「ログ・ホライズン 第2シリーズ(TVアニメ動画)」

総合得点
70.9
感想・評価
931
棚に入れた
5457
ランキング
1070
★★★★☆ 3.7 (931)
物語
3.8
作画
3.5
声優
3.7
音楽
3.6
キャラ
3.8
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ログ・ホライズン 第2シリーズの感想・評価はどうでしたか?

shitasama さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

作者の問題はともあれ

作者がやらかしたのは放っておいて

3期は嬉しい😃

この件だけでNHKに金払っていて良かった(笑)

投稿 : 2021/01/22
閲覧 : 16
サンキュー:

3

ネタバレ

Jun さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

RPG系異世界を案外真剣に設定しているが、

三期を見る前に復習のつもりで。

一期とは違い、戦術の駆け引きはあまりなく、新世界と対峙する個人の感情がテーマのよう。

新世界の全体像を描こうとして、25話の中で主人公が次々と替わる。

現実が辛くても日本社会に復帰したい人の視点、大地人と仲良く現実逃避していたい人の視点。自暴自棄になって大暴れしたい人の視点。冒険者になりたい大地人、冒険者を利用したい大地人。

伝えたいことはNHKらしいことなのだが、話数の関係で、次々と別のテーマが同時進行していく。加えて、なぜ異世界に転移したのかというSF的謎解きも回収していかないとならない。

結果、この二期はそれぞれのキャラに深みが出て愛着も湧いたが、その他の数も増えて、結局雑多なモザイクのような話になった。

まだ風呂敷は広がってゆく。

投稿 : 2021/01/14
閲覧 : 37
サンキュー:

5

§オルガ・スターク§ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

★★★☆

2020.12.25 ★★★☆(3.6) 初回評価

投稿 : 2020/12/25
閲覧 : 15
サンキュー:

0

ネタバレ

101匹足利尊氏 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

心の壁を突き崩すレイド

【物語 4.5点】
ついに詳述される<冒険者>が体験する“死後”の世界。
現実世界への帰還方法の手掛かり?

解決に向けた可能性も提示される一方、
<異邦人>や<典災>など新たな要素も追加され、
謎解き面では、<ミナミ>や大陸にまで大風呂敷が広がり、
スッキリしないまま終わる2期。


だが、テーマ面では、この異世界で生きることを問うた
群像劇として充実の一途。

前半、シロエやアカツキが大規模レイド戦闘に挑む中で、
現実、異世界通じて、初めて他者に心を開き、仲間と前向きに生きる希望を探求。

シロエが{netabare}デミクァスの名をやっと言い間違えずに呼ぶシーンや、
<口伝(くでん)>を求めるアカツキが心を開かない姿勢を
周囲の女子に咎められるシーン{/netabare}などが印象的。

一方で中盤以降、{netabare}自死を繰り返し現実世界の追憶体験にすがる{/netabare}
<オデュッセイア騎士団>の狂気を通じて、
こんな異世界で生きることへの反論も提示されテーマは深化。

{netabare}にゃん太班長VSロンダークの列車上の戦闘&論戦{/netabare}に<冒険者>の葛藤が凝縮。


【作画 3.5点】
アニメーション制作・スタジオディーン(1期・サテライトから変更)

引き続き、作画カロリーを落す所は落しつつ要所を押さえる配分。

が、背景美術は大陸などの新規ロケーション、
さらには異なるデザインで描く現実世界にいた頃の追憶シーンなど、
決して楽な使い回しではない。

大規模戦闘も続く中、バトルシーンでは、
群衆描写、エフェクト等の演出で作画要求に応える。


主人公・シロエもより、つり目が強調されるなど、
デザイン変化に戸惑う方もいるかもしれませんw

因みに、シロエの肩にのしかかる重荷も、
<アキバ>→<ヤマト>から世界規模に拡大したためか?
思案して眼鏡を押さえるカットが1期より増加w

ここは{netabare}ヘンリエッタさんの眼鏡吹っ飛ばしビンタで目を覚ましてもらいましょうw{/netabare}


【キャラ 4.5点】
ヒロインズ掘り下げターンでもあった前半の“アキバレイド”
上辺だけの萌えキャラじゃないことを証明後も収まらない乙女心は、
バレンタインで開花♪この世界の“女子力”は凄いのだぞw

その最中、大陸では噂のカナミが本格的に登場♪
アカツキ&ミノリ、シロエと三角を形成する両ヒロインも気になって仕方が無い、
巨乳の天敵候補は現実では、まさかの{netabare}人妻、一児の母。{/netabare}
だが、シロエがカナミを語る表情は他とは明らかに違う。
今後もシロエ三角周辺は波乱含みですw


他には街の銀行業務、衛兵システム管理を担う供贄(くにえ)一族。
{netabare}シロエのサブキャラが依り代の<吸血鬼>{/netabare}という特殊なポジションのロエ2(ツー)。
キーパーソンが、ゲーム→リアル異世界へと変貌していく世界観を補強。


【声優 4.0点】
新キャラの自称美少女アイドルで男の娘の、てとら役・藤井ゆきよさん。
自慢のウザボイスで直継に絡むなどムードを盛り上げるw


ウィリアム役の中村 悠一さんによる、ネトゲ・ギルドマスターの誇りを賭けて、
レイド仲間に発破をかける長演説も印象的。

私は、大学時代、研究室の後輩を廃人にしたMMOは
一生食わず嫌いで行くと決めているので、
相容れない部分も多い内容でしたが、
真剣に生きるというテーマに沿った、想いの熱量は伝わって来ました。

ネトゲも中途半端に投げ出せば元・廃人の負け組。
だが突き抜ければプロゲーマーとして輝いたりもする昨今。
彼らが半端者で終わらないことを祈ります。


一方、ここまで軽い中にも知性が滲む口調で、
この異世界の本質に迫る重大な見解を示してきた、
<大地人>リ=ガン役の藤原 啓治さんは2期が聞き納め……。

3期以降の多田野 曜平さんのいぶし銀に期待しましょう♪


【音楽 4.5点】
劇伴は高梨 康治氏の続投。特色のシンフォニックロックはより洗練。
特に「~メインテーマ 2014 ver」はその完成形と言える逸品♪

OPもMAN WITH A MISSION「database feat.TAKUMI(10-FEET)」の継続。
OP映像も引き続きストーリーダイジェスト型。
概要をネタバレしても面白いのは中身が詰まっている証拠。

EDはYun*chi「Wonderful Wonder World*」
“で、で、で、で、出掛けよう”と弾けてサビに突入する元気ソング♪
相変わらずED映像のアカツキちゃんはデレデレですがw
2期ではシロエ以外の周りも見え、賑やかになった印象。


何より、五十鈴の挿入歌。
現実世界の頃から燻っていた彼女自身の想いの発露であるだけでなく、
語り尽くされていたと思っていた
<大地人>の価値観を発掘するトリガーにもなりました。

{netabare}この世界の43番目の歌「バースデイソング」ステキでした♪{/netabare}


【感想】
来年1月からの3期放送に向けて展望を語るスタッフたち。
恐ろしいのは、1期には3期の伏線がたくさん詰まっているという発言。
まだ未回収ネタが潜んでいるのか?と戦慄しますw

ですが、振り返れば1期→2期でも
フレーバーテキストの現実化など思いも寄らない伏線回収があった訳で、
3期では、そんな所が重要だったのか!
と驚かされる期待も持って視聴に挑みたいと思います♪

投稿 : 2020/12/17
閲覧 : 273
サンキュー:

25

BLEU62 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

一期に比べてややパワーダウン気味。3期に期待。

バトルや冒険もあっていろんなキャラの絡みで面白くなりそうで、いまいち乗り切れなかった感じ。

投稿 : 2020/12/16
閲覧 : 73
サンキュー:

2

ネタバレ

ぺー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ログホラ依存 VS ぼくもらい損

原作未読 全25話

1期も25話あったのでここまでしめて50話とボリューミーです。
3期やることを知ってるので未完だと事前にバレてるとこからの視聴です。この2期25話を使って掘り下げたと見るべきか、逆にだらだらと引き伸ばしやがってとなるかは微妙。やや前者寄りかなと評価している『ログ・ホライズン』2期でした。

閉じ込められたところはプレイ時と微妙に異なる世界が拡がっている。
違和感を修正しながら、ノールールな世界に秩序をもたらしつつ現実世界に戻る鍵を探る。『シムシティ』『A列車』の街づくり。『信長の野望』の国造り。解説付きプレイ動画みたいなとこありました。

戦闘では「バトルの見ための面白さ」「独自設定の説明に納得する」「戦闘明けの新事実発覚への期待」なんてのがお楽しみ要素でした。
街づくりや擬似外交は良い意味で政治要素を含み、納得感のある意思決定プロセスを踏んでました。

 でもこれの延長だけでは飽きるでしょ?

街づくりシミュレーションゲームも強くなってしまえば作業ゲームに成り果て陳腐化します。戦闘も敵方に新しい要素を入れ続けないと飽きてくるので後々の整合性を保つことがきつくなってきます。

という事情があるのかないのか、中心人物のシロエやアカツキらの露出を下げてサブ達が活躍。作品評価爆上がりせずとも安定してるように見えたのはそんな不断の努力があったからでしょう。


実はちょっと危惧してたことがありました。1期レビューの締めで触れてたこと。
この世界に慣れて正常性バイアスが働き、いつまでもこのまんまみたいなのでダラダラ続くようだとちょっときつくなるかもしれません、と。

懸念通り日常回多め。主要人物から周辺キャラへシフトさせ目線外しをしてそうに見える展開。
なんですが実際はやや違いました。ギリ踏み止まったと感じます。

戻りたい戻れない。帰りたい帰れない。だけではなく、この世界に居続けたい。戻りたくない。帰りたくない。期間が長くなるにつれての人心の荒廃にきちんと触れていた2期だったと思います。
中間地点の位置付けな2期において心ならずも閉じ込められた人たちの葛藤描写があったことは僥倖でした。これがあったおかげで3期も楽しめそうです。ではLET'S 3期!



※ネタバレ所感

■モラトリアム

大地人(元NPC)を除き現実世界から連れてこられた冒険者は死なない世界です。
これキツイですよね。元の日常への憧憬があればあるほどしんどいです。振り返ると当方ゲームに閉じ込められたり異世界に飛ばされたりする作品の評価がそれほど高くないです。現実世界での傷を慰撫する傾向が強いことが理由。なお現実世界と謝絶しリセットして無双するやつは論外。
その嫌ーな感じの部分にきちんと向き合っていて好感を持ちました。

{netabare}某メガヒット映画のプロモ映像でこうありました。

「老いることも死ぬことも 人間という儚い生き物の美しさだ」
「老いるからこそ死ぬからこそ 堪らなく愛おしく 尊いのだ」と。{/netabare}

{netabare}具体的に触れたのが第19話。こぞってワイバーンに潰されにいく騎士団の面々。常時は目が死んでいて死ににいく時は恍惚としてて、トウヤの葛藤と合わせてやっと深淵に触れたと思える回でした。{/netabare}

現実はこうである。今いる世界はこうである。よって…に対して多様な想いを用意してましたね。



■{netabare}シルバーソード/ウィリアムの厨二演説(第10話){/netabare}

普段なら鼻で笑ってたかと思います。

{netabare}ウィリアムさんの回想。面罵される日々。

「で、それって何の役に立つの?」
「へー…ゲーム?」
「いまどきPCで?ソシャゲでよくね?」
「休日に家にいるの?」
「お前、カラオケとか誘われなさそうだもんな。」
「パソコンに話しかけんでしょ?」
「もっと将来に役に立つ趣味にすれば?」
「まあそういう人もいるよね」{/netabare}


正論。というより私も同じ考えです。


{netabare}レイドボス3体同時出現で心が折れそうなメンバーにどう声をかけたらいいのか?
それで感動的な劇伴を背後に、ウィリアムさんが捻りだしたのが以下↓文字おこし

それじゃあいつらと同じじゃねェか
分かった風な顔して有り難いアドバイスとやらをしてきやがった
そうだと思うよ。それがどうした。クソくらえだ
負けちまったぜ。全滅だ。もうお終いかもな。無駄だったんだろう
連中がいつも言うように俺たちが馬鹿で愚にもつかないことをやり続けてきただけなんだろうよ
引き籠りのゲームジャンキーだ。廃人だぜ!

でもそれがどうした。そんなの先刻ご承知なんだ。わかっててやってるんだ
でも俺たちはゲームが好きなんだ。これを選んだんだ。これで終わりでもいい

だがよ。ゆずれねぇ。ゆずっちゃいえねえもんってものがあるんだよ。たいしたことないさ
レイドに負けただけだ。そんなことはよくあることだ。ショックを受ける必要なんてない
だってこんなのサーバーに記録された勝敗データが1個増えるか増えないかってだけのことじゃないか
ゲームなんて子供の遊びだ

神様にだって無駄だったなんていわせねぇ
サーバーに記録されたビットの情報に何の意味があるかって?
あるんだよ意味が。俺があるって決めたんだ!
それは凄くて素晴らしいもんだって俺が決めたんだよ
神様の決めた正しい価値ってもんがあってそれが万人に通じるはずだとか…
そういう与太を信じてる連中にはわからねーよ
どんなにアホに見えたって、偽物じみた金ぴかだって俺が…
俺たちがそれは凄いと思ったらそれは凄いんだよ
それが選ぶってことじゃねーか。俺たちは選んでここにいるんだ!

俺たちはエルダーテイルで過ごした。長い長い間過ごした
そこに強敵が現れて、俺たちは剣だの弓だのを担いで突撃するんだ!
わーっって叫んでガキみたいに突っ込むのさ!
そんでもって勝ったり負けたりするんだよ
あーそうだよ。全部サーバーの上でビットがパカパカ1になったりゼロになったりしてるだけだよ
それがどうした?俺たちはそのために血道をあげてるんだ。それがすげーんだ

勝ったら大喜びで戦勝記念だ。幻想級を山分けで乾杯だ
負けたら悔しくなってそのまま反省会で、日を跨ぐまで騒ぐんだよ
くだらねぇって言いたければ言え。おもちゃだろうが安ピカだろうが関係ない

俺らが凄いって思って俺らが時間をぶっこむって決めたら…それは本物なんだよ!{/netabare}


ふーっ…文字起こししんど。。。

{netabare}{netabare}1ミリも共感できません{/netabare}

普段なら鼻で笑ってたかと思います(二回目)。
ところがどっこい、いわゆる陰キャのリアル。鬱屈した負の感情の吐露ってのを描くことは珍しいんじゃないかしら…と思ってみたり。うん悪いことではない。
当初は感動的なBGMだったことも手伝ってどうみてもお笑いシーンとしか捉えられなかったんですけど、今でもウィリアム良かったよとは到底思えないんですけど、共感も全くできないんですけど、大事なものを守りたいのは伝わってきました。

思えばシロエも対人非干渉のポリシーを曲げギルドを結成したりと、今いるエルダーテイル世界で変化を受容してきました。ウィリアムは一見それとは異なる力学が働いてそうにみえて、現実世界で自身の気持ちを訴えることなく過ごしてきたのでしょう。その殻を破ろうともがいてるように映りました。{/netabare}

総合ではなくEテレでやってもいいくらい示唆に富んでいたものと思います。


■渋谷のテレビ局 ww

ともち上げたところで…

{netabare}はい、みなさまのN○Kですね。
魑魅魍魎うずまくダンジョンを抜けて衛星かなにかで中国サーバーと繋げてカナミと交信した場所。

批判の意図はないですけど、毎月のように逮捕者出してたり以前はCCTV(中国中央電子台)の日本支局が放送センター内に同居してたのが記憶に新しい。メタ的な回りくどい自己紹介といいますか「オープンな社風だなあ」とむしろ感心した次第です。{/netabare}



視聴時期:2020年11月 

-----

2020.11.21 初稿

投稿 : 2020/12/01
閲覧 : 249
サンキュー:

33

がおー敦煌 さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

小説読み返した結果。ただの名作です。

いやー3回読み直してしまいましたね。
文章力にしても表現にしても設定にしても何をとっても面白い。
アニメ2期も最高でした。3期も来年始まるので楽しみで仕方がない。

1.2期はそれぞれ少なくとも4回ぐらいは見返しました。
これほど長い作品でこれだけみてるのは十二国記につぐ勢いです。

好きな作品のいいところを言い出すと止まらない性格なのでとりあえず名作です。

アニメが駄目だったら是非小説を。なろう()の文章力と違って素晴らしい出来です。

投稿 : 2020/11/29
閲覧 : 52
サンキュー:

5

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

第2シリーズはただの異能バトルアニメみたくなってきたみたい。。

2期は
お金のおはなしかな?
それもすごーくたくさん必要みたい。。

そのためにバトルとかもあるのかな?

人の顔はちょっと変わったかな?
シロエはとがってかっこよくなったみたいw


1話目
{netabare}
クニエ一族って
この世界のウラのお仕事ぜんぶやってるっぽい!?

ウラって言っても
ゲームとかで設定になってる銀行とか
街の結界をはったりって。。
やっても儲からないお仕事?

銀行はただお金を預かって
そのまま返すだけ
貸したりはしてない。。って。。

キンジョウさんって
自分が使うお金はどこからもらってるのかな?
ちょっとフシギだった^^

話し合いはうまくいかなかって
けっきょくキンジョウさんは
「お金は貸せないから
仲間をつれてきて
大いなる黄金のうずを奪ってみろ!」
みたいなこと言ってたのかな?

さいごは2人でどこにいたの?
いろいろやったけどダメで別の世界にとばされて
そこで生まれ変わるの待ってるのかな?
{/netabare}

2話目
{netabare}
大規模レイド
(6人×4組でチームを作って戦うみたい)をするのに
シロエとナオツグたちはススキノに来て
人を集めることにしたの。。

ウィリアムさんに頼んで
20人はOKだけど後2人足りなくって
シロエのこと憎んでるデミクァスと
ナオツグにべったりの女の子てとらを入れて
出発したの。。


テトラってどんな子なのかな?
ナオツグはマリエさんのほうが好きみたいだけど。。

あと
お姫さまを守るようにって残された
アカツキは強くなりたいって思ってる
何かするつもりなのかな?
{/netabare}

3話目
{netabare}
奈落の参道でフルレイド

ほかのアニメだったら
かんたんにクリアしちゃうけど
ログホライズンって
なかなかおはなしが進まないね^^

ちゃんと補給も必要だとかって
ほんとに戦ってるみたい。。

アキバの街はクリスマスの準備中♪

でも
アカツキはあんまり楽しくなさそう。。
シロエに置いてかれちゃって
まだ強くなりたいって思ってる☆
何かできることあるのかな?
クデンとか?
{/netabare}

4話目
{netabare}
今日は女子たちの思いかな?
スイーツはおいしそうだったし
男子は
レーネシアのサンタさんコスプレかなw

シロエのそばにいたくって
アカツキはミノリにもレイネシア姫にも
やきもちやいてて
見ててかわいそうだったね。。

でも
レイネシアだって冒険者たちといっしょにいるのに
お友だち。。って言えなくって。。

ヘンリエッタもシロエが好きだけど
アカツキのこと考えてて
思いが伝えられなくって。。

さいごは
キョウコさんが街で切られちゃった!?
血が出てたけど大丈夫かな?
死んでも生き返るはずだけど。。
それから
あの刀ってもしかしてアカツキがほしがってたの?
{/netabare}

5話目
{netabare}
PKの正体はダイチ人の甲冑!?
それが分ってたら
クニエ一族から
甲冑を借りてきたらいいだけなんじゃ?

この世界って
死んでも生き返るのに
甲冑盗んだ人って何がしたいの?

アカツキとシロエを
あの世で会わせたいだけだったのかな?
{/netabare}

6話目
{netabare}
今週は
何か新しいことがはじまりそう。。

アカツキとシロエが死んで月の上?

帰ってきたアカツキ変わったみたい。。
今までぼっちで
シロエだけ見てたみたいだったけど
シロエがいなくって
ほかの人にたよらないといけないって気がついた

レーネシア姫とリーゼさんが友だちになって
アカツキも
姫さまとみんなと友だちになって
さびしい思いが少しでも消えたらいいな☆

それから
世界が変わってきてるみたい

サブ職業が料理人じゃなくってもかんたんな物作れたり
心が体に近づいてきてる。。
世界が広がってきてる。。
説明文が現実的なイミを持つアイテムがある。。

あと
高山さんの武器が
クラスティと高山さんの手を消しちゃった。。
これも
世界が変わってきてるのと関係あるのかな?
{/netabare}

7話目
{netabare}
武器のフレーバーテキストが現実になって
PKに人をおそわせてるみたい
それでPKを止めるのに

レイネシアが
巨大魔法陣の魔力供給を止めないと。。
でもそれだとモンスターが
あと10年くらいアキバに入ってくるから
レイネシアは悩んじゃった。。

アカツキはまだクデンを持ちたいって思ってる
でも
前よりずっと前向きになったね☆

レイネシアもおにぎり作るの手伝ったり
アカツキともずっと仲良くなってきたみたい☆
さいごは私も参加させてって。。

PKを止めるレイドが始まったけど
アカツキは口伝を会得できるのかな?
{/netabare}

8話目
{netabare}
PKのレイド
大成功だったね♪

アカツキはクデンも会得したし
みんなちょっとずつ変わってるみたい☆

シロエたちはどうなってるのかな?
{/netabare}

9話目
{netabare}
シロエがレイドに失敗して
生まれ変わる前に
思い出の世界(?)に行って
今までのこと反省するおはなし

前に
アカツキと2人で
月で会ったときのおはなしを
こんどはシロエのほうから見たみたい

リアルシロエが
何だかシロエみたいじゃなかったね^^

シロエの反省はよく分らなかったなぁ。。
{/netabare}

10話目
{netabare}
ウィリアムの言ったこと
聞いててなみだが出てきちゃった

にゃんがあにこれでがんばってるのと
おんなじだったから。。
エルダー・テイルが
あにこれに変わっただけだったから。。

そうゆう思いが
10話にはいっぱいつまってた☆

ほかのところ見てない人でも
このおはなしだけは見てほしいなぁ☆
{/netabare}

11話目
{netabare}
1回ダメで
それでも!って挑戦したみんなは
強くなったし協力できるようになったみたい」

にゃんは
バトルはよく分からないケド
さいごまで眠らないで見てられたw
とくにデミカスはきらいなシロエでも
協力して最奥部までつれてきてくれた♪

さいごに
キンジョウが出てくるって分ってたけど
みんなを残してきちゃったから
もしかしてシロエ1人だけ!?
大丈夫なのかなぁ。。

あと
ちょっと思ったんだけど
15%ってそんなに悪いの?
それって7回くらいリトライしたら
そのうちクリアできるんじゃないのかな?
(15%×7回=105%!)

にゃんはポケモンのラスボス
10回目くらいでやっとクリアできたけどw
{/netabare}

12話目
{netabare}
シロエがやりたかったことって
ヤマトの土地を
みんなのものにすることだったみたい。。

大地人の人たちのことまで考えてる
シロエさんってすごいね。。

よく分らなかったのは
土地とかの契約を破棄して
お金が返ってきたんだったら

そのお金で次の土地を買ってまた返す。。って
繰り返してったら
融資とかしてもらわなくってもいいんじゃないのかな?


後半は
レイドに行ってきたみんなが帰ってくるおはなし

デミカスとシロエは
ちょっと感じがちがうみたいだけど
分かり合えたみたい^^

テトラは男の娘だったんだねw
男子におパンツとか平気で言っちゃうから
そうかも?ってちょっと思ってたけど^^;

終わりのほうで
アキバのうわさをしてた人たちって誰?
これからまた何か起きるのかな?
{/netabare}

13話目
{netabare}
バレンタインデーのおはなしだったけど
ラブコメとはちょっとちがったみたい?

ココニアの実がフシギな力を持ってて
その実を使ってお菓子とか作ってプレゼントすると
相手の好きな♡♡が分っちゃうってゆう
ギャグだった?

気になったのは
6話目で消えちゃった
クラスティと高山さんの右手。。
どこに行っちゃったの?

あと
ヌレハとインティクス?
なんとなく見覚えあるけどどこで出てきたっけ?
ここの部分だけ気もち悪くってイヤだった。。
{/netabare}

14話目
{netabare}
カナミのおはなしだったけど
何だかよく分らなかった。。
ヤマトに大災害の原因を知りたいって
ヤマトに向かってるみたいだけど。。

大地人を助けるくらいいい人って
言いたかったのかな?
それとも
大地人も生きてるって?

さいごの
いくさの始まりだ!
いざ東に。。てゆうのは
アキバを攻撃しに行くってゆうこと?

出てくる人もどんどん増えて
誰だか分からなくなってきちゃうし
バトルも多いし
1期のほうがにゃんはよかったみたい。。
{/netabare}

15話目
{netabare}
とおやたち子どもだけで
魔法のかばんの素材を取りに行く前のおはなし

日常回で
いすずの演奏がじょうずだったり

みんなで旅のしたくをしてるとき
年上の人たちが心配しに見に来てくれたり

買い物に行ったり。。

せららが
にゃん太さんから習ったお料理を出したり。。

子どもたちだけで
いろんなこと経験するクエストになるみたい
{/netabare}

16話目
{netabare}
せららたちは
東海道を南のほうに向かってるみたい

馬が6時間しかいなかったり
せららのお料理がビミョーだったりするけど

サザンの町で泊まって
みんなで歌ったりも楽しそう☆

とちゅうで大地人の人助けて
モンスターをたおしてたら
ほかの強いモンスターが
15体も出てきちゃった。。

そこで助けてくれたのは。。


ロエ2さんって
シロエにほんとにそっくり
何か関係ありそう。。
{/netabare}

17話目
{netabare}
せららたちは
ロエ2さんにいろいろ助けてもらってる
ロエ2さんってソースとおしょうゆ使いすぎ
お姉さんって呼ばれるのが好きみたいw
せららもマヨネーズのほうが食べ物より多そうw

シロエたちは会議中。。

エルダー・テイルに
リアルのものとか持ってきたから
エルダー・テイルの世界でも
リアルの世界とおんなじ問題がおきてるみたい

ニートでこの世界に来て
この世界でもニートとかしてる人もいるのかなぁ
ヘンなの。。

ダりエラさんに変身した濡葉が
しばらくいっしょにいるのかな?

オデュッセイヤ騎士団。。気もち悪いね
かんたんに生き返るって
もしかして
死んでるのとそんなに変わらないのかな?

トーヤはダリエラのこと気になってそう

このごろ大きな事件とかないし
にゃんはちょっとあきてきたかも。。
{/netabare}

18話目
{netabare}
いすずのなりたいものと大地人のおはなし
だったのかな。。

大地人の音楽は42曲だけで
新しい曲とか作れないって

でも
若者はアキバの街に集まって
新しいこととか勉強してるみたいだし
もしかして
大地人も変わり始めてるのかな?


トーヤとダリエラは
ダリエラがトーヤをかまってるみたい
ダリエラは何がしたいの?

念話ができなくなってるみたい
移動神殿が何か関係ありそう。。

黒い雲に見えるくらい
たくさんのワイバーンがこっちに向かってきてる
どうなってるの?
{/netabare}


19話目
{netabare}
ワイバーンとオデュッセイヤ騎士団の戦い

オデュッセイヤ騎士団の戦い方は変!?
だってオデュッセイヤ騎士団の人たちって
死んだらそのうち
もとの世界に帰れるって思ってるから。。

それから質問
あなたは誰でどこから来てどこへ行くの?

にゃんは
アニメでこの質問聞くの3回目。。
聖書に出てくるくらい昔からある
ムズカシイ哲学の問題みたいで

ラノベとかアニメって
天使とかサタンとかリヴァイアサンとか
この質問みたいなのとか

何だか聖書からとって使うとかっこいい。。
みたいなのってあるのかな?

何千年も前からたくさんの人が考えてきたのに
今でもまだこの質問してるのって
答えなんてきっと分らないと思うな。。

この作者の人も中二病なのかも?
{/netabare}

20話目
{netabare}
今週のテーマは「死なない」ことだったのかな?

ロンダークは
この世界にかってにつれてこられたから
自分もこの世界にかってなことするって

にゃん太さんは
この世界もリアルな世界もおんなじ
だって言いたかったのかな?

でも
この世界とリアルな世界ってちがうと思う
リアルな世界は自分でやめる(死ぬ)ことができるけど
この世界は死ぬこともできないから。。

だから。。だけど。。
この世界にかってな事しようってする人に
できることが2つあるってにゃんは思う

1つは
牢屋とかに閉じこめちゃうって出てこれなくすること
もう1つは
その人によくしてあげること

自分がいやな人を離して行ったら
その人はきっと独裁者みたくなって
強い人のほかは幸せになれなくって
さいごは
独裁者の人もきっと幸せになれないって思う

だから
にゃんはイヤだなぁって思う人でも
できるだけよくしてあげたいって思う

もしかしてその人は
そうしてほしいって思ってないかもしれないけど
にゃんはそれしか思いつかないから。。

にゃん太さんもトーヤもいすずだって
自分がその人にしてあげられること
一生けんめいやってるだけだって思うな。。

ヌレハさんの気もちがちょっと変わったのだって
きっとトーヤたちのそんな気もちが
ちょっとだけでも伝わったからだよね。。☆
{/netabare}

21話目
{netabare}
ちょっと暗いおはなしが多いかな。。

みのりたちは町を助けられなかったこと
トーヤは
オデュッセイヤ騎士団の人たちに
思いが伝わらなかったことで悲しんでる

大地人たちも騎士団が
思ったとおりに助けてくれなかったから
ぶつぶつ言ってる


アキバの街はやる気のない人たちが増えてるし
カミュってゆう大地人みたいなヘンな人も
たくさん入ってきてる

冒険者たちと大地人がくんで
戦争がおきるかも

シロエの悩みもふえてってるみたい。。


でも
希望はあるみたい

いすずの作った歌は大地人の人たちも歌い始めた♪
みんなはアキバに帰ってきた☆
{/netabare}

22話目
{netabare}
ロエ2さんからの手紙で
新しいことが分ってきたみたい。。

ロエ2さんやテンサイって呼ばれるモンスターは
異世界人で航界種。。観察者と採取者の2種類いるって

にゃんはよく分からなかったけど
共感子ってゆう資源をさがすために
空いてる体に憑依して来たみたい

合致でやって来たって言ってたけど
合致と大災害っておんなじみたいだから
大災害ってもしかして
ロエ2の仲間の人たちが起こしたのかな?

だったら
冒険者を元の世界に戻す「助力が可能」って
ほんとのことかも。。

どうやって月にいる観察者と連絡取るのかな?
{/netabare}

23話目
{netabare}
コーウェン家の騎士を指導してるアイザックと
コーウェン家の長男で9歳のイセルスくんのおはなし

子どもだけどとってもしっかりしたイセルスのこと
アイザックがだんだん認めてきて
何となく年がはなれた親友っぽくなってきたみたい^^

それで
コーウェン家のあとつぎだからだと思うけど
イセルスの命がねらわれて。。

いいおはなしだったけど
だんだんキャラがふえてくると
誰が誰だっけって分からなくなってくるねw

冒険者のみんなも
だんだん帰ること考えてきてるみたい
もうすぐ終わりなのかな?
{/netabare}

24話目
{netabare}
常蛾のりん粉をあびると
大地人の人たちや冒険者も何人も眠り続けるの

常蛾は
渋谷の放送局あとのアンテナに引き寄せられてるみたいで
そこっていつの間にかレイドゾーンになってるし。。

大地人の人たちを守るにはアンテナを壊さなくっちゃ!?
でも
そしたら月に連絡がとれなくなって
みんなが元の世界に帰れなくなっちゃうかも?

そのレイドゾーン(呼び声の扉)を
月の出までに攻略しようってしたけど
相手は強いし多すぎるし

シロエは
ほんとにこわしていいかとか悩んじゃって
冴えないでいたらみんなやられちゃった。。


シロエはダメダメになってたけど
みのりたちにはげまされて
いいアイデアが浮かんだのかな?
いつものシロエだったね^^

どうやって
月の出まであと34分で攻略できるのかな?
楽しみ☆
{/netabare}

25話目
{netabare}
いきなりレイドボスのところからはじめるなんて
そんなことできる!?

それでバトル
シロエがみんなの特徴をよく分ってて
思ったとおりにみんなが動いてくれて。。
うまくいって良かった☆

でも
アンテナで相手と話しができたって思ったら
中国サーバー!?
カナミさん!?
クラスティさんもそこにいた^^

カナミさんと話して
シロエは
帰るのでもなく居続けるのでもない
行ったり来たりできる第3の答えを思いついたの。。


でも
にゃんはカナミさんってヘンだって思った

カナミさんみたく
娘にこの世界を見せたいってゆう人もいると思うけど

ほんとに帰れるかどうか分らないのに
見せたい!なんて思う前に
早く会いたいから帰りたい!ってなるよね
それから
あの世界を見せてあげたい。。とか思うんじゃないかな?
{/netabare}


見おわって

まだまだ続きそう。。

でも
出てくる人がふえてきて
誰が誰かよく分らなくなってきたし
たくさんの人を出しすぎて
1人1人の気もちがよく分らないみたい

それにバトルもふえてきて
1期みたいに
シロエが新しいアイデアを思いついて
わぁ♪ってゆうのがなくなっちゃったみたい。。

それから
24話で。。どうやって34分で攻略するの?って思ってたら
{netabare}いきなりラスボスからで
それもかんたんに倒せちゃったし。。
(最終回だからだよね。。何だかテキトー?){/netabare}

みんなで協力して勝利って
にゃんはスポーツアニメとか好きだけど
出てくる人が多くなりすぎて
感動するより
「この人だれだっけ?」みたくなっちゃうの。。

3期はいちお見るかもだけど
あんまり楽しみじゃないかな。。

でも
ふつうにおもしろいし
あんまり期待しなかったら楽しいのかも^^

あと
にゃんは
眠っちゃうからあんまりないほうがよかったけど
バトルがふえたから
好きな人はおもしろいみたい☆

投稿 : 2020/11/19
閲覧 : 1042
サンキュー:

135

サイサイ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

1期が面白かったので続けて視聴

1期のときに思ってたリアル世界に帰れなくても誰も気にしてないのなんで?という疑問が解決されたw

シロエに対してのアカツキとミノリの恋愛感情が所々描かれているが、個人的にはミノリのようなキャラは地雷なので見ていてキツかった(汗)

そこを除けばあとは面白かったし、3期も楽しみ

投稿 : 2020/11/13
閲覧 : 22
サンキュー:

2

ごる さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

前回よりも……

熱いセリフを言うシーンがたくさんありますが、冷静に聞いてみると大した事じゃないのに熱く語ってるところが笑えます(´・ω・`)

レイドボスが3体出てきた時のシルバーソードだったかな?そのマスターが熱く語ってるところがもぉ訳分かりませんわからんwww

投稿 : 2020/10/07
閲覧 : 39
サンキュー:

3

ネタバレ

くらま さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

主人公のサブキャラがかわいい

原作未読、アニメ前作視聴済

ずいぶん前に視聴したのであまり覚えてませんが、以下ですかね。
・敵勢力に街に攻め込まれた
・NPCがピンチ
・レイド?に向けた人集め
・主人公のサブキャラがかわいい
・もとギルドマスター側の話し
・有名ギルドの誰かやられた?

イベント盛りだくさんなのですが、これといったストーリー起点の印象が無いのが2期。
仕事忙しくて適当に観てたのかな、面白かったとは思うのですが。

街に攻め込まれイベントは他ギルドが多数のギルドメンバー含め活躍します。
MMOの世界は本来皆んなが主人公なので盛り上がりましたね。
サブキャラが活躍するアニメは面白いです。

この世界、謎なのですがNPCは正に生きているので、そういった点も雑に扱わないのが作品の肝だと思います。NPCの謎とかも今後、描かれるのでしょう、楽しみです。

レイドはMMO聞きかじりなので大変さはわかるのですが、MMO知らないと何にそんな時間掛けてるのかわからないですね。
MMOやらない身からするとで大変だなこの人達、、、と他人事のように気軽に観れてますが、やってる人達からするとそんな簡単にうまくいかないよ?とか思ってるのでしょうか。気になります。

2期の新キャラですが、なんと主人公アカウントのサブキャラが。
女の子で作ったキャラなのですが、この作品の数ある女性キャラで一番かわいい。
中の人主人公だけど。
三期とか出番増やしてください。

投稿 : 2020/08/04
閲覧 : 42
サンキュー:

2

ネタバレ

もも さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

絶望

ログホライズンの2シーズン目の序中盤でシロエ、ウィりなど人々がエルダーテイル世界で最強のinstanceを挑戦することは本当に素晴らしと感じた。更に、挑戦の最後で、失敗と絶望に対して、ウィりの台詞はとてもよい。ちょっと感動した。その価値観も同意している。なんか、自分の価値観が影響されていると感じる
ぜひ、見てみましょう!
絶望の中で堅持、絶望の中で選択!

投稿 : 2020/08/03
閲覧 : 39
サンキュー:

3

郎太桃← さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

良い

投稿 : 2020/05/08
閲覧 : 85
サンキュー:

1

ASKA さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

MMORPG風世界舞台のファンタジー。作りが凝っていて楽しめました。

NHKで放送された小説原作のファンタジーアニメ作品の2シーズン目です。
登場人物、あらすじともに前作と同じですが、新キャラも出てきたりしてさらにこのエルダー・テイル世界の謎が明かされていくストーリーとなっています。

主人公シロエはやはり天才の参謀役のキャラクターとして描かれており、ギルド「ログホライズン」のギルドマスターとして頼りにされています。
その他の直継やアカツキ、ニャン太やせらら、トウヤ、ミノリ、五十鈴、ルンデルハウスなど初心者プレイヤーなどとにかく登場人物は多いですが、それぞれキャラが立っていてやりとりは楽しいです。

エルダー・テイルの世界のことも少しずつ明かされており、3期に向けて続きが気になります。

追記:あとリ=ガン役藤原啓治さん、亡くなられてしまいましたが、3期でまた出てくる場合どなたがやられるのか気になります。藤原啓治さんのご冥福をお祈りします。

投稿 : 2020/04/20
閲覧 : 79
サンキュー:

18

ネタバレ

カミタマン さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

英語の教科書ではありません。3期楽しみ!!

かなりお気に入りの「まおゆう魔王勇者」と原作者が同じという事なので見ました。原作及びアニメ化の順番的にはこっちが先ですね!

2期まで一気見したので,あにこれ的にはよろしくないのでしょうが,2期まで通しての感想とさせていただきます。

まおゆうが世界の変革を目指す話とすると,こちらは自分たちの居場所を構築する物語とでも言ったらよいのでしょうか?(書いてて上手く表現できていない気もしますが…^^;)全体的なテーストはやはり似ているのですが,まおゆうほどロジカルではなく,冒険譚寄りな感じがします。まおゆうのほうが好みですが,こちらも経済や社会制度などの描き方で,冒険者の中から社会主義的な考え主張するものが出てきたり,資本主義における土地所有制度のジレンマ的なものが意識されたり,面白い味付けがされています。

2期では個々のキャラクターをメインに据えたオムニバス的な回も多く,キャラに深みが出て良かったと思いました。特に,23話「アイザックとイセルス」の話なんかはすごく好きです。

また, {netabare} 一つのシーンをシロエ視点とアカツキ視点の異なった視点から描いているのも面白かったです。このエピソードでアカツキのヒロインとしての位置づけが急上昇したのではないでしょうか。というか1期はヒロイン不在だったのかもしれません。

さて,見始めて同じ原作者の「まおゆう」よりも「ソードアートオンライン(SAO)」にそっくりな世界設定にびっくりしました!調べてみたらSAOの方が原作アニメ共に先ですね。自分としてはストーリーはログホラの方が好物です。でもアスナとアカツキの比較ではアスナの圧勝ですw{/netabare}

3期が決定したという事で大変楽しみです!!

できたら「まおゆう」2期熱望!!

投稿 : 2020/02/01
閲覧 : 111
サンキュー:

7

scandalsho さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

2期も安定の面白さ

原作未読。多くのキャッチさんからの紹介で第1期に引き続き視聴。
紹介して下さった多くのキャッチさんに感謝です。

視聴される方は必ず第1期を先に視聴して下さいね!


第2期でようやく主人公の本気、『全力管制戦闘(フルコントロールエンカウント)」が披露されます。
この手の作品は、バトルシーンが重要だと再確認。やはり燃えます。

アカツキが可愛かった~!
作品中もさるとこながら、EDはヤバくないですか?
EDが一番の見どころというと語弊があるかな?
でも、そのくらい可愛かったです。

第1期に引き続き登場人物が個性派揃いで良かったです。
第2期から登場の面々も面白かったです。
声優さんも違和感なかったし、作画も見やすくて良かったです。

まだまだ物語が続きそうな雰囲気だったので第3期を楽しみにしているのですが・・・。
脱税✖NHKでは厳しいのかなぁ?

2020.02.01追記
第3期、決定しましたね!
楽しみでしかありません!
半分諦めていただけに、喜びも倍増です!

投稿 : 2020/02/01
閲覧 : 984
サンキュー:

59

とらお さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

「小説家になろう」の初アニメ化はログホラ

マニアにとって望まれつつも絶望されてた作品
マニアだからどんなアニメ化よりもうれしい!!!

この作品は通信で他者とリアルタイムなプレイをした人にはたまらん作品かも?
モンハンにドハマリした人も楽しめるかなー

なろうアニメはNHKから始まった
NHKの功罪はどちらも大きいのかもしれない

投稿 : 2020/01/28
閲覧 : 112
サンキュー:

3

バニラコーク さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

きたきたきたー!三期決定!!

あきらめていた三期。
きたよきたよー!!
楽しみです。
とりあえず感想は置いといて

祝!三期決定!!!

投稿 : 2020/01/23
閲覧 : 96
サンキュー:

5

ネタバレ

ライロキ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

続編を制作してほしい。

最強のヒーロー的なキャラはいなくて、バッサバッサと
敵をなぎ倒さないけど、作戦と連携で攻略していく感じ
がゲーム感が出ていてすごく面白いし、キャラが成長する
様子がいい感じで描かれていてストーリーもいいですよね。
ウイリアムの長いセリフの回は声優の中村さんがさすがに
プロだなって思ってしまいました。
作者は色々あったみたいだけど続編書いてもらって
アニメ化してほしいです。
凄くつづきが気になる作品ですね。

投稿 : 2019/11/17
閲覧 : 150
サンキュー:

9

ネタバレ

いりす さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:途中で断念した

腹黒メガネが見たいのに

シロエが見たいのに途中から出番が減って萎えたので断念します。

トウヤとか嫌いではないんだけど物足りない

投稿 : 2019/10/14
閲覧 : 85
サンキュー:

3

なす さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

う〜ん

キャラクターそれぞれの語りが多くて爽快感は全然ない。何かあるたびに長々と思考を聞かされるのに途中からうんざりで私には合わなかったです。
ストーリーとか設定とかはよく出来てるんだと思いますが、ただただ私には合いませんでした。

投稿 : 2019/06/05
閲覧 : 117
サンキュー:

3

pop22 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

3期期待

アニメ制作会社が変わり若干作画向上。

主人公が思ったより腹グロくなくなり爽快感は減ったが、
様々な思考のキャラが出てきて深みは出ている。

投稿 : 2019/03/24
閲覧 : 137
サンキュー:

4

プクミン さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ゲームの世界に閉じ込められた2期

物語がかなり進んだ2期。
仲間も増え、みどころが多くなり、面白さも増加。
レイドボスとも戦うので、大人数でのバトルシーンもあり。
徐々に謎を解き明かして行くが、分からない事の方が圧倒的に多く、この世界から抜け出す事が出来ない状態。
のまま、終わります。

日常パートが多いですが、魅力的なキャラの多さ、戦闘シーン、伝わりやすい感情面等、とてもバランスの取れた作品で、見ていて楽しめました。

あっさりとした感想ですが、仕方ない。
だって、飛びぬけてここが凄いというのが無いので…。
本当にバランスが良い作品。
強いて言うなら、バランスが突出して良い作品ですかね?
バランス特化!!

オススメですよ。

投稿 : 2019/02/23
閲覧 : 153
サンキュー:

8

ちあき さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

面白いけど完結しない。

第一シリーズから引き続き見ました。第一シリーズ同様、シナリオもしっかりしていて、また共感するシーンもところどころあって観ていて面白かったです。

ただどんどん風呂敷が広がっている感じがします。第一シリーズで広げた風呂敷を第二シリーズで回収していき、完結するのかなと思って観ていたのですが、第二シリーズでもどんどん風呂敷が広がっていって、「これ終わるのか?」と思って不安に駆られながら観ていました。案の定、完結しません。

調べてみると、原作も完結していないので、まぁ完結はするはずありませんよね……。区切りの良い終わり方でもないので、今後どうなるかが正直とても気になります。最期の持っていき方次第でも作品の印象も大きく変わると思います。

原作も完結していない(2018年現在)、また他にも問題があって、第三期のアニメ化もまだまだ不鮮明ですが、第三期ができるのを楽しみにしています。

投稿 : 2019/01/21
閲覧 : 182
サンキュー:

6

ネタバレ

oneandonly さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

このまま終わってほしくない作品だが

世界観:7
ストーリー:5
リアリティ:7
キャラクター:6
情感:6
合計:31

シロエたち「冒険者」が、ゲーム「エルダー・テイル」の世界に閉じ込められて、はや半年。
当初は混乱が広がっていたアキバの街も、自治組織「円卓会議」の結成を経て、活気と平穏を取り戻していた。
もともとのゲーム世界の住人であった「大地人」とも、ザントリーフ半島でのゴブリン防衛戦を経て信頼が深まり、大地人貴族の筆頭格であるコーウェン家の令嬢レイネシアは、アキバの街に大使として赴任することとなった
季節はまもなく冬、冒険者たちは、この異世界でいかに行動するか、何を目指すかを、それぞれ模索している。
アキバの街で、西の都で、北の大地で、あるいは遠い異国で、冒険者たちの思惑はぶつかり、交錯する―。
「ログ・ホライズン」第2シリーズ。はたして、シロエと仲間たちにはどのような冒険が待ち受けているのか!?
(公式HPより)

第一期が良かったので引き続き視聴しました。

序盤から10話までは、第一期同様の面白さがありました。{netabare}モンスターがゴールドを所持しているというゲームの設定自体を掘り下げた話や、無理ゲーかと思われる本格的なレイド。特に、オンラインゲーマーの叫びに1話丸々使った{/netabare}10話は優良回で、第一期を見てから第二期を未視聴の方はここまでは見たほうが良いと思います。

ただ、その後の展開ではシロエの出番が少なくなって、物語の進め方に迫力がなくなってしまい、評価は良作未満とさせて頂きました。{netabare}トウヤとミノリは性格は良いですが、癖がないのでこちらをメインにされると正直、あまり面白くないのですよね。また、ミナミとの関係や大地人との戦争にはあまり興味が持てないでいます。

キャラクターでは、第一期で登場しなかったデボーチェリ・ティーパーティーの中心人物(カナミ)が登場したものの、拳で戦う天然元気ちゃんという感じで、魅力度が逆に落ちてしまったような(傘を被っているミステリアスな雰囲気のほうがずっと良かったかも)。新キャラではテトラが個性的でしたね。ちょっとうざいところはありますが、実は男という設定からなぜか許容できています。アカツキは依然、応援しています。{/netabare}

また、この世界の構造をどう整理つけるかという課題を残したまま終わってしまったことも高い評価をつけられなかった理由です。
第3期に色々整理がつくことを期待しています。

<2019.1.11追記>
10話が面白かったのは覚えていますが、後半のストーリーはやはり弛んでしまったと思われ、今の基準で調整します。

現実世界との関係性や異世界転生の理由なども不明なまま。続編はやはり作れないのでしょうかね。

投稿 : 2019/01/11
閲覧 : 328
サンキュー:

27

ネタバレ

ようす さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ゲームだけどゲームじゃない。僕には仲間と、目指すべき場所がある。

ログ・ホライズン2期です。

1期がとても面白くてわくわくしたので、
2期も期待していました^^

が、1期と比べると
ちょっと勢いが落ちちゃったかなあ…。

全25話です。


● ストーリー
MMORPG『エルダー・テイル』のアップデートの日、
シロエ(♂)は自分がゲーム世界の“アキバの街”にいることに気づく。

アイテムやスキルなどは使えるが、
ログアウトはできない。

ゲームの世界での生活に慣れてきた…と思っても
次から次へと起こる問題たち。

アキバの街の財政難、連続殺人鬼事件、
そして、元の世界への帰還方法は…?


キャラが多いので、あちこちで物語が動き、
いろんなお話が交錯しています。

風呂敷を広げるのはいいけれど、
回収するのが大変そうでした^^;

一応メインのストーリーはあるのですが、
サイドでもいろんな物語が動いている感じ。

25話では全部解決しないのでは?と不安に思いましたが、
なんとか最終話までにはある程度畳みましたね。

しかし、いろんな問題が解決したわけではないので、
観終わっても、もやもやは残っています。笑

1期はシロエの作戦で、ズバッと解決しちゃう清々しさがありましたが、
2期は展開が重い。進まない。うーん。

冒険よりも、キャラの内面の葛藤や成長に重点が置かれていて、
1期で感じたような冒険の楽しさは薄れていたかな。

決してつまらなくはないけれど、
じれったさや重たさに、少し疲れてしまいました。


たまに挟まる日常回は楽しいのですが、

キャラたちのカップリングを楽しむという
お決まりのパターンになりつつあり、

ちょっとマンネリ気味。

この世界の謎が解き明かされるところが
私は一番観たかったのだけどなあ。

逆に謎が深まっちゃって、
もう訳が分からないよ。ついていけないよw

というわけで、
1期よりもストーリーの評価はガクッと落としてしまいました。


● キャラクター
1期だけでもキャラは十分多かったですが、
2期もまた、新キャラ多数投入です。

名前がわからなくても、
もう仕方ないですねw

そんな中で私のお気に入りは、
自称美少女アイドル・てとらです!

てとら、かわいい♪
{netabare} 実は男の娘 {/netabare}なのはちょっと予想できましたが、

直継(なおつぐ)をからかうところや、
アイドルっぽく無邪気に振る舞う明るさが、好きでした^^

藤井ゆきよさんのノリノリな演技も好きでした♪笑


主人公はシロエで、ヒロインはアカツキ。

だけど今回、
どうもアカツキが苦手でした^^;

シロエのために強くなりたいという悩みを乗り越えた後から、
なんだかキャラが迷子になってません?笑

たまに思い出したようにヒロインするところはいいのですが、

それ以外ではあまり目立つ出番がないからか、
キャラのアピールの仕方がおかしくなってる気がしましたw


今回はクラスティさんの出番が少なかったのが個人的には少し残念…。

でも代わりにこれまでのキャラも
新たな魅力を見せてくれたので、それはよかったかな♪

アイザックがこんなにかっこいいなんて、知らなかったよ!
23話は惚れたぜ!


● 音楽
【 OP「database feat. TAKUMA(10-FEET)」/ MAN WITH A MISSION 】

1期と同じOPです。

この曲かっこよくて好きでしたが、
まさか2期でも同じ曲が使われるとは。笑

アニメーションは変わっているので
少し新鮮さはありますが、

さすがにずーっと同じ曲だと
ちょっと飽きてきますね。笑


【 ED「Wonderful Wonder World*」/ Yun*chi 】

OPは変わりませんでしたが、
EDは変わっているのが救いです。

1期同様かわいい曲です♪
寝ているアカツキがかわいいよ♪

本編でもこんな感じで
ヒロインしていればいいのになー。笑


【 挿入歌「バースデイ・ソング」/ 五十鈴(松井恵理子) 】

「こんなピンチな場面で歌を歌って、何の効果が?」と
よくわからなかったシーンでしたw

でも曲自体は好きなのだよねえ。

五十鈴(いすず)も2期で自分の中の何かを乗り越えた一人ですね。
ルディとのコンビは、結構好きです♪


● まとめ
なんとか畳めるところはまとめた感じですが、
結局多くの謎が残りましたね。

内容も1期に比べるとごちゃごちゃしてわかりにくいし、
1期がすごく楽しめた分、ちょっと残念でした。

でもシロエたちがこの世界とこれからどう向き合っていくのか、
気になるところはたくさんあるので、

もしも3期があるならば、
絶対に観ると思います^^

投稿 : 2018/08/12
閲覧 : 356
サンキュー:

23

kooodain さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

1期よりよりMMORPGらしく、ゲーマーらしいシナリオに

1期での面白さはそのまま。
ギャグのテンポや度合いも丁度いい。
さらに新キャラのピンクの髪のボクっ娘も話に加わりさらにギャグ度が高く。
ただギャグが濃厚になっただけでシナリオが薄っぺらくなったわけではありません。

2期ではよりゲームらしい点が多く表現されました。
レイドでの大規模戦闘やクエスト等。
今回腹黒メガネの戦闘での本領発揮はあんまり目立ちませんでした。
その点ではちょっと物足りなかったです…。
ログ・ホライズンの子供達もどんどん成長していきます。
どちらかと言うと子供達の成長や大地人との関係性、世界からの謎についてが大筋です。
ですのでよりこの作品の世界観の深くを掘り下げていくという感じでした。

もっと腹黒メガネの活躍が見たかったというのが正直な所ですww
ですがまぁ普通に楽しめましたし、大規模レイド時のあの男のセリフはもう…。
MMORPGやってる人にはたまらない様な展開も待っていますので充分に楽しめます。

▼物語の評価
より世界観を掘り下げるという方向性の話だった。
正直もう少し腹黒メガネの戦闘での活躍が見たかったww
その点では少し物足りないが話としては普通以上に面白かった。
▼作画の評価
特に意識していなかった。
が、また何か一箇所使い回しが合ったような気がする…。
戦闘の激しさというかエフェクトが少し派手になった気がする…気のせいかも。
▼声優の評価
声優に関しては1期と同じ。
新しく出てきたキャラの演技と配役もかなり良かった。
▼音楽の評価
OPが同じという点には好感が持てた。
OPは作品の顔なのでやはり印象として重要である。
ただまぁ個人的に合っているとは思ってはいなかったが…。
EDはいい感じにEDしてるEDなので特に言うことはなし。
▼キャラの評価
新しく出てきたボクっ娘が最高にいいキャラしてる。
そしてソウジロウの格好良さや様々なキャラの良さが掘り下げられていた。

投稿 : 2018/06/28
閲覧 : 118
サンキュー:

8

Eides さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

MMOプレイヤーならぜひ見てほしい

一期は状況立て直しが主だったが、二期は立て直した上での問題に取り組む話、今回は主にレイド等の大規模戦が熱い。特に第10話はMMOプレイヤーなら是非見てほしい、声優さんも凄く力が入ってました、個人的に一番の神回だと思っている。二期はバトルも多いが人間関係や内面的な事に重点を置かれているように思う。軽く20~30回は見返したアニメ。

投稿 : 2018/05/06
閲覧 : 125
サンキュー:

2

ネタバレ

kakelu さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

タイトルなし

1話の感想 ★★★ 3.0
金策
{netabare}
久々で1期のこと、ほとんど覚えてないけど見ていこう。
あの賢者?は不気味だね。浮浪者みたい。
アカツキは可愛い。あれでも成人だった…よね?
こらからレイドに向けてメンバーを集める。{/netabare}

2話の感想 ★★★☆ 3.5
パーティ集め
{netabare}
ボクっ娘アイドルとデミデミが仲間になった。
デミの話はもう覚えてないけど、何となくは分かった。
アカツキも苦労が耐えないね。
マリエは可愛かった。{/netabare}

3話の感想 ★★★☆ 3.5
苦戦中
{netabare}
うまくダンジョン攻略が進まない。
ログ・ホライズンはどうやって大量のアイテムを手に入れたのか?
ナオツグと魔法少女の絡み、結構好き。{/netabare}

4話の感想 ★★★☆ 3.5
アカツキの葛藤
{netabare}
アカツキは純粋だね。いい子だ。
ここまでシロに依存する何かがあったかは忘れちゃったけど…
シロは意外とモテるな。{/netabare}

5話の感想 ★★★★ 4.0
殺人魔
{netabare}
そうじがかっこよかった。
口伝の発動エフェクトもいいし、攻撃モーションもいい。
ハーレムパーティの長なだけはある。
性格もハーレムの主にピッタリでよく出来てる。{/netabare}

6話の感想 ★★★★ 4.0
異変は終わっていない
{netabare}
ミロードが消えちゃった…
何がおこったんだ…
アカツキは何かを吹っ切れたようだ。{/netabare}

7話の感想 ★★★☆ 3.5
戦闘訓練
{netabare}
姫は魔力供給を解除しちゃうのか…
本当ならギリギリまでしちゃいけないんだろうが

フレーバーテキストはもし具現化するなら、今まで光を浴びなかった武器たちが脚光を浴びることにもなるね。{/netabare}

8話の感想 ★★★★ 4.0
アキバレイド
{netabare}
全員が女子のレイドとは、華々しいね。
アカツキも見事に口伝を習得し、新たな武器も手に入れ、と結果的には実りが多い戦闘になったね。
これでアキバの問題はひとまず解決。
次からは、シロの所に戻るようだ。{/netabare}

9話の感想 ★★★★ 4.0
シロエの死
{netabare}
アカツキが死んでときと同じ時間まで遡る。
これがシロエの初めての死だね。
現実のシロエ… まぁ、軽くブサイクやな…
主人公とは、思えないよ(笑)
こうやって聞くと、アカツキ視点とはまた違った見方になるから不思議。{/netabare}

10話の感想 ★★★★★ 5.0
大反省会
{netabare}
演説としては、ぐだぐだだけど凄くリアルだった。
もし本当のゲーマーならあんなこと言うだろうな、って想像出来た。
ウィリアムは現実ではあんまりいい奴ではないのかもしれないが、ゲームを大切に思っていたってことは分かった。
あんなギルマスなら長持ちするだろうな。{/netabare}

11話の感想 ★★★★☆ 4,5
リベンジ
{netabare}
デミの嫁さん、いい人だね〜
デミも少しは心を許したのかな?
次回でこのレイドは解決か…{/netabare}

12話の感想 ★★★★ 4.0
帰還
{netabare}
デミの嫁さん、やっぱいい人やわ〜
なんであんないい人がデミの嫁なんだ〜
テトラが男なのは何となく、そんな気もしてたな…
アカツキはやっぱり可愛い。
子供のようだけど、どこか大人な一面もある、かわいい。{/netabare}

13話の感想 ★★★★ 4.0
バレンタイン
{netabare}
今回はほのぼの回だったね。
しかし、その裏で動き出した影が。
ドSのメイドと陰気な姫、これからどーなる!?{/netabare}

14話の感想 ★★★★ 4.0
中国サーバーでは
{netabare}
カナミはまるで暴走列車だな。
カエルくんは無名だが、凄く強そう。
ボットやNPCを仲間に加えるとは、流石に破天荒リーダー。{/netabare}

15話の感想 ★★★★ 4.0
旅立ち
{netabare}
旅か〜、いいよね。
音楽を弾きながら回るツアーもなかなか。
今まで庇護対象だった者達が1歩前に踏み出した。{/netabare}

16話の感想 ★★★★ 4.0
新たなメガネ
{netabare}
旅は順調に進行中。
新たなメガネのサモナーに助けられたが、シロエに似てるな。
アキバでも、問題が発生。{/netabare}

17話の感想 ★★★☆ 3.5
商人達との遭遇
{netabare}
敵さんの大将は何のために変装しているのか?
そして、シロエの情報知った彼女は何をするのか?
オデュッセイア騎士団たちの虚ろな目で何を見ているのか?{/netabare}

投稿 : 2018/04/15
閲覧 : 146
サンキュー:

10

ネタバレ

うーぽんた さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

面白かった。

5話で一度断念。
なんとんなく6話からまた見たらなんか面白かった。
設定というか、着眼点がすごく細かい。発想はすごく良かった。
しかし、それ以外に特別好きなところはあまりなかったのかもしれない…

投稿 : 2018/01/29
閲覧 : 123
サンキュー:

4

次の30件を表示

ログ・ホライズン 第2シリーズのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ログ・ホライズン 第2シリーズのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ログ・ホライズン 第2シリーズのストーリー・あらすじ

シロエたち「冒険者」が、ゲーム「エルダー・テイル」の世界に閉じ込められて、はや半年。
当初は混乱が広がっていたアキバの街も、自治組織「円卓会議」の結成を経て、活気と平穏を取り戻していた。
もともとのゲーム世界の住人であった「大地人」とも、ザントリーフ半島でのゴブリン防衛戦を経て信頼が深まり、大地人貴族の筆頭格であるコーウェン家の令嬢レイネシアは、アキバの街に大使として赴任することとなった
季節はまもなく冬、冒険者たちは、この異世界でいかに行動するか、何を目指すかを、それぞれ模索している。
アキバの街で、西の都で、北の大地で、あるいは遠い異国で、冒険者たちの思惑はぶつかり、交錯する―。
「ログ・ホライズン」第2シリーズ。はたして、シロエと仲間たちにはどのような冒険が待ち受けているのか!?(TVアニメ動画『ログ・ホライズン 第2シリーズ』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2014年秋アニメ
制作会社
スタジオディーン
主題歌
≪OP≫MAN WITH A MISSION『database feat. TAKUMA(10-FEET)』≪ED≫Yun*chi『Wonderful Wonder World*』

声優・キャラクター

寺島拓篤、前野智昭、加藤英美里、中田譲治、山下大輝、田村奈央、松井恵理子、柿原徹也、藤井ゆきよ、原由実、高垣彩陽、久野美咲、逢坂良太、梶川翔平、井上麻里奈、下野紘、名塚佳織、櫻井孝宏、村川梨衣、後藤ヒロキ、岡本信彦、日野聡、西田雅一、中村悠一、てらそままさき、白熊寛嗣、伊瀬茉莉也、藤原啓治、代永翼

スタッフ

原作:橙乃ままれ、キャラクター原案:ハラカズヒロ、 監督:石平信司、ストーリー監修:桝田省治、シリーズ構成:根元歳三、キャラクターデザイン:熊谷哲矢、美術監督:三宅昌和、色彩設計:桂木今里、撮影監督:近藤慎与、音響監督:はたしょう二、音楽:高梨康治、アニメーションプロデューサー:和田薫、プロデューサー:苗代憲一郎、制作統括:柏木敦子/柴田裕司

このアニメの類似作品

この頃(2014年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ