当サイトはアリフィエイト広告を利用しています

「櫻子さんの足下には死体が埋まっている(TVアニメ動画)」

総合得点
70.1
感想・評価
934
棚に入れた
4973
ランキング
1618
★★★★☆ 3.6 (934)
物語
3.6
作画
3.8
声優
3.6
音楽
3.5
キャラ
3.5

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

櫻子さんの足下には死体が埋まっているの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

メタルジャスティス さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

良質な佳作、かもしれないが個人的には好き

個性的なキャラ設定を軸に地方都市を舞台にしたミステリー。
ヒロインの櫻子さんは骨を愛する標本師で性格は独善的かつその辺りを中和させるかのように甘いもの好き、作中のセリフを借りれば味覚が子供。
その他のキャラクターについては記号的。
後はキャラ特性にあった事件なり出来事があれば一通りの作品になる。
実際、シリーズ累計150万部らしいので大したものである。
個人的には気に入ったし、2期も観たいと思うが、原作が完結してかなり時間が経つにも関わらず、音沙汰がないのは押して知るべしといったところなのだろう。

数日をかけて視聴したが、先を知りたいという引力に乏しい感は否めない。
いわゆる縦糸横糸で、背景に櫻子さんの叔父から連なる因縁の相手の存在が徐々に明らかになっていくが……。
話題の作品をアニメ化!且つ改変、先バレ無しでプロモーション展開という点では成功例だったのかもしれない。
そのへんを確認するために原作を読もうと思います。

投稿 : 2024/02/03
閲覧 : 59
サンキュー:

5

Witch さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

制作スタッフは健闘も・・・そもそも扱いづらい素材?!/2023/6/4原作読了分追記

【レビューNo.17】(初回登録:2023/1/9)
小説原作の2015年作品。全12話。
「骨から真実を解明していく」ということで、アメリカの人気ドラマ「BONES」とのコラボも話題と
なり、個人的には結構期待していた作品です。

(ストーリー)
犬も歩けば骨に当たる。
「骨」を愛してやまない標本士の櫻子と高校生正太郎は、行く先々で骨にまつわる事件に遭遇する。
検視官としての技能と明晰な頭脳を持つ櫻子が残された骨から読み解く真実とは・・・

(評 価)
・BONESとは全く別物
 「骨から真実を解明していく」
 同じコンセプトでも、BONESの方は骨を分析する過程、骨を洗浄・注意深く観察する様やCGを駆使
 しての顔復元やシミュレーション等「サイエンス」をしっかり魅せることで、ビジュアルとして非常に
 見応えがある出来映えとなっているのですが、本作の方は主人公櫻子さんの鋭い観察眼と豊富な知識
 から導きだした答えをひたすら説明していくというスタイルなので、「骨の分析」という作品の見せ
 場にビジュアルとしての面白さがないんですよね。
 でも推理の理論展開等、内容自体はなかなか面白いです。

・キャラの魅力が描けていない
 BONESにない魅力といえば、その先にあるそこに残された「思いを汲み取り」、そのメッセージを
 受け取った残された者が救われるという美しさが日本人好みに描かれている点ですが、これも結局
 櫻子さんの深い洞察力により彼女が全部語ってしまうので、なんだかなあって感じなんですよね。
 櫻子さんが全部やっちゃうから、基本登場人物がストーリーを進めるための駒になってしまっている
 感じです。そうなると櫻子さんとの絡みもあまり面白さがないから、結局桜子さんの魅力も引き出し
 切れないって悪循環に陥っているように感じました。

・そもそも原作に問題が・・・
 一応原作も読んだのですが、そもそも原作に明確な基軸が見えてこないというか・・・
 ミステリーをベースにいろいろ描きたいんだろうなってのは伝わってくるのですが。
 日常的な会話の積み重ね等作品全体を通してようやく櫻子さんという人間の魅力等が見えてくると
 いう感じなので、アニメの尺でやるにはちと厳しい印象です。
 例えば櫻子さんは骨のことと明晰な頭脳以外は結構ポンコツなんですが、アニメではそういうおちゃ
 めな部分や、本作では重要な相棒・正太郎との本当の関係性(彼に投影している彼女のトラウマ的な
 部分)なんかもほぼ描けていないですし。
 それに原作はもっと「骨骨感」(笑)があるのですが、やっぱり構成上カットもやむなしで。
 アニメ1クールの中でいい作品を作ろうとすれば、やはり「尖った何か」がないと苦しいのかなっと。
 本作のウリである「骨の分析」を前面に出して独自色を出したいが、ビジュアルとしての面白さがな
 いので使いづらい、さりとてヒューマンドラマ重視にすれば他の作品の中に埋没してしまう。
 正直制作スタッフも苦労したんじゃないかなあって。知らんけどw

「『骨』を題材にしたミステリーとそこから生まれるヒューマンドラマ」
上述の通り原作がちと扱いづらい素材なので、ストーリー優先で制作スタッフは上手くまとめてくれた
なという印象です。ただ少し辛口の言い方をすれば、
「ビジュアル付の親切な『ドラマCD』」
って感じで、「アニメーション」としての面白さは二の次になってしまった感はありますね。
作画等は綺麗なのでその点は勿体なかったですね。
でも推理やヒューマンドラマの内容はなかなか面白いです。
一風変わったミステリーものとしてストーリー重視の方なら、問題なく楽しめると思います。

(2023/6/4追記)
原作読了したのは1年程前なのですが、他作品で原作読了ネタを追記したので。
上がり目としては、正太郎のクラスメイト「阿世知蘭香」位ですかね。ゴスロリテイストではっきり
とした物言いをする女の子で、おとなし目のキャラが多い本作では貴重な存在で、彼女が出てくる
シーンは面白いです。
でも全体的には、「花房」との対決以外はテーマ性の薄さは変わらず、途中からは正直惰性で読んで
た感じですね。その花房も結局・・・という感じで期待外れ、アニメ化された「蝶は十一月に消えた」
で終わっておいて正解だったかなっと。
(全18巻でアニメ化は4巻まで)

投稿 : 2023/06/04
閲覧 : 390
サンキュー:

12

ネタバレ

天地人Ⅱ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

続私的アニメ感想簿48

櫻子
「さあ、ネタを書こうじゃないか」
なんか、セリフが違うような気もしますが(汗)

それはそうと、推理物にはやっぱり定番のセリフが似合いますね。
シャーロックホームズのワトソン博士のように、このアニメも正太郎という一般人の目を通して、櫻子さんという異能の人物が事件を解決(?)していく展開のようで、その試みは上手くいったと思います。
正太郎のような年齢の場合、櫻子さんのような美人(性格に難があっても)がいればその魅力の虜になるのはしょうがないですね(苦笑)
同級生の鴻上百合子もカワイイんですけど、多分、正太郎の視界に入ってないというのが・・・もったいない、ぜひ自分が(ちょっと、まて)
まあ、櫻子さんには婚約者がいるから、あくまで正太郎のとっては憧れという事なんでしょうけど・・・

物語自体はラスボスである花房との対決は描かれず(というか、原作未読ですが多分決着がついてないんでしょうね)続編を期待させるような終わり方でした。
最終回なんですが、出会いの部分はもっと前に描いて、もう少し花房を登場させて、あのラストのセリフのやりとりに持っていけば、個人的にはもっと盛り上がったんじゃないかと思いました。
もちろん、あの最終回自体、あれはあれで良かったです(あくまで個人的な感想ですよ)が、あれだと2期を期待してしまいます、というかやって欲しいですね。

・・・って、2015年12月にアニメが放送終了してから、既に7年の歳月が
(こりゃあ、2期無理ですかね 涙)

投稿 : 2023/01/16
閲覧 : 183
サンキュー:

11

ネタバレ

shino さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

あの世に持っていけるもの

TROYCA制作。

舞台は北海道旭川市、
風光明媚な描写が美しい。
過去に生きた人たちを愛しむ人がいる。
九条櫻子である、
良家のお嬢様にして骨愛ずる姫君。
単話形式で送る秀逸なサスペンスドラマ。

生きた証としての骨、
語らない骨が教えてくれるもの。
犯人探しが目的ではなく、
その骨に関係する人たちの、
心理描写や環境設定に主軸を置き、
心温まるエピソードも多い。
作画も終始素晴らしかったですね。
お薦めは夏に眠る骨/お祖母ちゃんのプリン。

死に際してあの世に持っていけるもの。
{netabare}それは誰かを愛した記憶、
大切に想い、大切に想われた記憶、
そして共に過ごした時間であろう。{/netabare}

食物連鎖の大きな生命の輪の中で、
私たちは支え合って生きているのだ。

投稿 : 2023/01/09
閲覧 : 1055
サンキュー:

64

nobody さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

面白い

良い推理アニメ

投稿 : 2022/08/09
閲覧 : 170
サンキュー:

1

しーん さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

全12話、骨マニア、推理

投稿 : 2022/05/12
閲覧 : 198
サンキュー:

0

ネタバレ

リタ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

価値観が変わった

今まではどちらかというと、死体や骨というものに恐怖心や避けて通りたい気持がずっとあった。
特に日本ではそういったものはなるべく表に出てこないからかな。
なるべく関わらないように、意識しないようにきていた。
でも災害や戦争等で、わりと身近になる可能性も今後ある。

そんな時このアニメを観たら考えが変わった。
遺体や骨を詳しく調べる事で、真実が見えてきてもしかしたら残された人達の救いになる事実が分かるかも知れない可能性や、肉体が消失しても骨だけは残るという神秘さ、尊さなど、考えされられる事が多々ある中々面白いアニメだった。

こういったテーマはとても個人差があるから、どの人の心に反応するか難しいけども、自分はもっと若い頃だと苦手だったんだけど、今ならちゃんと見る事が出来た。

投稿 : 2022/03/26
閲覧 : 253
サンキュー:

5

nyaro さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

本格探偵推理のシリーズものはキャラ萌えが重要ですが…うーん。

 原作は数巻、途中まで読んで放ってあると思います。推理小説好きなのでちょっと長いレビューです。謎とストーリーそのものはネタバレになるので一切触れていません。

 推理小説には社会問題を事件を通じて描く社会派と殺人事件の推理のプロセスに重点を置いた本格派の大きな2つの分類があります。詳しい分類の説明は他に譲るとして、本作は大きく分ければ本格派になると思います。
 
 本格派の特徴として、まず謎を探偵が推理によって解き明かすプロセスですね。フェアに謎と証拠が提示されて、読者側が推理しようと思えばきちんと犯人を当てられることにこだわります。

 本格派推理では、素人探偵が殺人事件の犯人を特定する、というストーリーが大きな魅力になります。一方、現代日本の科学捜査において本来探偵の出る幕などどこにもありません。ですので、素人探偵が事件に介入する舞台づくりに作家は腐心します。

 推理を読み慣れていない人には荒唐無稽感が強いと思います。なんで通報しないの?なんでそんなに事件に遭遇するのという不自然さが特にシリーズものにはあります。まあ、コナン君を見てればわかると思いますが。

 素人探偵ものの読書法として、警察の不在と不自然な探偵の介入の部分はスルーする、という作法が必要になります。

 親戚や親が警察官のエライさんとかの人間関係、法医学者や記者、弁護士等々の職業などでその舞台づくりをするケースとシチュエーションで事件に介入することもあります。
 場所で警察を遮断することもあります。クローズドサークル(雪の山荘や嵐の孤島)、旧家の遺産相続等で警察には秘密に…ですね。

 そして、推理のシリーズものの魅力として、探偵またはアシスタントへのキャラ萌えが必要です。アニメだとシリーズ全部が見られませんが、すべてがFになるの犀川と西之園、姑獲鳥の夏の中禅寺と関口などです。シリーズがかなり網羅されている氷菓なら折木と千反田などですね。
 これらは事件の雰囲気や謎、その推理のプロセスや舞台設定を楽しむことはもちろんですが、なんといってもキャラの活躍がシリーズの大きな魅力になっています。

 という前提条件で言うと、本作です。事件の関わりとして、骨格標本の研究者という設定、そして舞台は北海道の原野や広く古い建物などです。そこに櫻子さんの性格を付け加えることで、事件への介入の理屈と推理小説の雰囲気づくりという点では良いのではないでしょうか。

 骨というのは不吉で死のイメージがありますし、ゴシックホラー的な映像もなかなか良いと思います。そして真の犯人的な存在と骨にまつわる謎の解決というシリーズを通じてのテーマにもなっています。という点で、設定やキャラ作りという点においては良いと思います。

 ただ、です。キャラに萌えられないんですよね。櫻子さんの天才性に愛嬌がないんですよね。いわゆる弱点的なところが見えてこないので人間性が描写されない。設定に負けている感じが非常に強いです。デザインも普通の黒髪美人だし。で、アシスタント役である主人公との関係性に絆があるようで、ここが曖昧なんですよね。

 また、天才性についても骨から抜け出せていないので、謎ときの証拠が骨なんですよね。骨の知識以外がありません。もちろんキャラが良ければおぎなえるのですが、先ほども言ったように櫻子さんのキャラ自体の魅力が薄いです。ですので、謎解きを一緒にしようという気にもなりませんし、謎解きから得られるカタルシスが少ないです。

 ラノベ的な感じの原作からも、探偵としてのキャラ萌えと同時に感情移入するアシスタントの主人公との何かの関係性が必要かと思います。一応表現されていますが、うーん…弱いですね。なんかセリフだけです。共感できませんでした。

 ヒューマンドラマがあるのでその点ではいろいろあると思いますが、推理でやるなら推理としての出来の良さが前提です。その点でいえばハルチカと同じでかえってノイズになっている気がします。
(本格推理ではないですが、文学少女と良く比較してしまいます。あちらは荒唐無稽ですけど、ヒロインと主人公に萌えられました)

 以上の点から、初めは惹きつけられます。でも、後が続きません。要するに飽きます。そして一番のポイントになる10話、11話ですけど…うーん。これはまあ良く考えたんでしょうけど、モリアーティ登場でおしまい?なんか感情的にエモい12話で何かを補おうといしたんでしょうけど。


 総評。雰囲気はいい。不自然さも本格推理の範疇におさまっている。キャラ設定も悪くないです。でも、シリーズものとして、謎が単調な上にキャラに萌えられません。で、シリーズものの最後の手段、シリーズを通じた超強敵を出されても…うーん。
 

 

投稿 : 2022/03/20
閲覧 : 352
サンキュー:

10

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

推理アニメだけどちょっといいおはなし

あらすじはあにこれのを見てね☆


絵はきれい☆

おはなしは
死体とか出てちょっとこわい感じなのに
櫻子さんの性格がが子どもっぽくってコメディみたい。。

でも
櫻子さんは死体とか骨のことよく知ってて
推理は当たってそう。。


1話目
{netabare}
美人のお嬢さまだけど
死んだものにしかあんまり関心がない櫻子さんって
変わってるよね。。

骨とか好きって何となく暗い感じなのかなって思ってたら
骨のこととかはよく知ってるけど
ぜんぜん子どもみたいでおかしかったw


骨のこととかだけじゃなくってひもの結び方までよく知ってて
いろんな事教えてくれたけど
へー。。って思ってるうちに終わっちゃった


あと
前半に出てきたお友だちと女子は
おはなしにあんまり関係ないのかな?
ラブコメみたくなるのかな?って思ってたら
ぜんぜん出てこなかったけど。。
{/netabare}

2話目
{netabare}
前半は迷子が見つかって
櫻子さんがその子の腕が曲がってるの見つけて
お医者さんに聞き込みしたけど分からなかって

けっきょく名まえが分かったのは
1話で出てきた同級生の子が知ってたから。。って
推理はあんまり関係なかったみたい。。


迷子の持ってたぬいぐるみにあれだけ血がついてたんだったら
大事件になってるかも?って
TVのニュースとかで探してもらったりとかできなかったのかな?

あと
警察がもっとさわいでてもおかしくなさそう。。


後半は
迷子の家でその子のお母さんの死体を見つけるおはなしで


ボトル見つけてやっとほかに赤ちゃんがいるって分かったとか
推理があんまり役に立ってなさそう。。


でも
死体にしか関心ない櫻子さんが
お母さんの死体をほおって(ほんとに!)
赤ちゃんを助けようとしたところでなみだが出てきちゃった。。


こわれちゃってるお父さんがおそってきたりのところは
1話の中にムリヤリ入れたみたいでちょっと急ぎすぎたかも。。

だけど
そのおはなしがあって正太郎クンを心配したり
名まえまちがえて
櫻子さんにはきっと死んだ弟がいたのかなぁ。。って

あと
さいごに櫻子さんがモブの人たち見てたけど
何かの伏線だったのかな?
{/netabare}

3話目
{netabare}
当麻鍾乳洞に出かけた正太郎クンと櫻子さんは
山で骨になったおばあさんの死体を発見したの

その骨は鴻上百合子さん(いつもの同級生の子)のおばあさんので
おじいさんの介護に疲れて自殺したのかも。。

それで
おばあちゃんのことで責任を感じてる百合子は
櫻子さんにおばあさんの見つかったところに連れて行ってほしいって。。

☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~♰☠~♰~☠~♰~☠~♰

介護の大変なことってよく分からなかったけど
おばあちゃんが山に死にに行ったんじゃなくって
おじいさんと生きるために行ったんだって
櫻子さんが推理してくれてよかった☆

あと
このアニメって景色がほんとにきれい☆
{/netabare}

4話目「呪われた男 前編」
{netabare}
自分が呪われてるって思ってて
親戚家族が早死にしてるとか
呪われた犬を飼ってたりする男の人(藤岡さん)って
ちょっと気もち悪いおはなし。。


自分の死んだ家族のことくわしく調べてたり
さいごに櫻子さんが
「呪われた絵をかざってるだろう?」
って藤岡さんに聞いたときにゃんは思ったけど
何だか藤岡さんって
みんなに自分が呪われてるって信じさせようってしてるみたい。。って

それからケーキを取りに行ってるとちゅうで
顔の見えない男の人に会って
「ご助言どおりに。。」って言ってたのもあやしかった。。


櫻子さんが今日出たおはなしだけで推理したんだったら
20分くらいのおはなしの中にヒントがあったはずだから
もしかして藤岡さんって
保険金サギとかしようってしてない?

死んだふりしてどこかにかくれて
みんなに死んだって思わせようとか
自殺なのに事故で。。とか思わせようって。。


たった20分くらいのおはなしで
そんなにたくさんのこと出てこなかったから
もしかして
株の取引きで失敗してとかで計画したのかも?


それから終物語を見てて思った
(終物語のネタバレがあるからかくしておくね)
{netabare}老倉さんは阿良々木クンのお父さんが警察だって知ってて
阿良々木クンを家に呼んだ。。みたいなおはなしがあったけど

このおはなしも呼ばれたのは警察のお友だち(内海さん)だけで
(後櫻子さんと正太郎クンもついてきたけど)
それも中学からずっと会ってなかった。。って

会ってから2カ月くらいで
家も知らない友だちに奥さんと子どもをたのむとかって
ほかに仲がよかったお友だちとか親戚とかいそうなのに
警察の人だから呪いのこと信じさせたいのかも?{/netabare}


それで
藤岡さんが事故に見せかけて自殺とかしても
保険金が奥さんたちに来るようにとか?


もしかしたらぜんぜんちがかったりしてw
来週が楽しみ☆
{/netabare}

5話目
{netabare}
絵の毒のことは分からなかったけど
藤岡さんが株で失敗して保険金サギってゆうのは
にゃんが思ったとおりだった
当たってちょっとうれしい^^


おはなしは
奥さんがとってもいい人で
内海さんも
だまされてたのに一生けんめいになってくれて
ちょっとうるうるって。。


このおはなしは終ったみたいだけど
藤岡さんが相談してた人は藤岡さんのこと呪ってたのかな?
さいごのバーベキューの時
櫻子さんは気にしてたみたいだったけど

あと
正太郎クンのこと見て「もう少しくらいは。。」って?
{/netabare}

6話目
{netabare}
百合子は旭橋に友だちと花火を見に来てはぐれて
橋で川に封筒を投げ捨てようってしてる女の人を見つけたの

急に風がふいてちょっと目をはなしたら
その人は消えて橋の柵の下のほうにその封筒が落ちてて

たまたま生徒たちを見張り(?)に来てた磯崎先生に会って相談したら
中に入ってたのはダイヤみたいな指輪と
「ごめんなさい
 あの人のもとへゆく私を
 許してください。」ってゆう手紙。。

その手紙を遺書だって思った百合子は
櫻子さんに相談しようってしたけどだめで
いやがる先生といっしょにその女の人をさがすことに。。

☠~♡~☠~♡~☠~♡~☠~♡~☠~♡~☠~♡~☠~♡~☠~♡~☠~♡~☠~♡~☠~♡~☠

にゃんははじめから遺書じゃないって思った。。

だって遺書だったら橋において川に飛びおりるとかだし
捨てようってしてたんだったら
自殺をやめようってしてたと思うから。。


でも櫻子さんが
その指輪って死んだ人の骨を加工して形見にしたものって気がついて
なんだかその女の人のドラマが見えるみたいだった。。


好きになった人がまた現れて
また結婚しようしてるのかな?
それで
死んだ旦那さん(骨を持ってたんだからたぶん旦那さん?)に
お別れしに来た。。

お祭りみたいなときにわざと捨てに来たんだから
もしかして
お祭りで知り合ったとか
2人で毎年お祭りに来たとかだったのかも。。

それとも
好きになった人とお祭りに来て
彼に橋の下で待っててもらって
前の人にあやまろうって思って来たとかなのかなぁ?


。。その女の人が
こんどは幸せになれるといいね☆
{/netabare}

7話目
{netabare}
櫻子さんが正太郎クンの学校の文化祭に来た!?
でも
目的は生物室の骨格標本だったみたい^^

それを磯崎先生に見つかって
前任の先生が残していった標本とかの整理を手伝うことに。。

そこで
火葬された人の骨が見つかって。。

◤◢◤◢立入禁止◤◢◤◢KEEP OUT◤◢◤◢立入禁止◤◢◤◢KEEP OUT◤◢◤◢立入禁止◤◢◤◢

今週はいろいろナゾが多かったみたい。。


☆前任の先生がそばに置いてた人の骨。。どうして?
☆警察から帰ってきた骨格標本の中にネコの骨がなかった。。
 櫻子さんが持ってった?


それからおわりの方で

櫻子さんが入院中の元法医学者のおじさんから
未解決事件ファイルを借りることに。。

☆櫻子さんが気になって調べたい事件。。って?
☆なくなったネコの骨と何か関係あるのかな?
☆「あの日も雨だった」のあの日って調べたい事件が起きた日?
☆もしかして死んだ弟のことも関係あったりして?
{/netabare}

8話目
{netabare}
正太郎クンは遺品を返すために
櫻子さんの車で先生のお姉さんのところに行ったの


お姉さんはおばあさんになってて
佐々木先生がそばに置いてた骨の持ち主の夏子さんの話をしてくれて
遺品の中に
夏子さんが生んだ赤ちゃんの骨があると思ってたって。。

それでその子の骨を
夏子さんといっしょの佐々木家のお墓に入れてあげたいって。。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今週は推理がいろいろあった

☆赤ちゃんの骨を見つけたのは推理ってゆうかカンかも?

☆夏子さんが産んですぐ死体ををすてに行ったってゆう話と
うまってた足の骨を見て
赤ちゃんはお姉さんが産んだって。。

☆佐々木先生が
骨をそばに置くくらい愛してた夏子さんと恋人にならなかったわけ

佐々木先生は夏子のこと
お母さんがちがう兄妹だって思ってたから。。

☆正太郎クンの推理で
櫻子さんの「真実はいつも1つであるとは限らない。。」を聞いて。。
ネコの骨を盗んだわけと
櫻子さんが正太郎クンの学校の卒業生だったって。。

「真実はいつも一つ」は名探偵コナンがよく言ってて
「正解はひとつ!じゃない!!」は「ミルキィホームズ」のOP^^

にゃんは
真実とか正解って1つだけど
ほかの人はそう思わないだけなのかなぁ。。みたく思ってたけど
今日のおはなし見てイミが分かったみたい^^

正解が1つじゃないのって
質問が1つじゃないからだって。。

遺品の骨から。。
櫻子さんは佐々木先生の家のヒミツってゆう答えを出して
正太郎クンは櫻子さんのヒミツってゆう答え。。

これって
同じものを見たのに質問がちがったから
正解が2つあるってゆうことだよね?
もっと別の質問があったらもっと別の答えもあるのかも?


あと
お姉さんに昔の写真を返してあげて
おばあさんが少女に戻って
死にかけてた夏子さんの気もちを思って泣いちゃうところ
うるうるしちゃった。。


さいごに櫻子さんはおじさんの病室で
「。。事実を知りたいだけです」って言ってたけど
ネコを殺した毒のことと関係あるのかな?
{/netabare}

9話目
{netabare}
今週はおばあちゃんのおはなし。。


前半は百合子のおばあちゃん

おばあちゃんの月命日に
百合子が結婚するとき絵を1枚あげるって言ってくれたの思い出して
その絵がどれかって遺品を櫻子さんに見せて推理してもらったの


櫻子さんは
3枚の絵を選んで
絵の意味をいろいろ話してくれたけど
どれがその1枚かは分からなくって。。

でも
櫻子さんがその絵がどれか分からないのは
櫻子さんは百合子じゃないから。。

----------------キリトリセン----------------

自分の喜ぶのがおばあちゃんのしあわせで
おばちゃんが喜ぶのが自分の喜び。。
おたがいに相手を思いやって年を重ねたやさしい感情
それが愛情で。。

櫻子さんは分からないけど
おばあちゃんと何年もやさしい時間をすごした百合子だけは
それが分かるのかも。。

そうゆう相手が家族なのかな?


ஐღஐღஐღஐღஐღஐღஐღஐღஐღஐღஐღஐღஐღஐღஐღஐღஐღஐღஐღஐღஐღ


後半は正太郎クンのおばあさん

正太郎クンのおばあさんはガンで死んじゃったんだけど
お見舞いに行くとき
いつも正太郎クンの家の近くの「ひよこプリン」をたのんだんだって

おばあちゃんは
そんなにプリンが好きじゃなかったのに
どうしてお見舞いの時「ひよこプリン」をたのんだのかな?って


正太郎クンの疑問に答えてくれたのは
櫻子さんの家のメイドのばあやさん。。

理由は
百合子のおばあさんの時と似てたかも?
正太郎クンに喜んでもらいたかったんだね☆


あと
正太郎クンが帰ってから櫻子さんとばあやさんに話しかけて
ばあやさんが
「あの方は正太郎お坊ちゃんです」って。。
正太郎クンってそんなに櫻子さんの弟に似てるのかな?

それから
いつもクールなことばっかりゆう櫻子さんが
ばあやさんを大事に思ってるところもあった^^


さいごに「ひとえ」ってゆう女の子出て来たけど
来週のお知らせの代わりだったのかな
{/netabare}

10話目
{netabare}
はじめの方はあんまり事件と関係なかったみたいだけど
「クロヒカゲ」ってゆう蝶が死体に集まるってゆうおはなしかな?


事件は
磯崎先生の教え子だった卒業生の女子(一重)が行方不明になったって
親から先生のところに相談があって
櫻子さんと正太郎クンもいっしょに向かったの


高校の時
一重には2人の中のいいお友だちがいて
二葉ってゆう子が高校の時行方不明になったまま。。
もう1人は三奈美ってゆう子だったんだけど
そのあと仲が悪くなって卒業してから会ってないみたい。。


それで
三奈美を探して行ってみたら
一重は絵のモデルのバイトをしてたみたい。。

でも
三奈美は他にも何か知ってて隠してそう。。

◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢

クロヒカゲの絵って
4話目のおはなしにも出てたし似た感じだった
それから画家の人も何となく似てたみたい。。

アニメの
「PSYCHO-PASS サイコパス」と「乱歩奇譚 Game of Laplace」に
連続殺人犯が芸術家ってあったみたい

今回のおはなしもそんな感じなのかな?


一重と三奈美の仲が悪くなった原因って
おなじ画家の人を好きになったからだよね?

その人が4話の時に人を自殺させようってしてた人だったら
行方不明の二葉もこんどの一重も危ないかも。。
それでその画家は
今までのいろんな未解決の事件にも関係ありそう。。

来週は
そんなおはなしになるのかな?

正太郎クンが朝食に呼ばれたわけも気になるね☆
{/netabare}

11話目
{netabare}
三奈美の心当たりのある場所にみんなで行って
クロヒカゲにかこまれた一重を発見
まだ生きてた☆
でも近くの土の中から二葉(たぶん)の骨が出てきたの。。

☠~♡~☠~♡~☠~♡~☠~♡~☠~♡~☠~♡~☠~♡~☠~♡~☠~♡~☠~♡~☠

櫻子さんが骨が二葉のだって言ってから
埋めたのが一重と三奈美だって分かって
自殺だって言ってたのに一重がしめ殺したって。。
それで親友だった二人が言い争って

とってもこわくって悲しいおはなしで
にゃんは見ながら泣いちゃった。。

それで
事件は櫻子さんが追いかけてる事件の
ラスボスみたいな人がしかけてるみたいだって分かって

櫻子さんが三奈美の気もちを考えないでばかにして
刺されそうになったところを
正太郎クンが身代わりになってかばってくれて助かった。。


でも
ラスボスの画家のハナブサってゆう人は
もう櫻子さんと正太郎クンに気づいてて
いつおそわれるか分からないみたい。。


それで櫻子さんは正太郎クンとお別れだって。。
これからどうなるんだろう?
{/netabare}

12話目
{netabare}
正太郎クンと櫻子さんがはじめて会った頃のおはなし

おととしのこと
正太郎クンは
おばあさんの家に行くとちゅうにある古いお屋敷で
きれいなお姉さんを見かけて気にしてたんだけど
その人は動物の死体とか集めてたりうら庭で骨を煮てたり。。

ある晩
近所の認知症のおばあさんが行方不明になって探してた時
その人とおばあさんがいっしょのところを見かけて。。

☠~♡~☠~♡~☠~♡~☠~♡~☠~♡~☠~♡~☠~♡~☠~♡~☠~♡~☠~♡~☠

そんなことであやしんで警察に通報しちゃった正太郎クンって
まだ中学生だったんだね。。


それから誤解がとけてその人(もちろん櫻子さん)といっしょに
おばあさんがさがしてた神社を見つけて
桜の木の下から死体まで見つけちゃった。。

桜の木の下には死体がうまってるってゆうけど
それって推理じゃないよね?
だってそれだったらお花見の公園とか百人以上うまってるハズw
(って考えてたらちょっとコワくなっちゃった^^;)


でも
子どものころお父さんを殺しちゃったこと
おばあさんになってもまだ忘れられないって
悲しくって苦しかったよね。。
なみだがにじんできちゃった


それからさいごは
正太郎クンと櫻子さんがまた2人でハナブサと。。
ってどっかで聞いたことあったみたい?

あー分かった^^
なんだか怪人二十面相と推理で戦う明智探偵と小林くんみたいかも?
{/netabare}


見おわって


みんなの話とか残った骨とかから
櫻子さんが会ったこともない人の思いとかを
いっしょにいた人たちも気がつかなかったことまで
引っぱり出してくるおはなしみたい。。

見てる人がいっしょに考える推理モノって思って見たら
ちょっとがっかりしちゃうかも?

でも
ちょっといいおはなしとか
悲しいおはなしとかのドラマが好きだったらいいかも?

投稿 : 2022/02/22
閲覧 : 1237
サンキュー:

127

かとー さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

人を選ぶアニメ

特殊なアニメ。

絵は綺麗。めちゃくちゃ面白いようにも感じたし、退屈にも感じた。完結はせず、途中で終わります。

人を選びそう。
俺はアリなアニメだと思いました。

投稿 : 2022/01/19
閲覧 : 274
サンキュー:

2

hiyama さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

面白い。ただキャラクターの描き方に違和感

蝶形骨の話を最初の方に出して置いて、そこからマストとなる展開に絡めていくなど作り方は丁寧だし、ストーリーは十分に楽しめる内容。
骨や死体に関する知識を上手く物語に落とし込んで組み立てていて、謎が解決されるパートも不自然さを感じさせない。

当時の物語の方向性故か、それとも単に作者が描きたかった物なのかわからないが、この内容なら変に大きな犯罪に繋げていく必要性は薄いように思えるがそこは好みの問題で済ませられる。


ただ…全体的にキャラクターの描き方が気になる部分が多かった。

主人公の振舞いに変なあざとさを感じたり(特に一話目の海岸のシーンなど)、櫻子の態度に多面性という言葉では表せないブレがあるように思えた。

他人への配慮が欠落したキャラクターのように振る舞っているのに、一方で機微に聡い様子も見せる。
普段の振舞がある種の演技というかペルソナ的な物であるなら納得できるが、素でやっているならちょっとキャラクターに一貫性が欠けている気がした。

2人以外のキャラクターについても違和感を覚える部分は少なからずある。


また警察(鑑識)が無能に描かれ過ぎているのもちょっと残念。

物語的と言えばそうだし、現実に警察が必ずしも有能というわけではないにしろ、流石に気付いて然るべき点まで櫻子に指摘されるまで気付けないというのは多少行き過ぎているきらいがあった。


とはいえ…面白いのは間違いない。
個人的に違和感を感じる部分があったのは確かだが、それはそれで作品としての個性や持ち味とも言える。

作画も全体を通して良かったし、総じて良く出来た作品だった。

マストとなる話に解決が見えないまま終わったのは惜しいが、それぞれのエピソード自体はキチンと畳んでいるし、綺麗に終わらせるには最終話をああいった形にするのもうなずける。

投稿 : 2022/01/09
閲覧 : 233
サンキュー:

1

テングタケ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

クールビューティー櫻子さんが魅力的

タイトルの通りです。
特別凄いトリックとか大事件はありませんが、
手堅く丁寧に作られた作品です。
旭川という関東人から見れば異郷の地が魅力的に描写されています。
櫻子さんの過去とかラスボスとか、肝心なストーリーが進まないまま
終わってしまいましたが、まあ尺の都合上仕方ないところでしょう。

ここからは独り言ですが、圧倒的にエロスが足りません。
EDではスッポンポンの櫻子さんですが、本編でもサービスして欲しいです。

投稿 : 2021/08/27
閲覧 : 235
サンキュー:

3

ネタバレ

あーちゃん さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

テンポはいいと思います

1~2話くらいは、テンポがよく、櫻子さんが骨から情報を読み取っていくのが面白い。

櫻子さんが観察眼や豊富な知識を用いて、登場人物のエピソードを語っていく形。必ずしも人の死があるわけでなく、骨も全くない話もある。

ところどころ説明がなく、「ん?都合よくない?」と思うところもあるが、さほど気にならない。

ただ、状況を整理してから謎解きに入る形ではないので、視聴しながら一緒に推理できる感じではない(できる話もあるけど)。

投稿 : 2021/04/02
閲覧 : 288
サンキュー:

3

ねるる さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.6
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 1.5 状態:観終わった

キャラ立ちが薄すぎた…

ざっというと日本的な薄暗いサスペンスホラーアニメ。

基本は1話完結型で進んでいく。特に可も不可もなく面白みもあまりない。ほの暗くゆっくりと進むので、長くて見てて疲れる。後半の話からは面白くなるかも!っと思ったが期待は裏切られた。
1番良くないのは最終回。

キャラクターも主人公の気持ちがよく分からなかった。櫻子さんと主人公の繋がりの強さがイマイチ伝わらなかった。残念。

主人公が榎木くんという事で、後半どんな主人公に化けるのかな?と期待してたが、化けることなく謎のまま終わってしまった…。残念。

原作が小説ということで、もしかしたら文字で読む方が伝わる作品なのかもと思った。アニメ的には本当に微妙。2期あっても期待はしないかな。

投稿 : 2021/02/12
閲覧 : 333
サンキュー:

3

ネタバレ

xwTza00790 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

骨大好きフリスキー

ミステリです。
骨が語るという意味ではなるほどなと思わせられる話です。変人はギャグアニメでもない限り、何かしらのパンドラの箱を持っている設定が多いなと感じました。

人としてはおぞましいと思うのかもしれませんが、クロヒカゲの生態は興味を引きます。昔の話でカラスの死体を見たことがない。七不思議である!とTVで話題になったんですが、結果共食いされてるんだろうと、自然の摂理ってやつなんだなと。

ミステリとは言いますが、一緒に考えるという感じではありません。文庫は違うのかもしれませんが。

事件が起きる率はコナン君よりは少ないでしょう。

投稿 : 2020/07/15
閲覧 : 357
サンキュー:

2

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

原作とアニメーションどちらも堅実な作品

まず、シナリオ面で言えば原作の脚本の作り込みが良く、物語をまとめる上でのセリフ回しが回ごとの魅力の作品になっています。しかし、あくまで"まとめる上での"セリフ回しが魅力であるので、フリとなる部分が長く感じてしまうのが短所の作品でもあります。

次に、アニメーションとしての面ですが、これは1話から見ていただければ分かる通り背景美術が綺麗な作品です。このアニメを制作しているTROYCAさんの後の作品『やがて君になる』でも分かる通りの制作会社の良さが出ていると思いました。また、6話においての祭りの背景の人の書き込みにはアニメーターさんの情熱を感じることもできます。

そして、もう一つこのアニメの面白さとして推理物としての側面もありながら、ご当地のアニメとしての側面も持っている部分だと思います。後半に行くにしたがって出てくる『カムイシュ島』、『白山のくくり姫』、『ひよこプリン』等北海道の歴史や特産品を絡めた回もあり、作者さんの北海道への愛も伝わる作品です。

タイトルで触れた通り堅実な作品であるために、面白い作品ではあるものの爆発力に欠ける作品ではあります。そのため円盤の売り上げも芳しくないようです。是非、この作品に対して少しでも面白いと感じたのであれば1枚手にとってみるのも良いかと思います。

投稿 : 2020/07/08
閲覧 : 221
ネタバレ

pop22 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

プチ探偵もの

櫻子さんの足下に死体が埋まっているわけではない。
櫻子さんソシオパス可愛い。

{netabare}最終話、主人公の僕を守って発言はなさけなカッコいいぜ。{/netabare}

脱毛したら俺もモテ天使になれるのか。

投稿 : 2020/06/06
閲覧 : 318
サンキュー:

1

ローズ さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ボーン・トゥー・ビー・ワイルド

九条櫻子と館脇正太郎は増毛の海岸で動物の骨の採集をする。
骨を採集したが、それは人間の頭蓋骨だった。

豊富な知識。
冷静な判断力。
探偵には必須事項です。
あとは周りを納得させる事ができる説得力。
事件は現場で起きている。
後だしジャンケンの探偵業。
事象が起きないと、単なる推察に過ぎません。

1~2話で事象は解決。
櫻子の推理がサクサク進むので、気持ちが良いでしょう。
櫻子のカッコ良さ。
美人である事以外にも魅力があります。
ハッキリと区別をつける性格。
作品の舞台は北海道旭川ですが、江戸っ子気質が見えます。
見ていて気持ちが良いですね。

深淵を覗く者は、深淵に覗かれている。
ラスボスの花房の存在は示唆されていましたが、まだまだ表舞台には立ちません。
骨を繋ぎ合わせる標本士。
最後の骨が繋がった時にラスボスにも手が届くのでしょう。

まだまだ話の途中。
全てが解決していません。
最後のピースを探す地道な作業。
その積み重ねが大切な物なのです。
櫻子VS花房
櫻子の手は届くのか?
花房は表に出るのか?
実写ドラマ化するんだったら、アニメの続編を作ってくれたほうがいいのに。
旅の途中。
途中下車しないで最後までお付き合いください。

投稿 : 2020/06/05
閲覧 : 312
サンキュー:

23

アキラ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

自分用メモ

中の中。
作業用BGMに。内容的には可寄りの可もなく不可もなくって感じ。櫻子さんの声優さん好きだし、一応続き気になるので次あればまた作業用BGMかな。

投稿 : 2020/05/07
閲覧 : 309
サンキュー:

2

レタスの人 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

いい点が多い

多少強引な推理は推理物のお約束だとしても、骨から探る推理ってのもなかなか面白い。はじめてガリレオシリーズ見た時も爆笑したが、あの感情に近い。

櫻子さんも非常に可愛くて飽きないのでキャラ魅力も問題なし。
ただ悪い評価で時折語られているゴム手ハメてる時の凝った演出は凄く臭いので確かに要らない。
拘りとして「真実はいつもひとつ」とか「じっちゃんの名にかけて」みたいな探偵の象徴を入れたかったのかも知れないが、どこでベクトルを誤ったのか、あれでは宛ら魔法少女の変身シーンである。

投稿 : 2020/05/07
閲覧 : 276
サンキュー:

3

ネタバレ

ごる さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

所々良い話はあるけど…

推理系ってのもあるかもしれないですが、各話の盛り上がりは少ないです(´・ω・`)
グロいシーンとかも殆ど無いので、その辺は大丈夫だと思います(-.-)
ラストがこの終わり!?って感じに少年と櫻子さんと別れて終わりますが、エンディングの後でちゃんと再会する演出です(・・;)
そして、黒幕が含みある登場して終わりというスッキリしない後味ww
同級生の女の子のお婆ちゃんの話が良い話でした(;_q)

投稿 : 2020/03/15
閲覧 : 251
サンキュー:

6

ネタバレ

もも さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

過去に囚われたモノたちヘ贈る物語

投稿 : 2020/02/07
閲覧 : 187
サンキュー:

1

ゆき さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

不定期に見返すアニメの1つ

全体的にクオリティの高いアニメだと思います。原作は読んだことないのですが、近々買うつもりです。
放送されていた頃はピンと来ないなと思いつつ、何となく見てたのですが印象的な話が多くて、見直したくなるんですよね。
スルメ系ミステリーアニメなのかも笑
まず、伊藤静さんの演技が好き!
どの作品でも思うけど演技上手だし、声が良い!
凛とした櫻子さんにピッタリの美声です…!
景色など美しく描かれていますし、程よいリアルさと演出が良いのかも。見ていて心地良いというか。
まあ、相性もあるのかもしれませんけど、私はかーなーり!好きなほうです!
続きが気になる謎があって、印象的なシーンも会話もあって、魅力的な2人がメインで、映像も音楽も声も良い、かなり良作の部類だと思うんですよね。
あ、個人的にですが石田さんが演じてる先生がお気に入りキャラです笑
こういうアニメもっと増えろー!!!って常々思います、貴重ってことです。
二期作って欲しいなあ…。

投稿 : 2020/01/28
閲覧 : 267
サンキュー:

4

うぐいす さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

二期も待ち遠しい

タイトルで敬遠していたが観てみるとどことなく「氷菓」に似た雰囲気があり、櫻子さんが事件や問題を解いていく。
推理部分については少し強引なところが目立った。
主人公の櫻子さんへの想いなどはとても微笑ましく、また櫻子さんの主人公を守りたいという気持ちもストレートに表現していて気持ちが良い。
続きがある前提の終わり方なので楽しみに待ちたい。
櫻子さんが素敵だった。

投稿 : 2020/01/18
閲覧 : 301
サンキュー:

5

えたんだーる さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

とりあえずここで終わるしかないよな…

原作(角川文庫刊)はアニメ視聴時に既読。

原作は巻の通し番号がふられていないので、後から既刊分を読もうとすると面倒くさいですね。サブタイトル見ても順番はわからないですし。角川文庫の公式サイトとかで刊行順を確認してから読むと良いです。

2017年4月から(~7月まで?)フジテレビ系列で同タイトルのドラマを放送していますが、あのドラマは登場人物の名前以外の設定はかなり原作から変更されているのであまり本作品を観る参考にはならないと思います。

主人公は櫻子さんの近くにいることで事件に巻き込まれる館脇正太郎(たてわき しょうたろう)くんなのですが、櫻子さんもヒロインというよりは正太郎くんとのW主人公的なポジションです。

ジャンル的には一応「ミステリー」ということなんだと思います。骨格標本士であるところの櫻子さんが、骨や死体に関係する知識によって事件の真相を暴いていきます。つまり職業的には探偵ではないのですが、櫻子さんの作中での役割はほぼ「探偵」ですね。

アニメ化されたのは1~4巻くらいの内容+7巻収録の「アサヒ・ブリッジ・イレギュラーズ」(ただし、作中の季節は原作の冬から夏に変更)です。

それと12話はドンピシャ原作にあたるエピソードはないのですが、内容的には6巻「白から始まる秘密」の再構成みたいな感じですかね。アニメを観てから原作を読むという方は、6巻までを一つの目安とされると良いと思います。

一応1話もしくは前後編で各話が完結する形式になっていますが、原作では3巻ないしは4巻あたりまで読む、あるいはアニメだけを観ていても1~12話通して観ればシリーズとしての大きなストーリーが存在することはわかるかと思われます。

アニメ化にあたっての原作からの大きな変更は1~4巻原作の内容よりも百合子が推されてよりヒロインっぽく描写されている点、原作では準レギュラーっぽい薔子さんが「呪われた男」(後編)以外でスルーされている点、原作を読んだらわかる「在原さん」がアニメではほぼ影も形もない点といったところでしょうか。

あとは警官が出てくる必要があるときには原作では別の警官だった場合でも、アニメでは全部内海さんになっている辺りですかね。ただ内海さんは原作でも5巻以降準レギュラーっぽいのでこれはあんまり気にはならないです。

たぶんシリーズ構成的に12話だとここで終わるしかないという感じの最終回ですが、10~12話あたりまで付き合うと続きはとても気になるかもしれません。

ですが、原作も完結していないのでアニメ化範囲は妥当だったと考えますし、2期目は作りたくてもしばらく作れない気がします。

投稿 : 2019/06/06
閲覧 : 1020
サンキュー:

47

むらさきたましい さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

とても鋭い櫻子さん。面白かったです

あまり皆様の評価は高くないようですが、とても面白かったです。

骨から生前の生態や死因などを推察することができる櫻子さんと、狂言回しを兼ねたその助手の高校生を中心に展開するお話でした。
基本的に、独立した話で構成されますが、登場人物同士の繋がりがどんどん膨らんでいきます。

2期を期待できるお話でした。

投稿 : 2019/06/06
閲覧 : 247
サンキュー:

17

シワーる さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

よくできたストーリー

3つは2話完結、残りは1話完結の謎解きものです。
個々の物語の質は高いと思いました。ホロリとする良い話もあるし。
作画も綺麗で丁寧です。萌え要素がないのも良し。
今のところ2期がないようで残念です。伏線が回収されず途中で終わってしまったという感じなので。それでも、お勧めできる謎解きストーリーだと思います。

投稿 : 2019/03/29
閲覧 : 371
サンキュー:

3

ゆい さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

1話切りになった

1話みてつまらないから1話切り状態になってるけど、みてたらたのしくなるのかなぁ

投稿 : 2019/03/17
閲覧 : 357
サンキュー:

2

三毛猫メリー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

櫻子さん

過去に視聴済み。
視聴後に原作(アニメ部分くらいまで)読了。

旭川が舞台、住んだことはないので
情景があっているのかはわからない。
そこでのミステリーは面白かった。

櫻子さん(婚約者あり)と正太郎の関係が
どうなっていくのか興味あります。
あと変な方言を使っていないところが高評価。
北海道弁知らない人のセリフ聞いてると
「あ、アクセントが・・・ニュアンスが違うwwww」ってなる(笑)

投稿 : 2019/02/15
閲覧 : 315
サンキュー:

9

次の30件を表示

櫻子さんの足下には死体が埋まっているのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
櫻子さんの足下には死体が埋まっているのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

櫻子さんの足下には死体が埋まっているのストーリー・あらすじ

北海道の旭川を舞台に、抜群の美貌とスタイルを持っているのに美しい骨を愛でるのが大好きなお嬢様の九条櫻子と、そんな彼女に振り回される平凡な高校生の館脇正太郎の2人が、骨にまつわる事件にかかわっていく物語。(TVアニメ動画『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2015年秋アニメ
制作会社
TROYCA
主題歌
≪OP≫TRUE『Dear answer』≪ED≫TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND『打ち寄せられた忘却の残響に』

声優・キャラクター

伊藤静、榎木淳弥、今村彩夏、磯辺万沙子、高橋広樹、石田彰、柿原徹也

スタッフ

原作:太田紫織(E★エブリスタ掲載・KADOKAWA角川文庫刊)、キャラクター原案:鉄雄、 監督:加藤誠、副監督:別所誠人、シリーズ構成:伊神貴世、キャラクターデザイン・総作画監督:サトウミチオ、プロップデザイン:小川浩、美術監督:伊藤聖/キムヒョンス、色彩設計:篠原真理子、撮影監督:津田涼介、編集:右山章太、CGディレクター:小林学、音響監督:菅原輝明、音響効果:上野励、音響制作:ダックスプロダクション、音楽:TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND、音楽プロデューサー:吉江輝成、音楽制作:ランティス

このアニメの類似作品

この頃(2015年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ