「映画 プリキュアオールスターズ NewStage3 永遠のともだち(アニメ映画)」

総合得点
65.5
感想・評価
25
棚に入れた
143
ランキング
2028
★★★★☆ 4.0 (25)
物語
3.8
作画
4.2
声優
4.0
音楽
3.9
キャラ
4.2
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

映画 プリキュアオールスターズ NewStage3 永遠のともだちの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

1や2と比べるといまいち

1、2のあっさりとした戦闘に比べると、3は少し長いと感じる。
メインモブ(?)の声が合ってない。
プリキュア全員の声が入っていないのは仕方がない。

1、2の伏線(プリキュアの妖精になりたいという夢)を回収したのは予想外だった。
キュアエコーは1作品で使い捨てるにはもったいないくらいかわいいのでこれからのオールスターズでも出して欲しい。

戦闘ではいろんな組み合わせが見られて良かった。やはりシリーズ違いのプリキュアと絡んでくれると新鮮で良い。
お姉さん組(キュアエース&キュアムーンライト)など、こうきたか!と思った。あざとい黄色組も良かった。

エンディングもプリキュアたちが歌っているのがナイス!

投稿 : 2016/11/15
閲覧 : 72

にゃんちゅ(・ω・` さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

10年目の集大成オールスターズ

やっぱり全ての声優は集められなかったか…

初代~ハピネスチャージの3人まで、計36人のプリキュアが登場します。

--------------------------------
子供達が眠りから覚めない現象が世の中で起きていた。
めぐみも同様で、夢の世界に閉じ込められていると察知し、ひめやマナ達を夢の世界に送り出す。
マナたちは遊んでいるめぐみを発見すると同時に、ニュースで見た眠ったままの子供達を見つける。
そして、そこには夢の妖精・ユメタがいた。
事情を聞こうとするもユメタの母・マアムがその前に立ちふさがる。
かわいい息子のためを思って夢の世界での友達を作った、それを邪魔する物は許さないとプリキュア達を排除してしまう。

--------------------------------

今作品は、結構楽しめました。
歴代のプリキュア達も囚われてしまいますが、
個々の夢を再確認できて、昔から見ている人は懐かしかったのではないでしょうか。

戦いもしっかりしていて、
シリーズ問わずランダムに闘いますので、
そこも、オールスターズならではな感じです。

敵自体も、お母さんが息子の事を思い、移した行動なので、
最後はちょっぴり感動もします。

エコーの登場には心高まりました!!!

EDもとっても良かったです。

最後に、ブルーの図々しさが際立つ作品でした。
ほんと何もしないなお前は。
ちゃっかり集合写真には写るのな!w

投稿 : 2016/02/27
閲覧 : 130
サンキュー:

1

ネタバレ

ValkyOarai さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

最後の生き様を見届けろ 10年間の全てを・・・ 行き過ぎた愛は麻薬(まどマギと同じ)

これで10年間の全てが終わる
あなたは劇場で見届けるか?それともDVDで?
ハニーさんはグラフィックで出ていたがアスナさん(フォーチュンさん)は来るのだろうか?

2014.3/22 最後の生き様を見てきました 昨日がピークで人まばらだったwww大きい友達少な目
{netabare}話を追うにつれ、行き過ぎた愛情ゆえの悪意を垣間見ることができた。やはり愛は人をおかしくする麻薬なのかもしれない
いやあ、皆が悪夢に閉じ込められた時のグラフィックが綺麗な円状だ事
最初に脱出のきっかけを作ったのはまさかのサーシャ(ドリームさん)だった
おまけに形がソウルジェムに酷似www

逃げるな、現実から目を背けるな
泣き虫でも構わない
戦え
その一言に尽きるラストパーリィでした

最終的に悪夢は暴走、やっぱ全ては初代か~~
最終形態はどういうわけか蛸の姿だった
それは最後の止めを後輩が持っていくって寸法だった

最後は活殺で止めを刺し、全てが終わった...
予想外なことは恒例の茶番が2回もあったことだ
これは最後を飾るのにふさわしかった

キック系必殺技の共演も見たし
手刀の共演も見えました
ハッピーさんやマリンさんは相変わらずでしたwww
ビーム撃とうとしたけどルイージロケットになった件wwwwwww
でも喋っている人が各作品で少な目だった
それは仕方がないことだ

ハニーさんは声が出なかったけどサポートしてくれた。
またサテライザーさん(エコーさん)も来てくれたことは本当に感謝している。
でもアスナさん...さやかちゃん...ねぷてぬ...泣
しかし、アンジュが多めに喋ってたのが嬉しいな
また新曲頑張って下さい

最後だからアホなほど動いとったな~~
これで終わりなんだ...これで...

しかし、彼女達はダンスのために2015年また全員連れて帰ってくる。無論、Go!プリンセスプリキュアの面々も込みだ
これで累計40人、後8人でプリキュア48結成できる・・・!!wwwwww
だがエコーさんは除いています。彼女を含めたら7人です{/netabare}

ああそうだ
夢の中でダークフォールズやブンビーさんがおったことを伝えておこう
そして悪夢の声が悟空さだったなんてなwwww
今年DB復活するからな、絵が綺麗になって

投稿 : 2015/01/11
閲覧 : 236
サンキュー:

8

ネタバレ

チーズゴック さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

夢の中

大人になると、ずっと遊べて夢が叶ってる世界で過ごすのも悪くないかなって。永遠の友達になるのも悪くないかなって。

投稿 : 2014/10/14
閲覧 : 139
サンキュー:

0

けみかけ さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

「みんなの未来を悪夢に変えようだなんて!サイアク過ぎるぅ!!」「そぉーゆぅーのは!!!ラァヴじゃないっ!!!!!」

テレビシリーズ計11作
放送開始からはちょうど10年
映画は今作で16本目
かつて野沢雅子が第1作目のときに「プリキュアを10年続くシリーズにしましょう」と言いましたが、その言葉がまさに現実のものとなったわけです
『プリキュアシリーズ』の最新にして最高の1本が遂に誕生


2012年より始まった『プリキュアオールスターズNewStageシリーズ』
今作は3部作の完結編として位置づけられており、今作単品での完成度もさることながら前2作との繋がりが非常に重要な要素であるため、前2作を観ていたほうがより楽しめます
また今作を観ると前2作を観返したくなる、そんな一作に仕上がっております




物語の舞台は「夢の世界」
子供達の夢に突如現れる、悪夢が具現化した怪物「アクム」
このアクムに襲われる子供達を救うのは、夢の世界のアクムを唯一倒せる力を持つ妖精「バク」のみ
かつてプリキュア達に支えられながら大きく成長した妖精のグレルとエンエンの友達で、幼いバクの子供「ユメタ」は怖がりでまだアクムに立ち向うことが出来ないでいた
アクムにも颯爽と立ち向かうユメタの母親「マアム」は、そんなユメタを想うがあまり、友達のいないユメタに友達を作ってやろうと子供達を夢の中に幽閉してしまう
一方の現実では、子供達が眠ったまま目を覚まさないという怪現象が多発し、キュアラブリーこと愛乃めぐみもまた目を覚ますことなく眠り続けていた
めぐみや子供達を夢の世界から取り戻すため、「ハピネスチャージプリキュア」と「ドキドキプリキュア」の面々、そしてグレルとエンエンは夢の世界に旅立つ
しかし無限に出現するアクムを使役することができるマアム、そしてマアムのホームグラウンドたる夢の世界ではプリキュア達には分が悪く、一時撤退を余儀なくされる
一同は歴代プリキュアに助けを求めることにするが、グレルとエンエンが持ってきた「プリキュアの教科書」をマアムに逆に利用されてしまい、歴代プリキュアの正体がマアムに知られてしまう
教科書に載っていないハピネスチャージプリキュアの一組を残して歴代プリキュアは各々の夢の中に閉じ込められてしまうのだった・・・




まず今作でプリキュア達の前に立ちはだかるのが「巨大な悪」ではなく【母の愛】そのものだというところが凄い
これまでのシリーズのどの敵役よりも強く、逞しく、確かな信念を持った存在が相手とあっては、さしものプリキュアオールスターズも苦戦を強いられるわけです
単純な勧善懲悪主義に走らなかったNewStageシリーズでしたが、その終着点がまさか【愛そのものと戦う】ことになるとは;
最終的にはプリキュア達やユメタの自立心が鍵となり、【親の愛VS子供の夢】というトンデモナイ構図が出来上がる
全く持って恐れ入ります


また前作でプリキュア達に支えられながら成長したグレルとエンエンが、怖がりな友達のユメタを逞しく引っ張っていったり、暖かく想いやったりする様子は前作視聴者には感涙モノ
そしてクライマックスに控える【37人目のプリキュアの登場】にはシリーズファンはもう歓喜でしょう


監督は前作に引き続き、ネ申回『スイプリ21話』を手掛けた小川孝治
プリキュアにも縁の深い監督だけあって想い入れも強く、どのキャラクターも平等に活躍させているのが分かります


作画はお約束のベテラン、青山充を作画監督に有望な若手が集結
アクションシーンは最初っから最後まで飛ばしまくり
特に初代組が肉弾戦主体、SS組が空中戦主体で戦うのにはスタッフの愛と拘りを感じるところ
拍手です
シリーズ10年の時を経て「プリキュアを観ていた世代のアニメーターが揃う」という歴史を感じる現象も嬉しいですね


初のプリキュアプロデューサーを務めたのは『アキバレンジャー』での東映出向を終えて東映アニメーションに回帰した永富大地
彼の奮闘もあり、歴代シリーズでは最高となる24名のプリキュア声優を集めることに成功
声優の数はそのまま各シリーズの見せ場の数に直結するため重要な要素です


本作の舞台は夢、つまりドリーム
こまけぇところかもしれませんがキュアドリームこと夢原のぞみがプリキュアになって追いかけ続けたもの・・・それを想うと今作の彼女の言葉には凄く重みがあります
流石は『プリキュア5』のシリーズ構成、成田良美の脚本です


音響にもシリーズ初の5.1chを起用するなど挑戦的な姿勢が素晴らしい
特に今や日本のCG業界全体が注目するというエンディングテーマに合わせた3DCGのダンスシーンでは、従来のモーションキャプチャーに加え今作で初めて新技術「フェイシャルキャプチャー」(人間の顔の動きを読み取る技術)を採用
これによって今まで踊るだけだったプリキュアが「歌」(に合わせた顔の動き)を披露することが出来たという
今後のシリーズや他作品でも活用されるかもしれません、これは要チェックです


お話、キャラクター、キャスティング、映像、技術・・・もはや全てが満点、なんも文句の付け所なんてないんじゃ・・・
と、思いきや!
一点だけどうにもならん部分が実はあるんですT_T


今作にゲスト出演した剛力彩芽が












いや、これはむしろなぜ剛力にあの役を宛がったのか?
その辺りの方が疑問です
関係者!出てこいやーっ!


ふぅ、最後になりましたが今作のラストシーンとDX3のラストシーンを比較していただくとわかる仕掛けがあったりします
こーゆー橋渡し感が『プリキュアオールスターズ』という映画のイイところだとオイラは思います


「転んでも 立ち上がり 繰り返す伝説」
まさにこの歌詞の通りです

投稿 : 2014/05/11
閲覧 : 226
サンキュー:

7

ネタバレ

TDD さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

オールスターズの集大成

まず、今回はムーンライトやミルキィローズ、パッションなどの追加されたプリキュアが喋りません。



それはさておき

この作品のキーとなるのは、将来の夢と眠ってる時の夢ですが
夢=アニメの比喩 だと勝手に解釈すると

「夢から覚めると忘れてしまう」=大人になってしまうと子供の時にみたアニメは忘れてしまう
「それでも楽しい夢をみて今日一日頑張ってくれれば」

「現実は苦しいけど夢の世界に閉じこもってしまってはダメ、失敗の先に夢が叶えられる」=アニメばっか見てるだけじゃなく、そのあこがれのヒーローに次は自分が成る努力を・・・・  

実際の台詞とは大分違うと思いますがあしからず

凄く励まされてる気がして泣いてしまいました
映画館で泣いてしまったのは人生ではじめてです。

戦闘シーンも普段より気合が入っていたようで、プリキュアの映画の中ではテーマ性も強く、今までで一番面白く、後に残る作品ではないでしょうか?
また、去年は何故??って思わされたキュアエコーがプリキュアパーティに呼ばれなかった事も伏線として回収され、正に集大成として文句のない映画だと感じました。

その他にゲスト妖精の親子のすれ違い、親子愛も描かれており、そこでも感動してうるっときてしまいました。

明日からはいっそ引き締めて、毎日一生懸命頑張ろうって勇気や愛を分けてもらいました。



こんなこと言っては元も子もないかもしれませんが、自分みたいな独り身の成人ではなく、是非とも親子でみてもらいたい作品です。

投稿 : 2014/04/21
閲覧 : 119
サンキュー:

1

ネタバレ

キリン  さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

今年も超豪華で嬉しいな

プリキュア10周年

今回がNew Stage(以下NS)シリーズのラストと言うことですが、
最後に相応しい、豪華さで
まさにプリキュアの集大成でした。

2014年2月から放送開始となった『ハピネスチャージプリキュア』も
もちろん加わっています。

プリキュアオールスターズの映画は
DXシリーズ、NSシリーズ共に
毎年、この時期(3月中旬)に放映スタートします。

そしてTVアニメの新しいプリキュアは
毎年1~2月にスタートしますので
3月のオールスターズの映画とリンクさせる為にも
映画に登場することが決まっているプリキュアは
TVアニメ序盤で、ポンポン仲間になっていきます。

更にサプライズ的にまだ仲間のプリキュアが増えるのであれば
今度は秋のプリキュア映画に合わせて登場する流れです。

したがって、TVでまだ登場していないプリキュアが
映画で先に登場して「はっ?お前だれ?」ってなったり、
反対にTVで登場して仲間になっているにもかかわらず、
映画には登場せず「あぁ、そんなに親しくないんだ・・・・」
みたいなことにならない様にされているはずです。

で、今回は『キュアハニー』が映画のポスターに描かれているんですが
TVでは、まだ仲間になっていないんです。

「ああ、きっとこの子がキュアハニーになるんだろうな・・・」

っていう黄色い感じの子は登場していますが、
プリキュアとして変身して登場はしていません。

その状態のままオールスターズの映画が公開されてしまいました。
どうするんだろうと思っていましたが
うまいことやっていました。

詳しくはこちら↓(ネタバレ)
{netabare}ちょっと影がかかった
暗い感じ描写で(コナンの犯人まで黒くは無い)
他のプリキュアと接触せずに助っ人として登場→去る
でした。

こうなると、TVにキュアハニーは
映画公開が終わるまで、しばらく登場しない
と言うことが解かります。
それに、主人公達と友達なのに
しらない所ですでにプリキュアになっている可能性もあります。

こんなこと書いて来週『新たなプリキュア キュアハニー登場!?』
ってことになったらスンマセン・・・
{/netabare}

内容は毎度御馴染みの展開ではあるのですが
NSシリーズの総集編ということもあって
NS1 NS2 を観てた方が「あっ」ってなる要素もあります。

とにかく登場キャラの多さに毎度、驚かされるオールスターズですが
長年のプリキュアファンにとって嬉しいのが
旧作のキャラ設定がきちんとしていることですね。
ドリームの天然だけど、芯は曲がっていない所や
マリンの正義の味方とは思えない発言など
ホントになんでもない所で感動しちゃいます。

EDはいつものダンスです。
回を重ねるごとに進化するCGですが、
今回もすんげぇ圧巻されました。
全プリキュアがウネウネ動く映像は
凄いの一言です。



以下私事キュアエピソード

{netabare}昨年のNS2から
“友人の娘さん(キュア娘ちゃん)を連れて親子チケットで映画を観る”
という超必殺技を取得した私(キュアヤクザ)は
今回も堂々とプリキュア映画を楽しみました。
そんなキュア娘ちゃんも、4月から小学1年生
私の不安は、そんな彼女のプリキュア卒業宣言です。

他の友人から聞いた話で
そこの娘さんは小学1年生で
「小学生にもなってプリキュアって・・・恥ずかしい」
と言ってたそうです。
スマイルプリキュアの最終回まで観てたのに
ドキドキプリキュアでその発言ですよ。
一週間しか違わないのに、
何があったんだ!!
と思いますが、恐らく周りの友達がそんな空気なんでしょうね。
子供社会もいろいろ大変ですから。

私は現プリ友のキュア娘ちゃんが
プリキュア卒業しないように、
いろいろグッズとか買ってあげるんですが、
映画が終わるとゲーセンに行き
ポケモンとアイカツのゲームばっかりやって
プリキュアのゲームはスルーです。

不安がつのるばかりです。

お正月のとき
キュア娘ちゃんが
凧上げがしたいと言うので
ポケモンの凧を持っての公園に連れて行きました。
公園には近所の子供達がけっこういました。
今の時代は防犯の意味を兼ねて
保護者の方も子供と一緒に公園に来てる方が多いです。

早速凧を上げようと思ったら
キュア娘ちゃんは友達を見つけたらしく
走って行ってしまいました。
私も後を追って歩いて行きました。

そこには。子供6人、お母さん5人が
輪になっていました。

「あぁ~キュア娘ちゃん、明けましておめでとう」
「おめでとうございます」

と挨拶を交わしていました。
もちろん私はその人達にとっては「はじめまして」です。

当然キュア娘ちゃんのお父さんの顔も知ってるでしょうし、
何者?親戚?
という雰囲気に包まれたので
私も挨拶しようと思ったら、
先にキュア娘ちゃんが私を指差し

「この人が、大人なのにプリキュア大好きなキュアヤクザさんです」

一同「あぁ~」

私をこの上なく的確で簡潔に紹介してくれました。
その「あぁ~」の後に
「これが噂の」と言う心の声が聞こえてくるんですが・・・

私は

「あっ・・・・すみません」

しか言えませんでした。

かなり厳しいエキスパートモードの
ママ友デビューとなりました。
{/netabare}

投稿 : 2014/03/26
閲覧 : 281
サンキュー:

16

pop22 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/06/11
閲覧 : 4

戦ようへい さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2015/12/07
閲覧 : 16

rfuka さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:----

投稿 : 2015/09/26
閲覧 : 48

uppo さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2015/08/17
閲覧 : 32

口内エンジン さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2015/07/26
閲覧 : 24

tomagt さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2015/06/14
閲覧 : 30

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2015/05/28
閲覧 : 32

ミーやん さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2015/04/21
閲覧 : 25

Lotus; さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 3.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2015/04/18
閲覧 : 28

しんや♪ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 2.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2015/01/28
閲覧 : 27

SiELD iCE さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2014/10/23
閲覧 : 49

どせいさん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2014/09/30
閲覧 : 51

クゴ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2014/09/17
閲覧 : 71

てっぽー さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2014/05/22
閲覧 : 50

こーたんΩ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2014/05/13
閲覧 : 52

Pastell さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2014/03/26
閲覧 : 61

nyanpon さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2014/03/23
閲覧 : 51

映画 プリキュアオールスターズ NewStage3 永遠のともだちのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
映画 プリキュアオールスターズ NewStage3 永遠のともだちのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

映画 プリキュアオールスターズ NewStage3 永遠のともだちのストーリー・あらすじ

プリキュアオールスターズNewStageシリーズが、遂に完結!感動のラストステージが、春休みにスクリーンに登場するよ!今まで出会った大切なおともだちがみんな集まって、今回は夢の世界へレッツゴー!なんとそこへ夢を操る妖精があらわれて、プリキュアが大ピンチ!!みんなもプリキュアを応援してね!(アニメ映画『映画 プリキュアオールスターズ NewStage3 永遠のともだち』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
アニメ映画
放送時期
2014年3月15日
制作会社
東映アニメーション

スタッフ

原作:東堂いづみ、 監督:小川孝治、脚本:成田良美、音楽:高梨康治、オリジナルキャラクターデザイン:稲上晃/香川久/馬越嘉彦/川村敏江/高橋晃、キャラクターデザイン・作画監督:青山充、美術監督:渡辺佳人、色彩設計:澤田豊二、製作担当:藤岡和実

このアニメの類似作品

この頃(2014年3月15日)の他の作品

ページの先頭へ