「劇場版 ガールズ&パンツァー(アニメ映画)」

総合得点
78.3
感想・評価
843
棚に入れた
4301
ランキング
477
★★★★★ 4.2 (843)
物語
4.2
作画
4.4
声優
4.2
音楽
4.2
キャラ
4.3
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

劇場版 ガールズ&パンツァーの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

まさとん さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

徹頭徹尾、戦車vs戦車

TVオリジナル作品だったガールズ&パンツァーの劇場版になります。
2015年暮れ公開ですが、好評につき翌年のかなり遅い時期まであちこち
で公開延長されていましたね。最終的には25億円に達していて、オリジナル
の深夜アニメ出自のものとしては異例の大ヒットになりました。
もともとはもっと早く公開の予定でしたが、制作の遅れということで
この時期になったようです。
また劇場公開ということであればこの前にOVAの「アンツィオ戦」が2014年に
限定公開されています。

劇場公開当時数回見に行きました。4DXは体験していません(近所になかったので)。

序盤の大洗市街地をボコボコにしながらのエキシビジョンゲームから大音量の
炸裂音・戦車の軋む音などが続きます。終了後にTVシリーズでカタがついた
はずの廃校問題が蒸し返され、「大学生相手に勝利すれば廃校撤回する」
という文書(前回は口約束だったので反故にされましたので)をとりつけます。

そして後半は大学生選抜vs大洗女子学園との戦車バトルが行われます。
最後は選抜側の戦車を破って大洗側の勝利。そして廃校は撤回されます。

あらすじだけを言うとこの程度で終わります。実にシンプルです。
120分これで持ってしまいます。メリハリの使い方が上手なので中だるみ
しません。

戦車は30両vs30両です。特に大洗側は他校からの一時転校生という裏技
を使っての助っ人を入れるとおそらく60人程度の名前のついたセリフつき
キャラが入り乱れます。しかし役割分担がはっきりしているのと、単なる
キャラクターでなく元の高校→戦車の種類→中のヒエラルキー→個人名
に上下がついているので、割と覚えやすいです。

戦車の種類も超小型のものから列車砲まで多彩です。元からの戦車マニア
でもない限り知らないタイプが次から次へと出てきますが、みな見せ場が
あります。 ちなみに自分は2-3種類くらいしか戦車の種別は名前程度
でも知りませんでしたが、特に問題なく楽しめました。

TVシリーズでは時間や予算の関係上戦車の動きがややぎごちなかったり、
軽い感じで動いていたところがあったようですが、そういうところは劇場
版になって予算も時間もついたこと、ノウハウが出来たこともあって
非常に重厚感があります。またTV版以上に良く動きます。

ほとんどがTV版やOVA版で出てきたキャラクターですので(例外は知波単
と継続高校のメンバー数名と大学選抜の島田愛里寿隊長以下の数名程度)
わざわざ生徒別のエピソードをつくる必要はなく、ストーリーは上記の
ように数行で説明できるレベルでシンプルです。潔いまでにキャラクター
の掘り下げは放棄されています。わずかにみほとまほの関係が語られる
だけです。
その代わり「こんなんありえないでしょ」というレベルなども
含めて戦車の動きと戦術は練り上げられています。

出てくるキャラクターは悪役になるお役人と戦車道連盟会長以外全員
女性ですが、キャピキャピした場面は中盤のボコミュージアムのシーン
のみです。みほが一番テンション高いのはこの場面だったりします
(戦車乗車中はずっと眉間にしわを寄せているので)。
登場人物は女性ばかりですが、ノリは少年バトルマンガです。それも
古い少年ジャンプ的です。大学選抜戦開始直前にかつてのライバル達が
助っ人として各々の戦車を駈って名乗りを上げるあたりはそのものズバリ
であろうと思います。

見終わった後、何か人生の役に立つようなモノを得たのか?と
言われると何もないのだろうと思いますが、エンターテイメントを見た、
という点では最上点レベルだろうと思います。

終了後も余計なエピソードを入れずにそれぞれの帰途を描いて無音の
まま終わります。冗長な感じがなくなり、すんなり終了できました。

頭をスッカラカンにして見て楽しめるアニメでした。

投稿 : 2021/02/14
閲覧 : 64
サンキュー:

11

ネタバレ

岬ヶ丘 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 3.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

TVシリーズよりもさらに進化した映像技術

 TVシリーズでも大迫力だった、戦車の戦闘シーンがさらに進化している! しかも今回は各校のメンバーが勢揃いのオールスター戦。これだけ多くのキャラクターと戦車を複合的に動かすなんて、本当にすごいことだと感心した。

 ただより戦闘が複雑になったことや、戦闘シーンの場面転換が早すぎて、戦闘の経過がほとんど把握できず、ただ戦車が戦っている姿を見ているだけ、みたいな状況になってしまった。観覧所が倒れてくるシーンとかの迫力はすごかった。

 また砲弾の威力が強すぎて、「これ絶対ケガするよね! 無事で済むわけないよね!」というシーンは以前よりも増え、フィクションと分かっていても見ていて心配な気持ちになった。また町の建物や道路が壊れていくのも、フィクションとはいえ心苦しくなる。

 一方の物語についてはTVシリーズで大洗高校が優勝して廃校を免れたと思ったら、「実際は検討しただけで、やっぱり廃校です」というのはさすがに無理がある気がする。物語にはあまり感情移入できなかった。相手チームも年上の大学生という感じがせず、本当にこの人たち強いのか?とやや疑問。ただ西住姉妹のわだかまりがなくなり、協力プレーするシーンはよかった。

 制作陣の戦車へのこだわりや魅力が、最大限詰まった作品だと思う。戦車好きにはたまらない一作なのだろうが、一般人の私は少し冷めた目で終始見てしまった。

視聴日 20/5/25

投稿 : 2020/09/20
閲覧 : 45
サンキュー:

2

ネタバレ

tomledoru さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

一番情けないのは日本製戦車ですが

ガールズ&パンツァー,この作品の魅力は,
あえて言うなら,「戦車道」という,
格闘技?武道?を女子高生がするという発想かなあ。

面白く見させてもらったが,でもこれは,もろ刃の剣。
女子高生にさせるものも「ネタ切れ間近」かな。

従来の少女マンガで取り上げられてきた
テーマに加えて,

ロボットも,モビルスーツ系も,

戦闘用に変身するもの,
格闘技も,銃や大砲,
列車・飛行機(戦闘機)はたまた
軍艦・宇宙船・宇宙海賊

(名前だけでなく,実際に・戦艦・護衛艦を操縦)

までも,女子(高校生)にやらせるのは良いですが,
もうそろそろネタ切れでしょうね。あとは,
くだらない二番煎じになるのは読み切れます。
どう発想の転換をするのかなあ。

新しいジャンルは出てくるのでしょうか。

戦車好きと,やや萌え好きの人には
たまらない作品でょうね。
軍艦と戦闘機には詳しいのですが,
戦車の知識はちょっと劣るのでいろいろ調べてみました。
一番情けないのは日本製戦車ですが。

投稿 : 2020/05/12
閲覧 : 85
サンキュー:

6

ネタバレ

クタクタ さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

完成された見事な劇場版~夢のオールスター戦~

アニメ本編での優勝によって廃校を免れ、無事高校生活を送れるかと思いきや、まさかの夏休み終了後の廃校。いくら学園艦に予算がかかるといっても、年度の途中で廃校というのは効率が悪すぎないか?そもそも廃校で町が1つに消えるってのも恐ろしい。

そこで動いたのが行動力の化身、生徒会長。あそこまで交渉できるのはもう立派な町長だよ。にしても優先して大洗を潰したい国の役人とは。学園艦自体は限られた高校しかないのか。


そして始まる廃校を防ぐための大学選抜との戦い。どう考えても戦力が足りないところで駆けつける、全国大会で戦ったライバル達の登場に燃えないわけがない。激アツ。
皆が大洗の制服を着てたり、カチューシャのあの登場の感じはたまらんかった。

試合に関してはもう常にドキドキしっぱなし。劇場版にふさわしい音響作画への気合いのは入りようは凄まじく、それぞれのキャラが立ったそれぞれの戦い。相手の秘策を止めるための継続高校の戦いっぷりは見事。カチューシャは生き残されたわりには、活躍シーンが少なかったような。

最後の2対3になってからの戦いは、最高のクライマックス。ここが叩きどころといかに違和感なく、分かりやすく見てる側に伝えるか。わざと音声を入れなかったり、本当に演出が良かったと思う。
敵の倒し方も最後は姉妹での共闘と最高の盛り上がりだった。


もちろん負けるはずもなく、ようやく無事廃校を免れそれぞれの場所に戻る見事な終わりだった。


最高、見事と偉そうな言葉を何回も使ったが、それだけ完成された素晴らしい作品だったと思う。ここまでくればガンパンの勢いに飲まれっぱなしよ。
戦車を全然知らなくても、これはやばいってヤツはすぐ分かるから誰でも楽しめる。一期みて劇場版を見てないのはもったいなさすぎる。

今回の戦いで崩れてしまっていた主人公姉妹の仲が、再び戻ったというのも良かったことのひとつ。家の敷居を跨げる日も近そうでなによりだ。


ということであの言葉で締める。
ガルパンはいいぞ

投稿 : 2020/05/05
閲覧 : 105
サンキュー:

7

ネタバレ

森可成 さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

嗚呼、ハートフルタンクストーリーですね

頭を空っぽにして、ひたすら集中してのめりこめる
至福の2時間。
ハートフルタンクストーリーなる謎の単語を
アニメ放送前に知った私のモヤモヤはここで完全に
払拭されました。

エリート校出身の主人公が戦車から足を洗う為に、
転校した高校で、再び戦車に乗って全国大会を目指す。
女子高生が戦車に乗る、それ以外は極めてシンプルな
ストーリーであったアニメ以上に劇場版は
シンプル極まりないものです。
「廃校を防ぐ!」
ただそれだけ。

このシンプルさを是とできるか、
まずそこで、この作品への適性が問われます。
はっきり言えばガルパンにはストーリーは
重要ではありません、
アクセントに過ぎないのです。

重要なのは、女子高生×戦車×スポコンという
頭のおかしいコンテンツが活きているかだけです。

アニメでも十分活きていたコンテンツでしたが、
劇場版では一歩も二歩も突き抜けてしまいました。

最初にしゃべるのがダージリン様ですから。
しかもめっちゃ撃たれてるチャーチルの中。
解説も紹介も一切なし。
そして、これだけで作品として成立するであろう
エキシビジョンへとなだれ込む。
駆動音、轟音、女子高生の叫び!

突き抜けておられる。

この開始20分でもう満足なのに
さらに押し寄せる女子高生×戦車×スポコン。

泣かせるプラウダ。
試合外でも活躍サンダース。
やっぱり頼れる黒森峰。
みんな大好きアンツィオ。
大洗連合の立役者聖グロ。
お笑い集団知波単。
影の主役継続。
強すぎる愛里寿。
もちろん大洗の各チームもそれぞれ活躍します。

その戦いを変態的な拘りを持った
作画、カメラワーク、SEが支えます。
たわむ履帯、きしむ車体、震える砲身、飛び交う砲弾。

もはや語彙力が仕事しなくなるレベルですよ。
皆が例の呪文を唱えるのもむべなるかな。

エンディングを観終わった後の寂寥感と満足感は
極大という他ありません。

笑いあり、涙あり、友情・努力・勝利あり、
人生に大切な全てのものがつまっている、
そんな作品です。

投稿 : 2020/04/22
閲覧 : 119
サンキュー:

16

ネタバレ

KomcHi さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

戦車道の高校生集合

見終えました。

全国大会で優勝すると、
学校が存続するという話だったが、
口約束なだけなので廃校は免れないと決定が。

そこで大学選抜と対戦し、
勝ったら廃校案件なしという契約を交わす。

ただし味方が6両に対し、
相手30両というかなり不利な状況で、始まるかと思いきや、
なんと全国大会で戦ってきたメンバーが、
応援に駆けつけてくれ、車両イーブンで戦闘開始。

始めは味方機がバンバン破られていて、
ハラハラする展開でしたが、
結果としてはギリギリで勝って、
学校の存続決定!

戦闘シーンも滑らかに動き、
音響や爆撃音も劇場版の方が力強く聞こえました。

戦車が余裕でドリフトしたり、
戦車でジェットコースターしてたり、
観覧車の輪が転がってくるわで、
見ていて飽きない、むしろ見入ってました。

これを劇場版でみると迫力満点ですね。
きっと皆さんも気に入るはずです。

投稿 : 2019/10/07
閲覧 : 119
サンキュー:

12

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ただの感想

公式のあらすじ
{netabare}
学校の存続を懸けた第63回戦車道全国高校生大会を優勝に終え、
平穏な日常が戻ってきた大洗女子学園。
ある日、大洗町でエキシビジョンマッチが開催されることに。
大洗女子学園と知波単学園の混戦チームと対戦するのは、
聖グロリア―ナ女学院とプラウダ高校の混戦チーム。
今やすっかり大洗町の人気者となった大洗女学園戦車道チームに
町民から熱い声援が送られた。

戦いを通じて友情が芽生えた選手たち。
試合を終えれば一緒に温泉に浸かり、おしゃべりに華が咲く。
そんな時、生徒会長の角谷杏から「急用」で学園艦に呼び戻される。
いぶかしがる大洗女子のメンバーたち。果たして「急用」とは…?

大洗女子学園、決断の時――
新たな試合(たたかい)が始まる!
{/netabare}

感想
{netabare}
ファンの人がたくさん書いてるからあんまり書くことないから
ちょっと思ったりしたことだけ


にゃんは戦車とかメカのことはあんまりよく分からないし 
ガルパン見てて戦車って言ってもいろんなのがあるんだ。。
くらいしか思わなくって
どれがどうとかってぜんぜん分からないからごめんなさい。。

でも、見てておもしろかった♪



はじめはいきなり試合がはじまってて
あんまり見たことない人が次つぎ出てて
エキシビションやってるってゆうのが分かってきた


ゴルフ場で聖グロリア―ナ女学院を追いつめるところから始まったんだけど
大洗女子の味方の知波単学園が
突撃して戦うことしか考えられなくってあんまりおばかでちょっと。。

こんなチームがほんとにあったらすぐ負けちゃうって思うけど
どうしてペアになったかフシギ?

知波単がおばかすぎて見てて気もち悪くなってきちゃった。。


ゴルフ場から街中に出て戦うところは
エスカレーターとか神社の石段まで道代わりにして
見てておもしろかったんだけど

これじゃあ負けちゃって当たり前だよね。。ってザンネンだった。。


それから始まってから30分くらいして急におはなしが変わって
全国高校生大会に勝ったのにやっぱり廃校。。

それからまた30分はバトルなしの大人の事情と戦うおはなしで
誰かも「なっとくできーん!」って言ってたけど
廃校になるだけじゃなく今すぐに。。ってゆうのも
ちょっとムリヤリすぎみたい。。

日常っぽいおはなしはふつうによかった
風紀委員のソド子が目立ってたみたいw

みほがお家に帰ってお姉さんにサインとハンコもらうところもよかった^^
ただ、にゃんはちゃんとお母さんと話した方がよかったんじゃないかな?って
思ったけど。。

ボコミュージアムのおはなしはキャラはカワイかったんだけど
いじめられっ子だったにゃんは見てるとイタイ感じがして
あんまり好きじゃなかった。。
ふつうにおばかキャラとかのほうがよかったかも☆彡


後半は。。どうなるの?って思ったけど
負けたら学校がなくなっちゃうからゼッタイ勝つって分かってて
やっぱり勝ったからふつうのバトルアニメとかと変わらないかな。。

はじまる前はこんなに力の差があって
みほがどんな作戦で勝つのかなぁって楽しみだったけど

今まで敵だった人たちが応援しに来てくれて
前半のおはなしが伏線になってたってゆうのが分かって
よかったんだけどちょっとがっかり。。

少ない戦車でどうやって勝つか見てみたかったのに。。


でも、大砲を積んだ戦車もすごかった!!けど
遊園地で戦車バトルって
ふつうだとゼッタイ見れないから見てておもしろかった^^

ゲーセンの中で追いかけっこしたり

ジェットコースターの線路とか
上を走ってるだけだったらちょっとでもずれたら落っこちそう。。とか

観覧車ってはずれたら
ほんとにタイヤがころがるみたく走っちゃうのかな?とか

水の中にかくれる。。とかって戦車ってホントにどこでも走っちゃうんだねw


大学選抜のチームと戦うおはなしだったけど
大隊長が飛び級しててホントはみんなと変わらない歳だってゆうの
分かったら勝ってもあんまり強そうな相手に見えなくなっちゃったけど
あとでお友だちになる伏線だったみたい^^
{/netabare}


ネタバレなしの感想


ガルパンは女子だけのおはなしだけど
ユリっぽいところがほとんどなくって見やすいみたい


おはなしだけだったらふつうに良かっただけだった

でも、バトルの作画がとってもすごくって
ふつうに人が歩いてたりする街中とか
遊園地の道具とか使った
夢の中とかでしか見れないようなバトルがとってもおもしろかった☆

投稿 : 2019/08/31
閲覧 : 374
サンキュー:

63

ネタバレ

柊(ひいらぎ) さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

西住流最高かよ

常勝大洗、負けも見たいね

投稿 : 2019/07/06
閲覧 : 89
サンキュー:

6

ネタバレ

kawadev さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

劇場版としては良く出来ている

TVシリーズを見たので、見てみた作品。

TVシリーズがひとまず完結していたこともあり、劇場版ならでは後付け感はない。むしろ、良く出来ている。

私のお気に入りは西住姉。

投稿 : 2019/06/13
閲覧 : 94
サンキュー:

7

ネタバレ

翔太 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

申し訳ないですが

星で判断下さい…

投稿 : 2019/06/12
閲覧 : 104
サンキュー:

3

ネタバレ

Acacia さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

至高のエンターテイメント

全体的にネタバレです。

テレビシリーズは主人公、みほの能力無双で
敵を倒していく痛快戦車アクションと捉える事もでき、
若干、今流行りの「無敵主人公」演出も垣間見えていましたが、

劇場版の相手、大学選抜ではみほと同等かそれ以上の相手が隊長。
戦略だけではなく圧倒的な個々の能力+コンビネーションで
捻じ伏せようとしてくる、手に汗握る戦いとなりました。

終盤での畳みかける双方の撃破応酬。
次々とリタイアする戦車(キャラクター達)に
カットインも入れないテレビシリーズとは一味違う、
より緊迫感溢れる演出も好感触。

個人的には数はイーブンでも一方的に料理されてしまったサンダース。
意外なことにかなり活躍するアンツィオ(豆戦車)辺りは
何度観ても興奮してしまいます。

劇伴は音の厚みが増し、サラウント感も良好。
(ただし台詞は一方向)

4DX上映は苦手なんですが、少し調べるだけでも
相当拘った上映方法だったみたいですね。
一度観てみたかったです。

主人公のみほは成長しているというより、
段々と本性、元々備えていた才覚が表面に出てきた印象。
仲間を信頼しつつ、無茶ぶりの難度が上がっています。

また、テレビシリーズでは
「多分良い子なんだろう」くらいの印象だった
みほの姉、まほの好感度も今作で大幅アップ。
妹を慈しむ理想の姉像も見えます。

集大成のお祭り。綿密な作画、演出。
何度観ても異常なまでのクリエイターの拘り、新発見。
戦車アクションを1h以上堪能する事ができます。

自分は一度観ただけでは全く分かっていなかったのですが、
最終決戦後の、Blu-rayのミリタリーコメンタリーでの
IV号の演出を聞いた時は感動しました。

美少女アニメにははまる事はそう無いだろうと
思っていましたが…。
これ程の傑作があったとは不覚です。
熱狂的に支持される訳ですね。

余談。
戦車未だに良くわかってないですが、
ポルシェティーガー…カッコいいです。

投稿 : 2019/05/14
閲覧 : 162
サンキュー:

24

ネタバレ

Mi-24 さんの感想・評価

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 2.0 作画 : 1.0 声優 : 3.0 音楽 : 1.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

4DX環境専用の作品。家庭環境で見る場合は駄作。

アニマックスで放送されていたのを録画して見ました。


ストーリーはありきたりで、とくに語る様な事はなし。
戦闘シーンの方は結構酷い事になってきた。

まず、戦車の重量感が皆無。最後の一騎討ちでは無重力空間を飛び交っているような状態になっていた。
迫力を出すための演出は大いに結構なのだが、演出のやり過ぎで「重量物である戦車の迫力」が全く無くなっている。
このアニメの戦車は、紙風船のような軽い物体にしか見えない。

戦闘シーンの展開も、過程を省略して結果だけを見せる手抜きが目立ってきた。
例えば、カール自走臼砲を破壊するための大ジャンプ。
大ジャンプに至るまでの、色々とあったであろうやり取りが全部カットされている。
突然大ジャンプが始まっても、「え?あ、そう・・・」くらいの感想しか持てない。視聴者は置いてけぼりである。

T28重戦車の外部履帯切り離しも、無敵を誇るT28に大苦戦などの過程がない。突然外部履帯がポロッと外れても「だから何?」である。

あと、殲滅戦なのでフラッグ車はない。戦局を一変させる秘密兵器を搭載している訳でもない。そんなカチューシャを何故か庇う不可解な行動。
アニメ制作陣はこんなデタラメな展開で感動してもらえるとでも思っているのだろうか?

最後に、耳障りな効果音も大きなマイナスポイント。
ひたすら無意味な砲撃を繰り返し、大音響の爆発音を延々と聞かされるので心底いらいらさせられる。
ボリュームを下げるとセリフが聞き取れなくなるので対処不能である。


4DX環境での視聴は未経験だが、家庭環境で視聴する場合は駄作としか言いようがない。

投稿 : 2019/05/03
閲覧 : 107
サンキュー:

1

ネタバレ

vWSHY97287 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

さすが劇場版

ほのぼのした日常もいいんですけど、自分は戦車で戦ってるシーンが好きだったりするので、この映画では大変満足しました。迫力は言うまでもなく良かったですし、何より戦車戦にたっぷり時間を使ったこの作品は素晴らしいと思いますよ。そしてオールスター的なチームを組むような所も良かったですし、もちろんこの作品でもたくさん笑えることができました。映画館でこの作品を見なかったことに後悔してますw

投稿 : 2019/04/26
閲覧 : 101
サンキュー:

5

ネタバレ

esso-neo さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ちょうちょ・・・

劇場版から見て、今シリーズ全部見終わったところ。継続とかアンツィオとかはOVAで意外だったな。
これから最終章が始まるらしいですね。
キャラデザから臭うものがあったのでまぁ見なくていいだろうと思っていたらいきなり蝶野さんがいいぞって言うもんだから魂消て借りてみると、これがまた良く出来ていた。と言っても戦車戦がすげえ良かったってな話なんだけど。
じゃあ戦車以外はどうなのよと言うと、見てて苦痛にならないぐらいには出来上がっている。まぁお綺麗な女子の世界なんで面白みにも欠けるけど。夢壊さないところはお約束。
ただ夢が壊れないって言うのも、あまりに安直なバカもいないし描かれるのは学生や部活の青春だから、そこに不自然さもない。意外に、実に意外にマッチしている。ユーフォも好まれるのはそう言うところなのかな。あれは多分見ないな。
戦車取り回してるJK見てるといつかミンチになるよなぁなんて思うが、これ多分水島監督がエゲツない裏設定用意してんだろうな。事故があったとか怪我人死人が出たとかが一切ないのが、絶対でない設定があるのか、あるいはこれから出るのか怖いな。
かと言って危険であるという理由でいろいろ無くしてしまえば運動会か騎馬戦も消えるしラグビーもプロレスも無しだろう。超巨大空母みてえな学園艦って発想もよくもまぁ・・・。
でも確かにあんなもので人が育ったらそれもそれでなかなか面白いんだが。
試合では実戦として緊迫した最後まで目を離せないギリギリの試合を披露し、学校での政治戦もちゃっかりと用意。主人公に過去を持たせているあたりを見ると、これは水島監督のはっちゃけたやり方をぶち込んだおおきく振りかぶってなのかもしれない。
ガルパンは、いいぞ。

投稿 : 2017/12/08
閲覧 : 118
サンキュー:

1

ネタバレ

カボチャはんたー さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

戦車道が流行るわけですわな( ゚Д゚)

ガールズアンドパンツァーの劇場版です!!
いきなり試合から始まって
ずっと見入ってしまう作品ですね(●´ω`●)
終盤の戦車道だけで語る戦いが本当にたまらなかったですw
あとやられるときはあっさりなのが好きですね(笑)

そりゃー
ずっと映画館で上映されるわけだわな
これ映画館だったら最強に楽しめるであろう作品です
主に迫力面な!!
あと大洗行ったことある人は
あそこあそことかなるのでもっと楽しめると思いますよ(*'ω'*)

{netabare}  優勝後のエキシビションマッチで相手は…セントグロリアーナ校ですか(●´ω`●)

琴弾いてる子誰だろうか?(‘ω’)
ダージリンちゃんの優雅さは崩れない
あんこうチームも落ち着いてるな
誰か冷泉ちゃんにミルクセーキを(笑)
ほかの学校も混ざってるのか?
迷彩柄は何チームだ?
パンツァーフォーは戦車前進

知波単学園ってところと合同なわけね
会長干し芋食べてる(笑)
チームの絵好きよ(笑)

知波単学園は突撃大好きなのかよwwww
散ることが美学だと思ってるのかな?(笑)
西さん流されちゃダメだろwww
知波単しょうもなく迷ってるな(笑)
優勢だったのがピンチやん(笑)
プラウダ高校と組んでるのかセントグロリアーナ
カチューシャちゃんだ(`・ω・´)
ノンナとクラーラちゃん
っていうかカチューシャは日本語しかわからない模様(笑)

撤退を考えないなんて(笑)
市街地戦です!
ちゃんとこちらの戦術も頭に入ってるのね
ダージリンもすごく強い相手だよな
分断作戦がダメなら…
逃げてるけど逃げきれない感じで走れる冷泉ちゃんの操縦技術な

1年生たちもやりうるようになったよな(●´ω`●)
さきちゃんwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
ノンナさん容赦ないね(笑)
市街地戦楽しそうだな

ローズヒップちゃん初めて見た
クルセイダー回転きくなぁ
本当にみほたち戦い方うまいよな

建物容赦なく破壊されてるw
西さんだめだ(笑)後退さえも突撃だと思われてるw

結構大洗チームピンチだよな
だけど真骨頂はこの辺からだよな

あの寿司屋すぐつっこまれるやんw
店主歓喜やんけw
発砲禁止区域もあるのね
っていうかアウトレット内もバトルフィールドなのね
スーパー風紀アタックすげーな(笑)
みほ=ミホーシャ
懐かしいな格納庫ではなく駐車場かと思いきややっぱり格納庫

海中からも戦車来るのかよw
地味にやられるアリクイさんチーム(笑)
まんまとおびき出されたってわけね
西住ちゃんひかないね~
さすがだわ!
ローズヒップ(笑)

大洗水族館も戦場なのかよw
大洗負けちゃったか!まぁエキシビションマッチだしね
この琴弾いてる子たちも戦車道やってるのか
風呂の女子率(笑)長いのが川島(笑)
カチューシャ子どもだなw

精神論はたしかに学べるところあるわな
女子力高い見た目の武部ちゃん好きだわ
生徒会長呼ばれたけどどうしたんだろうか?
まさかの学校…キープアウト?
大洗女子学園廃校だと…
あれは確約ではなかったのかよ…
学校に立てこもる~とか物騒だな(笑)
風紀委員www
まさかの…廃校になるなんてな…
戦車も取り上げとか…

みんなで引っ越しか…
校門持ってく?w
自動車部運転できるのか
みんな…それぞれ…急すぎだろ廃校…
だけど結局戦車の前に集まってしまうやーつ

なんかキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!(笑)
サンダース校で戦車を預かってくれるらしい
よかったよかった(‘ω’)
こんな形でお別れとか…なぁ

みんな明るく振舞ってるな~
だけど…この子たちには戦車があればなw
とりあえず当面はここで生活する模様
風紀委員やさぐれてるw
そど子が冷泉ちゃん以下になってるw

みんななんだかんだ楽しく生活はしてるよな
池であんこう、ハゼ岩ガキは連れませんw
戦車でコンビニに行く風紀委員(笑)
戦車の免許
免許で顔うまく撮れるやつすごいと思う
みんな一回家に帰る模様?
みほのテンション上がったのはボコミュージアム(笑)
この施設生きてるのかww
ボコぼこぼこにされてる(笑)
みほたち以外にも客いた(笑)
結局はぼこぼこにされるボコw
生徒会長戦ってるんだな
善処という体のいい言葉
風紀委員ヤンキーと化している(笑)

プロリーグ…そこに打開策を見出すのかな会長
みほ久しぶりの帰省
まほさん私服だと幼く見えるな
お母さんには会いずらいのかw

ボコ色強い部屋だな~
田舎道を戦車で走るというのにノスタルジックなのはなぜだろうか(笑)
道は違えど仲のいい姉妹だな

戦車道にまぐれなし!
大学強化選手に勝てば廃校からの危機を脱出
島田流ね

お姉さんたちだな~
隊長ボコの子やんけ(笑)
島田流は西住流を潰したいのか
ボコミュージアム存続のために戦ってるのか

二宮金次郎あんこうw
会長見ると安心するわなモモちゃんはw
そど子たち寂しいだけだったのねwヤンキーあるあるwww
大学強化チームとの試合に勝てば廃校の危機を脱却
厳しい戦いになりそうだな
社会人も破ったようなチーム
島田流VS西住流の戦いにもなりそうだな
30両の勝負か
どうやって勝てる手を考えるのだろうか
殲滅戦だと…相手のチームを全部つぶすルールなのか
万事休すだな~
何事もみほたちには向かい風

8VS30か…厳しい戦いになるな
だけどいつも乗り越えてきたもんな
みんなシミュレーションしたり準備してるな
お茶会ね
みほ…めっちゃ追い込まれてるな~
援軍はギリギリで来るからかっこいいんだな

黒森峰からまほと逸見さんたちw
サンダースからケイたち
プラウダからカチューシャたち
セントグロリアーナからダージリンたち
アンツィオ高校からアンチョビw
継続高校の吟遊詩人
出た!突撃大好き知波単w
メンツはめっちゃ熱いよな!

カチューシャにらみ効かされるとダメなのね
みほが大隊長なわけね(`・ω・´)
ひまわり
あさがお
たんぽぽ
チーム名の癖w
チームのやり方の癖をどうまとめるのかね?
作戦名も大事だよな(笑)
こっつん作戦ww
みほの言うことならみんな納得しちゃうやつw

島田アリスと
ルミ、アツミ、メグミね
アンチョビツインテール邪魔な件(笑)
カチューシャも突撃型よねw
ノンナさんはカチューシャを崇拝しているのねw

まほたちは先に行く気みたいだね
最初から勝負に出るのね!
頂上はわざと空けてるパターンのやつか

中央を叩く作戦っぽいな
知波単たち敵と遭遇
ダージリンたちも敵と遭遇
たんぽぽとあさがお狙われる?

西さん突撃やめろよ~(笑)
知波単すぐ突撃するやん
でも西さんと眼鏡ちゃんたちは抑えられるみたいだな

あさがおピンチだな
援護かと思いきやとてつもない一撃が…
シュトュルムティーガーとんでもない威力だな
包囲されてる…さすが大学強化選手だな

カチューシャを守るためにクラーラさん…
囮になるつもりか…愛されてるなカチューシャ
ノンナさんたちやられちったか…
カチューシャがここでやられっぱなし

アリサ盗聴魔w
いじられ役なのか(笑)
まずは頭上の攻撃をどうにかしないとね…
アンチョビ=チョビw
4両で何を仕掛けるつもりかね

カール…えげつないのいたな(笑)
バレー部たち殺人レシーブ作戦で
継続ちゃんたち落ち着いてるな
なんだかんだ手伝ってくれるよね

継続ちゃんチーム飛んだ(笑)
囮になってくれるみたいね
その隙にアンチョビたちで突破かなw

継続ちゃんたち頑丈だな~
殺人レシーブ作戦キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
アンチョビ(笑)
最後は生徒会チームがもってくのかな(笑)
さすがだわ!(●´ω`●)
継続めっちゃやるな~!!
相手にしたくないタイプだわ

現在22VS24か
西さんたち律儀だよな
定石通りやりすぎたか
ここからはみほ流の西住流を貫く時だな
ここからは市街地戦
背水の陣は大洗の得意な勝負だよな

市街地広くね?
撤退ではなく転身
データでは厳しくても運命はわからないよね
ここからが本当の勝負ってことね
アンチョビすごいところに陣取ったな

土煙は画策されたもの?あれは陽動なわけね
眼鏡ちゃん成長したな
福田ちゃんいい子だ
ただ突撃するわけではないよね

またまたえげつないのもちだしてきたなぁww
T28重戦車
逸見さんまほに頼られ隊w

知波単も作戦やってくれるね♪
だけどこらえるときは堪えないとねw
敵は一か所に集めようと…してる感じかね
おっと正門組が包囲されて絶体絶命
とかいって…援軍も全員集めてしまおう作戦か

ウサギさんたち活躍の場来たんじゃね(笑)
この子たちたまにでっかいことやってくれるよね
観覧車の使い方ww

状況を打破するには(・∀・)イイネ!!
観覧車先輩おつw
ウサギさんチームは重戦車キラーも卒業で
反撃ののろしか
カチューシャ=かっちゃん

知波単アヒル風船www
マカロニ作戦(・∀・)イイネ!!
着々と1両ずつ倒していってるね
アリクイやるやんけ!
迷路とか得意フィールド

アヒルさん&知波単コンビやるね(●´ω`●)
すごい操縦テクだよな
アンツィオ見つかってる(笑)
ボコボコぼこ
ついに島田隊長参戦か

重戦車急遽ダイエットとか
戦車でジェットコースター(笑)
知波単&アヒルさんチーム殲滅されたか

重戦車を倒せばまぁ上場よね
ダージリンさんもやられたか
アンチョビたち狙われてるな~(笑)
ウサギもよくやったよ
サンダースもどんどんやられてってるな…ケイさん
生徒会にアリクイも…
ローズヒップよくがんばったな

そど子も変わったな(笑)
アンチョビたちもよくやった方じゃねw
レオポンいけー!と思ったら(笑)
大洗ほとんどやられたな

西住姉妹コンビネーションやるー!
相手の主戦力を撃破!
残る戦力は…西住VS島田かな

魅せてくれるな
言葉などいらない戦車で語る戦いだな
クマは…壊せないわけね
アリスちゃん
凄まじき戦いだったな!!!!!
大洗の勝利キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
文科省ざまー(笑)
さすが西住流だな
だから会長に抱き着かれ隊

クマに乗って登場アリスw
限定ボコは友情と勲章の証
地味に継続高校好きだわw

そりゃずっと映画館で上映されるわけだわな
面白いしエキセントリックだしな
ボコミュージアムなくならなくてよかったね
じゃなくて大洗女子なくならなくてよかったね(●´ω`●)www
 {/netabare}


知波単学園
西 絹代(にし きぬよ)
長い黒髪の和風美人で、切りそろえた前髪を六四分けのように右にまとめている。誰に対しても口調や態度が丁寧で清楚な優しさを持つ大和撫子であり、隊員からの信望も非常に厚い。しかしその優しさが災いして、何かにつけて突撃を強行しようとする隊員を制止させることができないでいる。

福田(ふくだ)
九五式軽戦車の戦車長。戦車帽を被り、編み込み二本お下げと丸眼鏡が特徴で幼児体型で背も低い。

継続高校
ミカ
継続高校の隊長でBT-42の車長。チューリップハットを被り、車内でもフィンランドの民族楽器、カンテレを弾く。幻想的でつかみどころのない佇まいをしており、哲学的な話し方をする。

アキ
継続高校の隊員。BT-42の砲手兼装填手。ミカとともに行動しており、哲学的なミカの言葉に興味を示す。

ミッコ
継続高校の隊員。BT-42の操縦手。スカートの下にジャージのズボンをはいている。アクロバティックな操縦技術を駆使して同車搭載のクリスティー式サスペンションの特性を極限まで引き出し、大学選抜チームを翻弄する。

大学選抜チーム
島田 愛里寿(しまだ ありす)
大学選抜チーム大隊長。センチュリオンMk.1に車長として乗車する。島田流戦車道の後継者であり、大学には飛び級で入った天才少女。13歳。
みほと同じく状況に応じた変幻自在の戦術を駆使し、常に冷静沈着で判断力に優れた指揮官。また単独戦闘能力も非常に高く、試合では無類の強さを発揮するが、内気で人見知りが激しいためにプライベートにおける対人コミュニケーションを苦手としている。みほと同じくボコ好き。

メグミ
中隊長。大学選抜チーム副官の一人。M26パーシングの車長。車体のエンブレムは赤い四角形。赤みを帯びた茶色のロングヘア。サンダース出身

アズミ
中隊長。大学選抜チーム副官の一人。M26パーシングの車長。車体のエンブレムは黄色い菱形。3人の中隊長のなかでは最もグラマラスな体型で、雰囲気も大人びている。

ルミ
中隊長。大学選抜チーム副官の一人。M26パーシングの車長。車体のエンブレムは青い三角形。髪型はショートボブで眼鏡をかけている。

投稿 : 2017/12/07
閲覧 : 127
サンキュー:

10

ネタバレ

キロノ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

相変わらず戦車の描写が神!

・夢のドリームチームが見れる!
・そーこなくっちゃっです。
・重低音バリバリでヘッドフォンで聞くとすごそう。
・戦車がまるでカーチェイスのように走りまくる!
・新しいキャラも増えて、声の掛け合いがすごいことになってる。
・顔と声と戦車が一致しないと誰が誰と話してるのかわからなくなる。
・戦車のプラモが欲しくなるっ!(ググったがかなり高価!)

投稿 : 2017/09/06
閲覧 : 108
サンキュー:

2

ネタバレ

名無し\(^o^)/ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ガルパンはいいゾ!

完璧なアニメの続編です。
内容の評価としては、アニメ以上に戦車のCGとかに気合が入っていたり、ミリタリーネタも沢山入っていたりと、ミリオタな私でもかなり満足のいく作品でした。
内容も素晴らしく、まさか大洗の廃校問題が解決してなかったのは驚きでした。てか文科相役人も汚い手を使いすぎでしょ…。例)廃校撤回を口約束として処理、8対30ってだけで圧倒的不利なのに殲滅戦で試合をやる、カール自走砲を戦車道連盟に圧力かけて無理やり使用許可を出す。
立川の爆音とかも何度か行きましたが、素晴らしかったです。まだやってるらしい(2017/06/25現在)ので、観たことないならどうぞ。

投稿 : 2017/06/25
閲覧 : 102
サンキュー:

1

ネタバレ

setuchi さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

素朴な感動が味わえた。

内容はテレビアニメの続きからなので
そちらを先に観てください。
それと砲撃の音が声より大きいことが。。
夜中の視聴時はご注意くださいw

観にいきたかったなぁ。。
特に戦車が横一列に並んでる俯瞰絵からのそのままズームして主人公に
寄るまでの一連の流れは、あぁスクリーンで観たかったなぁと
感じました。これをスクリーンで見れた人は本当に幸せ者ですねw
凄くかっこいい。

シナリオの起承転結の転がありきたりな展開でしたが
その分かりやすい王道の展開がまたやけに感動しました。

音楽が全般的に軽快な戦闘曲で気分が高揚しますし、
劇中に流れる「はにうの宿」も効果的でした。
水島上等兵を思い出しますねw
クレジットの曲も大変素晴らしく、
観終えた後の感動の余韻を後押ししてくれた。

かなりおすすめの映画です。
元気の無い時に元気をくれる、そんな作品だと思います。

投稿 : 2017/03/28
閲覧 : 100
サンキュー:

5

ネタバレ

プラ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

再びの廃校の危機、ライバル達と力を合わせて立ち向かう!

無事に全国大会的なもので優勝した大洗女子学園。これで廃校は阻止!……のはずが、優勝しても廃校取り消しは確約してないという言い訳で結局廃校になることに。

政府は戦車道を推してる(世界大会誘致のために、戦車道を盛り上げるためいろいろやってる)くせに、優勝校を廃校にするというお役所仕事っぷり(正直、ここの設定は意味不明w)
再び襲う廃校の危機、今度は大洗女子と戦ったライバル校達と一緒に立ち向かう。ここで生まれる友情はグッとくるね!
戦いの相手は大学選抜。この勝負に勝てば廃校阻止、負ければ廃校。普通なら勝てそうにもない相手に、ライバル達と力を合わせて立ち向かう。そんな青春ストーリー。

戦闘シーンは見応えアリ。これは是非見て欲しいし、みんなが劇場で爆音上映とかいうので見たがるのもわかる気がする。

家元どうしの争いあたりの話、突然の設定でわからなかった。ていうか、テレビアニメ版で"西住流"しか出てきてないよね?


え、最終章あんの?何やるの???みほが西住家に戻る話でもするのかな?

投稿 : 2017/02/18
閲覧 : 116
サンキュー:

1

ネタバレ

DktlH92401 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

超超面白い

アニメシリーズを見たファンの心を完全に理解している水島監督は流石。

音楽は最高。戦闘シーンの迫力倍増。

とにかく

ガルパンはいいぞ

投稿 : 2017/01/25
閲覧 : 122
サンキュー:

3

ネタバレ

りゅぅぞぅ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

一番驚いたのは 友人が3回見に行ったこと・・・  ボコがぼこぼこに・・・(゚Д゚;)

 まぁ、序盤は 聖グロリアーナ女学院とプラウダ戦のエキシビジョン

大洗町の復興のために盛り上げます( `ー´)ノ

 そんな盛り上がりに水をさすように

まさか、優勝すれば 廃校を免れるという約束を反故にされ

強制撤去orz

 プロジェクトXばりに 会長が動いた・・・

そして、西住流・島田流を動かし  

嘘つき糞野郎に 大学生チームを倒せば 廃校を撤回に

30戦車 VS 8車両の総力勢
 
そんなとき、助けにきたのはかつて戦った強敵だった!!

 黒森峰・サンダース・プラウダ・聖グロリアーナ・継続・ちはたんが

そして、まさか遊園地で勝負するとはその展開は読めない・・・

最期の 西住流 VS 島田流の 手汗握る戦いに感動し

泣いちまったよばーろー

 そして、能登麻美子でしめるとは( *´艸`)

投稿 : 2017/01/07
閲覧 : 112
サンキュー:

5

ネタバレ

亜盗 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ガルパン嫌いなおれがみた結果

はじめにガルパンが嫌いです。
華道・・・分かる、茶道・・・分かる、戦車道・・・ん?
ここにひっかかってしまってTV版のは最後まで見れてません。
友達に「これ殺したらだめなんですか?」ってきいてみたんですが、「部活みたいなもんだから、殺しを目的としてない」的なことを言ってました。
JKになんかやらせるシリーズも嫌いなのですが、この映画はよかったです。
戦闘シーンがかっこよかったです。女子同士の絡みとかみたくなかったので、後半は楽しめました。
戦車は戦争で使うものですから・・・日本て平和デスネ

女の子しか出ませんので、拒否反応でるかたにはお勧めしません

投稿 : 2016/11/14
閲覧 : 136
サンキュー:

1

ネタバレ

tea_cup さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

楽しめたけど、それほどでもなく

無理に感想を書く必要もないのだろうけど、思ったことを記録。
DVDレンタルで自宅で見ました。なので、音響も普通の2chでした。
大量の戦車を持ち込んできた相手にかつての敵が味方として参戦する、殲滅戦作品でした。

TVの総集編ではないのに、TVと同じような状況で、敵方のキャラがほとんど印象の残らなかった。

投稿 : 2016/10/16
閲覧 : 120
サンキュー:

2

ネタバレ

mrt さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

短期転校ワロタ

そこそこ面白かった。
やっぱ殲滅戦はイイネ(*^^*)
サバゲーとかだと、
フラッグ戦より殲滅戦の方が好きだから
見てて楽しかった。

投稿 : 2016/10/07
閲覧 : 122
サンキュー:

2

ネタバレ

HG anime さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

評判通りの面白さ

 TV放送版よりもさらに作画や効果音がすごい。曲もいい。『piece of youth』好き。正直曲単体だとありふれた感じの良曲という感じだけど、エンディングでこれが流れるのは反則だわ・・・映画が終わってしまうということに加えて、ポップで明るい曲だけどどことなくバラードっぽいというのがまた切なくなる。
 元ネタを知っているとフフッとなるセリフもとても多くて面白かった。やっぱり生徒会長すきだなぁ。みんな大集合でとても良かった。
 秀作。贅沢な2時間だった。

投稿 : 2016/09/21
閲覧 : 143
サンキュー:

3

ネタバレ

サクマ式ドロップス さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

ちょうちょ

投稿 : 2016/09/10
閲覧 : 112
サンキュー:

0

ネタバレ

buon さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

私の表現力では語彙も知識も知性も足りません

シンプルに良過ぎる。天丼ネタも効果的だった。

もう勢いで書き殴ります。下書きは全て砲弾に詰めました。
お盆に観てこのままでは三週間、ひと月経ってしまいます。
しかし熱は冷めやらぬまま。

私が好きなチームはアヒルさんチーム、ウサギさんチームです。
…し○むらでウサギさんチームのTシャツ欲しかった、あとアヒルさん、あとアンコウ。
アヒルさんチームは元々向上心も情熱もあり、そしてかわええ、終始一貫していた。
逆にウサギさんチームは最も成長したチームだ。
学外との初陣では逃走し、あずさが6人分のまじめを背負うぐらいの責任感を大きく背負い、
一人一人が考え、失敗と成功を重ね、ときに悪ふざけをし、調子に乗り、梓の意志に集い決断する。
何が言いたいかと言うと、アヒルさんちーむは
明るく元気でかわいい妙子か
一歩後ろから皆に引かれながらも前に進むあけびか
情熱と強さを秘めた忍か
小さな体でバレー脳全力熱血な典子か、
ウサギさんチームは
個性溢れるメンバーで最善を尽くそうと思う梓か
ほわほわいるのか謎な彼氏持ちだった優希か
存在感薄いが可愛すぎるあゆみか
ちっちゃく気合いで突進する桂利奈か
ノリノリでメガネの防御力が低いあやか
決定的な決断だけ促す紗希か、
それが問題だ。

その問題とは
みほかまほか
カチューシャかアンチョビか
ダージリンかオレンジペコか
ナオミかノンナか
妙子かあけびか、
それ程の問題だ。

ちなみにこれを全チーム、全ての学校でやると大変なのでこれぐらいで
・・・だがしかし、それでも敢えて素晴らしい誰か一人を挙げるなら、

ドゥーチェ、アンチョビは最高だ。
彼女は自分の立場、組織の特徴・能力を良く理解している。
大洗との戦いでは作戦を練り、戦力を蓄え、見事に散った。
「こぉら、無茶するな、怪我したらどうする!!?」
その優しさに打たれました。
引っ張るのが大変なチームで仲間を鼓舞し、先頭を切り、宴を盛り上げる。
素晴らしい隊長だ。

てか、あのOVAに映画の伏線、と言うかネタが小出しされてたねw
継続高校の話、「迷っちゃったぁ」、あと2,3個あった気がする。
そもそも世界大会の話を本編でしてたからプロリーグやら大学選抜の話に繋げ易かった気がする。


さて映画の流れは
エキシビジョンマッチ(で出だしで盛り上げ失敗を重ねる)
→やっぱ廃校(で落としてボコミュージアムでのみほの喜ぶ様はプライスレス)
→大学選抜と殲滅戦ルールで勝負(絶対的戦力差からの助っ人登場)

まずツッコミどころは廃校ネタの天丼。
ただよくよく考えるとそもそも
ただの女子高生である彼女らが『①魂を振り絞るぐらいの動機付け』って難しい。
今まで戦ってきた相手やら他校の生徒が『②高い動機付けと明確な言い訳をもって共闘できる状況』は限られている。
そして『③登場人物と視聴者の共通の敵』を用意することによって作品に没入させることに成功している。

戦いの内容を述べるにはあまりにも表現力が足りないのだが、
何となく1つ1つの戦略に歴史やら映画やら噂やら色々含まれている気がするし、
あの謎のテーマパークも実物とリンクされてるのだと思う。
あの総合複合テーマパークは何かね?
何となくハウス10BOSS、江戸ヴィレッジ、西部村、富士9とか混ざってそう。

最後の捨て身の作戦を、声無し表情のみで視聴者に伝えたあの演出は、
とても衝撃的だった。
正直みほ派だったが、制服のお姉ちゃんやら最後の苦しむ姿などまほも捨て難いと。

分かることで言うと、音と映像良過ぎ。
キャタの跡とか砲撃の音とか、そういった単純で難しいところが再現されてるような気がする。
知らないけどそうなんだろうと思わせる現実感と存在感(大小の問題ではない)があった。

そして、ガルパンってまだ続くんだね。

本編観て「ひゃー」
OVA観て「はうー」
映画観て「はっ」(言葉を失う)
って衝撃を与え続けてきただけでもすごい。

次回作は「この戦いに勝たないと日本がなくなる!?」とかの理由しかないんじゃないかな?w
あるいは海外留学とか、勝ったチーム国にリーダーが留学とか。
何だろうね、これでまた「けどやっぱり廃校」って納得のいくようにやったら爆笑だな。

話は逸れたが、
映画の出来はものすごくよかったよー☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

投稿 : 2016/09/04
閲覧 : 126
サンキュー:

11

ネタバレ

まあ君 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

清々しい

TV版視聴後、楽しみしていました。終わった瞬間は清々しい心地よさが残ります。
TV版も通してこの作品で好きなのは、指揮官目線の映像。劇場版も見ごたえありました。
JK部活モノの王道である、部活あるいは学校存続危機、絶対的不利な状況でのかつての強敵(とも)達の参戦など、ストーリーとしては真ん中ストレートといった感じで、大きなマイナス要素は見当たりません。
ただ、戦車と女の子というアンバランスがこの作品の魅力の一つだと思うのですが、改めて振り返ってみるとこのアンバランスに若干の違和感を感じている自分に気付きます。実弾を使用しているが車内の安全は確保されているという設定が、JK部活モノとしてのほのぼの感を作品全体に醸し出しているのですが、傷ついたり、死んだりすることなく、白旗一本というのは、やはり緊張感に欠けてしまう。
この作品の大きな意味での背景として、実は彼女達にはこの先実戦が待ち構えており、ここまではほんの序章に過ぎなかった。。。みたいな展開ってどうでしょう?やっぱり古い男の発想かな。

投稿 : 2016/08/21
閲覧 : 109
サンキュー:

1

ネタバレ

craftbeer さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

さらに強敵

戦車道を嗜む女の子の話のスケールが大きくなった版です。

戦車道全国高校大会優勝を条件に廃校を免れたはずの大洗女子学園が、その約束を反故されてしまい、廃校を免れるための更なる条件として大学選抜チームに勝つことを提示されてしまう。ここから戦った他校の粋な計らいがあり、大学選抜と同等の戦力を大洗女子が得て試合という流れですが、大学選抜だからといって、特別難しい作戦や戦略が出てくることはなく、廃校がかかった負けられない闘いという点は変わらず、テレビ版の流れをそのままにドリームチームどうしの闘いといった感じなので、お祭り感のある雰囲気で楽しいです。

とにかくキャラが多く、テレビや漫画で予習は必要ですが、戦車に関しての予習はしなくても楽しめます。

投稿 : 2016/08/14
閲覧 : 125
サンキュー:

5

ネタバレ

蒼い星 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

映画だろうとガルパンはガルパン。

アニメーション制作:アクタス
2015年11月に公開された劇場版作品。

【概要】

日本女子の嗜みとして、戦車道(最新技術で乗員の安全を確保したうえでの、旧式の戦車を用いた模擬戦)
が行われているという世界観。

主人公の西住みほが所属する大洗女子学園は、
廃校回避の条件として突き付けられた、戦車道全国高校生大会の優勝を成し遂げ、
優勝記念エキシビジョンマッチで他校との交流を深めるなど楽しいひと時を迎えていました。

しかし、彼女たちを待っていたのは8月31日付で廃校通告。そして、学園の閉鎖。
守られなかった文部科学省との約束。動揺する女生徒たち。
彼女たちの行く末は?そして、新たなる戦いが始まります。

【感想】

おおよそ、ガルパンというアニメではストーリーとは戦車で試合を行うための方便。
女子校生がチーム作って戦術を駆使してトーナメントで勝ち上がっていく話だけなら、
サバゲーをやっていれば足りますもの。

エアガンで無くて実物の戦車を使って迫力のある3D戦闘を見せたい。
やりたいことがはっきりとしているアニメであって、劇場版ではパワーアップしています。

TV版で学園存続の条件として1回も負けられない状況のトーナメントを優勝してエンディングを迎えたのに、
劇場版用に戦いで負けられない理由を新たに作らないといけなくなりまして、
その理由がとんでもなく無理矢理で酷いですよね。
今までの戦いの結実を舌先三寸で反故にされるとか、TV版のシナリオに泥をかけるがごとく。

学校存続を賭けて、大洗女子は大学選抜チームと戦うことになるのですが、
トランプでも麻雀でもお金を賭けないと盛り上がらないのと一緒で、
楽しいだけの生ぬるい戦車道なんて、需要が低いのでしょうけどね。

映画の序盤で行われた優勝記念エキシビジョンマッチが、そうなのですが。

大洗女子学園と知波単学園 vs 聖グロリアーナ女学院とプラウダ高校
という、どう見てもチーム力の差に偏りを感じられる編成に疑問を感じたこと。

そしてゴルフ場での戦車戦。戦車の履帯で芝が散々に踏み荒らされてるのですが、
ゴルフ場の維持管理は手間暇と時間とコストがかかってることもあり、
国が賠償金を支払えば済む問題ではなく、
戦車戦の舞台にゴルフ場を提供する支配人なんて現実的に考えたら、いないのではないか?

大洗ゴルフ倶楽部としては宣伝になったのでしょうが、
ゴルフの仕事に関わってる人間があれを観て機嫌を損ねても仕方がないような?

聖地巡礼とか称して私有地である大洗ゴルフ倶楽部に許可無く立ち入らないよう注意喚起がありましたし、
フィクションとはいえ、モヤモヤするものがありましたね。

といったことから、あれ?もしかして微妙なアニメ映画なのではないか?という疑問がw

巨大過ぎる学園艦の設定もガバガバ。
冷静に考えれば戦車道で動く予算の額も尋常でなく対費用効果も疑問。

設定とかストーリーは本当に舞台装置にすぎなく、
ノリと勢いとアクションを楽しむガバガバアニメなのがガルパンなのは、
わかりきってたことなのですけどねw
細かいことを気にしちゃ負けみたいな?

さて、この映画のメインディッシュは、
かつて大会で争ったライバルたちが主人公たちの危地にかけつけてともに戦うという熱い展開。

高校オールスターズ夢の共演 vs 大学選抜チーム

お馴染みのキャラたち一人一人に見せ場があってガルパンファン向けには十分な内容だったですね。
しかし、大学選抜チームがイマイチかな?
大学選抜チームが組織力や作戦で高校生たちに優っているわけでもなく、
劇場版新キャラで大学選抜チームの総大将、飛び級13歳の天才少女の島田愛里寿が無双してるだけじゃないのw
アイシールド21にも通じる、対戦相手は圧倒的エースとその他みたいな構図になってて残念と言えば残念。
戦略と戦術の探り合いと応酬が観たかったですかも?
でも…そうすると地味になってしまいがちですので、エンタメとして今のような構成になってしまったのでしょうか?

やっぱり、ガルパンとは細かいことは気にせず、
音と絵と迫力をイケイケの精神で楽しむショービジネス的な作品であることを、
この映画を観て再認識しましたね。


これにて感想を終わります。
読んで下さいまして、ありがとうございました。

投稿 : 2016/08/11
閲覧 : 240
サンキュー:

47

次の30件を表示

劇場版 ガールズ&パンツァーのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
劇場版 ガールズ&パンツァーのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

劇場版 ガールズ&パンツァーのストーリー・あらすじ

学校の存続を懸けた第63回戦車道全国高校生大会を優勝で終え、平穏な日常が戻ってきた大洗女子学園。
ある日、大洗町でエキシビションマッチが開催されることに。
大洗女子学園と知波単学園の混成チームと対戦するのは、聖グロリアーナ女学院とプラウダ高校の混成チーム。
今やすっかり大洗町の人気者となった大洗女子学園戦車道チームに、町民から熱い声援が送られた。
戦いを通じて友情が芽生えた選手たち。試合が終われば一緒に温泉に浸かり、お喋りに華が咲く。
そんな時、生徒会長の角谷杏が「急用」で学園艦に呼び戻される。いぶかしがる大洗女子のメンバーたち。果たして「急用」とは…?
大洗女子学園、決断の時―。新たな試合(たたかい)が始まる! (アニメ映画『劇場版 ガールズ&パンツァー』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
アニメ映画
放送時期
2015年11月21日
制作会社
アクタス
主題歌
≪主題歌≫ChouCho『piece of youth』

声優・キャラクター

渕上舞、茅野愛衣、尾崎真実、中上育実、井口裕香、福圓美里、高橋美佳子、植田佳奈、菊地美香、吉岡麻耶、桐村まり、中村桜、仙台エリ、森谷里美、井上優佳、大橋歩夕、竹内仁美、中里望、小松未可子、多田このみ、山岡ゆり、秋奈、井澤詩織、山本希望、葉山いくみ、瀬戸麻沙美

スタッフ

キャラクター原案:島田フミカネ、キャラクター原案協力:野上武志、 監督:水島努、脚本:吉田玲子、考証・スーパーバイザー:鈴木貴昭、キャラクターデザイン・総作画監督:杉本功、ミリタリーワークス:伊藤岳史、プロップデザイン:竹上貴雄/小倉典子/牧内ももこ/鈴木勘太、モデリング原案:原田敬至/Arkpilot、3D監督:柳野啓一郎、音響監督:岩浪美和、音響効果:小山恭生、音楽:浜口史郎、3DCGI:グラフィニカ

このアニメの類似作品

この頃(2015年11月21日)の他の作品

ページの先頭へ