「アルドノア・ゼロ(第2期)(TVアニメ動画)」

総合得点
75.7
感想・評価
1531
棚に入れた
8677
ランキング
338
★★★★☆ 3.9 (1531)
物語
3.7
作画
4.1
声優
3.8
音楽
4.0
キャラ
3.8
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ハウトゥーバトル

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ゼロで2期という矛盾(?)そんなことはない!

視聴理由 特になし

序盤 えええええええ!?

中盤 めっさ面白い

終盤 やっぱ戦闘シーンの作画すごいね

2期という名の2クール目
一期から期待していたが...期待してよかった!
本格的に宇宙対戦が始まり、宇宙戦闘も増え作画もきれいだった
機体もグレードアップし戦闘も激しくなってくる
作画が全体的に良くなり、キャラのデザインも少し(?)変わった気がする
キャラにはより一層好感を持てるようになり、面白さが倍増

かなり良作
4.9だけはある

投稿 : 2019/04/13
閲覧 : 11
サンキュー:

5

ネタバレ

taijyu

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

不満はあれど、一応傑作級

1話感想:
2期になって良くなった感じがありますね。
と言うより1期で不満に思っていた点が解消されたというか消化できたというか。

1期ではイナホがどう見ても地球側唯一の希望で救世主なのに、扱いが妙に低いのが気になっていましたが、ようやく相応しい扱いを受けるように。

1期の不満って、「特別な才能を持たない主人公が、チームワークと策略を駆使して戦う話」と思っていたら違うじゃないかって点なんですよ。
「チート級の才能を持つ主人公が、超絶技巧を駆使して戦う話」なら、それはそれで決してつまらないわけではない。
まあ前者の方が見たかったのは確かですが。

ただ後者である割には、地球軍でのイナホの扱いが低く、何ともちぐはぐな感じを覚えました。
ゴミのように役立たないマリト大尉を持ち上げて、地球側で唯一有能なイナホの扱いが低いとかおかし過ぎるだろうと。
「イナホは別格の天才だ、こいつの活躍を見ろ」と序盤に提示してくれていれば評価も大分違ったんですけどね。

2期ではイナホは明らかに「特別な才能を持つヒーロー」として描かれるようになりました。
アルドノア因子という重要な力があるなら、普通は地下深くに匿うべきなのに、イナホがいなければ戦えないという理由で最前線配備になるなどの例外的扱い。
そして策略を立てる段階でも、実行の段階でも、明らかに人間離れしたスーパープレイ。これなら組織で戦うとか誤認しようもない。

スレインの方も立場が上がり、いよいよ二人が姫様を巡るライバルとして立ち上がってきた感じで実に楽しみです。

全話感想:
2期は傑作だったと思います。ただ、大傑作とは言えませんが。不満はありますし。

視聴者的には地球と火星双方で上り詰めたスレインとイナホの最終決戦が見たかったのですが、アセイラム姫の英断により食い止められてしまったと。やっぱ不完全燃焼…。あんな自暴自棄じゃなくてきちんと戦って欲しかった。

しかし姫様の行動はすごいなと。あの話の根底は要するにはスレインとイナホの姫様をめぐる争いなわけです。姫は別の人と結婚することで、その根底部分のはしごを外して戦争を止めてしまった。
そのこと自体は、本当にすごいと思います。やっぱりモヤモヤはしますけどね。
囚われのお姫様が優秀過ぎちゃね…。

ま、姫様とイナホが「互いに心から愛し合っているれど、戦争を回避するために血の滲む思いで諦めることを選んだ」という描写がしっかりあればもっと感動的だったと思います。二人共ドライすぎる。
後から虚淵さんが「自分ならイナホと姫の恋物語にしていた」みたいな発言を見て、あー、それが見たかった…と心底思ったのでした。

投稿 : 2019/03/30
閲覧 : 28
サンキュー:

2

Robbie

★★☆☆☆ 1.9
物語 : 1.0 作画 : 2.0 声優 : 2.5 音楽 : 3.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

蛇足

まあ、これは酷評なのは当然でしょう。
当サイトでは順位が高いけど...
まず、前作でせっかくラストの展開が衝撃的だったのに結局ありふれた導入から物語が始まった。
そして、スレインが何がしたいのかが全然分からない。
目的がないことで視聴者や劇中の人物に恐怖心を植え付けるのは良いのだが、スレインはどう考えてもそういうキャラではない。
目的が絶対にあるキャラなのにそれを視聴者に分からせようとしないのは致命的。
さらにここまで重要キャラ風に引っ張った鞠戸は何の活躍のないままでモブキャラ同然。
主人公が天才なのは良いのだがそれにしても火星側が好戦的なわりに能無しだらけで観ていて笑える。
最後は良い話風に終わったけど誰にも感情移入出来ないまま終わった。
そのためこの作品で何が伝えたかったのかも分からないし全く感動しなかった。

投稿 : 2019/03/10
閲覧 : 99
サンキュー:

5

プクミン

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

綺麗にまとまっていた作品でした

1期で傷を負った主人公や姫、そして地位を得た火星側の主人公。
更に混沌とする地球vs火星の争い。
熱を増すバトル。

1期を面白いと思えた人には、続編である2期も存分に楽しめる内容です。


追記
第一皇女の声優がTrySailの雨宮天さん
2期から登場する姫の妹の声優がTrySailの夏川椎菜さん。
…もちょは?

投稿 : 2019/02/24
閲覧 : 56
サンキュー:

7

ネオ

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ストーリーが良かった

星同士の戦争という大規模な物語だけど、ストーリーが良かった。作画も安定していて戦闘シーンなど凄かったです。

投稿 : 2019/01/29
閲覧 : 60
サンキュー:

2

ネタバレ

ワイド

★★★★☆ 3.9
物語 : 2.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

消化不良満載・・・肩透かしエンド

1期はツッコミどころもあったけど、ワクワク感もあって面白かった。
が、2期の失速はすごい。作画と音楽は1期2期ともに素晴らしい。
以下2期感想
{netabare}
まずスレインがなんで地球を攻めてるのか全くもって理解不能。
こいつ姫の忠誠を誓って思想も同じじゃねーの?

でラストのバトルのアッサリ感。。。これで終わり?って感じ。

アセイラム姫がポッと出のよくわからない人と結ばれるのはいいとしても、イナホ、スレインと直接会話する描写なし。
うーんひどい。
{/netabare}

投稿 : 2019/01/19
閲覧 : 68
サンキュー:

1

oneandonly

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

力を持つ人間の栄枯盛衰を儚く、暖かく描いた作品

世界観:7
ストーリー:7
リアリティ:8
キャラクター:6
情感:6
合計:34

(以下、1期とまとめての完全版レビュー)
西暦2014年、地球と火星の戦争から15年後。火星の皇女アセイラム姫は和平を望み、地球で親善パレードを行う。姫の無事を願う地球から来た少年スレイン。一方、地球では、高校生の伊奈帆たちは戦闘用ロボット・カタフラクトの操縦訓練を受けていた。
(公式サイトより)

虚淵玄氏のシナリオということで以前から興味はありましたが、苦手意識のあるロボット物、2クール作品(分割に気付かず)ということで、視聴開始に時間がかかってしまいました。

序盤は登場人物の多さと人間関係の把握に手間取り、いまいち物語に入り込めなかったのですが、1期のラストから2期の初めにかけて急に面白くなってきました。

ロボット物ではやはりガンダムと比較してしまうのですが、富野氏の作風は人間の愛憎が強調されすぎている点で自分としてはちょっと抵抗があり、本作のように表面上においてドライに描かれている点は好みです(もちろん、どろどろとしたものはあるのですが、描き方として)。

一方、伊奈帆にありがちな主人公らしい万能さを感じさせる点はあまり好きではなく、それが序盤に楽しめなかった理由のひとつだと思うのですが、アルドノア(古代文明先進技術)を持つ火星と戦うにはこれくらいの特別な英雄がいなければ物語が成立しないということで納得。

地球の伊奈帆をスーパーマンに描きつつ、火星・ヴァース帝国のスレインをより人間らしさを感じられる人物に描いているのが良かったです。二人がお互いを意識し始めるあたりは、PSYCHO-PASSの狡噛と槙島を思い出しました。

アルドノアを起動できるのがある血筋を持つ人間、というのはファンタジーによくあるご都合設定であり、序盤に楽しめなかった理由のひとつですが、本作では古代文明の指紋認証のようなものの超先進的な技術という形で提示されています。血液を採らずにDNAを解析する技術ができればそれも可能になる可能性はあると納得できました。アセイラム姫とキスをした相手に(一時的に?)アルドノアを起動できる能力が備わるなど、不明な所もありますが、これは論理を重視する虚淵氏らしく、とても楽しめた部分です。

1クール最後でスレインがザーツバルム卿を助けた疑問点も、許したわけではなかったということで腑に落ちました。

2クールはスレインの栄華と没落の熱いドラマが、人間模様とともに描かれました。おっと思うシーン↓も多々ありました。

レムリナ姫がアセイラム姫の回復を知った後にアセイラム姫のほうが仕掛けていたシーン、アセイラム姫があっさり2人の主人公ではない相手を選んだシーン、スレインが全ての終わりを悟り、レムリナ姫に非礼を詫びて去るシーン、エデルリッゾがアセイラム姫にスレインのことを語ったシーン、助けられたのはアセイラム姫の意志であるということを聞いたシーンなど。

1stOPはKalafinaの「heavenly blue」。個人的にこれまでのアニソンNo.1は同じくKalafinaの歌う「to the beginning」(Fate/Zero 2ndOP)(約2年間でのスマホでの再生回数420回)ですが、パワフルで格好良さのあるAメロと、壮大な宇宙を舞台とした美しい歌詞によって、今後、その座を脅かす可能性もあるかもしれません。

この曲を聴くためだけでも視聴をおすすめしたい作品ですが、本番は2クールから。序盤で切らないことをおすすめします。
※虚淵氏は1期3話までで離脱しているそうですね。

(参考評価推移:3話3.4→6話3.3→7話3.4→9話3.5→12話3.7→15話3.8→19話3.9→21話4.0→23~24話4.2→調整4.1)
(2017.6~7視聴)

投稿 : 2019/01/14
閲覧 : 163
サンキュー:

21

サボテン

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ロボット戦略 強敵攻略!

機能が圧倒的に優れている強敵を
主人公が思いもつかない方法で攻略する!
ロボットが好きな人みてください!

投稿 : 2019/01/05
閲覧 : 24
サンキュー:

2

ネタバレ

順順

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

良い作品

動きも滑らかで綺麗な映像が多く感じた。

見て良かった作品の1つ

投稿 : 2018/11/16
閲覧 : 59
サンキュー:

2

ネタバレ

にゃん^^

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

戦争っていやだよね><

つづきだから1期を先に見てね☆


1期は{netabare}
ザーツバルムがアセイラム姫を撃って
スレインがそのザーツバルムを撃って
伊奈帆クンもスレインに撃たれて。。{/netabare}

それで2期は
その19ヶ月あとのおはなしから


13話目
{netabare}
戦争はつづいてた

アセイラム姫は生きてて

にゃんは
アセイラム姫も伊奈帆クンも
きっと生きてるって信じてたから
そんなにびっくりしなかったけど
地球人のこと悪く言ってて
ちょっと「えっ!?」って。。

でも
誰かにおどかされて
とかなのかなって思ってたら
レムリナ姫が化けてた。。


伊奈帆クンが帰ってきたときは
かっこよかった♪
頭がよくって勇気があって
自分から向かって行ってやっつけちゃった☆

姫さまにキスしたからだと思うけど
アルドノアも動かせるようになったみたいだし
でも
左目を撃たれたみたい
カメラみたくなってたね。。


スレインはヴァースに付くって決めて
ザーツバルムをおどかして
死にかけてる姫さまをつれていっしょに逃げた
姫さまはまだ水槽の中で眠ったまま。。

早く治ってほしいけど
もし
姫さまが目をさましたらどうなっちゃうんだろう?
また
ザーツバルムに狙われたりしないかな?
スレインはどうするんだろ

あと
さいごに伊奈帆クンは
アセイラムがニセモノだって気がついたよね。。
{/netabare}

14話目
{netabare}
レムリナ姫は
アセイラムのフリしておじいさん皇帝とおはなし。。
ほんとは
アセイラム姫がジャマなんじゃないかな。。

伊奈帆クンはほんとのことしゃべりすぎ
バカって言われちゃってもしょうがないよねw
でも
体重まで分るなんてすごい目。。

ザーツバルムは
アルドノアの力を独占してる皇帝を
何とかしたいみたい。。
スレインも協力するって

でも
アセイラム姫の目がさめたら。。って思うと
ドキドキしちゃうね。。

レムリナとザーツバルムとスレイン
あと
エデルリッゾもいて
今は協力してるけど
本当はみんな何を考えてるかよく分らないし

そうゆうのって
にゃんはとってもにがてなんだけど。。

その点
伊奈帆クンって頭がいいけどおバカだから
気もちが分かりやすくっていいなぁ^^
ただ
アセイラムが生きてるって知ったらどうするのかな?

ザーツバルムたちが出撃
スレインのアルドノアが動かないの。。
レムリアが
かまってほしくってイタズラしたみたい

スレインは
背中のキズを見せて自分のこと話して
レムリアを味方にしちゃったみたい

「あなたの持っていたもの
すべて引き受けましょう。。」って
レムリアはお姉さんに勝ったって思ったのかも

バトル。。
練習機で1番強い伊奈帆クンかっこいい♪
さいご
名まえを呼び合ったときは
ちょっとなみだが出ちゃった。。

だけど
伊奈帆くんがかっこよすぎて
応援してて忘れちゃってたけど
弾が当たった相手は死んじゃうんだよね。。

ザーツバルムとかってカン違いしてるけど
地球人がいい暮らししてるわけじゃないから。。

火星人になった人たちだって
火星に行かなかったら
ふつうに地球人だったはずなのに。。

戦争早く終わるといいナ☆
{/netabare}

15話目
{netabare}
前半は日常っぽいおはなし

後半はバトルだったけど
やっぱり伊奈帆の先を見る力がすごい
スレインも先のことを予測してるみたいだけど
伊奈帆は左目の機械がある分強いのかも?

伊奈帆がデブリ(銃弾)をよけられたのは
先のこと予測できるからで
たぶん
ふつうに当たり前のことだけどよかった☆

スレインもそのこと分ってて
わざとザーツバルムに当たるようにって。。


にゃんは
スレインが何を考えてるか分からないけど
何となく分るかも。。

だって
アセイラム姫の願いがきっと
スレインの願いだって思うから
さいごはきっと。。

そのためには
どんな人でもを裏切ってやるって
決めたんじゃないかなぁ
見てる人は冷たいヤツって思うかも

でも
きっと心の中では泣いてるんだって思う☆
{/netabare}

16話目
{netabare}
重力波をあやつるカタフラクトを
上からかんたんにやっつけて
伊奈帆クンが乗ったデューカリオンが
地球に帰ってきた。。

でも
今週の主役はスレインだったよね。。

マズゥールカ卿(この人ほんとはいい人だと思う)の
カタフラクトはあっさりやられたのに
スレインは一機でトライデント基地をおそって。。

どのヴァース人よりも
ヴァースのために活躍したところ見せつけて
スレインのことよく思ってない人たちが
何かしてくる前に押さえこんだみたい

伊奈帆クンは
やったのがスレインだって気がついたね
「しかたないか?」ってひとり言
どうゆうイミだったのかな?
{/netabare}

17話目
{netabare}
捕まえたマズゥールカと話して
この人だったら協力してくれるって思ったみたい
ライエと組んで逃がしてあげたけど
インコに見られてたの気がついてないのかな?

インコはきっとだまっててくれるって思うけど
伊奈帆クンのこと
信用できなくなってきたりするかも?


レムリアはかごの鳥のはなしを聞いて
自分もそうだって思ったんじゃないかな?
スレインがいないとき
かってにマリルシャンを呼んだから。。

マリルシャンとスレインの決闘
きっとスレインが勝つと思うけど
そのうちレムリアに裏切られたりしないかな?
{/netabare}

18話目
{netabare}
セルナキス伯爵とバトル
伊奈帆クンのアイデアでかんたんに勝てたみたい

マリルシャンとスレインの決闘は
スレインのアイデアで勝てたみたい

伊奈帆クンとスレインって
何だか似てるのかも?
どっちもアセイラム姫が好きなところも。。

レムリアはアセイラムのフリをしたまま
スレインと結婚して
ヴァース帝国から独立しようとしてるみたい

さいご
眠ってるアセイラムを
殺しちゃうのかなぁってドキドキしながら見てたら
何にもなくってほっとした^^

レムリアが出てった後で
アセイラムが目を開けたけど
レムリアがいるときだったらどうなってたのかな。。

これからどうなるのかな?
来週が楽しみ☆みたいな
ちょっとこわいみたいな。。
{/netabare}

19話目
{netabare}
レムリアがアセイラムのフリして行った宣言
スレインにぜんぶ任せるから
みんなで協力して地球を攻撃してって。。

アセイラム姫は眠りから覚めて
ふつうにもどってきてる

スレインはそのことをレムリアにもかくしてるし
アセイラムが伊奈帆クンのこと思ってることにも
気がついてる。。
ウソがどんどん大きくなってくるみたい。。

スレインは
今までバラバラに攻撃してたのをやめて
騎士たちとカタフラクトをいっぺんに送ってきたの

火星側はスレインも入れて5機になるのかな?
でも
地球連合のえらい人たちは火星をなめてるみたいだし
伊奈帆クンは1人しかいないし
これから大変な戦いになってきそう。。
{/netabare}

20話目
{netabare}
伊奈帆クンたちは3体のカタフラクトに囲まれて
負けそうになってたとき
デューカリオンが来てくれてなんとか助かったみたい^^

火星に戻ったマズゥールカ卿は
レムリアの化けたアセイラムと会ったりして
たぶん本物のアセイラムがいるって思った
お城にカタフラクトが故障したフリをして来たの

エデルリッゾと話しをして確信したみたい
マズゥールカは小さな箱をアセイラムに渡してって
エデルにたのんだけど
その箱の中にはペンダント。。

それを見たアセイラムはぜんぶ思い出したみたい☆

レムリアは
いつまでたっても自分の思いどうりにならなくって
イライラして勝手にヨウリクジョウしようとしたり。。

スレインのウソがどんどんくずれていくみたい。。
{/netabare}

21話目
{netabare}
地球では伊奈帆クンのとんち?で
3体のカタフラクトを倒せたね
やっぱり伊奈帆クンすごい☆
でも
ときどき左目をおさえてるけど
大丈夫なのかな?


レムリアがアセイラムのところに
銃を持って行ったところはドキドキしちゃった
何がおきるの!?って思ったら
協力することになったみたい^^

レムリアって
もっと自己中キャラなのかなって思ってたけど
ぜんぜんそんなことなかったんだね☆


スレインも
戦争を終わらせたいって思ってること分かったけど
相手がいなくなれば終わるって
そうなんだけどヘンだよね???

だって
今の相手やっつけても
きっと仲間の中から意見とか合わない人が出てくるし
その人たちも倒して。。ってしてたら
自分1人になっちゃうまで戦争おわらないよね。。

スレインは
姫さまたちを閉じ込めちゃったけど
ほんとにこわれちゃってるみたい。。

でも
地球軍のえらい人たちとかも
考えてることヘンみたいだから
もしかして
スレインとそんなに変わらないのかな。。

あと
さいごにクルーテオ伯爵の息子が出てきてたけど
これから何かありそう。。
{/netabare}

22話目
{netabare}
クランカイン(クルーテオの息子)は
タルシス見てくやしそうだった。。
やっぱりスレインのこと
よく思ってなかったりするのかな?


地球軍は月と揚陸城の総攻撃はじめたけど
ほんとは
アセイラムの暗殺が目的だったみたい。。

避難中のアセイラム姫たち。。
レムリアは自分から残ったけど
本当にいい人だったんだね。。
助かるといいナ☆

スレインと伊奈帆クンの1対1バトル
「最初からおまえは敵だった」ってゆう伊奈帆クンに
「敵でしかなかったら にくむ必要はなかった」って

7話目で
地球人なのに
「おまえは敵だ」って言われたスレインって
やっぱり伊奈帆クンのことうらんでるんだろうな。。

伊奈帆クンと会えたけどすぐ気絶しちゃって
アセイラムは左目とおはなししてたけど

本人とおはなしするより
伊奈帆クンがどれだけ
アセイラムのこと大切に思ってるか伝わったみたい^^
アセイラムが伝えようってしたのは何だったのかな?

さいご
クランカインがアセイラムを助けたけど
また新しいおはなしがはじまりそう?
3クール目もあるのかな?
{/netabare}

23話目
{netabare}
アセイラム姫の
争いをやめたいってゆう思いは
スレインには伝わらなかったみたい。。

地球連合軍と月面基地の騎士たちと
全面戦争がはじまりそうなとき
アセイラムが立ち上がった。。って
ビックリ!しちゃったよね

クルーテオ伯爵と結婚してヴァースの女王になるって。。
これで戦争止められるといいね☆
でも
結婚ってほんとにするのかな?
{/netabare}

24話目
{netabare}
アセイラムが停戦命令を出して
スレインはこれ以上どうしようもなくなって
自分は死ぬ覚悟して
月の騎士たちに停戦命令出した

でも
そんなスレインを見て
騎士たちも最後まで戦って死のうって決めたみたい
次々戦争に戻って行った。。

にゃんは
かっこいいってちょっと思ったけど
でも
何かヘン。。

よく考えたら
死にたいんだったら自分だけ死んだらいいのに。。って
思った
どうして戦わなくっていい戦争して
相手もいっしょに殺さないといけないの?

それからバトル
戦わなくってもいいバトル。。
暗くってどうなってるかもよく分らないし
どうでもいいかなぁ。。って長かった

でも
スレインと伊奈帆クンの戦いって
あとで分かったけど
スレインを助けるためだったんだね。。

はじめから敵だって思ってて
自分を殺そうとしてきて左目をつぶされたのに
危ない目に会いながら
さいごまで助けようってした伊奈帆クンがかっこよかった☆

でも
その気もちがアセイラムからって聞いて
にゃんもなみだが出ちゃった
その約束を
命かけて守った伊奈帆クンもすごいなぁ。。
初恋だったのかな?

アセイラムも伊奈帆クンのこと好きだったって思うけど
さいごに
「美しい思い出です」にしちゃった。。

そうゆう思いとかももっとあればよかったのかも☆
{/netabare}


見おわって

さいごまで見たら
戦争を止めたいって思ったお姫さまの物語だったのかも
それと
その願いをかなえたいって思った2人の男子。。

バトルもたくさんあったけど
にゃんはにがてだから
すごい力を持った火星のロボットをよく観察して
まともに戦わないで作戦勝ちする頭のいい伊奈帆クンのバトルがよかった☆

それから
「お姫さまを奪い合う2人の男子」みたいなおはなし(ちょっとちがうけど)
もあってよかったけどもっと恋愛してたらもっとよかったのにって☆

投稿 : 2018/11/16
閲覧 : 823
サンキュー:

133

ネタバレ

つぶあん

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ビックリドッキリメカ対リアルロボの続き

1期の続きなので、1期で唖然とした方はこっちも観ないと後悔します。

1期から19か月後の話。
地球と火星の戦闘はいまだ続いています。
それにしても1期のコテンパンにされていた状況から、よく1年半以上も
持ったものだと感心してしまいます。

火星のヴァース帝国皇女アセイラム。
地球から脱出したとされる彼女。
伊奈帆が目覚めた時、彼女は地球侵攻の旗印となっていた。

この2期、最初の時点では
「お前、ガッツリ生きとるやん!」ってツッコみました。
でも、すぐに理由がわかり納得。

スレインの行動がこのストーリーの中核をなしていますね。
1期で敵対していたはずのザーツバルム伯爵を助けたことによって
徐々に力をつけていく。
アセイラムへの想いがありながら、彼女の望みと真逆の行動をとっていく
のが印象的でした。

対して、アセイラムが偽物だと見抜く伊奈帆。
1期で伏線を張っていたのですね。
彼の失った左目に埋め込まれたアナリティカルエンジン。
脳にリンクさせて様々な解析を行える優れものですが、使用領域を広げると
負荷に苦しむことになる。
戦闘の激化とアセイラムへの想いから、使用領域を広げていく伊奈帆。
アセイラムを月に救出しに行く中、負荷により倒れてしまう。
倒れた伊奈帆の左目が、自動でアセイラムに助言を与えるシーンが
たまりませんでした。
伊奈帆の想いを代弁する左目。
「自分の半身のように思っている」と。
同じ想いだと答えるアセイラム。
でも、その二人の想いも・・・。

三者三様の結末に切なくなる話でした。

それにしても1期から火星のメカってw
ファンネル・超電磁ヨーヨー・ロケットパンチ・ステルスに分身まで。
なんでもありで楽しい!
地球側もかなり考えられていますね。
デューカリオンのカタパルトモジュールなんか最高でした。

1期・2期一気に見直しましたが、
とにかく自分の中では名作でした。

投稿 : 2018/10/31
閲覧 : 52
サンキュー:

11

ネタバレ

kakelu

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

1期が英雄が逆境に立ち向かう話であれば、今期の2期は英雄が救われる話。

1(13)話の感想 ★★★★ 4.0
19ヶ月後
{netabare}
1年半も経ったのか。
イナホはよく助かったな。
左目から側頭部に弾丸を受けたのにな。
でも、まさか口づけが因子を受け渡す事になるとは。
だから、スレインも起動させることが出来たんだな。
他にも方法はあるのかな?
ないなら王様と騎士達はキスしてるのか…
おえ…{/netabare}

2(14)話の感想 ★★★★☆ 4.5
宇宙での戦闘
{netabare}
ここに来てようやく両者が名前を知った。
かっこいいね〜
弾道予測ができる機体と超高性能な演算ができる個体。
ラストで勝つのはどちらか。
それにしても、いろんな人が変わってるな。
イナホにしても副艦長にしても、ライエにしても。
副艦長、めっちゃ変わったな。{/netabare}

3(15)話の感想 ★★★★ 4.0
茨の道を行くスレイン
{netabare}
人を殺すのを恐れていたスレインはもういない。
こうして、伯爵へとなった。
こういう蛇の道を行く人は大抵、最後に死んじゃうからな〜
Sourceはギアス。{/netabare}

4(16)話の感想 ★★★★ 4.0
鞠度大尉たちは今
{netabare}
イナホが化け物レベルで強い。
アレは地頭の良さ、目の力、恐れぬ勇気が兼ね備わることにより発揮しているのだろうか。
もし目だけならいろんな人にも目を移植すればもっとスムーズに戦闘が運ぶのに…
かなり考え方がマッドだけど。{/netabare}

5(17)話の感想 ★★★★ 4.0
捕虜
{netabare}
まだバース帝国にも姫に忠誠を誓う者がいたとは。
さらに、志も姫と同じとは。
マズゥールカさん、いい人だわ〜
ってか、ホントBGMいいね!
ピアノの感じが癒される。{/netabare}

6(18)話の感想 ★★★★ 4.0
決闘
{netabare}
やはりスレインが勝ったか。
しかし、今回のは相手が馬鹿だったからでもし弱点を知り、甘く見ていなければ勝てただろうに。
遂には、姫と結婚か。
これでアセイラム姫が目覚めた時に自然と婚約を結べるな。
スレイン、やりたい放題か。{/netabare}

7(19)話の感想 ★★★★ 4.0
次のステップへ
{netabare}
一機でもやっかいな敵が連携を取り、複数で攻めてくる…
かなりやばい状態だな。
連携を組む前にもっと多く潰したかっただろう。
スレインはイナホの記憶がある事が気に入らないのかな?
それとも、姫の意識が取り戻した時に何かあったのかな?{/netabare}

8(20)話の感想 ★★★★ 4.0
マズゥールカの行動
{netabare}
マズゥールカ、イナホの指示通り動いてくれたんだね。
いい人だわ。
そのおかげでアセイラム姫の記憶も戻ったみたい。
スレインは暗躍しまくってるな。{/netabare}

9(21)話の感想 ★★★★ 4.0
遊撃隊
{netabare}
スレインは本当に変わったな。
アセイラム姫の意思を無視し行動する。
それは本当に忠誠なのか?
ただの自己満足ではないのか?
イナホはもはやコンピュータだな。
しかし、その負荷が来てそう。
早死しないといいが…{/netabare}

10(22)話の感想 ★★★★☆ 4.5
月面基地へ
{netabare}
ようやくイナホはアセイラム姫と会うことが出来た。
しかし、すぐに気絶してしまった。
それしても、右目のプログラムが喋り出すとか、どんだけー
その内、目が人格を乗っ取ろうとするんじゃないか?
最後に、皇帝派の息子くんに助けられたが…
どうなる?{/netabare}

11(23)話の感想 ★★★★★ 5.0
決戦に向けて
{netabare}
みんな最後の戦いへ向けていろんな覚悟固めている。
それが心にグッとくる。
これが死亡フラグとなるのか勝利へのきっかけとなるのか。
アセイラム姫は結局、クルーテオ伯爵と結婚するのか…
絶対、そうはならんよな(笑)
スレインかイナホのどっちかとくっつくと思う。
スレインの功績は認めるがどうも好きになれんからな〜
個人的には、イナホとくっついて欲しい。
でも、そうなるとインコが…{/netabare}

12(最終)話の感想 ★★★★★ 5.0
ついに終幕
{netabare}
まさかまさかの展開。
まず、スレインがあっさり認め、自爆するとは…
そして、その最後の足掻きに付き添う部下達。
もう、この時点で胸熱!
最終的に、主要人物が誰一人欠けることなく終わり良かった。
そして、スレイン!!
最後の最後まで嫌いだったが、この話でそな想いがガラリと変わった。
スレインは本当に過酷な人生を歩んで来たんだな…
これからようやく幸せな日常を手に入れられると思うと前までの怒りや嫌悪がすっと落ちた。
アセイラム姫とクルーテオ伯爵が結婚したのかな?
なんだか横取りみたいで、そこだけが不満。{/netabare}

投稿 : 2018/10/31
閲覧 : 140
サンキュー:

17

ネタバレ

〇ojima

★★★★☆ 3.6
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

最終話まで期待してましたが。

Ⅰ期の序盤の「こりゃ大変だ!」という展開と
   最終話の「これ、話が続くの?」的な衝撃があり、Ⅱ期も最後まで視聴しました。
・・・{netabare}これですべての話が解決したのでしょうか。。。されてませんよね。
これでは登場人物達がかわいそうです。結構特徴のある人物が多かっただけに放り出されっぱなしみたい。。。 {/netabare}
 Ⅲ期があったらびっくりですが、とりあえず残念感です。

投稿 : 2018/09/21
閲覧 : 202
サンキュー:

27

ネタバレ

ポル

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

とても面白かった

アルドノアの技術による兵器はどれも驚異的なものなんですが、それを上回るイナホくんのアナティカルエンジンの分析力。とても見ごたえありました。

見終わってみてのつぶやき↓
{netabare}
2期に暴走をはじめるスレインの悪行の数々、心優しいスレインが変わりすぎて(°0°)!!1期の時、スレイン応援してたのに、表面上は出世コースまっしぐら、視聴者の株は下がりまくりって感じでしょうか・・・

アセイラム姫は戦争を終わらせるためにクランカインとの婚約。
あんた誰?w

ァァァァヽ(o`Д´o)ノァァァァ!!イナホとスレインの今までの姫への思いは報われない感じなのかヽ(`Д´)ノ

月面基地に姫救出に行ったとき、これは両思いなのかな?イナホくんやったねって思ってたんだけどイナホ×アセイラム姫エンドならず((>ω<。))

どこか報われない感じでしたね。

牢に入れられてションボリしてるスレイン。やっぱり色々とかわいそうな人でした。
{/netabare}

投稿 : 2018/09/15
閲覧 : 47
サンキュー:

11

ZORRRO

★★★★★ 4.2
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

1期の続き。作画良いです。

作画良くてキャラも可愛い。
もちろん戦闘なんかの作画も気合い入ってました。
1期もそうですが、音楽もいいです。

投稿 : 2018/09/01
閲覧 : 28
サンキュー:

1

ネタバレ

ニワカオヤジ

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ちょっと長いですが、最後にみなさんが批判されている問題を考察してます。

1期・2期通しての感想です。
まずは本筋と関係ないところで、作画的に良かった点
・キャラ造形が良い。女の子は萌えキャラじゃないけど可愛い。
・胸の大きさが現実的で、大人でも大きくない。少年、青年、壮年まで顔が描き分けられている。←これが結構すごいことだと思います。
イマイチだった点
・肝心の戦闘シーンが全体的に暗すぎ&速すぎて、よく見えない。

ここから本筋です。
本作の見所は、
「ロボット戦」、「政治・人間ドラマ」の二軸あると思います。

ロボット戦は、敵が {netabare}圧倒的に強い武器を一つ持っていて、それを普通の武器でどう倒すか、という頭脳戦ですが、 {/netabare}これが非常によくできていて、面白かったです。
このような戦闘形式はいわゆる {netabare}「能力バトル」であり、ジャンプでジョジョから始まりハンターハンターでほぼ完成しているジャンルですが、これをロボットでSF的考証をつけてやったことが斬新でした。 {/netabare}

自分としては戦闘が最も面白い要素だったので、もっと見たかったのですが、 {netabare}ネタが切れたのか戦闘の数自体は少ない(37家門もあるから期待してしまった)し、スレインの乗ってた白いの(名前が覚えにくい)とかスレインの部下(人の名前も覚えられない)の乗ってた赤いの(名前が・・・以下略)とか紫の丸いの(以下略)が結局攻略されなかったのが残念でした。 {/netabare}


次に第2の要素のドラマ部門ですが、正直なところ、不満でした。
ロボットの {netabare}能力を考えるだけで精一杯だったのかな?というくらいに稚拙でしたね。 {/netabare}例えば、 {netabare}
・火星人だけど火星人嫌いなライエ、イナホが好きなインコ、マリト大尉のPTSD、など初期からずっと引っ張ってきた各個人の設定が、有耶無耶のまま終わるのですっきりしない。
・スレインが地球を侵攻する理由が「敵をなくして戦争を終わらせる」ためと言いながらヴァースに敵を作りまくる。 {/netabare}
など、枚挙にいとまがありません。

ただし、おそらく本作で最も批判されていて、クソアニメと言う人までいる理由と言えば、

{netabare}・アセイラム姫がぽっと出の貴族(名前が・・・以下略)と結婚宣言したこと

だと思いますが、これは、妹のレムリナ姫がスレインと結婚宣言したのを帳消しにする必要があったので仕方がなかったのだと思います。

しかし、イナホに好意を寄せていたんだから、宣言する前にはかなり葛藤があったと思うのにその描写がなかったことと、イナホも好きだったんじゃないかと思ってたのに、戦争終結後にアセイラム姫・イナホともあっさりした顔をしていて、こりゃエンドロール後に会うシーンがあるでしょ?と思いながら見ていたのにそのまま終わったところは、本当にクソアニメ。 {/netabare}

投稿 : 2018/05/06
閲覧 : 518
サンキュー:

36

ネタバレ

ssk0615

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

あんた誰?

王道のバトル系な感じで話数が進むごとに終わりに近づいていく感じも違和感がなくていいと思った。
ただラストにアセイラム姫と結婚した奴誰?
このラスト以外は素晴らしいアニメだった!!

投稿 : 2018/05/01
閲覧 : 75
サンキュー:

4

ネタバレ

tyuio

★★★★★ 4.1
物語 : 5.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

彼は自ら最期の地を選んだ。

主人公は決して、界塚いなほではない。スレイン・トロイヤードだ。
アセイラムを失ったスレインは孤独の道を突き進み、やがて独裁者になり果てる。彼を希望の象徴として集まる、虐げられてきた人々。1期では孤独だったスレインの周りには、ハークライトやレムリナ姫などが支配層を見返すために集まって来る。しかし、スレインの望みは姫のために世界を再編すること。決して、彼らと思いの合うことはなかった。
だが、バルークルスやハークライトが最期を共にしようとしたことは、スレインにとて救いであったろう。

復活した姫によって全てを失ったスレインは、最後の個人の望みとして界塚との一騎打ちに挑み、敗れる。

1人閉じ込められて生を終えるであろうスレインは、果たして幸せだったのだろうか?


あっさりとスレイン・界塚の両方を過去のものとして受け入れるアセイラムは、高貴ゆえに残酷だ。界塚にスレインの助命を頼むのも同様。
その残酷さ、スレインの苦悩が描かれたことが今作を良作たらしめた原因、要因といえよう。

個人的には、最後においしいところを全部持って行ったクルーテオジュニアに対して、マズールカが可哀想だった。(マズールカがもう少しかっこいいと思っていた)

投稿 : 2018/02/17
閲覧 : 72
サンキュー:

3

ネタバレ

Tina.t

★★★★☆ 3.5
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

地上戦(2D)から宇宙戦(3D)へ〜結ばれない想い達〜

一期とは違い、二期では宇宙空間での戦闘シーンが増え、惑星の重力や立体的な動きや戦闘シーンは魅力的だったと思う。
アセイラム姫がよくわからん伯爵と結婚して和平を結ぶという流れが流れてなくてわろた。軌道騎士がそれに反発しないのもよくわからん。
ただ、主人公が強すぎるて、アルドノアの凄さが微塵も伝わらない。主人公半端ないって。後ろ向きで倒すもん。そんなんできひんやん、普通。

投稿 : 2018/01/17
閲覧 : 83
サンキュー:

4

ネタバレ

なかすけ

★★★☆☆ 2.9
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

色々と惜しい作品。

1期はとても楽しかった。
2期を見た感想はやはりうーんだった。

なんか1期と違ってワクワク感もどうなるんだって感情も薄い。
スレインは1期と正反対の行動を取りまくる。なんでこいつ地球と戦争しまくってるんだ?ってなった。姫の御意思に反するって言ってたのに。もはや別人。姫様は道具になってた。
アセイラム姫も人を疑うということを知らず、あとを継いだばかりの貴族の息子を即効夫にする。地球と即時和平を結びたいがためなんだろうが、さすがに展開雑過ぎワロタってなる。元々は姫の軽挙妄動が地球と火星の戦争の引き金になったのに。学習してほしい。それに御曹司を婿にするのならもうちょっと早く出てきてほしい。22話で登場は遅すぎる。お前今まで何してたんだって感じになる。

総じて駄作とまでは言わないがなんとも歯切れの悪い作品だった。1期のおかげで駄作にならずに済んだかな。

投稿 : 2017/12/18
閲覧 : 71
サンキュー:

4

ネタバレ

◇fumi◆

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

激化する惑星間戦争 主要キャラは斜め上へと飛翔する。

2015年放送のアルドノア・ゼロ第2クール 全12話

第1クールから1クールあけて放送。スタッフ・キャストに変更なし。

第1クールのラストはロボットアニメらしい主要キャラ全滅エンドでしたが、
もちろん、そんなことは無く、普通に第2クールが始まりました。
本来の主要キャラである3人、貝塚伊奈帆、アセイラム姫、スレイン・トロイヤードの物語は続きます。

第1クールはオリジナリティを確立しつつ、物語性を失わない理想的な創作劇でしたが、
第2クールはどうも様子がおかしいようです。

地球生まれの火星騎士スレイン・トロイヤードが、生死不明のアセイラム姫の権威を利用するために、
アセイラムの異母妹「レムリナ・ヴァース・エンヴァース」をアセイラム姫に仕立てて、地球との全面戦争の旗印にするというのが発端です。

いくつか気に入らなかった点がありますので挙げます。

火星の描写については最も期待したのにかかわらず、ほとんど見られませんでした。
これは、月のハイパーゲートに火星軍が送り込まれ続けるためで、
特に火星の風景などの描写の必要が無いのは分かりますが、
そのせいで、火星側は貴族や軍人しか描かれずリアルな戦争を映すべき民間人の姿が無かったこと。

同様に、崩壊した地球の描き方もあまり重視されなかったようで、
荒地と生活地との境界線が分からず、まるで違う世界のように感じました。
前回の戦争で人口の半分が死んだという現実も感じられず、
セカイ系と言うよりは社会性の描写不足、別世界の人間がゲームをしているように見えたと言うこと。

物語に関してはネタバレ扱いにしますが、量は少ないです。
{netabare}主要キャラの言動が非常に子供っぽく、行動理由も浅はかに見えてしまい、
多くの軍人たちが信頼するような説得力が感じられませんでした。
人気沸騰するべきヒロインの扱いは商業的に見てまずいと言わざるを得ません。
リアルかどうかより、物語性の優劣で考えると失敗です。
後半になると主要登場人物の主張はどんどん幼児化して、到底将の器でないものが惑星間戦争を主導していきます。
主人公3人の行動も幼児化して、到底受け入れられるものではありませんでした。
最近放送された某「レクリ」という作品の後半に近いです。
ガンダム以前のアニメであればぐっとこらえて時代性で飲み込むところですが、
個人的感想ではありますが、これと「レクリ」の展開は作者の感覚を疑いました。

ここで思い出した一言があります。
虚淵先生原作のアニメ「ブラスレイター」より
「すまなかった・・・」{/netabare}

何はともあれ、志村貴子先生の美しいキャラが惑星間戦争で躍動する、
高予算と思われる力の入ったロボットアニメの秀作として無事完成はしたと言えます。
ラストはお馬鹿アニメ化していましたが。

オリジナリティを何よりも重視していると想像できる「あおきえい監督」には、
段階を踏んだ本物の衝撃的傑作を期待してやや評価を下げました。

投稿 : 2017/11/28
閲覧 : 393
サンキュー:

33

ネタバレ

Ttair

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

もう少し最後を観たかった。

バトルロボットアニメのなかではかなり面白い作品でした。
しかし、一期と少しストーリーが変わり、少し王道な感じもありました。
あと、個人的に最後、もう少し続きを観たかったです

投稿 : 2017/11/03
閲覧 : 80
サンキュー:

9

こんにちは

★★★★☆ 3.1
物語 : 1.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

途中から・・・

1期の頃から薄々感じてましたが、結果的に何とも言えないラスト。

途中から物語に感情輸入出来ない。

主人公が謎に強すぎて、2期になってさらにチート級の物を手に入れる・・・

物語の噛ませ犬感が強くて、途中からドキドキして見ることが出来なかった。

とは言え、オリジナルアニメなので、最後までどうなるかわからないので、期待してましたが、まあこんなものかなと。

続きが気になるアニメではありました。

投稿 : 2017/09/28
閲覧 : 60
サンキュー:

2

ネタバレ

maquit

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 3.0 音楽 : 5.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

ここだけは納得いかない

というのは
ライバルのスレイン君についてです(後述)

まずは作品について
前半の怒涛の展開の続きなので
期待十分にかまえているとちょっと物足りないかも。

そりゃ物語の結末に導くのだから
ある程度の予定調和は当然ある。
これは少し期待をかけすぎてしまったので、
反省しときましょう。

ただ作中の時間経過が短すぎて
限られた枠内で完結するにはしょうがないのかもしれないが、
急に現実味が薄れたいったような気が…

そこで登場するのがスレイン君!
なぜスレイン君なのか?
{netabare}
まず、あんなにひ弱で従属しきっていた彼が
1年足らずで軍を掌握しきれるようになったのか

まぁ姫様を思うがあまりって考え方もあるが、
それにしても前半部に彼の野心的な側面がまるでみられない。

仮に、改めてヴァースに忠誠近い、
ザーツバルムに付き従う間に人心掌握術やらなんやらを
学びつつ感化されたと創造はできるが、
それにしてもキャラが固まりきっていないような気がして
とにかく消化不良!
{/netabare}

というわけで、
個人的に良作と思っているが故のひとりごとでした。

投稿 : 2017/09/18
閲覧 : 78
サンキュー:

7

阿紫カービィ

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

誰も幸せになれない。

1期より、『思い』の描写が多くなって、ソワソワしながら観ました。
地球側、バース側、それぞれの理想が、勘違いやスレ違いでずっと闘争状態。

スレインの成り上がりが、ギリギリでグラグラしてて、もうね、切ない。まわりに裏切られるんじゃないかと、気が気でなかったです。

イナホは
ゆき姉いるし、仲間沢山で、最強で、それに比べてスレインは!(スレイン大好きなので…)

アセーラム姫は、
生まれながらの『公人』なのだなぁ。国や国民の事が大事ゆえ、心の仕組みがほかの人とは違うのだろう…

表面だけの『和平』、姫は満足でしょうね…


イナホと、地球側の火星人の女の子(名前が出てこない、ごめんなさい)なんか良い感じになればいいな。

余韻が心地良いアニメでした。

オリジナルアニメーションは宝です。

投稿 : 2017/09/12
閲覧 : 176
サンキュー:

21

ネタバレ

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

1期と比べると劣る

面白い!だけど主人公は1期に比べてさらに人間離れしてしまった。。
{netabare}なんでも左目に様々なセンサー、演算装置が付いているチート人間ですからね。{/netabare}

投稿 : 2017/09/07
閲覧 : 89
サンキュー:

2

肩ロース

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

もうひと押し!

普段はロボットアニメは観ないがこの作品だけは、引き込まれてしまった 

一期は主人公の頭の良さを駆使して戦ってたのに、二期から人間らしさが薄れてしまうほどのチート人間になってしまった。

終盤になるにつれて、話の展開を早くしすぎかなと思ってしまった。

それを踏まえても充分おもしろい作品!

投稿 : 2017/08/30
閲覧 : 59
サンキュー:

4

べにや板

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

中途半端で惜しい作品

1期2期の総評として書かせていただきます。
全体的にテンポが良く戦闘シーンがあり、主人公の活躍が見れて楽しい作品でした。
しかし戦闘シーンが多いこと、主人公があまり感情を表に出さないタイプであること等から、心理描写が少なく惜しいところです。
特に2期から、好敵手であったキャラが話の中心になってくるのだが、目的や心情(信条)が描かれないまま心変わりをしていく姿を見るのがツラかったです。
終わり方ももう少しすっきりした終わり方であればもっと良い作品になったかなと思います。

投稿 : 2017/08/29
閲覧 : 62
サンキュー:

1

順々

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ロボットアニメが好きでない人もこれなら好きになれる

このアニメはロボットアニメが嫌いな人でも好きになれるアニメだと思います。実際にロボットアニメが嫌いだから見ないと言い張っていた友人に薦めたら1ヵ月後にメッチャ良かったとわざわざ報告に来ましたw 
このアニメの良いところは、圧倒的に相手が強いにもかかわらず主人公が知識と技量だけで相手を倒していくというところが凄く良いです。神作画です。個人的にバトルシーンは思い当たるところ全て好きですね。所々鳥肌が立ちました。  ネットでは最終回が納得いかないとか書き込んでいる人もいますが私はこの最終回は良いと思います。op良いですよ>^_^<
 このコメントは1期の方でするべきですよね?w

投稿 : 2017/08/03
閲覧 : 57
サンキュー:

7

Hika

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

挿入歌がかっこいい、高水準で面白い

たまにある地味系主人公機、ロボットとしての格好良さは敵側ある、珍しいアニメ。
W主人公でどちらも理由があって戦っているのがよく分かる作品。
後半主人公に都合がいい点がちらほら…
個人的にはハリーがんばれ!

挿入歌の「BRE@TH//LESS」←ブレスレス。OP だっけ?とにかくいい曲!疾走感最高、映像と加わるとよりおしゃれでかっこいい★ドライブにぴったり、アニソン臭さがない

余談ですが「抜刀」ってついつい釣られて言っちゃうのは僕だけですか?

投稿 : 2017/07/31
閲覧 : 78
サンキュー:

5

次の30件を表示

アルドノア・ゼロ(第2期)のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
アルドノア・ゼロ(第2期)のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

アルドノア・ゼロ(第2期)のストーリー・あらすじ

西暦2016年、アセイラム姫暗殺事件から約1年半後。地球生まれでありながら火星騎士の地位を得たスレインは、専属の部下を従えて、地球軍との戦闘に参加していた。一方、新たな戦地へ赴くべく、修理を終えるデューカリオン。そこに続々と、かつてのクルーたちが戻って来る。(TVアニメ動画『アルドノア・ゼロ(第2期)』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2015年冬アニメ
制作会社
A-1 Pictures / TROYCA
主題歌
≪OP≫SawanoHiroyuki[nZk]:mizuki『"&Z"(アンドジー)』≪ED≫藍井エイル『GENESIS』

声優・キャラクター

花江夏樹、小野賢章、雨宮天、三澤紗千香、小松未可子、村田太志、加隈亜衣、大原さやか、中井和哉、鳥海浩輔、茅野愛衣、嶋村侑、水瀬いのり、大川透、平川大輔、夏川椎菜、興津和幸、千葉進歩、竹内良太、豊永利行、生天目仁美、三宅健太、木島隆一、逢坂良太

スタッフ

原作:Olymous Knights、ストーリー原案:虚淵玄、キャラクター原案:志村貴子、 監督:あおきえい、シリーズ構成:高山カツヒコ、キャラクターデザイン・総作画監督:松本昌子、メカニックデザイン:I-IV/寺岡賢司、メカ・エフェクトアニメーション:橋本敬史、メインアニメーター:斉藤敦史/サトウミチオ、美術監督:伊藤聖、色彩設計:大内綾、撮影監督:加藤友宜、ビジュアルエフェクト:津田涼介、CGディレクター:町田政彌、編集:右山章太、音響監督:明田川仁、音楽:澤野弘之

このアニメの類似作品

この頃(2015年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ