「ノーゲーム・ノーライフ(TVアニメ動画)」

総合得点
88.8
感想・評価
5275
棚に入れた
25756
ランキング
84
★★★★☆ 4.0 (5275)
物語
4.1
作画
4.0
声優
4.1
音楽
3.9
キャラ
4.1

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ノーゲーム・ノーライフの感想・評価はどうでしたか?

takigawa さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

角川なので削除

角川なので削除

投稿 : 2021/08/03
閲覧 : 104
サンキュー:

7

ネタバレ

いるかん さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7
物語 : 4.0 作画 : 1.5 声優 : 2.5 音楽 : 2.5 キャラ : 3.0 状態:今観てる

作画で見づらいアニメ

地上波の再放送という機会だったので見始めたのに、アニメの視聴は中断して、小説にしようかなと悩むことになりました。

原作は未読だけど、まあまあ面白そう。
だが、アニメが残念なタイプですね。

きっかけは4話「国王」のチェスというかウォーゲームの最後の暗殺が、王の毒殺で終わるところ。
暗殺で終わるのはいい。だが、既にウォーゲームの盤上に駒の擬人化イメージを混同させてる状況に、さらに執事の飲み物に毒殺されるシーンを挿入した、イメージに対する別イメージを重ねる愚策。
暗殺って毒殺しかしらんのか?実行犯はそれまで登場しない執事?配下の兵士の裏切りでも「側近の暗殺」を演出できるのに、何でこれ?
判断するために三度見返したが、演出の拙さしか伝わらない。

そして、見返して気づいたのが、ソフトフォーカスというかボカシ多すぎ、それと赤多すぎ。
個性の勘違い?エフェクトを常用したら、それはもうエフェクトでもなんでもない。
隠し味、アクセントの度合いを超えたら下品でしかない。

アニメは余計なことを考えずに楽しみたいので、今後辛くなってきそうな予感です

投稿 : 2021/07/29
閲覧 : 41
サンキュー:

1

ネタバレ

Bハウス さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ゲーム廃人による人類再建記

このスタッフ「よりもい」と同じだったんかいw
全話見ていたのに気付いていなかった

この作品はゲームでは最強と呼ばれる
空白と呼ばれた廃人の兄妹が神とのチェスに勝ったため
異世界に召喚される

転送先の世界は先の大戦により
種族が階級制になっており人間の序列は最下位

たまたま出会った皇女ステファニーから聞きつけると
乗りかかった船だからと人類復権へ
上位種族とゲームバトルをくり広げると言う展開

主人公空はゲーム中では沈着冷静で
常に相手の嗜好を読み取る事が出来る

逆に白は理論のないゲームで
圧倒的な計算速度と戦略で勝利を奪う

足りない所を埋めるから空白と言っていたが
二人の性格も真逆であり

さくら荘からのラインとあって
個人的にはそこは楽しみに見ていた

皇女ステファニーは基本コメディリリーフで
出番の時は対外酷い目に合っている
日笠陽子氏の熱演も相まってとても愛らしい

アニメではジブリールとの戦いに勝利し
召喚した神テトがおもむろに出て来て終わったけれど
映画版はどこまでやったんだろう

投稿 : 2021/07/04
閲覧 : 73
サンキュー:

3

おでん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

うーん…

※批判的意見多めのため閲覧注意

観る前からわかってはいたがやはり主人公のクセが強い
というのも俺TUEEEに厨二持ちという相当な感じです
やっぱりそれが影響して視聴中とにかく不快感を覚えるシーンが多かった

またゲームに関しても高度な頭脳戦をするわけでもなく基本的にイカサマやルールの穴をついていくって感じで展開されていきます(戦略について説明不十分の時がある) 正直「スゲー!」とか「まさかそんな方法で勝ちにいけるのか…」的な驚きはなかったですね うんこれは多分先にゲームの必勝法考えた上でゲームのルールを必勝法が生きるように作成している感じですね(そういう意味では作者が先にルール作った必勝法を後から考えてゲームをとっていくカイジは偉大)

よって白熱の頭脳戦のようなものを期待してみるとおそらく楽しめないかもです… 私ももともと高評価であったため期待してみましたがちょっと合わない感じでしたね…

まぁ批判したいところはそこぐらいでしょうか 個人的には作画もちょっと目が疲れる感じでイマイチでしたがそこは好みの問題だと思うので触れないでおきます

一番良かった点としてはやっぱり主題歌 実は後半戦になるともう観るのが苦で仕方がなかったのですが(ゼロを観るために全部視聴しなければいけなかったので視聴続行)その時に毎回流れる主題歌の部分だけ唯一楽しめた場所と言っていいほどでもあった
This game を歌うのは後々超人気アニソン歌手となると鈴木このみさんですがやっぱり素晴らしい歌唱力ですね… そういう意味では主題歌を生み出しただけでもこのアニメが生まれた意味というものはあるのでしょう

とりあえずそのうちゼロ観てきます そしたら評価変わるかもしれないです

投稿 : 2021/06/11
閲覧 : 205
サンキュー:

5

ネタバレ

遊微々 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

「賭郎」って偉大やったんやなぁ・・・

リベンジマッチ2本目。

視聴理由
その1、OPだけは知っていたから。
その2、キャラデザは割と好きだったから。
その3、当時公開されてた劇場版がやたら高評価だったから。

断念理由
その1、駆け引きという名の屁理屈の押しつけが薄ら寒かったから。
その2、主人公のキャラがキツイ。
その3、設定がそもそも破綻し過ぎていて緊張感が0。
そん4、当時『嘘喰い』にドハマりしてたから。

てなわけで放置してましたが、頑張って再視聴しました。
結論:「孫に比べれば全然見れる!」
・・・・果たしてこれは評価していると言っていいのだろうか?

真面目に頑張って見所探してみました。
一つは作画。大きく崩れたところもなく、アクションシーンの見せ方もところどころ「おお!」と唸るところはあったので概ね満足。キャラクターデザインも他作品と比べるとそこそこ特徴的で嫌いではないです。
二つ目は声優陣。人気どころでメインを固めていたため安定感は抜群、日笠さんは特に良かったと思います。あと茅野さんのこの手のキャラクターは中々拝めないので新鮮でした。
三つ目はOP。普通に良曲だと思います。本編見る前から聴いてはいましたし。映像も悪くなかった。

が、肝心の物語とキャラクターについては正直見出せる長所が・・・
なんとか完走には至りましたが、例の劇薬で抗体を作ったおかげなところはあります。
以下、悪いと思った箇所。かなり辛口なので今作が好きな人は注意してください。
{netabare}やっぱり駆け引きが浅い。屁理屈の押し付け合いみたいになってしまっているところ。はっきり言って寒い。
あとただキャラクターのスペックの設定を語らせてスゲースゲーと持ち上げたところで、それを納得させるだけの説得力ある描写を付随しなければただ作者のオ〇ニーを見せつけているのと一緒です。敵サイドのオツムが少々残念すぎるのもマイナス。作画や演出に関しては特段問題を感じなかったので、これは単純に原作そのものの技量に原因があるのでしょう。
そしてなにより設定が破綻し過ぎている。最大の原因が「暴力」の排除。
恐らく純粋なる駆け引きのみの勝負に持ち込ませるためにこの設定を世界観に付け足すことで違和感を無くそうと試みたのでしょうが、はっきり言って愚策であり一番の問題点になってます。
そもそも武力・暴力が一切介入しない世界においては、種族の差、身分の差は何の意味も持ちません。人々が何故不当な圧政を強いられてもそれに対して反抗が中々できないのか、それは当然圧倒的な暴力によって自分の命が脅かされる恐怖があるからです。
それを無くしてしまっては彼らが強者に従う道理はありません。「やれるもんなら力づくでやってみろ、まあその力は使えねえけどなww」で終わりです。
なのに貴族がどうだの序列がどうだの、成立するかそんなもん!って感じですよ正直。上位種族とかがやたら威圧感ある感じで迫ってますが、「どうせ力使えないんでしょ?」という感情が先行してしまって何をイキってんだこいつら?としか思えないですよ。緊張感も何もあったもんじゃない。

この点『嘘喰い』は本当に素晴らしかった・・・。知力だけでなく暴力の重要性についても言及し、負けた相手が自前の武力によってその勝負の結果を有耶無耶にしようと試みても、「賭郎」の存在によってそれを簡単には許さない、これこそ設定の妙というものです。
また読者を惹きつける劣勢の描き方と予想を裏切る駆け引きの数々。ノゲノラは本当にピンチ描くのがヘッタクソだなーと思いました。劣勢が全然伝わってこない。嘘喰いは圧倒的ピンチのハラハラ感がビンビンに伝わってきたものです。しかし貘さんが一度カリ梅かじるとそのピンチが一瞬で安心へと切り替わる、本当にあの設定は巧かった!
駆け引きに関しても秀逸で、特に印象に残っているのがラビリンス編、貘さんが雪井出との勝負にわざと負けることで、屋形越えの敗北を押し付けるシーンなんかホント痺れるものが・・・

っていつの間にか『嘘喰い』の話になっとるやないかーい!
{/netabare}

うーん、まあまずまずってところで。
ちなみに映画は神です。本作は世界観捉えるための前菜とみなしましょう。

投稿 : 2021/05/05
閲覧 : 289
サンキュー:

28

ネタバレ

シロクロ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

途中からわけわかんなくなった笑

設定が曖昧だからチェスのところら辺からちょっと理解しにくかった。好みが分かれる作品だと思うから好きな人は好きなんだろう。自分にはあまり合わなかったけど、OPはめっちゃかっこいい!

投稿 : 2021/04/29
閲覧 : 175
サンキュー:

3

ネタバレ

きゅう さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

さぁ_ゲームをはじめよう



【観了】

2014、リアルタイム

【歌】

OP「This game」鈴木このみ
ED「オラシオン」白(茅野愛衣)


【ポイント】

・盟約に誓って(アッシェンテ)!
・おっぱい最高
・兄妹愛ってか空白最高
・いづなたんの口の悪さ+です、が最高
・パンツを賭けるゲーム最高
・あまり、人類をナメるんじゃねぇ
・空白に敗北の二文字はない


▼十の盟約
【一つ】この世界におけるあらゆる殺傷、戦争、略奪を禁ずる
【二つ】争いは全てゲームにおける勝敗で解決するものとする
【三つ】ゲームには、相互が対等と判断したものを賭けて行われる
【四つ】゛三゛に反しない限り、ゲーム内容、賭けるものは一切を問わない
【五つ】ゲーム内容は、挑まれた方が決定権を有する
【六つ】゛盟約に誓って゛行われた賭けは、絶対遵守される
【七つ】集団における争いは、全件代理者をたてるものとする
【八つ】ゲーム中の不正発覚は、敗北と見なす
【九つ】以上をもって神の名のもと絶対不変のルールとする
【十】みんななかよくプレイしましょう

テンポよくて全然飽きずに楽しめた!
OP/EDともに神曲


【追記】
映画化ありがとう!!!!!!!!!!!!!!

投稿 : 2021/04/22
閲覧 : 186
サンキュー:

7

ニック さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 2.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ゲームばかり、勝ちまくりのゲームかと思ってた

序盤の展開は、高スピードで進むカイジ的なストーリーだったので惹かれました。
ジブリール戦は面白かったけれど、中二病っぽいセリフや9話の展開はあまり好きではない。

完結するの大分先になりそうだな・・・

投稿 : 2021/04/21
閲覧 : 167
サンキュー:

2

ネタバレ

たにぐー さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

もう、なにこれっ、、、超神ゲー!

引きこもりでニートの天才ゲーマー兄弟『 』の異世界奮闘記。

とりあえず、空白に敗北はないの♪
こいつら強すぎww強すぎてムカつくww
あ、白ちゃんのことじゃないよ、空だけだよww
この二人が勝つことは分かってるつもりなんだけど、演技上手すぎてもしかして、、、って思ってドキドキするけどやっぱり勝って実は演技でしたwwみたいなのが腹立つわーww
俺はこんなにドキドキしてるのに!それもお前らの計算のうちか!みたいなww
でも、ムカつくんだけど、この二人、大好きですww

ストーリーはけっこう難しくて、自分は三回見ないと分からなかったとことか多々ありました。
でも分かると超スッキリ!
もう、空さん、白さんマジぱねぇす。
とんでもない勝ち方のはずなのにおかしいって思うところが全くないので感心してもしきれないです!
あと、パロネタもあって、とくにラピュタネタは「おい!w」ってなりましたww

キャラは可愛いは大正義!の名のもとに、可愛いキャラばかり です!
そのなかでもいづなたんマジ天使 です!
CVも沢城みゆきさんで、ほんとオメガグッジョブ!
けも耳っ娘さいこー!プラス、幼女さいこぉぉぉお!
白ちゃんの「兄ぃ」って呼び方も聞くたびにキュンキュンしました!

作画も作品の雰囲気に合った感じで良かったし、音楽もOP、EDともに良曲でした!
是非とも二期見たいです!

最後に、白ちゃん、、、、、、、、、かわいい縞ぱん。はい、すんませんした。

投稿 : 2021/04/10
閲覧 : 296
サンキュー:

52

ネタバレ

ペン太郎 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

続編に期待かな。。。

最後の終わり方からして続編はあるのだろうけど、個人的には妹とのスキンシップには倫理的にあまり受け付けなかったので、高い評価をすることができなかった。
ノゲノラにラブコメ展開を期待するのは間違っているのかもしれないが、もうちょっとヒロインを立てて行ってもいいのではないかと思った。
ストーリー自体にはなかなか頭脳バトルと言った中身の濃い話だったのだが、その分、あまりストーリーの進展が遅いように感じた。

投稿 : 2021/04/06
閲覧 : 43
サンキュー:

2

haru さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

しろかわいい

続きが気になります!他にはない作画で、ゲームの世界観が表現されている感じがして、個人的には好きでした。ゲームに勝っていく感じがスカッとしました。キャラも可愛いくて、面白くて、楽しく見られるアニメですね。

投稿 : 2021/02/27
閲覧 : 38
サンキュー:

2

ネタバレ

仁烏 さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ちょっと変わったファンタジー

松岡禎丞検索で引っかかったので見た。
ゲームがすべてを決める世界とは、面白い設定だと思った。
空白がすごすぎて、これがチートやんと思ったけど安心して見られる分面白かった。
途中っぽいからなんとも言えないけど、本当にゲームに関してしか描かれていないから、今回はうすーい感じで終わった。
頭のいい人はそれだけでちょっとかっこいいね。

投稿 : 2021/02/23
閲覧 : 64
サンキュー:

2

ネタバレ

カービィ さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

面白かった!

このアニメは作画が凄くて、具現化しりとりが面白く、最後の方のいづなとの戦いも作画を維持しつつ描かれていて面白かったです。

投稿 : 2021/02/22
閲覧 : 59
サンキュー:

2

ネタバレ

モズカッちゃん さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ゲーマー兄弟がファンタジー世界を征服するそうです

すべてがゲームで決まる世界。
でも実際は、ばれなきゃイカサマ放題し放題の人間に不利な世界。

そんななかで、不利をも生かして無双する
“空白”二人のコンビネーションは観てて楽しかったですね。

まぁ、この二人はイカサマよりイカサマみたいなことを
やってた気がしますが
とりあえずすごいの一言で片づけときますw

会話のコンビネーションもよくて
ほんと仲の良すぎる兄弟といった感じでテンポも良く
あと、パロネタいうときのシンクロ感が面白かったです。

だいぶ前にも一回観てて
続きが気になって原作4巻まで買ったんですが
どうも活字が苦手で1巻途中でギブアップしてしまいました。

なので、続きが気になるので二期をお願いします。

投稿 : 2021/02/11
閲覧 : 94
サンキュー:

11

yosshi____ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

アンチではないけど、何が良くてこんなに評価されてるのか分からなかった。単純に自分に合わなかったのかもしれない。

投稿 : 2021/02/06
閲覧 : 127
サンキュー:

2

ネタバレ

ぼたん さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 1.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

ただただ不快

知り合いに勧められたので視聴。

とにかく主人公が不快。

まず兄妹でべたべたしてるのがマジで無理、それだけならまだしも妹のパンチラで1話にして嫌悪感を抱いてしまった。

ゲーム合間合間に挟まるいい加減と見せかけて実はすごい事してましたみたいなのがいかにも素人が考えた主人公最強展開で不快、序盤のやる気なさげにやってたブラックジャックで最後に大逆転も不快。

極めつけはチェス回。
可愛いは正義とか言いだしたところは筆舌しがたいほど不快。その後なんかピンチになったと見せかけて女王口説きだしたところで鳥肌が立った、冗談じゃなく。

他にもいろいろゲームやってたけど似たような感じ。

これ面白いと思える人ってどういう神経してるの??真面目に。
合う合わないの次元じゃない気がする。


作画はパステル調で独特で良いと思う。
声優に関してもさんざん言ったけど松岡さんの演技自体は素晴らしいと思うし、他のキャラも違和感なかった。
上記2点だけは救い。

投稿 : 2021/02/02
閲覧 : 140
サンキュー:

3

Yajue さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

文句のつけようがありません。
美しい作画、実力のあるキャスト、インパクトのある楽曲、全てが良いです。

投稿 : 2021/01/30
閲覧 : 44
サンキュー:

2

ネタバレ

ビマ さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ないのか2期は?

この作品、自分的に『かなり惜しい』作品です。それはもう狂おしいほどに惜しい!
原作未読なのでもしかしたら原作読めば物足りなさも解消できるのかも知れませんが。

この作品、自分の好みにヒットしてるポイントが多くて、
①異世界ファンタジーには珍しい頭脳戦であること
②キャラクターが魅力的であること
③声優陣が超豪華であること
④音楽がカッコいい …なーどなど。
いいところいっぱいあるんですけど、1番『肝』となるゲーム内容というか勝利の仕方に説得力を感じにくかった(ジブリールとのしりとりはちょっと唸りましたけど)。

ファンタジー世界だけあってゲームが奇天烈…奇天烈とか今日び聞かないな。なんというか無茶苦茶なんですよね。そこが魅力でもあり萎える要素だったりするんです。
劇場版『ノーゲーム・ノーライフ ゼロ』から続く物語の流れが魅力的なだけにこの要素が変なノイズに感じるんですよね。ゲームをするのが悪いんじゃないんですよ。ゲームの内容をもっと面白く描けなかったのかな〜というのが「惜しいよ!」と、思うポイントです。

このフラストレーションを解消する為には2期を観るしかないと思うんですけど?ですけど!?

投稿 : 2021/01/26
閲覧 : 106
サンキュー:

3

ミュラー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ゲームは興味ないが面白かった

ゲーム廃人の兄妹が、ゲームで支配された別世界に行き、世界統一を目指す話。
全編ギャグ満載、有名映画のパロ満載で、見ていて非常に楽しい。
何手もの先を見越した主人公、空の戦略は聞いていてもよく分からん。
というか、現実は想定通りに動くもんじゃないよ、と思ってしまうので、どうにもご都合主義と言う感じがしてしまうのがいまいちかな。
ゲームというより、そのゲームを取り巻く戦略に多くの時間を割いていたので。
それでも、最後の最後に勝利する展開は見事でした。

投稿 : 2021/01/02
閲覧 : 107
サンキュー:

12

ハウトゥーバトル さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

後出しジャンケンでオレTUEEEEEEE

序盤 ええと

中盤 うん

終盤 ええ

この話は最強の兄妹が異世界へ飛ばされた話
ジャンルは主人公最強・シスコン・ブラコン・ゲーム
基本的に主人公最強を永遠と書き連ねているだけです。
一見苦戦してるように見せて「実はそれも戦略でした」なんて笑わせんな。
と私の友人は言っていましたが個人的にはイライラはしませんでしたね。
ただストーリーの異様なまでな単調さと、異様なまでの後出しジャンケンっぷりは見ててイライラするという方がいてもおかしくないと思います。

序盤中盤終盤と主人公最強ムーブを貫いているので、大した内容もなく、脳死でみても構わない感じです。
キャラの魅力に頼り切った展開なのでキャラが気に食わなければ即切ってください。
個人的には嫌いではなかったので、惰性半分で視聴してましたが、やはり惰性で見てよかったですね。特におもしろい場面もなく、ただただ主人公最強をかましていくだけだったので、暇つぶしというか流れ作業の一環としては良かったと思います。

先程言った通り、異様なまでの後出しジャンケンです。
例えば「なんと主人公強い!ソレに対して相手も負けじとくる!主人公裏をかいて攻める!相手は何かを使って主人公をピンチに追い込む!主人公これまでか!おおと一発逆転!実は主人公は最初からコレを狙っていた!!!!」みたいな。
完璧に後出しジャンケンですよね。予想外の展開を「主人公の最初からの狙い」と置くのは今に限った話ではないのですが、正直それの使いすぎです。たとえ何も考えずに視聴したとしてもそれが顕著になるのは制作側の怠惰としか言いようがないですね。まぁ原作を知らないので原作者の怠惰なのかアニメ制作側の怠惰なのかを判別することは出来ませんが。

監督はいしづかあつこさん。さくら荘を担当した方ですね
シリーズ構成は花田十輝さん。シュタゲや中二恋などの名作を数々手掛けた方ですね。
キャラデザは大舘康二さん。初のキャラデザだそうですね。
劇伴はSuperSweepさん。
アニメ制作はMADHOUSEさん。はじめの一歩やちはやなどを制作したところですね

作画は正直キャラデザが好きではありません。
opは深青結希さん作詞、若林充さん作曲、ebaさん編曲、名曲「Day of Dash」を歌った鈴木このみさん歌唱の「This game」
edはナスカさん作詞作編曲、白ちゃん役の茅野愛衣さん歌唱の「オラシオン」

総合評価 まぁひつまぶしに

投稿 : 2020/12/31
閲覧 : 123
サンキュー:

8

セシウス さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 2.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ほんの序盤でおしまい

 原作ラノベは未読です。
 典型的な異世界転生モノですが、転生するのが極度に相互依存しているコミュ障兄妹というのが特徴ですね。二人で「空白」を名乗る無敗のゲーマーとなっていますが片方がいないと会話もマトモにできない半端人間に描かれているのが面白いです。
 この兄妹が16種族に分かれている世界を統一して神に挑戦する、という物語ですが、戦争が禁じられて勝敗はゲームのみで行う世界における兄妹の力の発揮具合がなかなかに面白いです。知略と計算、ブラフが仲間への信頼の上に組み立てられていて主人公兄妹に感情移入しやすくなっています。
 1クールのみなので物語の序盤で終わってしまいます。またコメディシーンやパロディシーンのセンスはイマイチです。それでもストーリーは面白く、続編が見たくなる内容でした。

 作画は特徴的です。全体的な配色が、マゼンダがベースになっていて長時間見ていると目が疲れます。

 音楽はOP曲は言わずもがなの名曲ですが、劇中のBGMもゲームというよりは普通のバトルシーンに流れるような曲で盛り上がります。

 ありふれた異世界の話に飽きている人にはおすすめです。ただすぐ終わってしまうので、続きは小説を読む必要があります。

投稿 : 2020/12/28
閲覧 : 118
サンキュー:

4

take_0(ゼロ) さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

切れ味のある面白さ(複数回視聴)

ネトゲ上で無敗を誇る『  』空白・・・この段階で中二心に触れる。
そして、リアルライフなんてクソゲー。


やばかったわ。
自分が小僧の時に見ていたら「カイジ」どころじゃないわ。
人生間違っていたかもしれん。


物語の面白さは異世界物の中では一つ群を抜いていると思う。
全体的な流れ「ゲーム」よって勝ち負けを決し、物語を進めていくという点がしっかりしているからだと思う。

作画は、独特の色使いも混ざっていて、ちょっとごちゃごちゃ感はあるかもしれないけれども、特に問題はない。
全体的な雰囲気づくりに貢献しているともいえる。


声優については、全体的に合っていたし、違和感もなく、
私的に好みな方が、好みのキャラへの配置だったので満足です。

音楽はOPだけで高得点を与えても差し支えないかと、いや個人的な見解なのですが、いいOPですよねぇ。スピード感、切れ味、楽しそう、挑戦的、キャラ絵と音楽のマッチング、歌詞、楽曲、高いレベルでまとまっていて、音楽と合わせて何度も観れます。

キャラはとっても魅力的。
空、白ともにいいコンビ。
互いの信頼感もうらやましいぐらい。
ステフ、ジフほか、周囲のキャラクターもかわいらしいし、魅力的。
挙句に、ケモミミまで出て来る始末、もう困ってしまいますね。


でも、この物語の中で重要な要素の必つは、信頼感ではないかと。
空、白の信頼関係は言うまでもないのですが、各キャラもかかわりが深まっていく上でも信頼感が重要となってきます。ま、当たり前と言っては当たり前なんですけれども、

私の好きなエピソードに
ステフのお祖父さんが、連戦連敗をしながら、
情報を集め、後に来る救世主を信じ、資料を残し・・・。
と言うのがあります。

ここは泣きましたね、こういう話大好物です。
今の自分では駄目だから、後から来るものを信じて、希望を残す。
そして、その者が現れ、希望を託される。
残す方も、託される方も責任重大、これこそ「賭け」でしょう。
ベット金額は「信頼」です。

また、物語内では相手の行動を予測して勝ちを拾う場面もあります。
これもある意味「相手を信頼」しての賭けになりますかね。


とっても、面白い作品だと思います。
観る価値があると思います。

第2期も期待したいところですが、
第1期放映からだいぶたっているようですね。
ぜひとも、続きが見てみたい作品であると思います。

投稿 : 2020/12/23
閲覧 : 230
サンキュー:

16

ネタバレ

JGtEr41259 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

唯一何回も見直している神アニメ

アニメ中級者よりの意見です

【ストーリー】★★★★★
面白い!原作を読んでないので、見終わった後続きが気になりまくりました。いつか読む。
ゲームで全てが決まる世界で、現実では才能を生かす道のない社会で報われず、歯車のような世界に呆れを抱いている主人公「 」(空白)が、ゲームで全てが決まる世界で、その世界固有の存在たちと関わりながら活躍していく中に、彼らの心境の変化、成長も垣間見えます。そして所々にあるまあまあえっちなユーモア要素も、声に出して笑うほど面白い!そして、彼らがどのようにして無理難題で困難なゲームを乗り越えてゆくかというのも、1つの楽しみです。
【キャラ】★★★★★
主人公の「 」(空白)の空と白や、ステフ、ジブリール、いづな、その長(名前忘れた)やテトまで、しっかりとキャラが立っていて、それぞれの面白さもあります。ん?と思う点も特になく、濃淡もちょうど良いです。
【作画・キャラデザ等】★★★★☆
作画(特に背景描写)がイマイチって声が結構ありますが、個人的には全く気にならなかったです。むしろ、「The 異世界」って感じの世界を、現実に近いようにリアルに描くよりも、「ゲームの世界」という独特の世界を、独特の描き方で描いていて良いとすら思いました。
【音楽等】★★★★★
OP、ED、言わずもがなどちらも神曲です。EDは特に好きで、曲としてたまに聞いてます。8話のあの演出は初見とてもびっくりしましたが好きです。
《その他》
空、白、強いです。白、かわいいです。ステフ、エロいです。女性服、いいっすね。映画も最高に面白いです。某桃太郎映画よりはこっちのがもっと売れるべきだと思うなぁ……

投稿 : 2020/12/01
閲覧 : 56
サンキュー:

2

横比較無用ノ介 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

実に兵法を心得ているのだな

唯一神テトに召喚された、ゲーム廃人の兄妹。
争いは全てゲームの勝敗で決する世界で、戦力的に優位に立つ種族にゲームを挑む。
敵を油断させ、決定打を打たせる。勝ったと思わせてからのカウンター。
一見無駄に思える○○禁行為ですら、敵を誘導するための布石とは。

【痴を仮るも癲せず】
  自分に何らかの弱みがあるように他人に信じ込ませる。
【天を瞞いて海を過る】」
  敵に行動を見せつけて慣れさせておき、油断を誘って攻撃する。
そして有名な【彼(敵)を知り己を知れば百戦殆うからず】。

ゼロもいいけど2期も見たい

投稿 : 2020/11/25
閲覧 : 126
サンキュー:

5

ニワカオヤジ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 3.0 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

もしかしてオラオラですかーッ!?

●作画
安定はしてますが、人物・背景ともにパステルカラーを多用していて、人物の輪郭も赤色なので、黒色がほぼありません。なのでコントラストがついておらず、人物が背景に埋もれているために目が疲れました。

●キャラクター
レビュータイトルに書いたオラオラとは意味が違いますが、空白初め登場人物が自信満々でオラついてます。オラついたキャラ同士が戦って逆転を繰り返すのはジョジョと似てますね。

●ゲーム
物語の根幹を成しているのがゲームですが、ゲーム自体は現実世界にないものが多いので、戦略性を論じられても実感が沸きません。
ラストのゲームが一番顕著ですが、基本、
・空白がゲームの始まる前からイカサマや根回しを駆使した戦略を立てる
・勝利した後に、実は戦う前からここまで考えてました〜と空白がドヤ顔で公表
・周囲の人たちが「すげー!やっぱ空白は天才!」と持ち上げる
・視聴者も「すげー!やっぱ空白は天才!」と思う

というワンパターンで、早々に飽きました。

作者のオリジナルで、空白の裏戦略ありきでゲームのルール作ってるんだから、そりゃ上手くいくに決まってます。
例えばミステリ小説で、読者に隠されている事実があって、その事実を根拠に探偵が推理を披露して、読者がシラけるようなものです。


余談ですが、
ゲーム自体がメインテーマではない作品で、作中オリジナルゲームでの戦いといえば、幽遊白書の仙水遍が初めてじゃないかと思います。
以降、いくつか見られるようになりました。完成形はHUNTER×HUNTERのグリードアイランド編でしょうか。
そんな中で最も面白いゲーム戦と言えば、ジョジョ3部のダービー兄弟戦じゃないかと思います。
前述の通りジョジョは本作と似ているし、設定が後からどんどん増えていって良く分からないまま勝利するパターンばかりですが、そんな中でダービー戦は純粋にゲームとイカサマで戦うというのが印象的でした。


ってことで、
ドヤ顔の空白を完膚なきまでに敗北させて、スタープラチナでボコボコにしたい気持ちをレビュータイトルにしました。

投稿 : 2020/11/20
閲覧 : 150
サンキュー:

25

ネタバレ

溝呂木しょーと♪♪ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7
物語 : 1.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

全体的にきつい

よく名前聞く作品だったしゲームで勝負をするという作品というのは
知ってたので結構期待してたんだけど
全話頑張って見たけどきつかったです・・・。

【良い点】
・女の子が可愛い
見た目はみんな良い感じ、中身含めてならステフは好きかな?

・一部の展開
前王の敗北によって残したものって所は素直に評価できる!

・主題歌
どちらもいい感じ。8話の特殊ed演出は良かったし、
11話の特殊opは笑えた!

【悪い点】
{netabare}既存のものかと思わせてなんでもありなゲーム達。
それ自体はファンタジー世界だし全然良いんだけど、
ただし納得感が薄い。例えが難しいけど仮に例えるなら初期の遊戯王、
あれの良いとこはサイコロ割れとか、
氷に徐々にひびを入れていくとかゲームの解決策の
納得感と主人公に圧倒的な風格があったから。本作にはどちらもない。

チェスのとこは寒すぎて視聴切ろうかと思っちゃったし、
しりとりは比較的楽しいけどクーロンカ決着は違和感?。

キャラクターに関しては薄っぺらい。過去編もちょっとだけ描かれたけど
天才って言葉だけで終わらせて努力してここまで強くなったでもない、
苦戦に見えて緊迫感がない。
てか一番苦戦してるように見える?というか怖いのが
9話の存在を奪い合うゲームだけどあれは空提案ゲームだから
そこじゃないだろって思っちゃいます。{/netabare}

白はいいにしても空がきつい。変態思考だし、
優しそうに見えて性格の悪さが見えるし
絶対に負けないという心意気はいいとしても
こんなことも分からないのか?とか残念だったなみたいな見下した感じが嫌。
可愛いは正義-!とかやり出すノリもきつい。
あと引きこもり設定がギャグと
現実から逃げてる痛々しさでしか活きてない。
このせいでどれだけ格好つけても格好良くは見えないし、
自分たちに都合のいい世界に甘んじているだけで
結局最後まで彼らは変わらない。

パロネタが地味に多い。
さらっといれるだけならいいんだけど
ジョジョのとことかはオーバーだなーって。
せめてゲーム系ネタだけに統一しとけばいいのにと思いました。

あと話もまだまだ終わってない。1クールでやれる話じゃないじゃん。
映画版?はどうやら過去編みたいですし6年続編がないって・・・

投稿 : 2020/11/14
閲覧 : 179
サンキュー:

6

ネタバレ

ただのアニメ好き さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

。。。

自分の昔のレビュー見るとなんか変なこと言っているな。。。って思って書き直したくなってしまうんですよね(笑)
ということで3週目見てきました。

自分はなろう系みたいな作品は全然嫌いではないですし、というか喜んで観るタイプの人間です。(オーバーロードとか)
しかし自分が好きなのと作品として面白いかはまた別の話です。
正直言って物語として面白いですし設定も斬新ですがこの点数はちょっと高いですよね。
そもそもあにこれの評価自体が他の作品とか時によって左右されるので何とも言えませんが、88.9点というのは「え?」って言いたくもなりますよ。
自分にはこれがオーバーロードを超えてハルヒとほとんど同じ点数というのが謎で仕方がありません(笑)
このノーゲームノーライフというアニメがこれまでに評価されている理由は恐らく:

{netabare}1.今までに見ない作画の綺麗さ
2.世界観
3.キャラ(地味に声優陣が豪華)
4.気に入らないやつをぶっ飛ばす爽快感
(完璧に主観ですので不快に思われたらすみません。。。){/netabare}

のどれかかと思いますがそれでもここまで評価を得る作品では無いように感じます。
ちなみに個人的な印象がこちら

{netabare}1.なにやってもご都合主義がまかり道るアニメ
2.3度見返しても今一ゲームの内容が分からない(自分の頭の問題かもしれませんが)
3.ありふれる中二病設定と行動(これはある意味良い点でもあるのですが)
4.コミカルに隠されてはいるが地味に主人公たちのやっていることがエゲツナイ。。。
5.内容が薄っぺらい(というか浅い)
6.シロがめッちゃ可愛い。

などなどです。
個人的に今回見直して一番残念だと感じたところはやはり物語の「浅さ」です。
何をするにしてもとにかく浅い。
一番分かりやすい点として駆け引きが上げられます。
ゲームがメインの世界の割に全然駆け引きに緊迫感が無いです。
なので視聴者は「どうせ主人公が何とかすんだろ」みたいな感じで視聴するしかないですね。
これが良い点なのかもしれませんが、個人的には失点です。
(当時視聴したころの自分は星5つけてたような気がしますけど(笑)){/netabare}

最終的な印象として
アニメ見始めの人には手ごろの作品かもしれないがそこそこの本数観てる人だとちょっとキツイかもしれません。
個人的には「なんかかっこいい」とか「なんかかわいい」とか「なんか凄い」で評価されてるような気がしました。
同じ系統の作品だと自分ははオーバーロードとか(駆け引きなら)デスノートとかを推したいですがこれもこれで軽い感じがいいと思います。

後、{netabare}シロさん本当可愛いっす。{/netabare}

投稿 : 2020/11/13
閲覧 : 455
サンキュー:

34

scandalsho さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

白。11ちゃい。子供だから分かんない

原作未読。最終話まで視聴。

異世界ファンタジー&コメディ。
バトルはもっぱら頭脳戦。

主人公最強系だが、主人公の義兄妹それぞれに得意不得意があり、互いが補い合う事で、最強として君臨する。義兄妹の信頼関係が微笑ましい。

独特の画風は賛否分かれるかも。個人的には好きですけど・・・。

特筆すべきは声優陣の豪華さ。作品の魅力を格段に引き上げていると思います。

あと”白”と”ステフ”の可愛さはこの作品の魅力の一つかと。

投稿 : 2020/11/06
閲覧 : 1055
サンキュー:

101

damian さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ゲーム…なんだけどさ…

内容も面白いし、キャラクターも良いし、
作画も綺麗だし、すごく良いアニメだと思うけど、
「ゲーム」を題材にするなら
TVゲームをメインにして欲しかったかなぁ。

ゲームと聞いて、
ボードゲームやカードゲームを連想する人って
あんまりいないと思うんだけど…。

まぁそんな細かいことを考えなければ
ぜんぜん面白いんですけどね!

投稿 : 2020/10/21
閲覧 : 121
サンキュー:

3

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

さあ!ゲームを始めよう

ゲームの勝ち負けで人生が決まるというのがノゲラの世界。ゲームの敗者は勝者の言うことをぜったいに気かなければならい。それがたとえ王さまや国であってもだ。このシステムを利用して国王にまでなった空。この異世界にくる前はただのニートなオタクだ。そして空には白という妹がいて二人のきずなはとても強い。ゲームでは妹の方が空よりも強い最強コンビだ。ゲームに負け続けているステファニーが王女にも関わらずいじめられているから少しかわいそう。ストーリー自体は独特でおもしろい。
ラノベ原作だが、この作品の作者は漫画家でもあり、作品の作画にも関わっているらしい。独特の色使いの作画は慣れるまでは多少抵抗もあるが、けっこう見ごたえのあるすごい作画だと思う。
白が歌うエンディングのオラシオンもいい曲だ。

投稿 : 2020/09/24
閲覧 : 75
次の30件を表示

ノーゲーム・ノーライフのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ノーゲーム・ノーライフのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ノーゲーム・ノーライフのストーリー・あらすじ

ニートで引きこもりだがネット上では無敗を誇る天才ゲーマー兄妹の空と白の前に、神を名乗る少年テトが現れ、2人を異世界へと召喚する。そこは、一切の争いが禁じられ全てがゲームによって決まる世界だった。この世界で滅亡寸前の人類を救うべく、空と白の頭脳バトルが始まる。
(TVアニメ動画『ノーゲーム・ノーライフ』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2014年春アニメ
制作会社
マッドハウス
主題歌
≪OP≫鈴木このみ『This game』≪ED≫白(CV:茅野愛衣)『オラシオン』

声優・キャラクター

松岡禎丞、茅野愛衣、日笠陽子、田村ゆかり、井口裕香、能登麻美子、沢城みゆき、釘宮理恵、麦人、進藤尚美

スタッフ

原作・キャラクター原案:榎宮 祐(MF文庫J『ノーゲーム・ノーライフ』/KADOKAWA メディアファクトリー刊)、 監督:いしづかあつこ、シリーズ構成:花田十輝、キャラクターデザイン:総作画監督:大舘康二、美術監督:岩瀬栄治、美術設定:大平司、色彩設計:大野春恵、撮影監督:藤田賢治、3D監督:籔田修平、編集:木村佳史子、音響監督:明田川仁、音楽:スーパースィープ(細江慎治・佐宗綾子・江口孝宏・田中文久)、音楽制作:KADOKAWA(メディアファクトリー)

このアニメの類似作品

この頃(2014年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ