響け! ユーフォニアム(TVアニメ動画)の感想/評価、レビュー一覧

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「響け! ユーフォニアム」のレビュー感想/評価

よみがな:ひびけゆーふぉにあむ

放送時期:2015年春アニメ(2015年4月~2015年6月)

このアニメの感想・評価 2225

響け! ユーフォニアムのみんなの評価
★★★★★ 4.2 5
物語:4.1 作画:4.4 声優:4.0 音楽:4.2 キャラ:4.1
  • 物語 ★★★★☆ 4.1 作品のシナリオやストーリーに対する評価です。
  • 作画 ★★★★☆ 4.4 作品の絵やイラスト・キャラクターデザインに対する評価です。
  • 声優 ★★★★☆ 4.0 出演している声優、または登場キャラクターの「声」に対する評価です。
  • 音楽 ★★★★☆ 4.2 OP・EDや挿入歌、バックミュージックなど、音楽全般に対する評価です。
  • キャラ ★★★★☆ 4.1 登場キャラクター全般の設定・性格・個性などに対する評価です。
123456789
2017.10.13 17:07 ootakiの評価 | 観終わった| 24が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: 響け! ユーフォニアム(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

京アニ神作品再び

最初はけいおんの後継作品かと思いきやとんでもない、青春スボ根作品でヒロインもたくさん出て来て、吹奏楽と無縁な自分が見ても楽しめたので、萌え好きな人もみれます。もちろん吹奏楽部の方も。

 サンキュー(0)
ネタバレ
2017.10.13 01:09 ちゃろうの評価 | 観終わった| 31が閲覧 ★★★☆☆ 3.8 評価対象: 響け! ユーフォニアム(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 4.5  声優 : 3.5  音楽 : 4.0  キャラ : 3.5

感動ものが苦手な私にとって

この手の作品は正直苦手なジャンルです。
もっと軽い感じなのかなと思っていたのですが思いのほか話がシリアスでした。

感動ものを一歩引いて冷めた目で見てしまう私は人が熱くなってるシーンも「そんなことで熱くなるなよ」と、どうしても一歩引いて見てしまうんです。

けいおんがほのぼの日常した青春ものに対してこちらはシリアスな青春といった感じでしょうか。

それでも最後まで楽しめたのはやはり作画の力が大きいと思います。

キャラの顔は若干京アニ判子絵になってますがそれでもやっぱり造形は可愛いですね。ただ主人公の存在感が若干薄く感じたのと、準レギュラーの葉月とサファイアが回を重ねるごとに空気になってしまっているのがもったいないような気がします。特に2期になってからほぼモブくらいまで存在感がなくなったように感じました。これならこれ見よがしにOPに出てくるレベルじゃないと思います。
あとは幼なじみの子も正直いらなかったかもしれません。もっと恋愛を絡ませるのなら必要だったと思うのですが、ほぼ絡みなし、たまに思い出したように絡まれてもあまり感情移入できません。

全体的に副部長の存在に引っ張ってもらった感があります。

性格が適当な私にとってけいおんを見たときはこんなみんなでわちゃわちゃ青春したかったなと感情移入が出来ましたが、この作品のような青春はしたいと思わないのでいまいち感情移入ができないまま終わりました。

逆にこういうしっかり努力して成長するということに共感できる人はこのような青春をしたかったと感情移入ができて楽しめると思います。

 サンキュー(2)
2017.10.02 15:36 maquitの評価 | 観終わった| 16が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: 響け! ユーフォニアム(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 3.0  音楽 : 4.5  キャラ : 4.5

王道ではない良さ

アニメに限らず創作モノの良さとして、
自身の知らない分野を知るきっかけ与えてくれる
感じ取れることがあるような気がします。

当然、その分野に成通している人にとっては
いろいろ言いたくなる場面もあるかもしれないけど、
他のレビューを見る限り、この作品は概ね好評価
吹奏楽あるあるに共感しているようなので、
吹部ってこんな感じなのかぁ、って思いにふけってみたり。


表題の件は
主人公の担当がユーフォニアム。
幸い、知人が吹部で担当してた楽器なので
かろうじて楽器の名前ってのは知っていたものの、
トランペットやトロンボーンに比べると…
主人公のキャラクターも、
昨今のテンプレ化したアニメの多い中では異質。

だが、それがいい!!(ニヤッ)

普段、陽の目を浴びることのない部分に
物語のフォーカスを合わせることで全体像が明確になる良い例かと

以下、駄文にてry(ネタバレじゃないよ)
{netabare}
京アニって
どうも男性キャラのアクがなさすぎ
そもそも作中の男キャラが少ないってのもあるが、
基本優男キャラだよね

できれば
チューバなんかの大型管楽器には小太りキャラ
パーカスにお調子者キャラを据えて欲しかった

加えて
この年頃の恋愛がらみも希薄すぎ
おかげでとても健康的な作品ができあがりました!
{/netabare}

 サンキュー(6)
2017.10.01 02:14 一日分のビタミンの評価 | 観終わった| 91が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: 響け! ユーフォニアム(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 5.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

部活の意義

吹奏楽をテーマにしていますが広く「部活とは何なのか」を考えさせるアニメだと思います。
高校進学時に内申点を加算してもらえる場合があったり、大学進学時に音大・美大進学やスポーツ推薦などで将来の職業と結びつくことはありますが、ほとんどの人は最終的には関係ない仕事に就きます。損得勘定で見れば、苦労の割にリターンは少ないものだと思います。最近はブラック部活などと世間の風当たりも強く顧問の教師側も疲弊しているそうです。土日を潰すなど拘束がきつい場合も多く将来のことを考えれば塾にでも行ってた方がいいのでしょう。
本作でもどちらかというと部活を続けることの悩み、苦しみ、葛藤を描いています。失意の中辞めていったり、不幸になる人すらいます。家族に反対され嫌味を言われたりもします。同じ音楽系部活の楽しい日常を描いた「けいおん」とは真逆の世界です。
それでも何故人は部活に青春を捧げようとするのか。部活を通じて何を得ようとしているのか。本作には一つの答えがあるかもしれません。
部活に燃えた人、燃えなかった人、帰宅部の人、帰宅部だった人。自身を振り返って何かを語りたくなってしまう、そんな作品だと思います。

 サンキュー(15)
2017.09.27 21:38 アオイの評価 | 観終わった| 24が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: 響け! ユーフォニアム(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

青春があふれてくる

青春があふれてきて目に見えるような作品、京都アニメーションの表現力が詰まってると思う。一押し
内容は音楽だが、中身はスポコン物だから面白い。

 サンキュー(9)
2017.09.16 21:45 青雲スカイの評価 | 観終わった| 20が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: 響け! ユーフォニアム(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

部活系アニメの最高峰

部活動を扱ったアニメは数多いが
そんな部活アニメの中でも最高峰といえるのが
「響け!ユーフォニアム」ですね。

多くの部員達や滝先生を巡るドラマと、
滝先生の指導で最初は全くダメだった部が
見違えるように成長して行って、
そして演奏シーンの作画は圧巻の一言で本作は京アニであればこそ
最大限のポテンシャルを発揮できたと思います。

 サンキュー(6)
2017.09.14 02:27 caad9の評価 | 観終わった| 39が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: 響け! ユーフォニアム(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

ワタシの人生を変えた作品と言っても過言ではない

2016年10月視聴。当時ワタシがガルパンでアニメに踏み込み、蒼き鋼のアルペジオでどっぷりきた後の3作目。作品の感想については恐れ多くあります、わたくしの薄っぺらい感想などしょうもないので先達の方々にお譲りします。
なので、わたくしとユーフォの出会いを書きますね。
当時、ユーフォなんて全く知らないオッサンは劇場版アルペジオの限定再公開を見に横浜のイオンシネマに行きます。
んで、たまたま限定再公開するユーフォ劇場版の番宣を見まして。。。
「これ、すごく興味ある」ってのが始まりなんです。
劇場版見るにあたって、全部見ておかなきゃ始まらんだろ?って見たら炸裂した系ですね。
しかも、学生時代は宇治に住んでいたので、うろ覚えながらも背景に使ってる場所がわかるんですよ。
もう、感情移入がすごくてねぇ。
半年に1回の聖地巡礼でもガッツリ楽しめるし、感謝しかありません。
最高な作品との出会い、ありがとう!!

 サンキュー(12)
2017.09.06 19:59 Redilsの評価 | 観終わった| 44が閲覧 ★★★★☆ 4.8 評価対象: 響け! ユーフォニアム(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 4.5

部活もの最高傑作かも!!

私はユーフォニアムって楽器があること、知りませんでした。
なのでなんとなく今まで見そびれてたけど他の方のレビューが良かったので…
数日かけて1期、劇場版(1期の振り返りです)、2期を一気に見ました。

舞台は京都府宇治市、自然が多くて美しい街ですね。

高校に進学して新しいことをやりたいと思いつつ、中学でも入っていた吹奏楽部が少し気になる黄前久美子(おうまえ くみこ)
トロンボーンを吹いていた姉にあこがれて小学4年から音楽教室に通い、ユーフォニアムという楽器に巡り合った。
クラスメイトの誘いを断れず音楽室に行くとそこには中学で同じ吹奏楽部員だった高坂麗奈(こうさか れいな)の姿もあった。

落ち目だった京都府立北宇治高校吹奏楽部の『目標』は新任の顧問、滝昇(たき のぼる)のもと、部員たちの意思で『全国大会出場』に決まる。

過去に大量の部員が辞めていった問題を抱えた吹奏楽部
先輩たちは新入生にその内容を語ろうとはしない
しかし滝先生の音楽に関しては本物の指導によって、だんだん一つにまとまっていく展開がとてもよかった。アニメなのに実際に楽器を吹いているようなリアルさ 

京都アニメーション制作のアニメってやっぱり作画が素晴らしい!
キャラが本当に生きてるように動きます。

感想はタイトルにも書いたけど、あの『けいおん』を上回る感動をしました。もっと早くに見ておけばよかったです。

キャラクターの心理描写の繊細なこと、画と声優さんの演技のシンクロ率は最高レベルでした!

サンフェス(1期序盤に出場するイベント)の選曲は泣かせますよね、ライディーンまじかっこよかったー!

大会でも他校の演奏と比較することは出来なかったのが残念だけど、巻き込まれ体質な主人公の少女の精神的成長ぶり、苦難を乗り越えて目標を達成していく若者たちの努力、これぞまさに青春だ!(笑)
いい指導者に恵まれて本気になると音楽って本当に良くなるし、部内や家庭の人間関係が良くならないと演奏が乱れるって繊細な面も優れたストーリーによってきちんと描かれていました。

1期は京都府大会までのお話です。

管弦楽お好きな方にはもちろん、そうでない方にも一度観て欲しいおすすめの作品です!!

 サンキュー(10)
2017.08.29 13:12 ねこまっしろの評価 | 観終わった| 199が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: 響け! ユーフォニアム(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

2015春季一番の傑作アニメ‼︎ (2017年秋〜BSプレミアムにてOVAも合わせて再放送決定!!)

京都アニメーションが手掛けた作品の中で音楽を題材にしたアニメはけいおん以来で放送前からすごく期待していました。

最初に見た時は期待を裏切らない良いアニメだなと感心しました!
OPアニメーションを見たときにけいおんみたく中心となる人物の紹介があってとてもよかったです。

内容もすごく面白かったし、歌も素晴らしいなと思いました。
けいおんと違って見ていると努力が伝わってくるし、大人数で合わせることで初めて音楽として成り立つ・・・
もっとうまくなりたいという気持ちが感じられるところが特に印象に残っています。

2期制作決定で私としてもすごく嬉しいです(^O^☆♪

最近無性に見たくなって2回目視聴しました。
内容を知っていながらも、感動しました*\(^o^)/*

作画がすごいです!本当にそれしか言えません☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆ 京アニ作品の中でも1,2を争うくらい素晴らしい出来だと思います‼︎

キャラもさることながら可愛くて、表情に富んだ理想形です!私の一押しは久美子です。
最初はちょっと冷めた感じですが、話数を重ねるごとにもっと上手くなりたいって気持ちが伝わってきて、一生懸命練習している姿に心動かされました!1話目のポニーテールがとても可愛いです(≧∀≦)

op曲はこのアニメの楽しい印象と挫折してつまずいた印象とそれをバネに努力して全力を尽くした結果を表す感情が伝わる最高の一曲です‼︎

その先にある高みに向けてひたすらに努力する北宇治高校吹奏楽部の皆が頭から離れないくらい迫力がありました(≧∇≦)
特に12話 13話でぐっと来ました(*^^*)
2回目にして初めて見たような感情でいっぱいです!

まだ見てない方は是非!一度見て欲しい作品ですね‼︎*\(^o^)/*


2期が待ち遠しいばかりです。

4月29日、追記
ユーフォの2期、2016年秋に決まりましたーーーーー‼

私もだいたい予想はしていましたが、放送時期が決定するとやはり嬉しいですね~。

秋が楽しみです!待ち遠しいばかり!!


2017年8月29日、追記
10月1日からBSプレミアムにて再放送が決定しました!!
OVAである「かけだすモナカ」も放送されるので見逃さずに視聴したいですね(*^^*)

 サンキュー(44)
2017.08.26 16:19 えたんだーるの評価 | 観終わった| 485が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: 響け! ユーフォニアム(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

意欲作(2016.11.2修正: 演奏は第二のアフレコ)NHK BSプレミアムにて再放送決定「かけだすモナカ」も14話として放送!

ストーリーについては既に多数コメントがあると思うので違う観点で。

本作は吹奏楽部のお話なので演奏シーンが多い。下手だった演奏が上手くなっていく過程とか、キャラクター毎の演奏技術の差みたいなものを「演奏自体で表現する」というある意味前代未聞レベルのことをやっている。

単に「主人公はあるいはライバルは天才演奏家」みたいな話ではないのがミソで、いわば楽器演奏が声優の台詞とほぼ同等のポジションといえる。
(2016.11.2追補: 劇場版BDのスタッフコメンタリーで、音楽プロデューサーの斎藤氏がまさにこのことについて話していた。あ、厳密には演奏を先に録るからプレスコですが。)

Blu-ray収録のメーキングなどを見ても場面毎に必要な演奏を収録しているし、作画の面でも楽器のピストンや運指が変にならないようにかなり注意していると思われる。

ロボット物の「メカ作監」にあたる「楽器作監」がいたり、吹奏楽自体を描くとすると本作以上の体制であたることはとても難しいだろう。「京アニだからやろうとしたし、できた」と言えるかもしれないが、後世の作品は本作続編も含めてと比べられると考えると、「大変なものを作ってしまったなあ」というのが正直な感想である。

2016.06.26追記:
そういえば本作では「画面が青枠で囲われていたら、実際に起きた出来事ではなく誰かの頭の中での想像上の出来事」という演出ルールがあって、これが徹頭徹尾キッチリ守られていたのが面白いと思いました。なんと、BD/DVD特典OVAの中でさえこのルールは守られていたりします。

逆に過去の回想であっても、作中世界の出来事であれば色調を変えたりはありますがこの青枠がつかない。これ、アニメの演出として意外と良かったんじゃないでしょうか。

…でも、あにこれのレビューだけでなくネット上で感想とかを読んでいてもこれを指摘した人はいませんね。みんな気づいてますよね?

2016.6.29追記: tvkでの再放送を告知するためタイトル変更
他の局はわかりません、すみません。← 再放送は終わってしまったのでタイトルから削除

2017.3.13追記:
2016年の1期目分に続き2期目分も総集編劇場版公開が決定とのこと。祝!

2017.8.25追記: NHK BSプレミアムでの再放送を告知するためタイトル変更
NHKBSプレミアムにて「響け!ユーフォニアム」の放送が決定しました!

【放送局】
NHKBSプレミアム
【放送日時】
本放送:10月1日より(日)前7:30~7:54(全14回)
再放送:10月6日より(金)後11:45~前0:09

2017.8.26追記:
地上波放送されなかったBD&DVD 7巻収録「かけだすモナカ」も第14話として放送されるようです。

 サンキュー(123)
2017.08.25 22:47 たわしの評価 | 観終わった| 69が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: 響け! ユーフォニアム(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

男性の「女性的な気分」

京都アニメーションが個人的に好きになれないのは「華やかで鮮やか」すぎるところだ。

無論、ドラマとして個人の葛藤が描かれるわけだが、そこにはアニメとして少女漫画以上に「切り売りされた青春」が描かれている。

「君の名は」もそうだが、果たして本当にそれが青春なのだろうか?こんなに華やかで活発で取り留めもない煌びやかなのが青春だとするならば、そうでなかったものたちの悲しみや怒りはどこに行ってしまったのであろう。

「そんなはずじゃなかった。とか、こんなはずじゃなかった。。」と思うことは人間誰しもが思い描くことではないのか?

ここにはそういった人間は一人もいなく、みんなキラキラしていて美しい。。

しかしこれを見終わったあとに、鏡を覗くか、あるいは街を歩いてみよう。。




果たしてそこまで世の中はキレイだろうか。。。。

 サンキュー(10)
2017.08.23 16:06 うーろん=ちゃの評価 | 観終わった| 22が閲覧 ★★★★☆ 4.6 評価対象: 響け! ユーフォニアム(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 4.0  音楽 : 5.0  キャラ : 4.0

現役or元or非吹奏楽部員の方々も!

緻密な観察の上に成り立っている作品は好きです。物語の上で、嘘やハッタリは必要ですが、それでも、現実の観察・観測なしにいい作品は生み出されないでしょう。本作は、元吹奏楽部員としては「あるある!」な部分もあり、あの頃を懐かしく振り返させてくれる愛おしい作品です。また、何かに情熱的に取り組んだり、苦悩したり、努力する姿は、何かに一生懸命取り組んでいる方の背中を押してくれる気がします。アニメで、ここまで出来るんだ。京アニスタッフには脱帽です。

 サンキュー(10)
2017.08.23 08:06 Marsaの評価 | 観終わった| 53が閲覧 ★★★★☆ 4.1 評価対象: 響け! ユーフォニアム(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 5.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 3.5

1期 2期を総合すると、すごい作品と驚きました。

女性中心のキャラを楽しむ要素が多い作品だろうが、評価が高いので
見てみようかな。不安を多少抱きながらの視聴。
物語は他のレビューでもある通りです。
最初の10話ぐらいまでは、主体性がなく性格も良くない、育ちも悪そうな態度、
何でこんなヒロイン?と思っていました。
同時に、作画が驚異的に綺麗でなので、物語は多少良くても作画が良すぎるので
希薄に感じられてしまうだろう、また音楽も作画との調和が取れていて
見た目重視、耳触り重視かなと。
ところが、11話から2期にかけて、ヒロインは徐々に、スマートな形で、さまざま
問題を乗り越えながら、その分だけ成長していきます。
その分だけっていうところが大事なとこです。
また、問題も多岐にわたり、並行して乗り越えながらも、視聴者を混乱させる
ことがないように、巧みに物語が構成されています。

驚異的作画、それと調和されている音楽、その迫力、さらのそれをも上回る
物語とその構成に驚いてます。

今まで馴染みのない吹奏楽部で、女子高生を主とした物語。
幸か不幸か、感情移入はあまりしませんでしたが、馴染みある方や、女学生は
他のアニメを見れなくなるほどの名作ではないでしょうか。

3期が非常に楽しみです。

 サンキュー(17)
2017.08.19 09:14 にゃんちゃこの評価 | 観終わった| 15が閲覧 ★★★★☆ 4.6 評価対象: 響け! ユーフォニアム(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.5  声優 : 5.0  音楽 : 4.0  キャラ : 5.0

青春ですね!

吹奏楽を詳しく知ったのはこのアニメを観てです。
吹奏楽器ってかなりの体力が必要なんですね!
楽器と音楽に対する熱意が感じられ、青春って
感じでとても良かったです!

何故か滝先生のキャラと声(櫻井さん)にも
とても惹かれました!笑

 サンキュー(4)
2017.08.16 21:11 8nono8の評価 | 観終わった| 109が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: 響け! ユーフォニアム(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

神回

響け!ユーフォニアム8話は、全身の毛が逆立つ程に衝撃を受けた素晴らしい神回でした。これ程の衝撃を受けたのは、境界の彼方6話以来です。そのときは、ぶっ飛んだ面白さに対してでした。このアニメ大好きですね。
今回はBパート終始ドキドキが止まりませんでした。何回見返したことか。高坂さんと久美子の会話がとても綺麗でした。背景、光、音が、2人だけが分かりあっている不思議な雰囲気を、2人だけの世界を作っててとても幻想的でした。
この素晴らしさをなんとしても伝えねばと思ったけど、文章にしようとすると下手だな寝よ。

 サンキュー(16)
2017.08.12 09:30 ゆずぼうずの評価 | 観終わった| 184が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: 響け! ユーフォニアム(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.0  声優 : 3.5  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

これは心地よいwww

自分の「観たい棚」に何となくいつまでも残っていた作品の一つ。
エロ・グロ・ナンセンス好きなオッサンとしてはこういう作品はハードル高いんですよ。音楽つながりだと「四月は君の嘘」は断念した(笑)。
 ま、一番のハードルは、自身の実体験の無さから来る、この種の作品特有の「まぶしさ」に起因すると分析している(キリツ)。自分は帰宅部で、屋上で鳴ってるトランペットの練習を聴いていた口だ。
 で、完走できた要因を考えて見るに、主人公がどこか醒めているがゆえに、「青春してるわ~」感が軽減されている事。登場人物が皆、例外なくカワイイため、まるでリアリテイがない事。クールな主人公が出会いを通じて「うまくなりたい」と思う過程が意外と「スポコン」していた事、などがあげられるだろうか。
 といった流れから本作を、私の中では「エースをねらえ」型に分類しました(笑)。
 2期もあるらしいので、もう少し浸っていられそうである。
 この作品に出会って吹部に入った人がいたとしても、私は驚かない。その位の力を感じた作品だ。
 自分だったらどうか?うん、見学くらいは行っただろう、と自信を持って言える(笑)。
 
 

 サンキュー(16)
2017.08.07 14:03 さむろんの評価 | 観終わった| 27が閲覧 ★★★★☆ 4.3 評価対象: 響け! ユーフォニアム(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 4.5  声優 : 4.0  音楽 : 5.0  キャラ : 4.5

吹奏楽の表現がすごい

ちょっと冷めた感じの女の子が成長していくスポ根青春アニメの王道
吹奏楽の表現がすごいです。音楽まるで知らない素人ですが上手く魅せてると感じました。
学生時代に戻りたいと思ってしまうような感動作品です。
切ない・悲しい系の感動アニメはお腹一杯って方にお勧め。
学生時代になにも残せなかった方は軽く鬱ってしまうかもしれません。

 サンキュー(5)
2017.08.03 08:13 すねこすりの評価 | 観終わった| 35が閲覧 ★★★★☆ 4.1 評価対象: 響け! ユーフォニアム(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 5.0  声優 : 3.5  音楽 : 4.5  キャラ : 4.0

圧巻の作画力

とにかく作画がえげつない。
相当細かい部分まで描いていて。
今、どんな気持ちなのかをほとん
ど動きだけで表現出来ているほど。

一見の価値ありです!

 サンキュー(3)
2017.07.30 17:58 ミミックの評価 | 観終わった| 122が閲覧 ★★★★☆ 4.7 評価対象: 響け! ユーフォニアム(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 5.0  声優 : 4.5  音楽 : 5.0  キャラ : 4.5

自分をアニメの道に導いてくれた作品

部活!青春!京アニ最高!!と思える作品でした。

作画はもちろんのこと、この作品の1番の売りである音楽が何と言っても素晴らしいです。個人的にはこれで三日月の舞が頭から離れなくなりました(笑)とてもいい曲ですよ。

微百合が入ってますがあんまり本編にはさほど影響なく、良い青春してるなぁと常々感じました。

キャラ立ちがしっかりしていることもあり観ていてすぐに登場人物達に感情移入できるところなんかもとても惹かれた部分でした。

 サンキュー(34)
ネタバレ
2017.07.29 21:49 徳寿丸の評価 | 観終わった| 77が閲覧 ★★★☆☆ 3.8 評価対象: 響け! ユーフォニアム(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 3.5  キャラ : 4.0

おっ、今度はちゃんと部活してるね

原作未読。
2期も決まったみたいですね。個人的には綺麗に終わったしいいんじゃね?と思ったりしてますが・・・。京アニって事でこちらもハードル上げて見ちゃうわけですがもうちょっと観たいかなと思わせるあたりは流石ですね。ただ音楽を扱った作品で演奏シーンで響く感じがなかったのは残念かな。「ハルヒの学園祭、ノダメ、坂上アポロン、四月嘘」は聞いてて音楽聞きてぇー!ていう高揚感があるんですけどね(私感)。とはいえハズレではない普通のアニメ。


私のツボ:うーん、個人的にポニテの方がいいと思う。



2期視聴済。
相変わらずこの主人公は首を突っ込んでは結果オーライ的な流されキャラですね(私感)。この作品はねぇ、どうも好みのキャラができないんですよね。まぁ主人公が明朗活発系じゃないし音楽の世界の厳しさみたいな部分が強く出てる作品なんでキャラの我の強さが邪魔してるのかなぁ。個人的に主人公(黒沢さん)の良さが出たのは幼い時の姉におねだりしてる時が可愛くて物語終盤に一つの盛り上がりを作ってくれた事。逆にどうも腑に落ちないのが復帰したフルートの子と同中学だった子達の人間関係。あれはないんじゃないかなぁ・・・次期部長があまりに不憫だと思うのは私だけ?それに当事者2人があとでクラスが一緒っぽい描写があったんだけど辻褄が合わんでしょ?だって毎日顔合わせてた事になるし(違ったらスンマセン)。
まぁ、1期で終わっても良かったかなとも思いますが部活頑張っているんで良しとしましょう(笑)

私のツボ:東山さんはね、どうしても語尾きくとキンモザのカレンちゃんがでてきちゃうんだよ(笑)

 サンキュー(8)
2017.07.22 16:13 我的旋律♭の評価 | 観終わった| 46が閲覧 ★★★★☆ 4.2 評価対象: 響け! ユーフォニアム(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 3.5  音楽 : 3.5  キャラ : 4.0

全国経験者がレビュー致します

金もダメ金も銀も銅も経験した私(原作既読)がレビューします。

正に、吹奏楽王道作品。
ブラバンと称される人たちは見た方がいいです。いや絶対見ろ
京アニというだけあってアニメーションは申し分ありません。
ストーリーも、人間関係の動向が分かりやすく描かれており、こういうしっかりとした構成のアニメも今となっては少ないのではないでしょうか。

過ごしたかった青春が、まさに今ここにあります。

 サンキュー(6)
2017.07.15 11:40 shino73の評価 | 観終わった| 302が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: 響け! ユーフォニアム(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

君の音色で夢のタクトを

京都府宇治市を舞台に、
吹奏楽に青春を賭ける高校生の汗と涙の群像劇。
京都の風情ある街並みが美しいですね。
向上心を持ち、努力を続ける、
少年少女への色褪せない人間賛歌だと思います。

願いは口にしないと叶わない。
本気で全国大会出場を目指し、
時に挫折をしても、努力を惜しまない。
必死になる。
必死な人を笑わない。
たとえ敗者になっても誇りは忘れない。
学ぶべきものが多い作品です。

主人公はどこにでもいる女の子。
ありがちな熱血キャラにしなかったことが、
僕の中でリアリティを生み、
物語に素直に感動出来ました。
吹奏楽部員、顧問教師、
キャラ造形がとても上手だ。
物語も全13話でバランス良し。
同世代の方々だけではなく、
少し人生に行き詰っている方に見てもらいたいですね。

桜舞う季節にまた、
私たちの曲が始まる。
扉を開くのはいつだって自分自身だ。
いつの日にか、
君の音色で夢のタクトを。

音楽は僕たちが獲得した、
最も強力な言語かもしれない。

 サンキュー(65)
ネタバレ
2017.07.12 00:01 フィーートの評価 | 観終わった| 62が閲覧 ★★★★☆ 4.6 評価対象: 響け! ユーフォニアム(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 4.5  声優 : 5.0  音楽 : 4.5  キャラ : 4.0

オーケストラを聴きたくなるアニメ

吹奏楽部に入部した主人公黄前久美子が吹奏楽の練習や友情、日常をテーマにしたアニメ。
音楽というジャンルとしてけいおん!なんかが京アニのアニメにもあるが、けいおん!がゆるい日常系ならこのアニメはがっつり本格派な部活アニメです。

”ユーフォニアム”
結構マイナーな楽器みたいです。私も初めて聞きました(^_^;)

ストーリーは前述した通りスポコンっていう感じでもないですがやっている内容は結構スパルタです。上下関係や彼女達の日常も交えつつ恋愛もあったり・・・

このアニメは何と言っても主人公が主人公っぽくないのが特長でしょう。
どこにでもいるようなJK、アニメだからといって誇張はされていない。かなり等身大に近い主人公だと思います。
久美子を見て思いました。「あぁ私たちはみんな人生という名のスポットライトに当たる機会がいつでもあるのだなと・・・」
まぁそれぐらい普通な女の子です。悪く言えば地味なんですけどね。くみこの心の声が漏れる感じ好きですw
なんというかぼーっとしていて冷めている感じなのに実はめちゃくちゃ努力家で熱い所とか好きです。
{netabare}謝られて逆に謝り返すシーンの逃げる時のくみこの顔はたまこラブストーリーを思い出したw謎ステップより謎w{/netabare}

好きなストーリーは10話ですね。{netabare}オーディション、ユーフォニアムで合格した久美子と不合格だった夏紀。久美子は中学時代先輩を蹴落とした経験から先輩の夏紀に気を使っていたが、夏生はあえて久美子をご飯に誘い気にしていないことを語る。その夏紀先輩の自然な優しさに感動しました(´;ω;`)
それとは反対にトランペットで花形のソロ担当が1年生である麗奈が選ばれたことでダメだった3年生をめぐって周りの部員と確執を生んでしまう。
まさに陰と陽。このバランスがとてもいいですね。

後は、久美子の心が漏れるところ。あの冷めた感じの久美子の「上手くなりたい!」どんなキャラが発する言葉より重く感じます。存在感のある1シーンだと感じました。{/netabare}

総じて涙あり葛藤あり衝突あり恋愛あり!?これぞ青春アニメって感じです。
1クールでとても詰め込んでます。楽器を演奏する大変さももちろん表現されていますがどちらかというと吹奏楽部員の関係性が印象的ですね。
あまり重い展開はないかと思います。
麗奈を緑ちゃんや葉月とも絡んでほしかったなぁと思います。

2クールにして彼女達の演奏をもうちょっと観ていたかったというのが正直な感想ですね。それぐらいの良作アニメです。

好きなキャラは久美子と夏紀先輩ですかね。この関係好きっすw

 サンキュー(18)
2017.07.05 13:30 みいちゃんの評価 | 観終わった| 36が閲覧 ★★★★☆ 4.8 評価対象: 響け! ユーフォニアム(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 4.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

心がかき乱される

心がかき乱されるすごいアニメでした。
大変だけどこんな青春してみたかったかも・・・

演出やキャラの気持ちがとてもわかりやすく描かれています。
わかりやすいのでどのキャラにも感情移入しやすいです。

{netabare}
この話は青春物語です。
なので青春時代ならではの意見違いによるゴタゴタ・ギスギスもありますが、気持ちがわかりやすく描かれているためどうしてこんな問題がおこるのか理解できます。
通常、そうゆう問題ってアニメでは悪意をもった悪役が引き起こしているものなのですが、この作品では部員全員がまっすぐで良く有り続けたいからこそ問題が起きるって感じでゴタゴタでさえも善意が感じられます。
マジ青春って感じで愛おしい・・・。
ごたごた問題を全員で解決していくのもいいですね。

百合要素が結構ありましたが、あからさまにチューとかはしないです。
ハグとか見つめ合ったりする程度。
でも心が通じ合っているような百合描写はエロい。チューとかよりエロいです。クミコとレイナのシーンなんてめっちゃドキドキしました。
クミコとレイナ以外にもわりと百合シーンは多めですけど、これも魅せ方がとても上手なんですよね・・・。

私は女子校だったのですが、特定の女の子が好きだったり、憧れる気持ちが結構ありました。私だけではなく、他の女の子たちも特定の女の子に対して恋愛感情に近い気持ちが芽生えることって珍しくなかったんですよね。
この作品で描かれてる「百合」はまさにソレ。私が女子校で感じた女子に対するラブな気持ちがそのまま表現されてた感じ!
なんか昔を思い出して感情移入しちゃって百合シーンで泣き出してしまいました。
こんなリアルな百合要素をどこで習得してきたんだと思うと同時に、制作スタッフには感謝の言葉を捧げたい。

特に後半は毎話感動していましたが、最終話一歩手前の「うまくなりたい」のシーンは最高ですね。
最初は冷めてた主人公が情熱的になったのがわかるシーン。
このシーンも趣味に没頭した人なら本当に感情移入しすぎて泣き出しちゃうシーンだと思います。
なんか本当、心がかき乱されましたこのアニメ。

{/netabare}

登場人物が多いですが、個性的なキャラが多く、性格もいい子ばかりなのでみんな好きになっちゃえます。
本当みんな好き・・・。
でも特にクミコと中川先輩とれいなさんはもっと好き。

 サンキュー(11)
2017.06.27 14:21 柑奈。の評価 | 観終わった| 23が閲覧 ★★★☆☆ 3.6 評価対象: 響け! ユーフォニアム(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 4.0  声優 : 3.0  音楽 : 4.0  キャラ : 3.5

青春でよかったです。

主人公の声には違和感がありました。

部活への熱意がそれぞれ違ったり上下関係など、それに葛藤する姿を見て懐かしく思えました。

大会に向けての夏休みの1日練習や、パート練やコンクール会場での緊迫感など懐かしかったです。

主人公を気になってるトロンボーンの男の子が可愛かったです。

OPがとても好きです。

 サンキュー(2)
2017.06.24 23:57 oneandonlyの評価 | 観終わった| 641が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: 響け! ユーフォニアム(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

「本気」が伝える力の大きさ

世界観:7
ストーリー:9
リアリティ:10
キャラクター:9
情感:8
合計:43

高校1年生の春。
中学時代に吹奏楽部だった黄前久美子は、
クラスメイトの加藤葉月、川島緑輝とともに吹奏楽部の見学に行く。
そこで久美子は、かつての同級生・高坂麗奈の姿を見かける。
葉月と緑輝は吹奏楽部への入部を決めたようだったが、まだ踏み切れない久美子。
思い出すのは、中学の吹奏楽コンクールでの麗奈との出来事だった。
(公式HPより)

リアルタイムに近い作品を見るのは久しぶりのこと。キャッチしている方の評価が高いので、大物かもしれないと思って視聴しました。

吹奏楽部の話ですね。楽器の略称や業界用語的なものが出てきたり、主人公がナレーションで説明をしてくれることから、吹奏楽をやっていた方、無縁だった方、双方とも楽しめる内容だと思います。

私は、おそらくあまり例のないケースでしょうが、その中間的存在で、高校三年時、最後の演奏会にのみ参加をした経験があります。ヘルプとして参加しただけで、特に楽器経験もなかったためパーカスでしたが、トライアングル、カウベル、ウイップ、シロフォン、シンバル、ゴング(銅鑼)など多種の楽器を奏でました(今思えば、大胆すぎる配役ですね、これ)。

真っ暗な会場の中、自分たちの側にあたる照明、塵で少しきらめく光。
テンポが落ち着いた時に見渡し直した会場、仲間たちと一緒に「合奏」することの感動。
この時の体験はなかなかに衝撃がありました。

当時の自分もそれなりに頑張ったと思うのは、演奏した曲目を今でも諳んじられることですが、流石にパート練(板打ちする日々)のことや、チューニングその他の音、演奏会会場への楽器運搬、舞台裏での準備などは、これを見るまで記憶の彼方に飛んでしまっていました。

と、個人的な話をしてもしょうがないですね。私が伝えたいのは、経験者から見てもおそらく、リアルな作りになっていることです。その上、13話と短い回数でストーリーがまとまっていて、ドラマ性もあり、人間もしっかり描かれています(多々のシーンで言葉になっていない登場人物の言葉が聞こえてきます)。

作画について、流石は京都アニメーションと思えるもの(キャラデザは氷菓のほうが好みですが、もちろん良質な部類)。音楽についても、吹奏楽部の物語ですから、当然各所で良い演奏シーンがありました。

最初から良いフィーリングのアニメ(第3話終了時で3.7点(あにこれ4.4点相当))でしたが、化けてきたのは{netabare}お祭り回の第8話。

「でも、わかるでしょ。そういう、意味不明な気持ち」
「私、特別になりたいの」

このシーンは、この作品のターニングポイントであり、麗奈自身はもちろん、作り手の本気を感じさせてくれました。

情熱のある人・作品に触れることは、いつだって刺激的ですね。
{/netabare}久美子もここから変わっていったと思いますし、これを見ていた私も「やるべきことをやらなければ」と、本気で熱くなりたいという思いが強くなりました。

このような前向きな影響を与えてくれる作品を、自分は大切にしたいです。
そして、多くの人に触れてもらいたい。
未視聴の方は是非、ご覧ください。

追記
この作品は日常系では完璧に近い内容と考えていますが、それでもまどマギの壁を越えられませんでした。配点上、世界観(設定)に独自性や工夫があり、感動もできる作品が求められますので、今後は設定ものを中心に見てみようかと思います(つくづく、SAOがもっと丁寧に作られていれば…)。

一期完結でも満足しており、関係者の皆さまに感謝します。

<追記2015.8.4>
良い作品というものは繰り返し見てしまうもので、視聴後もその世界に浸っていたいものですが、この作品もそのレベルでした。
当初はアニメっぽくて明るすぎると思っていたOP/EDもいつの間にかかなり聴いていますし、いずれハイレゾのサントラも購入したいと思っています。

作品の中身については、他の皆さんが丁寧に書いているので私が改めて書く必要もないですが、2周目で気付くところもありますし、ヒューマンドラマと合奏が良いので後半は何度見ても良いです。{netabare}特に、香織が挙手をする10話、悪役に見えていた優子先輩の気持ちを理解できる11話、本気になったものの挫折を味わった久美子が1話の麗奈の思いを知る12話、コンクール会場の雰囲気と情熱を伝えきった13話、全て優良回でした。{/netabare}

本作を気に入った方には必ず見てもらいたいのがYoutubeにUPされている聖地巡礼の動画。ここまで描き込まれていたことに、新たな感動を味わえると思います。これは巡礼者が訪れて町おこしになるレベルかとw

課題曲プロヴァンスの風は実際に2015年の課題曲のようで、それ関係の動画も結構UPされていました。

早く英語版DUBが出てきてほしいものです(ここ最近は、SAO第一期のLive reactionで楽しんでいます)。

<追記2015.9.18>
そういえば、書いていなかった点として、{netabare}百合的な表現がありましたが、麗奈は滝先生のことが好き(likeじゃなくてlove)だと言っているし、中学~高校くらいまでは親友とベタベタする場面があっても全然違和感はないので、自分は抵抗なかったです。久美子の告白返しの場面も、綺麗に笑顔で流してます。ちょっと危うさを感じさせるスパイスになっていて、巧いなぁという印象です。{/netabare}

<追記2015.11.7>
第二期が決定したそうですね。当初、商業的な成功の有無にも左右されるため、日常系で萌えも抑えたこの作風では難しいかもと思っていましたが、朗報です^^ 第一期の完成度が高いので、評価的にはどうなるか心配ですが、楽しみです。

追記2016.4.26
劇場版についていくつかのレビューを拝見し、GW中に観に行くことにしました。sugoi japanでは最終発表の5位までに入らないという残念な結果でしたが、自分にとっては2015年のベスト。応援したい作品ですからね!

<追記2016.9.28>
いよいよ来週から2期が始まりますね! この作品、5.0点を付けただけあって、いまだに見直しています。主に8話のBパートなのですが、この回だけ藤田春香さんという方が演出をされているのですね。この回を神回と評価するブログなど回ってみて、やはり良いよなと頷いたところです。2期の演出者も注目して視聴したいと思います。
(参考)http://studiodomo.jp/wordpress/enshutsu-harukafujita/

<追記2016.11.2>
先日、ハイレゾのサントラを購入。好きな曲を組み合わせてリピートする日々です。いくつかの曲は2期でもそのまま使われています。
また、一通り見直してみると、7話でみぞれが廊下で練習している、2期を連想させるカットがあったり。大した場面でなくても色々込められているんだなと思います。

<追記2017.6.24>
2期の終結とともに、原作の状況からも当面オワコン状態になるかなと思っていましたが、2期の総集編的な映画『劇場版 響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~』の公開(9月30日)、さらに、2018年には「みぞれと希美」と「2年生になった久美子たち」の物語を描く、完全新作映画の公開が決定したとの情報が。2年生エピソードは原作者との関係で大丈夫なのかと心配になりつつも楽しみですね!

 サンキュー(105)
2017.06.23 00:47 〇ojimaの評価 | 観終わった| 395が閲覧 ★★★★☆ 4.9 評価対象: 響け! ユーフォニアム(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 4.5  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

次期を期待する満足な終わり方!

個人の表現がとても豊かに描かれているのが印象です。
最後まで京アニさんの技術に物語を充分に魅せてもらいました。
物語への気合の入れ方。作製側の気合の入り方よく伝わりました!

最終話はしっかり最終話です。(笑)
話の結末は力強い終わり方というのでしょうか。
(最近だらだらとした最終話が多くて・・・)
2期はあるけど今回のクールでしっかりとした終わり方が好感度です。

そして絶対2期も観たくなりますよ!!コレ本当。

OVAも要視聴です。本編の理解度が増します。

 サンキュー(60)
2017.06.16 19:15 あかねです。の評価 | 観終わった| 30が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: 響け! ユーフォニアム(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

吹奏楽に全く興味ないけど鳥肌立つほどの演出と感動。

響けユーフォニアムという作品を最近見終わったものです。結論からしてこのアニメの演出、作画など含めて私がみたアニメの中では間違いなくトップクラスです。
この作品は、簡単に言えば吹奏楽を中学に引き続き高校でもやり、そして部活内で起こるいざこざに関わっていく主人公、全国大会を目指し日々練習の毎日、さまざなイベントがあるアニメで終始気が抜けないというか飽きさせない演出には度肝を抜かれました。
そして何より一番魅力だったのが、みんなが息を合わせて行う合奏です。終盤にはコンクールがあるのですが、一言で言うとめちゃくちゃ感動と演出に鳥肌がたってしまいました。その中でも、最終回のトランペットをソロで吐くシーンがあるのですが、ソロを吹きたいと強く願った香織先輩の表情が映し出されていて、どこか虚しく、すこし悲しげな表情をしてじっとソロパートを聞いている演出は、涙なしでは見られないと思います。そこまでの道のりがあってのソロパートのシーンは、最高の演出でした。さらに、大会中の楽譜のメッセージなどきめ細やかなネタにものすごく応援したくなる気持ちを掻き立てるような演出や作画に、京アニの本気を感じました。

吹奏楽というものに縁もなく、学生時代生で聴いてもそこまで感動を覚えた記憶がないのですが、このアニメの吹奏楽は一味違いました。何度聴いても凄まじいほどの迫力、そして楽器ひとつひとつきめ細やかな作画、楽器を詳しくない人でもこの楽器の作画をみればとても驚くと思います。キャラも人数が多いもののそれぞれ抱えてるものがあり、しっかりキャラも立ってると思いました。多少焦点が当てられないキャラはいたものの主流の人物には好感が持てるほどのキャラクターたちでした。二期では、一期では焦点が全く当てられてなかったキャラクターがメインでストーリーを展開していってくれる、そんな演出も魅力でした。

そして個人的に一番好きな滝先生、この人は一見厳しく、アニメの中では緊張感を常に漂わせつつも、しっかり執念?というかこれは二期で分かるものなのですが、その中でも優しがあり、愛のある厳しさを感じさせてくれるこの先生ほど好感持てる先生と言うキャラクターの中では恐らく他のアニメでは見たことないです。

とにかく一期の最終話のコンクールまで見て欲しいです。凄まじい迫力の演出圧倒されると思います。
是非一度は見て欲しい作品です。

 サンキュー(11)
2017.06.12 06:19 かもかもの評価 | 観終わった| 187が閲覧 ★★★★☆ 4.2 評価対象: 響け! ユーフォニアム(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 5.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

私…ユーフォが好きだ…

また次の曲が始まるのです♪

このお決まりのセリフから朝ドラ感を感じてしまったのは私だけでしょうか?
母親が見てるからたまに見るけどNHK朝にやっても見劣りしない出来栄えだと思うのです

百合が苦手で吹奏楽も知らない
それでも素晴らしい作品と言えます

何が凄いって
心情を詳しく描いているだけではなくわかりやすく描いていること
人間ドラマの質がよくても理解しやすい作品もとなるとそうはない
しかも新海作品のように心情と情景をリンクさせていたりとにかく奥細かく演出されている

これらのクオリティの高さはアニメの中でもトップですね

1期はストーリーの通過点ということもあり途中で終わってしまいますが
2期は登場人物が抱いていた真の意味がわかったり
シリーズを通して真価を発揮する作品でもあります

なので1期だけでなく2期、原作と見たり読んだりすることでもっと楽しむことができますよ!

1期について
{netabare}
目標に向かっていく中での意識の違い、組織のあり方
その中で久美子がどう成長するかを中心に描かれていたと思います
(実力的成長というよりも人間的成長ということで
スポ根に有りがちな
力の差を思い知らされながら強大な敵に勝利する
といった展開もありません)

部活という団体行動
勝利を目指すなら選択しなければならない
葛藤する彼女らには共感するものがありました

気になったのは滝先生
どういった思考、心情で生徒に接しているのか興味が湧きましたね

一種の組織論なのでしょうか?
集団の力を上げるには個々の能力を上げるよりも
意識改革をすることが大事
人間って他人に影響されやすいのでメンバー内で意識が高まれば次第に努力しなきゃと思えるようになりますよね、久美子のように

そういった環境づくりをした滝先生も実は相当大変だったはずです
今後もうちょっと触れてほしいなと思ったりしました
{/netabare}
好きなシーンその1
{netabare}
13話
「大丈夫だってあんだけ練習したんだからさ」

何気ない一言かもしれませんが
苦労したことがある、本気で努力してきた人にはわかるんじゃないでしょうか?

後悔もないぐらい努力してきたから自信になる
頑張ったからこそ言えるセリフです

心に響きました

また秀一が言ったことに意味がありますよね

麗奈の支えに久美子がいたように
久美子の支えにずっといたのが秀一

7話の葵先輩の退部騒動時
12話の上手くなりたい
2期、姉との仲介役だったり
悩んでいる時に受け止めてあげていた存在でしたから

この言葉は秀一だったからこそ久美子は落ち着くことができたのです

アニメでは恋愛ということではなく理解者として描きたかったようでかなりカットされていました

原作ではその恋愛模様も詳しく知ることができます
{/netabare}
好きなシーンその2
{netabare}
12話
「私、ユーフォが好きだもん!!!」

久美子は姉の影響で吹奏楽を始めるんですね

いつか姉と一緒に演奏したい

これが久美子の夢

でも姉は吹奏楽を辞めてしまう
目的がなくなってしまった
それで続ける意味を見出せず浮ついた気持ちで取り組んでたわけです

しかし麗奈の

他人と同じことをしたくない
当たり前の人の流れに抵抗したい
特別になりたい

という思いを目の当たりにして
傍観者でいること、流れに身を任せることに疑問を抱いていた久美子は
自分で在ろうとする麗奈の姿がかっこよく見えた
彼女のように在りたいとそう思った

姉と演奏するためという目的から新たに特別になりたい(自分自身で在りたい)から演奏したいと思うようになったのです

だって、私、ユーフォ好きだもん!

とは正に久美子の心の変化が現れたシーンでした{/netabare}

 サンキュー(40)
2017.06.05 13:55 白猫の評価 | 観終わった| 69が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: 響け! ユーフォニアム(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

もっと多くの人に見てもらいたい

これから青春時代を迎える子供たちに一度は見てもらいたい
子供たちにこんな青春を送ってもらいたい。

時代に合わなくなるまでいつまでも見続けられ欲しい。
面白かった作品も多くは時間と共に埋もれて行ってしまいますが、それを勿体なく思う。
文部科学省推薦アニメにしてもらいたいくらいですね。
そう思わせてくれる作品でした。

子供向けの様に見える感想だったかもしれませんが、
もしかしたら楽しめるのは少し落ち着いて来た年齢層かもしれません。

騙されたと思って一度みてもらえたらと思います。
原作にさらに厚みを加えたストーリーと、
TV放送とは思えない美しい映像
空気感の伝わってくる優しい音楽と演出
気が付くと引き込まれてしまいます。

素直に丁寧に丁寧に作り上げられた素晴らしい作品だと思います。
作り手の作品への思い入れの強さを感じました。
京アニ渾身の作品だと思います。

以下この作品が好きだった人のために

アニメは原作から多少改変がありますが、原作に厚みを付けたものは殆どで、
個人的には原作よりアニメのがスト―リーもキャラも仕上げられていると思います。

原作にあってアニメに盛り込み切れなかったことの中から、個人的に知ってると作品が少し面白くなるかなぁって物を

くれぐれも
アニメを見たけど、原作は読む気がない人向けのネタバレです。
アニメをまだ見てない人、原作を読む予定の方は開かないでください。

{netabare}
■ 松本先生の話し方に違和感感じた人は・・・
{netabare}
原作では松本先生は影で軍曹先生というあだ名がついています。
軍曹先生を知ってればあの感じ、納得できませんか?
(第1巻より)
{/netabare}

■ ソロに対する香織先輩の心情
{netabare}
分かるような分からないような演出でしたが、
香織先輩に最初からソロを奪う気はありません。
自分の最高の演奏をもって負ける事で納得したい。
それだけのために練習を重ねて来たとハッキリ書かれています。
また、自分のソロじゃだめだった、レナのおかげで関西にこれた。と後にレナに感謝を伝えています(第2巻より)。
ちなみに、松本先生の「良い音は良いと言わざるを〜」の助言は原作にはないアニメオリジナルの演出です。
(第1巻より)

ちなみに原作とは再オーディションへの流れが少しちがいます。
知りたい方はどうぞ
{netabare}
原作では香織先輩はオーディションで落ちた後もずっとソロの練習を重ねます。
そして、試合直前の日に突然自ら再オーディションを申し出ます。
再オーディションでは格段に上手くなった演奏で滝と部員をおどろかせ、その上達は滝にも褒められます。しかし、レナの圧倒的な演奏には敵いません。あとはアニメと同じような会話だったと思います。
そこから久美子が香織の心情を知るという形で描写されます。香織先輩はソロを奪いかえすために再オーディションを申し出たわけではなかった事。敵わない事は分かっていて、それでも自分の最高の演奏で負ける事で自分を納得させたかっただけだった事。そのためだけにあれほどの練習を重ねて来たのだと知り久美子は心をうたれる。という話だったと思います。
{/netabare}
{/netabare}

■ 「悔しくて死にそう」は実は別のキーワード
{netabare}
アニメの冒頭にでてきたキーワードで、久美子の挫折のシーンに繋がりますよね。
実は原作でも冒頭に出て来るセリフですが、繋がる先が違うキーワードなのです。
原作では、実は久美子は挫折はしません。あの挫折はアニメオリジナルの演出。

小説の1巻の一番大事な所のネタバレなのでもう一段隠しときます。
(第1巻より)
{netabare}
エピローグの関西大会出場が決まったレナの言葉「嬉しくて死にそう」に繋がります。入れて欲しかった言葉ですが、あのエンディングは言葉のないあぼ見せ方はすごく良かったので仕方ないですね。
{/netabare}
{/netabare}

■ 緑輝のコネタ
{netabare}
キラキラネーム以外にもう一段仕込まれてます。
「せめて青輝じゃない?緑に輝くってエメラルドやん」
とみどりは自分の名前にコンプレックスを持っています。
言われてみればサファイアは青でした。わたしは全然気がつきませんでした。
これ原作者も素で間違えたのをネタにしたんじゃないかと疑ってます。
(短篇集より)
{/netabare}
{/netabare}

このアニメが好きだった人の為にと思い書いてみましたが、
不適切な書き込みの場合おしらせください。
削除します。

 サンキュー(17)

響け! ユーフォニアムのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
響け! ユーフォニアムのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

レビューを条件で絞り込む
ネタバレ状況
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
キーワード
表示形式
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。