艦隊これくしょん -艦これ-(TVアニメ動画)の感想/評価、レビュー一覧

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「艦隊これくしょん -艦これ-」のレビュー感想/評価

よみがな:かんたいこれくしょん -かんこれ-

放送時期:2015年冬アニメ(2015年1月〜)

このアニメの感想・評価 1152

艦隊これくしょん -艦これ-のみんなの評価
★★★★☆ 3.5 5
物語:2.9 作画:3.5 声優:3.7 音楽:3.7 キャラ:3.6
  • 物語 ★★☆☆☆ 2.9 作品のシナリオやストーリーに対する評価です。
  • 作画 ★★★☆☆ 3.5 作品の絵やイラスト・キャラクターデザインに対する評価です。
  • 声優 ★★★☆☆ 3.7 出演している声優、または登場キャラクターの「声」に対する評価です。
  • 音楽 ★★★☆☆ 3.7 OP・EDや挿入歌、バックミュージックなど、音楽全般に対する評価です。
  • キャラ ★★★☆☆ 3.6 登場キャラクター全般の設定・性格・個性などに対する評価です。
123456789
ネタバレ
2018.11.13 14:10 べるの評価 | 観終わった| 29が閲覧 ★★★☆☆ 3.4 評価対象: 艦隊これくしょん -艦これ-(TVアニメ動画) 物語 : 1.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.5  キャラ : 3.5

ダメな花田全開脚本

ゲーム原作アニメ。私も当然ながらゲームもやってます。
当時はそのせいもあり期待値が超高かった作品です。・・・なのですが
やらかしてくれました花田先生。そう、脚本が致命的に残念な作品になってしまいました。たぶん花田先生は艦これやってないんだろうなぁ・・・と。
艦これは各キャラの個性が大きな魅力のひとつなのですが全く活かせていない。
個性付けのセリフがそれぞれのキャラにあるのですが、場面に関係なく無理やり言わせる。「おまえら、これが聞ければいいんだろ?」とバカにされているようにすら思える演出。本当にひどい。
続編の劇場版はその点はかなり改善されたようで普通に良作に仕上がっていますが、アニメ本編はどうしてもケチがついてしまいます。
艦これ自体はアニメ向きの素材なのでもっとやり方はあったはず。
とはいえこのダメな花田脚本全開でも全体的に見るとそれなりに見れてしまうのはやっぱり原作の素材の良さが大きいんでしょうかね。
劇場版がおもしろいのでそれを見るための勉強と思って見るのがいいかもしれません。
OP、ED曲は素晴らしい。どっちもテンション上がりますw



原作マンガや小説のある作品だと花田先生は超有能なのに・・・この落差は何なんでしょう?花田十輝は複数いる?w

 サンキュー(4)
2018.10.11 22:02 ネロラッシュの評価 | 観終わった| 21が閲覧 ★★★★☆ 4.2 評価対象: 艦隊これくしょん -艦これ-(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 4.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 4.0

まあまあ

艦娘のフィギュアがかわいいな。
集めよ♪ から入ったので、アニメの構成が先の大戦をなぞるのであれば艦娘たちはバッドエンドじゃん!と思いつつ観てみた。
おや?日常+たまに戦闘?
お気に入り艦娘たちは出て来なかったが、まあまあかな。
OPとEDは中毒になり、即ダウンロードした。

 サンキュー(2)
ネタバレ
2018.09.30 14:49 にゃん^^の評価 | 観終わった| 807が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: 艦隊これくしょん -艦これ-(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 4.0  声優 : 4.5  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

おしるこにカレー入れてみたたけどどっちも好きな人多いからいいよね?(えっ!?)

あらすじはあにこれのを見てね☆


艦娘の女子高生(?)たちが
いろんな武器を体につけて
くじらみたいな「深海棲艦(しんかいせいかん)」と
海の上で戦うおはなし


日常のところは
女の子がいっぱい出てきて
「咲」とか「ガールズ&パンツァー」
見てるみたい


バトルは
海の上でスケートしながら
腕とか背中につけた銃みたいので撃つだけ
みたいな感じカナ


女の子はいっぱい出るけど
声優さんは
1人で何役もやってる人が多いみたい

声をつけるとき
どのキャラがどんな声だったかとか
忘れちゃったりしないのかな?
大変そう。。


1話目
{netabare}
特型駆逐艦の吹雪が
第三水雷戦隊に配属されてきたの

まだ実戦したこともないのに
提督とかから目を付けられてるみたい
でも
運動がにがてみたいで
はじめての実戦でこわがってばっかり

落ちこんじゃってたけど
さいごは
あこがれてる赤城先輩の護衛艦になって
いっしょに戦う!って決めたみたい☆


にゃんはあんまりゲームしないし
バトルもにがてだから
もうちょっとコメディとか多いといいな☆

ラブコメとかってぜったいなさそうだし
もしかして
途中でやめちゃったらごめんなさい。。
{/netabare}

2話目
{netabare}
吹雪が早く赤城先輩みたいになりたくって
がんばるおはなしかな

夜は川内さん
朝は神通さん
昼は那珂さんたちから
いろんな特訓を受けてこわれちゃいそう。。

夕立、睦月ちゃんたちは心配してくれて
睦月は3人にそのこと言ってくれたんだ

でも
出撃のとき失敗ばっかりだったら
艦隊からはずされちゃうかも。。って
ゆう3人の思いやりだったり。。


バトルはなくって日常回。。
お風呂(ドック)とかって
男子サービスがちょっと多かったみたい
{/netabare}

3話目
{netabare}
奇襲作戦

みんなが別れのときみたいなこと言ってて
ほんとに戦争はじまるんだなぁ。。って

悔いのないように思いっきり食べておけ。。って
死んじゃったら食べられない。。ってゆうことだよね?

吹雪はまた失敗しそうってこわがってたけど
睦月があぶなくなったとき
さっと前に出て相手を攻撃できた!
よかった☆

睦月が如月に
終わったら話したいことがある。。って言ってて
もしかして睦月が。。とか思ったけど
如月のほうだったんだ。。

敵が撤退して
吹雪たちがよろこんでたから
もう終わったって思ったのに
どうしてあんなところで。。

如月ちゃんって出てきたばっかりだったから
にゃんはよく分からなかったけど
如月が轟沈したことも知らないで
岬に走ってく睦月を見てたら
苦しくなってきちゃった。。
{/netabare}

4話目
{netabare}
睦月は桟橋のさきで
今日も如月ちゃんのこと待ってる。。

暗いおはなしになるのかなぁって思ってたけど
金剛4姉妹と島風とふぶきも入れて特別任務!?

でも
バトルがはじまるまではコメディ回みたいだった
吹雪があこがれてた金剛さんと
ぜんぜんちがってたw


それでバトル。。
吹雪たちの出撃を見守る睦月がさびしそう。。

吹雪。。はじめはよかったけど
とちゅうで足がすくんじゃったみたい
金剛さんが助けてくれなかったら
やられたったかも。。

それで
金剛さんにハグしてもらって
吹雪は何か分ったみたい

帰ってから
こんどは吹雪が睦月のことムギューって。。
桟橋の上で
抱き合って泣く2人見てたら
にゃんも涙がぼろぼろって。。

にゃんはよく分からないケド
睦月は何か分ったのかなぁ。。
もう
桟橋で待ってなくてもよくなったみたい☆
{/netabare}

5話目
{netabare}
おはなしは
艦隊が再編成されて
吹雪は第五遊撃部隊になったんだけど
行って見たら

大井さんと北上さんはべったべたで
ほかの人とか近づけないし

加賀さんと瑞鶴さんは
仲が悪くって言い争ってばっかり

金剛さんがいた♪って思ったら
おもしろがってるだけみたいだし。。

こんなバラバラなチームで
作戦うまくいくのかな?


にゃんは
艦これやったことないし
歴史がにがてで戦争ってきらいで
メカとかもぜんぜん分らないのに
よく見てるなぁ。。って^^;

でも
これってスポ根みたいだなぁって思ったら
(ときどき人が死んじゃうけど。。)
コメディも多くって楽しいかも^^


みんなバラバラ。。
吹雪1人が新しいチームのことで悩んでたら
赤城先輩にばったりあって
はなしを聞いてもらったの

そしたら
監督には何か作戦があって
こんなチームにしたんじゃない?みたいに言われて
ガンバロー!って思ったけど

帰ったら
誰が第五遊撃部隊のキャプテンやるかでもめてて
前より悪くなってて

みんなは監督に言って
チームを替えてもらおう。。みたくなってた
でも
吹雪だけはこのチームでやりたい!って。。

そんなことしてる間にとつぜん試合が決まって

どうしていいか分からないし
てきとうに攻撃しようってするみんなに
吹雪がダメ出しして
こうしよう!って指示出して
自分が
1番むずかしいポジションになるの。。

それでうまく行ったから
みんながキャプテンは吹雪がいいって☆


そんな感じになるのかな^^

さいごは
加賀さんがツンデレだって分ったみたいw
{/netabare}

6話目
{netabare}
鎮守府で
毎週食べるカレーレシピを決めるカレー大会に
第六駆逐隊のロリっ子4姉妹(暁、響 、雷、電)が
挑戦するの^^

洲崎綾さんが1人で4役やっててすごいね!

おはなしはおばかw

アニメのOVAとかでよくあるお料理対決で
({netabare}「とらドラ! 弁当の極意」とか
「進撃の巨人「突然の来訪者 - 苛まれる青春の呪い -」」{/netabare})
はじめから終わりまでギャグいっぱいw

第六駆逐隊が勝ったかどうかは
見てみてね^^
{/netabare}

7話目
{netabare}
第五遊撃部隊は装備の調整中に
ばったり敵と会って戦闘になっちゃった

加賀さんに先を越されてあせった瑞鶴さんが
先に出すぎて被弾しそうになったところを
加賀さんが被弾したの

高速修復剤がきれてて加賀さんは時間がかかりそう
かわりに翔鶴さんが入ってFS作戦に出撃したの

吹雪の作戦で
索敵機を出して先攻できてうまくいったって思ってたら
せいちMOに先に向かった空母の2人が
攻撃されて危ないところだった。。
敵に作戦を知られてたみたい

そのことに気がついた吹雪たちが
追いかけてって参戦して2人は無事だったの


加賀さんと瑞鶴さんって2人ともツンデレみたい
ほんとはおたがいのこと認めてるんだよね。。
きっと☆
{/netabare}

8話目
{netabare}
今週は大和のおはなしだったっぽいw

にゃんは
戦艦のこととかよく知らないけど
「宇宙戦艦ヤマト2199」見たから
大和だけはなんとなく分るかも^^

吹雪がちょっとムリヤリ大和さんのこと
海につれ出そうとして
もし敵に見つかって
大事件になっちゃったりしたらいやだなぁって
思いながら見てて心配だった。。

でも
1度も海に出たことない大和さんの秘密って
資材と燃料をたくさん使うから
かんたんに海に出してもらえなかったんだ。。

あと
大和ホテルって
大和の中が広くってホテルみたいだったからなのかな?
海にも出られないのにそんなこと言われたら
バカにされたみたいだよね。。
{/netabare}

9話目
{netabare}
夕立ちゃんは大規模改装で改二になったみたい
吹雪は旗艦なのにまだ。。

ちょっと落ちこんでたら
赤城さんから応援されてがんばろうって思ってたのに
こんどは
鎮守府に帰って来いって。。

それで
また落ちこんでたけど
がんばってるのは自分だけじゃないって気がついて
また前向き♪になれて
鎮守府に向かったの

そしたら。。


今日のおはなし
よく分らなくってググったら
艦娘ってレベルが上がるとポケモンみたく
進化するっぽい?

改造チャート
夕立 → 夕立改(Lv20) → 夕立改二(Lv55)って
書いてあったから
夕立って今まで改だったのかな?


吹雪たちが鎮守府についたら攻撃されたあとで
提督はそれが分ってて呼びもどしたのかも。。

提督は行方不明って
敵に情報がもれてるみたいだから
攻撃されるの分って
作戦指令書だけおいて先にどこかにかくれちゃったのかも?
(前に「サムライフラメンコ」見てて分かったけど
えらい人って先に逃げたりするみたい。。)

作戦指令書の中の提督のことば。。
「駆逐艦吹雪。。カイになれ!」って
カイって改のことかな?
{/netabare}

10話目
{netabare}
改に早くなりたい吹雪は
聖地MIを探してるとちゅうで敵襲にあって
ムチャして轟沈しかけて睦月に心配かけたの。。
でも
吹雪はみんなの役にたちたいだけみたい
改になるのもそのため。。って


後半は

吹雪は赤城さんから随伴艦になってほしいって。。
でも
加賀さんは
吹雪が赤城さんを守る力があるかどうか試したいって

テストってゆうより特訓みたいだったね
でも吹雪の思い
赤城さんがよく知ってるから
テスト止めようってしなかったんだって思う

改になっても吹雪ってあんまり変わらなかったね^^
でも
「がんばってちょっぴり損した気分」って
あれっ!?改になりたかったのって
だれかの役に立ちたかったからじゃなかったっけw
{/netabare}

11話目
{netabare}
MI作戦がはじまる
(名まえの漢字がちがってたらごめんなさい^^)

第一機動部隊は
一航戦の赤城・加賀
二航戦の飛龍・蒼龍

護衛は戦艦金剛と比叡
重巡の利根と筑摩
雷巡の北上
それと
駆逐艦の夕立と吹雪

吹雪は赤木さんといっしょになれてうれしそう^^

赤木さんは
MI作戦が失敗しそうな運命を感じてて
でも
そのさだめに逆らおうってしてるみたい


敵の攻撃圏内まで来たけど
空は曇ってて
終結ポイントに合流するはずの艦娘たちが来ない

赤木さんは
大和隊を待たせるのに吹雪と金剛を残して
先に進むことにしたの

見つけた聖地MIには飛行場姫が。。

赤木さんたちは
奇襲はじめて成功したみたいに見えたんだけど
敵はうしろから攻めて来てて
あっとゆう間にみんなボロボロにされちゃった。。


最後のほうまで楽しいおはなしっぽかったのに
とつぜん真っ暗なおはなしになっちゃったね。。

最後
吹雪の声が赤木さん~って
もしかして大和隊を連れて間に合ったのかな?
だといいね☆
{/netabare}

12話目
{netabare}
吹雪来た~☆
赤木さんがあきらめかけたとき
ちょうど間に合った吹雪かっこよかった♪

大井っちが北上さん助けに来たところは
わらっちゃったw

飛び蹴りとか投げ飛ばすとかって
艦娘ってそんなこともできたんだねw
そのあと
2人で手をつないで回転して。。とかもw

あと
まわりでいっぱい爆発してるのに
ゆっくり立ちばなしとかしても
敵の攻撃ってぜんぜん当たらなくって
こっちの攻撃だけどんどん当たってるw

前半はギャグ回だったけど
にゃんは
バトルってにがてだからこれくらいでよかったw

でも
後半は急に暗くなった。。

何だかちょっとヘンな感じ。。
運命が。。みたいなおはなしって
ギャグと合わないのかも。。

敵は轟沈してもまた戻ってくるし
飛行場姫なんか死なないで再生してきて。。
ゾンビ映画とかみたい

でも
提督の指示どおり空母やっつけたら飛行場姫も。。って
もしかして
提督って気がついてたのかな?
負ける運命みたいなのが繰り返してるって

だから
こんどこそ艦娘を勝たせるのに
みんなを聖地MIに集めるために
自分が
鎮守府にいたら誰かが守らないといけないから
かくれてたとか。。だったのかも?

あと
「カエシテ。。カエシテ。。」って気味が悪かった。。
あとで
如月の髪どめが浮いてきたけど
あれって「自分を帰して」って言ってたのかな?

いろいろ分らないところがあったけど
つづきがあるみたいだから分かるといいね☆
{/netabare}


おはなしは
主人公の吹雪が成長していく。。
あと
運命に負けない。。
でいいのかな?

バトルだけどコメディが多くって
にゃんは見やすかったけど
マジメとギャグがうまく分かれてなくって
悲しいところのはずなのに泣けなかったりして
そんなに感動とかできなかったかな。。

絵はきれいだったと思う☆

艦これやったことないと
よく分らない言葉とかあったりして
にゃんは何回もぐぐったり
みんなのレビュー読んでやっと分ったりしたから
はじめての人はどうかな?

でも
かわいい女子しか出ないし
日常アニメだと思って見てたら
とくに男子は楽しいかも^^

 サンキュー(132)
ネタバレ
2018.09.29 00:51 諸葛尚の評価 | 観終わった| 32が閲覧 ★★★☆☆ 3.8 評価対象: 艦隊これくしょん -艦これ-(TVアニメ動画) 物語 : 2.0  作画 : 4.0  声優 : 4.5  音楽 : 4.0  キャラ : 4.5

11話で切りましょう

シリアス路線にしたいのか萌え路線にしたいのかわからなかった。11話と12話の間でストーリーとしての崩壊が起きてました。見るのなら11話切りが正解かもしれません。

 サンキュー(1)
2018.09.20 09:01 pitoの評価 | 観終わった| 46が閲覧 ★★★☆☆ 3.4 評価対象: 艦隊これくしょん -艦これ-(TVアニメ動画) 物語 : 2.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 3.0  キャラ : 4.0

娘の学芸会でのショボイ演劇を応援する心構えが必要なアニメ

ゲームは半年くらい経験あるが、アニメ放送決定のころにはもうとっくに辞めてた。劇場版は未視聴。

久々に観てみたけど、タイトルに書いたような視聴スタンスで観れば2周目も楽しめた。まあ未見の人には全然オススメしないんだけども。

{netabare}萌えやりたいのかギャグやりたいのかシリアスやりたいのか分からんってのは当時から言われてたと思うんだけど、ホントその通りで作品の方向性は序盤のうちに定めるべきだったかな。

というか3話で如月ちゃんを殺さなければ視聴者側も混乱することなかったと思うんだわ。
あれでシリアス路線を期待してしまった人が増えたと思うし、俺もこっちの路線でやってくれるんか~と思ったもん。最初から仲間の誰かは殺して欲しいと思ってたから実際この展開は嬉しかったんだよね。戦争なんだから誰も死なないってわけにはいかないじゃんって思ってたし、これ以降の戦闘に多少なりとも緊張感出ると思ったし。(艦娘の装備がちゃちすぎるのはさておき)

でも3話以降もひたすらおままごとが続いて、最終話はもうキャラ全員で殴る蹴るのタコ殴りみたいな敵の方に同情してしまう展開で、ああこのアニメは萌えでもシリアスでもなくシュールギャグなんだなと思い知らされた。いやこれはこれで面白かったのだけど。

ぶっちゃけ一番良かったのはカレー回。シリアス路線で観てた俺からすると邪魔でしかないしOVAでやれって放送途中は思ったけどね。でも終わってみればこの話が一番良かった。戦闘とか全くないのにねw

まあ結局、初見の時は俺の視聴するにあたっての気構えがミスってたのが悪いんだけどw{/netabare}

愚痴が長くなりすぎたけど・・・

まず大きな欠点として日常と戦闘のメリハリや戦闘自体の緊迫感が足りないかな

基本的に主人公サイドが敵に侵略されることはなく、主人公サイドの作戦発動(こっちの都合)で攻め込むだけというかなり一方的な敵対関係
だから仲間と絆深めたり、改になったりとかで主人公側の準備が整ったら敵アジトに向け出撃!みたいな流れが固定されてて、それが緊張感をなくしてる。まあ原作準拠と言えばそうなんだけど、でもこれに関してはアニメを面白くする工夫の一つとして変更して欲しかった。

隣の鎮守府が壊滅させられ引き続き敵はこっちに向かってる~とか、近海にて敵発見→即座に臨戦態勢へ移れ~とか、警戒網を掻い潜られて敵に先手を打たれた~とか、突発的に戦闘へ移行させられる展開はあったほうが良かった。少なくとも敵は攻めて来ようよw

上述したこととか、戦闘中のBGMでも恐怖を煽られることがないとかで、敵の脅威を微塵も表現できてなくてとにかく敵が空気。
つーかよくよく考えるとどっちが悪者なのか分からんよなw(だって向こうは攻めてこないんだからw艦娘ちゃんたちマジ侵略者)

あとは原作から持ってきた要素の扱い方が下手だなと思うとこもあった。
特に「改(改二)」という成長イベントを戦闘の中に盛り込まないのはホントもったいない。ここに関しても原作準拠とかは無視して欲しかった。

如月ちゃん轟沈のとこもさ、も少し中盤とかに移してさ、んでそれだけで済まさずに少年漫画よろしく友の犠牲で誰かが改や改二になるとこ気合い入れて描いてみ?「レズブーストふぉおおおおおおおお!!」とか言いだす俺みたいな百合豚はあっという間に釣れるからwww

正直成長イベントの扱い方はデジモンなんかの児童向けアニメの方がまだ心得てる感じだったわ。
こういう工夫をしないかと思いきや大して必要ないケッコンネタを無理やり入れてきたり力の入れどころが謎。
いやケッコンネタ俺は笑っちゃったけどアニメから入った人ポカーンだし大方提督の株下げるだけだろw

10話の吹雪がクズだとか、そもそも原作未プレイ組に対して不親切な作りだとか、色々あるんだけどもういいやwタイプすんの疲れたし

こっからは良い点。

やっぱキャラは可愛くできてる。ロリから大人、クールやアホの子とか色んなタイプが揃ってるし、入梁シーンの背中とか濡れた髪の描き方とかも色っぽくて眼福だった。

声優の演じ分けも聞いてて楽しい(特にあやねる無双)
クレジットで声優の名前が先に記載され、その下にキャラ名(複数)が並ぶ光景が毎回見れるのは艦これだけだねww
結局あやねるは全部で何役こなしたんだろw

戦闘もね、描写自体は良いんだよ。緊迫した雰囲気をつけるのに失敗してるだけで。CGの出来も良いし、よく動く。だからこそ惜しいんだけど。

つらつら文句言ったけどどうせまた観るわwその前に劇場版観なきゃだけどw

 サンキュー(4)
ネタバレ
2018.08.29 08:49 tinzeiの評価 | 観終わった| 48が閲覧 ★★★☆☆ 3.6 評価対象: 艦隊これくしょん -艦これ-(TVアニメ動画) 物語 : 2.0  作画 : 3.5  声優 : 4.5  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

期待しすぎたな・・・・

これはもうしょうがない、期待が大きすぎた。


大人気ゲームのアニメ版、意外とゲーム原作で成功したアニメって結構あるからこれもある程度人気でるのかと思っていたが・・・・


ストーリーとしては、鎮守府に着任した《吹雪》を主人公に他の艦娘たちとの関わりや深海棲艦との戦いで成長していく過程、そして自身の秘密や深海棲艦と艦娘の秘密を描いていく。


結果として原作ゲームのおかげで知名度視聴率は良かったけど、人気があったかと言うと微妙なとこ、皆がどういうストーリーを望んでいたのかはわからないけど、予想したのとは大幅に違ったんだろうな・・・

何よりストーリーが予想外にシリアス、三話で《如月》が沈んだ時、某魔法少女アニメで首から食われたやつ思い出した、そして赤城が言う「運命」、つまり「史実」が出てくる、いやいや確かにゲームでも戦地の名前とかでは出てくるけど、そこまで追及したことはないぞw

そして赤城の大食いや足柄の行き遅れネタなど二次創作ネタが数多く出てくる、元々プレイヤーたちによる艦娘の言動を脚色誇大させたものだが、公式がそれを拾いあげてしまい結局アニメにも起用される羽目になった、個人的にはこういう二次ネタは嫌いじゃないので、それに振り切った三話や六話は大好き。

提督が手と影のシルエットのみで顔と声が一切出ない、おそらくアニメ化が発表されたとき、半分以上の人が主人公は提督(プレイヤー)なんだろうなと思ったはず。


ただ声に関してはゲームと同様の声優で兼役もそのまま演じていたので、それは良かった、おかげで一部声優は大変そうだったが・・・・
ナレーションと敵ボスが榊原さんだったのは何故だろう、いや好きだからいいんだけど。


正直なとこ原作ゲームが戦略メインで戦闘シーンが無いので、クネクネ動いて戦っているとこ見れただけで個人的には満足、ただ中途半端に二次ネタを入れるなら全話に振り切って欲しかった。

 サンキュー(3)
2018.05.23 04:01 いずちの評価 | 観終わった| 41が閲覧 ★★★★☆ 4.4 評価対象: 艦隊これくしょん -艦これ-(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 4.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 4.5

声優の技量に圧巻

艦船擬人化は言わずもがな主人公の特型駆逐艦吹雪の成長物語
万人向けに作られてるのでゲームを知らなくても世界観はすぐわかります

ストーリーは賛否両論あります
個人的には良かったですが、ほのぼのとかなりのシリアスが混在し、一貫性がないなどの意見も多く聞きますのでこの辺りは感性かな~と思います

なによりこのアニメの特筆すべき点は一人の声優で複数の役も演じてる所にあると思います
七人の掛け合いが実は中の人は二人だけなんてこともあるので内容そっちのけでそこに意識がいってしまいました。声優業に感服するばかりです。。

 サンキュー(3)
2018.04.28 03:36 くろの評価 | 観終わった| 44が閲覧 ★★★☆☆ 3.2 評価対象: 艦隊これくしょん -艦これ-(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.5  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.5

好きな艦娘が動いているのを眺めるアニメ

まるで授業参観か運動会の父兄の如く。

ストーリーは{netabare} 仲間がいて敵がいて、戦ったり轟沈したり、合間に日常したりと
そんな感じだったかな。 {/netabare}
各々娘個人のストーリーは濃いけれど、それを何人かチョイスして出すなら
平坦になってしまうのは仕方ないことだと思うし、
平坦なりにも起承転結があってまぁ良かったんじゃないだろうか。


嫁は背景でも確認できてよかった。
ヲ級がかっこよかった。

 サンキュー(4)
ネタバレ
2018.04.24 00:25 pisterの評価 | 観終わった| 43が閲覧 ★★☆☆☆ 2.4 評価対象: 艦隊これくしょん -艦これ-(TVアニメ動画) 物語 : 1.0  作画 : 2.5  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 2.5

オークらしい展開

原作未プレイ。
本土に人間が住んでるのかどうかも分からない、人間と艦娘の違いが分からない、妖精に死の概念があるのか分からない、誰がために戦ってるかも分からない。
そんなただのおバカ作品だと思われるところを“夏の夕暮れ”(説明するの面倒臭い、ググって)ネタを突っ込んできて「?」と思わせる結果に。
ってか詳しくは知らないけど、ファンの二次創作を本家が拾い上げるってことをしてるらしく、夏の夕暮れネタは偶然似通ってしまったってことではなくガチでパクってるらしい。
パクる自体は構わないのだけど、それが余りにも表面をなぞった程度の浅いものだと「そりゃないよー」とどうしても思っちゃうワケで…中途半端が過ぎる。
だったら全編おバカアニメで良かったのに…と思わずには居られない、劇場版は徹底してんのかい?
まぁナチュラルドクトリンRTA(実況)並には面白いかと。

 サンキュー(5)
2018.03.09 21:37 剣道部の評価 | 観終わった| 146が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: 艦隊これくしょん -艦これ-(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

キャラものとして観れば楽しいですよ♪

[文量→中盛り・内容→感想系]

【総括】
原作ゲーム含め、かなり有名な作品ですね。擬人化した萌えキャラアニメとしては、一定水準以上の作品だと思います。私のように、戦艦に疎かったり、ミリタリーにこだわりがない方が、むしろ気楽に楽しめるのかもしれませんね。

《以下ネタバレ》

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
実はこの「艦これ」を初めて知ったのは、「こち亀」でした。両さんが、ハマってた回があって、少し興味がありました。

戦艦(兵器)の擬人化ということで、「うぽって」を思い出しましたね。

私は戦艦(や銃)などミリタリー系には、全然詳しくありません。なので、「有名な戦艦は?」と聞かれれば「大和」と答えちゃうし、「赤城」とか「長門」など、「名前は聞いたことあるけど……」という状態でした。なの(予備知識がないの)で、むしろ、艦娘達の性格や容姿が、そのまま、リアルの戦艦のイメージになっちゃいました(笑)

戦闘面で面白かったのは、空母や駆逐艦、戦艦などによって攻撃方法や防御力が変わったことですね。空母の戦闘が好きでした♪

時折、「戦艦あるある」みたいなのをぶちこんでくるけど、私のようなニワカにも分かる程度(説明もあるし)なので、たぶん大丈夫かと。

もしマイナス評価をつけるとしたら、敵の容姿かな。敵とはいえ、少女をやっつけるのは、心が痛むというか、少しせつなかったです。

おそらく、戦艦マニアの方や、純粋にバトル(艦隊戦)を楽しみたい方にとっては物足りないのでしょうが、私のように、知識ナシ男で、単純にキャラを楽しんでいる人になら、十分にオススメできる作品ではないでしょうか♪
{/netabare}

 サンキュー(32)
2018.02.10 09:37 dakiramk3の評価 | 観終わった| 123が閲覧 ★★★☆☆ 3.5 評価対象: 艦隊これくしょん -艦これ-(TVアニメ動画) 物語 : 2.0  作画 : 4.0  声優 : 4.5  音楽 : 3.5  キャラ : 3.5

情けない

 放送前に、『シリアスも内包する世界だけに、衝撃的展開の可能性がある作品になるだろう』『いや、シリアス面は無しにして、日常を描くのも良いな』『いずれにせよ、キャラは生かして欲しいところだ』と、様々な展開を想像しニヤニヤしていた。

 しかしその一方で、失敗するとすれば『一部の声の大きい人間の騒音に怯えて、良いところ取りをするフリをしてお茶を濁す』だろうとも思っていた。


 だが、現実はすべて悪い方向に出てしまった!
 あやふやな世界観
 萌え方向にもシリアス方向にも日常方向にも振られない中途半端さ
 話の一本筋の通っていなさ……これはあやふやな世界観の副産物でもある……


 等々。
 素人が考えてもこれだけのことが考え得るのに、プロが作って智恵をひねり出してこういうことになってしまうというのは非常に不思議且つ残念だった。

 サンキュー(13)
ネタバレ
2018.02.01 06:51 もなーての糧の評価 | 観終わった| 23が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: 艦隊これくしょん -艦これ-(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

タイトルなし

艦これを知らなかった頃に初めて見た艦これ
まずOP、EDが好きになる
内容が1~2話と6話と如月轟沈しか思い出せない

 サンキュー(3)
2018.01.27 20:30 scandalshoの評価 | 観終わった| 173が閲覧 ★★★★☆ 4.1 評価対象: 艦隊これくしょん -艦これ-(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 4.5  声優 : 5.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

艦娘たちを愛でる作品?

原作未読。ゲーム未プレイ。「艦これ」の存在を何となく知っている程度の知識で視聴。

面白いと言えば面白かったけど、評価に困る作品でした。

{netabare}
バトル物であるといえば確かにそうなんですが、「敵に奪われた領土を取り戻す話」なのか、「敵の領土へと攻め込み、領土を拡大していく話」なのか、何一つ説明がないまま、バトルが繰り返されます。
(何となく、「敵の侵略を防ぐ話」ではないような気がした)
そのため、本当に『深海棲艦=悪』なのかどうか、よくわからないまま最後まで視聴する羽目になってしまいました。

敵の深海棲艦はどんどん沈められるのに、味方の艦娘たちは1人沈没しただけ・・・。
だからといって、主人公最強系だとは全く思えない。

おまけに戦艦が戦闘する話だと思っていたら、最終回では艦娘2名が殴る蹴る・・・。
{/netabare}

しかし、本作のお陰で艦娘たちの顔と名前、話し方など覚えられたのは事実。
1人で何役もこなしていた声優さんは凄い。
作画も綺麗。
コメディ回はそれなりに面白かった。

まあ、主人公・吹雪の成長を見守りつつ、艦娘たちを愛でる作品だと思えば有りかも。

 サンキュー(33)
2018.01.14 17:46 アガパンサスの評価 | 途中で断念した| 85が閲覧 ★★★☆☆ 3.2 評価対象: 艦隊これくしょん -艦これ-(TVアニメ動画) 物語 : 1.0  作画 : 3.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

ナショナリズムを彷彿とさせる・・・

可愛い女の子が多いんだけど、露骨に戦前の日本をイメージさせるのが嫌だなあ。こりゃあ、宮崎駿が怒るなwww

 サンキュー(2)
2018.01.03 15:06 ootakiの評価 | 途中で断念した| 57が閲覧 ★★☆☆☆ 2.9 評価対象: 艦隊これくしょん -艦これ-(TVアニメ動画) 物語 : 2.0  作画 : 3.5  声優 : 3.5  音楽 : 2.0  キャラ : 3.5

期待していたので残念

残念ですが自分にはあいませんでした。
リアルタイムでは、1話切りしていたので後で円盤が売れていると知って、レンタルしたのですが、やはり1巻で断念しました。
理由はこの作品の世界観は自分の好みではなかったので。
あと、ヒロインに名前をもう少し考えてあげてよかったのではないかと思います。
オススメはあえてしません。

 サンキュー(3)
ネタバレ
2017.11.23 09:30 のんちくんの評価 | 観終わった| 76が閲覧 ★★★★☆ 4.7 評価対象: 艦隊これくしょん -艦これ-(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 4.0

ED吹雪の足がいい

海軍て、セーラー服を着るところでしょ。
艦むすだから、武装すると。見事なマッチング。

しかし、問題は意外とデリケートなのである。
過去の英霊はいいんだけど、艦隊の名は、あまり残さないほうがいいと思うんだよね。思い出すから。でも、リアリティ足りないと、何のアニメかわかりにくいですからね。

深海から、人間に制海権を主張するという敵の大儀と争う話でもありますが、はっきり言って、設定関係なく物語を楽しむほうがいいのかな?

 サンキュー(5)
ネタバレ
2017.10.12 12:51 蒼い星の評価 | 観終わった| 390が閲覧 ★★★☆☆ 3.5 評価対象: 艦隊これくしょん -艦これ-(TVアニメ動画) 物語 : 2.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 3.5

美少女コレクション。

アニメーション制作:ディオメディア
2015年1月 - 3月に放映された全12話のTVアニメ。

原作は、角川ゲームスが開発しDMM.comが配信しているブラウザゲーム。
監督は、草川啓造。

【概要/あらすじ】

大日本帝国の艦艇と同じ名前を持つ少女たち、艦娘(かんむす)は建造などによって生まれる。
ゲームから見るに幼少期は存在しないかも知れない。見た目の年齢は成人女性から子供っぽいのまで個人差がある。
艦娘(かんむす)は人間? 製造されて修理・改修されることから機械かと思いきや、
お腹が空けばご飯を食べるし怪我をすれば血を流す。どうみても生き物。

艦娘(かんむす)は鎮守府に配属され、司令官(提督)の采配で水上を駆け砲火を以て戦う。
提督とはゲームプレイヤーのことで、艦娘(かんむす)は殆どが提督を女性の感情として慕っている。

艦娘(かんむす)が戦うべき敵は深海棲艦であり、
女性の姿をしているのもいれば明らかなバケモノもいる。
深海棲艦は人類の敵であり、艦娘(かんむす)以外では対抗できないらしい。
なお、正体は諸説あるが製作者が設定を考えているのかはわからない。

さて、アニメ版の主人公は駆逐艦・吹雪。真面目で明るい努力家であるが、
ゲームで言うレベル1状態なので弱い。その吹雪が鎮守府に着任することから物語が始まる。
その吹雪が足手まといから成長したり他の艦娘と仲良くなったりするのが、アニメのストーリーの柱なのである。

【感想】

大人気ブラウザゲームのアニメ化ということで、視聴していた提督さんも多いかと思われます。

私は呉鎮守府で1年半の期間に提督をやっていたのですが、
・羅針盤も戦闘も運任せで失敗だらけの徒労感。
・毎日同じことを繰り返すばかりで時間がとられすぎ。
・どれだけ攻略し続けてもドロップしない虚しさ。
・数ヶ月ログインを休んだら設計図が必要な改造だらけで手遅れな状態に。
・レベル100近い艦娘だらけで一々結婚してたらパソコン買い換え可能な程の出費。
諸々の理由ですっかりやる気なくして昨晩秋からずっと放置しています。

さて、アニメ版なのですが作画と音楽は割と綺麗でしたね。

アニメ版の主人公である吹雪とは、私にとっては白雪や綾波や敷波などと同格の存在であり、
アニメでの劇中のような主人公補正で艦隊のキーパーソン扱いすることもなく、遠征の数合わせに過ぎず。
吹雪をデザインした、しばふ絵は美少女系でなくて普通・地味系。そっち系の需要のキャラだったはずが、
アニメでは地味系は変わらないものの美少女度が大幅に上がって、
言葉や姿勢を見せることで艦娘たちの中心的存在になっていくことに凄い違和感。
複数の絵師による原作ゲームのキャラデザインには統一感がありませんので、
同じ画面で動かすにあたって絵柄の統一がアニメでは為されていますけどね。

『赤城先輩のようになりたい!』と吹雪には夢見る少女属性が付いちゃってますが、
『駆逐艦の吹雪と正規空母の赤城は役割が違うだろ!』と突っ込んでみたり。

夢見る未熟な乙女が憧れのお姉さま(赤城先輩)を目標に日々邁進し成長していく。
主人公を王道のテンプレにハメると視聴者の共感を得られるのではないか?という計算があったのかも。
おかげで吹雪が感情を出しまくる出しまくる。
原作ゲームの吹雪の原型が一ミリも残らないキャラになってしまいました。

アニメ版では日常話がメインだったのは、
視聴者にキャラを好きになって貰いゲームに登録してもらおうという宣伝目的でしょうね。
お陰で登場キャラが多いですね。
メインストーリーに絡むキャラは人格が作られ人間らしく考えるようになってますが、
その他のキャラが、ほぼネタキャラかBOTみたいな扱いですね。
キャラをとにかく出す。ゲーム中の台詞をアニメでも喋らせる。というノルマでもあるのでしょうか。
提督が居ない場所で、『提督ぅぅぅ!!』と発情するキャラ。TPOに一致しない台詞を喋りまくるキャラ。
やはり、艦娘は人間じゃなくてAIなんじゃないか?と思えることが多々あるシナリオでした。
そのうえで、吹雪とその周りの艦娘とでシリアス感を出そうとするからチグハグ感があるといいますか。

アニメでは良い子設定で話の中心で居続けた吹雪には、最後まで観ても共感できませんでしたね。
もともとがゲーム中での吹雪に興味がなかったのは別に関係なく、
アニメ中で、自分の大好きな仲間たちひとりひとりの名前を挙げるシーンがあるのですが、
五航戦の二人と加賀さんをわざわざ除外するあたり、この吹雪は実は腹黒なんじゃないか?と思いました。

一番気になったのが提督の扱いが酷すぎな事です。
美少女アニメに男キャラは邪魔者扱いで女しか出さない!は今ではよくあることですが、
プレイヤーキャラの分身である提督に容姿や声が設定されると視聴者の嫉妬の対象となる危惧でも在ったのでしょうか?

台詞も無ければ影しか出してもらえない幽霊以下の扱いの提督に涙しました。
隠すのは顔だけにして腕だけ見せるとか後ろ姿だけ出すとかで良かったのではないでしょうか?
これが今時の対オタクのリスク・マネジメントというのなら怖いですね。

ストーリーに関しては日本が第二次世界大戦で敗北した史実をモチーフにして、
似たような状況に運命のように導かれて、それに抗う艦娘たちというスタイルを採っているのですが、
アニメ『艦これ』では、どういう落とし所にするのか興味ありますね。
ゴールのない原作ゲームでは、艦娘とは一体何なのか?どういう世界なのか?根本的な部分は謎になっていますしね。
そこのところが明かされるのか注目です。最終回では劇場版に繋がる伏線が存在しましたしね。

そもそもが艦娘の精神面に存在するのは、提督ラブと姉妹愛と史実ネタ台詞のみ。人格は在って無きが如しであり、
KADOKAWAサイドの注文に応じながら、コメディやドラマを織り交ぜながらシナリオを作っていたのは御苦労様。
本当は、アニメ向きでない素材を料理するのは難しいのではないか?という結論が出てしまいました。


これにて、感想を終わります。
読んで下さいまして、ありがとうございました。

 サンキュー(66)
ネタバレ
2017.09.22 15:55 玉子イルカの評価 | 観終わった| 83が閲覧 ★★★★☆ 4.6 評価対象: 艦隊これくしょん -艦これ-(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.5  声優 : 5.0  音楽 : 4.0  キャラ : 5.0

提督だからこそ、艦これの魅力に気づいたつもりです(笑)

”艦これ”とは、艦船を擬人化させた女の子たち、通称「艦娘」を使って敵を倒し経験値を上げる、オンラインゲームのこと。その艦娘の数は、なんと約150隻は平気で越えています!

そんな大人気ゲームをアニメ化した「艦隊これくしょん -艦これ-」は、見習い新人の吹雪、そんな吹雪のサポート的存在の睦月、そして語尾の「ぽい」がかわいい夕立の駆逐艦3人を主人公にした作品となっています。



ですが、アニメは意外にも批判が多いようで、その一番原因と言えるのは、3話の戦闘で睦月の姉妹艦である如月を轟沈(二度と戻って来ない設定)

この回を見た艦これファンは大激怒。3話以降から、視聴者の見る目が一気に変わりました。

自分も、如月は特に大好きな艦娘だったので、ショックでした。ですが、アニメ自体は変わらず大好きでした。



なぜなら、お気に入りの艦娘がもう二度と登場しないって思うと悲しいけど、このゲームの1番の魅力といえばやはり、戦闘シーン。そして、そんな戦闘中で1番ドキドキする場面は、育て上げた艦娘を轟沈させることなく闘えるか!

そう。轟沈システムがあるからこそ、艦これはドキドキ感があって面白い!

だから、別に如月を轟沈させたアニメスタッフを恨んだことは一切ありません!

むしろ、あんな多数のキャラクターをあそこまで上手く使い分けたこのアニメは素晴らしいと思います!



ついでに、睦月の性格って、ゲームでは明るく活発な女の子なんですが、アニメでは親切で控えめだったりと一変しているんですよ!笑

ですが自分は、アニメの性格のお陰で睦月を好きになりました!



今年の秋には実写化、そして2期も絶賛製作中らしいので、今から待ち遠しいです!!

 サンキュー(10)
2017.09.19 15:10 ヒロウミの評価 | 観終わった| 60が閲覧 ★★★☆☆ 3.4 評価対象: 艦隊これくしょん -艦これ-(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.5  音楽 : 3.5  キャラ : 4.0

コアファンの為の作品

メインヒロインの成長物語。

2周目だが1周目比で恐ろしい程つまらなく感じました。
よくあるストーリーに暗い世界観、冴えない作画、使い回されている声優。これってファン以外なかなか楽しめるレベルでは無いですね。声優さんの役によって使い分けた演技は目を見張るものがあるが限界をやはり感じますね。まぁ無料ソシャゲが原作だしそんなもんだよな。

 サンキュー(8)
2017.09.04 23:46 徳寿丸の評価 | 観終わった| 193が閲覧 ★★★☆☆ 3.3 評価対象: 艦隊これくしょん -艦これ-(TVアニメ動画) 物語 : 2.0  作画 : 3.5  声優 : 4.5  音楽 : 3.0  キャラ : 3.5

相変わらずゲームはキャンセル待ち

原作ゲーム未プレイ。
いやなんか凄いですね。ゲームでてから2年以上になるのかな?初めてこのゲームの紹介ページ観てふざけるなと!ストパン、ガルパンが当たったからってこれはないだろっと。私が好きな軍艦達が少女になって戦うとかどんなアホな設定なんだと。最初のキャラデの時はやぼったいなと感じてましたが普通の萌え美少女キャラが出てくるといつの間にか人気ゲームになってました。そしてこのアニメに合わせるように模型屋の軍艦の箱絵が・・・アオシマとか硬派な模型ブランドの箱絵が・・・故小松崎茂氏らが彩った躍動感あふれる軍艦の箱絵が・・・艦娘になっているではありませんか!確かに戦車のプラモデルもガルパンキャラを脇に載せる事で売上が伸びたとは聞いてますが艦娘・・・あざといというか1つの時代が終わった感が私の中にはあります(笑)。
内容はストパンみたく突如現れた異世界からの敵にかつての軍艦の生まれ変わり?の艦娘が司令官(プレイヤー)の指揮下、艦隊を編成して戦い成長していくものです(多分)。
アニメとしては個人的には嫌いではないですがミリタリーものとは全然違いますしストパンみたいなスピード感あるアクションも見られませんし、ガルパン程の戦車愛も感じられないただの萌えアニメとしか評価できかねます。あとは声優さんの1人何役もやってる演技分け位が見所かなぁ。


私のツボ:航空部隊のパイロットがかわいい


劇場版視聴済。
えーーーーーーーー?!(笑)

 サンキュー(8)
2017.09.01 15:47 みいちゃんの評価 | 観終わった| 72が閲覧 ★★★☆☆ 3.4 評価対象: 艦隊これくしょん -艦これ-(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 4.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.5  キャラ : 3.5

そんなにダメだったの?

原作ゲームは一応最初のほうにプレイ済み。
二週間くらいやってやめてしましましたが・・・。
大してストーリーもなくキャラとの会話もほとんどなく、動きもない紙芝居ガチャゲームだったので・・・。

そうゆう感じなのでこのアニメに求められることは「萌え」と「作画」でしょう。
ただ原作ゲームがバトルモノなので、多少はバトル要素も加えなければいけません。

ということなので「萌え」もあり、ある程度の「バトル」もあり、作画崩れしていない時点で結構人気でてるものだと当時思っていましたが不評だったんですね。。
大破も撃沈もある原作ですので「轟沈」したのも艦これらしいし、なにがそんなにダメだったのかわかりませんが、わりと飽き性な自分でも最後までみることができました。
キャラは無難にかわいかったし・・・。

自分はゲームよりこっちのが好きだなあ

 サンキュー(5)
2017.08.12 02:19 アニメ好きの評価 | 観終わった| 44が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: 艦隊これくしょん -艦これ-(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

アニメ自体の評価は普通。ゲーム最高

批判してるわけではありません。
見ても見なくても
大してあなたの心には残らない
そんなアニメです。
このアニメから得る物は
決して多くはないでしょう。
作画、話、動きどれをとっても普通です
「ヒマすぎて朽ち果てそう…」
そんなときはおすすめ。
しかし最低限ゲームはやっておくべきです
アニメと関係無いのであまり言いませんが
未だに多数の同人誌やグッズが出ている
人気タイトルです。
やっておくと損はないでしょう。

 サンキュー(3)
2017.07.13 21:23 くぼけんの評価 | 観終わった| 48が閲覧 ★★★☆☆ 3.3 評価対象: 艦隊これくしょん -艦これ-(TVアニメ動画) 物語 : 2.0  作画 : 3.5  声優 : 4.0  音楽 : 3.0  キャラ : 4.0

ゲームの範疇に収まらないキャラを見たいって方は是非。

艦これのキャラクターは好きなので、それがアニメの世界で動き喋ることは嬉しかったのですが、話の展開が非常に有り触れたものと感じたので、アニメそのものの感想としては正直つまらなかったです。

キャラが多くて、知名度も高いのでそう簡単にキャラを殺せないっていう事情があるのは薄々察することができるので、ストーリーが朝の戦隊ヒーローほど(戦隊ヒーローを貶してるわけじゃありません)で、大人の層を惹き付けないってことに繋がってるのかもしれないですね。

ただ、艦これキャラのアクションを見れたのは満足です!

 サンキュー(3)
ネタバレ
2017.07.13 21:08 ダレイオスの評価 | 観終わった| 67が閲覧 ★★☆☆☆ 2.8 評価対象: 艦隊これくしょん -艦これ-(TVアニメ動画) 物語 : 2.0  作画 : 3.5  声優 : 3.5  音楽 : 3.5  キャラ : 1.5

たいしたストーリーではないかと

謎の化け物、深海棲艦と戦うアニメですね。
そして戦うのが主人公側で艦船が擬人された普通の人間の女の子のキャラで
見た目は人間とは違わないものでした。
そして1話はその主人公側の部隊の本拠地から始まり
そこでの日常から始まりますね。
つまんなくはないけど、どういうキャラなのか
説明が出来ていないキャラの日常系なので
誰でもいいから女の子キャラが見たいのであれば楽しめるだろうけど
そうでなければ興味に出る内容ではないかもしれません。
うーん、しかもいきなり女の子いっぱいのアニメでキャラ人数が多くて
処理し切れているとは思えませんでした。
4話ぐらいからキャラの性格やキャラの立ち位置が多少はわかってくるので
そのあたりから日常シーンは多少は見れるようになりました。
慣れるまで時間がかかる内容
ただしマシになったくらいなのでたいしたことはないかと

そして敵の深海棲艦と戦うのですが普通にドンパチしている内容ですね。
主人公側は大人数でよってたかって倒すので大味な戦闘でした。
CGだとよくわかる戦闘シーンは気になったけど、戦闘シーンは悪くはなかったです。
迫力はそこそこありました。
しかしながら戦っているだけですね。ただ戦っているのが楽しめるのであれば
楽しめるんじゃないかな、個人的には誰だかわからない女の子が戦ってるなと思った。

基本的にこの2つのルーチンワークの内容でした。
毎回長い日常シーンの後に短い戦闘シーンを入れているもので
驚くことにこの繰り返し、序盤は戦闘シーンで大きな事件ともいえる出来事が起きたりはするものの
ストーリーはまったくといっていい程、盛り上がるストーリー作りが出来ていないので
あの出来事はなんだったのになるので
ストーリーに関しては序盤は期待しない方がいいかも
中盤以降多少はストーリー性が出てきて、ギリギリドラマとして見れる内容になった感じ
先輩へ憧れや女の子同士の友情や司令官の男性への思い。そしてトレーニングしながら
過ごす日課はそこまでは悪くなかったかと
ただね。世界観がどういうものかストーリーが進んでもわからないし
ふわふわとした部分が多くてわからないことばかりでマシにはなったけどたいしたストーリーではないかと

中盤以降は日常シーン、ストーリーは多少は見れる出来になったものでしたね。
それはそれでいいのだけどキャラの性格やキャラの立ち位置が多少はわかってくるぐらいなので
それ以外はわかんないことだらけでしたね。
主人公は誰だかはわかりましたけど、それ以外のキャラは何となくしかわからないので
キャラに関しては薄味でした。
敵に関してはサッパリわからなかったな、サッパリわからない敵と戦って
面白いのは無理があると思うので敵との戦いは戦闘シーンが面白いかどうかでしか判断出来なかったかと
「一体みんな誰と戦ってるんだ」でした。
この手のアニメにありがちな日常シーンと戦闘シーンの切り替えの悪さは目立たなかったと思う。
BGMの選択ミスなどの演出面の悪さはなくて普通に見れる演出だったのは良かったな

作画についてはCGだとよくわかる以外は良かったと思う。
作画自体は比較的安定していたのではないでしょうか
最後までそれなりの質があり、見れる出来はありました。

声優さんは沢山のキャラを兼任されている方が多かったけど
不思議と演技分けが出来ているのか同じ人が沢山やっているようには聞こえなかったので
凄いと思う。ただ演技自体は物語があまりにも脈拍が無いので
演技力が試される内容ではなかったかな
演技自体も気になる声優さんはいなかったのでおおむねは満足です。

まとめると、中盤以降はそこまでは悪くなかったけどたいしたストーリーではなかったな
キャラに関しては敵味方、ひたすら薄味なので愛着はわかないでしょうね。
キャラはどこを褒めていいのかわからないです。
ぶっちゃけ私の評価では余計なことしていない分、物語1.5以下にはなりませんが
人にはあまりお勧めしないアニメですね

 サンキュー(9)
ネタバレ
2017.06.25 21:23 名無し\(^o^)/の評価 | 観終わった| 228が閲覧 ★★★☆☆ 3.5 評価対象: 艦隊これくしょん -艦これ-(TVアニメ動画) 物語 : 1.0  作画 : 5.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.5  キャラ : 3.0

シナリオが•••。

全体的にシナリオがあまり良くない。
ゲームネタと二次創作ネタ入れ過ぎ。物語後半は初見だと意味分からないと思われるネタめっちゃあったし。(例)改二、課金、イベントのゲージなど
史実ネタ入れ過ぎ。いくら艦これがWW2を忘れないって意味もあったとしてもさすがにやり過ぎだと思う。
{netabare}
史実の作戦名(作中の作戦名)
ウェーク島攻略作戦(W島攻略作戦。第3話)
日本は勝利するが如月轟沈。
珊瑚海海戦(作戦名は忘れた。第7話)
日本側は祥鳳轟沈、翔鶴中破。アメリカ側はレキシントン轟沈、ヨークタウン中破。ドゥーリトル空襲の影響でポートモレスビー攻略作戦は中止。それにより日本は戦略的敗北。
ドゥーリトル空襲(第9話)
空母ドゥーリトルが艦載機で東京への本土爆撃。ミッドウェー作戦を行う契機となった。
ミッドウェー海戦(MI作戦。第11話)
ミッドウェー基地航空隊等に損害を与えるが、索敵の錯誤で空母艦隊の発見が遅れ、ヨークタウンを中心とした空母航空隊により赤城、加賀、飛龍、蒼龍が撃沈。惨敗する。
{/netabare}

 サンキュー(8)
2017.06.06 05:06 クフラの評価 | 観終わった| 60が閲覧 ★★★☆☆ 3.6 評価対象: 艦隊これくしょん -艦これ-(TVアニメ動画) 物語 : 1.0  作画 : 4.5  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.5

提督的には楽しめました

自分はキャラデザ・作画がきれいであることが一番大事なので、このアニメは結構評価しています。
ゲームでは違う人がデザインした艦娘を、うまくまとめたキャラデザだなぁと素直に感心しました。
僕は瑞鶴が好きなんですが、キャラデザが可愛かったし比較的尺も割かれてたので割と満足でした。
まあ、巷で言われているように話の一貫性は皆無で、結局何がやりたかったのかはよくわかりませんでしたが… だから話を重視する人には、お勧めできません。悪いところしか見つからないと思います。
僕には好きな回がいくつかあります。カレー回もそうだし、瑞鶴が出てくる五話も七話も好きです。キャラクターに思い入れのある人は、点で捉えればあながち悪くないのかもしれません。
素材はいいのに、不出来でもったいない… でもどこか憎めない、そんなアニメでした。

 サンキュー(4)
2017.05.01 14:27 めがねの評価 | 観終わった| 75が閲覧 ★★☆☆☆ 2.8 評価対象: 艦隊これくしょん -艦これ-(TVアニメ動画) 物語 : 1.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 4.5  キャラ : 2.5

あ、うん、これじゃない

好きだったんです。艦コレ。
ゲームやってるんです。ずっと。
でも、これは無いわ、擁護できない。円盤買ったけど(。-∀-)

何がしたかったのかさっぱりわからん。
キャラを押し出すことでいっぱいいっぱいになって、物語とか言いたいことが伝わらない。
おまけに、ほのぼの日常系なのか、ド派手なアクションなのか、艦船ロマンなのか、シリアスな戦争物なのか、どっちつかずでゴチャゴチャした得体のしれない何かに仕上がってる。

ゲームから入ったせいかもしれないけど、期待をしていた分、落胆は酷かった。
でも、どうしてこうなった?
ゲームでは史実に沿ったキャラ設で、史実をなぞるマップ。割とシリアスと言うか悲壮感すら漂いう奥の深いものだったはず。何より、制作側の熱意が伝わってきたんだが。。。。

ちなみに、海の上ではキャラは3Dだったけど、そこはそんなに気にならなかったなぁ。あと艦載機とか結構好きだったなぁ。

このアニメの唯一の褒めどころと言えば主題歌かなd(´д`o)


まとめ
・絶対に人に薦めないアニメ
・愚痴りだしたら止まらない
・誰得?

 サンキュー(5)
2017.04.19 14:27 観終わった| 54が閲覧 ★★★☆☆ 3.5 評価対象: 艦隊これくしょん -艦これ-(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.5  声優 : 4.0  音楽 : 3.0  キャラ : 4.0

staff

原作:DMM.com/KADOKAWA GAMES
原案ストーリー/コンセプト:田中謙介
監督:草川啓造
シリーズ構成:花田十輝
キャラクターデザイン:井出直美、松本麻友子
アニメーション制作:ディオメディア
製作:「艦これ」連合艦隊司令部
 

ネタバレ
2017.04.14 02:19 おしりの評価 | 観終わった| 109が閲覧 ★★★★☆ 4.5 評価対象: 艦隊これくしょん -艦これ-(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.5  声優 : 4.5  音楽 : 4.5  キャラ : 4.5

見る目が.....

僕はこの作品、良いと思いましたよ。
特に、雑だと言われている4話に関しても、良いと思いました。
あの切ない感じで、多くを語らずに抱擁するシーンとか。
その際のBGMもマッチしていましたし、「胸がいたいんだよ...」の、か細い声もすごく声優さん上手でしたね。
ものすごく綺麗なシーンだったと思います。

シナリオに関しては、ゲーム未プレイのため、評価できませんが、全体を通して、ひどいとは思いませんでした。
一人の成長物語として見ても、高評価であるガルパン辺りとそこまで歴然の差があるとは思えませんでしたね。私もガルパン好きですが。
また、キャラも多いですが、それぞれキャラが立っているため問題ないと思いますが、どうしてここまで酷評されてしまっているのでしょうか...

最近、あにこれの全体的な傾向として、辛口コメンテーターの方増えましたよね。

 サンキュー(3)
2017.03.22 20:07 クズの本懐の評価 | 観終わった| 84が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: 艦隊これくしょん -艦これ-(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

声優の凄さを知った

佐倉綾音目的で見てみた。最後まで見終わっての感想。初めはあやねるが8キャラも演じているとは知らずに見ていた。途中であれ?このキャラもあやねるじゃね?と思いつつ視聴。しばらく見ているとまた、あれ?このキャラもあやねるじゃね?となり、Googleパイセンで検索。するとなんと8キャラも演じているではないか!!驚きのあまり思わず壁に頭をぶつけた。血が出た。あやねる劇場万歳。

 サンキュー(4)

艦隊これくしょん -艦これ-のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
艦隊これくしょん -艦これ-のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

レビューを条件で絞り込む
ネタバレ状況
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
キーワード
表示形式
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。