「ムーラン(アニメ映画)」

総合得点
65.7
感想・評価
25
棚に入れた
140
ランキング
2776
★★★★☆ 3.5 (25)
物語
3.7
作画
3.6
声優
3.4
音楽
3.4
キャラ
3.5

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ムーランの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

みかづき さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

非力な女性らしい女兵士(≧∇≦)b国の危機を 現在の作品では見当たらなくなったね☆彡

1998年作であり、2020年現在からみると

描画がとても昔ですが、キャラの動きはテンポよく
ディズニーらしい(•ө•)♡

ムーランの隠れ女兵士としては
現代の作品では Fateのセイバー や ダンまち 憧れの女騎士
のように 敵を吹き飛ばすほどの 「強さが男女平等」
ではなく、非力な女性らしい戦い方をする

・・十分、雪原では隊長を馬に引き戻すなど
怪力もみせたが ごにょごにょ♪♪

国と万里の長城をまたいで外部の辺境部族との
戦いのなかの物語としては

現在 現実の 中国に虐げられ、屈服・吸収される
辺境民族と 主人公の国(中国)との
善悪は 辺境民族がいかにも悪っぽい風貌が
かわいそう・・・過ぎる( ;∀;)
そこに注目しすぎちゃだめかな

女のくせに 死んで罪を 一家も恥だ
という世界・社会の の 女性がテーマだから

中国という人権がない国で 女性差別をなくすような
この物語を世界的な作品にしたことが
最も意味があり すごいことだと感じます
だから 物語だけ 4.0☆彡

1番は

投稿 : 2020/07/24
閲覧 : 202
サンキュー:

4

ネタバレ

ハンガー さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

キングダム…

女だってバレたら殺される。じゃあ戦って武功を上げるしかねえ!

まあ、途中から「隊長に認められたい。」にシフトしてたけど、ムーランが陣営で努力する理由が単純明快でいいと思う。

実写化の前にオリジナル観ときたいなと思ってGE●で借りてみた。
先に読んでたのが某ジャンプの漫画だったので既視感を持った。こっちが先だし、逸話をもとにしてるってことは理解してるけど、中華の歴史に詳しくないから舞台が一緒だと同じに見えちゃう。

体格のいい隊長を片手で持ち上げて窮地を助けるムーランカッコ良い…
それなのに女とバレた途端隊長に除け者にされて、急な報せも無碍にされて、ムーランもおこだわ。そのせいで、なりふり構わず暴れられて英雄になれた感はあるけど、理不尽さを不憫に思う。

家に帰ったムーランを真っ先に抱きしめたお父さんの姿は感動した。
そういえば、冒頭でも一番ムーランのお見合いが上手くいくように祈ってたのも、お見合いに失敗したムーランを慰めようとしてたのもお父さんだった。
だから、ムーランも足の悪いお父さんが戦に行くのを止めたかったのだろう。

ところで、ムーランがお嫁に出てしまったら後継ぎがいなくなってしまうわけだけど、その辺はどうなんだろうか?

続編に期待したい。

投稿 : 2020/06/09
閲覧 : 231
サンキュー:

1

スカルダ さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

Who I am inside? 最悪から一転。

日本ではあまり人気が無い本作ですが、アメリカだとかなり人気の高い作品。
日本語に訳すと臭過ぎるセリフなので、出来れば字幕を切って見て欲しい。

さて、最初の10分の印象は最悪。
期待せずに見たけれど、期待を裏切るクソさ。
ここは、はっきり文句を言っておこう。

「登場人物が全員釣り目!!」

アメリカ人から見た中国人のステレオタイプに吐き気がする。
人種差別も甚だしい。ディズニーに対して激しく抗議したい!

が・・・主題歌のReflectionが流れてから一転。完全に涙腺が崩壊しました。

「本当の自分とは何か?」

というテーマが見えてからは、もう涙が止まりません。神曲多すぎっす!
泣きすぎて右の袖がびしょ濡れっすwww


大量の水分を奪われてしまったので、これから中華粥作ります!

投稿 : 2016/12/02
閲覧 : 469
サンキュー:

3

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

男装の道化師

日本語版をTVで観たので
原曲がどんなだったのかわかりませんが、セリフを兼ねたミュージカルな歌の日本語版のリズムや歌詞がアイタタ タ…でした。声優さんがとっても歌いにくそう。歌についてはそれ以上あまり考えないようにして観ました。


主人公ムーランは不器用で情けなくも芯のある女性で。
いわば男装の麗人、なんだけど帳尻合わない感じでカッコ悪くて、一生懸命で。親近感が湧きました。
男装ならではのお風呂シーンの混乱も、ディズニーならではなのか?品の良さがありました。

紛れ込んだ軍隊のメンツ、凸凹おかしな奴らで楽しかったです。
(でっかい大らかなひょうたん顔の人が誰かに似てるな〜?と思っていたら、四畳半神話大系のお師匠でした。)

敵の強烈な邪悪さや、戦で焼かれた町に漂う無言の哀しみの表現など、言葉でなく絵の力で見せてくるシーンが印象強かったです。


家の面目を保つためには、一旗あげなければ帰れないと思っていたムーラン。
面目なんて考えると窮屈だろうけど、出来うる限りの柔軟さで挑んだ姿は、かっこよかったな。

働く女性を意識した現代的なテーマを絡めてたのかもしれないけど、そういうこと考えなくても子供の頃にディズニーの色気が苦手だった私にはサッパリ観やすくて良かったです。

これはディズニーの中でも好きな作品になりそうです。



一旗挙げたあとの皇帝による表彰のスピーディーさ(日を改めずその場で!)が面倒なくて良かったけど、速いね。エコだね。

投稿 : 2015/01/13
閲覧 : 523

シェリー さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

女性が「女」を捨てるとき。

1998年に中国の伝説『花木簡』を題材に制作されたディズニーアニメーション作品。
主人公はファ・ムーラン。女性です。両親にお見合いを勧められ、結婚を願われますが本人にはまったく興味がありません。
その時代に求められる美しい女性像は彼女に当てはまらず、ついでに礼儀もなっていませんでした。
そんなことよりも、何も気にせず自由なままでいることの方が彼女の性分に合っていました。
ところがある日、フン族が攻めてきたことをきっかけに各家男子1人に対し徴兵がかかりました。
男は1人しかいないファ家の父は前の戦争で生活に支障が出るほどの傷を足に負っていましたが、
そんなことは聞いてはもらえず、戦争に出ざるを得なくなりました。父のことが大好きなムーランは見ていられませんでした。
自分は結婚もせず、父は苦しむばかりだ。ムーランは一大決心をします。
長く美しい髪をばっさりと切り落とし、体を鎧に包み、雨の降る明け方に父の代わりに出兵しました。
女が出兵したと知られれば大変です。さあムーランはばれずにやり遂げることができるのでしょうか。

すごく好きな作品です。
あなたはジャンヌ・ダルクを知っていますか?僕は大好きなので名前とほんのちょっとだけ詳しく知っています。
時は15世紀初頭。英仏百年戦争の後半。
「フランスは1人の女によって沈められ、1人の少女によって救われた。」と言います。
前者はイザボー・ドゥ・バヴィエールという淫乱女で数多くの貴族と肉体関係を持ち、国をめちゃくちゃにします。
そしてそれを戦いによって救ったのが後者であるジャンヌダルク。本名ジャンヌ・ド・ピュセル。
13歳で天命を受け、命を懸けてそれを実行し見事やり遂げますが、異端審問により(私怨もあり)19歳で火刑を宣告されます。
ジャンヌは天命を受けてから男装に身を包み、神を誰よりも深く信じ、ずっとそれだけを見つめてきました。
しかし19という若さで死刑に処されてしまいます。火刑で炎に体が焼かれる中、彼女は神の名前を叫び続けたと言います。
悲しいお話です。
僕はムーランにも似たものを感じます。彼女の場合はジャンヌのように悲しくはなく、むしろその頑張りが報われるお話です。
しかし、女性に生まれてきながらそうしては歩むことはできずに、なにかのために自分を捨てる姿はすごく悲しい。
ほんとうに悲しいけれど、どうしてかそういう姿に僕はとても惹かれてしまいます。

本作『ムーラン』でもムーランは決して女性であることを嫌がってたわけでも、また戦闘に長けていたわけでもありません。
ひ弱でちょっとわがままな可愛い女の子です。
そんな彼女が父のために戦地へ赴く姿を見ると身を切られるような冷たい感覚に襲われます。
しかし、訓練を重ねて愉快な仲間と立派な隊長の下で成長していく姿や、戦いで功績をあげたときには得も言われぬ感動がありました。
ひとりの少女の生活や戦いにおける苦しみがよく描かれ、またそれが報われるストーリーには救いがありました。

本作ではディズニーおなじみのお騒がせも出てきます。
その名はムーシュー。かつて守り神であったけれど失敗して1人死なせてしまい、ドラ叩きに降格した龍です。
そしてもう一匹。クリキーと言う名のコオロギです。それも「幸運のコオロギ」という嘘のコオロギ。
そういう役って大抵は1人なのですが、今回は2人。この2人でこそこそと色んな企みをしているのがなかなか笑えました。

女性が「女」を捨てるとき。
それは男がなにかを捨てるときとは違った切なさや苦味が口いっぱいに広がります。
なぜそんな運命を辿らなくてはならなかったのか。どうしようもない哀しみがとめどなく溢れ出てきます。
しかし、それでも凛として生きる彼女のたちの背筋の伸びたまっすぐな姿にはどこか惹かれます。
この作品でもそれは十分に感じられました。とても良い物語でした。
ラストの、娘であるムーランを迎えるシーンでの父の対応も素晴らしかったです。

投稿 : 2014/09/06
閲覧 : 628
サンキュー:

13

kuroko85 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

珍しくディズニーでアジア題材

北方民族の進行に対して、徴兵令の下った村で高齢の父に代わり
男装して出征しり一人娘ムーランの物語。

そう、ディズニーのアニメって必ず2行以内で説明できるのですね。
それでも魅せるには宮崎駿とは全く違う演出の妙を持っているから、、
幼児の頃に捨てたはずのそのあざとさを、
子供と満喫しています。

本当のことを言えば、こんなの見ている暇があるなら、、、
ですが、もはや私の時間は自分ひとりのものではないので
仕方ありません。

投稿 : 2014/07/31
閲覧 : 311
サンキュー:

2

ネタバレ

無毒蠍 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

花は逆境で咲くとき、その尊さと美しさを増す。戦場に舞い降りた一輪の花の物語です!

婚期を逃した女性ムーランが徴兵された父の身代わりに
男装し女だとばれないように兵生活を過ごしていくという話。
ディズニー作品の中でも一番日本向けの設定じゃないでしょうか?

ムーランは成り行きに近い形で男装し部隊に入隊するので
心構えも出来ておらず女性の名残がバリバリあります。
そこがこの作品の魅力もといムーランの魅力でもあります。
そんな彼女をサポートしてくれるのが
ムーラン家の守り神だというムーシュー。
赤くて小さな龍で頼りなさげですが場を和ます能力ならピカイチですね(笑)
正確には守り神から降格された銅鑼叩き。
戦でムーランを活躍させて守り神に戻ろうと考えています。
声優が山寺宏一さんですが茶目っ気たっぷりに演じてくださり、
シリアスなシーンでも彼がいるとギャグっぽくなりますw
雪崩のシーンで敵の大将をムーランと間違えて引き上げたのは笑ったw
しかもすぐに捨てるしw

ムーランは女性でありながら部隊で男たちと一緒に訓練していき、
目まぐるしい成長を遂げていきます。
この成長のシーンはヘラクレス同様に歌ってる間にテンポよく進んでいきます。
ヘラクレスは神の子ということで気にならなかったけど
さすがにムーランが短時間であそこまで強くなるのは無理があるでしょうね。
でもその成長していく様子が嬉しかったので問題ないです。
今までの作品はファンタジー要素が強かったのですが
ムーランは戦というものをテーマにしているので
どこか身近に感じ、気のせいかいつもよりシリアスに思いました。
ですがムーシューの茶目っ気のおかげでバランスがとれてましたね。

上記でも述べましたがムーランの魅力は
ムーランが女性であることだと思います。
男装してるからといって女性を捨ててるわけではないので
身だしなみも気にするし男の人を好きになったりもします。
ディズニーお馴染みの「愛」は本作でもありました。
部隊の隊長のリー・シャンです、
親の七光りに思えて結構光ってましたな。
実力もありますし好きになるのもわかる気がします。

婚期を逃したムーランは悩んでいました。
家族の役に立ちたいと…
せめて結婚くらいはしてあげたいと思うムーランですが
人生はそう思うようにはいかないものです。
ムーランは探していました…
自分が咲き誇れる場所を。

戦場に舞い降りた一輪の花ムーランが
名誉に愛まで手に入れる浪漫活劇です。
社会で働く女性は自身の姿をムーランに重ねて
励まされるかもしれませんね。

【A80点】

投稿 : 2014/04/19
閲覧 : 1152
サンキュー:

1

ネタバレ

アレシュ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

我輩も天秤を動かす一兵卒なのにゃ

 
 ムーランというレディーが男性に扮して戦いにでるのにゃ

守護龍は、なにかそそうをして過去の英霊に認めてらえてな

かった気がするのニャ

 最初は線が細く馬鹿にされた男の中の生活で、しだいに認

められていくのにゃ

 女性とばれても、助けてくれる仲間に出会ったニャ 何と

仲間は女装もしてくれるのニャ

 将軍みたいなひとは言ったのにゃ『一粒の米で天秤が動く

ように、一人の兵が戦を決めることもあるのにゃ』

投稿 : 2014/01/03
閲覧 : 248
サンキュー:

1

nemuri さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/06/08
閲覧 : 101

ニャンキチ君 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/05/15
閲覧 : 38

aKqzA52233 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:----

投稿 : 2020/04/23
閲覧 : 37

ボンバ☆イエ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:----

投稿 : 2019/09/23
閲覧 : 53

ASKA さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観たい

投稿 : 2019/08/08
閲覧 : 58

Maskwell さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.1
物語 : 2.5 作画 : 2.0 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

投稿 : 2017/11/15
閲覧 : 74

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 3.0 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 2.5 状態:----

投稿 : 2016/07/16
閲覧 : 81

文葉 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2015/05/03
閲覧 : 87

カワミ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2015/03/11
閲覧 : 87

rfuka さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:途中で断念した

投稿 : 2014/11/08
閲覧 : 90

backbeard さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2014/11/06
閲覧 : 99

亜優 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2014/10/10
閲覧 : 101

dai7271 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.3
物語 : 1.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

投稿 : 2014/09/07
閲覧 : 98

となりのトロロイモ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2013/09/04
閲覧 : 112

namnam さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2013/06/22
閲覧 : 128

ムーランのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ムーランのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ムーランのストーリー・あらすじ

ディズニー・アニメの第36作目。2000年前から語り継がれてきた『木蘭辞』に登場するムーランの伝説をもとにアニメ化したアドベンチャー・ファンタジー。フン族の軍勢に苦しむ戦乱の中国。皇帝は各家から一人の兵士を出すように命じる。ムーランは、老いた父親に代わって軍に兵士として加わることを決意。髪を切り名前をビンと変え、勇猛な兵士に変装する。ムーランは過酷な訓練を経て、戦場で目をみはる大活躍を繰り広げる。(アニメ映画『ムーラン』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
アニメ映画
放送時期
1998年9月1日

このアニメの類似作品

この頃(1998年9月1日)の他の作品

ページの先頭へ