「ウィッチクラフトワークス(TVアニメ動画)」

総合得点
78.8
感想・評価
1414
棚に入れた
8498
ランキング
458
★★★★☆ 3.7 (1414)
物語
3.5
作画
3.8
声優
3.7
音楽
3.7
キャラ
3.8

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ウィッチクラフトワークスの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

Bハウス さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

仁義なき魔女の戦い

原作はアフタヌーンで連載されている作品
魔女と言うのは概念みたいな設定で
ぱっと見ドンパチやっているアクションもの

まあフォーマット的には「灼眼のシャナ」だしw

主人公は転校したばかりのさえない男子高校生・灰
彼のクラスには羨望のまなざしを受ける一人のクラスメイトがいた

火々里綾火

容姿端麗、成績優秀
そして誰にも媚びない気高さを持ち合わせる素振りに
灰も目を奪われていた

そんな時掃除当番だった灰の前にぬいぐるみが
そこには「晴れ 時々 校舎が降るでしょう」と書かれていた

すると突然轟音と共に校舎が崩れ落ちてくる
絶体絶命の窮地を救ったのは綾火さん
彼女の驚異的な能力にお姫様抱っこされた灰はたじろいでいた

この世界には地域を守る工房の魔女と
それに対抗する塔の魔女の対立があり
それぞれ所属している魔女が入り乱れ戦う

とは言え序盤は綾火さんがワンパンマンのように
一撃でKMM団を倒して行くし

灰の妹で実は工房の魔女である霞は
自分のぬいぐるみを巨大化させて特撮的戦い方をする

これまでの魔法を使った遠距離戦は
終盤にならないと出てこない

終盤は釘宮さん演じるクロノワールが暗躍し
灰の中に強力な力を持つ魔女がいることがわかる

ラストは綾火さんが住むタワーマンションで
封印を解きに来たウィークエンドに襲われ

大ピンチのところで灰の中にいた魔女
白蛇が登場し形成逆転して勝利する

0時迷子の変わりがまさかのヘカテ―か
シュドナイさんもビックリな仕掛けだなw

シャナに逸れたので元に戻すと
こちらは水島監督と横手美智子さんのコンビなので
ギャグシーンのテンポとシリアスの変わり方が巧み

EDのコンテと楽曲は未見の人でも
一度は聞いた覚えあるかもしれない

物語としては白蛇の残された封印を巡る
戦いに移行している終わり方だった

個人的には他の工房の魔女(生徒会長とか)も含めた
全面抗争に発展して欲しかったりする

投稿 : 2021/07/09
閲覧 : 21
サンキュー:

1

takato さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

「絶対少女」のエロ無し版?(67点)

設定的にドラマCDでは超豪華声優陣を擁する、ハーレムエロスな同人誌「絶対少女」にかなり近い。


1クールでまとめるには、話のサイズ、キャラの多さともに無理がある感じで正直あんまりまとまってない。


しかし、流石は水島監督作品だけあって全編クオリティーはなかなかで清潔な見易さがあるのは大したもの。


あと、一番本作で光ってるのはED。チビキャラたちが拷問器具にかけられながらポップに唄いあげる映像はシュールでよし。


それにしても、見た目が奇抜な奴が沢山出るけど、出オチな感じで浅くて人間性は割りと普通ってパターンはもう勘弁。

投稿 : 2021/05/25
閲覧 : 287
サンキュー:

21

ネタバレ

ValkyOarai さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

変わり種な魔法少女ここに在り EDがホント癖になるwww縛られているからだろうwwwww

監督水島さんか、イカちゃんでもおったな
工房サイド
多華宮 仄=スバル、シン
火々里 綾火=ラン(指南ショーコ)
多華宮 霞=ムギナミ(詠さん)
おいおい後一人でジャージ部揃うぜ!?

塔サイド
クロノワールシュヴァルツ=シャナ、エースさん
倉石 たんぽぽ=そど子

1話 まどマギとは全く異なる魔女(魔法少女)
{netabare}何故助けられたんだろう。多華宮君ちゅう主人公がな
投擲された校舎...なんで多華宮が狙われる?
あの兎の兵は何だ?
悪いが夢じゃねーよ、これは現実だからwwwww
それとそんじょそこらのバイトよ...腐ってても妬むなよ~~wwwwww
妬んでも無駄無駄無駄だからwwwwwそして胃痛...
ここはナイトメア社じゃないからwwwww
戦はタダのスパイスさ...
最後、魔女がたーくさん...{/netabare}

2話 理解したこと:魔法少女の勢力は2つ
{netabare}いきなり入った教室で吊るされてる魔女達wwwwww多華宮君が鍵を握っているからだ。おいおい例えにマリオを使いやがったwwwwwww
そしてワルプルちゃん発言wwwwまどマギかよこの世界wwwwww
魔法少女でも魔女でもどっちでもいいんでwww{/netabare}

3話 開幕KMM団www 嫉妬ってバッドエナジーと言い切れるか?
{netabare}でもヒィィトエンドォォォ!!1回で終了wwwwwそして多華宮君に降りかかる過負荷(不幸の手紙etc)wwwwどこまで皆腐ってんだよwwwwww納豆以上か?シュールストレミング程度か?wwwwwww

魔法を得るためには知力が基本だ。それでいいのです。綾火さんえらい
でも彼は普通人だから知性は中の下だし。運動神経も基本悪い。まず精神攻撃には耐性をしっかりとつけましょうwww男はそれが基本です。
女でも同様です。プリキュアのように敵の欲望(絶望)に飲まれないためにも精神力は日頃から鍛えておきましょう。

エースさんの武器:独裁スイッチ
ドラえもんじゃないから!!wwwwwwでも消えません。動きを止めるだけですからご安心を
多華宮君のダメージは転移する。それが綾火さんの秘密だ。そうしないとダメージを与えられない。故に多華宮君を殺すことは綾火さんも殺すことになってしまう。
嫉妬していたバイト集団はこれを知らないんだよね...知れば嫉妬も無くなるのに...

あの飴ちゃんは多華宮君の力を解放するためのもの、これが今後を左右しそう。そして次から妹がやってきます。{/netabare}

4話 巨人は定番wwwクオリティ高しwwww
{netabare}今日は分断して襲い掛かったが...
いい所で妹がやってきました。背中に正義のジャケット...海軍じゃないから!!wwwwww
そして恒例の巨人を投入wwwwwwww高圧線ってプロレスのロープだったんだwwwww
反省会?そんなん最初っから無かったwwwwwwやっぱ(バイト)ポーンじゃ駄目だ...
今度は新しい魔法少女がやってきます{/netabare}

5話 開幕から家に...
{netabare}綾火さんが家にやってきました。(なんだろう、グレモリーさんが家に来たってのを一瞬思い出した)
そして「お願いします」の母親wwwwwwww親としてのプライドが無いwwwwwwwそれでいいのか?

メデューサ、声は神原でした
一度石化してしまった綾火さん、テイルズシリーズだと怖いんだよこれ
だがエースさんから貰った飴ちゃん食べたらペルソナを召喚しちまったwwwww白いアレの正体はこれです。声はサテライザーさんだしwww
戦闘はほとんどカットされてるしwww急やな~www
倒した後、どういうわけか保健室にみんないるしwwwwwwww

次は恒例の修羅です{/netabare}

6話 いきなり寝こみを襲う...
{netabare}それから修羅は始まるんです
そうか、このシマにはヒエラルキーがあるのか
で姫&王子の立場になれば一般生徒の上となり権力を使えるのか、これあること自体がおかしいwwwwww
そしてKMM団出番無かったwwwwww{/netabare}

7話 庇うものは主人公だけではない
{netabare}綾火さんずーっと起きてらあwww襲えねえじゃんwwwwww完全に舐めてるわけじゃないからwwwwww
でも彼女はKMM団とメドゥーサを何故か庇う。何か理由があるんだろう
困ったときはヒィィトエンドォ!!それだけwwwwww
女の子って光ったりするのかなあ?実際は無いけど

次はキャラに必ず存在する過去の話です{/netabare}

8話 会いたかった人
{netabare}中学時代から既に魔法を持っていた。でも自ら動こうとはせず命令を待っていた。
しかし、多華宮君を探し、1年後に会ったことで歯車は回り出したのだ
でも中学時代でもKMM団おったんやwww
朝飯食ってたしwwwwww
そしてチンピラに学校を支配されるしwwwwwwwww大将の目が閃乱カグラの雲雀と一致するのは何故wwwwww
先生の力は最初っから期待してはならんwwwwwでもいいアッパーカットだったぜ...{/netabare}

9話~ 終わりの始まり
{netabare}逃げた後
は?街が崩壊してる?何で?
これがワルプルちゃんの仕業なのか?
いや、内に秘めた力によって崩壊したんだ
だから街と契約すれば元に戻る、じゃあ行くか
皆を治癒するのを抱えるのはほどほどにしておけ
こっから先は綾火さんの喧嘩だ!

多華宮君ダウン中
街の力を使ったからだ
じゃあ行ってくるわ、戦に赴く2人だった
ケリをつけてやる、このシマを守るために・・・

契約は破棄
それだけだ
街も綾火さんも助けることができた
じゃあ日常を再開しよう
KMM団と共になwwwwwww{/netabare}

そして綾火は令和時代
ニチアサに舞い降りる...貴女が倒すのは塔の魔女じゃあ無い
護る者は多華宮君だけじゃ無い
挑め、あとまわしの魔女に...

投稿 : 2021/01/29
閲覧 : 280
サンキュー:

24

kinnio さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

奥の手のかさね技

原作は読んでません、眺める程度です。
この作品には2つの感想です。
 1つは、ヒロインの絵柄です。
個人の感想ですが、通常時の絵が中途半端な気がします。
シリアスなシーンや戦闘シーンはキリっとした感じで良いと思いますが、
日常シーンは天然キャラのイメージを出したいのか微妙な気がします。
日常シーンもキリっとした表情で天然のボケ出した方が良かったかもしれない。
 2つめは、これも個人の感想ですが戦闘シーンの奥の手の多さです。
何時、敵キャラの口元が「ニヤッ」と笑うのか身構えていました。
最後は身構えたままで「もう無いんかい!」て言ってました。
 物語全体としては、主人公をもう少しどうにかならんのかと思いました。
女性作家が主人公を書いたらこうはならないのだろうなとも思っていました。

投稿 : 2020/11/01
閲覧 : 157
サンキュー:

2

EdCcC70066 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:----

原作とアニメで印象が違う

原作はgood!アフタヌーン連載の変人ばかり出てくるいかにもアフタヌーンという雰囲気の漫画
個人的には嫌いじゃないですが

メインストーリー自体は定番
作画○デザインはカラフルでポップな可愛さで◎
アニメは楽しいドタバタコメディ色が強調されています
特に妹の霞ちゃんとKMM団の面々のやり取りや中毒性の高いEDが可愛くとても楽しいし原作以上の魅力が引き出されていると思います
他のサブキャラも癖のあるキャラばかりですが魅力的、何気にOPも中毒性高いです
反面主人公2人の魅力はイマイチだなと個人的には感じましたが、お気に入りのアニメです

投稿 : 2020/07/30
閲覧 : 190
サンキュー:

3

既読です。 さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

破顔!

もう、モテナイ君の妄想が
もれなく詰まっていました。

ある日突然パーフェクト美女が
嫁になる。

お兄ちゃん大好き妹がいる。

観てるこっちが破顔するほど
彩火の妄執ツンデレと
妹の嫉妬バトルがよかったです。

残念な点は
なぜいきなり?
を説明するのに苦慮していた点。

モテナイ君の妄想に理由は要らない。
妄想が実現してしまって日常が
わちゃわちゃするってだけで
よかったと思いますが。

ちなみにEDのシルエットダンスで
有りしのプリンケツを思い出したのは
私だけ?

投稿 : 2020/06/01
閲覧 : 206
サンキュー:

7

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

感想

絵はふつうにきれいで
主人公の顔は「とある魔術の。。」の上条君みたい

おはなしは中二魔女バトルみたいだけど
あんまりシリアスなバトルじゃなくって
コメディっぽいね♪(もしかしてラブコメ?)
相手がちょっとおばかでくすってわらえるかなw

1話目
{netabare}
主人公のたかみやホノカ君はさえないふつうの男子高生

かがりアヤカさんはホノカのとなりの席の女子
背が高くってかっこよくって男子より女子たちにもてそうな人

あるときとつぜんホノカの上に校舎がふってきて
助けてくれたのは魔女のかっこうしたアヤカ

それからたくさんのうさぎの兵士たちにおそわれて。。
あやつってるのってねこ耳少女!?

あれっ。。前半どこかで見たみたい?
「{netabare}バディ・コンプレックス{/netabare}」に似てない?
急におそわれて
ずっと見まもってくれてたとなりの席の女子が守ってくれるって。。

でも
こっちはバトルよりも(ラブ)コメになってくのかなぁ
だんだんヒミツが分かってきて
ちょっとおもしろくなるかも☆
{/netabare}

2話目
{netabare}
また新しい魔女がふえた^^

タカミヤ君がおそわれる理由がなんとなく分かったけど
むずかしい言葉が多いね。。

とおの魔女はわるい魔女で
こうぼうの魔女は街を守るいい魔女
タカミヤ君の体になにかヒミツがあって
ねらってるみたい

とおの魔女って性格わるそうだけど
魔法でいい人にならないかな☆

どんなに燃えたり爆発したりとかしても
死んだりとかしないからおばかアニメみたい
女子どうしのバトルが見たかったらいいかも
あと
小さな動物?がかわいいね♪
{/netabare}

3話目
{netabare}
今週は説明の回だったみたい

「魔法戦争」みたいにいろんなむずかしい言葉とかでてくるけど
コメディ入りで説明とかしてくれるから
わらって見てるうちに終わっちゃった♪

1回負けそうになったときはびっくりしちゃった
痛そうだったよね。。
あの薬のんだらどうなっちゃうんだろう?
あと
2人は前になにかあったみたい。。

魔女たちは
いつも負けてばっかりなのに
こりないでよく来るね^^

それから
おなじ学校の子をおどかしてた女子たちって
ほんとに魔女だったの!?
かがりさんってタカミヤくんのことになるとこわいなぁ^^
{/netabare}

4話目
{netabare}
とおの魔女たちが
タカミヤくんとかがりさんが別々のときにおそってきた。。

ずっと2人はいっしょって言ってたけど
家にいるときとかは別々だって
考えたら分かりそうなのにどうして今まで?
ってにゃんはちょっと思ったけど
ちゃんと答えがあったw

今週はかがりさんがあんまりでなかったけど
やっぱりとおの魔女たちってやられちゃうんだね^^
もういいかげん止めたらいいのにね。。

ウサギとクマさんバトル
ほんとににあったらこわいけど
見るだけだったらかわいいね♪

でも
妹まで魔女だったのって
今まで知らなかったのもしかしてタカミヤくんだけ!?
{/netabare}

5話目
{netabare}
たかみやママかわいい^^
いいなずけだったんだ
妹もママもちょっとかわっててw

今度はとおの魔女メデューサが出てきて
だんだんとおの魔女も強くなってきたみたい
かがりさん石になっちゃった

白姫エバーミリオってすごいつよい人(?)
タカミヤくんの中の白いものってこの人なのかな?
かがりさんのおうちボロボロになって。。でもおかしいw

またいつものとおの魔女たちやられてたね
いつもやられるために出てくるってなんだかかわいそう
(悪いことするからやられちゃうんだけどね。。)

助かって保健室
となりに負けたメデューサたち
ふつうの顔していたけどどうなってるの?

とおの魔女たちを洗脳してる人ってだれ?
ロノワールさまとか言われてたけど
この間タカミヤくんにアメみたいのくれたあの人かなぁ
(人がいっぱい出てくるからおぼえないうちにわすれちゃうw)
どうして洗脳なんかしてるの?
さいご
かがりママにやられてたけど。。
{/netabare}

6話目
{netabare}
今週はかがりさんが暴走しちゃってたね(^^;)

科学の先生ってほんとは誰なのかな?
かがりママと関係ありそうだけど。。

生徒会長かえてタカミヤくんになって
あいさつのセリフが。。
姫さまって言われてるけど
性格はとおの魔女たちとあんまりかわらないのかも(はぁ。。)

タカミヤくんのためならなんでもするって
ちょっとストーカーに近くなってきちゃったかな
タカミヤくんをさらってったかすみちゃんを追いかけて
あちこち町をこわしてたし。。

だんだんめちゃくちゃになってくみたいだけど
だいじょうぶなのかなぁ。。
{/netabare}

7話目
{netabare}
かがりママは
タカミヤくんの封印がとけたら敵になっちゃう
だからかがりさんは
メデューサといっしょになってママをたおそうって。。

家の中で
かがりさんとかとおの魔女がかくれてのぞいてたりするのが
おかしかったね^^
同じ家なのにおふろに入ってても気がつかないなんてw

タカミヤママはふつうにおばかw
かがりママは頭がいいおばかw
なんだかおばかな人ばっかりかも^^

かがりさんは戦おうってしてたけど
いっつも強いかがりさんが
ママはぜんぜん相手にしてなくって
おかしかったw

かがりさんが強くなるにはタカミヤくんと結びつくこと
それってひざまくら&耳かき
あぁ。。なんか分かるみたい^^

タカミヤくんの
「女の子って光ったりするんだね?」
うーんちょっとちがうみたい。。
{/netabare}

8話目
{netabare}
かがりさんって
はじめっからぼっちであんまり回りのこと気にしない人だったんだ

タカミヤくん以外だと話しかけても答えてくれない
タカミヤくんのためだったら誰かをワルモノにしちゃう
なのに
どうしてこんなにもてるのかな。。

やっと分かったけど
このおはなしの魔女ってみんな黒い。。
とおの魔女も黒い
ヒーロー(?)のかがりさんも黒い
理事長も妹もみんな。。

あっ。。でも
なんとなくかがりさんがモテルの分かったみたい

いやな人とか
タカミヤくんのことねらってる人でも
やっつけちゃうけどそのあと
ふつうに自分のまわりにいさせるの
だから何しても
みんなからほんとにはうらまれないのかなぁ。。

でも
下着ぬすんでもふつうにお友だちでいられるってw
{/netabare}

9話目
{netabare}
前半はタカミヤくんの魔法修行
かがりさんがちょっときびしいかなって思ったら
ちょっとすりむいただけで中止にしようとかって^^

巨人身ニスカナースのかがりさん出すなんて
タカミヤくんもやっぱり男子なんだぁ^^

5人の魔女は今日もおばかだったねw

かがりさんの小さいころ見てた夢
タカミヤくんのこと昔からさがしてたんだ。。

タカミヤくんちの朝食
朝からケーキとかってすごいなぁ。。
でも
毎朝食べてたらこわいかも(*´艸`*)


後半は
ウィークエンドがタカミヤくんのことつかまえようって
街を爆発させてって
コウボウの魔女たちもタカミヤくんのこと守るのに
地下にとじ込めちゃうの

新しく
街を守る5人組の班長さんナツメとねこ耳のアトリが出てきて
どんどん魔女がふえてきて覚えられない^^

ウィークエンドが2人を見つけて追いかけてくるかな
でも
かがりさんはこっちから行くみたい
来週からバトルになるのかな。。
{/netabare}

10話目
{netabare}
コウボウの魔女は街と契約してたかがりママがいなくなって
魔法が使えなくなっちゃってタカミヤくんが新しく契約した。。
にゃんはよく分からないけどどうしてタカミヤくん?
タカミヤくんって魔力はあんまりないんじゃないのかな?

けもみみたちはとおの魔女なのに
家賃のかわりにコウボウの魔女助けてたけどいいのかな?

前はどんなに爆発とかしたって
けもみみたちとかすぐ生き返った(?)のに
だんだんバトルっぽいおはなしが増えてきて
コメディがなくなってきてイヤなお話しになってきたみたい
{/netabare}

11話目
{netabare}
異次元のはざ間でかがりママの記憶を見たりしてたのに
敵がせめてきてこれって現実?夢?
寝てるタカミヤくんが異次元にもいるってどうして?

とちゅうでかすみが「お兄ちゃん」って呼んだら
関係ないメデューサが出てきて相手をかんたんにやっつけたりって
だんだんグダグダになってきてるのかなぁ
勝ったと思ったら負けて負けたと思ったら勝って。。みたいな

「なんでもあり」みたくなってきたから
きっとウィークエンドが負けて終わりなんだろうなぁ。。って
爆弾だって魔法か何かでかんたんに助かっちゃうんだろうなぁ。。
おはなしはふつうに終わりそう。。

男子だったらいろんなキャラの女子がかわいいかな。。
にゃんは動物キャラとコメディがたのしかったけど
バトルで終わっちゃいそうなのってざんねん。。
{/netabare}

最終回
{netabare}
タンポポはせっかくかすみのこと助けてあげたのに
やられちゃってかわいそう。。
でも
やっぱりさいごはかがりさんにやられちゃうんだね^^;

街が元にもどっていくところは花びらが舞っててきれい
見てて「わーっ。。」ってなっちゃった

さいごはバトルもなくって
ウサギさんとクマさんたちのおしゃべりと友情もかわいくって
誰も死ななくってよかったぁ♪

くちづけみたかったなぁ(*´艸`*)
{/netabare}


見おわって

おばか系ファンタジーバトルかな?
かわいいキャラがいっぱいでカラフル☆


主人公のタカミヤくんは弱すぎてあんまりかっこよくないなぁ。。
でも主人公だけどヒロインだからしょうがないかも^^;

それとタカミヤくんを守るのが女の子だけどヒーローのカガリさん。。
美少女だけどぜんぜん笑わないし何考えてるか分からなくって
タカミヤくんのこと守るためだったら悪いことでもしちゃいそう。。


この2人だけだったらきっと
このおはなしってぜんぜんおもしろくなかったかも?

だけど悪役の女子たちがどじで弱いのに一生けんめいなの
ときどきカガリさんとどっちが悪い人なのか分からなくなっちゃうかもw

おはなしは
どじっ子魔女たちがタカミヤくんにちょっかいだして
カガリさんにやっつけられて終わるみたいなギャグ。。


かわいい女子とかわいい動物キャラがいっぱい出るアニメだから
日常っぽいギャグとか好きだったらいいのかも☆

投稿 : 2020/03/26
閲覧 : 1362
サンキュー:

172

ukarepanda さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 3.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

このアニメ好きです。

エンディングのウイッチ拷問動画、最高です。

投稿 : 2020/03/22
閲覧 : 153
サンキュー:

1

ZORRRO さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

徐々に深刻になってるはずなのに、どんどん軽くなっていくストーリー。

【ストーリー・キャラ】

魔女っ子もの。魔女vs魔女。ひたすら魔女。ほうきで空飛ぶあれ。
ヒロイン主人公の多華宮くん(姫)をひたすら火々里さんが守る展開。

主人公が活躍できない!という面より、数多くの試練から火々里さんがどう姫を守っていくのか。
という点に注目し、かっこいい火々里さんの活躍を是非見て欲しい。
多華宮くんも頑張るけどね(笑) 決して魅力のない主人公ではないです。

主人公たち目線は話そのものや、戦闘もどんどん大きくなってるとは思うけど、
客観的に見るとあまりスケールは大きくなってないというような、重みは感じない展開でした。
といってもまあ、程よく緊張感はあったので、戦闘含めて見ごたえがありました。


勢力も、キャラクターそのものも結構多いので、また話の展開的にも敵・味方ゴチャゴチャしてきます。
全てを把握しながら色々考えてみるというよりは、ワチャワチャ具合を傍観するくらいが丁度いいです。
「今日こそ倒してやるぜ!」の噛ませ犬位置の敵キャラがいるのですが、1番面白くて好きでした(笑)


【作画・声優】

戦闘も結構多かったですが、作画は非常になめらかで綺麗でした。
キャラデザは可愛いというよりは綺麗・クールな顔立ち。かっこいいです。

キャラが多いですが声優さんのメンツも豪華。
熱演してる系のキャラはせいぜい主人公くらいでしたが、豊富なキャラをたくさん聴けて満足。


【他】

ネタっぽくない天然なボケ・ギャグがクスッというレベルで面白いのが良かったですね。
戦いは多いですけど、まあ不安材料も少なく明るく安心して見れて、楽しかったアニメです。

投稿 : 2020/01/12
閲覧 : 246
サンキュー:

17

ゴンベ さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 3.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

続きが観たいアニメ

作画のクオリティがとても高くて驚いた
基本的にバトルの描写が多いけどバトルの描写にも迫力がある
キャラクターデザインも、原作の結構癖のある絵・多彩なキャラクター達をとても見やすく綺麗に落とし込んでいる
とてもテンポよくストーリーが進むんだが、それでも色々な種明かしをするには尺が足りなかったようで、専門用語も多いし分かりにくいのが残念
でもギャグパートとかとても勢いがあって面白いし、色々な小ネタも仕込まれている
たくさんの癖の強いキャラクター達がわちゃわちゃしてるのも面白かった
オープニングの歌詞も作品にとてもあった内容で作られた良いオープニングだったし、エンディングも放送当時結構話題になったとてもユニークな映像だった(笑)

投稿 : 2019/11/28
閲覧 : 234
サンキュー:

3

ネタバレ

リタ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

夢の中みたいで素敵

王子様を守る女の子って構図がけっこう好き。
強いし綺麗だし、他はどうでもよくて一途だし、憧れの男性像の女の子版ってのが面白い。

エンディングで拷問されてる子達が歌う曲もやたらと耳に残る不思議な歌だし、変身したヒロイン凄く綺麗で身内も鬼のように強く、わたわた出てくる脇役の子達もなんだか可愛い。

何かすごく斬新な要素があったりストーリーが最高!というほどではないけど、派手なファンタジーな世界観やよく分からないけどめっちゃ強い人が出てきたりと、個人的には面白いと感じた。

投稿 : 2019/11/25
閲覧 : 107
サンキュー:

3

ネタバレ

たわし(冨岡) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

魔女に「童貞」を捧ぐ

ショタコンものであり、お姉さんキャラが好きな人は面白いと思うでしょう。

海外でも魔女はサキュバスと同一視されており、1973年のイギリス映画「ウィッカーマン」では、イギリスの敬虔なキリスト教徒の刑事がスコットランドの一部で信仰されていたケルト的ペイガニズム(多神教)の人柱になってしまうといったキリスト教側のホラー映画がありますが、そこでペイガニズムを信仰している女性はフリーセックスであり淫猥な人物として描写されており、五月祭や秋の収穫祭(いわゆるハロウィン)時期になると、祭りの影で男を誘って乱交する描写がありますが、

これが所謂、禁欲をなによりも是とする「キリスト教」「ユダヤ教」圏では典型的な「魔女」として描写されます。映画でも度々、キリスト教徒の刑事を性的に堕落させようと素っ裸で卑猥な踊りを踊って誘うシーンがありましたが、

そういうエロスが、最も性的に寛容とされる日本だと、こういった「おねショタ」モノになってしまうという。。。文化というものは面白いものですね。

しかも監督は下ネタ大好き水島努監督なので、さらに拍車が掛かっているかと思います。

投稿 : 2019/11/17
閲覧 : 183
サンキュー:

7

やまと さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

主人公がヒロイン!?

ジャンル 魔法少女、コメディ、バトル

個人的満足度 76点

バトルもので難しい言葉が多くてちんぷんかんぷんだったけど、コメディもあったから最後まで見れた!
主人公はか弱い男の子でちょっとかわいくて情けない感じだけど
性格的には嫌いじゃないかも!
ヒロインの子はあんまり好みじゃなかったなあ笑
めちゃめちゃ美少女設定なんだけど常に真顔w

誰が味方なのかわかんなくなったりした←
あれこいつどっちの味方なの??みたいな

オープニングはめっちゃすきです!!
そして映像も見応えあるオープニングですね!
fhanaはいいですねー!!

投稿 : 2019/11/06
閲覧 : 130
サンキュー:

3

ネタバレ

茅野愛衣さんを応援! さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 1.5 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

主人公の多華宮仄が頭悪すぎて見ててイライラする

ずっと前から気になっていた作品で、ようやくdアニメストアに入ったので見てみたが…イマイチだった。作画は良いものの、原作付きの水島作品では最低かもしれない。
監督が水島努でシリーズ構成が横手美智子、吉田玲子とSHIROBAKOと同じスタッフで、声優もSHIROBAKOの人が多い。ガルパン声優も多いけど。

内容は炎の魔女のヒロイン火々里綾火に男子高校生の多華宮仄が守られ続けるという話。
綾火は黒髪ロング高身長ヒロインなので見る前はあずまんが大王の榊さんみたいなキャラかと思ったが、物語シリーズのひたぎの方が近かった。いや瀬戸麻沙美ボイスなので青ブタの麻衣さんか。

灰は戦う能力が全く無いので、セキレイ・おまもりひまり・デートアライブの主人公と同じタイプになる。ただ灰は彼らよりもニブい奴で、頭が悪くうじうじした何の取柄もないグズなので見ていて終始イライラさせられた。この作品の売りである男がお姫様抱っこされるシーンも、男なのに情けないとしか感じなかった。

なんでこんなグズに綾火はベタ惚れしているのか疑問しか感じない。その理由は9話の過去に綾火が見ていた夢でなんとなくわかるのだが、それにしてもやはり腑に落ちない。綾火の夢の中の灰と現実の灰はかなり性格が違うようだし。
灰が凄い力を持っている理由が分からんままで終わったのもマイナス。それは原作の続きでってことだろうけど。

あと異様に登場キャラが多い。多すぎてほとんどの登場人物が待機していて暇してるという有様。
それと魔女同士の戦いが殺し合いなので無駄に殺伐としているのも良くない。

ただ作画は3DCGを駆使していて非常に良い。バトルシーンはとても迫力がある。ここはさすがの水島作品だろう。背景美術も凄いのだが、背景が細かすぎて人物が浮いてるように見えることが多い(あるある)。
あと水島監督絵コンテのEDがじょしらくみたいで良かった。コミカルなノリで拷問されているのも毒があって水島監督らしい。

投稿 : 2019/11/05
閲覧 : 309
サンキュー:

7

ネタバレ

haiga さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ダイ・ハードばりに爆発しまくる魔女っ子アニメ

今終わりました。
実に惜しかった。最終回に私が望んでいた要素が2つ足りませんでした。それがあったらお気に入りにぶち込んでましたね。

超作画、超アクションの魔女っ子バトルアニメでしたが最後まで作画もアクションも素晴らしかったです。主人公のほむら君がヒロインでそれを護る魔女のあやかがヒーローって構図が面白かったです。
手抜き無しのアクションアニメらしいアニメです。


以下ネタバレで不満点を話します。















1つは最後まであやかの笑顔が見られなかった事です。瀬戸麻沙美さんの感情を抑えた演技は良かったのですが、最後まで照れ顔も笑顔も見られませんでした。過去の2人の絆エピソードも不十分でしたし尺が足りませんでしたね。

2つ目は最後のあやかを救うシーンでキスをしなかった所。とりあえずそこでヘタレるのがほのかとは思うのですが、1番最後かCパートで口づけやらなきゃ詐欺でしょ。私はそれで評価をだいぶ下げましたw

とはいえ声優さんもとても豪華ですし、妥協無くとても気合いの入った作品です(大好きな能登さんが結構出ていて嬉しかったです)
ワンクールに詰め込みすぎて展開が超速なとこが分かりにくいかもです。出来れは2クール欲しかったですね。魅力的な魔女っ子達が消化できてなくて勿体なかったと思いました。

本当は継続してシリーズをやりたかったのかなと思いました。2期が来たらまた観たいと思います

投稿 : 2019/11/05
閲覧 : 128
サンキュー:

20

アキラー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

2回目視聴 ツンもデレもないけど、そこには

ネット配信されはじめたので見直した。

ヒロインが、美人で完璧で最強!
で、主人公はそのヒロインに守られるお姫様状態というアニメ。

この手のストーリーは、ヒロインが主人公にベタ惚れでやたらイチャつくとか、ツンデレ属性で、たまに見せるデレがかわいいとか、騎士のような忠誠心で尽くされまくるとかが、普通?かと思うのだが、全くその気配がない。
でも、何故かヒロインの確かな愛情を感じてしまう。

その二人の関係を軸に、魔女同士の戦いがあるのだが、すごくカジュアルでポップな戦闘で、ヒロインが使う炎の魔法のカッコよさを引き立たせている。
この後の展開は、原作を読むしかないけど、できれば2期を作って頂きたい。

ちなみにOP、EDもお気に入り。どちらもKMM団が活躍してるので見てほしい。KMM団サイコー!

投稿 : 2019/11/04
閲覧 : 81
サンキュー:

2

聖剣 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 5.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

アカンねん、コレ

私にはツボと言うか
ちょっと弱い部分があって
『吸血鬼』と『魔女』にめっぽう弱い

アニメの題材って
中世ファンタジーを基礎に持つ作品が多いので
魔女とかって比較的扱われ易く、目にする機会も必然的に多くなる
これが良いのかと言われれば、悪くはない、というニュアンス
というのも
これだけマンガ・アニメ作品が多く氾濫していると
その中には雑な設定もあるわけで
軽薄な扱いをされていれば、手放しで喜べない状態も多々ある

この作品はどうかといえば…ありですね♪
ただ、魔女設定が良かったのか?と問われたら
断言できない煮えきらなさがあって
たぶん
幼少期に見た原風景『かぼちゃワイン』に照らし合わせているような気がしてる
とはいえ、その原風景に対しては、でかいヒロインとしか覚えていない(笑)

ちなみに
長らくアニメにおける『電波ソング』の意味が分からなかったが
この作品のEDを見て、その意味が理解できたような気がしている

投稿 : 2019/07/18
閲覧 : 157
サンキュー:

10

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

この世界観が好き

この世界観が好き。
ウサギとクマのプロレス場面が大好き!
魔女vs魔女はこんがらがっちゃうけど、好みの方を推せばよしです。

投稿 : 2019/02/12
閲覧 : 197

ニワカ さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

倉石たんぽぽが好きだ

たんぽぽを見るために見てた
それだけだが倉石たんぽぽはそれほどなのだ

投稿 : 2019/01/05
閲覧 : 184
サンキュー:

3

ネタバレ

デューク さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

1度だけ観てもわからないかも

作り込みが細かく、重要なセリフも多いので、1度観たぐらいだとお話しがよくわからないと思います。
タイトルからすると、魔女が何か作り出しそうなのですが、実際は破壊の限りを尽くします。ですが爆破、崩壊の画も、カメラワークもよく、この点については爽快感さえあります。
全体的によく出来てると思いますが、メインヒロインのキャラデザが異世界の宿屋の女主人みたいだったこと、妹が敵キャラみたいなデザインだったことが残念です。

投稿 : 2018/11/18
閲覧 : 164
サンキュー:

3

プラ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

最初から最後まで、何が何だかわからん!

誰が敵で誰が味方なのか。。。。

投稿 : 2018/09/29
閲覧 : 150
サンキュー:

1

ネタバレ

tinzei さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ヒロイン(♂)とヒーロー(♀)

男主人公がヒロインで女がヒーローという珍しいパターン(?)


原作はマンガ、一応原作通りなのかな?
普通の日常を過ごしていた主人公ホノカ(♂)はある日魔女に襲われる、だが学校一の美女である綾火(♀)が魔法を使い助けに入る。


魔法戦闘ものだがギャグ要素が強い、綾火はホノカが絡むと過保護になる、敵でいつもやられ役のバカ五人組、超ブラコンの主人公の妹、最強魔法使いだがちょっと抜けている綾火の母、などおふざけ的なシーンが多々ある。
とは言ってもメデューサ、ウィークエンドとの戦いやエヴァーミリオンが絡むことになる割とシリアス。


声はそれなり、ホノカの声は小林裕介、2018年現在はある程度知名度があるが当時はまだ新人、ていうか初主演じゃない???
他はエヴァーミリオンに能登さんだったり、ウィークエンドに平野綾、メデューサに沢城など結構豪華、他のセリフが多いキャラもある程度名がある人を使っている。


opはfhanaなので良い曲なのは間違いない、ただ個人的にはedの方が好き、歌うのは敵であるバカ五人組、良曲というより中毒曲(?)かな。

投稿 : 2018/08/18
閲覧 : 101
サンキュー:

3

s__masa__ さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

キャラの渋滞感が凄いアニメ

個性的で魅惑的なキャラが次から次に出てきて大渋滞になっている!
ストーリーもシリアスなのか、何なのか、肩透かしを食らう展開で、ドタバタしてる割に飄々としていて、ごちゃごちゃしてるけど一定方向に流れてるみたいな不思議な均衡を保っている魅惑の世界、とでも言うのでしょうか?、結構密度は濃いけどサッパリ飲めた!的作品です。そして、少し経つと御代わりも欲しくなる作品です。ラーメンで言う「天下一品」のこってり、全部のせ、みたいな作品です。
オカワリキボンヌ!

投稿 : 2018/06/02
閲覧 : 133
サンキュー:

5

ネタバレ

※アニをた獣医師() さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

お姫様が男の子で王子様が女の子!

魔法使いの女性。ヒロインで才色兼備で眉目秀麗、完璧超人のかがりさん。
そしてヒロイン体質の主人公、高宮くん。

珍しい作品です。ヒロインが最強で主人公は守られ役(まあ、後々いろいろあるけどね)
戦いもありますが、どっちかというとそれも含めて日常がメインという感じです。

高宮くんはかがりさんが付きっきりということで、いろんな人から無意味な恨みをかっていますが、まあ気になりませんよね(笑)

そして何より、かがりさんは高宮くんにアマアマすぎて過保護です。

この作品もふとしたときや、何度も見てしまいたくなってしまうんですよね♪日常ものの、ラブコメはやはり面白い~♪

投稿 : 2018/03/10
閲覧 : 162
サンキュー:

17

ぱんいつ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 2.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

姉デレ?確かにあったような…

冴えない主人公がヒロインといちゃいちゃしながら魔法の世界へ系です
テンプレと言われればテンプレですかね

物語的には
ヒロインが姉っぽい同級生という事で少しのアクセントですかね
特にラブラブをしてなかったようなしてたような、この感じが地味に好きですw
このキャラは敵か?味方か?という展開が多くて、ここも割と好き
ギャグも変な所で多めで見やすかったです

割としっかりと物語の流れが出来ていたように感じましたが、物語の中心部が語られなかったのは悲しいですね。

一度出たキャラは要所要所に出てきますが、若干使い捨て感が拭えなかったように感じました。

OPはとても好み、EDは電波好み
OP曲は好きすぎますね。えぇ。
EDはキャラが増えていく感じなので飛ばさず見ましょうw中毒になりますがw


全体的に、すっきり見れました。
ただ、やはり物語の中心部分が語られなかったのは残念でしかたありません。


クマーウッサ

投稿 : 2018/03/03
閲覧 : 128
サンキュー:

3

ネタバレ

剣道部 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

やられ役の鏡♪

[文量→中盛り・内容→感想系]

【総括】
俺TUEEEではなく、俺YOEEEの主人公、多華宮仄が、自らに宿す力のために狙われ、登場キャラの中でも上位の力をもつヒロイン、火々里綾火に守られるというのが基本線。綾火が「炎の魔法使い」ということあり、(作風は違いますが)「灼眼のシャナ」に近い構造でしたね。

作風的にはライトで、笑いも萌えも、燃えも燃えも(ん?)w ほどよくある感じ。バランスが良いです。もっと評価されてほしい作品の1つですね♪

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
制作年のわりに映像も綺麗で、戦闘時のエフェクトも気合い入っていました。ヒロインの綾火は、「長身・クール」とメインヒロインには珍しいキャラクター。基本的には無表情で淡々としていますが、仄のことになると態度が一変。仄はとことん甘やかし、仄に仇なす者に容赦なく鉄槌を下す。そんな綾火が可愛らしかったです。

ストーリー面でも、「塔の魔女」と「工房の魔女」と呼ばれる2つの勢力の争いを軸に、小競り合いやら大規模戦闘やらあって楽しいです。

が、本作の本当の魅力はそこにはないのです。

本作には「KMM団(ケモミミを身近で愛でる団)」と呼ばれる、5人組の少女が登場します。いわゆる、「やられ役」。この5人が抜群に可愛い! リーダーの倉石たんぽぽを筆頭に、5者5様の魅力。

「基本的には悪役で」「でも憎めなくて」「たまに本当に主人公達を追い詰める」という、やられ役の基本をちゃんとおさえてます。

「ホーッホホホ、目にものをみせつけてやるわ!」「や~ら~れ~た~」「つ、次こそは覚えてなさいね!」という形式美が実によく似合う(笑) 「バイキンマン」や「ロケット団」に通じるものがありますw

この5人がどんなんなのかは、YouTubeででも本作のEDを観ていただければ伝わるかと思います。普段はED飛ばす派の私も毎回観てた、良EDです♪ ちなみにOPもカッコ可愛い感じで良くて、そういう意味でも、オススメです♪
{/netabare}

投稿 : 2017/11/25
閲覧 : 268
サンキュー:

37

のか さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

面白かった部類に入るんだけど・・・なんだろう、この微妙な感じwww

原作未読 全12話

あらすじ
平凡な主人公が魔女のヒロインに出会い、色んな事が起こるお話し

では感想を
夏アニメを一気に見終えて、またしばらく見るものがない状態でした(苦笑
で、リア友のガチアニヲタに
「面白そうなアニメDVD持ってない?あったら貸して」
と言うと何作かのDVDを貸してくれました

その中の1つが今回の作品です。
私、この作品、見てなかったんですよね^^;

で、他の方のレビューを見て視聴する事に。

内容はあらすじに書いた通りです!
まあ、よくあるお話しですねwww

原作を知らないのでカットされている部分があるのか分かりませんが・・・
テンポ、速すぎない?って言う印象があります。
んで、登場人物も1クールの割に多くて、名前が覚えられなかった^^;

ラブコメのジャンルになるんですかね?
でも、笑い要素的には「ん~」って首を捻るかな。

恋愛的にも普通って感じですかね(個人的感想ですよ)
サブキャラが良すぎて、そっちに気がとられちゃいましたねwww


作画は綺麗な部類です!
背景や魔法のシーンとかめっちゃ綺麗だと思いました

声優さんは豪華でしたね
流石の演技だと思いましたよ~

音楽は良かったと思います。
OP,EDともに世界観にあっていて、印象的でした^^
特にEDはDLしようか検討中ですwww

キャラは・・・ヒロインが可愛いかどうかは置いておいてwww
5人組は素晴らしかったです^^
あれはちょっとキャラ立ちすぎです。


魔法アニメとしてはちょっと弱い気がしますね。
恋愛成分が強すぎてね。
あと色んなキャラの癖が強いのも影響している気がします

ハーレム成分が無かったのは良かったかなwww

学園、魔法バトル、恋愛のジャンルが好きな人にお薦めですね。
コメディには期待しない方がいいかな^^

他の方のレビューでは賛否両論が結構ありましたので、他の方のレビューも見てくださいなwww
(〃^∇^)o_彡☆あははははっ

個人的には「暇なら視聴しても良いと思います」レベルですかね^^


では最後に一言
絶望した~!(でも)(だって)(どうせ)とか一杯言う主人公に絶望した~!
ヒロインに守られ過ぎでしょ!
そしてあの行為が出来ないってどんだけチキンなんですか!
盟約が無かったら、あの主人公には惚れる要素ない事に絶望した~!

投稿 : 2017/11/09
閲覧 : 211
サンキュー:

16

ネタバレ

狗が身 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 3.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

雑感。

決して珍しくない設定であるにも関わらず、他の作品とは何かが違う、味のある作品だね。
正義側と悪党側が同じ空間で和んでることに違和感がないということが既に可笑しい。

だからこそウィークエンドのようなキャラがアニメ本編上のラスボスとして際立ってくる。
しかしオチは今まで散々ギャグキャラとして振る舞ってきた作中最強キャラ二人が雌雄を決す(しかもウィークエンドの所有権を巡って、であるw)という予想外なものだったことで、いつものウィッチクラフトワークスとして締める。
こんなん笑うわ。

クールなのは見た目だけなダダ甘やかし火々里さんを筆頭に、本作のキャラクターは素晴らしい。
僕がとくに好きなのはかざねさんだ。クロノワールも捨てがたいけど。
いやもう全員好きだわ。


正直、原作よりも面白いんじゃないかって思ってる。


何気に、強キャラとして描かれるヒロインの魔法が炎であることもポイントが高い。
魔法モノにおいて炎を能力ってもはやテンプレで、かませキャラにあてがわれることが多い気がする。(禁書のステイルのことじゃないよ?)
しかもあの炎のエフェクト。SEと相まって抜群の迫力だ。

投稿 : 2017/10/22
閲覧 : 135
サンキュー:

12

アオイ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

面白い

素直に面白い、設定が良いと思う。
せっかく魅力的なヒロインなのだからもう少しラブ要素かエロが欲しいかな。

投稿 : 2017/10/17
閲覧 : 155
サンキュー:

3

タケシロ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 5.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

OPがよかった

投稿 : 2017/10/14
閲覧 : 119
サンキュー:

1

次の30件を表示

ウィッチクラフトワークスのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ウィッチクラフトワークスのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ウィッチクラフトワークスのストーリー・あらすじ

平凡なスクールライフを送る男子高校生・多華宮仄と、文武両道、容姿端麗で絶大な人気を誇る学園のマドンナ・火々里綾火。クラスメイトながら住む世界が違うふたりであったが、仄に隠されたある秘密から、主従関係を結ぶことになる。仄は姫として、綾火は彼を護る炎の魔女として――。仄の「白いアレ」を巡り繰り広げられる、魔法少女たちの可憐で壮大なバトルの火蓋が今、切って落とされる!(TVアニメ動画『ウィッチクラフトワークス』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2014年冬アニメ
制作会社
J.C.STAFF
主題歌
≪OP≫fhána『divine intervention』≪ED≫KMM団(倉石たんぽぽ(CV:井澤詩織)宇津木環那(CV:夏川椎菜)飾鈴(CV:麻倉もも)桂虎徹(CV:日岡なつみ)目野輪冥(CV:飯田友子)『ウィッチ☆アクティビティ』

声優・キャラクター

小林裕介、瀬戸麻沙美、茅野愛衣、川澄綾子、釘宮理恵、井澤詩織、夏川椎菜、麻倉もも、日岡なつみ、飯田友子、大原さやか、大地葉、阿澄佳奈、又吉愛、白石真梨、黒田友佳、平野綾

スタッフ

原作:水薙竜(講談社『good!アフタヌーン』連載)、 監督:水島努、脚本:水島努/横手美智子/吉田玲子、キャラクターデザイン:冷水由紀絵、プロップデザイン:矢向宏志、ビジュアルコーディネート:辻田邦夫、美術監督:黒田友範、色彩設計:石田美由紀、撮影監督:大河内喜夫、編集:後藤正浩、音響監督:岩浪美和、音楽:TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND、音楽制作:ランティス

このアニメの類似作品

この頃(2014年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ