「金色のコルダ Blue♪Sky(TVアニメ動画)」

総合得点
56.6
感想・評価
122
棚に入れた
701
ランキング
4763
★★★★☆ 3.3 (122)
物語
3.1
作画
3.2
声優
3.4
音楽
3.4
キャラ
3.2
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

rei@低浮上

★★★★☆ 3.2
物語 : 4.0 作画 : 2.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

最近(?)の乙女ゲーム原作アニメの中ではまともな方

一クールにしては割と纏まっていたと思います。
原作プレイ済みですが、原作自体が夏休みだけの話なので纏めやすかったのかな、
というのもあります。


原作はそこそこ面白くても上手くアニメでその面白さを表現できず、
駄作で終わってしまった作品を見てきています。
それの多くは折角のファンタジー要素を上手く視聴者に理解させるだけの描写不足、
伏線回収の甘さ、明かすべき真相は隠すので謎が残る終わり方になってしまう、
などなどによります。
あとはキャラクター一人一人を平等にしようとしてかえって出来が悪くなっていたり、
最後だけはこの作品もちょっとあてはまりますが(笑)

この作品は普通の学園ものなだけあって、
そのような話にとてつもない違和感がある感じはない。
そのため最後まで観て「訳がわからないまま終わった」や「なんだこのオチは!!!」と怒り出してしまいたくなるような不快感はありません。

この作品の欠点はとりあえずは作画の不安定さ。
それを除けばまずまずです。
また青春もののため、見終わった後の爽やかな気持ちはあります。

それでも「これは是非見て欲しい良作」と推せるだけのものではないのは事実・・・。
最低限これくらいのクオリティで他の乙女ゲームもアニメ化して欲しいものです。。。

投稿 : 2017/02/27
閲覧 : 87
サンキュー:

0

ネタバレ

がぁべら♪

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

青春♥LOVE交響曲

かつては天才ヴァイオリン少女と呼ばれていた高校2年生のコヒナタカナデは、ある日出演した演奏会で無記名の手紙を受け取る。同じ頃、幼馴染のキサラギリツから自身が出演する演奏会に誘われ、リツの弟・キサラギキョウヤとともに横浜へと足を運ぶところから物語は始まる。
-----------------------------------------

金色のコルダシリーズです。
乙女ゲーム原作なので、イケメン揃いデス。
絵は見やすいデス。
キャラも魅力的デス。
それぞれが悩みながらも成長していく姿が見ものデス。
テンポ良く見れると思います。

投稿 : 2017/01/12
閲覧 : 95
サンキュー:

0

井口ゆゆゆ

★★★☆☆ 2.6
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

全国学生音楽コンクール

このイベントってやっぱり声優さんが演奏したりしたんです?


弾きたいという気持ちがあればヴァイオリンは弾けるという風潮w
練習はしない()

前作に増して煌びやかな美少年達が・・・美少年?

キャラは前作から一新されてるんですが、声優は同じ人があててるケースが多いです、なかなか珍しい。
なので森田さんとかも出てきます。

前作のOPみたいな穏やかなクラシック系の路線でいけば良かったのに、男性キャラが歌う激しい曲になってますね。

横浜天音学園高校のあの赤髪のキャラ、濃すぎですよねw
主人公の演奏で両親を殺されたって・・・
至誠館高校のオタクっぽいモブ、イケメンばかりのこの作品に全く合ってないですし、異様な存在感を醸し出してましたね。


こんじきのコルダではなく、きんいろのコルダですからね。
皆さんよく間違えるんですが、きんいろです。

投稿 : 2015/12/21
閲覧 : 106
サンキュー:

0

ネタバレ

にゃん^^

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ヴァイオリンを続けてくって。。

おはなしは。。
{netabare}
女子高生のカナデは
キョウヤとリツってゆう兄弟と幼なじみで
3人とも小さいころからいっしょにバイオリンを弾いてて
カナデはリツのバイオリンにあこがれてたみたい

だけど今はあんまりやる気がなくなっちゃったのかな?
演奏したあとで誰からかも分からないけど
「お前は ここで終わるのか?」って書いたメッセをもらうの

それである日
音楽で有名な星奏学院でオーケストラ部の部長してる
リツの演奏を見に行ったら
かってに星奏学院に転校させられてて
いっしょにインターハイみたいな
音楽コンクールに出場することになっちゃったの。。
{/netabare}

見たことないけど「金色のコルダ」って前にもあって
こっちは3期かな
おはなしはあんまりつながってないみたい

女子向けみたいで
これから恋愛?それともスポ根みたくなってくのかなぁ?
よく分からないけどちょっと楽しみ♪


2話目
{netabare}
星奏学院のオケ部のみんなから認められるのに
カナデとキョウヤはテストをすることになって。。

星奏学院のみんなも
チェロを捨てようってしてた子も
音楽が好きでがんばってる人たち

この学校に来てカナデは
そんなみんなを見て
子どものころにバイオリンが楽しかったこと思い出して
みんなから認めてもらえる演奏ができた♪

キョウヤもそうだったのかな?
{/netabare}

3話目
{netabare}
天音学園のミョウガさん
こわそうな人。。
ちょっと中二病っぽいかな。。

アマミヤさんは変わった人
きれいな人だけど
何考えてるかよく分からない人
キョウヤがおそかったらキスされてたかも。。

前より安定した。。って
カナデはアマミヤさんと会って
何か変わったのかな?
{/netabare}

4話目
{netabare}
えーと。。寮に新しい人
仙台シセイカン高校の
水島アラタくんと先輩2人
アラタくん
ちょっとなれなれしいかなぁ。

それから
エレクトリックバイオリン(?)の人ちあきくん
カナデに「おまえの演奏には花がない」とか
「地味子のまま終わるぜ!」とかひどい。。

バーベキューおいしそうだったねw
リツ先輩からだ弱そう。。

ダイチ先輩が星奏の弱点?
星奏に来てリツ先輩と会ったときのおはなし
小さいころからやってないけどがんばってるんだ

来週からベスト8が
サードステージに。。
どうなるのかな?
{/netabare}

5話目
{netabare}
今週は至誠館のおはなし。。

イオリくんをかばってけんかしたホズミくん
部長はそんなホズミくんのこと
退部させなくって
それで去年
吹奏楽部はコンクールとか出場停止になっちゃって
部員も5人に。。

みんなで吹奏楽部だってゆう至誠館の部長さん
いい人だなぁ。。

このコンクールに勝ったら廃部はなくなるかもって
みんなの思いがとってもすばらしい演奏になってた☆

だけど
カナデはプレッシャーを感じちゃったみたい
こんなんでいい演奏できるの?
リツ先輩はムリしてでもがんばって
演奏しようってしてるのに。。

カナデはプレッシャーに弱すぎるのかな。。
にゃんはそんな気もちとっても分かるけど
やるって決めたらちゃんとしないと
みんなに悪いよね。。
{/netabare}

6話目
{netabare}
星奏の演奏
カナデはプレッシャーで音がふるえてて
リツ先輩がムリしてみんなをひっぱってくれた
星奏は勝ったけどリツ先輩は検査で入院しちゃった。。

にゃんはカナデを見てて
なんだかイヤだなぁって思った
相手が本気なのにカナデが本気出さなかったら
相手にも星奏のみんなにも悪いって思うけど。。

ダメだったらはじめからことわったらよかったのに
それか
もうできませんって言っちゃうか。。

にゃんも緊張しちゃって
手がふるえちて検定におちたけど
リツ先輩は体が悪くてヴァイオリンひけない
カナデは心が弱くってヴァイオリンひけない
おんなじじゃないのかな?
逃げちゃいけないの?

来週はキョウヤがファーストヴァイオリン?
今まで出してもらえなかったのに。。
もしかしてリツ先輩って
はじめからそうするつもりだったのかな?
{/netabare}

7話目
{netabare}
キョウヤは逃げてる。。
でも
逃げちゃダメなの?
逃げたっていいと思うけどなぁ

だけどキョウヤだって
ほんとは逃げたいなんて思ってない
思ってたらとっくに帰ってるよね

ただ
お兄さんのリツがすごすぎて
比べてただけだったのかな
やっと自分のヴァイオリンをひけばいいんだって
気がついたみたい

これから練習
ほかのすごい人たちは
キョウヤが休んでる間もがんばってきたから
今からでも間に合うのかな?

キョウヤがんばってー!
{/netabare}

8話目
{netabare}
セミファイナル。。
キョウヤはキョウヤの音をひけばいい
キョウヤもやっとそのこと分かって
変わって自信をもってかっこよくなった☆

リツからもらった弦のおはなし
カナデは何か思い出したみたい。。
前に何かあったのかなぁ?

チアキくんはお父さんからダメだしされて
認めてもらおうってがんばってるのかな?
でも
チアキが自分の好きな音楽をやってるみたいに
お父さんにも好きな音楽があるんだから
そんなに気にしないほうがいいのに☆

星奏がファイナルに。。
おめでとー☆
{/netabare}

9話目
{netabare}
サンセシルのサエカさんは冥加さんをうらんで
冥加さんはカナデのことうらんでて
前半はとってもこわいおはなしだったね。。

でも
冥加さんってほんとは
カナデのこと好きなのかな?
まわりの人にはそんなふうに見えるみたい

天宮くんはまだカナデをさそってくるけど
恋が足りないからって彼女を作ろうってするのは
よくないよね><
それに枯れるからって
かってに人の温室のお花をとっちゃうのも。。
{/netabare}

10話目
{netabare}
今週もいろいろあったなぁ

東金さん、トキさんひっこしてきちゃって
カナデ引いちゃってた^^

天音の理事長は冥加さんのお父さんで
自分の音楽のために演奏家の人たちに
いろいろひどい事してきた人で
カナデのことスカウトしに来たり

カナデはファーストをまかされて悩んでて
有名な演奏家のツキモリさんに会って相談したら
自分が思ってるきれいな音と
メンバーが思ってるきれいな音
おんなじ音か?って聞かれたり

東金さんたちには蛍を見せられて恋のおはなし?
じゃなくって
1人1人のかがやきが集まって
こんなすばらしい景色になるんだって

シセイ館の人たちも応援してくれて
これでがんばれる!って思ったら

冥加さんの妹から
お兄さんをすくってってお願いされちゃって
冥加さんとカナデって
小さいころ何かあったのかな?
{/netabare}

11話目
{netabare}
冥加さんがカナデのこと憎んでるわけが分かったね
あと
あのメッセのことも

でも
勝ちを恵んだって言っても
10歳くらいの子があんなこと聞いたら
手がふるえて
楽器なんか弾けなくなっちゃうんじゃないのかな?

それで10年もうらんでるのって
冥加さんかわいそすぎみたい。。

でも
本気出して演奏するの待ってる人がいるって分かって
カナデももう逃げないよね☆
{/netabare}

12話目
{netabare}
冥加さん
ほんとはカナデのこと大好きだった
男のツンデレさんだったんだね^^

カナデさいごは全力で演奏できたみたい
男子がみんな攻略済みフラグたってたね
ちょっとうらやましいなw
{/netabare}


見終わって

おはなしはまあまあかな。。

ほかのアニメとかでもありそうなおはなしが多くって
見てて何となく先が分っちゃうし

悲しいところとかも有ったけど
気もちが伝わってきにくかったのかも?

絵もときどきヘンになったりしてて
あんまりおすすめとかできないみたい
好きだった人ごめんなさい。。

投稿 : 2015/06/16
閲覧 : 488
サンキュー:

48

ネタバレ

kochan

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

くすぶっている女の子が、幼馴染の後押しでバイオリンを本格的にやり始める。
仲間やライバルの後押しで、前向きになり、ちょっとしたトラウマも払拭するとあっというまに才能が開花する、そんなストーリー。
浅い、あまりにも浅いと思ったら恋愛ゲーム発ですか、アニメにするならもう一捻りは欲しい

投稿 : 2015/02/09
閲覧 : 133
サンキュー:

1

ネタバレ

もんちろー

★★★★★ 4.6
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

前回とは違った感じ。

前回とは違って、金管楽器の人たちも出て来たり、人も全然違う。
チューバとかトロンボーンとか。
吹奏楽部をやっていた人はワクワクするかも?
仲間!的な感じは変わらず。
逆ハーレムな感じも変わらず。
そして、主人公は相変わらずウジウジ悩む系。
妖精は出てこない。
ネックレスに何か力が宿っている?

投稿 : 2014/10/21
閲覧 : 158
サンキュー:

2

ネタバレ

りんご

★★★☆☆ 2.3
物語 : 1.5 作画 : 2.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

キャストの方々は豪華なんですけどね。

名前だけは知っている作品です。
キャラデザが好みではないので興味がありませんでしたが、今回アニメ化とのことで視聴。
シリーズが多いようですがアニメ化もいくつかしているのでしょうか。

クラシックを題材にしたアニメでしたが、演奏はプロがやっているんですよね?
音楽が完成されすぎていて、青春っぽさはあまり感じませんでした。
実際の高校生の音を使えだなんて言いませんが、せっかく音楽がテーマなので、
もう少しリアルな音を聞きたかったと思います。

ストーリーもこれといって印象的なことはなく、ごくごく平凡。
いわゆるノーマルENDがアニメ化されたのでしょうけど、
物語の過程で誰かと恋に落ちるようなフラグも少なかったと思います。
恋恋言っていたキャラもいましたが、あれは少し違う意味だったような。
個人的にときめくキャラがいなかったので乙女ゲーアニメとしてはハマりませんでした。

投稿 : 2014/09/16
閲覧 : 121
サンキュー:

1

ローズ

★★☆☆☆ 1.9
物語 : 1.0 作画 : 3.5 声優 : 2.0 音楽 : 1.5 キャラ : 1.5 状態:観終わった

のだめ劣化版乙女向け作品の限界

主人公でメインヒロインの小日向かなで(こひなた かなで)は差出人不明の「お前はここで終わるのか?」という手紙を受け取る。
横浜でコンサートが開かれ、そこで全国規模の高校生が対象になる大会があると発表される。
音楽に力を入れている星奏学園へ転校する事となり、幼馴染と共にオーケストラ部に入り全国優勝を目指す事となった。

オーケストラ単位での演奏で順位を決めるのは難しいと思います。
うる覚えの記憶ですが、金賞・銀賞・銅賞などに表彰するコンクールもあります。
本来は楽しむための音楽なのに、いい順位や金賞のために演奏するのは疲れそうです。
自分にはクラシック演奏の優劣を決めるような音感が無いので、あまり作品に対して感情移入できない事もあるのですが^^;
全国を狙っている吹奏楽部の練習が厳しいは分かるので本来ならスポ根要素もありそうですが、本作品には無いですね。

登場人物は主人公の女性を除いたらイケメンの男だらけ。
元々、乙女向けゲームが原作なので仕方が無いのですが、視聴している人が女性であれば目の保養になるのでしょう。

たしかにヴァイオリンなどクラシックによく使われる楽器が登場します。
ただし演奏している姿と音がバラバラ。
静止画の時もあります。
演奏にあわせて作画をするのは難しい事と分かっています。
予算の少ない深夜アニメにキチンとした作画を求める事は酷というもの。
分かっていても、あえてスルーしてあげましょう。
それにしても演奏中に奏者や観客が別世界へ行ってしまうのには笑ってしまいましたw

甲子園のような1対1の音楽合戦。
オーケストラを全員使わない少人数の演奏。
大会に規定があるのでしょうが、つまらない制約で縛っています。
架空の大会なので原作ゲームの思いのまま。
おかしいと指摘しても、このまま続けるのでしょうね。

調べてみると本作品よりも前にアニメ化された前作があるそうです。
ただ、乙女向けゲーム原作という事が変わらないので、自分は積極的に見る事は無いです。

演奏よりも人間関係や心理状態が重要。
一体、何の為に新しい大会を開催するのか分からなくなる作品でした。

投稿 : 2014/09/11
閲覧 : 194
サンキュー:

21

ネタバレ

teji

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

途中までは 見てたけど・・・

途中までは 見てたけど・・・断念させて頂きます

投稿 : 2014/08/24
閲覧 : 90
サンキュー:

1

★光姫★

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

音楽はよかったですけど・・・

★逆ハーレムアニメ。

★前作2作品は、結構好きで見ましたが、今回のはなんかイマイチで、見るのも後回しになってました。

★音楽は、癒されるし、よかったです。

★見たい人は、3話まで見てから決めるといいかも。
★私は、前作2作品をおススメします。

投稿 : 2014/08/12
閲覧 : 126
サンキュー:

1

PPN

★★★☆☆ 2.8
物語 : 1.5 作画 : 2.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

妖精さんいたんですねw

「女性向け恋愛シミュレーションゲームが元ネタ」
「前作、前々作がある」
などなど、全く知らずに視聴しました。

幼なじみらと共にオーケストラ部で全国優勝を目指し
各校ライバルたちとの競い合い中
バイオリンに伸び悩む主人公・小日向 かなでが
大きく羽ばたく一歩までを描いた作品です。

いわゆる逆ハーレムとゆー程のベタな感じは
それぼどなかったと思います。
が、伝わってくる物も少なく
内容に乏しい作品になっています。
音楽をやっている、もしくはやっていた女性じゃないと
なかなか共感出来ないのでは?と思いました。

救いはやはり男性声優陣になりますかねw

う~ん、残念ながら
個人的にはオススメできる作品ではなかったですね( ;´▽`)


《キャスト》
小日向 かなで(CV.高木 礼子)  如月 響也(CV.福山 潤)
如月 律(CV.小西 克幸)     榊 大地(CV.内田 夕夜)
水嶋 悠人(CV.水橋 かおり)   八木沢 雪広(CV.伊藤 健太郎)
火積 司郎(CV.森田 成一)    水嶋 新(CV.岸尾 だいすけ)
東金 千秋(CV.谷山 紀章)    土岐 蓬正(CV.石川 英郎)
冥加 玲士(CV.日野 聡)     天宮 静(CV.宮野 真守)


《主題歌》
OP:『WINGS TO FLY』/Maestro Fields
ED:『Andante』/各校オーケストラ部

投稿 : 2014/07/27
閲覧 : 207
サンキュー:

16

momomax

★★★☆☆ 2.4
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 2.5 音楽 : 2.0 キャラ : 2.5 状態:途中で断念した

魅力を感じないのです。音楽も響いてこなかったなぁ~~~

金色のコルダの前作2つは結構楽しめましたが
今回のは、な~んにんも感じない。
音楽も響いてこなかった。

逆ハーレム系って、主役の女の子に好感もてるかどうかが
私にとっては重要のようです。
(神々の悪戯は楽しめましたから)
彼女の台詞が伝わってこないのは声優の技量かな?
大好きな福山さんも今回ばかりは"(ノ_・、)"
台詞なのか?演出なのか?
楽しみにしてたので、残念です。

投稿 : 2014/07/26
閲覧 : 109
サンキュー:

5

御黒

★★★☆☆ 2.2
物語 : 1.5 作画 : 2.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.5 状態:観終わった

キャラおおすぎ

キャラもおおいし
あんまり面白くない
ストーリーに現実味が無さすぎる
主人公は優柔不断で多い男キャラは薄すぎる

ゲームの良さをだせていない 失敗作だ

投稿 : 2014/07/22
閲覧 : 104
サンキュー:

4

ninin

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ヴァイオリンが奏でる物語♪

原作未プレイ 全12話

主人公の小日向 かなで(こひなた)はヴァオリニストで伸び悩んでいたとき、一通の手紙を受け取ります。幼馴染が通う音楽で有名な横浜の星奏学院への転校してオーケストラ部に入部し全国大会で優勝を目指すため頑張るお話です。ちょっとファンタジーも入ってます。

オーケストラ部の全国大会というのは、大勢で行うようなイメージがありますが、室内音楽部門ということで奏者は、3~5名ぐらいです。
つまりそれだけ力量がないと出れないのでしょうが、転校していきなりというのは唐突すぎた感じはします。

トーナメント方式で、そのつど対戦相手の高校とエピソードがあります。主人公以外ほとんど男子なので逆ハーレム状態ですね。

色々な思いを背負いそれぞれの高校が全国大会で演奏するわけですが、色々な楽器や演奏で行うところがこの作品の良い所ですね。
私はクラッシックは詳しくないのですが、聞き覚えのある曲もありましたので心地よく聞かせてもらいました。

恋愛の部分は進展しないというか、主人公はあまり関心がないような感じですね。

それよりも主人公が悩み葛藤し、ライバルたちと出会い交流する事によって、少しずつ奏者として成長していくお話だと思いました。

クラシックをたまに聞くのもいいですね^^

OP 主人公がいる星奏学院男子メンバーが歌ってます。曲中に聞き覚えのあるクラッシックの旋律は心に響きました。
ED 曲は同じですが、話数によって各校の中の方が歌ってます。

最後に、楽器も曲目も高校別にバラバラなので、どんな採点しているのか少し気になりましたw

投稿 : 2014/07/20
閲覧 : 187
サンキュー:

20

ホワイトマウス

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

恋愛だけじゃない、成長のドラマ

春アニメでなかなか見れなかったのですが、ついに視聴しました。あにこれでは評価は低いようですが、私は主人公のかなでが現状を抜け出して成長していく姿と、それをドラマチックにオーケストラ演奏が流れていく映像がとても素敵だと思いました。ほんと、音楽は美しいですね(*^-^*)

ただ、かなでをとりまくハンサム男子が多過ぎて、名前がとても覚えられないですけど(^^;)

(私は、サントラの内容が良くって、さらに演出が良いアニメにはまっちゃう人間です。単純かもしれませんね♪ 以前、私は合唱部に所属していて、オーケストラといっしょに歌ったことがあるんですけど、とっても感動しました。)

この作品に期待しているのは、恋愛は多少描いて頂いてもいいけど、それよりも、かなでの才能が少しずつ開花していく姿をドラマチックに見せて欲しいなと思っています。

それに、オーケストラの演奏、いっぱい聞きたい!

投稿 : 2014/07/20
閲覧 : 280
サンキュー:

39

たまちゃん

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

音楽っていいな

投稿 : 2014/07/19
閲覧 : 97
サンキュー:

0

にゃんちゃこ

★★★★★ 4.5
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

前作とは全く違うけど、これはこれで本格的で面白いです!

前作はファンタジー物だったけど、今回は演奏レベルもUPして実力派STORYですね。個人的には面白さもUPしました。
もう演奏が聴けるだけで満足です。こう言うアニメは何作あってもいいですね!
本当に大好きなんです〜(^^)
今回も楽しく観せて頂きました。

投稿 : 2014/07/18
閲覧 : 80
サンキュー:

2

にゃっき♪

★★★☆☆ 2.8
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

it is better to wear out than to rust out

女性の主人公が高校の仲間とアンサンブルで音楽コンクール優勝を目指す物語。

原作が女性向けの恋愛シミュレーションゲームという事で、女性だけのチームひとつを除いて、チームメイトやライバル校の生徒などイケメンの男ばかり登場する作品で、個人的には髪の色や方言でしか判断できないばかりか、挑発的だったり軟弱で不快なキャラも少なくないので視聴を続けるのが辛かったです。

主人公は特定キャラに恋愛感情を持たないのがお約束なのでしょう。どの男性キャラに誘われても、プールやスタジオなどどこにでもついていきますし、相手の一生懸命には自分も一生懸命に応えるだけしかないのに、相手に負けられない理由があると、動揺していじいじ悩んだりします。

現実問題、確かにわざと負けたり手を抜くことは少なくないです。
会社の付きあいで、上司や取引先と一緒にゴルフに出かけたら、相手の気分を害するわけにはいきませんし、カラオケで歌の下手な人がひとりでもいれば、他の人が歌いやすくなり盛り上がります。
子供相手にわざと負けてあげないと、子供がやる気をなくしてしまうのを心配する親がいるのも普通にある事です。
こんな場合にあってはならないのは、わざと勝たせてもらっていた事が相手にバレてしまう事でしょう。一生懸命を演じて自然な形で負けるのは、勝つ事より遥かに難しいように思います。

音楽コンクールですが、課題曲があるわけでもなく、編成の違ったアンサンブルなのに、トーナメントで二校ずつ対戦して白黒をつける方式です。トーナメントは得点競技だから成立すると制作側がわかっていないのでしょうか。
演奏の出来不出来が演奏者のモノローグや観客に感想を言わせないと説明がつかないのは仕方がないにしても、採点競技を描くのに、主催者や採点者の顔が見えないのも違和感があります。炎天下で練習したり、他人の楽器に平気で手を触れようとしたり、演奏で対戦相手を絶望の淵に落とそうとする演奏家がいたりするのも含めて、制作側にはもっと演奏や楽器に対する理解ある作品を送り出す事に努めて欲しいと思います。

投稿 : 2014/07/12
閲覧 : 228
サンキュー:

28

Ka-ZZ(★)

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

「お前はここで、終わるのか?」←この一言が彼女を突き動かします^^;

この作品も基は女性向け恋愛シミュレーションゲームだったのですね^^;
作品を視聴している間は、男性の登場人物の比率の高い作品だなぁ・・・程度にしか思いませんでしたけれど^^;
全く違和感無く完走してしまいました^^;

この作品の主人公は、高校2年生の小日向かなでちゃん。彼女は小さい頃からヴァイオリンを習っていて・・・小さい頃はそのヴァイオリンで周りの皆んなを感動させる演奏が出来ていたのですが、ここ最近は思うように弾けず、伸び悩んでいました。

そんなある日、幼馴染から音楽の名門校である星奏学園に編入して、全国音楽コンクールを目指そうと誘われるのです。
ここ最近の自分の出来に編入を躊躇していましたが、「お前はここで、終わるのか?」と謎の手紙を受け取ったことをきっかけに編入を決意して・・・物語が動いていきます^^;

視聴している時は気付きませんでしたが、完走後に振り返ると・・・
やたらイケメンやハートフルな男性がたくさん登場していましたね^^;

その様な男性に囲まれている中でかなでちゃんを見るからでしょう・・・
繊細で・・・放っておくと折れてしまいそうに線が細くて・・・か弱く見えるんですよね(//∇//)

そういえば、この作品も最初はかなでちゃんに冷たい人、彼女に酷いことを言う人が多かったかもしれません・・・そう考えると、この作品もしっかり王道を行く逆ハーレム作品だったんですね^^;

かなでちゃんは、それらの逆境をバネに悩みながらも音楽の道を突き進もうとします。
スポンジの様な吸収力を持つ彼女は、次第に演奏の技術が上がって行きます・・・
でも、彼女が本当に凄いなぁ、と思ったのは音楽の聴き上手・・・という点です^^

彼女が音楽に入り込むと世界が変わって見えるのですが・・・その世界観が結構好きでした(//∇//)

物語も進み、いよいよ全国音楽コンクールが開催されるのですが・・・
彼女達を待ち受けていたのは、予想だにしないアクシデントでした^^;
彼女達に残された道はたった一つ・・・自分を音と仲間の音を信じて・・・
いま自分達にできる最高の演奏をすること・・・

果たして全国音楽コンクールの優勝はどの学校の手に・・・?
結果は本編でお楽しみ下さい♪
1クール12話の作品です。音楽を扱う作品だけあって、物語の中ではたくさんの曲に触れることができます。

wikiでチラッと見ましたが、ゲームは今後も順次発売されていくようです^^
もしかすると、またこのシリーズの作品が視聴できる機会があるかもしれません・・・
その時は販促目的一辺倒ではなく、ストーリーも重視した作品が視聴できることを期待しています^^

投稿 : 2014/07/12
閲覧 : 152
サンキュー:

17

nk225

★★★☆☆ 2.8
物語 : 3.0 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

題名のコルダとは、イタリア語で「弦」「絆」という意味。

2014年4月から6月まで日本テレビにて放送された。

前作の『金色のコルダ』から8年が経過した設定。担当声優の大半が引き続き起用されているが、登場人物は一新した。

オープニングテーマ
「WINGS TO FLY」

エンディングテーマ
「Andante」(第1話 - 第3話)
「Andante〜featuring 至誠館高校」(第4話 - 第6話)
「Andante〜featuring 神南高校」(第7話、第8話)
「Andante〜featuring 横浜天音学園高校」(第9話 - 第11話)

投稿 : 2014/06/28
閲覧 : 97
サンキュー:

5

のび太

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

女の子向け、恋愛シミュレーション♪

バイオリンの才能を持ちながらも、思うように弾けなくなっていた小日向かなで。
ある日の発表会で、意味深なメッセージの書かれた手紙を受け取る。

そして幼馴染の如月響也と一緒に、響也の兄律がオーケストラ部の部長を務める
星奏学院に転校することになり、全国学生音楽コンクールで優勝を目指すことになる。

ハーレムアニメのまったく逆パターンですね。
イケメン登場数が半端無いですw
前作がありますが、内容は関係無いみたい。

主人公の女の子が地味すぎるんですが、恋愛ゲーム原作なら納得です。
実際にかなでが、誰か一人に恋愛感情を持ってるような感じはなく、
次々言い寄ってくるイケメン男子から、お好きなのをどうぞという
作りなんでしょうかね?

ストーリは、平凡ですが1クール内でよく纏められていました。
基本は、恋愛ゲームに興味ある女の子向けですかね~

投稿 : 2014/06/25
閲覧 : 127
サンキュー:

9

みけねこ+

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

弦楽器の音の違いは難しい

スポ根ものになる展開をちょっと望んでたんだけど、
そうはならなかったです。
いわゆる逆ハーレムアニメにきっと分類されるでしょうね。
逆ハーレムアニメって見たことなかったのでその点は新鮮でした^^
主人公がなよなよ系なのハーレムアニメと同じだなとか思いながら
見てました。

練習時の音とコンクール時の音に差異を感じられませんでした。
演出の違いはあるけど音は使いまわしじゃないかなと感じました。
※私音楽疎いのでそう感じただけかも知れません。


~~~以下1話の感想~~~
※2014年春作品1話見て気になったものだけ
レビュー書いていってみようかなと思います。

■物語(コピペ)
主人公・小日向かなでは、小さい頃からヴァイオリンを
習いながらも、思うように弾けず伸び悩む日々を送っていた。
ある日、出場した発表会での演奏後、彼女に一通の手紙が渡される。
差出人不明のそれに書かれた言葉により、触発された主人公は、
幼馴染が通う音楽教育で名高い星奏学院への転校を決意。
もう1人の幼馴染とともにオーケストラ部に入り、選抜を勝ち抜き、
室内楽部門の全国優勝を目指すことになった。


●感想
乙女ゲーム原作ということで見ずに切った人もいるんじゃないかな。
でも、1話見る限りはそういう雰囲気じゃないよ。
(「神々の悪戯」見た後だから感覚麻痺してるかも(笑))

ここからスポ根モノになるのならちょっと面白そうかも
って思ってます。

1話~2話見てから視聴継続するか判断してもいいかも知れません。
※乙女ゲーム色強くなるようなら私も途中で切るかも知れません。

投稿 : 2014/06/22
閲覧 : 164
サンキュー:

19

ahirunoko

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

続編みたい、前作未視聴。女子向けかな。6話で切ります

まず思ったのは女子向け。
主人公の女子に取り巻きのイケ面多数の逆ハーレム。

主人公の心理描写がすごく細かい。そこはGOOD!
でも周りのイケ面男子の心理は・・・?
だから女子向け度→強かなと。

作画はキレイだけど女子向けの傾向としてあまり画が動かない。
大会の演奏はとても上手く聞き惚れるね。

面白くないわけではないけど・・・女子向け強なので切ります。

投稿 : 2014/05/15
閲覧 : 170
サンキュー:

13

AKIRA

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

前作の8年後の設定(視聴中)

視聴中

前作から登場人物は一新されてますね。結構人数も多いなぁ…

ストーリーがただ全国優勝を目指すだけだと途中で飽きそうです。

投稿 : 2014/05/10
閲覧 : 103
サンキュー:

3

Rachel

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

登場人物が多すぎる!!(-_-メ)

多すぎて誰が誰なんだかわからん!!

髪の色をビビットにしすぎて、例えば真っ赤な髪と真っ青な髪の人が揃って登場すると「色キチ」みたいで気分が悪くなる。

公園で音楽奏でてても、そうそう「うわー素敵」などと言って聞いてくれる人いないだろ。ここに出てくる登場人物の音楽スキルが、特別すごいことで特別なステージ、特別な臨場感、特別な感動などを醸し出したいようだが、それは無理。
違う展開で物語を進めればいいのに。まあ原作があるとそれも難しいかな。

ま、これからも生暖かい目で見ていくつもり・・・・。

投稿 : 2014/05/03
閲覧 : 126
サンキュー:

3

ネタバレ

リアっぴ

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

私には合わなかった(´・ω・`)

最近こういうテのアニメ多いですよね。

男の子いっぱいで 多分ヒロインとなりそうな女の子が一人

いわゆる逆ハーレムってやつ?

大体そういうのは、元・乙女ゲームっていうのが多い。。。

1話を見れば、あとなんとなく絵柄をみればわかるようになってきてしまった
今日この頃です(´・ω・`) <あ、あとOPとかもね。

いやまあ、乙女ゲームが嫌いってわけじゃないんですよ。

乙女ゲームは乙女ゲームで(たまに)好きですからw

ただ それを、アニメで動かすのはあまり好きじゃないです。

あくまでも、私の意見ですが
逆ハーっていうのは、アニメ化するべきじゃないと思うのです・・・。

ごめんなさい、好きになれませんでした。

投稿 : 2014/05/01
閲覧 : 137
サンキュー:

9

-萩-

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

地方だと見れない

ニコニコ動画で配信されていたのですが、1話無料で2話以降は有料…
なのでお金払ってまでは見ようとは思わないので切りました。
私は地方に住んでいて、新アニメがほぼ見れない地域です。(民放2局)
アンパンマン、トリコ、プリキュア、コナン、ポケモン、イナイレしか放送していません。しかも数週間遅れです。
なのでネットでアニメが見れるのは嬉しいのですが限られてくるし、最近は1話無料で以降有料が増えて更に見れなくなって悲しいです。
コルダも気になってたので見たかったのですが残念です。

投稿 : 2014/04/22
閲覧 : 122
サンキュー:

3

やまアニ

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

(切)キラキラしてて無理

3話途中で断念。
テーマがテーマだけに、キラキラしすぎてて見てられなかった。

投稿 : 2014/04/21
閲覧 : 110
サンキュー:

0

ネタバレ

Lovin

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

これは断念した

■感想
 原作ゲーム(?)は未プレイでTV放送を視聴。

 私の勝手なイメージはアンジェリークで、ターゲットは腐だと思う。

 今期作品の「神々の悪戯」よりは少しマシかもしれない。

 第1話はありがちなキャラ&設定紹介で終わったが、興味も余り沸かなかった。

 何だか・・・、なので切る。

投稿 : 2014/04/19
閲覧 : 154
サンキュー:

16

ネタバレ

あやりん♡

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

響也くん、やばカッコいい♡♡

初めてコルダを観ました‼︎☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

まず思ったこと!

主人公ちゃんが可愛いですね♪( ´▽`)

主人公ちゃんが可愛くないと、絵的に厳しいですからね笑笑



というか、もう、響也くんがカッコよずきる‼︎♡♡
第一印象でノックアウト☆☆

律さんもステキだけど、いまこの時点では、響也くん押しですっ♥︎( ´ ▽ ` )ノ

飲み物買っといてくれたりして、優しいし♡笑


響也くんのヴァイオリンもはやく聴きたいな♪( ´▽`)


続きがすごく楽しみな作品です♪

投稿 : 2014/04/17
閲覧 : 66
サンキュー:

6

次の30件を表示

金色のコルダ Blue♪Skyのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
金色のコルダ Blue♪Skyのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

金色のコルダ Blue♪Skyのストーリー・あらすじ

原作:コーエーテクモゲームス「金色のコルダ3」、キャラクター原案:呉由姫「月刊LaLa」(白泉社刊)、総監督:於地紘仁、監督:名取孝浩、監修:ルビーパーティー、シリーズ構成:大知慶一郎、キャラクターデザイン:藤岡真紀、音響監督:菊田浩巳、、高木礼子、福山潤、小西克幸、内田夕夜、水橋かおり、伊藤健太郎、森田成一、岸尾だいすけ、谷山紀章、石川英郎、日野聡、宮野真守、増田ゆき、佐藤朱、、、(TVアニメ動画『金色のコルダ Blue♪Sky』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2014年春アニメ
制作会社
TYOアニメーションズ
主題歌
≪OP≫Maestro Fields『WINGS TO FLY』≪ED≫星奏学院ver.『Andante』

声優・キャラクター

高木礼子、福山潤、小西克幸、内田夕夜、水橋かおり、伊藤健太郎、森田成一、岸尾だいすけ、谷山紀章、石川英郎、日野聡、宮野真守、増田ゆき、佐藤朱、岡本寛志、山本圭一郎、細谷佳正、三浦祥朗、清水理沙、大原さやか、堀内賢雄

スタッフ

原作:コーエーテクモゲームス『金色のコルダ3』、キャラクター原案:呉由姫『月刊LaLa』(白泉社刊)、 総監督:於地紘仁、監督:名取孝浩、監修:ルビーパーティー、シリーズ構成:大知慶一郎、キャラクターデザイン:藤岡真紀、音響監督:菊田浩巳

このアニメの類似作品

この頃(2014年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ