【これから大人になる君たちへ】働く大人たちの姿をみられる、お仕事系アニメ5選

【これから大人になる君たちへ】働く大人たちの姿をみられる、お仕事系アニメ5選

僕が学生の頃、まだ将来何をしたいのかも分からないで、もやもやして、
それでもアニメを見ることでそのもやもやを吹き飛ばしていました。

今ではすっかりWEBエンジニアとして生計を立てていますが、もしあの頃に「こういった仕事が楽しいよ!」
といった事がアニメから学べていれば…と今でも思います。

そこで今回は一般企業での「お仕事」をテーマにアニメをリストアップしてみました!
これから進路を決めようと思う学生の皆さまの、何かの道標になりますように。

それでは、紹介していきます。

舟を編む

舟を編む/【これから大人になる君たちへ】働く大人たちの姿をみられる、お仕事系アニメ5選

出典:http://cough.cocolog-nifty.com/

あらすじ
玄武書房に勤める馬締光也(まじめ・みつや)が、辞書編集部で新しい辞書「大渡海」を編集することになる……というストーリー。
定年間近のベテラン編集者、日本語研究に人生を捧げる学者、徐々に辞書に愛情を持ち始める“チャラ男”など個性的な面々の中で、馬締は辞書の世界に没頭する。

※現在放映中のため、おすすめの声は終了後に改めて調整させていただきます!

ユーザーの声

雛四季
出版業界の営業をしていた主人公、馬締。
ある日辞書編集部の編集員、西岡に出会い、それがきっかけで自身も辞書編集部へと異動となり新辞書「大渡海」を編集することになる。

辞書編集の工程を馬締が教わり、各渉外(対人関係)を西岡から学べます。

みいちゃん
辞書作る上での考え方、文学への情熱が細かくて楽しいです。
見ているとなんだか頭がよくなってくるような気にさせられます。
まるで辞書づくりのその場にいるような雰囲気を味わわせてくれます。

SHIROBAKO

SHIROBAKO/【これから大人になる君たちへ】働く大人たちの姿をみられる、お仕事系アニメ5選

出典:http://anihonetwallpaper.com/

あらすじ
水島努とP.A.WORKSによる新作オリジナルTVアニメ。
5人の夢を追う女の子を中心に白箱(関係者に配られる完成したアニメ作品が収録されたVHSやDVD)の完成を目指し奮闘するアニメ業界の物語になる。

ユーザーの声

u-i
アニメ制作の現場を描いた作品ですが、言うまでもなくフィクションです。だいぶファンタジーな演出もあります。ただそのフィクションの中にほどよくリアルを織り交ぜており、ディテールの部分で特にそれを追求することで、全体的にもそれほど現実から離れたものという印象を与えません。

そしてこの「現実にほどよく近い感じ」というのが、次々と降りかかるピンチにドキドキ感を、明らかに誇張されたファンタジー演出にワクワク感を持たせているのだと思います。

こすみどる
みんながみんな、今携わっている仕事や環境、交友関係の中で中心になったり、主役になれるわけではない。

それでも、今自分たちがしていることには、直接的にだけでなく、間接的にも自分以外の多くの人が関わっていて、一つ一つに思いがあり、それが紡がれて、小さなことが積み重なって、一つの物語になる。

物語の展開は、アニメ制作に関わったことのない人には少し遠く感じるかもしれないけれど、実際にこのアニメを制作した人たちのリアルが、たくさんの愛と熱意を受けて形になった作品だと思う。
伝えたいメッセージがハッキリと熱を帯びて伝わってきた。

就業前の学生には、自分の夢を改めて見つめなおす、
就業している社会人には、初心を振り返らせる、
とても良いキッカケ、感情を与えてくれる名作でした。

バクマン。

バクマン。/【これから大人になる君たちへ】働く大人たちの姿をみられる、お仕事系アニメ5選

出典:http://blog-imgs-38.fc2.com/

あらすじ
舞台は埼玉県谷草市、中学3年生の真城最高(サイコー)は、高い画力がありながらも将来に夢を持たず、ただ流されて普通に生きていくだけの退屈な日々を送っていた。
そんな最高の叔父は、かつて週刊少年ジャンプに連載し、その作品がアニメ化もされた漫画家川口たろうであったが、連載打ち切りとなり、その後の過労により亡くなった過去があった。
ある日、些細な出来事をきっかけに、秀才のクラスメイトで原作家志望の高木秋人(シュージン)に、「俺と組んで漫画家にならないか」と誘われる。
はじめは一緒に漫画を描くことを拒絶していたが、声優を目指している片思いのクラスメイト亜豆美保と、「アニメ化したら結婚する」と約束したことから、漫画家への道を志すことになる。

ユーザーの声

PPN
主人公、真城と高木を含めた漫画家の活躍や努力、苦労はもちろんの事、
編集部、編集者、担当やアシスタント等々、今まで知る機会のなかった裏方へのスポットの当て方が光っています。
克明に描かれた厳しく過酷な世界観が◎♪
くし
中学3年同級生二人が一人はストーリー、一人は漫画の絵と、二人三脚で漫画家を目指し、自分らの作品をアニメへと、リアルな夢見る物語。
そこには漫画家故の葛藤する姿、ストーリーに悩み、作画に迷い、思いのほか困難な作業だと想像できるが、よそ見せずに頑張る、いや、突き進むこの2人の、否応無しに突きつけられる命がけのサバイバルを見る事ができる。
漫画作成のしくみ、仕事場の様子、ネームの作成から編集者とのやり取り、編集者同士の絡み、出版社内の情景も窺えるので、漫画家になった様な気分を味わう事が出来た。

NEW GAME!

NEW GAME!/【これから大人になる君たちへ】働く大人たちの姿をみられる、お仕事系アニメ5選

出典:https://tilia.mutyun.com/

あらすじ
高校を卒業して、幼い頃に夢中になって遊んでいたゲームを作った制作会社「イーグルジャンプ」へ入社した青葉は、そこでそのゲームのキャラクターデザイナーを務めていた八神コウと出会う。
憧れの人の下で働くことになった青葉は、初めてのお仕事に戸惑いながらも、コウを始め個性的な先輩社員に助けられながら少しずつ成長していく。
ゲーム会社で働く女の子たちの日常を描いたお仕事ガールズコメディが今、幕を開ける!

ユーザーの声

えくいてぃ
新人、ちょっと先輩、先輩、ベテラン、カリスマ、経営者のいろんな登場人物が出てきてそれぞれの気持ちが伝わってきてよかったです。

モノを作るむずかしさとか、完成したときの喜びがすごく伝わってきました。

そして、ベテランから新人へ気持ちと一緒に技術がうけつがれていくんだなぁ~って、改めて「こういうのいいな~」って思いました。

ピエロ
正直友達に勧められるまではただの萌えアニメだろうし面白くないだろうな〜とか思ってました。
正直10話辺りまではただのゲーム会社の日常で、萌えアニメだなと思ったのですが、11話からは良かった!
ゲーム制作を始めてから終わりまでの道のり、それまでの色々なことがあってゲームが作られたんだなとなかなか考えさせられました笑
最終話の八神さんが過去のことがあってジレンマになっているところに青葉が声をかけるシーンなんかもなかなか良かったです!

サーバント×サービス

サーバント×サービス/【これから大人になる君たちへ】働く大人たちの姿をみられる、お仕事系アニメ5選

出典:http://pds.exblog.jp/

あらすじ
北海道、某市、某区役所。山神ルーシー…さんがひょんなことから配属されたこの区役所は、ちょっと個性的かもしれない職員達ばかりが働く区役所だった。
そんな山神ルーシー…と職員達が元気に秘密に活躍(!?)する“お役所WORK”コメディー!!
※実際の公務員とは、一切関係ありません☆

ユーザーの声

nk225
長谷部はとても要領が良く、与えられた仕事をあっという間にこなします。幼なじみの「田中譲二」から、「なろうと思えば何にでもなれるのにもったいない」と言われるほどに有能で、大抵のことはすんなりと出来てしまう器用なキャラクターです。そのためか、作中ではよく長谷部が仕事をサボるシーンが見られます。

いくら仕事が速くて優秀とはいえ、日当たりの良い課長の席で白昼堂々サボタージュとは・・・よい子の社会人は決してマネしないでくださいね(笑)。

ホル部
原作者のバイト経験を生かした?職場紹介ラブコメ。
職場あるアルでおなじみ省エネVS熱血新人職員の戦いを、お役所の環境がラブに発展させてしまう。
カシコクく働いて職場の人間関係を楽しむ余裕が大切だと思えるお話でした。
ユル~イと評価されるお役所仕事。でも、お婆ちゃんの世間話につきあう余裕は必要だよな~と思わせる味付けが好き。

 

いかがでしたでしょうか?

学生、10代が主役の事が多いアニメの中で、
大人たちの(現実世界に即した)仕事への姿勢が見られる作品と言うのは非常に貴重です。

これらを視聴していただいて、何かを感じ取っていただければ幸いです。

他にもあにこれでは色々な角度からアニメを探すことが出来るシステムを提供しています。
是非こちらも使っていただいて、素敵なアニメライフをお過ごしください!