「宇宙海賊キャプテンハーロック(TVアニメ動画)」

総合得点
65.7
感想・評価
35
棚に入れた
194
ランキング
1996
★★★★☆ 3.6 (35)
物語
3.7
作画
3.3
声優
3.6
音楽
3.6
キャラ
3.9
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

宇宙海賊キャプテンハーロックの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

天地人 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ネオSFスーパー英雄(?)列伝72

君が~気に入った~なら、このネタ~を書け~♪
というエンディングの歌詞(ウソ)に誘われて、キャプテンハーロックの感想を書く事にしました(おいおい)

この作品ですが、ひと言で言って男(漢)のロマンです(キッパリ)
戦いを忘れ、平和ボケした人類、人知れず地球に侵略の手を伸ばすマゾーン、その事に気付いた一部の人達は消されてしまう。
父をマゾーンに殺された台羽正は、宇宙海賊キャプテンハーロックの海賊戦艦アルカディアに乗り込み、謎の侵略者マゾーンとの戦いが始まるのであった。
今観ると作画レベルとかいろいろ思う事もありますが、当時はハーロックのカッコよさにしびれましたね~。
あと、ハーロックを敵視する切田長官のキャラもその最後と合わせて良かったですね。
この切田長官とまゆはTVのオリキャラなんですが、そうとは思えないほど作品に合ってたと思います。
ただ、観てて不思議に思ってたのが、宇宙空間なのに揺れる海賊旗(笑)帆船のように揺れる船体にカッコいいんだけど、う~んって思ってました(汗)

(以下、アオイホノオ風)
先輩漫画家
「SFアニメってのはなぁ~、男のロマンの前には物理法則なんか無視してもいいんだよ」
ホノオ
「ええーっ(驚)」
先輩漫画家
「あと、カッコ良ければ矛盾した歌詞を書いても問題ないんだ(ニヤリ)」
ホノオ
「ま、まさか。」
先輩漫画家
「そう、命を捨てて~俺は~い~きる~って、まさにそうじゃないかっ」
ホノオ
「あああっ、うわ~っ(落ちていくホノオ)」
(ハーロック&アオイホノオファンの方、ゴメンナサイ)

そんな宇宙海賊キャプテンハーロック(冷汗)ですが、最後も未完の原作マンガに対し、オリジナルながら納得のラストを書いてくれましたね。
台羽達若者に地球の復興を託し、ミーメと共にアルカディア号で旅立つハーロックのラストは、ホント、ハーロックらしい最後でした。

投稿 : 2017/05/15
閲覧 : 101
サンキュー:

11

ネタバレ

mcc_N@ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

昭和の男たち

漫画版とはキャラクターの性格などが若干違います。

地球にいる人類以上に地球を想っている無法者の物語。

男はひたすら熱く、女はそれを支えるといった任侠物。

その生き様(死に様?)には何度も涙しました。

クオリティも高いですが、少々男尊女卑的な表現があります。

しかし、なんでハーロックは台羽をあんなに買っていたのですかね。

ただのトラブルメーカーだったしww

投稿 : 2016/02/08
閲覧 : 102
サンキュー:

1

ネタバレ

雷撃隊 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

宇宙で2番目に有名な宇宙戦艦

宇宙海賊船アルカディア号はヤマトに次いで有名な宇宙戦艦だろう。僕の周囲にはヤマトに似てるけど色が違うね、という人が多かった。あながち間違ってはいないけど。

ハーロックというと999の星野鉄郎やメーテルの仲間というイメージが強いけど単独の主人公の作品がいくつもある。本作はトチローが死亡しているのでタイムテーブルでは「劇場版999」より後の物語だ。女性ばかりのエイリアンのマゾーンなる敵が地球侵略を開始、アルカディア号が立ち向かう。999では無敵のヒーローのハーロックだけど単独の主人公となると結構人間的な弱さを見せるし失敗して乗組員に助けられることも多い。無敵では無い等身大の青年としての魅力が満載だ。「俺には部下などいない、皆大切な仲間たちだ」との言葉通り、乗組員との絆が彼の強さだ。

マゾーンというエイリアンは一見人間に見えて実は植物という不気味な連中で古代から地球に潜入して侵略の機会を窺っていたそうな。女王ラフレシア率いる大艦隊が地球に迫る。唯一隻で迎え撃つアルカディア号のバトルはカッコイイぞ。でも女王に対し「貴様の誇りなど所詮女の誇り、男の誇りの敵ではない」なんて今じゃ女性蔑視かも(笑)。

戦闘は艦隊戦が中心。通常の砲撃戦にアンカーを打ち込んでの接近戦や艦首に巨大なナイフが生えて敵艦に突き刺すラム・アタックとなかなか海賊らしい戦法だ。本作のアルカディアは青バージョンと呼ばれるタイプだ。設定では2号艦だ。海賊島やSSXのような根拠地がいくつもあるので必要に応じてパーツを換装したり乗り換えるとのこと。コミック版のトチローの台詞ではアルカディアは9号艦まで存在するとのこと。ちなみに999や「わが青春のアルカディア」の緑バージョンは3号艦とのこと。でも波動砲が無いからヤマトより強くなさそうだけど・・・

水木一郎の主題歌も名曲だ。「宇宙の海は、俺の海」という歌詞、知っている人も多いのでは。亡き友トチローとの約束を謳ったレクイエムだ。「君が気に入ったなら、この船に乗れ」も忘れがたい。

ヤマト2199でヤマトから漢成分が足りなくなってしまってからこういうガチな作品が恋しくなる。この頃の男性キャラには尊厳というか単独での価値があった。近年のアニメでは男キャラは女性の添え物に成り下がった。萌えに胸焼けした時に見返したくなる名作だ。

投稿 : 2014/12/23
閲覧 : 201
サンキュー:

15

ネタバレ

kain さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

◎「君が気に入ったなら この船に乗れ!」
『宇宙海賊キャプテンハーロック』です。 これも大人気作です!
「わが青春のアルカディア」などと一緒にしちゃいましょうか。
 でも「マゾーン編」が一番好いですね。

アルカディア号のラム戦が好きでした。

ハーロックよりもミーメとかヤッタラン副長とかの方が好きだったりしてw
でも やっぱりキャラクターとしては まゆちゃん!w
そして切田長官 ですね。ピラミッドからビーム砲を引っ張り出してきた時は笑っちゃいましたw

魔地機関長の奥さんと娘さんがマゾーンだった話が残っています。
地球人として潜入しているマゾーンって 結構多いんですね。


投稿 : 2011/08/08
閲覧 : 253
サンキュー:

3

うみチャン さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/08/16
閲覧 : 3

inazumi さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/08/12
閲覧 : 2

ひみこ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2018/05/03
閲覧 : 13

toturitu さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:途中で断念した

投稿 : 2017/02/26
閲覧 : 20

ふふ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2016/05/15
閲覧 : 17

さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観たい

投稿 : 2015/06/22
閲覧 : 29

紫煙の心 by斑鳩 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2015/06/11
閲覧 : 28

( ´_ゝ`)y─┛ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2015/05/31
閲覧 : 31

ガイガン さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2013/09/30
閲覧 : 54

橙色夜想曲 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2013/04/11
閲覧 : 61

ヒロ(4代目) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2013/03/02
閲覧 : 67

basser-n さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2013/02/18
閲覧 : 55

Vash さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:----

投稿 : 2012/11/24
閲覧 : 81

おんじ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2012/03/18
閲覧 : 102

みり仔 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2012/02/15
閲覧 : 122

さなご さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2011/12/21
閲覧 : 108

ketin さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7
物語 : 1.5 作画 : 3.5 声優 : 2.0 音楽 : 1.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2011/12/21
閲覧 : 117

さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

投稿 : 2011/06/08
閲覧 : 107

宇宙海賊キャプテンハーロックのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
宇宙海賊キャプテンハーロックのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

宇宙海賊キャプテンハーロックのストーリー・あらすじ

西暦2977年、退廃し堕落した人類の住む地球に、宇宙から材質不明の謎の巨大物体が落下してきた。その物体は黒色で球形をしており、表面にはマヤ文明の象形文字風の意匠が円形に刻まれていた。地球政府が無視したそれは「マゾーン」という宇宙からの侵略者が打ち込んだ、惑星の所有を誇示する「ペナント」であり、その危険を警告しようとした台羽博士や、親友であるクスコ教授は侵入していたマゾーン達によって殺される。辛うじて生き延びた台羽博士の息子・正は、マゾーンに何ら手を打とうとしない地球政府に見切りをつけ、宇宙海賊として知られていたキャプテンハーロックの宇宙戦艦アルカディア号に乗り込む。台羽正という新たな仲間を加え、ハーロック及び40人の海賊とアルカディア号による、謎の侵略者マゾーン達との戦いが始まった。(TVアニメ動画『宇宙海賊キャプテンハーロック』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
1978年冬アニメ
制作会社
東映アニメーション
公式サイト
www.toei-anim.co.jp/herlock/
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%AE%99%E6%B5%B7%E8%B3%8A%E3%82%AD%E3%83%A3%...
主題歌
《OP》水木一郎『宇宙海賊キャプテンハーロック』《ED》水木一郎『われらの旅立ち』

声優・キャラクター

井上真樹夫、神谷明、小原乃梨子、川島千代子、北浜晴子、八奈見乗児、大竹宏、つかせのりこ、緒方賢一、北川国彦、柴田秀勝

スタッフ

原作:松本零士/スタジオぬえ
企画:田宮武/小湊洋市/小泉美明、製作担当:佐伯雅久、脚本:上原正三/山崎晴哉、チーフディレクター:りんたろう、演出:蕪木登喜司/福島和美/川田武範、キャラクター設計:小松原一男、美術設定:椋尾篁、音楽:横山菁児、演奏:コロムビアシンフォニックオーケストラ

このアニメの類似作品

この頃(1978年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ