「The Spirit of Wonder チャイナさんの憂鬱(OVA)」

総合得点
63.8
感想・評価
16
棚に入れた
62
ランキング
3709
★★★★☆ 3.5 (16)
物語
3.4
作画
3.7
声優
3.5
音楽
3.3
キャラ
3.6

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

The Spirit of Wonder チャイナさんの憂鬱の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

tinzei さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

現実的な技術かと思いきやドラえもんの秘密道具だった

イギリスの田舎町で天回という中華料理屋を営む女チャイナさんが変な発明をするブレッケンリッジ博士や博士の助手でチャイナさんが想いを寄せるジムの物語。


それなりに面白かった、最初月に文字を写したやつは現実的な技術かと思ったけど、ドラえもんの秘密道具みたいだったな(笑)
後はチャイナさんとジムのラブ話があるけど・・・・・まあいいや。

この後に発売された少年科學倶楽部とチャイナさん短編シリーズはエロを取り入れてるのに、この作品はパンチラ程度しかない、せめて乳首は欲しかった。



【あらすじ】
チャイナさんは二階に住むブレッケンリッジ博士から家賃を徴収しようとする
博士は素晴らしい発明ができるまで待ってくれと言う
発明はできるが売れず家賃を稼げず
博士が開発したのは空間反射鏡という装置だった
町へ買い出し中に博士の助手で同じく二階に住むジムを見かける
女の子と仲良く話すジムに嫉妬するチャイナさん
夜、店が終わった後ジムと二人でお酒を飲む
酔っぱらったチャイナさんにジムは誕生日プレゼントを渡すが捨てられる
次の日の夕方に目を覚ましたチャイナさんは月に映った文字を目にする
驚いたチャイナさんは博士からの言葉でジムの誕プレの話を思い出す
だがプレゼントの指輪は投げた時に壊れてしまっていた
壊したことを正直に白状するとジムは指定された場所へ来てくれという
そこに行くとまた月に文字が映されており、巨大な空間反射鏡があった
博士とジムから空間反射鏡のシステムを聞く
博士とジムはそれを使って月を地球を囲う指輪にしようとしていた
だがエネルギーが足りず圧縮できない
ジムがチャイナに頼み、圧縮した月を破壊、月の欠片が地球を回る
いずれそれはチャイナリングと呼ばれた

投稿 : 2020/10/26
閲覧 : 88
サンキュー:

1

おーいん君 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

こういうことなんだよな。アニメって。

沢山のアニメを見ていると、どうしても疲れる。

そんな疲れを癒してくれるようなアニメ。

アニメーションの面白さがしっかり現れている。

そして、このアニメは「辿りつけたな」って思わせてくれる。

到達点とは違うんだ。

探して見つけたわけじゃない。

少し古い、純喫茶みたいだ。

その場が、そしてそこにいる自分がわずか、ほんのちょっと前の自分より更新されている感覚を理解できるような。

不思議な確証だ。

このアニメは、後に傷跡になるような痛みを伴わない。

大きな潮流でもない。

けれど、わずか一滴の雨粒が大河の流れになっていくような、そんな始まりを予感させてくれるアニメだ。


本当にアニメが好きな人に。
自分の心の棚にそっとしまっておきたい本作をオススメします。

投稿 : 2020/04/30
閲覧 : 184
サンキュー:

2

Maskwell さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.9
物語 : 1.0 作画 : 3.0 声優 : 2.0 音楽 : 1.5 キャラ : 2.0 状態:途中で断念した

カメラワークを意識した作画

作画面では色々しっかりとしているところがあって驚いた。
科学的な面ではつっこみどころしかなかった。

投稿 : 2018/03/18
閲覧 : 251
サンキュー:

0

ネタバレ

Lovin さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

観た感じ

■情報
 {netabare}原作:鶴田謙二

 監督:本郷みつる
 脚本:島田満
 キャラクターデザイン:柳田義明
 制作:亜細亜堂
 時間:40分強

 主題歌:「夢の扉」
    by 日高のり子
{/netabare}
■感想
 知識:原作漫画未読
 鑑賞:動画
 概要:日常型夢見心地系
 成分:天回、恋心、発明
 設定:独り語りをはじめる老人は…

 {netabare}タイトルの「Spirit of Wonder」を機械翻訳にかけると「不思議の精神」となる。この翻訳で正しいのか慣用句的な遣い方が有るのかは不明。私が観たのはOVAである「チャイナさんの憂鬱」で当然のようにチャイナさんが主人公では有るが、不思議を起こすのは別のキャラである。
 この作品は「モーニング」及び「月刊アフタヌーン」に掲載された漫画を原作としており、掲載誌に対する個人的なイメージから名作率が高いと感じている。この作品が名作か否かはさて置き、個人的には巻き起こる不思議の代償に目が行ってしまう位に大胆な不思議が展開される。
 私が観たこの作品で起こる不思議は地軸を揺るがしかねない規模の、或いは天文学的に地球の存亡に係わるレベルの大規模なものである。余計な知識があるとこれが気になって仕方ないが、確かに夢は山盛りでロマンチックと言えるかもしれない。アレがチャイナさんの憂鬱を解消する意味を持っているなら、チャイナさんはめっさときめいたかもしれないが、もしそういう意味があったなら物語はここで終ってしまうかも知れない。
 チャイナさんについて少し触れておくと、チャイナさんはウェールズで小さな店(食堂)を営んでおり、{netabare}店の二階に住む家賃を滞納している発明家の店子二名{/netabare}が不思議を巻き起こす元凶なのである。チャイナさんが何故チャイナさんなのか、それは{netabare}何時もチャイナドレスを着用して居り、日本人がイメージする中国人らしい訛りの有る喋り方{/netabare}をするからだと連想できるが真実は不明である。
 制作時期から考えると今では懐かしさを感じるキャストばかりである。チャイナさんは日高のり子、{netabare}発明家の若者{/netabare}は柴本浩行、{netabare}発明家の爺さん{/netabare}は波佐間道夫、原作は未読なのでキャラは不明だが、横山智佐、平松晶子、茶風林と言った名前もクレジットされている。そしてこの作品の製作は、今は無き東芝EMIだったりする。
 この物語は少しコメディ寄りでは有るが、笑い転げるようなコメディはなく、軽くニンマリする程度の笑いがある。おそらく正しい捉え方は夢の有る「ファンタジー」なのだと思うがWikipediaには「SF」とあり、結局のところ観た人の感受性に依存するだろう。OVAとしては他にも有るが、他のOVAを観ていない私には「SF」だと断定できる要素は感じなかった。そして面白かったのかと問われれば、「フィクションだから」という条件付で面白かったと答えるだろう。それは他の観ていないOVA、少なくとも「チャイナさん短編集」に手を出したいと感じているので間違いないだろう。
{/netabare}
■蛇足
 {netabare}くっそ忙しくて暫くレビューは書いていなかったのに、

 アニメだけは、特に劇場版はしっかり観ていたので久々にUPしてみた。
{/netabare}

投稿 : 2017/06/15
閲覧 : 249
サンキュー:

15

ルカ☆ルカ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:----

投稿 : 2020/10/12
閲覧 : 42

いぬわん! さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/07/12
閲覧 : 35

かまいたち さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/04/10
閲覧 : 44

kei さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2018/05/19
閲覧 : 83

kuronotuki さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2018/02/12
閲覧 : 109

ニャンキチ君 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2017/09/12
閲覧 : 94

おふとん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2017/04/02
閲覧 : 27

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2015/10/10
閲覧 : 57

きききき さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2015/01/19
閲覧 : 78

The Spirit of Wonder チャイナさんの憂鬱のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
The Spirit of Wonder チャイナさんの憂鬱のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

The Spirit of Wonder チャイナさんの憂鬱のストーリー・あらすじ

1986~95年にかけて「モーニング」及び「月刊アフタヌーン」に掲載された、鶴田謙二によるコミックをアニメ化。天涯孤独の少女チャイナと、自称天才発明家ブレッケンリッジ博士の交流を描いた、心温まるSFファンタジーだ。監督は『劇場版クレヨンしんちゃん』シリーズなど数多くの作品で知られる本郷みつる。主人公チャイナの声は日高のり子が演じる。 舞台はイギリスの港町。中華料理店「天回」を切り盛りするチャイナさんの悩みは、居候のブレッケンリッジ博士が怪しい発明にお金をつぎ込んで家賃を払ってくれないことと、密かに思いを寄せる青年ジムもその発明に没頭していること。ある日、チャイナさんはジムから「一緒に月へ行こう」と誘われて……。(OVA『The Spirit of Wonder チャイナさんの憂鬱』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
OVA
放送時期
1992年6月3日

このアニメの類似作品

この頃(1992年6月3日)の他の作品

ページの先頭へ