「ウィッチクラフトワークス(TVアニメ動画)」

総合得点
71.4
感想・評価
1331
棚に入れた
7915
ランキング
580
★★★★☆ 3.7 (1331)
物語
3.5
作画
3.8
声優
3.7
音楽
3.7
キャラ
3.8
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ネロラッシュ

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

この世界観が好き

この世界観が好き。
ウサギとクマのプロレス場面が大好き!
魔女vs魔女はこんがらがっちゃうけど、好みの方を推せばよしです。

投稿 : 2019/02/12
閲覧 : 56
サンキュー:

3

ネタバレ

にゃん^^

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

感想

絵はふつうにきれいで
主人公の顔は「とある魔術の。。」の上条君みたい

おはなしは中二魔女バトルみたいだけど
あんまりシリアスなバトルじゃなくって
コメディっぽいね♪(もしかしてラブコメ?)
相手がちょっとおばかでくすってわらえるかなw

1話目
{netabare}
主人公のたかみやホノカ君はさえないふつうの男子高生

かがりアヤカさんはホノカのとなりの席の女子
背が高くってかっこよくって男子より女子たちにもてそうな人

あるときとつぜんホノカの上に校舎がふってきて
助けてくれたのは魔女のかっこうしたアヤカ

それからたくさんのうさぎの兵士たちにおそわれて。。
あやつってるのってねこ耳少女!?

あれっ。。前半どこかで見たみたい?
「{netabare}バディ・コンプレックス{/netabare}」に似てない?
急におそわれて
ずっと見まもってくれてたとなりの席の女子が守ってくれるって。。

でも
こっちはバトルよりも(ラブ)コメになってくのかなぁ
だんだんヒミツが分かってきて
ちょっとおもしろくなるかも☆
{/netabare}

2話目
{netabare}
また新しい魔女がふえた^^

タカミヤ君がおそわれる理由がなんとなく分かったけど
むずかしい言葉が多いね。。

とおの魔女はわるい魔女で
こうぼうの魔女は街を守るいい魔女
タカミヤ君の体になにかヒミツがあって
ねらってるみたい

とおの魔女って性格わるそうだけど
魔法でいい人にならないかな☆

どんなに燃えたり爆発したりとかしても
死んだりとかしないからおばかアニメみたい
女子どうしのバトルが見たかったらいいかも
あと
小さな動物?がかわいいね♪
{/netabare}

3話目
{netabare}
今週は説明の回だったみたい

「魔法戦争」みたいにいろんなむずかしい言葉とかでてくるけど
コメディ入りで説明とかしてくれるから
わらって見てるうちに終わっちゃった♪

1回負けそうになったときはびっくりしちゃった
痛そうだったよね。。
あの薬のんだらどうなっちゃうんだろう?
あと
2人は前になにかあったみたい。。

魔女たちは
いつも負けてばっかりなのに
こりないでよく来るね^^

それから
おなじ学校の子をおどかしてた女子たちって
ほんとに魔女だったの!?
かがりさんってタカミヤくんのことになるとこわいなぁ^^
{/netabare}

4話目
{netabare}
とおの魔女たちが
タカミヤくんとかがりさんが別々のときにおそってきた。。

ずっと2人はいっしょって言ってたけど
家にいるときとかは別々だって
考えたら分かりそうなのにどうして今まで?
ってにゃんはちょっと思ったけど
ちゃんと答えがあったw

今週はかがりさんがあんまりでなかったけど
やっぱりとおの魔女たちってやられちゃうんだね^^
もういいかげん止めたらいいのにね。。

ウサギとクマさんバトル
ほんとににあったらこわいけど
見るだけだったらかわいいね♪

でも
妹まで魔女だったのって
今まで知らなかったのもしかしてタカミヤくんだけ!?
{/netabare}

5話目
{netabare}
たかみやママかわいい^^
いいなずけだったんだ
妹もママもちょっとかわっててw

今度はとおの魔女メデューサが出てきて
だんだんとおの魔女も強くなってきたみたい
かがりさん石になっちゃった

白姫エバーミリオってすごいつよい人(?)
タカミヤくんの中の白いものってこの人なのかな?
かがりさんのおうちボロボロになって。。でもおかしいw

またいつものとおの魔女たちやられてたね
いつもやられるために出てくるってなんだかかわいそう
(悪いことするからやられちゃうんだけどね。。)

助かって保健室
となりに負けたメデューサたち
ふつうの顔していたけどどうなってるの?

とおの魔女たちを洗脳してる人ってだれ?
ロノワールさまとか言われてたけど
この間タカミヤくんにアメみたいのくれたあの人かなぁ
(人がいっぱい出てくるからおぼえないうちにわすれちゃうw)
どうして洗脳なんかしてるの?
さいご
かがりママにやられてたけど。。
{/netabare}

6話目
{netabare}
今週はかがりさんが暴走しちゃってたね(^^;)

科学の先生ってほんとは誰なのかな?
かがりママと関係ありそうだけど。。

生徒会長かえてタカミヤくんになって
あいさつのセリフが。。
姫さまって言われてるけど
性格はとおの魔女たちとあんまりかわらないのかも(はぁ。。)

タカミヤくんのためならなんでもするって
ちょっとストーカーに近くなってきちゃったかな
タカミヤくんをさらってったかすみちゃんを追いかけて
あちこち町をこわしてたし。。

だんだんめちゃくちゃになってくみたいだけど
だいじょうぶなのかなぁ。。
{/netabare}

7話目
{netabare}
かがりママは
タカミヤくんの封印がとけたら敵になっちゃう
だからかがりさんは
メデューサといっしょになってママをたおそうって。。

家の中で
かがりさんとかとおの魔女がかくれてのぞいてたりするのが
おかしかったね^^
同じ家なのにおふろに入ってても気がつかないなんてw

タカミヤママはふつうにおばかw
かがりママは頭がいいおばかw
なんだかおばかな人ばっかりかも^^

かがりさんは戦おうってしてたけど
いっつも強いかがりさんが
ママはぜんぜん相手にしてなくって
おかしかったw

かがりさんが強くなるにはタカミヤくんと結びつくこと
それってひざまくら&耳かき
あぁ。。なんか分かるみたい^^

タカミヤくんの
「女の子って光ったりするんだね?」
うーんちょっとちがうみたい。。
{/netabare}

8話目
{netabare}
かがりさんって
はじめっからぼっちであんまり回りのこと気にしない人だったんだ

タカミヤくん以外だと話しかけても答えてくれない
タカミヤくんのためだったら誰かをワルモノにしちゃう
なのに
どうしてこんなにもてるのかな。。

やっと分かったけど
このおはなしの魔女ってみんな黒い。。
とおの魔女も黒い
ヒーロー(?)のかがりさんも黒い
理事長も妹もみんな。。

あっ。。でも
なんとなくかがりさんがモテルの分かったみたい

いやな人とか
タカミヤくんのことねらってる人でも
やっつけちゃうけどそのあと
ふつうに自分のまわりにいさせるの
だから何しても
みんなからほんとにはうらまれないのかなぁ。。

でも
下着ぬすんでもふつうにお友だちでいられるってw
{/netabare}

9話目
{netabare}
前半はタカミヤくんの魔法修行
かがりさんがちょっときびしいかなって思ったら
ちょっとすりむいただけで中止にしようとかって^^

巨人身ニスカナースのかがりさん出すなんて
タカミヤくんもやっぱり男子なんだぁ^^

5人の魔女は今日もおばかだったねw

かがりさんの小さいころ見てた夢
タカミヤくんのこと昔からさがしてたんだ。。

タカミヤくんちの朝食
朝からケーキとかってすごいなぁ。。
でも
毎朝食べてたらこわいかも(*´艸`*)


後半は
ウィークエンドがタカミヤくんのことつかまえようって
街を爆発させてって
コウボウの魔女たちもタカミヤくんのこと守るのに
地下にとじ込めちゃうの

新しく
街を守る5人組の班長さんナツメとねこ耳のアトリが出てきて
どんどん魔女がふえてきて覚えられない^^

ウィークエンドが2人を見つけて追いかけてくるかな
でも
かがりさんはこっちから行くみたい
来週からバトルになるのかな。。
{/netabare}

10話目
{netabare}
コウボウの魔女は街と契約してたかがりママがいなくなって
魔法が使えなくなっちゃってタカミヤくんが新しく契約した。。
にゃんはよく分からないけどどうしてタカミヤくん?
タカミヤくんって魔力はあんまりないんじゃないのかな?

けもみみたちはとおの魔女なのに
家賃のかわりにコウボウの魔女助けてたけどいいのかな?

前はどんなに爆発とかしたって
けもみみたちとかすぐ生き返った(?)のに
だんだんバトルっぽいおはなしが増えてきて
コメディがなくなってきてイヤなお話しになってきたみたい
{/netabare}

11話目
{netabare}
異次元のはざ間でかがりママの記憶を見たりしてたのに
敵がせめてきてこれって現実?夢?
寝てるタカミヤくんが異次元にもいるってどうして?

とちゅうでかすみが「お兄ちゃん」って呼んだら
関係ないメデューサが出てきて相手をかんたんにやっつけたりって
だんだんグダグダになってきてるのかなぁ
勝ったと思ったら負けて負けたと思ったら勝って。。みたいな

「なんでもあり」みたくなってきたから
きっとウィークエンドが負けて終わりなんだろうなぁ。。って
爆弾だって魔法か何かでかんたんに助かっちゃうんだろうなぁ。。
おはなしはふつうに終わりそう。。

男子だったらいろんなキャラの女子がかわいいかな。。
にゃんは動物キャラとコメディがたのしかったけど
バトルで終わっちゃいそうなのってざんねん。。
{/netabare}

最終回
{netabare}
タンポポはせっかくかすみのこと助けてあげたのに
やられちゃってかわいそう。。
でも
やっぱりさいごはかがりさんにやられちゃうんだね^^;

街が元にもどっていくところは花びらが舞っててきれい
見てて「わーっ。。」ってなっちゃった

さいごはバトルもなくって
ウサギさんとクマさんたちのおしゃべりと友情もかわいくって
誰も死ななくってよかったぁ♪

くちづけみたかったなぁ(*´艸`*)
{/netabare}


見おわって

おばか系ファンタジーバトルかな?
かわいいキャラがいっぱいでカラフル☆


主人公のタカミヤくんは弱すぎてあんまりかっこよくないなぁ。。
でも主人公だけどヒロインだからしょうがないかも^^;

それとタカミヤくんを守るのが女の子だけどヒーローのカガリさん。。
美少女だけどぜんぜん笑わないし何考えてるか分からなくって
タカミヤくんのこと守るためだったら悪いことでもしちゃいそう。。


この2人だけだったらきっと
このおはなしってぜんぜんおもしろくなかったかも?

だけど悪役の女子たちがどじで弱いのに一生けんめいなの
ときどきカガリさんとどっちが悪い人なのか分からなくなっちゃうかもw

おはなしは
どじっ子魔女たちがタカミヤくんにちょっかいだして
カガリさんにやっつけられて終わるみたいなギャグ。。


かわいい女子とかわいい動物キャラがいっぱい出るアニメだから
日常っぽいギャグとか好きだったらいいのかも☆

投稿 : 2019/01/06
閲覧 : 990
サンキュー:

160

ニワカ

★★★★★ 4.7
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

倉石たんぽぽが好きだ

たんぽぽを見るために見てた
それだけだが倉石たんぽぽはそれほどなのだ

投稿 : 2019/01/05
閲覧 : 36
サンキュー:

2

ネタバレ

デューク

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

1度だけ観てもわからないかも

作り込みが細かく、重要なセリフも多いので、1度観たぐらいだとお話しがよくわからないと思います。
タイトルからすると、魔女が何か作り出しそうなのですが、実際は破壊の限りを尽くします。ですが爆破、崩壊の画も、カメラワークもよく、この点については爽快感さえあります。
全体的によく出来てると思いますが、メインヒロインのキャラデザが異世界の宿屋の女主人みたいだったこと、妹が敵キャラみたいなデザインだったことが残念です。

投稿 : 2018/11/18
閲覧 : 50
サンキュー:

1

プラたん

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

最初から最後まで、何が何だかわからん!

誰が敵で誰が味方なのか。。。。

投稿 : 2018/09/29
閲覧 : 44
サンキュー:

1

ネタバレ

ウィーハウック

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ヒロイン(♂)とヒーロー(♀)

男主人公がヒロインで女がヒーローという珍しいパターン(?)


原作はマンガ、一応原作通りなのかな?
普通の日常を過ごしていた主人公ホノカ(♂)はある日魔女に襲われる、だが学校一の美女である綾火(♀)が魔法を使い助けに入る。


魔法戦闘ものだがギャグ要素が強い、綾火はホノカが絡むと過保護になる、敵でいつもやられ役のバカ五人組、超ブラコンの主人公の妹、最強魔法使いだがちょっと抜けている綾火の母、などおふざけ的なシーンが多々ある。
とは言ってもメデューサ、ウィークエンドとの戦いやエヴァーミリオンが絡むことになる割とシリアス。


声はそれなり、ホノカの声は小林裕介、2018年現在はある程度知名度があるが当時はまだ新人、ていうか初主演じゃない???
他はエヴァーミリオンに能登さんだったり、ウィークエンドに平野綾、メデューサに沢城など結構豪華、他のセリフが多いキャラもある程度名がある人を使っている。


opはfhanaなので良い曲なのは間違いない、ただ個人的にはedの方が好き、歌うのは敵であるバカ五人組、良曲というより中毒曲(?)かな。

投稿 : 2018/08/18
閲覧 : 31
サンキュー:

2

s__masa__

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

キャラの渋滞感が凄いアニメ

個性的で魅惑的なキャラが次から次に出てきて大渋滞になっている!
ストーリーもシリアスなのか、何なのか、肩透かしを食らう展開で、ドタバタしてる割に飄々としていて、ごちゃごちゃしてるけど一定方向に流れてるみたいな不思議な均衡を保っている魅惑の世界、とでも言うのでしょうか?、結構密度は濃いけどサッパリ飲めた!的作品です。そして、少し経つと御代わりも欲しくなる作品です。ラーメンで言う「天下一品」のこってり、全部のせ、みたいな作品です。
オカワリキボンヌ!

投稿 : 2018/06/02
閲覧 : 57
サンキュー:

3

ネタバレ

※アニをた獣医学生◎

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

お姫様が男の子で王子様が女の子!

魔法使いの女性。ヒロインで才色兼備で眉目秀麗、完璧超人のかがりさん。
そしてヒロイン体質の主人公、高宮くん。

珍しい作品です。ヒロインが最強で主人公は守られ役(まあ、後々いろいろあるけどね)
戦いもありますが、どっちかというとそれも含めて日常がメインという感じです。

高宮くんはかがりさんが付きっきりということで、いろんな人から無意味な恨みをかっていますが、まあ気になりませんよね(笑)

そして何より、かがりさんは高宮くんにアマアマすぎて過保護です。

この作品もふとしたときや、何度も見てしまいたくなってしまうんですよね♪日常ものの、ラブコメはやはり面白い~♪

投稿 : 2018/03/10
閲覧 : 84
サンキュー:

16

ぱんいつ

★★★★★ 4.2
物語 : 2.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

姉デレ?確かにあったような…

冴えない主人公がヒロインといちゃいちゃしながら魔法の世界へ系です
テンプレと言われればテンプレですかね

物語的には
ヒロインが姉っぽい同級生という事で少しのアクセントですかね
特にラブラブをしてなかったようなしてたような、この感じが地味に好きですw
このキャラは敵か?味方か?という展開が多くて、ここも割と好き
ギャグも変な所で多めで見やすかったです

割としっかりと物語の流れが出来ていたように感じましたが、物語の中心部が語られなかったのは悲しいですね。

一度出たキャラは要所要所に出てきますが、若干使い捨て感が拭えなかったように感じました。

OPはとても好み、EDは電波好み
OP曲は好きすぎますね。えぇ。
EDはキャラが増えていく感じなので飛ばさず見ましょうw中毒になりますがw


全体的に、すっきり見れました。
ただ、やはり物語の中心部分が語られなかったのは残念でしかたありません。


クマーウッサ

投稿 : 2018/03/03
閲覧 : 59
サンキュー:

2

ネタバレ

剣道部

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

やられ役の鏡♪

[文量→中盛り・内容→感想系]

【総括】
俺TUEEEではなく、俺YOEEEの主人公、多華宮仄が、自らに宿す力のために狙われ、登場キャラの中でも上位の力をもつヒロイン、火々里綾火に守られるというのが基本線。綾火が「炎の魔法使い」ということあり、(作風は違いますが)「灼眼のシャナ」に近い構造でしたね。

作風的にはライトで、笑いも萌えも、燃えも燃えも(ん?)w ほどよくある感じ。バランスが良いです。もっと評価されてほしい作品の1つですね♪

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
制作年のわりに映像も綺麗で、戦闘時のエフェクトも気合い入っていました。ヒロインの綾火は、「長身・クール」とメインヒロインには珍しいキャラクター。基本的には無表情で淡々としていますが、仄のことになると態度が一変。仄はとことん甘やかし、仄に仇なす者に容赦なく鉄槌を下す。そんな綾火が可愛らしかったです。

ストーリー面でも、「塔の魔女」と「工房の魔女」と呼ばれる2つの勢力の争いを軸に、小競り合いやら大規模戦闘やらあって楽しいです。

が、本作の本当の魅力はそこにはないのです。

本作には「KMM団(ケモミミを身近で愛でる団)」と呼ばれる、5人組の少女が登場します。いわゆる、「やられ役」。この5人が抜群に可愛い! リーダーの倉石たんぽぽを筆頭に、5者5様の魅力。

「基本的には悪役で」「でも憎めなくて」「たまに本当に主人公達を追い詰める」という、やられ役の基本をちゃんとおさえてます。

「ホーッホホホ、目にものをみせつけてやるわ!」「や~ら~れ~た~」「つ、次こそは覚えてなさいね!」という形式美が実によく似合う(笑) 「バイキンマン」や「ロケット団」に通じるものがありますw

この5人がどんなんなのかは、YouTubeででも本作のEDを観ていただければ伝わるかと思います。普段はED飛ばす派の私も毎回観てた、良EDです♪ ちなみにOPもカッコ可愛い感じで良くて、そういう意味でも、オススメです♪
{/netabare}

投稿 : 2017/11/25
閲覧 : 137
サンキュー:

34

のか

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

面白かった部類に入るんだけど・・・なんだろう、この微妙な感じwww

原作未読 全12話

あらすじ
平凡な主人公が魔女のヒロインに出会い、色んな事が起こるお話し

では感想を
夏アニメを一気に見終えて、またしばらく見るものがない状態でした(苦笑
で、リア友のガチアニヲタに
「面白そうなアニメDVD持ってない?あったら貸して」
と言うと何作かのDVDを貸してくれました

その中の1つが今回の作品です。
私、この作品、見てなかったんですよね^^;

で、他の方のレビューを見て視聴する事に。

内容はあらすじに書いた通りです!
まあ、よくあるお話しですねwww

原作を知らないのでカットされている部分があるのか分かりませんが・・・
テンポ、速すぎない?って言う印象があります。
んで、登場人物も1クールの割に多くて、名前が覚えられなかった^^;

ラブコメのジャンルになるんですかね?
でも、笑い要素的には「ん~」って首を捻るかな。

恋愛的にも普通って感じですかね(個人的感想ですよ)
サブキャラが良すぎて、そっちに気がとられちゃいましたねwww


作画は綺麗な部類です!
背景や魔法のシーンとかめっちゃ綺麗だと思いました

声優さんは豪華でしたね
流石の演技だと思いましたよ~

音楽は良かったと思います。
OP,EDともに世界観にあっていて、印象的でした^^
特にEDはDLしようか検討中ですwww

キャラは・・・ヒロインが可愛いかどうかは置いておいてwww
5人組は素晴らしかったです^^
あれはちょっとキャラ立ちすぎです。


魔法アニメとしてはちょっと弱い気がしますね。
恋愛成分が強すぎてね。
あと色んなキャラの癖が強いのも影響している気がします

ハーレム成分が無かったのは良かったかなwww

学園、魔法バトル、恋愛のジャンルが好きな人にお薦めですね。
コメディには期待しない方がいいかな^^

他の方のレビューでは賛否両論が結構ありましたので、他の方のレビューも見てくださいなwww
(〃^∇^)o_彡☆あははははっ

個人的には「暇なら視聴しても良いと思います」レベルですかね^^


では最後に一言
絶望した~!(でも)(だって)(どうせ)とか一杯言う主人公に絶望した~!
ヒロインに守られ過ぎでしょ!
そしてあの行為が出来ないってどんだけチキンなんですか!
盟約が無かったら、あの主人公には惚れる要素ない事に絶望した~!

投稿 : 2017/11/09
閲覧 : 131
サンキュー:

15

ネタバレ

我は狗が身

★★★★★ 4.2
物語 : 3.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

雑感。

決して珍しくない設定であるにも関わらず、他の作品とは何かが違う、味のある作品だね。
正義側と悪党側が同じ空間で和んでることに違和感がないということが既に可笑しい。

だからこそウィークエンドのようなキャラがアニメ本編上のラスボスとして際立ってくる。
しかしオチは今まで散々ギャグキャラとして振る舞ってきた作中最強キャラ二人が雌雄を決す(しかもウィークエンドの所有権を巡って、であるw)という予想外なものだったことで、いつものウィッチクラフトワークスとして締める。
こんなん笑うわ。

クールなのは見た目だけなダダ甘やかし火々里さんを筆頭に、本作のキャラクターは素晴らしい。
僕がとくに好きなのはかざねさんだ。クロノワールも捨てがたいけど。
いやもう全員好きだわ。


正直、原作よりも面白いんじゃないかって思ってる。


何気に、強キャラとして描かれるヒロインの魔法が炎であることもポイントが高い。
魔法モノにおいて炎を能力ってもはやテンプレで、かませキャラにあてがわれることが多い気がする。(禁書のステイルのことじゃないよ?)
しかもあの炎のエフェクト。SEと相まって抜群の迫力だ。

投稿 : 2017/10/22
閲覧 : 65
サンキュー:

11

アオイ

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

面白い

素直に面白い、設定が良いと思う。
せっかく魅力的なヒロインなのだからもう少しラブ要素かエロが欲しいかな。

投稿 : 2017/10/17
閲覧 : 67
サンキュー:

3

タケシロ

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 5.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

OPがよかった

投稿 : 2017/10/14
閲覧 : 46
サンキュー:

1

ヒロウミ

★★☆☆☆ 1.9
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 2.5 音楽 : 2.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

わちゃわちゃしてるだけ

弱い主人公と強い魔法使いの子分とのコメディ。
10話までみたけど総評は変わらないだろうからもう書いちゃおう。

ストーリーに伏線などを必死でたくさん散りばめてるけどすぐ判明させちゃってます。なので中身はないですね。無理矢理ねじ込むのも良いけど毎話ねじ込んでも・・・。
主人公の声優さんはイマイチですね。豪華声優陣だけどストーリー展開が最低だからセリフの中身がめちゃくちゃに都合良すぎる。間の取り方も悪く全くの宝の持ち腐れですね。しかも毎話のように一見キャラクターが出てくるがフューチャーされないんでポッと出てポッと消える。コメディだがギャグもセンスを感じないし突っ込みを入れようがない。
作画も3DCGでもたせてるね。背景は雑、キャラクターの動きは躍動感無し。キャラクターデザインを頑張ろうとしてたり必死でキャラクターをたくさん出してるがカワイクはないですね。だって出してるだけなんだから魅力有るわけ無いじゃん。デザインも駆け出しの漫画家って感じがしちゃってキツい。OPEDもありきたりとゆーか特筆するものはないですね。

今のJ.C.STAFFってこんなもんなの?この作品の色はコメディ?ラブロマンス?ファンタジー?全部半端で色付いて無いんですよね。終盤に結局ヤヤエロとかシリアスとか入れてるが今さらなんだよな。多分作ったチームがまとまって無いよね。全部バラバラなのがしっかり体現されてる作品かな。というか「無意味な支離滅裂」しか表現出来てない作品か。
仕事してるとは言い難いレベルの作品ですかね。BGMとして今回は流しました。

投稿 : 2017/08/30
閲覧 : 69
サンキュー:

4

kooodain

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

真面目な振りしたギャグアニメ

まずはじめに注意して欲しいのがギャグアニメだということ。
分かり難い感じはあるが真面目な振りしたギャグアニメです。
EDの曲と映像を観ればそれはまぁわかるとは思いますが…。
真面目なアニメだと思ったまま見た場合は相当面白くないかもしれません。
何話か真面目なアニメを期待してその乖離具合に辟易しました。
このアニメは見るスタンスを間違えやすい可能性があります。

ギャグアニメとして見始めてからは結構楽しめました。
どのキャラがどうギャグに持っていくのか想像しながら見るこのアニメはとても楽しめます。
この作品は真面目なシーンにギャグを挟むそういうアニメです。

主人公と姫はあらすじ通り初めから結ばれている様なものです。
なのでその二人を邪魔する大量の一般女子が胸糞悪く感じたりします。
魔法使い陣は基本ギャグなので嫌悪感は出ません。

最終回ら辺でご都合的な展開がありますがまぁギャグアニメですので。

▼物語の評価
それなりにちゃんとしたシナリオもあります。
ですがどちらかと言うとギャグがメインです。
メインシナリオにふんだんにギャグ要素を盛り込んでいます。
▼作画の評価
特に気になったところはありませんでした。
▼声優の評価
同上。
▼音楽の評価
EDが最初ギャグっぽすぎて置いてけぼり感喰らいました。
ですが実はギャグアニメでしたのでよく合っていました。
▼キャラの評価
良くあるキャラ構成です。
ギャグキャラとしていいキャラは結構いました。

投稿 : 2017/08/06
閲覧 : 88
サンキュー:

6

ごる

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

伏線が多過ぎて…

アニメだと語られない伏線が多過ぎて何の繋がりなのか分からないキャラや設定が存在する(;・ω・)
敵扱いになる塔の魔女と仲良く過ごしていたり、共闘したりとギャグパートも多いので楽しめました(о´∀`о)
なぜか、敵でも味方でもほとんどのキャラが主人公の事を「仄くん」と君づけしてるのが、すごい気になるw

投稿 : 2017/07/15
閲覧 : 74
サンキュー:

6

Hirki

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

キャラが魅力設定も凝ってて面白い

PVや絵を見た瞬間ああよくあるラノベアニメかと1話で切ってしまったのですが
面白いと勧められ漫画と共に全部見終えましたがとても面白かった
ラノベじゃなくて普通の漫画で連載してた作品だったそうで
原作はそろそろ終わりそうですストック的にも多くないので2期期待

投稿 : 2017/06/23
閲覧 : 56
サンキュー:

4

みいちゃん

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

話はともかく、キャラがスバラシイ

絵がめっちゃ綺麗&キャラデザが素晴らしかったのでとりあえずこれだけでお気に入りな作品です。

物語を魅力的だとはあまり思いませんでしたが、とにかくでてくるキャラのデザイン&性格がかわいいかわいい!
よくあんなユニークで凝ったデザインをたくさん考えられるな~って毎回感心して見ることが出来ました。

KMM団なんて本当かわいい・・・。
ロケット団みたいな可愛いかませ役で中盤までいつも盛り上げてくれます。
たんぽぽちゃんの声優が合いすぎて終始萌え萌え状態でした。

しかし、後半ではKMM団もほとんど出てくれないしシリアスな物語になってきて魅力半減。
前半から中盤まで大好きだったのは、内容が殆ど無いので何も考えずに見れたからなんだな~と思いました。

ずっとキャラの掛け合いだけをひたすら見ていたかったアニメです

投稿 : 2017/06/22
閲覧 : 55
サンキュー:

5

退会済のユーザー

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

バトル系コメディーアニメの【隠れた名作】

かなりの長文になります
アニメの細かな内容については極力抑えました

【前置き】
J.C.STAFFの作るアニメは数々の名作タイトルが並びつつも、あまりに酷い原作レ○プに悶えた「夢喰いメリー」以来どうにも拒否反応が出てしまい、当時はさっぱり見る気になれませんでした。
そんなJ.C.を見直すきっかけとなった作品がコレ
バトル系コメディーアニメとしては【名作】と呼んで疑いません(パチスロは糞台)

レビューの前に私事(というか蛇足)ですが、私は基本的にいかにも典型的な「ラノベ!」といった作風のものが好きではありません。ラノベ主人公特有の寒いノリに可愛らしい女の子を数人添えてどこか見たことのあるようなストーリー。3話あたりで付いて行けなくなってしまいます
しかしラノベ的なノリを含みつつもそんな概念を払拭してしまうほどの魅力が、このアニメにはあります


【あらすじや登場人物をざっくり説明】

主人公の多華宮仄はどこにでもいる平凡な男子高校生というお決まりのアレ。しかし彼の体内には白姫と呼ばれる魔女が封印されており、その強大な力を手に入れようと彼のもとに次々と魔の手が襲いかかります。
温厚で正義感の強い性格ですが魔法の使えない一般市民であるため本作では弱小ポジション
本作のお姫様系主人公

ヒロインは仄のクラスメイトで学園のマドンナの火ヶ里綾火。
彼女は仄を愛して止まない炎を操る魔女であり、本作では仄の内に眠る白姫の力を利用することで最強クラスの戦闘力を保持し、仄を魔の手から守ります
全ては仄のため。仄Love。クールで常に真顔
本作の王子様系ヒロイン

この作品の世界には工房の魔女と塔の魔女という2つの魔女の派閥が存在し、綾火は前者に属します。仄以外の登場人物のほとんどはこのどちらかに属する魔女です。が、数が多すぎるためここでの細かな紹介は割愛します

主に仄の内に眠る白姫の力を奪いに迫る塔の魔女の手から仄を守るため、綾火が返り討ちにするというものがストーリーの大部分を占めます


【コメディー要素とシリアス要素の飽和】
ここが一番長いです。
この作品に登場する魔女たちはそれぞれが強烈な個性を持っており、良い意味で常識がありません。(恋愛)コメディー要素はほとんどがギャグであり、ヒロイン共々ぶっ飛んでいます
特に主人公とヒロインの掛け合いは、他噛ませキャラの存在も相まって非常に見応えのあるものになっています

しかし、バトルになると話は別
バトルシーンは誰か死んでしまうのではないかと思ってしまうほど迫力満点であり、シリアスなシーンも多々見られます。正直殺し合いに近いです。

ただ、ウィッチクラフトワークスというアニメには、滅裂なバトルが初回から最終回まで続こうとも誰一人として死人は愚か怪我人も出ないし、誰一人として不幸せな結末を辿ったキャラもいません。町が滅茶滅茶になろうとも魔法の力で元通りという有り様

それでも彼女らはごっこ遊びをしているのではなく、ホンマもんの闘争をしています。ただホンマもんの闘争をしつつも、どことなく悲惨な結末にならない【安心感】や最後まで安心して見られる事への作品に対する【信頼感】が本作には存在するのです

まとめると、誰も死なないという安心感や信頼感とその気持ちを持ってもなおのめり込める白熱したバトルシーンやシリアスシーン、そしてバトルの合間合間に差し込まれるコメディー要素。
これらが【黄金比的バランス】で飽和しているが故に、どんなにハチャメチャな展開になろうと最初から最後まで気持ち良く視聴でき、見る者に飽きや不快感を与えないのです。
このアニメの最大の魅力はそこにあります


【ストーリーの纏まりと奥深い世界観】
詳しい内容はここでは割愛しますが、これも重要。
この作品は最初から最後まで、ストーリー、演出、作画と非常に丁寧に作り込まれている印象を受けました

ストーリー展開はやや早めですが、最後まで非常によく纏まっており、悪い意味で気になった点はほぼありませんでした。
原作漫画を読めば、この作品は世界観やキャラクター設定が非常に奥深く、年密に組まれていることが伺えます。アニメでも視聴者に考察を迫られるシーンが幾つも見え隠れしますが、豊富な設定が考察の価値を高めているようにも思えました


【総評】
コメディー要素とシリアス要素の見事な飽和、また悲惨な結末になることはないという安心感に浸ることで最後まで満足して見ることができます
そして非常に丁寧なストーリー設計と豊富な世界観やキャラ設定、高度な演出と作画も合間見え、非常にレベルの高い作品であると評価しています。
私の最もオススメするアニメの内の1本です。暇潰しにどうぞ

投稿 : 2017/04/28
閲覧 : 91

TAMA

★★★★☆ 3.3
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ケモミミだよ!ケモミミの為のアニメだよ!

KMM団の番組だと思います。EDにやられました。
アレは結構ループして聴いたな…♪
井澤詩織さんが良いお仕事なさってる。

話の内容は可もなく不可もなくでしたね。物語の起伏も少なくケモミミ達の反省会を観るものですね。(違う!)
クーデレ、妹ヤンデレ、頭の可笑しいアスミン(違う!)、ケモミミがお好きな方は観れるかな。魔法込みで。
(ネタですよー。演じた『キャラ』が可笑しいんですよー。アスミン好きですよー。)

ただこの作品は欠点が主人公とヒロインなんですよね。どっちも好きになれない。主人公は鬱陶しく見えてしまい、ヒロインはあまり魅力が伝わらない。
だからなのか、その他のキャラが魅力的に見えてしまう不思議。
ストーリーも一般向けではなく受け入れるのに時間が掛かる出来でした。

オススメ出来るか出来ないか悩む作品です。

投稿 : 2017/04/27
閲覧 : 73
サンキュー:

7

無糖

★★★★☆ 3.5
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

主人公が嫌い

ナルトで言う人柱力みたいな少年と、その少年が大好きな守護魔女が襲ってくる敵を倒す話。
ストーリーの流れや雰囲気はいいと思ったけれど、色々と残念なところも目立った。以下独断と偏見で語っていく。

1、メインヒロインにイマイチ萌えない
魔女さんは学校一の美女兼秀才だけど、表情に変化がなくあまり可愛くない。あと主人公より身長がかなり高いのもマイナス。ただしクーデレみたいなのが好きな人は好きなのかも。

2、テンポが早い
見方を変えればテンポ良い、と言うのかもしれないが、余韻が欲しい時に余韻がなかったりすると状況の変化についていけなかったりする。最近で言えば「オカルティックナイン」に近い。

3、主人公にイライラする
俺TUEEEが好きなわけではないが、この作品は主人公が弱い。故にヒロインに助けてもらうことになるのだが、その際ほぼ必ずと言っていいほどに主人公が足を引っ張る。無力な人間が努力して力を得る、と言う展開は王道でなおかつ燃えるため好きなのだが、能力的にも精神的にも本人はまるで成長していない。最終話の選択、ラストの行動のヘタレっぷりにはさすがに苛立ちを感じざるを得なかった。

4、たんぽぽちゃんたち
可愛い。
敵の下っ端が無駄に魅力的(褒め言葉)。EDはちゃんと聞くべき。

総合して満足度69/100点くらいの暇つぶしにならいいんじゃない?程度の作品。

投稿 : 2017/04/22
閲覧 : 51
サンキュー:

4

こたろう

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

くせになります!

たんぽぽちゃんは最初は違和感がありますが次第にクセなり最後は中毒になりますので視聴には注意が必要ですwww

EDも中毒性があるので服用にはご注意下さい。

投稿 : 2017/04/17
閲覧 : 81
サンキュー:

2

ネタバレ

setuchi

★★★★☆ 3.8
物語 : 2.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

うーーーーーーーーーーん・w・

最後まで面白く見終えるはずだったのに
最後の最後で男の子がやってくれましたw

大事に思っているものを守るためにする行為と
自身の羞恥心を秤にかけた結果、
自身の羞恥心を選んでしまう男性には、あまり魅力を感じないかな。。
最後にそんな脆弱な部分を見せられて
それまでの過程が台無しになってしまいましたw
自身を賭して自分を守ってくれる女性に対して何も感じないのだろうか?
と。。個人的に共感はできませんでした。。フー

本当に最後だけ。。あれさえなければ本当に印象が違ってきたのに。。
うーんw残念。

物語全体はシリアスな魔女同士の戦いをチラホラ挟みつつ、
コミカルにテンポよく進んでとても観やすく出来ています。
主題歌も良い曲でした。最近ではメイドラゴンの主題歌も。。
CVも力のある声優さん達が脇を固め☆5。

自分自身レビューをしていて評価に困る。。
そんな視聴となりました。

投稿 : 2017/02/18
閲覧 : 79
サンキュー:

2

ネタバレ

古酒(クース

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

二つの魔女

この作品は
塔の魔女と工房の魔女って二つの勢力が対立していて
それに巻き込まれるヒロイン、タカミヤ君とそれを守るカガリさんのお話。

コメディで描かれているので観易い。
タカミヤ君とカガリさんの関係も面白いし、それを取り巻く面々も個性的
巨大ぬいぐるみのバトルもみどころ

他にも
魔女の対立の構図が如何にも現代っぽい。

右と左に分けて、下っ端同士が争っているのがなんとも面白い。
上の人間はなんだか仲が良さそうである。
もちろん、下っ端にはそういうところはみせないが

下っ端達に
手近な敵を作り、争わせて、

上の人間は
それを理由に問題を先延ばししてるのがなんとも。

皮肉かな?それならこれも面白い。

投稿 : 2017/02/14
閲覧 : 71
サンキュー:

7

ネタバレ

k-papa

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

これは護くんのオマージュなのかなぁ。

原作漫画。
原作既読。(途中で離脱。)

原作にほぼ忠実な作画。
その技量は大したものだと思う。

メインの男の子どうも下級生にみえるが、同級生。
ノミの夫婦感ある設定で「護くんに女神の祝福を!」な感じです。
お母さん通しが同級生なのはなんかマリみてぽい。

一応魔法ものですね。

この手のジャンルが好きな方お薦め。

投稿 : 2017/02/07
閲覧 : 60
サンキュー:

2

こた

★★★★★ 4.4
物語 : 3.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

スタイル抜群の美少女に身を守ってもらえるという喜ばしくも苦悩な日々…

シリアス路線は期待しないで、ギャグ目線で観たほうが楽しめると思う。個性的な脇キャラが際立っているからか、コミカルな部分のほうが強い。ただ全体としてのストーリーはやや難あり。
印象としては主人公や世界観がいかにもラノベっぽく、実際原作は漫画だというのを知って驚いたほど。他作品と一線を画すのは、やはり主人公(男)とヒロイン(美少女)との関係性だろう。本来ヒロインを守るはずの主人公が、守られる側の立場に徹していなければならないという、いわば縛りである。とはいえ、主人公も男なので自ら姫(ヒロイン)を助けようともするが、現実は残酷なもので…。
結局のところ、強い者が弱者を守るほうが理にかなっているので、当然単なる足枷にしかならず、「┐(´д`)┌ヤレヤレ身を任せていればいいものを…」と観てる側もイライラとしてくることも度々あった。
けれど主人公の身になればまあ気持ちも分からないことはない。その辺りが作品の好き嫌いの分かれ目にもなり得ると思うので、心の折り合いが若干必要かもしれない。
キャラはすごく魅力的。特に敵キャラであり噛ませキャラである魔女五人衆は愛すべきバカ(笑)
声優はわりと豪華。fhánaさんが歌うOPはカッコいい。ED曲はやられ役の魔女たちがもはやこの作品の顔となりつつ、お茶目さたっぷりでかわいい(笑)
作画も上質。京アニかと思ったほど。

180センチ(もしくは190)はゆうにある女の子がそばにいたらどんな感じなのだろう。背がそこまで高い子ってほとんどいないから、想像つかないところでもあるけど、もし並んで歩けたらロマンなり、夢があると思う(^^)

投稿 : 2017/02/07
閲覧 : 294
サンキュー:

29

ネタバレ

モアモア

★★★★☆ 3.4
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

二転三転で混乱

姫さんがとにかくカッコいいです


けれど、工房の魔女VS塔の魔女の二極化してないので流れが分かりづらかったです

クロノワールとのんきにお茶してるのか
白姫の力を解放していいのかいけないのか

しっかり考えれば行動は順序だってるのだと思いますが、よく前の話を覆していくので見てて混乱しました


激しいバトルをしているのに誰も殺さず、放置や拘束で済ませているのも冷めました
ギャグ色が強くなってしまって残念です

投稿 : 2017/01/09
閲覧 : 55
サンキュー:

3

カミカゼ

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

とりまき。

ヒロインによく突っかかってくる取り巻きたちとの戦闘シーンが笑えた。

EDも取り巻きたちが歌ってたような気がする。

投稿 : 2017/01/05
閲覧 : 92
サンキュー:

9

ネタバレ

しゃけ

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ENDINGが本番だったと思う。

キャラクターたちが個性豊かな作品です!
みんな特徴があってないやつはないやつで無いことが特徴だったりします。
個人的にこの作品は対立している集団が争ってる感じで悪者という悪者はいないのですが一応主人公と敵対している勢力(同棲中)の下っ端5人組がかわいい‼
その五人組のキャラソン(ENDING)が個人的にすごくよく(誰も賛同してくれない)そこはいい作品です。
内容に関してはコミック版も少し読んでいるのですが未決着の内容をひたすら積み上げている状態で伏線がごちゃごちゃで単行本で読んでも「今どういう状況?」みたいな感じになります。
雰囲気を楽しむ作品なんですかね?
見て損はないと思いますがあまりアニメを知らない人ならばもっといい作品はたくさんありますよ。

投稿 : 2016/11/18
閲覧 : 79
サンキュー:

5

次の30件を表示

ウィッチクラフトワークスのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ウィッチクラフトワークスのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ウィッチクラフトワークスのストーリー・あらすじ

平凡なスクールライフを送る男子高校生・多華宮仄と、文武両道、容姿端麗で絶大な人気を誇る学園のマドンナ・火々里綾火。クラスメイトながら住む世界が違うふたりであったが、仄に隠されたある秘密から、主従関係を結ぶことになる。仄は姫として、綾火は彼を護る炎の魔女として――。仄の「白いアレ」を巡り繰り広げられる、魔法少女たちの可憐で壮大なバトルの火蓋が今、切って落とされる!(TVアニメ動画『ウィッチクラフトワークス』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2014年冬アニメ
制作会社
J.C.STAFF
主題歌
≪OP≫fhána『divine intervention』≪ED≫KMM団(倉石たんぽぽ(CV:井澤詩織)宇津木環那(CV:夏川椎菜)飾鈴(CV:麻倉もも)桂虎徹(CV:日岡なつみ)目野輪冥(CV:飯田友子)『ウィッチ☆アクティビティ』

声優・キャラクター

小林裕介、瀬戸麻沙美、茅野愛衣、川澄綾子、釘宮理恵、井澤詩織、夏川椎菜、麻倉もも、日岡なつみ、飯田友子、大原さやか、大地葉、阿澄佳奈、又吉愛、白石真梨、黒田友佳、平野綾

スタッフ

原作:水薙竜(講談社『good!アフタヌーン』連載)、 監督:水島努、脚本:水島努/横手美智子/吉田玲子、キャラクターデザイン:冷水由紀絵、プロップデザイン:矢向宏志、ビジュアルコーディネート:辻田邦夫、美術監督:黒田友範、色彩設計:石田美由紀、撮影監督:大河内喜夫、編集:後藤正浩、音響監督:岩浪美和、音楽:TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND、音楽制作:ランティス

このアニメの類似作品

この頃(2014年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ