「BLACK LAGOON The Second Barrage[ブラックラグーン・ザ・セカンドバラージ](TVアニメ動画)」

総合得点
85.1
感想・評価
1706
棚に入れた
9803
ランキング
161
★★★★★ 4.1 (1706)
物語
4.2
作画
4.0
声優
4.0
音楽
4.0
キャラ
4.2
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

KANO

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ハードボイルドの傑作

通期での評価です
ハードボイルドの内容にアニメの良さが融合された傑作だと思います。ある程度の年代の男性にとっては面白いと言う評価に片寄るんでは、無いでしょうか。このジャンルにしては、女性キャラの違和感の無さが更に面白味を増しているのでしょう
このジャンルではこれ以上の作品はもう出来ないかも?ですね

投稿 : 2019/07/31
閲覧 : 27
サンキュー:

1

ロッタ

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

面白かったけどロックみたいな男は嫌い(。-_-。)

ガンで打ちまくるのを見るとスッキリしますねw
ヨルムンガンドもギャングスタも好きだったから
これも楽しめました♪
レビィは好きだったけどロックのせいで弱っちく
なった気がして少し残念でした。
でもバラライカがその分を埋めてくれたから
良かったです♪
なんか私、ロックみたいなキャラ苦手です。
弱いのに正義とか言う人は鼻についちゃいますw
悪になるなら徹底的になりきらなきゃね。
半端な男は嫌いですw
浪川さんとは私、相性が良くないかも(๑˃̵ᴗ˂̵)
面白かったからあっという間に24話見れました。
最近この手の新作がないから寂しいです(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

投稿 : 2019/07/11
閲覧 : 72
サンキュー:

12

たわし(ガガ)

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

アメリカのマフィア映画やアクション映画へのオマージュ

タイトル通り、香港のアクション映画監督ジョンウーや、マフィア映画、カーアクション、ポリス映画などの要素をごった煮にして、日本のオタク向けにヒューチャーした漫画。

ほぼ作者の趣味であろう。

イギリスにスパイ映画のパロディを撮ってるマシューヴォーン(「X-MEN:first class」「KINGSMAN」「KINGSMAN:the golden circle」)が存在するが、ほぼ同じような構造である。40代くらいのオタク監督やマンガ家は自分が観た映画なり漫画なり、気にいった要素を惜しげもなくオマージュやパロディとして使う。

オリジナリティは流石に薄くなるが、多くの映画なり漫画なりを読んできた人間にとってはジグソーパズル的に頭の中であれやこれやと元ネタを組み合わせるのが快感であり、それは日本もしくはアメリカやイギリスも万国共通なのだ。

オタクは世界を股にかけ、世界を飛び越えるグローバルなパワーがあると思う。

投稿 : 2019/05/28
閲覧 : 110
サンキュー:

7

ストックトン

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

1期目が超面白かったので2期目も視聴。
相変わらず戦闘シーンはカッコ良かったんだけど、
なんかどんどん人間離れが顕著になっていってたような。
とくに登場してくる敵キャラ達がツッコミ入れたくなるほど。
とかいうレヴィとかも素立ちのままでマシンガン浴びせられ
続けても弾が当たらないし、拍車がかかっていたりして。
ストーリーは敵キャラのバックボーンが、より色濃く
描かれていたように思う。
大好きなバラライカが絡んできてるのが多かったのですごく満足。
それにロックの重要性が、より一層増してたような。
でも終わり方がちょっと肩透かし食らったような
、えっ!これで終わり?みたいな感じだったのがちょっと不満かな。

投稿 : 2019/05/05
閲覧 : 60
サンキュー:

1

ゆに

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

グレーテルの

声優さんが金田朋子さん
バラエティーではふざけた感じでしか映ってないけど
さすが本職やね!!なかなか気づきませんでした!!

話の内容は言わなくても
分かってくれる人には分かる
はず(笑)

投稿 : 2019/02/22
閲覧 : 76
サンキュー:

0

レイン

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

自分は1期の方が良かった。

原作未読。
他のレビューを読むとDVD版の方が良いらしいが未見。
1期はまあまあでしたが2期はイマイチ。
ストーリーに重みを持たせようとしているのは分かりますが
あまりカッコよくなかった。
銃撃戦もイマイチかな?
全体的に平均かそれより下って感じでした。
ガンアクションものは嫌いじゃないと思っていましたが
1期2期を通じて、この作品はあまり楽しくも感動もしなかった。
ストーリーが平凡に感じたのが原因かな。

投稿 : 2018/12/22
閲覧 : 83
サンキュー:

3

えたんだーる

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

原作 - アニメ対照表(作品内容については1期目レビューをご覧ください)→原作11巻発売により更新

#<原作話数> <原作エピソード名> [TVアニメ #<話数>] <ストーリー関連メモ>
#0 Black Lagoon [TVアニメ #1, #2] 「ロック」誕生
#1 Chase for ring-ding ships [TVアニメ #3] 戦闘ヘリ
#2~4 Rasta Blasta [TVアニメ #8~10] ガルシア坊ちゃま
#5~8 Das Wieder Erstehen Des Adlers [TVアニメ #4~6] Uボート
#9,10 Calm down, two men [TVアニメ #7] たばこキス
#11~15 Bloodsport Fairy tale [TVアニメ #13~15] 双子
#16~21 Goat, Jihad, Rock'N Roll [TVアニメ #11,12] 赤軍おやじ
#22~37 Fujiyama Gangsta Paradise [TVアニメ #19~24] 日本編
#38~43 Greenback Jane [TVアニメ #16~18] ニセ札
#44~76 El baile de la muerte [OVA #25~29「Roberta's Blood Trail」]
#77 The Wired Red Wild Card(未アニメ化)

001巻: #0~4
002巻: #5~12
003巻: #13~20
004巻: #21~29
005巻: #30~37
006巻: #38~46
007巻: #47~55
008巻: #56~64
009巻: #65~76
010巻: #77 ←大長編(笑)、1巻で終わらず。
011巻: #77 終了(結局1エピソードに単行本2巻分を使いました!)

TVアニメ放送順は原作エピソード順と異なり、下記のようになっています。
-- [1期: 計12話] --
1. 「ロック」誕生(計2話)
2. 戦闘ヘリ
3. Uボート(計3話)
4. たばこキス
5. ガルシア坊ちゃま(計3話)
6. 赤軍おやじ(計2話)

-- [2期: 計12話] --
7. 双子(計3話)
8. ニセ札(計3話)
9. 日本編(計6話)

-- [OVA: 計5話] --
10. Roberta's Blood Trail(計5話)

OVAはさておき日本編が原作同様、TVシリーズでも異例の長編だということがわかりますね。

なお、原作マンガとアニメでは日本編の最終決戦の舞台が神社の境内(原作)から埠頭(アニメ)に変わっています。

投稿 : 2018/11/20
閲覧 : 212
サンキュー:

36

塩谷ナオ

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

3部構成で見やすく、前作と同様にガンアクションアニメで楽しめます

全12話

一番の良い所:キャラクターとガンアクションで今回も盛り上げます

一番の悪い所:今回は微妙なロックの精神面の描写が少し目立ったかも

感想:双子・日本編が少しダークな内容ですね。キャラも一言一言が何か凄い印象に残ります

投稿 : 2018/08/23
閲覧 : 184
サンキュー:

3

ネタバレ

Robbie

★★★☆☆ 2.9
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 2.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

1期に劣らずこちらも良い

1期よりも続きが気になるような話が増えた気がする。
あと感動する話も。
また1期の魅力がそのまま引き継がれていて、こちらも中々良い。

投稿 : 2018/07/12
閲覧 : 98
サンキュー:

2

ひつまぶし

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

これはもう日本のアニメじゃない(誉め言葉)

13~24話
1期に比べてよりバイオレンスに、そしてより悲壮感にあふれたものに
特にロックが裏社会に入ってしまったことへの後悔とか覚悟、葛藤の部分がより見られてよかった
こういうアニメが評価されているって痛快ですね
OP,EDも共に世界観にぴったり
あー、お腹いっぱい

投稿 : 2018/05/27
閲覧 : 108
サンキュー:

1

藤乃

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

BLACK LAGOON The Second Barrage

1990年代後半、タイの架空犯罪都市ロアナプラを舞台に、裏社会の人物たちが繰り広げるクライムアクション作品。
原作既読。第一期:BLACK LAGOONと併せてのレビューです。

◆音楽
OP「Red fraction」は疾走感あるワイルドなカッコいい曲で、音楽も映像も作品の世界観をよく表しています。
反対に、ED「Don't Look Behind」はすごく悲壮感が漂う音楽と映像で、最初はかなり驚きました。
ラストからEDへの流れも、暗いシーンと音楽も、作品の余韻に浸れて素晴らしいです。
OP・EDどちらも見事に作品と合っていたので、2期に入っても変更なしだったのはとっても嬉しい。
圧倒的なアクションシーンや物語の見せ場をさらに盛り上げる劇伴も見事です。

◆作画
テレビ版は作画崩壊していたらしいですが、DVD版はハイクオリティで、大迫力のアクションシーンは見応えあります。

◆キャラ
登場人物はヒロイン・レヴィをはじめ、ぶっ飛んだキャラばかりで強烈ですが、それがとても魅力的です!
冷酷なロシアンマフィア、最強メイド、銃をぶっ放すシスターなど、強くて怖いお姉さまがたくさん登場します!
女性以外にも冷徹な中華マフィア、人情味あるヤクザ、双子の快楽殺人者と幅広くユニークなキャラがいっぱい!
その中で、平和ボケした正義を振りかざすロックは異色です が、彼がいてこそ裏社会の描写が映えますね。

◆声優
豊口めぐみさんのドスが効いたレヴィをはじめ、声優陣の卓越した演技がキャラとマッチしていて絶妙です。
第二期の流暢な英語のセリフも不自然さはなくて感心しました。声優さん達すごいですね!
ただ、バラライカだけはキャラの深みとは反対に声に凄味がなくて、終始違和感がありました。

◆物語
物語は、主人公のロックが海賊「ラグーン商会」に拉致られ、事件に巻き込まれていくことから始まります。
銃撃での殺戮シーンも頻繁にあり、凄惨なエピソードばかりですが、ユーモアを絶やさない小粋さが魅力です。
その一つである猥語や俗語が頻繁に飛び交う特徴的な台詞回しは、B級ハリウッド映画を彷彿とさせます。
個人的にこういう類の作品は受け付けないんですけど、本作はただかっこよく見えちゃうのが本当に不思議…
死と隣り合わせの状況を笑い飛ばすように、ブラックユーモアも盛りだくさんで楽しいです。

主要人物は敵の弾にかすりもしないし、ターミネーターばりの超人も出てくるなどのご都合主義満載ですがそれも良し。
エンターテインメントに徹している破天荒なアクションは、派手ですごくカッコいいです!

基本的には2~3話完結のオムニバス形式でテンポ良く進みます。
バイオレンスな暴力活劇から日常コメディまで振り幅広いですが、ストーリーは骨太でうまくまとまっています。
組織の勢力図もしっかり描かれているし、登場人物達の心理描写も秀逸です。
レビィとロックの関係性が変わる7話のラストは、キスシーンのようですごくドキドキしました!もう名シーンですね~
商社マンだったロックが闇社会に進み入っていくのを見ていると、アウトローな世界にぐと引き込まれていきます。
ハチャメチャな展開が痛快な、超バイオレンスな娯楽作品です。
第三期OVA:BLACKLAGOON Robertas Blood Trail もオススメ!

投稿 : 2018/02/22
閲覧 : 78
サンキュー:

1

ネタバレ

つぼ

★★★☆☆ 2.9
物語 : 1.5 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 5.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

アクションアニメなのに、、、

全シリーズ観賞しての感想です、
私は、この作品をパチンコ→MELL→暫くして→アニメ の順で知りました、

アニメファンの方には申し訳ないですが、圧倒的にMELLの楽曲勝ちでアクションシーンに至ってはパチンコ演出の方がはるかにスピード感があり習作でした、

アニメは、と言うと、、、スピード感もないし、臭いガキじみたセリフのオンパレード、、、

はっきり言って何が面白いのかサッパリです、

評価の高い、双子回でも何だかな~、です、
パチンコ演出の方が感動しました、
何で本家アニメよりダイジェスト版的なパチンコ演出が優秀かと言うと、双子の背景や狂喜や幼さがアニメでは臭いセリフやトロ臭いアクションで台無し、それらをカットしたり編集したパチンコ演出の方が受け手の脳内補完を刺激して作品として成り立っていました、

ちなみに、もう検定切れでパチンコ版は現在打てません、また演出見たさに何万もドブに捨てるギャンブルは到底オススメ出来ません、私も随分前にタバコと共に止めました、

今でも、MELLは聴きます、こちらも引退されてしまいましたが、楽曲は今でも充分に通用する素晴らしいものです、是非ご一聴下さい、きっとあなたの大切なコレクションになると思いますよ

投稿 : 2018/01/11
閲覧 : 135
サンキュー:

4

ネタバレ

ハヤブサ

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

さぁ踊れぇー!

〜セリフメモメモ〜から
雪緒「私が背負って銀さんが助かるのならそれでいいって決めたんです。あなたはどうしてここに立とうとしたんですか?あなたは何を望んで東南アジアの裏社会に潜り込んだのか‥日常にない何かを求めてなのかもしれません。でも結局あなたは何も選んでなんかいないんです。平凡に戻る訳でもなく悪に満ちた闇の中に沈む訳でもなく‥ただそこで立ち止まってるだけなんですから‥言ってましたね?私を助けたいって。だったらみんなを助けてください!できる訳ないですね?‥あなたは何を追おうともしない、自分で捨てたはずのものにさえ執着してる、そんなやつが誰を守れるんですか?誰を助けるっていうんですか?都合いい夕闇から勝手なことをほざいてる岡島が大嫌い!」
レビィー「生きる死ぬにこだわらず進めばどこまで闘えるんだ。」
バラライカ「正義か‥これほど万人に愛される言葉もないな。素晴らしい言葉だ。しかしな、自分の力を行使する訳でもなく他力本願で誰かの死を願う‥お前の言う正義だって生臭いぞ。血だまりの匂いが鼻につく。
お願いする時のコツは二つ、一つは楽しませること、もう一つは納得できるだけの理由を述べること。さぁ踊れぇー!」

覚悟や理由のない言葉はロワナプラの前には無力であると厳しいものを突きつけられながら、ロックが闇の世界とかかわっていくところが作品の魅力の一つなのカナと思います。‥しかしながら、ロックもアレコレ言うけどレビィーがそばにいなかったらここまででもう何回も死んでたよね‥そう考えるとバラライカの言う通りロックもまた自力でなんとかしないところがレビィーやバラライカとは異種の悪党であるかもしれません‥と「そういうお前だって撃たれる覚悟もって必死に生きてるのか?自力でなんとかしようとせずに能書き垂れてるだけか?‥さぁ踊れや〜〜!」みたいなマシンガンがついでに私の元まで飛んできて「ヒィーーッ」ハチの巣になりました。
そんな中、ロックが雪緒を助けるようバラライカにお願いする時の「俺の趣味だ」っていうシーンはロックの変化を感じられて素晴らしいと思いました。

雪緒「ええ、私も平凡な夢に生きられたらって思うこともたくさんある‥」銀さんの判断が鈍る。
レビィー「お前生きようとしたな」バンッ!
「あたしら悪党はそんな簡単には死なねぇんだよ。バンッ!」
レビィーの強さには危うさ半面憧れます。銀さんと闘う時の死人の表情はゾクッとしました。

ロワナプラで生きるロックの変化とロワナプラで生きる強者たちに惹かれた作品でした。
その他OP 「redfraction」キレててカッコよかったです。

投稿 : 2018/01/08
閲覧 : 105
サンキュー:

13

ゆうき

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

最高

私の大好きなチャンさんがめちゃめちゃ出てくるから好きです!クールでめっちゃカッコイイ!

投稿 : 2017/12/30
閲覧 : 55
サンキュー:

0

〇ojima

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ロアナプラの荒くれものと世の中に希望を失った者たち

Ⅰ期からの継続で視聴しましょう!
物語は3つ
・ロアナプラ3大勢力の一角ホテルモスクワが襲われる。
・旧ドル紙幣偽札をめぐりロアナプラで銃撃戦。
・日本に通訳として戻ってきたロックはヤクザの跡目を継ぐ雪緒と出会う。

Ⅰ期後半からⅡ期を要約するとロアナプラの荒くれものと世の中に希望を失った者たちの物語。
Ⅰ期序盤のロアナプラ住人は陽気であったが、
後半からⅡ期に入り、生き方を選べなっかた者の生きることの息苦しさを感じました。
描写もバイオレンスな部分もありますが、物語としては非常に良く、最後まで堪能できます。


最後に、
OPは凄いかっこいいし、EDは悲壮感が素晴らしい。
是非視聴してみてくださいな。

ヨルムンガンドが好きでしたら超お勧めです。

投稿 : 2017/12/09
閲覧 : 238
サンキュー:

32

ネタバレ

このままじゃダメだ

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

バラライカ姐さん!

DVDレンタルで視聴しました。
見始めたら止まらないくらい面白いです。

でも、双子の話はへこみました。
双子のヘンゼルとグレーテルの暴れるシーンは猟奇的で怖いし、バラライカ姐さんも子供に対して容赦ないです。

{netabare}ヘンゼルが狙撃されるシーンもなかなか衝撃的でしたが、グレーテルの方はひと段落したかと思った次の瞬間、真っ赤に…
唐突な出来事に呆然としてしまいました。

EDを聞いてもしばらくはえ゛え゛え゛え゛え゛え゛゛゛゛
と混乱と納得がいかず悶々としていましたが、何度か見るうちに
子守歌調で双子の死が安らかなもののように感じ、二人にとってこれは悪くないENDだったのかなと思えました{/netabare}

日本編ではロックがバラライカに掴みかかるシーンがたまらなくカッコ良かった。
いつの間にかラグーン商会の参謀みたいになってるし。もうピーチ姫ポジョンは返上でしょうか。
最後の雪緒の写真にはどんな意味が込められていたのかな。

偽札編は暗い話の多い2期の救いとなりました。
暴力協会、ロットン、ソーヤー、シェンホアといった個性的なキャラの活躍が面白いです。また出てきて欲しいです。


2期を振り返って
大好きな張さんの活躍頻度が少なかったのでそれは残念でしたが、どんどんとロアナプラに馴染んで、やんちゃな一面を出してきたロックがかっこよくて最高です。

投稿 : 2017/10/13
閲覧 : 128
サンキュー:

14

退会済のユーザー

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

なんだろう、この残念な気持ち

狂ってて格好いいキャラ達は最高なんだけど…。
やっぱりストーリーには引き込まれないんですよね。


丁寧な心理描写や心揺さぶられるような展開を好む自分には合わなかったのかな…。
ひたすらドンパチ!裏社会!だった気がした。
1期よりは良かったけど。

双子編と雪緒、銀さんが出てくる所はまあまあ面白かったと思います。

投稿 : 2017/08/30
閲覧 : 96
ネタバレ

いしゆう

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

お前 生きようとしたな。 Ⅱ期はハード成分マシマシ!バトルもパワーアップ!

あらすじはあにこれを参照ください。
放送時期:2006年10月~12月

Ⅰ期からの続きです。
OP/ED は変更なし 
好きな楽曲だから 嬉しかったです♪。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

◎物語
”双子の殺し屋編” ”偽札編” ”日本(鷲峰組)編”の三部作です

〇双子の殺し屋編 
強烈なキャラが登場しました!
お互いを”兄様””姉様”と呼び合う幼い双子
その名もヘンゼルとグレーテル
斧と自動小銃を武器にロアナプラで暴れます

双子の依頼された標的はホテル・モスクワ
バラライカ姐さんとのパワーバトルは必見です!
{netabare}
仲間をやられ  
非情に双子を追い詰めるバラライカ姐さん やっぱり怖かった!

また 幼い双子の凄惨な過去を知ってから 
とても複雑な思いになりました
最後青空を見つめながら・・・の場面は泣きました{/netabare}

〇偽札編
精巧な偽札原版データを巡って
ロアナプラ中の殺し屋たちが争います!
さっきまで一緒に酒を酌み交わした人と次の瞬間殺し合う
そんな この街の日常が垣間見える所が面白かったです。
{netabare}
ただの戦闘狂かなって思っていたエダの秘密がアレってビックリ!
思いっきり騙されました○o。{/netabare}   

〇日本(鷲峰組)編
舞台は日本! やくざ同士の抗争に
ロアナプラからバラライカ姐さん参戦します!
{netabare}
どうなるのかなって?
やくざ同士の抗争のルールを
ヌルイやりとりと感じ取り
”日本の連中に戦の作法を教えこめ!”と号砲を発する姐さん

”我々はリスクの多くを負担している
つまり 全ての決定権はあなた方でなく 我々にある”
自身の将来を案じるやくざと今を生きているバラライカ!
勝負は予想通りの展開でした♪。{/netabare}

.。o◎*:..。o◎*:..。o◎*:..。o◎*:..。o◎*:..。o◎*:..。o◎*:..。o◎

◎感想
〇全体的
Ⅰ期は派手なガンアクションや刺激的な物語が中心だったのですが
Ⅱ期は+α”狂気””非情””哀愁”などの要素が加わります

そのため 描写や展開は最近のアニメではあまり見ない
ハード成分マシマシ!バトルもパワーアップ! 
確実に危険度のリミッターを外しにかかってます♪。

今回色々な”深み”を増した分 アクの強い内容になってます 
きっとディープな世界観にどっぷり浸かれますよ。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

〇最後に
運命に翻弄される”ロック”
Ⅱ期はそのロックが悩みながらも成長していく過程が個人的には◎
この先彼がどんなロアナプラの住人になるのか注目しています。

その ロックが体験したⅡ期の出来事を下記にサラッとまとめました。
{netabare}
Ⅰ期では商社の社員から裏の世界に飛び込んだばかりで
ルーキーだった彼を Ⅱ期になると 
周りはもう新人と見ていません。

それでも 表と裏との間で悩み葛藤している彼に
裏の住人たちが色々な形で問いかけます

”お前は 何者か?”

そして”バラライカ”には

「自分の力を行使するでもなく
他力本願で他の誰かの死を願う。
お前の言う正義だって 随分と生臭いぞ」

と弱さを見透かされ 
さらに表の世界の住人と思っていた雪緒からも

「選ぶということは 何かを捨て 
何かを残す そういうこと

貴方は何も負おうとしない 
自分で捨てたはずのものにさえ 
まだ憧れの一欠片を抱いている

そんなことで いったい誰を守れるんですか
そんなことで 誰を助けるなんて言うんですか!」。

こう諭されてしまう。

ついに覚悟を決めたロックの答えは 
バラライカからこの言葉を引き出します

「悪党だなロック 正しい判断だ! 
いい悪党になるぞ・・・お前は。」

ロックの決して目をそらさない瞳から
秘めた決意を感じ ゾクッと感じる場面でした。{/netabare}

このまま終わるのかなって思っていたのに
ラストのあの展開は何!? この先どうなるの!? 知りたい!!
う~~~!! Ⅲ期も見逃せません!

以上 最後までお読み下さりありがとうございます。
 
 

投稿 : 2017/06/08
閲覧 : 120
サンキュー:

32

★☆零華☆★

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

レヴィみたいにワイルドな女性になりたいなっ!笑

レヴィにひたすら痺れるアニメ
B級ハリウッドに出てくるかの様な台詞回しが印象的です。


ガンアクション物は私にとって初の作品でしたが、1話観たら止まらなくって最後まで一気観でした。笑
ガンアクション自体はブラックラグーンとヨルムンガンドしか観ていません。
というか他にない?と思う。


何と言っても見所は女性が強いところ
この作品では男性よりも女性の方が逞しくって、強くて、凛々しくて、恐いです。笑
レヴィ、バラライカ、ロベルタとか男よりも漢って感じ(´艸`)


またオープニングの『Red fraction』がとてもワイルドでいて爽快感のある曲調です。
映像、曲が作品を表しているので、ここで視聴を判断してもいいかもですね!


ちなみに私の好きな台詞は「神は留守だよ、休暇とってベガスに行ってる」です♪
ハードボイルドを感じたいなら是非お勧めですよっ(๑˃̵ᴗ˂̵)و
他にも類似作品あればメッセで紹介してくれると嬉しいです。

投稿 : 2017/05/10
閲覧 : 77
サンキュー:

15

ネタバレ

HINAKA

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

血溜まりの双子、最強メイド・ロベルタ、そして日本の雪緒。『ブラック・ラグーンPart2』を彩る女性達!?

考えてみたら、この『BLACK・LAGOON The Second Barrage (Part2)』は、ともかく強い女性や少女が、これでもかと暴れ回るというか、活躍するお話がほとんどです。
既に御承知かと思いますが、拙ブログ記事《第3期リリース開始記念!?『ブラック・ラグーン〈日本編〉』より原作マンガとTVアニメの違いについて(リンク済み)》でも、触れております通りこのPart2に関しては、意図的にアニメの方が原作とは順番を入れ換えています。
それは、シリーズの最期を飾る物語として、どうしても「日本編」をもって来たかったが故と、考えています。この物語は、文字通り主人公であるはずの元・日本人で通称「ロック」が、なぜもう1つの主人公『ロアナプラ』という悪徳と背徳と、血と暴力の支配する街で、武器を持たず何の力が無いにも関わらず、光と闇、犯罪と正義、生と死、そして昼と夜の狭間に、立ち続ける事が出来るのか!?
不安定この上の無い、分水嶺の頂上で、どちらにも揺れる危うい弥次郎兵衛(ヤジロベエ)のように、生きて行く事が出来るのか!?

だがそれは同時に、卑怯者!狡賢い!無能!役立たず!中立を気取る、偽善者!!等々の罵声もまた、浴びる立場でもあります。
もっとも、そんな小難しい話しは今回リリースの始まった、第3期に任せておいて、ここでは血染めの花々達の雄姿?を、とくと御覧あれ!

〈詳細参照:拙ブログ記事〉
→http://aonow.blog.fc2.com/blog-entry-944.html

投稿 : 2017/02/11
閲覧 : 151
サンキュー:

7

Ka-ZZ(★)

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

事実はお祭りの灯りより儚くグリム童話より残酷で…

本作品は、BLACK LAGOONの2期に位置する作品です。物語の内容に繋がりがあるので、前期未視聴の方はそちらからの視聴をお勧めします。

ラグーン商会の仕事も徐々にこなせるようになってきたロック…ロアナプラの街並みも来たばかりの頃とは違って見えるようになってきた頃…
そして仕事仲間との絆の深まりを実感できるようになった頃…
そんなところから今回の物語は始まります。

これまでもたくさんのドンパチを見てきました…
時には鉛の様に重く…時に真綿の様に軽く扱われた数多くの命…
銃は引き金を引くだけで全てを終わらせることのできる代物…
だから取り扱いには本当に気を付けなければいけない物…
こんな当たり前の事を当たり前の様にこの作品でも感じてきましたが…

ここから先は明らかにこれまでと指向が異なっていました。
その事実に驚愕し…思わず号泣してしまったのが「ヘンゼルとグレーテル」の物語です。
といってもグリム童話に出てくる口減らしをテーマにした物語ではありません。

「姉様」と呼ぶ幼い男の子がヘンゼルで「兄様」と呼ぶ幼い女の子がグレーテル…二人は双子の兄弟です。
物語は双子の二人がロアナプラに入りいつも通りのお遊戯を…
でもお遊戯といっても二人のは我々がこれまで慣れ親しんできた物と全く異質で硝煙と死の香りに噎せ返りそうになる類のもの…
そしてそれはロアナプラの極めて短い導火線に火が付くのは一瞬の事でした。
こうして街は争いの場へと一気に様相を変えて物語が動いていきます。

でもこの物語で私が心を震わせたのは街全体のドンパチでもなければラグーン商会の活躍でもありません。
何故「ヘンゼルとグレーテル」の様な子供が生まれたのか…
結果的にグリム童話に立ち還ってくるなんて…運命の無情さを感じずにはいられません。

旧共産主義時代の独裁者だったニコラエ・チャウシェスクの政策の一つである「国力とはすなわち人口なり」の考えに基づき、避妊及び人工妊娠中絶が禁じられた時代…
でも共産党政権崩壊以降…法が残したのは養いきれない大量の子供たち

人間としてみんな平等に生まれてきただけなのに…
子は親を選べないと同時に親も子を選べない…だからたくさんの無償で包んで育てるのは人間に均等に与えられた権利であると共に、進化の過程で人間が選択してきた事だと思います。
赤ちゃんはヤギや馬の様に生まれてすぐ自分の力で立つことなんてできません。
他の生物と明らかに異なるのは赤ちゃんをその様な無防備な状況で産んでも育てられる土壌を我々人間が作ってきたからに他なりません。

それを勝手な理由を背景にこれまで培ってきた権利を放棄するのは人としてあまりにも横暴…
親の立場から見ると横暴なんて言葉で片づけてしまうのはあまりに非礼な事だとも思います。
本当に子どもをバッサリと切り捨てる親なんていないの分かっていますから…
人生のトリアージ…順番的には子供が親より早く死んではいけません。
でももしその親がいなかったら残り9人の子供も見殺しにしてしまう…
この場合、私たちは生きる事を選択した親を責める事は絶対にできません。
だって、この親は良心の呵責に悩まされながら9人の我が子と向き合い続けなければいけないのですから…
それに一度手を放してしまった子供の…記憶は絶対に消えないから…

こういう背景があると知っていても…特に金田朋子さんの演じたグレーテルの話にはグッとしかきませんでした。
誰もが優しくなれない場所がある…頭では理解しているつもりです。

「私…いい人を見分けるのも得意なのよ…」
と笑って、ちょこんとロックの膝の上に乗って話を始めるグレーテルの姿を思い出すと今でも涙が溢れそうです…
だってそこにはは本来あるべき普通の少女のありのまんまが…そこには殺し屋なんて雰囲気は微塵も感じさせず、年相応の女の子がお父さんの温もりについて真正面から受け止めるだけのかけがえのない空間が広がっていて…
彼女は凄い殺し屋なのかもしれません。けれど、それが似合わない空間を持ち合わせている少女である事もまた事実です。

だから思わず考えてしまいます…
でももし…大人が二人の手を引いていたら、少なくてもマフィアから命を狙われる存在になんてならなかった…
死ぬほど殴られ蹴られ…血のオシッコが止まらなくなるなんてことなかった…
そしたら南の海で真っ青な空を見上げる事もなかったのに…

誰でも一度は頭に思い浮かべたことがあるのではないでしょうか…
日本の極道 vs 世界のマフィアという強さの構図を…
銃 vs 剣…それはルパン3世の世界の中だけではないことを…
この作品ではそんな我々の描いた構図を具現化してくれる物語が準備されています…
まぁ、今回の場合、マフィアの代表として名乗りを上げたのがパラライカ率いるホテル・モスクワなので、マフィアの常軌…範疇を逸脱していると言われてしまえばそれまでですけれど…

一つ思ったのは、これから目指す山が高ければ高いほど心の弱さは具体的変化として如実に現れるということ…
己の信念を貫き通す事…

そして巨大な組織 vs 組織の戦いの渦中でもロックとレヴィは確かにそこに存在したこと…
ロックの生まれ故郷である日本を訪れてレヴィは何を思うのか…
こちらの展開からも目が離せません。

この他にもいくつか物語が纏められており、1クール計12話の構成になっています。
ロックとレヴィのコンビは相当良くなっていると思います。
お互いを認め合っているから…?
或いはそれ以上の何か…?
いずれにしろこの作品の魅力にすっかり吸い寄せられてしまったみたいです。
引き続き「BLACKLAGOON Robertas Blood Trail」を視聴します。

投稿 : 2017/01/26
閲覧 : 214
サンキュー:

25

ネタバレ

ゲイリー・ビアッジ

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

双子

双子編だけでも見てほしい作品。日本編は少し雑で残念。

投稿 : 2016/08/14
閲覧 : 119
サンキュー:

1

ネタバレ

カロ

★★★★☆ 3.6
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

格好いいです

相変わらずキャラ達の格好良さが光るアニメです。
ただ後半は失速していく感じがありましたね。

で、そう感じるのはなぜか個人的な意見ですが書かせて頂きます。

やはり一番の問題はロックかなぁと。(貶める意味は無いです。ロック好きな人はスイマセン)
ロックには最初から最後まで傍観者であって欲しかったという思いが自分にはあったのです。
ロアナプラに染まろうとせず、かといってその場所でのルールに逆らおうとしない存在でいて欲しかった。そのほうが見ている立場としても理解しやすいですし。
なによりマフィアという真っ黒な存在に、白い絵の具足された感あって正直「あれっ?」って感じになりました。

一期レビューで雰囲気アニメと書きましたが、それはこの作品の世界観とキャラが非常に魅力的だからです。
特にマフィアの偉い方々(バラライカや張さん)はこの作品を象徴すると言っていい存在でしょう。
その人達がロックを気にかけすぎてる感が緊張感を無くしてしまったように思い少し残念です。

投稿 : 2016/07/27
閲覧 : 104
サンキュー:

2

殤不患-ショウフカン

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

前期につづき

期待を裏切ることなく最後まで一気見。

めちゃおもしろかった!!!

投稿 : 2016/07/24
閲覧 : 120
サンキュー:

1

ちほ

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ハードですね

双子の話、日本での話し。
どちらも最後はもの悲しい感じでした。

自分って、自分で選んで飛び込んだ世界にいるのかな?
なんか、そんな風に思っちゃった。

投稿 : 2016/06/04
閲覧 : 106
サンキュー:

4

ネタバレ

スカルダ

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

相変わらずのセンスの良さが光る

相変わらずセンスが良く、テンポも良く、
どんどん見てしまうのだけれど、

{netabare}物語が進んでみると、後味悪いなぁ・・・
一度闇に落ちたら誰も幸せになれない・・・{/netabare}

投稿 : 2016/05/01
閲覧 : 112
サンキュー:

2

ネタバレ

エクスカリバー

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

95点 ラグーン2期 バラライカ戦慄編 「さあ踊れ!」

1期と違和感なくブッ通しで見ちゃうような作品
日本編は生まれた環境がテーマで悲しい結末

個人的なオキニシーン

エダの私服登場
{netabare}イケイケやんw
{/netabare}
チャンさんの銃捌き
{netabare}レヴィにいうだけはあって渋い
{/netabare}
銀さんの弾斬
{netabare}なぁにぶった斬るまでよ
{/netabare}
バラライカvsロック
{netabare}ハラハラ感は作中最高
バラライカは毎度痺れる
{/netabare}
レヴィの子供と遊んでるシーンで赤面
{netabare}1期序盤には想像も出来ねえ
{/netabare}
日本編の後はお仕事編

しかしこの作品良くアニメ化してここまで
引き付けるもの作れたなーと
製作会社に関心する

投稿 : 2016/04/15
閲覧 : 231
サンキュー:

2

ネタバレ

退会済のユーザー

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

性暴力表現について

私は創作物上で人が殺されても共食いしてもバラバラに解剖されても特に平気。
しかし、女性と子供に対しての性暴力表現はどん引きしてしまう。
2次元でやられるのが一番無理。
大体一週間ほど鬱になる。
加害者殺しても過去は消えない。
性暴力が気にならない人にはおすすめ。
変わらず面白い。

投稿 : 2016/03/18
閲覧 : 158
ネタバレ

メプシロ

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

なんか人間の闇を見てる気分笑

めちゃめちゃグロいしエグい話です!自分はグロい系があまり得意ではないのでちょいちょい画面から目を逸らしてましたが…人間の暗い部分を考えさせられたような気がしました。

投稿 : 2016/03/14
閲覧 : 116
サンキュー:

2

ネタバレ

wp38

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

あくまで個人の感想

ファンタジー要素が何もないこのアニメは
現実世界の表現が通じてしまう所があると感じました。

{netabare}7話から最終話までのストーリーが特にそういう風に感じました。
仁義の為に生きる者とそうでない者。
彼らの唯一の過ちは、決して手を出してはいけないモノに
手を出してしまった事、そういう風に思います。

これまでこのアニメでは数々の死人が出ていますが、
そこに生きる者たちはそれが日常で、あのロックですら
その日常に慣れてきてしまっているなって感じます。
最終話、雪緒の死を目の当たりにしていながら、
担いだレヴィを放り出さずに見届けるだけだったので
そう思いました。

"これはアニメだから"と言ってしまえばそれまでですが、
原作を読んだ時からずっと雪緒の死が引っかかってる自分は
まだ"あっち側"には行っていない、改めてそう認識出来ました。
とはいっても、ロックよりはまだこっち側にいるってだけで、
自分が望む望まないに関わらず、いつ何時あっち側に放り込まれるか
解りませんので、日々用心ですねw

「人はサイコロと同じ。
自分で自分を自分が決めた方向に投げる事が出来る。
人はそれが出来るから自由。」

この一説が心に残りました。{/netabare}

投稿 : 2016/02/26
閲覧 : 111
サンキュー:

4

次の30件を表示

BLACK LAGOON The Second Barrage[ブラックラグーン・ザ・セカンドバラージ]のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
BLACK LAGOON The Second Barrage[ブラックラグーン・ザ・セカンドバラージ]のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

BLACK LAGOON The Second Barrage[ブラックラグーン・ザ・セカンドバラージ]のストーリー・あらすじ

日本の商社マン岡島緑郎は、東南アジアへ出張中に、海賊まがいの運び屋「ブラック・ラグーン」のメンバーに誘拐される。商社は機密保持の為、傭兵を使って人質の岡島ごと全てを殲滅する行動をとるが、岡島の機転で絶対絶命の危機を脱した。あっさりと会社に見捨てられた岡島は、名も立場も捨て、”ロック”としてブラック・ラグーンの一員となる。 (TVアニメ動画『BLACK LAGOON The Second Barrage[ブラックラグーン・ザ・セカンドバラージ]』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2006年秋アニメ
公式サイト
www.blacklagoon.jp/
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/BLACK_LAGOON

このアニメの類似作品

この頃(2006年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ