1927年秋(10月~12月)に放送されたアニメ一覧 2

あにこれの全ユーザーが1927年秋(10月~12月)に放送されたアニメを評価したーデータを元にランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年09月19日の時点で一番の1927年秋(10月~12月)に放送されたアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

×

絞り込み

年代別アニメ一覧

計測不能 1 蛸の骨(アニメ映画)

1927年11月2日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
大正期から昭和10年代にかけて活躍したアニメ作家・村田安司の演出による短編アニメ映画。 竜宮城の乙姫が、重病になった。乙姫の治療には猿の生き肝が必要なため、竜宮城の蛸が猿を騙して連れてくる任務を受けた。だが蛸はついうっかり猿に本当のことを喋ってしまい、逃げられてしまう。責任を感じた蛸が猿の肝の代わりに用意した妙薬とは……? 関東大震災後に創設の映画会社・横浜シネマ商会で、多くのアニメ映画を作った村田安司の初期作品。蛸になぜ骨が無いかを語る御伽話をもとに、擬人化した魚介類や動物たちのコミカルな物語が描かれた。本作は本格的な切り紙アニメとして制作され、その完成度が村田の名を大きく高めることとなった。

計測不能 1 鯨(アニメ映画)

1927年12月13日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
本邦アニメーション胎動期の天才・大藤信郎が、初めて本格的な影絵アニメに挑戦した作品。 商人と武士などの男たち、そして美しい娘を乗せた大船が嵐で遭難した。船の破片にすがって生き延びた男たち3人は、ともに助かった娘の体を狙って醜い争いを始める。娘が犯されかかる寸前、巨大な鯨が海中から現れて4人を飲み込んだ。娘のことも忘れて自分だけ助かろうと必死になる男たち。だが鯨の潮とともに4人は鯨の外に放り出された。そしてまた鯨の背の上で、娘を我先に手込めにしようと、醜い争いが始まる……。 1923年に制作されたドイツの傑作影絵アニメ『カリフの鶴』に刺激された大藤が、制作した作品。映像の高い完成度と奇妙な味の物語が大きな反響を呼び、ソビエトにも輸出された。21世紀現在、この作品の現存は確認されていないが、大藤は1952年にセロファン技法により、本作をカラー作品『くじら』としてリメイクしている。
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ