「ローゼンメイデン (スタジオディーン版)(TVアニメ動画)」

総合得点
66.8
感想・評価
637
棚に入れた
3678
ランキング
2375
★★★★☆ 3.6 (637)
物語
3.4
作画
3.6
声優
3.6
音楽
3.5
キャラ
3.7

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ローゼンメイデン (スタジオディーン版)の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

神谷 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

移籍作品

ローゼンメイデン2013


 ヤングジャンプに移籍された作品。
 このアニメはとても面白かったです。
 まず可愛らしい女の子のキャラクターと濃密なストーリーが素晴らしい。
 2006年5月に行われたサブカルチャー雑誌『メカビ』Vol.1のインタビューにおいて
麻生太郎氏は話について少女漫画としては話が濃厚でよくできていると褒めている。
 政治家でさえうなられたこの作品は何と看板を変えて、ヤングジャンプに移籍した作品になります。
 ジャンプですが、ジャンプの復活の鍵は他誌から移籍になると考えています。
 まず近年のジャンプアニメは進撃の巨人以降長期連載が問題になり、雑誌の質が落ちています。
 https://news.nicovideo.jp/watch/nw8649282
 参考。
 「長期連載のベテラン作家陣ばかりになってしまうと、誌面がどうしても保守化してしまいます。雑誌の新陳代謝ができていないと、新しい少年読者も入ってこれない。その辺に気づいたのが4年前あたりなのでしょう。そして16年に『鬼滅の刃』、18年に『呪術廻戦』と『チェンソーマン』が連載を開始して、去年から今年にかけて花開きました。
 引用ここまで

 ということで長期連載のおかげで新人が多く潰れてしまっている現状に気付いたのが、四年前あたりと書かれています。
 私自身の論調として反ジャンプ主義を掲げており、小説と漫画の融合を主張として掲げています。

 その点から考えて、ジャンプがどうなろうが知ったことはないとしていますが、あえて参考して書くなら、最近流行ってる作品はある程度話が大人向けになっているということになります。
 大人も見れる作品作りになっているという点です。その点で考えているのは他の青年雑誌から人材を引き抜いたりする全体的に見ればジャンプではないですが、最近では古きジャンプ数の独特な絵柄、バトル、友情、努力、勝利というのは崩れているため、ジャンプの気風というのが変わってきているのでしょう。
 
 そのため、私としてはジャンプは嫌いですがこの作品は好きですね。なぜならジャンプにはない少女向けのやつを青年誌に移したから。内容が濃厚だし、とても綺麗な絵柄です。
 
 その点を考えて、ジャンプを復活させるなら懐古主義的な方針ではなく、古きを壊し新しきを作る、そういった方針が必要になってくる。
 そこで考えたのは他誌の作品をジャンプに持ってくる、移籍システムを考えてもいいのではないかと考えています。

 この移籍システムはマイナーかつ人気がある雑誌でジャンプ風にアレンジできるものを、事前に相談して引き抜くという方策であり、これである程度新人が潰れまくったジャンプをある程度回復することができるでしょう。
 その可能性を見せたのがこの作品であり、私はこの作品を評価したいです

投稿 : 2022/07/21
閲覧 : 51
サンキュー:

4

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

前のおはなしとちょっとちがう世界みたい。。でも新作の1話目見てもよく分からないかもだから1期と2期は見たほうがいいって思う

1話目は今までのまとめみたいな感じだった

でも
おはなしがちょっとちがうみたい?って思ったら
あにこれのあらすじ読んでなんとなく分かったけど
新作はちがう世界のアリスゲームのお話しみたい。。

にゃんはちょっと前に1期と2期見たばっかりで
1話目見てもなんとなく分かったけど
はじめて見た人は
おはなしがよく分からないんじゃないかなぁ?
前のおはなしは見たほうがいいと思う☆

それからドールの顔がかわっちゃったね。。
やさしい感じになったかな?
でも
にゃんは前のほうがほんとのアンティークドールみたいで
よかったのにって思う☆


2話目
{netabare}
今までのおはなしぜんぶ見たけど
2話目はぜんぜんちがうおはなしみたい。。

ジュンくんは本屋でバイトしてる大学生
メガネかけてなくってちょっとかっこいいかもw

少女のつくり方の本が気もちわるかったね
こんな本がどこからか毎日送ってきたら
ヘンに思うんじゃないのかな。。
今までのおはなしより暗くなってるみたい

あとバイトでいっしょの女の子
ジュンくんのこと気になってるのかな。。

中学のころのジュンくんからのメールも
気もちわるかったね
とちゅうで切れちゃったのも。。

第7ドールが薔薇水晶じゃなくって
キラキショウになってた。。
薔薇水晶ってローゼンメイデンの偽物だったのかな?

なんだか2話目もよく分からなかった(はぁ。。)
{/netabare}

3話目
{netabare}
とっても長くかかったけどやっと真紅がでてきた^^
Nのフィールドでいばらがからんでたけど
ここでキラキショウも出てくるのかな?

あと
バイトの斉藤さんにもめいわくかけちゃったみたいだけど
どんなおはなしになるのかな
気になるね☆
{/netabare}

4話目
{netabare}
なかなかアリスゲームのおはなしとかはじまらないなぁ

今週は真紅とジュンくんの日常と
斉藤さんとのおはなしがちょっとあって
それでおわちゃったけど

ちょっとづつ
キラキショウが近づいてきてるみたい。。
{/netabare}

5話目
{netabare}
とうとう水銀灯が出てきたね^^
真紅のこと追いかけてきたのかなって思ったら
あっちの世界で
メグがキラキショウにつれて行かれちゃったみたい

あと
あたらしい本がとどいてたけど
真紅はあけちゃダメって言ってたけど
気になるなぁ

それとはちがうけど
斉藤さんの劇団で
ジュンくんアドバイスたのまれたけど
そのおはなしもだんだん関係してくるのかな?
{/netabare}

6話目
{netabare}
このおはなしって
前のローゼンよりもっとドラマみたい。。
前はアリスゲームとかのバトルが多かったけど
今はジュンくんのリアルなおはなしも多いよね

ジュンくんは
あたらしい自分だけのドール作るのかな。。

真紅と水銀灯は
いっしょに協力できるの?

雛苺のこと思い出してたけど
また会えることあるのかな。。

もう6話だけど
もし12話くらいでおわりだったら
このままあんまりバトルとかないのかな
にゃんはそのほうがいいけど^^
{/netabare}

7話目
{netabare}
公演がはじまるね
バイトの本屋さんのちょっとした事件で
斉藤さんってジュンくんがもっと好きになった?

あたらしいドールももうすぐできそう
水銀灯はなにをしたいのかな

真紅は劇に出ちゃいそうだし
でももうすぐ消えちゃうんでしょ?
ここでなにかおきたらどうなるの?
もしかしてそのときって
nのフィールドがでてくるのかなぁ

来週がドキドキ^^
{/netabare}

9話目
{netabare}
nのフィールドにとじこめられてたジュンとカナが
出られるのかな?

劇がはじまったのに
キラキショウがおそってきて
nのフィールドができたのかな?
真紅はこれでもっと生きられる?

ジュンが人形作ったせいで
キラキショウが体をもったけど
nのフィールドができてよかったのかも。。

スイセイセキも来て
いっしょにたたかうのかなぁって思ったら
キラキショウの体をこわしちゃダメ。。って

えぇ。。どうしたらいいの?
{/netabare}

10話目
{netabare}
ほとんどのドールが出てきたね^^
こんどのローゼンメイデン(新)って
とってもむずかしいね。。

ローゼンメイデン1期は
中学生ジュンがかわってくおはなしで
(新)は
大学生ジュンがかわってくおはなしなのかな
バトルとかあんまりないからきっとそうだって思うな
{/netabare}

11話目
{netabare}
はじめはなんだかよく分からなかったけど
動かないはずの時計が動いたら
nのフィールドが開くのかな。。

まいた世界でジュンは真紅の体をとりもどしたけど
まかなかった世界の真紅はバラバラになっちゃって
ソウセイセキはスイギントウのものになっちゃう!?

うーん。。
おはなしがこれからどうなるのかよく分からないなぁ。。
2クール目があって
ほんとのアリスゲームがあるのかな?
それともこのまま終わっちゃたりして
{/netabare}

12話目
{netabare}
水銀灯はソウセイセキのミスティカを返してくれたし
おしばいも元にもどってよかった

ドールたちはみんないなくなって
ちょっぴりさみしくなるけど
リアルの世界でこれからいいことあるかも

キラキショウの白いつるがまた出てきたけど
まだなにかあるのかな。。
{/netabare}

13話目
{netabare}  
ドールたちが帰ったあとのまかなかったジュン
お友だちもできて
お仕事もうまく行ってるみたい

大学はちょっとむずかしいかも
でも
大学だけじゃないみたいでよかった♪

まいたジュンくん。。
せっかく学校に行きはじめたのに
またキラキショウなのかな
眠ったままなんて。。

これからはじまるみたいだけど
ローゼン新の2期ってあるのかな?
{/netabare}  

見おわって

ローゼンメイデンってゆうタイトルだったけど
まかなかった世界のジュン君のおはなしだったみたい。。

アリスゲームもこれからはじまりそうな感じで終わっちゃって
そう思って見てたらちょっとがっかりしちゃうかも。。

でも
まかなかった世界のジュンくんのおはなしだって思って見てたら
ちょっとよかったかなぁって思った

このおはなしってつづきがなかったら
あんまりおもしろくなかった。。って思いそうだから
あんまりおすすめできないかも?

投稿 : 2020/08/11
閲覧 : 1182
サンキュー:

142

ネタバレ

りゅぅぞぅ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 2.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

まきますか? or まきませんか?

 ジャンル 1期・2期同様

 ストーリー

 1期・2期同様

 物語

 上記と違い、物語の始まりの まきますか? まきませんか?の選択で

まきませんを選択したジュンのお話し


 総評

 この物語の斬新さは1期・2期の雛苺・蒼星石が速攻で・・・

ここまでにしときましょう・・・

 そして、新キャラもでてきますよ

この作品について唯一文句があるとしたら

最終話は納得いきません・・・

どうなるんだよ 続編でてよと憤りを感じています(;'∀')

投稿 : 2016/09/02
閲覧 : 245
サンキュー:

1

ネタバレ

ぢうく さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ヤンジャン版

ごたごたで連載中止からヤンジャンに移っての再アニメ化です。
一話のダイジェストで新規勢を華麗に置き去りにしたりとすこし期待はずれでしたが、声優さんが当時と変更等なく懐かしい気持ちで見れました。

投稿 : 2016/05/17
閲覧 : 205
サンキュー:

1

ネタバレ

37111 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

まかなかった世界

まかなかった場合をやることによって主人公の本質をあらわにする。

結局まかなくても巻いても人生は自分次第という。

投稿 : 2014/12/30
閲覧 : 221
サンキュー:

1

ネタバレ

★hiTa★ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

!

1期と話の内容も違いがあります。ドール達の衣装だったり、主人公の目の色だったり変わってる部分も多々。

今回は、巻いた世界巻かなかった世界の主人公ジュンがでてくるのですが
パラレルワールドになっており
巻いた世界ではジュンは中学生
巻かなかった世界では大学生という設定。

ローゼンメイデンは不思議な力をもつアンティークドール。全部で7体おりローゼンの作ったドール達

今回鍵を握るのは第7ドール雪華綺晶!

そして大学生の巻かなかったジュン。

第6ドールの雛苺が早々雪華綺晶にボディーを奪われてしまい出番がほとんどない・・・。

大学生のジュンのバイト先が本屋でそこに発注していない本が届き送り返すももどってきてしまう。店長に破棄するよういわれたのを持ち帰ったのが人形の作り方と材料がついた本。

それは巻いたジュンがおくってきた第5ドール真紅のレプリカ。

巻いたジュンからメールが届き半信半疑の巻かなかったジュンだが人形を作りはじめる。

巻かなかったジュンのそばには第2ドールの金糸雀がいて契約をかわした第5の真紅はとらわれてしまいうごけず。そのため他の世界のジュンを頼ることになった。

第7ドールに阻止され完成しないかとおもわれたドールだが残りのパーツをみつけレプリカの真紅が目を覚ます。
第1ドールの水銀燈も巻かなかったジュンのとこにたどりつき、真紅とは犬猿の仲だが期間限定の3人?の生活がはじまり、新たな人形制作の本が届くようになって、巻いたジュンになりすました第7ドールの指示、そしてジュンの意思によりドールを作っていたが
まさかのそのボディーが第4ドールの蒼星石のものと知る。
その身体を第7ドールが奪うも、蒼星石の双子の姉第3ドールの翠星石のさくにより巻かなかったジュンが事故みたいな形だが指輪にキスしてしまい第4ドールと契約が交わされマスターとなる。

脱出のためには双子ドールの力が必要だが、アリスゲームによりローザミスティカを第1の水銀燈に奪われていたが双子の姉第3ドールが妹のために自分のローザミスティカを与えうごかなくなる。
妹の交渉により一時的ということで返却されたが最終回でも第1から奪われずに終わった。

・ローザミスティカとはローゼンメイデンの命の源魂のようなもの。
・アリスゲームとはドールたちが戦いローザミスティカを奪い合うことで最終的にすべて集めると究極のアリスというドールになれるらしい。
それがドールをつくったローゼンの願いだという。

解決したかにおもわれたが巻いたジュンに異変がおこって巻かなかったジュンにTV電話で助けをもとめてきたドール達だったが

そこで今回の話はおわり。
続編あるのかきになります!

今回はローゼンメイデンみんなでてて嬉しかったです^^w

巻かなかった世界のジュンの他にバイト仲間の女の子が出てきたり
そのこの所属する劇団の裏方や衣装のお手伝いをしたり器用さも発揮しており違ったアニメとして楽しめました^^

投稿 : 2014/09/20
閲覧 : 212
サンキュー:

1

ネタバレ

STONE さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

「巻かなかった世界」の物語

 原作は未読。
 一応、1期2期の続編のような形を取っており、1話目でこれまでの総集編のようなものが放映
されたが、多少内容が異なっていたりして、少々戸惑ったり。
 1期2期はアニメオリジナルの部分があったり、原作自体連載が終了となった後に、他紙で
再開したりと色々な変遷があったりしたためみたい。まあ大意は判るからいいけど。

 本作は「巻かなかった世界」の桜田 ジュンの物語といった内容で、1期2期に対するパラレル
ワールドものと言ってよさそう。
 ただ「巻いた世界」もリンクしてくるため、並行世界を行き来するようなSF的テイストも
加味されており、これまでのファンタジー一辺倒といった雰囲気とはちょっと異なる感じ。

 「巻かなかった世界」のジュンは冴えない日々を送る大学生。結局は中学の不登校から
そのまま後ろ向きだったみたい。
 「巻いた世界」のジュンの中学生以降は判らないが、中学時に少しずつ前向きになっていく
描写があったりで、その後の人生は「巻かなかった世界」のジュンとはかなり違ったものに
なりそう。そう考えると真紅を始めとするドール達との出会いは相当大きかったのだろうなと
思う。

 「巻かなかった世界」のジュンは大学入学による環境の変化に期待をしていたようだが、
結局は変わらず。本人の気持ちが変わらないと、環境だけ変わっても同じようになってしまうと
いうのはよくあることかな。
 過去を悔いるような描写が何度か見受けられたが、こちらの世界でも真紅と出会うことで前へ
進むための何かを掴んでいくジュン。
 まあ、物心ついてから人生は日々選択の連続みたいなもので、一度選択を間違えたとしても、
その後の選択で軌道修正できるはず。全て理想通りにいけるわけではないけど。
 そういう意味では、作品中の「巻くか、巻かないか」の選択は人生の選択のメタファーの
ようにも思えた。

 一応。
 個人的には、不登校=後ろ向きとは考えておらず、他作品の言葉ですが、
「生きるための逃げは有り」だと思っています。
 ただ、どうせ逃げるなら、その逃げを後に有効に活かしてほしいかなと。


 一方のドール達だが、本作はジュンに焦点が当てられたためか、ドール同士のバトルや日常の
コメディ要素は大きく減退。ドール達の活き活きとした描写を楽しみにしていた人は結構
がっかりだったのではないかと。
 本作のジュンはアパートで一人暮らしと慎ましい生活環境。それゆえに真紅との暮らしも妙に
生活感があったのが面白かった。これはバトルにも波及しており真紅と水銀燈のバトルも
1期2期に較べると、シャワーの水掛け合戦だったりチマチマしていたのがおかしい。
 真紅のジュンへの態度は、ジュンが大きくなっても相変わらずといった感じで、よくよく
考えるとこの真紅に加え、水銀燈、翠星石とやけにツンデレ率の高いドール達である。ドール
らしい気品を崩したくないゆえのものか。

 制作会社が変わったためか、絵のタッチはかなり異なる。
 可愛らしさは1期2期の頃の方があったように思えるが、人形感ということに関しては本作の
やや無機質な印象のタッチの方が出ていたような。
 人形感ということに関しては、ジュンがドールを作る描写が多かったのも大きかったかな。

 展開自体はそれなりに楽しめたが、ちゃんと描くべきところをはしょったり、逆にサクサク
いっても良さそうなところでダラダラ余計な描写をしたりといった感もあり、ちょっと時間の
掛け方が下手な印象があった。

投稿 : 2014/09/18
閲覧 : 247
サンキュー:

6

ネタバレ

adamu1 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

どうなる?続編の展開…。

巻かなかった世界の自分(しかも、大学生)なんで?!
そっちでも、ぱっとしない自分に干渉して、結果いい方向に変えちゃう?
ナンダカナ~(;´・ω・) 
時空に関する、いわゆる定義?というモノを無視してる(汗

スーツのうさぎ、アリスゲーム、雛苺、第七ドール、ローゼンの思惑…。
どれをとっても、ここまで来たらハッピーエンドでよろしくお願いしたい。

投稿 : 2014/08/31
閲覧 : 171
サンキュー:

1

ネタバレ

@ねみゅ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

前作で終わってよかったのでは

鋼の錬金術師同様に、前作のオリジナルではなく
原作に準拠した内容なわけですが…。
最初見た感想としては、絵が柔らかく萌えに近い画風になり
ドールというよりか萌えキャラという雰囲気が強くなった感じで
正直言って改悪点の1つだなと思いました。
OPも同様にちょっと軽いかなぁと。
次点、戦闘シーンの劣化。グラフィックが甘すぎる
スタッフと製作会社の変更は知っていたものの悪い面しか見えない。
むりやりワンクールでまとめようとしたのか
かなり内容を省略してる印象があり、中学生と大学生の二人の
主人公の話というわりには大方大学生サイドが中心。
最後も最後で続編をチラつかせながら終わる一番嫌いなパターンで
もう散々ですね。

全体的にコミカルチックが増えてこれはこれでありかなと思いつつも
アリスゲームどころかドール同士の戦いはほとんど無く
一体全体なにがしたかったのかと思う内容。
こんな内容を流すくらいなら前作で終わらせとけばよかったのに。

ただ唯一面白いなとかんじたのは
メグと水銀燈の対話のなかでメグがいう
「お見舞いという儀式~」
っていう件は中々秀逸だったなと思いました。
まぁそれだけでワンクール分の価値があるとはいいませんけどね。

投稿 : 2014/08/13
閲覧 : 187
サンキュー:

2

ネタバレ

蓬(Yomogi) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

テンポが遅すぎたのが人気のでなかった一番の理由だと考える。
ローゼンのファンはドールが見たいのであって、ぼっちの大学生を見たいのではない。

視聴者のみたいものを見せないのは監督の個性なのかもしれない。(そういう意味で京アニの方針とは真逆)
畠山監督は前作も画面は美しいが雰囲気が暗い作品を作ってたし、そういうのが得意なのかも。

個人的には次回作にも期待。しかし私が応援する演出家はあまり出世しないので申し訳ないです。

投稿 : 2014/04/10
閲覧 : 190
サンキュー:

1

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ドールたちの可愛さだけが印象に残る

【視聴メモ】
そうね、予備知識なしで見るには少し不親切な作りだったかもしれないわね。
でもおバカさんじゃない限り話が分からないということはないわ。
僕は最終回は不満だったよ。
まったく、あんな中途半端な終わり方はないですぅ。
うにゅ~、消化不良なの~。
それでも私たちの異常な可愛さを堪能出来たからそこそこ満足・・・かしら?

【各話評価:平均5.38点】
1→13
☆☆◎◎☆☆◎◎☆☆☆☆△

投稿 : 2014/03/16
閲覧 : 172
ネタバレ

arias さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 3.0 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

自分用メモです

BSTBS(4話/話)
ファンタジー/ホラー、サスペンス/ローゼンメイデンシリーズ/原作漫画


4話まで見たけどローゼンメイデン一期目見てから続きを見ることにする。
1話の時点で薄々感じてたけどこれまでのお話知らなきゃわかりませんな

今作品の1話はローゼンメイデンシリーズこれまでの全24話を要約し作画を一から描き直していたダイジェストだったけど、はっきり言って未視聴の者にはまったく理解できなかった。ローゼンシリーズ未視聴の人はこれで視聴辞めちゃった人も少なくなかったんじゃないかな。ただ前作は約10年前の作品だったし普通に観ていて内容忘れていた人にとっては助かったと思う。

ということで出直して来ます

投稿 : 2014/01/07
閲覧 : 178
サンキュー:

1

ネタバレ

latte さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

パラレルワールドのお話

まいた世界とまかなかった世界のジュンのお話。

パラレルワールドなお話だったので時間軸とかややこしかったです。私の理解力が低いからかもですが(笑)

1話は詰め込みすぎでちょっと疲れました・・・
1期・2期を見てから見たほうがわかりやすいです。


全体的にはまかなかった世界の大学生のジュンが自分の居場所を見つけていくお話。
周りの人が羨ましかったり、周りとなじめなかったり、共感できる部分があって面白かったです。
自分の良いところってきっと自分には見えないんだなって思います。

自分も出来ることを頑張ろうって前向きになれるお話でした!

投稿 : 2013/11/16
閲覧 : 279
サンキュー:

10

ネタバレ

ローズ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

5月1日はメーデー……すいません><

     まきますか   まきませんか


桜田ジュンが中学生の時に送られてきた封筒の中に入っていた選択肢の書かれていた選択肢。
前作までのジュンは”まきますか”を選んだジュンだったが、今回の主人公のジュンは”まきませんか”を選んだ方のジュンだった。
本来なら交わる事の無かったローゼンメイデンの世界であったが、
雪華綺晶(きらきしょう)によって他のドールが動けない状態になってしまったために、
真紅は まかなかった世界のジュンの元へレプリカを送り仮の姿で元の世界を正常に戻そうと動き出すのであった。


今回のポイントは時間と考え方だと思います。

まかなかった世界のジュンは すでに大学生まで成長していますが、中学生の時のトラウマを引きずっていて周囲の人物と馴染めていませんでした。
まいた世界のジュンが真紅達と出会う前と同じ思考回路です。

まいた世界のジュンは中学生、まかなかった世界のジュンは大学生。
年齢差がありますが、大学生のジュンは人に接する考え方がハッキリ言って卑屈です。
同じ大学の学生やバイト先の店長を見下し、自分だけの世界に引き籠っています。
しかし、まかなかった世界のジュンは真紅と出会う事によって変化します。
仮の真紅を完成させて真紅の言う事に従っていく生活が続いていくと、
だんだん周りの人間、特にバイト仲間の斉藤さんを相手に会話をするようになり斉藤の所属する演劇集団に誘われる事になります。

今までの自分だけの世界から社会へと踏み出すキッカケを真紅が作ったのだと思います。
年齢に関係なく、自分が変わろうと思った時から自分を変える事ができるというメッセージなのではないでしょうか。
まあ悪い方へと変わる人もいると思いますが^^;

前作までいがみ合っていた真紅と水銀燈が本作品では雪華綺晶と対抗するために共闘する事となります。
大学生のジュンの部屋での初対面からある程度いい感じの距離を保つまでは毎度の感じでしたが^^;
真紅は自分のやり方でアリスゲームに決着をつけるため、水銀燈はマスターを取り戻すためと目的は違いますが雪華綺晶と戦うにはお互いの力が必要なのでしょう。

一応、ローゼンメイデン(人形)の出番は全員あるのですが、メインは真紅と水銀燈です。
雪華綺晶との戦いに翠星石や蒼星石が加わりますが、出番が少ないです。
金糸雀は まいた世界のジュンのために情報を集める活動をしていますが、雛苺の出番が……><
全てのドールを愛でる事はできないです。
色々なドールの活躍が観たい人は復習を兼て前作までの『ローゼンメイデン』シリーズをチェックして下さい^^


自分はジュンが周りの人から必要とされ、その期待に応える為に努力していくロールプレイングゲームのような見方をしていました。
ドールが戦うアリスゲームを主眼にするかジュンの成長を観る事を主眼にするかは人それぞれ違うと思います。
ドールの行動を楽しく観たかったのですが、今回はお預けかな?^^;
どのような内容の作品なのかは視聴者側の受け止め方次第。
「百聞は一見にしかず」という言葉もあるので、視聴後に自分で決めて下さい^^


あなたは…… 

     まきますか   まきませんか

投稿 : 2013/11/12
閲覧 : 293
サンキュー:

25

ネタバレ

通れ天使 さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

最終話まで観ました

 最初は作画が前作までと違うので多少の違和感があったのですが、観ているうちに慣れてきました。
むしろこの作画のほうがホラーというかミステリーというか、いい意味での“怖さ”が引き立つような気がします。

 内容的にも暗く感じたのは雛苺がいなかったことも一因としてあるのでしょう。
雛苺がいないと“うにゅー”も“はなまるハンバーグ”も出てこないので寂しいですが、これはこれと割り切ってダークな雰囲気を楽しめました。

 展開が遅かったからか内容は少なく感じましたが、またローゼンメイデンの世界感に浸れただけでも満足です。
 続きが気になるので、是非また次回作を作ってほしいですね。

 アリプロのOPは相変わらずステキです。
 EDは静かで暗い雰囲気がステキです。
 作中のBGMはちょっと物足りなかったかな。

投稿 : 2013/10/14
閲覧 : 152
サンキュー:

4

ネタバレ

ValkyOarai さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

RPGツクールで知った人形のヒロイン じゃあ静かな戦を始めよう

真紅
彼女はニコ動のRPGツクールの動画で知りました
中の人は神原やペリーヌをやってる

どんな話なのだろう
主人公のジュンはまたしても魔王サタンでしたwww
尚、中学時代ではヴィータでした

1話
まきますか
を○で囲ってから全てが始まる
とりあえず前シーズンの総集編でした
これだけで理解するのは難しい
時間があれば前シーズンを見ます

水銀橙(ネプテューヌ)もこっちの世界へと来た
前シーズンの世界から来たのか?
鏡からnのフィールドへ行ける模様

6話
水銀橙もマスターに会えなくて寂しいんだな、分かるよ、一人ぼっちの気持ちがな
喧嘩が可愛らしいのは気のせいか?前の時間軸でないから(前のシーズンでは激しかったのかも...見てないから分からない)
「作っちゃえよ、お前だけの新しい人形を」

8話
新たな人形ももうすぐ出来上がる
nのフィールドができないと真紅が消えてしまうのか?
劇に真紅を使うのか、時間がねえんだ、やるしかねえ

9話
席の隣にネプちゃんがwww
おい、人形をそんな雑にあつかっちゃあwwww
時間が止まった、ザ・ワールドだ
現れた、雪華綺晶が
彼女の体はオリジナルだ。だから強い設定が施してある
貴女は他のドールにある無垢、愛しさ、気高さ、凛々しさ、激しさ、切なさ
それらみーんな欲しがっていた

あの体は蒼星石のもんだ
翠星石が手を出せないのはそのためだ

10話 人形でもハーレム(地獄)は構成される
中学時代のジュンとの再会
そして別世界へ
脱出まではもう少し先だ
大学生のジュンは誰を選ぶ?

11話 脱出と断末魔と犠牲
でも時計の針を動かしてnのフィールドを造らねばならない
また中学時代のジュンも元の時間軸に戻さねば...

崖の下に真紅の体パーツが!あれさえあれば...
また翠星石が目を覚ました
さあ、元の世界の形を戻そうか...

お前は必要ない!
じゃあな、また会おうぜ
造った人形よ...

だが、大学時代のジュンが造った真紅が...

12話
まいたか、まかなかったかで人(人形)の生死が分かれる世界なんておかしすぎる...
だが、そんな中中学時代のジュンが体を持ってやって来た!
そして息を吹き返した...

これでも戦は終わっていないことを忘れてはならない
でも、「まかなかった」世界には...

13話
こうして平和が訪れた
でもゲームは終わっていない
今度は中学時代のジュンが意識不明に
まかなかったジュンはそっちに行くことに...一回助けたんだ。今度はこっちの番だ
次確定だね

投稿 : 2013/10/09
閲覧 : 332
サンキュー:

20

ネタバレ

シュウ@ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

まあまあだった

悪くはなかった…けどコメント付のニコ動だから見てられた感はある。翠星石可愛いうはあ

投稿 : 2013/10/08
閲覧 : 175
サンキュー:

1

ネタバレ

いのりん♪ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

紅茶の入れ方、気をつけます☆

かわいかった〜☆
実は、以前の作品は未視聴。

時の総理、麻生さんが秋葉原で「ローゼンメイデンがすき」と発言し、
当時「総理もマンガ読むんだ!」「ローゼンすきなんだ!」とかって話題になっていたのが
アタマに残っていて、(←残ってはいたケド、観てなくて;)
気になっていた作品。

わたし自信は、アンティークドールとかかわいらしいものを
好んで遊んだ過去がないため;
(先入観なくアニメを視聴しよう!)いう宣言をしたにも関わらず;
そもそも、見続けられるかな〜?なんてちょっぴり自信がなかったんだけど、
「え?なになに?どーいう状況?」
「まくとか、まかれるとかってなに???」とか
世界観を理解するのに一生懸命になってるうちに、
ドールのかわいさに心酔してしまいました。

ベルベットの素材感とか、
生きるドールだから目の表情とかスゴすぎ!
沢城さんの真紅ピッタリ☆

OPEDも「これぞローゼンメイデン!」ってくらい
ピッタリの曲でよかった〜

なんかまた一波乱起きて終わってたケド、
あれは次期放送しますよ、と受け取って良いのだろうか。。

投稿 : 2013/10/07
閲覧 : 154
サンキュー:

4

ネタバレ

もぐりん。 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

わすれないで   真紅

コミック原作 未読  監督:畠山守さん  キャラデザ:坂井久太さん
製作:スタジオディーン  全13話

ローゼンメイデンが現れる前に1通の手紙がマスター候補に届きます、
内容は 【まきますか】【まきませんか】の2種の選択をさせます。

1期、2期は巻いた後の世界を描きますが、今回の新アニメ版では
巻かなかった後の世界に存在するもう1人の主人公 桜田ジュンの
お話になります。

ボクは原作は未読ですが、本屋さんとかネットで原作をちょっと見た
記憶があって、キャラデザは前期も良かったのですが、今期の方が原作に
近いデザイン、色彩も淡い色調で設定や世界観に合っていて好印象です。

1話は完全に前期のダイジェスト、今までのおさらい編です、1クール
12話を1話に凝縮しているので実際には説明不足感は否めまえんね(;^_^A
巻いた世界がどう言う世界かを大まかに説明しています、この世界観を
理解するには1期からの視聴をおススメします(´▽`)

ストーリーは全体的に少々暗いイメージ、巻かなかったためにドール達が初めから
存在しない世界でバイトをしながら1人で生活する大学生になったジュン、
バイト先や大学での自分の居場所に違和感を覚えて日々の暮らしに疲れ、
疑問を持ちながら毎日を暮します。前期のドールが愛らしくドタバタする
楽しそうな日常シーンは全くありません(´・ω・`)

ジュンはあるキッカケから2体ドールを作ります、意識を操作されて作った
2体目は実は実体の無い思念体とも言える存在のローゼンメイデン第7ドール
雪華綺晶のボディで、そこからドール達の戦いが始まります。

始めこそはやたら丁寧に進行したのでイライラしましたがドール達が揃った
辺りからはスピーディに進展していきます、

巻かない世界の真紅は、巻かない世界のジュンが作った仮のボディ、動けなくなった
真紅が眠るように倒れてバラバラになるシーンはたとえ仮のボディだとしてもショック
でした・・その後の展開はジュンに感情移入できて感動できました(´▽`)良かったですw

前期では動かなくなってしまったドールに蒼星石と雛苺がいましたが、今期では蒼星石が
復活!よかった(>д<)ゝ しかし雛苺はいません、巻いた世界のジュンの回想シーンで
寂しがりやの雛苺の笑顔に涙がでました・・・

ストーリーは途中で終了した感じで中途半端感がハンパ無いです!!
早急に続編(4期)を希望します( *`ω´) !  必ず観ますw


OP:「私の薔薇を喰みなさい」
作詞 - 宝野アリカ / 作曲・編曲 - 片倉三起也 / 歌 - ALI PROJECT
ED:「Alternative」
作詞・歌 - Annabel / 作曲・編曲 - myu

OP、EDともこの作品のイメージに合っていて独特な良い曲だと思います。

投稿 : 2013/10/06
閲覧 : 190
サンキュー:

20

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

これだけでも楽しめる、かもしれないです。

 私は旧作のローゼンメイデン1、2期を見てからこちらを見たので推測なのですが、旧作を見なければドール達の設定がわかり難く、感情移入できないのではないかと思いました。
 けれども、説明がないというわけではないですし、新作と旧作の物語には関連性がなく、旧作を見ていたとしても、1話目を見る必要があると思います。だから、新作だけ、もしくは新作が面白かったのでその後に旧作という形でも問題ないと思います。

投稿 : 2013/10/03
閲覧 : 158
ネタバレ

おにいた さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

よし、まこうかな

まきますか、まきませんか。
自分の人生も選択肢がいっぱいあってどんな人生にもなるのかなと考えさせられた。
ようは選択しだいってことか
そして最後のは二期フラグか?

投稿 : 2013/10/02
閲覧 : 193
サンキュー:

6

ネタバレ

るるちゃみ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ドールを見て楽しむアニメ

内容は…よくわかりませんせした。
前作みてないからしょうがないかもだけど、真紅たちがただただ可愛いーっていう感じでみればいいのかな?
巻いたじゅんと巻かなかったじゅん似てなさすぎw

投稿 : 2013/09/30
閲覧 : 186
サンキュー:

0

ネタバレ

ノッポさん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 2.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

劣化

絵は以前よりも良くなってる。10話目くらいになってやっと話が進み始めた。第7ドールの体を作るまでが長すぎた。テンポが悪すぎる

投稿 : 2013/09/29
閲覧 : 152
サンキュー:

5

ネタバレ

teji さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

まだ 続くですね

アリスゲームはどーなったんだろうかぁ

投稿 : 2013/09/29
閲覧 : 151
サンキュー:

0

ネタバレ

サザーランド さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

3期ではなく、新生1期としてご覧ください。

1話は前作見てないと意味わからん感じです。
てかダイジェストすぎでワロター

前作も前作で良かったのですが、
3期という概念ではなく完全リブート作品です。
前作とは全く異なる作品だと思い、
割り切って見ることでより楽しめると思う今作です。

ストーリー展開としては
9話くらいまで雪華綺晶と真紅と水銀燈だけで進んじゃう的な
はっきり言って後の姉妹はオマケです笑
というかローゼンメイデンの人形たち自体がオマケです。
ストーリー的に後半(9話以降)からが面白くなります。
それまでは大人ジュン君の心理的描写がほとんどで大人ジュン君の話です。

時間的移動や世界線?の移動が多々あり、
イマイチ状況を把握するのが難しいですが、
ただ見てれば問題ないと思います。


あと、前作では不遇だった
かしら~さんが今作では大活躍なのです。
かしらさん好きにはオススメですね。(特に10話)

そして、銀様はまるくなりました。
昔はもっと狂っていて
ジャンクと言われただけで狂乱してましたね。
いまではシリアスギャグ担当みたいな形で昔のとげとげしさは
なくなりました。
逆にめぐ(水銀燈のミーディアム)のイカれぐあいが半端ないw
銀さまも引くほどにイカれてやがるです笑

最終話(13話)も良いいーー
是非、2期が見たいものです
というか2期やってください。

投稿 : 2013/09/29
閲覧 : 234
サンキュー:

8

ネタバレ

ezo さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

続編はあるのか?

過去作のローゼンメイデンを一切観てない状態での視聴でしたが、それなりに楽しめました。

1話は今までのおさらい?みたいな感じで過去作を観てない人は完全に置いて行かれたと思います。現に僕は置いて行かれました(笑)

全体的な内容は大学生になったが灰色の人生を送っていたジュンが真紅と出会い、徐々に明るい方向へと進んでいこうとする・・・こんなところでしょうか。

面白かったですが特別に盛り上がった部分もなくちょっと地味だったかな・・・

でも独特な世界観で話に引き込まれ、最終回Aパートでのジュンの成長ぶりもよく伝わったし良かった・・・そこで終わっておけば綺麗にまとまって良かったと思う。

だが最終回Bパートからの超展開のせいで打ち切りみたいな終わり方になってしまった・・・

ただ逆を言えば明らかに続編がでる終わり方でもあったのでそこに期待しても良いのかな?

これでシリーズ終了だったら中々酷い終わり方に思えるが・・・

しかし第1話で新規視聴者が離れてしまったのか、ほかの作品と比べ話題性がなく売上もイマイチ・・・続編は厳しいかも・・・

全体を通せば良かったと思うけど、始まりと終わりが少し残念に思えた作品でした。

投稿 : 2013/09/28
閲覧 : 159
サンキュー:

1

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

巻かなかった僕のお話

ローゼンメイデン新作!!

今まで巻いた世界のジュンの物語が展開していたけど、巻いてない世界のジュンも確かにあって、その巻かなかった世界のジュンが今回の主役。

真紅たちと出会わなかった彼は、大学生になっても心の深い闇と戦っていた。でも巻いた世界と関わることになって、こちらのジュンも真紅達と出会うことになる。

というわけで、また真紅に会えますよみなさん!
え、翠星石派だって?・・・それもわかるけど!!w

個人的に沢城みゆきさんの声好きなんですよね。美しい声してるじゃん!・・・まあどうでもいいことなんですがw

今回は水銀燈も仲間に加わったりして、でも真紅とは相変わらず仲が悪かったので良くケンカしてたw こういうのも面白いねー。

ローゼンたちと関わる事で、巻かなかった世界のジュンも最後は人として立ち直るんです。やっぱり彼女たちのおかげなんだろうか。

でも最後は途中で終わっちゃって勿体なかった。
まあ二期があるって期待すれば良いだけのことか。

投稿 : 2013/09/28
閲覧 : 202
ネタバレ

(ΦωΦ)華菜* さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

付箋あり過ぎて…ww

。+❤ฺ・。❤ฺ・。+❤ฺ・。❤ฺ・。+❤ฺ・。❤ฺ

❏❏作品情報❏❏

2013年7月から9月まで放送された3期。

[1期]2004年10月-12月(全12話)
[2期]2005年10月-1月(全12話)
[特別]2006年12月(全2話)
[3期]2013年7月-9月(全13話)

"巻いた世界"と"巻かなかった世界"。
2期からの続きで大人になったジュンが現れる。

。+❤ฺ・。❤ฺ・。+❤ฺ・。❤ฺ・。+❤ฺ・。❤ฺ

✤✤個人的感想✤✤
{netabare}
原作を読んでいない為、1話・2話がわからず、
回を重ねる度にようやく理解した感じでした!!

"巻いた世界"と"巻かなかった世界"が
同時に動き出す展開とは知らずに驚きました!!!!

そして
中学生の時よりも卑屈になってしまったジュン。
真紅が現れた事でかなり成長したと思います!!!!

最終回は4期へ続きそうな終わり方だったンですが、
これもまた円盤の売れ行き具合かなぁという感じ…。

最近のアニメは次に進めたいからか、
付箋っぽい感じで終わる作品が多いですね(;´∀`)

円盤は買わないタイプなので非常に困ります(´・ω・`)

そして雛苺がほぼ出てこない感じで、
水銀燈がかなり丸くなったような感じでしたww

真紅との喧嘩も子供っぽくて、
とても癒やされてしまいましたww

蒼星石も無事に戻り、
姉妹も雛苺以外は元に戻った感じですね!!!!

雛苺の展開も気になるので、
是非早めに4期やるならやってほしいです(´・ω・`)
{/netabare}

。+❤ฺ・。❤ฺ・。+❤ฺ・。❤ฺ・。+❤ฺ・。❤ฺ

投稿 : 2013/09/28
閲覧 : 205
サンキュー:

10

ネタバレ

Daiki@キツネ子 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

おぉ~なんかワクワクしてきた!

このアニメの1話目は前作の『ローゼンメイデン』1・2期の話で2話目が本題かな?

この『ローゼンメイデン』のおはなしは中学生のときのジュンがダイレクトメール?で「まきますか」か「まきませんか」を選ぶときに1話の世界では「まきますか」を選んだが別の世界(2話の世界)のジュンは「まきませんか」を選んだ。

文章では説明しずらい

内容はすごくワクワクする内容ですので観ていない人は途中からでもいいので視聴してみてください。

それと前作の『ローゼンメイデン』もぜひ視聴してください!

投稿 : 2013/09/27
閲覧 : 200
サンキュー:

12

ネタバレ

花丸ぽっきー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

「まきません」を選択したパラレルワールド(Ver.2)

ローゼンメイデンの物語は、主人公でひきこもり中学生の桜田ジュンがダイレクトメールで受け取った「まきますか まきませんか」の問いに、「まきます」(ローゼンメイデンのドールのねじをまくという意味)と答えることで物語がスタートしました。

今回の作品は、「まきません」を選択したパラレルワールドに暮らすもう1人の大学生になった桜田ジュンを中心に物語が展開します。

何体かのアンティーク風ドールなど個性的なキャラたちや、独特の世界観をそのままに、久々にローゼンメイデンを楽しめました。

ラストは次回作に含みを残した雰囲気。

投稿 : 2013/09/27
閲覧 : 221
サンキュー:

5

次の30件を表示

ローゼンメイデン (スタジオディーン版)のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ローゼンメイデン (スタジオディーン版)のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ローゼンメイデン (スタジオディーン版)のストーリー・あらすじ

ひきこもりの中学生・桜田ジュンの元に届いた一通のダイレクトメール。

まきますか まきませんか

その選択により世界は枝分かれした。
「まきます」を選んだジュンは真紅と出会い、
「まきません」を選んだジュンは真紅と出会わないまま、やがて大学生になっていた。
決して交わるはずのない世界。
だが、ふたつの世界は繋がってしまった…!!
ひきこもりを克服して外に出たものの、自分の居場所を見つけられない「まか
なかった」ジュン。
「ローゼンメイデン」が存在するはずのない世界にやって来た真紅。
その出会いがもたらすものは…!?(TVアニメ動画『ローゼンメイデン (スタジオディーン版)』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2013年夏アニメ
制作会社
スタジオディーン
主題歌
≪OP≫ALI PROJECT『私の薔薇を喰みなさい』≪ED≫Annabel『Alternative』

声優・キャラクター

逢坂良太、沢城みゆき、千葉千恵巳、田中理恵、桑谷夏子、森永理科、志村由美、野川さくら、真田アサミ、倉田雅世

スタッフ

原作:PEACH-PIT(集英社・週刊ヤングジャンプ連載)、 監督:畠山守、シリーズ構成・脚本:望月智充、キャラクターデザイン・総作画監督:坂井久太、音響監督:望月智充、音楽:光宗信吉、音楽制作:ランティス

このアニメの類似作品

この頃(2013年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ