「魔法科高校の劣等生(TVアニメ動画)」

総合得点
85.1
感想・評価
4511
棚に入れた
23110
ランキング
223
★★★★☆ 3.8 (4511)
物語
3.7
作画
3.9
声優
3.9
音楽
3.8
キャラ
3.8

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

魔法科高校の劣等生の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

テングタケ さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.5
物語 : 1.5 作画 : 1.5 声優 : 1.5 音楽 : 1.5 キャラ : 1.5 状態:観終わった

ザ・厨二→追記

16話まで視聴。ねえ、このつまらない対抗戦いつまでやるの?
落ちこぼれが頑張って成長していく努力・友情・勝利の物語かと思ったら、ただのオレツエーでした。リアタイでキン肉マン読んでた世代ですので、努力して成長することにこそカタルシスがあると思うのです。
やたら理屈っぽく魔法の解説などしていますが、深く考察しているわけではなく、その場限りのカッコつけの虚無です。長い長い対抗戦のルールもよく分からないし、分からせようという気もありません。
妹が病的なブラコンで気持ち悪いし、登場人物♀が全て主人公に頬赤らめてて気持ち悪いです。

追記
頑張って最後まで観ました。対抗戦さえ終われば面白くなると信じて。
結果、1ミリも面白いところのない最低のクソカス級でした。
魅力のないキャラ、面白みのない展開、不愉快なラブコメ要素(主人公以外)、吐き気のする近親相姦描写。
「アサルトライフル程度の装備しかない可愛そうな」プロのテロリストを、魔法使いの高校生たちがかすり傷さえ負わずに延々と虐殺し続ける。たとえ致命傷を負っても、味方は魔法で全回復するから無問題。最後は凄い兵器で有無を言わさずジェノサイド。オレタチツエーにも程がある。
いいところは一つも見つけられない割に、悪いところはいくつでも挙げられる。その最たるものは主人公と妹のイチャイチャぶり。肉奴隷の魔法でもかけられたのか?マジで反吐が出る。
リゼロとかとある魔法とか、私は嫌いな作品でも、それを面白いと言う人がいるのも理解できなくはない。だが本作は少しでも評価する人がいるのが心底信じられない。

投稿 : 2022/03/24
閲覧 : 192
サンキュー:

2

ネタバレ

徳寿丸 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

2クールだけどそんなに長くは感じなかったかな

原作未読。
主人公はジゴロクール系です。お人好し優しい系ではない点がよかったかな。もうそういうのは満腹に近いし・・・。
声優陣も豪華で力入ってるなぁと感じました。構成も高校入学から徐々に主人公の特殊な立場が色々な事件毎に明らかになっていき最後はあぁ、そういうことかと解る形で終わります。テンポも展開も良く飽きる事はなかったですね。
校内の序列的なものがうまく見る側に主人公贔屓にさせる効果があります。これはN○Kの朝ドラのいびられる主人公への同情と似てるかな?(いや、まったくこの主人公はいびられませんし余裕で返り討ちですけど・・・笑)最初から無敵系なのでどんだけ凄いの?っていう風に見るのがいいでしょう(笑)。

私のツボ:実にすばらしいかませ犬っぷりを披露してくれる森崎君



劇場版・2期来訪者編視聴済(2021.2)
もし、まだ劇場版、2期視聴してないなら2期→劇場版の方がお勧め(時系列的に)。
2期視聴に当たってほとんど記憶がなかったので1期から通しで視聴。うーん、「とある」「S.A.O」と同じ位?設定やキャラに濃密さを感じるんだけど当時は2作品に比べると全然アジャストしなかったなぁ。また、何故劇場版は1期と2期の間の「追憶編」にしなかったんだろ?ボリューム的にも丁度良かったんじゃないかな?(原作既読ありきなのか原作読ませる為なのか知らんけど)
2021年にスピンオフ放送予定みたいです。原作も一段落してるし「ダンまち」みたく定期的に製作されると嬉しいかな(まぁ、人気がどの程度かわかりませんが・・・)。

私のツボ:最近井上さんの配役少ないな、このシリーズもキャラ卒業しちゃったし・・・いや、スピンオフなら出るよね?ね?ね?

追憶編視聴済(2022.2)
これで、来訪者編迄終了しましたね。さて2年生からの物語はやるんでしょうか?

投稿 : 2022/02/12
閲覧 : 247
サンキュー:

14

ネタバレ

Prospero さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

原作をスタイリッシュに映像化

「小野学バージョン」が今のところシリーズ最高の出来だと思う。OPのLiSAもいいが、EDの安田レイも最高。小野学のセンスを感じる。
このシリーズを見て原作20巻以上読んだが、原作者が病的にディテールを描く方で、魔法の理論の細部はもちろん、登場人物のテーブルの座り位置まで情報を詰め込んでくる。その反面男女の会話は酷くて痛い。
死ぬ前にコピー取って、上書きする魔法いいね!
実は最新の追憶編まで見ても、本当の2人の関係は明かされていないので1期だけ見ても何故達也に感情が無いのかはよく分からないと思う。

投稿 : 2022/02/11
閲覧 : 78
サンキュー:

4

ネタバレ

がんばりまっする さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.2
物語 : 1.0 作画 : 1.5 声優 : 1.0 音楽 : 1.5 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

設定が駄目過ぎだろ

これ高校生設定に無理がある警察系が全く出てこないのに完全にテロ話って、アイアンマンと定番ラノベを混ぜているだけで、一見小難しいそうな話も大した内容じゃないし、青春時代感が全くない、あと声優陣が毎度毎度のメンバー過ぎて没入できるポイントが無いわ~

投稿 : 2022/01/07
閲覧 : 133
サンキュー:

1

ネタバレ

カミタマン さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.5
物語 : 1.5 作画 : 1.5 声優 : 1.5 音楽 : 1.5 キャラ : 1.5 状態:観終わった

本当に酷評につき,閲覧注意

2021/12/28 投稿

本作好きな人は絶対読まないで下さい。

{netabare}
俺TUEEE系でも最悪の出来
まず,この兄弟の関係が気持ち悪い
いちゃいちゃしすぎ,見ていて不快感しか無い。
妹の言葉遣いが変,身内に敬語使うもんじゃ無いって知らないの?二人だけで話すときなら別にまあ勝手にすればいいけど…周囲に対しては理解の限界を超越しています。
まあ,訳ありっぽい伏線も有るので,後々納得出来るかも知れませんが…

次ぎ,兄のキャラクターが全く受け付けない…
自分割と俺TUEEE系に寛容な方だと自認しているんですが,此奴はダメです^^;
理由を考えてみると
無口で今ひとつ感情移入できない点
俺TUEEEだけならいいのですが,なんか周囲に対してかなり上から目線的に感じる…
そして,違和感を増幅させている原因がタイトルでしょうか
劣等生設定ははどこに行った?序盤数話しか劣等生設定が生きていなく,後はひたすら俺TUEEE!劣等生の先入観があるせいか違和感増幅

魔法の説明もダメです^^;
全く意味に無い魔法の理論を長々と解説されても全くどうでもいいです。要は術式ってプログラミングみたいな物なんですよね?それを何度も何度も得意気に説明されても…心情的なことに関しては無口なくせにどうでもいい所はひたすら饒舌…


あとは,学校にも違和感

名前が変
例えば工業高校は工業科高校とは言わないですよね?(うちの地域だけが例外的に使わないわけじゃないと思いたい^^;)

魔法士の能力や役割を考えると魔法科高校って国の安全保障上超重要な機関ですよね?その割にセキュリティーがゆるゆる過ぎます。外部の人間に操られて事件を起こす生徒がいたり,香港系マフィアの賭けの対象にされて交流戦に干渉されるとか…設定おバカ過ぎw


などなど,違和感をかなり感じつつ,ストーリーの先が気になり最後まで見ちゃった自分が恥ずかしい。^^;{/netabare}

投稿 : 2021/12/28
閲覧 : 220
サンキュー:

14

ネタバレ

カモミール さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.9
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

妹とのイチャイチャとどうでもいい説明が多過ぎて断念

妹とのイチャイチャシーンがやたらと多い。魔法や道具やもろもろの説明が多く、本筋が進まなくてイライラ。新キャラと出会うと長々と挨拶シーンでイライラ。説明の無い新語も多い。
服のシワの表現や鼻の作画など、なんか作画も好きになれない。

投稿 : 2021/12/01
閲覧 : 142
サンキュー:

2

ネタバレ

祇園 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

俺と美雪の日常を損なおうとする者は全て駆除します

投稿 : 2021/10/12
閲覧 : 82
サンキュー:

0

ネタバレ

ラルフローレン さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 3.0 作画 : 2.5 声優 : 3.5 音楽 : 2.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

最強主人公をひたすら見せつけられるアニメ

Netflixのオススメに出てきたので視聴。原作は未読。
王道のなろう系ではあるものの、世界はファンタジーではなく現実世界に似たSF世界だったり、なろう系主人公にありがちな『俺、なんかやっちゃいました?』的な無自覚の悪意が無い分見やすい。
2期までひと通り見た感想としては、最初からレベルMAXで最強武器を揃えて始めたRPGを見てた感じ。主人公1人で問題なく戦えるので、サブキャラの存在感が薄い。敵の魔法、武器の無力化、味方のみならず、自身も蘇生できる回復魔法、空調の効いた部屋から遠方の艦隊に戦術核級の魔法を発動させて消滅させる等、世界征服できそうな能力は残念ながら、見ててハラハラワクワクさせる事は無い。何が起きても主人公がなんとかするとか、強敵っぽいキャラが現れても主人公がやられることは無いと思ってしまう。SAOが好きな視聴者なら、この作品も面白く感じると思う。

あとは中の人関係で京介とあやせがラブラブになって良かったねと思ったぐらい。

投稿 : 2021/09/14
閲覧 : 131
サンキュー:

2

ネタバレ

ジャスミン茶 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

やんごとなき世界

なろう作品
達也や深雪だけでなく、ご学友も含めてやんごとなき方々の日常が堪能できます
容姿も能力もここまで振りきれてたら、もはや嫌味も感じませんね(笑)

魔法のある世界で、戦争でも魔法師が重用される事から、才能・資質が重要視される事となり、日本では十師族なる一部の血族が取り仕切っているらしい

何やら突拍子も無い設定ではあるが、魔法等について一生懸命説明してくれてるので、さほど違和感も感じずに世界観には馴染める

但し、達也と深雪の生い立ちを一切説明しないでストーリーが進むので、気になってネットで調べてしまった
じゃないと二人の無敵ぶりとか、深雪の達也に対するヤンデレぶりが何に由来するのか解らず何とも気持ちが悪いのでね
そろそろ小出しにしてもいいかと

キャラデザも綺麗だし、声優さんも豪華で文句なし
中村さんとかはやみんはピッタリすな
つか十文字がおっさんにしか見えん(笑)

深雪視点の優等生が始まるらしいが、原作自体は終了したようで残念
とあるシリーズのレールガンの様に長く続いて欲しいけどね

投稿 : 2021/06/06
閲覧 : 143
サンキュー:

4

ネタバレ

カボチャはんたー さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

劣等生の兄と優等生の妹の物語

魔法科高校の劣等生始まりましたね(*´д`*)
原作読んでた時から早くアニメ放送してほしいとずっと待ってました♪
しかもOPがLISAさんとGARNiDELiAさんなんで、ものすごくアツイ作品です(^O^)

キャラクターの数が多いし、設定がものすごく多いし凝っているのできちんとキャラクターの名前と設定を把握するのには時間がかかると思います(^O^)カボチャはバカなので原作も漫画も読んでいるのにプシオン、サイオン、イデアにエイドス何が何だかわかりませんwwwww
でもこういう設定をちゃんとわかってなくても作品は楽しめると思います(^O^)
杖を使ったり魔法陣を書いたりするっていう昔ながらの魔法ではなく、CADと呼ばれる魔法を発動するための起動式が記録された、魔法を簡略化・高速化するデバイス?道具を使って魔法を発動させるので、少し魔法のイメージが変わったのではないかなと思いました。魔法がもしも現実にあってほんとうに利用されているならこんな感じかな、カボチャも魔法習いたかったなー(´-ω-`)

今期のバトルアニメのなかで1番面白い作品だと思います。
ただ見るなら毎週見るより○○編を一気にに見たほうがわかりやすいかもです♪

1話{netabare}
いきなり達也と深雪の兄妹なのになんでこんなラブラブな雰囲気を醸し出してるんだろうって思いました(笑)。妹は超絶美人で、さらに美人生徒会長に偶然出会うし、入学式で友達になった女の子もかわいいときた。どういう星の下に生まれたらそんな偶然起きるんだろうと思いました(´・ω・`)

2科生(劣等生・ウィード)として魔法科高校に入学した達也ですが、アニメ冒頭のシーンを見ると達也がただものじゃない、すごい魔法の使い手だということがわかりますね(  ̄▽ ̄)途中で達也と師匠の八雲さんが組手をしましたが魔法だけでなく相当な体術の使い手だということもわかりますね。さらに分析が得意だということで頭脳明晰だということもわかりますヽ(・∀・)ノ

ブルームとウィードに分けられるってすごい差別ですよねwあんな露骨に差別化されてるなんて…そこは嫌ですね(沙*・ω・)ただ差別されてるだけならまだしも学習環境にも差が出るみたいですね…ただ1話の最後で美月が言っていたように入学時点では1科生も2科生もさほど大差はないと思いますね。差別とかするの疲れないのかなー(´Д` )たかだかな優越感に浸って井の中の蛙ですねまったく…( ̄▽ ̄)

妹の深雪も優等生(1科生・ブルーム)で新入生総代を務めるくらいですからすごいんでしょうねw兄妹揃ってイケメン、美人でハイスペックもはや誰が勝てるの?って感じですよねwwwww

他にも、美月やエリカ、レオ、ほのかにしずくに生徒会面々、他にも魅力的なキャラがたっくさん登場しましたがもっと活躍し始めてから書こうと思いますヽ(・∀・)ノ
ではでは1話の感想はこの辺でヽ(・∀・)ノ
{/netabare}

司波 達也(しば たつや)
国立魔法大学付属第一高校の一年生。入試の筆記試験では前代未聞の高得点を記録するが、ある欠陥のため実技試験は及第点とすれすれ。「ウィード(雑草)」と揶揄される二科生として入学する。所属クラスは一年E組。CADの設計など技術系分野を得意とする。

2話{netabare}
1話の最後にほのかが1科生とエリカやレオたちの争いを止めるために校内では禁止されている魔法を使用しようとして止められ、達也が上手いこと言って生徒会長七草真由美と風紀委員長渡辺摩利の追求を逃れるところから始まります。達也の口の巧さには驚きましたw会長たちの牽制も逃れるし、1科生の人たちにも借りというか害が及ばないようにしてるのがすごいと思いました。そのせいで達也がいい意味で目をつけられ安穏に送るはずの高校生活が波乱の高校生活になっていくとは…達也でさえも思わなかったはずだと思います。

ほのかや雫のようにブルーム・ウィードと分けて考えない人もいるのはいいことです。どうでもいいですけど1校の女子の制服はおしゃれというか可愛いですよね。雪月花のインナーガウンを付けている人が多数います。エリカのようにつけていない人もいるみたいでそのへんは自由みたいですね(^q^)

生徒会メンバーは女性が多いので女性の権限が強そうwww達也の意思とか権限とか無視して勝手に風紀委員になっちゃいましたしねw深雪も生徒会に入るみたいwww(沙*・ω・)あわわ女性社会www生徒会に入ってくれと頼まれた深雪が達也にアイコンタクトを取った時は爆笑してしまいましたw深雪の達也愛はすごいですねwww

達也と深雪の雰囲気にはさすがの先輩面々も顔を赤らめてしまうようですねw

実習室の設備すごいですね( ̄▽ ̄)100年後とはいえ学校にこんな設備あるなんてカボチャは早く転生して魔法科高校に入学したいと思いましたw

服部もブルーム・ウィードと差別している側の人間ですね(>_<)なんか嫌な奴っていう印象でしたw達也を無視して深雪だけに挨拶したときの深雪の感情の殺し方すごかったです。そしていつもは冷静沈着な達也が唯一感情を露にする瞬間、深雪を守るとき、そしてその時のちからはとても一介の高校生とは思えないくらいの実力を発揮します。服部副会長を達也が瞬殺…あースッキリ(*´Д`)スッキリ

達也はどんな能力の持ち主なんでしょうねヽ( ̄▽ ̄)ノ
達也のCADかっこいいですね( ´ ▽ ` )シルバーガン☆彡

雫の言うように魔法科高校に入れる人に普通の人はいないんだと思います。
{/netabare}

司波 美雪(しば みゆき)
達也の妹。一年A組。魔法の才能に優れ、第一高校に首席で入学した。「ブルーム(花冠)」と呼ばれる一科生の中でも才色兼備のエリートである。唯一の愛すべき欠点は重度のブラコン。達也を「お兄様」と呼び、慕っている。「冷却魔法」が得意。

3話{netabare}
達也が深雪の目が曇っていないことを証明するために服部副会長と模擬戦を行い一瞬で勝利したところから3話目が始まります(・∀・)達也の魔法技術すげーってのが率直な感想ですw1校において三巨頭に次ぐ実力の服部をいとも簡単に倒すなんてね…(笑)そして達也の行った魔法技術を分析し当てた市原先輩もすごいですけどね。達也の魔法の技術すげー( ̄▽ ̄)けど、魔法化高校では評価されない技術みたいですね。学校のテストもそうだけどそれだけで人を評価するなって思いますよねwそれを達也が物語ってくれました。ありがとう(笑)そして、きちんと自分の間違いを認められ謝ることのできる服部先輩はいい男です(`・ω・´)

達也が使用しているCADは世界的に有名なトーラス・シルバーなる人物が製作した有名品みたいです。なんで達也はこんなレアなCADを使ってるんだろう?(´・ω・`)そして今までおとなしいところしかみせてなかったあずさがシルバーモデルのCADを見つけた瞬間人が変わったように熱く語りだしました。あずさ先輩のシルバー愛すごい( ´ ▽ ` )

風紀委員室汚い(笑)。どうやら摩利はお片付けが苦手みたいw風紀委員は実力主義で1科生、2科生の差別をしないような人が選ばれてるみたいですね。達也にとっては森崎がいる以外居心地が悪くないのではないかと思います。辰巳も沢木も強そうですねw戦闘シーンが見たいところです(^-^)

2話で達也が深雪のCADの調整を行ってると言っていましたが実際のシーンを拝めましたが、なんかけしからんです。深雪さんの下着姿…5秒以上眺めたら男はもうダメですね(笑)達也は何事もないような顔してましたけど美雪はそれが気に食わないみたいで大胆な行動を…迫ってお仕置きされる達也…お仕置き願望のある人にはとてつもなく羨ましいのではと思いました。達也は自己修復術式というレアスキルを持っているみたいですねw

達也が風紀委員にとっての初仕事は部活勧誘期間の見回りから始まるみたいです。森崎は気にくわなすぎて達也に暴言を吐いていましたが(笑)。エリカが強引な勧誘をされて困っているところを達也が助けました。たぶん服部先輩を倒した時の振動系魔法で酔わせたんでしょう。ただ、エリカは衣服が乱れていて達也に見られて恥ずかしそうにしてました。エリカのヤンデレ感かわいい(*´`)

そのせいでエリカに付き合わされることになった達也は体育館で剣道部の試合を見ることになったがエリカはお気に召さない様子、もっと真剣勝負のような展開を期待してたみたいwですが、トラブル発生。そのときのエリカの笑は生き生きしてました。カボチャもトラブル好きなのでエリカの気持ちがよーーーーくわかりました(笑)

剣道部と剣術部のトラブルを止めた風紀委員の達也。止められた上ウィードの生徒に仲間が倒されたとなった剣術部が達也に攻撃するが達也はすごすぎます!剣術部何人も相手しても優勢なんですから。そしてその様子を見て狙いをつけたようなことをもらす剣道部主将司、達也の波乱の高校生活スタートしました。ってことで3話の感想はこの辺で(^O^)
{/netabare}

千葉 エリカ(ちば えりか)
達也のクラスメイト。一年E組所属。周囲の目を引く陽性の美少女で、明るく物おじしない性格から、周囲を巻き込んでは騒動を起こす。実家の千葉家は剣技と魔法の複合技術である「剣術」の大家。エリカ自身も県の腕前を生かした戦いを得意とする。

4話{netabare}
達也…学校のビッグ3の前でも臆さないのはさすがだなw
十文字先輩は十文字って感じだよなwまさに巌w

たしかにお兄様なら何が来ても大丈夫wさす兄w
魔法式の無効化キャストジャミング
深雪と達也の恋人感はもう誰にも入る余地なしw
ナイスツッコミエリカとレオ、そして美月はうぶでよろし!!

アンティナイトなしでもキャストジャミングを使える達也
それは新しい魔法みたいね…さす兄w
オフレコなのは未完成だし魔法妨害ができる仕組みそのものが…まずいことに…

達也なんか狙われてるw1年生なのに忙しい身なのなw
謎の1年生として有名人らしい(笑)
達也の前にこの前の壬生先輩
ポニテが似合う美人だことw
深雪のやきもちと勘の良さはさすが

学校内にいいカフェがあるのな
壬生先輩、達也のこと好きなの?w
剣道部に勧誘するも即刻断られる…
魔法の成績だけで決められてしまうのはおかしいのではと…?
なんていうか2科生のドス黒い部分が…
達也を誘った理由は…っていうかジゴロよね達也
学校に自分たちの待遇の改善を伝えたあとどうするか…
壬生先輩は考えてなかったみたいね

壬生先輩を言葉攻めにしたらしい達也(笑)
渡辺先輩は男勝りだが女の子だなw
深雪のナチュラルなやきもちは場を凍らせるぜw

風紀委員会の活動は生徒の反感を買っているか…
別に点数稼ぎをしているわけではないが権力を持っているのも事実
まぁ印象操作されてるみたいだが…

達也の観察力はすごいな
反魔法団体ブランシュにまでたどり着いてるのだから
自分で追い込んで自分で慰める会長まで落とすつもりw
凄腕のジゴロ達也(笑)

保険の先生?胸でかいな(笑)
この世界のドレスコードなら…痴女らしい小野先生w
先生まで壬生と達也の話に興味津々w

壬生先輩もうまーく利用されてるんだろうな
そして剣道部は完全に黒
ブランシュ反魔法活動のテロリスト団体
ブランシュの下部組織エガリテの生徒は多分…

魔法は魔法にあらず…魔法は努力によって得られるもの
平等は美しい理念…この世は不平等なんだよな
思惑は怖いね~
ブランシュの背後には…

四葉にはできれば…
{/netabare}

西城 レオンハルト(さいじょう れおんはると)
通称「レオ」。一年E組所属。名前が洋風なのは父親がハーフで母親はクォーターであるため。彫りの深い顔立ちと卓越した運動神経の持ち主で、女子生徒の注目を集めることも。だが、性格はは気さくで入学直後に達也の友人になる。得意な魔法は「硬化魔法」。

5話{netabare}
達也パッと見は実技が苦手に見えないよな(笑)
悔しいという感情も…実力がないという
美月はよく見えてるな~( ゚Д゚)実践ではもっとできると、
美月が顔を赤らめるとエロいなw
そして達也でも止められない美月節wwww

また壬生先輩…学校側に待遇改善を求めるつもりみたい
壬生先輩は達也を論破できないだろうなw
学内の有志同盟がついに強行策を…放送室に立てこもり
達也がほかの女と話しているときの深雪w
達也は悪い人だな( ゚Д゚)ノ
後々の深雪のほうが怖いなwww

学校側も生徒会に任せるみたいね
まったく大事になったものだな( ゚Д゚)
公開討論会に真由美一人でwこの会長もなかなかの…

九重師範なんでも知ってるのな(笑)
坊主で忍びか…達也と深雪についても…
司の兄がブランシュ日本支部のリーダーらしい

明日の討論会は何か仕掛けてくるかも
真由美の演説会だわなw立派な会長だわ( ゚Д゚)

服部も渡辺委員長もやるな~
学内も荒れてきたな~(笑)
{/netabare}

柴田 美月(しばた みつき)
達也のクラスメイト。少々天然だがまじめな性格で、一部の上級生から「癒し系妹キャラ」として人気があることも気づいていない様子。この時代には珍しくメガネをかけているのは、意図せずに霊子放射光が見えてしまう霊子放射光過敏症を抑えるためでもある。

6話{netabare}
レオ暴れてるな~
達也と深雪も到着!そしてエリカ⊂⌒~⊃。Д。)⊃
小野先生のおっぱいどうなってるのか?小野先生ただものじゃないのね
壬生さんのことを憂えているのね…
余計な情けで怪我をするのは自分だけではない…ね

レオのパンツァー好きよ♪
頑丈さが取り柄だな
レオにお似合いの魔法ってわけだな

達也の察知能力すごいよな…空間把握能力か
実践では敵に回したくない相手…達也
近接戦でエリカと戦える相手なんてそうそういないだろう…
達也も深雪も優雅に空を翔けるなw

壬生たちのまえに達也と深雪…
平等な世界に釣られた現実の末路が利用された…
認められたかったんだろうな…
雑草と蔑んでいたのは結局自分自身…
達也にはキャストジャミングも通じない…w

壬生先輩の相手はほかにいる
憧れの剣士との対決…
エリカも好戦的だな~w
魔法がなくたってエリカ強いな
あの女の幻影ね…
千葉家の娘に本気を出させたんだから誇ってもいい

渡辺先輩自白剤作れるのかw
辰巳も沢木さんも強いですな~
さすが風紀委員

渡辺先輩のちょっとした発言がこんなこじれるとはな…
いや記憶操作されているのか…?
ちゃっかり桐原先輩も聞いてるしww
結局追い詰めてたのも誤解してたのも自分…

達也指導者みたいだなww
泣きたい日もあるさ…

達也はブランシュを追撃するつもりみたい
叩き潰すつもり…さす兄w
壬生先輩を守るために…いや…もっと近くの…

ブランシュの拠点を知ってる人は近くにw
殲滅部隊には十文字先輩もそして桐原も…
桐原ツンデレだなwww
もはや十文字の上司感なw
{/netabare}

七草 真由美(さえぐさ まゆみ)
一高の中でも歴代最高クラスの能力を誇る生徒会長。所属は三年A組。十師族に連なる七草家の長女であり、遠隔精密魔法を得意とする。小悪魔的な性格である一方、二科生への差別を否定し、改善に務める遺面も。小柄だがグラマーな美女で学外にもファンが多い。

7話{netabare}
ブランシュの日本支部を壊滅させに行く一行
達也が指揮をw慣れてるな~w

達也と深雪は正面から堂々と
いやーブランシュの支部リーダー小物っぽいな(笑)
達也の技術が狙いみたいだね…
壬生の記憶を奪ったのはこの小物かw
小細工が達也に通用するわけないw

恐怖に逃げるさまwwwwwwwww
達也に手出しする前に氷漬け
深雪が兄に向けられた敵意を見逃すわけないだろうに
ニブルヘイムキタ――(゚∀゚)――!!

十文字先輩と桐原のコンビは結構繰り広げてるな~
魔法師に銃は通用しないw
達也にアンティナイトは通じない
まぁ腕一本ですんでよかっただろうw
みんな戦いなれてるなwレオもエリカも含めてw
まぁさすあに!!

四葉な~
結局、桐原♡壬生だわなw
桐原先輩はまめな性格w
そしてエリカも仲良くなってるw

時に突き放すことが救いになることも…
達也とエリカもこういう時はいいコンビだよなw
本当は高校に通わなくてもいいレベルの達也ってw
この二人傍から見たら絶対恋人w

満を持して三校の…達也のライバルとなる人物キタ――(゚∀゚)――!!クリムゾンプリンスw

とりあえず、お兄様の活躍の序章って感じですよね
ここから気持ちいいくらいに達也すげーってなっていきますww⊂⌒~⊃。Д。)⊃
{/netabare}

十文字 克人(じゅうもんじ かつと)
「鉄壁」の異名を持つ魔法師の名門・十文字家の次期当主。一高の三年生で、全クラブ活動の統括組織である、「部活連」の会頭を務めている。領域防御魔法を得意とする実力者であり、一高内では真由美、摩利と並んで「三巨頭」と称されている。

8話{netabare}
九重寺で修行?深雪は華麗に空を舞うなぁ
達也の目をごまかすのは至難
小野先生も弟子

深雪はミラージバットとアイスピラーズブレイクに出場するらしい?
小野先生は公安の秘密捜査官らしい
達也の方が兄弟子らしい、BS魔法師?
ギブ&テイク大事よね⊂⌒~⊃。Д。)⊃

サッカーはいつの時代も人気なんだな
そして女の子はいつの時代もかしましい
吉田幹比古キタ――(゚∀゚)――!!

エリカとは知り合いらしい、幼馴染で避けられてるらしい
エリカと長らく付き合える人は珍しいらしい
ブルマはこの時代はアウト☆彡
エリカはブルマ似合うな~(*´з`)ノ

九校戦は一大イベントらしい
スポーツ魔法競技の大会
エンジニアが足りてないらしい…
渡辺先輩は自分で調整できないらしい
達也知らないふりして逃げようとしたが…捕まってしまった(笑)

真由美さんいい顔してるなww
深雪の後押しには負けるよな(笑)
あーちゃんシルバーホーンに興味津々wwマニアだなwww
憧れのシルバー様で深雪がミス?
トーラスシルバーは…いったいどんな人?
天才技術者らしいぞ…日本の青少年かもしれない?

意外だよね飛行ができないなんてね
魔法は理論だからな~
達也はなんでも精通してるな~さす兄w
達也の話しで昼休み〆

達也のエンジニア参加は是非両々
桐原いい人に見えてきたwww

桐原が達也のテストの実験台に
完全マニュアル調整…すごいらしいが…
達也のテクニックは高度すぎてわかる人にしかわからない
服部も成長したな~

特尉?達也は軍人でもあるのかww
少佐の情報網早いな~
今年の九校戦は犯罪組織の影がちらほら…
ノーヘッドドラゴンね

深雪かわいいコスチュームだな~
達也が浮いてるw飛行術式?できない技術をまた可能にしたらしいw
さす兄すぎる(笑)

司波家地下2階まであるのか(笑)
浮いてる深雪かわいいな(*‘ω‘ *)
まるで妖精だな~
{/netabare}

九重 八雲(ここのえ やくも)
九重寺の住職。古式魔法に分類される「忍術」の伝承者で、由緒正しき「市日」として多くの門弟を抱えた高名な人物だが、どこか胡散臭い空気を漂わせている。司波兄妹をかわいがっていて、特に深雪には甘い。達也には体術を教えている。

9話{netabare}
達也の裏の顔の一つそれは…天下のMrシルバー
FLT開発センター、御曹司って言われてるよww
牛山さんは話が分かる人だな~⊂⌒~⊃。Д。)⊃
現代魔法の歴史は今変わろうとしている!!

飛行魔法デバイスは成功した(‘ω’)ノ
なんてレベルの高いお話をしてるんだかw
父親と遭遇…執事の青木…達也は眼中になし感すごいな(笑)
本当に四葉とは…
達也には恨む心もないもんな…

達也の噂は速いな~(=゚ω゚)ノ
発足式には知った顔もw
達也の拍手はまだ少ないけれど…すぐに思い知らされるだろうな…
深雪のあのデレデレの顔な(笑)

達也の担当は一年生の女子たち~
ほのかの好き好きオーラすごいな(‘ω’)ノ
深雪の牽制wwww
打ち合わせはまだ時間がかかりそうだねwww

美月も美人さんだよなぁ~
大量の光の先にあったのは精霊?と幹比古?
達也どこから現れた(笑)
古式魔法の使い手なのね幹比古は
美月に迫る幹比古wwww
どうやら精霊の色を見分けられるのはレアみたい

精霊の波動で見える色が違うけれど…
美月にはきちんと違いを判る眼の持ち主
狙われる可能性ありだな!

真由美さんお嬢様帽子似合うな~(笑)
こういうお姉さんっぶてるお姉さん好き(‘ω’)ノ
真由美さんはストレスが溜まってる模様ww
勘違いされてるwwwww
会長の餌食w鈴音さん辛らつ~
服部…真由美の色香にwwww
後輩いじめ楽しそうだな~(笑)

花音…なかなか強烈キャラだなw
深雪は静かに怒り心頭…
雫は深雪の扱い方うまいな~( *´艸`)w

いやートラブル続きだな一校
バスに迫る爆発した車…深雪の危機に動かないわけないよな~(笑)
{/netabare}

吉田 幹比古(よしだ みきひこ)
一年E組所属。「古式魔法」の名門の出で、魔法技術に関しては一科生にもひけをとらないが、あるアクシデントから魔法をうまく行使できなくなっている。二科生である現状に鬱屈した思いを抱えているせいか、クラスでは孤立気味。

10話{netabare}
バスに迫る爆発寸前の車…車内では魔法が乱射して…
魔法師ってすごいな( *´艸`)
達也のグラムディスパーション…深雪だけが何が起きたか理解している

危機は去ったみたいだねん
魔法の乱射は効果がなくなるのね
渡辺先輩は勘がいいよなw
場数の問題だろう…服部自信無くしてるのか…
魔法師としての才能も資質もあれか…

実践経験者…司波兄妹はやばいか
一科生も二科生も関係ない…できるやつはできる
運転手の自爆攻撃…だったのか

あれ?エリカ応援に来てたのかw
美月もエリカも結構はだけてるなw
エリカに騙されがちな美月さんでした(笑)
エリカはしたたかだな~( *´艸`)

懇親会にも参加するのかウエイター&ウエイトレスw
エリカはこういう格好似合ってるよな( *´艸`)幹w
幹比古も巻き込まれ体質w
ほのかと雫はいつも一緒だよな~

達也は番犬wwwwwwww
千代田先輩と五十里先輩もレッテルとか関係ないタイプみたい
レオと美月は裏方かw
幹比古は名前を省略されるのが嫌みたいw
最近の幹比古を見ているのはもやもや…
エリカも幹比古も…渦中なのな
時には冷たいのがいいときもあるみたいね

深雪どれだけ愛してるんだろうw
…ほかの学校からでも深雪は目立つみたいね
九校戦懇親会には十師族の長老も出席するのな

そしていたずら好きでもあるw
精神干渉魔法をこうもたやすくな
達也が見抜いたことを見抜いてる九島老師
魔法は使い方次第ってわけだな

新人戦は4日目かららしい
七草会長ニックネームあるのかwエルフィンスナイパーw

1年生女子で温泉に(・∀・)イイネ!!(・∀・)イイネ!!
ほのかえっろ(笑)雫はこういう時は手出ししませんw
雫胸気にしてるのなww
深雪の神々しさはお風呂でも同性でも際立つのなw
性別も関係ないほどの美しさの持ち主それが深雪

三校のプリンス一条でも深雪は眼中になしw

幹比古の精霊魔法便利だな索敵に
自分の力に自信を無くしてるのか幹比古…
本当に暗躍好きだな達也さんw
{/netabare}

服部刑部少丞範蔵(はっとりぎょうぶしょうじょう はんぞう)
所属は二年B組。長いフルネームは家の感触に由来するもので、学籍登録名は服部刑部。文武両道の青年で、一高校生徒会副会長を務め、その腕前は「五本の指に入る遣い手」評価されている。一科生であることにプライドを持っている。

11話{netabare}
達也…規格外だな~(笑)
幹比古も案外やり手だよね~⊂⌒~⊃。Д。)⊃

過程ではなく結果と事実を…自分を否定してもしょうがない
幹比古は少し完璧主義者みたいね
達也には幹比古の術式をも見えている
幹比古が悪いのではなく吉田家の術式が悪い?

少佐登場
達也にも悩んでいた時期があったのね(笑)

九校戦開幕~
バトルボードの予選
ほのかは達也の前だと超乙女モード
達也は女の子の気持ちまではカバーしきれないw

渡辺先輩人気すごいな~
常時3種類~4種類の魔法を使いこなす…さすが
エリカから見れば性格が悪いw

風間少佐に呼ばれた達也
すごい面々w
昨日の賊の正体はノーヘッドドラゴン
散歩をしていたら賊に会うとかww

どちらにしても達也の魔法のお披露目はあかんってことだね
何が起きるかわからない心がけは大事

真由美先輩が出るとすごい観客が集まるらしい
ただの美人お姉さんじゃなかったのねw魔弾の射手かっけーw
相手自信無くすぞってくらいのパーフェクトw

達也にお鉢が回ってきましたw
本当に深雪には過保護なお兄様w
深雪怒られて心配してくれて嬉しそう

達也は遊びでも何か造ってるのかwおもちゃ?

真由美のエンジニアは達也が…
からかうつもりがからかわれるのは真由美さんかなw
真由美さん弟ほしかったのかw
特別扱いしない人がいいのかもね真由美さん

泉美さん陰鬱なエンジニアっぽいタイプの女性だな
クラウドボール…魔法でやるテニスみたいな感じかな?

花音の魔法はどんなのかな?
振動系魔法の使い手、邪魔なものはぶっつぶすって感じだねw
破壊力なら花音の方が上だろうに
倒される前に倒しちゃえ♪実にわかりやすい

男子の結果が思わしくないらしい…
4種目で優勝しなければいかない
新人戦も優勝争いにかかわってくることに

達也の部屋にみんなで遊びに
レオがおもちゃで遊ぶことに
{/netabare}

渡辺 摩利(わたなべ まり)
三年生。個人戦・集団戦を問わない対人戦闘魔法のスペシャリスト。一高校内の魔法違反使用を取り締まる風紀委員会委員長を務める実力者でもある。性格は物事全般にやや好戦的で、同学年の真由美とは親友の間柄。

12話{netabare}
レオは達也の実験台に(。-∀-)ノ
刀身の先が離れるのすごいな
これも硬化魔法の仕組みでできてるらしい
いきなりの実技テストもなんなくこなすレオもすごいよね(。-∀-)w

バトルボード決勝
渡辺先輩と張り合うとは海の七校恐るべし
オーバースピードの事故?おっふ…大丈夫じゃないな…あれ…
まさかの重傷渡辺先輩…ミラージバットも棄権か…
達也付き添ってたらしい(笑)
そして的確な対応を取る達也さす兄w
第三者の妨害を疑ってるのね真由美さんも達也も…

達也の分析結果…第三者の介入があったらしい
大会委員に監視装置がたくさんいるある状態であの妨害を行ったのか
美月に幹比古が呼ばれる(。-∀-)不正を暴くため
精霊とかそういう類なのかな?

加速も込みであの事故を…CADにも細工されたいた
バランスを崩さないほどの威力でも…
大会委員に工作員がいると達也は予想
一回預けるときに細工されている?
でも仕組みは達也でもわからないらしい

総合優勝するには少し厳しい状況みたいね
一校と三校が争いそうだな
新人戦も総合優勝に影響を与えるみたいね
まさかの…深雪が本選のミラージバットに抜擢?
新人戦をキャンセルしてまで…補欠も用意してなかったし
達也の妹なら優勝できる…からのすぐの達也の可能ですwwwww
この信頼の絆すさまじいなw

ほのかのリアクションが初々しいな~(*‘ω‘ *)
カボチャは雫がタイプです(*‘ω‘ *)
達也を雇いたい雫…すごい腕前らしいなwww

ほのか緊張気味ww
達也のエンジニアとしての腕を披露するのはこれが初めて
選手たちからは好評みたいだけど…

スピードシューティング
雫快調だな~…そして達也の腕前もすさまじい
達也オリジナルの魔法らしい(笑)

1年女子は予選通過らしい
達也の腕前がすごいのかな?笑
エンジニアは大事よねw
達也大忙しwwwwwwwww

雫は見た目と違い闘志は熱いようだね
いい表情してるな(*‘ω‘ *)
{/netabare}

北山 雫(きたやま しずく)
一年A組所属。口数が少なめで感情をあまり表に出さないタイプ。大出力の「振動系魔法」を得意とし、実技の成績は深雪に次いで学年2位である。クラスメイトのほのかは小学校時代からの親友であり、よきライバル。

13話{netabare}
雫のスピードシューティングは絶好調だな
たとえ対戦形式でも負けはしない
パーフェクトゲーム(=゚ω゚)ノかわかっこいい☆彡

達也の技術力が認められました(笑)
独占しちゃったよ一校で(笑)
しかも雫の魔法は新種の魔法をって
達也は自分で使えない魔法を登録したくはない
幸先のいい出だし…

三校はエンジニアに着目してきたみたいね
新技術さえもちゃんと使えるように持ってくるとはさすが達也w
特化型並みの汎用型…ハイブリッド型のデバイス
エンジニアにも警戒する一条たち三校メンツ

続いてバトルボード
ほのか、達也来てくれてうれしそうだなw
そしてブレインもこなせる達也はやっぱりすごいよな
ほのか圧勝さすが~(*´з`)ノ
本番に弱いほんかが勝ちました(=゚ω゚)ノw

将来のことまで考える一校首脳陣さすがだわ
ノーヘッドドラゴンは一校をどうしても邪魔したみたいね
新人戦にも何か仕掛けてくるんだろうな

深雪、すねてるw
深雪は兄が認められない…のが悔しいんだろうな
四葉のしがらみに今の達也では対抗できない

アイスピラーズブレイク
雫は振り袖姿で出場(=゚ω゚)ノかわいい♪
花音も英美も気合入ってるなw
ある意味ファッションショーも醍醐味みたいね

雫にほのかに大忙しだなw
ほのかは入学試験のときに達也の魔法を見て気になり始めたのか
奇麗な魔法に見とれました…

真由美や摩利たちも応援団に
深雪は本当に何もかも圧倒的だなw
見た目、実力、試合結果申し分ない(笑)
インフェルノかっこいいw

達也、女の子たちに囲まれてるw
まぁ森崎たちがいい顔できないのもあれよね
達也の実力は女の子たちには認められてる
まぁ結果だけみれば…
森崎の噛ませ犬感半端ないよねw

おっと思わぬところで一条将輝と吉祥寺真紅郎と対峙する司波兄妹
{/netabare}

光井 ほのか(みつい ほのか)
一年A組所属。一科生の中でもトップクラスの優等生。おとなしく優しい性格だが、やや思い込みが激しく、時に思い切った行動に出る。「光波振動系魔法」を得意とするが、どちらかというと実技より理論の成績のほうがよい。

14話{netabare}
司波達也を警戒して顔を見に来たのか
静かなるぶつかり合い…
OPガルニデリアさんキタ――(゚∀゚)――!!

みんなほのかの幻惑魔法対策してる~(笑)
けれど達也の思うつぼ

次は何を仕掛けてくるのか達也w
光の加減で影を見せて相手がコースの外側を走らせるように促すとかw
魔法の使い方うまいよなw

ピラーズブレイクは一校3人がトップにw
同率1位でもいいという…が
戦えるチャンスは逃したくない雫…
雫との戦いを断る理由もない深雪
この対決は冷たくも熱いものとなりそう

二つのCADの同時操作とかw雫やるぅ
それでも越えられない深雪という壁
ニブルヘイムキタ――(゚∀゚)――!!
深雪の方が強かった…

勝てないとわかっていても
手も足も出なかったんじゃ悔しいわな…
ほのかと雫はいい友達同士だよな(‘ω’)ノ

一条将輝も実戦経験済みなのか
吉祥寺真紅郎…カーディナルコードを一つ発見した
天才二人…新人戦レベルでは敵なし
爆裂が使えないのが幸い…森崎ドンマイw

事故ではなく故意のオーバーアタック?
森崎たちは重傷らしい
フライングが行われた疑惑?
大会委員の責任があるだろうな

一校が棄権じゃないらしい…
真由美から相談事…こりゃー(笑)
何者かの妨害が行われているのかどうか?

敵は香港系のシンジゲート
モノリスコードはポイント高いのね

ミラージバット
ほのかとすばるのワンツーフィニッシュは確定
まるでトーラスシルバー…あずさ、達也がトーラスなのではと気づいちゃうw
まさかまさかまさかw

達也が呼ばれたのは…一校首脳陣たちが集まっている会議室
ここまできたら新人戦も優勝を狙うつもり
あの二人への対抗馬として達也を試合に出てほしいと願われる

いろいろと特例が認められていてルールは大丈夫
実践ならたしかに達也がナンバー1だなw
代表ならばスタッフなんだろうと出ろとw
十文字先輩の言葉とリーダーの責任な
これは総意なのね

弱者の地位に甘えるな…か
義務を果たす

残りの2名の人選は達也が
チームメンバー以外でなくても例外にできるw
レオと幹比古w
理由は連携がとりやすいから
相手のことが分かるってのはチームプレーには必須よな
達也のお墨付きの実力者に選ばれた二人w
{/netabare}

小野 遥(おの はるか)
達也たちのクラスを担当する総合カウンセラー。精神衛生を専攻していて医師の資格を所持している。隠形を得意とする先天的特異能力者「BS魔法師」で、その力を見込まれて弘安の秘密捜査官としても活動。八雲の教えを受けている。

15話{netabare}
達也と幹比古巻き込まれたな(笑)腹をくくるしかないw
さっそく作戦会議w
レオがディフェンス…モノリスを守る
そういえばレオ向けの武器あったな(笑)

幹比古は遊撃…オフェンスとディフェンスの補佐
術の偽装が無駄につながっているものかもしれない
現代魔法において有効ではない、
古式魔法は隠密性に優れているのね
魔法はようは使い方…奇襲力を買われた幹比古

達也の戦闘お手並み拝見
グラムデモリッション…術式解体
相手のサイオン魔法を打ち消す最強の対抗魔法
守りのレオもいい活躍してるな
幹比古の魔法も足止めと奇襲にはもってこいだなw
3人のバランスいいな(‘ω’)ノ
達也が勝って一番喜んでるのは深雪

一条と吉祥寺の警戒
だけど対抗策をすぐに考えられる吉祥寺すごいな
たしかに正面対決なら一条に分があるだろう
草原ステージでないことを祈るしかないw

精霊魔法は索敵に便利だね
この3人めちゃバランスいいな
大隊の人たちもこの試合見てるのな

エリカも敬語仕えるのかwつぐ兄上?
あーエリカが渡辺先輩を訝しんでる理由がわかった気がする
世界的な剣術家…千葉直次
深雪にブラコン扱いされたエリカwオワタw

プリンスらしい戦い方だなw優雅w
たしかに真正面からはぶつかりたくはない相手だな
予想以上、十文字のスタイルをしての達也への挑発か

そしてこの誘いに乗ることが一番勝率が高い
吉祥寺真紅郎、やるな~

隠れる隙があるフィールドでは絶対負けないな
今の幹比古は自信を無くす前の幹比古みたい
エリカと幹比古…幼馴染っていいですよね

急に君付けで呼ばれるときょどる幹比古w
どの時代においても富士山はいいものだな
エリカいい幼馴染だな

小野先生使いっパシリにされてるw
こういう裏の取引好きだわw
達也は何を企んでるのか

保険医が保険のために敵アジトを画策
一条と吉祥寺の自信まんまんだな
{/netabare}

一条 将輝(いちじょう まさき)
第三高校の一年生。若武者風の美男子で、魔法の才能に秀で、十師族に名を連ねる一三家の次期当主と、才能、容姿、家柄ともに一流である。一条家の切り札といえる魔法「爆裂」を自身も得意とし、義勇兵として実践に参加した経験がある。

16話{netabare}
いよいよ新人戦…一校VS三校
用意されたのは黒いマント…魔法陣?
吉祥寺対策ってわけな
さすがの先輩方も心配になるかな
接近戦に持ち込めば達也に勝機あり

さすがの達也でも多少の不安はあるのね
深雪が信じてくれるんだから負けるわけにはいかなくなってしまったな(笑)
エリカ激笑いしてるwクロマントめっちゃ目立ってるw
精霊魔法も絶好調

駆け引きは勝負が始まる前から
九島もこの試合を見てるのね
達也と一条…互いに魔法を撃ちながら歩んでいく
さすがに近づくにつれて達也でも
達也ついにあれを解放したねw
エレメンタルサイトキタ――(゚∀゚)――!!

吉祥寺の相手はレオと幹比古
マント身を隠せるのね
一条ちゃんと周りも見えてるのね
やっぱり強いなw

加減できないのはお互いさまってね…一条殺してしまうと焦ってしまい
そこを見逃す達也ではないよね(‘ω’)ノ
戦場で踊っているようだな達也⊂⌒~⊃。Д。)⊃直撃…してしまうが
達也には身体を自己修復できる能力あるもんな…反則だろ
それも一瞬でなw

指ぱっちんで勝負は決まるwすごい音の振動波
達也が一条に勝った瞬間だよなw
だけど見てる人たちも唖然
達也古流の武術で致命傷を回避したと思われてるwよかったね
真由美さんが焦るのも無理ない

達也のあの能力は秘匿事項…
戦力となる魔術師…世界に50人もいない逸材

フラッシュキャスト…驚異的なスピード
まだ試合は終わっていない
ここからはレオと幹比古の出番かなw
達也がクリムゾンなら幹比古はカーディナルを

幹比古もやればできるやん⊂⌒~⊃。Д。)⊃
まだレオが残ってるんだよな
プリンスの攻撃受けてぴんぴんしてるレオもまた化け物w
これにて新人戦優勝決定キタ――(゚∀゚)――!!

達也たちの実力認められるかな?
レオの頑強さには脱帽w
幹比古から見たらこの二人化け物にしか見えないw
達也のさす兄感な
深雪のために負けられなかったもんなw
{/netabare}

吉祥寺 真紅郎(きちじょうじ しんくろう)
第三高校の一年生で、将輝の親友。弱冠13歳にして、魔法式研究において仮設上の存在だった「基本コード」の一つを発見した天才少年である。本名と「基本(カーディナル)」を合わせたカーディナルジョージの異名で広く知られている。

17話{netabare}
一校への手段を択ばなくなった犯罪シンジゲート…
明日の一校のミラージバット何かが起こる?
達也は直感的に何か起こると憂えている
深雪だけは絶対に達也が守ってくれる…

美月も眼鏡をはずして何か起こらないか見ているつもり
これも意地…少し早くに立ちたくて…
幹比古もちゃんとサポートしてるのなw
幹比古が美月の責任を取るのである(笑)
エリカいい性格してるよw

そして事件は起こってしまった…小早川先輩のCADが不良事故?
魔法が使えなくなるかもしれない…
精霊がはじけたらしい…達也これで何かを確信した
さっきの事件の原因がわかるかもしれない…

CADのデバイスチェック時に何かを混入してたわけだな
それを見逃す達也ではないよな
深雪を害するものは…
本気の達也は恐ろしいな
事態を聞きつけて九島閣下が

魔法を一目で見抜く九島すげーな
運営委員の不祥事は明らかだな
九島に目をつけられた達也かな(笑)

達也の本気の怒りは深雪のためだけにしか…
だけど兄が妹のためにおこるのは当たり前
深雪の扱い方心得てるな~(笑)
シスコン認定された達也であるw

深雪いよいよあれを使う…これこそ圧倒的w
空を飛ぶ飛行魔法お披露目キタ――(゚∀゚)――!!
これぞトーラスのなせる技だよなw
フェアリーの圧倒な

敵の刺客は会場に紛れ込んでるのね
だけどみすみすやらせるような甘い警備体制ではない
達也の軍人仲間腕が立つな
柳さん超武闘派なんだろうな

深雪のそばにいてくれるのが深雪の願い
甘えん坊な深雪もかわいいw
達也の手を寝てても離さない深雪さんな~w

ミラージバット決勝
飛行魔法全開で行く深雪
ほかの学校も真似してきた~
まるで妖精のダンスみたい
深雪最強だな⊂⌒~⊃。Д。)⊃

深雪に手を出したこと後悔しても遅いぞ犯罪シンジゲートw
{/netabare}

九島 烈(くとう れつ)
十師族「九島家」の重鎮。日本魔法師界の長老的存在で「老師」と呼ばれることが多い。21世紀の日本に十師族と言う序列を確立した張本人で、最高にして最巧と謳われ「トリック・スター」の異名を持っていたが20年程前に、世界最強の魔法師の一人と目されたまま第一線を退いた。

18話{netabare}
一校総合優勝決定⊂⌒~⊃。Д。)⊃
達也でも疲れることあるんだな…と思わせといて
裏では…小野先生と怪しいやり取りを(笑)
達也はすぐに別の女性のところにwww藤林さんだけど( ̄д ̄)
達也の裏での生活慣れてる感半端ないよねw

達也のことはわかっているのね九島閣下は
逸材をボディーガードにしておくのはもったいないと考えている
四葉が強くなりすぎてしまうことを憂えているみたいね
達也は現在においても貴重な戦力
戦力としての格が違う…達也は単独で戦略核ミサイル並みのもの

すごい!人間を分解する能力か…これが達也の真の実力
達也を敵に回すとか一番命を捨ててるわなw
悪党の言い逃れなど…本当にしょうもないな
敵のボスの名前まで言わせておいて殺す…容赦ない
まぁこれくらいしないとね

手を出すべきじゃない相手に危害が加わえたことが命を落とす原因…
達也の逆鱗…深雪
デーモンライトと呼ばれているのか
死体も残らないからスマートだよなw

十文字先輩たちも余裕そうだな
一条が達也に倒されたことが…十師族のメンツ的には問題らしい
十師族の力を誇示するような戦いをするしかない
十文字先輩のファランクス最強かよ
勝てるやつそうそういないだろw
本当は達也も十師族のメンツなんだけどな…
ファランクスの本来の使い方は別にある…

全校合わしてのパーティー
一条と達也、永劫のライバルになるのかな?w
いまさら達也と深雪が兄妹だとwww
普通に見たら兄妹に見えないもんなw

社交は大事よね(=゚ω゚)ノ

達也と踊れてほのかよかったねw
ちゃっかり一年女子たちに真由美さんも踊ってるしw
めっちゃ深雪見てるやん(笑)

十文字に呼ばれた達也…真由美を斡旋してきたw結婚相手にw
十師族の次期当主に勝利した意味は重いもの…

まぁ最後に踊るのは…深雪とだよな
カボチャ的に一番好きな話です九校戦編
{/netabare}

風間 玄信(かざま はるのぶ)
独立魔装大隊の隊長で階級は少佐。B級ライセンスの魔法師。前線指揮官として非常に優秀な人物で、儀礼より実質を重んじる実戦派である。八雲から古式魔法の教えを受けた九重門下の筆頭で、達也の兄弟子でもある。

19話{netabare}
最近の刑事は車いらずだなww
横浜ではどうやら火種が…出始めているようだね

生徒会は新しくなったのか!会長はあーちゃん(笑)
達也は錬金術とか賢者の石にも手を出しているのか
非金属を金属に返る触媒ね
魔法式を保存するか
魔法師の未来を変えることも考えているのな

論文コンペ?文の九校戦
達也…論文コンペの代表に選ばれるw
平河…ミラージバットのエンジニアの人の代わりか
市原先輩ここにきて活躍か
市原先輩の論文のテーマは達也が取り組んでいるテーマと一緒
だから達也が抜擢されたのか
学生でもこういう場がきちんと設けられているのがすごいよな

達也の期待は仲間内でもすごいのなw
急な来訪者は…深雪にとっては嫌な相手さゆりさん…再婚相手か…
達也をスカウトしに来たのか…
深雪の護衛に限って達也以上の人材はいないよな
勾玉のレリックの分析…国防軍絡み
オーパーツは複製できないのか

魔法式保存の効果があるのか
司波家はどうやら複雑な模様です( ゚Д゚)

スナイプされてもすぐ修復できる達也ってやっぱりすげー(笑)
そして狙撃した相手の場所も簡単に割り出せるのなw
敵の正体は案外簡単に出てくるかもしれない

深雪エプロンでアピールwなんかえっろw
猟奇的にならざるを得ない深雪の魅力
レリックを複製できれば魔法師がいなくても魔法を仕えるようになるのか
つまり魔道具みたいなものは存在していないということか

レリックを狙っていたのは大亜連合…
{/netabare}

市原 鈴音(いちはら すずね)
一高生徒会の会計を務める三年生。真由美の右腕といえる存在で、真由美からは「リンちゃん」と呼ばれている。得意な分野は魔法理論。性格は冷静沈着で、常にポーカーフェイス。背が高くて手足も長いモデル体型で、美少女というよりは美人である。

20話{netabare}
真由美さんって何かと達也にアタックしてくるなw
狭い部屋でお姉さんと一緒に難しい話したい(=゚ω゚)ノ
市原先輩と達也は同じ考えの持ち主だったみたいね
お姉さんにやきもち焼かれたい(*‘ω‘ *)
結局…達也には勝てない真由美さんです(笑)

達也の端末にハッキング?何者?
調査といえば小野先生w
ネットチェイスではなく違う情報を聞きにw
横浜で密入国事件か

クラッカーの狙いは魔法理論の文書を狙っていた?
五十里先輩に市原先輩も危ない?
千代田先輩すぐ五十里といちゃつくなwww
風紀委員がコンペのメンバーの見張り番と護衛か

達也のガードはいらないだろうな(笑)
達也をつけ狙うのは同じ一校生?
改造原付とか用意がいいな
黒幕は大亜連合か

ポニテのエリカ好き~(*‘ω‘ *)ノ
美月…視線を感じるらしい…大きな網を構えているような感じ?
精霊も騒いでいる?一校に探りが入れられているみたい

千葉の長兄は蛇の巣をつつくみたいw
達也たちをつけているのは…
そしてその気配に気づくとはさす友

千葉の御曹司では藤林さんは御しきれないだろうなw

エリカにレオに幹比古バトル開始w
通り魔っていうのは通りすがりの魔法使いのことらしい
騒いでも幹比古の結界のおかげでさすがだな

やられ顔のおっさんつえーなw
でもレオもエリカもつえーな(*‘ω‘ *)ノ
尾行してたのに敵じゃない?
大人は一枚上手だったってわけだな…
学校の中でも安心できない世の中なのか

藤林さんのハック技術はすごいよな
エリカとレオと戦ったおっさん瞬殺とかw
ルーガンフーどんだけ強いんだよw
ってかおっさんよく燃えるなww
{/netabare}

五十里 啓(いそり けい)
一高の二年生。魔法理論は学年主席、実技も上位クラスの英才で、九校戦にはエンジニアとして参加する。穏やかな性格の中性的な美少年で、二科生に対する差別意識はない。五十里家は刻印魔法の権威であり、自身も刻印型術式を組むことがある。

21話{netabare}
論文コンペの準備は着々と
市原先輩大活躍~⊂⌒~⊃。Д。)⊃
壬生が怪しい子を発見して追跡
よくわかったな(‘ω’)ノ

平河さんね
壬生はかつての自分と同じ境遇の子をほっとけなかったのね
平河は使い捨てられるのも覚悟みたいね
最近の二科生は暗器にガスになんでもありかよw
こういう時は真正面タイプのレオが活躍(笑)

気を失わせてしまったのはやりすぎ
あすか先生えっろw色気えっろw
関本先輩の癇に障ったエリカとレオ
次々と問題が発生するのな
千代田先輩気苦労が絶えないな

エリカ怒られても余裕の表情(ΦωΦ)
関本も市原先輩の研究気になってるのね
ポニテのエリカ好き~⊂⌒~⊃。Д。)⊃
美少女のきりっとした顔好き~⊂⌒~⊃。Д。)⊃

あすか先生が逃すわけないなwww
平河の目的は…あの男に復讐?
平河姉の事故の責任のせいで達也を狙っているのか
そうとう追い込まれてるな

エリカにつきあうレオ、向かう先は…
エリカはこれから騒動が起こることを予感してるのね
反撃のための武器を磨く…
歩兵としてレオの素質は優秀らしい
だけど決め手の技を持っていないレオ
これから必殺技の習得キタ――(゚∀゚)――!!
秘剣薄刃蜻蛉…一体どんな技なのか…

達也からしたら平河のことは些事にも当たらないことw
黒幕の連中は…特に趙は厄介そうだな

エリカとレオが休みで妙な勘繰りをするほのかw
年頃だからな~wエリカのお風呂シーンえっろw
エリカもこういうリアクションするのが(・∀・)イイネ!!
レオの顔のビンタのあとw

今回は達也の手を借りずに強くなると決めたレオ
男の子だね…っていうエリカのセリフと顔好きw

十文字先輩警備隊の指揮を図るためにほかの生徒をしごいているみたいw
幹比古も参加してるのかw
九校戦以来幹比古の株急上昇よな
あの十文字先輩の隙を一瞬でもつけるんだから

幹比古のコミュ障の感じわかるわ~
美月と幹比古の初々しいカップル空気w
幹比古も大胆な奴だな~w
なんか楽しいことになってきたぞ!
とりあえず追いかけなさい幹比古くんw

幹比古がぶつかった相手はたしか…
{/netabare}

千代田 花音(ちよだ かのん)
一高の二年生。「地雷源」をはじめ、地面を振動させる魔法を得意とする千代田家の直系で、一高でもトップクラスの戦闘力を持つ。九校戦には選手として出動。普段は果断即決のタフな美少女だが、婚約者の五十里が絡むと別人になる。

22話{netabare}
達也が手に入れた珍しいものは狙われているらしい
どれだけ九重先生情報通なんだよ
敵は方位を操る魔法師なのか?

達也たちに尾行、使い魔の烏?
おっとラボにハッキングか?
敵は何を探っているのか…目的がはっきりしない相手たち
大亜連合はレリックを狙っている

おっと平河ちゃん死ぬんじゃね?
なんかおっさん殺したやつ来るぞw

ロボ研にいる達也を襲うは…
催眠ガス?まぁ達也には効かないだろうけどw
達也仕掛けた相手を罠にかけるつもりだなw

関本はスパイ?こいつ何がしたかったんだwww
渡辺先輩恋人といるときはしおらしいのなw
鳴る警報音…千葉の次男に渡辺先輩VS人食い虎
やっぱり二つ名もちってかっこいいよなw
人食い虎あの怪我でも動けるのか
呂剛虎…

藤林さんに狐を仕留めさせる情報を与える
千葉兄弟でてくるな~w
藤林さんいいお姉さんって感じだよね
関本を殺すつもりか陳

達也は関本に会いたいけど…
とりあえず達也はトラブルを寄せる素質があるからwww
真由美と摩利と一緒に向かうことに

周はメンタリスト系だな…魔法と同じくらい厄介だな
渡辺先輩…事情を聴きに来たという名の意識操作
渡辺先輩そんなこともできるのか
目的はレリック…

侵入者は…呂剛虎
この3人なら負ける気がしないのはなぜかw
渡辺先輩と真由美さんのコンビネーションな
特殊部隊エースと渡り合うこのふたりなw
だけどさす兄の前にはwwwwwwww
渡辺先輩の必殺技えげつないな

スパイの大半は捕まったみたいだね
達也が無防備に寝顔をさらすのは深雪の前だけ
めっちゃ見つめる深雪さんwwww
キスする距離だぞww
あんなことがあっても平然を保とうとする深雪さすがw
だけど涙があふれちゃうの

深雪寝るときの格好えっろw
てか超うれしそうだなwwww
{/netabare}

呂 剛虎(るー がんふー)
大亜連合軍特殊部隊のエースにして、陳祥山が最も信頼する部下。白兵戦での殺人術では大亜連合随一と呼ばれる使い手で、「人喰い虎」の異名で千葉修次と並び称されている。

23話{netabare}
陳はまだ何か仕掛けるつもりみたいね
その前に呂を取り戻すつもりか(‘ω’)ノ
魔法教会関東支部に論文コンペを狙うつもりみたいね…

エリカとレオ勝手に警備する気まんまんw
荒事が起きてほしいレオとエリカであったw
事件が勝手に終わっちゃったのが悔しいレオとエリカであったが…
まだまだ事件が終わったとは限らない
達也の言い得て妙の言い方なw

市原先輩と平河ちゃん
市原先輩は平河ちゃんの火をつけにきたのね
いい人だな~カッコいい♪
まぁ色々と思惑はあるみたいだけど…美人の詐欺師っていいよねw

一条と吉祥寺も横浜に…メンツはそろいつつあるな
藤林さんのドレス姿えっろw
千葉の長兄は手玉に取られやすいタイプw

藤林さんからムーガルスーツ完成の知らせと事件はまだ終わってないという…
一条出た~(笑)深雪にたじたじ
とみつかってこんなかわいい系だったのかw
達也と一条の会話短wまぁライバルなんてこんなものかw
エリカとレオはワンセットw扱いは嫌みたい

小野先生と藤林さん…
小野先生も二つ名もちだったのかwてか二人ともw
好奇心人を殺すってね
おっと呂さん逃げたみたいね…こりゃ完全に来るやんw

服部と桐原は十文字の両腕みたいな感じだなw
外国人の数が多いし、街の空気が殺気だっている…
十文字先輩も何か起きると思っているのね

市原先輩こんな人前でもちゃんとプレゼンできるさすが
異変は少しずつ這いよって迫る
とりあえず論文は何を言ってるかわかりませーん⊂⌒~⊃。Д。)⊃
やってることはすごいんだろうけどもw
これわかるやつ絶対理系

吉祥寺も達也を意識してたりw
あらら…発表残念だな吉祥寺
異変が…
{/netabare}

藤林 響子(ふじばやし きょうこ)
独立魔装大隊の幹部。階級は少尉。古式魔法の名門・藤林家の出で、九島烈の孫娘でもある。電子、電波に干渉する魔法に長けハッキングの技術も高いことから「電子の魔女」の二つ名で呼ばれている。

24話{netabare}
車が突っ込んできてバーン!
ついに敵が動き出したな⊂⌒~⊃。Д。)⊃
千葉長兄、エリカの前の方がかっこいいよなw

ロケット弾に揚陸艦まで出張ってきたのかw
達也冷静に状況を分析
簡単に屈服させられるような相手ではないよな達也w
銃弾を掴むようなしぐさで消す達也wさす兄
達也も深雪も慣れてるな~

エリカたちもやる気まんまん
吉祥寺なんてかまってる場合ではないw
あずさはみんなを鎮める魔法を持ってるのか
ここにきてようやくあーちゃん活躍w
あずさだけに梓弓…広範囲精神干渉系の魔法かな
真由美さんは十師族の責任を果たそうと
生徒たちに避難と脱出の勧告

達也味方にも容赦ないw
深雪の魔法力も半端ないからな~
達也、エリカ、幹比古戦いなれてるな~
ほのかや美月はおびえちゃうよな…
魔法師の世界は血なまぐさいな~
雫からの提案VIP会議室で情報を得ることに

広範囲で襲われているのね
脱出

投稿 : 2021/04/09
閲覧 : 584
サンキュー:

42

ネタバレ

モズカッちゃん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

敵さんに同情してしまう

引くほど強いお兄様、、、シスコンはこうじゃないと。
妹を守れない兄貴は兄貴ではない。
妹のためなら世界を壊すぐらいじゃないとね。
そういう意味ではいいお兄様でした。

内容への感想は、もうちょっと学生らしくしたら?と思いました。
作画への感想は、キャラデザにあまり惹かれなかったです。
音楽への感想は、OPはよかったです。
キャラの感想は、特にありません。

総評としましては、自分には合わない作品でした。

投稿 : 2021/02/27
閲覧 : 195
サンキュー:

14

ネタバレ

ウィラード さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

考えが少しおかしいがなろうっぽくなくて良かった作品

所々の随所で主人公一行の発言がおかしいのが気になるが
まあそれも世界観や展開に合わせたものだと感じれば良いだろう


設定も分かりやすいんで特に複雑な要素は無いので
気楽に見れる また、嫌悪感の出るなろうテンプレとかも無いので
ラノベ作品として楽しめた


主人公が織り成す戦闘スタイルをただ見ていく作品なんで
いつものラノベ作品だと思い見てれば評価としては並程度だと思います

ラノベ特有のハーレムする為の作品って訳でも無いんで
そこは評価したい

投稿 : 2021/01/24
閲覧 : 125
サンキュー:

6

ネタバレ

マステラ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

とあるシリーズかと思ってました

とあるシリーズかと思ってみてなかったが、内容は全然違っていた。ただ、序盤が面白さのピークな気がする。

投稿 : 2021/01/09
閲覧 : 182
サンキュー:

2

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 1.5 状態:観終わった

とにかく引き延ばしが激しい

2クールのラノベアニメ。
恐ろしいほどに主人公に都合よく話が進んでしまうのが気になる。なろう発らしいけど俺TUEEEを悪い意味で極め過ぎてる。
ただそこすら些細に感じてしまう程に妹が気持ち悪い。俺妹の兄妹エンドはまだ理由が一応は描かれているのでわからなくもないのだけどこちらは一期見てるだけだと意味不明。
なまじ血の繋がりが弱いからそうなっているとか理由はあるのかも知れないけど…それにしてもキツいよね。

内容はこの作品は各編中身が薄い割に尺取りすぎに感じる。引き延ばし。
特に九校戦は酷い。最後の方に山場となる戦闘回があるけどそこまでがひたすらに平坦で退屈に感じる。裏に謀略が…って話なら禁書2期の学祭編の方が良かった。
横浜騒乱は少し良かったけど。それも他二つがダメだったからハードル下がっていただけだし。

それでも、この作品かなり売れてるんだよね。
何故だろう…やっぱりマッドハウス制作でラノベアニメとしての下地はよくできていたからかな、声優も豪華で音楽も良い。

投稿 : 2020/12/26
閲覧 : 116
ネタバレ

爆弾おにぎり さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

なろうから生まれた傑作

なろう系の中でも5本の指に入るほどの傑作声優とキャラクターの違和感も無く矛盾を感じなかった。
ただ主人公が落ちこぼれとされているのは少し違和感を感じ、劣等生じゃない!!とは思った。

投稿 : 2020/12/06
閲覧 : 111
サンキュー:

6

ネタバレ

GAMMA さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

学園で俺ツエーする兄とその兄を慕うヤンデレ妹

第2期を視聴予定のために見た。

魔法のある世界で学園生活を送るハイスペックな兄妹の話。

ハイスペックというのは単に文武両道であるという意味ではなく
国を揺るがす兵器レベルの人間であるといった方が正しい。
他の作品で例えるなら暴力で全てを納める範馬勇次郎とか
知力で日本社会を混乱に陥れた夜神月とかそういう奴ら。次元が違う。

一方の妹は
学園で一番美人で
学園で一番頭が良くて
学園で一番魔法が使える
と、本来なら唖然とするところだが、
前述のぶっ壊れチーター兄からすればかわいく思える。

物語について
兄:達也に見合った敵と対峙するのが基本になるので
新興宗教団体やテロリストなど
およそ高校生の手におえるものではないトラブルを解決していく。
しかし、達也は淡々と危なげなく解決していくので
なろう系の一つの究極形ではないかと思う。

だから、トラブルの謎解きを楽しみつつ
最後はどうせ達也が勝つのを安心して見ていられる作品だ。

引き続き、第2期視聴に移りたいと思う。

投稿 : 2020/11/27
閲覧 : 181
サンキュー:

20

ネタバレ

愛しのレイラ さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

敷居は低くても・・

最終的に内容はハードさに拍車が掛かり科学的な根拠も複雑化

物語も後半から二期にかけて内容も本格的な対テロで有ったり
国家絡みの陰謀なども加え、シリアスも加速して主人公が本来のベールを
脱いで行く・・そう言ったミステリー要素も本作品の魅力

劇中の時代では魔法を扱う職業が存在しており
そういった「魔法師」を育成する機関で日々、若者が鍛錬、研究に励む
簡単に言えば学校みたいな所がメイン舞台になってます。

ま、あまりにも初めから「ハード」さを前面に出すと視聴者も限定される

主人公、ヒロインを始めとする数人の男女キャラも要所を押さえた設定で
幅広い層に見てもらいたいという初期の段階の「掴み易さ」も伝わって
製作者側の「優しさ」みたいな心意気を感じました。

主人公の「司波達也」は、先天的な魔法能力、解析力も桁外れ
あまけに体術の技術にも優れている心技一体の人格者であるが故に

簡単に言えば一般的な能力を測る機関のテスト形式では「計測不能」
評価は低くランク付けされてしまう。学園内の凡人には分からないのです

そんな凄い潜在能力を秘めた主人公が徐々に周囲の評価を覆して行く・・

そういった展開が序盤~中盤の面白さだと思います。

ただ個人的に、妹との関係が・・なかなか耐性が付きません(笑)
ま、これも、この作品の持ち味なのかもしれませんが

人気作で見てる人も多いと思いますが、見てない人は是非とも!

投稿 : 2020/11/09
閲覧 : 172
サンキュー:

7

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

現代文化

魔法科の高校の劣等生

まずこの作品を面白くないと言っている方々は、現代のなろう文化についてよく理解していない事だろう。
この作品の面白いところは、一言で表すと、何も努力しないで、成功体験を味わえることの一言に尽きる。
まずこの作品は、生徒会長(女)、妹(女)、先輩(女)、同級生(女)、先生(女)の複数人の女性に認められるところから脚本が始まっている。
なぜこのようなことをするかというと、小説家になろうで連載されていたこの作品は、なろうの顧客ユーザーにマッチさせるために、とことんまで努力することをなくしているからだ。
というのも、小説家になろうでは、長年小説を書いてても成功しないことから精神的に病んでいる人々が、なろうを覗いて読んでいるというケースが散見される。
そのような風潮からなろう小説というのは基本的に、読者の承認欲求と、努力の欠如が至る所に見受けられるのだ。
普通の脚本であれば、主人公が努力するように、一度主人公を負けさせることで、努力をさせるような描写が必ず必要だ。いわゆる挫折である。
しかしこの作品には一切それがない。なぜなら挫折させてしまっては読者が離れてしまうからだ。
ということで基本的にこの作品は、主人公である司馬達也が、何の努力もせずに、劣等生から優等生に認められるという内容になっている。
これが現代の文化観である。
ライトノベルとはそもそも軽い内容でサクッとエンタメを味わうために作られたのである。開始早々女性5人から認められたりするこの作品の内容は、非常に承認欲求を満たしやすい構造になっているのだ。
特にであるが、生徒会長と風紀委員長の女性二人は物語後半でも執拗に主人公を認める描写が描かれている。ここまでしつこいのはなぜかというと、読者にとって都合の良い存在であるからだ。
また同級生や保健室の先生も、司馬達也に惚れ込んでいる描写がある。これもまたこの作品の特徴なのである。
ちなみに、この作品の楽しみ方には司馬達也が強すぎてコメディに見えてくるという楽しみ方もあるので、そういった意味でもこの作品は面白いと言えるだろう。

投稿 : 2020/10/19
閲覧 : 289
ネタバレ

ぼん さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

なに、この中毒性

新シリーズがはじまったので、

あらためて見返してみました。


いやぁー、何度みても面白い。(4回位見返してます。)

キャラ、作画、音楽それぞれいいですが

作品として個人的なツボにはまっているんでしょうねー。


魔法物なのなはずなのにやたらメカっぽいところに

これまた、男心をくすぐられます。


文武ともに最強のおにいさまが、

悪者を綺麗さっぱりやっつけてくれるところが

まさに痛快!


新シリーズも楽しみです。

投稿 : 2020/10/05
閲覧 : 249
サンキュー:

5

ネタバレ

kapita さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

劣等生とは名ばかり

国立魔法大学付属第一高校の入学試験によりある欠陥が原因で劣等生クラスになったイケメン兄(主人公)と、なんでもできて入学式では新入生代表の挨拶までしてしまう優等生クラスの妹。
劣等生の兄が這い上がっていく話なのかと思いきや、元々が頭脳明晰・武道は達人級・魔法も凄い・しかも魔法道具迄発明し郡の秘密兵器ときてるこれでなんで劣等生クラス?と疑問に思うが理由はすぐに判明する
妹はお兄様大好きで寄ってくる同級生や上級生に嫉妬したりするので、本当に実の兄妹なのかと思ってしまった
私にも1つ年上の兄がいるが、ここまで兄に敬愛したりしないので違和感を感じた
年が離れていればあるかもしれないが1歳も離れていない同学年なのに・・・
この兄ならありうるかと、話数がだんだん違和感も感じなくなってくる
それくらい兄が凄過ぎるのだ
登場人物が多くそれぞれ家柄や能力があり過ぎてごちゃごちゃしてるし、
魔法も道具や設定をして都度説明が入ったりするするのだが、結構多くて覚えきれない
それを抜いても色々な事件が起きても、主人公が冷静に淡々とそれを上回っていくのは爽快な感じがします

これから夏に2期がやるようなので、2期の為に時間があれば見ても良いかなと思いますが、評価は分かれるような気がします

投稿 : 2020/09/08
閲覧 : 284
サンキュー:

14

ネタバレ

G さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

学生に負ける軍の特殊部隊って何やねん。

タイトル通り軍の特殊部隊が何の見通しも持たずに突っ込んでくる所は流石に笑ってしまいました。
主人公に負けるのはわかりますが、学生数人に囲まれただけで軍の優秀な伏兵がやられ、ボロ負け。
見通し甘すぎだし、こんな優秀な生徒達の学校なのにその学校の教師は殆ど出てこなく、流石に違和感を覚えます。
原作を読めば分かるのでしょうか。
集中して見れば見るほど疲れるので最強系が読みたい方はあまり頭に力を入れず流し見をオススメします。
主人公が強くてスッキリしますが、九校戦と最後の章だけはストレスが溜まります。

投稿 : 2020/06/17
閲覧 : 133
サンキュー:

7

ネタバレ

筒井筒 さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

あくまでも魔法科高校なので、医学や法律より難しいらしいですよ。

あくまで、悪人を作らない司馬達也は、かっこいいですけど、技術系のハードの開発に夢中で、異種の能力に微妙に疎いところができると、やはり気になるようですね。でも、優等生と劣等性と分けた理由は、適材適所ってことなんでしょうか?劣等生たちの能力は、実践では劣らない名門家が結構混じってますよね。

追記2020・6・12
魔法のリモコン制御は、とある科学のような演算魔法と違って、魔法力の配分を変えたり―DQでいえば魔法力とMPにあたる―わけで、MPの配分を考慮して、魔法の配分や配合を変えるタイプのものなんですよね。概念としての消耗や、詠唱のない分、楽しみは減りますが、バトルの効率性から行くと、リモコンのような端末に保存しておくというのが賢いやり方というのが、当時の常識です。時間がだいぶ経ったので、説明を残しておかないと、いろいろ大変ですが、まあ、感覚的につかんでもらえるなら大丈夫かな。

投稿 : 2020/06/12
閲覧 : 305
サンキュー:

11

ネタバレ

をぬ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

いつから劣等生だと錯覚していた?

「学校では評価されない項目ですからね」
そう、彼は評価されない項目が超絶優れているのだ!

手足が千切れても治せるし、一人で軍隊と戦えるし、空だって飛べるのだ!
さすがはお兄様です!!

アニメ面白かったなーと原作読んだら、めっちゃ読みづらい!

投稿 : 2020/05/02
閲覧 : 151
サンキュー:

3

ネタバレ

さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

どこか

劣等生やねん

投稿 : 2020/04/16
閲覧 : 140
サンキュー:

1

ネタバレ

オッチー さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

主人公最強系の中では好きな方[83.5点]

タイトルに「劣等生」とはあるが、それはあくまで学校での試験による格付けであって、実際の能力は完全な優等生といっていいほどである(優等生という言葉にも収まらないかもしれないが)、このタイプなアニメはたくさん観たことがあるし、まあ大体展開が決まっているが、主人公の強さがあまりにも突出しているため、他のキャラは呆れるしかない状況である、ただテンポは良く2クールあっという間に終わってしまった(厳密に言えば〜編といった感じで3分割してある)

声優陣はなかなか豪華、自分はこのアニメをアニメにハマり始めた時に見てたので、あまり有名声優などを知らない状態であったが、たくさんのアニメを見ていくうちにこのアニメの声優の豪華さに気づいた

歌はOPの「Rising Hope」は知名度高め、アップテンポの曲でカッコイイのでカラオケで良く歌わせてもらっている、アニメでは流れていないかもしれないが、自分は1番のサビの後にあるラップがかなり好き、早口は苦手だけどこの部分はたくさん練習したなあ

作画は崩れることなく安定、バトルシーン等が多いが綺麗に描かれていて◎です

ただ魔法に関する説明が難しく真剣に聞いても恐らくわからないのでまあ楽に聞き流す程度で

原作のライトノベル小説はかなり冊数出てるので、アニメの続きが気になる方はそちらを見てみるのもありだと思います

投稿 : 2020/04/09
閲覧 : 240
サンキュー:

10

ネタバレ

みゆき さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.5
物語 : 1.0 作画 : 2.0 声優 : 4.0 音楽 : 1.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

劣等感をもってる人が喜ぶアニメ☆彡

知り合いの男の子がおもろいっていってたから見たけど

話がつまんない(´;ω;`)

原作?とかよんだらもっとおもしろいとか言われてるけど、面白くない

いみわかんないうちに話おわってるしまぢで

こんな作品のこえあてしなきゃな声優さんがかわいそう!

もっとおもしろいアニメあるのに・・・

投稿 : 2020/02/21
閲覧 : 187
サンキュー:

3

ネタバレ

本好きの下戸 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

概ね楽しいが兄妹愛が

再放送の1話を見た後、Amazonで残り視聴。

兄妹が同学年、この設定はリアルで見た事があるので違和感無し。
あの愛はどこまで本気なのか理解できず、説明が欲しい。
実は血縁関係無し、とか。本当の兄弟なのか。謎めかせる必要があるのかな。

主人公は最強なので、ハラハラドキドキを求めない私は
安心して見ていられる。
モブカップルも好感度大で楽しい。

何より主役二人の声優がどハマりしています。

投稿 : 2020/01/10
閲覧 : 208
サンキュー:

4

ネタバレ

ツークツワンク さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.2
物語 : 1.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.0 キャラ : 1.5 状態:観終わった

主人公の強さを見るだけの作品

2010年代の最強主人公物語、通称なろう系の走りとして有名な作品
愛称はさすおに(さすがお兄様)

入学試験でおちこぼれクラスに入学した劣等生が這い上がっていくような物語ではなく、これでもかというほど主人公の隠された(隠す気もさらさらないのだが)強さを見せつけていく物語

1話において妹と平穏な学園生活を送るために劣等生と罵られても能力を隠すよ的なニュアンスの発言をするのだが、2話でいきなり生徒会でも有数の強さを持つ武闘派生徒を瞬殺
もうこの時点で隠す気ないよねと思いながらも、お兄様は生徒会に就任
風紀委員の活動においてもその強さを遺憾なく全生徒に見せつけ、余計なトラブルすら引き起こす始末

能力を隠す~ってのはあくまで主人公の最強能力についてのことだけでその他の魔法、武術、魔法道具作成の才能についてのことではなかったと後ほど分かるのだけれど、シュールな笑いを誘っているのかと思ってしまった
まぁそんなこんなで八面六臂の活躍をした結果、凄まじい才能の塊であることは皆の知るところとなってしまう さすがお兄様

タイトルから魔法技能の高い人間と低い人間の差別をテーマにした作品だと思ったものだが、主人公の差別なんて前述の行動のせいか速攻で無くなってしまうし、劣等生も主人公の周りに限っては特殊技能や戦闘に特化したクラスメイトばかり

テロリストも序盤は国内における魔法技能の低い人間達がテロを起こすのだが中盤以降は海外の連中がテロを起こし始める
魔法技能がない人達が中心となり、自ら人権を求めて社会にテロを起こすわけでもなくなるので特にドラマも生まれない
この時点でストーリーとしての面白さも無くなるし、軍も介入するわ敵の理念が全く見えないわで退屈になってくる

最初の頃の戦闘シーンはそれなりに説明含めて楽しめたのだが、後半の戦闘は一瞬で相手を消滅させる魔法やほぼノーリスクで連発できる完全治癒が登場し、まともなバトルものとして見るのではなく全編通してギャグとしてみるべきだったんだなと後悔の念に襲われた
真面目に魔法の解説や効果範囲を聞いていたけど伏線とか頭脳戦は無いし適当に聞き流して問題なかった

最終戦では主人公以外の魔法使いも相手を一方的に蹂躙し始めるし、完全治癒が存在するため緊張感の欠片もない戦いを見せられるのは辛いものがある
その上、戦場経験の無い一般生徒も平気でテロリストを容赦なく倒していくというのも突っ込みどころが多い

世界観や主人公の強さを楽しめる人は好きなのだろうけど、過去の回想などの掘り下げが無いため敵味方全員モブ以下の扱いになり愛着が湧かないこと、魔法の説明及び軍やテロリストのやりとりの冗長さなど26話追いかけるほどでもない作品だった

終わり方を見るにまだ物語の序章なのだろうけど今後面白くなるような要素が見つからないのも評価を下げてしまう

投稿 : 2019/10/20
閲覧 : 238
サンキュー:

3

ネタバレ

ライロキ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

感情は希薄だけど最強で天才でモテモテでってチートやね。

軍の最強兵器であり、魔法兵器の有名発明家でもあり、武術にもすぐれ
モテモテで、完全に仕上っている主人公が学園生活において自分の地位
や能力を隠して問題解決したり敵と戦ったり魔法兵器の発明をする物語。
最後のほうではリミッターをはずしてもらい、さらに最強になって敵を
殲滅する。
ここまであらゆる面に最強な主人公だと、いやみを通り越して逆にすが
すがしい。最強すぎてハラハラ感はないけど、ストーリーは面白かった。

投稿 : 2019/08/11
閲覧 : 190
サンキュー:

11

ネタバレ

taijyu さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

なろう系の刺客第一号。少数の長所を多数の短所が打ち消している。

1話感想:
今期では一番派手に売り出している感じですねー。期待にそぐわぬ絵のクオリティ。妹はとりあえず可愛いです。
しかしストーリーが全く動かないとは。これなら初回1、2話同時放送とかできなかったのかな?
ちょっとテンポの悪さに不安を感じますが楽しみに見て行きたいと思います。

1期終了時点感想:
うーん、総合すると悪くもない、程度ですが、それは僅かな光る所と大量の悪い所を合算した結果。

まずテンポ悪すぎ。ストーリーが進まないにも程がある。
アニメ作る人が原作の面白さをわかってないから、面白いところを残してカットできないのでは? と疑いたくなります。
あと毎回引きが皆無な点。次回どうなるのかって思ったことが一度もない。

あとキャラクターが大勢いる割に、皆似たり寄ったりで特徴が無いのもどうかと。
こんなに説明大好きなら、説明を求めるおバカキャラが必要だと思うんですよね。
レオとかエリカとかがそれかと思ったのですが、全然そんなことなくて一を聞けば十を知る程度の聡明さ。
お前ら誰に説明してるの? と甚だ疑問です。

では良い所。
説明が過剰なのは、ここまでくるともうギャグの領域に入ってきて、逆に面白い気がします。

まともに良い所としては、お兄様が好きすぎる妹の言動がおかしくて面白いです。
妹はお兄様を褒め称える以外何もしていないのですが、それを言い出すとこのアニメ自体がお兄様を褒め称える以外何もしいないので、妹を許せると、このアニメ自体も許せる気分になります。

最高に素晴らしいと思ったのは入学編の敵。平等の美名の元に国の弱体化を狙うってのは、左翼がゆとり教育とかで実際にやったことで、左翼=テロリストなんて内容、よく左翼の温床であるTVで放送できたなと感動。
これだけで+100点。まあそれだけ加点しても平凡の点数になるくらい他の内容が酷いってことですが。個々のセリフとか結構センスを感じる点もあるのに。

ここまで酷いと原作も酷いのでは? と思わされます。編集に見せたら全部駄目出しされて絶対世に出てこれない作品だと思います。
なのに世に出てきて一定の人気を博しているというのは、Web時代ならではですね。この作品が好きなファンには僥倖でしょうね。私には嬉しくないかもしれません。

全話感想:
とにかく頑張って完走しました。
ま、見どころもあるけど総合的に見たらつまらない、というのがやっぱりの感想ですね。
九校戦編がとにかくつまらなかった。説明不足の意味不明な競技はどれも退屈で、テンポも悪い。
達也の活躍も、高校生メジャーリーガーが高校野球で大活躍みたいなトンチンカンな内容に思えました。じゃあメジャーでの活躍描けと。

横浜編は一応相手もプロになって面白くなりました。しかし遅きに失したというか。できるなら最初からやれと逆に不満が膨らみました。まあ最後はピンチも何もなく達也無双でしたしね。さすがですお兄様。

あと達也は容赦なく敵を殺しますが、そこもピンと来ないなと。
殺すってのは普通抵抗があるわけで、必要がなきゃやらないものです。
もちろん普通の実力なら銃を撃ってくる相手を殺さず無力化するなんて不可能だから仕方ないですが、達也はあんな神の如き圧倒的な力があるのだから、殺さず無力化するくらい余裕でできるのでは?
できるのにしない、する発想も無い点で共感できないし感情移入もできません。とことん魅力のない主人公でした。

無感情らしいですがその割には楽しい学園生活を過ごしていますよね。感情が無いならないで、人が当たり前に楽しんでいることが楽しめないような、妹が痛ましく思っているような描写を入れて欲しい。設定が口だけなんですよね。安っぽい。

これだけ魅力が無いのに大人気らしいので不思議です。リサーチのために2期があったらまた頑張って見るかも。

後から感想:
原作は結局読んでいないのですが、原作ファンからすると本アニメは低評価みたいですね。説明をほぼカットしてわけがわからなくした駄作だとか。
そういうことなら、原作も酷いのでは? という評価は取り消します。
後、達也はあんなに強いんだから敵を殺さないくらい余裕なんじゃないの? という感想も間違いらしい。
達也はできることは凄いけど、できることの幅が狭いからこそ劣等生何だそうですね。なのでその部分も取り消します。
そういうことが何も伝わらなかったアニメが問題ですね。

投稿 : 2019/04/27
閲覧 : 286
サンキュー:

8

次の30件を表示

魔法科高校の劣等生のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
魔法科高校の劣等生のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

魔法科高校の劣等生のストーリー・あらすじ

魔法――。それが伝説や御伽噺の産物ではなく、現実の技術となってから一世紀弱。国立魔法大学付属第一高校・通称「魔法科高校」に入学することとなった、ある欠陥を抱える兄・司波達也と、全てが完全無欠の妹・司波深雪。彼らがこの魔法科高校に入学した時から、平穏だった学びの園で、波乱の日々が幕開いた――。(TVアニメ動画『魔法科高校の劣等生』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2014年春アニメ
制作会社
マッドハウス
主題歌
≪OP≫LiSA『Rising Hope』、GARNiDELiA『grilletto』≪ED≫ELISA『ミレナリオ』、安田レイ『Mirror』

声優・キャラクター

中村悠一、早見沙織、内山夕実、寺島拓篤、佐藤聡美、田丸篤志、雨宮天、巽悠衣子、井上麻里奈、木村良平、諏訪部順一、花澤香菜、中原麻衣、小笠原早紀、戸松遥、杉田智和、松岡禎丞、村瀬歩

スタッフ

原作:佐島勤(株式会社KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊 電撃文庫)、原作イラスト:石田可奈、 監督:小野学、副監督:熊澤祐嗣、総作画監督:石田可奈/吉川真帆/宮前真一、アクション作画監督:富岡隆司/岩瀧智、サブキャラクターデザイン:吉川真帆、CAD・メカニックデザイン:ジミー・ストーン/出雲重機、美術デザイン:石本剛啓/谷内優穂/平澤晃弘、美術監督:小田理恵、色彩設計:野口幸恵、3D監督:籔田修平、撮影監督:川下裕樹、編集:木村佳史子、音響監督:本山 哲、音響効果:古谷友二、音楽:岩崎琢

このアニメの類似作品

この頃(2014年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ