「ノーゲーム・ノーライフ(TVアニメ動画)」

総合得点
88.9
感想・評価
4975
棚に入れた
23967
ランキング
64
★★★★☆ 4.0 (4975)
物語
4.1
作画
4.0
声優
4.1
音楽
3.9
キャラ
4.1
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

MONO

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

アニメでの続編希望!

繰り返し見ていますが、何回見ても面白い!!
世界観やキャラ設定も良く、1つ1つの行動に意味があり、その伏線を回収していく感じはとても面白かったです。
自分でも考えながら楽しく観れる作品だと思います。あとは、あんな終わり方をされたらその後が気になって仕方なかったです。。
原作の方で読んではいますが、、、もし叶うのならぜひ続編を映像で見たい作品の1つです。
あとは個人的に松岡さんが好きなのでそこもオススメポイントの1つかなと。笑

投稿 : 2019/09/13
閲覧 : 37
サンキュー:

3

かなで

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

全体的に高水準にまとまった名作

[全体の評価]
原作ラノベ。天才ゲーマーの兄妹が異世界に転生する話。
何についても言えることだが「天才」を扱おうとしたとき、「そうはならんやろ」と穴が目立つとしらけるしつまらなくなる。だがこの作品においてはゲームの対戦部分においてはそのようなことがほとんどなく、見ていて気持ちよい。

[作画]
ファンタジーチックなデザインと着色。そのおかげで異世界と現実世界の対比が綺麗にできているし(1話)、雰囲気がつかみやすい(ここは原作者を褒めるべきか)。
作画の乱れなどは気にならなかった。

[声優]
ロリ。いいね。

[音楽]
良OP

[キャラ]
それぞれ個性が立っているが、潰し合うこともなくうざく感じることも(あまり)ない。種族ごとの個性というのも見受けられるし、前述の作画とも合っている。ここは映画版のノーゲームノーライフゼロを見るとわかりやすいと思う。

投稿 : 2019/08/26
閲覧 : 44
サンキュー:

2

ネタバレ

ライロキ

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

どういう勝ち方をするのか楽しむ作品

原作未読です。
主人公の兄妹に負けはないので勝つことはわかっているのだけれど
その過程を楽しむ作品ですね。最初の金貨をかけてのポーカーの
ロイヤルストレートフラッシュのいかさまがどういういかさまなのか
今だにわからないので誰か教えてください。
オンタイムで視聴していたので2期を楽しみにしていたのですが、
まさかのゼロとは。(ゼロも面白かったけど。)
2期はないんですかね。
テト役が釘宮さんでいづな役が沢城さんとは最初わかりませんでした。
声優ってすごいですね。

投稿 : 2019/08/11
閲覧 : 35
サンキュー:

4

たいが

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

OPアニメーションで痺れた。

深夜、部屋が真っ暗な中で見たあのOPの衝撃は忘れられない!
感動したよね。
静か目のピアノから壮大な世界に放り込まれる様な力強いリズムに、本当に異世界転移したような爽快感でまるで夢心地でした!!!!
是非部屋を真っ暗にして静かな場所で鑑賞してください!!!

投稿 : 2019/08/05
閲覧 : 68
サンキュー:

3

ウォレス

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

2015年7月に観終わった

投稿 : 2019/07/28
閲覧 : 32
サンキュー:

0

Ash-Lynx

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

I ♥ 人類

人類最強のゲーマー兄妹がゲームだけで全てが決定される異世界に召喚される話。"魔法"という公式チートがある中、知恵と策略のみで勝ち抜いていくのが面白い。(少し無理のある描写もあったけど)

頭脳戦ものなのに、従来(コードギアス、デスノート、アルドノア・ゼロ等)の作品と違って主人公がエロいのがポイント。天才はエロ発想もまた天才的だな。6話の超健全空間は最高だったよw

作画は枠に変な赤線があったりカラフル過ぎたりして目に悪い。まあ慣れるけど

「人類への、信頼の全てだ」はちょっと感動した

投稿 : 2019/07/21
閲覧 : 61
サンキュー:

11

アニメ好きのチキン

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

好きすぎて90周

ノゲノラが好きすぎて90周してしまった…。ちなみに6話はノゲノラの中でも大好きなゲームなので、+60周見ました。
控えめに言って神アニメです!

投稿 : 2019/07/18
閲覧 : 42
サンキュー:

2

ようす

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ここは、全てがゲームで決まる世界。さあ、ゲームを始めよう。

ラノベ原作の異世界転生もの。

あにこれでの高評価もうなずける面白さでした!

全12話です。


● ストーリー
あらゆるゲームで無敗の記録を持ち、
最強のゲーマーと呼ばれる「  」(空白)。

その現実の姿は、
ニートで引きこもりの兄・空(そら)と、
同じく引きこもりの妹・白(しろ)のコンビ。

ある日、謎のメールに返信したことにより、
異世界へ飛ばされる。

そこは、十六の種族と十の盟約が存在し、
すべてがゲームで決まる世界だった。


ゲームと一言で言ってもその幅は広く、
じゃんけんやチェス、しりとりなど、
いろいろなゲームで勝負が行われます。

でもそこに種族ごとの特殊能力が加わったり、
空と白の常人離れした策略が加わったりすることで、

普通のゲームに留まらないのがおもしろいところ。

ゲームを行う者同士で盟約を交わし、
ゲームの勝敗ですべてが決まる。

単純で楽しそうなようで、
意外と残酷な世界でもあります。

たった一度の勝負によって
あらゆるものが一瞬で奪われてしまうのですから…。

いろんな駆け引きが常に隠されていて、
私のようにあれこれ先読みして考えるのが嫌いな人間にとっては
しんどさしか感じない世界ですw

だからこそ、
傍観者としてはうってつけだったのかもしれません。笑

いろんな種類のゲームとか、策略の解説とか、
他の種族との接触とか、楽しめる部分がいろいろとありました^^


空や白の策略はすごいなと思いますが、
でもこんなにうまくいく?という気もしてしまいます。

“常人には不可能だが、空白になら可能”
という思い込ませが生きなければ成立しない流れですね。

その常人離れした策略を楽しむことができたなら、
十分この作品を楽しめます。

キャラもかわいい子が多いし、
その点の魅力も大きいかも。


● キャラクター
空(cv.松岡禎丞)と白(cv.茅野愛衣)の兄妹愛♪

お互いを大好きな二人だけど、
恋愛感情のようなやりすぎにはならないから、微笑ましく見守れます♪

他にも個性的で魅力的なキャラクターがたくさん^^

ギャグキャラなのかムードメーカーなのかお色気担当なのか(笑)、
ステフ(cv.日笠陽子)は日笠さんの演技でキャラの魅力の幅が広がっているように感じました。お見事♪

そんな中、私のお気に入りキャラは、
いづな(cv.沢城みゆき)です。

あの変な言葉遣いが、
いづなたん萌えを加速させやがるです(*´Д`)ハァハァ


● 音楽
【 OP「This game」/ 鈴木このみ 】

これは神曲…!

この作品観る前から知っていた曲でしたが、
アニメーションも含めて、この作品の雰囲気とぴったり合っていて、
より好きになりました^^

編曲が素晴らしくて、
ピアノの音がいい仕事してます(*´Д`)

まらしぃさんのピアノver.も大好きで、
最近はこればっかり聴いている気がしますw
(音源も持っていますが、youtubeで手の動き見ながら聴く方が好き(*´Д`))


EDは原作の絵がきれい♪

11話のOP「おねがい☆すにゃいぱー」は、
いづなたんの破壊力がやばかったですw

脳溶けソングですな。
沢城さんってこんな声も出せるんだ…すごい。


● まとめ
十六種族のこと、
大陸や国名などの用語がややこしいですが、

設定自体は興味深く、
空白がどのように世界を手に入れていくのかわくわくしました^^

これからもおもしろくなりそうだけど、
2期はなくて残念。

劇場版「ノーゲーム・ノーライフ ゼロ」を観たいと思います^^

投稿 : 2019/07/13
閲覧 : 67
サンキュー:

24

二足歩行したくない

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

勝負前に行った何気ない発言や約束が、意外な伏線となっています

日系ブラジル人のイラストレーター・榎宮祐が、イラストも自身が担当したことで有名なライトノベルが原作。
原作は未完結で、アニメもストーリーの途中で終わる形になります。

『 』(空白)というハンドルネームの伝説のゲーマー。その実体である兄妹・空と白は、世界をクソゲーと忌み嫌っていた。
そんなある日、突然受け取ったメールに導かれ、謎のチェスゲームが開始される。
チェスに勝利した二人はメールの送り主・テトに、全てがゲームで決まる異世界に召喚されるという物語。
異世界モノ作品で、ありとあらゆるゲームで無敗を誇る兄妹が、十六の知性を持った種と命運を賭けたゲームで戦うストーリーとなっています。
取り扱うゲームはいわゆるTVゲームのようなものではなく、勝負を挑まれた側が決めて良いとされており、トランプだったり通行人の性別を対象にした掛け、コイントスやじゃんけんなどでも良いとされ、ゲームというより運否天賦が支配する博打のようなものがツールとなることが多いです。
重要な場面ではきちんとルールの決められたゲームが執り行われているのですが、アニメで語られる範囲においては、オリジナルのカードゲームやボードゲームの類は登場せず、類似した作品で例えばカイジとは雰囲気は異なりますが、作品のイメージとしては近いものを感じました。
ただ、主人公はゲームに勝利することを至上命題と捉えており、些細なゲームであろうと知略を絞って必ず勝ちます。
敵を欺くために時に詭弁を弄する自信家であり、戦う前に勝利を確信しているため、ギリギリの博打をくぐり抜けるスリルや爽快感のようなものを楽しむ作品ではなく、主人公の思いもよらない奇策、逆転劇を楽しむ作品だと思います。
ストーリーは非常に良く練られています。
都合が良すぎる場面もありますが、一応、整合性は取れており、視聴時には勝負前に行った何気ない発言や約束が、意外な伏線となっていてハッとすることが多々ありました。

作風としては基本的にコメディタッチです。
種の存亡を賭けた戦いが行われるため、ゲームバトルや駆け引きのシーンは真面目に描かれているのですが、基本的には軽い掛け合いが行われます。
また、登場キャラの女の子率が高く、肌色率も高めです。
真面目に固く作れそうな設定ですが、主人公のハーレム作る系のアニメで、そっち方面が好きな方におすすめの作品です。
ただ、女の子はテンプレで、個人的には魅力を感じるキャラがいなかったのが残念なところです。
あと、オープニングが名曲。
私はオープニングテーマを先に知っていて、オープニグを聞きたくてこのアニメを見出しました。

投稿 : 2019/07/13
閲覧 : 17
サンキュー:

5

ネタバレ

nan-nan

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

こんな世の中だったら…。

「ノゲノラ」の様な世の中だったら自分詰んでます(笑)
全てがゲームで決まる世界…。
正にゲーム弱肉強食!
バレなきゃイカサマじゃないって点で自分は騙され続ける側の人間だと思います(^_^;)
きっとドラちゃんの様に騙されてΩ\ζ°)チーンです…。
でも、人間がイカサマを駆使して上り詰めていくRPG感は大好きです!

2期に期待✨

あっ!沢城さん、ツボです(⋈◍>◡<◍)。✧♡

投稿 : 2019/07/01
閲覧 : 20
サンキュー:

2

ネタバレ

I.S.S

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

異世界転生,主人公最強... これぞライトノベル!

 夏に映画化するということで、それまでにはと視聴開始。 
いいですねぇ! 面白かったです。 話のスケールが意外と大きくてびっくりしましたが、しっかりところどころラノベラノベしてましたね、はい。 
  以下は各分野の評価です。
     

    総合評価:86点
      
      物語:☆4.0
{netabare}良かったです。ただ、ところどころご都合主義があったかな〜、とも思います。 てか伏線未回収なんだよなぁ...{/netabare}

      声優:☆4.5
{netabare}やっぱり相変わらずSAO組(松岡さん,沢城さん)は凄かった! もちろん他もうまいけれど、ただあの二人+茅野さん(白役)が際立っているだけ。{/netabare}

      キャラ:☆4.5
{netabare}主人公、強すぎ!w かわいいし、頭良すぎ(チートとはまさにこのことDA☆)だし、おもろいし。こんな奴と仲良くなりたいですよね。ゲームはしたくないですけどねw{/netabare}

      作画:☆4.5
 {netabare}アニメーションはMADHOUSEさん。 良くも悪くも独特でした。 しかし、この作品の世界観には合ってたと思います。8話edには正直驚かされた...{/netabare}

      音楽:☆4.0
{netabare}opはいいんだよ、opは。でもedがなぁ... さほど好みってわけでもないし、入り方がワケワカラン回もあったし... まあいいかw。{/netabare}

    ...とまぁグチも挟んでしまいましたが、テンプレなハーレムものよりかはよほど面白かったです。 ていうか、これは二期ないとまずいでしょ、あの終わり方からして! 映画での発表を期待しましょう。


  追記(2017.10.25) 結局2期情報は未だなし。 頼むぜ製作委員会!
  追記(2019.6.23) どうやらようやく2期が来るらしい。 やったね!!!
   

投稿 : 2019/06/23
閲覧 : 197
サンキュー:

19

ヘラチオ

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

引きこもりが異世界でリア充に

よく分からないゲームをしても連戦連勝な話。
まあ面白いことも多いけど、主人公の性格に時折いらっとするんだよなあ。見続けたら慣れた。
ステフとフリューゲルの扱いは優しくしてほしいところ。


OP
This game 歌 鈴木このみ
おねがい☆すにゃいぱー 歌 初瀬いづな(沢城みゆき)
ED
オラシオン 歌 白(茅野愛衣)
やっぱりThis gameは名曲。絶対に欠かせない。

以下はアマゾンプライムから引用のあらすじ。
1. 素人
ニートでヒキコモリ……だがネット上では「  」(くうはく)の名で無敗を誇る天才ゲーマー兄妹・空(そら)と白(しろ)。ただの都市伝説とまで言われるほどの常識外れな腕前を持つ空と白のもとに、ある日"神"を名乗る少年・テトが現れる。テトはリアルをクソゲーと呼ぶ空と白の二人を、一切の争いが禁じられ、全てがゲームで決まる盤上の世界"ディスボード"へと召喚してしまう。

2. 挑戦者《チャレンジャー》
テトによって異世界へと放り出された空と白。そこは一切の争いが禁じられ、全てがゲームの勝敗によって左右されるというテトが定めた"十の盟約"により縛られた世界だった。異世界に住まう十六の種族のうち最弱の種族である"人類種'(イマニティ)"の国、エルキアにたどり着いた空と白は、エルキアの前国王の孫娘、ステファニー・ドーラことステフと出会い、次期国王を選定するギャンブル大会に挑む。

3. 熟練者《エキスパート》
圧倒的とも言える強運により、エルキアの次期国王を選定するギャンブル大会を勝ち進む少女、クラミー・ツェル。ステフもまた彼女に敗北し、次期国王となる資格を失っていた。ついに城内で行われていた最後の挑戦者とのギャンブルに勝利し、まさに国王として戴冠しようとしていたクラミーに、待ったをかけた空と白。二人はクラミーの背後に人類種ではない別の種族がいることを告げる。

4. 国王《グランド・マスター》
クラミーが仕掛けてきたゲームはただのチェスではなかった。チェスなんてただの○×ゲームと言い切る白さえも圧倒するクラミーに対し、為す術なく敗北するかと思われた空と白だったが、ゲームの本質を理解した空によって、決まりかけていた戦況は大きく動き出していく。エルキアの、ひいては人類種(イマニティ)の未来をかけた次期国王を選定するラストバトルは、ついに決着の時を迎える。

5. 駒並べ《ウィークスクエア》
国政をステフに押し付け、日がな一日読書やゲームばかりしている空と白。その姿に、もしかしたらエルキアだけでなく、人類種(イマニティ)全ての救世主となってくれるのではないかというステフの淡い想いは脆くも崩れ去る。一向に改善されることのない空と白のぐうたらな生活に、ついに堪忍袋の緒が切れたステフは、二人の"真人間化"を賭けて、ゲームを申し込むのだが……。

6. 一手《インタレスティング》
かつて位階序列第6位の天翼種(フリューゲル)とのゲームに敗北し、奪われてしまった国立エルキア大図書館を取り戻すべく、空たちは図書館へと向かう。空たちを出迎えたのは、ジブリールと名乗る天翼種(フリューゲル)の少女だった。空は異世界の知識を餌に、ジブリールにゲームを持ちかける。天翼種(フリューゲル)が行うゲームは伝統的に唯一つ。驚天動地のゲームバトルが幕を開ける!

7. 死に手《サクリファイス》
世界第3位の巨大海洋国家、東部連合に目をつけた空たち。しかしジブリールはいくら空と白の二人でも東部連合には勝てないと告げる。なぜならジブリールだけでなく、世界最大の国家であるエルヴンガルドでさえ、過去50年で4度挑み、いずれも敗北しているからだと。さらに前国王が東部連合に対して無謀な挑戦を繰り返し、国土の大部分を奪われていた事実が発覚する。

8. 起死回生《フェイクエンド》
負け知らずの東部連合が行う謎に包まれたゲームの秘密を暴いた空たちは、在エルキア東部連合大使館を訪れる。大使である初瀬いづなと副大使である初瀬いのを前に、大陸にある東部連合の全てを要求し、宣戦布告を行う空と白。のらりくらりと勝負を躱そうとする東部連合に対して、空たちはゲームの秘密とともに避けようのない一手を放つ。

9. 解離法《スカイ・ウォーク》
白が目を覚ますと空は消えていた。まるで最初から存在していなかったかのように、白のスマホの連絡先からも、ステフやジブリールの記憶からも消え去ってしまった空。確かに空は存在したはずなのに、状況の全てがそれを否定していた。取り乱す白を見て、ジブリールは白が勝負に負け、偽の記憶を植え付けられてしまったのではないかと疑う。

10. 指向法《ブルー・ローズ》
クラミーとフィールとの勝負に辛くも勝利した空たちは、彼女たちに東部連合とのゲームに協力することを求める。空の意図を理解するクラミーは要求を受け入れ、共に東部連合と戦うことを約束する。はれて仲間となったクラミーとフィールに対し、空は親睦を深めるために日本の伝統とも言うべき裸のお付き合いであるお風呂を提案するのだが……。

11. 誘導法《キリング・ジャイアント》
ついに始まった東部連合とのゲーム。それは仮想空間で行われるファーストパーソンシューティングだった。様々な策を練り、圧倒的な身体能力で迫り来るいづなと互角以上に戦う空たち。しかし完全に裏をかいたはずの攻撃も難なく躱されてしまい、一転して空たちは窮地へと陥る。徐々に追い詰められていく中、空をかばって白が被弾してしまう。

12. 収束法《ルール・ナンバー10》
一時的に物理限界を超える身体能力を得ることのできる血壊を発動させたいづなに対し、為す術もなく逃げ回ることしかできない空たち。全ての攻撃が見切られ、例え行動を先読みし放った避けようない銃弾であっても、そのでたらめの身体能力によって避けられてしまう。打つ手なしの状況の中で、ついにいづなの銃口が空と白を捉える。

投稿 : 2019/06/09
閲覧 : 60
サンキュー:

4

ジョガマヤ

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

opが最高

ストーリーが異世界に行ったときに起こると想像される、価値観の違いなんかも表現できています。何より頭良いキャラが好きな私にはぴったりです。
作画も安定していて満足です。エロシーンが多いのが気に入りませんが...
This gameが本当にかっこいいです。opの良さだけで評価が格上げされてます。

投稿 : 2019/05/10
閲覧 : 55
サンキュー:

2

ネタバレ

taijyu

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

主人公がチート? クリア不能のクソゲーに僅かなチートで挑む感じです

1話感想:
ゲーム好きだからか、非常に気に入りました。
主人公二人もとても魅力的ですし、世界観も良いです。

問題児たちが異世界から来るそうですよ、と何か被ってる気がしますがそのへんは気にしない方向で。

全話感想:
とてもよく出来ていたと思います。
絵も可愛くて綺麗でした。内容も良かったです。ゲームは良く考えられて居ましたし、緊迫感もありました。微妙なゲームも有りましたが。
途中の演出は非常に良かったですね。
空と白も良いですがステファニーちゃんが可愛いですね。

原作はあとから読みましたが、原作より良い部分も多分にありましたね。

主人公はチート並なのですが、どう考えてもクリア不可能なクソゲーを押し付けられているので、チートでも全然気にならないです。
むしろ発生する問題に対してはチートが大人しすぎて、毎回ハラハラします。

投稿 : 2019/05/02
閲覧 : 103
サンキュー:

5

こーひーなた

★★★☆☆ 2.4
物語 : 2.0 作画 : 2.5 声優 : 2.5 音楽 : 2.5 キャラ : 2.5 状態:----

普通

見たのが何年も前なのでそこまで記憶にはないですが、評価ほどは正直面白くなかったです。ていうかいろんなサイトの評価みてびっくりしたぐらいです。

投稿 : 2019/05/01
閲覧 : 80
サンキュー:

2

ROM

★★☆☆☆ 1.1
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.5 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

これもお子様向け

異世界系が嫌いなのが、内容がお子様すぎるんですよね。

漫画家やラノベ作家ってどうしても早咲きじゃないと売れ無い傾向にあるから、
原作者が経験や知識を持たずに作品を作るとこういう感じの作品になってしまうのでしょう。

せめてゲームの理論関連の論文数個ぐらい読んでから、ゲームを語ってくれって感じ。
よくあるあれですよ、恋愛経験ゼロの人が恋愛小説書いちゃいました的なあれ。

思考が非常にお子様すぎて、やや知能がある人には楽しめ無いでしょう。
異世界系のせいでアニメがチープかして仕方ない。

内容がなく、キャラや声優や微エロだけ楽しめる方にはおすすめ

投稿 : 2019/04/30
閲覧 : 111
サンキュー:

2

ネタバレ

セキエイ

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

いまいち

異世界に転生して様々なゲームをしてのし上がるアニメ。

チート相手に知恵で逆転するというのはまだ許せるのだが、
序盤のリアルチェスは駒が動かなかったり、士気や感情で奮闘したり、
ルール無用の強引な展開で唖然。ゲームはルールの上で対戦するから
面白いのであってルール無用になってしまえばそれはもう茶番でしかない。
パンチラや裸のエロ描写も必要性を感じないし、
声優の演技もやりすぎでうざいと感じることも多かった。

総評するとよくあるいまいちなラノベアニメ。

投稿 : 2019/04/29
閲覧 : 74
サンキュー:

3

ほのほの

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

さあゲームを始めよう

キャラデザがかなり透明感のあるものだったので、他アニメと異なり当時は結構異質に感じました。

物語もそうだけど、何より気に入ったのは疾走感溢れるOP
「This Game」を聞きたくて毎回視聴してた点も大きい

投稿 : 2019/04/15
閲覧 : 55
サンキュー:

6

シワーる

★★★★★ 4.8
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

とても良い!

観る前:なんか癖のある絵柄だなあ、自分の好みじゃなさそう。よくある異世界転生ものね。幼女も出てくるのか、なおさら不安だなあ。

観た後:信者になりました。

というわけで、引きこもりの天才兄妹が、すべてがゲームの勝敗で決定される異世界に送られるというストーリーです。カイジとか賭ケグルイみたいな駆け引きアニメが好きなら気にいるでしょう。世界観や行うゲームも秀悦だと思いました。音楽もアニメに合ってる。不満なのは物語が完結しないという点のみ。

投稿 : 2019/03/26
閲覧 : 122
サンキュー:

4

Akua

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

演出の匠・最強の兄妹

「ノーゲーム・ノーライフ」この作品はライトノベル原作・
制作MAD・HOUSE・主人公・空役松岡禎丞、ヒロイン・白役茅野愛衣
そのほか日笠陽子、井口裕香、釘宮理恵、田村ゆかり、能登麻美子などなど
どこかで声や名前を一度は聞いたことのある有名キャストが出ており、また
個人的にスタッフの方々もあまり詳しくはない私が知っているくらいの方々が
制作しているということですごく期待して待っていた作品です。
余談ですが、ラジオ談ですがアニメ放送の前に全話の制作が終了していたということで、それも時間に押しつぶされることなくしっかりと工夫を凝らした作品が
できていることを確信させてくれた要因の一つだと思います。

えーそれではまずこの作品は、細かい工夫、アニメならではの表現・演出が
すごい作品であると私は思います。
アニメはアニメ自体が2次元であり、1から作ることが出来きるという点で優れていると思うのですが、このノーゲーム・ノーライフは、それをすごく感じさせてくれる作品です。作画の出来だけでなく、その絵をどう見せるかの演出は光の強弱に始まり、効果音、声優さんの声の間、画面効果、角度、速度、などなど、
気付けば気付くほど面白くなっていきます。
その工夫のおかげか、この作品には話のストーリーやセリフ、設定などとは関係ない次元での面白いを感じさせてくれる作品です。

まあそんなことを言いましたが、ちゃんとストーリーも重みのあるいい話なんです。
まあでもそれは前述のようにアニメとして初めて触れて感じてほしいと思います。

最後になりますが、まあ早い話ちょっとでも興味がわいたなら
見てしまうことをお勧めします。あなたの感覚を広げてくれるそんな作品ですから。それでは最後までありがとうございました。

投稿 : 2019/03/07
閲覧 : 69
サンキュー:

1

scandalsho

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

白。11ちゃい。子供だから分かんない

原作未読。最終話まで視聴。

異世界ファンタジー&コメディ。
バトルはもっぱら頭脳戦。

主人公最強系だが、主人公の義兄妹それぞれに得意不得意があり、互いが補い合う事で、最強として君臨する。義兄妹の信頼関係が微笑ましい。

独特の画風は賛否分かれるかも。個人的には好きですけど・・・。

特筆すべきは声優陣の豪華さ。作品の魅力を格段に引き上げていると思います。

あと”白”と”ステフ”の可愛さはこの作品の魅力の一つかと。

投稿 : 2019/02/26
閲覧 : 525
サンキュー:

90

プクミン

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

最初の方は面白い

引きこもりの兄妹が主人公。
兄は「空」、妹は「白」、二人で「空白」。
ネトゲで「 」(空白という意味)というプレイヤー名は有名になり、無敵を誇っていた。
あまりの強さにチートじゃないかと噂される程に。

色々あって異世界へ転移させられる。
そこは全てがゲームでの勝敗で決まる世界。
勝てば国の王にもなれる。
いかさまもバレなければ問題無し。
ゲーム内容は色々で、異世界の為、独特なゲームばかりである。

最後の方は何でもありみたいになっていて、つまらなく感じてしまいました。

この作品を面白いと感じる人は多いかなと思います。
好みが分かれるかどうかは分かりません。

投稿 : 2019/02/26
閲覧 : 103
サンキュー:

9

シャメダイア

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

おもろいやんけーーー!

アニメ見てめっちゃ面白かったので原作一気買いして、現在読破してる。それくらい面白い。個人的にはジブリールとの勝負が好き。是非見て!

投稿 : 2019/02/26
閲覧 : 83
サンキュー:

3

ASKA

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ゲーマー兄妹の物語。

原作はラノベです。未読です。
ゲーマーな兄妹が異世界に転生。
その異世界はゲームで争い事を収める世界でした。
ゲーマーな兄妹は二人で一人の最強のゲーマ「空白」として元の世界で活躍していました。
なのでこの世界でも得意なゲームで色んな種族に戦いをゲームで挑んで行くお話です。
人間以外にもエルフやワービースト(獣人)など色んな種族が出てきてファンタジーの世界観です。
兄の空と妹の白のやりとりも面白いですし、所々に出てくるパロディ・ギャグも面白かったです。
映画も楽しみですし、あるかわからないけど2期がもしあるなら観たいと思いました。

投稿 : 2019/02/20
閲覧 : 86
サンキュー:

19

ネタバレ

ウィーハウック

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

もちろん面白いんだけど・・・

ストーリー内容は今更いう事はないけど、最初観た時、理解が難しい系かと思ったら結構わかりやすかった、というかゲームの最後にすべての説明をしてくれるからすごい助かる。


声は豪華、ソラ役松岡の騒ぐオタクキャラ演技ホント好き、同じクールにやっていた『マンガ家さんとアシスタントと』も似たようなキャラだったから既視感を覚えた、まああっちは全編ギャグ展開だからこっちみたいにシリアスな演技はほとんどないけど。


一応主人公最強系の代表作に入るけど、若干ご都合主義ありで運も絡む、これを主人公最強系と呼んでいいのやら、個人的には『オーバーロード』や『ワンパンマン』みたいな絶対的な強者タイプの方がしっくりくる。

投稿 : 2019/02/17
閲覧 : 73
サンキュー:

4

北海イクラ

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

世界征服・ファンタジー

ニコ動でしりとりの部分だけ見て本編きましたが、大人気の理由がわかりました。話の面白さだけでなく全体において質の高いアニメです。

投稿 : 2019/02/08
閲覧 : 77
サンキュー:

3

ネタバレ

ジャスティン

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ちょっと過大評価かもしれないが、個人的に見てて楽しかった

ずっと前から視聴していたアニメで、
異世界もので、最強主人公系の中で
一番好きな作品かもしれない。

知ったきっかけはもう記憶にないけど、
いつの間にか知っていた状態でした。

恐らく深夜アニメを見てまだ、
1か月経っていない時期に初めて見た
作品でもありました。
現在でも気分転換に視聴することや、
作業アニメとして一挙視聴することが
多い作品になっています。

●評価するところ
この作品での面白いところは、
弱者が強者を圧倒的な頭脳と戦略で
勝ち、イマニティが
どれだけ強いのかということを「証明」
するからだと思います。

私たちがアニメを見る際に
面白いと思えるのは、どういう展開なのか?と
いうことをしっかりと理解・研究した上で
制作をしているようにも見える。

この作品で一番評価が高かったのは、
具体化しりとりゲームです。

このゲームでは、実際にあるものは
消えて、ないものは現れるといったゲーム。
・一回言ったものは×
・概念や理念などの物としてないものは×
など細かいルールがあるが、
このゲームでノゲノラの面白さを実感出来ると思う。

実感すると分かる感じですが、
しりとりに入れる空の欲望と戦略のギャップが良かった
というのか、視聴者を楽しませるような
サービスシーンが一部あった後に
よく分からない世界概念の消去するといった
これはまるで「key作品の笑わせて感動させる展開」みたいだ。

また、オセロの回も話題性があったと思います。
オセロの回では、よく分からないまま
空がいなくなり、白が一人きりになる。
そして、空の存在自体もがいなくなるという
白にとっては一番辛い回。
この回が終了してからEDテーマは今でも
見てても怖い感じがするのは「空がいないから」が
いないからもありますが、色が消えるからだと
思います。色が消え、ノイズが走り、正確に
曲が聞き取れないようになっているからこそ、
不快感を視聴者に味わせることに成功しています。

●感想

ストーリー ★4.0
全体的に見れば全然展開も良いし、
ペースもいい感じだと思います。
余裕で再視聴とかも出来るので
どの回から見ても面白い展開になっている。

キャラ ★4.0
今回はキャラが全員濃いキャラで、
特に空とステフが一番いい感じです。
メンバー全員がキャラの個性があり、
それでいて矛盾的なこともなく、
キャラの拘りを凄く感じています。
全くキャラはぶれないし、
それでいて可愛いのが良い。
(可愛いからOKとかそういう意味ではないです)


ノーゲーム・ノーライフの2期が待ち遠しいです

投稿 : 2019/01/27
閲覧 : 98
サンキュー:

13

ちあき

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

良い……けど

ゲームなしじゃ生きていけない(ノーゲームノーライフ)というか、ゲームができなければ生きていけない。そんな異世界へ飛ばされた異世界ファンタジーアニメ。

視聴中は先が気になり、一気に観ました。それほど面白い作品なんだと思いますが、続編ありきの作品です。今後どうなるか期待。

原作も未完だそうです(2019年現在)

投稿 : 2019/01/21
閲覧 : 131
サンキュー:

3

ネタバレ

にゃん^^

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

問題児たちが兄妹で異世界から来るそうですよ?

あらすじはあにこれのを見てね☆

絵はきれいだけど
ネオンみたいに光ってて
ちょっと目がいたくなったかな

見おわって

男子むけコメディみたいで
バトルはないけどかわりにゲーム
強い主人公が好きだったらゼッタイ見たらいい☆

主人公は空と白ってゆう兄妹でニートだけど
とっても仲良しで信じあっててうらやましくなっちゃう^^



1話目
{netabare}
ゲームで負けたことない
空と白の兄妹が
戦争とかのかわりにゲームで勝ち負けを決める世界に
来るおはなし

コメディが多くって
ただ強いヒーローが勝ってくだけのおはなしじゃなくって
笑えるところが多いのがいいかな♪
{netabare}
盗賊でもゲームで勝たないとダメってw

チートしてもバレなかったら勝ちとか
ふつうに強くなくっても勝てるかも
{/netabare}
負けない兄妹より強そうな相手が出てきて
その相手にどうやって勝つのかな?ってゆう
おはなしになるのかな?

どんなおはなしになるのか楽しみ☆
{/netabare}

2話目
{netabare}
じゃんけん勝負w
前半は
にゃんはおばかだから何回も見なおしちゃった^^

小さなお願いってしもねたになってたー^^
空はゲームに強いだけでふつうに男子w
18禁分かっててちょっと安心

ステフのリアクションがおかしかったね(はぁ。。)

おばかだったけど
さいごはステフのお願いかなえてあげるって
さわやかだったネ☆
{/netabare}

3話目
{netabare}
えっ!?もう終わり!?
あっ!ってゆう間に終わっちゃったね

チェスだったけどチェスじゃない
なんだかとなりの関くんの将棋とかチェスとか
思い出しちゃったw

かわいいは正義ってほんとだったんだw
みんな正義のために戦うよね
自分のためだったら逃げちゃったほうがいいもん

女王攻略って
いつの間にかゲームがちがってたし^^
おばかなおはなしになったみたいだけど
でも
おもしろかった♪

さいご
戦わなくっても勝てる!って
どうするのかな?
来週も気になるね☆ 
{/netabare}

4話目
{netabare}
よく分からなかったけど勝ったみたい^^

空はゲームだけじゃなく頭いいんだね
それとも
政治とかもゲームなのかな?

空が前国王の服着てたときの絵に
前王国の服って書いてあったけど誰のまちがい?

王様の演説もよく分からなかったけど
弱者が強い?

フリューゲルはみかたになるかも?

さいごの目標は神さまテトに勝つこと
空白は負けたことないけど
空も白もしょっちゅう負けてるから
負けるのがイヤだってよく知ってるのw

よく分からないところ多かったけど
別に勝って世界征服とかしようとかじゃなく
ただ楽しいから勝ちたいって思ってて
兄妹が仲よしだから見てて楽しいね☆
{/netabare}

5話目
{netabare}
ステフはゲームと読書ばっかりしてる空白にキレて
真人間になってもらおうって何回も賭けをしたけど
負けてばっかり。。
どうして勝てないの?


ゲームに勝つにはどうしたらいいの?とか
どうして空白が
なんにもしないで読書してたの?とか

ゲームって運だけじゃ勝てなくって
いろんなこと知らないと勝てないって
ステフにも分かって
今まで空白のことばかにしてたけど
見直しちゃったみたい♪

ラピュタのパロディとかもあったし
いろんなボケとかもあっておもしろかったw

来週はフリューゲルとゲームかな?
たのしみ☆
{/netabare}

6話目
{netabare}
とってもおばかでおもしろかったw
(しもねたもいっぱいだったけど^^;)
それに
いろんな物とかが絵になってすごかったね!

リソスフェアとか
さいごクーロン力とか
意味がよく分からない言葉で勝ったから
なんだよくか分からなかったけど
勝ったからいいんだよね^^
{/netabare}

7話目
{netabare}
ドラちゃんw(ステフ)のおじいさんの元国王は
トーブ連合に8回もいどんで負けたの
でもそれって何かヒミツがあるみたい。。
あと
空と白はほんとの兄妹じゃないのかな。。


人類なんか信じない
でも
人類って信じられないことをしてきたから
(星に行ったりとか)

「人類の可能性を信じてる」って空が言ってたけど
ステフのおじいさんも人類の可能性を信じて
ステフにカギを預けたんじゃないのかな?
それがきっと空白で
これでぜったいトーブに勝てるよね☆
{/netabare}

8話目
{netabare}
トーブの大使館に
空白たちがアポなしで入れたのって
ほんとは心が読めないのに読めるってゆうワービーストに
うそをついたのかな?(たぶん)

終わりのほうで空は
「トーブ連合をのみこむさいごのピース手に入れるぞ」
って言って白を置いて行っちゃった
白が起きたらステフは空のこと覚えてない。。

それって空は
勝つためのヒントを手にいれるのに
今回は負けても次にはぜったい勝てるゲーム
しに行ったってゆうことかな?
(もしかして勝てたら大成功で
負けてもゲームをしてない白はそのこと覚えてるから)

それってどんなゲームなのかな?
おばかなにゃんは分からないけど
天才の白だったら勝つ方法が分かるんだろうなぁ^^
{/netabare}

9話目
{netabare}
今日のゲームはルールとか
オセロのコマをおく場所がちょっとでもずれてたら?
とかってよく分からないところがいろいろあったけど
空と白がおたがいのこと信じてたから勝てたって思う
{/netabare}

10話目
{netabare}
東部連合とゲームする前に
おたがいのことよく知るのに自己紹介
そして
おふろ!?
今週はぜったい男子向け^^
たぶんDVDとか買うと湯気がなくなるのw

おはなしは
ほとんど進まなくって
さいごにTVゲーム(?)の世界に行っておわり
でも
ファンタジーの世界のファンタジーって
空白たちのリアルな世界なんだね

リアルな東京でやるゲームってなんだろうな?
{/netabare}

11話目
{netabare}
にゃんは
あんまりゲームってやらないからよく分からないけど
モンスターとかにおそわれてやっける
のモンスターのかわりが女の子ってゆうかんじなのかな?
さいごにいづなを撃ったら終わり?

バトルが多かったけど
ゲームだからたのしくできればいいかな?
いづなはゲームの楽しさを思い出したみたい♪

さいごは白の撃った球が通りすぎたかなって思ったら
ジブリールの球に当たってはね返って
いづなに当たったのかな?
それとも変身したみたいだったけど
まだ何かあるの?
{/netabare}

12話目
{netabare}
OPもEDもなかったけど
あっとゆう間に終わっちゃったね

11話目で球がいづなにあたりそうになった後
ちょっといづなが勝ってたみたいだったけど
それもちゃんと考えてあって
やっぱり空白の勝ちだったね☆

その後も巫女さんとコイントス
いつもみたくよく分からないところが多かったけど
また空白が思ってたとおり。。

いろんなことがチェックメイトって言ったときに
もう考えてあったってすごい☆

さいご
今まであきらめてたクラミーも
空白たちのこと見てたら
明るくなってきたみたい♪

つづきはいつ来るのかなぁ?
楽しみだねっ☆
{/netabare}

投稿 : 2019/01/07
閲覧 : 1839
サンキュー:

268

リント

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

おもしろ

好き

投稿 : 2019/01/06
閲覧 : 105
サンキュー:

2

次の30件を表示

ノーゲーム・ノーライフのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ノーゲーム・ノーライフのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ノーゲーム・ノーライフのストーリー・あらすじ

ニートで引きこもりだがネット上では無敗を誇る天才ゲーマー兄妹の空と白の前に、神を名乗る少年テトが現れ、2人を異世界へと召喚する。そこは、一切の争いが禁じられ全てがゲームによって決まる世界だった。この世界で滅亡寸前の人類を救うべく、空と白の頭脳バトルが始まる。
(TVアニメ動画『ノーゲーム・ノーライフ』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2014年春アニメ
制作会社
マッドハウス
主題歌
≪OP≫鈴木このみ『This game』≪ED≫白(CV:茅野愛衣)『オラシオン』

声優・キャラクター

松岡禎丞、茅野愛衣、日笠陽子、田村ゆかり、井口裕香、能登麻美子、沢城みゆき、釘宮理恵、麦人、進藤尚美

スタッフ

原作・キャラクター原案:榎宮 祐(MF文庫J『ノーゲーム・ノーライフ』/KADOKAWA メディアファクトリー刊)、 監督:いしづかあつこ、シリーズ構成:花田十輝、キャラクターデザイン:総作画監督:大舘康二、美術監督:岩瀬栄治、美術設定:大平司、色彩設計:大野春恵、撮影監督:藤田賢治、3D監督:籔田修平、編集:木村佳史子、音響監督:明田川仁、音楽:スーパースィープ(細江慎治・佐宗綾子・江口孝宏・田中文久)、音楽制作:KADOKAWA(メディアファクトリー)

このアニメの類似作品

この頃(2014年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ