「一週間フレンズ。(TVアニメ動画)」

総合得点
81.1
感想・評価
2456
棚に入れた
12870
ランキング
194
★★★★☆ 3.9 (2456)
物語
3.9
作画
3.8
声優
3.8
音楽
3.9
キャラ
3.9
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む
ネタバレ

taijyu

★★★★★ 4.3
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

心にぐっとくる、切なくなる良い内容

1話感想
これは心にぐっとくる、切なくなる良い内容ですね。
とても魅力的な話です。楽しみに見て行きたいと思います。

全話感想
良い内容だけど、一人のキャラ設定を中心に組み立てた話は、一話がクライマックスで後は蛇足という可能性もあったので、ちょっと心配でしたが…。
大丈夫でした。藤宮さんが可愛いので最後まで楽しんで見ることができました。

しかし、本当に友達でいいわけ? 本当に彼女になって欲しいんでしょ? というツッコミはずーっと胸の中をこみ上げて、なんだかモヤモヤしました。
いや恋人になっちゃったらフレンズじゃ無くなるので仕方ないのでしょうが…。

投稿 : 2019/04/27
閲覧 : 24
サンキュー:

2

ネタバレ

ヘラチオ

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

友達以上だよね

高校生・長谷祐樹は、いつも一人きりでいるクラスメイトの藤宮香織と仲良くなりたいと思い、彼女に近づこうとする。しかし、彼女はそれを頑なに拒む。その理由は、「1週間で友達との記憶を無くしてしまう」からだった…。

それでも、祐樹はひたむきに、香織との仲を紡いでいこうとする。そういう物語。ずっといい感じに話が進んでいくわけがなかった。物語に試練は大事。
{netabare}九条一は器が小さいにもほどがある。その癖、無駄に影響力あるなんて。猛省し続けてくれ。
将吾が沙希に旦那になってほしいって言われて顔真っ赤にしたのは意外だった。そこでも恋が生まれるのね。沙希が最終話で物凄く可愛かった。

しょうもない嫉妬を見せつけられた。怖い。実際にああ言われたら耐えられない。
祐樹も向き合うと決めているのに、ちょいちょい酷いことしてるような。最後はお互いに通じ合うから良いだろうけど。{/netabare}
ラストは意外とあっさり終わった気がした。少し物足りない。


OP
虹のかけら 歌 昆夏美
ED
奏 歌 藤宮香織(雨宮天)
スキマスイッチの曲のカバー。やっぱ良曲。

{netabare}
祐樹の親友でクールな桐生将吾や、天然系の忘れっぽい性格の山岸沙希との交流を通して、香織は少しずつだが友達のことを記憶できるようになっていく。
そんな中、香織の小学校の頃のクラスメイトの九条一が転校してきた事から、香織は再び記憶を失ってしまう。小学生時代、仲の良かった二人は、それが元で親友だった女子たちから非難され、そのショックから香織は記憶を失ってしまったのだ。記憶喪失の原因を思い出し乗り越えたことで、香織の症状は改善の兆候を見せ、祐樹との関係も変化していく。{/netabare}

投稿 : 2019/04/25
閲覧 : 40
サンキュー:

4

らみ♡

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

昔見て、おもしろかった記憶がある

小5の時に見ました!おもしらかったのは覚えてます!

投稿 : 2019/03/18
閲覧 : 40
サンキュー:

1

ネタバレ

プクミン

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

友達限定記憶喪失

内容とかの前に、ヒロイン役の『雨宮天』さんに対しての第一印象が、このキャラでした!!
清楚系、可愛い系が似合う声優なんだなぁ~って思っていた時期が自分にもありました!!
それが『このすば』の『アクア様だったなんて!』

本題に戻ります。
ヒロインの藤宮香織は、友達の記憶が1週間で消えます。正確には、月曜日の朝、起きると記憶を友達限定で記憶が消えます。
その為彼女は、友達を作ろうとしません。
そんなある日、主人公の長谷が彼女と仲良くなりたいから「俺と、友達になって下さい」→「うれしいけど、ごめんなさい」。

ここから物語が始まります。

{netabare}
それでも主人公は諦めず、彼女と仲良くなろうとします。
主人公のスト…熱意が伝わったのか、仲良くなる事に成功。
その後よく学校の屋上で二人きり(羨ましい!!)で話したり、彼女が手作り弁当(君たち仲良くなってまだ数日だよねっ!!)を持ってきてくれたり。

でも、金曜日を過ぎるともう土日(学校が無い)。そして一週間過ぎると友達限定で記憶が無くなってしまうので、日記を書いておく事になります。
記憶は無くなっても、そういう事があったという認識が残り、主人公と直ぐに仲良くなります。
{/netabare}

基本恋愛です。
もう1つの見所は、主人公の友達と、その幼馴染が恋愛関係に発展したりするところですね。

ベタな恋愛ものが好きな人には、オススメ出来ると思っています。
個人的には、面白かったです。

投稿 : 2019/02/26
閲覧 : 46
サンキュー:

5

funamushi

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

せつない。

いやー、せつない。心がホロホロします。
記憶喪失っていうのは、物語を面白くするファクターなんですね。
良い作品だと思います。

投稿 : 2019/01/31
閲覧 : 31
サンキュー:

1

ネタバレ

雑魚ちゃうわ

★★★★☆ 3.4
物語 : 2.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

お前誰やねん

主人公の長谷くんが他の人と関わろうとしない藤宮さんと少しずつ距離を縮めてゆくお話。長谷くんと仲良くなるにつれて友達も増え、障害も克服しつつあった。そう、あいつが出てくるまでは、、途中でよくわからん自称藤宮さんの幼馴染。誰だ貴様。こいつのせいでお話は振り出しに戻ることに。正直中盤のリア充してるところからそのまま美しく終わってほしかった。アニメにはこーゆー転落も必要なんだろうけど、にしてもよ、、これだけは愛とか友情だとかご都合主義が通用してもよかったんじゃないかと思う。終盤のストーリー展開が平坦すぎる、、どこに泣く要素があっただろうか、、、
ストーリーの途中に大きな壁があるのなら、それとともに視聴者の期待も越えてほしかった(うまいこと言えなかった)。

投稿 : 2018/11/27
閲覧 : 136
サンキュー:

2

ネロラッシュ

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

原作ファン

原作ファンとして、さてアニメ版はどうかいな?
なるほど…
自分がイメージしていたCVではなかったが、観てるうちに慣れてきた(^^)
色彩設定は原作を忠実に再現しているし、ブレインズベースはこういったほんわかしたお話を作るのは巧いと思う。

九条が転校して来てからの展開も原作と違うし、キレイなラストではあったが…
だってあれでは記憶喪失のままじゃん!
そこだけが不満だな。

友達以上恋人未満…
自分は耐えられぬが、他人事ならニヤニヤしてしまう。

投稿 : 2018/11/04
閲覧 : 102
サンキュー:

7

ネタバレ

oneandonly

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

設定の色が強いほのぼの恋愛系作品

世界観:5
ストーリー:5
リアリティ:6
キャラクター:5
情感:5
合計:26

高校二年生の長谷祐樹は、普段から人と関わろうとせず、いつもひとりでいるクラスメイト、
藤宮香織と友達になりたいと思い、彼女に話しかける。
だが、彼女は「私、友達の記憶…一週間で消えちゃうの…」とそれを拒む。
少年との思い出を失い続ける少女と、
その思い出をひとつひとつ紡ぎあげていく少年―。
たくさんの“切なさ”と“ひたむきさ”が詰まった、珠玉のストーリー。
(公式ページより)

こちらも泣けるアニメを探す中で目にしたので視聴してみました。実写映画化でも話題となっていたようです(視聴開始したときにCMをやっていて知りました)。

ヒロインの藤宮香織は1週間で(毎週月曜日に)友達の記憶がリセットされるという設定。こういった設定モノは、アニメ視聴者としてはお馴染みですが、物語の中の人たちにとっては現実として描かれる必要があり、最初にそのことを話したときの桐生の反応はとても良かったし、友達を作らないとする藤宮のクラスでの冷淡な反応も自然でした。

もしそうなったら{netabare}日記をつければよい、というのは直前に見たefで予習済でしたが、実際のところ月曜日の朝に読み切れなくなっていくだろうなと思ってきたり。

この作品でも、藤宮と長谷が落ちあう場所として屋上が使われているのですが、生徒個人に屋上の鍵が委ねられているというのは現実的ではないと思います。構図として映えるのはわかりますが、アニメのパターンを感じてしまいました。

序盤はこの設定を用いてどんな世界や人間関係を描くのだろうと思いましたが、藤宮さんは序盤の影はどこへやらのいい人になっていきましたし、長谷もいい人(ちょっとうざいが)。山岸さんが出てきたあたりから物語に停滞感が出てきて、そのまま大きな盛り上がりがありませんでした。

長谷と藤宮は基本ラブラブな感じで、終盤は少し距離が開きますが、最終話で問題なくハッピーエンド。最後の「友達になってください」は、キーワードを持ってきて綺麗に締めたようにも見えますが、私はお洒落じゃないと思ってしまいました(教室で言うのはおかしいかもしれませんが、流れ的に付き合ってくださいでしょう!←ラブラブなのに付き合うって言わないもどかしい関係が続くのが苦手らしい。この点、耳すまの聖司の思い切りは悪くない)。長谷にもあまり共感できずに、桐生に共感しながら視聴していました。

日常系のため、リアリティ面はそんなに悪くなかったですけど、ひとつだけ言わせてもらいたいことが。藤宮のお母さんが長谷と公園で待ち合わせたシーン、藤宮母はスーパーに寄ってから来たのか、ベンチに買い物袋を置いているのですが、これ見よがしに精肉が描かれているんですよ。しかも、長谷は補修か再テストかでかなり遅れて到着します。6月くらいの設定ですよね、主婦感覚としてこれはないと思います。{/netabare}

優しい絵柄で、毒気も少なく雰囲気の良い作風で、爽やかな恋愛ものを見たい方には面白いかもしれませんが、私は物足りなかったです(全く涙は出ませんでした)。いわゆる設定モノの枠を出なかった作品という評価になります。

(2017.2視聴)
(参考評価推移:3話3.7→7話3.6→10話3.5→11話3.4→12話3.3)

<2018.11.2表題及び本文を微修正>

投稿 : 2018/11/02
閲覧 : 175
サンキュー:

31

gazabata

★★★★★ 4.8
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

記憶の中にいる

オンエアしていたころに一度見て好きだったのでもっかい見てみようかなと思い視聴。ちなみにこのレビューには「君の名は。」のネタばれっぽいのが入っています。(読めばなんでかわかる)

ストーリー:
一見あんまり特別ではないように見えるが物語のコアがものすごくしっかりしているので集中して見ると結構素晴らしくできているなと思う。ほとんど無駄がなく作られているように感じる。何がしたいかよく分かっているからだと思う。

キャラ:
性格が極端なので個性があるのはもちろんだが他のキャラとのかみ合わせがすごく良いのもプラス。
欠点というか好みに分かれるが主人公は悪く言えば割と女々しいほうなのでそういうのが嫌な人は注意してみたら良いかと。
後は全体的に他のアニメに比べてキャラのエンパシー度が高いので良い。思いやりがあって相手が何を考えているかちゃんと予想できるキャラ達なので無駄なケンカとかすれ違いがない。これは本当に偉い。恋愛物でここまで無駄なドラマがないのは好き。考えれば考えるほど偉いと思う。いくらでも無駄なドラマを押し込むことができたのに…

声優:
全体的に声が高い人が多いので少し聞いているのがつかれるかもしれない。でも内容と演技が良いので大丈夫。

アニメーション:
アニメーションは無駄に頑張ってるなと思うほど考え込まれていると思う。実際のアニメーションというよりも色遣いと背景の良さと言ったほうが良いかもしれない。

君の名は。:
このアニメは「君の名は。」に結構似ているような気がする。どちらも記憶についてだしどちらも大切なものを失う感情を中心に作られている。だがテーマが似ているという点以外で似ていることはあまりない。そこで面白そうなので自分なりにどこが違っているか考えることにした。なんでこんなことをしたかと言うと、自分はあまり君の名はが好きではないのに(良いアニメだと思うし、ほかの人が好きな理由もよく分かる)このアニメはすごく好きだったからだ。(なんで君の名はが好きではないかではなくなんでこのアニメが好きなのかを言っていきたいと思う)
まず違うのが物語のスケール。一週間フレンズは一人の記憶がおかしい女の子とその友達がどう関係を深めていく小さいスケールの話なのだが君の名ははそれに似た話に加え、体の入れ替わり、タイムトラベル、隕石、人命救助、などがありスケールが非常に大きい。どちらかが絶対的に良くてどちらかが悪いわけではないが一週間フレンズの小さいスケールはキャラたちの関係を深めたり、心境を繊細に表すことができている点では良かったと思う。
もう一つの違いは全体的なアニメの雰囲気だと思う。一週間フレンズはとてもマイルドに優しく心に入ってくる。嬉しい時も悲しい時もゆっくりと沈み込んでくる。君の名はは皆さんご存知の通りとても過激に感情を送り出してくる。音楽を使ってブワーと鳥肌を立たせてアニメーションとドラマチックなセリフで過激に揺さぶるように感情を送り込んでくる。どちらかが良いというわけではないが面白い違いだと思う。
最後の大きな違いはアニメーションと色と音楽の使い方。君の名はよく動く、キラキラでつるつるのアニメーションを使って、色は眩しいほどはっきりしていて、音楽はさっきも言ったように鳥肌を立たせるような過激な音楽。それに対して一週間フレンズはさぼっているわけではないけどさほどアニメーションが動き回るわけではなく、色は全体的に優しい色を使っており、音楽も後ろで静かに流れている感じだ。この違いも本当に面白い。面白くないですか?

最後は自分が見つけた二つのアニメの似ている点を少しだけ。
・どちらもタイトルの最後に「。」が付く。
・どちらも神社で大事なシーンがある。
・どちらも四季が見れる。
・どちらも名前を重要視しているシーンがたくさんある。
まだ探せばあると思うけどネタなのでまあいいか。

監督:
このアニメの監督をした人、岩崎太郎という方なのだがこの人はもしかしたら本当にすごいんじゃないかと思うようになってきた。もう細かいところを見てみると本当に頑張ってるんだなと思う。
たとえば色と光の使い方。先ほども言った通り、このアニメは優しい色を全面的に使っている。もちろん漫画がそうだったからと言ってしまえば簡単なのだが自分はそんな単純ではないと思う。その理由に光の使い方がある。このアニメの背景の色と光の使い方はまるで記憶の中にいるように感じさせられる。何か良い記憶を思い出すときにちゃんとは思い出せないけどどんな色でどんな景色だったかは大体わかる。そんな表現をしていると思う。そしてこのアニメは記憶の尊さとそれを失う悲しさがテーマになっているので全体的に記憶を想像させるようにしたのだと思う。これは偉い。すごい。
あとたまに画面の端があいまいになっていることもある。これも記憶を想像させる。
他にも言いたいことがたくさんあるが長くなるので止めておきます。自分で見てください!

まとめ:
よくこんな頑張って作ったなと思う。褒めるところがほかのアニメと比べると比べ物にならないくらい多い。まあそんな感じ。完ぺきなアニメじゃないけどね。

点数:9/10

投稿 : 2018/10/17
閲覧 : 78
サンキュー:

5

ネタバレ

ぺるくま

★★★☆☆ 2.3
物語 : 1.5 作画 : 2.5 声優 : 2.5 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

どこまで真面目に見ればいい?

前置きとして書いておきたいが、悪い作品ではないと思う。キャラクターの抱える葛藤や苦悩を否定したくはないから。

率直に言うと最終話を見て心底ガッカリした。記憶障害というクソ重たいテーマ、その解決を描かなかったこと。
せめて主人公と藤宮さんの絆パワーでもなんでも良いから問題を乗り越えてほしかった。
なぜそれをやらなかったか?ただ都合のいい設定としてみなしているだけ、だからだ。
そもそも人間が社会的存在として生きていく上での障害なのだから、抜本的な解決を図るのが道理というもの。
独善的な主人公の成長物語、そのダシに使われた、では納得行かない。
友達から始まる初々しくてプラトニックな恋愛ドラマを普通にやればよかったと思う。その場合タイトルを変えないといけないが...

投稿 : 2018/08/28
閲覧 : 82
サンキュー:

2

ネタバレ

ももはし

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

主人公女々しすぎ

見る前にあらすじとかは大体わかって上で視聴しました。
なので、ヒロインの女の子が一週間で記憶がなくなる(家族以外)という設定にも特に不満はなくそして、その事を主人公が知る展開までの流れは、割りとあっさりしていて見やすかった

4話くらいまでみて思ったんだよね。。。
主人公女々しすぎない??? 見てるこっちがイライラしてくる。

まあ 友人のキリュウ君がクールなキャラでバランス取ってるって感じなんだろうけど、この事に関しては、好みがあるんだろうけど自分はこの主人公苦手でみるのを断念しました。

ストーリーは最後まで見てないからなんとも言えないけどこの後の展開どうなるんだろうってワクワカ感とかも無いし(どうせ付き合うんでしょ)みたいな

最後に、自分的には一週間で記憶がなくなるという設定はすごく良いと思うんだけどなんか盛り上がりが少なくもったいないなという印象だった

投稿 : 2018/08/19
閲覧 : 60
サンキュー:

4

エメ氏

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

面白い設定の恋愛?アニメ!

あらすじは一週間で記憶が消えてしまう女の子とお

せっかいな優しい男の子との学校での青春を描いた

ものです。初めは新しい設定で物語に惹かれたので

すが回を重ねて行くことに結末が中途半端になる気

がして、取り敢えず見続けているという感じ

でした。友達なのか恋人なのかお節介だけで記憶が

なくなる少女と仲良くできるのかと色々疑問が増え

ていきました。しかし、疑問が増えるほど逆に結末

が楽しみになりました。恋人になったとしたらどん

な感じて恋愛をするのだろうとか先が楽しみになり

ました。最終回は結局中途半端な終わりでしたが、

そのおかげで原作が読みたくなりました。二期また

は続きがきになるアニメです。

投稿 : 2018/08/02
閲覧 : 70
サンキュー:

4

ネタバレ

愛生

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

もう少し。。。

ネタバレありです
長谷君と香ちゃんがお互いを意識しているはずなのにアニメでは最後まで友達どまりでした。この先の二人に関しては原作で!!!ということでしょう

恥ずかしながら私はこのアニメで奏をしりました
非常にいい曲でとても気に入りました
初めて聞いたのが 雨宮天さんのということで原曲は違和感を感じてしまいますwww

投稿 : 2018/07/21
閲覧 : 43
サンキュー:

3

ネタバレ

尚田

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

風景すごー!

風景に目を常に奪われていました。

いやー、よかったです。
ゆうき頑張った。キャラもそれぞれ良かった。しょうごかっこいいな、山岸さんも可愛いし、藤宮さんもいい子だった。

四季の感じとかもすごく出てて、演出に惚れ惚れ(*´▽`*)

良作でした。

投稿 : 2018/07/08
閲覧 : 111
サンキュー:

7

ネタバレ

まめもやし♪

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

2人の関係にほっこりする。

メインキャラは4人そのうち2人が主軸になって進んで行くのでとても入りやすいし、絵も柔らかい感じで表現されていてとても見やすい。

最初は藤宮さんの記憶の謎がどうなって行くのか?何か大きな謎が隠されているのかなーなんてそんな事思いながら見てましたが、はっきり行って最後まで観るとそこにはあまり焦点が当たっていなかったし、そこまで重要ではなかったです。

最後まで2人の"友達"という関係は変わらなかったけど確実に2人のペースで絆は深まっている。文章で書くとなんでもない感じの印象になってしまうけど、2人が色々な困難を乗り越えて何度も"友達"になる姿は心がすごく温かくなります。

周りから見ると、長谷なにやってんだ、もっと積極的になれよ!とかって思ってると思いますが、これが長谷と藤宮さんの2人のやり方なんですよね。このやり取り見ていてほっこりします。

最後まで見てこの2人がもう見れないのは少しさびしいですね。

ちなみに関係ないですが、最近までこのすばを見ていたので、最初は藤宮さんが猫かぶって大人しくしてるアクア様にしか聞こえなくてどうしようかなと思ってました笑
でも慣れてくると完全にこの声は藤宮さんの声になるんですよね。藤宮さんの歌う奏もアニメにぴったりで、本当あのハイテンションのアクア様と友達思いの藤宮さんを演じ分ける天ちゃん凄いなと思いました。

投稿 : 2018/07/01
閲覧 : 40
サンキュー:

2

ネタバレ

にゃん^^

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

友だちって。。

あらすじはあにこれの見てね☆

絵はあわいパステルみたいな水彩画
ときどき回りもボケてて見にくいときがあるけど
このおはなしにぴったりだね


1話ずつの感想

★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★

1話目
{netabare}
お友だちを作らないわけっていろいろあるかも
でも
ほんとに友だちなんかほしくないって
思ってる人はいないんじゃないかな。。

だからことわってもまた
一生けんめい話しかけてくれる
ゆうきくんみたいな人っていいなぁ☆

友だちじゃないって言いながら
ちょっとずつ仲よくなってくところがよかった♪
でも
忘れちゃうなんて。。

次の週
かおりに話しかけて冷たい目で見られて
目をうるうるさせてまた
「俺と友だちになってください!」って
頭を下げるゆうきくん見てて
にゃんもなみだが出てきちゃった。。

1週間ごとに忘れちゃう友だち
これから毎週
どんなおはなしが待ってるんだろう?
{/netabare}

2話目
{netabare}
しょうご君に「先週のお前を信じろ!」言われて
お昼ごはんのときまたかおりに話しかけた
かおりはすぐ信じてくれて
またお友だちになれた♪

日記を書いたらってゆうき君が言って
うまく行ったみたい♪

日曜はいっしょにクレープ食べに行こうって
行ったら閉まってたからカラオケに行って
とっても楽しい1日だったみたい
今は日記を読んだら分かるんだ。。

。。。
それでまた新しい1週間
こんどは日記があったからすぐに仲よくなれたけど
記憶がちょっと残ってるってゆうウソ
悲しくなってきた。。

ほんとはかおるが思い出せないだけなのに
自分からあやまってくれるゆうきくん
やさしいなぁ☆
「ほんとにステキな人です。。」
じわーって目がにじんできちゃった
{/netabare}

3話目
{netabare}
たまご焼きいっぱい~
ぜんぶちがう味なんてすごいなぁ!
でも
だれかに食べてもらえて
おいしいって言ってもらえたらうれしいよね♪

しょうご君ってほんとにきびしいなぁ。。
きついことばっかり言ってかおりかわいそうだった
でも
ほかの子たちとはちがくて
言いたいことはかげで言ったりしないんだ

ほかの女子がかおりのかげぐちを言ってるとき
にゃんも悲しかった。。

そんなときしょうご君は
ノート取ってきてくれて注意してくれた
うん。。ほんとはやさしい人なんだ♪
かおりも言いたいこと言えてよかった

18でたまご焼き思い出した!
ちょっと進歩?

しょうご君のことも覚えてる。。って
お友だちだって思ってなかったってこと!?
でも
これからいいお友だちになれたらいいなぁ☆
{/netabare}

4話目
{netabare}
今日のゆうき君
かなしかったなぁ
しょうご君にやきもちやいちゃったんだよね

かおりはただ
ゆうき君のお友だちのおはなしが
したかっただけなんだってにゃんは思うな

でも
にゃんは今までゆうき君っていい人だって思ってたけど
自分だけがかおりの友だちで
ほかの人と仲よくしてるのが許せないって思ってたら
ただの自分かってな人なだけ。。

そんな気もちってだれにでもあるのかな。。
そんなつまらないケンカってやだよね

だから
ノートをさがしたのって
ごめんねってゆう気もちだったのかな?って

かおりは前の週のことやっぱり忘れてるけど
「思い」みたいなのって残ってるみたい
ちょっと近づいた。。ってそうなのかも?

でも
今週はしょうご君がイケメンだったかなぁ
メンドくさいって言いながら
ゆうき君のこと教えてくれなかったら。。って思って

そういえば前にもノートとってきてくれたっけ。。
なにげにいい人だなぁ。。
でも
やっぱりかおりはお友だちって思ってないのかな?
{/netabare}

5話目
{netabare}
新しいお友だちさきちゃん
とってもボーってした感じの子
でも
あかるいの

かおりとお友だちになりたいって
自分から一生けんめいかおりにアタックw

ゆうき君はずっとストーカー。。
でも
しょうご君のときよりやきもちやいてなかったね^^
男子のお友だちもいいけど
女子にしか話せないことってあるから
よかった♪

金曜日にさよならするとき
にゃんも泣いちゃった
すっごく楽しい思い出がぜんぶ消えちゃうなんて。。

でも
月曜日
ぜんぜん変わらないで話しかけてくれるさきちゃん
うれしかった♪

それに
ゆうき君のことどうしてか覚えてたみたい!
ずっといっしょにいたら
もしかして家族みたいに忘れちゃわなくなるのかな!?
だったらいいな☆

クラスのほかの子たちも
もしかしたらこれから
お友だちになれるのかなぁ?
{/netabare}

6話目
{netabare}
数学の追試で勉強教えてもらうのに
かおりのお家に行くの

2人だけで。。って思ったらさきちゃんも
ついでにしょうご君も^^
帰るときかおりのママからゆうき君に手紙で
明日公園で。。って

かおりのお母さん
楽しそうな人だね
明るい顔してたけど
やっぱりかおりのこと心配してるよね

日曜の夕方友だちに会いに行くって言って
1人で車道に飛び出したって。。
それってお友だちと何かあって
その友だちを追いかけてってゆうことかな?

友だちのこと忘れちゃうくらい
悲しいことだったのかも?

かおりは
クラスの女子ともふつうに「おはよー」って言えて
さきともゆうき君ともあいさつできるようになって
前より明るくなれたみたい

「また俺と 友だちになってください」
かおりから待ってるって言われて
何度でも!って思ってくれるゆうき君は
友だち以上かも☆
{/netabare}

7話目
{netabare}
お友だちがふえてきて
かおりはだんだん明るくなってきたみたい

でも
ゆうき君はちょっとやきもちカナ?
だんだん
ただのお友だちじゃイヤになってきたかも。。

しょうご君って
「お前いらない!」とか言われながら
かおりにゆうき君のお誕生日教えてくれたり
おしりけってくれたりって
いい人だよね♪
男子の友情ってゆう感じ。。いいなぁ☆

夏休み中にデート!?
場所きめてなかったのに
屋上って分かったのもよかったけど
月曜なのにかおりが覚えててくれたのもよかった☆

友だちのこと思い出せるようになったのかな?
それともゆうき君のこと
友だち以上だって思いはじめたからなのかなぁ?
{/netabare}

8話目
{netabare}
友だちと海
雨がふっちゃったけど
ほんとに仲のいい友だちだけだったら
楽しいのかも☆

さきちゃんはゆうき君に
しょうご君はかおりに
どう思ってる?って聞いたけど

ゆうき君はぜったいうそ!
かおりと恋人になりたいのバレバレだよね^^

かおりはほんとの気もち言ってたね
モヤモヤって言ってたのって
自分で気がついてないけど
友だち以上だって思ってるよね

さいごに
北海道から帰ってきた人だれかな?
なんだかいやなこと起きそうかも(ドキドキ)
来週の予告もなんだか。。
{/netabare}

9話目
{netabare}
今日のおはなしって
しょうご君がかっこよかったなぁ♪
小学校のときからサキのこと
考えてくれてたんだね

ゆうき君はいろいろうまく行ってて
このままかおりと仲良くなってくのかなって。。
でもちがった
九条はじめ君が転校してきて
また
ゆうき君のことすっかり忘れちゃった。。

きっと
友だちのこと忘れちゃうようになったのって
はじめ君が原因だったんじゃないかなぁ。。

保健室でゆうき君がかおりに手を伸ばしたとき
かおりは手を引っこめちゃったけど
にゃんも胸がズキ!ってなった。。

これからどうなっちゃうんだろう?
{/netabare}

10話目
{netabare}
ゆうき君
かおりが作ってくれたお弁当食べないで逃げちゃった。。

だんだんよくなって来たって思ってた事が
またはじめから。。になって悲しいの分かる
でも
お友だちのこと忘れちゃうけど
かおりにだって気もちがあるんだから
いっしょにお弁当食べてほしかったなぁ☆

しょうご君はサキにコクられかけてたね
冗談みたいにしちゃったけど
赤くなってたからちゃんと分かってたんだ。。
ゆうき君のこともそうだけど
困ってる人とかほうっておけない性格みたい
サキにぴったりのカレシになりそうなんだけど☆

ゆうき君と待ち合わせてたクレープ屋さんの前で
九条くんと小学校のお友だちに会って
事故の前のことちょっと思い出したかな?
逃げ出しちゃった。。

誰かのことお友だちって思えるのってどうしてだろ?
ゆうき君だってよく分からないみたい
でも
また明日も。。☆
{/netabare}

11話目
{netabare}
ファミレスで
九条くんたちから
6年生のときのときのこと聞いてたら
かおりが立ち聞きしちゃって。。

しょうご君
サキのことどう思ってるのかな?
キライ。。とかじゃないと思うけど
やっぱり気になっちゃうよね
好きだったらよけいだよね。。

九条くんってもっとイヤな人なのかなって思ってた
ケド
話してみたらいい人だったみたい☆

ほんとのこと知ったかおり
平気だって言ってたけど
ぼろぼろってなみだが出てきた。。

今日はほかのアニメ見てても
泣いてばかりだなぁ。。
またじわってなみだがにじんできちゃった。。

でも
かおりはなんかふつうになれたけど
ゆうき君のこと特別な友だちって言ったけど
こんど
ゆうき君のほうが気にしちゃってる。。

にゃんは
そんなことないって思うけど
でも
ゆうき君がこわくなる気もち分かるから
どうしたらいいのかな?
{/netabare}

12話目
{netabare}
最終回。。何回か泣いちゃった

サキとしょうご君
サキがなみだを流したところでつられて。。
言えなかった思いが
なみだといっしょに一気に出てきちゃったね

おたがいに冬休みはどっかに行くってうそついちゃって
それでも散歩しててあの川のところに来ちゃったり
ちょっと離れようってしてても会うとうれしくなっちゃう気もち
さよならしたくない気もち。。伝わってきた☆

だんだん押さえてた気もちが
神社でおまいりしててあふれてきたのかな?
さっきのサキみたく泣いちゃった。。

サキたちもかおりも
言いたいことが言えてよかった♪

EDもいつもより長かったみたい
聞きながらまたなみだが出てきちゃった
{/netabare}

投稿 : 2018/06/26
閲覧 : 1207
サンキュー:

207

ネタバレ

jankusan

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 3.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

作画のことで少しネタばれあり、またキャラ名覚えてねぇ!

互いの想いのすれ違いや大きな壁にぶつかっても
最後まで諦めない主人公くんを見てると観てるこちら側も応援したくなるようなアニメでした うざい系キャラっぽいけどいい奴だってりでもやっぱりうざかったりと
キャラがうざい系に偏っているかなと少し思います
そして、気になった作画について〜
最終話クレープ食べてるところ紙ごと食べたろ!
wwwまぁどうでもいいんですけどねw
いやー前から気になってたので観てよかったです。以上!

投稿 : 2018/05/26
閲覧 : 64
サンキュー:

3

ちあき

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

よかったけど、ここで終わるの?

はじまりからおわりまでのストーリーの流れも良く、楽しめました。
物語が核心部分というか、大事な所に触れはじめ、「どうなるのかなぁ」とその分、引き込まる部分もありました。

しかし、物語の最後に近づくにつれ「これ終わるのかなぁ」「その辺どう描き切るのかなぁ」と思っていたら、そのまま終わっちゃった感じがします。
どうしても消化不良感が否めないというのが正直な感想です。
原作がどこまでなのかを調べてみたら、まだ続きがあるみたいですね。
1クール内で無理矢理いい感じに終わらせたという感じなのでしょうか。
言い換えれば、そういう印象を受けるのがもったいないと思える作品でもありました。

投稿 : 2018/05/24
閲覧 : 72
サンキュー:

5

橙色夜想曲

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

一週間フレンズ。徒然…

舞台の聖跡桜ヶ丘は、学生時代の下車駅で、とても懐かしく観ています。
誰も「桜ヶ丘」とは呼ばず、「セーセキでお茶して帰ろーよー」って言っていたっけ…。
(高校のある南平駅は、緑川駅に名称が変更されていますね。)

友達の記憶が一週間で失われるから、「一週間フレンズ。」。
同様の記憶障害を扱った「ef」も、日記が頼りの点は変わりませんね。
あちらは更に過酷な全記憶抹消の、「13時間フレンズ」だった気がしますが。

ヒロイン藤宮香織役を演じる雨宮天さんの儚げで透き通るような声が、
この切ない物語を一層美しく彩っています。

スキマスイッチのカバーとなるEDは、
是非、公式サイトの『 「奏(かなで)」MV(short ver.) 』の試聴をお奨めします。
TVでは聴けない、後半の感動的なアレンジに乗って。
長谷君が。藤宮さんが。
絶望的なまでの明るさと切なさが。
光と緑に溢れたセーセキの街を駆け抜けていきます。

投稿 : 2018/04/30
閲覧 : 162
サンキュー:

13

ぽ65

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

虚構な病気ですが オススメ ですよ

 レビューも良いものが多いし、ランキングも高いので視聴開始。

 なぜリアルで観なかったの<己

 マイ感覚の視聴ポイントは 細谷佳正さん。
 「田中くんはいつもけだるげ」でも大活躍でした。

 そうそう、名脇役。作品鑑賞には脇役が必要です。突っ込みを入れてくれる。
 これ、無茶苦茶重要だと思うんですよね。

 自分の中だけで完結していると、どこかの作品みたいに酔っ払いによる、酔っ払いのための、酔っ払った作品になる。それはそれで成立しているので面白いのですが、バランス感覚を保ち、生きた鑑賞とするためにも、「ひきとめる」スパイスが必要だと思うのです。

 そりゃぁ、物語に都合よすぎる架空の病気はアレって思いますが、逆に友達がいない人生ってどんなものんだろうかと想像してみると、そのテーマ、全然ありでしょう、と、言うことになると、まぁ、私は納得です。

 私たちは長谷君の一途さに心を傾けなければなりません。とかくメンドクサイといい物事にタンパクに接しがちというか、じっくり取り組まないというか自分ペース自分かわいいの風潮ですが、他人のために頑張ることとそれが自分のためにもなるのだということを思い出して欲しいものです。

 そこまでされて・・・香織ってなんて女王様というか気持ち悪くないのかよという疑問もわきますが、テーマは長谷君の頑張りなので目をつむってください。

 というわけで、私も諦めずに攻めて(謎でいいのですよ)いきたいと思います。

2018.04.23

投稿 : 2018/04/23
閲覧 : 123
サンキュー:

14

ネタバレ

takeboo

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 2.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ほんわか

映画から見てしまったが、アニメも結構面白い。
友達から恋人に進化して欲しかった。そうすれば忘れなかったのでは?
83点。

投稿 : 2018/04/13
閲覧 : 49
サンキュー:

2

ネタバレ

げろりん

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

序盤は面白かった

最近、平凡な日常から突然、狂った世界に放り出され、大切な人がどんどん死んでいくような壮絶な運命と戦い、地球外生命体から自分自身の手で世界を守り、平和な日常を勝ち取ったと言うような精神を削り取られるような物をやった後だったので、精神を回復させようと、ほのぼのとした平和なアニメを見ようと思い、凄く評価高かったので、そんなに面白いならと思い見てみました。
確かに最初の方は仲良くなって忘れられないようにあれやこれややっていたり、若干のいざこざや、友達が増えていくあたりまでは、ほっこりした気持ちで見ていましたが、後半の、特に小学校の同級生がでたあたりから何か展開が特に進展するわけでなくあっさり記憶取り戻して終わりみたいな。
嫌ではないですが、後半物語が平坦すぎて30秒スキップで飛ばしまくって終わってしまいました。
ほのぼのとした感じもたまには良いですが、後半あんまし展開がなく、平坦すぎて眠くなってしまいました。やはり若干の三角関係はあった方が良いのかなぁと思いました。
でも精神は回復しました。

投稿 : 2018/03/08
閲覧 : 54
サンキュー:

4

しろ

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

切ないが良作

賛否分かれそうな設定ですが個人的には良作

切ない設定の中、ひたむきに頑張る主人公とヒロインがお互いに思い出を積み上げていく姿が良かった

柔らかくほっこりする絵も和みました

藤宮さん可愛かったです!

OPも良曲ですが、EDの「奏」のカバーが最高でした!


聖地巡礼も楽しかったです(聖蹟桜ヶ丘・南平 etc...)

真夏に汗だくで聖地巡礼したのは今となってはいい思い出(^^;)

投稿 : 2018/03/07
閲覧 : 108
サンキュー:

8

ネタバレ

tyuio

★★★★★ 4.1
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

いい加減くっつけ

記憶がなくなってしまうはかなげな女の子に惚れてしまう主人公。
何度忘れられても、なくならない想い。
女の子の方も、ノートに書いたりして忘れない努力をする。

スキマスイッチの曲がまた良い。
ただ、一言。
はやくくっつけ…

投稿 : 2018/02/17
閲覧 : 61
サンキュー:

1

賭けくるい

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

友達になってください!

友達になろうと必死にがんばる長谷の姿に応援したくなってしまう。
藤宮も礼儀正しくて可愛い笑
こうゆう人は憧れる。

投稿 : 2018/02/16
閲覧 : 103
サンキュー:

5

フランホーファー線

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

一週間と言う時間

このアニメは、時間の大切さや、儚さ、希望がありました。
大切さは、
記憶が消える時間までに何が出来るか。
儚さは、
男女共に、また消えてしまう。という事。
希望は、
一種間後もこうして笑える。そう信じること。
そう、個人的には捉えました。

そして
中でも思ったのが、
友達の男の子が、メンタルが強いと感じました。
最初は友達になりたいと思っていても
メンタルがなければ断念か、関わらないでいょう。そう捉えると思います。

個人的には、良かった。見てよかったと思いました。

投稿 : 2018/01/25
閲覧 : 59
サンキュー:

6

むらさきたましい

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

優しい友達

当初は、友達の記憶が日曜にリセットされてしまうという設定に不自然さを感じましたが、すぐに物語に引き込まれました。
その設定の理由にも、途中で説明がされることにより、物語への厚みが増していきます。

かおりちゃんだけでなく、さきちゃんにしても「聲の形」のような展開になってもおかしくないような設定ですが、周りの友達が上手く関わることで、救われているのが嬉しいです。
また、時々出てくるかおりちゃんの母君が、かおりちゃんを見る目線の暖かさに、うるっときました。

恋愛ものとしてくくられるだけでは、もったいない物語です。

また、オープニング、エンディングもものすごく好きになりました。
本編中では、ほとんどBGMを使わずに、最後に「奏」のイントロでEDに繋げていく手法は、分かっていても感動しました。

投稿 : 2017/12/31
閲覧 : 92
サンキュー:

14

ISSA

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

改札の前 繋ぐ手と手♪いつものざわめき 新しい風♪

キャスト
長谷祐樹…山谷祥
藤宮香織…雨宮天
桐生将吾…細谷佳正
山岸沙希…大久保瑠美

ラブコメなのでもっとイチャラブなお話かと思ってたら主人公の長谷優樹目線で描かれていて男性でも全然見易い。
連載が月刊ガンガンjokerの少年漫画て事もあるからかな。

原作者の葉月抹茶さん現在26歳、連載開始したときは22歳なんだ…これからも注目の漫画家さんかもです。

とにかく主人公の長谷君がけなげで頑張ってる、ヒロインの藤宮香織ちゃんは今時こんな女の子いないけど純粋で可愛い。

作画は色鉛筆で描いたみたいな薄色が特徴的ですが作風に合ってます。

挿入曲はEDの雨宮天さんが歌う奏が心地よくって耳に残ります。
このすばだとアホのアクア役なのに雨宮天さんの藤宮香織、声が可愛いすぎです。

話はベタでそこまで感動とかは無いけど…とにかくキュンキュンする。
冬に見たOrangeと比べたら、こちらが断然お勧め。
んーうらやましい、あんな高校生活したかったなぁ…あの頃に戻りたくなる作品です。

投稿 : 2017/10/30
閲覧 : 209
サンキュー:

35

kku

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

やわらかい気持ちになれます

1週間で友達に関する記憶がリセットされる女の子の話
女の子中心にストーリーは展開しますが、主人公である男の子がヒロインと友達になりたい、でもその設定に悪戦苦闘して周囲を巻き込んで・・・。

 原作が4コマ+ストーリーだったせいかとにかくテンポがよく、シーン毎に「オチ」で微笑ましかったり、逆にシリアスなシーンはじっくり見せたりとメリハリが効いています。
そのせいかすぐに引き込まれる内容でした。
撮影でホワイト加工してるのは原作のイメージを大事にしたからでしょうか?とても作品の内容と合ってる気がしました

 キャラクターはヒロインに目がいきがちですが、私は主人公の男の子のほうに目がいきました。とにかくかわいい。この子をみてるだけでも癒されます。うぶでまっすぐで誰にも優しく、うじうじしてて少し天然入ってて不器用で素直に「うれしい」とよく相手に気持ちを伝えます。
 ですが恋については高校生なのに小学生みたいなレベルだったり。。
このバランスがとてもいいです
そんな子イライラするかも、男なら・・・、女々しいなぁ。
なんて意見もあるかもしれないですが私は誰にも優しく友達思いなこの男の子に好感を持ちました。作者が女性だと後で知って納得しました
作者さんの好みが一部入ってたりするのかもしれませんね(笑)

 ヒロインの子は心を閉ざしていた前半のほうが人間的にリアリティがあると感じました。後半あきらかにアニメチック(非現実的な)してきてちょっと冷めたのは事実です。あと都合が良すぎる展開も少し目についたりもしますが、全体通してあまり気にならない程度だと思います

そして周囲との関係を通じて友達のすばらしさなんてのも語られ、そのやり取りはとてもほんわかします。出てくるみんないい人なんです。そういう子たちだから引かれ合うのかもしれないですね
そしてこの友達のみんなが作品を後半話を動かします
特に、重く停滞してた世界から5話である友達が放つ、顔が上がり霧が晴れるような大事なセリフのシーンは秀逸で、ここが作品を最後までイメージ付けるものになりました。ここを観た後私も友達の声がききたくなって電話したぐらいです

最後の辺りではさまれるED曲が「奏」というのはズルすぎる!
それもよく聞くと平凡なカラオケにならないように気にならない程度に少し感情的なニュアンスを付けて歌われています。この心憎い演出で胸がキュンとなります。FULLでも聴くことをお勧めします

最後に。
とても甘美で、かわいく、柔らかく、優しい気持ちになれる作品です。これは原作者葉月抹茶さんの個性なのかなぁと思ったり、製作者サイドはその世界を大事にアニメ化されたのかなぁと思います。私個人としては原作者さんの他の作品にとても興味が沸きました。観てよかったと思います。是非お勧めしたい作品です。

投稿 : 2017/09/30
閲覧 : 101
サンキュー:

16

ネタバレ

あんこ

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

途中までは

最初の方は純情恋愛ファンタジーみたいな気分で見てられたんですが……はじめくん出てきてから急に純情消えちゃって……いじめの件も明らかになって、記憶のリセットが止まるのかなっと思ったのですが

投稿 : 2017/09/29
閲覧 : 83
サンキュー:

2

次の30件を表示

一週間フレンズ。のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
一週間フレンズ。のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

一週間フレンズ。のストーリー・あらすじ

「私…トモダチの記憶、一週間で消えちゃうの──。」高校二年生の長谷祐樹は、人と一切関わろうとせずにいつも一人ぼっちでいたクラスメイト・藤宮香織の存在が気になり、彼女と友達になりたいと願う。しかし彼女の口から告げられたのは、大事な友達との記憶のみが一週間で消えてしまい、月曜日にすべてがリセットされてしまうという衝撃的な事実だった。しかし、それでも祐樹は香織と友達になりたいと願う。一週間の記憶を綴って、巡って、二人は友達になっていく。何度も、何度でも──。(TVアニメ動画『一週間フレンズ。』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2014年春アニメ
制作会社
ブレインズ・ベース
主題歌
≪OP≫昆夏美『虹のかけら』≪ED≫藤宮香織(CV:雨宮天)『奏(かなで)』

声優・キャラクター

山谷祥生、雨宮天、細谷佳正、大久保瑠美、中原麻衣、間島淳司、浅沼晋太郎

スタッフ

原作:葉月抹茶(月刊『ガンガンJOKER』スクウェア・エニックス刊)、 監督:岩崎太郎、シリーズ構成:菅正太郎、キャラクターデザイン:山﨑絵里、美術:伊藤聖、美術設定:ヘッド・ワークス、色彩設計:歌川律子、撮影:塩川智幸、編集:今井大介、音響監督:本山哲、音楽:戸田色音

このアニメの類似作品

この頃(2014年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ