「長編アニメーションの新しい景色」が開催中

psiconautas-as-criancas-esquecidas-(4)

2018年1月13日(土)-26日(金)の14日間にわたって世界中のアニメーションから珠玉の28作品(長編作品19本&短編作品9本、そのうち世界初上映作品1本と日本初上映作品7本)を集めた上映「GEORAMA2017-18presents ワールド・アニメーション 長編アニメーションの新しい景色」の開催が決定。東京・渋谷:シアター・イメージフォーラムで上映される。
GEORAMAは2014年に吉祥寺・バウスシアターで始まった国際アニメーションフェスティバル。第3回目となる今回はそのメインコンテンツとして、『21世紀のアニメーションがわかる本』(フィルムアート社)が話題の土居伸彰(新千歳空港国際アニメーション映画祭フェスティバル・ディレクター)が選りすぐった世界各国の長編アニメーションが集結する。上映作品には、「イランの宮崎駿」とも言われるアリ・ノーリ・オスコーイエ監督、『新感染 ファイナル・エクスプレス』が大ヒットとなったヨン・サンホ監督の長編デビュー作、ミシェル・ゴンドリー秘蔵アニメ、ハーツフェルト最新作など日本初上映作品が多数含まれており、過去最大規模の長編作品の祭典となっている。

GEORAMA2017-2018 presents  ワールド・アニメーション
「長編アニメーションの新しい景色」

日程:2018年1月13日(土)-26日(金)
会場:シアター・イメージフォーラム(東京・渋谷)
※各作品の詳細な上映日程は公式サイトをご覧ください。
※上映プログラムおよびタイムスケジュールは予告なく変更になることがあります。
公式サイト:http://newdeer.net/world-animation/

【チケット】
前売:1回券1,300円/4回券4,400円/10回券10,000円
当日:一般1,500円/学生・シニア1,200円/会員1,100円
※前売1回券・4回券・10回券はシアター・イメージフォーラム劇場窓口にて発売中。

【イベント】
『トーリー・パインズ』1月13日(土)・14日(日) 19:45~
クライド・ピーターソン監督によるライブ演奏上映&トークを開催。そのほか、期間中にトークイベント等を開催いたします。詳細は公式サイトやSNSをご覧ください。

土居伸彰氏 コメント

いま、世界のアニメーション・シーンでは大きな地殻変動が起こっています。これまで確固たるアニメーションの歴史が無かった国から、伝統ある国々からはとても想像がつかなかったような斬新な表現が生まれつつあります。とりわけ、長編アニメーションがその最もエキサイティングな変化の中心になっています。今回の上映では、世界のアニメーションの新しい景色を一望できるような作品を揃えました。ふと興味の湧いた作品をまず一本観てもらうところから、ぜひ始めてみてください。

多彩な6つの上映プログラム

本イベントは【アジアの新しい景色】【アメリカ大陸の新しい野生】【ヨーロッパの新しい風】【リ=ディスカバリング・クラシックス】【ベスト・オブ・GEORAMA】【特別プログラム】の全6部門で構成。【アジアの新しい景色】では、イラン初の本格的アニメーション作品としてカンヌ映画祭等でも上映、「イランの宮崎駿」とも言われるアリ・ノーリ・オスコーイエの長編『天国から見放されて』、『新感染 ファイナル・エクスプレス』が大ヒットとなったヨン・サンホ監督の初長編アメーション作品『豚の王』(『息もできない』のヤン・イクチュンが声優を務めている)、中国アニメ初のベルリン映画祭出品作『HAVE A NICE DAY』リュウ・ジアン監督の初長編『PIERCING I』などを上映。