working!」他で監督を務めた平池芳正が演出をしていたり。{netabare}余談だが、「まぶらほ」の監督補佐に長井龍雪の名前もあった。{/netabare}
 キャストで言えば、ヴァルハラに旅立たれてしまった川上とも子さんの在りし日の元気な声、詳しくは知らない病気を患ったサエキトモの男らしい声が鮮やかに蘇る。そういうのが好きなのだ。

 この作品は漫画が原作なのだと思っていたがオリジナルアニメらしい。なので漫画はどちらかと言えばコミカライズと表現するのが正しいと思う。漫画の結末の記憶はかなり薄れているが、アニメとは違いサガが友人達と共に大人への階段を登ると言ったアニメより落ち着いた話だったと思う。どちらの結末が好みなのかは分かれると思うが、アニメのほうが派手さはあるだろう。癒しになるかもその人次第だが、少し疲れている方にはお奨めできると思う。

■蛇足{netabare}
 サガと言う名前を聞いて、

 「タイガーアッパーカット」を思い出した。

 あとキャラ原案の「コゲどんぼ」、

 このレビューを書くまで「焦げ蜻蛉」だと思っていた。

 そしてこの作品のOPがヘナチョコBEST1ですよ、はい。
{/netabare}

投稿 : 2015/08/21
閲覧 : 180
サンキュー:

14

いっき さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

物語の''過程''を経て純粋に泣ける作品でした

全24話、今のJ.Cスタッフでは作れない時代のJ.C黄金期の作品。

実は、主人公のシュガーの声を、当時売れっ子の山本マリアさん担当でしたが、訳あって今は亡き川上とも子さんが声を担当した作品。

主題歌も、ドイツの歌でしたっけか、そのカバー曲を担当した石田さんの歌も名曲の作品。

物語は、突如妖精を見られるようになった、サガ・ベルインマンという少女が織り成す兎に角ほんわかな物語のアニメ。ですが当たり前のように見えていた妖精たちとの別れも描いているアニメ。

ベルギーの方が有名ですが、ドイツの舞台のワッフルの「わっほー」とか今でも印象に残る名言です。

このアニメは、なんとなく見ていると良い意味で裏切られるアニメというのが印象です。

ほんわか妖精たちとサガの成長を描いたアニメなのですが、その物語の過程、序盤の伏線、それに締め、どれも今では名作といって良い作品でした。

また、このような、ほんわかなんだけど、物語の軸、それに締めも大切にしているアニメをまた見たいです。

キムシンさん(木村真一朗さん)とかまだアニメ業界にいるのでしょうか?

投稿 : 2015/03/15
閲覧 : 369
サンキュー:

1

ninfami さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

子どもだけでなく大人にも見てほしい。

ここではあまり見ている方がいらっしゃらないようで・・・・少し寂しいです。『ARIA』『カレイドスター』などの作品にピンときた方には、是非とも見てほしいです。多少の中だるみはあるものの、それ以外は上記の二つに肩を並べられる名作だと思います。

このアニメの世界には「季節使い」という妖精がいて、彼らがこの世界の天気を操っています。その「季節使い」の見習いの一人である雪使いの「シュガー」は、修行のために人間の世界へと現れ、主人公である少女「サガ」の家に住み着くことになります。そんな二人の心の交流を描いた、心温まる作品です。

この作品の魅力は物語や妖精たちの存在もそうですが、やっぱり音楽ですね。ARIAを見た人なら分かると思いますが、BGMが安らぎを与えていて、見ている側を優しい気持ちにさせるんですよね。聞いていて心が洗われる感じでした。OP曲はリメイク曲なので、聞いたことある人は「あ~!」ってなると思います。

このアニメは後半が本番です。特に最終話(24話)は、涙なしには見られませんでした。あれで泣かない人がいるわけがない!といった感じです。

もっと多くの人に見てもらいたい名作です。切実にそう願います。

投稿 : 2014/11/07
閲覧 : 236
サンキュー:

7

イカちゃん☆休止中 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

☆可愛い妖精たち

季節使いの妖精と少女の交流と成長の物語。

とにかく癒されます♪(*^^*)サガとシュガーの、お別れは
ウルッときてしまいました。・・、~☆


原作/蒼はるか

作画/コゲとんぼ

監督/木村真一郎

アニメーション制作/J.C. STAFF


2001.10.2-3.26(全26話)TBS 火曜26:20-26:50


主観的評価(A)



追記欄_

投稿 : 2014/10/24
閲覧 : 239
サンキュー:

3

ペチ14 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

Q質問 A解答 T突っ込み (あと4個で終了!)

Q、このアニメを見てどう思った

A、ファンタジーっぽいアニメです
3次元に季節使いとかいたらいいね

T、そんな風に夢を見るのはいいがいないよ

A、いやいるかもしれないじゃん

T、・・・・・(理解不能)

投稿 : 2014/04/01
閲覧 : 278
サンキュー:

2

ネタバレ

Britannia さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

こんなんじゃないもんシュガーだもん

■良い点
・OP『Sugar Baby Love』名曲
・シュガーが可愛い
・ハートフルストーリー
・ライバルのグレタが面白かった。


■子供が居る方は、一緒に見れる優しい作品
教育・夢・心の成長に良い影響が有りそう
思いやりの有る子供に育ちそうなアニメ。

{netabare} 出会いが有れば別れが有る、解っていても悲しい
でも別れが有るからまた新しい出会いが有るのだろう {/netabare}

投稿 : 2014/03/19
閲覧 : 309
サンキュー:

9

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

優しげな物語

【ちっちゃな雪使いシュガー】は、なぜこれが深夜アニメなんだろうと思うくらい優しげな内容で、日曜の朝かゴールデンタイムに家族で見るのに適したアニメです。
主人公の少女サガは無くなったピアニストの母の形見を買い戻すため、友人との付き合いよりもバイトを優先させる毎日でしたが、妖精シュガーとの出会いにより、少しずつ視野を広げて人間関係を豊かにして行きます。
初めは子供っぽいシュガーも、そんなサガに感化されながら、少しずつ成長して行きます。
サガの友人で印象的なのは、自称サガのライバルのツンデレのお嬢様と、発明好きの少年で、妖精シュガーの友人達も魅力的で個性的です。
最初から最後まで子供の目線の物語で、とても夢があります。

投稿 : 2014/02/22
閲覧 : 206

ワタ さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

見よう見ようと思いつつ約10年も放置してたが・・・

この度ようやく視聴にこぎつけました。
結果、もっと早くに見とくべきだったと激しく後悔w 
これは今の時期にピッタリな作品ですね。
何だか雪を見る目が変わってしまいましたよ(最近シュガー仕事し過ぎw)。 
・・・いや、マジで傑作なんですよコレ!

とは言え過度な期待は禁物。
アッと驚くような展開や目を見張るような演出など突出した面はないし
妖精が多数出てくるメルヘンな世界観で、明らかに子供向けの作品です。
(実際、朝アニメの予定だったが枠を確保できず深夜放送になったらしい)

この作品が素晴らしいのは、全てにおいて作りが丁寧であること。

主人公の少女サガと、雪を降らせる季節使いシュガーとの心の交流が丁寧に描かれ
両者の成長と、両者の関係性の変化をきっちり感じ取ることができます。

サガは毎日の計画を立ててはスケジュール通りにこなすという、
作中の言葉を借りれば「窮屈」な生き方をしてるんですよね。
そんなサガがシュガーとの出会いによって、徐々に心に余裕が持てるようになっていく。
気付けばすっかり仲良しな、サガとシュガーのやり取りの微笑ましさは異常w

ドイツのローテンブルクをモデルとした街が舞台で
そこに住む人々の描写や、背景の淡い色使い、美しいピアノ音楽なども魅力的。
心温まる雰囲気を見事に作り出しています。


大人が見ても十分に楽しめる作品でしょう。
特に、何かと気を張って頑張り過ぎてしまうタイプの人には是非ともお勧めしたい。

投稿 : 2014/02/15
閲覧 : 601
サンキュー:

41

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

何年経っても色褪せない名作

「ちっちゃな雪使いシュガー」の魅力とは何よりもまず、その話の筋の太さにあると思う。

サブストーリーが無いこともないが、話の筋は一貫して主人公サガと見習い雪使いシュガーの成長と二人が友情を育んでゆく様を描くものであり、王道であるがゆえ誰が観ても何年経っても面白いものとなっている。

シンプルであるからこそ、話の筋が太く強い。

このアニメの魅力を語るのにこれ以上の説明は必要ないと思う。

小難しく考える必要などない。
子供のように純粋にサガとシュガー二人の物語を楽しんでほしいと思う。

投稿 : 2014/01/12
閲覧 : 157

犬神さん さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

良作だと思います

はじめは絵柄から嫌悪していたのですが、子供に勧められて見ることに。
いや、普通に面白かったです。
私同様、絵柄で嫌悪している方はぜひ一度見てください。
泣けて笑えて楽しめる、老若男女問わない素晴らしい作品だと思います。

投稿 : 2014/01/04
閲覧 : 219
サンキュー:

4

イブわんわん さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

☆大絶賛!!なぜこのアニメ埋もれているの?

全24話 親子で見れる傑作アニメです^^

ファンタジー・魔法少女・日常・音楽(ピアノ)感動の癒し系アニメ。
棚に送った数133、レビュー28。ランキング793位(7/21現在)

タイトルやキャラ画で「お子ちゃま向け」のアニメと思われる方も多いもしれませんが、なかなかどうしてよく作り込まれた素晴しいアニメです。

◎ARIAやカレイドスター、こばと。癒し系、魔法少女ものあたりが好きな人に、強くお勧めです!
(日常系が苦手な人にはお勧めしません)
内容は「あらすじ」参照下さい。

物語はいたって単純で、1話見終わった時点でもう最終話がおおよそ見えてました。
しかし、作画やBGM、声優さんの演技がいいんですよ♪
特にシュガー役の(故)川上とも子さんの演技はすばらしい!大絶賛です!
でもって、シュガーがめちゃくちゃ可愛いのだよ!(サムネ参照)

全話通して流れるピアノ曲は暖かくて優しくて、心を癒してくれますし、OP・ED共にかなりいい曲です♪

川上ともこさんのアニメはウテナ、ヒカ碁、AIR等見ましたが、個人的にこのアニメが一番ピッタリで大好き。
個人的には最終話が近づくのがとても悲しくて、できればずっとこのまま続いて欲しい・・・なんて思って見てました。
何か最近のアニメは・・・とか、感動系のアニメ見たいなあという人ハンカチ準備しておいたほうがよいのでは。

ピアニストの母を亡くした少女サガと雪使い(妖精)見習いシュガーの成長と感動の最終話に、忘れられないアニメになるかも。
(2013/8/01修正)
(2013.9.23修正)

投稿 : 2013/09/23
閲覧 : 600
サンキュー:

25

コンス さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

萌えアニメってすばらしい!

アニメは難解だったりスタイリッシュである必要がまったく無いことを再認識できるのが萌えアニメの素晴らしさだ。

ちっちゃいは正義、かわいいは正義である。

ちっちゃなお子さんをお持ちのご家庭でも安心して見られるというより、是非お子さんと楽しく御視聴ください。

投稿 : 2013/09/01
閲覧 : 202
サンキュー:

2

ななりす さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

sugar baby love、素敵が一杯詰まった癒しと感動

全24話
ジャンル:ファンタジー 癒し 感動

まず、このアニメは癒されました。個人的に「ARIAやこばと。」に匹敵する位です。ドイツのある街をモデルにしたメルヘンな世界観が良いですね。キャラデザや主要キャラの性格、メルヘンチックな作画も少女向けに思えます。でも、大人の人や男性の人も十分観れて楽しめると思います。

人間と季節使いという妖精さんとの触れ合いが描かれてるんですけど、とにかく妖精さん達のキャラが可愛いんです!動き回ったり、笑ったり、怒ったりと1つ1つの仕草が凄く可愛い。それを観てるだけでも凄く癒されました。見習いの妖精さんの成長が描かれている事もあって、可愛い子供を見守りながら癒される親心の気持ちや気分も味わえると思います。私がそうでした。

私はこの作品は「ARIA、こばと。」と同じ雰囲気があって好きです。BGMが優しい曲ですし、心が温まるエピソードも良いです。それにピュアな気持ちになって心が清らかになります。また、観てるとこちらも元気を貰えました。恋愛要素は無いんですけど、これは「こばと。」に似てると思います。

前半から「きらめき」とは何か?と抽象的に視聴者に考えさせるように描かれているのも特徴で楽しむことが出来るかと思います。ストーリーが進むと段々とその答えが見えてくると思います。

途中、中だるみがありましたが、登場キャラの成長を丁寧に描かれていて凄く良かったです。ベタなストーリー展開なんですけど、あるキャラが良い味を出しているので、たまには笑えたりと楽しめました。後半はメインのサガとシュガー、2人の強い絆を感じました。最終話はこの強い絆があるので泣けちゃいますね。もう感動の涙でした。それに物語の終わりを予感させ、一抹の寂しさを覚えます。それ位このアニメに癒されていたんだと思います。ラストはしばらく余韻に浸っていたい位でした。

この作品は観て良かったと思えるストーリーですし、凄く癒されて満足しています。個人的にこのアニメももっと評価されて欲しいと思う。最後にOP曲は思わず鼻歌を歌っちゃいますね。何か聞いたことがあるような・・・カバー曲かな?

投稿 : 2013/08/31
閲覧 : 410
サンキュー:

16

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

わっふる~わっふる~♪

レビュー書いていた人がいたので、私も書かせてもらいますね。

舞台はヨーロッパの某国。
(うろ覚えで忘れてしまいました。)


雪使いの妖精さんがワッフルを食べていたのが印象に残っています。

あと、主人公が街の人のやり取りとかも印象です。
なんとなく異国迷路のクロワーゼに似ているので、それ系が好きな人にはおすすめかも。

確か川上とも子さんが妖精の役だったような。
なんだか悲しいです。

投稿 : 2013/07/28
閲覧 : 232

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

タイトルなし

1話のみ視聴。

投稿 : 2013/06/02
閲覧 : 268
ネタバレ

myutan さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ちょっぴりウザ?キャワ妖精と少女のハートフル成長記にほんのり感動

アクアプでの評価が高かったので視聴したアニメ

季節使いと呼ばれる妖精が楽器を奏でることで季節を操る、
西欧の童話のような雰囲気の世界
妖精と少女の交流と成長を描いたオリジナルアニメ24話+特別編2話

物語は、かわいい見習い妖精が人間界の少女との交流や試練を通して成長していく様を低年齢層に受け入れやすく描いています
日常会話や物語はすごく魅かれることはあまりなかったですが、全体的に自由奔放でかわいい妖精達と少女の姿を暖かくずっと見守っていたいと思わせるような展開
特に、序盤と終盤の妖精と少女の二人の価値観のすれ違いを描いたドラマにはほんのり感動できました

見所は、絵とセリフから伝わるかわいい妖精シュガーと見習い妖精達の成長

白い雪を操る見習い妖精シュガーが無邪気でとても可愛い。
思ったことを口にする少しうざい人間の子どものような存在ではあるが、小さくてかわいい容姿、楽器を扱うしぐさ、接吻、悪気が無い純粋な行動を見ると、何となく許せてしまう
特に、接吻シーンは、見ている私が恥ずかしい気分にさせてくれましたが、心地良く、シュガーの魅力の一つ

本作では、見習い妖精が、人間界で「キラキラ」を探すという試練を通し、魔法の花が開花すれば、妖精世界に帰れるというシステム
シーンでほとんど明らかにされていないキラキラの情報、妖精が能力に頼ることがあまりできない設定(一季節を操り、空を飛べる能力しかない)であるため、
見えない目標に向かって、妖精の持つ能力にあまり頼らず努力する妖精達を見ていると、何か応援したくなります。
成長要素を考えると、少しリアルでの成長要素にも通じるのかもしれません。

序盤での伏線(キラキラの正体、なぜ少女には妖精が見えるのか)は、絵とセリフで何となく終盤に伝えているだけであったと思われるが、視聴者の想像力に任せる表現で、私的に納得でした

小さいお子様とも安心して見ることができる作品で、娘ができたら一緒にもう一度見たいと最後に思わせてくれました。

投稿 : 2012/07/15
閲覧 : 288
サンキュー:

7

次の30件を表示

ちっちゃな雪使いシュガーのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ちっちゃな雪使いシュガーのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ちっちゃな雪使いシュガーのストーリー・あらすじ

架空の街ミューレンブルク(ドイツのローテンブルクをモデルにしている。)に住むサガという人間の少女が、妖精の世界から人間界に修行のためにやってきたシュガーという季節使いと出会い、生活を共にしつつ心の交流を育み、成長していくという物語。
また、サガとシュガーだけでなく、多くの登場人物も相互に影響しあって物語を形作っている。なお、季節使い達の成長は"「きらめき」と呼ばれる何か"という形をとって象徴的に描かれており、同時にこの「きらめき」をたくさん見つけることが彼らの修行の目的であるという設定となっている。
(TVアニメ動画『ちっちゃな雪使いシュガー』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2001年秋アニメ
制作会社
J.C.STAFF
公式サイト
www.tbs.co.jp/snow-sugar/
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A1%E3%81%A3%E3%81%A1%E3%82%83%E3%81%AA%E9%9B%AA%...
主題歌
≪OP≫石田燿子『Sugar Baby Love』≪ED≫山本麻里安『Snoe flower』

声優・キャラクター

川上とも子、浅野真澄、サエキトモ、水橋かおり、西村ちなみ、石毛佐和、中川亜紀子、真田アサミ、立木文彦、平松晶子、皆口裕子、秋元千賀子、鈴木清信、松本保典、笹本優子、福島潤、三石琴乃、野島健児、小林由美子、梅津秀行

スタッフ

原作:蒼はるか、キャラクター原案 コゲどんぼ、 監督:木村真一郎、シリーズ構成:やまだやすのり、脚本:やまだやすのり/水上清資/堀井明子/大久保智康、キャラクターデザイン:川嶋恵子、企画監修:桜井弘明、音楽:光宗信吉、音響監督:鶴岡陽太、美術:小林七郎

このアニメの類似作品

この頃(2001年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ