「だれかのまなざし(アニメ映画)」

総合得点
68.5
感想・評価
298
棚に入れた
1365
ランキング
1728
★★★★☆ 3.9 (298)
物語
4.0
作画
4.3
声優
3.8
音楽
3.8
キャラ
3.7

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

だれかのまなざしの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

Jun さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ネコちゃんにまつわるショートストーリー

だけれど本当はネコ視点での親子表現では無いと僕は勝手に思う。だれかの眼差しって誰の視点だと思いますか。

投稿 : 2020/02/28
閲覧 : 121
サンキュー:

5

ネタバレ

あぱぱ さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

昔を想いつつ進むしかない

短編ストーリーらしさが溢れている「家族と絆」がテーマの作品。
6分弱の内容です。

物語は視聴者の境遇しだいで暖かく感じるものがあれば
胸が苦しくなるような気持ちにもなる現実的な内容です。

登場キャラクターは、両親と娘の3人とペットの猫。
視点は娘と父親の2人がメインになっています。

親から子供への視点と、子供から親への視点
そして家族からペットに対しての視点。
色々な角度から家族を感じられるように描写されています。

{netabare}家族がそれぞれ歳をとって、苦しくても自立して
生活する中で、若かった頃の家族への想いを取り戻す気持ちは
どんな家族でも感じることがあるかもしれないと思います。

ほんの少しの時間でも家族の絆を大切にする幸せが
作品で一番感動できることだと感じます。{/netabare}

日常生活の辛いことや、自分ひとりで悩みを抱え込んでいる方が
家族の温もりを再確認してみようという気持ちにさせてくれます。

行き詰った気持ちになった時に視聴されるといい作品です。

ナレーション平野文さんの語りがとても優しく耳に残ります。

投稿 : 2018/06/26
閲覧 : 292
サンキュー:

12

ネタバレ

りゅぅぞぅ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ナレーションが優しい・・・

 あれですよ

社会人になって 苦労している マナムスメとその父の物語


 画・演出が見たことあるなぁーって思ったら

新海さんですか

 

投稿 : 2017/08/21
閲覧 : 235
サンキュー:

4

ネタバレ

オカルトマン さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

感想

動物好きな人、ペット飼っている人は泣けてくるかも。
それ意外にも深い意味が込められていたような気が・・・

投稿 : 2017/03/02
閲覧 : 175
サンキュー:

3

ネタバレ

Miyu_miyu さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 3.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

短いアニメだけど、感動した。

短いアニメだからって、内容がうすっぺらいんじゃないかと思う人は色々見逃しています。

新海誠監督のアニメは外れがない!心底そう思います。

まずこのアニメの最初の場面、主人公が乗っている電車の外の景色の空やアパートの作画が美しすぎてため息が出ちゃいました。
語り手はその主人公の子供のときのことを思い出したり、主人公が頑張っていること、父親が色々心配している事も知っています。
これだけだと語り手が母親なのではないかと思いますが、実は主人公が小さいときに飼い始めた猫の「みぃーさん」だったという落ち。猫は死んでしまいますが、天国から見守っているかのように最後は家族に優しい言葉をつげています。

猫好きはもちろんペットを飼っている方ならわかりますね、ペットがこの世を去ってしまった悲しみ。つらいですね。私も生まれたときから猫と過ごしていました。親が私が生まれる五年前から猫を飼っていて、私はその子達と一緒に生活していたのでいつかいなくなるなどと思いもしませんでした。一匹は癌でなくなって、もう一匹は寿命でした。(でも、27歳まで生きたんですよ!)

今は新しく子猫を3匹飼っています。可愛くてしょうがありません。
死んだ二匹もこの話の猫のように、私達を見守ってくれているといいなぁ~って思います。

感動が好きな人、猫好きはもちろん是非このアニメを見てください!

投稿 : 2017/01/18
閲覧 : 159
サンキュー:

5

ネタバレ

Yas さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

.

投稿 : 2016/10/10
閲覧 : 191
サンキュー:

0

ネタバレ

てんてん さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

いいね

短編の概念が変わった。

投稿 : 2016/01/28
閲覧 : 187
サンキュー:

2

ネタバレ

くまきっちん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

新海ワールド

6分ちょっとの作品にもかかわらず独特の世界観は健在

犬猫を飼っていた方なら短いのでぜひ見ていただきたい作品です

家族の大切さ、犬や猫という家族(ペット)の大切さが再認識させられます

自分自身と重ねてしまいます

投稿 : 2015/10/02
閲覧 : 228
サンキュー:

3

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

【 だれかのまなざし 】

https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=dSKPjZyiCs8

娘と父親と猫の物語。7分を少し切るぐらいの短編アニメだが、
何処にでも転がっているような当たり前のストーリーが
とても愛おしかった。

年頃になって父親を敬遠し、大人になって独り暮らしを始めるも、
自分が守られていた場所の温もりが懐かしいクセに、
何だか素直になれない女の子(女性?)の物語。。
それを、飼われていた猫が語って行きます。

YouTubeで観れるので、興味があったら観て欲しい。

( ここからは単なる想い出 )

この物語とは設定がまるで真逆だった俺の想い出。
転校先の九州の田舎の高校に馴染めず、
友達が出来なかった俺は、学校帰りに1匹の
真っ白な犬を見つけた。

俺は何となく連れて帰り、「ハチ」と名付けた。
それから何時も、俺はハチと一緒に過ごした。
暫くすると、近所の誰かが子犬を家の前に捨てるようになって、
結局、ハチの後に、クロ、チャチャ、メリーがやって来た。
しかし、チャチャは毒殺されてしまい、
結局、ハチ、クロ、メリーの3匹になった。

同じ高校の夜間部の年上の彼女は、
別々に呼ぶのが面倒だったみたいで、
「パックロメリー」とまとめて呼んでいた。。

しかし、高校を出て東京に飛び出して行った俺は、
自然とパックロメリーの事は忘れてしまった。
パックロメリーの友達はお袋に変わった。。
息子と母親と犬という、アニメとは反対の設定だと感じた。

そして、アニメと同じように、お袋から泣きながら電話があって、
ハチが亡くなった事を、冷たい独り暮らしの部屋で聞いた。

なっ!何処にでも普通にこういう話はあるだろ?
まぁ~、俺には娘は居ないが、
アニメの中のお父さんが俺と同じ「こうじ」だったので、
あっさり感情移入してしまった。。ww

投稿 : 2015/01/03
閲覧 : 163
ネタバレ

ダレイオス さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

完成度が高い短編映画

社会人なり立ての女性アヤの人生を第三者にあたるナレーションで
語られて進むストーリーなのですが
このアニメ、7分程度の短編映画ながらかなり内容が濃いくて
最初の入りも凄く丁寧で感情移入しやすく短編映画とは思えないくらい
物語に入って行きやすいです。

最初の会社から自宅に帰宅する時の電車での辛そうなアヤの姿から始まる。
つり皮を持つ手が辛そうなナレーションの解説が入るので
社会人なら気持ちがわからなくもなくアヤの辛そうな気持ちはよくわかります。
妙にナレーションの解説が丁寧なのでそのおかげでかなり感情移入しやすい。

父親からかかってきた電話に対して元気だと振舞うアヤだけど
ナレーションで実は会社で怒られたとか妙に生々しい話が入り
父親も元気だと言いうけど実は上司に怒られたと
ナレーションで解説が入るので、社会人ならその生々しいシーンは
気持ちは痛いほどわかるし、社会人ならではのありえそうな話は現実感があり
そのおかけで冒頭からわずが数分しか経ってないとは思えないほど
物語に入って行きやすい。

最初にアヤの現状がよくわかる状態を上手く演出してから
その後アヤの子供のころの話に入るので、過去の話も頭に入って行きやすいし
過去の話は娘と父親の実にいい話で
聞いているこっちが恥ずかしくなるぐらい微笑ましいです。
冒頭の嫌な話からのギャップもあり反則的なくらい感動が訪れました。
わずか7分だけどストーリーの完成度は高い。

気になる所はナレーションがただの天の声では無く
作品中に登場するキャラであることが最後まで聞いたらわかるですが
誰なのかはすぐにはハッキリしなかった。
会えなくなると言っているのでおそらくは亡くなった猫にあたると思うけど
自分のことをちゃん付けで呼んだり少し違和感があり、アヤの生まれた時から知っているのに
猫は最初からいないし時間軸の矛盾は気になる。

作画については未来的な雰囲気に見惚れる部分はあり
光の反射加減も綺麗でかなり好印象です。
絵自体もかなり丁寧に描けているので作画的にもクオリティーは高い。
曲については雰囲気に合っていてこれはかなり良かったです。

声優さんはナレーションの平野さんが実にいい感じにストーリーを
進めてくれたのでかなり良かったです。あんまり上手くない人だったら
別の作品になっていたかも知れません。

ナレーションの正体に引っかかるのが玉に瑕ですが
短編としてはかなり完成度が高い、父と娘の物語だとは思います。

投稿 : 2014/10/29
閲覧 : 207
サンキュー:

4

ネタバレ

たいれん さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

一度見てみると良いかと。

またもやの新海誠さん作の短編アニメーションです。

長さは6分と言ったとても短い時間ですが、

先に言っておきますが

その6分はあなたの心を動かすかもしれません。

言の葉の庭や秒速5センチメートルで気になって
新海さんの公式ホームページを見たのが

この作品を知ったきっかけです。
以前見たこと、今も見てる方は分かると思いますが、
新海さんの公式ホームページ右側の新海さんの作品が一覧んい並んでいるところから拾いました。

全世界公開ということになっていましたが、配信を終了しましたとなっていたので
他サイトを当たってみました。


この作品の一番の魅力は物語の世界に移入されてしまうことに値すると思います。
僕がまだ見ていない新海さんの作品は多数ありますが、
他とは(別の新海誠作品)違うナレーション台詞みたいなのが僕の第一印象でした。

今回のテーマは「家族」だと思います。

簡単に説明すると、お父さんとそのお父さんの娘による
現実的な日常生活のお話

年が経つにつれて、娘は変貌し、父親に対する思いが冷めていく。(反抗期的な)
それが駄目なことだって実は分かってるんだけど、何故かそうなってしまう...
そして、あることがきっかけに
それが返って、愚かな行いだったということに娘は気づき始めるのです。

内容はあまりうまく説明出来ませんが、

この6分間を通して僕が学んだことは、

「家族」をもっと大事にしていこうとのこと。


僕は人につべこべ言われるのにとても嫌悪で
母親にはよく指摘されると、怒鳴って言い返したり、
相手が不快になるようなことを言ったり、そっぽを向くような行為
をしてしまう様なことがあります。

その様な振る舞いはダメなんだということが分かっていても
ついカッとなってしまうんです。(その娘のように・・・)

ということで僕は多分物語の娘に感情移入したんだと思います。
大切とか大事にと言うか、何と言うか

具体的に

「家族」に対してもっと話したり、料理を作ったり、喜ぶことをしたりなど

色々考えて行動していける人に近づいていける様
意識していきたい。

再度言いますが、うまく説明出来ないけど

6分間でそんな風に思わされました。


おばあさんのナレーションが個人的に印象的です。
あと作画、作風は神です。
近代的で発達されたグローバル化された時代を表してるところも覚えていますね。

音楽はピアノの伴奏だけだったと思いますが、物語に適切でした。

観終わって知りましたが、娘役のキャストは秒速5センチメートルに
出演されていた方でした。




色んな見方がありますが、

長さはそんなありませんし、ぜひご覧になって、

この「だれかのまなざし」を堪能してみてるのはどうでしょうか?

投稿 : 2014/04/02
閲覧 : 161
サンキュー:

6

ネタバレ

あにすきー さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

よかった

監督らしさが伝わりました。

投稿 : 2013/12/27
閲覧 : 142
サンキュー:

2

ネタバレ

レーザービーム さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

めっちゃ短い。ほのぼのした感じが狙ってる感じがして、手放しにいい話だとは言いたくない感じ。ひねくれた見方をしなければ普通にいい話だと思う。

投稿 : 2013/11/24
閲覧 : 132
サンキュー:

2

ネタバレ

ぽぽたん さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

新海らしい

画像の綺麗さ。
新海作品のお約束キャラの猫。そして電車。
いつもながら綺麗ですね。

今回は7分弱の短編。
新海誠は、短編にはやはり強いです。
(長編にも今後期待しています)

「起承転結」で分かり易い構成。
極端に仕掛け(伏線)を用意することなく
誰が観ても分かりやすい作品となっている。
さすがプロです。

新海監督作品は、やや重い感情、やるせない感情が多いのだが
本作は全体を通して、温かく優しい作品となっている。
語りかける優しいナレーション(モノローグ)も効果的だ。

「だれかのまなざし」
どんなに辛くとも、自分を見守ってくれる
たとえ傍にいなくとも、気にかけてくれている人がいる。

そんな事を考えてしまいました。

自分も、いつか見守ってくれている人に
思いやり恩返ししたいです。っと素直な気持ちになれました。

投稿 : 2013/11/11
閲覧 : 237
サンキュー:

16

ネタバレ

sherlock さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

互いに気遣い素直になれない父と娘…

いや~『言の葉の庭』の絵に感動を覚えてこのアニメを視聴したがやっぱり美しい!!

もちろん絵が綺麗だということだけではない

その繊細な絵にぴったりな繊細な心の描写…

女性の皆さんは学生時代に一度は父親を毛嫌いした時期があるのではないだろうか…

父親が娘のことを誰よりも気にかけ、とても心配してくれているのに
余計なお世話だと感じてしまった女性の皆さんも
社会に出て親から離れ、初めてそのありがたみに気づいた方も多いのではないだろうか…

ただ、そんな父に今まで出来なかった分の精一杯の親孝行をしようとする人がいる一方で
今更恥ずかしくて「ありがとう」と言えない人もいるだろう…

父というのは娘に対して人一倍気を遣うせいか
どうしても不器用になってしまい娘に上手く愛情を伝えられない
男は頑張っている姿を好きな人に見られたくないと思ってしまう生き物だから
娘には気づいてもらえなくても自分の中でそっと喜ぶ…
時には娘の幸せを第一に考えてしまうあまり娘に嫌われるようなことをしてしまうこともある

娘はそんな父の姿に「威厳がない」とか「頼りがいがない」と感じてしまったり
悪い部分ばかりが目に入り父の努力は報われない…
でも、そんな娘に子供が生まれて親になった時
父が娘に気づかれないところで
どれほど一生懸命娘に喜んでもらおうと頑張っていたのかに気づく…

しかし、父親はなにも娘に何か恩返しをしてもらいたいから頑張っているのでは決してない…
父親を毛嫌いしていた娘の姿を含め父親を大切にしてくれるようになった
悲しくもあり嬉しくもある娘の成長を見ているだけで十分幸せなのだと思う…

だれかのまなざし…これは…

娘を遠くから見守っている父のまなざし…

僕はこのアニメを観てそう感じた…
あと、このアニメの表紙に父親がいないにもかかわらず
『だれかのまなざし』というタイトルになっていることからも
陰からそっと支えてくれている父親の存在だと僕は思った…
(もちろん捉え方は人それぞれです!!)

は~い、ということで彼女もいない僕が偉そうに父親目線で語ってしまいましたが…ww
このアニメは7分45秒でこれほどまでに暖かく複雑な家族の愛情を描けるのかと
驚愕してしまうアニメなので興味がある方はぜひ一度観てみてはいかがでしょうか(´艸`*)

投稿 : 2013/11/02
閲覧 : 169
サンキュー:

17

ネタバレ

wjk_anima さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

平野文さんのナレーションベースに心がガクブル!!感動モノで…ひざ下ガックンコ\_(ノ_ _)ノどたっっ

平野文さんが、ラムちゃんだったとは思えない…ww

あっ、突っ込みどころを間違った!


とある家族の成長過程を切り口にしたナイスなアプローチには脱帽といった所でしょう…。


やられた~。 

しびれたわぁ…。


後藤「 シビれ過ぎて、耳,キィー~ンてなるわぁ…ww 」

って、

違うかぁ!w


当たり前過ぎて、気付けなくなってしまった親のありがたみや存在感!

子供が成長して行く過程であった様々なエピソードなどは唯一無二の宝物ですものね!

目には見えない絆や思いなどが、このショートフィルムを通して疑似体験させて貰えた様な気がします…。


これがいわゆる、ギフト【 GIFT 】ってやつなんですね!



本当にありがとうございます。



【 ショートフィルム作品 - だれかのまなざし - 】

野村不動産グループによる「 プラウドボックス感謝祭 」、そのシアター映像として作らせていただいた作品です。約6分40秒。課題としていただいた「未来」「家族の絆」という大きなテーマを、どのように短い時間で娯楽アニメーションの枠組みの中で語るかに腐心しました。
そのためのキーとして本作で用いているのは、平野文さん〔ひらのふみ〕による「語り(ナレーション)」です。
ナレーションを状況説明や心理描写に留めず、作品の構造そのものとして使うことを試みています。
シンガーの和紗さんによる美しい主題歌や映像スタッフの力量とも相乗して、繰り返しお楽しみいただける短編作品になり得たのではと思っています。

投稿 : 2013/09/25
閲覧 : 236
サンキュー:

24

ネタバレ

杞冬@あずさ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

Third Person

新海誠監督の7分程度の作品。
日常にある幸せ。
平凡だけれどすべてが幸せと感じたあの頃。
日常が幸せと感じる年齢にはまだなっていないけど、
いつかそんなときがやってくるのでしょうか。
まだガキだからちゃんと理解できていないと思います。
短いながらもとても暖かい作品でした。

だれかのまなざし。
それが誰のまなざしなのかは言わなくとも。
幸せはきちんと続いてという言葉は心に響きました。
幸せは連鎖していく。
今の幸せを大事にしよう。

投稿 : 2013/09/17
閲覧 : 222
サンキュー:

22

ネタバレ

もぐりん。 さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

約7分間で流れる涙がある

監督:新海誠さん 野村不動産グループによる「プラウドボックス感謝祭」用で
全体で7分40秒 前後に30秒の野村不動産のCMが入るので実質6分40秒の
ショートアニメーション    YouTubeで公式に配信中のものを視聴

Twitterで公開を知って、最近キャッチユーザーからのレビューが多くアップされて
いるので、視聴してみました。

舞台背景は近未来、とは言っても人の暮らしは現在とあまり変わらない、色んな意味で
今の自分の状況に近い感じの設定。

飼い猫のみーさん視点で描かれた主人公のあーちゃんと、そのお父さん、そして
みーさんとの家族愛や絆の物語。

語り手はうる星のラムちゃんでお馴染み?の平野文さん、優しく語りかけるような
感じで心に沁みてきました^^ 

親離れした娘と娘を常に気遣う父親、みーさんも含めてみんなどこか寂しいんだよね。 

まぁ、ボク的にちょっと思うこともあって、最初から最後まで泣いてました(;^_^A
たった7分のアニメですが手抜きは全く感じられませんでした、新海誠さん、
素晴らしい監督さんですね改めて認識しました(´▽`)

まだ配信中(2013/09月現在)で、サクっと見れるので是非視聴してみて下さい。

投稿 : 2013/09/14
閲覧 : 312
サンキュー:

34

ネタバレ

Lovin さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

見た感じ

■概要

 YouTubeで視聴。

 社会人となって一人暮らしを始めた主人公が、仕事に追われ付かれきって帰宅したところに父親からの電話が入るという導入になる。

 本作品は5分程度の短編映像である。何らかのイベント?に使用された映像らしい。急に次々とレビューが上がってきたので私も書いてみた。


■主な登場人物

 本作品は短編であり見ればわかるしネタバレになるので登場人物は書かない。


■感想

 視聴前の期待度は3段階で★★と普通。普通と言いつつ新海誠監督作と聞いて少し期待してみたが、期待にこたえてくれる出来だった。

 今回は本当に長文でネタバレ{netabare}

 最初ストーリーテラーが猫のミーさんだとは気付かず母親なのかと思っていたが、本作品に母親はほぼ登場しない。ミーさんは亡くなる事になってしまうが、幽霊というものがあるとするならば、幽霊が回想しているという視点で全てを見渡しているかのように語られているのが物凄く切ない。

 あーちゃんは成長するに連れて徐々に父親を避け始めるが、これは子供としては普通の反応、ましてや女性ならば男性よりも拒否反応は大きいのではないかと思う。だがあの年齢までそれが持続するものなのだろうか。疲れ切ってはいても、いやだからこそ父親に食事に誘われたら喜んで行くものではないのかと疑問は残るが、それすらも億劫なのだろうと解釈した。

 そしてお父さん、そんな娘の気持ちを思い遣れる凄い人格者だ。アパートの近くで電話した後、消費されることの無くなった二人前の弁当を手に家路に付く背中は、子育てを終えた安堵感など無く、娘に会えない寂しさ、親離れしていく娘に対する焦燥感に似た悲しさが滲み出ている。

 ミーさんが亡くなった後、食卓でお父さんが放った一言はかなり重い。愛し合って結婚したはずのお母さんよりも、自分がつらい境遇にあっても思い遣れる大切に育ててきた娘よりも、ミーさんが亡くなったことが一番辛いなんて、言葉通り受けるべきではないが、巣立って行った娘の代わりに引き受けた世話係をするうち、逆にお父さんがミーさんに依存していた事実が伺える。

 結びの部分でお父さんの新しい「彼女」を見に来るあーちゃん、二人を見ながらあーちゃんの幼い頃を懐古するお父さん、不意にチャイムを鳴らし帰ってくるお母さん、奇しくもミーさんが亡くなったことを乗り越えて血を分けた家族が再び一つとなる。それを見届けたミーさんが安心して永眠したであろう心境が「それでも、幸せはきちんと続いていくと、あなた達はもう知っている」の一言に詰まっているように思えた。{/netabare}

 今まで新海誠監督に対して持っていた印象が全く違ったものになった作品だった。といっても2~3作品しか見ていない訳なのだが、ネガティブな結末しか迎えることの無いものだと思っていた。短編で悲しさ以外の理由でウルッとしてしまった自分が少し恥ずかしい。

 それに記憶が鮮明ということも否定しないが、この短編でこれだけの言葉が溢れてくる作品も、私にとっては珍しい。何気なくありそうな物語だが、それをこれだけ情緒豊かに描く新海誠監督はやはり凄い。新海誠監督作品が特別好きというわけでもないが、この作品には一言で表したくないものが山のように詰まっているように思う。


■作品の傾向

 本作品は短編な上無料で見られるので、老若男女問わず全ての方にお奨めする。若い人には若い人なりに感じるものがあるだろうし、子育てを終えたような年配の方には共感できる部分も多いだろう。


■蛇足:{netabare}

 それにしても相変わらず小川真司さんは言い声をされている。

 因みに、私にも姉はいるが、その姉があーちゃんと同じだったのかどうかはわからない。

 今でも父親を憎んでいるくらいだからもっと違う感情がある(大体わかるが)のだと思う。

 しかも一家離散に近い状態で、勤めていた看護師を辞め占い師になると言い出し現在音信不通だ。
{/netabare}

投稿 : 2013/09/13
閲覧 : 306
サンキュー:

35

ネタバレ

fusoso さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

わずか7分弱でこの威力

企業CMか何かのために製作された短編アニメだそうです。

現代のようで、少し近未来。

語り口もやわらかく、落ち着いて見れます。

作画の綺麗さは流石というしかないですね。

どこにでもある普通の親子関係。
自らを重ねて、胸にくるものがありました。

期間はわかりませんが、youtubeで無料で公開中のようです。

投稿 : 2013/09/12
閲覧 : 206
サンキュー:

8

ネタバレ

ヴィーザル さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

タイトルなし

泣けた。

投稿 : 2013/09/12
閲覧 : 235
サンキュー:

3

SSI さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/12/15
閲覧 : 4

Nix さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/11/17
閲覧 : 5

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/09/11
閲覧 : 8

アレ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/12/11
閲覧 : 31

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/10/24
閲覧 : 32

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/10/24
閲覧 : 34

AKIRA777 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/02/04
閲覧 : 40

m3 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2018/11/20
閲覧 : 43

ひみこ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2018/05/12
閲覧 : 47
次の30件を表示

だれかのまなざしのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
だれかのまなざしのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

だれかのまなざしのストーリー・あらすじ

就職を機に一人暮らしを始めた社会人2年生の岡村アヤ、通称「あーちゃん」と、お父さん、お母さん、猫のミーさんが織りなすストーリー。野村不動産グループ「プラウドボックス感謝祭(2013年2月)」のオープニングフィルム。(アニメ映画『だれかのまなざし』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
アニメ映画
放送時期
2013年2月1日
制作会社
コミックス・ウェーブ・フィルム
主題歌
≪ED≫和紗『それでいいよ』

声優・キャラクター

平野文、花村怜美、小川真司、遠藤璃菜、下崎紘史、石嶋久仁子、藤原由林

スタッフ

監督:新海誠、脚本・絵コンテ・演出:新海誠、作画監督・キャラクターデザイン:鈴木海帆、演出助手:大賀まこと、原画:新井亨/山本早苗/鈴木海帆、美術監督:丹治匠、美術背景:丹治匠/DR MOVIE、動画検査:鈴木香理、動画:鈴木香理/オレンジアニメーション/TripleA、色彩設計:三木陽子、色指定・検査:仲條貴子、仕上げ:関根里枝子/戸塚千夏/オレンジアニメーション/TripleA、3DCG:竹内良貴、撮影:三木陽子/尾身千寛/新海誠、アニメーション制作協力:木曽由香里/鮫島康輔、音楽:松浦晃久、キャスティング:新沼愛/等々力佐和子、音楽制作:井田鉄太郎/日下雅之、音響効果:髙橋直樹、録音:横山喜朗、制作:伊藤耕一郎/岡村慎治/西窪昌志/辻野好信/横山和弘/佐藤恵、製作:佐藤信仁/岡村華代

このアニメの類似作品

この頃(2013年2月1日)の他の作品

ページの先頭へ