【閲覧注意!】最高に怖いホラー系のアニメを厳選したけど需要ある?

【閲覧注意!】最高に怖いホラー系のアニメを厳選したけど需要ある?

「怖い」と一言にいっても、トラウマ系だったり、グロテスク系だったり、幽霊系だったり、意味不明な表現による不気味さ系だったり…色々な怖さが存在します。
アニメの中でも、アニメならではの表現方法で上記のような怖さを強調したホラー作品が存在します。
その中でも色んな意味で、多くのユーザーが
「怖くなった」
と言っていたアニメの中から厳選して、数作品だけ、ご紹介します。

闇芝居

闇芝居 / 【閲覧注意!】最高に怖いホラー系のアニメを厳選したけど需要ある?

出典: http://pbs.twimg.com/

あらすじ
昭和の紙芝居風に語る日本にある都市伝説的なストーリーの大人向け短編アニメーション。
アプリとも連動し、都市伝説キャラを捕獲するゲームが配信され、番組放送中に仕掛けが施されている。

ユーザーの声

howmuch
ホラー系が苦手なのですが、怖いもの見たさで観てしまいました。

結構怖かったです!

話によって、わけわかんなかったり、マジで怖かったりと様々ですが、一話数分で見終えることができるので損した気がしませんでした。

ラスト二話と傘神様が特に怖かった気がします。

紙芝居のような絵が独特で恐怖心をかきたてられました。

ダマサキ
5分アニメだが、なかなか怖い回もあったりして、気軽に観れて良かった。
作画が独特なので人を選ぶかもしれないが、個人的には斬新で好きだった。
ホラー好きな人は、とりあえず1話だけでも観てみると良いと思う。

ひぐらしのなく頃に

ひぐらしのなく頃に / 【閲覧注意!】最高に怖いホラー系のアニメを厳選したけど需要ある?

出典: https://pbs.twimg.com/media

あらすじ
舞台は、鹿骨(ししぼね)市にある雛見沢村と呼ばれる、人口2,000人に満たない寂れた村である。過去に、この村はダム建設による村の水没を、村民の団結した行動で阻止しており、村の連帯感は今も強固である。
ダム建設計画の無期限凍結から5年後の昭和58年、前原圭一はこの村に引っ越してくる。彼は、持ち前の性格と明るさで、新たな学校や友人に打ち解けていく。
しかし、そのまま楽しく平和に過ぎていくと思われた日常は、綿流しという祭りの日から、様相を変えていくことになる。
過去4年連続で、綿流しの日に起きたという怪死事件。そもそも、雛見沢村にはどんな秘密があるのか…。

ユーザーの声

るぅるぅ
ひぐらしのなく頃に    26話
ひぐらしのなく頃に 解  24話 と、50話を観ないと開かずの森で迷い続けるでしょう。

1期・2期を観終わって納得・評価する作品とだけ申し上げます。

伝奇・怪奇ホラー推理という位置付けになる作品です。

鬱・殺・疑心・祟り・ループ・村という世界観のなかで・・・また死ぬ と嘆きたくなります;

印象深いシーンは、いくつかありますが・・・観る楽しみが減るので言いたくないですね。

そして思い出したくもないですね;

各話終わりの次回予告「あなたは信じられますか」というフレーズが流れると、私は何も信じられない といつも感じさせる、このフレーズは本当に心がすり減っていきます;
希望が欲しい・・・これが1期の狙いかな かな とレナ口調になるほど精神的に病んでいきます;

決して1期だけでは語れない作品です。

watawata
グロいのでは無い‼︎ 怖いのだ‼︎

グチョ、ゲロっと人が殺される描写が苦手で、世間一般で言われるグロ耐性が無い為、今まで敬遠して来た作品。周りの勧めも有り、重い腰を上げて完走を決断。
うん、確かに血飛沫が飛び散り、人が刃物で切り刻まれ、無残な死体の描写が多々有りましたが、某ミュータントが登場する作品と比較すると、過激なシーンは適切なエフェクト処理がされており、此れならお子様にも安心して見せられるマイルドなレベルだと・・・・w ( 嘘です、トラウマになりますので適性年齢になるまでは見せないで下さいね。) 前以て、身構え、ハードルをマックスまで上げていた為か、何とか問題無く視聴を進めることが出来ました。但し、グロの表現は許容範囲内でしたが、恐さは最高に煽られました、言うなら恐怖心で寒気を感じるレベルの作品で有ると認識しました。

Another

Another / 【閲覧注意!】最高に怖いホラー系のアニメを厳選したけど需要ある?

出典: http://livedoor.blogimg.jp/

あらすじ
その学校のそのクラスには、誰にも話してはならない“秘密”がある・・・。
1998年、春。夜見山北中学に転校してきた榊原恒一(15歳)は、何かに怯えているようなクラスの雰囲気に違和感を覚える。
不思議な存在感を放つ美少女 見崎鳴 に惹かれ、接触を試みる恒一だが、いっそう謎は深まるばかり。
そんな中、予想もしなかった惨事が! この“世界”ではいったい、何が起こっているのか…?

ユーザーの声

さむらいえっじ
個人的に凄いと感じた点はBGMなどの中に紛れ込む「不可解な音」です。
イヤフォン、ヘッドフォンで作品を観ていると、「今の音はなんだろう?」みたいな音が所々にちりばめられており、これが上手く恐怖心を煽ってくれます。

誰かが怪我、死亡するといったシーンに関しては、グロテスク作品に多く見られる、極端に過激な部位欠損ではなく

刃物や突起物が致命傷になる部分に刺さる。
エレベーターが落下して体を強打する。
ボートのスクリューに巻き込まれた。

など、過去に現実世界の事故や殺人事件として報道されたことのある内容だったり、割とリアルに痛さが想像できる分、観ていてゾッとしました。

six stars
すべて見終わっての感想
「最後まで見て良かった!」
「恐怖に耐えてよく頑張った!」
「あれ?オレ少しグロ耐性が上がった!?」

ビビリな私には怖さでミステリー要素なんてちっとも頭に入ってきませんでしたが、
中盤から後半くらいでようやく自分はミステリーを見ているということに気づかされました。
ちゃんと思い返すといろんな伏線が張り巡らされおり、ミスリードを誘う部分もあって
ミステリーとしてもしっかり描かれていることに感心します。

とにかくグロ、ホラー、ミステリーのバランスが非常に良いので怖さを忍んでも見る価値アリかなと思います。

黄昏乙女×アムネジア

黄昏乙女×アムネジア / 【閲覧注意!】最高に怖いホラー系のアニメを厳選したけど需要ある?

出典: http://blog-imgs-50.fc2.com/

あらすじ
度重なる増築により迷路のように入り組んだ私立誠教学園。中等部一年の新谷貞一(にいやていいち)はある日、旧校舎で迷い偶然たどりついた部屋で、不思議な雰囲気を纏う少女・庚夕子(かのえゆうこ)と出会う。彼女は自分を“旧校舎の幽霊”だと言う。自分の過去を思い出せない夕子の為、貞一と夕子は「怪異調査部」を立ち上げ、この学園で語り継がれる数々の怪異を解き明かしていく。

ユーザーの声

コヤ
ジャンルは何に分類されるのでしょうか?
ホラー?ラブコメ?ギャグ?感動系?萌え系?
沢山の要素が詰め込まれております。
ストーリーは怪談の謎を解き明かしていくのが基本みたいですね。
ギャグとエロ要素だけかなと思っていたらちゃんとホラーなところもあり、怪談の謎も、なるほどそうかと納得出来ました。
しかも、謎解きだけのストーリーであれば若干なりともダルくなって来そうですが、7話からまた物語が始まっていきます。そこからは結構ノンストップで観れました。
設定が設定だけにラストは容易に予想がつくのですが、分かっててもやっぱり泣けてしまいます。
ちゃんもり
さて、本作はよくあるありきたりなインパクトだけを狙ったホラーものではなく、「恐怖」という感情の本質に上手くスポットを当てていたな、と感じます。
霧江が自分の血縁や貞一に対する感情の変化によって見えるものが変わったり、アカヒトさん事件を使って集団心理が人を狂気に駆り立てる様を演出したりと、人の心理状況の変化が恐怖そのものを生み出すシステムを上手く演出しています。
そして中盤までの怪談ネタが終盤に向けての謎解きのピースとして ガンガン埋まっていきます!
2人の関係もうまくいきそうで微妙にすれ違う絶妙のハラハラ感に見事に引き込まれ、最後は予想してはいたものの危うく泣かされそうになりました^^
ぶっちゃけせつな系のエンドで締めてほしかった気もしますが、シナリオ構成的にはかなり高レベルだと思います。

地獄少女

地獄少女 / 【閲覧注意!】最高に怖いホラー系のアニメを厳選したけど需要ある?

出典: http://blogs.c.yimg.jp/

あらすじ
最近、巷に或る都市伝説めいた噂が流れていた…。
深夜0時にだけアクセスできる「地獄通信」に怨みを書き込めば、どこからともなく「地獄少女」が現れて、憎い相手を地獄に堕としてくれる。晴らせぬ怨みや世に不条理はつきもの。納得できない理由や状況に抗えぬままに悲惨な運命を辿る者は多い。
地獄少女=「閻魔あい」は彼らの悲痛な叫びを聞きとげ、依頼主に契約の証である藁人形を渡し、「地獄流し」へ至る方法を語る。ただし、「その代償として自分自身も死後は地獄で永遠に苦しむことになる」とも言う。
地獄少女は全てを見通すかの様な涼やかな瞳を相手に向け、ただ一言告げる。「あとは、あなたが決める事よ」と…。

ユーザーの声

凡打
芸術的なホラー作品。

原作漫画が少女漫画雑誌「なかよし」連載の、いかにも「少女漫画」な画風だったので、はじめは敬遠していたのですが、独特の「寂しさ」と「暗さ」が同居する雰囲気に心惹かれ、見始めました。

この作品は基本的に一話完結なのですが、テーマが「復讐」であるため、毎回毎回、見ている側の気分が悪くなるような、復讐されるにふさわしい「最低な人間」が出てきます。
なので、一気見は気持ちが暗くなるためあまりお勧めできません。

そして、ストーリーについて少し触れたいと思います。
毎回、「地獄少女」が恨みを持った人から依頼を受け、その対象を地獄へ送るという単純なストーリー構成になっています。
しかし、相手を地獄へ送るためには「復讐した人間自身も死後、地獄へ送られる」という代償を払わなくてはいけないのです。

原作が「必殺仕事人」にアイデアをもらったそうで、「裁けない人間を裁く」という点でストーリーが非常に似ています。
しかし、この「代償」の設定があることで、この「復讐」が非常に重い意味を持っているように感じられます。
「他人に復讐する」ということは状況によっては正しいことなのか、それともどんな状況でも間違っていることなのか、僕自身非常に考えさせられました。

VROXF44588
ホラーものとして数えられる作品だと思いますが、ホラーは大がつくほど苦手な私でも、地獄少女シリーズはすべて観ることができました。

ホラーというより復讐奇譚といったところでしょうか。

必ず殺す仕事人風の進行と純和風の涼しげなホラーの融合が、個人的な好みが加わるところですが、新鮮でとても心に残った作品です。

「闇に惑いし~」→「いっぺん死んでみる?」
の決め台詞がとても刺激的で、頭から離れませんね。

ストーリーの内容と長編で組み立てられた構成上、少々マンネリになったり、飽きてしまう方もいらっしゃるかと思いますが、1シリーズごとの最終回付近で物語の〆として大きく進行する、一風変わったスタイルですね。

とくに3シリーズ目の最終回は衝撃の展開で、見ものです。

屍鬼

屍鬼 /

出典: http://i28.tinypic.com/

あらすじ
人口1300人の小さな集落、外場村。外部とは国道1本でしかつながっていない隔絶された地ゆえ、いまだに土葬の習慣が残されていた。

ある日、村の山入地区で3人の死体が発見された。村で唯一の医者である尾崎敏夫はこの死を不審に思っていたが、事件性はないとされ、通常通りに取り扱われた。しかし、これ以降、村人が一人、また一人と死んでいくことに…。

ユーザーの声

USA
ただのホラーではなく、哲学アニメです
生存するための業とは?それは何をもって許し許されるのか?といったストーリーだと感じました
別作だと寄生獣など、勧善懲悪でないストーリーが好きな方にオススメな一作
続きが気になるストーリー展開なので次々と観ていけます
にゃにょ
現代日本の田舎町が舞台になっている吸血鬼モノでした。
一人で夜中に見たらムチャクチャ怖そうな内容でした。
障子の向こうに揺れる草葉の影が気になったり、ベッドの下の暗闇が気になったり、トイレに行く時背後をチラチラ見ちゃいそう(笑)

最初、独特の絵柄でものすごく違和感があったのですが見続けていくうちに慣れてきました。
「この話にはこの絵でなければ!」と思えるようになってくるから不思議です(笑)
何とも味わい深い絵柄です。

かなりグロい(流血やグチャ!なんどの音)シーンがありますので苦手な方は気をつけたほうがよいと思われます。

 

いかがだったでしょうか…
「ホラー」と「グロ」は隣り合わせなんだなと、改めて認識させられるピックアップになったなと思います。
「黄昏乙女×アムネジア」はラブコメなどの要素も入っているようなのでちょっと毛色が違いますが、「ホラー」分野としては優秀な作品だと思います。

この他にも「怖い」作品を調べたい方は、あにこれのランキングからホラー×○○という形で色々探せますので、
是非足を運んでいただければと思います。

色んなタイプの恐怖を、是非味わってください。