この1話は必見!

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)
2017年09月23日
この1話は必見!
1 剣道部 :2017/09/23(土) 03:12:35

全体的に楽しめなかったアニメでも、「この回は面白かった」ってあると思います。趣旨としては、「低評価アニメにも一隅の光を」ですw 勿論、主観でかまいませんよ♪

169 剣道部 :2019/12/20(金) 20:14:38

旗揚!けものみち 第1話「レスラー×召喚」☆変態的なまでの獣好きの面白さが、遺憾なく発揮された良回。兄貴が新たな扉を開いてしまった(笑)

170 剣道部 :2019/12/25(水) 00:09:50

私、能力は平均値でって言ったよね! 第7話「たまには休暇って言ったよね!」☆水着回。ただ、そんなにエロくはなく、健全な日常話。ギャグのキレが良かった。ジャンピング土下座の、無駄な伏線回収とか良かったです(笑)

171 剣道部 :2019/12/25(水) 23:28:57

Fairy gone フェアリーゴーン 第17話「砂の上の天秤」☆個人対個人の戦いが終わり、いよいよ、本格的な組織戦が始まっていきそうなワクワク感があった。この段階までは(苦笑)

172 剣道部 :2019/12/30(月) 07:29:30

放課後さいころ倶楽部 第6話「ひよっこデザイナー誕生!」☆ミドリのオリジナルゲームを遊び、徐々にブラッシュアップしていく過程が面白かった! また、ボードゲームとデジタルゲームの違いに触れ、本作の根本的な部分だと思った。

173 えたんだーる :2019/12/30(月) 12:34:43

168: と同じく『空手バカ一代』から第44話「はじめての敗北」を。

世界各地で輝かしい業績を上げて帰国戦とする飛鳥拳に、世界の拳法の源である太極拳を知らずに世界の空手とはおこがましいと絡んでくる見知らぬ中国人。

その言葉に思わず帰国の予定を変更してその男が名を挙げた陳先生がいるという香港の地に降り立つ飛鳥拳…。

陳先生:「怒り、殺気、勝利の欲、これらはすべて単純でもろい直線です! 円の心とは、おそれなく、おごりなく、まろやかな心なり!」

174 魂がBITCH♡ :2019/12/30(月) 19:51:36

>>173

一話をやるなら#38「人間風車カポエラ」を紹介するかと思いましたけど、太極拳回でしたか。
飛鳥(大山)空手の直線運動に対して、円運動主体の太極拳を真剣に恐れた飛鳥(大山)の葛藤は原作の方が雰囲気が出ていたように記憶しています。
本作は半世紀近く前の作品ですけど、格闘シーンは現代の作品に匹敵するほど、よく動かしていますよね。

-----------------------------------------------
『中二病でも恋がしたい!』#7「追憶の…楽園喪失」
ずっとコメディチックに運ばれていた本作だが、この回の急展開は思わず涙を誘った。
コメディとシリアスのミックスチェンジコンビネーションは、京アニ伝家の宝刀でもあり京アニ演出の奥深さをまざまざと見せつけられた神演出の回でもある。
シリーズ構成の花田十輝氏は確かに売れているライターだが、石原監督ほか京アニの演出、制作陣とは特に相性が良いのだろうと思う。
素晴らしい作品を世に送り出し続けてくれた京アニには、尊敬と感謝の気持ちでいっぱいだ。

175 剣道部 :2020/01/02(木) 23:39:52

俺を好きなのはお前だけかよ 第3話「俺はお前と会っていた」☆怒濤の伏線回収回。ダークなギャグと相まって、この3話のクオリティはかなり高かった。

177 魂がBITCH♡ :2020/01/04(土) 11:19:00

『ダーウィンズゲーム』#1「初陣(ファーストゲーム)」
制作スタジオは『グランベルム』の“Nexus”で作画はまあまあ。
初回は1時間と気合が入っていたが、ストーリーはいろいろと既視感があり思い切って振り切れることを期待する。
あにこれでは最大公約数的に否定的に捉えられる作風で、好みも両極端に分かれ1話切りも有り得る作品。
しかし、#1で興味が湧けば継続視聴の意欲が湧くであろう。

178 魂がBITCH♡ :2020/01/04(土) 14:43:05

『星合の空』#12
ソフトテニス部の闇の合間に部員の家庭を巡る闇を最終回の伏線として紡がれていたのはオーソドックスな構成であったとは言えるが、肝心の最終回の唐突感は否めない。
同じ1クールなら演出と構成の妙は、現在でも多くの方々にトラウマを与え続けている『School Days』の方が一枚も二枚も上手。
鬱展開にするのなら徹底すべきであろう。

179 剣道部 :2020/01/05(日) 05:55:35

アサシンズプライド 第3話「臨界点の彼方に」☆カウンターストップにリミットブレイクに、ハーフヴァンパイヤ。厨2ワードの叩き売りで、なんか笑えたw

180 剣道部 :2020/01/10(金) 23:56:27

GRANBLUE FANTASY The Animation season2 第5話「カタリナとヴィーラ」☆百合をこじらせた話だけど、3話くらいかけた話として、スゴく綺麗にまとめたな。良い話だった!

181 魂がBITCH♡ :2020/01/12(日) 01:32:12

『ダーウィンズゲーム』#2「渋谷(ジェムストーンマイン)」
さて、本作は「あにこれ」では概して評判が芳しくないバトルロイヤル系作品だ。
既に#1の特番で『王様ゲーム』的展開を予感して視聴を諦めた方もいそうだが、いよいよ#2から物語の伏線張りが始まった。
今後、様々に伏線が展開され、如何に回収されていくのかが楽しみな作品でもある。

182 魂がBITCH♡ :2020/01/12(日) 03:08:08

『異種族レビュアーズ』#1
潔いほど完全に振り切れている、気に入った。
とはいっても『ヨスガノソラ』越えまでは至っていないのだがドエロ路線は「あにこれ」では評価が厳しい(苦笑)
(まあ、越えたら“BPO”確実、本作はかなりぎりぎりにある。)
あくまで、異世界×ギャグ×エロで好事家には楽しめる作品である。
例によってAT-Xは無修正版である。

183 剣道部 :2020/01/22(水) 20:40:12

警視庁 特務部 特殊凶悪犯対策室 第七課 -トクナナ- 第7話「七日目は惰眠」☆日常回。これまでよりは普通に楽しかった。けど、本筋じゃない日常系が一番面白いアニメは、微妙。

184 剣道部 :2020/03/23(月) 00:15:22

ダーウィンズゲーム 第9話「決闘」☆よく動くバトル作画は素晴らしく、あれこそアニメーションって感じ。ランキング1位(シュエラン)を入れる流れもよく、単純に熱い話だった。ほのかに恋愛要素もあるし。バランスが良かった。

185 虹色デイズ大好き :2020/03/23(月) 04:47:14

虹色デイズ2期来てください!
待ってます!

186 剣道部 :2020/03/25(水) 00:10:26

へやキャン△ 第4話「ある日のしまりん」☆一番ゆるキャンらしさを感じた。ストーリーがというより、テンポ感が。ストーリーの素敵さなら、第11話「旅の終わり」もオススメ。

187 剣道部 :2020/04/05(日) 01:56:06

虚構推理 第12話「秩序を守る者」☆推理の終着点として、一応納得のいく展開だったのもあるけど、なにより、ラブコメが楽しかったかな。このアニメの本筋じゃないのかもしれないけども。

188 魂がBITCH♡ :2020/04/05(日) 05:23:52

『魔法科高校の劣等生』#24「横浜騒乱編VI」
各話見所がある本作であるが、個人的な慧眼は全体主義の必要条件である「絶対平等」を否定し逆説的に「美徳ある偏見」を肯定した「壬生紗耶香」を巡る前半のエピソードだ。
しかし一話をあえて挙げるとすれば彼のクラスメートや生徒会の面々に「司波達也」が国防軍特殊部隊所属のソルジャー「大黒特尉」であることが明らかにされ、皆面喰らったこの回だろう。
二科生でありながら、高校生離れした彼の魔法技術や理論応用の謎に皆が納得した瞬間でもある。

夏クールで無印から6年ぶりに二期が放送される予定であり、楽しみである。
因みに、二期視聴に当たり『劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女』未見の方は観ておくことをお薦めします。

189 剣道部 :2020/04/13(月) 21:19:51

ソマリと森の神様 第6話「息の根はる花は鳥を仰ぐ」☆ウゾイとハイトラの話。カニバリズム、とは少し違うけど、確実に罪を背負ってしまった。「生きる」とは何かを、考えさせられた。

190 黒桜 :2020/04/28(火) 00:12:54

残響のテロル

191 剣道部 :2020/05/05(火) 09:42:38

インフィニット・デンドログラム 第1話「可能性の始まり」☆本当に、「可能性」は感じさせる1話目だった。デスペナとかほどよく、ちゃんと「ゲーム」だった。まあ、あんまり死ななかったけどw つまり、設定は良かったということ。

192 剣道部 :2020/05/22(金) 21:59:46

恋する小惑星 第9話「本当の気持ち」☆モンロー先輩と桜先輩の卒業回です。素敵な家族、桜先輩のツンデレ、モンロー先輩と桜先輩の出会い、モンロー先輩の悩み、アオとミラの結婚(笑)

きっと、某資源採掘地帯の司令官も、「あれは、良い百合だ」と言うだろう、素敵な回です(笑)

193 魂がBITCH♡ :2020/05/23(土) 15:06:53

‪『‬とある科学の超電磁砲T‪』#15「やくそく」

所謂伏線回収回。
本作はメインキャラのみならず、サブキャラも個々のキャラが深く設定されているのが醍醐味でもあるが、本回は設定を活かしきった完全燃焼回と言えよう。
リアタイ放送中であることから詳細は記述しないが、本作シリーズのなかでも屈指の神回ではなかろうか。

まだ未見の方は、是非早めに視聴をしてみてください。

194 魂がBITCH♡ :2020/05/23(土) 15:16:33

『GUNSLINGER GIRL』#3「少年」

本作はリアタイ視聴ほか、円盤を所持しているため、何度も見返している。
しかし、何度見返しても、本回を観る都度に何とも言えない無常観に苛まれる。
今まで多くのアニメ作品を観てきたが、真の意味で心を揺さぶられた作品はそう多くない。
本作はその一つでもあるが、「リコ」を通して、生との引き換えに得た義体に課された理不尽な選択を描いた第3話は、そのなかでも特に際だっている作り込みだ。

放送当時、第2話までは所謂少女(ロリコン)と銃器の記号性で惹きつけるアニメ(この当時はまだ「萌え」という感情意識は一般化されていない。)かと訝しがったが、第3話ではそんな安直な考えは木っ端微塵に破砕され、社会が抱える矛盾と不条理なドグマが放つ救いがない陰鬱な世界観へと誘導される。

無印の多くは「ヘンリエッタ」の物語に費やされるが、「リコ」が主役の本回を第三話という若い回で構成し、作品の世界観を一挙に掘り下げ深化せしめた手法は見事としか言えない。

個人的には後年の『まどマギ』マミさんショック(#3)に本作#3がオーバーラップしたほど鮮烈な印象をいつまでもエフェクトする至高の一話として紹介する。

『GUNSLINGER GIRL』未見の方は是非視聴をお薦めします。

※アニメ掲示板へのカキコミは、ユーザー名が表示されます。

投稿に関しては利用規約およびプライバシーポリシーをご確認ください。利用規約の禁止事項や免責事項に反する場合、事前の通告なしに投稿を削除させていただく場合がありますのでご了承ください。
権利侵害に関する削除依頼についてはこちらからご連絡ください

初心者の方へ(アニコレって?)
ビジネス/広告/コラボに関して
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。