「SERVAMP -サーヴァンプ-(TVアニメ動画)」

総合得点
60.1
感想・評価
193
棚に入れた
1014
ランキング
4271
★★★★☆ 3.2 (193)
物語
3.1
作画
3.3
声優
3.4
音楽
3.2
キャラ
3.3
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

SERVAMP -サーヴァンプ-の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

バトルとギャグとイケメンが多い夏目友人帳みたい?

公式のイントロダクション

☆STORY
{netabare}
高校1年生の城田真昼(しろたまひる)は、道端で一匹の黒猫を拾いクロと名付ける。
ところが、その猫は、サーヴァンプという、契約した人間の言うことを聞く
“SERVANT(下僕)”の“VAMPIRE(吸血鬼)”だった!
契約によってクロの主人となってしまった真昼は、
吸血鬼同士の争いに巻き込まれ戦うことになるのだが…?
吸血鬼×主従契約・現代バトルファンタジー!
{/netabare}

☆KEYWORD
{netabare}
SERVAMP-サーヴァンプ-
契約した人間から血をもらい命令をきく、 “SERVANT(下僕)”の“VAMPIRE(吸血鬼)”。
いわゆる真祖とよばれる、大元の吸血鬼。
一人の人間と契約をし、その人間からのみ血をもらい、主人に従う。
日光の下では、それぞれ何かしらの動物の姿になってしまう。
“怠惰”・“傲慢”・“嫉妬”・“憤怒”・“強欲”・“暴食”・“色欲”の7人が存在する。
…はずだったが、 8人目の“憂鬱”を名乗るサーヴァンプ・椿(ツバキ)が現れて…?!

主人-イヴ-
サーヴァンプと契約をした人間
サーヴァンプに血を与えることによって、サーヴァンプに命令ができる。
自身のサーヴァンプと、一定以上離れることができない。

下位吸血鬼-サブクラス-
サーヴァンプに吸血鬼にされた、元人間の吸血鬼。
自身を吸血鬼にしたサーヴァンプに従う。日光を浴びると灰になってしまう。
{/netabare}


1話目「真昼とクロ」
{netabare}
1話目の公式のあらすじ
{netabare}
幼い頃母親を亡くし、叔父の徹に引き取られた城田真昼。
月日が流れ、15歳になった真昼は初夏のある日、道に倒れていた黒猫を拾う。
その猫を「クロ」と名付け、飼うことにした真昼だったが学校から帰宅すると猫の姿がない。
代わりに暗がりでテレビを見ながらカップラーメンを啜っている見知らぬ男だった。
その頃街では、「吸血鬼が出る」という噂が広がっていた……。
{/netabare}

主人公の真昼クンは小さいときにお母さんが死んで
誰も引き取ろうってしなかったとき
独身のおじさんに引き取られて(「うさぎドロップ」みたい)育てられてたから
誰もやりたがらないことを進んでやろうってするみたい☆

「誰か?誰か?っていつだってみんなが思ってる
そのほうが楽だからとか、自分にはどうにもできないとか
でも、いつだってその誰かに名乗り出てくれる人がいるから世界は回ってるんだ!
オレもその誰かになりたかった。。」

おはなしはバトルとギャグなんだけど
真昼クンの思いが伝わってきてなみだがちょっと出た☆
にゃんもそう思うけどできないから。。


クロが吸血鬼だけどめんどくさがりで
自分から人の血を吸ったりおそったりしないところもよかった☆


バトルアニメだけどコメディが多くって
真昼クンのやさしい気もちも伝わってきて
血とかいっぱい出るんだけど何だかほのぼの☆


さいごだけど龍征クンは大丈夫だったのかな?
バトルだけどあたたかい感じのおはなしだからきっと大丈夫って思いたい☆
{/netabare}

2話目「椿」
{netabare}
2話目の公式のあらすじ
{netabare}
ベルキアに襲われた翌日、真昼が学校へ行くと現場に居合わせた者たちの記憶が改ざんされていた。戸惑う真昼は、昨日襲ってきたベルキアの主人だという椿に心当たりがないか、クロに尋ねるが、まるでないと言う。
そんな二人の前に、和服に、高下駄をはいた男が現れる。不気味な空気を纏う彼こそが8番目の真祖、憂鬱のサーヴァンプ・椿本人だった。
{/netabare}

今日は「KEYWORD」のところに書いてあった
8人目の“憂鬱”を名乗るサーヴァンプの椿がおそってくるおはなし

誰も自分のこと知らないってすねて八つ当たりしてるみたいカモ?


それを助けてくれたのが
有栖院御園クンで公式のキャラ紹介では
{netabare}
“色欲”のリリイの主人。15歳
有名私立高校の1年生で、有名財閥の御曹司。
常に偉そうで、初対面の相手をも「貴様」呼ばわりする。
ツンデレな性格。
体力がなく、少し歩いただけでもすぐに息切れしてしまう。
{/netabare}
って書いてあったけどほんとはいい人みたいで真昼と仲間になったみたい☆


ここまでのおはなしでメインキャラはみんなイケメン^^
気がつかなかったけど女子向けなのかもw
綿貫桜哉クンとさいごにちょっとBLっぽかったかも。。

でも、真昼と別れて帰るとちゅうサーヴァンプにおそわれたのかも?
{/netabare}

3話目「訪れなかった未来について」
{netabare}
3話目の公式のあらすじ
{netabare}
窮地を救ってくれた、色欲のサーヴァンプ・スノウリリイとその主人・有栖院御園。自分に従うよう命じていた御園だが、真昼の言葉に動かされ友人となる。
椿達に対抗するため、主人として未熟な真昼に御園は武器(リード)の使い方を教え……。
{/netabare}

今日のおはなしは

幼なじみで親友だって思ってた桜哉クンが椿のサブクラスだって分かって
真昼の記憶もどこまで本当か分からなくって
守りたいのかやっつけたいのか自分でもよく分からなくなって
追い詰められてくおはなし。。


助けに来てくれた御園クンたちまで
桜哉クンの言葉に迷わされてやられちゃったし
武器もサーヴァンプのクロも
自分の気もちが決まってないと力が出せないみたい

真昼クンは自分の気もちを変えられるのかな?
{/netabare}

4話目
{netabare}
4話目の公式のあらすじ
{netabare}
椿の下位吸血鬼(サブクラス)として真昼の前に現れた桜哉。御園とリリイが傷つけられ、応戦しようとする真昼だったが、親友の裏切りに戸惑い、武器の扱いもままならない。さらに真昼の感情に影響され、暴走したクロが真昼に噛みつき血を飲み、異形の姿になってしまう。
{/netabare}

嫉妬のサーヴァンプ・ダウトダウト(ジェジェ)とイブの骨董品屋が出てきて
サーヴァンプとの契約解除の方法を教えてやるって。。

自分の力におじけづいて怖いって思ったら
その瞬間サーヴァンプは君を丸ごと食っちまう。。って


それから桜哉のおはなし

子どもの命よりお金が大事な親と
桜哉をかばって死んでったお姉ちゃんの悲しいおはなし。。

そして自分の番が来て親に殺されかけた桜哉を
助けてくれたのが椿だった。。って

だから椿って桜哉にとって真昼のおじさんみたいな人(ヴァンパイア)


それで、桜哉と真昼が出会ってからほんとはまだ1年だけど
はじめて会った真昼と友だちになりたいって思ってだましたこと。。


このおはなしってただの敵と味方の異能バトルじゃないみたい☆
{/netabare}

5話目
{netabare}
5話目の公式のあらすじ
{netabare}
桜哉の過去を知った真昼は、友達として自分が椿を止める決意をするが、一向に協力する気が無いクロ。やきもきした真昼は気分転換に近所の祭り会場へ。そこで眼帯にスーツ姿の外国人に、落し物を本部に届けて欲しいとアタッシュケースを渡されて……。
{/netabare}

今日の新キャラは鉄とヒュー(三世?)
桜哉の仲間になってくれそう☆


それから吸血鬼たちを壊そうってしてるグループ「C3」
椿をつかまえる手伝いをしてほしいみたいだけど断っちゃった
外への出口がドアじゃないってゆうのは考えなかった。。

大人対子どもみたいなサブタイトルだけど
桜哉のおじさんみたくいい大人だっているから
みんなまとめてダメってゆうのはダメかも?


さいごは金髪メガネのサーヴァンプ?
ピアノ弾いてる人のモニター見て「兄さん。。」とか言ってたけど
来週はこの2人のおはなしかな?


何となくグロバトルとギャグとイケメンが多い夏目友人帳みたい。。
{/netabare}

6話目
{netabare}
6話目の公式のあらすじ
{netabare}
人間と吸血鬼の共存を理念とする機関C3に連れ去られた真昼。構成員の露木の意見に反発した真昼は、辛くもクロを連れて脱出に成功する。
拠点を白ノ湯温泉に移した一行。御園は椿への対抗策として、椿の下位吸血鬼(サブクラス)を捕えるべきだと考える。そこにとあるカラオケ店にそれらしき人物が出入りしているとの情報が入った。駆けつけた真昼たちの前に現れたのは、黒い服を着て羽根付きのリュックを背負った男で……。
{/netabare}{/netabare}

7話目
{netabare}
7話目の公式のあらすじ
{netabare}
ヒトのコンサート会場を襲った椿の下位吸血鬼(サブクラス)たちは、ロウレスによりほぼ全滅した。真昼は生き残った気弱な少年・ライラックを保護する一方で、ロウレスとの戦い以降、どこか様子のおかしいクロに不安を隠せずにいた……。
{/netabare}
真昼クンがあんまりはっきりしなくって弱いヒーローのままだなぁって思ってたら
こんどはクロが黒い球に閉じ込められちゃった。。

おはなしもあんまり進まなくってあんまり感動もないみたい
いちお続きを見るけどたぶん感想はお休み。。
{/netabare}

8話目の公式のあらすじ
{netabare}
憂鬱サイドのNO.2・ヒガンに連れ去られてしまったリヒト。御園は、ヒガンが落として行った携帯電話を使って、強欲組奪還に向けて、動き出す。そして、真昼は原因不明のまま小さな黒い球体に閉じ込められてしまったクロを助けるべく、嫉妬の主人(イヴ)への接触を試みる。
{/netabare}

9話目の公式のあらすじ
{netabare}
椿の滞在先である高層ホテルへと潜入した御園たち。御園は地下へ、鉄とヒューは最上階へ二手に分かれる。しかしそれこそが椿側の狙いだった。御園が桜哉に足止めされている頃、鉄とヒューは二人でヒガンを含むその他の下位吸血鬼(サブクラス)と対峙することに。
クロを助ける方法を探す真昼は、嫉妬の主人(イヴ)・御国の知り合いである研究者・ヨハンの薬によって、インナーワールドへ入り込む。あまりに重い過去――自責の念に囚われるクロに対し、真昼は……。
{/netabare}

10話目の公式のあらすじ
{netabare}
負傷したまま最上階に拘束されたリヒトとロウレス。意識を取り戻した二人が聞いたのは、壁を隔てた互いの声だった。
誰もが、特別になどなれないと諦観するロウレスに、拘束と壁を壊して向き合うリヒト。遂にぶつかり合う主人(イヴ)とサーヴァンプ。その戦闘の最中、何も目指さず望まず、努力もしない奴に、“自分“を語る権利などないというリヒトの言葉に煽られ、激昂するロウレスは、自身のインナーワールドへとリヒトを呑みこんでしまう。そこで紐解かれるロウレスの哀しき過去とは――。
{/netabare}

11話目の公式のあらすじ
{netabare}
リヒトによって、哀しきオフィーリアとの過去を乗り越えたロウレス。
再び現れたヒガンを前に、主従として新たな絆を結んだ二人だったが……。さらに、御園&スノウリリイ、鉄&ヒューにも危機が差し迫る中、遂にあの二人が駆けつける―――。
{/netabare}

12話目
{netabare}
12話目の公式のあらすじ
{netabare}
家族同然の仲間たちを殺められた怒りから、ライラックはロウレスの契約の証であるペンダントを奪い、椿の手に渡してしまう。真昼達と対峙した椿は、自分が捜していた人物がクロだったと告げ……。吸血鬼VS吸血鬼の兄弟戦争、ついに終焉へ。
{/netabare}

分かりにくいおはなしだったけど
クロが先生(サーヴァンプを作った人)を殺したのは
先生が人間を殺してサーヴァンプを作ってたから?

何度も見たけどそれがよく分からなかったから
何だか椿が先生の復しゅうをしようってしてたみたいだったけど
気もちがよく分からなかった。。
{/netabare}


見おわって


キャラが多すぎてごちゃごちゃして
感動的なこと言ったらしてるんだけど
気もちが伝わってこなかった


ただイケメンキャラと動物キャラがかわいくって
ちょっとコメディがあるからさいごまで見られたかな?


殺したり血が出たりするところをなくしたら
ほのぼの日常系でよかったかもだけど
ほのぼのとグロバトルってあんまり合わないみたい。。

投稿 : 2019/11/29
閲覧 : 684
サンキュー:

37

ネタバレ

がぁべら♪ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

吸血鬼のバトルアクション

「シンプル」がモットーの高校1年生・シロタマヒルは、ある日道端で1匹の黒猫を拾い「クロ」と名付ける。だが、その猫はサーヴァンプという、契約した主人の言うことを聞く吸血鬼だった。契約によってクロの主人となってしまったマヒルは、吸血鬼同士の争いに巻き込まれることになるというストーリーです。
----------------------------------------------

絵やキャラは見やすいデス。
ストーリーは、いわゆる吸血鬼達の度を超えた兄弟げんかといった感じですかねぇ。個々にトラウマを持ち、こじらせちゃった感があります。
引き込まれる展開が少なく、よく分からないまま終わっちゃって、何か残念デシタ。

投稿 : 2017/09/02
閲覧 : 149
サンキュー:

3

ネタバレ

anime さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

向き合えね〜・・・

黒猫を拾った少年が吸血鬼と契約してしまい、吸血鬼間の闘いに巻き込まれてしまうお話。吸血鬼が人間のサーバントとなって激しくバトルします。メインキャラはみんな可愛い男の子たちということから、女性向け少年マンガっていう感じ。

吸血鬼が人間の下僕になるとか、主人公のサーバンプが引きこもりキャラ(吸血鬼であることとの2つの意味で日光に向き合えない)なんていう設定はおもしろいなと思った。

あと作画も色々変化があって飽きさせなかったと思う。ゆるキャラ調のギャグパートやスリリングなバトルシーンはもちろん、サーバンプの心の中に入り込んでいくところの描写なんかはアニメーションならではって感じ。

ただストーリーで、バトルする動機みたいなところの描写が薄すぎるところが残念だった。最後のまとめ方もかなり無理矢理感があったし。

投稿 : 2017/02/26
閲覧 : 114
サンキュー:

2

ネタバレ

Sakiko さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

何度も見たくなる(≧∀≦)

吸血鬼が出てくる作品は沢山ありますが、太陽にあたってコウモリはもちろん、ネコやキツネ・チョウ・ハリネズミ・ヘビに変わるなんて作品は"SERVAMP -サーウ゛ァンプ-"だけ!!
シリアスな雰囲気あり、ギャグあり、30分がとても短く感じる作品です。
兄弟達の戦い・言い合いから一瞬も目が離せません!!

投稿 : 2017/02/01
閲覧 : 115
サンキュー:

2

ネタバレ

渚のジョニー さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.5
物語 : 1.5 作画 : 1.5 声優 : 1.5 音楽 : 1.5 キャラ : 1.5 状態:途中で断念した

微妙

3話でギブアップしました。ちょっとありがちな展開が正直つまらないです。主人公が吸血鬼拾って戦いに巻き込まれるとかはありふれてますね。女性には人気があるかもですが男性は特に観なくてもいいと思います。

投稿 : 2017/01/04
閲覧 : 107
サンキュー:

1

ネタバレ

サビノカタマリ さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

いい話 

スタッフ↓
原作:田中ストライク「月刊コミックジーン」連載(KADOKAWA刊)

総監督:更 一灯
監督:中野英明
シリーズ構成:古怒田健志
キャラクターデザイン:山中純子

総作画監督:山中純子 小林利充
プロップデザイン:杉村友和
アクション作画監督:才木康寛
美術監督:黛 昌樹
色彩設計:のぼりはるこ
撮影監督:浅川茂輝
編集:木村佳史子

音楽:川井憲次
音楽プロデューサー:関根陽一 竹山茂人
音楽制作:ランティス

音響監督:亀山俊樹

アニメーション制作:プラチナビジョン ブレインズ・ベース


主題歌↓
オープニングアーティスト:OLDCODEX
エンディングアーティスト:寺島拓篤


キャスト↓
城田 真昼:寺島拓篤 七瀬彩夏(幼少期)
クロ:梶裕貴

椿:鈴木達央
綿貫 桜哉:鈴木裕斗
ベルキア:松岡禎丞
オトギリ:種崎敦美
シャムロック:羽多野渉
ヒガン:藤原啓治
ライラック:大地葉
スノウリリイ:堀江一眞
有栖院 御園:下野紘
ユリー、マリー:生田善子
暴食:諏訪部順一
憤怒:小清水亜美
ジェジェ:津田健次郎
有栖院 御国:柿原徹也
ヒュー・ザ・ダーク・アルジャーノンⅢ世:村瀬歩
千駄ヶ谷 鉄:小野友樹
ハイド:木村良平
リヒト・ジキルランド・轟:島﨑信長
龍征:大河元気
虎雪;西山宏太朗
城田徹:上田燿司
ユリ―&マリー:七瀬彩夏 千本木彩花
桐堂:髙橋孝治
露木修平:石川界人
浪谷吊戯:神谷浩史
月満弓景:小野大輔
車守盾一郎:細谷佳正
クランツ=ローゼン:緑川光
ギルデンスターン:武内駿輔
ヨハネス・ミーミル・ファウストゥス:遊佐浩二
オフィーリア:内山夕実


吸血鬼の戦争の話。
最初は、真昼が猫(クロ)を拾ったのが始まり。


OPの曲のサビ部分がめっちゃ好き!
キャラも結構好き! 
クロもいいし、リヒトとロウレスのペアも好き♡
ストーリーも好みだなって、思った。
特に、桜哉の話・過去のロウレスの話が好きかな。
ラストのお話もいい話だったな。
最後、泣けました。

投稿 : 2017/01/02
閲覧 : 108
サンキュー:

1

ネタバレ

Julie さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

最初はただの吸血鬼の物語化と思っていたけど、人を襲う吸血鬼の物語ではなく 吸血鬼同士の争いや事情の話だったので、新鮮で一気に全話見てしまうほどはまりましたw
最後もツバキが殺されるかと思ったが予想外のエンディングで感動しました!

投稿 : 2016/12/31
閲覧 : 95
サンキュー:

2

ネタバレ

どらむろ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

(女性向けの)中二病バトル&キャラ萌え路線。ファン向けな面もありますが、後半の絆の話は良かったです。

月刊コミックジーンの漫画原作、全12話。
主人公含む人間と、相棒の「サーヴァンプ」という吸血鬼がコンビを組み、7組が2派閥(+1)に分かれて異能バトルする感じ。
基本、女子いません。
パートナー同士の絆と、兄弟間の確執も含めた関係性が見所でした。
あとネコ好きor梶裕貴ファンの方にはオススメかも?

…多過ぎるキャラや設定が詰め込み過ぎ、一見さん(私)は戸惑うのが難。
絆のドラマは割と良く、全体の流れはシンプルなので、(一見さんで気楽に流し見ても)印象は悪くなかったです。

{netabare}『物語』
お人好しな主人公・真昼(人間の高校生)が「怠惰のサーヴァンプ」クロと出逢い、契約。
サーヴァンプとは契約した人間から血を貰い命令に従う(といっても、関係性は様々)吸血鬼で、七つの大罪を冠した7人兄弟。
普通の高校生で平穏を好む真昼(と怠惰なクロ)であったが、吸血鬼同士の抗争に否応なく巻き込まれるのだった…。
人間と人外がコンビ組んで戦う系の中二バトル、その過程で他のコンビと出合って交流したり、確執のドラマが繰り広げられる。

基本的に「キャラ萌え」作品、カワイイ少年たちの関係性やリアクションが見所でしょうか。
怠惰なクロの黒猫形態がけだるげで可愛かったり、他コンビの少年たちの関係も面白かったり。
主人公陣営は常識人多く、敵陣営はエキセントリックな狂人多い。
…主に味方陣営のボケツッコミのノリが楽しそうな雰囲気なのが、後述の置いてけぼり感の中でも最低限は視聴続けられた見所でした。

少ない尺に大勢のキャラ詰め込んでいる&敵のテンションがおかしい為か、(よく分からんけど2陣営が何かで争ってるんだなー?)と何となく分かる感じ。
(原作ファンではない一見さんには)キャラに思い入れ感じる間もなくドラマが進むので、悪くはないものの良くも無いです。

そんな流れの中で、中二バトルも微妙。
でもよく分からん異能多かった中では、頭の良い御園(と相棒のリリィ)の戦い方は中々良かった。
ハッタリ利かせた古くさいノリは嫌いじゃ無いです。
…ただ、前半は「誰が敵で味方か?こいつら何のために戦ってるのか?」がイマイチ分かり難く、漠然とバトルしている感も。
また、やる気の無いクロが敵にやられて瀕死→サーヴァンプだから平気
な流れが些かワンパターン。
主人公組があまり活躍しないのは…。


中盤まで何となく観ていくと…
吸血鬼たちの兄弟ゲンカの理由や、各々の過去のトラウマが判明してくる辺りから面白くなってくる。
10話のロウレスの過去エピソードが良かったです。
ロウレスが愛した人間の女性はとある国の姫、気高き姫が国の為に自ら犠牲となるが…報われぬ哀しき結末。
ドラマチック!これはロウレス、こんなにも苦しいのなら愛などいらぬ!となるのも分かりました。
相棒のリヒトとの関係性も良い感じ、絆パワーで反撃に転じる流れは盛り上がった。
11話。いつもけだるげだったクロがロウレスに「ありがとな、許さないでくれて」も、結構グッと来ました。
怠惰さの裏に潜むクロの真意、兄弟の確執の中心にいるクロの想いを受けて、兄弟の絆が固まり、ラスボス戦に至る。
…ラスボスの憎悪と解決の流れは良く言えば王道ながら、やや拍子抜けでした。

…総じて、最後まで通して観ると案外よく纏まっていたキャラドラマでした。
一見さんにも、兄弟ケンカの最低限の事情は伝わった。
ただ良さが分かるのは通して観た場合なので、前半の詰め込みでの置いてけぼり感と、キャラ多過ぎる故の個々の印象が散っているのが惜しい。
3点か迷うところ。惜しい面は多いものの、後半が良いので、視聴後の印象は悪くないです。



『作画』
キャラデザは良かったのでは。
クロのけだるい感じや、御園の表情変化などが萌え所か。
異能バトル描写は悪くはないものの、演出が微妙。

『声優』
梶裕貴さんのけだるげな感じがかなり良かったです。本気モードとのギャップも。
…そういえば梶くん「ばなにゃ」でもネコだったw
下野紘さんのツンデレ美少年も絶品。
村瀬歩さんのショタ演技も流石。
声優陣は豪華、藤原啓治さんの貫禄も流石でした。
リヒト&ロウレス組の島﨑信長さん&木村良平さんコンビも終盤熱演。
…松岡禎丞さんの、リゼロの怠惰と並行しての狂人キャラも注目でした。
松岡さん、狂人役が上手すぎる。


『音楽』
(出だしいきなり)海老食べられたああああ!
それガチ奈良公園大きい系  部屋の位置は決まってぬ少女
ピーマンで悲しみ降参した 宮根ボタンが詰み乙ずっと白い 
飢えて正座なう更生した 
…叫べロビンです断罪者!サラダ召すから すっぴん性格薄っすい!
合コン狙いの30歳 ✝闇の支配者けんたろうさん✝ ウェルカム節約なう
(ここからサビ)
海老、タイ米、カレー、チーズ 外に行ってみろ→わぁ近場 
腐ったらやべえ
…以下ラストまで一気に

…ニコニコ動画でのOPの空耳です。
「最弱無敗のバハムート」「プリンス・オブ・ストライド・オルタナティブ」
に続き、2016年度アニソン空耳アワードはサーヴァンプOPに決定♪
うーむ、不思議と何となく意味が通っているような?
なんか、空耳歌詞の人物像が見えるw
何故適当な空耳なのに意味が通るのかw


『キャラ』
主人公の真昼は容姿とお人好しの性格が何となく「実は私は」の主人公黒峰朝陽と重なる。性格はかなり違いますけど。
熱血で正義感の強い好少年、主人公の資質は高いハズなんですが…
どうも多数のキャラに埋もれてしまった感。
…真昼の親友の桜哉(さくや)も友情と目的の狭間で揺れる良いキャラでしたが、やはり詰め込み展開の為か印象が薄い。

怠惰のクロがけだるげで可愛かった。人間形態も、ネコ形態も。
またクロ殿が死んでおるぞー!
やる時はやる男、しかし真の魅力が分かるのが終盤辺り。
「許してくれてありがとう」ではなく「許さないでくれて」ありがとうな辺りが良いキャラだと思った。
怠惰な態度の裏には、兄弟たちの業を1人で背負った重みがあったんですな…。

主人公組よりも、御園&リリィ組と、リヒト&ロウレス組の方が印象に残った。
ツンデレ美少年良いですな。人間主人の精神力と知恵で司令塔としての活躍良し。
作風違いますが何となく、御園は黒執事のシエル君っぽい。

チビ吸血鬼ヒューが可愛い。

椿を筆頭に、敵は戦闘狂多かったが多過ぎて埋没していた感。藤原啓治さんキャラの強キャラ感は良かったんですが…
4点か迷うところ。主要キャラのポテンシャルは高いので、キャラに愛着持てた人ならば一段評価上がりそうです。{/netabare}

投稿 : 2016/11/22
閲覧 : 131
サンキュー:

16

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

タイトルなし

「シンプル」がモットーの高校1年生・城田真昼は、ある日道端で1匹の黒猫を拾い「クロ」と名付ける。
だが、その猫はサーヴァンプという、契約した主人の言うことを聞く飼われる専門の吸血鬼だった。
契約によってクロの主人となってしまった真昼は、吸血鬼同士の争いに巻き込まれることになる。




*声優豪華でいい作品です。
2期もあればいいなと思ってます。

出演者:寺島拓篤、梶裕貴、鈴木達央、松岡禎丞、羽多野渉、下野紘、堀江一眞、諏訪部順一、柿原徹也、村瀬歩、小野友樹、木村良平、島崎信長、緑川光

投稿 : 2016/11/12
閲覧 : 177
ネタバレ

りゅうき さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

タイトルなし

原作は好きなんですが・・・
最後らへんは頑張って詰め込んだっていう感じであまり面白いとは思いませんでした。
なんか椿の倒され方が納得いかない・・・
音楽、作画はいい。 声優、キャラはとてもいい。
なのに、最後らへんのストーリー構成が下手で面白くないと思われてしまった惜しい作品だと思います。

投稿 : 2016/11/06
閲覧 : 110
サンキュー:

3

ネタバレ

chariot さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

女性向けのキャラ萌え作…でいいのかな。

漫画原作、全12話。
バトル+ファンタジー+友情…かな。
女性向け漫画誌掲載作品だけに男子多めで女性向け。


人である主人<イブ>と契約して命令に従う吸血鬼<サーヴァンプ>
高校生の城田真昼が拾った黒猫<クロ>は実はサーヴァンプで…
真昼はクロと共にサーヴァンプたちのいざこざに巻き込まれて行く。


シンプルにまとめます。
{netabare}序盤から掘り下げも少ない級友が実はサブクラスだった!とか言われてもダメージがなさすぎです…{/netabare}
真昼がいいヤツなのはわかるけれど、信じてるだ友達だなんだと熱すぎて逆に冷める…
この時点で真面目に視聴していなくなっているので物語に入り込めず。。
ラストも非常にアバウトでちょっと評価しにくい感じでした。

{netabare}ロウレスの過去編は結構しっかりやっていて面白かったのでロウレスとリヒト組は割と良かった気もしますが、全体的に人が多いのに浅いのでキャラ萌え向けなのかもしれません。
ただ、どんなに良く見せてもライラックの言うようにあれだけの虐殺(サブクラスであっても)を行なっておいて笑っていていい存在ではないと思うんですが…{/netabare}

あまり深く考えずに観た方がストレスはないかと思います。


吸血鬼要素はあまりなく、設定上でいくらかある程度。
血を吸わなくてもとりあえず大丈夫っぽい。
陽に当たると灰にならずに固有の動物になる。(クロなら猫)
濃いキャラ付けで基本的に人もサーヴァンプも変人率高し。
僕のように偏屈な人は観ると文句しか言わないと思うので観ない事。

続きが気になるでもなくダラダラ観ていた感じになってますのでもっと個々に感情移入出来る方なら楽しめるかもしれませんが…ラストがラストだけにおススメはしたくないです。。


雑記:
{netabare}好きなキャラ:クロ
人型より猫の時の方がいいな。
やる気のない感じは良かったです。
「モフモフな俺に癒やされろ~」
「癒されるか!」←お前わかってないな。。。

OP曲のデスボ。
達央さん喉壊すからやめなさい……

で、結局ヒューはどこで発見されたの???{/netabare}

投稿 : 2016/11/02
閲覧 : 123
サンキュー:

8

ネタバレ

大先生 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

きもい+好き

ツイッターログ
上から古い

視聴中
【SERVAMP-サーヴァンプ-】

ニコニコアニメスペシャル「SERVAMP-サーヴァンプ-」全12話 一挙放送 - 2016/10/01 19:00開始 - ニコニコ生放送


視聴中
【SERVAMP-サーヴァンプ-】
ホモか?
やばいきもい
梶さんこんな声も出るのか
シンプルにシンプルに繰り返しときゃいいだろ感が出てて好きじゃない。
猫がかわいい。クロ好き。
リストバンドプレゼントとかきもい・・・
主人公もさくやもキモい。


視聴中
【SERVAMP-サーヴァンプ-】
こういう女性向けアニメの主人公とその友人はキモいの法則
猫が可愛い
ミソノとクロが好き。まともキャラ好きなんだなあ。
さくやが一番嘘ついてんだよなあ・・・。
リリィハウルに見える
なんだよこのプリクラみたいな画面


視聴中
【SERVAMP-サーヴァンプ-】
サクヤの過去があったらもっとキチガイになっててもおかしくないと思うんだけど
え、中学生なのかこれ
癒やされろー
お、神谷さん出てきた。神谷さんのすごいところはちゃんと自分がウケる層のアニメに出ることだよなあ・・・。お固くならない。



視聴中
【SERVAMP-サーヴァンプ-】
あれ、やっぱ高校生じゃん。ん?
椿はもともとクロのサブクラスだったとか?
天使君好きだ。
下野さんチビキャラはまるよなあ。
こういう女性向けは人間関係に全体の構成とかまったくないよな。お互いの関係性しか存在しない。


視聴中
【SERVAMP-サーヴァンプ-】
犠牲の上での平和で涙が出て来る。
この直後で親殺しはヤバいだろなあ。
望め
技のときにプリクラみたいなの出て来るのやめて欲しいんだけど
戦ったあとの心理についてわからない部分多かったけど最後のこれがやっつけすぎてヤバい。



終わった。キャラとして好きだったのはクロと天使ちゃんとちっちゃいやつかな。
アンケ低くてワロタww

投稿 : 2016/10/14
閲覧 : 65
サンキュー:

2

ネタバレ

殤不患-ショウフカン さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

面白かった

最初は、ありきたりの話で惰性で見てたけど
最近何だか面白いし第十話は何か感動した。

イヴに飽きるとイヴを殺してしまうサーヴァンプ”ロウレス”が
イヴのリヒトに心を動かされる話だけど台詞が熱かった!!

リヒタンのファンになったわ。

投稿 : 2016/10/07
閲覧 : 78
サンキュー:

2

ネタバレ

ゆきうさき さんの感想・評価

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

大人が観るにはちょっと恥ずかしかった

クロと出逢ったことも運命的ではなく結びつきは薄いように感じたし、そこから展開されるストーリーも主人公自身の悲劇や抱える闇のようなものがあまり無かったので、
お腹いっぱいなバトルシーンや飾り付けられたキャラ達には正直胃もたれしそうなくらいなのに
最後の最後まで物足りない感があるまま終わってしまいました。

一人一人のキャラは個性的でキャッチーなので小中学生の頃に観ていたら楽しめていたかもしれない。
大人が観るには内容的にもとても熱中出来る作品では無いと思いました。

何を求めてこのアニメを見始めたのか今となっては解らない。
自分に合う作品を見極めるのって大切だなーと気づかされました。

投稿 : 2016/10/03
閲覧 : 78
サンキュー:

1

ネタバレ

K さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

キャラが魅力的。

原作も読んでますが、みんなが動いたり喋ったりしてるの見れて嬉しかったです。
真昼のthe主人公っぷりの明るさにたまにいらっとしますが、クロの存在がいいかんじにそれをカバーしてくれていいパートナーだと思いますw
サーヴァンプ一人一人に暗い過去があってそれをパートナーと乗り越えていくところが良いです。
声優も豪華ですし、キャラクターも魅力的で好きな作品です。
アニメは最後わけわかんないかんじで終了してしまいましたが、二期も是非やってほしいです。

投稿 : 2016/10/01
閲覧 : 78
サンキュー:

1

ネタバレ

Kaya さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

タイトルなし

1話で断念

投稿 : 2016/07/21
閲覧 : 87
サンキュー:

1

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観たい

おもしろい!!!

クロカッコいい!!!

投稿 : 2016/07/05
閲覧 : 96

ミカチュー さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/11/08
閲覧 : 2

林檎 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2019/06/30
閲覧 : 7

いろは さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2019/06/08
閲覧 : 4

iksg さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 2.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

投稿 : 2019/02/11
閲覧 : 6

踏切太郎 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:途中で断念した

投稿 : 2018/11/30
閲覧 : 8

( ´_ゝ`)y─┛ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

投稿 : 2018/11/10
閲覧 : 8

nm. さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2018/08/30
閲覧 : 7

まー さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2018/06/26
閲覧 : 7

マウイんぐ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.6
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

投稿 : 2018/04/07
閲覧 : 14

qHiiM83750 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2018/02/04
閲覧 : 9

ちほ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2018/01/09
閲覧 : 14

さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2018/01/04
閲覧 : 9

彩華凛 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2017/11/09
閲覧 : 15
次の30件を表示

SERVAMP -サーヴァンプ-のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
SERVAMP -サーヴァンプ-のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

SERVAMP -サーヴァンプ-のストーリー・あらすじ

高校1年生の城田真昼(しろたまひる)は、道端で一匹の黒猫を拾いクロと名付ける。ところが、その猫は、サーヴァンプという、契約した人間の言うことを聞く“SERVANT(下僕)"の“VAMPIRE(吸血鬼)"だった!契約によってクロの主人となってしまった真昼は、吸血鬼同士の争いに巻き込まれ戦うことになるのだが…?吸血鬼×主従契約・現代バトルファンタジー!(TVアニメ動画『SERVAMP -サーヴァンプ-』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2016年夏アニメ
制作会社
ブレインズ・ベース / プラチナビジョン
公式サイト
www.servamp.jp/
主題歌
《OP》OLDCODEX『Deal with』《ED》寺島拓篤『sunlight avenue』

声優・キャラクター

寺島拓篤、梶裕貴、下野紘、堀江一眞、柿原徹也、津田健次郎、小野友樹、村瀬歩、島﨑信長、木村良平、鈴木達央、松岡禎丞、鈴木裕斗

スタッフ

原作:田中ストライク
総監督:更一灯、監督:中野英明、シリーズ構成:古怒田健志、キャラクターデザイン:山中純子、総作画監督:山中純子/小林利充、プロップデザイン:杉村友和、アクション作画監督:才木康寛、美術監督:黛昌樹、色彩設計:のぼりはるこ、撮影監督:浅川茂輝、編集:木村佳史子、音楽:川井憲次、音楽プロデューサー:関根陽一、音楽制作:ランティス、音響監督:亀山俊樹、音響制作:グルー

このアニメの類似作品

この頃(2016年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ