「ディメンションW(TVアニメ動画)」

総合得点
72.1
感想・評価
722
棚に入れた
3805
ランキング
778
★★★★☆ 3.7 (722)
物語
3.7
作画
3.8
声優
3.8
音楽
3.7
キャラ
3.8
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ディメンションWの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

tinzei さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

メインヒロイン(?)のミラが可愛い

訳ありの回収屋キョーマとコイルの開発者百合崎士堂博士が作ったロボットミラの物語。


前半はミラとの出会いと原初のコイル「ナンバーズ」の回収。
後半はキョーマがコイルを憎むことになった原因があるイースター島での出来事。


多少原作とは違うらしいけど結構面白かった、ただ博士の妻娘が殺された話は詳しくやらなかったけど、もうちょい先の話なのかな?もしそうなら2クールやって欲しかった・・・・・・2期やんねえかな?

投稿 : 2019/12/15
閲覧 : 13
サンキュー:

1

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

カッコいいおじさんとかわいいロボっ娘のSFバトルアニメ

あらすじはあにこれのを見てね☆


絵はとってもきれい^^

おじさんが主人公のアニメってそんなにないかも^^


1話目
{netabare}
公式の1話目のあらすじ
{netabare} 次元間電磁誘導装置、通称コイルによって、
次元軸Wに存在する無尽蔵のエネルギーを取り出すシステムが完成した未来。
法によって禁じられた不正コイルの回収を生業とするマブチ・キョーマは、
ウォン兄弟のアジトで謎の少女・ミラと出会う。
コイルの開発者、百合崎士堂博士を「お父さん」と呼ぶその少女の正体は……!?{/netabare}


キョーマって聞くと「シュタインズゲート」思い出しちゃうw
おじさんだけどやさしそうでふつうにかっこいい☆


ロボットのミラはほんとの人間の女の子みたいでかわいいw

今日はみんなの紹介みたいなおはなしだった
ミラのお父さんは死んじゃったみたいだけど
おはなしは明るくって感じで見やすそう☆

これからキョーマとミラが組んで不正コイルを回収してくのかな?
{/netabare}

2話目
{netabare}
公式の2話目のあらすじ
{netabare}
マリーのもとで、コイルの回収を手伝うことになったミラ。
キョーマとミラは、主に美術品を狙う怪盗・ルーザーの犯行には不正コイルが
からんでいると見て、現場に向かう。予告通り美術館に出現したルーザー。
なぜか自分の過去を知っている様子のルーザーにたじろぐキョーマ。
そして、ルーザーの仮面の下の素顔とは……!{/netabare}


ルパン3世みたいな怪盗だったけど
ほんとはニューテスラにうらみを持ってて
ナンバーズってゆうコイルを集めてるのかな?

コイルってただの電池みたいなものじゃなくって
Wの次元につながってて次元崩壊とか起きるこわい物みたい。。


あと
ミラってほんとの女の子みたい^^
ロボットなのにシャワー浴びたいとかって
汗をかいたりとかもするのかな?
{/netabare}

3話目
{netabare}
公式の3話目のあらすじ
{netabare}
ミラは、回収屋の仕事で得た報酬を元手にトレーラーハウスを購入し、キョーマの
ガソリンスタンドで暮らすことに。キョーマの身の回りに、一切コイル製品がないことに疑問を
感じるミラ。ミラにまったく興味のないキョーマは「ナンバーズ」の謎を追う。
そんな中、キョーマの廃車置き場に忍び込んだ子供たちが事故を起こしてしまう。
巻き込まれたミラは……!?
{/netabare}
ナンバーズってコイルの試作品で
ディメンションWの深いところからエネルギーをとり出してるから
事故が起こると2話目の時みたくなっちゃうみたい

*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚

ミラの日常回みたいなところおかしかったw
ほんとにロボット?って思っちゃうよね^^

あとで首が飛んじゃって
それでもふつうに動けるってゆうのもびっくりだったけど。。


その時助けた子どもたちの仲間の1人のおばあさんが
ニューテスラエナジー・セントラル47のCOO(えらい人)で
そんなに悪い人じゃないみたいだったけど。。

心配したけどミラは子どもたちと友だちになれたみたい◎
いいおはなしだった☆


さいごは殺人事件かな?
どんなおはなしなんだろう?
{/netabare}

4話目
{netabare}
怪奇ミステリー作家の榊四十郎がナゾの死。。
21年前に何かの事件があってたくさんの人が死んでて
その時の幽霊が出るって。。

░▒▓█▓▒░▒▓█▓▒░▒▓█▓▒░▒▓█▓░▒▓█▓▒░▒▓█▓▒░▒▓█▓▒░▒▓█▓░▒▓█▓▒░▒▓█▓▒░▒▓█▓▒░▒▓█▓

ホラーミステリーみたいなおはなしで見ながらドキドキしちゃった。。

にゃんはニューテスラのアルベルトさんが出てきて
「本当にこの世ならざるものが出る」って言ったとき
この世じゃなかったらきっと「ディメンションW」の世界だって思った^^
ディメンションWが霊の世界だったってゆう設定だったらこわいかも。。って


次々人が死んで
21年前の事件が分かってきて。。ってミステリードラマでよくあるけど
ほんとに幽霊が出てとり殺されたりって
ディメンションWの世界とよくあっててこわくっておもしろかった^^


そのあとバトルもちゃんとあってやっぱりバトルアニメみたいだけど
コメディ、ホラー、ミステリー、あと男子向けシーンとかもあって
いろいろ入っててあきないみたい☆
{/netabare}

5話目
{netabare}
次元が分かれて。。ってゆう説明はむずかしくってよく分からなかったけど
21年前の世界がこの世界の人を殺そうってしてる原因とか分かって
ちゃんと解決してよかった☆


アルベルトがキョーマの背中を守る。。って言ったところがカッコよかった☆

今回の事件はコイルのせいで
幽霊とか関係なかったみたいって思ったけど
榊四十郎の部屋の水を取り替えたメイドの人が
21年前に殺されたダムの人の子どもでお父さんの声を聞いてやったって。。
やっぱり怪談だったみたい
{/netabare}

6話目
{netabare}
6話目の公式のあらすじ
{netabare}
「アフリカの風」と呼ばれるセントラル60のCOO、
サルバ=エネ=ティベスティ王子が、アフリカの小国・イスラから来日。
だが、同時に来日した弟のルワイ=オーラ=ティベスティ王子が失踪してしまう。
ルワイが自ら姿を消したのは、お忍びでの日本観光が目当てだった。
キョーマは、ルワイを捜索中の親衛隊と偶然出会うのだが……。

{/netabare}
新しいおはなしがはじまったみたい

知らないで出会った2人が仲良くなって
あとで敵になるってゆうパターンなのかな?


呉服屋の椿さんがお姉さん?やさしそうだけどこわそうw

キョーマが四阿屋家のお墓の前で「ミヤビ。。」って言ってたけど
ミヤビさんは死んだ恋人か奥さんで椿さんはそのお姉さん?
キョーマは記憶がなくなってるみたいだし。。よく分からないけど


サルバ王子は回収屋を集めて何をしようってしてるの?
シドウ博士の遺産を狙ってるみたいだけどそれってミラのこと?
{/netabare}

7話目
{netabare}
7話目の公式のあらすじ
{netabare}
キョーマにフラッシュバックする雅との出会い、
そして超人部隊「グレンデル」入隊のいきさつ。
5年前の事件から、再びイースター島が戦場になろうとしていた。
サルバによって集められた名だたる回収屋たちは、空中司令船グロディアでイースター島に向かう。
キョーマとミラは別行動で乗り込もうとするが……。
{/netabare}
雅さんとのおはなしは悲しかったけど短すぎたみたい。。
1話丸ごとだったらよかったのに☆

後半
いろんな回収屋が出てきたけど
ヘンなキャラばっかりでギャグになったみたい。。


イースター島に行く理由が特別なコイルをさがしに行くだけ?
5年前に何があったとか分かるのかな?

あと
コイルが使えなくなるってミラも動かなくなっちゃうみたい?
でもミラって主人公の1人じゃないのかな?
ってゆうかわざわざ連れてきたんだから動かなくなっちゃうっのてヘン。。
きっと動けるよね?
{/netabare}

8話目
{netabare}
8話目の公式のあらすじ
{netabare}
イースター島に降り立ったキョーマとミラは、掘削の名手である回収屋・イーストリヴァー兄妹と連携し、実験施設跡地グラウンド・ゼロを目指す。
一方、墜落したグロディアから脱出したルワイは、意識を喪失したサルバの意志を継ぎ、回収レースの続行を宣言する。
動き出した島のセキュリティロボットは暴走、そして、グロディアを襲った謎の球体も再び回収屋たちを襲う!
{/netabare}
ディメンションWの謎とかおはなしはちょっと楽しみだったけど
人間っぽくないキャラがふえてきて
ふつうにヒーローバトルになってきたみたい

つぎの謎はアドラステアかな?
{/netabare}

9話目
{netabare}
9話目の公式のあらすじ
{netabare}
グラウンド・ゼロへの道で、邂逅したキョーマとルーザー。
対峙する彼らの前にもまた球体が出現し、接触したキョーマは意識を失ってしまう。
錯綜するキョーマとサルバの記憶のなかで、イスラのクーデターからイースター島攻略作戦に至るまでの過去が明らかになる。
騒乱の背後には、百合崎士堂博士の門下生シーマイヤーと、かつてのルーザーの姿があった。
{/netabare}
今週のおはなしってSFっぽくってよく分からなかった

キョーマが見てるのは夢なのか記憶なのかよく分からなかったし
「イースター島攻略作戦に至るまでの過去が明らかになる。」も?

分かったのは
ミラのボディがキョーマの奥さんの「雅さん」のために作られたってゆうこと
くらいかな

あと
キョーマはルーザーが敵だって思ってるみたいだけど
何となくやさしい人みたいなんだけど。。?
{/netabare}

10話目
{netabare}
10話目の公式のあらすじ
{netabare}
意識を取り戻さないキョーマの傍ら、ミラは地下トンネルで警護ロボットに攻撃を受けるが、
デビーとハリーの協力により、なんとか危機を乗り越えることに成功する。
そして、キョーマは過去の記憶をわずかに取り戻す。
イースター島で行われていた、ニューテスラの極秘研究とは……?
一方、回収屋たちもそれぞれの思惑に従って行動を開始する!
{/netabare}

キョーマは少し前のこと思い出した

アドラステアの目的は宇宙開発
そのために作った巨大転送装置で基地ごと宇宙に送ろうって。。
それであの黒い球体は転送ゲート。。
ハルカ・シーマイヤーが作り出したみたい

記憶が夢と次元Wをつなぐカギみたい

それから怪盗ルーザーとクライスラーの戦いで分かったのは
シー・マイヤーが作り出した究極のコイルなら虚無をくつがえせるかも?


あとキョーマが思い出せなかったこと
キョーマは隊長から何かをうばえって命令されてた。。
キョーマはジェネシスを手に入れて。。そのあと。。思い出せないみたい


さいごに
ルワイを殺そうってしたK・Kを
殺そうってしたキョーマをミラが止めたところは雅とかさなってたね
ミラは雅の生まれ変わりなのかな?
{/netabare}

11と12話目
{netabare}
11話目の公式のあらすじ
{netabare}
キョーマに自らの正体を明かしたルワイ王子は、ラシティとともにサルバを目覚めさせる。
互いの真意を理解したキョーマとサルバは手を組み、
ルワイたちの援護を受けてイースター島の中心部にある極秘研究施設「アドラステア」へと侵入を果たす。
だが、そこに一足先に辿りついていたルーザーが立ちはだかり、
森羅万象を制する究極のコイルに囚われた科学者・シーマイヤーの狂気を明かす。
12話目の公式のあらすじ 
{netabare}
次元Wの狭間から現れた狂えるシーマイヤー。
奪われた妻ソフィアの体をベースに生成された怪物を前に、ルーザーは怒りを露わにしながらも、その圧倒的な力に立ち向かう。
一方、かつて全てを懸けて臨んだにも関わらず、仲間も、雅も救うことのできなかったキョーマ。
過去に何があったのか?
ミラの手により自らの記憶に潜入し、そこで5年前の真相を知ることとなる……!
{/netabare}

おはなしが説明っぽくって
そうだったんだ!。。って分かるけど
気もちが伝わってこないみたい


生きてる研究員を使って転送装置の実験とか
ルーザーの奥さんの体を使って。。とか気もちが悪った。。


あと
大事なところで分からないこともあったみたい

雅にジェネシスを渡そうってした時
雅が「世界がこわれる」って言ってことわったけど
どうして雅がジェネシスを使うと世界がこわれるって知ってたの?

理由とかあったのかもだけど
おはなしがいそぎ過ぎてて
よく分からないうちにどんどん進んでっちゃったみたい
{/netabare}


見おわって。。


SFとミステリーとバトルとコメディもあって
おじさんはカッコいいしロボっ娘ミラはかわいいおはなし


はじめはおじさんとミラの気もちが通じて仲よくなる
そんなおはなしでおもしろそうだって思ったんだけど

後半ただのSFバトルになってきて
人もふえてきたのにバトルと説明が多すぎて
気もちが伝わってこなかったみたい。。

だからにゃんはおはなしは良かったって思うけど
知らないアニメの総集編を見てるみたいで
そう。。ふ~ん?。。だから?みたくなっちゃって
そんなにいいって思わなかったかな。。


だけど
かっこいいしかわいいし
バトルもあっておはなしもちゃんとしてるから
あんまり期待してなかったらよかったのかも?

投稿 : 2019/12/14
閲覧 : 704
サンキュー:

84

ネタバレ

ゴロゴロ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ストーリーが面白味に欠ける

コイル設定{netabare}空間からエネルギーを取り出せる{/netabare}は、{netabare}オカルト界では、とっくに実現済みだが、影の勢力により隠蔽されている・・リーク情報の一つとされる{netabare}良いのだが、織り込むストーリーが今一つで、盛り上がりに欠けたまま観終わってしまった。

投稿 : 2019/10/26
閲覧 : 54
サンキュー:

2

ネタバレ

taijyu さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

レベルが高い。オープニングのダンスは笑いました

1話感想:
これは非常にレベルが高いですね。絵が綺麗で、世界観も面白い。
そしてミラちゃんが可愛い。
ただ主人公がおっさんで、別に好きなタイプでは無いですが…
ミラちゃんとのコンビで良く変化していけば良いのですが。

でもオープニングのダンスは笑いました。お前絶対本編じゃ
ダンスなんてしないタイプだろう。

全話感想:
絵も内容も、クオリティが高くて非常に良かったです。
キョーマが格好いいし、最後までミラちゃんが可愛かった。
次元Wのテーマも良かったですね。難解ではありましたが。
敵はまあ何がしたいんだかよくわからなかった気もしますが。
しかし満足できる一本でした。

投稿 : 2019/04/30
閲覧 : 100
サンキュー:

4

ネタバレ

たわし(ガガ) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

地味だが骨太なSF

あまり期待しないで見たのが正解だったか、非常に優れたSF設定であったし、脚本も上々、全12話という制約の中で物語の破綻をできるだけ少なくした良いアニメだった。

アクションシーンの作画の雰囲気からボンズ制作かと思いきや、新規に立ち上げたしかもプロダクションIG出身のスタジオが制作したそうで非常に驚いた。

難を言えばキャラクター設定やデザインが単調なのと、主人公の個性が抜きでていないためやはり地味な印象が残る。

それさえ克服できれば傑作アニメになり得たかもしれない。非常に惜しい作品だった。

投稿 : 2019/04/10
閲覧 : 205
サンキュー:

9

ネタバレ

STONE さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

悪くはないんだけど。。。

 原作は未読。
 先に全体的な印象を書いてしまうと、設定や世界観は好みだし、ストーリーもそう悪いもの
ではなく、1クール作品としてはそれなりにまとまっていたのに、盛り上がりきれないまま
終わってしまった感じ。
 これは何故だろう?と考えてみた。

 先に話は悪くないと書いたが、その展開はやや平坦。
 その要因の一つは中心軸であるマブチ・キョーマと百合崎 ミラがあまり窮地に陥って
いなかったことにあるかなと。なんか悪い意味で安心して最後まで観られてしまった。
 この手の作品は最終的には主人公が助かることは判っていても、途中でハラハラする要素は
メリハリという点では結構大事だったりするんじゃないかと。
 あとカッコいい見せ場が少なかったかな。これはキューマやミラだけではなく脇役にも言える
ことで、尺的にストーリーを追うのに精一杯だったのかなという気が。
 作品によっては話はいまいちでもカッコいい見せ場が多々だとそれなりに良作品になって
しまうものもあり、本作のようなアクション系は特にそれが重要な気がした。

 序盤においてはニューテスラの闇とも言える部分がキョーマが最終的に対峙すべき問題
なのだろうなと思わせるような展開だったのだが、中盤以降はジェネシスを巡る
ハルカ・シーマイヤーとの問題ばかりになってしまい、焦点が散漫になってしまったのも要因の
一つかなという気がする。
 こればかりは原作は続いているうえに、更に話途中までをアニメ化したわけだから、
しょうがないと言えばしょうがないんだけど。

 近未来と言うことでメインモチーフであるコイルを始め、義体、ロボットなどのガゼットは
なかなか楽しめる。
 ただ最近の近未来ものでは重要なファクターとなっている電脳化、ネットワーク社会といった
IT関連の部分があまり描かれなかったのはいささか残念なところ。

 キャラに関してはやはりキョーマとミラが群を抜いて印象深い。
 近未来であえてアナクロい風貌や武器などが目を引いたが、コイル嫌いが端を発しているとは
いえ、こういう時代遅れ感のあるキャラは結構好き。
 そんなキョーマの相棒が時代の最先端をいっている感のあるミラという点が面白い。
 ぶっきらぼうで愛想の悪そうなキューマと愛想良く柔らかい印象のミラといった具体に
対照的なキャラであるところがこれまた面白い。
 途中からミラのボディが、キョーマの妻だった四阿屋 雅の全身義体になるべきものだった
ことが明らかになるが、その設定があまり活かされていない感じでちょっと勿体ない。

 ネタ的な部分では、OP映像のキューマのやる気のなさそうなダンスが結構好きだった。

2018/06/15

投稿 : 2018/06/15
閲覧 : 225
サンキュー:

2

ネタバレ

げろりん さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ミラかわいい

ミラ可愛い!
1話の最後、あんなに可愛い土下座見たことありません。
ストーリーは、不正コイルだのナンバーズだの集めつつ、キョーマの過去を解決みたいな感じです。
後半ストーリはあんまり面白くなかったと思います。
最後まで見れたのはミラのおかげだと断言します。
動くたびに可愛く、喋るだけでも可愛い。
今まで見たアニメの中で一番可愛かったです。
癒やされました。

投稿 : 2018/05/04
閲覧 : 161
サンキュー:

2

ネタバレ

シルメリア さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

メインヒロインのおっぱいが増量(成長?)する画期的であり革新的なアニメここに爆誕(≧∇≦)b

気付いた奴天才ヾ(≧∇≦)だな!
ミラが可愛かったから画像でも観てこようかなと
検索かけたらおっぱいが増量と多数表示∑(OωO; )
「何じゃこりゃー」
慌てて確認(再視聴)してきたよ[壁]_-)ちらっ
3話OPの百合崎ミラのちっぱい
4話OPの百合崎ミラのおっぱいが盛られてて
(〃▽〃)
シルメリア目算だとB→Dあたりかな?Cの可能性も
胸のコイルを隠すために起きた嬉しいサプライズ♪
脱線しすぎた(||゜Д゜)ヒィィィ!
ガソリン価格が1リットル¥2800の世界
x軸Y軸Z軸から新たに発見されたW軸
そこから新たなエネルギーを無尽蔵に得ることを可能とした世界。コイルによってもたされるのは
繁栄か?滅びか?
まだ、こんな面白い作品があったのか!
印象としては結構全体的に早足。
ナンバーズに行くのが早すぎる。
もう少し、不正コイルをミラと一緒に回収する話が観たかったなぁ。
これは2クールかけてやって貰いたかった。
相棒、パートナーとの兼ね合いや掛け合いを
もっと長い間観ていたかったなぁ( ^-^)_旦~
これは傑作であり、名作やなぁ。
いちいち一挙一動「ミラ♡」が可愛くてヤバい。
プラグ尻尾♡アンテナがクルクル回転するのも愛らしい。眼福♪眼福♪
ミラのボディは本来雅のものだったとキョーマに打ち明けたシーンは名場面やな。ポンコツからミラと呼び方が変わったところも好きだけど♪
ラッキースケベのトイレもお薦め。
これはお薦めデェース♪
そのうち、原作読も。未読なので。
あっ!ちなみに11月8日は「いいおっぱいの日」らしい。11月8日にレビューを書いたのは運命的だw
誤字見つけて直したから11月9日になっちゃたけど

投稿 : 2017/11/09
閲覧 : 178
サンキュー:

14

ネタバレ

サクマ式ドロップス さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

ぷーです

投稿 : 2017/04/12
閲覧 : 118
サンキュー:

0

ネタバレ

たーきー999 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

おもしろかった

主人公がいい味出てます。ストーリーも面白かった

投稿 : 2017/03/04
閲覧 : 139
サンキュー:

2

ネタバレ

ゲイリー・ビアッジ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

良作

近未来の世界が舞台。新エネルギーとそれについての謎をおっさんの主人公が解き明かすストーリー。
バトルまあまあ、キャラそこそこといった感じ。OPEDはいいんだけど謎ダンスは何だったん?

投稿 : 2016/10/05
閲覧 : 136
サンキュー:

3

ネタバレ

gorilla さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

話がおもしろい

この作品の作画、きれいでした。
そして所々に出てくる演出も大好きです。
話がまとまっててテンポよく進んでいき最終回は最終回らしい上手くまとめられてました
1クールで完結というのも凄かったです。

投稿 : 2016/05/30
閲覧 : 86
サンキュー:

4

ネタバレ

もんちろー さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

天才博士に作られたロボット少女と、コイル嫌いの凄い身体能力の男の話。
ロボットのくせにとても感情豊かな少女と、人間のくせに感情が見えない男。

男には過去に心に決めた女性がいたが、コイルの事故で死んでしまった。
その心に決めた人のために作られた体で作られたのがロボット少女だった。
ロボット少女はいつも自分が犠牲になれば助けられる・・・と考える。

男はロボット少女にだんだん心を開いていって、ロボット少女もだんだんと変わっていく。

投稿 : 2016/05/27
閲覧 : 79
サンキュー:

2

ネタバレ

あさがお さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

よかった
ごえもんみたいなおじさんが主人公でおもしろくなるのか?
なんて、思って見ていたら後半は次週がたのしみになっていた
続けて一気に見たのがよかったのかな

実際の未来でもコイルのようなものができているのかもしれない
ロボットが街を歩く日も近い??

投稿 : 2016/05/18
閲覧 : 88
サンキュー:

3

ネタバレ

となぷ~ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

コイル回収を通して過去の真実と向き合っていくお話

全12話。

あらすじはあにこれ参照。
回収屋として不正コイルを追っていくうちに、主人公が
忘れている過去の事件の真実へと向かっていくお話。

ストーリーがしっかりしているので、見やすかったです。
あとは個人的な好み(主人公最強)がもうちょいと全面に
出てくれればいいと思いました。

投稿 : 2016/05/10
閲覧 : 83
サンキュー:

4

ネタバレ

teji さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

1話で断念しなくてよかった

1話で断念しなくてよかった・・一話で断念してたけど 評価まぁまぁ だったのでみたけど・・ なんやかんやで おもしろかった

投稿 : 2016/05/09
閲覧 : 84
サンキュー:

2

ネタバレ

Nabii さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

A

・ロボットが普及した世界観
・機械(最新式)が嫌いな元軍人と高性能ロボットの物語
・”回収屋”として働く
・アクション系
・ヒロインロボット可愛い
・主人公シブい

投稿 : 2016/04/10
閲覧 : 64
サンキュー:

3

ネタバレ

ストライク さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

短文レビュー

ミラがかわええ

キョーマの過去が解ってきた終盤から俄然面白くなってきた
こんなことなら録画保存しとけばよかった・・・
そしたらもう一回最初から見直せたのにorz

キョーマが渋カッコいい
DARKER THAN BLACK のヘイに通ずるものを感じた。
乗ってる車がトヨタ・2000GTとかw近未来でそれチョイスは愛を感じます。

キョーマの元カノの話は泣けたよ。

やっぱおっさん主人公作品は面白いのが多いw(自分がおっさんだからだろうけど)

再放送 BS-11あたりでやってくれんかな~




OPのキョーマのダンスがツボでした∑d(≧▽≦*)ぶはー

投稿 : 2016/04/05
閲覧 : 122
サンキュー:

33

ネタバレ

Yas さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

.

投稿 : 2016/04/03
閲覧 : 101
サンキュー:

0

ネタバレ

おしぴんちゃん さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

Dimension W 10

投稿 : 2016/04/03
閲覧 : 79
サンキュー:

1

ネタバレ

タッキー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

意外と面白い

最初は微妙かなと思っていましたが、見続けると意外に面白いアニメです。
主人公も古風でカッコよく強い!
OPのダンスもイケてます。

見終わって、普通に最後まで飽きずに見れました。次回作も作れそうだけど、どうかな?あれば見ようと思います。

投稿 : 2016/03/31
閲覧 : 102
サンキュー:

4

ネタバレ

ハヤブサ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 1.5 状態:今観てる

目を離す間もない

OPEDともに満点です。毎回飛ばさず観てます。バトルもカッコよく、ミラも可愛いです^_^‥一つ願わくば、ミラが役に立った時はキョーマがサラッとでも褒めてあげて欲しい、もしくはポンコツ呼ばわりしないで欲しいけど‥キャラ的にないかなー~_~;キョーマといっても「ほうおういん」じゃないから‥
目を離すとストーリーの内容聞きそびれて置いていかれます。巻き戻し観るけど、イマイチピンとこない時もありで(そこまで真剣にはなんか観れない苦笑)、今後の展開が好みな流れなら原作読もかな‥シナリオは凝らしてあるけど、それを100%楽しめてないんだろうなといった感じです。
ラストは何れにせよ、ただラスボスをボッコしてシュールに終わりでなくて‥キョーマが雅との過去と少しはけりつけて、少しでも自分や周りを許していけるといった、観てきてよかったと感じさせる展開だったらいいなぁと思います。
‥最終話観ての追記
キョーマは記憶を取り戻し、過去やコイルへのこだわりから乗り越えてよかったです
で、キョーマは少しは変わるのか‥?
ミラと呼んでくれて良かったです^ ^
結局ミラは全然ポンコツじゃない^ ^優秀でした。あんたがっつり助けられてるじゃないか。最後まで主人公の成長や魅力はチビっと(ミラに感謝するとこ位)感じられず、過去に固執して無駄にミラへキレたり怒鳴ったりする横暴だけのイメージのまま終わりました。ルーザーの方が好きでした。たぶんここは好み分かれると思います。
主人公についていけないと、ストーリーへ入りこんでいけないものだなと感じました。

投稿 : 2016/03/30
閲覧 : 110
サンキュー:

13

ネタバレ

カボチャはんたー さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

コイルの恩恵は人類に永遠のエネルギwーをもたらす

2072年という近い未来は今よりさらに便利な社会になってるみたいですね。

1話{netabare}
2072年はWエネルギーにより恩恵を得ているのですね(*゚▽゚*)
人類は遂に無限のエネルギーを手に入れたそうです(*゚▽゚*)

コイルが重要なものになってるみたいだね☆ミ
そして主人公は…コイル嫌いの回収屋マブチ・キョーマ
なんか生活格差がすごいな

不正コイルの威力すごいけどキョーマ強いな(沙*・ω・)
人質の女の子も強かったし人間じゃなかった(*゚▽゚*)
ビンタの威力が桁違いwwwww

キョーマもてもてだな(沙*・ω・)ノ
なるほど不正コイルは女の子が持ってったみたいね
キョーマとロボットがぶつかる

次元局と百合崎博士…和解なんて出来るわけないよな
博士は世界のコイルを生み出した責務を果たそうとしてるのかな?
すごい爆破!!キョーマはロボ子を回収

ロボ子復活?(^O^)
キョーマ殴られ体質www
ミラ回収屋の仕事のお手伝いを懇願

ジャージが似合うロボ子だこと(*゚▽゚*)
{/netabare}

マブチ・キョーマ
不正に使用されているコイルを犯罪者から奪取し、
懸賞金を得る回収屋。 腕利きだが、コイル嫌いで厭世的な生活を送る変わり者。

2話{netabare}
キョーマとミラ一緒に過ごすことにwwwww
結局博士とか爆発とかどうなったの?(笑)
ジャージがよく似合うロボ子だこと(沙*・ω・)ノ

キョーマの狙いは怪盗ルーザー?
不正コイルの回収(沙*・ω・)
博士が死んだら不正コイルをたどれ…それが博士の遺言?
キョーマが監視役に( ̄▽ ̄)
ミラちゃん制服も似合うのねwwwww

ルーザー派手な登場だね~(笑)
キョーマはミラと馴れ合うつもりはなしw
キョーマとルーザー窮地を脱するために(笑)
ミラは通信装置を索敵

ミラの身体能力おそるべし
キョーマはなかなかの戦闘部隊の生き残りみたい
ニューテスラの犠牲者がまたここに一人

ルーザーの目的はキーコイル?ナンバーズ?
赤は死の色らしいよ…キョーマ強wwww
ミラやるときはやる~(沙*・ω・)

素人が下手にコイルに触れない方がいいってことね
次元崩壊( ̄▽ ̄)怖いわ~☆ミ
次元管理局の長髪生きてたのねwww

不正コイルの製造元を探ることはタブーらしい…
{/netabare}

百合崎 ミラ(ゆりさき みら)
キョーマがある不正コイルの回収依頼の折に出会った謎の少女。
失踪していたはずのコイルの開発者・百合崎士堂博士と共に暮らしていた。

3話{netabare}
キョーマフラッシュバック…ナンバーズとは?はて(‘◇’)

すごい報酬もらえるのねwwwwww
現ナマもらえてご機嫌なミラwお家賃としてお金を支払うミラ( ̄▽ ̄)
自分の部屋を手に入れたミラであった(*゚▽゚*)
キョーマwwwwwwwミラちゃん古典的かよwww
次の仕事が決まったみたい☆ミ

今時の子どもはませてるな~(笑)
まったく子供はやらかさないと覚えないものよね

ナンバーズ?ベータコイルのことらしい
ナンバーズはWの深淵から力を得てるみたいね
キョーマも大変よな

子供を助けるためにミラ首が取れちゃったのね
まぁ首が取れりゃ子どもびっくりするよなw

キョーマはニューテスラに☆ミ
クレアスカイハートなんだか曲者っぽい
なるほどねw孫娘を助けてくれたお礼って感じね
案外子供なのにしっかりしてるなw

百合崎博士の痕跡は全て消滅したみたい
キョーマはグレンデルの獣と呼ばれてるのね
ミラポンコツ扱いされてるwwwwwww

次の舞台は信州八十神湖かな
{/netabare}

マリー
ニューテスラエナジー社の依頼で回収屋を雇い、不正コイルを
確保するブローカー。キョーマの雇い主。

4話{netabare}
キョーマとミラは八十神湖に向かう
そこへ行く途中…幽霊を見ちゃった|゚Д゚)))
ロボットも幽霊を見るみたいだね♪w

キョーマとマリーさらにニューテスラエナジーからの正式な依頼
密室の殺人事件には謎がある…ロボットが犯人?
ニューテスラの監視網を超えた干渉する存在を回収して欲しいらしい
最先端のやつが幽霊とか(笑)

ミラ呼び方ポンコツでいいのね(`・ω・´)
オーナーの妹にメイドに支配人、ジャーナリストのはげやま
小さいヴァンパイアっ子エリザベスw
ミラとどこかで会ったことがあるみたい?
キョーマの部屋にはアルベルトが(笑)

ニューテスラの情報網はすごいなw
そしてキョーマとやり合うアルベルト彼もまた超人(`・ω・´)
グレンデルの獣?の一員なわけね
キョーマは案外読書家みたい(沙*・ω・)

怪しい3人組…こいつらも回収屋っぽいw
湖には霧が出てきて…キョーマの集中力wwwwwwww
ミラガラクタはあれなのねwwwww

ミラとキョーマ分かれて調査
ミラ怖い系の本は苦手なのねwwwwww
情報は世界として記憶する…か
新しいものと古いものを再構築するか…
たいていいきがってるやつって死ぬよねミステリーだと(笑)

キョーマの前にも幽霊?ニアピン?
そしてナンバーズのコイルがここにあるらしい
21年前の事故にナンバーズのコイルが起動した
そして現在は暴走していると思われる…

ミラのお風呂姿エロいなwwwww
ミラも何かを掴んだようだね
ミラは…急に違う場所に飛ばされた?
そして襲われる…

ナンバーズの起こす悲劇は想像を絶する
コオロギが調べた結果…幽霊の正体が
21年前の記憶の中に飛ばされてしまった…
現実とW次元が重なる…

エリザベスも回収屋みたいね♪
榊の妹の夢がナンバーズをつなぐ手がかり?
ミラも捉えられる…

神木と榊同一人物!!
ミステリー展開面白いな(`・ω・´)
{/netabare}

アルベルト・シューマン
コイルを扱う巨大企業ニューテスラエナジー社・次元管理局所属の
精鋭チーム「Qi」の調査主任。キョーマとは元戦友の仲。

5話{netabare}
囚われのミラ…過去に囚われた世界の主は若き日の榊

キョーマ亡者と戦闘開始
水の亡者は霧を媒介に行動するのね

ミラピンチ…なんか走馬灯のように…
ミラのロジックが世界のロジックを凌駕
水の亡者の弱点は水?
ミラは心だけは向こうの世界に…?って復活ヽ(・∀・)ノ

ナンバーズのありかはダム穴の奥
いやー(/ω\*)アルベルトスナイパーすげぇ
エリザベスちゃんは引くみたい…そして支配人さんも別人
エリザベスはルーザーと関わりがあるみたい

唐突に過去回、コイルが暴走するまでの…
偽りの世界の崩壊なんてあっという間
そして真実は簡単なもの

なんていうかバトルあり、ミステリーあり、恋模様あり…
いい話だったなヽ(・∀・)ノ
{/netabare}

エリザベス・グリーンハウ=スミス
コイルの扱いに長けた回収屋。
好奇心旺盛な性格で、ミラに興味を示す。

6話{netabare}
アフリカの風ってすごいねwwwサルバ皇子
なかなかの美的感覚の持ち主、ラスティさんはドMだなw
ルワイ?

キョーマ、ミヤビ?って人の墓にお墓参り
マリーの用心棒はお強いお強い
ミラの作りを解像することはお手上げみたい

日本に憧れを持っていたのねwwwルワイ
キョーマを侍と間違ってwwwwww
キョーマ売られた喧嘩は買うよなwwwww
ザルバ王子容赦ないやつ

また変なやつに懐かれたキョーマ(笑)
ルワイ偏った日本知識だな~(笑)
ルワイもなかなかの機械?
キョーマが連れてきたのは呉服屋
女将のツバキとは旧知の仲みたいだね

ミヤビと5年前?キョーマの過去は複雑みたい
ルワイに何を着させてるんだかwww
生きていればいつかまた逢えるか…
ルワイの身体もつくりものなのね

女将のジト目wwwww
ミラの浴衣姿( ・∀・) イイネ!

マリーを狙うはルワイ?

ルーザーはナンバーズ探し
エリザベスちゃん髪型と髪色変えた?
フォーがただの一撃でやられた…

ザルバの狙いは百合崎博士の遺産
つまり…

イースター島は因縁の地なのね

ぷぅですかわいいな(*´`)ノ
何?壁に挟まってる系女子( ・∀・) イイネ!
{/netabare}

サルバ=ティネ=ティベスティ
アフリカの小国・イスラの王子にして世界1位のロボットメーカー・イスレロの社長。
また、セントラル60のCOOでもある。

7話{netabare}
キョーマ高校生時代からすごい身体能力だったのねヽ(・∀・)ノ
壁にはさまれてる女の子と会ってみたい今日この頃のカボチャです☆ミ

キョーマが古風なのは雅のおかげヽ(・∀・)ノ
雅ちゃんめちゃくちゃかわいいな(*´`)ノ
スーツ似合わないなキョーマwwwww

キョーマは雅のために百合崎にまで会いに行きグレンデルに入ったのね
コリン・キーズ眼帯おっさんは大体あやしい(;一_一)
結婚まで約束した中だったのにね…

イースター島で何があったんだろうね?
気づいたらキョーマはベッドの上
グレンデル生き残ったのはアルベルトとキョーマだけ

手術はダメで首から上も無くなり…
コイルの暴走ですべてを失ったキョーマ…
キョーマのコイル嫌いはここから始まったのね

ミラの学生服姿かわいくて好きだわ
キョーマ似たような車2台持ちなのな

サルバ王子ヽ(・∀・)ノ
暗躍させずに内密にってわけね☆ミ
総裁スティーブジョブズみたいだなw

イースター島は死の島みたいね
いろんな回収屋勢ぞろい(沙*・ω・)
可能性の虚無の中で動いたコイルがある
その回収が目的(沙*・ω・)

エリザベスとルーザーも来てるみたいね
キョーマたちはそのまま島に行くみたいね
目的地はグラウンドゼロ

クロノトリガーの島みたいイースター島…人災の極み
セドリックモルガン…ジャンヌっぽい

サルバ王子たちの船は撃墜…
{/netabare}

四阿屋 雅(あずまや みやび)
キョーマのかつての恋人で、椿の妹。グレて親からも見離されていた高校時代のキョーマと出会って唯一の味方となり、やがて無二の恋人、そして妻となる

8話{netabare}
別の惑星にきたみたい…コイル文明の先にあるのは…破滅なのかな
キョーマとミラもいいコンビになってきたな(笑)
アルベルトさんは待機かヽ(・∀・)ノ

サルバって孤児院出身で王家の血が繋がってない王子だったのね
能ある鷹は爪を隠す…ルワイは本当に血の繋がった子なのね
サルバは補佐役なのね…
船沈んだみたい…だけど決行生き残ったみたいだね
サルバ王子やラスティも球体に触れて…
ルワイ王子もやるなヽ(・∀・)ノ

もちろんルーザーたちも無事よねwww
きちんとしたルートを選ばないと虚無に呑まれてしまうのね
回収屋はしぶといな(笑)

ただのロボットでさえタチの悪い…
なんでルワイだけ…ターゲットにされなかったんだろうね?
ホモな虚無ってwwwwwww

ラスティは気絶してただけ

ミラもお人よしだねぇヽ(・∀・)ノ
キョーマかっけぇヽ(・∀・)ノプロだな~☆ミ
この兄妹と出会ったのは何かの縁

KK容赦ないなwそして(;一_一)
虚無の中恐ろしいな(・∀・)
イースター島を滅ぼした現況アドラステアに到着
キョーマでも怖い時があるのね…

おっと…ここでルーザーとはいい展開だなヽ(・∀・)ノ
{/netabare}

ルワイ=オーラ=ティベスティ
サルバの弟。大きな瞳をした少年で、人懐っこく、
日本にあこがれを持つ。

9話{netabare}
ここでルーザーと出会ったのは偶然か必然か…

ルーザーもここの島にいた人物
複数のナンバーズの扱い☆ミ
記憶を失ったものはこの先に入る資格はない
キョーマも虚無に呑まれ倒れる

虚無の世界では呑まれた人たちがいるのかな?
サルバ皇子とルワイの身体の秘密?ラスティはこの頃から飼われていたのねw
ここは変えられない過去を何回も繰り返す場所なのかね

ハルカシーマイヤ…百合崎博士の元弟子
ルワイは1回死んでるのかね?…
シーマイヤは神出鬼没だね…シーマイヤ百合崎博士を信奉してるのね
ルーザーの正体は…なるほど!!

スピンダーツがここにあるってことは…
アドラステアへ到着、グラウンドゼロは何もない…

虚無の一歩手前…次元Wの真髄。記憶の場所
あの光はハルカシーマイヤだったのか

ミラの身体は雅の体に合わせて作ったものだったのね

二つの事故は偶然ではなく必然?

{/netabare}

ルーザー
美術品専門の怪盗だが、
一度も犯行を成功させたことがない。
キョーマの過去を知っているようだが……

10話{netabare}
キョーマを守るためミラ戦う( ´ ▽ ` )ノ

ミラだって戦えるんだぞ!!だけど最後の最後で詰めが甘いよな
キョーマ虚無から復活( ´ ▽ ` )ノ
この兄妹ついてくるのね…

キョーマの耳についてたのは?
アドラステアは宇宙開発をしていてのね
転送装置とか開発してたのね
あの球体は転送の時に現れるゲートなわけね
夢と記憶がトリガーになるのかね

さらに新手?ルワイ皇子もサイボーグ…痛手をおってる…
新手はあのサングラスと改造された回収屋か
ルーザーもナンバーズの酷使で疲れてるみたいね
ルーザーの前にはジェイソン?ヒーローマスク☆ミ
この人もナンバーズ使いであり、さらに…
あちこちで派手な戦闘がヽ(・∀・)ノおっぴろげ♪

敷地内で誘導される…KK…ユーリーも操られ
キョーマVSユーリン
さらに虚無落ちしたグレンデルのかつての同士もKKの駒に
ミラたちは排除される…可能性はなければ作ればいい
ミラたちがたどり着いたのは最奥地

キョーマは記憶を消されたみたいだね…だけど少しずつ思い出して
ダグは深い眠りに…KKとは因縁の相手かな

KKと対峙するルワイ…ルワイ死す…
グレンデルの獣の前にKKなんて雑魚
ルワイ皇子身体いっぱいあるのねw
チートかよ(笑)
{/netabare}

KK
ヒットマンの異名を持つコイル回収屋

11話{netabare}
ルーザーとジェイソンの戦いはルーザーの勝利
ナンバーズが5つ揃い…あとはジェネシスを目指すのみ

ルワイの本体は遠隔操作
意識を深く入りすぎると身体から出にくくなっちゃうのね
耳の下についてるやつをとれば虚無から意識がもどるのね
サルバ皇子の登場シーン(笑)
全員が目指す先は一箇所アドラステア到着

無から有を作り出すことのできるコイルジェネシス…
ミラの中にはないみたいだけど…
キャシティさんたち囮の役割にwwwwwww
アドラステアの扉の前にはやっぱり護衛いるものよね
この兄妹もなかなか強いなw
サルバ皇子たちとキョーマとミラも中へ

不正コイルをたどれ…その答えもこの先へ
お先にルーザーヽ(・∀・)ノ
ルーザーの本名はジュリアン・タイラー
真実の目撃者ね

これはルーザーの記憶
ハルカシーマイヤが狂ったのは…
完成した転送装置実験、シーマイヤもジェネシスを作ったのね
ソフィアさんもジュリアンも…

ハルカシーマイヤ生きてたのね?
大きい方のアドラステアの欠片
ジュリアンで成功したのね、転送装置は
キョーマはジェネシスを持って消えたのね

キョーマの記憶の中にジェネシスの在り処が…
ソフィアは現在…とんだ転送生命体に
ハルカシーマイヤ容赦ないな
なかなかのクズで嫌いじゃない(笑)
{/netabare}

イーストリヴァー兄妹
兄妹のコイル回収屋。

12話{netabare}
ソフィア…もう原型は残ってないな…
ルーザーもゲートを開けるようになったのねヽ(・∀・)ノ
ジュリアの呼び声にソフィアにハルカシーマイヤをゲートの中に入れられず…
ルーザー敗北

ハルカシーマイヤ=ソフィア=死体たちって感じなのかな?( ´ ▽ ` )ノ
キョーマは諦めムード…記憶は…
ミラいい相棒だな( ´ ▽ ` )ノ結末を確かめずに逃げるのは雅にね…
壊れた記憶のリンクを直せれば、辿れば記憶を蘇らせる
ミラ容赦ないビンタ(笑)

ハルカシーマイヤに見つかっちゃたよヽ(・∀・)ノ
キョーマはあの時、雅と会っていたのね…
ジェネシスを送り返したのも雅…選択したのは自分たちだった
起きようとするけど…ミラの姿はなく…

OKセルフサービスヽ(・∀・)ノ
兄妹も皇子たちもギリギリ生きてたみたいねwww
ルーザーも満身創痍ヽ(・∀・)ノ

ミラ、コイルが暴走しちゃったのね…
ミラ自己犠牲しようとするが…
キョーマ登場ヽ(・∀・)ノかっこいい~

ジェネシスは今どこに…?
キョーマが持っていて使わなかったから壊した
心の中で壊したのね…ハルカシーマイヤ暴走
最後はみんなで共闘( ・∀・) イイネ!

可能性の海へすべてが消滅…
ミラのコイルは暴走ではなく優しい緑色の光が…
その刹那で百合崎博士と会う…
キョーマたちも無茶するなぁ~

ルーザーは(ヾ(´・ω・`)
ミラに心臓のコイルが…できた?
ミラって最後に名前で呼ばれて嬉しそうヽ(・∀・)ノ

一つの物語が終わり…また(o・・o)/~
また原作が溜まったらやってほしいなぁ~
エリザベスちゃんとかもっと活躍して欲しかったし☆ミ
{/netabare}

投稿 : 2016/03/29
閲覧 : 142
サンキュー:

24

ネタバレ

がぁべら♪ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

難しいかなぁと思ったけど・・・

西暦2072年、人類はX・Y・Zに続く第四の次元軸『W』に存在する無尽蔵のエネルギーを取り出すことに成功し、それを個人携帯用の次元間電磁誘導装置「コイル」に供給する「世界システム」を完成させたことでエネルギー問題を解決し、一見夢の未来世界を築いていた。
しかし、美しく甘い夢の裏には汚く辛い現実があった。
無尽蔵のエネルギーをもってしてもなくならなかった貧困格差は、正規ルートを通さない「不正コイル」による数々の犯罪、警察の手に負えないほどの力を持つ不正コイル犯罪者達をも産み出したのだ。
これは、未来都市セントラル47を舞台にした不正コイルの「回収屋」キョーマと、奇妙な相棒ミラの物語である。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

とりあえず見始めたのですが、結構面白かったデス。
全体的にまとまっていたと思います。
キョーマのopダンスがイイ。
それに強い。
ミラはカワイイ。
ラスト、良かったと思います。

投稿 : 2016/03/28
閲覧 : 80
サンキュー:

10

ネタバレ

タック二階堂 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

主役がおっさんの普通のアニメ。

西暦2072年。
第四の次元「W」から無限のエネルギーを取り出せる
「コイル」により人類は反映の極致にあった。
しかしその裏では、正規外のルートから入手した
「不正コイル」を使った犯罪が発生し、回収に懸賞金が
かけられるようになった。
腕利きの“回収屋”マブチ・キョーマは、ある依頼の中で
謎の少女ミラと出会う。
かつてコイル事故ですべてを失ったキョーマと、自分の
出生の秘密を探るミラは、共に「コイル」の真実を
追うことになるが……。
(公式より)

というお話。

ヒゲのおっさんが主役です。
愛車はトヨタ2000GTで、カッコいいです。

ストーリーは、これ★の数いじってないのではなくて、
すべてにおいて「普通」という意味でオール3です。

化ける可能性もなくはありませんので、もう少し
様子見しようと思います。

------------------第2話視聴後、追記です。

と初回に言っていた矢先に、化けつつあります。
これは思っていたよりも面白いかも。

------------------最終話視聴後、感想です。

けっこう硬派なクールでカッコイイ「どてら」を纏った
おっさんの冒険活劇です。

という風に書くと、ちょっと違うような気もするんだけど、
でも字面だと冒険活劇なのですよね。
もう少し、なんというか精神世界に踏み込んだ話だった
のですが…

ただ、それでも雰囲気アニメにしていないところが好感。
前半の伏線が、なるほどそうだったのねという回収も
見事で、トータルとしてレベルの高い作品だったと思います。
佳作です。

投稿 : 2016/03/28
閲覧 : 218
サンキュー:

9

ネタバレ

Yuyu さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

面白かった

ここまでいい感じに終わったのは意外でした。気持ちのいい終わり方ですね。

かなりぶっ飛んだ設定と世界観でしたが、面白かったです。

ストーリーの運び方が全体的に、ダイジェストみたいと感じてる方も居るみたいですが、自分は別にそこまで思いませんでした。まぁ確かに、ダムの話は駆け足ですが、理解力があれば別に大丈夫かと思いますね。

いやぁ、それにしてもミラがかわいぃっすねぇ。昨今、同じようなテンプレキャラばっかですが、彼女はその中で、カナリ光る物を感じました。

キャラのデザインもいいですが、声優さんも当たりだと思います。

2期こーーーーい!

投稿 : 2016/03/28
閲覧 : 110
サンキュー:

8

ネタバレ

とん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:今観てる

おっさん主人公

■作画
わりと安定していると思います。
アクションも多いですね。

■キャラクター
おっさんがぶっきらぼうでいいですね。
その他のキャラも作中での個性はあります。

■ストーリー
湖の話はちょっとおいてけぼりでしたが
それ以降は難解なところも特になく核心に向かっていきます。

■音楽
OPで踊るおっさんが大人気です。

投稿 : 2016/03/25
閲覧 : 73
サンキュー:

2

ネタバレ

北山アキ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

酷評注意

原索未読

3話まで観て
OPのおっさんダンスが妙にかっこよくて、ロボ子はかわいいけど、
話はつまらない。
テクノロジーの暴走はよくあるテーマ。
その光と闇をどう人物の心理に同期させるかで物語の良し悪しが決まると思う。
今のところ、その辺りの期待値にかみ合ってこない。
中二萌えアニメの域に留まるなら、断念するだろう。

6話でギブ

投稿 : 2016/02/23
閲覧 : 167
サンキュー:

1

ネタバレ

ボア さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

SFが苦手な人でもおすすめ

今期のアニメの中で、一番丁寧に綿密に練られて作られているアニメだと感じました。
特に、作画と、それを動画にした時の細かい動きなどの演出面が素晴らしく、近年ではわかりやすいギャグアニメや萌えアニメが蔓延する中で質で勝負しているアニメだと感じました。
戦闘シーンのカメラワーク(アニメの撮り方)は細かいカットを何枚も使っているようで、カットの切り替えがはやく、みているこっちをワクワクさせてくれます。
ストーリーはややわかりにくいこともでてきますが、ついていけないということはないし、アニメの演出だけでも十分楽しめるアニメだと思います。

(余談ですが、ニコ生のアニメ放送のアンケートでも安定して1のとてもよかったで9割らへんをたたき出しているので、そんなに好き嫌いの分かれるアニメでもないと思います。)

投稿 : 2016/02/04
閲覧 : 90
サンキュー:

10

ネタバレ

ミラシ― さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:今観てる

アニメという枠組みで丁寧に演出

原作でも面白いと評判だったので、アニメをみたらはまりました。
演出面がすばらしく、ストーリーも駆け足気味らしいですが、アニメだけの人でもちゃんと理解できるように、配慮されていてすごくよいアニメだと思いました。

投稿 : 2016/02/01
閲覧 : 87
サンキュー:

7

次の30件を表示

ディメンションWのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ディメンションWのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ディメンションWのストーリー・あらすじ

西暦2072年。第四の次元「W」から無限のエネルギーを取り出せる「コイル」により、人類は繁栄の極致にあった。しかしその裏では、正規外のルートから入手した「不正コイル」を使った犯罪が横行し、回収に懸賞金がかけられるようになった。腕利きの"回収屋"マブチ・キョーマは、ある依頼の中で謎の少女・ミラと出会う。かつてコイル事故ですべてを失ったキョーマと自分の出生の秘密を探るミラは、共に「コイル」の真実を追うことになるが……。(TVアニメ動画『ディメンションW』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2016年冬アニメ
制作会社
オレンジ / Studio 3Hz
公式サイト
dimension-w.net/
主題歌
《OP》STEREO DIVE FOUNDATION『Genesis』《ED》Fo'xTails『Contrast』

声優・キャラクター

小野大輔、上田麗奈、石田彰、中村悠一、鈴木絵理、斉藤貴美子、松岡禎丞、鳥海浩輔、山下大輝、土師孝也

スタッフ

原作:岩原裕二(掲載 『ヤングガンガン』 スクウェア・エニックス刊)
監督:亀井幹太、シリーズ構成:菅正太郎、キャラクターデザイン:松竹徳幸、総作画監督・プロップデザイン:りぱ、アクション監修:江畑諒真、メカデザイン:常木志伸、美術デザイン:谷内優穂/川村巧、美術監督:竹田悠介、3DCGプロデューサー:井野元英二、3DCGディレクター:越田祐史、色彩設計:加藤里恵、撮影監督:出水田和人、編集:定松剛、2Dワークス:荒木宏文、音響監督:明田川仁、音楽:椎名豪/藤澤慶昌、音楽プロデューサー:斎藤滋、音楽制作:ランティス

このアニメの類似作品

この頃(2016年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ