人気のイラストレーター・loundraw氏の卒業制作アニメがすごすぎる!

a

人気のイラストレーター・loundraw氏が、大学の卒業制作として作成したアニメ映像が13日に期間限定で公開されました。
あまりのクオリティに「作品化したほしい!」といった声が多数集まり、Twitterでは10万近いリツイートをされています。
loundraw氏は若干22歳の新進気鋭のイラストレーター。その淡く、どこか懐かしい、ノスタルジックで透明感溢れる画風が若年層を中心に人気です。2016年本屋大賞2位を受賞し、実写映画化が決定している『君の膵臓が食べたい』の表紙絵や、2017春アニメで人気だった『月がきれい』のキャラクターデザインを務めています。

「キミスイ」や「月がきれい」のイラストを担当

劇場版アニメ『夢が覚めるまで』予告編

今回公開された1分45秒の動画は、架空の劇場版アニメ作品『夢が覚めるまで』の予告PVの体裁で作られたようです。
loundraw氏がアニメを作ったのは初めてとのこと。

物語は、地球の命運を握る”力”を持っていたために「世界のために犠牲になれ」と組織に狙われるユキと大学生ソウタの奇妙な生活を描く。壮大さと切なさを感じさせるストーリー。
なお、映画の公開日が9月31日と、存在しない日付にするなど、架空作品ならではの仕掛けもされている。

 

脚本・構成・キャラクターデザイン・原画・動画・背景・撮影をloundraw氏が担当。

声優には、『進撃の巨人』や『うたの☆プリンスさまっ♪』で人気の下野紘(37)と、アニメ版『東京喰種』や『一週間フレンズ。』のヒロインを演じた雨宮天(23)が出演。

楽曲はBUMP OF CHICKENの協力によって『angel fall』と『66号線』の2曲が使用されています。

記事元:しらべぇ