「魔法先生ネギま!(TVアニメ動画)」

総合得点
62.5
感想・評価
300
棚に入れた
2099
ランキング
3922
★★★★☆ 3.4 (300)
物語
3.3
作画
3.1
声優
3.5
音楽
3.5
キャラ
3.6
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

魔法先生ネギま!の感想・評価はどうでしたか?

まさとん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 2.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ラブコメとシリアスと作画のバランス

赤松健先生のマンガが原作で2005年にアニメ化。もう15年前なんですね。
何回かテレビアニメ化されていますが「魔法先生」と日本語でタイトルの
入っているのはこれだけです(OVAは除く)。

半年間の放送でしたがスケジュール管理に失敗したらしく、特に前半
部分の作画動画の乱れは相当なものでした。キャラの手足のパーツが
大きかったり細かったり、顔が歪んでいたりしていました。
DVD等では修正されているようですが、放送当時はネット掲示板に
大量にチャプチャ画面がアップロードされていたものです。
あと、OP主題歌が毎月歌う声優さんのユニットが変更になってご丁寧に
毎月発売されたり(しかも結構売れていました)、OPで大量にキスシーン
が出てきたり、いろいろ話題は読んでいました。
たしかミュージックステーションの売上ベスト10みたいなコーナー
でこの曲がランクインしていてタモリさん含む出演者が「ええ・・」
みたいな表情を浮かべていたのを覚えています。今では毎週アニメ系
が1-2曲はランクインするのが当たり前になっていますが、当時は
まだ異端でした(CD全体も売れていましたし)。

構成というか演出上も問題が多く、全生徒に名前が与えられたのは
原作通りですが、ご丁寧に全員に声優がつき、さらに毎回のように
出番が与えられるものですから見ていて頭がゴチャゴチャしてきます。
原作は何年も続いていて(それだけ時間軸も長くなります)、それぞれ
に役割分担がなされていますが、アニメでは一斉に動き出すので
到底覚えきれるものではありません。この辺、整理してアニメ用に
本来のヒロイン格だった明日菜他数人程度に絞って他は声優をつけずに
動かした方がずっと見やすかったと思います。
しかもその生徒たちがきちんと作画されているならなおのことです
が視線がおかしかったり顎が突き出していたりという変な部分が多い
のでいわゆる「推し」にしていたファンは浮かばれないでしょう。

原作ではアクションシーンもありますが、終盤になるまでほぼ
ありません。あってもすぐにオチがつきます。
そして終盤になると唐突に明日菜の「死」というものが前面に出て
きます。棺の中の生徒の遺体が映るというのはこの手のアニメでは
非常に珍しいのではないでしょうか。
そこからは怒涛の展開になるのですが、オリジナルエピソードで
ファンには不評でしたが、テンポのいいエピソードを数回にまとめ
たので濃密な話にはなりました。方向性はともかく。

こんな感じで、原作ファンには結構不評だった第1作ですが、
視聴率は良かったようで、またDVD・CDをはじめとするノベリティ
グッズが相当売れたことで、続いてタイトルや制作会社を変更して
OVAやTVアニメとして何度も制作されることになります。

投稿 : 2020/11/28
閲覧 : 55
サンキュー:

5

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

う〜ん…

ファンタジー、ラブコメ、ハーレム作品。
う〜ん…
赤松健先生の作品ってどうしてこうもアニメ化すると別物になってしまうのだろうか?
クラスメート全員にCVは予算的に…ならば、複数掛け持ちにすれば良いだけですし、本職は演じ分けくらい出来るよ。
XEBECがダメなのか?
イヤイヤなら請け負うなよ。
そんな感じが伝わってくるもろもろがあるが、OPのビーチバレーを楽しむ女子たちはかわいい。
好みはどの娘ですか?(笑)

投稿 : 2020/10/03
閲覧 : 72

もっちょん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

クラス生徒全員がヒロイン?

魔法使いの子供先生が主人公でそこで受け持つこととなったクラスの生徒全員がヒロインで、キスしたりします。

投稿 : 2020/06/28
閲覧 : 74
サンキュー:

0

ネタバレ

ウェスタンガール さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

クラスメイトのフルネーム

クラスメイトをどれだけ覚えているだろうか。
フルネームで覚えているのは、意外と小、中学生の頃である。
嫌な奴も含め、良くも悪くも顔を突き合わせ、過ごす時間が長いことが大きかったようだ。
さて、2-Aの生徒たちである。
視聴が終わった後、ウィキに載っていたクラス名簿を使って答え合わせをやってみた。
もちろん、世代的には原作は知らない訳だが、そこには14名の顔が浮かんだ。
どうだろう、結構よい方ではないかな?

今のアニメからすると、決して上手い絵ではない。しかし、キャラクターそれぞれの設定が面白く、声優さんの個性とマッチして、とても温かみのある良い作品であった。
オープニング曲、タイトル、BGMの使い方も含め、“みなみけ”とよく似た雰囲気があったので、前半はほのぼの日常系と思い込んでいたところが、さすがの少年マガジンである。後半、特にラスト5話辺りから、シリアス展開となり、正直戸惑ってしまった。
それでも、オープニングアニメと呼応して、とても気の利いたKISS演出を見せてもらった。
クラスメイトそれぞれに楽しいエピがあって、一話一話ゆっくりと楽しむことのできる良作であった。
(追記)
ネギま!が先で、声優さん、主題歌も含め、“みなみけ”が寄せていった形ですね。
それから、ラストの展開はアニオリとのことで、レビュー的に、私の感想は難ありですね。

中でも、個人的に面白かったエピを少し。

いわゆる水着回で、明日菜の胸が{netabare}爆発したのには{/netabare}大笑いしてしまった。
後で軟膏を塗ってもらうシーンを加える念の入れようである。
ネットアイドル長谷川千雨の暴れ具合も面白かった。
他には、パパラッチの朝倉和美と相坂さよ、ツワブキを巡るストーリーは結構感動的で、エバンジェリンちゃんが良い所を持っていった感じ。

投稿 : 2020/05/19
閲覧 : 116
サンキュー:

8

ウィラード さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

自分はアニオリ展開の最後を気に入っている

何故かと言えば、生徒たちの可愛いシーンが見れるから
ザジが可愛かったから

OP映像は作画の影響で作画気になる人にとっては笑いものかもしれませんが
自分はこのOP映像が好きです
エヴァ、茶々丸、真名、ザジとかがキャラ設定とは裏腹に笑顔なのが面白い


主人公がショタなので
おねショタハーレムものみたいになっている
特にそれが浮き彫りなのが委員長ルート

原作のねぎまを見るのを開始する上で6巻くらいまでは消化してたと思うんで
それ用としても

投稿 : 2019/12/20
閲覧 : 137
サンキュー:

3

なまふ さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.7
物語 : 1.5 作画 : 1.5 声優 : 1.5 音楽 : 3.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

暴力系おバカヒロイン

設定がおもしろそうで見てみたんですが、自分は暴力ヒロインが苦手なんで向きませんでした。

メインヒロインが初っ端から子供に言いがかりつけて「ガキは嫌い」と言って暴力ふるうし、好きなおじさん先生が担任じゃなかったからってその好きなはずの先生の前で自分の担任である主人公の子供先生の胸倉掴んでギャーギャー言うし性格悪すぎ。
そんな女好きになれんやろ…て思ってしまうので自分には合いませんでした。

そうゆうヒロインが好きならおもしろいかもしれません。
でももともと単調な原作の作画をさらに雑にした作画だったり、棒な声優も多くて最後まで観てられませんでした。

投稿 : 2019/02/15
閲覧 : 143
サンキュー:

1

しーん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

全26話
魔法、キス、学校

投稿 : 2018/12/09
閲覧 : 146
サンキュー:

0

とまと さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.4
物語 : 1.5 作画 : 2.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ここまでは珍しい

セオリー無視の、1話目からキャラ多すぎてごちゃごちゃ(笑)
キャラデザ・作画は微妙、ストーリーは最後の方だけは起伏があったかな。

投稿 : 2018/09/30
閲覧 : 147
サンキュー:

1

ネタバレ

scandalsho さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 2.5 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ハッピー☆マテリアル

原作未読。最終話まで視聴。

アニソン好きとして、この作品の事はもちろん知ってはいましたが、ずっと未視聴のままでした。
2017年10月期より、『UQ HOLDER! ~魔法先生ネギま!2~』が放送されるのに合わせて、今回視聴しました。

オネショタ系ハーレム。基本はドタバタラブコメか?
個性豊かな生徒たちが、とても心地よい印象。
乱れがちな作画を除けば悪くなかったと思います。

そして、悪評の高い終盤・・・。
確かに終盤の{netabare}鬱展開{/netabare}は、どうなんだろう?
なるほど、オリジナルですか。

原作無視のオリジナル展開って、失敗することが多いような気がする。

投稿 : 2017/12/21
閲覧 : 220
サンキュー:

17

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

サウザンドマスターを目指して…

この作品の原作は未読ですが、有名な作品なので主人公は小さな男の子だということは知っていました。
もともと視聴する優先順位もそんなに高くはありませんでしたが、2017年秋アニメで「UQ HOLDER! ~魔法先生ネギま!2~」が放送される事を知り、それならシリーズの最初から視聴しようと思ったのがこの作品との出会いでした。

2005年に放送されたアニメなので作画には時代を感じましたが、視聴を続けるうちに気にならなくなりました。

この物語の主人公は、ネギ・スプリングフィールド…
彼は父親のような立派な魔法使いを目指しており、魔法学校の課題である「教師」になるために来日してきました。

彼が教師として赴任したのは麻帆良学園の2年A組…
31名の個性派揃いの女の子たちに囲まれて、ネギの魔法の修行は順調に…という訳には全然いきませんでした。
彼が魔法使いであることは生徒たちには秘密にしていなければいけませんでした。
もし、誰かに知られてしまうと故郷に強制送還されて魔法使いの資格を剥奪される上、動物の姿に変えられてしまうという厳しい掟があったからです。

だから人前で魔法を使うなんて以ての外…なのですが、そうも言っていられない事態に次々と巻き込まれてしまうんです。
こうしてネギと2年A組31名で紡ぐ物語が動いていきます。

物語の視聴を始めた序盤で気付いたこと…
それはネギ君がクラスの女生徒からめちゃくちゃモテるということ…

確かに容姿は可愛いし、学校も飛び級で卒業したから2年A組の生徒たちよりも年下というあり得ない設定が拍車をかけているのかもしれませんが、
クラスみんながみんな年下のお子ちゃま好き…は流石にありえないと思い…たいです。

でも、ネギ自身がトラブルに巻き込まれやすい体質なのですが、クラスのみんなを危険に晒さないようにと身を挺して守ろうとする姿は正直格好良いと思いました。

ですが、完走して振り返ってみるとネギがこのクラスの担任になったのは運命だったのかもしれません。
なぜなら、背負った十字架から生徒を開放するには魔法の力が不可欠だったから…

何かに縋りたい…
「助けて」って心が叫んでいるのにその一言が声にならない…
誰にも気付かれないように精一杯明るく振る舞って、いっぱい無理して…
体中の震えが止まらないのに、言えたのは「ありがとう」の気持ちだけ…
約束の期限は全然待ってくれなくて…

彼女のことを蔑ろにする…そんな薄情な人が2年A組にただの一人もいないことは私にだって分かります。
トレードマークだった髪飾りの鈴…その鈴が音色を奏でなくなるなんて…
まさか、この作品でボロ泣きするとは想像すらしていませんでしたが、メインヒロインである神楽坂明日菜の背負った十字架に私の涙腺は全く抵抗できませんでした。

他にも2年A組の様々な生徒を軸に物語が展開されるので、見応えは十分すぎるくらいでした。
生まれたときから背負った宿命…ゆっくり育んできた気持ち…
手を変え品を変え…というのはこういうことを言うんでしょうね。
気になる方は是非本編でご確認頂ければと思います。

オープニングテーマは、「ハッピー☆マテリアル」
エンディングテーマは、「輝く君へ」と「おしえてほしいぞぉ、師匠(マスター)」
どれも麻帆良学園中等部2-Aが歌っています。

2クール26話の物語でした。
正直こんなに面白い作品だとは知らなかったので完走してビックリしています。
でも2期の視聴に良い弾みが付きました。
引き続き2期を視聴したいと思います。

投稿 : 2017/12/17
閲覧 : 240
サンキュー:

19

どうへい さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ラストのほうが微妙だった

ラストのほうが微妙だったが
ラブコメ回は、ほとんど面白かった

投稿 : 2017/11/26
閲覧 : 144
サンキュー:

3

ootaki さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

古いですが

この作品から始まったアニオタへの最初の階段ですが、作画がばがば、ヒロイン火葬等あり得ないことと?な部分が多過ぎてワケわかんないで見ていたので、評価がなかなかできない作品なので、オススメしません。

投稿 : 2017/11/20
閲覧 : 106
サンキュー:

4

ネタバレ

どらむろ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 2.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ショタ先生と、中学生少女たくさん!魔法ファンタジーと学園ドタバタラブコメ時々バトル

00年代の週刊少年マガジンを代表する人気漫画原作の第1期、全26話。
10歳の子供先生が、女子中学生クラスの担任として、ドタバタコメディーやラブコメ、時々魔法バトルしたり…
前半の作画崩壊が看過できぬのと、終盤のオリジナル展開に難あり(私的に終盤許容範囲)。
それ以外は、魔法アリの学園コメディーとして十分面白いです。
オネショタ&百合友情も見所。

…2017年10月より、本作の未来が舞台の「UQ HOLDER! ~魔法先生ネギま!2~」放送予定との事。

{netabare}『物語』
10歳の天才少年ネギ・スプリングフィールドが、神楽坂明日菜(メインロイン)たち女子中学生の担任教師に!
しかもネギ君は実は魔法使いで、先生になったのも魔法の修行なのであった…
当然というか、可愛いショタ先生は生徒たちに大人気なのだった。
(終盤や一部シリアス回以外は)概ね明るく楽し気な雰囲気、子供魔法先生に存在感負けてない女子中学生たちのドタバタコメディーも良い感じ。
図書館がダンジョン化している等のファンタジー要素も楽しいです。

いや~、これは良いオネショタだ!ハーレムオネショタとしては、露骨さは控えめな感じ。子供ならでは。
と思いきや、次第に先生と生徒の関係(普通の先生生徒とは年齢差逆)活かした独特のラブコメ展開(宮崎のどか、、綾瀬夕映)が萌えたり、かと思えば年長者らしい貫禄ある生徒(長瀬楓、エヴァンジェリン・A・K・マクダウェル)の影響で少年漫画らしく成長したり。
ラブコメは結構真摯、少女たちの切ない想いや、友人との友情は尊いです。

少年漫画の学園魔法バトル要素は真剣なものの、学園コメディーを損なわない程度。
ネギ先生はシリアス、生徒たちは楽しくドタバタと異能バトルに参加してシリアスブレイクする感じ、バトルが適当なのはむしろ持ち味かも。
京都修学旅行編のバトルが殆ど削られたのは惜しいものの、肝心の見せ場(乃香と刹那の友情、エヴァンジェリンの敵ボス瞬殺)はバッチリ盛り上がった。
…当時リアルタイムで少年マガジン読んでで(エヴァ強えええええ!?)と大いに燃えた記憶が。

個別回では、数十年前に亡くなって教室の地縛霊になった、相坂さよのエピソードがかなりハートフル。
地縛霊ゆえに誰からも気付かれない寂しさ、忘れていたツワブキの花の大切な想い出…
報道少女の朝倉和美との交流と顛末が感動的。
…終盤のアニオリが評判悪い一方で、本エピソードのような秀逸回もある。

本作がファンの間で黒歴史と言われる、終盤のオリジナル展開
{netabare} 明日菜が急に倒れてそのまま死亡、火葬と葬儀が執り行われ、ネギが悲しみのあまり闇落ちしてしまう {/netabare}
直前まで兆候が無く、たまにバトルはあれどドタバタ楽しい作風だったので、一気に冷水浴びせられる超展開。
こういうルートもあり得る、終わり良ければ…なので、そこまで致命的ではない気もしますが。
基本お気楽なアニメだったので、ここまで陰鬱シリアスにしなくても他にやり様があったのでは…

総じて楽しく視聴できる学園ファンタジーでした。
一部生徒以外はモブに近いのは残念ながら、広く薄く個別回よりも、全体でドタバタな雰囲気重視は悪くないです。
…2期や劇場版、OVAも良い感じ、ネギま!はやはり流石です。


『作画』
前半の作画が明らかに拙い。
このジャンルは多少作画悪くても最低限の可愛さあれば満足なんですが、これは看過できない。
ドタバタ回はともかく、ラブコメなど萌えるべき回の評価下がってしまう。
後半作画が改善、バトルはともかく、キャラデザ面の可愛さは確保。

『声優』
佐藤利奈さんのショタ声良いです。キャラ多く豪華声優陣。
明日菜の神田朱未さん、 いいんちょの皆川純子さん、木乃香の野中藍さん、刹那の小林ゆうさん等々。
宮崎のどかは能登かわいいよ能登でした。奥ゆかしい系の能登麻美子さんかわいい。
タカミチは井上倫宏さん、マスターキートンです。

『音楽』
OP「ハッピー☆マテリアル」を生徒たち持ち回りで歌ったり、キャラソンとして良い感じ。
本作の雰囲気に合った明るい曲。


『キャラ』
10歳の天才児で魔法使いのネギ先生は普通ならチートキャラなんですが、他の存在感も強いので丁度いい感じ。
年相応の可愛さ健気さ、背伸びした責任感や向上心が個性的な生徒たちと相乗効果でキャラを立てている。

女子生徒が31人もいて、出番に差があり半数以上モブ同然ながら、キャラ層は厚いです。
大人の男性タカミチや、賑やかし&解説役のオコジョも活躍。
何組か友情のカップリングあるのが良い。

メインヒロイン・神楽坂明日菜はネギのお姉さんのような、相棒のような存在。
最良のパートナー感好きです。
バカレンジャー筆頭だけど、他が破天荒過ぎる中では比較的常識人だった印象。
ネギとも本音で向き合い、憧れの高畑先生へのいじらしさなど年相応の可愛さ。

本屋ちゃんこと、おとなしい宮崎のどかちゃん可愛いです。能登かわいいよ能登。
オネショタ恋愛…があまり気にならない位、純粋な恋心がいじらしい。
「ラブひな」のしのぶちゃんといい、奥ゆかしい系は萌えます。

のどかの友人、綾瀬夕映もかわいい。冷静ぶっているれけど実は子供、でもやっぱり賢い。
終盤ちょっとやり過ぎた感ありますが、のどかとの友情尊いです。

いいんちょこと雪広あやか、典型的なお嬢様かと思いきやオネショタ急先鋒だったり、でも常識人苦労人だったり。
彼女と明日菜の関係もある意味理想的な良き友人であった。

最強吸血鬼エヴァンジェリンは最強っぷりと、かたなしなロリっぽさのギャップで萌え。
京都編のボス瞬殺はシビれました。
もう少しあざといデレが見たかった。

人間らしい感情芽生えてデレるロボット娘、茶々丸さんもポイント高い。
こういうキャラ好きです。

このか&刹那の京都組も尊い。お嬢様を守る決意な美少女剣士!
京都編が短かったのが残念。

この他謎の実力者いたり、おバカだけど謎の強さあったり、存在感で魔法先生に負けてない生徒多数。
幽霊少女と報道少女の友情も良い。{/netabare}

投稿 : 2017/08/03
閲覧 : 174
サンキュー:

26

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

うるうる。

明日菜が死ぬ所にうるうる。
この会ほんまやばい(´・ω・`)

投稿 : 2017/01/24
閲覧 : 166

刻様(こくさま) さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.3
物語 : 1.5 作画 : 1.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.5 キャラ : 1.5 状態:観終わった

魔法先生ネギま!✧見た感じ(koku✱20)

アニメ視聴後 原作へ
といった流れで見ました

アニメを最初に見たのは よかったかもれませんが
そうすると やっぱ原作がかなりよかったみたいで
ギャップで ちょっと残念な感じに

それでも まあ 登場人物
クラスですね31人の女性がいますので
お気に入りキャラとか できたら普通に楽しめるかと

そうでなくても
普通に楽しめるとおもいます

友情とか恋愛に戦闘
見所は色々あるとおもいます
間に笑いもいれてくれるので飽きずには視聴できるとおもいます

原作からアニメ見ちゃうと
作画の崩壊がひどいです
オジリナルストーリーも・・・うん もっと頑張ってほしいものです

音楽に関しては
とってもいいですね!
ネギま関係のキャラソンだったりOP、ED
素敵だとおもいます

投稿 : 2016/01/29
閲覧 : 210
サンキュー:

8

とってなむ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

悪評高いアニメ化作品ではあるが…

イギリスの魔法学校を10歳で卒業したネギが
修業のために日本の女子中等部2-Aの担任をすることを課され、
魔法を使えることを隠しながら、
彼女たち/ネギとの付き合いを通して一人一人が日々成長していくもの。
31人の個性豊かな女の子たちと1人のちびっこ先生が紡ぐ物語です。



『ネギま』の3文字は以前から知っていたのですが、
シリーズが多いために何となく敬遠していた作品です。
気が向いたので全シリーズまとめて視聴してみました。
そして本作はその中での一期に当たるものです。

ネット上では『黒歴史』の3文字が目につきます。
そう、評判はあまりよろしくないようです。
その原因はやはり後半のオリジナル展開にあるでしょう。
私は原作は未読です。
なので、原作と比べたりは出来ないのですが、
あのラスト数話の展開はうーん(´-ω-`)でしたね。
無理矢理まとめた感アリアリで、展開に付いていけなかった方も多いのでは?
無論、私もその一人です。
ヒロインの○○は衝撃的でしたし。

作画の不安定さも要因の1つに挙がるかな?
キャラテザは2期よりもこっちの方が好きなんですけどね。


ここまでネガティブ面を挙げてきました。
が、私はこの作品が好きです。
2-Aに流れる雰囲気がとても好きでした。
流石に31+1のキャラ一人一人に焦点を当てるのは厳しいものがありますが、
この作品はそれでもそれぞれの魅力を十分に引き出していたと思います。
キャラ同士の繋がりも密接で仲の良さが伝わってきました。
それによって、クラスの団結感を感じ取ることができました。

単体では、
木乃香、のどか、夕映、エヴァンジェリン、まき絵
あたりがお気に入りです。
まき絵の扱いが素晴らしかった。笑
声優が適役だったことも大きいですね。


本作の魅力として個人的に挙げたいのは、笑いに関する点。
テンポの良いギャグが小刻みに挟まれるので、観てて飽きませんでした。

物語も中盤にかけてまではそれなりに楽しめましたし、
私のなかでは、比較的満足度の高い作品となりました。



OP「ハッピー☆マテリアル」
歌ー麻帆良学園中等部2-A
ED1「輝く君へ」
歌ー麻帆良学園中等部2-A かなかな組
ED2「おしえてほしいぞぉ、師匠」
歌ー麻帆良学園中等部2-A 師匠となやめるオトメ組

OP、素敵。
とても盛り上がります。
今度、カラオケで歌ってみたいなぁ。
EDも好みですし、2期やOVA含め、ネギまは良曲揃いですね。



評判は悪いです。
原作を知らぬが勝ちとでも言いましょうか、
原作ファンの多くの方々にはアウトだったようです。
(まぁ、未読の方にも不評ですが…)

しかし、私は十分に楽しめました。
友情に恋愛、戦闘…など、見所は少なくないはず。
特に友情に関しては、感じる所も多かったように思えます。
満足です。


最近ので例えれば、暗殺教室から暗殺を抜き取ったような感じです。
例えが下っ手くそですけれど。

投稿 : 2015/10/23
閲覧 : 423
サンキュー:

31

ネタバレ

にゃじろー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 2.0 状態:観終わった

とりあえずアニメ制作者は作者に謝れ

オリジナル展開で物語をつまらなくする
opムービーでキャラ崩壊
アニメ化された部分で一番面白いエピソードをカットしまくってつまらなくする
だが声優とキャラソンは最高に良かった
原作はめちゃくちゃ面白いのに残念
イベントで公開されたムービーはよかったのにどうしてこうなった!!

投稿 : 2015/10/02
閲覧 : 224
サンキュー:

3

ヤバス 復活‼︎ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8
物語 : 1.5 作画 : 1.5 声優 : 3.0 音楽 : 5.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

原作がいいだけに残念

自分はこの作品の原作を読んでからアニメを見たのでかなり違っていて残念でした。


作画は人それぞれだと思いますが自分はあまり好きでは無かったです(多々作画崩壊しているところもあったので)(~_~;)

ストーリーもオリジナルにするならもっと工夫して欲しかったです(。-_-。)

歌はかなりいいと思います(^人^)



原作がとても良かっただけに、結構ギャップがありました。

投稿 : 2014/05/29
閲覧 : 236
サンキュー:

10

Britannia さんの感想・評価

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

┐(-д-`;)┌

(。-ω-。)ノ ・゚゚・。ポイッ

投稿 : 2014/02/28
閲覧 : 282
サンキュー:

5

あさみさん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 2.5 作画 : 2.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

アニソンを語る上では外せない

前半は作画の崩壊が酷く、後半はグダグダなオリジナルストーリーへと突入してしまうなど、良くない点が目立ちますが、アニソン史上においては大きな役割を果たしています。
本作はアニメ放送開始以前よりCD展開され、主題歌「ハッピー☆マテリアル」は毎月音楽チャートの上位にランクインするなど、大量のCDがリリースされ軒並みヒットを記録しました。
当時は今と違いアニソンがヒットチャートを賑わすなんてことは珍しく、現在に続く流れを生み出した作品ともいえます。

キャラ数が多いので一人くらいは嫁が見つかるかも…?

後に続くOADを楽しむためにも、原作漫画を読むことをお勧めします。
まあ、そのOADは原作漫画に付属しているものなのですが…。

投稿 : 2013/12/17
閲覧 : 176
サンキュー:

2

mikosaya さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

評価6

投稿 : 2013/11/09
閲覧 : 202
サンキュー:

3

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

原作が好きなだけに残念・・・

まず原作は全巻持ってるほど好きです
好きなうえでレビューを書かせてもらいます

まぁ作画は良くはないが
個人的には作画を重視する方じゃないので
それは別に気にしなかった

ストーリーも前半は原作に基本的には忠実で
そこまで悪くなかったと思うが
人数が多いためどうしても紹介しきれず
テンポが悪くなってしまっていた

そして中盤のバトルも個人的には好き
迫力はなかったがそれなりに楽しめた

後半はオリジナル展開でびっくりしたが
ああゆう可能性もあった世界として
みれば別にありだろう

総合的にみてそれなりに楽しめたのですが
やっぱりどうしても原作と比べると
見劣りしてしまう

OPは好きだった
生徒全員が変わりばんこに
歌うのは新鮮で良かった
でもOPで海で遊ぶシーンがあるんだが
そんな遊ばないキャラや笑わないキャラが
笑顔でいたりとキャラ崩壊のシーンが多いと思うw

それに今後重要になってくる
小太郎君が出なかったのも残念だった・・・

でも声優はみんな豪華だったし
キャラに合った声が多かったと思う
そこは評価できる

結果的に酷評気味になったが
僕はこの作品は好きです

投稿 : 2013/11/06
閲覧 : 372
ネタバレ

shinnku さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

え・・・そんなのアリ(汗)

魔法を使う・契約がキス・・まあ、よくあるww

・・・・先生子供!え、マジ(゜ロ゜)そんなのアリ?

この作品、ラブコメ的要素が屈折してる(汗)

投稿 : 2013/10/10
閲覧 : 178
サンキュー:

1

自由人 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

魔法で泣ける

私は、魔法アニメが大好きです
特に、魔法先生ネギま!は面白かったです

あすなに、あんな事情があったなんて、全くわかりませんでした

25話と26話を見たら、ドキドキで泣けます
最後が、びっくりすることだからけです!

皆さん!  是非、一度見てください!
おすすめです!

投稿 : 2013/10/01
閲覧 : 183
サンキュー:

4

クロッシー(・з・) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ハッピーマテリアル

ハッピーマテリアルで有名なアニメです。
1期ですかね。ネギまは途中まで原作追ってはいたんですけどね・・・
それはともかくこの当時の声優はネギ・スプリングフィールド役の佐藤利奈さん。
サトリナさんはこの時でしたっけなブレイクしたのは。
しかしうーんといった印象。というのもいずれもなんかどこもかしこも平凡(言ったら終わりですけど)なキャラばっかりだった気がします。(多分極端にキャラが多過ぎる気がするからだと思います)
なんというか、ハッピーマテリアルはいい曲だとは思いますけどね・・・
ストーリー自体は2期に比べると全然いいほうだと思います。

投稿 : 2013/06/25
閲覧 : 177
サンキュー:

5

Ssoul(輝子P) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 4.0 作画 : 2.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

私も超勉強して10歳で女子中学校の教師になったら、あんなにもてるのかな・・ まあ、今じゃあ、不可能な話だけど・・・

この作品の世界観。

私たちが暮らす世界とほとんど同じ世界。けれど、この作品の世界には迷信と信じられていた魔法が密かに存在していた。

ストーリー

ヒロインたちが通う巨大な学園都市「麻帆良学園」の麻帆良学園本校女子中等学校2年A組に教育実習生として新しい代理教師が着ました。その代理教師はイギリスのウェールズのメルディアナ魔法学校を首席で卒業した10歳の天才少年、ネギ・スプリングフィールドでした。

この作品はそんな10歳の先生と2年A組の31人の女子中学生の学園生活を描いた物語です。

私の感想。

ヒロインがとても多くてとても楽しめました。これほどヒロインが多いですと、色々大変な事が起こると思いましたら、案外きちんとまとまっていて、最高に楽しめました。ヒロインそれぞれキャラクターの個性が違い、それがとても楽しめました。

私はこの作品の原作を知っていますので、アニメを見た時は少々がっかりしました。画質が少々ひどいのです。原作はキャラクターたちがもっと生き生きしていたのですが、この作品の中ですと、かなり違和感のあるキャラクターデザインと違和感のある動きばかりでした私的にはもっとスムーズに動かして、もっと可愛くデザインしてほしかったです。

この作品の一番のおもしろい所は主人公がモテモテな所です。本当にうらやましいほどモテモテです。私もいつかあれほどの美少女に囲まれてみたいです。
私が一番好きなキャラクターは宮崎のどかです。はじめは前髪がウザイと思いましたが、途中から素顔が見えるようになり、その素顔に心を奪われてしまいました。最高に可愛かったです。

Ssoulのワンポイントピックアップ!!
「このコーナーではこの作品のおもしろい所、注目してほしい所などをピックアップし、説明したいという事です。」

この作品は少々画質が悪いですが、ストーリーがかなりおもしろいです。ですので、見る事をお勧めします。

オープニング

「ハッピー☆マテリアル」
少々強引的にキャラクター説明をした所がありますが、30人以上のキャラクターの説明でしたら、このオープニングはすごいと思います。キャラクターの個性が少しですが、出ていますし、ネギ先生との関係もかなり分かります。
そして、この作品の曲も最高に楽しめます。可愛いです。

エンディング

「輝く君へ」
ヒロインたちの寝顔が可愛いです。
曲も可愛いです。
色々可愛い所がありすぎて困ります。
キャラクター説明がもっとされていて、最高です。

「おしえてほしいぞぉ、師匠(マスター)」

投稿 : 2013/06/25
閲覧 : 257
サンキュー:

20

nk225 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

A

放送期間 :2005年01月~2005年06月
2010年頃見た
ITM

投稿 : 2013/06/01
閲覧 : 158
サンキュー:

3

ネタバレ

ヒロトシ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 2.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

今では考えられない豪華声優のオンパレード

この作品ももう8年前になりますか。とにかく今考えると豪華な声優さんが勢ぞろいしていたなという印象が強いです。ネギ役でアニメ初主演を果たした佐藤利奈を筆頭に神田朱未、小林ゆう、白石涼子、堀江由衣、野中藍、能登麻美子、桑谷夏子、浅倉杏美(これがデビュー作です)、渡辺明乃、伊藤静、こやまきみこ、松岡由貴等等、今のアニメを支えている声優さんが多く登場しております。31人の女性キャラを登場させるのも衝撃的ではありました。ですが、今では当時配役された声優さんのほとんどが現役で人気を博している人が多いのが衝撃的ですね。衝撃といえば、このアニメの主題歌『ハッピーマテリアル』が複数バージョンで発売されていて、これをオリコン上位に食い込ませようとする某掲示板の変な後押しもあって、アニオタの間では当時話題になっていたりもしましたw 実は私全バージョン持ってるんです。若気の至りという事で笑ってやってください。

読んだ事ある人は分かると思うんですけど、赤松健の漫画って絵が凄く綺麗なんですよ。だからアニメの作画崩壊とも言われるクオリティの低さはそのせいで余計目立っていましたね。元々予算が潤沢でないアニメなのは、宮崎なぎささんを監督起用した時点でお察しというか。前述したハッピーマテリアル騒動と作画崩壊で監督途中降板の印象でどうにもネタアニメとしてのイメージを脱し切れていないのが、本作にとっては不幸だったなあと私は思っています。{netabare}原作が完結していないので、途中からアニメオリジナルエピソードになりますが、明日菜が皆の前からいなくなってしまうというのは、原作版でもその要素は受け継がれてはいましたので、元々アニメスタッフが赤松さんから設定を聞いていて、オリジナルで明日菜をそのようにしたのではないかなと思います。そう考えると、オリジナル展開もあれはあれでそこそこ見れたものだとは思います。ただ前半と空気がガラッと変わったので、バランスが極端だなと感じたのもまた事実です。{/netabare}

その後、ネギま!はメディアミックス展開を順調に展開してはいましたが、いまいち話題性には欠け(実写ドラマはある意味話題になりましたがw)OVAだったり、映画だったり、テレビシリーズもシャフトの自己満足で終わったりと、原作を丁寧になぞったアニメはついぞ作られなかった印象があります。私は原作全巻持っていますが、中だるみする箇所も多いものの、結構面白いんですよ。個人的には麻帆良祭編がイチオシなんで、そこをちゃんと映像化してくれなかったのがかなり不満ですw ネギま!ワールドもまだまだ展開する予定があるらしいので、どうせなら1からアニメ化してくれないかなとファンとしてはそう願わずにはいられません。

ラブコメとしては基本良く出来ていますので、作画をどこまで許せるか、煩いと言われる明日菜の性格をどこまで許容できるか、で大分評価が違う作品です。これらを気にしなければ、中々楽しめるかと思います。ただ、アニメよりかは原作漫画の方が遙かにオススメは出来ますねー。

投稿 : 2013/04/15
閲覧 : 367
サンキュー:

24

為虎傳翼 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

そこそこ面白かったです

まあ典型的なハーレムものですね。
ただ主人公の外見は幼いのでショタですかね。

投稿 : 2013/03/31
閲覧 : 179
サンキュー:

1

ネタバレ

あるほと さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

なんとかなんとかマギステル。~~~~~~

個人的には好きでした!なんせ魔法ですから!まじ魔法とか夢があって、すごく疼きますね^^ですが、絵が悪いのなんのってかんじでした、そこが残念かなあと。OPもけっこ好きだったんですけどね。途中、あすなが死んだときはまじか、まじなんか!死んだんか、死んだままなんか!って思いましたが何とかなってよかったですよね^^俺的あすなさんかなり好きだったもんで。でもタイムマシンは反則だぜ、兄貴、それはやりすぎだぜ、ってかあいつらもはや何もんなんだよだぜ、めちゃくちゃだぜってかんじはしましたが、もう見てて気持ちいいくらい明るいってか気持ちの晴れる作品だったのでよかったです!2期はこれの続きとかではないみたいなので、なんか見る気失せちゃいましたね。ですが、ストーリーの続きは気になるのです

投稿 : 2013/03/20
閲覧 : 160
サンキュー:

6

次の30件を表示

魔法先生ネギま!のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
魔法先生ネギま!のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

魔法先生ネギま!のストーリー・あらすじ

10歳でイギリス・ウェールズのメルディアナ魔法学校を首席で卒業したネギ・スプリングフィールドが、「立派な魔法使い(マギステル・マギ)」になるための修行として与えられた課題は、日本の学校で先生をすることだった。麻帆良学園本校女子中等部にやってきたネギは教育実習生ながらいきなり2-Aの担任を任されることとなる。
生徒たちの中にも魔法の存在を知ることになる者や、実は前から知っていたという者が現われ、ネギは彼女たちに支えられながら、英雄的な魔法使いだった父の足跡を追って成長していく。(TVアニメ動画『魔法先生ネギま!』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2005年冬アニメ
制作会社
ジーベック
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AD%94%E6%B3%95%E5%85%88%E7%94%9F%E3%83%8D%E3%82%AE%...
主題歌
≪OP≫麻帆良学園中等部2-A『ハッピー☆マテリアル』≪ED≫麻帆良学園中等部2-A かなかな組『輝く君へ』、麻帆良学園中等部2-A 師匠(マスター)となやめるオトメ組『おしえてほしいぞぉ、師匠(マスター)』

声優・キャラクター

佐藤利奈、白鳥由里、木村まどか、笹川亜矢奈、桑谷夏子、山川琴美、浅倉杏美、伊藤静、神田朱未、板東愛、渡辺明乃、出口茉美、Hazuki、野中藍、石毛佐和、小林ゆう、堀江由衣、大前茜、佐久間未帆、大沢千秋、白石涼子、小林美佐、こやまきみこ、狩野茉莉、門脇舞以、志村由美、松岡由貴、能登麻美子、相沢舞、皆川純子、井上直美、いのくちゆか

スタッフ

原作:赤松健(講談社『週刊少年マガジン』連載)、 監督:宮崎なぎさ、企画:森山敦/下地志直、企画協力:ガンジス、プロダクションディレクター:羽原信義、シリーズ構成・脚本:大河内一桜、キャラクターデザイン:加藤はつえ、プロップデザイン:坂崎忠、美術監督:海野よしみ、色彩設定:こばやしみよこ、撮影監督:広瀬勝利、音楽:光宗信吉、音楽制作:スターチャイルドレコード、音響監督:鶴岡陽太、音響制作:楽音舎、制作協力:ジーベックM2/TripleA

このアニメの類似作品

この頃(2005年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ