「<物語シリーズ>セカンドシーズン(TVアニメ動画)」

総合得点
91.5
感想・評価
3134
棚に入れた
18107
ランキング
13
★★★★★ 4.2 (3134)
物語
4.2
作画
4.2
声優
4.3
音楽
4.0
キャラ
4.3
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

もも

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

セカンドシーズン

『猫物語(黒)』『傾物語』『囮物語』『鬼物語』『恋物語』

投稿 : 2019/07/17
閲覧 : 12
サンキュー:

0

ootaki

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

味のある会話劇が面白い

物語シリーズの解決編のようなシリーズでしたし、あの中年詐欺師が何故人気があるのかがわかりました。
奥が深く、でもあっという間に終わってしまった感覚で、2クールな気がしなかったです。
まだ物語シリーズはあるので、そちらも楽しみたいと思いました。

投稿 : 2019/07/16
閲覧 : 135
サンキュー:

9

ネタバレ

kawadev

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

話の続き(それとも始まり?)が気になる

物語シリーズを見てきたので、期待して見た作品。

千石撫子の豹変ぶりはちょっとビックリ。

全ての発端である、春休みの出来事が何か?気になった。

投稿 : 2019/06/14
閲覧 : 18
サンキュー:

3

ネタバレ

おんみょん

★★★★★ 4.8
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

格が違いすぎる

今猫物語(白)を見終えて。もうこれだけで★5つけたいくらいの高完成度。キャラクターの役割というか、伏線というか、話のテンポというか、張り巡らされてあって全てが繋がって「ああそうか」と思わせてくれました。次回も期待です。

全話見ての感想。
猫物語(白)について。
{netabare}主人公がラストにしか出ないというキャラ采配。つばさメインのお話だが、ここまで出ないのは不思議と魅入らされた。というのも、今回はつばさの内面的な問題であったため、暦を使う場面が少なかったのだろう。
 今まで誰にも頼ることのできないつばさが、18年間無視し続けてきた問題をひたぎさんの会話を手掛かりに、最終的には障り猫(結局自分だが)に生れてはじめて「頼る」という形で終わった。
 そこまでの経緯で出てくるキャラクターの役割や伏線に一切の無駄がなく、全5話で綺麗に収まっていることに感動した。しかも今回は基本的には個人で問題解決に努めようとする性格のキャラがメインだったため、高難易度の怪異相手によくやったものだと関心した。
 また、ここまで乱れるひたぎさんを見られるのも猫物語(白)だけだろう。
 話のオチがある程度重い話なのにあっさりしていて心地よかった。{/netabare}
傾物語について。
{netabare}とうとう出たかタイムリープ。暦の宿題が終わらないというひょんな理由でタイムリープした暦と忍。しかし誤って11年前にきてしまった。そこで、もしまよいちゃんが助かっていればと思い暦はまよいちゃんを助けたが、世界線が歪んでしまい11年後の世界は崩壊していた。
 まよいちゃんが助かる世界が滅んでるルートにしてたまるかよ的なセリフが暦らしくてかっこよかった。今作は全体的に暦の出番が少ないため、数少ない見どころの一つであったと言えるだろう。
 とは言ったものの、今回の見どころは何といっても成長した八九寺まよいちゃんだ。世界観がバイオハザードぽかっただけに、ジル姉さんみたいなかっこよさをかもちだしていた。
 タイムリープなりの面白さが物語シリーズで楽しめたことに震えた。{/netabare}
問題の囮物語。
{netabare}圧倒的な鬱回。千石撫子という人間そのものをみる回でもあったため、化物語でもの足りないと思った撫子の人間性が確認できて面白かった。周囲の人間関係や自分というアイデンティティがつかめず神となった撫子。卒業式が終わったら殺すと宣告されたときは物語シリーズも終わったなと思った。花澤香菜の声が可愛すぎる。{/netabare}
鬼物語について。
{netabare}しのぶタイムという割にはまよいちゃんメインのお話。ここで好きなキャラのよつぎちゃんがけっこう出ていて個人的には好きな回。重い話の連続である程度癒せた回だと思う。重い回であることには変わりはないが。まよいちゃんがどっかで消えるのかなあとは思っていたがこう強制的に消されるのはなんか悲しかった。エンジェルビーツ的な消え方をすると楽観してたばっかりにちょっとショック。{/netabare}
神回の恋物語。
{netabare}貝木泥舟がメインのお話。このキャラは偽物でけっこうすきなキャラだったため今回は神回だった。話の頭からオチまですべてまさに物語シリーズの真骨頂を見せられたかのような気分だった。シャフトの演出も加わり、短編でここまで濃いものが作れるのかと感服した。
 最後になにも知らない暦が突っ込んできたシーンには思わず腹が立った。たぶん見ていた誰しもが思ったことだろう。おまえができることは何もないんだよ引っ込んでろksがくあせふじこ。
 撫子ちゃんの狂気じみて怖すぎた。でも漫画書く趣味があったのは可愛すぎる。やっぱり萌えキャラだなあ。{/netabare}

全体的に過去2作を凌駕する出来だったのではないでしょうか。特に猫物語白と恋物語では言うことはありません。これ以上にわくわくした謎解き系アニメはないでしょう。のちに花物語も見てみようと思います。

撫物語買おうかな・・・

投稿 : 2019/05/16
閲覧 : 140
サンキュー:

11

ハウトゥーバトル

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

セカンドシーズン???

視聴理由 特になし

序盤 事前情報によると「猫<白>」「傾」「花」「囮」「鬼」「恋」の6つの話があるらしい

中盤 戦場ヶ原さんの出番が少ない。阿良々木君と戦場ヶ原さんのコンビが面白かったのになぁ

終盤 初めて詐欺師をかっこいいって思った
泥舟がまともなことを言ってるのか...

最初に言ったけどこの作品は6つの話から成り立つ
順番はそのままじゃないので、公式ホームページを参照してからみるように
貝木泥舟が主役の話もあるので諸君も期待してみるように
割とまじめなこと言ってるので、びっくりしちゃった
セカンドシーズン言ってるけど、実際時間軸はごっちゃだから。
セカンドシーズン???

投稿 : 2019/04/10
閲覧 : 55
サンキュー:

5

ネタバレ

shino73

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

これも嘘かもしれないぜ

「恋物語」
貝木泥舟が素晴らしいですね。
いい味出しているな、渋い。
都市伝説、街談巷説、誹謗中傷、
すべてが彼の得意分野だ。
{netabare}騙されやすい子供たちを狙う悪党。{/netabare}
言葉巧みに人や怪異を操る稀代の詐欺師である。

人は真実を知りたがる。
あるいは自分の知っているものを真実だと思いたがる。
つまり真実が何かなどは二の次なのだ。
どうしてそうなるのか知りたいのか!?
教えてやる、金を払え。

ひたぎエンド傑作ですね。
物語シリーズでも屈指のエピソードだ。
戦場ヶ原ひたぎからの詐欺依頼。
舞台は雪景色の北白蛇神社。
霊的に乱れた直江津の街。
{netabare}千石撫子の儚い想いに怪異が宿る。{/netabare}
貝木泥舟の名演説に心打たれ泣く。

それでは面白おかしく最後の物語を語ろう。

…なんてこれも嘘かもしれないぜ。

投稿 : 2019/04/01
閲覧 : 297
サンキュー:

46

ネタバレ

コーヒー豆

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

よくできていると思った。

物語シリーズのセカンドシーズンと呼ばれるこの作品。

総集編なども合わせて26話くらいあって
内容ともに、なかなかボリューミーでした。


ひたぎエンドでのOPは少し笑ったし
地味にいい曲だったかも♪
昭和チックな作画にデュエットで斬新でしたw

その他は
端的に言うと、貝木さんに見入ってしまいました。

たぶん貝木さんのファンも多そうですね。

再び観るであろう作品でした♪

投稿 : 2019/03/15
閲覧 : 75
サンキュー:

8

-Cha sMIN-

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

シリーズの中でも特にハマりました

.
再視聴で再確認

シリーズみな好きですが
シリーズの中でも 特にハマりました

投稿 : 2019/02/18
閲覧 : 70
サンキュー:

3

ネタバレ

にゃん^^

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

猫物語(白)、傾物語、囮物語、鬼物語、恋物語の感想

<物語シリーズ>セカンドシーズンのアニメは

 1~ 5話 猫物語(白) つばさタイガー
    6話 総集編1  つばさファミリー
 7~10話 傾物語   まよいキョンシー
    11話 総集編2 ひたぎクラブ
まよいマイマイ
するがモンキー
なでこスネイク
12~15話 囮物語   なでこメドゥーサ
   16話 総集編3 つばさキャット
かれんビー
つきひフェニックス
17~20話 鬼物語   しのぶタイム
21~26話 恋物語   ひたぎエンド

ってゆう5つの新しいおはなしと3つの総集編が入ってて

それとほんとは「花物語」ってゆう
神原駿河のおはなしもあって
8月16日(今日!)に5話ともぜんぶ放送するみたい☆

猫物語(白)は
今まで出なかった羽川さんのこともっといろいろよく分かって
羽川さんって物語シリーズの中で
ほんとは1番いろんな悩みとか持ってそうかなぁ。。って

傾物語はまよいってゆうタイトルだけど
しのぶちゃんのおはなしかも?
変わったまよいちゃんも見られてSFみたいだったかな

囮物語はこわい撫子ちゃんのおはなしかも。。
物語の中で1番よわくってかわいい感じの女の子だったけど
ほんとの撫子ちゃんってどんな子?
見おわったらびっくりしちゃうかも!

鬼物語はなんだかおとぎばなしみたいだったかな。。
ほんとはマヨイちゃんが主役?
さいごは泣いちゃうかも

恋物語は戦場ヶ原さんのおはなしかなって思ったけど
あの貝木さんが主役だったみたい
今まで悪い人でヘンな人ってだけ思ってたから
見おわったら大好きになっちゃった。。

このシリーズって
アララギ君が主役なのかなぁって思ってたけど
セカンドシーズンはあんまり出てこなくって
にゃんはちょっとさびしかったなぁ(*´艸`*)

背景?はほかの物語とかよりヘンじゃないってゆうか
あんまりこまかくなかった。。のかなぁ
顔も前とくらべてあんまりかわいくなかったみたい

おはなしはよかったって思う☆


↓は前に書いたかんそう。。見おわって時間があったら読んでね☆

✲゚。.(✿╹◡╹)ノ☆.。₀:*゚✲゚*:₀。✲゚。.(✿╹◡╹)ノ☆.。₀:*゚✲゚*:₀。

猫物語(白)

1話目 つばさタイガー
{netabare}
マヨイちゃんはコマーシャルのために出てきたのかな
すぐいなくなっちゃったけど
アララギくんじゃないとふつうにはなせるのかもw

アララギくんが出てこないみたい。。ちょっとざんねんw
でも戦場ヶ原さんって
ちゃんとアララギくんのかわりしてたみたい^^
ってゆうかオジサン入ってたかもw

顔が偽とか猫黒よりかわいくなくなっちゃったのかな?
ときどきかわってて「あれっ?」って思った。。
偽物語のときとかほっぺが赤かったり
はだが光ってたりってしてたみたい

とくに羽川さんをたたいたとき
戦場ヶ原さんの
声もちがってたみたいに聞こえて「だれ?」って。。

それで泣いてたって気がつかなかったんだけど
羽川さんのことほんとに心配してたんだ。。

にゃんは今まで戦場ヶ原さんって
羽川さんのことこわいって思ってたと思ってた^^

だって
アララギくんをとじこめてた時に
電話がかかってきて
なんだか羽川さんのことこわそうな感じで
おはなししてたみたいだったから。。

おはなしはとらに会ったって
これから2人だけでどうなるのかな?
それともアララギくん助けにくるのかな?

つぎがたのしみ☆
{/netabare}

2話目
{netabare}
2人のおふろとかあって
男子はきっとたのしかったかも^^

ブラック羽川さんがとらの怪異とあって
とらは見られたから
羽川さんのことどうしょうって思ってるのかな

はじめ羽川さんがアララギくんのこと好きだって言ってて
それで
羽川さんが好きってゆうのは
なんでもいいってゆうことみたいで

さいごは
ほんとにあららぎくんのこと好きなのかなってゆう
おはなしになっちゃったね

羽川さんはどう答えるのかな?
{/netabare}

3話目
{netabare}
羽川さんとアララギくんのちがい
そうだったんだ。。

おはなしが少しすすんだかな
アララギくんは神原さんに何かたのみたかった?

またお風呂
しずかちゃんみたいw

学習塾が燃えちゃってた。。
燃えたのってアララギくんたちが会う前だったのかな
それとも。。

来週もたのしみ☆
{/netabare}

4話目
{netabare}
アララギくんのお母さん
顔が見えなかったけど
やっぱりアララギくんたちのお母さんだね

「逃げたっていいけど目をそらせただけじゃ。。」
じゃあ逃げるってどうしたらいいのかな?

エピソードさん
「人は見かけではんだんするな」って
見てなくっても話し聞いてるだけでも大人みたいだよね。。
人は話しをしてはんだんしてもダメみたいw

ガエン イズコさん
羽川さんとちがって
「知らないことはない なんでも知ってる」って
アララギくんがいつ帰ってくるか聞いてみたいね^^

カコって火虎なの?
ファイヤーシスターズも火だし
火が2つだと炎になる?
じゃあ火がたくさんだと火{netabare}事{/netabare}になるのかなw
ヤキモチも焼くで火にカンケイあるし。。

アララギくんにもう会えないかも。。って
羽川さんこれからどうするのかな
{/netabare}

5話目
{netabare}
すごいなぁ
たったの23分でぜんぶ分かって終わっちゃったなんて^^

カコは羽川さんのしっとだった。。

ブラック羽川もそうだったけど
カコも羽川さんから分かれた怪異だった。。
羽川さんが白いままでいれたのって
いやな思いをみんな切りはなしちゃったから

アララギくんが今まででてこなかったのって
この時に出てくるの待ってたみたい^^
ほんとに短い間だったけどかっこよかったぁ♪

変わってもおまえ。。
いやなヤツになったらきらってやる。。

それでもアララギくんって
羽川さんのこと
ほんとにきらいになったりしないよね(うん!)

にゃんも泣いた
羽川さんといっしょに泣いちゃった。。

こんどのおうちは
羽川さんのへやがある^^
やっぱりお父さんお母さんって
わるい人じゃなかったんだよね

羽川さんって今まできっと
自分のこころの中にへや作って
自分をトジコメテたのかも

そこが苦しくって
ブラック羽川とカコがにげちゃって
それでいろんなワルイコトはじめちゃった。。
んじゃないかなぁ

はじめての自分のへやって
そんなに広くないのかも

でも。。でも。。
きっと羽川さんの
こころの中の2人の妹には広くって
これからずっと羽川さんといっしょにいてくれそう

ほんとにいいおはなしだったね
おわったらまたなみだが出ちゃった^^
{/netabare}

6話目

総集編だから猫(白)のかなって思ってたけど
猫(黒)だったね
感想は前にかいたからそっちを見てね^^

来週は化の総集編なのかなぁ

7話目 傾(かぶき)物語 まよいキョンシー
{netabare}
後輩なのかな知らない女の子出てきたね
(おしのおうぎちゃん?)

信号のはなしってマヨイちゃんのおはなしにつづいたんだね
このあとに事件がおきるみたい。。

マヨイちゃんをさがしてて
おののきヨツギちゃん(くん?)に会って
幽霊になってしあわせかどうか?聞いてほしいって

シノブちゃんが出てきてマヨイちゃんのため?に
きのうにもどることになって
ついたら11年まえの5月。。

それってもしかして
マヨイちゃんが事故にあう前なのかな。。
タイムトリップってよく分からないケド
どうなるのかな?
{/netabare}

8話目
{netabare}
マヨイちゃんを助けてお母さんのところまでつれてって
帰ったら世界がほろんでた!?
おはなしはそれだけだったけど
なんだかいろいろあったよね^^

それよりほろんでたって。。
すっごい気になるよね。。

まよいキョンシーなのに
マヨイちゃんがもう出てこないのかなぁ。。って
じゃなくって
ほろんだ世界ってどうなってるのかなぁって
{/netabare}

9話目
{netabare}
まよいキョンシーってマヨイちゃんのおはなしじゃなくって
マヨイちゃんが迷わなくなったから
シノブちゃんが迷って
世界をほろぼしたおはなしだったみたい。。

帰れなくなっちゃったみたいだけど
でもこのおはなしって
帰ったときの思い出のおはなしだったよね。。
だからきっと帰れるんだ(きっとそう^^)

あの神社のおふだをはがせばいいみたいだから
この花火見て
生きてる人がアララギくんたちのところに
来ればいいんじゃないかな?(たぶん)

もしかして怪異のことよく知ってるメメさんとかかなぁ。。
どうなるのかな来週もたのしみだね♪
{/netabare}

10話目
{netabare}
え~っ!?マヨイちゃんが大人!
メメさん出てこなかったけど手紙だけ出てきたね^^
それで
シノブちゃんがシノブちゃんになる前の吸血鬼に会って
帰ってこれた^^

さいごはにゃんが考えてたのとぜんぜんちがった^^
でもちゃんと子どものマヨイちゃんも出てきて
コメディしてたねw

来週はなんのおはなしになるのかな
{/netabare}

11話目
{netabare}
今週は化物語の総集編だったけど
猫(白)は来週かな。。

にゃんはキャラの顔とかって
偽物語が1番で化は2番目に好き^^
戦場ヶ原さんの声も今とちょっとちがってたかな
{/netabare}

12話目 囮物語 なでこメドゥーサ
{netabare}
撫子ちゃんが大好きなアララギくんと
戦うおはなしになるみたい

おうぎちゃんがまた出てたけど
このおはなしに何か関係があるのかな?

撫子ちゃんってもっとかわいかったんじゃないかな
顔がやっぱりちょっとヘンみたいね

なでこスネイクのとき殺した
ヘビのたたりみたいな感じなのかな。。

物語シリーズって怪異が出るけど
今まであんまりこわいって思わなかった
でも今週はちょっとこわかったかも。。
{/netabare}

13話目
{netabare}
くちなわさんってぜんぜんこわくなかったw
おしゃべりだったw
おはなしはほとんどすすまなかったけど
どんなおはなしになるのかな?

シノブちゃんが撫子のわるいところ教えておわり?
それがなおったら怪異のくちなわさんも消えるのかな?
{/netabare}

14話目
{netabare}
月火ちゃんちょっといじわるっぽかった。。
撫子ちゃんにせまってくときホラーみたいで^^;

でも
おはなしわらっちゃったね
わたしの次にかわいい。。とかw
絵がもっとかわいかったらもっとおかしかったかも^^

さいご前髪きられちゃった。。
でも
そんなことよりそこってベッドの上だよ!
にゃんもときどき自分でちょっと切るけど
服とか付くと取るのたいへんだよね。。
のこってるとチクチクしちゃうしなぁ

後半はくちなわさんと。。
前髪切ったら性格もかわっちゃった!?

男子って机とかにあんな本ふつうにおいとくのかな^^
アララギくんってメガネっ子が好き?

撫子のおねがい
口に出したらアララギくん帰ってきちゃった。。
来週はどうなるのかなぁ
{/netabare}

15話目
{netabare}
いろいろ説明があって
なんとなく分かったようなよく分からないような。。
でも
撫子ちゃんは神さまになっちゃったんだね

悪い神さま
やきもちしてる神さま
人を殺しちゃう神さま

血がいっぱい出てて
あんまりよく見なかった
来週はほんとにみんな殺されちゃうのかな?
きっとまた
アララギくんがどうにかしてくれるんだよね。。

このおはなしが終わると
もしかしてみんな卒業とか?
{/netabare}

16話目
{netabare}
先週のつづきかなって思って楽しみにしてたけど
偽物語の総集編だったね。。

みんなのレビューを読んだら
つづきって恋物語になるのかな?
{/netabare}

17話目 鬼物語 しのぶタイム
{netabare}
おはなしは暗闇に追いかけられて逃げるだけだったかな。。
マヨイちゃんと逃げてたら
おのののき。。失礼かみまみたw
ヨツギちゃんに助けられて

それから
忍ちゃんが出てきて
400年前にのみ込まれたって。。

絵は。。かわったかな?
ふちの色が赤むらさきだったり青っぽかったり
ちょこちょこ変わってちょっとヘンだった
でも
ちょっとやさしい顔になったみたい。。な気がする。。
よかったかも^^
{/netabare}

18話目
{netabare}
あれっ?
まえのおはなし忘れてて見おわったら
これで終わり?って

それで17話の感想見たら
鬼物語って暗闇のおはなしだったんじゃない?
暗闇ってなんなの?

前のとおりだったら
忍ちゃんのまわりの人とか怪異とか
みんな消えちゃうよね。。

来週は暗闇を退治したりとかあるのかな?
{/netabare}

19話目
{netabare}
アララギくんがロリコンさんなのはスルーして。。って思ったら
のこりのおはなしは
ガエンいずこお姉さんがとつぜん出てきたくらいになっちゃう^^;

忍ちゃんはどうなっちゃったんだろ。。
暗闇って怪異じゃなかったら何なの?
消したりすることできるのかなぁ。。
{/netabare}

20話目
{netabare}
何でも知ってるガエンさんが出てきて
暗闇が何だか分かってすっきりした^^

「鬼物語 しのぶタイム」

「傾(かぶき)物語 まよいキョンシー」
って
2人の名まえをとりかえっ子したほうがいいみたい

すっきりしたけど
まよいちゃんの「かみまみた」
泣いちゃった。。

さいごのオオギちゃんって?
なんだか暗闇みたいな人なのかなぁ
{/netabare}

21話目 恋物語 ひたぎエンド
{netabare}
恋物語はじまった。。

卒業したら
戦場ヶ原さんとアララギくんが殺されちゃうから
さぎしの貝木さんにたのんで
ヘビ神さまの撫子ちゃんのこと
だましてもらおうってゆうおはなしみたい

貝木さんってわるい人かもしれないけど
見てたら
なんとなくいい人かもしれないって思っちゃった
もしかして
にゃんもだまされてるのかなぁ(はぁ。。)

でも
ほんとにわるい人だったら
先輩の親せきのお友だちのために
そんなめんどうなことしないって思うから。。

だけど
ほんとはどんな人なのかなぁ?
{/netabare}

22話目
{netabare}
撫子は気もちわるい子?
前に羽川さんのときもそうだったかな

2人とも似てるみたい。。
ほんとの自分をかくしてて
怪異と会ってはじめてほんとの自分を出せた

このままにしてあげたいって
貝木さんがちょっと思ったみたいだったけど。。

貝木さんが撫子に会っておはなしして
どうしたら撫子をだませるかってヒントとか見つかったかな?

貝木さんが撫子のこと
どうやってだますのか気になるね☆
{/netabare}

23話目
{netabare}
今週はいろいろ気になった。。

撫子がかばんを持って出るやつ。。って
それってヒミツをかくしてるってゆうこと?

びこうってだれ?

さいご
貝木が撫子のお家に入って
クローゼット見てびっくりしてたけど何をかくしてたのかなぁ?
{/netabare}

24話目
{netabare}
なんだか推理ドラマとかみたい。。
誰が手紙をおいたのかな?

関係ないけど
貝木さんのシャワー
ちょっとドキってしちゃったw
あと
背景が線とかでうごいてて
見てると気もちがわるくなりそう。。

撫子にお酒
2万円ためしに入れてみたの
おかしかった。。ごっつん!って

羽川さんの髪
白と黒でボブになってて
だれ!?って分からなかった。。

前に気もちわるい人って思った貝木さん
ちょっとかっこよく見えてきた(えへへ)
{/netabare}

25話目
{netabare}
貝木さんってほんとはいい人だったんだ。。
そうじゃないかなぁって思ってたけどねw

撫子ちゃんのクローゼットの中がとっても気になった。。
そんなにつまらないものって何かな?

撫子をだますの失敗しちゃった?
何でも知ってるがえんさんだから
失敗するって知ってたの?

事故で死んだのがうそってどうして分かったの?
もしかしてアララギくんが今朝来たとかかな?

どうなっちゃうんだろう。。
来週が気になるなぁ
{/netabare}

26話目
{netabare}
あたりまえのこと言っただけなのに
貝木さんかっこよかった。。

撫子のクローゼットの中ってマンガだったんだ。。
にゃんも
見られたくないものあるけど夢。。かなぁ?

貝木さんっていい人なのに
どうして人のことだましちゃったのかな。。
うらまれてもいいって思ってるみたいだけど

撫子には殺されなかったけど
ここで死んじゃうのかなぁ
助かって☆
それでオウギさんのこと調べるよね。。きっと
{/netabare}

投稿 : 2018/10/05
閲覧 : 1880
サンキュー:

299

Robbie

★★★☆☆ 2.7
物語 : 2.5 作画 : 2.0 声優 : 4.0 音楽 : 2.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

恋物語はヤバい

ガハラさんと貝木さんがメインの恋物語は、物語シリーズで1番良かった。
ただ、他がほとんど微妙。

投稿 : 2018/10/01
閲覧 : 180
サンキュー:

10

える908

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

女の子はみにくい

その、女の子のみにくいことも含めて
まるごと受けとめまくっちゃう
阿良々木君、
変にエッチなとこさえなければ、
ヒーローそのもの!なんですけど…
このセカンドシーズンだけは、
女の子たちがみんな、
みにくいところもさらけだして、
それでもちゃんとヒロインしてて、
なんか感激してしまいました!

投稿 : 2018/09/22
閲覧 : 113
サンキュー:

8

ネタバレ

ポル

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

物語シリーズで最高峰かなとこの時点で思った!

26話と見ごたえがあり、話の内容も濃かった印象。
しかし最初の猫物語(白)の話はいいのですが、なんで飛び飛びで話をやったのか、混乱するって。製作者側は視聴者にツッコミ入れて欲しかったんですかねぇ。見づらいだけだなって思いましたよ。

まぁ中でも千石撫子、貝木泥舟の登場が多かった話が面白かった。
各おはなしの簡潔な感想(つぶやき)↓
猫物語(白)1~5話
{netabare}
羽川 翼が主人公&進行役。この子はストレス抱えるたびに化物生み出してるってとんでもない娘ですねぇ;今回の虎の怪異は嫉妬から生まれたのですが、七つの大罪分怪異が生まれるんじゃないかと思ったですよ。
臥煙伊豆湖という謎の人物が登場、苗字から神原駿河の親戚?と予想できるけど、なんでも知っている人。はたして人間なんでしょうか?
阿良々木暦は今回ほぼ出てきませんが裏で何やってたのか気になりました。
{/netabare}
傾物語7~10話
{netabare}
忍野 扇、いかにも怪しい後輩が登場。誰こいつ?淡々と話のやり取りが続く中面白くなかった。早く終わらんかなこのやりとり・・・と。
家に帰ったあとに夏休みの宿題を全くしてこなかった暦(のび太)のぶえもん(忍)にタイムマシン出してくれとたのみこむwまさかこんなアホな流れから時間旅行のお話になるとはww
今回は忍よくしゃべりますねぇ。これはこれで面白い。

{/netabare}
囮物語12~15話
{netabare}
ここでも謎の後輩忍野扇が千石撫子と接触。この子ほんとに人間?不吉な気持ちになりましたわ。
そして・・・
ラスボスこっわ((;゚Д゚)ガクガクブルブル
千石撫子がいちばんブッ飛んで狂った子だったとは・・
これどうするん?今まででいちばん驚いたわ。
{/netabare}
鬼物語17~20話
{netabare}
いきなり違う話、ラスボスらしい千石撫子の話まさかなげっぱしバッドエンドかよ!と腹が立った:( #´°ω°` ):ものです。

話は時間旅行から帰ってきたところからということがわかったのであらあらと見ていたのですが・・
すべてを飲み込む黒い闇。怪異ではない自然現象ということですがちょっと怖かったです。どこまでも追いかけてくる恐怖的存在。

ここから忍の過去の話。400年前の語りになろうとはw

臥煙伊豆湖、何者なんでしょうかね?見た目は10代の少女みたいに若々しいんだけど、忍野メメの大学時代オカルト研究会の先輩にあたる人物、神原駿河の親戚、怪異関連の専門家たちのなかでも別格な雰囲気が感じられます。

まよいちゃんはめでたく成仏。暗闇の謎現象は解決しましたが、正直はなし飛び飛びで混乱するってw羽川の虎の怪異事件の裏側での話だったんですねぇ。

正直なところ千石撫子の話いれずに時間旅行からの話と続けて見たかった。
なんか意味あるの?この流れ?とツッコミ入れたい!
{/netabare}
恋物語21話~26話
{netabare}
まずOP(戦場ヶ原と貝木とラブっぽい)にツッコミ(笑)
戦場ヶ原が貝木に依頼する流れで、空港の喫茶店で鼻眼鏡かけてる戦場ヶ原に対して対抗意識を燃やす貝木泥舟の姿にも(笑)
いままで敵キャラだった貝木ですがこの話ではまるで主人公ですよね。
幼稚な神(千石撫子)と貝木泥舟のやりとりも面白かったです。

臥煙伊豆湖から忠告&手を引け通告受けたにもかかわらず仕事をやめない性格の悪さ。ダーク主人公の貝木さんおもしろおかしかった。

余裕で依頼完遂と思ったのだが幼稚な神(千石撫子)は幼稚なフリしてただけだったという腹黒さw(・ー・)オワッタナ・・・と思いました。あの最悪状態で心の隙間を見抜き説得に成功させた貝木さんはマジすごいと思いました。
阿良々木暦さん最後に駆けつけましたがピエロです(´・∀・`)ザマァ
実は悪ぶっているタダの良心的なオッサンなのでは。(戦場ヶ原の母がハマってた宗教団体を詐欺により壊滅させたという話から)

だが・・・恨みを買った中学生に攻撃を受けあっけなく死亡?
(゚Д゚)ノオイ(- .-)ノ”ナンデヤネンッ!
衝撃的なオチ!

ここでも忍野扇(謎の後輩)がからんで・・・あいつ人間のフリした怪異そのものなのでは?と思っちゃいますよね?

貝木泥舟さん死んでないよね?ここまで好感度上がった希少な敵キャラなのにもったいないとしか言い様がありませぬ。
{/netabare}

投稿 : 2018/06/11
閲覧 : 107
サンキュー:

13

ストックトン

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

タイトルなし

物語シリーズの中でもお気に入りの
話がいっぱい詰まってる作品。
八九寺真宵や忍野忍などが大好きなのも理由。
特に鬼物語は涙なくして見られなかった。

投稿 : 2018/04/14
閲覧 : 85
サンキュー:

3

ネタバレ

※アニをた獣医学生◎

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

納得する物語。 八九寺…かみました…

傷物語、猫物語、化物語、偽物語からの続編。
色々な物語があり、それぞれの結末がある。
一つずつ見ると、ああ、そういう物語だったのかと納得するところが多い。

笑いのあるコメディーもあり、シリアスな場面もあり、恋愛の物語もあり、切ない物語もある。

前作を見ていれば、飽きないと思います。
羽川、ハチクジ、上原(花物語)、忍、千石、戦場ケ原、皆のストーリーがある。それぞれの思惑が動く。
これが気になるんです。



自分が心に残った場面。グッときた。

羽川の暦への告白から失恋。そして自分のすべての感情。嫉妬の感情までも、受け入れて、前へ進むシーン。大人へ、本当の大人へと、そう思わせるシーン。
羽川もまだそういう心が、押さえきれない感情があったんだと思ったシーンです。

そして…
やはり一番はハチクジの最後の消えてしまう場面。
暦へのキスからかみました。そして自分の今までの想いを伝えるシーン。大好きだったんだ、今まで自分を助けてくれて、かまってくれて、見ていてくれた暦のことが本当に好きだったんだろう…

大好きでしたよ…あららぎさん。卑怯っす…


ハチクジ、この子は後に… ここではやめておきます

投稿 : 2018/03/20
閲覧 : 79
サンキュー:

9

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

散りばめられた言葉がヤバい

物語シリーズは
それぞれのキャラが
名言を残していて
何度も見返したくなる

このシリーズも素敵だった
ラストあんな事になるなんてね…
それもまた諸行無常

投稿 : 2018/03/02
閲覧 : 90
サンキュー:

6

ネタバレ

ニワカオヤジ

★★★★★ 4.3
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ストーリーがメインの作品ではないですが

全体的な内容は、まあ普通でした。面白かったのは、ひたぎエンドの{netabare}貝木の嘘がバレてからの撫子とのやりとり{/netabare}くらいかな?

オープニングは、相変わらずの高クオリティ。特にひたぎエンド。オープニングで吹き出したのは初めてでした。

会話劇も良いけど、長過ぎるのと画像がもほとんど変化のないところが多かったですね。1期よりもキャラ自体が好きな人向けに特化しているようです。

相変わらず、暦がモテるのが納得いかない。キャラ好きな人は自分の好きなキャラがこんな男を好きになるのを許せるんだろうか?

撫子の {netabare}壊れ方については、1期とのギャップを指摘されることがあるようですが、最初から恋に恋する乙女キャラでしたし、必然的な変化と思いました。
「もうそうエクスプレス」のサビの歌詞が彼女の性格を端的に表していて好きです。「欲しいのは一つだけ、全部全部全部全部」 {/netabare}

投稿 : 2018/02/22
閲覧 : 91
サンキュー:

12

ネタバレ

Dkn

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ボーカル曲とインストゥルメンタル、どっちが好きですか?

――時と場合によりますよね(笑)


私はこのシリーズが苦手でした。

面白く斬新だと思う部分も有れば、登場人物の台詞や価値観などに全く共感できない部分など・・体に湧き上がる高揚感と、背筋が凍るような嘔吐感とを交互に感じさせられる「物語」シリーズが苦手・・“だった”。この「<物語シリーズ>セカンドシーズン 」でそこまで回復したように思えます。


シリーズ通してやってることは変わりません。

“西尾維新”お得意のキャラクターの掘り下げ。

時に卑下し、時に賛美し、良いも悪いも性格の肉付けを丁寧にシツコク“くどく”じっくりと・・。

物語の巧さを評価されることがありますが、私は究極の「キャラアニメ」だと思っています。

これが合っていなかったんでしょうか?今更ながらに思います。想像上のキャラクターに、そんなに感情移入なんて出来ない。一人の人物から生み出された価値観や経験なんて、たかが知れてると思ってしまってるんでしょうね。一定以上から先に感動はありません。

現実に生きてる、年齢、性別、家庭環境に、職歴に、女性歴男性歴に、犯罪歴に、宗教観に、国に、肌の色に・・他にも上げればきりがないでしょう。そんな一つとして同じ“色”の無い人間。現実よりも魅力的な想像上の人物なんて居ないんだと、そう信仰しています。

でも人間嫌いで、「英雄」「預言者」「支配者」などの“カリスマ”が大嫌いです(笑)矛盾してます。

勿論、想像上の人物が死んで泣くことも。
それが文字でも、絵でも、劇中の役者でも。
冗談で「◯◯ちゃん可愛い」や「◯◯様萌え~!」
・・と言っている時もあります(まあ半分本気ですが(笑))

けれどそれは、現実の人ひとりの人生すべてを追うことなんて出来ないから。

想像とはいえ「物語」というダイジェストで、美味しい所を切り取った状態で見せてくれるから。

物語があってキャラがいるのか、キャラがあって物語があるのか。卵が先か鶏が先か(笑)

この辺の難しい話はわかりません(*゚∀゚)~♪


話は変わって、特定のアーティストが好きってあまりないんです。便宜上好きとは言います。実際は、よく聞く程度の人は居ますが、飽きるか、そもそも抜粋してじゃないと聞かない。これも“カリスマ”嫌いの一貫ですね。心酔するのが嫌なんでしょう。

どちらかと言うとインストゥルメンタルの方が好きで、映画やアニメに演劇などの劇伴をよく聴いている。シーンや感情が情景として浮かぶのが好きなんです。音楽に精通した方なら、音楽を聞くだけで情景が浮かぶといいますが凡人の私にはそんなの無理(苦笑)だから映像を付けてもらうんですね。


――何が言いたいかって言うと、自分は「物語」ありきの人間なんだって事。


好きだったワンシーンを言って、長ったらしいレビューを終わります。

ここまでお付き合いありがとう。

{netabare}
10話「傾物語まよいキョンシー 其ノ肆」のラストシーン。

おフザケの後の、真宵と暦の対話がとても好きでした。

真宵の晴れやかな表情や動きが

流れる音楽の晴れやかさとマッチしていて、とても印象的・・
{/netabare}


伝わったかな?(笑) 好きになったよ!物語シリーズ!!

投稿 : 2018/02/17
閲覧 : 133
サンキュー:

22

お茶

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

イマジンブレイカー

放送順は<化><偽><猫黒>でしたっけ…
化と偽でキャラを明確化し、猫黒があって本作。



物語セカンドシーズンはヒロインたちが、ヒロイン像を失墜させていく物語であると感じました。そもそも本作のヒロイン像は、けっこうテンプレな要素があったうえで、物語シリーズらしさを加えている印象です。

「猫<白>物語」の冒頭で、羽川は「軒並みがっかりしてもらう物語」と語っている。

阿良々木くんが大袈裟に、さながら歴史上の聖人や聖母のように語る羽川が、ただの人間であるという物語。完璧超人で人格者で、しかも巨乳の羽川は、その内に醜い嫉妬を抱えていたことを明らかにする。それを明らかにすることで、今まで完璧だった羽川翼というキャラは完璧ではなくなり、一人間になる。(猫黒で羽川の内面は描かれるがあくまでも被害者であり、人格者な性格は崩れたわけではない印象)

八九寺もそう。「傾物語」では少女であることが大きなアイデンティティとされてきた八九寺真宵を、大人になった姿で描かれる。アニメの少女は永遠に少女であり続ける、という幻想にイマジンブレイカーをぶっこむ。「囮物語」は作中でも非常に残酷な描写になっておりまして、徹底的に千石撫子の闇を見せる。千石がブチ切れ、暴れ狂い、非常に危険な少女へと変貌し、あのおとなしく装っている表面をぶっ壊してくれました。


ここで問題なのはキャラアニメとして名高い本作のヒロイン達のヒロイン像が崩れること。好きだったものが崩れ去ったという意見もありました。このような展開にしたのは賭けかもしれません。ただ、西尾さんは原作の表紙とかでも「一番かわいい千石撫子を書きました的な発言をしておりました」(囮物語(手元にないので記憶ですが)) 千石に関しては闇が深すぎるので、普段のキャラ像が好きだった人には残酷な移し方を特にしております。ここでキャラに対しての態度が問われると感じます。中身のドス黒さも含めて、キャラクターではなく、一人間っぽい方が好きか、否かという事。私はそのドス黒い内面が好きですw人間っぽいからいいなんて善良なことは言いません。

余談になりますが恋物語のラストは必見だと思います。貝木さんにはやられました。そんなこんなで、今更な物語シリーズの話題ではありますが、ここから先が闇を含めたキャラ像にますますなっていきますので、好みの境界線かと思います。って書いていたらそもそもキャラをぶっ壊していくのが、物語シリーズな気もしてきましたw ヶ原さんなんて壊れすぎですからねw

投稿 : 2018/02/04
閲覧 : 256
サンキュー:

33

ネタバレ

RFC

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

時系列バラバラの意味が分からない断片的な物語だが、らしさは健在

無印、偽、猫黒の流れで視聴。

【作品概要】
 『猫物語(白)』
 『傾物語』
 『花物語』
 『囮物語』
 『鬼物語』
 『恋物語』

 の6作品の総称。


【作品に対する感想】

 時系列がバラバラなので、私はかなり混乱しました。
 単発の話の中にポツリポツリ大きな流れの片鱗が
 挿入されているようで、余計に混乱しました。
 アニメ化するにあたり、SAOのように時系列に
 編集してもよかったように思えます。

 『猫物語(白)』 まずまず
 『傾物語』    面白かった
 『花物語』    面白かった
 『囮物語』    見てて苦痛だった
 『鬼物語』    かなり面白かった    
 『恋物語』    かなり面白かった


1)物語
 ①猫(白)
  羽川さんの問題の根源の話です。
  一応のピリオドになる物語なのですが、
  羽川さん押しとしてはちょっと辛いんですよね。

 ②傾
  かなり切なくなる物語でした。
  ほんの少しの違いで何もかもが台無しになる。
  やっぱり人と人のつながりは大事ですね。

 ③花
  割と陰鬱な話でありましたが、
  最後の展開と1ON1で印象がごろっと変わりました。

 ④囮
  撫子の病的な性格・人格に視聴していて苦痛でした。
  現実でこういう人には絶対関わりたくないですね。

 ⑤鬼
  キスショットの昔の話をからめつつ、
  正体不明の追跡者(?)の正体と最後の展開は
  なかなか面白い物語でした。
  かなり切なく、涙腺崩壊でしたね。


2)作画
 ①貝木と駿河の焼き肉
  飯テロでした。
  
3)声優
 ①堀江由衣
  ロリ川さんの時の声がToHeartのマルチを彷彿とさせますね。
  ちょっと懐かしかったです。
 

4)音楽
 恋物語のOP「FastLove」「木枯らしセンティメント」
 衝撃的でした。
 わたせせいぞうチックな画風に変わったかと思いきや
 1990代のアニメ画で描かれたひたぎと貝木。
 こんな表現もあるんだと。
 クレジットの文字が大きめでハイビジョンになる前を
 表現しているのもいちいち細かいこだわりでGJです。

 つか貝木1990Ver.男前すぎ(笑
 さらにひたぎの瑞々しい声に対し、貝木の枯れた声が
 まったくアンマッチで唖然。わざとやってるんでしょうが。
  

5)キャラ
 ①貝木泥舟
  どこまでが本音か嘘かわかりませんが、
  余接が言ったことはそう的外れでもないと思います。
  {netabare}
  最後はとんでもない事になりましたが、続きが甚く気になります。
  {/netabare}

 ②羽川翼
  彼女の歪なまでの正しさについて語られましたが、
  本当に報われない娘で、不憫です。
  まあ、そんな自分に向き合っていくのはこれからですが。

 ③忍野忍
  傾のしおらしい、そして浴衣の忍が妙に可愛いかったです。

 ④忍野扇
  生理的に嫌悪感を感じるキャラです。
  あたかも初めからそこにいたような登場シーン、
  突然性転換していたりで、只ならぬキャラのようです。
  物語の根幹を担っていそうです。
  黒を基調とした不吉な印象です。

 ⑤沼地蠟花
  ぬるりぬるりといやな印象の子でしたが、
  最後は不思議といやな印象は消えていました。


6)好きなシーン
{netabare}
 ①恋物語冒頭 神社の貝木
  初詣の歪んだ説明はなかなか笑えます。
  
 ②警察に暦を突き出したロリ川さん
  不審者に対する的確すぎる対応に吹きました。

 ③沼地の昇天
  満ち足りた彼女の表情が忘れられません。

 ④くちなわの指摘
  「お前はとにかくとかさておきとか切り替えの文言だけで
   世渡りをしてきたのか?反論するわけでも納得するわけでもなく
   棚上げにするのがお前の処世術かい?」
  これ結構きつい指摘でした。
  とにかく…気づかないうちに結構使っている気がします。
  これを視聴以降、極力使わないように心がけています。

 ⑤まよいの詭弁
  何とか理由をつけて暦を納得させ、
  自分が成仏できるように仕向けるまよい。
  それを何とかしようとあがく暦。
  
  まよいの痛切な訴えが涙腺直撃です。
  暦の方もどっちが子供かわからないと言われてますが、
  こういう人間臭いところも彼の魅力と思います。

  そしてトドメの最後。
  余接の不器用なアシストが余計に破壊力を上げてました。

{/netabare}

投稿 : 2017/12/03
閲覧 : 109
サンキュー:

22

退会済のユーザー

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

勉強になる笑

西尾維新さんから生まれる類希な言葉遊びワールドが面白い
さらに、シャフトから作り出される奇妙な世界観にとても魅入られます!

投稿 : 2017/11/30
閲覧 : 79

ヨシノ

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

シリーズで一番好きかもしれない

物語シリーズの大ファンです。

その中でも最も好きかもしれないのが、
このセカンドシーズン。

ヒタギエンドでは、貝木泥舟がかなり
カッコいいですし、(結局いい人なのか
悪い人なのか…)

しのぶタイムの最後はめちゃくちゃ泣いて
しまいました。

いいことなんだろうけど、なんせ辛すぎる…

とにかく盛り沢山の内容でした。

それにしても物語シリーズの女の子キャラは
よく髪型変わるなあ。

投稿 : 2017/11/21
閲覧 : 100
サンキュー:

12

◇fumi◆

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

あの季節と同じ木枯らしが 二人の時間を今巻き戻す もう一度 もう二度と

西尾維新の物語シリーズセカンドシーズン 
5作品が2013年に2クール放送され、花物語のみ2014年に放送された
ファーストシーズンは化物語、偽物語、猫物語黒、傷物語を指す。

総監督 新房昭之 監督 板村智幸 キャラデザ 渡辺昭夫 
構成 東富那子 新房昭之 脚本 中本宗応 木澤行人  制作 シャフト 

猫物語白 全5話 羽川翼と炎の虎 
傾物語  全4話 過去にとんだ阿良々木暦と忍野忍
囮物語  全4話 千石撫子の心に白蛇神が取り付く(恋物語へ続く)
鬼物語  全4話 忍野忍の過去の清算
恋物語  全6話 二人の少女の恋と成長の物語 
花物語  全5話 神原駿河と因縁の少女沼地蝋花

これまでに登場したヒロインたちをさらに掘り下げて、物語性の高いエンターティメントに仕上げました。
特に今回目立ったことと言えば、1話に登場する人物が少なく2~4人くらいの声優のみで徹底した会話による展開がさらに強くなったのです。
それぞれ甲乙つけがたい完成度で納得の出来であるが、個人的には傾物語と恋物語にハートブレイクですね。

傾物語 リチャード・マチスンの小説「地球最後の男」の世界 映画化されたがこっちの方が断然いい こんな映像が見れて幸せです。

恋物語 個人的な意見として、相手の良いところが好きになることを「恋」相手の悪いところを受け入れることを「愛」と考えています。
「恋」が中心の物語の結末は見えています 「愛」を知った人は強いです。

書きたいことは山ほどあるんですが、語りつくされた名作だと思うのでこのくらいにします。
「化物語」に匹敵する名作誕生。伝説になるでしょう。

投稿 : 2017/10/26
閲覧 : 225
サンキュー:

42

ヒロウミ

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

語り劇場から深みある群像劇へ

人は白々しく黒々しい。そこから始まりそうであるからこそ終わる物語。

このセカンドシーズンはこれまでの化物語、偽物語、猫物語黒の伏線回収と登場人物たちの成長をメインに描かれた物語。と、さすがにここまで見てる人たちであれば説明は不要でしょうね。若干背景作画が変わったのは気のせいかな?
それぞれが魅力ある物語でしたが語りはやはり減っていくのが少し残念。それでもしっかりとしたストーリー、伏線と回収、視聴者に想像させるところがとても多くあるから面白いし1話1話がいつの間にか終わってしまう。

タイトルの意図が理解できていない恋物語。今更ながら戦場ヶ原と貝木はずっとお互いに思い合う存在であった、だからこそお互いが他の人間に見せない表情をするのか。お互い惹かれても問題を解決出来ないから怨み怨まれる関係でいた、だからこそ白々しく黒々しいのか。なーんて結局のところ分からず終い。ググれば簡単なんだろうけどやっぱそういうのは野暮ってもんでしょうね。
私はどの物語もグッと掴まれてしまう脆い人間ではありますが全ては20話の一言「噛みました」にありますね。花澤さん大好きなんだけど物語シリーズの八九寺には弱いんですよね。ロリコンじゃないけど。
今回も全ての声優さん達の怪異がかった熱演に楽しませていただきました!特に花澤さん!これから出番減るんだよなぁ。

投稿 : 2017/09/23
閲覧 : 79
サンキュー:

10

DB

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

最後まで見て、覚えているのはほぼ恋物語のことだけでしたwww
アニメとしての表現はもう慣れたのでそこまで気になることはなかったし、恋は内容がよく、話の進め方も秀逸で早々に没頭しておりました。
原作未読なのでこのあとがどれだけあるのか知りませんが、次回作期待しております。

投稿 : 2017/09/17
閲覧 : 59
サンキュー:

3

ネタバレ

わさビーフ

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

木枯らしセンティメントは衝撃

化物語 → 偽物語 → 物語シリーズセカンドシーズン → 花物語と鑑賞

独特の演出と作画、意味があるようでない言葉遊びとか
化物語と偽物語を視聴した頃はあんまりピンとこなくて
動きが少ないから評価以上に退屈なアニメかなぁーといった印象
サービスシーンや幼女キャラが必要以上に多くてウザいとも感じた。
偽物語辺りまであんまり面白くないと思っていたけど
色々と衝撃的で面白いと感じたのはセカンドシーズンに入ってから

5つに分かれた物語でその物語の中心人物の視点から描かれた構成は良かった
一番衝撃的だったのがイメージとは違ったストーリーの中身
物語によって好き嫌いは分かれたけど囮物語と恋物語は
何となくハルヒみたいな空気感があって時間を忘れて夢中に一気見しました

とりあえず全物語は視聴したいですね!普通に面白い。
もっと早くに観るべきだったと後悔すらしています

投稿 : 2017/08/21
閲覧 : 178
サンキュー:

36

ネタバレ

チョコ

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

世界観が魅力的で、恐ろしいほど素晴らしい!!)゚.:。+゚

とにかく物語シリーズは世界観、声優、どれをとっても好きな作品です^^*

猫物語、傾物語、囮物語、鬼物語、恋物語がセカンドシリーズで、最初はこんなに見れるかなと思わず躊躇しそうな量でしたが、気づけばこの《 物語》の結末、行方が知りたくなって、はっ(;゚Д゚)!もうこんなところまで一気に見たんだと恋物語でふと我に返るような不思議な感覚でした。

気づけばこの《 物語》に惹き付けられてしまうーー。
それがこの〈 物語シリーズ〉セカンドシーズンの魅力ですよね!ヾ(・ω・`;))ノすごい……!
まさかここまで物語シリーズにハマるとは予想していなかった当時の私。今生きている間にこの物語があって、さらにこの物語の面白さを知れて、本当に良かったです!><

傷物語鉄血、熱血、冷血篇を全て見てからまた全シリーズを始めから見直してみたいです^^*

投稿 : 2017/08/13
閲覧 : 212
サンキュー:

35

芝生まじりの丘

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

セカンドシーズンはファーストシーズンにかなわないの法則

西尾節は健在ですし、花物語と、囮物語、恋物語は結構好きなんですが、いかんせん今回は
戦場ヶ原とかやっぱり普通になっちゃうとつまらないかな、とか
怪奇潭としての枠組みがかなり崩れて雰囲気が違う、とか、
シャフトの演出が贅沢すぎないか、とか、
ついつい前作との変化をネガティブに捉えてしまいます。

まあそれでも言葉遊びだったり、独特のメッセージ性のある青春哲学、シャフトの尖った演出だったりは今作でもやはり魅力的で、普通に面白い佳作ではあると思います。

投稿 : 2017/08/11
閲覧 : 80
サンキュー:

6

ネタバレ

モウ

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

タイトルなし

基本的に物語シリーズが大好きなので!
何が好きか…

☆OP、ED曲
☆キャラクター
☆忍
☆どの時系列なのかを確認すること

ひたぎさんが
病んデレになっていきます!

投稿 : 2017/07/31
閲覧 : 103
サンキュー:

10

秋月双真

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

★★★★☆☆

おもしろかった!

え、そんな終わり?みたいな感じ

投稿 : 2017/07/24
閲覧 : 56
サンキュー:

3

ネタバレ

きゅう

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

青春を、すべて見るまで終われない。

【観了】

2017春7月

【歌】

​OP

『猫物語(白)』
「chocolate insomnia」羽川翼(堀江由衣)

『傾物語』
「happy bite」八九寺真宵(加藤英美里)

『囮物語』
「もうそう♥えくすぷれす」千石撫子(花澤香菜)


『鬼物語』
「white lies」
宮越裕雄、山田茂(東京混声合唱団)

『恋物語』
「fast love」戦場ヶ原ひたぎ(斎藤千和)
「木枯らしセンティメント」戦場ヶ原ひたぎ(斎藤千和)、貝木泥舟(三木眞一郎)

『花物語』
「the last day of my adolescence」神原駿河(沢城みゆき)


ED
『猫物語(白)・総集篇I・傾物語』
「アイヲウタエ」春奈るな

『総集篇II』
「君の知らない物語」supercell

『囮物語・総集篇III・鬼物語』
「その声を覚えてる」河野マリナ

『恋物語』
「snowdrop」春奈るな×河野マリナ

『花物語』
「花痕 -shirushi-」河野マリナ






【メモ】

投稿 : 2017/07/05
閲覧 : 66
サンキュー:

2

次の30件を表示

<物語シリーズ>セカンドシーズンのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
<物語シリーズ>セカンドシーズンのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

<物語シリーズ>セカンドシーズンのストーリー・あらすじ

とある田舎町の男子高校生・阿良々木暦は、街に現れた瀕死の女吸血鬼を助けたことがきっかけで、吸血鬼もどきの人間となってしまう。女吸血鬼はその力を封じられたものの、「怪異の王」たる吸血鬼の出現はこの街の霊的エネルギーを乱し、様々な怪異の類が出没するようになる。暦はそうした怪異に憑かれた少女と出会い、彼女たちを助けるうちに人間的に成長していく。(TVアニメ動画『<物語シリーズ>セカンドシーズン』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2013年夏アニメ
制作会社
シャフト
公式サイト
www.monogatari-series.com/2ndseason/
主題歌
≪OP≫羽川翼(CV:堀江由衣)『Chocolate insomnia』、八九寺真宵(CV:加藤英美里)『happy bite』、千石撫子(CV:花澤香菜)『もうそう♡えくすぷれす』、戦場ヶ原ひたぎ(CV:斎藤千和)貝木泥舟(CV:三木眞一郎)『木枯らしセンティメント』≪ED≫春奈るな『アイヲウタエ』、河野マリナ『その声を覚えてる』、春奈るな×河野マリナ『snowdrop』

声優・キャラクター

神谷浩史、斎藤千和、加藤英美里、沢城みゆき、花澤香菜、堀江由衣、櫻井孝宏、坂本真綾、喜多村英梨、井口裕香、三木眞一郎、阿澄佳奈、根谷美智子

スタッフ

原作:西尾維新『猫物語(白)』『傾物語』『花物語』『囮物語』『鬼物語』『恋物語』(講談社BOX)、キャラクター原案:VOFAN、 総監督:新房昭之、監督:板村智幸、≪<物語>シリーズ セカンドシーズン≫シリーズ構成:東冨耶子/新房昭之、キャラクターデザイン・総作画監督:渡辺明夫、総作画監督:杉山延寛/岩崎たいすけ、美術監督:飯島寿治、色彩設計:滝沢いづみ、ビジュアルエフェクト:酒井基、撮影監督:会津孝幸、編集:松原理恵、音響監督:鶴岡陽太、音楽:神前暁≪花物語≫シリーズ構成:東冨耶子/新房昭之、キャラクターデザイン・総作画監督:渡辺明夫、総作画監督:岩崎たいすけ、美術監督:飯島寿治/内藤健、カラ-デザイン:滝沢いづみ、色彩設計:日比野仁/渡辺康子、ビジュアルエフェクト:酒井基、撮影監督:会津孝幸、編集:松原理恵、音響監督:鶴岡陽太、音楽:羽岡佳

このアニメの類似作品

この頃(2013年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ