意外と侮れない、大人も楽しめるNHKで放送されたアニメ7選

GIANT KILLING/意外と侮れない、大人も楽しめるNHKで放送されたアニメ7選

NHKで放送しているアニメというと、所謂「子供向け教育アニメ番組」のイメージが強いのではないでしょうか。
忍たま乱太郎、おじゃる丸、あずきちゃん、etc…
勿論これらも名作なのですが、大人が「ドラマを観るのと同じ感覚で楽しめる」ようなアニメもNHKには存在します。

今回はそんなタイトルを7作品、ピックアップしてご紹介させていただきます。

GIANT KILLING

GIANT KILLING/意外と侮れない、大人も楽しめるNHKで放送されたアニメ7選

出典: https://i.ytimg.com/

あらすじ
低迷を続けるETU(East Tokyo United)に一人の男が監督として迎えられた。
男の名は達海猛、イングランド5部のアマチュアクラブを、FAカップでベスト32に導きプレミアリーグのクラブをギリギリまで追い詰めた手腕の人物だ。
そんな彼に古巣のクラブが白羽の矢を立てた訳だが、チーム内は開幕前から騒動ばかり、果たしてこの起用は吉と出るか凶と出るか。

ユーザーの声

suggest@休止
サッカー経験者の私からしてもとても面白い作品となっています。
漫画などでもサッカー関連の作品を見てきましたが、正直この作品には痺れさせられました!

監督目線での試合演出、さらに試合外での監督と選手のコミュニケーション、サポーターや地元の方との関係など、各所にスポットライトを当てていて作品としての完成度が非常に高かったです^ ^

普段やる気のない監督が二手三手先を読んで何かを行い、それがドシャッとはまった時には鳥肌間違いないですよ。!

minisaku
ある意味珍しいリアルなサッカーアニメ。全26話です。

ストーリーは弱小チームが他のチームを倒していくって王道な感じですが、そのベタさゆえに面白いと感じるのかもしれません。
こういうのって、なんか見てて楽しいですw

この作品の良いところはあくまでリアルです。
監督が変わったからといって勝ちまくるとか無いし、負けるときは負けます。
幻のシュートとか超人的な技とか出てきませんww
普通のサッカーを描いてる作品です。

主人公が監督で、その視点からってのも珍しいし、サポーター側の視点でも描かれているので面白いです。

スポーツモノのアニメって現実離れしてるの多いので、こういうのって普通に良いと思います!!

へうげもの

へうげもの / 意外と侮れない、大人も楽しめるNHKで放送されたアニメ7選

出典: http://www6.nhk.or.jp/

あらすじ
時は戦国乱世。織田信長が今まさに天下を獲らんとするその陰に、茶の湯と物欲に魂を奪われた一人の武将がいた。
のちに数奇者として天下に名を轟かせる「古田左介(織部)」である。
「出世」と「物」、二つの欲の間で葛藤と悶絶を繰り返す日々の中、時代は大きく揺れ動く。やがて左介は「数奇者」としての天下獲りを心に決め、「へうげもの」への道をひた走る。
天才・信長から壮大な世界性を、茶聖・千利休から深遠な精神性を学び、戦国時代を駆け抜けた男/知られざる傑物の物語。

ユーザーの声

ガムンダ
数寄者武将、古田織部(重然)の視点で描く戦国時代劇。
織田信長、豊臣秀吉に仕え武功を重ねながら大名になる傍ら千利休に師事し一流の茶人にも登りつめます。

アニメ観るようになって今まで最高のアニメは何かって問われるとちょっと難しいです。それぞれの良さがありますし。
ただこの作品も間違いなく候補に入る事だけは確かです。
過去に観たどの大河ドラマとてこれには及びません。
これこそホントに大河にしたらどう?

R
この時代を扱うアニメ漫画と言えば派手な合戦をメインに持ってくるのがお決まりパターンだけどこの作品に限れば合戦はおまけ。主役は茶の湯、分かり易く言うと文化。これがメインになる。
お堅い話を予測されそうだが、全く違う。
文化、侘び寂びを中心に繰り広げられる人間物語。人間ドラマ。
妙に人間臭い奴らの物語に笑い泣き感動色んなもんが詰め込まれてる。
最近、自分の中で求めてる「泣き」の部分を挙げてみても、随所にちょっと泣ける話が盛り込まれてる。
特に最終回の利休さんとの絡みは号泣もんだ。ここはボロボロ泣けた。
また見ていくうちに分かるが、ちょっとした遊び心も仕組んであって中々笑える。

プラネテス

プラネテス / 意外と侮れない、大人も楽しめるNHKで放送されたアニメ7選

出典 http://pds.exblog.jp/

あらすじ
時代は2070年代(2075年以降)。人類は宇宙開発を進め、月面でのヘリウム3の採掘など、資源開発が商業規模で行われている。火星には実験居住施設もあり、木星・土星への有人探査計画も進んでいる。
毎日、地上と宇宙とを結ぶ高々度旅客機は軌道上と宇宙とを往復し、宇宙ステーションや月面には多くの人たちが生活し、様々な仕事をしている。しかし、長い宇宙開発の歴史の影で生まれたスペースデブリ(宇宙空間のゴミ。廃棄された人工衛星や、ロケットの残骸など)は軌道上にあふれ、実際にたびたび旅客機と衝突事故を起こすなど、社会問題となっていた。
主人公のハチマキは宇宙で働くサラリーマン。主な仕事は宇宙のゴミ「デブリ」の回収作業。いつか自分個人の宇宙船を所有することを夢みている。ゴミ拾いは大事な仕事だと自分を納得させつつ、当初の夢と現実の狭間でこのまま現実を受け入れるか、それとも夢を追い求めるか思い悩む。

ユーザーの声

lumy
自分の人生に思い悩んでいたときに、たまたま巡り合い、多くのことを教えてもらったアニメです。物語の中でハチマキの考えは二転三転しますが、それでこそたどり着いた結論は本当に感動的でした。これからも、行き詰ったときに立ち返りたい原点がここにあります。
おしほ
大人になってからの青春みたいなのを、このアニメで観ることができたなと思いました。
いろんな国の人がいて、それぞれみんな一生懸命生きていて、宇宙でも地球でも、それはかわらないんだなーということも感じました

とても、生きることの楽しさや苦しさや厳しさなどがつまったアニメだと思います

大人や大人になる人たちがいろいろ学べるアニメだなと思いました

キングダム

キングダム / 意外と侮れない、大人も楽しめるNHKで放送されたアニメ7選

出典: http://s1.dmcdn.net/

あらすじ
紀元前、中国。時代は春秋戦国時代。西方の国・秦で、戦災孤児として暮らしていたふたりの少年・信(しん)と漂(ひょう)の夢は、日々鍛錬を積み、いつか戦で武功を立てて天下の大将軍になること。
そんなふたりにある転機が訪れる。王宮に仕える大臣・昌文君(しょうぶんくん)の目に留まった漂が王宮に召し上げられたのだ。
だがほどなくして王宮の勢力争いに巻き込まれ大けがを負った漂が、命からがら故郷へと戻ってくる。そして漂から託された地図を頼りに訪れた村で信は、漂とうり二つの少年・政(せい)と出会う。この少年こそ秦王・嬴政(えいせい)―――後の始皇帝であった。

ユーザーの声

askima
この作品はとにかく熱い。非常に良い作品です。
主人公の少年が後の始皇帝になる少年とにかく出会って、互いに成長して行くサクセスストーリーです。

主人公は腕っ節の強いとにかく真っ直ぐなバカですが、仲間たちに支えられ偉大な将軍たちと出会い、強敵と対峙して成長して行くのがとても爽快でわくわくします。

難点は1期の作画CGです。あまりの違和感に1話で観るのを止めようかと考えたくらい、完全に作画で損してます。
まあしかし、慣れれば全く気になりませんでした。むしろ他のアニメと差別化できて印象が強く残ったくらいです。
2期はCGから絵がメインになるので、個人的には2期の方が観やすかったかも。

とは言え、こんな作画の違和感を完全に払拭してもらえるくら いにストーリーが熱い。ツンデレ美少女が可愛い(2期の方がさらに可愛い)。声優も豪華です。

是非とも作画が原因で断念はせずに見ていただきたい、おすすめ作品です。

Rei
下地がしっかりしている長編アニメかと思います。
特にストーリー重視でアニメを観る方、又は探している方にオススメ
歴史に興味がなかったり詳しくなくても大丈夫。

ストーリーの運び方が丁寧で分かりやすいので問題ないかと思います。
内容は非常に見応えがあり安定感は素晴らしいです。
ドラマのような展開と見所である戦闘シーンは迫力があり熱い

一本の作品をじっくり観たい方には特にオススメです!!

ベイビーステップ

ベイビーステップ / 意外と侮れない、大人も楽しめるNHKで放送されたアニメ7選

出典: http://www9.nhk.or.jp/

あらすじ
勉強にしか興味のなかった主人公・栄一郎(15歳)は、運動不足解消の為に立ち寄ったテニススクールでの出会いをきっかけに、テニスの奥深さに目覚める。 全くの素人だった栄一郎は、身体面での不利を、持ち前の観察・分析力と、徹底して身に付けたボールコントロールで補っていく。
初めは栄一郎のことを相手にしていなかったジュニアテニス界の強豪選手たちも、彼のひたむきな姿勢に触発され、少しずつ意識を変化させていくことに…。

ユーザーの声

よーぐるとうめえ
高校生の主人公がテニスをはじめるところからプロになるために大会で勝つことを目標に練習する物語です。

強くなるためにいろいろと練習をするところや主人公が考えるところ、もちろん試合でもですが安易に必殺技を出して勝つというものではなく、しっかりと試合の流れが主人公目線で分かるところ、そしてリアル思考であるところがこの作品の見所だと思います。

しっかりと勝つところ、負けるところ、強くなるところに理由があるところが見ていてモヤモヤすることがないので良かったです。

主人公がパワーやスピードがあるというタイプではないところも見所が面白くなっている要因かなと思いました。

スポーツ物が好きな人は楽しめる作品だと思います。

ヲリノコトリ
スポ根なんですけど、革命的なスポ根!
タイトル通り、「目の前の課題を一つずつ解決する」というストーリーが徹底されてます。「最初は弱い主人公がだんだん強くなる」っていうのは王道だと思うんですが、その「だんだん」の一段一段がすごい小さい!気が遠くなるような階段を一歩一歩登っていく主人公がすごいです。

こういうやつが人生成功するんですよね。
ってか成功してほしいですよね。

精霊の守り人

精霊の守り人 / 意外と侮れない、大人も楽しめるNHKで放送されたアニメ7選

出典: http://blogimg.goo.ne.jp/

あらすじ
女用心棒のバルサはふとしたことから新ヨゴの第二皇子チャグムの護衛を依頼される。彼はその身に、この世(サグ)と重なって存在する異世界(ナユグ)の水の精霊ニュンガ・ロ・イム〈水の守り手〉の卵を宿していた。
チャグムは、威信を守るため息子を秘密裏に殺そうとする父帝と、ニュンガ・ロ・イムの卵を食らうナユグの怪物ラルンガの両方から命を狙われている。チャグムを連れて宮から脱出したバルサは、卵がチャグムの体を離れる夏至まで、幼馴染の呪術師タンダやその師匠のトロガイと共にチャグムと暮らし始める。

ユーザーの声

ビスケット1号
主人公は女用心棒=バルサなんですよ。
でも、私がぐいぐいひきつけられたのは、王子=チャグムの方でした。
13歳の少年が、ほんとのコドモだったのが次第に少年…そして青年になっていく。
その過程の描かれ方の素晴らしさ。NHKらしくていねいにていねいに作ってありまして、こころの動きもすごく自然にきっちり追っています。

とっても深い物語だと思います。
観終わったあとに、ことばだけで言う”生命の大切さ”なんていうものじゃない、もっと言い尽くせないような、確かな気持ちが残ります。

N0TT0N
正直、TVアニメで「なんて作品を作っちゃったんだ?!」というのが偽らざる気持ちです。

物語性や設定や構成だけでは言い表せないような豊穣な世界観が全ての画面で表現されています。語られている部分だけではなく画面に映っていない「その先」や、語られていない人々や、道具の形状や、その形状になっただろう理由や、摩耗や、山の稜線や、空や、田畑や、獣道や、水車や、石板や…
もうありとあらゆるものが世界を豊かに構成しているのです。

豊かな世界はディテールに宿る。

驚異的な背景ほかディテールのクオリティです。
それも、膨大な量のディテー ル1つ1つに確固とした裏付けがなされているだろうことが見ただけで十二分に伝わってくるほどです。

そうやって設定を正しく突き詰めると、たとえファンタジーであっても世界自体に命みたいなものが宿るんだな。と。
この精霊の守り人というアニメは、そう実感できる稀有な作品です。

3月のライオン

3月のライオン / 意外と侮れない、大人も楽しめるNHKで放送されたアニメ7選

出典: http://3lion-anime.com/

あらすじ
主人公は、東京の下町に1人で暮らす17歳の将棋のプロ棋士・桐山零。深い孤独を抱える彼が、あかり・ひなた・モモの川本3姉妹と過ごす時間や、さまざまな棋士との対戦を経て、失ったものを少しずつ取り戻していく様が描かれる。

※現在放映中のため、おすすめの声は終了後に改めて調整させていただきます!

ユーザーの声

みけねこ+
15歳で将棋のプロ棋士になった少年を軸にその周囲の人の
人間関係を描いた漫画です。

題材は将棋ですが知らなくても楽しめると思います。
その点はヒカルの碁と同じような印象と思ってもらって大丈夫です。

羽海野チカ先生というとハチミツとクローバーが有名ですね。
青春群像劇における各キャラ心理描写は素晴らしいものがあります。
本作もそういった面は期待していいと思います。

 

いかがでしたでしょうか?
いずれもファンタジー、ラブコメなどの要素はほぼなく、
少しリアルに近い、「ベタベタな王道アニメ展開が苦手」な人でも楽しめる作品なので、
今までアニメを見てこなかった方にもおすすめ出来るのでは無いでしょうか。

あにこれでは上記以外にもNHKアニメ作品リストを網羅しています。
この機会に他にどんなアニメがあったのか確認してみると面白いかもしれませんよ?
是非あにこれで色んなアニメを探して、素敵なアニメライフを過ごしてください!