「xxxHOLiC ホリック(TVアニメ動画)」

総合得点
71.2
感想・評価
689
棚に入れた
4517
ランキング
974
★★★★☆ 3.8 (689)
物語
4.0
作画
3.6
声優
3.9
音楽
3.7
キャラ
3.9
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

xxxHOLiC ホリックの感想・評価はどうでしたか?

星野 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

和×コメディ×ホラー

原作は大昔に読了しています。

基本的には1話完結。と思いきや前の話に関わってきた人物が登場したりと、どの話も見逃せないつくりになっています。

シリアスになりがちな物語をうまく中和してくれるのは、四月一日と百目鬼のやりとりや、ハチャメチャモードの侑子さんやモコナ。見どころの一つと言えます。

妖が登場する回もあり、人間のみが登場する回もあり。アニオリ要素もうまくまとまっていると思います。

スターシステム満載のツバサとリンクしている作品ですが、このアニメではツバサに直接的に関わってくるシーンはほぼありません。そのため、ツバサの方を知らなくても楽しめると思います。逆に言うとツバサの要素は期待しない方がいいでしょう。

個人的にすごく気になった部分は人間のキャラデザ。腕が、足が、首が、とにかく長い。原作を読んでいる時は気にならなかったのですが…こんなに長くする必要ある…?というぐらい長い。この部分は終始違和感がありました。

投稿 : 2020/09/15
閲覧 : 18
サンキュー:

2

ネタバレ

プラ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 2.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

怪異-アヤカシ-とは、人間の欲深さを戒める存在なのだろう。

主人公は、ミステリアスな雰囲気を漂わせる女性・壱原侑子と、怪異が見える特異体質を持つ高校生・四月一日君尋(四月一日と書いて、ワタヌキと読む)。

ある日、学校の帰りに四月一日はとある店に迷い込む。そこは「なんでも願いをかなえてくれる店-ミセ-」とミセの主である侑子は言う。そして、願いをかなえるかわりに対価をいただくという。願いは何かと聞かれた四月一日は、怪異が見えることによる不幸がイヤだということを思い浮かべたが、それを言う前に侑子に言い当てられてしまう。怪異とうまく付き合っていく方法を教えるかわりに、その対価として(ほぼ強制的に)ミセでバイトすることになる。

ミセにはいろいろな人が"惹きつけられて"やってくる。やってくる客たちは偶然ミセに入ったと口々に言うが、それに対して侑子は「偶然なんかじゃない。あるのは、必然だけ」と諭すように言う。虚言癖・浮気性・強欲といった自分の悪いクセや欲深い人だけでなく、時には人殺しの記憶の消去のお願いをする人までやってきた。願いに対して、それに見合った対価を払うことになる。人殺しの記憶を消すように頼んだ人間の対価は、これから一生あらゆる映像・写真にいっさい映ってはいけないというものだった。要するに、願い=罪・対価=代償という構図であり、ミセにやってくるという行為は報いを受ける時期になったことを示しているのであろう。

古くからの言い伝えや都市伝説として広まる怪異は、人間の"欲望"を抑制し、将来的に報いを受けることを防ぐものなのだろう。もちろん、中には言霊のようにポジティブな側面を持つ怪異もいるが、ほとんどが悪さをする怪異である。ただ、怪異は人間の欲深さが生み出してしまったバケモノであり、生んでしまった人間はうまく付き合っていかなければいけないのである。



さて、最初から最後までミステリアスな雰囲気の中で物語は進んでいく。しかし、物語の核心は最後まで語られなかったと思う。

・ミセができた経緯は?いつから存在していた?
・侑子は人間なのか?もしかして、四月一日も人間ではないのか??
・四月一日という日付に特別な意味はあるのか?
・四月一日に怪異が見える理由は?
・ひまわりと百目鬼の役割は?
・侑子の長期出張はいったいどこへ?

最後まで謎だらけ。でも、謎深きところがこのアニメのミソでもある。今後ちょっとずつ語られていくのか、続編が(あれば)楽しみである。

投稿 : 2020/05/19
閲覧 : 55
サンキュー:

0

あーみ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 2.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

最初は不思議系ホラーなのかなーと思ってみていたが、回がすすむごとに段々引き込まれていって キャラクターも含めて大好きな作品になりました。

投稿 : 2020/03/25
閲覧 : 88
サンキュー:

0

春秋 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 4.0 作画 : 2.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

個人的に好き

福山潤大原さやか中井和哉伊藤静あやかし独特なタッチ侑子さん素敵OP&EDヤンマガ一話完結

投稿 : 2019/12/25
閲覧 : 62
サンキュー:

1

ゆい さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

1話完結

1話完結なのが見やすい。シリアス。
地獄少女、夏目、蟲師みたいなかんじ。
これらの作品がすきだから、これも好き。
つまらない回もあったけど、印象に残るような話もたくさん。
特に双子の、言葉は鎖になるって話はいいはなしだった。それと、してはいけないことをしてしまう人の話。
深いし教訓になる。

投稿 : 2019/03/02
閲覧 : 263
サンキュー:

0

ネロラッシュ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

いつからか

いつからかCLAMPのキャラはやたらと手足が長い気持ち悪いデザインになって好き嫌いがわかれてしまうようになってしまったが、四月一日のツッコミがウゼ〜!と思いつつも、侑子さんが色っぽいので、満足です。

投稿 : 2018/11/25
閲覧 : 308
サンキュー:

2

ネタバレ

にゃわん さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

人間というもの

霊感が強く昔からよく見ていた四月一日は
ゆうこ、と名乗る女と出会う
そして何でも屋でアルバイトをすることになる。

そこで知る、運命
禁じられた行為を自らやりたがる
人間のサガ

そして、なんでも押しつけるゆうこ
とにかくうざい黒モコナ

オープニングとかもそこまで悪くなく
段々と主人公、四月一日への扱いが
酷くなっていくところと
妙に共感がもてる中井さん演じるキャラ。
何か隠されてる?ひまわりちゃん

合間に、テコ入れ回とも呼べる
話が2回続くが

話的には、ふと思ったらここに来ていた
というお客さんと
その人の望みをきくために取る対価。
この年代のアニメとしてはまぁまぁかな

投稿 : 2018/07/04
閲覧 : 149
サンキュー:

1

ストックトン さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

謎だらけの壱原侑子がカッコいい。
お店の世界観同様、妖艶でミステリアスな
雰囲気がたまらなくいい。
「この世に偶然なんてない、あるのは必然だけ」
って台詞が、すごく心に残ってる。

投稿 : 2018/04/16
閲覧 : 183
サンキュー:

1

ネタバレ

hidehide さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

意味が深く

何せ、セリフがイイ。
言葉がとても意味深く、特にシリアスmodeの時の
侑子さんのセリフは、時に怖く、時に優しく、
納得させ、説き伏せる、というのはこういう事なのだろうか、と。
時折、人から相談された時に使えてしまうのではないだろうか、と思える言い回しすらありますしね。
夏目しかり、やはり、『アヤカシもの』は
お気に入りですね。

投稿 : 2018/02/13
閲覧 : 192
サンキュー:

3

てっく さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

この世の理とは!? 

それは偶然なんかなく必然でしかない。

アヤカシの存在が見え、アヤカシ達に苦しめられて来た主人公(四月一日君尋ワタヌキキミヒロ)。
ある日、何でも叶えられると言う女性(壱原侑子イチハラユウコ)の店に辿り着く。
彼女もまたアヤカシや妖怪側の存在なのか、特殊な能力を使い人間の願いを叶える。
願いを叶えるには、その願いと等価値である代償を払わなければならない。
それは、お金に限らず物だったり行為だったり。
願いを叶える代償としてワタヌキは、侑子の店でアルバイトをすることになる。
ワタヌキは偶然、気が付いたら侑子の店に来たというが、侑子はそれを「必然」と言う。
そんな出会いから、ワタヌキはアヤカシが関係する現象に関わることが多くなり今までの日常から少しずつ変化して行く。

そんなお話し。

視聴し終えて感じたことは、アヤカシとは人間の内面が映し出されたモノなのかな。
そのアヤカシとなった意志に自分自身が苦しめられたり他の人間達も苦しめたり。
あと、願いの代償。
これもこの世に生きる上で無視は出来ないものなのかな?と。
人々は、須らく代償を払っているんでしょうね。

作画ですが、最近のキラキラした感じではなく何か昭和的な感じで描かれていますが、お話しの雰囲気とマッチしている感じで、負を抱えている人の目が完全に死んでいたりと少しゾッとさせられました。
あと、エキストラな人達は白というかグレーで表現されており何とも言えない感じ。雰囲気を後押ししてる感じです。
キャラも個性豊かで、侑子さんはわがままで酒豪でものすごく妖艶な感じ。(結構好きかもw)
侑子さんの助手で、マルとモロ。本名は「まるだし」と「もろだし」と言う茶目っ気タップリな二人。
親友?の百目鬼。ワタヌキとは逆で清い気を持っている。クールで頼りがいがある。
ワタヌキが好意を寄せる女性のひまわり。ちょっと謎な感じ。
主要以外だと、ワタヌキに好意を寄せる座敷童ちゃん。内気で可愛らしいキャラ。
妖怪の管狐は、ペットとして飼いたいですねw

少し余談が過ぎましたが、暗い雰囲気はあるものの人間の内面を丁寧に描かれた作品だと思います。

投稿 : 2017/06/13
閲覧 : 180
サンキュー:

7

サグミッツ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

除霊の対価としてミステリアスな女性の元で働く事になった高校生の物語です

対価さえ払えば訪れた人の願いをなんでも叶える、という店なのでオカルトや妖怪の要素が強いです
うさんくさい店ですが店主の祐子さんの実力は本物です
常にあらゆる物を見透かしているような人です

このアニメは依頼者とのカウンセリングパートと、主人公があやかしに巻き込まれるアドベンチャーパートの2種あります

前者はholic(中毒)と言うだけあって何かをやめたくてもやめられない女性が訪れます
ネット、嘘などなど
正直このパートは暗いし説教臭くて私は苦手です
1、2話がこのパートだったので観るのをやめてしまいそうになりました

ただアドベンチャーパートが面白かったです

二期まで観ないと明かされない謎があります

投稿 : 2017/05/29
閲覧 : 125
サンキュー:

1

らぴす** さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

裏切らない作品

アニメを観て原作も買いました。

絵柄は好き嫌いがあるかもしれないけれど、ストーリーは素晴らしい。
投げたら投げっぱなしにしない作品で、妖・霊・習わしなどに関わる話をうまくまとめ、関わる人々に何かしらの影響を与えるという良いアニメだと思う。

瑠璃宮夢幻古物店(漫画)や地獄少女が好きな人はたまらない作品だと思う。

投稿 : 2017/03/18
閲覧 : 199
サンキュー:

2

姶良 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

基本的に一話完結。
子供のときに言われたこと(嘘をついてはいけないなど)や日本人として大切にしたいこと(伝承など)など大きくなるにつれて薄れてきたであろうことを思い出させられました。見て良かったです。
特に爪切りの話が私は印象深かったです。

投稿 : 2017/02/10
閲覧 : 111
サンキュー:

1

ネタバレ

ピピン林檎 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

《物語シリーズ》より、個人的にはこっちの方が好き・・・

原作マンガは今も少年誌に続編が断続的ながら連載中で、2年前には実写TV番組も作られた人気作。
そしてアニメの方は、2005年夏に公開された劇場版を皮切りに、2006年/2008年とTV版が制作され、その後も2009-2010-2011年とOVAが制作されています。

で、その劇場版・TVアニメ・OVAが全て、監督(水島努氏)+制作(Production I.G)の組み合わせで、劇場版を除いて、シナリオ構成および脚本に原作者CLAMPの大川七瀬氏が深く関わっており、原作マンガとアニメの世界観が揃っていて、『ツバサ』の時のような違和感を余り持たずに楽しめました。

※但し、一番最初に作られた劇場版『真夏ノ夜ノ夢』だけは、原作マンガやTVアニメと全く繋がりのないオリジナル・シナリオ(担当スタッフを確認すると、CLAMP大川氏が全く関わっていないようです)で、他のシリーズ作品とは異質な内容なので要注意です(この劇場版はOVAまで見終わったあとに、ついでに見とけば十分と思います)。


◆シリーズ別評価

劇場版(真夏ノ夜ノ夢) ☆   並 3.5 (70点相当)
第1期         ☆  並 3.8 (76点相当)
第2期(継)      ★  良 4.2 (84点相当)
OVA(春夢記)     ★  良 4.3 (86点相当)
OVA(籠)       ★★ 優 4.5 (90点相当)
OVA(籠 あだゆめ)   ★  良 4.2 (84点相当)
---------------------------------------------
総合         ★  良 4.2 (84点相当)

※因みに 原作マンガ ★★  優 4.7 (94点相当)


◆各話タイトル&評価

★が多いほど個人的に高評価した回(最高で星3つ)
☆は並みの出来と感じた回
×は脚本に余り納得できなかった疑問回


=============== 劇場版 xxxHOLiC 真夏ノ夜ノ夢 (2005年8月) ==============

{netabare}全1話 ☆ コレクター達への招待状、xxxHOLiCの意味(=何々中毒者){/netabare}

主題歌 「サナギ 〜theme from xxxHOLiC the movie〜」

※同時上映された『ツバサクロニクル鳥かごの国の姫君』と内容がリンクしていますが、xxxHOLiCの他作品とは余り繋がりがなく浮いた作品(脚本担当がCLAMPではなく、只のドタバタ喜劇に終わってしまっている印象)


====================== xxxHOLiC (2006年4-10月) ======================

{netabare}- - - - - - - OP 「19才」、ED 「Reason」 - - - - - - -

第1話 ヒツゼン ★ アヤカシを引き寄せる性(さが)、願いの叶う店
第2話 キョゲン ★ 幸運の女神?それとも・・・(九軒(くのぎ)ひまわり)、小指の呪い
第3話 エンゼル ★ 百目鬼(ドウメキ)との相性、コックリさん
第4話 ウラナイ ★ 偽者占い師、本物占い師
第5話 シリトリ ★ 狐のおでん屋  
第6話 タンデキ ☆ ネット中毒
第7話 アジサイ ☆ 雨童女(アメワラシ)、彼の岸と此の岸の境
第8話 ケイヤク ☆ サルの手
第9話 ユビキリ ☆ クダ狐、運命の赤い糸
第10話 トモシビ ☆ 百目鬼(ドウメキ)の寺での百物語(怪談)
第11話 コクハク ★ 座敷童(ザシキワラシ)、烏天狗(カラステング)
第12話 ナツカゲ ☆ 避暑先の幽霊
第13話 ヘンボウ ☆ 背中に羽根の生えた少女、餌(エ)

- - - - - OP 「19才」、ED 「蜉蝣 -かげろう-」 - - - - -

第14話 フウイン ☆ 双子姉妹、※初の2話続きもの
第15話 カイホウ ★ (続き)、言霊(ことだま)、言葉の縛り
第16話 サイカイ ★ クダ狐、座敷童へのお返し
第17話 ジショウ ☆ 幸せを受けとらない人
第18話 ホオズキ ★★ 百鬼夜行、座敷童、おでん屋の子狐、甘露、「全ては必然」
第19話 リフジン ☆ 年の瀬、雪合戦、願ったものが出てくる箱 
第20話 アガナイ ☆ 過去を映し出す写真、※脚本がやや安直
第21話 ツメキリ ★ 迷信・言い伝え、四月一日(ワタヌキ)の回想
第22話 ユウワク ★ 四月一日の心に忍び寄る婦人、※2話続きもの
第23話 センタク ☆ (続き)
外伝   ツイオク ★ 四月一日(ワタヌキ)の小学生時代の話、神隠し、誕生日{/netabare}
------------------------------------------------------------------
★★★(神回)、★★(優秀回)1、★(良回)11、☆(並回)12、×(疑問回)0 ※個人評価 ☆ 3.8

※ここまで視聴しただけだと「ちょっと物足りない人情噺」という感想になってしまうかも。


===================== xxxHOLiC◆継 (2008年4-6月) ====================

{netabare}第1話 蜘蛛 クモノス ★ 四月一日・百目鬼の失敗、※第2期は続きもの
第2話 左眸 ヒダリメ ★ 本の虫、猫娘、烏天狗の懇願
第3話 朋分 ハンブン ★★ 座敷童、女郎蜘蛛、片目の半分
第4話 夢買 ユメカイ ★ 夢の矢、異世(コトヨ)、夢カイ
第5話 由縁 コハネ ★ 霊能師の少女(五月七日小羽(つゆり・こはね))、桜の霊
第6話 平和 コノハナ ☆ 麻雀回、桜の霊の昇天
第7話 水猫 ミズクミ ★ 猫娘との井戸水汲み、指切り、小指の痛み
第8話 鈴音 ササヤキ ★ 増えていく鈴、その場に居てはいけない者
第9話 流噂 フウヒョウ ★ 小羽の家庭事情、霊能師のTV特番出演
第10話 不戻 キヅキ ★★ (続き)
第11話 秘事 ヒトリ ★★ 小指の悪化、怪我、ひまわりの秘密
第12話 真実 ホントウ ★★ (続き)
外伝  報恩 オカエシ ☆ 狐のおでん屋に主要キャラ集合{/netabare}
------------------------------------------------------------------
★★★(神回)0、★★(優秀回)4、★(良回)7、☆(並回)2、×(疑問回)0 ※個人評価 ★ 4.2


OP 「NOBODY KNOWS」
ED 「Honey Honey feat. AYUSE KOZUE」

※第2期は、一話完結回がほとんどだった第1期とはガラっと変わった続き物になっており、見違えるほどの面白さでした。


================ xxxHOLiC 春夢記 (OVA) (2009年2-6月) ================

{netabare}前編 ★ 百目鬼(ドウメキ)の祖父(遥さん)の依頼、※小狼・サクラ初登場
後編 ★★ 夢の中の世界、夢の世界でのサクラとの出遭い、「侑子さんの願いは何ですか」{/netabare}
------------------------------------------------------------------
★★★(神回)0、★★(優秀回)1、★(良回)1、☆(並回)、×(疑問回)0 ※個人評価 ★ 4.3


OP 「sofa」
ED 「CHERISH」

※前編はCLAMP原作OVA 『ツバサTOKYO REVELATIONS』、後編も同じく『ツバサ春雷記』とリンクした内容なので、両OVAを先に視聴しておくことをお勧めします。


==================== xxxHOLiC 籠 (OVA) (2010年4月) ==================

{netabare}全1話 ★★ 侑子との別れ、10年後、飯縄(イズナ)使いからの依頼と対価{/netabare}

ED 「風(かざ)なぎ」

※前OVA『春夢記』そして本OVA『籠』で、ようやく物語が大きく動くので、xxxHOLiCの視聴を開始した方は、何とかここまで頑張って視聴を続けて欲しいところです。


================ xxxHOLiC 籠 あだゆめ (OVA) (2011年3月) ==============

{netabare}全1話 ★ 夢違え(ゆめたがえ){/netabare}

OP 「あだゆめ」
ED 「「ごめんね。」」

※第1期の第1話以来の様々なエピソードが回想されるアニメ版の事実上の最終回らしい良い出来と思いました。


◆総評

CLAMP原作作品は、

(1)前半で一見しただけだと詰まらないと感じてしまうようなエピソードを小出しして、視聴者にしだい次第に主要キャラへの愛着を持たせていき、
(2)後半のどこかのタイミングで一気にストーリーを動かして、視聴者のその愛着を強い感情移入へと転化させてしまう、

という王道の感動パターンを踏襲した良作が多いと思いますが、本作も第2期そしてOVAまで確り視聴すれば、そうした期待にまたしても応えてくれる作品に仕上がっているのではないでしょうか。

同じアヤカシ(怪異)を扱ったアニメ作品でも、内容に余り一貫性のない西尾維新氏原作の《物語シリーズ》より、個人的にはこちらの方により好感を持ちました。

投稿 : 2017/01/30
閲覧 : 531
サンキュー:

33

デュフフ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.5
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 2.5 音楽 : 2.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

よくある奇譚ものかな

よくも悪くもよくある奇譚もの?という感じ

これといった特徴もないが
1話1話はまあ普通に見れるんだけど
ずーと淡々と進んでいくので飽きてくる

個人的には一気に見てしまって結構我慢が必要だったが、
たまに数話くらいづつ暇つぶしに見るのにはいいかな

あと腕が長すぎだったりとかキャラデザが個人的には気持ち悪くてダメだった

投稿 : 2016/10/29
閲覧 : 121
サンキュー:

1

ポル さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

古い作品ですが掘り出し物かもすげぇ面白い!

ユウコさん、わたぬき、どうめき、ひまわり
どれも魅力あるキャラで、怪しい雰囲気に引き込まれます。

妖怪とか出てきてちょっと怖い面もあるけど全体的にほのぼのさせてくれるコメディっぽい感じも。
妖怪とか出てくる似たような作品は結構ありますが、化物語や夏目友人帳とはまた違った怪しい世界観、雰囲気というか最高です。

OPもスガシカオさんの曲がピッタリはまるいい感じです。

ストーリーも1話完結のものが多いのですが終盤にかけて最初にわからなかったもの、色々な伏線がつながってきます。いい感じ( ・∀・) イイネ!

お気に入りアニメの一つになりました。( ´・∀・`)b グ━━━━ッ!!!!!

投稿 : 2016/10/02
閲覧 : 180
サンキュー:

10

しーん さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

タイトルなし

2016

投稿 : 2016/06/17
閲覧 : 217
サンキュー:

0

露草 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

すてき

このアニメの雰囲気がものすごく好きです!
それと、スガシカオさんの曲がアニメの雰囲気に合っていてとってもすてきです

CLAMPも好きなので、この方々がかく物語はあらためていい作品が多いなぁと感じましたw

四月一日の家事レベルの高さが愛おしい( *´艸`)

投稿 : 2016/05/21
閲覧 : 164
サンキュー:

2

メリジェンヌ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

12話

投稿 : 2016/03/31
閲覧 : 167
サンキュー:

0

まちむ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

何度も何度も

絵が嫌いという人もいるが開始10秒で慣れます。
私は最終話見終わってから寂しくなりました。

投稿 : 2016/02/24
閲覧 : 152
サンキュー:

0

ネタバレ

ポール星人/小っさ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ちょっと2クール物としては疑問

 私がCLAMP作品はこばと位しか観てないのも有るんでしょうが、正直2クール見終えた後も物語としては ・・・んで?? って感じなのが正直な感想でして(汗)
色んなキャラが出てはくるものの、そのつながりを掘り下げる訳でも無いし伏線として生かす事も無いんで物語としての魅力は皆無ですよね。
原作は全体の物語は有る様ですけど・・・。正直、レビューしずらい作品と言うかw
個々のエピソードの出来も、コレはスゴイ!と舌を巻く上手い回も無いような。1エピソード/話という作りが基本の様ですんで、ちとこの手の路線としては薄味な気はします。
思わず視聴中に、似た路線ながら1エピソード/2・3話のモノノ怪観返したりしちゃいましたし。

{netabare}
 両作品に共通する脚本家は横手美智子さんだけですが、本作中で2話構成である程度満足感が得られる双子姉妹と言葉の鎖の話と四月一日と女性の霊の最終エピソードも横手さんが書いてますね。女性の霊の回は話として目新しい訳でも面白い言う訳でも無いんですが、物悲しくも美しいこの世への未練と成仏のお話でベタでもイイ感じだったかなと。流石ベテランというか。
{/netabare}

横手さん以外も色んな脚本家さんが書いてますが、私的には原作者の一員の大川七瀬さんが担当の回が好印象でしたです。突出はしてないとは思いますが。
 概ね1話という尺で各話上手くは纏まってます。でも如何せん各エピソードも人物を深く描ける訳でも無い以上、限界有りますよね。
好みも有るでしょうが、正直私的には各個の話のインパクトが物足りなかったです。
この手の路線で高評価の多い夏目友人帳や花田少年史を私は未見なんで、ちょっと出来と構成に興味出てきたのでそのうち見てみようかと思ったりして。

中盤でかわいい座敷童が出てきた時は、「お、座敷童との恋?」と期待したりしたんですが別にそれも進展無いし(汗)
原作では向日葵も周囲を不幸にする存在という事みたいですが、そこもアニメではやりませんでしたもんね。
プロットも好きだし、キャラもかわいいと思うんですよね。本気で座敷童との展開期待しながら観てましたしw
あの頭身の無茶苦茶なデザインもむしろ苦労したであろう事が想像出来るし私的には嫌いじゃないんですが。
 魅力的なキャラが居てもそれで見せる作りでは無いし、"偶然は無く必然"と言う骨子で全体を一つの物語として纏めている訳でも無いと言う点で、個人的には全体の雰囲気はいいもののチト勿体ない気がした作品でしたです。

投稿 : 2016/02/21
閲覧 : 182
サンキュー:

8

全身タイツ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

爪切りは夜にやらないようにします。

妖や因習など、怖さより為になる話です。そういうのって理由があるから今でも語られたいるんですよね。

癖のある絵や世界観なので観る人を選びますが、味があって良いと思います。
ストーリーも簡単にハッピーエンドにせずに主人公や視聴者に考えさせるところも好感が持てました。

主人公がウザくてイラッとしますが侑子さん成分で乗り越えました。(侑子さん、何とかして下さいw)

続編も楽しみな作品です。


追記:21話で“ある漫画”が異常にリアルに描写されていて驚きました。主人公が夢中になって読んでいる姿を見ながらニヤニヤしてましたw

投稿 : 2016/02/06
閲覧 : 185
サンキュー:

7

蟹チャーハン さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

魑魅魍魎が蔓延る世界にあっても青春青春青春です

大好きな作品のひとつです。
2006年と古い作品ですが、いまも連載中なんですよね。

休載続きで富樫状態なんて意地悪な言い方もされますが、
ファンとしては“終わらないでいてくれること”それだけで
感謝の気持ちでいっぱいです。

他の作品にはない妖ししい雰囲気。
対価と引き換えにどんな願いでも叶えてくれる
ユウコさんのお店に集まる奇異な人々とアヤカシの数々。

それでもこの作品の一番のみどころは、主人公のワタヌキと
その愉快な仲間たちとの青春劇だと思っています。

はじめは無関心から敵視までしていたモテモテ男
ドウメキとの熱い熱い友情エピソードの数々には、
心底胸がうたれます。

自分が納得いかなければ危険なアヤカシの世界へだって
平然と身を投じるワタヌキのそばで、いつだって親身に
待ち続けるドウメキ。

どこの世界に何十時間も公園で雨にうたれながら
いつ終わるともしれない友の帰りを待てるだけの根性があるか。

で、帰ってきたワタヌキにいった一言が
「疲れた・・・」ですからね(笑)

このドウメキの声を中井和哉さんがやっているんですが、
これがまたいいんです。

血界戦線みたいなコメディ口調もいいんですが、
この作品では高倉健を彷彿させる無口で不器用な人間役で、
あの渋いダミ声でボソボソ、ボツボツしゃべるだけ。
そこがまたいい。
本当、雰囲気がでてる。

同じギャラでこれだけセリフ量が違うと皮肉のひとつも
言われそうなくらいです。

そして、大事件が待つ二期へと物語は続きます・・・

投稿 : 2016/01/17
閲覧 : 255
サンキュー:

7

カツミ さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

細長い

キャラの細長ささへ気にならなければおもしろいです。

投稿 : 2015/12/01
閲覧 : 170
サンキュー:

0

marutomo さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

これも偶然ではないのだろう

ついこの間古い漫画がいっぱい置いてる食べ物屋で、なんか面白そうなものはないかと10分ほどふらふらしてたら、ふと目に入り少し読んでみたら引き込まれた。
この作品のことは全く知らなかった、たまたまその店に行った、たまたまその店に置いてあった、たまたま見つけた、こんな(偶然)だらけで見つけたんだけど、これも(偶然)ではないのかもしれない。

"この世に偶然なんてないわ。あるのは『必然』だけ。"

この作品が観たいのか、そうでもないのかもよくわからないが、なんか気になってしょうがないのでちょっと書いといた。

投稿 : 2015/11/24
閲覧 : 175
サンキュー:

1

ぽたた さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 5.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

この世に偶然なんてないわ あるのは 『必然』だけ

妖しくて、怪して、不思議な、美しい世界観。
この物語はよく「必然」という言葉をよく耳にします。偶然などない全ては必然だと。この考え方は面白いと思いました。
自分的には偶然もあり必然もある両方あるものだと考えていたので。自分とはかなり違う考え方で話が進んでいたので楽しかったし新鮮な感じでした。
また曖昧な捉え方をしているモノにもこの物語ではちゃんと定義が付いていたのも面白かったです。

個性豊かな(主に四月一日)キャラクターも多く楽しめる感じになっていると思います。
ただ絵が少し特徴的なのでそこは受け入れられる人と受け入れ難い人がいるかもと思います。それを除けばなかなか良い作品です!

投稿 : 2015/11/22
閲覧 : 158
サンキュー:

3

とらちん さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

面白かったです

このアニメの世界観が好きです。
絵がちょっと変わってるんですが、私は直ぐ慣れたし、話の内容と絵の雰囲気が凄く合ってて好感が持てました。

異世界とか冥界とかの表現もとても幻想的で綺麗、特に狐のおでん屋の話は大好きでした。

面白くて笑いを誘う所が多々あるのですが、ちょっと暗い感じで静かに進行して行く所がとても良いです。

投稿 : 2015/09/26
閲覧 : 240
サンキュー:

4

GVhxc67403 さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

前半四月一日がうざいwけどおもしろい!

まず、絵がめっちゃ好き!
キャラは好き嫌い別れそうな絵柄ですが、
細かな装飾や、衣装、いいですね。


序盤は一話完結しながら店主侑子さんの思わせぶりなセリフから、
四月一日の運命みたいなものをにおわせる感じ?


百目鬼やひまわりちゃん座敷童、雨童、狐のおでん屋など
個性的で魅力的なキャラクターがたくさん出てきます。
もちこはねちゃんも。
その関わりの中で、四月一日が出す答えがいちいち好きな展開でした。


序盤の四月一日のうるささが信じられないほど、
かっこいい憂いがありますよね、二期の最後とか。

投稿 : 2015/09/25
閲覧 : 160
サンキュー:

3

Mr.Dai さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

おもしろかった。

なんというか面白いというより、学べるところがあるアニメというか、なんか情の温かさが伝わってくる作品というか、はっきりとは何がいいと言えないけど、僕は好きなアニメだ。すべての事には意味があり、必然だ、というセリフは考えさせられる。

投稿 : 2015/08/15
閲覧 : 230
サンキュー:

1

maako さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

独特な世界観

引き込まれるよー。
CLAMP作品ということで私の中で安定の面白さ!
ツバサクロニクルと話が繋がってます!

投稿 : 2015/07/25
閲覧 : 202
サンキュー:

0

次の30件を表示

xxxHOLiC ホリックのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
xxxHOLiC ホリックのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

xxxHOLiC ホリックのストーリー・あらすじ

アヤカシに好かれてしまう高校生・四月一日君尋は、願いを叶えるミセの女主人・壱原侑子と出会う。アヤカシが寄り付かない体にしてもらう為、その対価として彼女の下で半ば強制的にバイトをしている間に、悩みを抱えた人間や人でない者等の不思議な客と出会い、奇怪な出来事に遭遇していく。(TVアニメ動画『xxxHOLiC ホリック』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2006年春アニメ
公式サイト
www.tbs.co.jp/holic/1st/index-j.html
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/XXXHOLiC

このアニメの類似作品

この頃(2006年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ