「響け! ユーフォニアム(TVアニメ動画)」

総合得点
90.0
感想・評価
2753
棚に入れた
12255
ランキング
47
★★★★★ 4.2 (2753)
物語
4.1
作画
4.4
声優
4.1
音楽
4.2
キャラ
4.1
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

響け! ユーフォニアムの感想・評価はどうでしたか?

Edis さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

これは凄い

いわゆる部活もので同じ京都アニ作品のけいおんとは違ってこっちはガチ。部活の人間関係などの描写が非常にリアルで青春を感じた。そしてアニメ作品とは思えないほどのびっくりするくらい綺麗な作画と高音質な音楽がたまらない作品だった。

投稿 : 2020/05/25
閲覧 : 22
サンキュー:

4

〇ojima さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

次期を期待する満足な終わり方!

個人の表現がとても豊かに描かれているのが印象的です。
最後まで京アニさんの技術に物語を充分に魅せてもらいました。
物語への気合の入れ方。作製側の気合の入り方よく伝わりました!

最終話はしっかり最終話です。(笑)
話の結末は力強い終わり方というのでしょうか。
(最近だらだらとした最終話が多いなか、ビシッと終わりました)
2期はあるけど今回のクールでしっかりとした終わり方が好感度です。
そして当然ながら2期も観たくなりますよ!!

OVAのかけだすモナカも要視聴です。本編の理解度が増します。

この作品を視聴したあと家族をそそのかして京都宇治の平等院に家族旅行をチョイスしました。いやー楽しかった。京アニにも立ち寄れるので一粒で二度おいしい旅行となりました。

投稿 : 2020/05/24
閲覧 : 553
サンキュー:

92

ふぁんた さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

美しい宇治の成長青春活劇

終盤でのお姉ちゃんの「音大行くつもりもないのに、、」というセリフ、高校の部活動には結構刺さりますよね。
将来それで生きていくわけでもないのに、、、おそらく1話目の久美子は部活に対してちょっとそんな距離感でした。

ほとんどの人たちは高校に入ると部活よりも、恋やバイトや大学受験が忙しく、高校部活っていわゆる、やる気ない勢になりがちですよね。変に達観してしまっているというか、自分はこの分野で全国に出れるような実力もなければ情熱もないと。。


初期の数人のガチ勢と決めたからにはヤル厳しいイケボ先生の指導にあてられた生徒たちが徐々に意識を変えて行く、、涙あり、挫折あり、そんな熱血スポ根の美しい青春を主人公を始め、まわりのキャラの努力と成長を丁寧に描いてくれています。

しっかり背骨の通ったストーリーなので変にあっちこっちに話は横滑りせず、部活を通した若人達の成長を見せてくれます。


本当に京アニお得意の超美麗な宇治の背景と崩れない作画。
おそらく地元の人だったらメチャクチャ楽しめるだろうなと思える美しい宇治の場面でした。
ヴァイオレットでもそうでしたが、特に水の表現が素晴らしいですね。
宇治川のキラキラや涙、汗の表現、水って描くのすごく難しいのですが、非常に湿度や柔らかさを感じる水の質感をアニメーションで表現している制作者の方々には感服いたします。


そして悔しいと走った橋の場面、、
すごい作画で演技も素晴らしくちょっと気持ちを持っていかれました。
始め麗奈にあんなことを言ってた娘がこんなにも感情を弾けてしまうなんて、、
目をみはる成長と素晴らしい演出が見事に噛み合っていて最高のシーンでした。


夏の練習のシーン。
見ているこちらまで汗が吹き出てくるような、そんな臨場感を感じる、、ただ、背景と人が描かれているだけでない、温度、湿度、むせる夏の匂い、刺さるような夏の日差し、、このシーンは高校生の頃にグラウンドを走っていた感覚を思い起こされました。


こういった五感を揺さぶるような表現を全力で描き切る京アニの情熱は、日本を代表する文化の発信者として称賛、尊敬いたします。



大人になると、仲間達と負けたら悔しくて号泣してしまうような大会に出れる機会がある人なんてあまりいません。
将来がどうこう考えずに、高校生だからこそ謳歌できる青春をティーンズには味わってほしいなと思います。

投稿 : 2020/05/19
閲覧 : 26
サンキュー:

4

鈴木 千裕 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

スポ根ゆる百合けいおん!的アニメで、キャラの言葉遣いに違和感。全体的には良作。 ストーリーが、やや出来レース気味。

ざっくりと言えば、スポ根要素と微百合を多くぶちこんだ、けいおん!全体的には良作だが、気になる点がひとつ、京都の地方都市が舞台なのに登場人物の言葉遣いが標準語なのが凄い違和感がある。原作ラノベ版では京都弁でしゃべってるのに、あと「緑輝」で「サファイア」はあまりにもかわいそう過ぎる。あとは及第点。
最終話について、一言。サクセスストーリーものとしてはありきたりな所謂ハッピーエンドだが、現実で考えた場合、弱小吹部が、僅か数ヶ月の猛練習で、関西大会優勝は、ちょっと出来レース的な結末。

投稿 : 2020/05/18
閲覧 : 268
サンキュー:

13

オッチー さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

アニメ放送でこの作画は凄い‼︎[91.9点]

絵が綺麗すぎて終始驚いた、正直最初は映画なのかな?と思った、さすが京アニだなあと思いました

加えて内容も良かった、色々な苦難を乗り越えて、どんどん上達していく様子は心にくるものがあった、なんか吹奏楽部のリアルを描いているなあって感じ、なんといっても人間関係や心情描写はかなり繊細に描かれていたと思いました

これに続く「響け!ユーフォニアム2」も素晴らしい作品なので1期を見た方は引き続き見てほしい、こちらも完成度は高い、また1期の総集編である「響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ」は1クールのアニメを2時間弱にまとめたもの、これも完成度は高く1期の名シーンをあらかた組み込んでいる、どちらも観て欲しい作品です

投稿 : 2020/04/06
閲覧 : 117
サンキュー:

14

ネタバレ

画王 さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

土日で完走できます

 ややこしい設定や意味深な演出がなく、わかりやすい青春アニメです。物語に思春期特有の気だるさが漂ってくると、エース麗奈や天才あすか先輩が空気を引き締めて次の展開に引っ張ってくれるので、一気に視聴できると思います。普通のスポ根のように精神論で数々の難題をクリアし、ライバルを倒せてよかったみたいな感動はこのアニメにはないので疲れません。
 主人公久美子の視点から語られる吹奏楽部のドラマは、彼女の素直で冷めた性格が青春の気恥ずかしさや切なさを和らげてくれるので、年代に関係なく感情移入できます。エース兼ヒロインである麗奈も印象は強面ですが、久美子から見るとカワイイので取っつきやすくなります。その久美子が、音楽に打ち込む周囲の熱情に感化されてフィナーレに向けて成長していきます。主人公の成長は語り部の心境の変化であり、その人のものの見方が変わればアニメの雰囲気も変わっていくという脚本は見事です。第2期は違った青春アニメを楽しめるかもという期待が膨らみます。
 このアニメのクライマックスは、麗奈と中世古先輩の一騎打ちです。なのに、2人の演奏に差がありすぎて(素人の僕でもわかるほど)、出来レースのようになってしまったのは少し残念です。ヘッドホンをして、目を瞑って、ちょっとの違いも聞き逃すまいと待ち構えていたので肩透かしを食らいました。プロ級の麗奈と一緒に練習していたのだから、中世古先輩がそれに触発されて、麗奈に肉薄する演奏を披露する展開がよかったです。もちろん、中世古先輩の後悔しないという覚悟に対して、特別になりたいと願う麗奈が真剣勝負で応える、というシチュエーションだけで十分泣けましたが。
 来週は2期を完走します。

投稿 : 2020/03/28
閲覧 : 85
サンキュー:

7

rQTIV80615 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

青春

京アニで一番好き

投稿 : 2020/03/08
閲覧 : 84
サンキュー:

5

徳寿丸 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

おっ、今度はちゃんと部活してるね

原作未読。
2期も決まったみたいですね。個人的には綺麗に終わったしいいんじゃね?と思ったりしてますが・・・。京アニって事でこちらもハードル上げて見ちゃうわけですがもうちょっと観たいかなと思わせるあたりは流石ですね。ただ音楽を扱った作品で演奏シーンで響く感じがなかったのは残念かな。「ハルヒの学園祭、ノダメ、坂上アポロン、四月嘘」は聞いてて音楽聞きてぇー!ていう高揚感があるんですけどね(私感)。とはいえハズレではない普通のアニメ。


私のツボ:うーん、個人的にポニテの方がいいと思う。

2期視聴済。
相変わらずこの主人公は首を突っ込んでは結果オーライ的な流されキャラですね(私感)。この作品はねぇ、どうも好みのキャラができないんですよね。まぁ主人公が明朗活発系じゃないし音楽の世界の厳しさみたいな部分が強く出てる作品なんでキャラの我の強さが邪魔してるのかなぁ。個人的に主人公(黒沢さん)の良さが出たのは幼い時の姉におねだりしてる時が可愛くて物語終盤に一つの盛り上がりを作ってくれた事。逆にどうも腑に落ちないのが復帰したフルートの子と同中学だった子達の人間関係。あれはないんじゃないかなぁ・・・次期部長があまりに不憫だと思うのは私だけ?それに当事者2人があとでクラスが一緒っぽい描写があったんだけど辻褄が合わんでしょ?だって毎日顔合わせてた事になるし(違ったらスンマセン)。
まぁ、1期で終わっても良かったかなとも思いますが部活頑張っているんで良しとしましょう(笑)

私のツボ:東山さんはね、どうしても語尾きくとキンモザのカレンちゃんがでてきちゃうんだよ(笑)


リズと青い鳥視聴済み(2019.5)
スピンオフ作品。キャラデなんかは全く違うので別枠でも良かったんですが・・・まぁ一緒でいいでしょう。上記2期で自分が腑に落ちないと言っているフルートの子達の話。成程、彼女達の成長を童話と音楽に絡ませていい演出だったと思います。保護対象からの独立とでもいいますか・・・その後の関係がうまくいかない場合もありますが・・・特に国なんかはね(笑)。

追記:リズ役については・・・まぁあれはあれで童話っぽかったんじゃないですかね?


劇場版~誓いのフィナーレ~視聴済(2020.3)
主人公達が2年生へと進級し、関西大会の結果まで。
京アニのあの凄惨な事件前に3期が決定していますが・・・なんていうか無理せずその上で京アニの復活を待っているファンの方々に披露できる時がくればいいんですけどね。ゆっくり待ちましょう。
えーーと、内容的には前作の「リズと青い鳥」と同時期なので観ておくといいのではないでしょうか。個人的には2年生時も1クール充分持つ濃い内容じゃないかなと感じました(もうちょっと部員の内面の葛藤や劣等感なんかを掘り下げれたんじゃないかな?)。まぁ、いいんですけどね。

私のツボ:主人公が可愛くなってきました(笑)。

投稿 : 2020/03/03
閲覧 : 235
サンキュー:

14

ネタバレ

Isery さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

一生に一度の青春

素晴らしい作品です。主人公たちは夢を実現するために奮闘しています。青春は一度だけ、奮闘する青春は幸せです

投稿 : 2020/02/25
閲覧 : 47
サンキュー:

4

くあれ さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

吹奏楽をテーマに描かれる音楽と青春物語

初めに一言。さすが京アニ。



一度観ただけではこの作品を語れない。
そう思えるほど作り込まれたモノだった。
二期まで観終わった方は是非考察サイト等を読んで
共感してほしい。





主人公ーー『黄前久美子』が私にとって、とても惹かれる存在だった。けど、それ以上に吹奏楽部の副部長ーー『田中あすか』が惹かれるとは違う大きな存在感を放っていた。
これは後に気づくことになった続編の二期で語りたい。



久美子がどういった人物なのか話が進むにつれ徐々に知ることになったが、子ども時代から回想で丁寧に描かれていて、音楽を始めることになったきっかけや過去のトラウマを知ることが出来た。それらが物語を通して結びついていき、
久美子を成長させる要素になっていた。



部内の問題は多くが久美子の視点で描かれていて、その問題解決に大きくはないが少なくもない影響を与えていた。
久美子自身が活躍すると言ったわけではないが、考え悩み、成長していく姿は青春を感じさせ私は惹かれてしまった。


正直、この作品のテーマに関わる音楽は基礎的な知識もないため良いとか悪いとか区別がつけられなかった。
ただ、部内で巻き起こる人と人とのすれ違いや衝突、それらを乗り越えた後の全体の演奏はとても良いと感じた。
そして演奏している画は細かく、キャラクターがそのまま吹いているかのような画に自然と演奏を聴き入った。


登場人物たちのセリフをひとつひとつとっても奥深いモノがあって見離せなかった。
考察されているサイトを読むと込み上げてくるように感動し、納得させられた。

音楽は人を繋ぐといった言葉はこの作品にすごく合っていると感じた。

投稿 : 2020/02/16
閲覧 : 67
サンキュー:

9

よし さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

素晴らしい

ストーリー展開が良く、見てて飽きない作品。

投稿 : 2020/02/07
閲覧 : 59
サンキュー:

1

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

京アニの青春音楽アニメ

吹奏楽部の青春音楽アニメみたい。。
でも
けいおんみたいな遊んでる系じゃなくって
スポ根みたくなりそう。。

絵は
背景もきれいだけど
その他の人たちの顔まできちんと描いてて
メインの人たちなんか
顔を見ただけでなに考えてるか分かりそうなくらい^^

足がよく映ってたけど
ほかのアニメみたくスラーってしてなくて
見てて
にゃんはちょっとほっとしたりw


1話目
{netabare}
久美子は北宇治高校に入ったばっかりの1年生

会ったばっかりのクラスメート
葉月とサファイア(みどり)とすぐ友だちになって
3人で吹奏楽部見学。。

そこに入部しに来たのは
中学の吹部でいっしょだった麗奈
中学の吹部では1番がんばってた子みたい

久美子って
思ったことなんでも言っちゃう子みたいで
前に麗奈にちょっと悪いこと言っちゃってて
あんまり会いたくなかったのかも?

葉月とみどりは入部したいって言ったけど
久美子は入らないことに決めた。。

決めたはずだったけど
葉月のマウスピースの練習見てて
自分の初めてのときのこと思い出して
入部決めちゃった☆

*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚

久美子がこの学校選んだのは
制服がよかったのと
いろんなことリセットしたかったから。。って
麗奈とのことがあって
演奏への思いとかアツさとか
いろいろ悩んだりしちゃったからなのかなぁ。。

でも
葉月とみどりに出会って
楽器をはじめたころの気もちに戻れたのかも?

さいご
麗奈のところに近づいてったけど
ゴメンナサイ。。して
いっしょにがんばろう!とかゆうため?
だったらおはなしはスポ根になってくのかな?


あと、出てきた男子。。
1人は幼なじみの秀一クン
関係ないかもだけど幼なじみって恋愛フラグだよねw


もう1人は男子ってゆうかおみくじの説明してた男の人
ちょっと感じがよかったけど
もしかして吹部の顧問だったりして^^
{/netabare}

2話目
{netabare}
久美子って麗奈のこと引きずってるね。。
麗奈は久美子のことそんなに気にしてないみたいなのに^^


吹部に入って
楽器を決めるところおかしかった^^

あすか先輩が「逃がすもんかぁ!」みたくせまってきて^^
久美子は「なんとしてもユーフォ以外に!」って逃げようってして
ははは。。じゃなくってくすくす。。って見ながら笑いが止まらなかったw


けっきょく幼なじみで先輩の葵ちゃんも入部してて
ユーフォのことバラされちゃって
ユーフォニアムやることになっちゃった。。

終わりのほう。。
葵ちゃんの言いたかったことって何だったんだろう?
「アリバイ」「3年なんてあっとゆう間」。。
何回かくり返して見たけどよく分らなかった


あと
京アニってほんとに細かいとこまで描いてて
黒板がキーッてなったところとか
公園のスイートピー。。

「みんな何となくホンネを見せないようにしながら
1番問題のない方向をさぐってまとまっていく。。」

そうなんだ。。

ホンネを言ったらきらわれるのって
みんなが自分のホンネをかくして人に合わせてるのに
あの子だけズルい!とか思われちゃうからだよね
きっと!
{/netabare}

3話目
{netabare}
いいかげんな人が多いなぁって思った。。


大会目指すって多数決で決めたとき
反対したの葵ちゃんだけだったよね。。
あんまりやる気ないんだったら
趣味でやりたいだけって言ったらよかったのにね^^

先生は曲は何でもいいって言ったけど
みんながリクエストしなかったから「海兵隊」になったのに
かんたんすぎるとかって思って
練習もほとんどしないでサンフェスとかコンクールのことばっかり考えてる

先生は間違ったこと言ってないのに
どうしてみんな文句ばっかり言ってるのかぜんぜん分らない。。
でもこんな事ゆうと嫌われるよね。。><


パートリーダー会議が終わるまで練習休みになっちゃった。。

でも
目標があってやりたいからやってる人たちってそんなこと関係ないよね☆
自主練とか許可なんかなくってもできるから^^


吹奏楽部もみんなが参加。。とかじゃなくって
趣味でやりたい人のための吹奏楽しむ部と
本気でやりたい人の吹奏学部とかって
2つのグループに分けたらいいのにね☆
{/netabare}

4話目
{netabare}
パートリーダー会議で決まったのは

来週の合奏まで練習して
それでもサンフェスに出場しないって先生が言ったら抗議する。。って

今まではグズグズ言ってた人多かったけど
これって前とあんまり変わらないみたい^^
ちがうのは滝先生が練習に教えに来てくれたことかな。。

初めっからちゃんと教えてくれたらよかったのに
自主練みたくしたからみんなどうしていいか分からなくって
きっと今まで通りテキトーにやってたんだよね(本気の人もいたけど)

先生はそんなこと分っててようす見てただけなのかな?
どれだけみんな本気なのかって。。


それでみんなとにかくサンフェスには出たいから
とり合えず先生のゆうこと聞いておこうって
キビしい練習でもゴチャゴチャ言わないでがんばりはじめたみたい☆

みんなが本気出し始めたのと先生の教え方がよかったから?(たぶん両方)
合奏のとき前のときよりずっと音がそろっててきれいだった♪
先生もちゃんと認めてくれたし
みんなも本気でやればちゃんと結果が出るって分ってよかったよね☆

先生は
「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」のヒッキーみたく
自分が敵になってみんなをまとめようってしたのかな?


あと
塚本クンと久美子が滝先生のこと話してたとき麗奈が2人に文句つけてきて
あとであやまってきたけど
そのとき久美子も思ってたこと言えてよかった☆
はやく仲よくなれるといいな☆
{/netabare}

5話目
{netabare}
そっかぁ。。今まで気にしたことなかったけど
吹部って演奏だけじゃなくって
行進しながらステップとかバトンもやったりってほんとに体育会系みたい。。

「人は単純だ。。がんばれば良くなるって分ればもっとがんばろうってする」
うん。。ほんとにそだねw


帰りの電車で降りるとき麗奈といっしょになった。。

こうゆうときってドキドキしちゃうよね。。
だまってると無視してるみたいかな?とか
でも話しかけたらジャマって思われるかも?って

にゃんはそうゆうのダメだから
きっと次の駅まで行っちゃいそう(ハァ。。


演奏する順番って大事なんだね
有名な学校にはさまれちゃったら
それだけでひどく聞こえちゃったりするみたい
でも北宇治はみんながちょっと「えっ?」ってなるくらいうまくなったね☆


久美子がおなじ中学の子と会ったところ

北宇治を選んだ理由が
知ってる人があまりいない学校で新しくスタートしたかったからって
にゃんも知ってる人がいない学校のほうがいいって思うけど
久美子はどうしてなんだろう?

コンクールのさいごに麗奈とのことがあって
おんなじ仲間とダラダラ。。じゃなくって
今までとちがうところでやり直したかったりしたのかな?
{/netabare}

6話目
{netabare}
北宇治高校は今までは3年生から順番にコンクールに出られたみたい
でも今年はオーディション制にするって。。
滝先生が上手な人を選んで出場者を決めるんだって

滝先生は粘着イケメン悪魔イジワル。。
あれっ?イケメンってほめ言葉じゃなかったっけw


今週はチューバの加藤ちゃん(葉月)のおはなし

葉月ってメンテの仕方もよく知らなかったくらい始めたばっかりだった

中学のときテニス部でがんばったけどダメで
こんどのチューバはうまくなりたい☆って
葉月ってアツい人だったんだね。。


それで先輩たちに
チューバのいいところ聞いてまわったけど
いいところがないのがいいところとかって(はぁっ。。?)


あすか先輩がまず簡単なのからって「きらきら星」の練習はじめた
でも、ただ「ブー。。ブー。。」って音がするだけだし。。

あすか先輩の奥の手
チューバくんコスプレはわらっちゃったw

「だまされた!だまされましたっ!」って久美子
小学生だったらこれでもうまく行くかもだけど
高校生じゃ絶対ダマされないよねw
おばかだったーw


それでどうしたら葉月のヤル気が出るかって
みんなで話してたら
後藤先輩が「オレは合奏したときかな。。」って

「チューバだけだと単調な曲がつづくから。。」
だよねー
さっきもただ「ブー。。ブー。。」ってチューバだけだとぜんぜんつまらないもん

それで
久美子とサファイアと葉月の3人で合奏。。
わぁ!!ほんとに音楽になってる!
これだったら葉月もモチベーション上がるよね☆


それから葉月はお持ち帰りのチューバをかかえて電車から降りて
転びそうになったとき秀一クンに助けてもらった。。

。。あれって串ざしホットドック?にゃん始めて見たっ!
ふつうのホットドックって串にさすとパンが落ちるよね?
パンを焼く前にソーセージを入れてるのかな?

あっ!そっちじゃなかったw
あれって葉月の恋愛フラグ?
このあと久美子と三角っぽくなったりするのかな?

久美子が川辺で練習してたら葵ちゃん先輩が来て
「いいなぁ久美子ちゃんは。。」って
それから「オーディション がんばりなよー!」って

葵ちゃんって
受験勉強のために1度もコンクールに出ないでやめちゃうつもりかな?
{/netabare}

7話目
{netabare}
葵ちゃん先輩が受験を理由にやめることになって
そこから去年の3年生と1年生の対立のおはなしとかになって
部長が休んじゃったり。。


3年生が1年生を無視ってほんとにありそうでズキズキしちゃった。。
3年生なのにどうしてそんなこと?って思ったけど
もしかしたら1年生の子たちも悪かったのかも?

だってこの部って自分たちが今までやってきた部なのに
入ったばっかりの1年生がかってなことゆうんだもん
3年生がおこってもおかしくない。。

にゃんだったら人が集まるところが苦手だから部活とかムリだけど
もし入ってたらケンカするのイヤだから
1年生がやりたいんだったら。。ってにゃんのほうがやめちゃうけどね


部活っていろんな人が集まってるから
一生けんめいやってコンクールで勝ちたいってゆう人もいるし
お茶とおしゃべりしながら楽しく音楽できたらってゆう人もいて
でもどっちの人でもコンクールには出たいに決まってる☆

「けいおん」のみんなだって
いつもはお茶しるけどやっぱり文化祭には出たい☆って思うみたく。。


おはなしの中では何となく
がんばらない先輩たちが悪い!みたくなってたけど
「ちはやふる」が正しくって「けいおん!」はダメ><ってほんとかな?

「ちはや」みたいなおはなしって燃えるから好きってゆう人でも
「けいおん」だって好きってゆう人多いと思う。。

これってきっとどっちがいいとかじゃなくって
ほんとは2つのグループがあって
どっちも出られたらいいんだけなんだけど。。


でもどっちか1つのグループだけ出られるんだったら
出るのはやっぱり3年生のほう。。だと思う

だって1年生はまだ2年もあるし
自分たちが3年になったときのコンクールのために
自分たちだけでも一生けんめいがんばればいいんだから。。


それでもしガンバってきた自分たちが3年生になった時
新入生が「放課後ティータイム」したいって入った人たちで
練習きついのイヤ!って言ってきたら無視するしかないんじゃないかな?

じゃなかったら
「あんたたちバカ?ここは私たちがやってきた部活なのよ!」とかって
きつい言い方になっちゃうかも。。

だって今まで自分たちが優勝目指してがんばってきたのに
新入部員が
自分たちは「放課後ティータイム」したいんです☆って言いに来るんだよ。。


そう思ったら去年の3年生が無視したのってゼッタイよくないけど
ひどい言い方したくなかったらだまって知らんぷりするしかなかったのも。。


だからその時の2年生が1年生に
「3年生はもうすぐいなくなるからそれまで一生けんめい練習しよう!」って
言ってあげられればよかったんだけど

3年生だって自分たちの気もちうまく説明できなくって
無視しちゃったんだってしたら
2年生の人なんかきっともっとうまく説明できなかったのかも。。

ぼっちなにゃんは関係ないからそんなふうに思ったけど
自分だったらきっと2年生みたくなっちゃうんだろうなぁ。。きっと

それから
中世古先輩みたいな人いたらいいな☆って思った
お芋おいしいしw

あと。。葉月の思いはどうなるんだろう?
{/netabare}

8話目
{netabare}
葉月は秀一クンが好きで
秀一クンは久美子が好き
だけど久美子は秀一クンのこと別になんとも思ってないみたい


みどりちゃんは積極的に葉月を応援してたけど
久美子はややこしいことに巻き込まれたくなくってってゆう感じカナ?
久美子ってあすか先輩に何となく似てる気がするなぁ。。


そしておまつりデート^^

葉月は始ったばっかりの恋が終わっちゃってちょっとかわいそう。。
泣いちゃった
でも失恋フラグがいっぱいだったからしょうがないよね。。


麗奈と久美子は仲良くなれたみたい^^
ユリっぽい恋愛じゃなくって友だちみたいだけどw

麗奈はあんな感じだからきっと近づいてくる人っていなかったのかも?

でもコンクールのあとで
久美子だけはホンネで話してくれたからもしかして気になってたのかな?

麗奈って変わってるね
性格悪いでしょ?が愛の告白だって

それって恋愛とはちがくても気になるのって愛なのかも?

でも人とちがってたい麗奈の気もちってにゃんは何となく分るかも。。

にゃんもお祭とかで人が集まるところより誰もいないところのほうが好き
1人の人とはいっしょにいられるけど
みんなといっしょだと仲間はずれになっちゃうから
にゃんもきっと変わってるんだって思う。。

にゃんは抵抗したいとかってよく分からないケド
みんなとおんなじことやりたいって思えない。。
性格わるいんだ。。

特別になりたいってゆう気もちも分かるかも。。ってゆうか
みんな特別になりたいって思ってるんじゃないのかな?


2人の合奏とってもよく合ってたね^^
今まで久美子が麗奈のことで悩んだりしてたのがウソみたいに合ってた☆
{/netabare}

9話目
{netabare}
秀一クンとのことビミョーだよね

葉月は久美子が無自覚ってゆうけど
無自覚ってきらいじゃないけど好きってコクれるくらい好きでもない
みたいな感じかも。。


今日のおはなしは競争だったのかな?

オーディションで落ちる人は落ちる
みんながんばってもがんばっただけじゃ合格しない。。

にゃんは競争ってにがて。。
考えただけで手がふるえちゃって楽器とかムリ
あとでうらまれたりするのってもっとダメ
平気(じゃないんだけど)なみんながうらやましい

落ちちゃった人とまた明日もいっしょなんだよね。。
葉月のことで悩んでたみどりちゃんよりもっとつらそう。。
{/netabare}

10話目
{netabare}
今週は滝先生と麗奈が知り合いだったって分って
ソロパートのオーディションがやらせだったんじゃないか。。って
うわさを立てた人がいて
吹部のみんながバラバラになりかけるおはなし。。

オーディションで落とされたのに久美子のこと励ましてくれた夏紀先輩みたく
くやしい思いでうらみとか誰も持たなかったらいいんだけど。。

●ヽ(>ω<。)ノ○ヽ(>ω<。)ノ●ヽ(>ω<。)ノ○ヽ(>ω<。)ノ●ヽ(>ω<。)ノ○

香織先輩のこと大好きな優子先輩が
「滝先生と麗奈が知り合いだった」って聞いて
先生のこと信用できなくなっただけじゃなく
まわりの人にも言いふらして空気悪くしちゃった。。


優子先輩が先生に質問して
先生が「ひいきしたことはない」ってはっきり言ってるのに
しつこい優子先輩って。。香織先輩も麗奈のことも傷つけたよね

あれって麗奈もかわいそうだったよね
強い麗奈だったからぎゃくに言い返して。。

見てたら苦しくなってきて気持ちが悪くなってきちゃった。。


でもそれってほんとは先生のせいなのに
みんなの誤解を解かないで行っちゃった先生も悪いよね。。

さいごに
公開オーディションでみんなに決めてもらうことになったからよかったけど
先生もっと早くそうしたらよかったのに。。ってにゃんは思った

あのままだったらみんなバラバラになっちゃってたよね。。
{/netabare}

11話目
{netabare}
優子先輩って自分だって麗奈のほうがうまいって思ってるのに
麗奈に負けてくれって。。言ったんだよね!

いくら香織先輩のこと好きだからってそれやっちゃダメだって思った。。


香織先輩には優子先輩がついてる

麗奈は久美子に愛の告白しといてよかったね^^
久美子も愛の告白返してくれたw
たぶん?。。とかってちょっと頼りなかったけどねw

でもオーディションでみんなが空気読んでできなかった拍手を
久美子が1人だけでもしたのってほんとに麗奈のこと愛してるから。。
(って友だちとしてだけど。。たぶんw)
いっしょにしてくれた葉月もいい友だちだよね☆


さいごの香織先輩ちょっとかわいそうだった。。
でも、ひいきとかじゃなくって
「実力で負けたんだ」って思えたからよかったのかも?

それより優子先輩のほうが悲しそうだったかな?
リアルだったらずっと麗奈のことうらんでそう。。
{/netabare}

12話目
{netabare}
アツかった!
気温もだったけど久美子も。。
鼻血なんか練習してれば治るってゆうくらい
アツくって熱中症で死んじゃうくらいアツかった。。

でもどんなにやっても足りなくって
先生から
「あすか先輩1人で」って言われたところは本気でくやしかったよね。。

ダメなのは自分で分ってて
それでも間に合わせようってがんばってるのに
「もうお前は吹くな!」って言われたのとおんなじ。。

でも
それで麗奈が中学さいごのコンクールで
本気でくやしがって泣いてた涙の味が分ったみたい。。

本気でがんばらなかった人にはぜったいに流せない涙。。


落ちこんで忘れ物を取りに行った学校で
滝先生と何だか気もちが通じたかも。。

先生から見捨てられたりしてなかったんだね^^
にゃんもうれしくってちょっとなみだ出ちゃったw


麗奈を呼び出して報告しようってしたけど
「滝先生と2人っきりだった」って誤解フラグw
無視してガチャのユーフォw

誤解はすぐに解けるって思うけどおかしかったね☆
{/netabare}

13話目
{netabare}
コンクールの前の緊張が伝わってくるおはなしだった^^

久美子は一生けんめいがんばったけど
それでも自信がなさそうだったね。。

みどりはいつも楽しそうだったからよく分からなかったケド
全力で練習してたから
「私の演奏テクニックを見ろ!」なんて言えちゃってすごいなぁ^^


今まで厳しかったツンモードの滝先生も
ここまで来たらデレモードで
みんなといっしょに盛り上がって
松本先生の前でちょっとシュンってしちゃったねw


演奏はスムーズに順調に進んでた♪
みんなアツい思いを持ってるけど音楽の中にうまく隠せてたみたい^^


そして発表。。

垂れ幕がなくっても分るくらいみんなの気もちが顔に出てたね。。
うん。。やっぱりどんな結果でも泣いちゃう。。
どこの学校が関西大会出場か言わなくっても
みんなの表情見てるだけで分っちゃう^^

いちお最終回だったけど2期もゼッタイあるよね☆
{/netabare}



見終わって

文化部系スポ根のおはなしだった

体力も使うし
負けたくないってゆう思いで先輩たちとぶつかっちゃうことだってある!
泣いちゃうことだってある。。

青春だから恋だってしちゃう
うまく行かないことなんかしょっちゅう。。

でも
友だちがいるから応援してもらえるし応援してあげられる
がんばれる!

そんなおはなしだった☆


絵も京アニだからとってもきれい音楽だってよかった♪
1人1人の気もちが伝わってきた☆


いちお区切りはついて終わったけどおはなしはまだ続いてて
2期がたのしみ☆

投稿 : 2020/01/29
閲覧 : 1362
サンキュー:

245

ぷよ さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

みどりちゃんが好き

クローンかというくらい美男美女しかいない世界で起こるドロドロ青春劇。

妄信的に好き!と発言するか、大切にしたい気持ちを出し惜しみしているキャラクターが多い中で、惜しげも無く好きという気持ちを出していくみどりちゃん。
自分のことを名前で呼ぶけど魅力的なキャラクターって稀有かも…

よく知らない声優さんも多いけれどこの中から次世代のスターがうまれてくるのかな。カッコイイけれど津田健次郎さんの司会者と高校生の二役は声に特徴ありすぎてどうなのってなる(笑)

先生、カッコイイけれどダラダラした学生だった私には手の届かない存在だったと思うので切ない。

投稿 : 2020/01/05
閲覧 : 107
サンキュー:

12

やまじい。 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

名作ですね!

ようやく見れました!

「ユーフォニアムって何だ?」ってところから視聴しはじめたのですが、そんなこと知らなくても楽しめました。

しっかりキャラの特徴が立っていて主要人物は2,3話で大体覚えられるし、クライマックスに向けて一切弛緩することなく進んでいく物語は最高でしたね。

私の周りにこれに影響されて吹奏楽でユーフォニアムを始めたって人もいるぐらいなので、音楽の醍醐味が詰まった作品なのではないでしょうか!

投稿 : 2020/01/04
閲覧 : 64
サンキュー:

10

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

響け!北宇治の演奏。羽ばたけ!全国へ

割りとリアルに近い描写が目をひきます。なかなか思い通りに、うまく演奏出来ない現実と、やりきった後の充実感の、細かな心理描写が表情から読み取れました。
演奏を題材にしているという事で、オリジナル曲を本作品の為に作曲した点も意気込みが感じられました。
久美子や麗奈、葉月にガンバレと応援したくなります。それにしても みどりちゃんこと緑輝の 堂々っぷりは素敵です。
高校生活を振り返り、放課後は雑談をして ダラダタと過した記憶しかありません。久美子や麗奈の様に 部活に打ち込んでいたら、違っていたかも知れません。

投稿 : 2020/01/01
閲覧 : 74

DB さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

京アニくささwはいい面も悪い面も目立っていた気がしますが、ともかく、青春ものとしてすごくいい作品だと思います。
登場人物が色っぽくてちょっとやらしいw感じでしたが、視聴後は清々しい気持ちになれました。

投稿 : 2019/12/31
閲覧 : 66
サンキュー:

6

ネタバレ

USB_DAC さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

感動的なアンサンブル

物語:
吹奏楽部の内側を知ることが出来る大変貴重な作品。

冒頭に明確に示される全国という目標。それに立ち向かう顧問と部
員たち。次々と訪れる苦難を乗り越え、懸命に楽器と向き合う姿は
実に清々しい。そして部活動なら間違い無くあるだろう陰湿な部分
を一切描かなかったことは、この作品の爽やかさの一因。良い意味
で非常に京アニらしい作品です。

作画:
業界屈指の美しい作画。女性たちは可愛らしさを重点に輝く瞳、そ
して薄っすらと頬紅を描き、男性はリアルなイケメンばかり。一部
を除き眉間を隠さない前髪も爽やかでとても好印象です。また人物
の動きに応じて微妙に揺れ動く楽器など、手抜きの無い細かい描写
には驚きを覚えました。

次に驚いたのは眼鏡の描き方。流行りのアンダーリムではなく、全
員がアッパーリムをかけている。こういう一見さり気ない拘りから
も、この作品に注がれる制作側の強い思いを感じます。    

声優:
パーフェクト。浮いている人物は全くいません。特に櫻井孝宏さん
演じる滝先生。いつもは厳しい「粘着イケメン悪魔」が時折見せる
優しさと微笑み。彼の声質にピッタリの役です。     

音楽:
OPの「DREAM SOLISTER」。 明るく華やかな楽曲は     
作風に非常に合う仕上がり。そしてEDの「トゥッティ!」。野を
駈け廻る4人の乙女たちは、まさに青春の謳歌そのもの。

因みに劇中の合奏は神奈川県洗足学園音楽大学の1年生で編成され
たバンドとの事。序盤慣れない演奏から息の合ったコンクールの成
熟した演奏まで、段階を踏んで上手くなっていく演出は見事です。

キャラ:
始めは鬱陶しく思えた優子(CV山岡ゆりさん)。麗奈の高い技術
を認め、決して彼女には叶わないと理解しながら頭を下げてまで香
織を推す姿。「 トランペットが好き 」。そう語る彼女にひと華持
たせたい。その為なら例え悪者になろうとも虚勢を張れる。そんな
強さを彼女には感じます。

そしてオーボエと同じダブルリードを使い、合奏に厚みと温かみを
もたらす重要な役割を受け持つファゴット。演奏技術も同じく難解
とされるこの楽器を担当する喜多村来南。容姿も端麗。なのに終盤
ワンカットのみで台詞は殆んど無し。色んな意味で勿体ないと感じ
たキャラクターです。せめて一言二言でも良いから、何か目立つ台
詞を与えても良かったんじゃないかと正直思いました。



[感想]

決して駆け足にならず、ひとつひとつのエピソードを丁寧に描く構
成はとても分かり易く親切な作りだと思います。

全国出場という目標に対して、この弱体化した吹部を如何にしてそ
のレベルまで仕上げ、どうモチベーションを上げていくのか。高み
を目指せば目指すほど、指導方法に対する不満や意見の相違が生じ
るのは当然のこと。しかし、とても理にかなった滝先生の指導方法
は、この部の一層の飛躍を期待させるものです。

4話の序盤、サックス担当の瀧川が彼の指導方法は好きだと語って
いた様に、時が流れ少しづつ自身の成長に気付く者が現れるにつれ、
彼への評価は自然と良い方向に向かって行く。5話で久美子はそれ
を単純な見返りと語っていましたが、まさにその通りだと思います。

「上手くなりたい」「悔しくて死にそう」

こんな言葉は真剣に物事に向き合っていなければ、絶対に発するこ
とはないと思います。「本気で全国に行けるって思っていたの?」。
つい漏らしてしまった冷めた言葉に後悔する久美子。現実を突きつ
けられた今、漸く麗奈の気持ちに気付き、自身の思いを爆発させる。

「私、ユーフォが好き」

そう変わって行く彼女たちには感動すら覚えます。

いつしか部員達には高い向上心が芽生え、緊張から来る高揚感に自
然と打ち勝ち、やがて強い信頼で結ばれている事に気付かされる。

そしていざ府大会。いつもの厳しさは消え、精一杯部員を信頼する
言葉を投げかけては、その場の緊張を解そうと笑顔を見せる滝先生。
彼のこの優しさは高演奏への期待と緊張を煽ります。

それにしてもこの合奏の描写には驚きました。自由自在に動き回る
カメラアングルが、目を輝かせ生き生きと演奏する部員たちを映し
出す。一音一音にピタリと合う指の動き。揺れ合う身体と楽器。曲
の息遣いを見事に表現する指揮者のリズムなど実に生々しい。

この作品の視聴を切っ掛けに、暇を見ては様々な高校の吹奏楽を観
る様になりました。プロの完成された合奏も良いものですが、3年
という限りある時間の中で懸命に練習を重ね、一音一音を必死に奏
でている部員たちがこの場に居るのかと思うと、どうしても胸が熱
くなってしまいます。

改めて吹奏楽の素晴らしさを感じると同時に、京アニの確かな技術
力を再認識する凄い作品でした。




以上、拙い感想を拝読頂きありがとうございました。


2019.12.18  一部修正

投稿 : 2019/12/18
閲覧 : 142
サンキュー:

30

ネタバレ

scandalsho さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

文句なしに良い作品でした

第3期の製作が発表されましたね!
久美子たちが3年生になった年・・・。
楽しみでしかありませんよね!

-------------------------------------------------

第2期最終話まで視聴後追記。

「学生時代に部活動頑張った!」なんて人には、おすすめのアニメです。
また本作を未視聴の方のために、参考になれば・・・。

本作のジャンルは、『青春群像劇』。
高校の吹奏楽部を舞台とした青春アニメです。
魅力的な部員がたくさん出てきます。
お気に入りの部員さんが見つかると、俄然、視聴が楽しくなります!

以下は、おせっかいな注意書きです。必ずしも見る必要はありません(笑)
{netabare}
◎前半は『鬱展開』が多いけど、我慢!
第1期の前半は、後半~第2期のネタ振り。そのため、前半はかなり『鬱展開』が多いです。
「この作品が嫌い」という方の多くは、この『鬱展開』が合わなかったのかな?と・・・。
私も初見の時は第2話で切りそうになりましたが、我慢して引き続き視聴している内に本作の魅力にハマっていきました。
とにかく「前半は我慢が必要かも?」です。

◎百合展開?
第1期の後半以降は百合展開?と思われる展開になります。
私は「百合」というより「女子同士の友情」だと思いましたが、「この作品が嫌い」という方の多くは、この部分に引っかかったようです。
まあ、どちらにしてもそんなに濃い目の百合の話にはなりませんのでご安心を!{/netabare}

さあ、皆さんも第13話のラストで涙腺崩壊してみませんか!

-------------------------------------------------

原作未読。
作画と演出はさすがの京アニ。
声優陣は若手(だけど実力はある)を主役陣に、他の作品なら主役級のベテランを脇役に配置するなど絶妙。
文句なしに良い作品でした。

{netabare}
主役よりも脇役に感情移入してしまう私としては、一押しは夏紀先輩です。
『夏紀の姿』=『吹奏楽部の雰囲気』
初めは無表情で全くやる気の感じられなかった夏紀の表情が徐々に明るくなり、11話の優子と追っかけっこするシーンなど微笑ましくさえ感じました。

今作のもう一人の主役は香織先輩でしょうか?
せっかくコンクールを前に一致団結していた部員たちが、自分の事を思って分裂し、集中を欠き・・・。
そんな時、滝先生から再オーディションの提案が。
ソロパートを諦めきれない自分の思いと、そんな自分を気遣ってくれる周囲の思い。色々なモノを背負いながら立ち上がったシーンは感動的でした。
3年生の中でも気遣いNo.1の香織は、ソロパートにかける自分の思いのために、そして自分の事を思って分裂し、集中力を欠いてしまった吹奏楽部を一気に立て直すために立ち上がったんだと思っています。
自分だけじゃなく、吹奏楽部のメンバー全員が納得できる形でソロパートを決定できる再オーディションの方法を受けて立ったんだと・・・。

最終話。
滝先生が出発前に話し掛けていた写真の女性は誰?
コンクール会場に姿を見せた少女は?
結果発表を受け大喜びする部員たちとは対照的に一人目を伏せてうつむいたあすかの真意は?

願わくば第2期で明らかにならん事を期待しています!
{/netabare}

投稿 : 2019/12/13
閲覧 : 887
サンキュー:

181

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

夕焼けのベンチでのこと

このアニメには思い出があります


わたしは帰宅部でした。
中学生のころから洋楽が好きだったけど
ちょうどいい部活がなくてどこにも入らず
高校のときはずいぶん迷ったんですけど
結局どの部にも所属しないままでした

なのでそのまま社会人になってしまったわたしは
ユーフォニアムにだんだん熱くなっていく久美子にも
特別になりたいとトランペットに熱中する麗奈にも
本当の意味では共感したりできなかったんです

放送中は、京アニの作画がきれいなアニメ
…そんな感じで見ていました


その頃わたしは営業の仕事で
少し田舎にあるお客さんの担当になっていて
電車とバスを乗り継いで通い続けていました

でも何度も通っていい感じだなと思っていたのに
ある日行ってみると競合の会社に契約を奪られていました
失注です
完敗でした
ちょうどこのアニメが最終回を終えた頃でした

わたしは本当にみじめな気持ちで会社にも帰りたくなくて
バスを何本もやり過ごしてバス停のベンチに座っていました
はじめはどうすれば良かったのか反省したりしていましたが
こんな仕事で成功しなくても自分の価値は下がらないとか
そもそも好きで選んだ仕事でもなんでもないんだからとか
なんとか元気になろうと そんな風に考え始めていました

そこに近くの高校から吹奏楽の練習の音が聞こえてきました

ずっと長く吹き続けている多分ホルンかチューバの音や
音階を上がっては降りるを続けているトランペットの音

ものすごく綺麗な夕焼け空でした


「上手くなりたい、上手くなりたい・・・」


泣きながら走る久美子の姿がよみがえってきました
流れるままの大粒の涙を思い出しました

なんとか自分をごまかそうとして積み上げていた言い訳が
あのシーンのフラッシュバックで全部壊されてしまいました
わたしは恥ずかしい話ですがベンチに座ったまま泣きました

悔しいんだからしかたがない
負けたんだからしかたがない
わたしはほんとに頑張ったんだから


このアニメがわたしを素直な気持ちに戻してくれて
悔しいけれど正直な涙を流させてくれました
そして前を向かせてくれました

DVDが発売されてどうしてももう一度見たくてレンタルして
そのあとすぐに全巻買って何度も見ました

相変わらず営業の仕事はへたくそで失敗ばかりだけど
あの失敗はわたしとこのアニメを結びつけてくれたのです

わたしにとって「響け!ユーフォニアム」は
今はとても大切なアニメです

投稿 : 2019/12/11
閲覧 : 254

退会未定のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

二期に続く

スポ根吹奏楽部熱血ストーリー
汗の臭いも感じれそう、って変態みたいか。

投稿 : 2019/12/08
閲覧 : 67
サンキュー:

5

henryleo さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

タイトルなし

僕はキーボードしか弾いてなかったので吹奏楽がまったく知らなかった。それでも音楽が好きなので見ることにしたんです
実際見てみると、音楽がわからない人も結構楽しめると思います。
続編が楽しみです

投稿 : 2019/12/05
閲覧 : 37
サンキュー:

3

うぐいす さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ほんのり百合のスポ根吹奏楽アニメ

それぞれのキャラが立っているため人数は多いが覚えやすい。
また、それぞれの役割をひたすら果たしているので分かりやすい。

めずらしいのは主人公の性格があまり良くない事。
空気は読めるのに「私つい人を傷つけるような事を言っちゃう自分でも何でか分からないのごめ~ん(本気)」で、結果誰からも嫌われないし、むしろ好かれるとか。
社会で上手にやっていける人の見本かっ!と。

葉月ちゃんみたいな役どころは役割と分かっていても切ない。
女子校アニメだと錯覚するが、そういやたまに男子学生も出てくる。

目標に向かってみんなでがんばる、を見せられると感極まる。

投稿 : 2019/12/05
閲覧 : 53
サンキュー:

8

ミナンダ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 5.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

悪くはないけど、物足りない。

作画に関しては、さすがの京アニクオリティです。登場人物が多いながらも、しっかりと描き分けられています。しかし…

キャラクター、ストーリーともに平凡だと感じてしまいました。王道なスポ根ではあるけど、主人公が特別に上手い訳でも、逆に素人でもない。「上手くなりたい」と葛藤はするけども努力の描写はそこまで無い。新しく赴任した顧問も、指導力が高いだけで癖がない。恋愛も友情も、そこまで波はなく中途半端な印象。

特にストーリーが破綻している訳ではないし、途中で投げるほど悪くはありません。良く言えば安心して観れる。悪く言えば平坦で起伏が少ない。
どうも内容がハイレベルな画についてこない作品でした。2期を観たらその印象が変わるかも知れないですが、直ぐに観たいとまで思えないのが残念です。視聴前の期待値が高すぎたのか。

投稿 : 2019/11/21
閲覧 : 82
サンキュー:

3

春秋 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

瑞々しい空気を纏った傑作アニメ

黒沢ともよ朝井彩加豊田萌絵安済知佳櫻井孝宏吹奏楽部青春熱い美しい京アニ

投稿 : 2019/11/20
閲覧 : 104
サンキュー:

4

ネタバレ

きつねりす さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

主人公が吹奏楽に目覚めるまでの物語

一期はただ流されて吹奏楽に進んだようだった主人公・久美子が1人の同級生のまっすぐな思いに触れて音楽に真摯に向き合うまでの物語だと思います。決まったゴールがなく、一見理不尽と思われても仕方がない評価に一喜一憂する吹奏楽の世界。そんな中で特別を目指す同級生・麗奈のひたむきさに当てられて「全国出場なんて言うけど…」とどこか冷めたようだった久美子が「上手くなりたい!」と泣きながら駆け出すまでの一連の流れ、やはり名作と呼ばれる所以だと思います。自分も高校生くらいの時、大人と子供の狭間で感情を持て余してたな〜と共感。若干中二病っぽい本音を持ちながら、恋する乙女でもあるキーパーソン・麗奈のキャラクターの魅力を存分に楽しめたシリーズでした。最初は久美子の方から距離を取っていたのに、終盤にかけて親友以上の関係になっていくまでの移り変わりがポイント高いです。高嶺の花が自分だけに見せる普段とのギャップ、これは恋に落ちる!麗奈と久美子が普段ベタベタしてなくて、でも肝心なところで通じ合っているという関係がとても素敵。
もう一つ大きなテーマとして「実力と年功序列」という、どの部活動にとっても他人事ではない問題が描かれています。経験年数、努力、才能…限られた席を実力で奪ってしまうことで全体の雰囲気が悪化するかも…という個人の欲求と、吹奏楽という他人と息を合わせる吹奏楽特有の人間関係の狭間で揺れる葛藤がはっきりと描かれているところにハッとしてしまいます。間違ってる?間違ってない?と尋ねながら前へと進む姿、青春そのものだと思います。
一期、二期、劇場版と見てきた今、このシリーズではまだ先輩という存在がそんなに大きくなく、同級生である葉月・川島サファイア・麗奈といった同学年の絡みが濃かった時期だな〜と思いました。今後出てくる話ではこの時期のエピソードなどが再び登場したりして「あ〜、あったな〜そんな話!」とかなりそうなので、とりあえず風化させないよう最終楽章までこまめにユーフォ成分を取り続けたいと思います。

投稿 : 2019/10/27
閲覧 : 196
サンキュー:

13

響け! さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

青春!

吹奏楽部員だった自分にとっては本当にリアルで、すごく良い作品でした。楽曲もかっこいいし、作画は綺麗だし、ストーリーも青春ってかんじで、とにかくすごく良かったです。

投稿 : 2019/10/26
閲覧 : 88
サンキュー:

11

ネタバレ

うどんこ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

心の距離感を愛でる作品

いろんな角度から評価できる作品だと思いますが、私は、対人コミュニケーションについて話したいと思います。

舞台は高校の吹奏楽部で、部員が50人くらい。大別して、同級生との横のつながり、高学年との縦のつながり、パートごとのつながりがあります。
それぞれのキャラクターが、様々な組み合わせでコミュニケーションをとるのですが、親密度はまちまちで、そのグラデーションが細かい!


それが顕著に見られるのが、主人公、黄前久美子。
友達に見せる態度、親友に見せる態度、先輩に見せる態度、苦手な先輩に見せる態度、母に見せる態度、姉に見せる態度、幼馴染の男に見せる態度。全部違う。
しかも、それぞれの親密さが増すと、態度も変化する。細かい!
これらすべてを演じ分ける声優の方にも感心しました。

投稿 : 2019/10/06
閲覧 : 56
サンキュー:

7

ネタバレ

KomcHi さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ストーリーも作画もクオリティ高い!

見終えました。

素晴らしい作画で、背景もさる事ながら楽器一つ一つの
細かな箇所を丁寧に描いてます。
最後まで作画崩壊なく、すごいクオリティでした。

合間に挟む演奏に関しても鳥肌がたちましたし、
物語の進行に従って徐々に上手くなっていき、
演奏の緊張感も伝わってきました。

さすが京都アニメーションです!

物語もうまく出来ていて、
弱い吹奏楽部に新しい顧問としてタキ先生が来るんですが、
その先生は皆の演奏に対してグチグチグチグチ。

部員は、その先生に対し皆が結託して、
文句の言わせない演奏をしてやるっと想う。
結果的に先生と部員がうまく噛み合って、
一眼となって高みを目指す良いストーリーだなと思います。

最後は府大会金賞を掴み取って、
関西大会に向けて頑張っていくぞってことで!

2期も期待してます。

投稿 : 2019/09/28
閲覧 : 126
サンキュー:

24

tomledoru さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

期待は口にしないとかなわない

けいおん!も京アニらしいし,響け! ユーフォニアムも,それ以上に京アニらしい作品だと思いました。

「けいおん」のどちらかというと,緩い感じとは対照的に,楽器選びから,必死で練習したり,正規メンバーから淘汰されたり,才能を疑ってみたり,あるいは自分の実力を信用してみたりとシリアスなストーリーが展開していきます。(恋の話もちょっとあるかな)

全国大会を目指して,頑張っている姿に応援をしたくなります。京都から関西大会へと駒を進めばさらに強豪と当たることでしょう。

私の年代が少し上なので,「文化部」は「運動部」のできない者がする部活動だという偏見を持っていました。しかし,それは払しょくされました。

文化部も,ジャンルこそいろいろ有れ,真剣勝負の世界なんだということが伝わってきました。

それに不幸なことに,自分が,大学まで吹奏楽のない学校を進学してきたことによる「不運」も恨めしく思いました。

私は,軽音関係で3つほど楽器ができます(触れる程度)が,吹奏楽という選択肢に触れる機会に恵まれなかったことは重ね重ねも残念に思える作品でした。

蛇足になりますが,軽音(坂道の…),吹奏楽,オーケストラ(のだめ…),筝曲を扱うアニメと,どんどん幅が広がっていくのが,アニメの世界の良い所だと思います。

次は,どんな音楽アニメができるのでしょうか。

投稿 : 2019/09/19
閲覧 : 73
サンキュー:

13

次の30件を表示

響け! ユーフォニアムのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
響け! ユーフォニアムのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

響け! ユーフォニアムのストーリー・あらすじ

高校1年生の春。
中学時代に吹奏楽部だった黄前久美子は、クラスメイトの加藤葉月、川島緑輝とともに吹奏楽部の見学に行く。
そこで久美子は、かつての同級生・高坂麗奈の姿を見かける。
葉月と緑輝は吹奏楽部への入部をきめたようだったが、まだ踏み切れない久美子。
思い出すのは、中学の吹奏楽コンクールでの麗奈との出来事だった。

吹奏楽部での活動を通して見つけていく、かけがえのないものたち。
これは、本気でぶつかる少女たちの、青春の物語。(TVアニメ動画『響け! ユーフォニアム』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2015年春アニメ
制作会社
京都アニメーション
公式サイト
tv.anime-eupho.com/
主題歌
≪OP≫TRUE『DREAM SOLISTER』≪ED≫黄前久美子(CV:黒沢ともよ)加藤葉月(CV:朝井彩加)川島緑輝(CV:豊田萌絵)高坂麗奈(CV:安済知佳)『トゥッティ!』

声優・キャラクター

黒沢ともよ、朝井彩加、豊田萌絵、安済知佳、寿美菜子、早見沙織、茅原実里、石谷春貴、津田健次郎、小堀幸、藤村鼓乃美、山岡ゆり、日笠陽子、沼倉愛美、久川綾、櫻井孝宏

スタッフ

原作:武田綾乃(宝島社文庫『響け!ユーフォニアム北宇治高校吹奏楽部へようこそ』)、 監督:石原立也、シリーズ構成:花田十輝、キャラクターデザイン:池田晶子、シリーズ演出:山田尚子、美術監督:篠原睦雄、色彩設計:竹田明代、楽器設定:髙橋博行、撮影監督:髙尾一也、音響監督:鶴岡陽太、音楽:松田彬人

このアニメの類似作品

この頃(2015年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ