「ウィザード・バリスターズ~弁魔士セシル(TVアニメ動画)」

総合得点
60.6
感想・評価
598
棚に入れた
2776
ランキング
4950
★★★★☆ 3.3 (598)
物語
3.0
作画
3.3
声優
3.4
音楽
3.5
キャラ
3.3

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ウィザード・バリスターズ~弁魔士セシルの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

芝生まじりの丘 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

デザインセンスに溢れるノーテンキB級裁判アニメ

群像劇テイストで梅津監督の魅力溢れるキャラクタ群が入り乱れるのを楽しむアニメ。
梅津監督はキャラクタデザイン、キャラクタの配置、キャラクタの魅力を伝えるようなアニメーション作りが非常にうまい人だと思うが、この作品でもその才能はいかんなく発揮されている。
きらら系的なキャラ萌えではなくちょっと美大とかデザイン系とかそっち方向に発展したキャラ萌えがあってかなり自分好みな感じ。

ただこれも梅津監督作品の特徴なんだろうと思うが、ストーリーはかなりラフにノリで進められていくので、色々思っても適当に流せるような人以外にはオススメできない。

正直ガリレイドンナの時の科学というテーマも微妙と思ったが、ウィザードバリスターズの裁判というテーマもこの監督の才能的にあんまり向いてないというかかなりミスマッチだと思う。
裁判モノとかは流石にノリで流すんじゃなくて理詰めのもうちょっとしっかりした描き方しないとおままごと感が強すぎる。それができないならもっと裁判風の側面を徹底的に解体して(例えば裁判と言う名のただの能力バトルにしちゃうとか)しまった方が良かっただろう。

特に最終話は{netabare}弁護士があからさまに被疑者を貶めようとしたり、裁判官が法律関係なしに王様みたいに捌きを与えたりと{/netabare}違和感が大きい。

まあとは言ってもわりと自由で根アカで適当な感じの進め方自体はわりと好きなんだが。

あと自分はそもそも個人主義的傾向が強く、結構監督とかの尖り具合が出るというか監督名で語れるタイプの作品が好きなのでそこそこ好み。

結論
精緻な作品ではないが、キャラクタとその絵的な見せ方がアーティスティックかつウマいのでノーテンキにアニメが観れる人間にはオススメ。

投稿 : 2021/06/19
閲覧 : 61
サンキュー:

2

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

感想

ふつうの世界みたいだけど
魔法使いがいっしょに住んでてあんまりよく思われてないみたい。。

その世界で悪いことした魔法使い(ウド)を弁護する弁魔士
17歳の女の子セシルはその弁魔士になって
バタフライ法律事務所で働きはじめたの。。

けしきは写真みたいにこまかくて
バトルはとっても動いてて(アニメだから当たりまえだけどw)
3Dが動くの見ててわーっ。。って♪

女の子と魔法はビビッドな感じで光ってるみたい
でも
男の人たちってちょっとくらいみたい

1話目
{netabare}
すごいなぁ。。
今までの魔法バトルってちがう世界でやってたりしたけど
ふつうの世界だとこんな感じになるんだ。。

電車とかヘリコプターとか
大事故で人がいっぱい死んじゃったかも^^;
でも
そんなこと考えられないくらい見とれてた

セシルはかわいくて頭もいいみたい
あとで出てきたけど死刑囚の女の人
もしかしてお母さんなのかなぁ。。ってにゃんは思ったけど
その人を弁護したくって弁魔士になったのかも。。

ふつうだとバトルとかすごいアニメって
出てくる人たちの気もちとかよく分からないのが多いけど
このおはなしはなんとなく伝わってくるみたい

はじめっから人がいっぱい出てきたから
だれがだれかってよく分からないケド
性格とかもおしゃべりの中でちょっと分かったし
男子向けのサービスもちゃんとあるって。。^^

銀行でつかまったコヒナタさんの思いもちゃんとあって
それから
セシルたちがおそわれて魔法でロボみたいの作ったりって

それがつぎのお話しにつながってて
ふつうに24分のおはなしなのに
すごいいろんなことがいっぱいつまってて
感想書ききれないくらい

1話目でこのくらいだと
つぎがふつうだったらがっかりしちゃうかも。。
バトルもいいけど
感動するおはなしとかになったらいいな☆
{/netabare}

2話目
{netabare}
こひなたさんとお母さんの事件が似てるって
やっぱりあの死刑囚ってお母さんだったんだ

ロボットが出たりバトルしたり
その前に魔法つかって警察に入ったりって
裁判で弁護して勝つってゆうより
真犯人つかまえて勝つ。。みたいなおはなしで

先回みたいにはすごくなかったけど
いろんなことが次々おきるのは先回みたいで
すぐに終わっちゃった

にゃんは
もうちょっとゆっくりでもよかったかなぁって思った☆
{/netabare}

3話目
{netabare}
なんだかしもねた多いね^^
あと
方言も多いみたい。。

おはなしは
2年前に恋人がだまされたみたいにしたことで
死刑って判決されて死んじゃって
そのときの関係した人が事故で死んじゃって
魔法で事故をおこした早乙女マユさんの裁判。。
(たぶんそんな感じ。。
短くってむずかしくってよく分からなかった。。)

ミステリーのドラマみたいだけど
短い時間にいっぱいつまりすぎてて
あんまり気もちが伝わってこないのかなぁ

マユさんが死ぬとき何か言ってたみたいだけど
「らぼねとまかる魔道書365」って何だったの?
セシルが覚醒とか言ってた人って誰?

おはなしいっぱいつまってて
2~3回見ないとよく分からないのって
やっぱりにゃんがおばかだからかな^^;
{/netabare}

4話目
{netabare}
バタフライ法律事務所に
魔法使いを15人も殺した「つぐじ」の弁護を
双子の弟の人がたのみに来たの

セシルはそんな人の弁護をしたくないみたい
でも。。

お仕事ってやっぱり自分の好ききらいでできないみたい
こんな変態の人でも
やっぱり誰かが弁護しなくっちゃいけないのかなぁ

つぐじは多重人格で死刑にならなかったけど
あとでセシルが気になることを発見して
弟の「レイ」のおうちに行ったけど

こうゆう時ってだれかに相談したらよかったのにね。。
でも
魔術使いってべんりだよね予知で分かっちゃうなんて^^
それで
この事件がほんとはどうなってたかって分かったけど
にゃんはちょっと簡単に分かりすぎかなぁ。。って思った

だけど
事務所のみんながセシルを助けに来たとき
レイはモヨさんのことこわがってるみたいに
「お前は誰だ!?」って言ってたからそれはナゾかな?

あとさいごの方で
レイとスーツ着た男の人が
「セシルがまた覚醒したからよかった」とかって。。
何かセシルってヒミツがあるのかな。。

お母さんの事件とかと関係があるのかも?
{/netabare}

5話目
{netabare}
今日はキリじいのおはなし
セシルはキリじいのことばかにしてたけど
さいごはぜーんぶキリじいに助けてもらっちゃったみたい
おとしよりは大事にしなさいってゆうおはなしかな。。

でも
キリじいはふつうのおじいさんじゃないみたいw
(病院の前でダンスしてたし^^)

今週は刑事ドラマみたいでバトルもなくってよかった♩
あと気になったのは
セシルが予言の大魔術師だと思って
ねらってる人たちがいるみたい
{/netabare}

6話目
{netabare}
また事件がおこってセシルがまき込まれちゃったね
ヒロインだからふつうなのかも

でも
このおはなしってちょっとちがってて
セシルの覚醒させるために
悪い魔法使いの人たちがわざとやってるみたい
シズムってゆう刑事さんがその悪い人だったって。。

絵はきれいだけど
おはなしはだんだんふつうになってきたみたい。。
{/netabare}

7話目
{netabare}
セシルは事務所の研修でアメリカに来て
ついでにお父さんがいるカナダまで
ナッチが運転する車で行くの。。

今までナッチはセシルのこと嫌ってたみたいだけど
2人で旅してて
日本人のカエデってゆう弁魔士になりたい女の子をひろって
だんだんおたがいのこと分かってきたみたい。。

シズムのことちょっとヘンって思う人が出てきたね
あと
さいごの2人って誰なのかな?
{/netabare}

8話目
{netabare}
セシルたちがおそわれて
ほかのところでもバタフライのみんながおそわれた

セシルをねらってる人たちの目的って
セシルの魔力を引き出して
何かしようってしてるみたい
それに
お母さんの事件とも何か関係あるのかな

カエデさんが消えたところはびっくりしてこわかったぁ。。
目をつぶっちゃった。。
もよよんも悪い人の仲間かな
いい人みたいだったけどほんとはひどい人だね
{/netabare}

9話目
{netabare}
だんだんいろんなことが分かってきて
おもしろくなってきたみたい。。
仲間にも悪い人がいるけど
ナッチはセシルのみかたになってくれそうだし
それはいいなぁ。。

お母さんの事件の裁判官とか弁魔士の人も会ってくれなかったり
もしかして悪い人たちってセシルの周りにもいっぱいいるのかな?

シズムさんはほんとはいい人なのかも
セシルのみかたになってくれないかな☆
{/netabare}

10話目
{netabare}
マカル(悪いウド)とラボネ(いいウド)がいて
シズムとマクス長官(マカルのボス)が親子で
セシルは6年前に死んでて召還魔術でよみがえってて
ラボネはセシルを守ろうって
マカルはセシルをいけにえにしてルシフェルを召喚しようって

マクス長官はシズムのことうたがってる?
セシルはクジラさんに聞いて
もよよんがあやしいって思いはじめたかな?
シズムはセシルのこと好きみたいだけどどうするのかな?

いろんなことが分かってきたけどもうすぐ終わりなのかな。。
{/netabare}

11話目
{netabare}
なんだかバタバタして終わっちゃった見たい
シズムってなんだかそんなにわるいことできなさそうな人なのに
たくさん人殺しちゃってるし。。

もよよんってルシフェルなのかなぁ?
1つになろうとかって言ってたけど
それってどうなるの?

バトルになっちゃって
ロボットと女の子の絵とかはきれいなのに
マクス長官とか顔がちょっとヘンになったりって
やっぱり男子むけ?

さいごはお母さんが無罪になって終わるのかなって思ったら
でもその前にマクスの弁護。。
来週でほんとに終わっちゃうの?
{/netabare}

12話目
{netabare}
なんだかふつうに終わっちゃったみたい。。

マクスが弁護をたのんできたら
何かあるなぁって思うでしょ?
だからにゃんも罠とかあるんじゃないかなぁって思ってたら
やっぱり。。

それで
主人公がさいご勝つってあたりまえだから
きっと証拠が出てくるって思ってたけど
占いが教えてくれて証人が生きてたとかって。。
それってなんだかズルしてるみたい

あと
魔道書365が証拠とかって
にせ物とか作れちゃうんじゃないのかな?
(マクスが書いた日記とかだったら証拠になるのかな)

お母さんのこともなんとかなりそうだけど
まだ分からないし

もよよんがさいご
なんて答えるかだけ
すっごい気になっちゃったけど^^

もしかして2期とかあるのかな?
{/netabare}


見おわって

はじめはバトルのシーンとか
つぎつぎに事件がおきたりとかって
すごいなぁって思ったけど
だんだんふつうになってきちゃった。。

法律、魔法、ミステリー、警察、ロボット
あと
きもかわいいキャラ。。とか
いろんなことしたかったみたいだけど
12話だから急ぎすぎてグダグダになっちゃったみたい

あと
出てくる人もたくさんいて
1人1人の気もちとかもあんまり伝わってこなかったし

絵とかも
はじめはバトルとか女の子とかきれいだったけど
(とくに1話目)
男の人とかさいごのほうとかはとってもヘンだった。。
(誰かが話してるのにぜんぜん関係ないものが映ってたりとか)


にゃんは
ロボットバトルみたいなところなくして
お母さんのこととか
もっとあったらよかったのになぁ。。って思った

6話くらいまでだったらおもしろいって思う人多そう
だけどさいごのほう
絵が間に合わなかったみたいだし

おはなしも
いろんな事とか分からないまま何となく終わっちゃって
ふつうだったけど
はじめがすごくって期待しちゃったから
がっかりしちゃったかも。。

投稿 : 2021/04/01
閲覧 : 936
サンキュー:

109

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 1.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

噂通りの作品

作画崩壊で有名な作品。怖いもの見たさでの視聴です。


圧倒的な力を持つ魔術使いと普通の人間が共存し、
社会生活のバランスを保つ為にその使用を制限する世界。

魔術が絡んだ事件は魔禁法により魔法廷で裁かれ、
被告の弁護は弁魔士と呼ばれる魔力を持った弁護士が行う。
17歳という若さで弁魔士になった魔術使いセシルの活躍を描く。

とまあ、ここまではちょっと期待する内容で、いざ視聴を開始。
第一印象「絵が結構キレイだし、アクションすごいじゃん」。

ところが段々違和感感じまくりで、終盤はとにかくビックリします。


例えば、
{netabare}
・ディアボロイド(巨大ロボット)って必要なの?
・金属ぶん取った時や戦闘で大勢の人が死ぬでしょ?
・魔禁法を無能力者のみが裁くのって不公平でしょ?
・警察が一般人のみじゃ武器持ったって魔術師に勝てる訳なくね?
・お母さんは結局どうなったの?
・マックス・シモンのその後は?
・天刀もよは結局何者だったの?  などなど。
{/netabare}

終盤11話の作画崩壊を含め、作り込みの甘さや消化不良が目立つ
突っ込み所満載の、ある意味ギャグアニメとも言える残念な作品でした。

投稿 : 2019/12/30
閲覧 : 404

えくいてぃ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

魔法少女系でよくわからない敵と戦うのかな??と思ってたら想像以上に人間味あふれる作品でした^^

ヒロインかわいい。そしてエリート!でもドジっ子^^
よくよく見てみたら、可愛いだけじゃなかった!
あれもあったりこれもあったり、
プラス、人間ドラマもしっかりしてた^^

最終話でまさかの依頼!
どうなるんだろう?ってドキドキドキドキ。。
これは話題になるのも頷けます(笑)

投稿 : 2019/09/16
閲覧 : 206
サンキュー:

2

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

バトルと魔法と裁判と不公平のアニメ

ちょっとストーリーが弱めで印象に残らず薄いと思う

見れないほどでもなくよくも無く

凡作の優良アニメかなw

お暇ならどうぞ損は無いと思うけど

投稿 : 2017/12/19
閲覧 : 198
ネタバレ

剣道部 さんの感想・評価

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

逆転する裁判を観たかった(苦笑)

[文量→中盛り・内容→酷評系]

【総括】
裁判アニメかバトルアニメかと問われたら、3対7でバトルアニメです。裁判アニメとして観たら、もの足らないけど、バトルアニメとして観たら、もの足らないです(ん?)w

キャラは悪くなかったし、設定にも個性がありましたが、料理の仕方が問題でしたね。

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
多くの方が指摘しているように、裁判がつまらない。主人公達がやっている仕事(証拠集め)はどちらかと言えば警察の仕事。しかも、かなり力業。それこそ彼女らの行動は法に触れないのかな(笑)

このアニメで、「裁判アニメ」と「ファンタジー設定」の食い合わせの悪さ(難しさ)を感じた。

1つ、シンプルに疑問に思ったのは、「この(魔法の存在する)世界の法律は、現在の日本と同じなの? 違うとしたら、どのくらい違うの?」ということ。魔法とかなんとかが氾濫する世界で、現行の法律がそのまま通用するわけないしね。

余談ですが、以前、「空想科学裁判」という本で、{netabare}「北斗の拳のケンシロウは、人を殺しても罪に問えない」というものがありました。「指先で軽く突いた」ことと「殺人」の因果関係を立証できない、とのことです。{/netabare}こんなことも有り得る設定なわけです。

というか、視聴者のほとんどが専門的な法律の知識をもたない以上、法的な知識を生かしての論破は期待できないわけで、となると証拠集めに焦点を当てざるを得ない事情もわかる。

が、それにしたって一応、「弁魔士(裁判)」を冠につけてるのだから、もうちょっと頭脳戦を観たかったな。
{/netabare}

投稿 : 2017/11/08
閲覧 : 430
サンキュー:

15

ネタバレ

らすと さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 1.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

設定が・・・

人間と魔法使い(ウド)が共存する世界。
ウドは人間に嫌われており、ウドが犯罪で被告になった場合は弁魔士と呼ばれるウド専門の弁護士が弁護する。
主人公のセシル(ウド)は17歳で弁魔士として働く天才。1話で法律事務所に初出勤し、弁魔士としてのキャリアをスタートするが・・・

タイトルにも書いたが、設定が酷かった。

この作品の残念なところ

 ・中途半端なリアリティ
 ・弁魔士という設定が完全に死んでいる
 ・戦闘服って何?
 ・設定に不自然な点が多い

この作品の良い点

 ・OP最高(曲・構成)
 ・絵がきれい(DVD)
 ・微妙にエロい
 
なんだかんだで個人的には好きな作品だった。

投稿 : 2017/11/01
閲覧 : 193
サンキュー:

1

ネタバレ

Aurum さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 5.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

独特のキャラデザと動画

なにはともあれ、梅津泰臣です。

作画(動画)にしびれます。
弾むような動き、他作品のOPで惹かれた方は少なくないと思います。

OA時の作画乱れは、パッケージ版でそこそこ修正されてたりします。
(近年では珍しいような...)

待望していた梅津泰臣の監督作品で、
「ガリレイドンナ」で感じた肩すかし感を払拭してくれる作品でした。

投稿 : 2017/10/21
閲覧 : 193
サンキュー:

2

あおちゃん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

もっと評価されるべき

魔法×弁護士ものという作品。
作画のクオリティの低下が目立ちましたが、キャラデザやストーリーがとても好みでした。
17歳の主人公セシル役を当時高校生の田辺留依さんが好演していました。EDも彼女が歌っています。
ぜひ作画が修正されている再放送版か円盤版で観て頂きたい作品です。
Liaさんが歌うOP「JUSTITIA」はめちゃくちゃ神曲です!

投稿 : 2017/08/20
閲覧 : 180
サンキュー:

2

ネタバレ

wp38 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

どんな世界でも裁判は難しい

ストーリー内容や展開、登場人物は結構好きな部類の
感じでした。
ただ、後半になるにつれ、作画に乱れが感じられた事と、
終わり方に物足りなさを感じた事が残念に思いました。

{netabare}1話目から「あれ?これロボットアニメじゃ無いよね?」
って思わされました。
ヒロインが、まるでゴーレムを作成するがごとく、魔法力で
周囲から鉄を引き寄せ、いわゆる”スーパーロボット”を生成。
敵となる犯罪者側も同じような仕組みで鳥形や人型の兵器を
生成してるから、通常の魔法戦闘もあるが、最終的には
ロボットアニメと変わらない展開になってる事が衝撃でした。
戦い方がほぼ殴り合いだったというのが残念。

物語の締め方も残念。
1クールの放送だからしょうが無いのかもしれませんが、
せめてあと2、3話あってもイイかなって思いました。
物語のカギとなった重要人物の裁判なのに、アレで終わりは
納得がいかないし、セシルの母親の件もナレーションのみ
だったのも消化不良でした。
もよよんの事も結局うやむやになってるし。{/netabare}

2期目の制作があるようには思えませんが、
個人的には面白かったと感じられたアニメでした。

それにしても、
若槻さんが演じるキャラはダンディ口調が多い。
アドリブ多いけど、渋さは十分に感じます!

投稿 : 2016/07/08
閲覧 : 192
サンキュー:

3

ネタバレ

azuman さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 2.0 作画 : 2.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

徐々に興味が薄れていく。

もう少し真面目な法廷・弁護士ものかとおもってましたが話が進むにつれ、主人公の過去を掘り起こすにつれだんだんズレてきた。
弁護士×魔法が上手くかみ合わせられなかった印象。
追い打ちで後半は絵のクオリティも落ちてきてどんどん下がっていってしまった。



梅津泰臣作品ということで結構注目してたのですが、期待は満たせなかった。

ただし曲に関してはOPのLiaさんの雰囲気マッチし、良曲だったと思います。それだけに勿体ない。

投稿 : 2016/02/13
閲覧 : 186
サンキュー:

2

セメント さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.8
物語 : 1.5 作画 : 1.5 声優 : 1.5 音楽 : 3.0 キャラ : 1.5 状態:観終わった

須藤セシル、入廷します!

ここはコスプレ会場じゃありませんよ


弁護士ものですかぁ、ドラマですけど「HERO」とか昔見てましたよ。
と思って見てたらいきなりロボット出てきてビックリしましたね。
魔法で判決がどうにかなっちゃうあたり、題材として良かったのか疑問です。

結局、前のシーズンの「ガリレイドンナ」に引き続き、梅津泰臣さんのアニメは鳴かず飛ばずでしたねぇ。
期待されてた反面、小さくまとまっていた節はあると思いますね。
梅津さんが監督とあって、各回のスタッフクレジットは豪華なんですけど。
でも最終回の作画はいくらなんでも酷かった気がします。

須藤聖知(こんな字書くんだ)の声優は田辺留依さん、後の「龍ヶ嬢七々々の埋蔵金」でも有名です。
あとは警視庁のコンビが小西克幸と井上麻里奈というグレンラガンコンビ・・・。

OPはLiaさんが歌ってます。そこそこ良い曲だと思います。

私の中で梅津泰臣さんといえば「女子高生」EDなんですよねー。
割と好きな方なのですが、本作はなんかキャラの顔が爬虫類に見えて仕方がなかったです。


同じシーズンにやってたスペース☆ダンディの方がよっぽど法廷アニメっぽかったという悲しき事態。

投稿 : 2015/11/16
閲覧 : 189
サンキュー:

2

Yuyu さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8
物語 : 3.0 作画 : 2.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

予算切れ?時間切れ?

自分は声優と作画が良ければ、ストーリー構成がおかしくても結構見れちゃうんですけど、この作品は惜しいですね。最後の2話で力尽きちゃいました。

完全に絵が抜け抜けで、喋ってる場面がなくて、その前の明らかに違和感ある絵のままで会話が進められたり、本当にそれまでと比較すると、一体全体どーした、何が起きたって思っちゃいました。他にも変なところがいっぱい。

まぁストーリーはもっと面白くできたんじゃないかと思いますけれど、1クールだし致し方がないのかなと思います。

投稿 : 2015/10/28
閲覧 : 216
サンキュー:

2

ヴァッハ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 2.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

梅津ファン

梅津さんが好きだから見ただけです。内容は平凡なものですが、やはりアニメーションが素晴らしい。

投稿 : 2015/10/28
閲覧 : 175
サンキュー:

1

たまちゃん さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

私は好き!

投稿 : 2015/10/15
閲覧 : 219
サンキュー:

1

Querl さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

特徴的なキャラデザだけど、設定、世界観は特徴的で

観る前までは、面白そうだなって思ってたけど。。。

お話は、人間と魔術師(ウド)が共存している世界、だけど魔術師は

忌み嫌われ、魔禁法という法律で厳しく管理されている。基本的に

魔法を使うと即逮捕、魔法廷にて 1審で即判決。しかも殆ど極刑

そんなウドを法廷では 弁魔士と呼ばれる 弁護士がいて、一応

法廷が成り立っている感じ(´ω`*)

主人公セシルが、最年少弁魔士として ある目的の為に頑張っていく(´ω`*)
みたいなお話です(´ω`*)

1話って、結構絵が綺麗で 今後の展開にとっても興味を持ちとっても期待

していたのだけれど、魔法のバトルシーンのメインは、自分の周囲から

金属を集めてロボットを作ってそれで戦うの。。。

あれ、魔術師じゃないの???みたいな展開(´ω`*)

一度「違和感」覚えると、期待していただけにどんどんおかしい所に

目が行ってしまって。。。(´A`。)グスン

終盤以降から 結末へ向けて ちょっと強引な展開になっちゃうのも

気になりましたね(´ω`*) 結末もちょっと微妙な感じだし。。。

投稿 : 2015/09/16
閲覧 : 295
サンキュー:

11

ato00 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

セシル、ディアボロイド、ゴー!

ウドと呼ばれる魔術師と人間が共存する独特の世界観。
ウドは差別され、魔禁法により厳しく管理されています。
ウドが法を犯すと魔法廷へ。
弁魔士と呼ばれるウド犯罪専門弁護士により弁護され、なんと1審で即判決です。

物語は最年少弁魔士セシルと母親に起こった6年前の事件を軸に進行します。
序盤から軽い伏線を散りばめながら、アメリカ研修後急展開。
でも、残念なことに最終的にはカオスチックになります。
というこか、そもそもシナリオが強引。
その他、法廷論争が雑とか。
犯罪シーンで大量の死人がでるとか。
ツッコミ所が山積です。
もっとも驚いたのは、ロボットの出現。
魔術師とロボットはミスマッチですね。

しかし、そんなことはどうでもいいのです。
セシルの純情さ・前向きさ・明るさ・健気さに勇気付けられ。
たまのエロシーンにドキッとし。
すさまじい破壊の嵐には興奮し。
と、見どころ満載です。
とくにセシルの使い魔セクハラカエルが良い仕事をしてました。
若本さんの粘着質な声も癖になります。

もっとも特筆すべきは、オープニングの出来です。
まず、曲が良い。
静かに始まり、2段階でテンポが変化、そして爽快なサビ。
サビはどこかで聞いたことがあり、どことなく懐かしさを感じました。
次に、歌詞がカッコいい。
意味不明だけど、旋律と完全フィットしています。
そして、Liaさんの歌声。
例えて言うならば、清流のキラメキです。
極めつけは、映像。
公共交通機関の大量破壊には呆気にとられました。
ザッパーン・シュパッ・ドッカーンって感じかな。
何回観ても聴いても飽きないなあ。

投稿 : 2015/05/11
閲覧 : 411
サンキュー:

38

ネタバレ

偽ニュー隊長 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

バリスタが爆死してしまった理由について考えてみる(80点)

全12話。
オリジナルアニメ。

個人的満足点:80点
アニメ系統:SFのような何か

最近、爆死アニメをつかむことが多い偽ニューです皆様こんばんは。
BD1巻の初動は600枚という撃沈ぷり。
私は貴重な1枚を持っているというわけですw

さて、バリスタがなぜ爆死してしまったのかを考えてみます。
ちーとネタバレしてそうなので伏せておきます。

{netabare}

●後半のみごとな作画崩壊
 もうねえ、1話の興奮を返してくださいと言わんばかりの後半のくずれっぷり。
 どうしてこうなったと言わずにはいられない。
 1話の作画は神がかっていた。
 まあねえ、このクオリティもつのかと心配ではあったがやはりダメだった。
 作画ヲタには絶望的。
 最後の希望はBDにて大幅修正されていることを祈るばかり。

●弁護士設定がまるで生きていない
 ええっと、弁護士が警察じみたことやっちゃう。
 一番酷いのは証拠がないから犯人グループ捕まえてきました。
 もう弁護士の範疇完全に越えてます。
 さらには魔禁法10条の便利なことw
 正義のためならはいOK。
 いいんですか?そんなに簡単でw
 設定こだわる人には絶望的。
 
 設定の説明が不足しているのも辛い。
 一番辛いのは1話にて裁かれた犯人がいきなり消されること。
 死刑と決まったら即消されるのかよと錯覚してしまいます。
 後にあれは転送魔法だと分かるわけなんですが、
 いらぬ勘違いをしてしまうのはいただけない。
 梅津監督も自分のブログでフォローするぐらいw
 おいおいと突っ込んでしまいたくなりますw
 私は勢いで押すアニメ嫌いじゃないので大丈夫なんですけど。

●梅津監督のキャラデザを生かせなかった
 折角の梅津絵。
 エロイ描写に期待した人も少なくないでしょう。
 しかし、エロイ描写はほとんどない。
 これでは萌えヲタさんも納得しない。
 私はセシルンが顔を赤らめるシーンとか大好きなんですけどね。

と客観的に見ると爆死して当然な感じです。
私にとってはキャラ心理、演出(音楽込み)、勢いの方が大事なので十分楽しめたんですけどね。

{/netabare}

とまあ、爆死した理由について考えてみたのだけれども
つまり、何が言いたいかというと

冬アニメ色々あったけど、最下位争いするぐらい酷かったか?

投稿 : 2015/04/11
閲覧 : 619
サンキュー:

18

オールドタイプ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

主文、摩禁法第1条・・・

魔術士と弁護士を合わせた面白そうな設定。
女性キャラデザイン含め作画も良かった。
なんといってもop曲が良い!うん、好きだねこの曲^^♪

しかしですよ、話が進んでいくうちに興味が無くなって
いっちゃったね(;´Д`)
いや、ビックリするくらいに・・・

何故なんだろう?真に遺憾です。

投稿 : 2015/04/01
閲覧 : 233
サンキュー:

2

イカちゃん☆休止中 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

☆梅津泰臣作品

弁護士と魔術師をミックスした珍しい内容なので
それだけで満足でした。

全体的に良かったです♪異色の法廷アニメでした☆


カエルとのコンビも良かったです。(*^_^*)

アニメーション制作/アームス


2014年1-3(全12話)

投稿 : 2015/03/23
閲覧 : 214
サンキュー:

4

ネタバレ

雪化粧 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

弁魔士

魔法使いが弁護士をやるみたいな内容の作品でした。
セシルが麻楠を弁護するという展開には驚きました。
opの疾走感みたいなのがとてもよかったです

投稿 : 2015/03/20
閲覧 : 179
サンキュー:

1

ネタバレ

ジュン( ̄ー ̄) さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.5
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 2.0 状態:観終わった

うーん

アニメは詳しくないですが、なんだかなぁ(´▽`;)ゞ
探偵モノかと思いきや、うーんw

投稿 : 2015/03/17
閲覧 : 240
サンキュー:

1

mattuu さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7
物語 : 1.5 作画 : 1.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

作画も話もあまり・・・

OPはとってもいい曲です
1話はとてもおもしろかったです
でも話が進むにつれて・・・

投稿 : 2015/03/13
閲覧 : 241
サンキュー:

1

手乗り変タイガー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

面白かった。

もっと萌えるのかと思ったら、バトルも熱かったりして良かった。

投稿 : 2015/02/17
閲覧 : 199
サンキュー:

1

端っこ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

なんとか最後まで完走しました。

全体的な流れとか、設定とか悪くないんですけどね。どこでどうなって微妙になっちゃったのかな〜という残念な作品。
お金さえ許すのであれば最初から劇場版にしても良いような設定です。

キャラも魅力的だし、声優さんも素晴らしいですし、OPもすっごい良いのです。特にOPに関しては大好きで、これが良かったから毎週見続けれたのかなと思っています。

DVDでどこまで修正されているのかは知りませんが、最後の方は伝説的に作画が間に合っていなくて逆に面白かったです。

投稿 : 2015/01/22
閲覧 : 234
サンキュー:

1

Komugi さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.4
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:----

設定が甘すぎじゃない?

判決・求刑等が極端すぎかと。あと設定内での主人公らの正装の基準というものがよくわからない。
魔法のある世界という設定だからハチャメチャやるのは理解ができるけど、そういった部分で設定の作り込みが甘すぎ。
あと作画においてなのだがメインキャラとサブキャラの服装に統一性がないのが非常にバランスが悪い。
キャラもやはり作画と同様、全体の雰囲気の統一性が見られない。単純に作画が苦手とういのもあるが、ソウルイーターなんかはそこまで好きな作画ではなかったが全体に統一性があるので世界観がそこまで壊れていなかった。それを考えればこの作品は明らかな手抜きか時間が足りなかったのでは。
まるで子供向けの番組を見てる気分になった。

魔法使いの為の弁護士のストーリーという非常に面白そうな要素であったがそれを完膚なまでにメチャクチャにした内容と設定の甘さがもったいない。
基本的な要素は非常に面白く、珍しさがあったので、もしシャフトの制作、もしくはノイタミナ系の番組であればおそらくGuilty Crown並みの作品になれたであろうのに。

有名でない作品でも良い物は数多くあるがこれはハズレだったので残念。

投稿 : 2015/01/20
閲覧 : 287
サンキュー:

4

ネタバレ

あさがお さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

まったく期待しないで見た

始めはセシルの性格にイラッとする場面が多々あったが、
途中から面白くなって来たかな

エンディング曲がけっこう好み

ロボットものなのか、魔法使いものなのか…

投稿 : 2015/01/18
閲覧 : 206
サンキュー:

1

karinchaco さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8
物語 : 2.5 作画 : 1.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

設定の甘さ、作画崩壊がなければもしやの作品

オリジナルアニメ。

梅津さんのキャラデザって私はあまり好きじゃないんですよね。シャープすぎるというか。古い話ですがZガンダムのOPころからなんですよ。しかし、弁魔士という設定に惹かれて第1話を視聴。第1話の雰囲気が気に入ったので視聴を継続しました。
しかし、見れば見るほど設定の甘さが気になりました。具体的には、まず魔禁法の設定ががばがばすぎます。特に第10条(魔術使用が社会正義の場合は認める)が万能すぎますw。しかも、作中では急に認められたり認められなかったりバラバラです。
その他にも、魔法廷もひどいものです。魔禁法とのかかわりもありますが、迅速な裁判をするためとはいえなぜ1審制なのか?これが形ばかりの裁判で魔術使いにほとんど裁判で勝つ見込みがないとしたら、弁魔士という職業は成り立つだろうか?ディアボロイドの被害の補償は?
そして、肝心の魔法廷での裁判シーンもむちゃくちゃです。まあ、ファンタジーなので目くじら立ててもしょうがないかもしれませんがね。

そして、回を重ねることに作画も不安定になってきます。色々なところで言及されている11話を迎えます。作画崩壊の詳細については他の人のレビューやまとめサイトに譲るとします。原因は明らかに制作期間の配分ミスでしょう。OPのアニメーションがあんなに素晴らしい出来なのに、回を重ねるごとに作画が崩壊していく様は悲壮感すら漂います。
作画については先日ニコ生での一挙放送時にDVDバージョンを確認しましたが見事に治っていましたね。比較してみるとまるで別物ですね。

先ほど、設定について酷評しましたストーリの流れは悪くなかったと思います。設定の甘さと作画崩壊がなければもっと評価される作品になったかもしれません。

ネタとしてみるならばTV放映バージョンが圧倒的に面白いのですが、今では見る手段がないですね。積極的にお勧めできませんが興味がある方はどうぞ

投稿 : 2014/12/26
閲覧 : 1009
サンキュー:

5

紫煙の心 by斑鳩 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 2.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

なんとなく残念な作品

ストーリー進行と舞台設定が場当たり的な創作で陳腐な作品になっているのが
とても残念な作品。

主人公セシルをはじめ女性キャラのキャラデザは立体感がある色気を
感じさせるデザインで所謂、萌えアニメの平面的なデザインとは一線を
画するデザインが好感を持てる。
またアクションシーンもなかなか力が入っていて迫力のある絵でしたが
ただ振り向いた時や会話をしている時の表情などが妙にぎこちなく動くので
まるでアンドロイドみたいで、多少の違和感を感じた。
まぁこれは製作陣がキャラデザや作画のクオリティーをあげ過ぎた結果だと
好意的に思いたい。

本作の主題である魔術使いを裁く裁判とそれを弁護する弁魔士という
原案の着想はとても良いと思うのだが、設定もストーリーも作り込みが
足らないのでいびつな物語になっている。
物語自体も中盤までは大して動くことなく、ただセシルが魔術を使って
大暴れをするだけなので、結構退屈なストーリー進行になりがち。
設定もここ最近のラノベに出てた設定を焼きなおしたような設定。
あと尺が短いせいか設定の説明不足なのも否めない。

この手のファンタジー物は個人的に好きなんだが。イマイチ面白くない
ストーリーなので物語に入り込めなかったのがちょっと残念

投稿 : 2014/11/29
閲覧 : 229
サンキュー:

11

次の30件を表示

ウィザード・バリスターズ~弁魔士セシルのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ウィザード・バリスターズ~弁魔士セシルのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ウィザード・バリスターズ~弁魔士セシルのストーリー・あらすじ

2018年、東京
人間と魔術使いが共存する世界。
社会秩序を守るのは警察。
魔術使いの被告を弁護するのは、弁魔士。

これは、最年少弁魔士・須藤セシルと、彼女を取り巻く仲間達の物語である。(TVアニメ動画『ウィザード・バリスターズ~弁魔士セシル』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2014年冬アニメ
制作会社
ARMS
主題歌
≪OP≫Lia『JUSTITIA』≪ED≫田辺留依『BLUE TOPAZ』

声優・キャラクター

田辺留依、真堂圭、東地宏樹、竹達彩奈、荒川美穂、大久保瑠美、恒松あゆみ、高木渉、諏訪部順一、井上麻里奈、若本規夫

スタッフ

原案:梅津泰臣、 監督:梅津泰臣、キャラクターデザイン:梅津泰臣、シリーズ構成:梅津泰臣、脚本:伊藤美智子、総作画監督:外丸達也/松田勝己、アクション作画監督:阿部望、エフェクト作画監督:橋本敬史、美術設定:渡部隆/成田偉保/横田晋一、美術監督:小倉一男、CGディレクター:松井一樹、CGスーパーバイザー:西川和宏、音楽:小西香葉/近藤由紀夫

このアニメの類似作品

この頃(2014年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ